鹿児島のニュース

鹿児島市長選告示 注目の“第一声”

 激戦が予想される鹿児島市長選挙が22日に告示され、無所属・新人で、前市議会議員の上門秀彦氏(66)。無所属・新人で前の副市長、松永範芳氏(63)。無所属・新人で、前県議会議員の下鶴隆央氏(40)。共産党、新人で、元市議会議員の桂田美智子氏(67)の4人が立候補し、戦いの火ぶたが切られた。
 選挙戦を左右するとも言れる注目の“第一声”。各候補者はどんな言葉で訴えたのか。

鹿児島2020.11.23 20:05

GoToトラベル見直し…観光客から戸惑いの声

 新型コロナの感染者数が全国的に最多を更新する中、県内の観光地を取材すると県外からも多くの人の姿があった。政府は現在GoToトラベルの見直しを進めており、見えない今後に観光客からは戸惑いの声も聞かれた。
 3連休最終日の23日、鹿児島市の天文館には名物「白熊」を求める多くの観光客の姿があった。広島から来た観光客は「旅行の最後に名物白熊を食べに来た」と笑顔を見せた。
 西郷銅像前にも朝から多くの人が。県内にもGoToトラベルを利用して多くの人が訪れているが、新型コロナの全国的な感染拡大を受け観光客からは戸惑いの声も聞かれた。兵庫から来た人は「旅行直前になって感染者が増えてきた。せっかく予約たので行こうかなと思った。我慢をしないといけないのかなとは思いながらも葛藤の中でせっかくだから」と話した。
 鹿児島市の仙巌園にも多くの観光客の姿があった。新型コロナの影響で7月は休園にまで至った仙巌園だが、現在はGoToトラベルの影響で去年に比べ8割程までに回復しているという。
 島津興業広報課の鶴園なつみさんは「GOTOトラベルの影響でお客様がたくさん来ているのは仙巌園としてはありがたいが、感染対策をおこないつつ、来ていただいた人には不安を取り除いて安心して楽しんでいただけるように、対策を徹底していきたい」と話した。
 一方、全国的な感染拡大を受け、政府は現在GoToトラベルの見直しを進めている。今後県内の観光地にどういった影響が出てくるのか?状況を注意深く見ていく必要がある。

鹿児島2020.11.23 20:02

GoTo見直し 知事「移動自粛は求めず」

 政府はGoToトラベルの見直し地域について「都道府県知事の判断に委ねる」としている。現場任せともとれる政府の対応に批判の声も挙がる中、塩田知事が県外からの観光客に鹿児島への移動の自粛を呼び掛ける状況ではないとの考えを示した。
 23日に行われた全国知事会のウェブ会議。塩田知事は県内の感染状況を報告しGoToトラベルへの自身の考えを示した。その中で塩田知事は「現時点において感染が拡大する特定地域からの来県の自粛の呼びかけは考えていない」と話し、鹿児島への移動の自粛を呼び掛ける考えはないことを伝えた。
 また、県内の感染状況はステージ2で医療体制がひっ迫していないためGoToイートを利用する人の人数制限も行わない考えを示した。
 政府は見直しを進めるGoToトラベルの対象地域やGoToイートの人数について都道府県知事の判断に委ねるとしている。これについて知事に質問すると「各地域状況が異なるので都道府県知事の判断を求められることについてはしっかり判断していきたい」と政府の方針を尊重する考えを示した。

鹿児島2020.11.23 20:00

鹿屋市 結婚式の代わりに思い出を…

 鹿屋市で23日、新型コロナの影響で結婚式が挙げられなかったカップルに思い出を作ってもらおうと、あるイベントが開催された。
 鹿屋市のかのやばら園で行われたのは、フォトウエディングのイベント。コロナの影響で結婚式を諦めたり、開催を悩んでいる人に少しでも素敵な思い出を作ってもらおうと、鹿屋女子高校ブライダル科の生徒たちが主催した。
 花嫁さんが持つお花のリースも生徒たちの手作り。結婚式を諦めていたカップルは「恥ずかしかったがドレス姿を見せられてよかった」と話していた。参加した生徒は「結婚式は素晴らしいものだなと思ったし支える側になりたいなと思った」と話した。
 参加者たちは、多くの笑顔に包まれたひとときを過ごしていた。

鹿児島2020.11.23 19:59

出水市で住宅兼倉庫を全焼 一人が軽いけが

 出水市で22日夜、住宅兼倉庫1棟を全焼する火事があり、1人が軽いけがをした。
 火事があったのは、出水市荘の住宅だ。警察と消防によると、22日午後6時半ごろ「家の前から爆発音がする」と近所の住民から消防に通報があった。火は約2時間半後に消し止められたが、中原政治さん(85)の木造2階建て住宅兼倉庫1棟を全焼した。中原さんは頭に軽いやけどをした。一緒に暮らす娘(56)は、出火当時外出していたという。
 中原さんは「居間で石油ストーブをつけようとしたところ、調子が悪く出火した」と話していて、警察と消防が火事の原因を調べている。

鹿児島2020.11.23 11:59

鹿児島市長選挙告示 新人4人が立候補

 任期満了に伴う鹿児島市長選挙が22日、告示され、正午までに新人4人が立候補している。
 鹿児島市役所では22日朝から立候補の受付が始まり、届け出を終えた各陣営の関係者が腕章やのぼり旗などを受け取った。立候補しているのは届け出順に、無所属新人で前市議会議員、上門秀彦氏(66)は「どうか変えよう。鹿児島市のためにチェンジしよう」と訴えた。
 無所属新人で前の副市長、松永範芳氏(62)は「森市政をしっかりつないでそして新しい鹿児島を作る」と訴えた。
 無所属新人で前県議会議員、下鶴隆央氏(40)は「若い発想で新しい鹿児島市をつくることが必要」と訴えた。
 共産党新人の元市議会議員、桂田美智子氏(67)は「市民に寄り添ったあったかい市政を目指して全力で突っ走る」と訴えた。
 立候補の届け出は、22日午後5時まで鹿児島市役所で受け付けている。鹿児島市長選挙の投票は今月29日に行われ即日開票される。

鹿児島2020.11.22 12:12

新型コロナ 県内新たに3人感染

 県内では21日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。
 新たに感染が分かったのは、鹿児島市の50代の女性と20代の男性、与論町の30代の男性の3人。
 鹿児島市の2人は、19日に感染が確認された鹿児島市の50代の男性の接触者で、20日検査を受け、陽性が判明した。
 2人は、これまでに発生しているクラスター関連ではなく、50代の女性には咳の症状があるが、20代の男性は無症状だという。
 与論町の30代の男性は、県外の人と接触した可能性があるとして検査したところ、21日陽性が確認された。この男性の濃厚接触者の3人は陰性だった。
 これで県内の感染者は595人となった。

鹿児島2020.11.21 18:17

鹿児島市長選挙立候補届け出受付リハーサル

 22日に告示される鹿児島市長選挙を前に21日、立候補の届け出を受け付けるリハーサルが行われた。
 鹿児島市役所で行われた立候補の届け出を受け付けるリハーサルでは、市の選挙管理委員会の職員が、立候補の届け出順を決める「くじ引き」の流れや、選挙運動に必要ないわゆる「選挙の7つ道具」を渡す手順を確認した。今回は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、消毒液を設置したり、関係者の席の間隔を空けるなどの対策がとられるという。
 鹿児島市選挙管理委員会事務局の新小田美郎事務局長は「1人1人の意見を政治に反映させるというためには1人1人の投票行動が必要になってくる、投票所に行って投票してほしい」と話した。
 鹿児島市長選挙には、前の副市長、松永範芳氏(62)。前市議会議員の上門秀彦氏(66)。前県議会議員の下鶴隆央氏(40)。元市議会議員の桂田美智子氏(67)の4人が立候補を予定している。鹿児島市長選挙は22日告示、29日に投開票される。KYTで行われた立候補予定者4人の討論会は、KYTのホームページから見ることが出来る。

鹿児島2020.11.21 17:56

全日本U-12サッカー県大会さつきが優勝

 来月、鹿児島で開幕する全日本U-12サッカー選手権大会の出場をかけた、県大会の決勝が行われ、鹿児島市のさつきジョレンティアFCが優勝した。
 初優勝を目指す本名サッカースポーツ少年団と、3回目の優勝を目指すさつきジョレンティアFCの決勝。
 開始わずか3分、さつきがコーナーキックから西村がシュートし、そのこぼれ球を川上が押し込み先制する。続く13分、さつきの奥田がドリブルで持ち込み追加点を挙げる。さらに後半、2点を追加したさつきジョレンティアFCが16年ぶり3回目の優勝を決めた。
 来月26日から鹿児島市で行われる予定の全国大会に出場する。
 さつきジョレンティアFCの西村朋倭主将は「チームのメンバー一人一人が諦めずに戦えたので勝ったんだなと思った。自分たちの持ち味のドリブルを活かして全国1位を狙いたい」と笑顔で思いを語った。
 この決勝戦の模様は23日午後4時20分からKYTで放送する。

鹿児島2020.11.21 17:52

鹿屋市をPR!郵便局に年賀状用のスタンプ

 鹿屋市の郵便局で、全国で初めて自治体独自のユニークなスタンプが設置された。
 鹿屋市の郵便局に設置された鹿屋市オリジナルのスタンプ。絵柄は、地元を代表するキャラクター「かのやカンパチロウ」や「ばららちゃん」など鹿屋市ならではの3種類で、誰でも自由に使うことができる。
 多くの人が鹿屋市に興味を持つきっかけになればと年賀状の販売に合わせ設置された。
 スタンプを利用した人は、「東京に友達がいるので鹿屋市をアピールするのにいいかなと思って、今年押してみたい」と話した。  
 鹿屋市ふるさとPR課の圓田空美主任主事は「年賀状に押してもらったり、手紙を送るときに封筒に押してもらったりして、市をPRしてもらえれば」と話した。
 自治体のスタンプを郵便局に置くのは全国で初めてで、年賀はがきの販売が終わる来年1月8日まで設置されている。

鹿児島2020.11.21 11:43

ジョージア臨時代理大使が黒酢の壺畑を視察

 かめ壺仕込みの黒酢作りが行われている霧島市の醸造所にジョージアの臨時代理大使が視察に訪れた。
 黒酢の壺畑を訪れたのは、ジョージア臨時代理大使のティムラズ・レジャバさん。壺の中で熟成させる製造方法について説明を受け、香りや味を確かめた。ワイン発祥の地として知られるジョージアでは8000年前からかめ壺にブドウを房ごと漬けて発酵させワインを作っている。福山黒酢では「かめ壺仕込み」という共通点を持つジョージアワインを、4年前から輸入販売していて、大使はその貯蔵室も見学し、「ジョージアと鹿児島県は共通するものが大きく結びつきの強い繋がりがある。これを発信したい」と話した。

鹿児島2020.11.20 19:08

鹿児島市長選挙 22日告示 4人の動き

 鹿児島市の次のリーダーを決める鹿児島市長選挙の戦いの火ぶたが22日に切られる。激戦が予想される選挙戦。前副市長の松永範芳氏(62)、前市議会議員の上門秀彦氏(66)、前県議会議員の下鶴隆央氏(40)、元市議会議員の桂田美智子氏(67)が名乗りを上げている。4人の動きを取材した。

鹿児島2020.11.20 19:06

馬毛島問題 塩田知事「今月末目途に判断」

 種子島沖の馬毛島へのアメリカ軍の訓練の移転計画を巡り、防衛省が求めている島周辺のボーリング調査を認めるかどうかについて塩田知事は、今月末を目途に判断する方針を明らかにした。
 馬毛島へのアメリカ軍の訓練の移転計画を巡り、防衛省は自衛隊の施設の整備に向け、島周辺の海域の地盤を調べるボーリング調査を行いたいとして今月上旬、県に申請した。申請書には種子島漁協の同意書と八板市長の反対する意見書が添えられていて、最終的に塩田知事が許可するかどうか判断する。
 審査は通常2週間程度とされているが、塩田知事は20日の会見で今月末を目途に判断する方針を明らかにした。さらに防衛省に対し今月中にも知事が持つ疑問点などについて詳しく説明する場を設けるよう要請する考えも示した。
 一方、全国各地で広がりを見せる新型コロナウイルスについて塩田知事は「年末年始を迎えるが感染リスクに留意しながら新しい生活様式に沿った行動をお願いしたい」と話し、県内の感染状況を踏まえた上で国が求めているGOTOイートの人数制限や県境をまたいだ移動の自粛要請など行動を制限する段階にはないとしながらも「引き続き警戒感をもって行動して欲しい」と改めて呼びかけた。

鹿児島2020.11.20 19:06

日置5人殺害事件 母親への証人尋問

 おととし、日置市で男女5人が殺害された事件の裁判員裁判は20日、被告の母親への証人尋問が行われ「私が我慢して一緒にいればこんなことにならなかった」と涙ながらに語った。
 殺人などの罪に問われている岩倉知広被告41歳。起訴状などによると、おととし、日置市の住宅で父親の正知さんと祖母の久子さんの首を絞めて殺害し、近くの山林に遺体を遺棄。その後、2人の安否の確認に訪れた伯母の岩倉孝子さんとその姉の坂口訓子さん、近くに住む後藤広幸さん3人の首を絞めて、殺害したとされている。
 20日、岩倉被告が殺害したとされる父親の元妻で、実の母親への証人尋問がリモートで行われた。岩倉被告は両親が離婚後、数年間、母親や妹と同居していた。2人が雑談していると「俺の悪口を言っている」と言うようになり、当時、所属していた自衛隊をやめた後は、様子がさらにおかしくなっていったと述べた。岩倉被告の母親は「夜中に外に出て大声を張り上げたり、盗聴・監視されていると言うことがあった」と話した。さらに暴力が増え、命の危機を感じた母親は、岩倉被告と別居するようになったという。事件を知った時の心境を聞かれると「私が我慢して一緒にいればこんなことにならなかった」と答えた。最後に検察から岩倉被告に伝えたいことを聞かれると、言葉を詰まらせ、涙ながらにこう述べた。「どんなことがあっても、人を殺めたら終わり、苦しくても、みんなに謝罪してほしい」
 次の裁判は来週24日で被告人質問が行われる。判決は、来月11日に言い渡される。

鹿児島2020.11.20 19:04

新型コロナ新たに7人感染確認

 県内では20日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。
 新たな感染者は鹿児島市の20代から50代の男女5人と与論町の30代の男性、宮崎県の60代の女性の7人だ。このうち20代の男女4人が鹿児島大学で発生したクラスター関連だ。
 鹿児島市の50代の男性は県外への移動歴などはないという。与論町の30代の男性は県外の人との接触が確認されている。宮崎県の60代の女性は鹿児島と宮崎以外での滞在が確認されていて、17日に咳の症状が出てきのう県内の医療機関を受診。陽性が判明したという。
 これで県内の感染者は592人となった。

鹿児島2020.11.20 19:02

陸上のトップアスリートが陸上教室

 大崎中学校に集まったのは陸上の日本一を決める大会、日本陸上競技選手権で入賞をした現役のアスリート。メダルを取った選手もいる。
 毎年大崎町で合宿を行っている選手団側から提案があり実現した。体幹を強くするトレーニングに挑戦するが、なかなかバランスが取れない。トップレベルの選手たちが普段している動きは簡単にはまねできないようだ。それぞれの選手から速く走るコツを教わった生徒たちは今度は選手たちも交えてリレーで対決。圧倒的な速さを間近で体感した。
 選手団は今月14日まで大崎町のトレーニングセンターで合宿を行ったという。

鹿児島2020.11.20 12:04

新型コロナ 新たに9人が感染(鹿児島県)

 県内では19日、新たに9人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。このうち4人は、18日発表された鹿児島大学で発生したクラスター関連だ。
 新たな感染者は、鹿児島市の20代から70代の男女9人。
 このうち20代の男女4人が18日発表された鹿児島大学で発生したクラスター関連で、大学によると、4人は在学する学生だという。
 また、そのほかの5人について鹿児島市は、今のところクラスターとの関連はないとしている。
 これで県内の感染者は585人となった。
 一方、鹿児島市は、先月26日から天文館地区の飲食店などの関係者を対象に行ったPCR検査について、延べ69店舗、229人が検査を受け、全員が陰性だったことを発表した。

鹿児島2020.11.19 19:40

日置5人殺害事件 伯父への証人尋問

 日置市で男女5人が殺害された事件。裁判員裁判が18日から始まった。被告の男の伯父への証人尋問が19日に行われ、伯父は、親族を亡くした思いを涙ながらに赤裸々に語った。
 日置市の住宅で2018年、5人が殺害された事件。殺人などの罪で起訴されたのは、日置市の無職、岩倉知広被告(41)だ。起訴状などによると、岩倉被告は2018年の3月から4月にかけ日置市の住宅で父親の正知さんと祖母の久子さんの首を絞めて殺害し、近くの山林に遺体を遺棄。その後、2人の安否の確認に訪れた伯母の岩倉孝子さんとその姉の坂口訓子さん、近くに住む、後藤広幸さん3人の首を絞めて殺害したとされている。
 2日目の裁判では、当時、弟の正知さんと連絡が取れなくなったことから、妻の孝子さんに様子を見に行くよう伝えた岩倉被告の伯父への証人尋問が行われた。
 検察から被告の性格について、父親の正知さんから何か聞いていないかと尋ねられると、「怒りっぽく切れやすい。思い通りにならないとムシャクシャする様子と聞いていた」と答え、愛する妻、孝子さんが殺害されたことについて問われた際には、時折、言葉を詰まらせながらこう述べた。「これから先、孝子と生活ができない。夢を持って楽しく生きようとしていたのに、悲しみの気持ちが出てきた」また5人が亡くなったことについて問われると、「憎しみでいっぱいだ。もう素直に罪を償って、極刑でいいと思う。真実を述べてほしい」と述べた。
 一方で、弁護側は、岩倉被告が伯父から悪口を言われるなど、迫害を受けていたと話していたと述べた上で、悪口を言ったことがあるか問われた伯父は「身に覚えがない」と、きっぱりと否定した。
 19日は岩倉被告が殺害したとされる父親の元妻で、実の母親への証人尋問が行われる。判決は12月11日に言い渡される。

鹿児島2020.11.19 19:39

畳でアイデア商品! コロナ下でも「技術伝承する責任」

 新型コロナの影響は日本の家には欠かせない畳業界にも。様々なアイデアでコロナ禍に挑む取り組みを取材した。
 京都御所や太宰府天満宮などの畳の張替えを手掛ける増田畳店。県内で唯一、文化財の畳製作技術が認められている老舗にも、新型コロナの影響が。
 増田隆二社長は「どうやって生きていこう…という状況。和室のメンテナンスを定期的にする家庭は、ある程度高齢の60代から上の方がメイン。外部からコロナを持ち込む、誰が持ってるかわからない状態なので、キャンセルが相次いだ」と話した。畳の注文は、去年と比べて緊急事態宣言下では85パーセント減少、現在も40パーセントほど減ったままだ。
 畳の文化を守りたい。厳しい状況の中、新たな挑戦を始めた。案内された先にあったは兜。コロナ下で時間があり、畳の材料だけで作ったという。ござや縁(へり)、いぐさで編んだ紐で作られた兜。いぐさは曲げると折れてしまうため、職人の技が光る。実際にかぶると軽く、いぐさのいい香りがする。さらに、畳のサッカーボールも。増田社長は「畳の縁の柄と柄を合わせる技術が、文化財や寺などで使う技術」と話した。
 伝統技術を生かして今の時代に合うものをと、畳の縁を使った軽くて丈夫なバッグや、縁とレザーと組み合わせた財布も作った。さらに、話題の鬼滅の刃の人形を飾る畳も。増田社長は「主人公が着ている衣装と同じ柄、これって昔からある畳の縁のパターン」と話した。昔ながらの畳の良さが最大限に生かされている。
 スマホカバーや眼鏡ケース、カード入れなど、日々、試作を重ねている。
 今月17日には、畳製作などの日本の伝統的な木造建築を守る職人の技術が、ユネスコの無形文化遺産に登録される見通しに。県内で唯一該当する増田畳店、一層期待を寄せている。増田社長は「畳をなくしてはいけない。携わる技術を伝承していく責任がある。ありとあらゆるものをチャレンジして、うまくいかないときもあるが、ずっとチャレンジし続けている」と話した。
 挑戦はまだまだ続く。

鹿児島2020.11.19 19:38

コロナ禍の中でも結婚式を…業界関係者が勉強会実施

 結婚式場における新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための勉強会。県内のウエディング業界から、衣装や装飾、写真撮影などを担当する約80人が参加した。
 鹿児島ウェディング協議会によると今年度、結婚式を延期したカップルは県内で2158組にのぼる。それでも少しずつ結婚式を実施する人は増えてきているという。
 勉強会では結婚式を2回に分けて挙げたり、広い会場に少ない人数を入れて空いたスペースを演出に利用するなど、コロナ禍の中で、実際に行われた取り組みが紹介された。また透明の仕切りを使うなど、ソーシャルディスタンスを意識したテーブルコーディネートの例も展示された。

鹿児島2020.11.19 19:35

紛糾…馬毛島への米軍訓練移転計画 西之表市議会に説明会

 防衛省が種子島沖の馬毛島に進める米軍の訓練移転など西之表市議会特別委員会への説明会が開かれた。議員から質問が相次ぎ約4時間に渡って行われた。
 馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転に反対の立場の西之表市議会特別委員会。説明会で議員からは「こういう説明会自体が頭ごなしだ」「防衛省の説明は確定してないことばかり。私たちが知りたいことはどうしたら明らかになるのか」などの厳しい意見が出された。他にも「米軍による馬毛島の利用はFCLP以外でもあるのか」との問いに防衛省は「米軍が馬毛島をFCLP以外で使うということは現時点ではない」と回答していた。
 特別委員会の長野広美委員長は「疑問点が深まったし大切なことはいかに基地ができた時にどう影響するのかに対する回答が不十分」と話した。
 20日は、南種子町の住民に対する説明会が予定されている。

鹿児島2020.11.19 19:35

中種子町長 防衛省の説明に「安心した」

 米軍の訓練の移転について反対を表明している西之表市の八板市長は18日、塩田知事と面会し意見を交換した。個別での面会は初めて。計画に賛成か反対か今後の知事の対応が注目されるが八板市長は知事に「計画に反対することへの協力は求めなかった」という。
 一方、19日は中種子町の田渕川町長が知事のもとを訪ねた。自衛隊の施設の誘致を進める中種子町。非公開で行われた意見交換の中で町長は知事に、町民からは騒音の影響を心配する声がある一方で自衛隊の施設への期待がある事などを伝えたという。
 中種子町では18日防衛省が計画についての住民説明会を開いた。これについて田渕川町長は「丁寧な説明をしていただいたと思っている。ボーリング調査が済み次第、情報提供できる部分は町民に提供していただけるとお話しされていた。安心したところ」と話した。西之表市が判断する問題で計画の賛否を表明する立場ではないとしながらも、計画に前向きともとれる考えを示した。
 塩田知事は今後、南種子町、屋久島町の町長とも個別の面会を行う予定。

鹿児島2020.11.19 19:34

鹿児島県 総額41億7900万円の補正予算案

 鹿児島県は、新型コロナウイルスの影響が長期化する事業者への支援金などを盛り込んだ約41億円の補正予算案を発表した。
 県は19日、総額41億7900万円の補正予算案を発表した。主なものとして、新型コロナ関連では外国からの人材を受け入れる際に必要な入国後14日間の待機やPCR検査の費用など、事業者が負担する経費の支援として1億200万円が計上された。
 また、2023年に延期となったかごしま国体、かごしま大会の開催に向けて広告物の変更や23年以降に開催が内定している県との交流事業などにかかる費用として2900万円。7月の豪雨や台風10号で被害を受けた施設の復旧などに30億7500万円が盛り込まれた。
 補正予算案は今月27日に開会する県議会の定例会に提案される。

鹿児島2020.11.19 19:32

ユニクロに行列 そのお目当ては「かすたどん」!?

 19日朝、鹿児島市の商業施設にできた行列。その場所は「ユニクロ」。
 オープン前から並んだ約20人。そのお目当ては洋服だけではなく、先着順に無料で配られた地元銘菓、「かすたどん」。
 ユニクロでは、コロナ禍の中で、地域を少しでも盛り上げたいという思いから、19日からはじまった誕生感謝祭にあわせ、全国47都道府県の菓子メーカーとコラボ。鹿児島では、スタッフのアンケートで1番票が多かった「かすたどん」が配られることになった。地元の銘菓「かすたどん」は開店から30分で1日分を配り終えた。
 買い物に来た女性は「かすたどんが好きなので嬉しい」と話した。
 ユニクロ営業部エリアマネージャー黒岩武さんは「コロナが増えてきている中で、外出とかを控えている人も多い。日ごろのご愛顧含め感謝の気持ちを精一杯この期間中に伝えられるように頑張ってまいる」と話した。
 「かすたどん」は22日まで県内すべての店舗で、先着で配られる。

鹿児島2020.11.19 19:32

J2昇格に望み アウェイで讃岐に勝利

 アウェイで20日、讃岐と対戦した鹿児島ユナイテッド。2対1で勝ち、J2昇格に望みをつないだ。
 J2昇格への灯を消さないために何が何でも勝利を手にしたいユナイテッド。前半9分。初先発した野嶽から馬場へと縦に繋ぎ最、後は米澤。ゴール左隅を狙った鮮やかなシュートで先制する。
 しかし、その後、ディフェンスの体に当たり跳ね返ったボールから強烈なシュートを決められ同点に追いつかれる。その後も讃岐に攻め込まれるが、キーパー大西がゴールを死守。
 同点で迎えた後半。コーナーキックのチャンス。ショートコーナーから、枝本がボールをゴール前へ。反応したのは米澤。技ありゴールで勝ち越しに成功する。
 そのあと最後まで体をはりゴールを死守したユナイテッド。2-1で勝ち、貴重な勝ち点3を手に入れた。
 1位の秋田が6試合を残して優勝を決めた。そして、残り1枠をかけた昇格争いは激しくなってきた。ユナイテッドは順位は8位のままだが、2位・長野が敗れたため、勝ち点差は6に。次の試合は22日、ホーム白波スタジアムで4位のSC相模原と対戦する。

鹿児島2020.11.19 19:21

南さつま市で道路横断中の女性(89)が車にはねられ死亡

 18日午後、南さつま市で女性(89)が軽乗用車にはねられる事故があった。女性は病院に運ばれたが死亡した。
 事故があったのは南さつま市金峰町浦之名の県道。18日午後6時前南さつま市金峰町浦之名に住む観音寺キリ子さん(89)が道路を横断していたところ軽乗用車にはねられた。観音寺さんは病院に運ばれたが頭を強く打っていて約30分後に死亡した。
 警察によると現場は片側一車線の信号機のない直線道路で横断歩道はなかった。軽乗用車を運転していた鹿児島市中山町の男性教員(46)は「暗くて気づかなかった」と話しているという。
 警察が事故の原因を調べている。

鹿児島2020.11.19 12:02

鹿児島市で新たな新型コロナのクラスター発生

 鹿児島市は18日、新たな新型コロナウイルスのクラスターが発生したと発表した。
 鹿児島市は18日、新たに13人が新型コロナウイルスに感染、新たなクラスターが発生したと発表した。
 18日に感染が分かったのは、鹿児島市などの10代から20代の男女13人で、鹿児島大学は17日に感染が確認された20代の男性とあわせ、14人全員が在学する学生であることを明らかにした。14人が所属するサークルでは、屋内でマスクを外して活動していたほか、飲食店やカラオケ店などにも出入りしていたことがわかっている。鹿児島市は、飲食店やカラオケ店などの店の公表は控えており、感染経路については調査中だとしている。
 このほか県内では18日、いちき串木野市の50代と60代の男性2人と志布志市の40代の男性の感染が確認されている。
 これで県内の感染者は576人となった。

鹿児島2020.11.18 20:11

川内原発1号機 8か月ぶりに再稼働

 全国で初めてテロ対策施設が完成した川内原発1号機は17日夜、8か月ぶりに原子炉を起動して再稼働した。
 川内原発1号機のテロ対策施設は今年3月の設置期限に間に合わなかったが今月11日に完成し全国で初めて運用を始めている。
 施設の完成を受け九州電力は17日午後7時半、8か月ぶりに原子炉を起動、18日午前7時に核分裂が安定的に続く臨界に達した。19日午後11時から発電を再開する予定。
 一方、九州電力前では原発に反対する市民グループが横断幕を掲げ再稼働の中止を求め「テロ対策施設は何のために作ったのか。既存の原発の安全設備では守り切れないのでは。安全性がわからない状態で老朽原発の再稼働に入ったと思ってる」などと訴えた。
 九州電力によると2号機のテロ対策施設は来月に完成する予定で、その後、発電を再開するとしている。

鹿児島2020.11.18 19:58

ディスカバー鹿児島 個人情報流出か

 新型コロナウイルスに関する県の観光支援事業、ディスカバー鹿児島キャンペーンにインターネットで申し込んだ人の個人情報が流出した可能性があることがわかった。
 ディスカバー鹿児島キャンペーンは新型コロナウイルスで落ち込んだ宿泊業を手助けしようと県がJTBに事業を委託して行われた。
 インターネットで受け付けた数は第1弾、第2弾合わせて7万8148件だがサイトにアクセスした全ての人の情報が流出した可能性があるという。
 流出した個人情報はアカウント名やメールアドレス、サイトにログインするためのパスワードなど多岐に渡る。今の所、被害は把握されていないが県は、念のためパスワードを変更するよう呼び掛けている。
 申し込みサイトを運営するPeatixJapanは窓口を設置して問い合わせに対応している。連絡先は0120-331-367。

鹿児島2020.11.18 19:57

鹿児島市で新たなクラスター発生

 鹿児島市は18日サークル活動で新たなクラスターが発生したと発表した。県内では9例目のクラスターで17日感染が確認された1人と18日確認された13人の合わせて14人が新たなクラスター関連だ。
 鹿児島市は18日新たに13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも鹿児島市などの10代から20代の男女で同じサークルに所属していたことが分かっている。13人は17日感染が確認された鹿児島市の20代の男性と接触している。鹿児島市はこのサークル内でクラスターが発生したと判断。県内では9例目のクラスターだ。
 サークルでは屋内でマスクを外して活動していたほか飲食店やカラオケ店などにも出入りしていたことがわかっている。鹿児島市は飲食店やカラオケ店などの店の公表は控えており感染経路については調査中だとしている。
 このほか県内では18日いちき串木野市の50代と60代の男性2人と志布志市の40代の男性の感染が確認されている。
 これで県内の感染者は576人となった。

鹿児島2020.11.18 19:44

日置5人殺害 裁判員裁判はじまる

 おととし、日置市で男女5人が殺害された事件で殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判が18日から鹿児島地方裁判所で始まった。
 初公判は、18日午前11時から鹿児島地裁で始まった。計5人が殺害された凶悪事件。厳しい判決が予想されることもあり、注目が集まっている。一般の傍聴席27席に対し、289人が傍聴券を求め列を作った。殺人などの罪に問われている岩倉知広被告(41)。おととしの3月から4月にかけ、日置市の住宅で父親の正知さんと祖母の久子さんの首を絞めて殺害し、近くの山林に遺体を遺棄。その後、2人の安否の確認に訪れた伯母の岩倉孝子さんとその姉の坂口訓子さん、近くに住む、後藤広幸さん3人の首を絞めて殺害したとされている。18日の初公判で、岩倉被告は父親に関しては「殺意はなかった」と殺意を否定。祖母については「殴って死なせてしまった」と述べた。他の3人を殺害したことについては「間違いない」と認めた。裁判はこのあと証拠調べ、証人尋問が行われる予定。

鹿児島2020.11.18 12:26

霧島市で“あおり運転” カメラが見た一部始終

 全国的に問題となっているあおり運転が16日、霧島市でも起き た。一部始終をカメラが捉えた。
反対車線を逆走する軽トラック。16日、霧島市で撮影された映像だ。時より並行して走り車に幅寄せする場面も。前の車を追い越し停車、運転手に罵声を浴びせた。軽トラックは20分以上同じ車を追いかけ、あおり運転を繰り返したという。現在、この映像は警察に提供されている。
 警察によると、今年、県内ではあおり運転などの危険な運転による相談や通報は、先月末の時点で812件で、去年と同じ時期に比べ190件増えているという。警察は「危険を感じたら安全な場所に車を止め、車から降りることなく警察に通報してほしい」と呼びかけている。

鹿児島2020.11.17 19:52

出水市で野鳥の糞から鳥インフルエンザウイルス

 県は17日、出水市で野鳥の糞から毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。
 ウイルスが検出されたのは出水市の米ノ津川河口付近。今月5日に採取した野鳥の糞を検査したところ、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたという。
 また、16日までに出水市の荒崎地区でオナガガモとスズガモ計2羽が死んでいるのが見つかった。鹿児島大学で遺伝子検査を行ったところ、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たという。今後、鹿児島大学でウイルスが高病原性かどうかの検査を行う。1週間ほどで結果が判明する見込み。
 県は、糞を採取した場所から半径3キロ以内にある11の農場に異常がないか立ち入り検査を行っている。

鹿児島2020.11.17 19:51

学生がコンビニと共同でオリジナルスイーツを考案

 県立短期大学の学生が県内産の抹茶を使ったオリジナルのスイーツをコンビニエンスストアと共同開発し知事に贈った。
 17日午後、県立短期大学の学生と、南九州ファミリーマートの社長など7人が知事を訪ねた。
 県内産の抹茶とサツマイモの「べにはるか」を使って共同開発したオリジナルのスイートポテトを知事に贈った。
 試食した知事は「おいしい」と話し開発した県立短期大学の学生は「鹿児島でも作られていることをあまり知られていない抹茶を鹿児島の特産品であるサツマイモと組み合わせてアピールしようと思った」と話した。
 商品は鹿児島と宮崎のファミリーマートで販売されている。

鹿児島2020.11.17 19:48

36ぷらす3肥薩おれんじ鉄道ルート試運転

 JR九州の新しい観光列車36ぷらす3が19日から肥薩おれんじ鉄道のルートで走りはじめるのを前に、17日試運転が行われた。
 観光列車36ぷらす3は九州をめぐる5つのルートがある。この中で7月の豪雨災害をへて今月全線で運転を再開した肥薩おれんじ鉄道を走るルートについては、19日から運転が開始される。それを前に試運転が行われた。
 36ぷらす3は787系特急形の電車を改造した車両だ。787系は2004年に九州新幹線が部分開業するまで特急つばめとして走っていたが第3セクターの肥薩おれんじ鉄道に路線を移管して以降は初めてとなる。
 2004年以来の運転のため事前に実施された運転士の訓練では、海沿いを走るかつての”特急つばめ”を彷彿させる姿が見られた。17日の試運転では本番と同様に牛ノ浜駅でのおもてなしも行われた。駅ではたい焼きなど地元阿久根市のグルメの販売や、踊りなどが披露された。
 牛ノ浜区長松永太一さんは「列車から降りた人に過疎である牛ノ浜地区を知ってもらいたい」と話した。
 肥薩おれんじ鉄道を通る「36ぷらす3」は、19日から毎週木曜日運行する。

鹿児島2020.11.17 19:40

感謝の気持ち… 高校生が保護者にエステ

 エステティシャンなどを目指す高校生が、保護者に日頃の感謝の気持ちを込め、エステやネイルを行った。
 日置市の鹿児島城西高校で開かれた「感謝のビューティーサロン」。トータルエステティック科の3年生が、授業で学んだエステやネイルの技術を、日頃の感謝の気持ちを込めて保護者に披露した。「いつもありがとうという気持ちで施術した」と話す生徒に、保護者は「毎晩、毎晩してもらいたい」と笑顔を見せた。
 3年生の1人、髙柳凜緒さんは、母の利恵さん相手に緊張気味だった。髙柳さんは「母がフェイシャルエステの資格を持っていて、それでしてもらって、いいなって興味を持った」と話した。母の背中を追って学んできた3年間だった。母の利恵さんは「最初は緊張しているのかなというのがあったが、慣れてくると気持ちよくて、安心して眠りにつけた。成長してくれたことが嬉しい」と涙を浮かべた。髙柳さんは「感謝の思いを込めてやった。母のようになりたい」と笑顔を見せた。
 生徒たちは、来月に行われる「認定エステティシャン」の資格の取得を目指す。

鹿児島2020.11.17 19:38

W流行に備え「医療機関」指定

 今後の新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、県は、発熱の症状がある人に対応する医療機関を795か所指定した。
 これは新型コロナ感染症調整本部会議で県が明らかにしたもの。これによると今後予想される新型コロナとインフルエンザの同時流行に対し、県は発熱症状のある人を診察、検査を行える「診療・検査医療機関」を795か所指定。
 患者のたらい回しを防ぎ、迅速に確実な診断に繋げたいとしている。公表できる医療機関については今月中に公表する方針だという。
 県医師会の池田琢哉会長は「公表を控えているのは職員の誹謗中傷に対する恐れを抱いている人が多い。行政には県民に対してそういうことが起こらないよう呼びかけしてほしいとお願いした」と話し公表する医療機関が増えるよう努力したいとしている。

鹿児島2020.11.17 12:16

鹿児島市長選 投票所整理券引き渡し

 今月29日に投開票が行われる鹿児島市長選挙を前に、鹿児島市役所では17日朝、投票所の整理券が郵便局へ引き渡された。
 鹿児島市役所では17日朝、鹿児島市の有権者49万5827人分の投票所整理券が郵便局の職員に手渡された。今月21日までに各家庭に届けられる予定。
 期日前投票は今月23日から鹿児島市役所の本庁や各支所などで始まる。鹿児島市長選挙と鹿児島市議会議員の補欠選挙は今月22日告示、29日に投開票される。

鹿児島2020.11.17 12:15

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース