鹿児島のニュース

予約のキャンセルも 天文館から悲痛な声

 天文館での新たなクラスターに、接待を伴う飲食店からは悲痛な声が聞かれた。約40年営業を続ける店は、これまで客との間に仕切りを設けるなど感染対策を行いながら営業を続けていた。最近では徐々に客も戻りつつあったというが、今回のクラスター受けて予約のキャンセルも入ったという。天文館はまだ厳しい状況が続いている。

鹿児島2020.09.23 20:04

電柱に衝突 無免許の少年が意識不明の重体

 鹿児島市の交差点で23日未明、軽乗用車が電柱に衝突する事故があり、運転していた17歳の少年が意識不明の重体だ。少年は無免許運転だった。
 警察によると、23日午前3時半ごろ、鹿児島市東谷山1丁目の交差点で軽乗用車が電柱に衝突した。この事故で運転していた鹿児島市に住む職業不詳の17歳の少年が、顔を強く打ち意識不明の重体だ。少年は、無免許運転だった。薬物反応やアルコール反応はでていないという。警察が詳しい事故の原因を調べている。

鹿児島2020.09.23 19:51

コロナ禍で修学旅行を県内で 小学校に密着

 川内駅にやってきたのは鹿児島市の向陽小学校の子供達。6年生にとっての一大イベント、修学旅行だ。向かった先は肥薩おれんじ鉄道の乗り場。
 向陽小学校では、修学旅行の行先は毎年熊本県だったが、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今年は行先を県内に変更した。他の小中学校でも県内への変更が相次いでいて、県教育委員会によると、その数は151校に上るという。コロナ禍でも子供達にとって思い出に残る旅行にしたい。鹿児島の魅力を再発見してほしい。先生たちが考えたのが肥薩おれんじ鉄道の貸し切り旅行だった。
 運転士の制服も借りてウキウキ!にぎやかな車内となった。運転席の周りには人だかりが。線路もじっくりと見ることができ、本物の運転士さん質問し放題。
熱心に話を聞くこどもたち。さらに車両の洗浄作業を列車の中から見学した。子供たちは「熊本と鹿児島、行き先はどちらでもよかったと思っている。修学旅行に行けてよかった」と話していた。
 鹿児島市立向陽小学校の中村健三郎教頭は「子どもたちはおれんじ鉄道に乗っていろんな説明を聞いて喜んでいる。6年生にとっては小学校での一番の思い出になるのでこうやって工夫して実施できてよかった」と話していた。
 子供達はこのあと出水市の武家屋敷群や伊佐市の曽木の滝を回った。子供達にとって良い思い出になったようだ。

鹿児島2020.09.23 19:50

鶴田ダムで焼酎を熟成

 鶴田ダムを使った町おこしに力を入れるさつま町で、新しい試みが始まった。ダムの中で焼酎を熟成させるプロジェクトだ。
 さつま町の鶴田ダムで23日、関係者らが向かったのはダムの地下3階にある「監査廊」だ。普段は、点検などに使われる通路だが、今回並べられたのは、焼酎だ。1年中温度が18度前後と安定し焼酎の貯蔵に適していることから、ダムの中で焼酎を熟成させるプロジェクトが始まった。さつま町の蔵元で作られた3つの銘柄の焼酎を購入し、申し込めば誰でも利用できる。この日は、これまでに応募のあった41本を貯蔵。瓶には、誕生祝いや還暦祝いなど様々な思いが込められていた。申し込んだ人は「ダムが好きで鶴田ダムによく行っていた。10年後、またこの瓶持っていって、飲み比べをしたい」と話した。
 料金は、1年間で1万500円。1年延長するごとに500円かかり、最長20年まで貯蔵できる。長期保存した焼酎はまろやかな味わいになるという。

鹿児島2020.09.23 19:47

知ってる? 運転免許試験の予約制度

 新型コロナウイルスの影響で、入社や入学を前に込み合う来年2月と3月に、運転免許を取得できない恐れがある。
 鹿児島中央駅前で23日朝、運転免許試験の受験予約制度について樟南高校の生徒などがPR活動を行った。
 入社や入学を前に混み合う来年2月と3月について、試験場での「3密」を防ぐため、免許試験の一部に予約が必要となる今回の制度。
 例年多い時で1日700人受けていたところを1日200人の予約制にする。普通免許と準中型免許の初めての受験が予約の対象だ。
 PR活動に参加した高校生は「運転免許試験の制限や予約を知らなかった。周りの人にも共有して広めていきたい」と話した。
 県警本部自動車教習所係長、今村太亮警部補は「警察として独自に広報をして予約制度を3月に向けて実施できれば。コロナ対策を十分にして、安心して受験に来てもらえれば」と話した。
 県警は制度の概要や手続きについてまとめた動画を、YOUTUBEで公開している。

鹿児島2020.09.23 19:43

国体実行委員会 2023年開催を承認

 2023年の開催を目指すかごしま国体について23日、県や市町村、競技団体などで構成される実行委員会が開かれた。すでに開催が内定していた佐賀県と滋賀県が開催の延期を表明したことを受け、県は今月15日に日本スポーツ協会から正式に2023年の開催の提案を受けた。実行委員会はこの提案について審議したが、全会一致で承認した。
 開催を巡っては、近くスポーツ庁や日本スポーツ協会など関係団体と話し合い、2023年の開催が正式に決まる見通し。

鹿児島2020.09.23 19:40

南さつま市で住宅と倉庫を全焼 ケガ人なし

 南さつま市で23日朝、住宅と倉庫を全焼する火事があった。ケガ人はいなかった。
 警察によると、23日午前5時半すぎ、南さつま市金峰町で近所の住民から「家から火が出ている」と110番通報があった。
 火は約1時間後に消し止められたが、石元光子さん(75)の木造平屋建て住宅と倉庫を全焼した。また、隣の家3軒の窓ガラスや壁の一部を焼いた。
 石元さんは息子2人との3人暮らしで、出火当時全員家にいたが、火事に気付いて逃げ出しケガはなかった。
 出火前、石元さんの息子が薪で風呂を沸かす準備をしていたということで、風呂場が火元の可能性もあるとみて、警察と消防が火事の原因を調べている。

鹿児島2020.09.23 12:32

路上で顔を切りつける 45歳男を逮捕

 鹿児島市で、男性の顔を刃物のようなもので切りつけケガをさせたとして、傷害の疑いで男(45)が逮捕された。
 逮捕されたのは、鹿児島市吉野町の会社員、高はし新容疑者(45)。警察によると、高はし容疑者は21日午前2時ごろ、鹿児島市の天文館の路上で、歩いていた男性(19)の顔を刃物のようなもので切りつけ、2週間のケガを負わせた疑い。防犯カメラなどから高はし容疑者が浮上した。
 調べに対し高はし容疑者は「お酒を飲んでいてよく覚えていない」と、容疑を否認しているという。また、2人に面識はなかったという。
 警察で事件のいきさつを詳しく調べている。

鹿児島2020.09.23 12:31

ユナイテッド 秋田との大一番

 サッカーJ3は22日が前半戦最後の試合で、鹿児島ユナイテッドは首位・秋田と対戦した。金監督が「負ければ優勝という目標を変えざるを得ない」と臨んだ大一番。勝利はつかめたのでしょうか?
 キックオフ30分前、鹿児島市の飲食店には続々とサポーターが駆けつけた。相手は15試合負けなしの首位の秋田!サポーターは「倒しがいがあるよね!今までどこも土をつけてない秋田だから強いのはわかるけど、ドラマを作ってほしい」、「絶対勝つ!鹿児島からみんなでパワーを送る!」といつも以上に気合いが入る!実は、この店の炭火もも焼きはホーム戦のスタジアムグルメでも食べられる料理。ホーム戦のつもりで、勝ち星を“鳥”にいく!
 ユナイテッドは前半32分、前線でボールを受けた牛之濵が反転して、強烈なシュート!馬場が詰めるが、ゴールとはならない。一方、37分、秋田のシュート!これはクロスバーに救われる。次はユナイテッド!フォゲッチの正確なパスを馬場が巧みに受けてシュート!しかし、惜しくもクロスバー!ここまでわずか4失点、秋田の堅い守備をなかなか破れない。エンドが変わった後半も両者譲らず。0対0の引き分けとなった。
 金鍾成監督は「勝たなければいけないというゲームの中で勝てないのは残念。厳しい状況にはなっていくと思うが、あと17節あるので、そこを週末からのゲームをどうしていくかによって少ない可能性に向かってまだいけると思っている」と話した。サポーターは「一歩も引かず、首位の秋田とわたりあっていたところに選手の気持ちを感じた。ご褒美に勝ってほしかった」、「悔しい。昇格を信じて、まだまだ選手もサポーターもあきらめていない。一生懸命応援していく。信じています」と鼓舞した。
 ユナイテッドは順位を1つ下げ、暫定6位。次の試合からシーズン後半戦、ユナイテッドは27日(日)、ホームで長野と対戦する。

鹿児島2020.09.22 19:39

4連休最終日 各地の観光地にぎわう

 4連休の最終日。県内は晴れて、観光地は多くの人でにぎわった。
 駐車場が満車になった鹿児島市の仙巌園。園内では、雄大な桜島にカメラを向ける多くの人の姿があった。新型コロナウイルスの影響で3か月半の休業期間があったが、この連休には1日に1500人以上が訪れ、今年1番のにぎわいとなった。埼玉から訪れた人は「海とか山とか、いろいろな自然がいっぱい見られて楽しかった」「鹿児島にずっといたいぐらい楽しかった」と笑顔を見せた。島津興業営業部の吉永衛次長は「新しい出発ではないが、また今後、観光に期待できる4日間だった」と話した。
 一方、鹿児島名物の両棒餅店では、感染対策として店内での提供は再開していないが、厨房では次から次に両棒餅が作られていた。140年変わらない味噌を使った甘い両棒餅。連休最後のドライブや帰り道のお供に持ち帰りの注文がどんどん入り、1度に5パックを買い求める客もいた。訪れた客は「中川家に行こう!ってお出かけした。両棒餅大好き」と話した。中川家の店主中川澄子さんは「嬉しかった。「おばちゃん元気だった?生きてた?」って言われる。楽しかった。商売にしても、お客さんと会話もできたし嬉しかった」と笑顔を見せた。
 霧島市さくらフルーツランドには旬の味、ブドウを求めて多くの人が集まった。
 連休中は1日平均4000人が訪れたという。皆さんのお目当てはブドウ狩りだが、連休中に予想以上に人が訪れたためブドウ狩り用のブドウがなくなってしまった。それでも、販売用のブドウを買う人は次々とやってきて、かごいっぱいに買い物をする人もいた。
 この4連休は、休みで出かけた人も働いていた人にとっても、特別な4日間になったようだ。

鹿児島2020.09.22 19:34

1泊100万円 最高級のスイートが完成

 1泊100万円。城山ホテル鹿児島の新しいスイートルームが完成した。鹿児島の最高級の部屋を作りたかったと担当者は話す。既に数組の予約が入っている1泊100万円の部屋。どんな人が泊まるのだろうか?
 城山ホテル鹿児島が耐震工事に伴い進める客室のリニューアル。これまでのスイートルームに3部屋を繋げて200㎡の広さを確保した。城山ホテルのスタンダードの7部屋分の広さを誇る。コンセプトは城山らしさと鹿児島らしさ。すべての家具や調度品がこの部屋のために作ったオリジナル。バーカウンターには鹿児島が誇る芋焼酎が並ぶ。すべて自由に楽しむことができる。県内では最高価格の1泊100万円、意識したのが…2023年に鹿児島市交通局跡地にできるシェラトン鹿児島ホテルだという。城山ホテル鹿児島の責任者も「海外のホテルにも負けないようなホテルを目指したいという思いがあった」と話す。
 昨年度、城山ホテルに宿泊したのは約16万人、このうち、約2万3000人が海外からの観光客だった。新型コロナウイルスが落ち着けば今後の拡大も期待できそうだ。城山ホテルが狙うのはそうした海外からの「富裕層」。鹿児島ならではのサービスを追求しながらリニューアルを進めている。インペリアルスイートにはかごしま国体を観覧する予定だった天皇陛下にもお泊りいただこうとこの時期の完成となった。
 城山ホテル鹿児島島の渡千左代取締役は「世界の富裕層が来られる。100万円という部屋が用意できる所に鹿児島の価値が出てくる。自然に溶け込むような形で部屋にいながら観光を楽しめる空間づくりに注力した」と話す。SHIROYAMAインペリアルスイートは来月2日から利用ができすでに数組の予約が入っているそうだ。

鹿児島2020.09.22 19:29

天文館 接待を伴う飲食店でクラスター

 鹿児島市は天文館の接待を伴う飲食店でクラスターが発生したと発表した。天文館の店でクラスターが発生するのは2例目。
 クラスターが発生したのは、鹿児島市山之口町の接待を伴う飲食店「ニュークラブキングアンドクィーン」。
 21日から22日にかけてこの店のスタッフとスタッフの知人、利用客の合わせて11人の感染が確認された。
 感染したのは、鹿児島市の20代から40代の男女、北海道の40代の男性。
 店は、会話や酒を楽しむ接待を伴う飲食店だが、マスクやフェイスシールドの着用が徹底されていなかったという。
 鹿児島市は、どれくらいの人が店を利用したかについて調査をしていて、今後、接触者が増える見通しだ。
 鹿児島市は今月5日から19日まで店を利用した人に帰国者・接触者相談センターへ連絡するよう呼び掛けている。
 鹿児島市では、7月に天文館のショーパブでクラスターが発生していて天文館でのクラスターは2例目。
 このほか県は、20代男性1人の感染を発表し県内の感染者は389人となった。

鹿児島2020.09.22 19:27

喜界町長選挙 告示

 任期満了に伴う喜界町長選挙が告示され新人2人が立候補している。
 喜界町長選挙に立候補したのはいずれも無所属の新人で元県職員の米澤守光さん71歳と前の副町長の隈崎悦男さん66歳。
 現職の川島健勇町長は引退を表明していて新人2人による一騎打ちの公算が大きくなっている。選挙戦は2000年以来20年ぶり。
 立候補の届け出は午後5時まで。喜界町長選挙は今月27日に投開票される。

鹿児島2020.09.22 12:25

鹿児島市伊敷台で倉庫1棟を全焼 ケガ人なし

 鹿児島市伊敷台で今月22日未明、倉庫一棟を全焼する火事があった。ケガ人はいなかった。
 火事があったのは鹿児島市伊敷台にある重信通信工業の倉庫だ。今月22日午前2時過ぎ、近所の人から「何が燃えているかわからないが音とにおいがする」と消防に通報があった。火は約2時間半後に消し止められたが、2階建て倉庫1棟を全焼した。この火事によるケガ人はいなかった。警察と消防が出火の原因を調べている。

鹿児島2020.09.22 12:24

4連休の鹿児島 菅首相も食べた白熊に行列!

 九州自動車道下り線の桜島パーキングエリア。次々と車が入ってく。県外ナンバーの車が多くみられた。
 菅首相が白熊を食べる写真がSNSに投稿されたことでも話題の、鹿児島市の天文館むじゃきには全国各地から多くの人が訪れ、午前10時の開店と同時に行列ができた。特に20日と21日は8月のお盆より多くの人が訪れたと言う。
 職員に新型コロナウイルスの感染者が出たため、約3週間休館していた指宿市の砂むし会館「砂楽」。この連休中の利用者は1日に約1300人。去年のゴールデンウィークが1日1500人ほどだったということで、この4連休の人出は新型コロナ拡大前に戻りつつあるようだ。
 鹿児島市の城山ホテル鹿児島は、今月19日から21日まで満室。今月上旬、台風10号が接近したときに満室になったのを除くと、数か月ぶりだという。客の7割は県外からで、ほとんどが政府の観光支援策「GoToトラベルキャンペーン」を利用しているという。城山観光の重吉勇副支配人は「6、7月と非常に厳しい状況ではあったがこのGoToキャンペーンをしてもらうことによって非常に客が増えた。今回のシルバウィークは特にそう思ってる」と話す。来月から東京もGoToトラベルキャンペーンに加わることから、さらなる需要の回復に期待を寄せていた。

鹿児島2020.09.21 19:39

新型コロナ 鹿児島市で新たに1人が感染

 今月21日、鹿児島市で新たに1人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。
 新たに感染が確認されたのは鹿児島市の20代の女性だ。この女性は今月19日に発熱の症状があり、20日に医療機関を受診。PCR検査を受け陽性が判明した。今のところ感染経路はわかっていない。女性の接触者についても現在調査中だという。
 これで県内の新型コロナウイルスの感染者は378人となった。重症者はいないという。

鹿児島2020.09.21 19:39

敬老の日に蹴ろう シルバーカップサッカー

 Jリーグに負けない熱戦が繰り広げられた。敬老の日は「蹴ろうの日」ということでお年寄りのサッカー大会が開かれた。48年前の鹿児島国体に出場したベテランが語るサッカーの魅力とは…。
 鹿児島市で開かれたシルバーカップサッカー大会、60歳以上が参加した。鹿児島の高校サッカー界の名将も参加していた。上原又郎さん(74)。7年前に指導者としての第一線を退くまで赴任先の学校を次々と強豪へ押し上げた。2002年と2006年には県立の松陽を全国の舞台に導きインターハイ出場を果たした。その上原さんは現役時代と変わらずセンターバックに入る。なかなか、思うようにいかない場面もあったが相手の鋭い攻撃を体をはって防ぐ。ゴール前のボールを次々とヘディングではじき、はつらつとしたプレーを見せた。
 48年前に鹿児島で開かれた太陽国体。全国から約1万9000人の関係者が訪れ鹿児島は悲願の天皇杯、男女総合優勝を獲得した。上原さんは教員団の1人として出場、鹿児島の3位に貢献した。今年の大会が延期され3年後の開催がほぼ決まったかごしま国体については「仕切り直し。選手もそうだし指導者も戸惑っている人が多いかもしれない」と話した。「もう一度若くなれるなら大会に出場し決勝を目指したい」とも話す上原さん。サッカーの魅力について聞くと「仲間の存在」とこたえた。
 大会最高齢は89歳の松元剛さん。懸命にボールを追いかけ年齢を感じさせないプレーをしていた。秋晴れの下、参加者は気持ちのいい汗を流しながらサッカーを楽しんだ。

鹿児島2020.09.21 19:38

高齢者すこやか温泉講座 元プロサッカー選手の姿も!

 鹿児島市で開かれた、高齢者に向けた正しい温泉の入り方講座。会場には、なぜか、あの元プロサッカー選手の姿が。
 鹿児島市明和で開かれた高齢者すこやか温泉講座。高齢者に健康に過ごしてもらうため、正しい温泉の入浴方法や体操の仕方を学ぶ講座だ。
 「40度~41度で10分間、これが最大ポイント。この温度時間で入っていると、免疫力が上がるのではなかろうかと言われている」と話す講師の温泉ソムリエ師範・六三四さん。最低でも入浴する15分前には水分をとることや、体が温泉に慣れるよう、かけ湯をたっぷりすることなど温泉を安全に楽しむポイントを呼びかけた。
 そして会場には、鹿児島ユナイテッドの応援リーダー田上 裕さんの姿も。実は田上さん、鹿児島ゆアルテッドFCの一員として、県内外に鹿児島の温泉の魅力をPRする活動もしているのだ!この日は、新型コロナによる運動不足を解消する体操で、参加者と一緒に体を動かした。
 参加者からは「毎日温泉に行っているけど、思いながら体を動かさないからいい機会になった」「楽しかった。久しぶりに体操した」「91歳です。亡くなるまで健康で自分の足で歩きたい。それが目標」といった声が聞かれた。
 鹿児島ユナイテッドFC田上さんは「子供たちに夢を与えることや、来てくれたお年寄り、おじいちゃんおばあちゃん。県民の皆様に明日頑張る活力をというのがチームがある意味。一緒にこの時間を運動を通して共有できるのが有意義な時間になった」と話した。  
 県内の人口の約32パーセントが65歳以上と、高齢者の割合は年々増えているということだ。

鹿児島2020.09.21 19:37

高校生が平和を願い揮毫

 鹿児島市の神社で行われた平和と新型コロナの終息を願う奉納揮毫。高校生が書に込めた思いは?
 今月21日は、国連が定める国際平和デー。鹿児島市の護国神社で世界平和と新型コロナウイルスの終息を願って、奉納揮毫が行われた。
 揮毫とは、筆を使って文字や絵を書くこと。はかまを着て登場したのは樟南高校の書道部員5人だ。書いているのは、護国神社の創建にゆかりがあるといわれる明治天皇が詠んだ歌「御製」の中から、生徒たち一人一人が選んだものだ。平和への願いが込めれた歌を選んだという。一文字一文字、真剣に、丁寧に書き上げた。樟南高校書道部の前平南美部長は「少しでもみんなが前向きな気持ちで、コロナがどんどん減っていって、またいつもの毎日にもどれるといいなと思う」と話した。
 また県内で活躍する書道家の松田貴志さんと上野裕琴さんも登場し、力強い揮毫を披露した。松田貴志さんは「コロナ禍の中、感染された方々への誹謗中傷や差別などが、この世の中から少しでも減ってもらえればなという思いで今日は書いた」と話した。
 奉納された書は、鹿児島市の護国神社で見ることができる。

鹿児島2020.09.21 19:23

豊作と新型コロナ終息願い…伝統行事「平瀬マンカイ」

 奄美大島の龍郷町で20日、国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統行事「平瀬マンカイ」が行われた。
 奄美大島の龍郷町で20日夕方、五穀豊穣を祈願する「平瀬マンカイ」が行われた。国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統行事。明け方に行われる、もう一つの伝統行事「ショチョガマ」は、新型コロナの感染防止のため中止となり「平瀬マンカイ」も観客数を制限して行われた。
 「ノロ」と呼ばれる神の使い役の女性たちと男女が向かい合うように岩の上で歌いながら踊り、海の彼方の神々に豊作を祈願していた。
 秋名・幾里集落アラセツ行事保存会の窪田圭喜会長は「コロナのこの時こそやってふっとばそうじゃないかという気持ち。一日も早い終息を願う思いを心がけて実行した」と話していた。
 その後、浜辺では男女が輪になって踊り家内安全を祈願していた。

鹿児島2020.09.21 12:03

2023年総文祭の委員会開かれる

 2023年に鹿児島で行われる「全国高等学校総合文化祭」の開催に向けた委員会が開かれた。
 全国高等学校総合文化祭は、演劇や書道など20を超える部門で競い交流を深める祭典で「文化部のインターハイ」とも呼ばれている。2023年には鹿児島で初めての開催が決まっている。
 20日に開かれた委員会には、各部門から推薦された県内の高校生19人が参加。11月に行われる、大会1000日前PRイベントの内容などについて話し合った。新型コロナの影響を考え、自分たちの技術を活かしたアイデアを出し合っていた。
 参加した生徒は「コロナで制限が多いので色々な学校から来ている分色々な方法があるのでそれを活かして対策していこうと思う」と話していた。
 1000日前のPRイベントは、11月29日にアミュ広場で行われる予定。

鹿児島2020.09.20 18:59

ゼロカーボンシティかごしま号出発式

 鹿児島市が環境について考えてもらおうと製作したラッピング電車「ゼロカーボンシティかごしま号」の出発式が行われた。
 鹿児島市は、2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティかごしま」を宣言している。そのPRとして環境への思いがデザインされた市電「ゼロカーボンシティかごしま号」の出発式が行われた。車体には読み取ると鹿児島市からのメッセージが表示されるQRコードや、自動車ではなく市電を利用することで二酸化炭素の排出量を4分の1まで減らせることがかかれたグラフなどがデザインされている。
 鹿児島市の森市長は「地球温暖化の未来について考え、行動に移してもらえるきっかけになれば」と話していた。

鹿児島2020.09.20 11:50

新型コロナ 新たに1人が感染

 鹿児島市は今月19日、新たに1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これで県内の感染者は377人となった。
 新たに感染が確認されたのは、東京都に住む20代の男性だ。この男性は今月17日に私用で鹿児島市を訪れていたが、18日に鹿児島市を訪れる前に東京で陽性者と接触していたことが判明。18日にPCR検査で陽性が判明した。症状はないという。男性の接触者については現在調査中だ。
 これで県内の新型コロナの感染者は377人となった。重症者はいないという。

鹿児島2020.09.19 18:26

指宿市の砂むし会館「砂楽」が営業再開

 職員が新型コロナウイルスに感染したとして先月から休館していた指宿市の砂むし会館「砂楽」が、19日から営業を再開した。
 指宿市の砂むし会館「砂楽」は先月、職員1人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、約3週間休館していた。保健所の指導のもと行われた館内の消毒などが終わり、19日に待ちに待った営業再開となった。午前8時30分のオープンと同時に続々と客が訪れた。
 砂楽では、新型コロナ対策として、入り口に体温を測る機械が置かれたり、砂むしを行うスタッフはマスクにゴーグルを着用している。男性客は「再開するということで急いでかけつけていた。最高だ」と笑顔を見せた。
 砂むし会館「砂楽」の管理者、上田薫さんは「これまでも感染対策はとっていたが、より安心して入れるように努力している」と話した。現在、客同士の距離をとるため、利用できる人数を半分に減らしているという。

鹿児島2020.09.19 17:50

天文館のプレミアム付き商品券販売開始

 4連休の初日の19日、鹿児島市の天文館ではプレミアム付き商品券の販売が始まった。
 4連休初日の19日、天文館は大きな荷物を持った人や家族連れでにぎわっていた。19日から販売されたのは、天文館商店街振興組合連合会が発行するプレミアム付き商品券。商品券は今月22日までの4日間で1万9000冊販売される予定だが、19日の販売分の約7000冊は約50分で売り切れた。天文館商店街振興組合連合会の黒木祥輝専務理事は「新型コロナの影響で各個店も非常に厳しい状態。天文館で買い物をしてもらって、日常的に足を運んでくれるような街になってくれれば」と期待を込めた。
 一方、天文館を元気にしようとヒマワリを店頭で育てる取り組みも始まった。ヒマワリは現在は15か所ほどだが、今後、100か所ほどに増やし来月末まで飾る。

鹿児島2020.09.19 17:49

コロナ収束を願い万羽鶴を展示

 鹿屋市で新型コロナウイルスの収束を願って作られた万羽鶴が展示された。
 万羽鶴が展示されたのは、鹿屋市にある農畜産物直売所「どっ菜市場」だ。JA鹿児島きもつきは今年7月、新型コロナウイルスの収束を願い、万羽鶴を作るプロジェクトを始めた。JAの職員を中心に5万羽を計画していたが、地域住民や企業などからも協力があり、10万5千羽をこえる折り鶴が集まったという。集まった折り鶴はJAの職員たちが丁寧に糸を通し束にした。JA鹿児島きもつきの下小野田寛代表理事組合長は「この思いがこの地域あるいは鹿児島県全体あるいは日本全体に広がっていって収束に向けて進んでくれることを願うばかり」と話した。

鹿児島2020.09.19 17:49

鳳凰高校で寮生を激励の花火打ち上げ

 南さつま市の高校で18日夜、寮に入っている生徒を激励しようと花火が打ち上げられた。
 花火が打ち上げられたのは南さつま市の鳳凰高校。新型コロナウイルスの影響で帰省することができなかった寮に入っている生徒たちを元気づけようと学校が企画した。約600人の寮生うち400人が県外出身で、今年4月から地元に帰省できていないということだ。寮生たちは花火が打ちあがるたびに大きな歓声を上げていた。
 約75発の花火が5分間打ち上げられ、夜空を彩った。

鹿児島2020.09.19 11:41

枕崎市役所に「危害予告メール」一時騒然

 枕崎市役所が騒然となった。理由は市役所に届いた「危害を加える」というメールだ。この影響で庁舎が一時閉鎖となった。
 18日の朝、枕崎市役所を訪ねると、午後2時から午後3時までの間閉鎖するという張り紙が。午後2時前になると庁舎の入り口には立て看板が…。中からは次々と人が出てくる。実は危害予告のメールが届いていたのだ。
 市によると16日の朝、「18日の午後2時半ごろに庁舎に危害を加える」という不審なメールが届いた。枕崎市では市民の安全を考え、午後2時からの一時間庁舎を閉鎖。警戒を強めていたが、幸い何も起きなかった。
 市民をも巻き込む迷惑行為。こうした行為は威力業務妨害罪にあたる可能性があり、有罪になれば3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課される。
 警察はメールを送信した人物の特定を含め詳しく調べている。

鹿児島2020.09.18 19:14

中種子町議会 馬毛島への米軍訓練移転“容認”

 米軍の訓練の移転候補地となっている馬毛島を巡り、中種子町議会が訓練移転を容認する考えを示した。
 種子島沖の馬毛島について、国は米軍の空母艦載機の離着陸訓練の候補地として整備に向けた準備を進めている。
 そうした中、これまで自衛隊の誘致を進めてきた中種子町の町議会。特別委員会が17日の最終本会議で、「馬毛島は隣の西之表市の行政区域のため訓練の賛否は言及できない」としながらも、「馬毛島関連施設の誘致を進め町内への自衛隊誘致につなげる」として、米軍の訓練移転を容認する考えを示した。
 国が馬毛島の土地の取得を始めて以降、中種子町議会が訓練移転に容認の考えを示したのは初めてだ。

鹿児島2020.09.18 19:13

馬毛島の違法開発調査 県「事実上困難」

 馬毛島については、県が前の所有者である開発会社の違法な開発の可能性について調査をしていた。しかし、国が土地のほとんどを取得したことから、県は18日、「立ち入り調査は事実上困難になったと考えている」との認識を示した。
 馬毛島の開発を巡っては、島のほとんどを所有していた東京の開発会社に対し、「違法な開発のおそれがある」として、県は過去に2度立ち入り調査を行っている。しかし、その後は調査が進まず、違法性の判断については棚上げになっている。
 18日の県議会代表質問で今後の調査について問われた県は、国が土地のほとんどを取得し国有地は県には調査できないことを国から示されたとして、「調査は事実上困難になったと考えている」と説明した。これに対し県民連合の柳県議は「もう国のものになったから県は手も足も出ないという状況に追い込まれた。こんなことでいいのか。知事として国に対して厳しく意見を申してほしい。」と話した。
 一方、馬毛島を巡っては防衛省が今後施設整備のため周辺の海域の地盤調査を県に申請する見通しで、県が調査をどう判断するかが次の焦点となっている。

鹿児島2020.09.18 19:11

ブドウ狩り農園が大人気キャラとコラボ!

 霧島市の農園で、今まさに最盛期を迎えている秋の味覚ブドウ。このブドウがなんとあの大人気キャラクターとコラボした。
 たわわに実った様々なブドウ。その隣に実っているのが…なんとハローキティだ!霧島市の霧島さくらフルーツランドで18日から始まったのは、大人気キャラクターのハローキティと、ブドウがコラボしたイベントだ。霧島さくらフルーツランドが今年からサンリオと共同で商品を開発している縁で、日本初のイベントが実現した。
 コロナ禍でも子供たちに少しでも楽しんでもらいたいと、スタッフが1日かけて飾り付けた。その数なんと1000体!訪れた人はブドウ狩りを楽しみながら、たくさんのキティちゃんの姿に「ブドウと一緒にぶら下がっていて、すごいかわいい」と笑顔を見せた。 
 さくら農園の統括責任者の瀬戸口光広さんは「(コロナ禍で)どうしても皆さん元気がないようなので、社員も含め、皆さんに元気を取り戻してもらおうと取り組んだ」と話した。
 イベントは来月11日まで。

鹿児島2020.09.18 19:08

敬老の日を前に鹿屋市長が長寿を祝う

 敬老の日を前に、鹿屋市の中西市長が100歳を迎えるお年寄りのもとを訪ね、長寿を祝った。
 鹿屋市の中西市長が訪ねたのは、大正10年生まれで、来年100歳を迎える前田親徳さん。前田さんには、中西市長から祝状やバラの花束などが贈られた。趣味を尋ねられた前田さんは、笑顔で「園芸だ」と答えた。前田さんは今でも、自宅近くで家庭菜園を楽しんでいるんだそうだ。前田さんは「みんなに祝ってもらえてうれしかった」と話した。
 今年度県内では、904人が100歳を迎える。令和元年度より95人多いという。

鹿児島2020.09.18 19:06

通り会が新型コロナ感染対策の勉強会

 新型コロナウイルスの影響が続く中、安心して飲食店を利用してもらおうと、鹿児島市の通り会が感染対策の勉強会を開いた。
 勉強会を開いたのは、鹿児島中央郵便局前の一條通り通り会だ。飲食店の経営者など約15人が参加し保健所の職員から対策を学んだ。
 通り会によると、新型コロナウイルスの影響で各店の売り上げはいつもの2、3割にとどまっている。店は感染対策として、すでに入店前の検温やテーブルごとにアルコール消毒液を置くなどしているが、接客方法などを改めて保健所の職員に確認していた。
 参加者から、お酌しないようできるだけ促した方がいいのかなどの質問が上がり、保健所の職員は「グラス、お猪口を回すのは、日本人の1つの礼儀的な物だが、今の時期はできる限り控えていただくことが望ましい」と話した。
 薩摩一條通り通り会の小幡雅道会長は「各飲食店がコロナ対策としてしっかりと行動をとっていることを伝えたい」と話した。
 通り会では今回の勉強会を受けて、各店の新型コロナ対策を改めて確認するとしている。

鹿児島2020.09.18 12:42

拉致被害者家族 市川氏が高校で講演

 新型コロナの影響で拉致被害者の家族も思うように活動が出来ていない。そうした中、北朝鮮に拉致された市川修一さんの兄、健一さんが17日、1年8か月ぶりに講演し、「拉致問題を忘れないでほしい」と訴えた。
 霧島市の国分中央高校を訪れたのは、北朝鮮に拉致された市川修一さんの兄、健一さん夫妻。市川修一さんの兄・健一さんは「弟は突然、拉致されて青春も人生までもめちゃくちゃに壊されてしまった。」と話した。
 市川修一さんは、今から42年前、増元るみ子さんと吹上浜で北朝鮮に拉致された。市川さんら拉致被害者家族は、新型コロナの影響で、今年の2月を最後に、活動が出来ていない。市川さんは約750人の生徒を前に「拉致問題を忘れないでほしい」と訴えた。
 市川修一さんの兄健一さんは「拉致問題があったよな、あれはまだ解決していなかったんだ~と言われるようであれば解決しない。家族にこの拉致の話をして、世論を高めてもらえたらありがたい」と話した。
 また、妻の龍子さんも、修一さんの写真を手に、「拉致されて42年と、日本で暮らした年月よりもはるかに長い時間を北朝鮮で過ごしている。1日も早く助け出さなければならない」と訴えた。
 生徒は「拉致被害者の家族の気持ちを思うと、私たちの世代がこれからにつなげていかないとと使命を感じた」と話した。
 こう着状態が続く拉致問題。市川さんは、菅総理の誕生に、「菅新総理は安倍総理と共に長い間、拉致問題に携わってくれた。大きな前進があるのではないかと期待している」と話した。

鹿児島2020.09.17 19:41

息子殺害の父親(77) 懲役6年判決

 2020年1月、鹿児島市で息子(当時53)を殺害したとして殺人の罪に問われている父親に、鹿児島地裁は懲役6年の実刑判決を言い渡した。
 判決を受けたのは鹿児島市田上台の無職佐藤勉被告(77)だ。判決によると、佐藤被告は2020年1月、自宅の玄関先と路上で息子の昭臣さん(当時53)の腹などを脇差しで40回以上刺すなどして殺害した。
 17日の判決で鹿児島地裁の岩田光生裁判長は「危険性の高い攻撃を執拗に行っており、犯行態様は悪質と評価するほかない」と指摘した。
 一方で被告は「精神障害を抱える息子を長年、妻と共に支えてきたにも関わらず、息子から度々暴言を吐かれたり、暴行を受けたりしていて犯行に至る経緯や動機には同情すべき面がある」として、懲役6年の実刑判決を言い渡した。

鹿児島2020.09.17 19:39

塩田知事 初の代表質問で前知事の方針変更へ

 17日から始まった県議会の代表質問。塩田知事が県議会議員の質問に初めて応じた。鹿児島港本港区の再開発やサッカースタジアムの整備について三反園前知事の方針を変更し塩田カラーを滲ませた。
 注目を集めたものの1つが鹿児島港本港区の再開発。大規模な集客施設やホテルの整備を目指した三反園前知事。天文館の商店街からは反発の声もあがった。民間事業者からの公募も新型コロナウイルスを理由に延期された。
 一方の塩田知事は、国際会議などが開けるコンベンション機能や展示機能を備えた施設を整備したいとしている。議会では「県民のみなさまをはじめ鹿児島市や経済界、商店街のみなさまの意見を伺いながら公募要項の見直しなどを検討したいと考えている」と答弁し、周辺の声を丁寧に聞いたうえで事業を進める考えを強調した。ただ、新型コロナの経済的な影響があるためしばらく様子を見ながら検討したいと述べた。
 また、サッカースタジアムの整備については中心市街地との回遊性を確保するため「鹿児島市内の中心部が望ましい」との考えを示した。三反園前知事は「鹿児島港本港区の住吉町15番街区について鹿児島市から協議があれば検討することも可能」との考えを示していたが塩田知事はこの場所に限らず検討する方針を示した。
 随所で塩田カラーを滲ませた初めての代表質問。18日も行われ、県庁のホームページから誰でも見ることができる。

鹿児島2020.09.17 19:35

照国神社 七五三の参拝を前倒しで受け入れ

 鹿児島市の神社では3密を避けるため早くも七五三の参拝客の受入れをはじめている。鹿児島市の照国神社では11月15日の七五三を前にひと足早く千歳飴を袋に詰める作業が始まっていた。
 毎年、七五三のお参りに2500人が訪れる照国神社。8割にあたる約2000人が10月下旬から11月末に、訪れると言う。
 照国神社では新型コロナの感染拡大を受け3密を避けるために今年は例年より1か月早い今月から千歳飴を用意。本殿では人数制限を行うなど、分散してお参りできるよう準備している。
 照国神社の福ヶ迫元権禰宜は「七五三は健やかな成長を祈る御祈願。みなさんが少しでも安心していただけるように私たちも安全対策を徹底していきたいと思う」と話した。
 この他受け付けでは、手の消毒をしたり検温するなどの対策も取られている。

鹿児島2020.09.17 19:34

新型コロナ 男性(80代)が死亡 死者12人

 県は17日、新型コロナウイルスの感染者1人が亡くなったと発表した。県内で感染者が亡くなったのは計12人となった。
 県によると、新型コロナウイルスに感染し県内の医療機関に入院していた80代男性が17日死亡した。死因は新型コロナウイルスによるもので、県内で感染者が亡くなったのはこれで計12人となった。
 一方、新たな感染者は確認されなかった。これまでの県内の感染者は計376人で、このうち1人が重症。

鹿児島2020.09.17 19:33

県議会代表質問 塩田知事「原発巡り県民投票も」

 県議会9月定例会は代表質問が始まった。塩田知事は川内原発の20年延長について県の専門委員会で意見が集約できない場合県民投票を実施したいとの考えを改めて示した。
 塩田知事が初めて臨む県議会の代表質問。選挙の時に示したマニフェストの中で直ちに取り組むもの、時間をかけて取り組むものは       何かとの質問に「まずは新型コロナウイルス感染症対策をしっかりと進めていきたい。県民の安心安全と経済活動と社会活動の両立を図っていきたい」と新型コロナ対策を最優先で進める考えを改めて強調した。
 一方、川内原発の20年延長については県の原子力安全専門委員会で意見の集約ができない場合、必要なら県民投票を実施したいとの考えを示した。

鹿児島2020.09.17 12:17

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース