鹿児島のニュース

鹿児島で初のクラスター 接客伴う飲食店で

鹿児島県で初めて新型コロナウイルスのクラスターが発生しました。この他の感染も確認されていて、県内の感染者はあわせて21人となりました。 鹿児島市・森博幸市長「今回のケースはクラスターと考えている」 集団感染(クラスター)が発生したのは、鹿児島市船津町の接客を伴う飲食店「NEW おだまLee男爵」です。1日に感染が確認された鹿児島市の40代の女性が勤める職場で、2日、同僚7人の感染が確認されました。この女性と同居する親族1人の感染も確認されています。 新たに感染した全ての人が海外や県外には行っていませんが、店には県外から客が訪れていました。鹿児島市は先月13日から29日まで店を利用した人に、帰国者・接触者相談センターに連絡してほしいと呼びかけています。 この他、鹿児島市は2日の会見で、市内に住む40代の女性の感染についても発表しています。鹿児島県内の感染者はこれで21人です。

鹿児島2020.07.02 23:20

県内初のクラスターで感染者は21人に

 鹿児島県で2日、初めて新型コロナウイルスのクラスターが発生した。この他の感染も確認されていて、県内の感染者は、計21人となった。
 鹿児島市の森博幸市長は2日会見を開き、「今回のケースはクラスターと考えている」と話した。集団感染・クラスターが発生したのは、鹿児島市船津町の接客を伴う飲食店、「NEWおだまLee男爵」だ。1日に感染が確認された鹿児島市の40代の女性が勤める職場で、2日に同僚7人の感染が確認された。この女性と同居する親族1人の感染も確認されている。新たに感染した全ての人が、海外や県外には行っていないが、店には県外から客が訪れていた。
 鹿児島市は、先月13日から29日の間に店を利用した人に、帰国者・接触者相談センターに連絡して欲しいと呼びかけている。
 この他、鹿児島市は2日の会見で、市内に住む40代の女性の感染についても発表している。
 鹿児島県内の感染者はこれで21人だ。

鹿児島2020.07.02 21:45

異例の「六月灯」露店は厳しい夏に…

 鹿児島の夏の風物詩「六月灯」。今年は、新型コロナウイルスの影響で、規模が大幅に縮小され、かき入れ時の露店の出店者は厳しい夏を迎えている。
 六月灯は毎年、鹿児島市清水町の八坂神社からスタートする。7月1日がその日だった。毎年、露店が並び約1万人が訪れるという。しかし、今年は新型コロナの影響で大幅に縮小。関係者による神事のみ行われコロナの終息が祈願された。八坂神社の岩切義治宮司は「初めてだ。雨でもやっていたから」と話した。神社を訪れた人は「寂しい。気持ちだけでもお参りをして、夏の始まりのお祭りなのでお清めの気持ちで」とお参りしていた。
 異例の六月灯となった今年。県内で露店を営む人たちが加盟する組合を訪ね話を聞いた。県出店商業協同組合の上川眞一郎理事長は「仕事がない状態だ」と話した。今年は、3月からイベントが相次いで中止になった。現在、組合に加盟しているのは65人。六月灯や夏祭りのあるこの時期は、年間の3分の1ほどの収入を占めるというが今年は収入がゼロという人もいるという。
 新型コロナの影響は、夏祭りの楽しみの1つ金魚すくいにも。鹿児島市内で70年に渡って営業している「金魚の松井」。この時期は、金魚すくい用の金魚1000匹から2000匹が水槽に入っているが、祭りが中止になったため今年は、300匹ほどしかいない状況。金魚すくい用の金魚の注文が減少しているためだという。
 松本光子代表は「なにもかも中止中止で泣きたいぐらい」と話した。去年の夏は、約10万匹の金魚を販売したが今年はまだ500匹ほど。売り上げは、去年の10分の1にも満たないという。
 松本代表は「父からもらったのれんだからやっぱり続けていかなくちゃと思って頑張っている」と語った。

鹿児島2020.07.02 20:26

県内初のクラスター 12例目の濃厚接触者など

 県内で初めて接客を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスターが発生した。鹿児島市で県内12例目の感染者について濃厚接触者の男性8人が新たに感染していることが確認された。また、この8人とは別に新たに鹿児島市内の女性が感染していることが分かった。2日に発表された感染者はあわせて9人に上る。
 鹿児島市は2日夕方に会見を開きPCR検査の結果、新たに9人の新型コロナウイルスの感染を明らかにした。このうち8人は1日に感染が確認された40代の女性の濃厚接触者。同居する家族が1人職場の同僚が7人。年齢は20代から40代でいずれも鹿児島市に住む男性。鹿児島市は今回のケースを感染の集団発生=クラスターと判断し女性の職場を公表した。職場は鹿児島市船津町の接客を伴う飲食店「NEWおだまLee男爵」。鹿児島市は先月13日から29日までこの店を利用した人は、帰国者・接触者相談センターへ連絡しPCR検査を受けて欲しいとしている。
 また、鹿児島市は今回、新たに感染が確認された8人とは別に鹿児島市に住む40代の女性の感染が確認されたと発表した。県内ではこれで21例の感染が確認されたことになる。

鹿児島2020.07.02 19:54

鹿児島9人感染“接待”飲食店でクラスター

東京都で2日、新たに107人の新型コロナウイルス感染が確認されたことについて加藤厚労大臣は、緊急事態宣言をすぐに発出する状況ではないとの姿勢を示しました。 加藤厚労大臣「すぐに(緊急事態)宣言ということではなくて、その前にしっかり分析しながら必要に応じて専門家の話も聞かせていただきながら対応していくことが大事」 加藤厚労大臣はこのように述べ、緊急事態宣言発出の可能性についてすぐに発出する状況ではないとの姿勢を示しました。 また、埼玉県の大野知事は、県の新規感染者の特徴として東京都内で感染した疑いがある人が多いとの考えを示しました。 大野知事「最近の新規陽性者の特徴といたしまして、東京由来が強く疑われる、もしくは東京にお住まいで埼玉にPCR検査をしに来られる」 今週に入り、大野知事は「東京都内での大人数での会食や繁華街にでかけることは控えて欲しい」とよびかけています。 午後6時半現在、全国では172人の感染が確認されています。 鹿児島では9人の感染が発表され、うち7人は接待をともなう飲食店でのクラスターだということです。

鹿児島2020.07.02 19:09

県内12例目感染確認 接触者のPCR検査

 鹿児島市で県内12例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認された。鹿児島市は2日、家族など接触者10人程度のPCR検査を行い早ければ夕方にも結果を公表する見通し。
 感染が確認されたのは、鹿児島市に住む40代の女性。女性は先月27日の夕方以降咳や痰、のどの痛みがあり翌日38度を超える熱が出た。女性は28日から3日間自宅で療養していたが、軽い倦怠感や匂いが分かりにくいといった症状が出た。一旦下がった熱も再び上がり、1日PCR検査を受け陽性が確認された。
 女性は現在も38度台の熱などの症状があり、感染症指定医療機関に入院している。これまで同居する家族や知人、10人程度の接触者が確認されていて、鹿児島市は2日PCR検査を行い早ければ夕方にも結果を公表する方針。
 鹿児島市は今後、女性への聞き取りを行い感染経路を調べることにしている。

鹿児島2020.07.02 12:22

県内12例目の感染者 鹿児島市の40代女性

 鹿児島市で1日、県内12例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認された。
 感染が確認されたのは、鹿児島市に住む40代の女性。
 女性は、先月27日の夕方から、咳や痰、のどの痛みがあり、翌日に38.4℃の熱が出た。29日には、熱は36.4℃まで下がったものの、軽い倦怠感や臭いが分かりにくいといった症状が出た。30日には、再び熱が38.6℃まで上がった。1日に医療機関を受診し、PCR検査の結果、陽性と判明した。女性は、現在、感染症指定医療機関に入院している。
 1日時点で分かっている接触者は、同居する家族や知人の10人程度で、2日以降PCR検査を行う予定。
 鹿児島市は今後、女性への聞き取りを行い、感染経路を調べることにしている。今のところ、先月、鹿児島市内で確認された県内11例目の感染者との関連はないとみている。

鹿児島2020.07.01 21:11

奄美地方で猛烈な雨 通行止めも

 奄美地方では1日、停滞する前線の影響で局地的に猛烈な雨が降った。宇検村では、土砂崩れにより県道が通行止めとなっている。
 県の雨量計によると1日朝、宇検村で1時間に84ミリ、大和村で83ミリの猛烈な雨を観測した。
 宇検村では、県道79号の道路脇の斜面が幅30メートル、高さ30メートルに渡って崩れ通行止めになった。復旧の見通しは立っていない。
 奄美地方では、30日夕方の降り始めからの雨量が150ミリを超えているところもあり、地盤が緩んでいる恐れがあるため、引き続き土砂災害に注意が必要。

鹿児島2020.07.01 20:13

レジ袋有料化スタート 様々なエコバッグが登場

 全国一斉に1日、レジ袋の有料化が始まった。一方で、需要が高まっているエコバッグには、様々なタイプが登場している。
 世界的に問題となっているプラスチックごみを減らそうと、1日からスーパーやコンビニなどでレジ袋の有料化が始まった。有料化の対象は商品を持ち運ぶための持ち手の付いたプラスチック製のレジ袋で、値段はそれぞれの店で決める。環境に配慮した素材を使ったレジ袋は有料化の対象外だ。
 鹿児島市のスーパーでは、混乱を避けるため先月から張り紙をして有料化を告知していた。レジの横にどの大きさの袋がいくらなのか、一目でわかるボードを設置した。
 店では「1日から袋代を頂きます」と、店員が確認していた。また、エコバッグを持参する人用にイートインコーナーの一部を専用のスペースにした。
 スーパーの買い物客は「きょうからだと思いだして、車に取りに行った」、「マイかごを買って、きょうはずっとこれ。袋代ももったいない」、「時代の流れがそうなっている」、「早くから準備していた。この取り組みはいい」と、様々な声が聞かれた。
 城山ストアーの池畠丈二常務は「客からレジ袋のお金を頂くという趣旨の制度ではない。多くの方がマイバッグを持参し、とにかく環境を守るところが1番大事な所」と話した。
 城山ストアーでは今後、環境に優しい素材の袋の導入も予定している。
 また、レジ袋有料化をうけ買い物で使うエコバッグの需要が高まっている。東急ハンズ鹿児島店では、3月末から専用のコーナーを設け、約250種類のエコバッグを揃える。先月は前の年に比べ約8倍の売れ行きだったという。
 特に人気があるのが「シュパット」で、簡単に折りたたむことができ、丸めるとコンパクトになる。また、あらかじめ買い物かごの中にエコバッグを入れることで、買い物後にスムーズに持ち帰ることができる。袋詰めの手間が省けることも便利だという。
 両手が塞がらない、リュックタイプのエコバッグも子育て中の主婦に人気だという。また、これからの暑さに備え保冷効果のあるエコバッグもオススメだ。
 東急ハンズ鹿児島店の五十君浩さんは「買い物を主体とする奥さまは当然だが、男性の普及率が低いと思うので、今後は種類を増やしていきたい」と話した。
 様々なタイプが登場しているエコバッグに今後も注目だ。

鹿児島2020.07.01 20:12

コロナによる誹謗中傷を防ごうとパネル展を開催

 新型コロナウイルスの感染者に対する誹謗中傷や差別が、いまや社会問題となっている。こうした状況を県民に知ってもらい事態を未然に防ごうと、鹿児島市でパネル展が開かれた。
 鹿児島市の山形屋で1日から開かれているのは、新型コロナウイルスの感染者の人権を守ろうと企画されたパネル展だ。人権相談を受け付ける鹿児島地方法務局と県人権擁護委員連合会が主催した。
 新型コロナウイルスの感染者やその家族などに対してSNSなどに上げられる誹謗中傷や差別が社会問題となっている。鹿児島地方法務局によると、県内でも2020年3月から6月までの間に、新型コロナに関連した人権相談が54件寄せられている。このうちの約4割は、ネットでの悪質な書き込み等に関する相談だという。
 会場には新型コロナウイルスがもたらす人権問題についてのパネルやポスターが張られ、訪れた人は熱心に見入っていた。見に来た男性は「感染で人を怖がる傾向にある。ウイルスの怖さから人の怖さに移るのが問題だと思った」と話した。鹿児島県人権擁護委員連合会の地頭方匡会長は「敵は新型コロナであって、感染した人間ではない」と話した。
 一方、県では1日から新型コロナウイルスでの誹謗中傷などに対して心のケアを行う相談窓口を設置した。保健師の資格をもつ相談員が常駐し、電話で相談を受け付ける。専用の電話番号は070-7664-5152。受付は平日の午前9時から午後4時まで。予約をすれば対面での相談もできるという。

鹿児島2020.07.01 20:07

路線価 下落続くも天文館は3年連続上昇

 相続税や贈与税の算定基準となる土地の価格「路線価」が1日発表された。県全体では28年連続で下落したものの、鹿児島市の天文館地区では3年連続で上昇した。
 県内の路線価の調査対象は3733地点で、上昇したのは398地点、下落したのは去年より280地点少ない573地点だった。平均すると28年連続の下落となったが、下げ幅は0,2%と縮小傾向が続いている。
 最高価格は鹿児島市東千石町の天文館電車通りで、3年連続で上昇し1平方メートルあたり92万円だった。また、鹿児島中央駅周辺の最高価格は去年より上がり1平方メートルあたり87万円だった。
 不動産鑑定士などによると、天文館地区は鹿児島銀行本店やテナントビルの建て替え、千日町1、4番街区の再開発など活性化の兆しが高まっていることから地価が上昇傾向にあるという。一方で、鹿児島市以外の商業地では人口の減少や郊外の大型商業施設への客の流出などにより地価が下落し、二極化が進んでいる。

鹿児島2020.07.01 20:04

知事選 各候補者の主張「川内原発の運転延長」「馬毛島」

 知事選、シリーズ鹿児島の選択。次の任期で大きな決断が迫られる「川内原発の運転延長と、馬毛島への米軍の訓練移転」について特集する。県民の暮らしを守る知事を決める選挙において大きな争点となる「原発」と「馬毛島」。各候補者はどのような主張を行っているのか。詳しくみていく。

鹿児島2020.07.01 20:01

奄美地方北部で猛烈な雨 奄美市などに土砂災害警戒情報

 奄美地方北部では1日朝から猛烈な雨が降ったところがあり、夕方にかけ土砂災害に厳重な警戒が必要だ。
 奄美地方に停滞する前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。
 県の雨量計のよると1日朝、宇検村で1時間に84ミリ、大和村で83ミリの猛烈な雨を観測した。1日午前11時現在、宇検村の全域に避難準備・高齢者等避難開始の情報が出されている。また宇検村では道路脇の斜面が崩れ大和村につづく県道79号が通行止めとなっている。
 奄美市、大和村、龍郷町に土砂災害警戒情報が出されている。
 奄美地方北部では、2日朝までに多いところで1時間に80ミリ、24時間に200ミリの雨が予想されている。土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

鹿児島2020.07.01 12:29

県警が桜島の大規模な噴火に備え図上訓練

 桜島の爆発的噴火の影響で噴石が民家の近くまで飛んだことを受けて先月、県警が大規模な噴火に備えた訓練を行った。
 桜島の南岳山頂火口で起きた爆発的噴火で先月、噴石が火口から約3キロの地点まで飛び民家のすぐ近くに落下した。
 事態を受けた県警は、このほど大規模な噴火に備えた図上訓練を行った。桜島の噴火警戒レベルが5に引き上げられ、全ての住民が島の外に避難する想定だ。訓練では避難の誘導や逃げ遅れた人の捜索など、対応の手順を確認していた。
 県警本部警備課の木ノ上勇侍危機管理調査官は「いつ大規模な噴火が発生しても直ちに迅速な対応がとれるようにしていく」と話した。
 桜島は現在、噴火警戒レベル3の「入山規制」が継続されている。

鹿児島2020.07.01 12:21

新型コロナ 県内で解雇、雇い止めが412人

 新型コロナウイルスが幅広い業界に影を落としている。
 県内の解雇、雇い止めが412人に上ることがわかった。

 鹿児島労働局は会見を開き、新型コロナウイルスに関連した解雇や雇い止めは412人に上り、先月より115人増えたことを明らかにした。
 宿泊業が最も多く145人、その他、製造業や飲食業など幅広い業界に新型コロナウイルスが影を落としている。
 求職者1人に何人分の求人があったかを示す有効求人倍率は1.11倍で4か月連続で低下した。この1カ月、新規の求人数が全ての業種で大幅に減ったことなども影響している。

 投票が迫る県知事選挙。次のリーダーに求められていることは何か?鹿児島労働局の小林剛局長は「限られた財源の中、重点的に効果的に迅速に投入することが必要。求められている事をいかに吸い取れるか今後の知事候補に求められることだと思う」と話した。

鹿児島2020.06.30 19:48

夏のボーナスにも新型コロナの影響色濃く

 夏のボーナスにも新型コロナの影響が出ている。

 鹿児島銀行と九州経済研究所が、県内の主な企業500社に行ったアンケートによると、回答があった326社のうち、夏のボーナスを支給すると答えた企業は66%と、前の年と比べ12ポイント減ったという。

 支給する企業が大幅に減った理由を、九州経済研究所の福留一郎部長は「新型コロナウイルス感染症による業績低迷が顕在化していて今後も経済活動に多大な影響を及ぼし続ける可能性が高い」と分析する。

 鹿児島銀行は、自治体や、他の金融機関などとも連携し、県内の特産品や飲食店、宿泊施設などを支援するプロジェクトを行っていきたいとしている。

鹿児島2020.06.30 19:46

キスリング展 7月 鹿児島市立美術館で

 約100年前にパリで活躍した画家、キスリングの作品展が7月17日から鹿児島市で開かれる。
 鹿児島市の森博幸市長は「キスリングの素晴らしい作品を見て頂いて多くの人に夢や感動を感じていただければ」と話した。

 今から約100年前パリに集まった外国人画家の集団「エコール・ド・パリ」。代表する画家の1人がポーランド出身のモイーズ・キスリングだ。
 キスリングの作品は女性や花をテーマに華麗で透明感あふれる色彩が特徴だ。
 来月17日から、鹿児島市立美術館で開かれる今回の作品展では、キスリングの初期から晩年にかけての様々な作品が展示される。
 開催にあたっては、館内の定期的な消毒を行うなど、新型コロナウイルスの感染防止策を徹底するという。

鹿児島2020.06.30 19:45

鹿児島城西高校野球部に激励のバット 刻まれたのは…

 春のセンバツの代替大会に出場する鹿児島城西高校の野球部を激励しようと、地元の飲食店が記念のバットを贈った。
 ずらっと並んだ真新しいバット。春のセンバツが新型コロナウイルスの影響で中止になり、出場が叶わなかった鹿児島城西野球部。8月に甲子園で交流試合を行うことが決まり、地元の飲食店が激励の思いを込めた、記念のバットを贈った。贈られたバット21本には、選手の名前が刻まれている。

 鹿児島城西野球部の古市龍輝主将は「周りの方から応援されていることが改めてわかった。勝ってみなさんに恩返したいという自覚が芽生えた」と意気込んだ。
バットを贈った薩摩味市場 極の前田眞一郎代表は「辛い、悔しいという気持ちもあったと思うが、甲子園は世代関係なくみんなが応援している。自信を持って、誇りを持って頑張ってほしい」と話した。
 甲子園での交流試合の対戦相手は来月18日に決まる。

鹿児島2020.06.30 19:45

新型コロナで仕事遠ざかり…観光バスの乗務員が「研修」

 新型コロナの影響で売り上げが落ち込む観光バス会社。仕事から遠ざかっていた乗務員の感覚を取り戻すための研修が、30日行われた。
 鹿児島市の城山展望台に到着した観光バス3台。日置市を拠点にする南州交通のバスだ。

 30日行われたのは、新型コロナの影響でしばらく仕事のなかった乗務員に運転やガイドの感覚を取り戻してもらうための研修。客がいる想定で県内の観光地をまわった。車内では、ガイドの案内に合わせ、運転手が徐行するなど細かい連携を確認。また、感染対策として、客が降りるたびに消毒したり、一定の距離を保って案内することも確認された。

 小園正輝代表取締役は「この研修を通して、ガイド、乗務員のレベルアップはもちろん、うちのバスが3台きたことで『観光鹿児島』がまた復活できると希望を持たせたいという意味がある」と話した。
 1日も指宿市などの観光地を周りながら研修が行われる。

鹿児島2020.06.30 19:45

公務員に夏のボーナス支給

 公務員に30日、夏のボーナスが支給された。県によると一般職員の平均支給額は去年より1万4614円多い80万495円で、6年連続の増加となった。職員2万7106人の総額は去年より4億7383万円多い、217億4593万円になっている。なお、三反園知事のボーナスは252万9600円、鹿児島市の森市長は235万4160円だった。

鹿児島2020.06.30 19:44

県本土広い範囲に土砂災害警戒情報(30日11時半現在)

 県内は30日、大気の状態が非常に不安定になっており、日置市の一部には避難勧告が出されている。
 30日午前9時前の鹿児島市は、雨で前方が見づらい状況だ。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県本土や種子島・屋久島地方は大気の状態が非常に不安定となっている。29日午前9時からの雨の量は、鹿屋市吉ケ別府で222ミリ。薩摩川内市八重山や鹿児島市でも、6月ひと月に降る雨の3分の1ほどが降っている。
 日置市東市来町の高山地区100世帯155人に避難勧告が出されている。また、鹿児島市や日置市、姶良市、いちき串木野市、大崎町、鹿屋市、垂水市の土砂災害の恐れがある地域に避難準備の情報が出されている。
 土砂災害警戒情報は、鹿児島市や鹿屋市、薩摩川内市、日置市など県本土の広い範囲に出されている。
 県本土では30日夕方にかけて、種子島屋久島地方では1日朝にかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降る恐れがある。1日正午までに予想される雨の量は、多い所で1時間に50ミリから70ミリ、24時間に150ミリから200ミリだ。土砂災害に厳重に警戒、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。
 交通にも影響が出ている。JRは、日豊本線の田野と鹿児島の間、指宿枕崎線の五位野と枕崎の間など、それぞれ運転を見合わせている。海の便はフェリー屋久島2や高速船甑島、なんきゅうフェリーなどが全便で欠航を決めている。
 情報は全て30日午前11時半現在。

鹿児島2020.06.30 12:42

県本土広い範囲に土砂災害警戒情報(30日11時半現在)

 県内は30日、大気の状態が非常に不安定になっており、日置市の一部には避難勧告が出されている。
 30日午前9時前の鹿児島市は、雨で前方が見づらい状況だ。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県本土や種子島・屋久島地方は大気の状態が非常に不安定となっている。29日午前9時からの雨の量は、鹿屋市吉ケ別府で222ミリ。薩摩川内市八重山や鹿児島市でも、6月ひと月に降る雨の3分の1ほどが降っている。
 日置市東市来町の高山地区100世帯155人に避難勧告が出されている。また、鹿児島市や日置市、姶良市、いちき串木野市、大崎町、鹿屋市、垂水市の土砂災害の恐れがある地域に避難準備の情報が出されている。
 土砂災害警戒情報は、鹿児島市や鹿屋市、薩摩川内市、日置市など県本土の広い範囲に出されている。
 県本土では30日夕方にかけて、種子島屋久島地方では1日朝にかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降る恐れがある。1日正午までに予想される雨の量は、多い所で1時間に50ミリから70ミリ、24時間に150ミリから200ミリだ。土砂災害に厳重に警戒、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。
 交通にも影響が出ている。JRは、日豊本線の田野と鹿児島の間、指宿枕崎線の五位野と枕崎の間など、それぞれ運転を見合わせている。海の便はフェリー屋久島2や高速船甑島、なんきゅうフェリーなどが全便で欠航を決めている。
 情報は全て30日午前11時半現在。

鹿児島2020.06.30 12:16

専門家が知事選を分析“前代未聞の乱立”

 7人が乱立する今回の知事選。3人以上が立候補したのは伊藤さんが初当選した2004年以来だ。4年前の前回は自民・公明から推薦を受けた伊藤さんを、野党が応援した新人の三反園さんが8万4000票の差をつけて破り初当選した。直前で共産党の平良行雄さんとの一本化に成功し反原発票を取り込んだことが勝因の1つと言われている。
 国民民主党は27日、塩田さんと伊藤さんのどちらかへの「自主投票」にすることを決めた。立憲民主党はどちらか一方への応援をこれから決める方針で、自民・公明が現職、野党がそれ以外の2人を応援する形になった。しかし、自民の中にも他の候補を推す声もあり混戦模様となっている。
 行政学が専門の宮崎公立大学、有馬晋作学長は「これほどの乱立は前代未聞。自民党が前回と逆の候補を推薦している。非自民も前回と違う前職を応援している。ねじれ現象が起きている上に自民は自民の中で割れている。また、非自民は非自民で2人の候補者が出ている」と分析し、これまでのような組織戦が展開されるか疑問だと話す。
 前回、大きな力を発揮した反原発票は共産党が推薦する候補を中心に反原発を訴える各候補に流れそうだ。さらに、浮動票が流れやすいと言われる女性候補は2人。選挙に詳しい専門家でも無党派層がどこに集まるかわからず、先行きがまったく見えないと話す。
 有馬学長は「乱立すると誰に一票を投じるのか難しいかもしれないが、マニフェストを参考に自分が一番興味のある分野を実現してくれそうな人を選ぶといい。貴重な一票を投じて欲しい」と呼びかけた。県選挙管理委員会によると、28日までの3日間で知事選の期日前投票を済ませた人は1万2872人で、前回の同じ時期に比べて約7500人少ないという。期日前投票は、繰り上げ投票を行う地区を除き投票日前日の来月11日まで行われる。県知事選挙は来月12日に投開票される。

鹿児島2020.06.29 20:10

ポイント還元が今月で終了 駆け込み需要も

 消費税増税に伴い去年10月から始まったキャッシュレス決済のポイント還元が今月で終了する。店では「駆け込み需要」がみられていた。
 去年10月、消費税増税に伴い始まったキャッシュレス決済のポイント還元が今月で終了する。この事業は中小の店舗やコンビニを対象に、支払い額に対し2%から5%分のポイントが還元される。 
 キャッシュレス決済の普及拡大を狙った事業だが、終了を前に街では「還元された方がやっぱりいい、もうちょっと続けてほしい」と話す人や「今ちょうど化粧品とか現金だとあまり買わないものを一括で買おうかな」と駆け込みで買い物に向かう人も見られた。
 県内でのこの事業の加盟店は約1万5000店舗で、経済産業省は「キャッシュレスの普及に一定の効果があった」としている。
 鹿児島市の化粧品の紅屋では、ポイント還元終了を前に「駆け込み需要」もみられている。中西めぐ専務取締役は「新規のお客様が5%還元ということでご来店いただくことが非常に多かった」と話した。
 店によると、今月は特にキャッシュレス決済で高級品の購入や買い溜めをする客が多く見られ、売り上げは前の年の同じ時期に比べて20%伸びたという。一方で、キャッシュレス決済のポイント還元が終了する来月以降の売り上げが気になるところだ。
 化粧品の紅屋の中西めぐ専務取締役は「店頭でのお客さまとのコミュニケーションとサービスに力を入れながら、引き続きキャッシュレス希望の方には何かしらできるようにまた考えていけたら」と話した。
 経済の専門家は、新型コロナ対策の上でも非接触のキャッシュレス決済の普及に今後も取り組む必要があると話す。
 九州経済研究所の福留一郎部長は「現金だとウイルス感染の心配もある、コロナ対策という意味でもキャッシュレスは一つの有効な手立てになる可能性も十分にある。この流れは途絶えさせてはいけない」と話した。
 政府は9月からマイナンバーカードの浸透を図るため「マイナポイント」というキャッシュレス決済の新たなポイント還元策を始める。世界的に普及が進むキャッシュレス決済に対する国の政策にも引き続き注目する必要がある。

鹿児島2020.06.29 20:06

女子バレーボール新鍋理沙選手が現役引退

 霧島市出身で、女子バレーボール日本代表の新鍋理沙選手が29日、現役を引退することを発表した。
 29日引退を発表したのは、霧島市出身で、女子バレーボール日本代表の新鍋理沙選手(29)。正確なレシーブを武器とする新鍋選手。ロンドン五輪では28年ぶりの銅メダル獲得に貢献した。今季の日本代表にも選ばれていたが、東京五輪の延期で気持ちに変化が。「もともと東京五輪が最後の目標。1年後に今よりもいい状態でプレーができるのか、あまり自信を持ってできると思えなくなってしまった」と複雑な思いを明かした。
 また、ファンに対しては、「皆さんと一緒に戦った11年間は、私の一生の財産。本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。今後は「バレーボールの素晴らしさを伝える仕事をしたい」という。

鹿児島2020.06.29 20:02

県知事選挙「選挙公報」を発送

 来月12日に行われる県知事選挙を前に、候補者の訴えなどが書かれた「選挙公報」が発送された。
 発送されたのは、県知事選挙の立候補者の経歴や訴えなどが書かれた「選挙公報」だ。鹿児島市の運送会社で27日、出発式が行われ、トラックなどには約82万部の選挙公報が積み込まれた。
 県選挙管理委員会事務局の山﨑宗範次長は「今回7人の候補者ということで、選挙公報をしっかり読んで判断材料にしてほしい」と話した。
 選挙公報は投票日の前日までに市町村を通じて各世帯に届けられる。また、県のホームページでも見ることができる。
 県知事選挙は来月12日に投開票される。

鹿児島2020.06.29 12:42

レジ袋有料化前に“エコバッグマルシェ”

 来月から始まるレジ袋の有料化を前に、県内のハンドメイド作家による”エコバッグマルシェ”が、鹿児島市で開かれた。
 鹿児島市の環境未来館でエコバッグを販売するイベント”エコバッグマルシェ”が開かれた。来月から始まるレジ袋の有料化を前に、世界的に問題となっている「プラスチックごみ」の削減に少しでも興味をもってもらいたいと企画された。
 会場には12の店が出店し、県内のハンドメイド作家が作った個性的なデザインのエコバッグが並んだ。色鮮やかなものからイラストが描かれたものまで様々な種類がある中、紙でできたエコバッグも。素材にこだわったユニークなエコバッグだ。
 イベントを主催した「オリオリ」の山鹿和光代表は「これをひとつのきっかけに、環境に関心を持ってもらいたい」と話した。
 いよいよ来月1日からレジ袋の有料化が始まる。

鹿児島2020.06.28 19:08

薩摩、種子屋久地方 引き続き土砂災害に注意

 県本土、種子島屋久島地方では27日からの雨で地盤が緩んでいるところがあり、引き続き土砂災害に注意が必要。
 梅雨前線の影響で、27日から28日朝にかけ県内の広い範囲で雨が降り続いた。気象庁によると、さつま町紫尾山では降り始めからの総雨量が300ミリを超え、錦江町田代や曽於市大隅では、24時間の降水量が6月の観測史上最大を記録した。
 薩摩、大隅、種子島屋久島地方では、これまでの大雨により地盤が緩んでいる所があり、気象庁では昼過ぎにかけて土砂災害に注意するようよびかけている。
 一方、大雨の影響でJRの在来線は鹿児島本線や日豊本線、指宿枕崎線などで始発から運転を見合わせていたが、このあと昼過ぎから順次再開する見込み。高速道路は、九州自動車道の「栗野-えびの」間が通行止めとなっていたが、現在は解除されている。

鹿児島2020.06.28 12:58

大雨 鹿児島市の一部などに避難勧告

 県内では28日未明から朝にかけて1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。現在鹿児島市の磯・竜ヶ水地区などに避難勧告が出されている。
 現在、鹿児島市の磯・竜ヶ水地区、姶良市、垂水市の一部に避難勧告が出されている。磯・竜ヶ水地区の住民は鹿児島市が手配した避難用のバスに乗り、避難所に向かった。
 現在、霧島市、伊佐市、さつま町などには避難準備の情報が、薩摩川内市には土砂災害警戒情報が発表されている。
 外の様子をみて避難することが危険だと判断した場合には家の2階や崖から離れた部屋など少しでも安全な場所で過ごし身を守るようにして下さい。
 県本土では28日未明から明け方にかけて種子島・屋久島地方では28日明け方から朝にかけて1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。気象台は土砂災害、低い土地の浸水などに警戒を呼びかけている。(27日午後8時30分現在)

鹿児島2020.06.27 20:42

知事選 告示後初の週末

 戦後最多の7人が立候補した県知事選挙は、告示後初めての週末を迎えた。
 25日に告示された県知事選挙には、現職と元職のほか新人5人のあわせて7人が立候補している。
 最大の争点は三反園県政の継続か刷新か。さらに新型コロナウイルス対策や川内原発の運転延長問題などを主なテーマに舌戦が繰り広げられている。
 告示後初めての週末を迎え、時折激しい雨が降る中、候補者たちは選挙カーを走らせたり、街頭で演説を行い支持を訴えていた。
 県知事選挙は来月12日に投票が行われ、即日開票される。また、26日から各市町村の役場などで期日前投票が始まっている。県の選挙管理委員会は、投票日の混雑を避けるため期日前投票を呼び掛けている。

鹿児島2020.06.27 18:30

知事選 国民民主党県連は自主投票に

 国民民主党県連は27日、幹部や市議会議員らが集まり県知事選挙で誰を推薦するか話し合った。
 国民民主党県連は、前の知事の伊藤祐一郎さんと元九州経済産業局長、塩田康一さんの一本化を求めていたが、成立しないまま選挙戦が始まった。
 会議は非公開で行われ、伊地知紘徳幹事長によると伊藤さんと塩田さんのどちらかへの自主投票とすることに決まったという。
 一方、自民党と公明党は三反園さんを推薦。社民党は自主投票、立憲民主党はこれまでのところ推薦などは出していない。共産党は横山さんを推薦している。

鹿児島2020.06.27 18:30

志布志市で死亡事故

 志布志市で27日午前、大型トラック同士が正面衝突する事故があり男性1人が死亡した。
 事故があったのは、志布志市有明町の自動車専用道路で、27日午前9時40分頃大型トラック同士が正面衝突した。
 この事故で、宮崎県都城市の会社員本村健二さん(61)が頭を強く打ち病院に運ばれたが約2時間後に死亡した。
 警察は対向してきた大型トラックが反対車線に飛び出してきたとみて調べている。

鹿児島2020.06.27 18:21

県の宿泊割引第2弾申し込み2万5000件超

 県民を対象に宿泊割引券を発行する県の観光支援策の第2弾の申し込みが始まっているが、すでに2万5000件を超える申し込みがあったことが分かった。
 県のディスカバー鹿児島キャンペーンは新型コロナウイルスで落ち込んだ観光業を支援しようと県民1人に最大1万円の宿泊割引券を発行するもの。今月24日から受付けが始まっているが、2万人分の発行枚数に対し、2日間で2万5000件を超える申し込みがあったという。第1弾はインターネットや電話による先着順だったが第2弾は抽選に変更。インターネットかはがきで受け付けている。
 申し込みの期間は、来月3日の午後6時まで(必着)。当選者には来月15日から宿泊割引券が順次発送される。詳しくは、県のホームページで確認できる。

鹿児島2020.06.27 18:20

県内 28日から非常に激しい雨の恐れ

 九州北部に停滞している梅雨前線は28日にかけ南下する見込み。県本土では28日明け方から、種子島・屋久島地方では28日昼前から非常に激しい雨が降る恐れがある。
 九州北部に停滞している梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。気象台によると、梅雨前線は28日にかけ南下する見込みで県本土では28日明け方から、種子島・屋久島地方では28日昼前から局地的に雷をともない非常に激しい雨が降る恐れがある。
 28日のあさ6時から予想される24時間雨量は県本土、種子島・屋久島地方いずれも100ミリから150ミリと予想されている。気象台は、土砂災害や低い土地の浸水に警戒するとともに河川の増水や落雷などに注意するよう呼びかけている。

鹿児島2020.06.27 11:37

感染の鹿児島市の男性 感染経路特定できず

 鹿児島市は、今月12日に新型コロナの感染が確認された男性について「感染経路は特定できなかった」と発表した。
 今月12日、鹿児島市で県内11例目となる新型コロナの感染者が確認された。男性の接触者は、合わせて102人だったが、全員にPCR検査を行い全員陰性だったことが分かっている。鹿児島市は、これまで接触者102人から話を聞くなどして感染経路の調査を進めていた。接触者の中には、県外の人と接触していた人もいたというが、いずれも感染者や症状がある人との接触はなかったという。
 感染の確認から26日で2週間。鹿児島市は、接触者の健康観察が終了し、市内での感染者も確認されていないことから、男性の感染経路は特定できなかったと発表した。県内で、感染経路が分からないケースは、今回が初めて。男性は、26日に退院したという。
 一方、県は今月10日から宿泊費を助成する観光支援事業を始めている。県は、この事業を始める当時の基準の1つに感染経路不明者がいないことを挙げていた。ただ、この男性については鹿児島市が感染経路を調査中としていたため、感染経路不明者ではないとの認識を示していた。
 この日の鹿児島市の発表を受けて、県の健康増進課は「調査中という鹿児島市の判断に基づいて事業を始めた。当時の判断は正しかった」と話している。

鹿児島2020.06.26 20:06

知事選の期日前投票はじまる

 戦後最多の7人が立候補した県知事選挙の期日前投票が26日から始まった。
 鹿児島市役所では26日午前8時半から期日前投票が始まり、有権者が意中の候補者に一票を投じていた。有権者からは新型コロナウイルスへの対策を重視する声が聞かれた。女性(80代)は「コロナでみんな落ち込んでいる。それを立て直してくれる方。一気にはできないだろうけど。そういう方を選んだ」と話した。男性(50代)は「いま国難の時期だから、エネルギッシュな方を選んだ。地元の経済が活気づくような形で頑張ってもらえれば」と期待を込めた。会場では、新型コロナの対策として、鉛筆や記載台を消毒するなどの対応がとられている。
 県の選挙管理委員会は、来月12日の投票日の混雑を避けるため期日前投票を呼び掛けていて、期日前投票所は、前回の選挙より87か所多い230か所に設けられている。期日前投票は来月11日まで。

鹿児島2020.06.26 19:56

7月からレジ袋有料化 エコバッグに注目!

 7月からレジ袋が有料化される。エコバッグへの意識が高まっているが、最近は、手作りのものにも注目が集まっているようだ。
 鹿児島市のマックスバリュ上荒田店は、去年9月からレジ袋の有料化を始めた。店にはエコバッグを持参する人が多く見られる。レジ袋を有料化してから約10か月。導入前は、エコバッグなどの持参率が35%だったが、今では61%にまで上がっている。マックスバリュ上荒田店の山里雅孝店長は「全国的に有料化という所では、さらに意識が高まって、自分のマイバッグを持ってきてもらうのが増えると思う」と話した。
 店には、エコバッグコーナーもあるが、最近、購入する人が増えているのが「マイバスケット」と呼ばれる買い物かごだ。店内の買い物かごを重ねて商品を入れ、レジで精算する際にマイバスケットに移し替える。袋に入れる手間が省け、そのまま持ち帰ることができることから、購入する人は去年の3倍に増えているそうだ。
 鹿児島市のアミュプラザ鹿児島では、レジ袋の有料化を前に、それぞれの店のエコバッグの展示を始めた。エコバッグを販売するのは、雑貨店やアパレルショップ、食料品店まで館内の28店舗、その数なんと100種類以上。例年以上に増えていると言う。
 JR鹿児島シティ販売促進課の上野智愛里さんは「買い物袋が有料化されるから仕方なく買うというモチベーションではなく、自分のおしゃれを楽しむ一環として、生活に取り入れてもらえれば」と話した。
 また、エコバッグを手作りする人も増えている。鹿児島市の手芸のまきのでは、エコバッグの作り方を無料で配布。問い合わせは、以前の2、3倍に増えているという。好きな生地で作れるが、オススメはナイロン生地。軽い素材で水をはじくため使いやすいそうだ。針と糸を使わなくてもエコバッグを作れるグッズもあり、親子で楽しめるという。手芸のまきの天文館本店の米満千晴サブリーダーは「自分が使いたいように、使い勝手がいいように手作りだと作れるので、すごくオススメ」と話した。

鹿児島2020.06.26 19:55

姶良市 パン屋が開く古民家カフェ

 姶良市に古民家を活用したカフェがオープンした。
 薪窯でふっくらと焼き上げた美味しそうなピザ。香ばしさにこだわり数種類の粉をブレンドした生地はもちもちとした軽い食感が特徴だ。
 このピザを食べられるのが、姶良市蒲生町にオープンしたチャタカフェ。築90年の古民家を改装した木のぬくもりのある店内で5種類のピザやプレートランチを提供する。
 オーナーの東元憲太郎さんはこの古民家の向かいでパン屋を営み、看板商品の「大楠バーガー」をはじめ多種多様なパンを販売している。
 当初は4月にカフェをオープンする予定だったが、新型コロナの影響で工事が遅れ緊急事態宣言も出されたため2か月ほど延ばさざるを得なかった。
 東元さんは「蒲生に住んでいるがいい町なのでたくさんの人に知ってもらいたい。(カフェが)そのきっかけ作りになれば」と話した。

鹿児島2020.06.26 19:37

きょうの給食は”そうめん流し”

 指宿市の中学校で少し変わった給食です。
 指宿市の開聞中学校の3年生38人が26日、訪れたのは、そうめん流し発祥の地といわれる唐船峡。開聞中学校では、郷土への関心を高めてもらおうと、年に一度、給食の時間に唐船峡を訪れている。
 代金は、これまで給食費で賄われていたが、今年は生徒が畑で育てたサツマイモの売り上げが充てられた。普段とは一味もふた味も違う「給食」に、生徒は「いつもよりおいしく感じる」と話し笑顔で食べていた。

鹿児島2020.06.26 19:36

県知事選挙 期日前投票はじまる

 県知事選挙の期日前投票が26日から始まった。鹿児島市役所でも、26日午前8時半から期日前投票が始まり、有権者が意中の候補者に一票を投じていた。
 有権者からは「新型コロナ対策をしっかりやってくれる人をと思い来た」。「地元の経済が活気づくような形で取り組んでほしい」などといった声が聞かれた。
 会場では、新型コロナ対策として職員が鉛筆や記載台をこまめに消毒していた。期日前投票は来月11日まで各市町村で行われる。戦後最多の7人が立候補している今回の知事選。来月12日に投票が行われ、即日開票される。

鹿児島2020.06.26 12:10

鴨池港フェリーターミナル近くに女性の遺体

 鹿児島市の鴨池港の岸壁近くで26日朝、女性の遺体が見つかった。
 警察によると、鹿児島市の鴨池港フェリーターミナルの岸壁近くで26日午前7時過ぎ、女性が浮いているのをフェリーの乗客が見つけた。女性は消防に救助されたがその場で死亡が確認された。
 女性は中年で、身長は160センチくらい白とオレンジ色のストライプの半袖シャツと灰色の長ズボンをはいていたという。警察は、身元の確認を急ぐとともに女性が亡くなった原因を調べている。

鹿児島2020.06.26 11:46

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース