熊本のニュース

死刑囚として再審無罪 免田栄さん一周忌法要【熊本】

死刑囚として初めて再審で無罪となった免田栄さんが亡くなって12月5日で1年。一周忌の法要が営まれ、妻や支援者が冥福を祈った。 法要は免田栄さんが納骨されている福岡県大牟田市の寺で執り行われ、妻の玉枝さんや支援者が参列した。 ■妻・免田玉枝さん 「寂しいからここに来させてください。時間を私にも分けてください。そしたら一緒にいるような気がして」 免田さんは人吉市で一家4人が殺傷された「免田事件」の犯人として1949年に逮捕され、無実を訴えながら死刑が確定。 その後、再審請求を繰り返して1983年に無罪を勝ち取った。 釈放された後は死刑廃止などを訴え、去年12月5日、95歳で亡くなった。 5日は支援者らがオンラインで免田さんを偲ぶ会を開き、冥福を祈った。

熊本 2021.12.05 17:34

高校生が体験 SDGsワークショップ【熊本】

持続可能なまちづくりのための人材育成につなげようと、菊池市でSDGsワークショップが開かれた。 内閣府から「SDGs未来都市」に認定された菊池市が青年会議所と連携し、市内の3つの高校を対象に開いた。 約30人の生徒が参加し、SDGsについての講話を聞いたり、カードを使って世界のSDGsの課題に取り組むシミュレーションを体験したりした。 菊池市は今後も市内の小中高校でワークショップを開くという。

熊本 2021.12.04 17:25

西野太亮議員が自民に入党願 年内にも正式決定へ【熊本】

衆院選熊本2区で初当選した無所属の西野太亮氏が4日、自民党県連に入党願を出した。 西野氏は衆院選で自民党の前職・野田毅さんを破り初当選。当選前から自民党入りを希望していた。 県連の松田三郎幹事長は西野氏に対し「入党後は野田氏を応援してきた人が不利益を被らないように対応してほしい」と党の思いを伝えたという。 ■西野太亮氏 「微力ではあるが、今までの分裂した状況を解決していくことが野田陣営との融和ということになるのではないか」 県連は7日の役員会で西野氏の入党を了承し、年内にも党本部が正式決定する見通し。

熊本 2021.12.04 17:25

鳥インフル 約6万6千羽のニワトリ殺処分が完了【熊本】

玉名郡南関町の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたことを受けて進められていた約6万6千羽のニワトリの殺処分が4日未明に完了した。 また、引き続き熊本県の職員約250人態勢で防疫措置が進められていて、処分開始から72時間後となる6日の朝までに、ニワトリを埋める作業と養鶏場の消毒作業を終わらせる方針。 県によると、これまでに県内の他の養鶏場でニワトリに異常は確認されていないという。

熊本 2021.12.04 11:41

メルカリに学ぶ 高校生が利用増加策を提案【熊本】

「フリマアプリ“メルカリ”の社員になったつもりで」。高校生がメルカリの利用者増加策を提案した。 熊本市の千原台高校では情報科の3年生が、5回にわたってフリマアプリ「メルカリ」の社員・高橋亮平さんの指導を受け課題解決型のグループワークを続けていた。実際にメルカリで不用品を売る体験などをして循環型社会について学んだ生徒たち。3日はその締めくくりとして、グループごとにメルカリの利用者を増やすアイデアを発表した。 生徒からは「50代以上の女性のための商品を陳列した店舗を構えてアプリを体験してもらう」、「30代以上の男性のためにパソコン上のメルカリの機能をアップさせる」などのアイデアが出された。

熊本 2021.12.03 18:49

医療従事者が新型コロナワクチンを4回接種 予診票に「初めて接種」と故意に回答【熊本・合志市】

合志市に住む医療従事者の男性が今年8月までに新型コロナワクチンを4回にわたって接種していたことがわかった。 ワクチンを4回接種したのは、合志市に住む60代の男性。男性は医療従事者で4月と5月に医療従事者向けのワクチンを接種していたが、その後に合志市から届いた接種券を使い8月までに3回目と4回目の接種をしたという。合志市の担当者が予診票と照らし合わせ、接種の確認を行った際に発覚した。 市の接種券にはすでに接種している人は再度しないよう案内があったが接種の際、男性は予診票に「初めて接種する」と故意に回答していた。「感染者が多い状況だったため、接種したほうがいいのでは」と考えたという。 現時点で男性に健康被害は確認されていないという。

熊本 2021.12.03 18:35

早くも迎春準備 阿蘇市のホテルで門松設置【熊本】

阿蘇市のホテルで3日、新年を迎えるための門松の準備が行われた。 阿蘇市のホテルの玄関で行なわれていたのは恒例の門松の準備。20年前から毎年行われていて、3日はホテルのスタッフが高さ4メートルほどの門松に土を入れ、松や梅などを植え込んでいた。竹や南天などの材料はすべて阿蘇でとれたものを使っている。 ■穴見和幸支配人 「今年も立派な物ができました。お客様も来年はいい年であるようにということで見ていただければと思います」 門松は、来年1月11日ごろまで見ることができるという。

熊本 2021.12.03 18:32

伝統野菜の長ニンジンが不作 背景に何が?【熊本】

熊本の雑煮に欠かせない伝統野菜の長ニンジン。お正月の縁起物として親しまれこれから出荷の時期を迎える中、熊本市の農園で収量が激減している。その理由は…。 ■井上千沙アナウンサー 「洋ニンジンと長ニンジン長さの違いは一目瞭然!長い!」 熊本の伝統野菜のひとつ、長ニンジン。長さはなんと70センチ超え!ところが… ■井上千沙アナウンサー 「長ニンジンの畑です。雑草が生い茂っているのが目立ちます。地面にはニンジンがありますが大きく間隔を空けて所々成長しています」 お正月に合わせて200キロの出荷を予定していた熊本市の清正農園。今年は、1本も出荷できなくなった。理由は、8月の長雨。 ■清正農園 西孝弘さん 「2週間ぶっ通しで雨が降ったのでそのまま全滅。のびてはいるけど結局収穫量がないからどうしようもないですよね」 8月上旬に種をまいたが大雨で水につかり芽が出なかった。1か月後にもう一度種をまいたものの生育が悪く、取り引きするホテルや料亭への出荷を全てキャンセルすることに… ■清正農園 西孝弘さん 「待っている人もいるので、うちが納めたところからの先のお客さんもいるので来年はできるだけ残してやらないと」 おせちの下準備が始まった創業151年の老舗料亭。10年ほど清正農園の長ニンジンをおせちやお雑煮の具に使っている。2週間前に出荷のキャンセルを聞きことしは急遽、洋ニンジンに材料をかえた。 ■おく村 奥村賢社長 「熊本という地元で熊本のものを食べるのがおせち料理だと思うのでそれができないというところその辺が大きい痛手」 熊本の伝統野菜を守り、少しでも食卓に届けたい農家と飲食店。来年こそは多くの人に味わってもらいたい思いだ。 田崎市場の大同青果によると長ニンジンの農家は今回の清正農園以外にも県内に数軒あり、いずれも8月の長雨で種まきが遅くなったという。さらに10月は雨の降らない時期が続いていたが例年より小ぶりではあるものの、品質は問題ないものが年末には出荷できそうだという。

熊本 2021.12.03 18:28

南関町で鳥インフル ニワトリの殺処分続く【熊本】

南関町の養鶏場で死んだニワトリが見つかり、県による遺伝子検査で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザが確認された。県内では5年ぶりの発生で、県は未明から養鶏場のニワトリ6万7000羽の殺処分を始めるなどウイルスの封じ込めにあたっている。 2日夕方。 ■蒲島郁夫知事 「高病原性鳥インフルエンザの蔓延防止のため、いまこの時点から初動に入ります」 南関町の養鶏場から寄せられた「3日間で73羽のニワトリが死んだ」という通報。県による遺伝子検査で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザが確認された。 ■福島尚輝記者 「現在午前0時半前です。初期対応にあたる職員221人が現場の養鶏場に向かって出発します」 県は未明のうちに、南関町の養鶏場に職員を派遣した。 朝、南関町では…。 ■増村紀行記者 「これから養鶏場に向かう県の職員が防護服などに着替えて準備を進めています」 対応する職員の数は約2000人。 ■永島由菜アナウンサー 「オレンジ色の袋が運ばれています。殺処分されたニワトリが入れられていると思われます」 午前4時から養鶏場で飼育されているニワトリ約6万7000羽の殺処分が始まった。県はこの養鶏場から半径3キロ以内でニワトリや卵の移動を禁止。また半径10キロ以内で飼育されているニワトリおよそ76万羽を外に持ち出さないよう要請している。 ■清家康広アナウンサー 「防護服を着た作業員が畜産関係車両の消毒を行っています」 さらに養鶏場周辺の道路では7か所に消毒ポイントが設けられ、ウイルスの封じ込めが続いている。 ■永島由菜アナウンサー 「ショベルカーが殺処分されたニワトリが入った袋を持ち上げて掘られた穴の中に入れる作業を行っています」 敷地内の大きな穴に次々に埋められるニワトリ。作業を始めて11時間で3割の処分を終えているという。県内で5年ぶりに確認された鳥インフルエンザ。県は今後、作業開始から24時間後となる4日午前4時までに殺処分を終え、72時間後の6日朝までにニワトリを埋める作業を完了させる方針。

熊本 2021.12.03 18:23

高病原性鳥インフル確認でニワトリを殺処分【熊本県】

熊本県南関町の養鶏場で死んだニワトリが見つかり、県の遺伝子検査で、高病原性鳥インフルエンザが確認された。 県は3日未明から養鶏場のニワトリ6万7000羽の殺処分を始めた。 午前0時過ぎ、県は、殺処分などの対応にあたる職員221人を南関町の養鶏場に派遣した。 県によると、南関町の養鶏場では、2日までにニワトリ73羽が死に、県の遺伝子検査で、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザが確認された。 県は現在、養鶏場のニワトリ約6万7000羽の殺処分を続けている。 高病原性が確定した場合、県内では2016年、同じ南関町での発生以来5年ぶりで、国内では今シーズン5例目となる。 ■清家アナ中継リポート 鳥インフルエンザが発生した南関町では国道443号に消毒ポイントが設置され、防護服を着た作業員が畜産関係車両を消毒中。 鳥インフルエンザが発生した養鶏場の半径3キロ以内でニワトリや卵の移動を制限している。 また半径10キロ以内で飼育されているニワトリを外に持ち出さないよう要請した。

熊本 2021.12.03 12:18

熊本駅前に阿蘇の四季をテーマに映像ショー【熊本県】

阿蘇の四季をテーマにしたプロジェクションマッピングがJR熊本駅前に設置され、2日夜に報道陣に公開された。 ■有川雄汰記者リポート 「アミュプラザの目の前にあるオブジェの中に入ると…そこには色鮮やかな景色が広がっている!」 プロジェクションマッピングは、阿蘇のカルデラをモチーフにした最大直径約24mの巨大な円状のオブジェに阿蘇の大自然が映し出される。 ■JR熊本シティ稲垣挙さん 「まだ熊本駅を訪れたことがない方でもぜひこれを機に見に行ってみようと思っていただきたい。お越しになられる方々が少しでも熊本らしさをここで感じていただけると嬉しい」 プロジェクションマッピングは、3日午後6時半から始まり、1月10日まで毎日、午後6時から午後10時まで開かれる。

熊本 2021.12.03 12:10

南関町の養鶏場で鳥インフルエンザ疑い【熊本】

南関町の養鶏場から鳥インフルエンザの疑いがあるニワトリがみつかった。 熊本県は24時間以内に飼育されているニワトリ6万7000羽を殺処分する方針を示した。 蒲島知事 「今回残念ながら南関町の肉養鶏農場で簡易検査による陽性が確認された。高病原性鳥インフルエンザの蔓延防止のため、いまこの時点から初動に入る」 熊本県によると11月30日から12月2日にかけて南関町の養鶏場で73羽のニワトリが死に、簡易検査の結果、12羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たという。 仮に毒性の強い高病原性鳥インフルエンザへの感染が確認された場合、2016年の南関町での発生以来5年ぶりとなる。 県ではこの養鶏場を消毒するとともに半径3キロ以内でニワトリの移動を禁じ、半径10キロ以内で飼育されているニワトリ75万9878羽を外に持ち出さないよう要請した。 養鶏場周辺の道路「7か所」に消毒ポイントを設置する予定。 県では死んだ鳥が毒性の強い高病原性鳥インフルエンザと確認されしだい、この養鶏場で飼育されている6万7000羽のニワトリを24時間以内に殺処分する方針

熊本 2021.12.02 21:57

体を整える!?次世代の注目「調“身”料」とは?【熊本】

熊本大学のベンチャーが食材や料理にふりかけるだけで体を整える調“身”料を開発した。 次世代の調味料として注目されている。 その商品が体を整える調“身”料「ドンマイン」の新シリーズ。 熊本大学薬学部の中に本社を構える熊大認定ベンチャー「サイディン」と東京の「リバネス」が共同開発した。 サイディン・弘津辰徳社長 「一緒に摂取することでこの脂肪をキャッチして吸収させることなく排出させる」 サイディンは今年5月からシクロデキストリンを使った無味無臭の調“身”料「ドンマイン」を販売していて、12月1日から塩、胡椒、一味をそれぞれ混ぜた商品の販売を始めた。 シクロデキストリンは糖が「輪っか」になった構造で、この「輪っか」で脂肪をキャッチする働きがあることが分かっていて、サイディンでは「来年春には機能性表示食品への申請できるように準備する」としている。 ドンマイン一味を天ぷらそばにかけてみると… リバネス・丸幸弘代表取締役 「天ぷらが罪悪感なく食べられる」 サイディンの弘津社長は「シクロデキストリンはトウモロコシやジャガイモ由来なので安心して料理の味付けにドンマインを使って体を整えてほしい」と話す。 弘津辰徳社長 「塩とか胡椒、一味というのは普段から当たり前にあるものなのでドンマインがそういったものと置き換わる。本当に日常に当たり前にあるような存在になってほしい」 ドンマイン調“身”料は熊本市南区城南町の「スーパーストアダイノブ」で1本540円で販売されるほか、サイディンのホームページから購入することができる。

熊本 2021.12.02 21:54

コロナで収入減…障害者福祉施設のいま【熊本】

新型コロナで影響を受けている障害者福祉施設。 商品やサービスを知ってもらおうと展示商談会が開かれた。 いまの現状を取材した。 県庁で開かれた障害者福祉施設の商品の展示・商談会。 畑中香保里キャスター 「おいしそうなパンや焼き菓子、あいぞめのマスクやタオルなどすべて手作りの商品がずらりと並んでいる」 そのほかにも木工作品や陶芸、手作りのおもちゃなど34の事業所が出品した。 来場者 「見るだけでも楽しいというかわくわくする感じ」 「とても素晴らしい。工夫されているので熊本ならではのものを探している」 去年は中止となったこの展示・商談会。 新型コロナで障害者の収入にも影響が出ているという。 熊本県社会就労センター協議会・坂本政治副会長 「社会が動かないと下請け孫請けの作業も入ってこないということで全体的には利用者さんの工賃も低く抑えられている」 障害者の社会進出が難しい今、自治体や企業とのマッチングが大切になってくるという。 畑中 「会場では清掃などの作業の商談も行っている。実際にこういった作業から就労につながった障害者もいるという」 坂本副会長 「少しでもこういう機会を利用していただいて作品に触れる、商品に触れる、作業をしているところを写真で見るということで感じてもらえたらと思う」 障害者福祉施設利用者の商品や提供できる作業についてはホームページで見ることができる。 「ナイスハートネット熊本」で検索。

熊本 2021.12.02 21:48

「年末年始はキャンセル待ち」でもある不安が…【熊本】

感染状況が落ち着いているがコロナ禍の今年、苦境に陥ったのが宿泊業界。 10月には宿泊費を補助する事業も再開。 年末年始に向け宿泊客に変化はあるのかホテルの今を取材した。 JR熊本駅の横に建つ「ザブラッサム熊本」。 福島尚輝記者 「スイートルームでは有明海を一望しながら贅沢なひと時を楽しむことができる」 コロナ禍の今年4月に開業。宿泊者数は想定よりも落ち込む日々が続いたが、コロナ収束が見え始めた11月から徐々に増え始めたという。 緒方洋介支配人 「首都圏・関西・九州いろんなところから観光やビジネスにお越しいただける方が多くて、それに伴って過去最高の売り上げと稼働率を出すことができた」 県によると11月の宿泊者数はコロナ禍前のおととしに比べて80%に。前の月からは20ポイント改善し、コロナ前の水準に戻りつつある。 クリスマスや年末年始は予約で埋まってきているがそれ以外の日は先月に比べ伸び悩んでいる。その原因の一つが… 緒方洋介支配人 「GOTOトラベルが1月だとか2月から再開されるという情報があるけどそれに伴う買い控えが多少はあるのではないか」 早ければ来年1月にも再開が検討されている“GoToトラベル”。宿泊客が戻るまで我慢の年越しとなりそうだ。 一方、阿蘇市の宿泊施設。 フロントはキャリーケースを持った旅行客で賑わっていた。 宿泊客 「感染者数も減って最近は出ていないのでこのタイミングで思い切って」 鳴り止まない予約の電話。年末年始はすでに満室で20件以上のキャンセル待ちが出ているという。 阿蘇湯巡追荘・後藤彩華さん 「嬉しい。やっと戻ってきた感じ。8割くらいが県内のお客さまで、団体、大人数のお客様が増えてきた」 その大きな要因となっているのが1人1回あたり最大5000円を補助するキャンペーン「くまもと再発見の旅」。 後藤さん 「再発見の旅が年末までなのでどうしてもそのキャンペーンを利用して泊まりたいという人が多い」 熊本県によると、これまでに約14万7000人がキャンペーンを利用してしているという。 しかし、そこに水を差す不安材料が… 後藤さん 「変異株が増えてきてキャンペーンも停止になってという最悪の事態を予想すると不安」 11月、国内で初めて感染が確認されたオミクロン株。活気が戻ったホテルだが年末年始は感染状況をにらみながらの営業となりそうだ。 後藤さん 「湯巡追荘としては万全に感染対策をして安全にお泊まりいただくのが一番なのでそれに力を尽くす」

熊本 2021.12.02 21:40

半数の観測地点で氷点下…凍える朝に【熊本】

阿蘇市では遊水池には霧が立ちこめ、霜も降りるなど厳しい寒さとなった。 県内は半数の観測地点で氷点下となるなど今シーズン一番の冷え込みとなった。 4日前に部分運行を再開したくま川鉄道。夜明け前のあさぎり駅には高校生の姿が。テスト期間の学校もあり列車内では時間を惜しむように勉強に取り組んでいた。 朝日が昇ってもきょうの寒さは特別なようで…。 高校生 「いつにもましてもう・・・全然寒い」 あさぎり町上の最低気温は氷点下2.9℃と凍えるような朝となった。 こちらは午前8時ごろの上天草市。ダム湖には霧が立ち込める幻想的な風景が広がった。 阿蘇市では氷点下3.8℃、南小国町で氷点下3.6℃など、県内の観測地点の半数が氷点下に。多くの地点で今シーズン一番の冷え込みとなった。 最低気温が0℃となった熊本市では。 井上千沙アナウンサー 「午前9時の熊本市内、手がかじかむような寒さとなっている。一瞬で目が覚めるような空気の冷たさ」 民間の気象会社ウェザーニューズによると3日は冷え込みは弱まるという。

熊本 2021.12.02 21:34

寒い朝 熊本県内9地点で最低気温が氷点下

2日朝の県内は多くの地域で今シーズン一番の冷え込みとなった。 阿蘇市は、水たまりが凍り、霜が降りる、厳しい寒さとなった。 気象台によると、上空に流れ込んだ寒気や放射冷却の影響で 阿蘇市 -3.8℃ 南小国町 -3.6℃など 県内9地点で0℃を下回った。 また県内18地点中15の地点で今シーズン一番の最低気温となった。 ■熊本市・井上千沙アナウンサー 「午前9時の熊本市内、手がかじかむような寒さとなっている。一瞬で目が覚めるような空気の冷たさだ」 熊本市も最低気温が0度と寒い朝となった。 県内は日中も気温が上がらず、 予想最高気温は 阿蘇市、高森町、山都町 6℃ 熊本市 9℃と 真冬並みの寒さとなりそうだ。

熊本 2021.12.02 12:10

「防げ食中毒」年末年始前に食品取り締まり【熊本県】

食品の流通量が増える年末年始を前に食中毒を防ごうと、2日朝、熊本市の田崎市場で食品の一斉取り締まりが行われた。 田崎市場では、午前7時から熊本市の食品衛生監視員らが市場内の74施設をまわり、魚や加工品を検査した。 食品などの取り締まりは、毎年12月に厚労省と消費者庁が、全国一斉に行っているものだ。 監視員らは、温度管理や加工品の期限表示などを確認し、食中毒防止を呼び掛けるチラシを配っていた。 ■熊本市保健所・食品保健課 松永孝一課長 「温度管理を適切にしていただく適切な表示がされている食品を販売していただくことを中心に呼びかけている」 表示基準違反7件が見つかり、適正な表示や商品の撤去が指導された。

熊本 2021.12.02 12:03

冬のボーナス予想調査「減りそう」高い数字【熊本県】

熊本県内での冬のボーナスの予想調査で「減りそう」と答えた人が、「増えそう」と答えた人を上回ったことがわかった。 地方経済総合研究所は、この冬のボーナスの予想調査で県内に住む20代から50代の416人から回答を得た。 増減の予想で、「増えそう」と答えた人は13.7%だった。 一方で、「減りそう」と答えた人は30.8%で過去10年間で3番目に高くなった。 自由回答では、コロナ禍で「支給されるだけでもありがたい」という意見が多かったという。

熊本 2021.12.02 11:57

過労死のない社会考えるシンポジウム開催 「命より大事な仕事ない」熊本市

熊本市で30日、過労死のない社会づくりを考えるシンポジウムが開かれ、過労死で教師だった夫を亡くした女性が「命よりも大事な仕事はない」と思いを語った。 シンポジウムは厚労省が定める「過労死防止」啓発月間にあわせて実施されハラスメント対策などに詳しい専門家の講演も行われた。

熊本 2021.12.01 19:32

車えびに天草大王…冬の天草グルメを堪能! 2月末までキャンペーン開催【熊本】

冬の天草グルメを楽しむキャンペーンが今年も始まった。 車えびの刺身に、天草大王の鉄板焼き!さらにこの2つの名物を楽しめる珍しいアヒージョも!早速、KKTのカメラマンも一口。 ■有江武利カメラマン 「天草大王のグリルです。特製のレモンソースでいただきます…ぷりぷりして歯ごたえもあり大王のうまみが凝縮されてぎゅっとつまっている感じです、おいしいです」 このキャンペーンは冬の天草の集客を目的に天草宝島観光協会が開催していて今年で2回目。期間中は10のホテルや旅館と12の飲食店が工夫を凝らした料理を提供する。 ■料理を食べた人 「(おいしい?)うん。ほんとぷりぷりしている」 ■藤本恵子委員長 「冬の天草こそお魚の脂も乗って美味しいので食を通して天草の魅力を存分に楽しんでほしい」 キャンペーンは来年2月28日まで。

熊本 2021.12.01 19:27

住宅火災相次ぐ 焼け跡から2人の遺体発見 熊本・菊池市と荒尾市

熊本県内では11月30日夜から翌朝にかけ火事が相次ぎ、2人が遺体で見つかった。 菊池市では、1日朝6時ごろ岩木三重子さん(88)の住宅から火が出て木造瓦葺き2階建ての住宅を全焼。焼け跡から1人が遺体で見つかった。岩木さんと連絡が取れていないことから、警察は亡くなったのは岩木さんの可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。 また30日夜は荒尾市でも火事があり福嶋謙一さん(59)の木造2階建ての住宅1棟が全焼した。翌日になり焼け跡から1人が遺体で見つかった。福嶋さんは1人暮らしで、出火後から連絡が取れていないことから、警察は亡くなったのは福嶋さんの可能性が高いとみている。

熊本 2021.12.01 19:24

熊本豪雨で流失 新しい手作りの地蔵が寄贈 天草・石の会の手彫り地蔵

去年7月の熊本豪雨で、相良村の地蔵が流失したことを知った人たちから1日、新しい地蔵が贈られた。 相良村の高尾野地区。新しい地蔵を持ってきたのは天草市の石の会の人たち。凝灰岩を削って作った地蔵を地元の人に届けた。 もともとあったのは、大きさが20センチもない地蔵。去年の熊本豪雨で川に流され、行方不明に…。 ■地元の人 「小さなお地蔵様だったから(流されたと知ったときは)かわいそうで涙がでました」 そんな悲痛な声を新聞記事をきっかけに知った天草市の石の会が新しい地蔵を作った。主を失った台座には2体の新しい地蔵が鎮座した。 ■地元の人 「かわいいですね。体が続く限りはお花を手向けていきます」 ■石の会 坂本強さん 「被災した方の心の復興を願って、会員みんながそれぞれ気持ちを込めてほったので小さな子どもさんでも、前を通ったら手を合わせるような雰囲気になってくれたらいいと思います」 届けられた2体の地蔵が地元の人たちを見守る。

熊本 2021.12.01 19:20

新語・流行語大賞発表 熊本県民の反応は 年間大賞は「リアル二刀流/ショータイム」

1日、新語流行語大賞が発表され、年間大賞にはアメリカ大リーグでMVPに輝いた大谷翔平選手の「リアル二刀流/ショータイム」が選ばれた。またトップ10にはこのほか「人流」や「黙食」などコロナ禍ならではの言葉も。熊本県民の反応を取材した。 ■井上千沙アナウンサー 「きょう今年の流行語が発表されました。熊本の反応は一体どうなのでしょう?聞いてきます!」 ■「リアル二刀流/ショータイム」について 「日本人の域を超えている。イチロー選手を超えてたぶん100年出ないと思うそういう選手は」 ■「親ガチャ」について 「ないですね、恵まれた家庭だったので。満足もあるんですけれど、感謝も五分五分で」 ■「うっせぇわ」について Q:うっせぇわを誰にぶつけたい 「たぶんマスク!」 ■「黙食」について 「どこにでも貼ってあったよね」 「(あなた自身の流行語は?)ワクチンしかでてこない。妊娠していたのでその分気を付けていた」 ■「ゴン攻め」について 「友達がスケートボードをしていてその子が(東京オリンピックの)実況を見ていた」 ■「親ガチャ」について 「(感じることは)ない。親もどうせ子供を選べないしと思う」 「(自身の流行語は)尊いしか言ってない、ずっと。推しが尊すぎるヤバい!しか言ってない。(どんなときに使う?)語彙がなくなったときにとりあえず推しを褒めるとき尊い、尊いって言ってる」

熊本 2021.12.01 19:16

新型コロナワクチン 3回目の追加接種開始【熊本】

県内で1日、3回目となる新型コロナワクチンの追加接種が医療従事者を対象に始まった。 追加接種は2回目の接種を終えて8か月以上が経過した18歳以上の人が対象。最後のワクチン接種から10か月ほどが経過している八代市の病院では1日、医療従事者を対象に3回目の接種がはじまった。 ■吉村紗耶記者 「こちらの病院では1回目、2回目と同様3回目もファイザー社のワクチンが接種されました」 熊本県は追加接種について当面は薬事承認されているファイザー社のワクチンを使うとしているが今後は異なる種類も含めた「交互接種」を可能とする方針を示している。 ■追加接種した医療従事者 「いま(感染者が)少なくなっているけれどもまた増えるかもしれないので3回目を打っていたほうが安心かなと思います」 「(オミクロン株は)ワクチンが効かないという情報もあるので打ったから安心と思って仕事するしかないかなと思っています」 高齢者や一般の人の追加接種は来年1月後半から始まる見込み。

熊本 2021.12.01 19:06

何らかの薬物吸わせ昏酔強盗 男2人を逮捕【熊本】

男性に何らかの薬物を吸わせ昏睡状態にさせた後、財布を奪ったとして知人の男2人が逮捕された。 昏睡強盗の疑いで逮捕されたのは熊本市北区大窪の無職、児玉一貴容疑者(21)と、宇城市の会社員の男(19)。警察によると児玉容疑者らは先月19日の夜、八代市の駐車場に停めていた21歳の男性の車の中で、男性に何らかの薬物を吸わせて昏睡状態にさせた後、車内から現金数万円などが入った財布を盗んだ疑いが持たれている。警察は2人の認否を明らかにしていない。被害を受けた男性が深夜に目を覚ました後警察に通報したことで発覚した。 男性に健康被害は確認されておらず、「気づいたら誰もいなくて、財布もなくなっていた」と話しているという。警察によると児玉容疑者らと被害男性は面識があり、男性の車に2人が乗り込み犯行に及んだという。 警察は薬物の特定を急ぐとともに詳しい状況を捜査している。

熊本 2021.12.01 19:06

12月は忘年会シーズン 今年はどうする?【熊本】

12月に入り、今年もあと1か月となった。コロナ禍で2度目の忘年会シーズンに入る中、飲食店からは新たな変異株の脅威に不安の声もでている。 ■藤木紫苑記者 「12月に入り忘年会シーズンとなってきましたが、今年はみなさんどのように過ごすのでしょうか」 ■街の人 Q忘年会の予定は? 「はい、もう予定に入っています。12人で2部屋貸し切りで思い切っていきます。いまがチャンスかなと」 「(忘年会を)この前しました。去年は(忘年会は)していません。久しぶりでした」 コロナ禍で迎えた2度目の忘年会シーズン。感染状況が落ち着き、「ことしは楽しみたい」と期待の声も。県や熊本市は感染対策の徹底を呼びかける一方、人数などの制限は設けていない。 1日、熊本市の大西市長は… ■熊本市 大西一史市長 「現状においては国内、今レベル1でもあるので安心していっていただいていいのではないかと思います。ただ注意しなければいけないのが国内でも新たな変異株が確認されました。国内の他の地域の感染状況を踏まえて用心しながら行っていただければ」 11月30日に日本で初めて確認された新たな変異株、「オミクロン株」。県内でも不安の声が。 ■街の人 「新型が出たでしょう。あれでちょっと足踏みになりました。もういいと思うけれど」 「もうしばらくはおとなしくしておこうかなと思っています」 「普段会う人だったらいいかもしれないけどどうだろう」 新たな変異株への不安は飲食店でも…。 ■おかげさん 今永大智代表 「ようやく繁忙期がまともに受けられるようになって売り上げの見込みもやっと立ち初めてきたのですごくありがたいんですけれど、速報でオミクロン株が出ちゃったのでまたちょっと年末年始で広がってくるんじゃないかと不安はすごくありますね」 県の認証店として営業するこの店では先月から客足が戻ってきたものの以前のような団体での予約はほとんどないという。 ■おかげさん 今永大智代表 「やはり団体で来られるのが一番ありがたい。喚起が一番大事だと思っています。お客様には少し我慢してもらって感染防止の方はしっかりとパーテーションもつけたままで飲食してもらおうと思っております」 感染ゼロが続く熊本県内。それぞれが複雑な心境のまま12月を迎える。

熊本 2021.12.01 19:05

気温上がらず真冬並みの寒さ 阿蘇は雪化粧【熊本】

県内は1日、日中の気温が上がらず真冬並みの寒さとなり、高岳ではうっすらと雪化粧した。 冠雪が見られた阿蘇市。朝の最低気温は3.8℃となるなど各地で11月中旬から下旬並みとなった。一方、日中は気温が上がらず県内全域で10℃前後と真冬並みの寒さとなったところもあった。あすも厳しい寒さが続く見込みで最低気温は熊本市で0℃、阿蘇市乙姫で-4℃など今シーズン一番の冷え込みが予想されている。また日中も真冬並みの寒さとなる見込みで体調管理や農作物の管理に注意が必要。

熊本 2021.12.01 19:05

無所属西野太亮氏 年内にも自民党入り方針 衆院選熊本2区で初当選

10月の衆議院選挙で熊本2区から初当選した無所属の西野太亮氏が今月4日にも自民党への入党願いを出すことが分かった。県連は入党を認める方針。 無所属で新人の西野太亮氏は10月に行われた衆院選で熊本2区のベテラン、自民党の野田毅氏を破り初当選を果たした。西野氏は当選前から自民党入りを希望していたが今月4日、自民党県連に入党願いを提出する方針だと分かった。 KKTの取材に対し西野氏は「保守分裂のいがみ合っている状況は好ましくないので融和を図れるよう努力していきたい」と述べている。 西野氏は先月、自民党県連の前川收会長と直接協議をしていて、その際前川会長は「これまで野田さんを応援してきた党所属の議員や支持者としっかり融和を図ることを考えるべき」と西野氏に話したという。その上で「融和の考えを理解した中での判断と受け止め真摯に対応したい」として自民党入りを容認する考えを示した。県連は今月7日の役員会で了承する予定で年内にも党本部が西野氏の自民党入りを決定する見通し。

熊本 2021.12.01 18:35

相次ぐ事件受け市電車内で不審者対応訓練 【熊本】

東京の京王線や九州新幹線など車両内での事件が相次いだことを受け熊本市交通局は1日、市電内の不審者に対応する訓練をした。 ことし10月に起きた京王線の電車内で乗客が刃物で刺された事件と先月の九州新幹線で男が火をつけた事件を受けて行われた。訓練には熊本市交通局と県警から約40人が参加し、刃物を持った不審者が市電の車内で暴れている想定で行われた。不審者を発見した乗客から知らせを受けた車掌が市電を緊急停止。警察への出動要請をお願い通報をしたあと乗客を避難させ、取り外した座席を盾に不審者に向かった。その後さすまたや盾を持った警察官が駆け付け、不審者を確保した。 ■熊本市交通局運行管理課 東郷修平運転士 「本日は訓練だったんですが訓練とは思えない空気感でほぼ実戦のような感じだったんですけれど、思うように動けなかったところもあったので、お客様の安全を考えて実際またこういうことが起きた場合、スムーズにお客様を安全に誘導できるように努力したいと思います」 ■熊本中央警察署生活安全課長 平田和稔警部 「今回は刃物を持った不審者という想定で訓練しているけれどもこのほかの立てこもりなど、いろいろ想定しながら訓練をしていきたい」 交通局は今後、訓練で見つかった課題をもとに今月中にマニュアルを作成するという。

熊本 2021.12.01 18:35

ヴォルターズがU18ユースチームを設立へ【熊本】

バスケットボールB2リーグの熊本ヴォルターズが18歳以下の男子チームを設立することを発表した。 来季のB1リーグ昇格の条件の1つとして、U18チームの設立が義務付けられたBリーグ。 ヴォルターズを運営する熊本バスケットボールは、18歳以下の男子チームを設立することを明らかにした。 来年4月からの始動に向けて今月からトライアウトが行われ、トップチームへの輩出のほか、世界で活躍する選手の育成を目指すという。

熊本 2021.12.01 11:51

「前をよく見ていなかった」 大型トラックにはねられ自転車の男性死亡【熊本】

1日午前6時前、玉名郡南関町関外目の国道443号で、直進していた大型トラックが自転車に乗っていた70代の男性を後ろからはねた。 男性は頭を強く打ち、約1時間後に搬送先の病院で死亡した。 警察は大型トラックを運転していた山鹿市山鹿の運転手、稲富浩容疑者(50)を過失運転致死の容疑で現行犯逮捕した。 稲富容疑者は集荷のため鳥栖市内に向かっていて、「通り慣れている道ということもあり前をよく見ていなかった」と話しているという。 現場は直線道路で、警察が詳しい状況を調べている。

熊本 2021.12.01 11:50

住宅が全焼し焼け跡から遺体 住人の高齢女性か【熊本】

1日午前6時過ぎ、菊池市藤田で住宅を全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。 火事があったのは、菊池市藤田の岩木三重子さん(88)の住宅。「家が燃えている。1人暮らしの女性の安否がわかっていない」と近所の住民から消防に通報があった。 火は約1時間20分後に消し止められたが、木造瓦葺き2階建ての住宅を全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。 岩木さんと連絡が取れていないことから、警察は亡くなったのは岩木さんの可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。

熊本 2021.12.01 11:47

スケートボード練習場所 ついに熊本市に誕生【熊本】

オリンピックのあと人気が高まるスケートボード。 ついに熊本市に練習場所が誕生する。 練習場所として解放されるのは熊本市南区の「アクアドームくまもと」の第3駐車場。 30日、県スケートボード協会が熊本市に練習場の設置を求める要望書を提出した際、大西市長が明らかにした。 県内には現在、八代市と宇城市に合わせて3か所の練習場があるが熊本市にはなく、練習場所を求める約7000人分の署名が集まっていた。 県スケートボード協会・木村真吾代表理事 「少しずつでも進んでいることが実感できてうれしい。スケートボードはもちろん、スポーツ全体が盛り上がるようにみんなで協力して活動していく」 アクアドームの練習場所は12月中旬から解放される予定。

熊本 2021.11.30 20:20

世界遺産で桜とライトアップを楽しんで!【熊本】

天草市の﨑津集落で「ヒマラヤザクラ」が満開となっている。 世界遺産として人気のスポットだが実は夜になると別の表情を見せる。 満開となっているのは﨑津諏訪神社のヒマラヤザクラ。ヒマラヤ地方が原産の冬桜で神社の近くに住む宮下謙紀さんが20年以上前に植えた。 高さは10メートルほどで濃いピンクの花が特徴。 大阪から来た観光客 「かわいい。この時期に見られてうれしい」 福岡から来た観光客 「すごくびっくり。まさか桜が咲いていると思わない」 花の蜜を吸いにメジロが忙しそうに飛び交う姿も…。 ヒマラヤザクラはあと1週間ほど見頃だという。 実はこの場所、夜になると・・・ 日没とともに幻想的な姿を見せた﨑津集落。 世界文化遺産登録から3年。集落の魅力を再発見してもらおうと、28日からライトアップが始まった。 今回、初めてライトアップされた﨑津諏訪神社には境内に竹灯篭が設置され厳かな雰囲気に包まれていた。 訪れた人 「毎年来ているけどやっぱり今年もきれい」 﨑津集落のライトアップは来年1月8日まで。

熊本 2021.11.30 20:17

園児が奮闘!人気力士と真剣勝負!【熊本】

高森町の幼稚園にあの人気力士が登場!子どもたちとの勝負の行方は? 高森町の幼稚園で子どもたちと交流したのは前頭筆頭の大栄翔関。 相撲界との交流イベントは新型コロナの感染拡大で中止になっていたが感染状況が改善したとして久しぶりの開催となった。 ということで…いざ真剣勝負! 5人がかりで挑むが体重162キロの大きな体はビクともしない。 悪戦苦闘しながら最後は何とか土俵の外へ押し出した。 園児は 「楽しかった」「大きかった」 大栄翔関が高森町を訪れるのは2018年の冬の巡業以来3年ぶり。 大栄翔関 「元気な姿を見ると自分も元気になれるのでうれしかった」 大きな力士との交流は子どもたちにとっても大切な思い出となったようだ。

熊本 2021.11.30 20:11

コロナで打撃…起死回生の一手は絶品ケーキ【熊本】

コロナ禍で打撃を受けた玉名市の飲食店がケーキを開発した。 地域の事業所も協力し話題となっている。 玉名市でオープンして11年目の「ワイン酒場オーノ」。美味しいお酒や料理で地元に愛されるワインバー。この店のソムリエ、大野眞弘さんが約1年間かけて開発したというケーキが 「至福の2色ケーキ」 大野眞弘さん 「ガトーショコラが半分、ベイクドチーズケーキが半分で、それをワンホールにしたケーキ」 2種類それぞれの良さを持ち寄った贅沢な一品、その名も「至福の2色ケーキ」。玉名産のミカン「不知火」などをワインに漬け込んだドライフルーツの風味が香る大人のケーキ。 常連客 「コロナ禍で頑張って勉強して新たな試みということで良い考えでされていると思っています」 開発のきっかけは新型コロナ。客足が遠のき売り上げは激減。常連客のためにも店を存続させたいと持ち帰りや通販に適した商品として「ケーキ」に行きついた。しかし、そこには高い壁が。 大野眞弘さん 「ケーキ作りを得意とした店ではないので安定した商品を作り続け商品として届ける大変さが一番だった」 そこで大野さんがケーキ作りを依頼したのが玉名市内の障害者就労支援事業所「風工房R」。ここでは10人がパティシエの指導の下、パンやお菓子の製造や販売を行っている。 地域福祉交流館FindingR金和史岐子統括施設長 「売っていけるということが利用者さんの自信につながって、働くことがもっと楽しくなっていく。美味しいケーキを味わっていただきながら買っていただくことが地域貢献になるということも知って頂けると嬉しい」 コロナ禍で事業所の売り上げも減るなか、ケーキ作りが障害者の新たな収入源になっている。 コロナ禍で打撃を受ける飲食店の起死回生の試みが地域を元気づける取り組みへと広がりをみせている。 大野眞弘さん 「通販もできるので玉名市にゆかりのある全国のみなさん、帰省したくてもできない人などそういったみなさんに食べていただいて、少しでも玉名や当店のことを思い出していただければ」 ワイン酒場オーノ 0968-74-2550 インターネット「ワイン酒場オーノBASE」で検索

熊本 2021.11.30 18:31

留学生ショック…外国人の入国禁止で受け入れ側も困惑【熊本】

国内で初めて感染が確認されたオミクロン株。世界的な拡大を受けて政府は外国人を入国禁止に。 今月8日から入国を緩和した矢先の方針転換に県内では困惑の声が広がっている。 ■日本語学校 政府が発表した外国人の入国禁止。留学生や技能実習生なども含まれ期間は当面1か月間。 平井友莉アナウンサー 「今回の水際対策の強化、熊本市の日本語学校ではどのように受け止めているのでしょうか」 こちらの学校では日本の大学や専門学校への進学を目指す外国人に向けた日本語の授業を行ってる。しかし、今年1月から外国人の受け入れができず、来日できない留学生のためにオンライン授業を実施。日本での対面授業の一歩となる今月8日からの「入国緩和」に期待を寄せていた。そんな中での入国禁止に学校は…。 熊本YMCA学院・尾道一幸校長 「11月8日に緩和されてわずか3週間足らずのことだったので正直驚いた。やっと入国してくると道筋が見えていただけに正直残念な気持ちはある」 来年2月に来日する予定の中国の学生はショックを隠せない。 「期待していたので急にまた中止だから本当に失望」 「日本に行く準備はほとんどしていたので、急に言われてちょっとどうしていいかわからない。早く行きたい」 12月中旬からの受け入れ準備をしていたフィリピンの学生からも… 「ニュースを見た。新型コロナ変異株で日本は閉鎖されるのか」 学校側も政府の詳しい方針を待つしかなくすぐに対応できない状況だ。 熊本YMCA学院・尾道一幸校長 「日本に来たいといろいろな国から日本を選んでくれている方々だからぜひ来てほしい」 ■ミニトマト農家 入国禁止で外国人技能実習生を受け入れる農家にも影響が…。 松尾農園・松尾盛宏代表 「入国して変異株が広がるのもいけないとは思うが、どうしても作業の面でも(人手が)ほしいというのもあって複雑」 複雑な心境を口にするのは高森町でミニトマトなどを栽培する農家。こちらではベトナム人の実習生が1人働いていて、さらにもう1人の受け入れを希望しているが…。 松尾盛宏代表 「面接はするが入国ができないという事で断られている現状がもう1年半くらい続いている」 今年の夏は収穫が追いつかず品質が低下したミニトマトを多い時で1日200キロ以上廃棄したことも。ミニトマトだけでも90万円以上の損失となった。 入国禁止は受け入れの目途が立ち始めていただけに落胆も大きいと言う。 松尾盛宏代表 「本当は来週面接して(来年)5月くらいに向けて雇用を始めようかというところにこういう話だったので率直に言うと不安がさらに重なった」 新たな変異株「オミクロン株」の影響はどこまで広がるのか。先行きが見えない中、受け入れ側の苦悩は続く。

熊本 2021.11.30 18:23

冬の桜・ヒマラヤザクラが﨑津集落で満開 【熊本】

天草市の﨑津集落の神社で、冬の桜として知られるヒマラヤザクラが満開となっている。 満開となっているのは﨑津諏訪神社のヒマラヤザクラ。ヒマラヤ地方が原産の冬桜で、神社の近くに住む宮下謙紀さんが20年以上前に植えた。高さは10メートルほどで、濃いピンクの花が特徴。 ■大阪から来た観光客 「かわいいです。この時期に見られてうれしい」 ■福岡から来た観光客 「びっくりします。まさか桜が咲いていると思わないですからね」 花の蜜を吸いにメジロが忙しそうに飛び交う姿も…。あと1週間ほど見ごろだという。

熊本 2021.11.30 12:39

旧熊本市民病院解体工事めぐり住民説明会 議論は平行線に

騒音や振動などの問題で中断している旧熊本市民病院の解体工事の問題で29日夜に住民説明会が開かれたが、議論は平行線のままだった。 説明会では熊本市が286世帯を対象に行った健康被害アンケートや振動の大きさの目安など、住民から出されていた要望への対応について話した。しかし住民からは、アンケートの内容が不十分であることや工事の詳細な部分が決められていないなどの指摘が相次いだ。また健康被害アンケートによると、PTSDなどの可能性がある住民もいるという。話し合いは平行線のままで、熊本市は住民側がまとめる意見を踏まえて今後の対応を決めることにしている。

熊本 2021.11.30 12:31

「イライラしたから」自宅に火をつけ男逮捕【熊本】

29日、熊本市北区でアパートの一室が焼ける火事があった。警察はこのアパートに住む男が火をつけたとして逮捕した。 29日午後6時半ごろ、熊本市北区清水亀井町のアパートの2階部分から火が見えると消防に通報があった。火は1時間あまりで消し止められたが、2階の部屋の一部約45平方メートルが焼けた。けが人はいなかった。午後8時ごろ、火元の部屋に住む服部洋介容疑者(31)が「自宅に火をつけた」と交番に自首し、警察は現住建造物等放火の疑いで逮捕した。服部容疑者は母親と2人暮らしで、出火当時、母親は外出していたという。服部容疑者は暖房器具に衣類をかぶせて火をつけたとみられ、警察の調べに対し「イライラしたから火をつけた」と供述しているという。

熊本 2021.11.30 12:29