熊本のニュース

未明に阿蘇市など震度5弱 熊本県内の被害

22日未明、日向灘を震源とする地震があり熊本県内では、阿蘇市などで震度5弱の揺れを観測した。山鹿市では、2人が病院に運ばれた。 気象庁によると地震の震源は日向灘で震源の深さは45km。 地震の規模を示すマグニチュードは6.6と推定されている。 阿蘇市、高森町、産山村で震度5弱、熊本市などで、震度4を観測した。 県によると、山鹿市では避難しようとした30代の男性が足にけがをするなど、2人が病院に運ばれた。 阿蘇市一の宮町では、舗装工事中の市道の路面がはがれた。 また五木村では村道に、落石や倒木があった。 熊本地方気象台は、今後1週間程度、県内で最大震度5弱の地震への注意を呼びかけている。 ■南海トラフ地震防災官高橋冬樹さん 「特に今後2、3日程度は規模の大きな地震が発生することが多くある」 また揺れの大きかった所では、地盤が緩んでいる可能性があり、少ない雨でも土砂災害が起こるおそれがあるという。

熊本 2022.01.22 17:57

熊本県22日の感染確認773人 過去最多

熊本県内では22日、新型コロナウイルスの感染が過去最多の773人確認された。 また熊本市ではクラスターが3件確認されている。 【クラスター】 熊本市中央区のダンススクール 利用者と職員合わせて8人 千原台高 生徒12人 東海大星翔高 生徒9人 ■21日夜9時頃 県内にまん延防止等重点措置が適用され、初めての週末、熊本市は、人出が大きく減少した。 県内では、「認証店」に限って、午後9時まで酒類を提供することもできるが、客足は大きく落ち込んでいるようだ。 ■男性客 「羽を伸ばしたいと思うが9時には帰ります」 ■22日午後2時ごろ 22日昼間も先週と比べると人通りが少なくなっていた。 多くの飲食店には、臨時休業の貼り紙が。 ■70代女性 「気の毒よね。誰のせいでもないのに」 ■30代男性 「飲食店の人たちもすごく頑張っていると思うので僕らも感染症対策をしながら応援できることは応援したい」

熊本 2022.01.22 17:57

新型コロナ・過去3番目に多い644人の感染確認【熊本】

熊本で21日、過去3番目に多い新型コロナウイルスの感染確認となった。 感染確認は11日続けて3ケタで、644人は過去3番目。 亡くなった人はいなかった。 市町村別では熊本市が381人と約6割を占めていて、八代市で49人、宇城市で28人などとなっている。 教育現場ではクラスターが相次いでいる。 熊本市の必由館高校では生徒11人、熊本学園大学では柔道部8人の感染が確認されている。 他にも南区の熊本中央病院で患者と職員の計11人、南区の老人ホームでも6人の感染が確認。 西区のスイミングスクールでは利用者13人、職員1人の感染が明らかになった。

熊本 2022.01.21 19:02

飲酒運転に死亡事故…県職員3人を懲戒処分【熊本】

飲酒運転に交通死亡事故…県職員3人を懲戒処分だ。 飲酒運転で停職6か月の処分となったのは、天草広域本部総務部の40代の男性職員。 この職員は2021年11月、上天草市内の飲食店で飲酒後に車を運転して検挙され、罰金50万円の略式命令と免許取り消し処分を受けた。 県食肉衛生検査所の60代の男性職員は、2021年11月に自宅で夜に酒を飲み、翌朝、出勤途中に酒気帯び運転で検挙されたとして任期満了の3月末までの停職処分とされた。 この職員は21日付けで依願退職した。 このほか、県は2021年3月に熊本市南区で横断歩道を渡っていた歩行者をはねて死亡させたとして、当時、企画振興部に所属していた50代の男性職員を減給処分とした。 県職員の懲戒処分は2021年度、初めて。

熊本 2022.01.21 19:02

寺に出現“白いタヌキ”…貴重な姿がカメラに【熊本】

カメラが捉えた真っ白い生き物…正体は、なんとタヌキ! 発見された熊本市の植木町の現場を永田アナウンサーが取材した。 ★不動山平等寺・蠣原法勝住職 「とても珍しい白タヌキが現れました。初めて見た」 住職も驚いた白いタヌキ。 この動画は1月16日、植木町の寺の境内で撮影された。 撮影したのは蠣原法勝住職。 ★蠣原法勝住職 「あの側溝の中に…最初ネコかなと思ったんですよ。  ネコかイヌかなと思ったら口がとんがっていたんです。  多分これは白いタヌキじゃないかなと思って近づいていったら  …白いタヌキでした」 そもそも、なぜ白くなったのか…専門家に聞いた。 ★[話]熊本博物館・清水稔学芸員 「すべての色素が欠乏したアルビノかな。  あんなに大きくなるまで生きていたということが珍しい」 取材班は貴重な姿をとらえるべくカメラを設置。 距離を取って待つこと3時間… ★永田莉紗アナウンサー 「まだかな~」 この日は、残念ながらその姿を見ることはできなかった。 ★蠣原法勝住職 「タヌキといったらまん丸くて大きいイメージがあるけれど、そういうタヌキに比べれば少し痩せている雰囲気」 清水さんによると、タヌキはダニが媒介する皮膚病「疥癬」の可能性があるという。 ★[話]熊本博物館・清水稔学芸員 「腰のあたりだけでそれほどひどくないとは思ったけれど、けっこう衰弱しているなという印象を受けました」 ★蠣原法勝住職 「お寺の境内にご縁があっていると思うので、そっと見守っていきたい」 清水さんは「野生動物は未知の病原体を持っている可能性があるので、基本的に近寄らないでほしい」と呼びかけている。

熊本 2022.01.21 19:00

3度目のまん延防止…街中から中継【熊本】

感染の急拡大で、熊本では再び「まん延防止等重点措置」が21日から適用となる。 街の様子はどうか…熊本市中央区下通から平井アナウンサーが中継で伝える。 飲食店の中には、21日から休業という表示を出しているところも多く見かけた。 酒店では、コロナ前に比べ10分の1ほどに注文が減っているそうで、配達人数を減らすなどして対応していると話していた。 熊本市の繁華街にある、県の認証を受けたビアレストラン。 酒の提供をしながらの営業を選んだ店長の村山二郎さんに、思いを聞いた。

熊本 2022.01.21 19:00

太陽光施設の土砂流出受け…事前防災策を義務化【熊本】

去年8月に南関町の太陽光施設で土砂が流出した問題を受けて、林野開発する際の防災策が義務化される。 熊本県は森林の開発を許可する際に設けられている「林地開発許可制度」を初めて全面的に改正。 改正では本体工事を着手する前に防災工事が終わっているか県の確認を受けなければならないことなど基準を厳格に定めている。 さらに指導に応じない場合は許可を取り消すなどの行政処分も明文化された。 土砂が流出した南関町の太陽光施設では防災工事が完了しないまま本体工事に着手し被害が拡大。さらに防災施設が事前に設置されたのか県が確認する仕組みもなかった。 施行日は3月1日で、県は許可を出しているのべ118社に対し説明会を開くことにしている。

熊本 2022.01.21 12:03

感染拡大でひっ迫…保健所業務を一部縮小へ【熊本】

新型コロナの感染拡大で保健所の業務がひっ迫する中、熊本市は濃厚接触者の健康観察を一部縮小すると発表した。 濃厚接触者への電話などでの健康観察について、熊本市保健所は1日1回行っていた。 しかし感染急拡大で業務がひっ迫する中、60歳未満の濃厚接触者は保健所による健康観察を当面取りやめてセルフチェックにし、症状があった場合は医療機関を受診してもらうよう変更する。 ■熊本市 大西一史市長 「特に陽性者に重点を置く意味で濃厚接触者への観察等をリスクの高い人に向けていく」 60歳以上はこれまで通り健康観察を続けるが、感染がさらに拡大した場合は全ての濃厚接触者をセルフチェックに切り替える。 熊本市は保健所の体制が整い次第運用を始める方針。

熊本 2022.01.21 11:49

大規模噴火のトンガを支援 県庁などに募金箱設置【熊本】

大規模な火山の噴火で被害を受けたトンガを支援しようと、県庁などに募金箱が設置された。 海底火山の大規模な噴火と、それに伴う津波で甚大な被害に見舞われたトンガ。 県国際協会と県は県庁本館や熊本市役所など13か所に募金箱を設置し、義援金の募集を始めた。 期間は来月25日までで、義援金は県国際協会の専用口座への振込などでも受け付けている。

熊本 2022.01.21 11:49

過去最多710人の感染確認 クラスター相次ぐ【熊本】

県内では新たに710人の新型コロナウイルス感染が確認された。感染確認は10日続けて3ケタ。2日連続での700人超え。 1人が亡くなっている。 クラスターも相次いでいる。 熊本市の龍田小学校では児童9人。 西区の高齢者施設で利用者と職員の合わせて6人。 宇城警察署では職員5人。 益城町の保育園では職員と園児合わせて10人。

熊本 2022.01.20 19:35

分散登校と“選択制”時短 教育現場も緊張【熊本】

感染拡大を受けて熊本県では21日から「まん延防止等重点措置」が適用される。 県は飲食店への時短要請や県立学校の分散登校など新たな対策を発表した。 受験シーズンということもあり教育現場は緊張感が漂っている。 蒲島郁夫知事 「県内全域で感染が拡大している状況であることから、県内全域を重点措置区域とし対策を強化する」 期間は21日から2月13日までで飲食店には遅くとも24日から時短要請に応じるよう求める。 【認証店】 ▽午後8時までの営業で酒類提供の自粛か ▽午後9時までの営業で酒類提供が可能 のいずれかを選択できる 【非認証店】 ▽酒類提供の自粛と午後8時までの営業に限定される。 飲食店の人数制限は1グループ4人以内を継続。 「ワクチン検査パッケージ」の運用を停止した上で、認証店に限り利用者全員が検査で陰性を確認できれば5人以上の会食も可能としている。 一方、今回は大型商業施設への時短要請は行わず入場者の整理などの対策を要請した。 高齢者施設などへは職員への週1回程度の抗原検査を求めている。 蒲島知事 「第6波をこれ以上拡大させないためにも県民一人ひとりが感染しない、感染させないと強く意識し行動して頂くようお願いする」 ■受験シーズンで教育現場も緊張 感染拡大が続く県内。市民が気になっているのが… 「中学校でコロナが出ているので(子どもが)学校に行けない」 広がる学校での感染。 ★熊本県教育委員会・古閑陽一教育長 「(特に)受験生を抱えている学年等については相当な危機感。家庭、地域もあげてだが、緊張感のある対応を進めている」 教育現場での感染状況に強い危機感を示す県教委。 県立高校と中学校で教室内の人数を20人程度とする「分散登校」を実施すると発表。学校の実情に応じて「時間短縮」や「時差登校」など各市町村に対し最大限の感染対策を求めた。 ■熊本市の小中学校は分散登校せず 一方、44の学校で休校や学級閉鎖などが相次いでいる熊本市。 大西一史市長 「市立高校は生徒の通学範囲が広域であることを鑑みて県立高校と同様の分散・時差登校実施県と連携して感染抑え込みに全力で取り組む」 熊本市は早ければ来週月曜日から市立の高校で分散登校を始める方針だが小中学校は通常の登校を続けるとした。 熊本市教育委員会・中元正人さん 「児童への心身への影響も懸念されてご家庭で見守ることが難しい 保護者の負担を考える必要があるので慎重に判断した」 しかし、さらに感染が拡大し、分散登校が始まった場合はオンラインで学習をサポートしていくという。 そして、いまは受験シーズン真っ只中。熊本市内の学習塾では… スタッフの定期的な抗原検査に加え子どもの飲食を禁止にするなど 感染対策を強化している。 各地で学級閉鎖などが増えていることから先週から塾の授業も半数以上がリモートに切り替えているという。 熊本ゼミナール・末武隆秀統括本部長 「せっかく1年間頑張ってきたのが受験できないとなると申し訳ないので塾の中で感染を出せない、濃厚接触者を生まないということを第一に考えて運営している」

熊本 2022.01.20 18:54

TSMC進出で注目の新規雇用創出 ハローワーク職員が体験したのは…?【熊本】

台湾のTSMCが菊陽町に進出することで、いま半導体製造関連の雇用が注目されている。 その労働力をどのように確保するのか?ハローワークの職員が、体験したこととは? 合志市にある職業訓練施設ポリテクセンター熊本。 ■福島尚輝記者 「いま作業している方たち、実はハローワークの職員です。この背景には大手半導体メーカーの県内進出が関係しています」 ハローワークの職員が体験していたのは、ベルトコンベアの制御や、通信設備で使用するLANケーブルの製作。この体験会の狙いとは? 菊陽町で2024年末までに生産開始を目指す台湾の大手半導体メーカーTSMC。 そこでは約1500人の新規雇用が生まれるとされている。 ■ポリテクセンター熊本 井本栄一所長 「1500人分の人材が足りないと聞いているが、実はその倍の3000人近くが必要と話す人もいる。このポリテクセンターが人材供給の役割を担うことになる」 今後予想されるのが半導体関連の求人。 今回の体験はハローワークにとっても求職者にとっても大きなメリットがあるという。 ■ハローワーク職員 「すごい面白かった。これで仕事にできるのなら楽しいんじゃないかな」 「今回実際に作業して具体的作業や今後の就職先が結構明確に分かったので、今後の相談などに活かしていけるので貴重な経験となった」 ポリテクセンター熊本では、毎年15人ほどが、半導体関連の工場へ再就職をしているということで、今後も支援していきたいと話している。

熊本 2022.01.20 18:38

真冬の寒さの中、男たちが海へ 伝統の「裸まつり」【熊本】

1月20日は1年で最も寒いとされる「大寒」。県内は広い範囲で最高気温が10度を下回り真冬の寒さとなった。 そんな中、天草では伝統の「裸まつり」が行われた。 天草郡苓北町の上津深江地区。 上津深江八坂神社には上半身裸の男たちが集まり、神事が行われた。 その後、みこしを担いで向かった先は…海! 裸まつりは400年ほど前、山伏が海で禊をして病魔を退散させたのが始まりとされている。 今年は新型コロナウィルスの影響で海を沖まで泳いで渡ったり、みこしを担いで集落を回ったりするのは中止となったが、気温10度の寒さの中、無病息災を祈った。 ■参加者 「海の中はそこまで寒くなかった。新型コロナが早く終わることを祈っている」 ■氏子 神﨑雄史郎さん 「裸まつりと呼ばれる正月行事が始まったのも疫病退散がきっかけ。心の支えになってくれたらいいね」

熊本 2022.01.20 18:03

イオン九州が24時間テレビの寄付金を贈呈【熊本】

24時間テレビで県内のイオングループに寄せられた寄付金の贈呈式が行われた。 全国のイオングループでは、去年7月16日から8月29日まで募金活動を実施。 県内の店舗などに寄せられた寄付金は396万6893円にのぼる。 20日はイオン九州の柴田裕司社長からKKTの塩野弥千夫社長に目録が贈られた。 寄付金は福祉や災害復興などに活用される。

熊本 2022.01.20 11:47

モチーフは悪役の「鬼」 ユニークな展示会【熊本】

桃太郎に出てくる「鬼」をモチーフにしたユニークな展示会が熊本市の鶴屋百貨店で開かれている。 昔話の桃太郎で悪役として出てくる鬼が戦隊ものに変身。「正義の味方」と題した作品は色彩豊かに描かれている。 ゴルフボールに見立てた桃でパターをする赤鬼。鬼ヶ島での生活を想像しながら描かれた。 作者は美里町出身の瀧下和之さん。大学の卒業制作で行き詰まり利き手ではない左手で鬼を描いたところ予想できない線から遊び心あふれる作品が生まれそれから20年以上、鬼を描き続けている。 「虎の威をかる赤鬼。」という作品は寅年にちなんで虎の仮面をかぶった赤鬼がチャーミングに描かれている。 この展示会は1月24日まで。

熊本 2022.01.20 11:47

まん延防止 「選択制」時短など県が新たな対策を発表【熊本】

まん延防止等重点措置の適用に伴い、熊本県は3度目となる飲食店への時短要請など新たな対策を発表した。 対象は「県内全域」で、期間は1月21日から2月13日まで。 飲食店には時短要請を行い、認証店は午後8時までの営業で酒類提供の自粛か、午後9時までの営業で酒類提供が可能のいずれかを選択できる。 一方、非認証店は酒類提供の自粛と午後8時までの営業に限定される。 飲食店の人数制限は1グループ4人以内を継続し、「ワクチン検査パッケージ」の運用を停止した上で、認証店に限り利用者全員が検査で陰性を確認できれば5人以上の会食も可能としている。 今回は大型商業施設への時短要請は行わず、人数整理などの対策を要請した。 また、学校に対しては、県立高校と中学校は原則分散登校を実施するなどの対策を求めた。

熊本 2022.01.20 11:26

世界のブランドへ 熊本の黒毛和牛UAEへ輸出始まる【熊本】

中東エリアへ販路拡大の一歩。UAEアラブ首長国連邦へハラール認証を受けた県産黒毛和牛の輸出が始まった。 ブランド黒毛和牛の輸出を始めるのは食肉の生産や販売を手がける宇城市の杉本本店。 19日、県の担当者が肉の部位や重量、ラベルの記載事項など輸出前の最終検査を実施した。 イスラム圏に牛肉を輸出するには、それぞれの国の「ハラール認証」を受ける必要があり、杉本本店は去年認証を取得した。 今回UAEには2トン輸出され、今後は中東だけでなく台湾やシンガポールなど東南アジアにも販路を拡大していくとしている。

熊本 2022.01.19 21:16

自衛官自殺 暴行認め国に賠償を命じる判決【熊本】

男性自衛官の自殺をめぐる裁判。国に賠償を命じる判決。 「お前のような奴を見てると殺したくなると言われた」 「毎日毎日吊し上げにされると思うとやり切れない」 2015年に自殺したのは陸上自衛隊第5陸曹教育隊の候補生だった当時22歳の男性。 この裁判は男性の自殺は教官2人からの嫌がらせや「殺してやりたい」との暴言のほか胸ぐらをつかむ暴行を受けたことが原因として、両親が教官2人と国に8100万円あまりの損害賠償を求めたもの。 国は暴行については認める一方で「自殺を予見することはできなかった」と主張していた。 きょうの判決で熊本地裁の中辻雄一朗裁判長は「暴行など違法な指導が自殺の要因になった」と指摘。 一方で、指導が短時間だったことから「自殺は予見できなかった」として死亡に対する賠償責任は認めず、国に220万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 判決を受けて原告側の代理人弁護士は「短時間の指導だったので自殺は予見できなかったとする判決は大きな誤り」と話し、控訴する方針を示した。 一方、西部方面総監部は「パワーハラスメントなど同種事案の再発防止に努めていく」とコメントしている。

熊本 2022.01.19 21:11

鬼塚雅 北京五輪スノーボード代表に内定【熊本】

北京オリンピックスノーボード日本代表に鬼塚雅選手が内定。 全日本スキー連盟によると鬼塚選手はスノーボードの「スロープスタイル」と「ビッグエア」2種目で日本代表に選ばれた。 熊本市出身の鬼塚選手は、ルーテル学院高校1年の2015年、世界選手権のスロープスタイルに出場し大会史上最年少で優勝した。 去年の世界選手権ではビッグエアで銅メダルを獲得。 この種目では日本選手として初の表彰台にのぼるなど世界を舞台に活躍している。 前回の平昌オリンピックではビッグエアで8位に入ったが、北京では、県勢初のメダル獲得を狙う。

熊本 2022.01.19 21:08

死産した赤ちゃんを遺棄した実習生に再び有罪判決【熊本】

死産した双子の赤ちゃんの遺体を遺棄した罪に問われているベトナム人技能実習生の控訴審。 福岡高裁は一審判決は法令の適用を誤っているとして破棄したが死体遺棄を認定し有罪判決を言い渡した。 この事件はおととし11月、芦北町の自宅で出産した双子の赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、ベトナム人技能実習生のレー・ティ・トゥイ・リン被告が死体遺棄の罪に問われているもの。 熊本地裁は去年7月「死体遺棄罪は成立する」として懲役8か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。 レー被告は一審判決の破棄と無罪を訴え控訴。 19日の控訴審判決で福岡高裁の辻川靖夫裁判長は、一審で死体遺棄に認定された「1日以上部屋に遺体を置いていた行為」について、通常の場合でも埋葬までに一定の時間が必要で遺棄にあたらないとした。 一方で「妊娠を周りに隠していたことや遺体を段ボールに二重に入れて封をしたことは遺体の発見を困難にさせるもので死体遺棄罪が成立する」として、一審判決を破棄し懲役3か月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。 原告側は上告する方針。

熊本 2022.01.19 21:05

お酒の楽しみ方“あえて飲まない”ワケは?【熊本】

新シリーズ企画「くらしをアップデート」。 1回目は「お酒の楽しみ方」。 いま“あえて飲まない”がトレンドのワケは? ■モクテル 真似たという意味の「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、いま注目のノンアルコールカクテルのこと。 ■コロナ禍の工夫 熊本市のバーでは去年の「まん延防止」期間に酒が提供できなかったため「モクテル専門バー」としてノンアルコールドリンクの提供に力を入れた。 TheBarAmber隅田耕一郎オーナー 「お酒を出せないとなると休業を選ばざるを得ない。ただ帰り道にちょっとよって時間を過ごす人たちの場所を奪いすぎるのはどうしても僕はできなくて」 アルコールはなくてもバーの空間を満喫できる。“飲まない”楽しみ方が広がりをみせている。 ■ノンアルコール市場急拡大 大手飲料メーカーの調査ではコロナ禍での自粛や健康意識の高まりで2021年は過去最大規模に。 ノンアルコールブームの追い風となっているのが、あえて飲まない選択をする“ソーバーキュリアス”と呼ばれる人々。 調査では男女ともに20代が最も多く3割以上。年代が下がるにつれ増える傾向にある。 ■ノンアル需要に対応 県産のクラフトビールとシーフードが自慢の熊本市のビアレストラン。ここでも・・・ 高橋酵太郎店長 「30,40代の方に比べて20代があんまりお酒を飲まないというのは実際にお店をしていて感じる」 ビールが自慢の店だがこうした“需要の変化”もありノンアルコールの種類を増やしたという 客は 「いま授乳中でアルコールが飲めないが少しでもアルコールの気分を楽しむために頼んだ。やっぱりジュースよりノンアルコールの飲み物があると気持ちも高まる」 様々な理由でお酒を「飲めない」「飲まない」人にもレストランを楽しんでもらえるきっかけとなっていた。 高橋酵太郎店長 「空間や雰囲気、店の人との会話、一緒に飲みに行った人との会話が好きだから飲みに行く。だから酒場であってもアルコールを飲まない方にもしっかり接していかなければいけないし、僕たちがやれることは空間をしっかり保っていくこと。そこにアルコールがある、ないに関わらず」 お酒の楽しみ方は十人十色。時代に合ったひと工夫で新たなトレンドが生まれていた。

熊本 2022.01.19 21:01

「トンガの教え子、無事でいて」JICA職員の思い【熊本】

トンガの大規模噴火から4日。今だ被害の全容が明らかになっていない。 JICA国際協力機構の海外協力隊員として現地で生活し熊本との交流に取り組んできた女性は友人たちの無事を祈っている。 どこまでも広がる青い海。南太平洋の島国トンガ。 楽しそうに歌っているのはトンガの人たち。 この映像を懐かしそうに見つめる女性。尾上香織さん(34)。 JICAの海外協力隊員としてトンガの学校で音楽を教えていた。 尾上香織さん 「ここに映っているみんなが今どうしているのかなというのがきがかり。鮮やかな色が全部がグレーになっているというのがショック」 1月15日、トンガ諸島で大規模な噴火が発生。トンガ政府によると噴火後に最大で15メートルの津波が押し寄せたとしていて3人が死亡、多数のけが人も出ている。 尾上さんが最も心配しているのが水と食料。 「トンガは雨水を主に飲料水として使用しているので雨水タンクに火山灰が積もっているので、食料も基本輸入に頼っている国なので、輸入がストップしてしまっているため心配している」 国連によると一部地域で食糧が不足していて近隣諸国が支援物資を送る準備を急いでいるという。 そのトンガだが熊本と深いつながりもある。 2019年に熊本で行われたラグビーワールドカップ。 尾上さんはトンガを知ってもらおうと教え子たちを連れて熊本を訪れ交流を深めた。 尾上香織さん 「行く先々でみなさん笑顔になってくださって、トンガ人の良さを身をもって体感してくださって」 親日国で学校ではそろばんや日本語の授業が行われているトンガ。尾上さんは陽気で心優しい友人たちの無事を祈っている。 尾上香織さん 「決して関係ない国ではなく熊本にもお住まいのトンガ人の方がいらっしゃるし、日本全国にトンガ人の方がいらっしゃる。お互い助け合う気持ちで、機会があれば支援の手を差し伸べて頂ければ嬉しい」

熊本 2022.01.19 20:51

観光への影響じわり・・・宿泊施設も困惑【熊本】

観光補助事業「くまもと再発見の旅」の停止に困惑しているのが宿泊業。 阿蘇市の旅館では客足がコロナ禍前の水準まで回復傾向にあったが再びキャンセルも。いま求めることとは? 蘇山郷・永田祐介館主 「コロナ前の1月とほぼ変わらない数字で着地できるかなと思ったがここにきてね。正直またかという思いはあるが致し方ない」 2月にはスイートルームを設けるなど新しい客を取り入れる準備を進めていた矢先だった。 永田祐介館主 「部屋の中で誰にも会わずに(食事など)すべてが完結する部屋もアフターコロナまたはウィズコロナの時代を目指して造っている」「どこかでウィズコロナに向けてシフトチェンジしていかないと、このままずっとというわけにはいかないので県なり国なりの方針をしっかりみていかないといけない」 「くまもと再発見の旅」に既に申請していたのは少なくとも7000人。利用者、宿泊業者ともに再び我慢の日々が続きそうだ。

熊本 2022.01.19 20:34

朝日と満月と蒸気霧 江津湖で幻想的な光景【熊本】

県内は今シーズン一番の寒さとなった。 熊本市の江津湖では幻想的な光景が広がった。 氷点下9.4℃を観測した阿蘇市。 県内もほとんどの地点で氷点下となり18の観測地点のうち15地点で今シーズン一番の冷え込みとなった。 一方、熊本市では・・・ 清家康広アナウンサー 「午前7時30分の江津湖。手元の温度計で氷点下2.4℃と厳しい冷え込みとなっている。江津湖では幻想的な光景が広がっている」 熊本市の最低気温は氷点下3.4℃。江津湖では蒸気霧が見られた。蒸気霧は気温よりも水中の温度が高い時、水面から湯気のように霧が立ち上がる現象。 市民は 「氷点下になるということだったので阿蘇の山も綺麗かなと思って来た。金峰山に沈む満月が今見えている。両サイド東(の太陽)と西(の月)と両方見られて良かった」 県内は21日までは厳しい寒さが続きそう。

熊本 2022.01.19 18:37

711人の感染確認 過去最多を更新【熊本】

新型コロナウイルス。県内では新たに711人の感染が確認され、過去最多を更新した。 700人を超えたのは初めて。2日連続で過去最多を更新。 亡くなった人はいなかった。 教育現場や福祉施設でクラスターが発生している。 宇城市の豊福小学校では児童6人、 八代市の特別養護老人ホーム「みやび園」で入所者5人と職員1人の合わせて6人の感染が確認されている。 熊本市中央区の認定こども園では職員4人、園児3人。 ルーテル学院高校では女子バレーボール部の生徒10人の感染が確認されている。 こうした感染拡大を受け、政府は熊本など13の都県に「まん延防止等重点措置」を適用。 熊本への適用は3回目で対象区域は今回初めて「県内全域」。 期間は21日から2月13日まで。 県は20日に対策会議を開き新たな対策を発表する予定で、県内すべての飲食店に対して時短要請を行う。 具体的には感染対策をしている「認証店」は午後8時までの営業で 酒類提供の自粛、午後9時までの営業で酒類提供が可能のいずれかを選択。 一方の「非認証店」は、午後8時までの営業で酒類提供の自粛に限定し協力金にも「認証店」と差をつける考え。 観光補助事業「くまもと再発見の旅」も1月24日から停止。

熊本 2022.01.19 18:32

熊本県は今季一番の冷え込み 幻想的光景も

19日の熊本県内は多くの地点で今シーズン一番の冷え込みとなった。 ■阿蘇市 午前8時頃 上空に流れ込んだ寒気や放射冷却の影響で冷え込み、阿蘇市乙姫で-9.4℃を記録した。 県内ではほとんどの地点で最低気温が0度を下回り18ある観測地点のうち15地点で今シーズン一番の冷え込みとなった。 ■熊本市・江津湖 7時30分頃 ■清家康広アナ・リポート 「手元の温度計で-2.4℃。厳しい冷え込みとなっている。江津湖では幻想的な光景が広がっている」 熊本市の最低気温は-3.4℃。 江津湖では蒸気霧が見られた。 ■蒸気霧を見る男性 「幻想的で素晴らしいと思う」 県内は、21日までは厳しい寒さが続きそうだ。

熊本 2022.01.19 12:12

「ゴルフ楽しいよ」大里桃子選手が母校訪問【熊本県】

プロゴルファーの大里桃子選手が18日、故郷の熊本県南関町で、中学生と交流した。 母校の南関中学校を訪れた大里選手は、スナッグゴルフの体験会を開いた。 スナッグゴルフは、プラスチック製のクラブで、テニスボールほどの大きさのボールを打つ、子どもも楽しめる競技だ。 ■生徒は 「体育館とかで皆で楽しく遊べるのは凄く良いと思う」 ■大里選手 「皆に少しでも楽しい機会を設けられたらいいなという思いで来ました」 大里選手は、故郷の南関町に昨シーズンのバーディー数513に合わせた51万3000円と、スナッグゴルフのセット11セットを寄贈した。

熊本 2022.01.19 12:03

コロナ禍の中小企業へ新しい支援の枠組み 【熊本県】

コロナ禍で苦しむ中小企業をこれまでより早い段階で支援しようと、18日、県内に新しい支援ネットワークが発足した。 ■県信用保証協会 県内の金融機関や商工団体など22の機関で組織する連携会議に新たに設置された『経営改善支援ネットワーク』。 コロナで苦しむ事業者へこれまでより早い段階での金融支援と経営改善の提案を同時に行う。 事務局の県信用保証協会では、コロナ禍で実質無利子・無担保の融資を受けた多くの中小企業が、業績が回復しないまま、返済時期を迎えると見ていて、「気軽に相談してほしい」と話している。

熊本 2022.01.19 11:58

熊本地震から5年半…ある被災ペンションの再出発

熊本地震から5年半を経て、南阿蘇村で再開を果たしたペンションがある。 様々な苦難を乗り越えてたどり着いた営業再開。 支えになったのは家族や常連客の存在だった。 南阿蘇村でペンション「野ばら」を営む栗原有紀夫(57)さん。 2016年の熊本地震で被災後、5年半の月日をかけて営業を再開した。 九州初のペンション村として1979年にオープンした「メルヘン村」。 6軒のペンションで人気の宿泊地となったが、2016年の熊本地震で事態が一変する。 ■栗原有紀夫さん 「ドアが開かないし足の踏み場もないし余震もすごかった…」 建物から岩風呂まで施設は壊滅的な状態に。 それでもあきらめず、営業再開にこぎつけた栗原さん。 多くの支えで乗り越えた5年半。 再出発したペンションに戻って来た“日常”を取材した。

熊本 2022.01.18 21:05

「先輩の作品に憧れて…」必由館高校卒業制作展【熊本】

必由館高校芸術コースの卒業制作展が始まった。 県立美術館分館に展示されたのは、3年生が手掛けた絵画や書など約200点。 絵画部門では公募展で入賞した迫力のある油絵や、兄弟など身近な人を描いた作品が並んでいる。 一方、書道では生徒が3年間で学んだ書体で書いた作品が集められた。 ■必由館高校芸術コース 大久保七夏さん 「3年前に同じ作品を見て、それに憧れてこの高校を選んだのでその先輩のようになりたいという気持ちで書いた」 大きな筆で大胆に書き上げた1文字や、文字を浮き出させる「白抜き材」を使ったカラフルな作品も鑑賞できる。 必由館高校芸術コースの卒業制作展は1月23日まで。

熊本 2022.01.18 20:46

山鹿市で8棟燃える火事…がれきで道路も通行止めに【熊本】

17日午後、山鹿市の中心部で建物8棟が燃える火事があった。 隣接する道路は現在も通行止めとなっている。 激しく燃え盛る炎。 火事があったのは山鹿市山鹿の会社役員・岩下登久雄さん(72)が管理する空き家。 警察と消防によると、17日午後6時すぎ、通行人などから「家が燃えている」と消防に通報があった。 火は約4時間半後に消し止められたが、岩下さんの木造瓦葺きの空き家と隣接する住宅や店舗4棟が全焼したほか、近くの建物1棟が半焼、3棟の建物の一部が燃えた。 けが人は確認されていない。 この火事で、建物のがれきが現場に隣接する県道をふさぎ、約50mに渡って通行止めとなっている。 燃え残った壁が崩れるおそれがあることなどから解除のめどは立っていない。 警察と消防が火事の原因を調べている。

熊本 2022.01.18 20:45

コロナ禍で新幹線を活用した新事業 最速輸送でマルシェも開催【熊本】

コロナ禍の中、JR九州が九州新幹線を活用した新たな事業をスタートさせた。 ■平井友莉アナウンサー 「新幹線には人だけでなく荷物も載せられます。素早く届けることができます。その名も『はやっ!便』です」 新幹線に積み込まれているのは…熊本の朝採れ野菜や新鮮な魚介類など。サイズによって900円から2000円で輸送できる。 車内販売を準備していたスペースを活用し、博多駅まで最速1時間50分で荷物の輸送が可能になった。 ■田崎市場えびす会青年部 宮地徹理事 「最速でお客様の手元に届く輸送手段。今までにない形でお渡しできるように期待して楽しみにしている」 送り届けるだけではない。熊本駅には博多駅からの荷物が到着。 その1時間後には…熊本駅でマルシェを開催。開店前には行列もできた。 博多駅から届いたのは、焼きたてのパンや有名店のスイーツ、老舗和菓子店のいちご大福など。 いずれも日持ちが短く、取り寄せが難しいものばかり。 ■客 「45分前から並んだ。楽しい」 「県外に行きづらい時に有名店が熊本に来てくれるのはありがたいことだし、それによっていろんなお店を知ることができるのはすごく便利と思った」 マルシェは今後も不定期に開催する予定。 ■JR九州営業部営業課 新山夏江課長代理 「コロナでお客様のご利用が減る中で空いたスペースを活用して荷物を運ぶ新たな収入源として当社の地盤となる事業として育てていきたい」

熊本 2022.01.18 20:40

【独自】時短要請の内容が4日前に出回る…発信源は?【熊本】

熊本県が18日に発表したまん延防止等重点措置にもとづく飲食店への新たな時短要請。 この内容が、すでに4日前、1月14日の段階で一部の飲食店に出回っていたことがKKTの調べでわかった。 KKTが入手した文書。 先週金曜日・1月14日に熊本市内の一部の飲食店に配られた。 熊本市議会議員からの情報とした上で、週半ばにも県がまん延防止等重点措置の対象地域に指定されるとしている。 そのうえで、 ①午後8時までの時短営業かつ酒類提供不可 ②午後9時までの時短かつ酒類提供可能 どちらかを選べる新しい方法を国と交渉していると明記。 蒲島知事が18日に公表した内容と協力金の金額まで同じだ。 また、飲食店側の「時短なんかしたくないのは山々だが、これだけ客足が落ちている中で悪くないのではないか」という受け止めも書かれている。 文書に出てくる熊本市議はKKTの取材に対して自分が発信源と認めた上で「親しい飲食業団体幹部にLINEで送ったものが拡散したようだ。国や県の関係者など独自の人脈から得た情報を早く業界に知らせたかった。不審に思われた方もいるので、今後は注意したい」と話している。

熊本 2022.01.18 20:40

まん延防止要請…飲食店は?教育の場は?それぞれの思い【熊本】

熊本県内では3回目となるまん延防止等重点措置。 飲食店や教育現場は対応に苦慮している。 ■清家康広アナウンサー 「まん延防止等重点措置、街の皆さんはどう思っているのでしょうか」 飲食店では… ■飲食店のオーナー 「今回は本当に街に人がいないので、どうなるか全然分からない」 「このままの状況だったら店は閉めようかなと考えている。本当にこれからどうしようかなと…」 街の人たちは… 「(感染拡大が)あっという間、こんなに急に来るとは思わなかった」 「重症化しないという情報が出ているので、かかっても大丈夫かなという人たちが増えていると感じる」 「ずっと続いていくと思うので皆が気をつけながら寄り添っていくしかない」 一方、受験シーズンでの第6波到来に、県の教育委員会は。 ■熊本県教育委員会の担当者 「地域の感染状況、学校の実情に応じて分散登校、時間短縮、時差登校等の対策を適切に講じていただきたい」 時間短縮やリモート授業なども含めた対策を学校の判断で行うとの考えだ。 ■熊本県教育委員会の担当者 「学校閉鎖とか臨時休校等が起きた場合にも、小学6年生、中学3年生の進路指導が必要な児童生徒が優先的に学習活動を行うことができるような検討を開始していただくことを要請したい」

熊本 2022.01.18 20:33

過去最多608人が感染 県は「まん延防止」適用を要請【熊本】

18日、熊本県内で過去最多となる608人の感染が確認された。 このうち、熊本市も350人と過去最多を更新した。 また、90代の女性と80代の男性の2人の死亡が確認された。 新型コロナによる死者は96日ぶりで、2人が感染したのがオミクロン株かどうかは分かっていない。 感染の急拡大を受けて、県は政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請した。 これに伴う飲食店への時短要請について、感染対策をしている認証店と非認証店で内容や協力金に差をつける考え。 認証店は酒類提供の可否や営業時間を午後8時までか午後9時までか選択できる一方、非認証店は酒類提供の終日自粛と午後8時までの営業時短に限定される。 政府は19日にも適用を決定する見通し。

熊本 2022.01.18 20:30

都市緑化フェア開幕飾る桜を被災地から採取【熊本県】

3月から熊本市で開かれる全国都市緑化くまもとフェアのオープニングに展示される桜が、人吉市で採取された。 桜を採取したのは、世界の植物を採取して依頼主に届けるプラントハンター西畠清順さんで、おととしの熊本豪雨で被災し、伐採が決まっている人吉城址のソメイヨシノや八重桜の枝を切り取った。 西畠さんらは熊本地震から復旧を目指す南阿蘇村や熊本城周辺でも桜を採取して、温室で開花調整した後、フェア開催初日の3月19日に満開の状態で展示する予定だ。

熊本 2022.01.18 13:25

山鹿市の市街地で5棟が全焼する大火事発生【熊本県】

17日夜、熊本県山鹿市で少なくとも建物5棟が全焼する火事があった。 警察と消防によると午後6時10分ごろ、山鹿市山鹿の会社役員岩下登久雄さん(72)が管理する空き家から火が出ているのを通行人が発見し、消防に通報した。 火は、近くの建物にも燃え移り、約4時間半後に消し止められたが、木造2階建ての岩下さんの空き家と近くの建物少なくとも5棟が全焼した。 このほかにも一部燃えた建物が数棟あるということで、警察が全体の被害を調べている。 18日午前11時の時点で、けが人や逃げ遅れた人は確認されていない。 また、18日午前の時点で隣接する県道ががれきでふさがれ、約50mが通行止めとなっている。 警察と消防で、火事の原因を調べている。

熊本 2022.01.18 12:11

熊本県「まん延防止等重点措置」18日国に要請へ【熊本】

熊本県「まん延防止等重点措置」18日国に要請へ【熊本】 蒲島郁夫知事 「このまま放っておけば医療提供体制が崩壊していく支障がある。そういう意味では要請の最終調整にある」 夕方取材に応じてこのように述べた蒲島知事。新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、国に18日「まん延防止等重点措置」を要請する方向で対象地域などを最終調整していると説明した。 18日午前中に会見を開き、正式に発表する予定。 一方、政府は感染状況を見極めた上で早ければ19日にも対策本部会議を開き、適用を決定する見通し。

熊本 2022.01.17 20:17

感染確認366人。過去4番目に多い数に【熊本】

熊本県のきょうの新型コロナウイルスの感染確認366人。過去4番目に多い数に。 ことし初めて感染が確認されたのが1月3日の1人。そこから2週間で月曜日としては過去最多の366人まで増えている。 地域別には熊本市で約6割の217人、八代市で50人、合志市で15人、阿蘇市で12人など県内の広い範囲で感染が確認されている。 新たなクラスターも熊本市で2件発生。 東区の西日本病院で患者、職員あわせて10人の感染が確認された。病院では一部の病棟で入退院を当面の間停止している。 西区の特別養護老人ホーム「さくらの苑」では80代から100歳代の入所者10人、職員1人の感染が確認された。

熊本 2022.01.17 20:15

今年に入り2週間で感染爆発 その背景は?【熊本】

今年初めて感染が確認されて2週間。 爆発的に増える感染者。その背景を探っていく。 ■年代別 1月1日から14日までの2週間。 最も多いのは20代で498人。10代の272人。 20代以下が6割以上と若年層で感染者が多くなっている。 ■感染経路(1月6日~11日、360人) このうち感染経路が判明しているのが215人。飲食店や会食が最も多くクラスターも発生している。感染経路が特定できていない人も107人と全体の3分の1を占めている。 ■ワクチン接種 全体7割近くが2回接種しているいわゆる”ブレイクスルー感染”。未接種が2割以上を占めている。 ■症状別 先週金曜日1月14日時点の療養者は県内で1000人を超え、そのうち入院は140人で7割以上が軽症。中等症が16人、重症者はいない。 ホテルなどの宿泊療養者は300人近くいて自宅療養者も200人を超えている。保健所の対応が決まっていない、もしくは対応を待っている調整中の人数も372人に上っている。 ■保健所 急激な感染者の増加で熊本市保健所も先週末から職員を90人ほど増員し第5波のピーク時と同様の約170人態勢で対応。それでも新規感染者の検査や濃厚接触者の調査などの業務が追いつていない状況という。 ■症状は? 熊本大学病院呼吸内科の坂上拓郎教授によると、多くが軽症だという。これまでコロナの症状の1つとされていた血中酸素の値が低下していない人が大多数を占めていて肺炎になっている人が少ないと話している。 ■具体的には 発熱、せき、倦怠感のどの痛み、鼻づまりなど、いわゆる“かぜ症状”をあげる人も多いという。

熊本 2022.01.17 19:59

スポーツと観光で経済活性化 くまモンも活躍【熊本】

スポーツと観光を組み合わせて経済の活性化を図る取り組みが熊本で始まる。 「くまもっと旅スポコミッション」は熊本県や県スポーツ協会のほか商工会などで組織されスポーツと観光を組み合わせて経済の活性化などを目指す。 今年度は熊本の観光地をオンラインで巡るマラソンやサイクリング大会を実施する予定。 また、くまモンが部長を務める「くまもとアクティ部」が設置され、熊本で満喫できるスポーツ・アクティビティの魅力を動画で発信していく。 来年度は女子ハンドボール世界選手権など国際スポーツ大会を運営した経験を生かし、バドミントン国際大会の誘致などを進めていくとしている。

熊本 2022.01.17 19:41

五穀豊穣を願って 伝統の「シシ喰い祭り」【熊本】

イノシシの肉を食べて五穀豊穣と無病息災を祈る「シシ喰い祭り」が玉名市で行われた。 滑石諏訪神社で行われたシシ喰い祭り。拝殿にはイノシシの肉や剥製がまつられ神事が行われた。 シシ喰い祭りは畑を荒らし回っていたイノシシを祭神の建御名方神が退治して村人に肉を分け与えたという伝説に由来した祭り。 180年以上前から行われていた記録があるが、地元の人によると1000年以上の歴史があるとも言われている。 17日は世話役の引き継ぎ式の後、今年の福男が神社の池に入り御幣を立て替え、それぞれの区にイノシシの肉が分けられた。 例年は神事の後にイノシシ料理が振舞われるが、今年は新型コロナの影響で中止となった。

熊本 2022.01.17 11:50

晴れ着を着られなかった若者へ 呉服店が振袖を寄付【熊本】

若者に晴れ着を着る楽しさを知ってもらおうと、熊本市の呉服店が振袖を寄付した。 振袖を贈呈したのは着物のレンタルや販売を行う呉服店「小糸伸輔の店」。NPO法人「トナリビト」に振袖一式を寄付した。 トナリビトでは、家庭の事情や金銭面などの理由により成人式で振袖を着られなかった若者を対象に、着付けから写真撮影までを無料で実施するプロジェクトを行っている。 この日は彩り豊かな振袖や帯など15セットが贈られた。

熊本 2022.01.17 11:49

五輪ベスト8&世界選手権優勝 山口茜選手に県スポーツ特別功労賞【熊本】

世界選手権で初優勝を果たすなどの活躍をしたバドミントン女子の山口茜選手に県スポーツ特別功労賞が贈られた。 拍手で迎えられた再春館製薬所の山口茜選手。 去年の東京オリンピックのバドミントン女子シングルスで2大会連続となるベスト8進出、先月行われた世界選手権で初優勝を果たすなどの成績が評価され、県スポーツ特別功労賞が贈られた。 ■山口茜選手 「昨年は世界選手権で優勝しいい締めくくりができた。いつも応援してくださっている熊本県の皆さんにもいい報告ができて嬉しい」 県スポーツ特別功労賞の受賞は7人目。 贈呈式後は国際大会で2大会連続優勝を果たした同僚の志田千陽・松山奈未ペアとともに、蒲島知事に去年の大会結果を報告した。

熊本 2022.01.17 11:49