熊本のニュース

甲佐町「陣ノ内城跡」が国史跡に今秋指定へ【熊本県】

熊本県上益城郡甲佐町にある陣ノ内城跡が、国文化審議会から国史跡に指定するよう答申された。 陣ノ内城跡は、かつて阿蘇大宮司の館跡と伝えられていたが、これまでの調査により東西210m以上、南北190m以上におよぶ城郭の跡だとわかった。 大きな堀と土塁で構成される城の特徴が、安土桃山時代の豊臣系大名の城に共通することから、1588年に肥後国に入った小西行長が築城したと考えられている。 県内にある中世城郭の中では突出した規模で、保存状態も良いことなどが評価された。 今秋にも指定される見通しで、甲佐町で初の国史跡になる。

熊本 2021.06.20 11:53

【熊本】「遊水地」候補・大柿地区の不安

人吉市は18日、2020年7月の熊本豪雨の被災者との住民懇談会を開いた。熊本豪雨で浸水した大柿地区は、国が球磨川が氾濫した際に水をためる「遊水地」の候補に挙げているため、住民はほかの場所への移転を模索している。住民からは「遊水地の方向性が示されないと生活設計を進められない」との声が上がった。

熊本 2021.06.19 18:27

【熊本】蒲島知事ワクチン供給の見通し求める

熊本県の蒲島知事は、19日の全国知事会にオンラインで参加し、11月中のワクチン接種完了に向けて8月に大規模接種会場を開設することなどを報告。その上で国に対し、ワクチンの供給量やスケジュールの具体的な見通しを早急に示すよう求めた。また、19日に新たに菊陽町で1人の感染が確認され、県内の感染確認は6433例となった。感染者が10人を切るのは10日連続で、熊本市の感染者ゼロは5日ぶり。

熊本 2021.06.19 18:12

JR九州「あそぼーい!」10周年【熊本】

2011年6月に運行が始まったJR九州の観光列車・特急「あそぼーい!」が運行開始から10年を迎えた。これまでに38万人を超える乗客が利用。19日の記念式典にはくまモンが登場し、出発を見送った。熊本駅の出口拡駅長は「たくさんの皆様のお心がけで熊本地震から復活を遂げて10周年を迎えたのは感慨深い」と話す。「あそぼーい!」は土日祝日を中心に熊本・別府間を1日1往復している。

熊本 2021.06.19 12:23

【熊本】球磨焼酎を世界へ 人吉市の酒蔵がアメリカの会社と焼酎を開発

【熊本】球磨焼酎を世界へ 人吉市の酒蔵がアメリカの会社と焼酎を開発。 新商品は度数が違う3種類の米焼酎「MUJEN」。人吉市の繊月酒造がアメリカのMUJEN社と2018年から開発を進めていた。外国人の口に合うようキレがよく雑味のないクリーンな味わいにこだわり高級レストランやバーで提供される。 繊月酒造は新型コロナや熊本豪雨で大きな被害を受けていて、今回の取り組みを復興に向けた新たな一歩にしたいと話している。

熊本 2021.06.18 20:48

【熊本】妻に注意されても大麻の栽培を続けた男に実刑判決

【熊本】妻に注意されても大麻の栽培を続けていた男に懲役5年の判決。 判決を受けたのは嘉島町の無職髙松竜也被告38歳。髙松被告は大麻1.7キロを500万円余りで売ったとして去年逮捕され、その後の調べで大麻を違法に自宅で栽培するなどしていたことがわかり、大麻取締法違反などの罪に問われていた。 熊本地裁の平島正道裁判長は「大麻の栽培について妻から注意されていたにもかかわらず長期間にわたり栽培を続けたのは反社会的で非常に悪質」として懲役5年・罰金200万円の判決を言い渡した。

熊本 2021.06.18 20:46

【熊本】東京五輪ライブサイト 蒲島知事開催をにじませる

【リード】オリンピック・パラリンピックの中継をするライブサイト。蒲島知事は開催をにじませた。一方で各国の受け入れをめぐり交流事業の中心が相次いでいる。 ライブサイトは災害からの復興応援を目的に東日本大震災と熊本地震の被災4県にも設けられる。 熊本では熊本城ホールを会場に競技中継のほかイベントも計画されている。しかし、熊本市の大西一史市長が「開催を慎重に判断するよう」県を通して東京都に要請。 県議会で蒲島知事は小池都知事に対し熊本地震からの復興のため東北3県に加えるよう要望した経緯を説明した上で次のように述べた。 蒲島知事 「県としては県内の感染状況を注視しながら県民の安全安心の観点に立って対応していく」 ライブサイトをめぐっては全国で中止が相次いでいる。 県内での開催をにじませた蒲島知事。今後の対応が注目される。 一方で熊本市や玉名市など受け入れ自治体では交流事業の中止も相次いでいる。

熊本 2021.06.18 20:37

10代女性にわいせつ行為 障害者施設所長を逮捕【熊本】

施設の利用者にわいせつな行為をしたとして、芦北町に住む障害者支援施設の所長上村敏継容疑者(64)が準強制わいせつの疑いで逮捕された。先月25日、駐車場に停めた車の中で施設を利用する10代の女性の胸を触った疑い。事件の数日後に女性が警察に届け発覚した。警察の調べに対し、「胸を触ったのは間違いないが嫌がっているとは思わなかった」と供述しているという。

熊本 2021.06.18 12:01

64歳以下ワクチン接種券 熊本市で発送始まる

熊本市で64歳以下の新型コロナワクチン接種券の発送が始まった。18日は40歳から64歳の約22万5000人分の接種券がトラックに積み込まれ発送された。39歳以下の約20万人分は25日に発送され、7月上旬までに全ての接種券が市民のもとに届く予定。高齢者予約で混乱した反省を踏まえて、今回の接種券にはネット予約の手順などを説明した手引きも同封されている。接種の予約はコールセンターとインターネットのサイトで受け付ける。60歳以上の人と基礎疾患や障害のある人は来月10日から。45歳以上が来月31日から。30歳以上は8月21日から。12歳以上は9月11日から。

熊本 2021.06.18 11:54

事故多発の熊本市電 組織体制見直しへ

熊本市交通局によると熊本市電の事故は昨年度18件で、前年と比べて減少しているものの車両の衝突やドアを開けたまま走行するなどの重大事故が毎年発生している。熊本市交通局は現場で情報が共有されていないことや重大な事故につながりかねない事象「ヒヤリ・ハット」に気づいても声をあげない組織風土が課題だとしている。今後は運転士を班ごとに分けて監督を置き体制の強化を図るほかドライブレコーダーで定期的に運転を確認し指導していくという。 一方、昨年度の乗車人数は670万人で前の年に比べ430万人減少したほか運賃収入も6億円近く減った。熊本市交通局は新型コロナの影響で観光客や買い物客が減ったことが要因とみている。

熊本 2021.06.17 20:25

熊本大学 難病SMA治療で国内初の発見

熊本大学とKMバイオロジクスなどの研究チームはSMA(脊髄性筋萎縮症)の早期発見と治療に国内で初めて成功したと発表した。 子どもに多く発症する「SMA」は遺伝子の異常で筋力の低下や筋肉の萎縮が起きる進行性の難病。1万人に1人の割合で発症するとされ、重症の場合は人工呼吸器が必要となり治療しないとほとんどが2歳までに死亡する。去年5月に治療薬が国内で承認され、早期に発見する方法の確立が求められていた。 研究チームは、今回新生児の先天性の病気を調べるスクリーニング検査を実施。ことし4月、生後13日の男の赤ちゃんの血液を採取し症状が出る前に病気を発見し、治療を行ったという。熊本大学の中村公俊教授は多くの自治体でスクリーニング検査を取り入れ、すべての新生児が公費負担で検査を受けられるようになることを求めている。今回の研究は、筋ジストロフィーの早期発見への活用も期待されている。

熊本 2021.06.17 20:21

東京パラ車いすバスケ 熊本県関係2人代表

日本車いすバスケットボール連盟は17日、オンラインで会見を開き東京パラリンピックの日本代表に内定した選手を発表した。県内関係では、女子代表に天草市出身の平井美喜選手と益城町出身の安尾笑選手の2人が代表に選ばれた。 平井選手は高校卒業後に競技を始め、2008年の北京パラリンピックに出場。日本の4位入賞に貢献した。現在は、東京の立正大学に勤務しながら練習に励み、今回が2回目のパラリンピック代表だ。安尾選手は10代まではスポーツをしていなかったが、平井選手から買い物中に声を掛けられ競技を始めた。2015年には25歳以下の日本代表に入るなど中心選手として活躍。現在は大分市に住んでいて、今回が初のパラリンピック代表。熊本県関係のパラリンピック内定は5人となった。

熊本 2021.06.17 20:15

熊本県とNTTドコモ 災害対応の連携協定

熊本県とNTTドコモが17日、災害時の対応について連携協定を結んだ。災害が起きたときの通信障害の解消や避難所でのサービスが強化される。 ■熊本県 蒲島郁夫知事 「蒲島郁夫、くまもんの上司」 知事が体験しているのは「顔認証システム」。事前の登録で施設への入退場が自動で記録できる仕組みで、全国で初めて避難所への導入が検討されている。 ■熊本県 蒲島郁夫知事 「(避難所に)いらっしゃってるのかどうかを、みんながすぐ分かれば、対応もとても早くなると思うんですよね」 17日、熊本県とNTTドコモが結んだ連携協定。災害が起きた時の情報共有を強化するほか、避難所での充電サービスやWi-Fi環境が整えられる。また通信手段の復旧に向け工事に必要な土砂撤去なども協力して進めていくという。 ■熊本県 蒲島郁夫知事 「本県が目指す逃げ遅れゼロの取り組みの実現に繋がるものとして大変心強く感じています」

熊本 2021.06.17 20:08

集中豪雨もたらす線状降水帯 情報提供開始

気象庁は17日から集中豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生した場合緊急の情報を発表する。 線状降水帯とは発達した積乱雲が帯のように連なり同じ場所で雨が続いて集中豪雨をもたらすもの。去年7月の熊本豪雨のとき、熊本県では11時間半にわたり線状降水帯が形成され65人が亡くなるなど甚大な被害が発生した。 気象庁は17日から、線状降水帯が発生した場合に急激に災害の危険度が高まっていることを伝える緊急の情報を発表する。この情報について気象庁は予報や予測ではなく実況の情報であるためこの情報を待たずに市町村の避難情報などに注意し早めの避難をするよう呼び掛けている。

熊本 2021.06.17 19:50

熊本県が福祉施設職員対象に無料PCR検査

熊本県内で17日までに新型コロナに感染し亡くなった111人のうち、3分の1以上の39人がクラスターが発生した高齢者施設に入所していた人だった。入所者への感染を防ごうと熊本県は先月から施設の職員らを対象にした無料のPCR検査を行っている。 あさぎり町にある特別養護老人ホームで行われた新型コロナのPCR検査。対象となったのは、全職員の63人。唾液を採取して検査機関に郵送すると、早ければ翌日には結果がメールで届く。 ■鐘ケ丘ホーム 河野雄一施設長 「職員によっては(唾液の)量を取るのが大変苦労していたけれど快く同意してもらって協力していただいた」 熊本県は先月から、高齢者や障害者の入所施設、救護施設で働く人を対象に無料のPCR検査を行っている。目的は、こうした施設での「クラスターの防止」だ。 県内でこれまでに発生した新型コロナクラスター75件のうち、8件は高齢者入所施設で起きた。これらの施設で亡くなった入所者は39人。県全体の死者の3分の1以上を占めている。こうした施設はひとたび感染者が確認されると多くの人が感染する恐れがあり、重症化のリスクも高いといえる。 ■熊本県高齢者支援課 篠田誠課長 「各施設も日々感染対策を一生懸命やっている。ただ実際にウイルスをだれがいつどこから持って来るかわからないのでそういう不安もある。施設からも要望いただいて検査を始めることにした」 熊本県は、施設向けに開設したコールセンターで問い合わせや申し込みに対応している。 「ワクチンとPCR検査は全くの別物の考えていただきたい。ワクチンを打ったからといって新型コロナにかからないわけではない」 対象は、独自に同じような検査をしている熊本市を除いた施設の職員2万2000人で、7月6日までに最大4回の検査を受け付ける。6月9日の時点でのべ546の施設から申し込みがあった。 職員全員がPCR検査を受けたあさぎり町の「鐘ケ丘ホーム」。入所者と職員のワクチン接種も始まったが、全職員のPCR検査は続ける予定だ。 ■鐘ケ丘ホーム 河野雄一施設長 「高齢者施設はやはり病原体を持ち込ませないということが大変大切なことで早期発見がクラスターを防ぐ手立てとなる」 熊本県では、定期的な検査を通して施設での感染者の早期発見やクラスターの発生防止に努めたいとしている。 ■熊本県高齢者支援課 篠田誠課長 「自分のことを守るだけでなくて入所者を守ることにつながるし、自分が働く施設を守ることにもつながるのでぜひPCR検査を受けてほしい」 ※施設向けコールセンターの電話番号 096-211-1496。施設単位での申し込みが必要で、7月6日までの日曜日を除く午前9時~午後5時開設。

熊本 2021.06.17 19:47

熊本市アンケート 集団接種希望29%に

熊本市が市民に対して行った新型コロナワクチン接種に関するアンケートで、集団接種の希望者が3割に満たなかったことが分かった。 調査は今月5日~9日の5日間、熊本市の公式LINEの登録者約7万9000人を対象に行ったもので、約8300人が回答。接種会場について64歳以下の人に希望する場所を聞いたところ「集団接種会場」が29%にとどまっていたことが分かった。残る7割はかかりつけ医など医療機関での接種を希望している。 ■医療機関での接種希望の人 「集団だと対策はしてあると思うが密になるかなというのと、かかりつけの方が慣れているからいい」 ■集団接種希望の人 「集団の方がスムーズにいきそうなのでそっちの方がいい」 集団接種の会場の1つ、熊本城ホールでは65歳以上の高齢者の接種枠が約3000人分あまり、福祉関係者や教職員などの接種にあてる予定。また来月26日からは64歳以下の接種が始まるが集団接種の予約枠が埋まらなかった場合、分散予約の対象時期を前倒して募集するなど、対策を検討している。 またワクチン接種を希望するかどうかについては「希望する」と答えた人は87.6%だった。一方「希望しない」と答えた人に理由をきいたところ8割が「副作用が怖い」と回答している。 なお17日は熊本市と菊陽町で6人の新型コロナ感染が確認され、県内の感染は6425例となった。

熊本 2021.06.17 18:30

熊本・山都町で新型コロナワクチン接種ミス 規定より濃度薄く

今月5日、山都町で行われた新型コロナワクチンの集団接種で6人に規定より低い濃度のワクチンを接種していたことが明らかになった。 ワクチンを接種するときは通常、ワクチンが入った瓶に生理食塩水を注入して薄め、注射器に移す。しかし接種ミスが起きた集団接種のブースではワクチンを注射器に移し終えた瓶に再度、生理食塩水を入れて接種に使った可能性が高いという。山都町によるとワクチンを希釈する生理食塩水が多く使われていて、本来接種する人数より6人分多く接種をしていた。このブースでは使い終えた瓶を捨てずにその場に残していたという。山都町の担当者は「注射器に移した後も瓶には少しワクチンが余るため新品の瓶と取り違えたのではないか」と話している。ミスが起きた時間帯にこのブースで接種した55人のうち誰が濃度の低いワクチンを接種されたかは分かっていないが、今のところ体調不良などの報告はないという。山都町は55人に謝罪し、このうち希望する44人についてワクチンが有効かどうかを確認する抗体検査をする予定。また今後は1会場1人だった町の職員を増やして、管理体制を強化することにしている。 今回のミスは、接種終了後にワクチンが余っていたことを接種から5日後に医師が指摘し発覚した。町の担当者は廃棄した注射器の数がワクチンの供給量と合わないことを認識していたが注射器の廃棄数を報告する決まりがなかったため伝えずに発覚が遅れたという。

熊本 2021.06.17 18:23

肥薩おれんじ鉄道 初の女性社長【熊本】

肥薩おれんじ鉄道の株主総会が開かれ、新しい社長に元熊本県職員の古森美津代氏が選任された。初の女性社長となる。古森氏は1985年に県庁に入庁し、県天草広域本部長などを務め、今年3月に県庁を退職した。会見で「新型コロナなどで離れた客をどう取り戻すかが喫緊の課題。ワクチン接種した人に利用してもらうようなプランを提案していきたい」と抱負を述べた。株主総会では、熊本豪雨で一部の区間が4か月にわたり不通となった影響もあり、昨年度決算で経常利益は6億6700万円の赤字を計上したことなどが報告された。

熊本 2021.06.17 12:23

車と衝突 自転車の男性が死亡【熊本】

16日、熊本市南区城南町で自転車と車が衝突する事故があった。自転車に乗っていた甲佐町の会社員大歯新一さん(46)が全身を強く打ち死亡した。大歯さんは帰宅しようと現場近くの工場の敷地から出た直後に車と出合い頭に衝突したとみられる。警察は車を運転していた男性から話を聞くなどして詳しい事故の原因を調べている。

熊本 2021.06.17 12:03

【熊本】味も重さもギネス級!5キロ超えの巨大バンペイユ

【熊本】県民おなじみのバンペイユ。世界最大の柑橘類として有名だが、このたびものすごいことに!ヒントは…「味もギネス級」! 今年1月、八代市で開かれた品評会。ひときわ目立っていた巨大バンペイユ。歴代最高の重さでジャンボ賞を受賞した。その重さが世界に認められ今年4月、世界最大の柑橘類としてギネス記録に認定された。 直径は27.22センチ、重さは5386グラム。 16日、生みの親の八代市東陽町の前田一喜さんに認定証が手渡された。 前田一喜さん 「思ってもいなかったから嬉しい」 ギネス記録に認定されたバンペイユ、その後どうなったかというと… JAやつしろ・皆吉隆文さん 「美味しくいただいた。味もギネス級だった」 前田一喜さん 「目標はやっぱり記録の更新。1グラムでもこれより大きければ」

熊本 2021.06.16 18:14

【熊本】熊本市の64歳以下の接種券 6月18日から発送

【熊本】県内で新たに8人の新型コロナウイルスへの感染が確認され県内の感染例は6419例となった。 熊本市は64歳以下のワクチン接種券を18日から発送する。 40歳から64歳の接種券は6月28日までに、12歳から39歳までの接種券は7月8日までに到着予定。 ■予約開始日 60歳から64歳までの人、障害や基礎疾患がある人が7月10日から。45歳以上の人は7月31日、30歳以上の人は8月21日、12歳から29歳の人は9月11日から受け付ける。

熊本 2021.06.16 18:08

東京五輪野球・九学出身村上宗隆が代表内定【熊本県】

九州学院出身でプロ野球・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手が、東京オリンピックの代表に内定した。 16日午前11時から始まった、野球日本代表内定選手の発表会見。 稲葉篤紀監督が選手の名前を読み上げ、村上選手は代表メンバー24人のうちの一人として、戦うことになった。 プロ4年目の今シーズンはここまで両リーグトップの20本塁打を打ち、打点もセリーグ2位の45打点。 去年に続き今年も、全試合4番で出場を続けており、オリンピックでも主砲としての活躍が期待される。 稲葉篤紀監督 「所属チームでのサードの守備も安定感が出てきているし、また彼のパワーにも期待をしています」 東京オリンピックの熊本県関係選手の代表内定はこれで5人目となった。

熊本 2021.06.16 12:12

山都町で重傷ひき逃げ事件 36歳の男逮捕【熊本県】

山都町の国道で男性をはねて大けがを負わせながらそのまま逃走した男がひき逃げの疑いで逮捕された。 逮捕されたのは宮崎県延岡市の会社員秦弘樹容疑者(36)。 警察の調べによると秦容疑者は、15日午前0時頃、山都町白石の国道218号で中型トラックを運転中に山都町の男性(87)をはね、そのまま逃走した疑いがもたれている。 通りがかりの車が警察に通報し、はねられた男性は、病院に運ばれたが、頭や胸、腕の骨を折るなど全治数か月の重傷だという。 警察では、防犯カメラなどから秦容疑者のトラックを割り出し、16日早朝に逮捕した。 秦容疑者は、警察の調べに対して「はねたことに気づかなかった」と話しているという。

熊本 2021.06.16 12:06

陶石の産地天草市の小学校で陶芸体験の授業【熊本県】

陶磁器の原料となる陶石の産地、天草市で15日、小学生が陶芸を体験した。 天草小学校の6年生12人は、地元の高浜焼「寿芳窯」の古田寿昭工場長の指導で、コーヒーカップや湯飲みなどを作った。 天草市では、天草陶石に関心を持ってもらおうと毎年、小学5、6年生を対象に陶芸体験の授業を行っている。 作品は2学期に絵付けと本焼きをして、秋の「天草大陶磁器展」に展示される予定。

熊本 2021.06.16 12:00

【熊本】卓球界の星 熊本で合宿

【熊本】将来、卓球界を背負う選手たちが熊本にやって来た。男子の12歳以下の日本代表が八代市で合宿を行っている。 八代トヨオカ地建アリーナで合宿を行っているのは卓球男子ホープスナショナルチーム。八代市はスポーツの大会や合宿の誘致を図る「八代スポーツコミッション」を今年4月に立ち上げていて今回の合宿もその一環。合宿は6月18日まで

熊本 2021.06.15 21:28

【熊本】熊本地震で被災した競輪場。3年後の再開を市長が表明

【熊本】熊本地震で被災した競輪場。3年後の再開を市長が表明した。 熊本競輪場は5年前の熊本地震で大きな被害を受け使用不能となっている。熊本市が再建を目指していたが耐震補強などで修復費用が48億円に膨らみ計画は白紙のままだった。 市議会で熊本市の大西一史市長は再建にともなって市債を借り入れた場合でも毎年2億円を一般会計に繰り出すことが可能との考えを示した。その上で地域の防災拠点やスポーツ振興の場としての役割も果たすとして「再建は必要であると判断した」と述べ、熊本競輪場を再開する方針を明らかにした。競技の再開は3年後の2024年度を目指す。

熊本 2021.06.15 21:25

【熊本】県内企業「売り上げ減った」78% 天草では宿泊支援が再開

【熊本】「まん延防止」は解除されたが県内の事業者にとって厳しい状況は続いている。県商工会連合会の調査で新型コロナ以前と比べて売り上げが減った事業者が78%に上ることが分かった。 一方、宿泊業は5月の大型連休での利用客が増えたことから去年に比べて売りがげが回復傾向にあるという。 さらに観光回復の起爆剤にと、県内屈指の観光地・天草で宿泊費を助成する事業が再開した。

熊本 2021.06.15 21:00

熊本市民病院の敷地内でセアカゴケグモ

熊本市民病院の敷地内で毒を持つ特定外来生物のセアカゴケグモが見つかった。病院によると、12日に病院の駐車場のフェンスにセアカゴケグモが1匹いるのを委託業者が発見。14日に職員が調査したところ成虫8匹と卵のうや巣を確認し、駆除したという。これまでに被害は確認されていない。セアカゴケグモは体長3センチほど、背中と腹に赤い模様があるのが特徴で、メスが毒を持っている。攻撃性はないものの、かまれると痛みや腫れが出るほか症状が重い場合は、筋肉がまひすることもある。熊本市は駆除する場合は素手で触らないよう注意を呼びかけている。

熊本 2021.06.15 12:22

「まん延防止」解除 1か月ぶり酒類提供を再開【熊本】

「まん延防止等重点措置」が1か月ぶりに解除され、熊本市の飲食店では酒類の提供が再開された。1か月間ビールが提供できず、売り上げは通常の10分の1まで落ち込んだというが、久々に料理や酒を楽しむ常連客の姿が見られた。 常連客 「本当に久しぶり。おいしい」 ビアレストランオーデン村山二郎社長 「やっぱりホッとした」 酒類の提供は再開されたものの、熊本市では今月30日まで午後9時までの時短要請が続く。 鶏皮専門店たるさん池田恵太郎社長 「まだきょうは客が少ない。まだやっぱり皆さん警戒はされていると思う」 ビアレストランオーデン村山二郎社長 「もう少し我慢の時間が続くと思うが、みんなが外に出てわいわい騒げるようになったらいい」

熊本 2021.06.15 12:01

背中に羽根!?くまモン新衣装お披露目

くまモンの背中に、羽根が…! 2022年3月から熊本市で開かれる全国都市緑化フェアのために作られた衣装がお披露目された。 春の訪れとともに熊本でよくみられる「モンキチョウ」をモチーフに、くまモンの生みの親・小山薫堂さんと水野学さんが手掛けた。 緑化フェアは国内最大級の花と緑の祭典で、熊本では36年ぶり、2回目。2022年3月19日から5月22日まで開かれる。

熊本 2021.06.14 21:05

「しつけのつもり」男児にけがさせ男逮捕【熊本】

「しつけのつもりだった」…内縁の妻の息子を殴ったとして無職の男が逮捕された。傷害の疑いで逮捕されたのは熊本市中央区本荘の無職、西部豪行容疑者(49)。警察によると西部容疑者は5月29日午後3時40分頃、路肩に停めた車の中で内縁の妻の11歳の息子の頭を数回殴り全治約1週間のけがをさせた疑い。調べに対し「殴ったのは間違いないがしつけのつもりだった」と供述しているという。西部容疑者と男の子は同居しておらず、警察は犯行に至った経緯や日常的に暴行がなかったかなど詳しく調べている。

熊本 2021.06.14 20:57

熊本地震から5年2か月

熊本地震の前震から14日で5年2か月。熊本県内では313人が仮住まいを続けている。益城町の18か所に整備された仮設住宅は2020年、木山仮設1か所に集約され、益城町だけでも244人が仮住まいを続ける。 県道熊本高森線では道路を広げる4車線化事業が進む一方、工事の影響で移転を余儀なくされた事業者などが入るテナントビルの建設が7月から惣領地区で始まる。敷地内に医療機関もオープン予定で2022年春の運用開始を目指す。

熊本 2021.06.14 20:50

飲食店に「お墨付き」認証制度スタート【熊本】

飲食店での酒の提供が再開される中、熊本県は14日から飲食店に「お墨付き」を与える新たな制度を始め、電話相談窓口を開設した。新型コロナ感染対策について、県が定める38項目の基準を満たした店にステッカーを交付する。対象は約7000軒で、接待を伴う飲食店やホテルの宴会場なども含まれる。コールセンターは096-353-6330で、平日の午前10時から午後6時まで相談を受け付ける。

熊本 2021.06.14 20:14

まん延防止解除に飲食店は…【熊本】

6月13日で「まん延防止等重点措置」が解除され、1か月ぶりに酒類の提供が可能になる熊本市。 休業していた「鉄板焼きはしもと」では、生き残りをかけて新たな取り組みを進めていた。 ★鉄板焼はしもと橋本正司店主 「今春から鉄板の出張サービスを始めた。お客さんも外に出づらいから私の方から出向けばいいかと思って」 営業再開するとはいえ、この店の6月の予約はまだ1件のみ。 熊本市の酒類提供店では午後9時までの時短要請が続くためだ。 ビアレストラン「オーデン」では、80種類のビールが提供できず、売り上げが10分の1まで激減。 ★オーデン村山二郎店長 「ビアレストランでビールが飲めないということで、我慢するしかない1か月だった」 行き場を失ったビールを活用した新たな一手を考えた。 ★オーデン村山二郎店長 「賞味期限が近いものは“訳ありビール”という形で(低料金で)提供し、破棄しないで済む方法を考えたい」 「まん延防止」の解除後も先行きが見えない飲食店。 生き残りをかけて試行錯誤が続く。

熊本 2021.06.14 19:57

新型コロナワクチン11月中に接種完了へ【熊本】

高齢者を中心に進む新型コロナウイルスのワクチン接種。熊本県の蒲島知事は14日、独自の「熊本ワクチン接種モデル」を発表した。11月中にワクチン接種を終える目標で、職域接種を希望する企業のマッチングを打ち出した。職域接種の対象は1000人以上が所属する大学や職場などだが、これに満たない中小企業のマッチングを支援し、接種を促す狙い。発表の目玉の1つが大規模接種会場「県民広域接種センター」の開設だ。仕事などで平日の昼間に接種できない人を対象に、益城町のグランメッセ熊本で平日は午後6時から9時、土日は午後3時から9時の実施を検討。団体の予約枠も設け、感染リスクの高い保育士や教職員、熊本感染防止対策認証店の従業員の接種を優先的に進める。6月議会に関連予算を提出し、大規模接種会場は8月の開設を目指している。

熊本 2021.06.14 18:30

幼稚園児にわいせつ行為 自称介護士を逮捕【熊本】

八代市の公園で幼稚園児の男の子にわいせつな行為をしたとして、自称介護士の髙橋和也容疑者(34)が逮捕された。警察によると、髙橋容疑者は13日午後4時半頃、公園のトイレで男の子のズボンと下着を脱がせるなどした疑い。偶然トイレに入ってきた男性がわいせつ行為に気づき髙橋容疑者を確保し、髙橋容疑者は駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。男の子にけがはなかった。調べに対し髙橋容疑者は容疑を認めているという。警察が犯行の動機など詳しく調べることにしている。

熊本 2021.06.14 12:00

まん延防止解除 熊本市で酒類の提供が可能に

「まん延防止等重点措置」が解除された熊本市の飲食店で、14日から酒類提供が可能になる。繁華街では、休業中の店が1か月ぶりの営業再開に向け仕込みの準備をしていた。 鉄板焼きはしもと 橋本正司店主 「嬉しいね。仕込みができるというのは嬉しい限り」 一方、県内全域が対象だった時短要請は、熊本市の酒類を提供する店に限定して継続される。 鉄板焼きはしもと 橋本正司店主 「今でも赤字になっているので、このままダメになるよりも少しでも明るい方に考えて再開したいと思う」 また、県は13日まで時短要請に応じた飲食店への協力金の申請を受け付けている。

熊本 2021.06.14 11:48