長崎のニュース

ウィズコロナの住まいを考える

ウィズコロナの新しい住まいについて考えるイベントが29日から県庁で開かれている。

長崎市の総合商社「鋼和」で販売しているのは顔認証と体温を測ることができるタブレット。今年春に製品化され新型コロナウイルスの感染拡大を受け7月頃から注文が急増。「顔認証」システムで各個人の体温を管理できるため事業所などでの導入も検討されているという。withコロナの住宅について考えてもらおうと29日、県庁でイベントが始まった。11月2日まで展示され31日にはオンライン講演会なども行われる。

長崎2020.10.29 19:38

長与町の団地で火災 民家7棟を焼く

長与町で29日、民家7棟を焼く火事があった。ケガ人はいなかった。

29日午前、長与町の自由が丘団地で火事があり村岡つや子さん(84)の木造2階建て民家1棟を全焼。隣接する民家6棟の屋根や雨どいなどを焼いて約5時間半後に消し止められた。村岡さんは一人暮らしで、出火当時、家にいたが火事に気づいて逃げ出しケガはなかった。警察と消防が合同で詳しい出火原因を調べている。

長崎2020.10.29 19:31

JR浦上駅前火災 実況見分始まる

今月17日にJR浦上駅前で飲食店など3棟を焼いた火事で29日、警察と消防による実況見分が始まった。

実況見分は、崩れた外壁や柱が撤去され安全性が確保できたとして29日午前10時半頃から店の従業員らの立ち合いのもと行われた。長崎市岩川町で17日に起きた火事では飲食店とパチンコ店が入る建物と隣接するかまぼこ店の2棟を全焼、民家を半焼した。実況見分は30日も行われる見込みで警察と消防は「慎重に進め火事の原因を特定したい」としている。

長崎2020.10.29 19:28

赤い炎に黒い煙…団地で7棟焼く火災 長崎

民家の間からあがる赤い炎と真っ黒な煙。消火活動が行われているようですが、火と煙の勢いはなかなか収まる様子がありません。 この火事が起きたのは長崎県長与町の住宅団地。29日午前8時20分頃、通行人から「民家から黒い煙があがっている」と消防に通報がありました。 住宅が密集している火災現場。消防車12台が出動するなど一時騒然となったといいます。 この火事で村岡つや子さん(84)の木造2階建ての民家1棟が全焼。また隣接する6棟の屋根なども焼き、およそ5時間半後に消し止められました。けが人はいないということです。

長崎2020.10.29 18:34

複数の民家が 長与町の団地で火災 

29日朝長与町の住宅団地で複数の民家を焼く火事があった。ケガ人はいなかった。

29日午前8時20分頃、長与町の住宅団地で「民家から黒い煙があがっている」と通行人から消防に通報があった。近くの住民は「怖かった。あっという間だったので、最初に見てから5分から10分後には窓も割れて火が上がっていた」と話した。火は複数の民家を焼いた。ケガ人はいない。現場は住宅が密集していて消防車11台が出動するなど一時騒然となった。

長崎2020.10.29 12:38

佐世保市で殺人未遂事件 男は逃走中

29日未明、佐世保市の飲食店で男性が刃物で切り付けられる事件があった。切り付けた男は逃走していて、警察は殺人未遂事件として男の行方を追っている。

29日午前2時40分頃、佐世保市上京町の飲食店で友人と食事をしていた20代の男性が店にいた別のグループの20代の男に首や肩を刃物で切りつけられた。男性が近くの交番に届け出て発覚。男性はケガをしたが命に別条はないという。警察によると2人は面識があり、事件の直前、店内で口論になっていたという。切り付けた男は逃走していて、警察は殺人未遂事件として男の行方を追っ
ている。

長崎2020.10.29 12:31

インバウンド…回復はいつ?

日本そして県内でも大きな経済効果が期待されるインバウンド=海外からの観光客について。

日本を訪れた海外からの観光客は2013年に1000万人を突破。去年は3188万人で過去最高。県内でも2013年は延べ約28万4000人が宿泊。去年は延べ約79万人が宿泊した。しかし新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい入国は制限され「ほぼゼロ」に。ただ9月は前の年に比べて99%減少したものの1万3700人と半年ぶりに1万人を超えた。IATA=国際航空運送協会は世界の旅客需要が新型コロナウイルスの感染拡大前の水準に戻るのは2024年になるとの見通しを示している。では今何が必要なのか?JNTO=日本政府観光局は「種まき」と指摘している。例えば日本を訪れた際のイメージを海外の人に持ってもらうことが重要だということだ。こうした中海外で長崎を紹介する番組の制作が行われている。番組はNIBが県、長崎市、雲仙市、五島市、県観光連盟と連携し制作している。海外からの観光客の回復や特産品の販路拡大を目指す総務省の「放送コンテンツ海外展開強化事業」に5年連続で採択。今年はドイツとタイの放送局と協力だ。このうちドイツ向けの番組は長崎の魅力や新型コロナウイルスの感染防止対策などを発信する。撮影は長期滞在を好むという現地の人の旅行スタイルに合わせ長崎市、雲仙市、五島市で実施。「人」にスポットをあてる。28日は被爆者の伊達木信子さん(91)の75年前の体験も収録した。国内の撮影クルーが担当だ。総務省の「放送コンテンツ海外展開強化事業」は全国で53件が採択されたということだ。

長崎2020.10.28 19:18

新幹線西九州ルート 列車名は「かもめ」

「すぐに長崎をイメージするもの」として決まったそうだ。2022年度秋頃に暫定開業する新幹線西九州ルートを走る列車の名前をJR九州が発表した。

新幹線「かもめ」は2022年度秋頃に暫定開業する新幹線西九州ルートの長崎-武雄温泉間を走行する。「かもめ」は1961年長崎行きの特急列車として運転を開始。現在も長崎一博多間を結ぶ特急列車として親しまれている。車両はJR東海が開発した最新車両N700Sだ。全席にコンセントを用意。バッテリーを搭載し停電の時も自走できる。「かもめ」は白いボディーにJR九州のコーポレートカラーの赤のラインだ。「ななつ星in九州」や「或る列車」などを手がけている水戸岡鋭治さんがデザインを担当している。定員は391人。座席は横に指定席が4列自由席が5列だ。通常6両編成となる。最高時速は260キロだ。また武雄温泉で乗り継ぐ特急列車の名前は「リレーかもめ」と発表された。

長崎2020.10.28 17:54

新型コロナ 深刻…医療機関の受診控え

新型コロナウイルスへの影響で控える傾向があるという医療機関の受診を呼びかけるキャンペーンを日本医師会が行った。長崎市の病院では25%程度受診する人が減っているという。

長崎市万屋町の小児科・やなぎクリニック。受診を控える人は新型コロナウイルスへの感染を懸念していると指摘する。日本医師会が行ったキャンペーンでは女優の佐々木希さんが「医療機関を安心して利用してほしい」と呼びかけた。厚生労働省の協力のもと作成したチェックリストに沿い新型コロナウイルスの感染防止対策をとっている医療機関に設置するマークを制作。PR動画も完成した。県の医師会によると県内の医療機関の受診件数は去年に比べて約1割減少した。しかし受診を控えることで症状に影響が出るケースもあると指摘。今後気温が下がり乾燥してくるとインフルエンザの流行も懸念。県内の新型コロナウイルスの感染者は27日確認されていない。

長崎2020.10.28 15:53

地域課題解決に向け産学官金が連携

人口減少などの地域課題の解決に向け連携しようと28日、長崎市と大学、企業、銀行による協定が締結された。

協定を結んだのは長崎市、長崎大学、県立大学とNTT西日本、十八親和銀行など4企業の計7者。長崎市は人口減少や少子高齢化が全国よりも速く進行しているとして「産学官金」連携で地域課題の解決に取り組む。産業や福祉、教育など幅広い分野での課題解決を目指し具体的なプロジェクトは今後、協議を進める。

長崎2020.10.28 11:43

ワイヤロープ式防護柵設置で訓練

西九州自動車道に新たな防護柵が設置されることになり事故を想定した訓練が27日、行われた。

衝撃に強いワイヤロープを使った防護柵は高速道路などに設置することで事故の際、車両が反対車線に飛び出すのを防ぐ効果が期待される。訓練では西九州自動車道を管理するNEXCO西日本や県警などが迅速な付け替え方などを確認した。武雄JCT-佐々IC間は11月4日から、防護柵の設置と道路の補修工事などで夜間が通行止めになるほか、佐々IC-佐世保大塔IC間は4車線化に向けた工事も今後、行われる。

長崎2020.10.28 11:43

県産品の販路拡大を 商談会

県産品の販路拡大を後押ししようと27日、県外のバイヤーを招いた商談会が長崎市で開かれた。

中小規模の食品事業者の販路拡大を支援しようと県商工会連合会などが主催した商談会。オンラインではなく直接、商談できるチャンスを提供したいと、出展者の数を例年の3分の2に制限、展示ブースの間隔を広げるなど感染防止対策がとられた。68事業者が首都圏の百貨店やスーパー、飲食店など約100社のバイヤーに自慢の逸品をアピールした。今年は首都圏での商談会などが軒並み中止となり双方にとって貴重な機会となった。

長崎2020.10.27 20:06

GoToEat“食事券”販売へ

飲食業界を支援するGoToEatキャンペーンはプレミアム付きの食事券の販売が県内でもスタートする。

「GoToEat」の支援策は2つ、1つは10月1日から始まったオンラインで飲食店を予約、来店することで受け取ることができる「ポイント付与」。2つ目がプレミアム付き食事券の販売で、県内でも29日スタートする。食事券は1000円が10枚で1冊。1回の購入は2冊までで県内の加盟店で利用できる。26日時点で1136の店舗が登録したという。今回、長崎で販売する食事券は県外在住者も購入が可能で、事務局には東京や福岡などからの問い合わせもあるという。観光客の利用も想定して県内では1万円分の食事券を100万冊販売する。

長崎2020.10.27 20:02

洋上風力発電の促進エリア 壱岐と対馬で検討

洋上風力発電を導入する県の促進エリアについて検討する協議会が会合を開いている。

協議会の会合には県や長崎大学、環境省などから約50人が参加している。洋上風力発電を導入する県の促進エリアとして壱岐市と対馬市の周辺海域が候補にあがっていて会合では現地調査や漁業者らに聞き取りを行うことなどを確認したという。県内ではこれとは別に国が定める洋上風力発電の促進区域に五島市が指定され西海市の江島沖も指定が有力視されている。

長崎2020.10.27 11:10

九州文化学園小・中学校 建築賞の最優秀賞に

世界中の建物を対象に審査する建築賞の最優秀賞に佐世保市の九州文化学園小・中学校が選ばれた。

森をイメージした図書室。特別教室の机は議論しやすいよう勾玉の形にしている。佐世保市の九州文化学園小学校・中学校。世界最大の建築ウェブメディア「Architizer」が主催する「A+Awards」の学校施設部門で最優秀賞に選ばれた。先進的な教育環境を整え閉校した中学校の校舎をリノベーションして費用を抑えたことも評価されたということだ。

長崎2020.10.27 09:49

約2億円分の虚偽注文…女(32)逮捕

インターネットの通信販売サイトへ不正にアクセスし約2億円分の虚偽の注文をしたとして長崎市の32歳の女が逮捕された。

不正アクセス禁止法違反や偽計業務妨害などの疑いで逮捕されたのは長崎市宿町の無職・大塚希望容疑者(32)だ。大塚容疑者は今年5月東京都内の通信販売会社のサイトに長崎市の元勤務先のIDとパスワードを不正に入力し商品1203点、2億262万円相当の虚偽の注文をして業務を妨害した疑いが持たれている。元勤務先が警察に届け出て発覚した。注文の取り消し作業は行われたという。大塚容疑者は「元勤務先に恨みがあった」と容疑を認めている。

長崎2020.10.26 16:06

10日間限定 「雲仙仁田峠プレミアムナイト」

夜間立ち入りが禁止されている雲仙市の仁田峠で夜景や星空を楽しめるバスツアー“プレミアムナイト”が始まった。

初めての試みとして第2展望所で途中下車。眼下に望むのは島原市と対岸の熊本県だ。普段見られない風景を写真に収める。10日間限定で24日から始まった「雲仙仁田峠プレミアムナイト」。紅葉のシーズンを迎えた雲仙。普賢岳を間近にみられる仁田峠は夜間立ち入ることができない。プレミアムナイトは仁田峠で夜景や星空を楽しめる特別なバスツアー。新型コロナウイルスの感染防止対策のため参加定員を20人に絞り車内の換気、消毒などを行った上で2時間かけて巡る。駐車場に設置された望遠鏡。澄んだ空気の中参加者は土星や月などを観測していた。「雲仙仁田峠プレミアムナイト」は大人2500円子ども1500円、1日2便の運行だ。

長崎2020.10.26 16:03

コロナ拡大後全国初 クルーズ船寄港

新型コロナウイルスの感染拡大後、全国で初めて一般の客を乗せたクルーズ船が佐世保に寄港した。

午前7時半頃佐世保に入港した「にっぽん丸」。新型コロナウイルスの感染拡大後、全国で初めて一般の客を乗せたクルーズ船だ。25日愛媛の新居浜港を出港していた。感染防止対策として乗客は定員の半分以下、日本人約200人。全員が乗船前にPCR検査を受けいずれも陰性だった。乗客は佐世保市のハウステンボスや九十九島、佐賀の嬉野などを巡っている。船は午後6時に出港する予定だ。

長崎2020.10.26 11:20

コロナ貸付金を詐取か 暴力団組員ら2人逮捕

新型コロナウイルスの影響で収入が減った人が借りられる貸付金をだまし取ったとして暴力団組員ら男2人が逮捕された。

詐欺の疑いで逮捕されたのは指定暴力団・山口組傘下組織の組員・畠山聖一容疑者(56)と塗装作業員・畠山親弘容疑者(54)だ。2人は暴力団組員であることを隠した上、新型コロナウイルスの影響で収入が減ったとするうその書類を社会福祉協議会に提出し現金60万円をだまし取った疑いが持たれている。新型コロナウイルスの影響で収入が減った人が生活資金を借りられる「緊急小口資金特例貸付制度」と「総合支援資金特例貸付制度」を悪用していたという。新型コロナウイルスに関連した詐欺事件の摘発は県内で初めてだ。

長崎2020.10.26 11:16

核兵器禁止条約発効へ 被爆地長崎喜びの声

核兵器を全面的に禁止する「核兵器禁止条約」に批准した国と地域が発効に必要な50に達した。被爆地ナガサキから、喜びの声が上がった。

核兵器禁止条約は、中米のホンジュラスが批准し、発効条件の50の国と地域に達した。核兵器の開発や保有、使用が法的に禁じられることになる発効は来年1月22日。

長崎2020.10.25 19:11

核兵器禁止条約発効へ 長崎市長「歓迎」

史上初めて、核兵器を全面的に禁止する「核兵器禁止条約」に批准した国と地域が発効に必要な50に達した。田上長崎市長は「被爆地として歓迎する」と話した。

核兵器禁止条約には24日、中米のホンジュラスが正式に批准し、発効条件となる50の国と地域に達した。核兵器の開発や保有、使用を法的に禁じるもので、2017年に国連で採択されていた。発効は、被爆地ナガサキの悲願でもある。核兵器禁止条約は、2021年1月22日に発効される。

長崎2020.10.25 12:05

長崎市で15階建てマンション一室焼く火事

24日正午過ぎ、長崎市のマンションの一室を焼く火事があった。

24日午後0時10分頃、長崎市戸町1丁目で「隣のマンションから黒い煙が出ている」と消防に通報があった。火は15階建てのマンションの12階にある部屋を焼き、約2時間後に消し止められた。部屋には男女2人が住んでいて、1人は外出中、もう1人は病院に搬送されたが軽傷だという。現場付近はマンションが並ぶ住宅街で一時騒然となった。

長崎2020.10.24 19:07

プレジャーボートが防波堤に衝突4人重軽傷

23日夜、長崎市の港でプレジャーボートが防波堤に衝突する事故があり、乗っていた4人が重軽傷を負った。

23日午後10時ごろ長崎市三重式見港で沖釣りをして帰港していた汽船けいこが防波堤に衝突した。この事故で、船長の73歳の男性と、船に乗っていた40歳の男性が骨折などの大ケガ、29歳の男性と8歳の男の子が軽いケガをした。長崎海上保安部は船長の前方不注意の可能性もあるとみて事故の原因を詳しく調べている。

長崎2020.10.24 11:38

バイクと軽乗用車衝突 男性意識不明の重体

24日朝、長崎市の国道でバイクと軽乗用車が衝突する事故があり、バイクを運転をしていた男性が意識不明の重体。

24日午前4時15分頃、長崎市赤迫2丁目の国道206号で市中心部方面に向けて直進していたバイクと軽乗用車が衝突した。この事故でバイクを運転していた30代の男性が頭を強く打ち病院に搬送されたが意識不明の重体。軽乗用車の運転手にケガはなかった。現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で警察が事故の詳しい原因を調べている。

長崎2020.10.24 11:35

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース