長崎のニュース

九州の大学ナンバーワン競う島原学生駅伝開催(長崎県)

九州の大学ナンバーワンを決める島原学生駅伝が2年ぶりに開催された。 2年ぶりの開催となった島原学生駅伝。九州・沖縄8県から22チームが出場した男子は、5区で鹿児島・第一工科大学が鹿児島大学を逆転し3大会連続19回目の優勝。長崎県勢は、長崎国際大学が6位、長崎大学が8位でフィニッシュしている。一方、女子は7チームが出場。福岡大学が7大会連続10回目の優勝を飾った。

長崎 2021.12.04 17:38

地震による玄海原発重大事故を想定した訓練(長崎県)

地震による玄海原発の重大事故を想定した長崎県の訓練が行われた。 訓練は佐賀県の玄海原発4号機から原子炉冷却材が漏れ出し冷却機能を喪失した想定で、長崎県の災害対策本部と国、原発周辺の松浦市など55の関係機関をテレビ会議でつなぎ情報共有が行われた。感染症が流行している中での避難を想定し、検温や消毒の徹底の呼びかけ、離島から被ばく傷病者を搬送する訓練も行われた。

長崎 2021.12.04 17:29

新長崎駅ビル来年秋開業へ 安全祈願祭

JR長崎駅の隣に建設される新しい駅ビルの安全祈願祭が3日、行われた。 新たなビルは、JR九州が長崎駅東側の隣接地に建設。安全祈願祭ではJR九州青柳社長や田上長崎市長らが出席し工事の安全を祈った。新たな駅ビルは地上13階建てで1階から5階が商業施設に。現在のアミュプラザ長崎と店舗を入れ替えるなど、デザインやテナントの業種も含め“一体となった商業施設”を目指す。7階から最上階の13階までは世界最大手のホテルグループでアメリカの「マリオット・インターナショナル」が進出。長崎マリオットホテルは客室約200室。ダイニングレストランやフィットネスジムなどもあり、新しい駅ビルと同じ再来年秋のオープンを予定している。

長崎 2021.12.03 22:18

マンション押し入れ遺体は住民男性と判明

諫早市のマンションの一室で全身をビニールシートなどでくるまれた遺体が見つかった事件で、遺体はこの部屋に住む父親だったことが3日、分かった。 事件は1日、諫早市栗面町のマンションの一室で押し入れの中から全身をビニールシートやごみ袋などでくるまれた状態の遺体が見つかった。遺体の背中には複数の刺し傷があり警察が殺人と死体遺棄事件として捜査。DNA鑑定を行った結果、遺体の身元はこの部屋に住む、父親で無職の荒木博樹さん(63)と判明した。荒木さんが入れられていた押し入れからは刃渡り約21センチの包丁も見つかっていて、警察はこの包丁が凶器に使われたとみて調べを進めている。捜査関係者によると、遺体には目立った防御そうや争った形跡がないことから親しい者の犯行の可能性が高く、自殺したとみられる義理の息子が関わったとみて捜査を進めているという。

長崎 2021.12.03 22:14

JR長崎駅に隣接して建設「新長崎駅ビル」安全祈願祭

JR長崎駅に隣接して建設される「新しい駅ビル」の安全祈願祭が 3日あさ、行われた。 祈願祭にはビルを建設するJR九州の青柳俊彦社長や田上長崎市長など約25人が参加し、工事の安全を祈った。「新長崎駅ビル」は13階建て、商業施設やオフィス、ホテルが入る複合施設で12月15日から工事に入る。長崎駅の周辺は来年秋に予定される西九州新幹線開業に合わせ、新たなまちづくりが進められていて「新長崎駅ビル」は再来年秋の開業を目指すという。

長崎 2021.12.03 12:17

コロナ禍2度目の年末年始 去年との変化は

新型コロナウイルスは県内で新たな感染は確認されなかった。感染者ゼロは12日連続。コロナ禍でまもなく迎える2度目の年末年始。感染者の減少に伴う去年との変化を取材した。 長崎市の「ホテルJALシティ長崎」。去年は、前の年の4割まで落ち込んでいた年末年始期間の予約率は現時点で8割を超え家族向けの部屋はほぼ満室に。県内の観光客数が過去最高となった2018年並みの水準に戻っているという。ホテルでは急遽スタッフ募集をかけるなど受け入れ態勢強化に追われ、嬉しい悲鳴も。コロナ禍で迎える2度目の年末年始。新しい変異株=オミクロン株が確認されるなど心配な動きもあるが、いまのところ、去年よりも帰省客や観光客が増える見込み。JR九州は去年は減便していた長崎と博多を結ぶ特急かもめを、今月25日から新年1月10日まで1日当たりおよそ10本増便する。空の便も、東京と長崎を結ぶソラシドエアが29日には、ほぼ満席に近い状況になるなど徐々に埋まってきているという。ホテルでも東京など首都圏からの予約客も増加。第三者認証制度などに基づき手指消毒のほか館内の消毒など感染防止対策も徹底する。一方で感染力が強いオミクロン株のまん延が心配であると話す。

長崎 2021.12.02 20:27

長崎県南島原市 横断歩道ではねられ女性死亡

12月1日夜、南島原市で横断歩道を渡っていた80代の女性が軽乗用車にはねられ死亡する事故があった。 12月1日午後6時頃、南島原市北有馬町の主要地方道で横断歩道を渡っていた近くに住む中村ケイ子さん(83)が直進してきた軽乗用車にはねられた。この事故で中村さんは腰や頭を強く打ち、病院に搬送されたが約3時間半後に死亡が確認された。車を運転していた48歳の女性にケガはなかった。現場は片側1車線の直線道路で、横断歩道に信号機はなかった。警察が、事故の詳しい原因を調べている。

長崎 2021.12.02 11:54

長崎県議会一般質問 知事「進退は11月議会中に表明」

県議会の一般質問が2日から始まり、中村知事は来年2月の知事選を巡る自身の進退について11月議会中に表明する意向を示した。 中村知事は、来年2月に行われる知事選に4選を目指して出馬するかどうか、12月21日までの11月議会中に表明する意向を示した。中村知事は、「県政を託していただいた県民の皆様の思いに応えるためにはどうあるべきか、現在自問を重ね、熟慮を重ねているところ」と話した。また、佐賀県知事が難色を示す西九州新幹線の全線フル規格での整備について「一緒に取り組むことで前に進むこともある」として、実現に向け佐賀県との協議の場を設けたいと述べた。

長崎 2021.12.02 11:47

佐世保市で新酒の試飲会 1日から販売開始

佐世保市で11月30日新酒の試飲会が開かれた。 にごり生酒「白星」。佐世保市の潜龍酒造の新酒だ。ビン詰めした後も発酵が続くため微炭酸が楽しめるほか、新酒ならではのフレッシュな香りがするそう。30日は販売開始を前に、試飲会が開かれた。「白星」は1日から県内の酒店や百貨店で9300本限定で販売されている。

長崎 2021.12.01 20:37

息子の自殺は長時間労働が原因…母親訴え

息子が自殺したのは長時間労働が原因として母親が会社に損害賠償などを求めた裁判が長崎地裁で開かれた。 訴えを起こしているのは佐世保市の食品卸会社に勤務していた息子を自殺で亡くした母親。2017年3月、当時25歳だった息子が自殺したのは会社が安全配慮義務を怠り長時間労働をさせたことが原因だとして慰謝料などおよそ1億1000万円を求めている。労働基準監督署は、1か月の時間外労働が100時間を超える事が常態化し精神障害を発症して自殺に至ったとしておととし3月に労働災害と認定している。前回の裁判で、会社側は、「勤務記録には長時間労働をしていた証拠となるものがない」「業務以外の私生活に自殺の要因がある」などと主張。これに対し原告側は「仕事に殺される」「無料で残業してんだもん」など友人らに対するラインメッセージなどの証拠を提出し、「業務以外に自殺の要因はなかった」と反論した。次回の裁判は来年2月22日の予定。

長崎 2021.12.01 14:01

ハウステンボスで新プラン「ヘルスケアツーリズム」始まる

佐世保市のハウステンボスで12月1日から新しいプランが始まる。ハウステンボスを楽しみながらリハビリを行う「ヘルスケアツーリズム」だ。 ハウステンボスで12月1日から新たに始まるのは高齢者などが宿泊しながら自分の足で歩くためのリハビリを行うプラン。ホテルヨーロッパに3か月滞在し、専用トレーニング室だけでなく、ハウステンボスの園内で1日2時間半を目安にリハビリを行う。イルミネーションや歌劇などのショーを鑑賞する時間もあるという。介護事業などを手掛ける兵庫のポラリスと協力していて、専門のスタッフがマンツーマンで指導。料金は330万円からで、定員は3人。また、ハウステンボスは12月1日から75歳以上を対象とした年間パスポートを新たに設定。料金は5000円。

長崎 2021.11.30 20:21

外国人の新規入国禁止 県内への影響は

新型コロナウイルスの新たな変異株=オミクロン株。日本国内でも感染が確認された。政府は、30日午前0時から全世界を対象に外国人の新規入国を禁止に。入国を待つ留学生が多い県内の大学などからは落胆の声が出ている。 長崎大学では、入学が決まっている約110人の留学生が入国を待ち続けている。国の制限の見直しで、今月8日から一定の条件のもと外国人の留学生や技能実習生などの新規入国手続きが再開され、準備を進めていたという。政府の入国禁止措置は、その矢先の出来事だった。また、外国人技能実習生の受入れなどをサポートする管理団体からも困惑の声が。12月中旬から順次、約70人の受け入れを予定していた大村市の九州アジアン産業支援協同組合は「先が見えない状況になり、辞退する実習生が増えるのではないか」と話している。

長崎 2021.11.30 20:02

長崎県 夕方にかけ落雷や激しい突風注意を

長崎地方気象台は県全域で30日夕方にかけて落雷や、竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけている。 低気圧が発達しながら日本海を進み中心からのびる寒冷前線が30日昼前から夜のはじめ頃にかけて九州北部を通過する見込み。県内も大気の非常に不安定な状態となっていて壱岐・対馬、五島に暴風警報が発表されている。県内は南のち西寄りの風が強まる見込みで、最大風速は海上で18メートルから20メートル、陸上でも15メートルを予想。気象台は30日夕方にかけて県内全域で落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けている。

長崎 2021.11.30 12:25

佐世保市で木造アパート全焼 ケガ人なし

30日未明、佐世保市で木造3階建てアパートを全焼する火災があった。ケガ人はいなかった。 30日午前4時頃、佐世保市早岐3丁目のアパートで「建物から煙が出ている」と住民から消防に通報があった。火は木造3階建てアパートを全焼。アパートは1階が駐車場、2階と3階に10世帯13人が住んでいて、火災に気付いて全員が逃げ出しケガはなかった。警察が住民に当時の状況を聞くなどして消防と合同で詳しい出火原因を調べている。

長崎 2021.11.30 12:21