長崎のニュース

核禁条約発効から1年 被爆者ら早期批准訴え(長崎県)

核兵器禁止条約の発効から22日で1年。被爆者らが日本の早期批准を訴えた。 1年前に発効した核兵器の使用のほか開発や保有、威嚇を含めて全面的に禁じる「核兵器禁止条約」。現在59の国と地域が批准しているが日本はしていない。被爆者らは政府に対し早期の批准を求めている。また3月には初めての締約国会議が開催されるが日本政府はオブザーバー参加にも否定的だ。

長崎 2022.01.22 17:40

22日 新型コロナ長崎県で新たに493人感染確認

新型コロナウイルスは長崎県内で新たに493人の感染が確認された。 感染が確認されたのは、佐世保市164人、長崎市155人など17の市と町の計493人。5日連続で最多を更新している。長崎市では民間児童福祉施設で8人、介護事業所で8人の感染を確認し新たに2つのクラスターが発生。長崎県はまん延防止等重点措置が適用されている長崎市と佐世保市だけではなくそのほかの地域でも極力外出を控えるよう呼びかけている。

長崎 2022.01.22 17:37

22日 長崎県内でも最大震度3を観測 

22日午前1時すぎ、日向灘を震源とする最大震度5強の地震があり、長崎県内でも最大震度3を観測した。長崎県内での被害は確認されていない。 気象庁によると午前1時8分頃、日向灘を震源とする強い地震があり大分県と宮崎県で震度5強を観測した。こちらは、地震発生直後の長崎市内の様子。震度3を観測したのは諫早市、雲仙市、島原市、南島原市。震度2は長崎市、佐世保市、大村市、平戸市、松浦市、壱岐市、時津町、東彼杵町、佐々町。震度1を西海市、対馬市、長与町、波佐見町、小値賀町で観測した。長崎県や警察などによると、この地震による長崎県内での被害は確認されていないという。

長崎 2022.01.22 17:30

まん延防止措置始まる 時短要請で飲食店対応は

21日からまん延防止等重点措置が長崎市と佐世保市に適用。営業時間短縮要請が出される飲食店は難しい判断を強いられている。 長崎市の繁華街・思案橋に店を構える「大衆酒場 ひびき」。この店は19日にオープンしたばかり。その日に決まったのが。「まん延防止等重点措置」の県内への適用。21日から来月13日まで対象区域である長崎市と佐世保市の飲食店には午後8時までの営業時間短縮と酒類の終日提供自粛が要請されている。思案橋周辺の店は時短や休業とするところも多い中、オープンして3日目となる「ひびき」では通常通り、午後5時から午前1時までの営業を継続することを決めた。今回の飲食店への要請はコロナ対策の認証店・非認証店に関わらず同じ対応が求められている。長崎市小峰町の「ちくば」は、「県の呼びかけは仕方ない」と話す。去年7月二酸化炭素濃度の測定器やパーテーションの導入などを行い去年7月に認証を取得。感染者が落ち着いた先月頃は客足が戻りつつあったが感染者の急増により来店者は減少。その分テイクアウトの需要が増えているという。さらに経営に打撃となっているのが、小麦粉などの値上げ。原材料費はコロナ禍前の1.3倍。経営を圧迫している。「ちくば」ではSNSやホームページを強化しテイクアウト客の取り込みを図り徐々に利用者も増えてきているという。県は、来月13日までのすべての期間、要請に応じた店に協力金を支給するとしている。

長崎 2022.01.21 22:23

長崎県】新たに485人感染確認 4日連続最多更新

新型コロナウイルスは県内で新たに485人の感染を確認し4日連続で過去最多を更新した。 新たに感染が確認されたのは、長崎市185人、佐世保市109人諫早市62人、大村市39人、波佐見町14人など20の市と町のあわせて485人。4日連続で最多を更新した。20日に続き、過去最多となった長崎市では教育委員会事務局で21日までに職員8人の感染を確認。市内の学習塾で6人、市内の学生寮でも5人の感染が分かり新たなに3つのクラスターが発生した。このほか、壱岐市内の小学校で教員1人、児童6人あわせて7人が。平戸市内の飲食店では、9人の感染が確認され、県は新たなクラスターとした。県内の感染者は8986人となった。また長崎市は入院療養中だった80代男性が亡くなったと発表。新型コロナウイルスの感染によって県内で亡くなったのは、去年10月11日発表以来3か月ぶりで、死者は74人となった。県は本土地区の病床確保のフェーズを4から「緊急時のレベル1」に引き上げ県内の確保病床はあわせて462床となっている。一方、県内の発表とは別にアメリカ海軍佐世保基地は新たに関係者7人の感染を発表した。

長崎 2022.01.21 22:16

長崎県知事選 ポスター掲示板の設置開始

長崎県知事選挙を前に候補者のポスターを貼る掲示板の設置作業が長崎市で21日からはじまった。 長崎市の宝町公園では選挙管理委員会の職員の立ち会いのもと午前9時半から委託を受けた業者が作業に取り掛かった。長崎市では897か所に設置し2月1日までに設置を終える予定。長崎県全体の前回の投票率は36.03%と過去最低を記録している。長崎県知事選挙は2月3日に告示、20日に投開票が行われる。

長崎 2022.01.21 12:22

「まん延防止措置」長崎市と佐世保市に適用(長崎県)

新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、21日からまん延防止等重点措置が長崎市と佐世保市に適用された。 オミクロン株の感染拡大を受け政府は、新たに長崎県を含む1都12県にまん延防止等重点措置を適用。期間は1月21日から2月13日までで長崎県内の対象区域は長崎市と佐世保市。両市の飲食店に対しては新型コロナ対策の認証店・非認証店を問わず、午後8時までの営業時間短縮や酒類の終日提供自粛を要請。すべての期間協力した店には、1日あたりの売上高に応じた協力金が支給される。また、延べ床面積が1000平方メートルを超える百貨店や運動施設などの集客施設に対しては、入場者の整理やマスクの着用などを促すよう要請されている。公共施設の対応については長崎市がグラバー園や出島メッセ長崎など160の施設を21日以降、順次休館に。佐世保市は、一律での閉館はせず、利用制限も含めた対応の方針を22日までに示すとしている。長崎県は、県民に対して県外との不要不急の往来を控えること、長崎市・佐世保市では不要不急の外出を控えること、会食はコロナ対策認証店を利用し普段一緒にいる人と4人以内、かつ2時間以内で行うことなどを呼びかけている。

長崎 2022.01.21 12:16

まん延防止措置適用でケーキ店や旅館影響も

まん延防止措置の適用で夜の繁華街に店を構えるケーキ店や温泉街の宿泊施設にも影響が出ている。 長崎市銅座町のリモージュ・タケヤでは、従来の深夜までの営業をコロナ禍で午後9時までに短縮していたが、21日からはさらに前倒しして午後8時までとすることにした。しかも2月13日までのまん延防止適用期間はバレンタイン商戦の真っただ中。オーナーシェフの竹市光一郎さんは、来週から店頭に並べるバレンタイン用のチョコレートも数量を減らす代わりによりこだわった商品を作りたいと話す。ケーキ店や材料の卸業者には給付金などの支援がないため店側の努力で乗り切るしかないといる。竹一さんは「飲食店はもちろん大変だがトータル的に売り上げが下がった店に比例して補助(金)を出してもらえればありがたい。早く収束してにぎわう町になってほしい」と話し第6波収束を願った。一方、第5波のあと観光客や宿泊客が戻りつつあった雲仙市の小浜温泉街。旅館の伊勢屋の女将・草野春奈さんによると、去年の夏から秋の予約は4割程度にとどまっていたが県の宿泊キャンペーンの再開で年末年始は連日満室だったという。回復が期待されたが、年明け以降、徐々にキャンセルが出始め、宿泊キャンペーンの割引が停止となるのに伴いキャンセルの電話が相次いでいるという。草野さんは「今後どうなるかなとスタッフも不安な日々を過ごしている。前向きに、状況を見ながら営業をしていきたい」と話した。

長崎 2022.01.20 19:36

長崎県新型コロナ過去最多474人感染確認

新型コロナウイルスは県内で新たに474人の感染が確認され3日連続で最多を更新した。 新たに感染が確認されたのは長崎市176人、佐世保市121人、大村市39人、諫早市38人など19市町の計474人。19日発表の409人を上回り1日の最多を更新し長崎市、佐世保市もそれぞれ最多となった。クラスター関連では長崎市の杠葉病院で新たに13人の感染が確認され院内の感染者は57人に。長崎市内の放課後児童クラブでは新たに3人増えて9人に。県立大村工業高校では生徒16人の感染が分かり45人のクラスターに。東彼杵町の高齢者施設では入所者を含む11人の感染確認で計28人となった。また、島原市の通所施設で12人、壱岐市の飲食店で5人が感染し新たなクラスターとなっている。県内の感染者は8501人となった。長崎市と佐世保市には21日から政府によるまん延防止等重点措置が適用され不要不急の外出自粛が呼び掛けられている。

長崎 2022.01.20 19:17

長崎市が原爆資料館の展示見直し検討(長崎県)

世界で核廃絶に向けた機運が高まる中、長崎原爆資料館の展示構成の見直しを検討しようと長崎市が審議会を開いた。 展示見直しを検討しているのは核兵器を巡る世界情勢などを解説するコーナー。年表の表記や情報など15年前から更新されていない展示もあり、委員からは若い世代や外国人にも伝わる展示を求める声や専門家チームを作るべきなど検討を求める意見が出された。長崎市は来年度の審議会で方向性を示したいとしている。

長崎 2022.01.20 12:28

162の長崎市の施設順次休館発表(長崎県)

「まん延防止等重点措置」が21日から適用されることに伴い田上長崎市長は20日朝、会見を開き162の長崎市の施設について順次休館することなどを発表した。 21日から2月13日まで長崎市と佐世保市を対象区域に適用される「まん延防止等重点措置」。田上長崎市長は19日までの1週間に長崎市内で516人の感染者が発表され前週の約5倍になっていると説明し、医療のひっ迫も鑑み感染者を減らすことが必要と話した。まん延防止措置の期間中は、飲食店に対し午後8時までの時短要請などを行うほか、グラバー園や出島メッセなど162の長崎市の施設について順次休館するという。中村知事は19日、措置の適用に伴いさらに強い対策の実施をお願いすると説明。長崎市佐世保市では長崎県の施設の開館時間の短縮や休館を、県立高校の分散登校や時差登校を実施する。長崎県民には、不要不急の外出を控え、午後8時以降飲食店にみだりに出入りしないことなどを呼びかける。また、長崎県営バスは長崎と県外を結ぶ3路線の高速バスを26日から当面運休するという。

長崎 2022.01.20 12:05

21日から長崎市佐世保市にまん延防止等重点措置適用 コロナ対策認証店にも時短要請

新型コロナウイルスは新たに409人の感染を確認し過去最多を更新した。感染拡大を受け、政府は、21日から長崎市と佐世保市にまん延防止等重点措置を適用することを決めた。 新たに感染が確認されたのは長崎市155人、佐世保市102人など19の市と町のあわせて409人。過去最多を更新し、3ケタとなるのは7日連続。政府は長崎を含む13都県にまん延防止等重点措置を適用することを対策本部で正式決定した。対象は長崎市と佐世保市で期間は21日から来月13日まで。中村知事は会見で具体的な対応策を発表。飲食店に対してはコロナ対策の認証店、非認証店を問わず、営業時間を午後8時までに短縮し、終日酒類の提供を行わないよう要請し、すべての期間協力した店には、1日あたりの売上高に応じた協力金を支給するとした。延べ床面積が1000平方メートルを超える百貨店などの集客施設に対しては、入場者の整理やマスクの着用などを要請する。また、県民に対し、長崎市と佐世保市では、不要不急の外出を控え午後8時以降飲食店にみだりに出入りしないことなどを呼びかけている。

長崎 2022.01.19 20:59

長崎県】新たに409人過去最多更新 7日連続3ケタ 病院や学校でクラスター

新型コロナウイルスは19日新たに409人の感染を確認、病院や学校で新たなクラスターが発生した。 新たに感染が確認されたのは長崎市155人、佐世保市102人、諫早市44人、大村市30人、平戸市、長与町で12人、東彼杵町8人佐々町7人など19の市と町で計409人。これまでで最多の155人の感染が確認された長崎市は杠葉病院で医療従事者と患者あわせて44人の感染を確認。また市内の放課後児童クラブでも新たに児童、職員あわせて6人の感染が判明。2つとも新たなクラスターと発表した。佐世保市の小中学校では学校関係者の感染が複数確認されていて、2校が休校、1校で学年閉鎖、4校で学級閉鎖となっている。大村市では県立大村工業高校の部活動で教員2人生徒27人の感染が分かり新たなクラスターに。この部活動は今月8、9日に県外での練習会に参加していたという。また、県内の発表とは別にアメリカ海軍佐世保基地は新たに関係者93人が感染したと発表した。19日発表の409人のうち95人の感染経路が特定できておらず、189人が「調査中」となっている。県内の感染者は8000人を超え、8027人となった。

長崎 2022.01.19 20:38

長崎医療圏「医療の非常事態」4病院が文書発表

新型コロナウイルスの感染急拡大で長崎大学病院などは19日午前長崎医療圏の医療が非常事態にあるとする文書を発表した。 文書を発表したのは長崎大学病院や長崎みなとメディカルセンターなど長崎市内で感染者の診療を主に担う4つの病院。感染の急拡大で、一般病床の縮小や手術の延期が余儀なくされているとし、長崎医療圏の医療は非常事態にあるとした。市民に対し基本的な感染対策の徹底と速やかな3回目のワクチン接種を呼びかけている。また、長崎市、佐世保市を対象としたまん延防止等重点措置は19日夕方政府の対策本部で正式決定し、期間は21日から来月13日までになる見通し。

長崎 2022.01.19 12:12

長崎県時津町で民家1棟全焼 男性がケガ

18日夜、時津町で民家1棟を全焼する火事があった。この家に住む男性(86)がケガをした。 18日午後9時頃、時津町で「家の2階が燃えていて火の手が上がっている」と近くの住民から消防に通報があった。火は帶山保さん(86)の木造2階建て民家1棟を全焼し、約4時間半後に消し止められた。出火当時、家には帶山さんと妻の2人がいて、帶山さんが逃げる際に頭にやけどを負い病院に搬送された。警察と消防が合同で実況見分を行い詳しい出火原因を調べている。

長崎 2022.01.19 12:06

ランタン飾りも…イベント中止 客は激減

新型コロナウイルスの感染拡大で長崎ランタンフェスティバルが中止となった中、長崎市の新地中華街ではランタンの取り付けが行われた。 ランタンのみ飾り2月1日から点灯する予定。中華街の店「老李新地店」では年末、観光客や修学旅行生が増え始め、ランタンの飾りだけでも集客できると期待も膨らんでいたが1月になり客が激減しているという。追い討ちをかけるようにまん延防止措置が適用される見通しに。思案橋にある姉妹店は通常午後6時から翌午前3時まで営業しているが、時短となると午後8時までのわずか2時間の営業時間となる。要請となれば酒類の提供も控える考えで、甲斐田周作店長は「(ウイルスは)目に見えないからお客様、スタッフに消毒、席も離れて座ってもらうなど精一杯の対応はする」と話す。

長崎 2022.01.18 19:41

長崎県 新型コロナ過去最多290人確認

新型コロナウイルスは県内で新たに過去最多の290人の感染が確認された。県は国にまん延防止等重点措置の適用を要請している。 新たに感染が確認されたのは佐世保市114人、長崎市60人、諫早市43人、大村市19人など18市町で計290人の感染が確認された。これまでで最多の114人が発表された佐世保市は10日以降、事業所関連2件、会食関連5件、飲食店関連1件の計8件の事例がクラスターと考えられると発表。市は「新年会や新成人による同窓会などで多くの感染が確認されている」としている。18日発表の290人のうち89人の感染経路が特定できておらず134人が調査中となっている。中村知事は「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請すると発表。対象区域は県全体の感染者の約6割を占める「長崎市」と「佐世保市」とし、両市の飲食店に対しては21日から午後8時までの営業時間短縮や酒類の終日提供自粛を要請する。政府は19日、専門家に諮った上で対策本部で正式決定する方針。

長崎 2022.01.18 19:32

長崎県】新型コロナ172人確認 まん延防止措置適用で調整

新型コロナウイルスは県内では新たに172人の感染が確認された。5日連続で3ケタの確認となっている。政府は、長崎を含む1都10県にまん延防止等重点措置を適用する方向で調整していて、早ければ、19日にも決定する見通し。 新たに感染が確認されたのは長崎市89人佐世保市33人諫早市31人大村市と雲仙市でそれぞれ4人など12の市と町であわせて172人。これまでで3番目に多く、5日連続で3ケタの感染確認となった。過去最多の89人が確認された長崎市では新たなクラスターが発生。市内の飲食店で17日の発表分までにスタッフ5人の感染が確認されている。9日にクラスターと発表された市内の放課後児童クラブでは新たに3人の感染がわかり、感染者は児童と職員あわせて12人に。また長崎みなとメディカルセンターでは17日までに職員4人の感染を確認。4人はお互いに接触歴はなく、院内の接触者は全員の「陰性」が確認されているという。13日にクラスターと発表された諫早市の保育園では新たに職員1人、園児8人の感染が確認され、感染者はあわせて36人となった。佐世保市の市立学校3校ではそれぞれ1学級で学校関係者の感染を確認。うち1校では複数の感染者が確認されていて19日まで学級閉鎖としている。17日発表の172人のうち62人の感染経路が特定できていない。複数の政府関係者によると、政府は、長崎を含む1都10県にまん延防止等重点措置を適用する方向で調整を続けている。長崎や熊本など4県は自治体側からの相談を受け、適用に向け調整しているという。県は「政府への正式な要請はまだ行っていない」とした上で「適用も視野に国との情報共有を行っている」としている。政府は、感染状況を慎重に見極めた上で早ければ、19日にも対策本部を開き、適用を決定する見通し。

長崎 2022.01.17 20:14

大規模噴火で一時津波注意報 県「海での作業注意を」

15日トンガ諸島付近での大規模な噴火に伴い、気象庁は、日本列島の広い範囲に津波警報や津波注意報を発表、長崎県西方にも「注意報」が出された。現在は、解除されているが、県は、海に入っての作業などは十分に注意してほしいと呼びかけている。 15日午後1時頃、トンガ諸島付近の海底火山で起きた大規模な噴火。日本列島各地で潮位の上昇がみられたため、気象庁は日本列島の太平洋沿岸などに津波警報と注意報を発表した。現在はすべて解除されているが、気象庁は15日の噴火に伴う若干の海面変動は日本近海で続いているため、引き続き潮位を監視していく方針。県内では16日午前4時7分に長崎県西方に「津波注意報」が出され、長崎港では、午前3時過ぎに20センチ、午前6時過ぎに30センチの潮位変化が観測されている。津波注意報は16日午後2時に解除され、県は、これまでに被害の報告はないとしている。県は今後も、海に入っての作業や釣りなどは十分に注意をしてほしいと呼びかけている。

長崎 2022.01.17 20:05

新型コロナ3回目接種 高齢者施設で進む

新型コロナウイルスの3回目ワクチン接種が前倒しされるなか、長崎市でも高齢者施設の入所者の接種が進められている。 長崎市の高齢者施設では1月12日から3回目ワクチン接種が進められていて17日は「恵の丘長崎原爆ホーム」で接種が始まった。入所する被爆者と職員、計約480人が対象で来週月曜日までに接種を終える予定だという。長崎市では去年12月からスタートしている医療従事者を中心に約4000が3回目の接種を終了。一般の高齢者の接種は2月1日からの開始を計画していて市には来週、3月末までの接種分の440箱、6万6000回分のモデルナ製ワクチンが届く予定だという。感染が急拡大している新型コロナウイルスは県内で15日に過去最多となる207人、16日に180人の感染確認が発表された。県は17日から独自の宿泊キャンペーンの新規予約受付を停止している。13日には感染段階のレベルを引き上げ県全域に「警戒警報」を発令している。

長崎 2022.01.17 12:01

長崎県新型コロナ新たに180人感染確認

新型コロナウイルスは県内で新たに180人の感染が確認された。 新たに感染が確認されたのは佐世保市69人、長崎市56人、諫早市19人など16の市や町の計180人。15日の発表に続く過去2番目に多い感染者でこのうち65人の感染経路が特定できていない。長崎市では「ララなめし」で16日までに従業員5人の感染が確認され新たなクラスターに。諫早市ではクラスターと発表された保育園で新たに園児7人の感染がわかり、感染者は27人となった。

長崎 2022.01.16 19:17

長崎県西方「津波注意報」解除 被害なし

トンガ諸島付近での大規模な噴火に伴い長崎県西方に津波注意報が出されたが県内での被害はなかった。 長崎県西方に出された津波注意報では、高さ1メートルの津波が予想され、長崎港では午前中に20センチと30センチの2回の津波が観測された。注意報は午後2時に解除され、県によると被害などの報告はなかった。また2日目の大学入学共通テストも影響はなく、県内では予定通り実施された。

長崎 2022.01.16 19:16

長崎県西方に津波注意報

トンガ諸島付近での大規模な噴火に伴い長崎県西方に津波注意報が発表されている。気象庁は海岸に近づかないよう呼びかけている。 午前11時半頃の長崎港の様子。潮位などに大きな変化は見受けられないが、長崎港松が枝では午前3時13分に20センチ、午前6時4分には30センチの津波を観測した。日本時間の15日午後発生したトンガ諸島の大規模な噴火に伴い県内では午前4時7分、長崎県西方に津波注意報が発表された。予想される津波の高さは1メートル。県は災害警戒本部を設置。これまでに被害などの情報は入っておらず、避難を呼びかける自治体もないという。長崎県西方に津波注意報が出されている。海岸には近づかないように。

長崎 2022.01.16 12:47