福岡のニュース

指定暴力団・浪川会の本部事務所跡地 第三者が大牟田市に寄付

指定暴力団・浪川会の本部事務所跡地について、福岡県大牟田市は土地を取得した第三者から寄付を受けたと発表しました。 大牟田市に寄付されたのは、大牟田市上官町にある土地・約140平方メートルです。 この場所には、かつて指定暴力団・浪川会の本部事務所があり、前身の九州誠道会の時代から、指定暴力団・道仁会との抗争を繰り返してきました。 去年12月、地域住民から委託を受けた福岡県の暴追センターが使用差し止めを求めて、福岡地方裁判所に提訴し、ことし7月に浪川会側が、その請求を受け入れる形で訴訟が終結していました。 その後、この土地を取得した第三者から大牟田市に対し「再び暴力団の手に戻ることがないよう市に寄付したい」と申し出があったということです。 大牟田市は今後、跡地の活用について検討していきたいとしています。

福岡 2021.09.21 19:13

国際郵便による密輸増加 門司税関が取り締まりを強化

新型コロナウイルスの影響で、国際郵便による密輸が増加し、税関は取り締まりを強化しています。 門司税関は21日、ことし1月から6月までの間に国際郵便を使った密輸事件5件を摘発し、液体大麻や麻薬など約20グラムを押収したと発表しました。 門司税関によりますと、ことしは新型コロナウイルスの影響で、航空機や船を利用し、旅行客を装っての密輸がない一方で、国際郵便での密輸の摘発が増えているということです。 門司税関は「郵便物を取り扱う出張所の人員を増やすなどして取り締まりを強化していく」としています。

福岡 2021.09.21 19:12

死亡事故の減少へ 秋の交通安全県民運動がスタート

秋の交通安全県民運動が21日始まり、福岡県警の野村本部長は「死亡事故減少のため、積極的に取り組んでほしい」と訓示しました。 北九州市で21日に行われた出動式で、福岡県警の野村護本部長は「悲惨な交通死亡事故を1件でも減少させ、安全安心の福岡県を実現するため、積極的に取り組んでほしい」と訓示しました。 福岡県内ではことし、去年の同じ時期に比べ15人多い、76人が交通事故により亡くなっています。 特に北九州地区では去年より8人多い22人が交通事故で死亡していて、福岡県内4地区のうち最も死亡者の数が増えています。 県民運動の期間中、警察は歩行者の安全確保や飲酒運転の撲滅などに重点を置き、県内一斉での取り締まりを行うことにしています。

福岡 2021.09.21 18:31

「基準地価」発表 福岡市博多区で明暗分かれる

土地を取引する際の指標となる「基準地価」が21日、発表されました。福岡県では地価の上げ幅が拡大し、上昇率で全国1位となりました。その一方で、新型コロナウイルスの影響を受けた福岡市の繁華街・中洲は、県内の商業地で唯一、地価が下落しました。 調査は県内の60の市町村、922地点で行われるもので、商業地や住宅地などの土地の値段を調べます。 福岡県の地価の上昇率は去年から1.9%アップ。40年ぶりに全国トップとなりました。商業地も6年連続で上昇し、去年より2.7%アップで初の全国1位となりました。 ■加藤記者 「福岡県内で最も地価が高かったのは、ここ福岡市の天神木村屋ビルです。1㎡あたりの価格はなんと850万円です。」 もはや九州では不動のトップともいえる天神のこの場所は5年連続の県内1位です。 ことしの商業地の上昇率の全国ランキングを見てみると、上位10地点のうち、なんと8地点が福岡県内で、そのうち7地点が福岡市内となっています。 全国トップとなった福岡市博多区綱場町は、オフィスビルが立ち並び、博多駅と天神の両方から約2キロの距離があり、これまであまり注目されてきませんでした。なぜ今回、上昇率1位になったのでしょうか。 ■日本不動産研究所・高田卓巳さん 「高い上昇率となっている地域については、これまでの賃料が割安感があって、買い主がいままでの水準よりも高く貸せたりすると判断。」 また県によりますと、『天神ビッグバン』や来年度に予定されている地下鉄七隈線の博多駅までの延伸などによって、都市部の集客力向上が見込まれ、地価を押し上げているということです。 さらに世界的な新型コロナウイルス対策も地価上昇の背景にあります。 ■高田さん 「世界的な金融緩和で世の中にお金が溢れている状況が続いていて、その資金が不動産に流れ込んでいる。」 一方、福岡市で唯一地価が下落した場所があります。 ■加藤記者 「午後8時を過ぎた中洲です。人通りは少なくなっています。」 福岡市博多区中洲は九州一の歓楽街として、新型コロナウイルスの感染拡大以前のおととしまでは、地価が7年連続で上昇していましたが、今回は2.1%下がりました。“コロナ”による打撃を受けた形です。 こちらは中洲地区にある焼き肉店です。この店では、県の要請に従い、酒の提供はせず、閉店時間を午後8時に繰り上げ、営業を続けてきました。売り上げは“コロナ前”と比べて1割以下に減少したといいます。 ■大衆焼肉まんげつ・大畑健一郎さん 「誰も歩いていないし、観光客や外国の方、地元のサラリーマンもほとんどいないので、街が死んでいますね。いまは」 飲食店の苦しい経営が続く中こんな動きもあります。 ■伊都の明里・福原政幸さん 「不動産の方と話してみて、中洲は全体的に1割~2割ぐらいは落ちてきているということを聞いたので、思い切って出店した。」 家賃下落を逆にチャンスととらえ、飲食店が新規出店に乗り出す決断をしました。 中洲地区の物件を取り扱う不動産会社によりますと、中洲地区のテナントの賃貸相場は“コロナ前”と比べて、2割から3割下落したといいます。 そんな中でも飲食店の新規出店を後押しするのは、コロナ収束への期待です。 ■福原さん 「ワクチン接種や国の支援策などがいろいろ整ってきて、あと1年か2年くらいで、コロナ前みたいな人の動きに戻る可能性が大いにあるので、そういった総合的な部分で(これから)良くなっていくのでは。」

福岡 2021.09.21 17:56

行動制限緩和への期待 福岡県内の事業者が集客へ動き出す

国民の半数以上が2回目のワクチン接種を終える中、政府は11月以降に行動制限を緩和することを目指しています。福岡県内の飲食店や旅行会社などでは制限の緩和を見据えた動きが、すでに始まっています。 21日北九州市小倉北区の地ビールが売りのレストランでは、緊急事態宣言が明けた後の営業に向けた準備が進められていました。現在、このレストランではメインの地ビールが提供できないことから、テイクアウトのみの営業を続けています。感染対策を徹底した上でオープンしましたが。 ■門司港地ビール工房・宮本桃子さん 「この1年間で、フルで営業できたのが何日あるんだろうというのが、この1年弱。料理の内容もビールにあった料理となっているので、アルコールが出せない状況で料理だけお楽しみくださいと言っても、どうしてもお客様に来店してもらえない。」 そんな中、県が新たに開始したのが感染防止の認証制度です。この店では9月、県の認証を受けました。今後、営業再開に向けた後押しにならないか期待を寄せています。 ■宮本さん 「感染対策をしっかりしているから、安心して来てくださいという認証制度だと思うので、認証制度が出ている店には、お酒が出せる、営業時間が延びる、人数が増えるような具体的なメリットが感じられるような規制緩和がされたらいい。」 政府はワクチン接種が行き渡る11月以降をめどに、2回接種した人や検査で陰性だった人の行動制限を緩和することを目指しています。 福岡県は政府が行う実証実験に参加する意向で、エリアを絞って県の認証を受けた飲食店に酒の提供を認めることも検討しています。 県によりますと認証を受けた店は、すでに700店を超えていて申請を行う店は増えていると言います。一方、福岡市のホテルでは、ワクチンを接種した人へのサービスを始めています。 ■須田キャスター 「こちらのホテルでは、ワクチン接種を2回した証明書を提示すれば、部屋に最大24時間滞在できるプランを販売しています。」 このホテルでは、ワクチンを接種した人に対して、通常午後3時から20時間の滞在時間を、正午から24時間に延長するプランを9月から販売しています。 コロナ禍で旅行を控えていた人に限られた時間をゆっくり過ごしてほしいという取り組みで、すでに予約や問い合わせが増えてきていると言います。 ■ホテルモントレ・ラ・スール福岡宿泊課・黒江義弘支配人 「いままでコロナ禍の中で旅行を控えている方、なおかつワクチンを2回接種して、安心して旅行に行きたいというお客様の需要を見すえて今回のプランを作成させていただきました。このプランが起爆剤として、いろいろなお客様がホテルにお越しいただくことを期待しています。」 インターネットでツアー旅行を販売するラド観光は、ワクチンを1回でも接種した人に旅行代金から1000円値引きし、オリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンを始めました。また接種してしない人は無償でPCR検査を行うことができます。 政府が行動制限緩和の方針を示した後は、1週間で約80件の予約が入ったということです。 ■ラド観光・大槻将利支店長 「今回行動の規制の緩和ということで、行っていいですよということではないと思うんですけれど、お客様に旅行をおすすめしやすくなるということと、お客様自身も旅行に行っていいのかというところが出てくると思いますので、旅行であったり出張であったりとかに、非常に期待しています。」 読売旅行は10月から出発するすべての団体ツアーの参加者をワクチンを2回接種した人か、出発前の検査で陰性だった人に限定する取り組みを始めます。 添乗員やバスの運転手も同じ条件を満たしている人に限るということです。 読売旅行は行動制限の緩和について「需要回復の切り札になると期待している。感染対策に万全を期した上で、お客様の思いに応えていきたい」としています。

福岡 2021.09.21 17:55

白菜は例年の3倍に 野菜の高値続き家計を直撃

8月の大雨などの影響で野菜の高値が続いています。例年の2倍以上の値段となっている野菜hがあり、消費者からは「高くて買えない」という声があがるなど家計に大きな影響を与えています。 21日午前、福岡市中央区の青果店を訪ねると。 ■鬼丸記者 「大根1本238円で売っています。」 店によると、例年の2倍にあたる値段だと言います。さらに白菜は例年の3倍にもなるといいます。 ■買い物客 「葉物が欲しかったんですけれど、値段が高かったから、たまねぎを買いました。」 ■買い物客 「ちょっとずつでいいんで安くなってほしい。」 またこの店では、卸値が高騰しているため、8月上旬から春菊が、まったく入荷できない状況が続いているほか、水菜やナスの入荷も困難だと言います。 ■かいぶつくん薬院店・篠原加代子店長 「お盆すぎの雨の後から、1か月以上、全般的に全部の野菜が高いです。ちょっと形が悪いものでも、もってきてお客さんに少しでも安く提供したいけれど。」 福岡市東区の青果市場・ベジフルスタジアムでは、この時期、福岡や熊本が主な産地のナスやトマトは、例年の1.5倍、レタスも2倍近くでの取引されています。 競りに参加した仲卸業者によりますと、17日の台風の影響は、ほとんど出ていないものの、8月の記録的な大雨の影響で野菜の高値が続いているということです。 中でも葉物野菜を中心に品薄の状態が続いていて、仲卸業者は「緊急事態宣言が明けると、飲食店からの野菜の需要が高まり、さらに高値になる可能性もある」と話しています。 21日午前、8月の大雨で大きな被害をうけた福岡県久留米市北野町の野菜の生産者を訪ねました。行われていたのはチンゲンサイの収穫です。生産者の佐藤弘也さんです。 ■野菜農家・佐藤弘也さん 「葉っぱがすれてしまってゴミが多いんですけれど、それでも収穫できてよかったなと思っています。」 8月の大雨で佐藤さんの16棟のハウスは、ほぼ半数が浸水しました。出荷目前だったチンゲンサイをはじめ、多くの野菜を廃棄せざるをえませんでした。 17日には台風14号が福岡県に上陸。幸いにも被害はなく、21日、本格的な収穫を迎えることができました。 ■佐藤さん 「僕たちはお天気仕事なので天候が悪いと野菜の収量が落ちたりして出荷する量が減ってしまう。そうなると消費者さんの負担になっていくので、そこは防ぎたいと思う。」 私たちの食生活に欠かせない野菜。価格が落ち着くまでには、しばらく時間がかかるとみられています。

福岡 2021.09.21 17:48

“伝えたい私のコロナ”#10 職場で感染した女性

“伝えたい私のコロナ”は、クラスターが発生した職場で感染した女性の証言です。 ■職場で感染した女性 「もう水の中にずっといるような、吸っても吸っても酸素が入ってこないような感じで、このまま亡くなったら荼毘に付されて(自宅に)帰るんだなってちょっと思いました。」 死を意識したという40代の女性は、肺炎で4週間入院し、その後、回復するまで3か月かかりました。その感染経路は。 ■職場で感染した女性 「コールセンターで感染しました。そこが感染経路です」 勤務していたコールセンターでの感染対策が、不十分だったと指摘します。 ■職場で感染した女性 「コールセンターにも関わらず、パーティションも全部に設置されていない。フェースシールドのみで仕事可能にしていた。」 さらに、職場で感染者が出ましたが、伝えられることはありませんでした。 ■職場で感染した女性 「患者が1人この同じフロアで出ていましたっていう事後報告だった。それが分かってからあっという間に半数がかかりました。」 結局約20人が感染しました。防げたかもしれない集団感染。いま、伝えたいこととは。 ■職場で感染した女性 「会社にとってもものすごくマイナス。社員を失う。(クラスターが発生)した会社だというようなレッテルも貼られる。のちのち(後遺症で)体調が悪い社員を抱えていかないといけない。やっぱりそこはちょっと自分の会社のことも社員のことも思って、(対策を)取り組むべきだと思う。」

福岡 2021.09.21 17:48

子どもと同居世帯のワクチン優先接種 福岡市が22日から

福岡市の高島市長は21日、小学生までの子どもと一緒に暮らす家族などを対象に、新型コロナウイルスのワクチンの優先接種を行うと発表しました。 ■福岡市・高島市長 「ワクチン接種の対象外となっている子どもたちを守るためにも、同居している家族をしっかり守っていくことが大事。」 高島市長は21日、このように述べ、小学6年生までの子どもと一緒に暮らす家族などを対象に、優先接種を行うと発表しました。 福岡市では12歳以下の感染者の約9割が家庭内感染で、接種の対象外となっている子どもたちの感染リスクを下げる狙いがあります。 1回目は22日から10月5日まで、市内7か所の集団接種会場でファイザー製のワクチンを使って行われます。予約枠は一日あたり400人です。 電話による先着順で、当日から2日後までの予約を受け付けるということです。

福岡 2021.09.21 16:03

青果市場で野菜の高値続く 8月の記録的な大雨の影響

8月の記録的な大雨の影響で福岡市の青果市場では、レタスやトマトなど多くの野菜が高値で取り引きされています。 20日が祝日だったため、福岡市東区の青果市場・ベジフルスタジアムでは、21日の朝、3日ぶりの取り引きが始まりました。 競りに参加した仲卸業者によりますと、17日の台風14号の影響は、ほとんど出ていないものの、8月の記録的な大雨の影響で野菜の高値が続いているということです。 この時期、福岡や熊本が主な産地のナスやトマトは例年の1.5倍、レタスも約2倍での取り引きが続いています。 ほかにも葉物野菜を中心に品薄の状態が続いていて、ある仲卸業者は「緊急事態宣言が明けると飲食店からの野菜の需要が高まり、さらに高値になる可能性もある」と話しています。

福岡 2021.09.21 11:52

秋の交通安全県民運動スタート 自転車の利用者向けに啓発

秋の交通安全県民運動のスタートにあわせて21日朝、福岡市で、自転車の利用者に対する啓発活動が行われました。 21日午前8時ごろ、福岡市博多区の大博通りでは、警察官が交差点に立ち、自転車の利用者にビラを配ったり、イヤホンをつけた「ながら運転」をしないよう指導したりしました。 福岡県内では9月15日現在、去年の同じ時期より14人多い、73人が交通事故により死亡しています。 博多警察署の管内でも5人が死亡していて、このうち3人が自転車に乗っていました。 ■鈴木衆策交通管理官 「自転車も車両。事故のないよう交通ルールを守って運転してほしい。」 秋の交通安全県民運動は9月30日までとなっています。

福岡 2021.09.21 11:51

「は虫類カフェ」のトカゲ3匹を盗んだ疑い 男を逮捕

福岡市内の「は虫類カフェ」で320万円相当のトカゲ3匹を盗んだとして男が逮捕されました。 これは福岡市中央区にある「は虫類カフェ」の防犯カメラの映像です。店内を物色する懐中電灯を持った不審な人物。持参したバッグに何かを入れる仕草をした後、店を出ていきました。 警察によりますと、この「は虫類カフェ」は9月16日の夜から17日にかけて、アルマジロトカゲ2匹とニシマツカサトカゲ1匹、あわせて320万円相当が盗まれる被害にあいました。 警察が捜査していたところ、20日午前、警察署に男が自首してきました。男は福岡市博多区の会社員・春田悠輔容疑者(38)で、窃盗などの疑いで逮捕されました。警察の調べに対し春田容疑者は「隠しきれないと思った、トカゲが好きで盗んだ」と話しています。

福岡 2021.09.20 19:05

福岡県に初の直接上陸 台風14号 なぜ異例のコースを?

1951年の統計開始以来初めて、福岡県に直接上陸した台風14号が、異例のコースをたどった理由は何だったのでしょうか。 17日に福岡県を横断した台風14号。佐賀市では17日午後に最大瞬間風速33.5メートルの非常に激しい風を観測しました。 福岡県と佐賀県では風にあおられ転倒するなどして、あわせて5人がケガをしました。 台風14号が上陸したのは福岡県福津市付近でした。気象庁によりますと台風が長崎県など通過せず、福岡県に直接上陸したのは1951年に統計開始以来“初めて”です。 これには、台風の進路を左右する偏西風が影響していました。 ■日本気象協会気象予報士・佳留耕太さん 「台風を北東方向に流す偏西風に乗りますので、日本海の方向に抜けるのが普通なコース。今回に関しては、その偏西風の気流が弱くて、ほぼ東に進めた。」 偏西風はこの時期、北東方向へ吹いていることが一般的です。しかし今回は、東向きに吹いていた風に乗って上陸し、横断したということです。さらに北側に高気圧があったことも影響したと言います。 まだまだ続く台風シーズン。気象台は秋の台風は急に速度をあげ、突然近づいてくることも多いため、早め早めの台風対策を講じてほしいとしています。

福岡 2021.09.20 19:04

夫婦で177歳のご長寿ボウラー その腕前と継続の秘訣

人生100年時代とも言われる中、健康に過ごしているシニア世代が増えています。長寿ボウラーとしては2人あわせて福岡県内最高齢の177歳という夫婦が北九州市にいます。 北九州市八幡西区のボウリング場で、つぎつぎとストライクやスペアを連発しているのは、遠賀町に住む畑好さんと妻の末子さんです。ピンと背筋を伸ばし、全身をつかって腕を振り抜く、きれいなフォームで約5キロあるボールを投げ込みます。仲間の拍手に迎えられVサイン。2人の年齢は? ■好さん 「87歳。」 ■末子さん 「90歳。」 ともに昭和1ケタ生まれの畑さん夫婦、20年以上ボウリングを続けています。週2回、練習を重ね、腕を磨いてきました。調子が良い時のスコアは、末子さんが180超え、好さんは200を超える実力の持ち主です。 ■好さん 「日常にとけ込んでいるから、これがないと持て余す。」 ■末子さん 「やめようかやめようかと思うけれど、時々いいスコアが出るでしょう。だからもう少しいいかなと思って続けてやっています。」 畑さん夫婦は2人とも北九州市の旧八幡製鉄所で30年以上勤務し、定年を迎えました。時間に余裕ができ、地元のボウリング教室への参加をきっかけに、のめり込んでいったと言います。 敬老の日に合わせて日本ボウリング場協会が発表する長寿ボウラー番付で、畑さん夫婦は「横綱」として認定されています。「横綱」とは、月1回以上ボウリング場に通い、2人の年齢を足して170歳以上の夫婦のことで、県内にわずか7組しかいません。このうち畑さん夫婦は、最高齢の177歳です。 ■末子さん 「年齢で最高最高って言われても嬉しくはないけれどね。」 適度な運動量で健康維持にも効果があるとされるボウリング。女性75歳、男性80歳以上の長寿ボウラーの数は20年前に比べて10倍以上の約8500人に増えています。しかし去年は新型コロナウイルスの影響でボウリング場も一時、休業を余儀なくされました。1か月の休業の間に常連のお年寄りの中には、体を動かす機会が減ったことなどから体調を崩す人もいたといいます。 ■折尾スターレーン・寺田正知支配人 「体を動かすことによって健康を維持してもらうことは非常に大事なことだと思うので、できる限りボウリング場でもコロナ禍の感染症対策をしながら営業していきたい。」 コロナ禍で地域の老人会でのカラオケや食事会などが軒並み中止される中、畑さん夫婦にとってボウリングが大きな支えになっていると言います。 ■末子さん 「投げてスコアが出るでしょう。その成績でダメだったから次に頑張らないととか。家でじっとしていたら、こんなに元気はないと思う。張りがある」 ■好さん 「せっかく夫婦で年齢が上になっているからそれを続けられたらいい。」 この日もベストスコアを目指して3ゲームに熱中した畑さん夫婦、目標は2人そろっての「100歳現役ボウラー」です。

福岡 2021.09.20 17:58

覚醒剤使用直後に ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間

ことし2月、覚醒剤を使用した疑いで福岡市の40代の男が20日、警察に逮捕されました。男は覚醒剤を使用した直後に交通事故を起こしていて、ドライブレコーダーが事故の瞬間をとらえていました。 ことし2月、福岡市南区で、タクシーが青信号で交差点を通過しようとしたその時、突然、車内が激しく揺れました。赤信号で突っ込んできた軽乗用車が右側から衝突したのです。 この事故で軽乗用車は大破し横転。衝突されたタクシーもフロント部分が激しく壊れてしまっています。タクシーを運転していた50代の男性は首などを打撲するケガを負いました。一方、軽乗用車の男はこの事故により骨折などの大ケガをしました。 ■松枝記者 「車はあちらから猛スピードで交差点に突っ込んだ。」 病院への搬送時、男の言動が不自然だったことから、警察が調べたところ、覚醒剤を使用していた疑いが強まり、警察は男の回復を待って、覚醒剤取締法違反の疑いで20日逮捕しました。 逮捕されたのは福岡市城南区神松寺の無職・山崎寛嗣容疑者(47)です。 警察によりますと山崎容疑者は、入院中に病院を抜け出し、19日夜、福岡市博多区のビルの敷地内で酒を飲んでいたところを、パトロール中の警察官に発見されたということです。 山崎容疑者に衝突されたタクシー運転手の男性がFBSに当時の状況を語りました。 ■衝突されたタクシーの運転手 「クラクションの音が、軽(自動車)独特のビーっていう音が聞こえてきたんです。すごいスピードで赤信号で相手の車が入ってきて、私の車の右前にぶつかってきたという感じ。」 男性は事故後、足の震えが止まらないなど、事故による後遺症で仕事ができなくなったと言います。 ■衝突されたタクシーの運転手 「怒りしかないですよね。相手に対しては。」 山崎容疑者は警察の調べに対し「間違いない」と覚醒剤使用の容疑を認めているということです。 警察は覚醒剤の使用が事故につながった疑いもあるとみて、危険運転傷害容疑での立件も視野に捜査しています。

福岡 2021.09.20 17:58

福大病院でエクモ治療の研修会 医師や看護師ら180人が参加

新型コロナウイルスの治療で最後の砦と言われているのが人工肺「エクモ」です。そのエクモ治療に対応できる人材を育成しようと医師や看護師などを対象にした研修会が20日、福岡市の福大病院で行われました。 研修会は20日、福岡市の福岡大学病院で行われ、オンラインも含め県内45の医療機関から約180人の医師や看護師らが参加しました。 福大病院では、これまでに78人の新型コロナウイルスの重症患者を受け入れ、そのうち41人にエクモ治療を行いました。 講義では最前線で治療にあたる医師がエクモ治療を実施する際の判断基準や合併症の対応などを説明。人体の模型を使って実際にエクモを装着する実技指導も行われました。 ■参加した医師 「本で読んだだけではわからない部分がたくさんあると思いますので、本当に経験は大事だと思います。」 ■参加した看護師 「隔離された場所で限られた人数でしないといけなくて看護師も何かできればなと。」 ■福岡大学病院ECMOセンター・星野耕大副センター長 「職種を超えてチームでみるということがエクモにとっては大事になってきますので 地域ごとにエクモの患者さんを共有してお互い連携をとりあうことが非常に大事になってきます。」 研修会を主催した福岡県は県全体でエクモを含めた重症患者への治療体制を充実させ、今後の感染拡大の波に備えていきたいとしています。

福岡 2021.09.20 17:58

日本の棚田百選の「つづら棚田」 彼岸花が見頃

「秋の彼岸入り」の20日、福岡県うきは市のつづら棚田では彼岸花が見頃を迎えています。 日本の棚田百選にも選ばれたうきは市のつづら棚田では、あぜ道に沿って真っ赤に咲いた彼岸花が見頃を迎えています。 晴天に恵まれた3連休の最終日、棚田を訪れた人たちは、彼岸花と黄金色の稲穂の風景を写真に収めていました。彼岸花の見頃は25日ごろまでということです。

福岡 2021.09.20 11:55

“覚醒剤使用”男を逮捕 覚醒剤が事故につながったか

ことし2月、福岡市内で車を運転中に事故を起こした男が、事故当時覚醒剤を使用していた疑いが強まり、20日に逮捕されました。警察は危険運転傷害の疑いも視野に調べています。 ことし2月、福岡市南区でタクシーのドライブレコーダーに記録された映像です。青信号で交差点を通過しようとしたところ、突然車内が激しく揺れます。右側から軽乗用車が衝突したためです。 この事故でタクシー運転手の男性が軽いケガをしました。また軽乗用車を運転していた男は骨折などの大ケガをして病院に搬送されましたが、事故直後の言動が不自然だったことから、警察が調べていました。そして事故当時、覚醒剤を使用していた疑いが強まったため、警察は回復を待って、20日に男を逮捕しました。 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは福岡市城南区神松寺の無職・山崎寛嗣容疑者(47)です。警察の調べに対し山崎容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。 警察は覚醒剤の使用が事故につながったのではないかとみて、危険運転傷害の容疑での摘発も視野に調べています。

福岡 2021.09.20 11:55

福岡県で19日 133人の新型コロナ感染確認

福岡県で19日、新たに133人が新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 感染者の保健所別の内訳は福岡市で40人、北九州市で23人、久留米市で14人などとなっています。 先週の日曜日より159人減り、26日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。 政府が緊急事態宣言解除を判断する際の指標の1つ、病床使用率は18日時点で40.3%で、目安の“50%”を下回っています。

福岡 2021.09.19 19:44

福岡市で高校生はねられ意識不明 自称会社員を逮捕

福岡市で、自転車の女子高校生を車ではねたとして、自称、会社員の男が逮捕されました。高校生は意識不明の重体です。 18日午後10時すぎ、福岡市博多区竹下の交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた15歳の女子高校生が、進行方向から左折してきた軽乗用車にはねられました。高校生は頭を強く打ち、意識不明の重体です。 警察は、車を運転していた自称、福岡市博多区の会社員、中村祐容疑者(37)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。容疑を認めているということです。

福岡 2021.09.19 19:38

新型コロナ 福岡で18日165人の感染確認

福岡県で18日、165人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 感染者の居住地別の内訳は福岡市62人、北九州市23人、那珂川市9人、古賀市7人などとなっています。 検査数は3631件で、陽性率は4.5%でした。80代の女性が亡くなっています。 那珂川市の有料老人ホームで10人、福岡市南区の整骨院で5人の新たなクラスターが確認されています。 新規感染者は2日連続で100人台となりました。 政府が緊急事態宣言を解除する指標の一つとなる病床使用率は、17日時点で41.3%と目安の50%を下回っています。

福岡 2021.09.19 12:04

福岡アンパンマンこどもミュージアムに「SLマン」登場

福岡市の福岡アンパンマンこどもミュージアムに、人気の乗り物「SLマン」がきょうから期間限定で登場しました。 福岡アンパンマンこどもミュージアムで、きょうから運行するのは乗って楽しめる「SLマン」です。 新型コロナの感染対策として1つの車両に乗れるのは1家族のみで、車両には抗菌コーティングが施され、乗り降りのたびに消毒を行っています。 SLマンの運行はきょうから11月3日までの期間限定で、原則、月曜日と金・土・日・祝日に運行します。

福岡 2021.09.18 18:18

福岡市で住宅火災 焼け跡から2人の遺体

きょう午後、福岡市早良区で住宅を焼く火事があり、性別不明の2人の遺体が見つかりました。 きょう、午後2時半ごろ福岡市早良区早良の住宅から出火、およそ2時間半後に鎮火しましたが、2階建ての住宅1棟を全焼し焼け跡から性別のわからない2人の遺体が見つかりました。 警察によりますと、この家には高齢の夫婦2人が住んでいたということで現在、連絡が取れていないということです。 警察が遺体の身元の確認を急ぐとともに出火の原因を調べています。

福岡 2021.09.18 18:17

鳥栖高齢女性殺害 逮捕の大学生所持のハンマー 凶器と特定

佐賀県鳥栖市で79歳の女性が殺害された事件で、警察は逮捕された大学生の男が所持していたハンマーが殺害に使用された凶器だと特定しました。 この事件は今月10日、佐賀県鳥栖市の住宅の庭で大塚千種さん(79)が頭をハンマーで複数回殴られ殺害され、自首した長崎大学4年の山口鴻志容疑者(25)が殺人の疑いで逮捕されたものです。 佐賀県警によりますと自首した時に山口容疑者が所持していた金属製のハンマーからは大塚さんと同じDNA型が検出されこのハンマーが凶器と特定したということです。 佐賀県警はきょう午前、山口容疑者の自宅の家宅捜索を行い、犯行に至る経緯や動機の解明を進めています。

福岡 2021.09.18 18:16

台風14号 福岡・佐賀で5人ケガ 交通への影響残る

きのう福岡県に上陸した台風14号の影響で、福岡や佐賀では5人がケガをしたほか、きょうも空の便で一部欠航が出ています。 台風14号は昨夜、福岡県福津市付近に上陸し、九州北部の全域が一時、風速15メートル以上の強風域に入りました。 佐賀市ではきのう午後4時すぎ、最大瞬間風速33.5メートルを観測しました。 福岡県と佐賀県では、八女市でバイクに乗っていた30代の男性が 風にあおられ転倒し軽いケガをするなど、あわせて5人がケガをしました。 また、梨が旬を迎えている福岡県うきは市の観光果樹園では、事前に防風ネットを張るなど対策をとっていたこともあり、落下した梨は一部にとどまりました。 きょうからの3連休は普段通り営業するということです。 続いては交通へ影響です。 JR日豊線は風で倒れた竹が架線に引っかかり、一時運転を見合わせました。 その他の新幹線や在来線・西鉄は始発からほぼ平常通りに運行しています。 また、空の便では福岡から台風の進路にあたる中部空港に向かう便など18便が欠航となっています。

福岡 2021.09.18 11:58

ニセ電話詐欺を防ぐ 久留米市の郵便局員に感謝状

ニセ電話詐欺を未然に防いだ、福岡県久留米市の郵便局員の男性に17日感謝状が贈られました。 17日午後、久留米警察署から感謝状を贈られたのは久留米南町郵便局の局員・柿本浩史さん(48)です。 柿本さんは8月20日、問い合わせのため郵便局を訪ねてきた高齢女性の言動から、ニセ電話詐欺の被害を受けかけていると見抜き、口座の利用を停止する手続きなどをして被害を未然に防ぎました。 ■柿本さん 「金融機関で働く身として、お客さんの財産を守るのは使命の一つなので。」 福岡県内では9月に入りニセ電話詐欺が急増しています。特に百貨店の従業員を名乗り、キャッシュカードをだまし取ろうとする手口が未遂を含めて100件以上あり、警察で注意を呼びかけています。

福岡 2021.09.17 19:30

国道を歩いて横断中の男性 軽乗用車にはねられ死亡

北九州市の国道で17日、歩いて横断していた男性が軽乗用車にはねられ死亡しました。 17日5時半ごろ、北九州市小倉北区吉野町の国道3号で、軽乗用車が歩行者をはねました。 この事故で、はねられた近くに住む会社員の入江健吾さん(69)が、搬送先の病院で約2時間後に亡くなりました。 現場は見通しの良い直線道路で、入江さんが道路を横断中だったとみられています。 軽乗用車を運転していた61歳の男性は「歩行者に気づかなかった」と話しているということです。警察が詳しい状況を調べています。

福岡 2021.09.17 19:29

プロ野球の新球団が北九州市に 実業家・堀江貴文さんが設立

実業家・堀江貴文さんが設立したプロ野球の新球団が独立リーグに加盟することが正式に決まりました。本拠地を置く北九州市で堀江さんが会見し、街の魅力向上に貢献したいと語りました。 ■堀江貴文さん 「目新しい北九州の小さな独立リーグのチームが、メジャーになる日も夢ではないと思っているので、そういったところを含めて、見守ってもらえたらと思っています。」 堀江貴文さんが立ち上げに携わった「福岡北九州フェニックス」はプロ野球独立リーグの「九州アジアリーグ」への加盟が、このほど正式に決まりました。 リーグへの加盟は、熊本と大分の球団に続いて3球団目で、堀江さんは、球団の共同オーナーとしてスポンサー探しなど経営面でのサポートをしていくということです。新球団は北九州市に拠点を置き周辺の街を含めた球場で練習や試合を行う予定です。 ■堀江さん 「我々のようなエンターテインメントスポーツチームが盛り上げていくことで(北九州市は)魅力のある街と思ってもらえるのではないか。」 球団は10月下旬から選手のトライアウトを行い、来年3月のリーグ開幕に向けて本格的に始動します。

福岡 2021.09.17 16:29

自転車の女性はねられ死亡 西鉄バスの運転手を書類送検

北九州市で8月、西鉄の路線バスが自転車をはね、女性が死亡した事故で、警察は17日、バスの運転手を書類送検しました。 過失運転致死の疑いで書類送検されたのは、西鉄バスの運転手で北九州市戸畑区の38歳の男です。 運転手は8月28日、北九州市小倉北区高浜の国道で、路線バスを運転中に前方不注意により、前を走っていた自転車をはね、乗っていた70歳の女性を死亡させた疑いです。運転手は「対向車線が気になっていた」と容疑を認めています。 事故をめぐっては、インターネット上で女性側に原因があるとする趣旨の投稿が相次ぎ、西鉄は「自転車の走行に問題はない」とバス側の過失を全面的に認めるコメントを出すとともに、社長が会見であらためて謝罪するという異例の対応をとっていました。

福岡 2021.09.17 16:28

2年ぶりの大相撲九州場所を前に 5人の親方が福岡市を訪問

約2年ぶりに福岡市で開かれる大相撲九州場所を前に、5人の親方が17日、福岡市役所を訪問しました。 17日午前、福岡市の中村副市長を表敬訪問したのは、境川親方や三保ヶ関親方ら、九州場所の運営を担う5人の親方です。 去年の九州場所は新型コロナウイルスの影響で開催地が東京の両国国技館に変更されたため、福岡市での開催は2年ぶりとなります。 ■九州場所担当部長・境川親方 「コロナ禍の中で来ていただいたお客さんには少しでも喜んでいただけるように安心して観戦していただけるように努めてまいりたいです。」 中村副市長は「博多の風物詩として、一緒に盛り上げていけるよう、私たちもがんばります」と話しました。 大相撲九州場所は11月14日から28日まで、福岡国際センターで開催され、前売り券は10月2日からインターネットで販売されます。

福岡 2021.09.17 16:28

保育施設の送迎バス運行 福岡県が初の指針 双葉保育園の事故受け

中間市の双葉保育園で、送迎バスに園児が取り残され熱中症で死亡した事件を受け、福岡県は、保育施設の送迎車両の運行について初めてとなる指針を作成しました。 公表された指針では、バスを運転する園長が1人で送り迎えをしていた双葉保育園の事件を教訓に、送迎車両に運転者以外の職員が1人以上乗り、子どもの乗り降りの確認をすることや車が園に到着した時に園児の名前や人数を記載した名簿を職員間で共有して出欠確認の漏れがないようにすることなどを定めています。 また確認を確実にするためのマニュアルや手順書を作成し会議や研修などで定期的に職員に周知するよう求めています。 送迎バスの運行のついては、これまで国の統一的な基準はなく、双葉保育園の事件を受け福岡県が今回初めて作成しました。

福岡 2021.09.16 19:32

「新型コロナ」福岡で234人感染確認 2人死亡

福岡県ではきょう、234人の新型コロナウイルス感染が確認されました。2人が亡くなっています。 感染者の内訳は保健所の管轄別に福岡市で67人、北九州市で28人、久留米市で10人、そのほかの地域で129人です。 80代と70代の男性2人が亡くなっています。 県内の感染者は先週の木曜日より195人減りました。23日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。 国が緊急事態宣言解除を判断する際の指標の1つ、病床使用率は46.3%で目安の50%を下回っています。 県の担当者は「これまでも緩みが再拡大につながることが多かった。引き続き感染対策の徹底とワクチン接種を進めてほしい」と呼びかけています。

福岡 2021.09.16 19:25

胆石症の患者の胆のう摘出手術1万件 佐田正之医師

30年前に九州で初めて、石ができた「胆のう」の摘出手術を行った病院が福岡市にあります。その手術の回数が1万件を超えました。パイオニアとして最前線で治療に当たってきた病院の理事長に密着しました。 ■佐田理事長 「小さな石が何個か入っていました。大丈夫ですからね。」 福岡市中央区にある佐田病院の理事長で医師の佐田正之さん(70)。約30年にわたり「胆石症」の手術を続けてきました。この日は患者3人の手術を担当しました。 胆石症は、肝臓が作る消化液、「胆汁」の通り道である胆のうや胆管に石ができる病気です。みぞおちや腹部に激痛を引き起こすほか、肝機能障害、さらに急性すい炎といった重篤化すると命に関わる病気にもつながるとされています。胆石だけを取り除いても再発することが多いため、胆のうごと取り出す手術が行われます。佐田さんはこの「胆のう摘出手術」のエキスパートです。佐田さんは31年前、ヨーロッパに留学し、最先端の医療を学びます。帰国し、1991年に福岡市で初めて「胆のう摘出手術」を成功させました。 ■佐田理事長 「この手術はきっと日本でも普及するということで確信を持って福岡に帰ったらやりたいと思っていた。」 佐田病院は、いまでは年間400件前後と、国内で最も多く「胆のう摘出手術」を行っていて、ほかの医療機関や患者も佐田さんに厚い信頼を寄せます。 ■手術を受ける患者 「私の知人のお父さんが、こちらの理事長先生に手術してもらって『すごい腕のいい先生だから心配することないよ』ということで、ここ(佐田病院)を紹介していただいて。」 他の医師が執刀したものも含め病院での手術のほとんどに携わってきた佐田さん。ついにこの日、“1万件目”の手術を迎えました。 手術の時に履くというスリッパ。1回目から履き続けたスリッパもボロボロになりました。 ■佐田理事長 「1万回この靴を履いているんですよ。履き心地がいいよ。ちょっとやぶけてますけれど。」 そして、午前9時。 ■佐田理事長 「お願いします。」 1万回目の手術が始まりました。わずか1.5センチの小さな穴から内視鏡を差し込んでいきます。「単孔式」と呼ばれる、体への負担の小さい手術法です。胆のうを専用の器具で持ち上げ、電気メスで肝臓から切り離していきます。細かな手の動きで器具を操ります。一歩間違えば大量出血のおそれも。慎重さが求められます。そして開始から40分。 ■佐田理事長 「どうもありがとうございました。」 1万件目の手術を終えました。 ■佐田理事長 「もうしばらく精進して、いつまで続けるかわからないが、佐田病院で胆石をしてよかったと言ってもらえる人が多くなるように頑張っていきたいと思う。」 信頼と技術で30年にわたり手術を重ねてきた佐田さん。休む間もなく万1件目の手術へと向かっていきました。

福岡 2021.09.16 17:47

路上生活者のワクチン接種 支援するNPO法人の取り組み

新型コロナウイルスのワクチンの接種が進む中、接種券が手元に届かない路上生活の人たちへの接種が9月、北九州市で行われました。希望すれば誰でもワクチンを接種できるように、長年ホームレス支援を続けるNPO法人が実現に向けて動きました。 ■抱樸のスタッフ 「この中に接種券と問診票が入っているんですよ。その問診票に書かないといけないんで。」 9月4日、北九州市小倉北区の公園では、路上生活をする人たちが NPO法人「抱樸」のスタッフに教えてもらいながら、問診票に健康状態などを記入していました。 このあと近くの集団接種会場で、1回目のワクチン接種を受けるためです。 ■ワクチン接種を希望する人(73) 「日雇いの仕事をしよるから、仲間にうつしたら、悔やんでも悔やみきれませんから、それを考えたら打たないといけん。」 「抱樸」は30年以上前から、路上生活をする人に弁当や衣服を配ったりしながら、自立に向けた支援を続けています。 ■抱樸・奥田知志理事長 「どんな状況にあっても1人も漏らさず、全員が今回ワクチンを打てる、そのために社会というのは存在をしているので、北九州市と話し合って、一つ解決策ができています。」 路上生活をする人たちは、市町村が発行する接種券が手元に届かないため、ワクチン接種から取り残されるおそれがあります。 そこで「抱樸」では、路上生活をする人たちが集団接種に参加できるよう北九州市と交渉し、炊き出しや夜回りの際に、接種を希望するかどうか聞き取りを始めました。 ■抱樸のスタッフ 「ワクチンを申し込みます?」 ■ワクチン接種を希望する人 「はい」 ■抱樸のスタッフ 「いま申し込みを受け付けているんですよ。」 ■申し込みをした男性(60) 「接種のハガキをバス停のところに置いてあるのをちょっと見たもんですから、一応ちょっと頭にあったんですけれど」 ■抱樸のスタッフ 「よかったですか?」 ■申し込みをした男性(60) 「そうですね」 北九州市内で路上生活をする人は、現在50人ほど確認されています。 このうち接種を希望する人を「抱樸」が取りまとめ、それをもとに、北九州市が、接種券を発行することになりました。 ■抱樸のスタッフ 「きょうね、申し込みしているんですよ。」 ■佐藤さん(仮名・61) 「どうしようかね。なんかあった時が、外(の生活)やし、正直迷うとるんです。」 ワクチンを打つかどうか迷っていたのは、61歳の佐藤さん(仮名)です。 ■抱樸のスタッフ 「じゃあ気が変わったらここに連絡してください」 ■佐藤さん(仮名) 「分かりました。お水ありがとうございます。やっぱり書いとくわ。」 ■抱樸のスタッフ 「そうやろ、そう言うと思った」 職場の人間関係で悩み 路上生活になったという佐藤さんは、仕事を探しアパートを借りても長く続かず、路上に戻る生活を繰り返してきたと言います。 北九州市内の自宅を飛び出して26年になりますが、亡き母親が眠るお墓には、このところ毎月欠かさず足を運ぶようにしています。 母親が病気で亡くなったのは4年前。佐藤さんの居場所を捜し当てた父親から手紙で知らされました。 大切に持ち歩いているその手紙には、息子の身を案じていた母親の姿が記されていました。 ■佐藤さん(仮名) 「親不孝やけれど、元気にやっているよと、お墓に向かって、ぼそっと言うだけなんですけれど」 最期まで心配をかけた母親のためにも、ワクチンを打って感染や重症化のリスクを減らしたいと思う一方で。 ■佐藤さん(仮名) 「(ワクチンを)打たないより、打った方がいいかなと思うけれど。」 (路上生活だと)本当に休むところがないでしょ、熱が出たら、外だと、だから、絶対病気とかされんのですよ。強い副反応が出ることを懸念していました。」 迎えた1回目の接種当日。事前に申し込んでいた6人のうち、実際に接種を受けに来たのは3人でした。 ■接種を受けた人(73) 「大丈夫です。どうともなかったです。ありがたいですね、感謝の気持ちでいっぱいです、抱樸さんにはね。」 ワクチンを打つかどうか迷っていた佐藤さんは、会場から少し離れた場所にいました。 ■佐藤さん(仮名) 「ちょっと今回は遠慮しようかなと、せっかく受ける機会を与えてもらっているんだけれど、ちょっとね。(副反応で)体調を崩すのがやっぱりまずいんでね。1日、2日で、だいたい症状がもとに戻るというけれど、その2日が大事なんですよね。」 外の厳しさは身にしみているものの、いまは、しがらみのないこの生活を続けたいという佐藤さん。悩みに悩んだ末、今回は接種を見送りました。 ■抱樸・山田耕司常務 「路上で副反応が出るのが怖いっていうのは、それは本当だと思うんですね。ですのでなかなか想定したより来なかったのかなと思っています。路上にいるから、(ワクチン接種が)受けられないとか、そういうことはないようにしたいので、本当はこれをきっかけに路上から脱出していただきたいというのはあります。」 「抱樸」では今後も、接種を希望する人が出てくれば、北九州市に接種券の発行を働きかけていくことにしています。

福岡 2021.09.16 17:42

近づく台風14号 8月の大雨の被災地では不安の声

福岡・佐賀で台風への備えが進められる中、8月の大雨の被災地からは、不安の声が聞かれました。 16日午後、佐賀県武雄市の日本料理店では、店主の松山昇さんが厨房の復旧作業を行っていました。 ■料亭松山・松山昇さん(57) 「いま、休みないです。ずっと作業しています。水害以降は全部作業です。」 武雄市では、8月の記録的な大雨によって、広い範囲で浸水し、 松山さんの店も一時は、大人の胸の高さほどまで水が押し寄せました。 泥水が店に入り込み、冷蔵庫が倒れるなど、被害額は、約2000万円に上るといいます。 なんとか10月初めには、営業を再開したいと考えていますが、近づいてくる台風に、1か月前の大雨のことが頭をよぎります。 ■松山さん 「やっぱり雨が降ってきたら、すぐ目が覚めてしまうんですよ。結構トラウマになっていますから。台風が来る時は、車を動かしたりとか、電化製品を上(の階)に上げたり、そういうことをしようと思っています。」 一方、福岡県うきは市の観光農園では―。 ■澤田キャスター 「こちらでは梨をテープを使って固定する作業が行われています。」 実りの時期を迎えた約2万個の梨。強風で落下するのを防ぐため、 ひとつひとつテープで固定する作業が行われていました。風よけのネットをはる作業も。 ■明果園・秦鈴子さん(75) 「気休めですけれどね。こうでもしないと、じっと待っておくよりは、せっかく一生懸命、骨折ってつくったのに1、2時間でパーになったらえらいこと。」 梨は旬の時期を迎えていますが、台風の接近に不安を隠せません。 ■秦さん 「どうしよう、どうしようって。台風がそこら辺まで来ているのをスマホ見ながら。どうしようもないですね。すごいですよ、足の踏み場もないくらい落ちる。」 かつては、梨が落ちたり、傷がついたりしても、格安で販売できる支援イベントが開かれていましたが、コロナ禍では見通せません。 ■秦さん 「イベントの時に傷ものを持って安く販売するんですけれど、いまイベントがないですもんね。Q台風が近づいてきているが、どうなってほしい?それは、クッと曲がってほしい。」 台風14号は九州北部への上陸も懸念されています。福岡県と佐賀県の多くの自治体では、小・中学校や特別支援学校の17日の臨時休校を決めています。

福岡 2021.09.16 17:40

「西日本陶磁器フェスタ」 北九州市で開催 20日まで

西日本各地の窯元の陶磁器を展示・販売する「西日本陶磁器フェスタ」が16日から、北九州市で開かれています。 会場では佐賀県の有田焼や長崎県の波佐見焼をはじめ、西日本を中心とした166の窯元の器や皿など4万点を超える陶磁器が展示・販売されています。 ことしは新型コロナウイルスの感染対策で参加する窯元を例年の約8割に抑えているほか、会場内が5000人以下になるように入場を制限しています。売れ筋は約2000円から3000円の数枚セットになった食器だということです。 訪れた人たちは、じっくりと品定めしながら、お気に入りを買い求めていました。「西日本陶磁器フェスタ」は20日まで開かれています。

福岡 2021.09.16 16:10

福岡市や北九州市の小中学校 台風接近で臨時休校を決定

福岡県内では台風14号の接近に伴い、福岡市や北九州市など多くの市町村で17日、小中学校などを臨時休校することを決めています。 台風14号の接近に伴い、17日の小中学校や特別支援学校の臨時休校を決めているのは16日午後3時の時点で、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、田川市、大牟田市、大野城市、中間市、小郡市、宗像市、福津市、うきは市、嘉麻市、宇美町、志免町、芦屋町、桂川町、大木町、添田町、糸田町、川崎町、赤村、福智町です。 このうち一部の自治体ではオンライン授業をすることにしています。 またこのほか多くの市町村でも休校するかどうか協議しているということです。

福岡 2021.09.16 16:08

粕屋町で住宅火災 一時激しく黒煙が上がる

福岡県粕屋町で16日午前、住宅を焼く火事がありました。ケガ人はいませんでした。 激しく立ち上る黒い煙。16日午前9時ごろ、粕屋町内橋で「一般住宅の2階から火が出ている」と近くに住む女性から消防に通報がありました。 消防が駆けつけ、火は約1時間半後に消し止められましたが、鉄骨2階建ての事務所兼住宅の2階の住宅部分、86平方メートルを焼きました。 出火当時この家の住人は不在で、ケガをした人はいませんでした。 警察と消防が火事の原因を調べています。

福岡 2021.09.16 16:08

民間のPCR検査センター 福岡市・天神地区にオープン

民間企業が運営する新型コロナウイルスのPCR検査センターが16日、福岡市・天神地区にオープンしました。 PCR検査センターは福岡市中央区の渡辺通り沿いのビル1階にオープンしました。 唾液によるPCR検査を行い、翌日中にメールで結果が通知されます。 費用は2300円で事前予約が必要です。 発熱などの症状がある人は受けられません。初日の16日は60人の予約が入っているということです。 ■利用者 「心配する人もいると思うので、そういう人に報告できるのはいいですね。」 運営する木下グループは「店は都心部にあるので気軽に検査を受けてほしい」と話しています。

福岡 2021.09.16 11:51

期間限定の行列ができるラーメン店 博多駅の地下に復活

ことし3月、JR博多駅のホームに期間限定で登場し、行列ができたラーメン店が15日、博多駅の地下に「復活」しました。 15日正午すぎ。博多駅にあるデイトス地下1階の飲食店街に行列ができていました。その先にあったのは1軒のラーメン店です。オープンしたばかりの店、「明鏡志水」です。 ■来店客 「オープンを楽しみにして、休みを取って来た。」 その約2時間前。飯塚市出身のオーナー、秋吉雄一朗さんが妻の美鈴さんとともに緊張した面持ちで店のオープンを知らせる看板を掲げました。 ■明鏡志水・秋吉雄一朗シェフ 「気合い入っています。」 店の看板メニューは、和食のだしのように透き通ったスープのラーメン。カツオ節やシイタケなど九州産の素材にこだわりました。 ■平石記者 「スープが透き通っていて、あっさりしているように見えるが、だしの風味が濃く、豊か。」 秋吉さんはかつてパリの日本大使公邸で料理長を務めた和食の料理人です。ことし3月から6月まで、その腕を生かした「立ち食いラーメン店」を博多駅のホームに出店し、大人気となりました。この時の縁で、再び博多駅の地下に、「立ち食い」店と同じ名前の店、「明鏡志水」を出店することになったのです。待ちわびた客が、初日から次々に来店しました。 ■来店客 「やっぱりおいしい。元々博多駅のホームでよく食べていた。」 ■来店客 「ホームにある時から何度も行ってすべてのメニューを食べた。二度と食べられないのかと思うと残念だったので、また食べられると分かったときは本当にうれしかった。」 順調に新たな一歩を踏み出したかに見えますが、秋吉さん、実はコロナ禍で苦しい事情を抱えながらオープンを迎えていました。 おととし10月、パリで茶懐石の店を開こうと現地に店を借りて、オープンに向け工事を進めていました。 ところが、去年の2月ごろから新型コロナウイルスが猛威をふるい始め、出店は延期になりました。 それでも、一度手放せば、同じところに店を構えられる保証はないため、2年近く経ったいまも、ひと月50万円以上かかる店の家賃を払い続けています。 ■秋吉シェフ 「もうどうしようと思った。スポンサーになんて説明しようかと思った。」 そんな中舞い込んできたラーメン店の出店の話。コロナ禍でパリ出店は延期となりましたが、だからこそ新しい分野に挑戦する機会を得られたと秋吉さんは前を向いています。 ■秋吉シェフ 「予定は崩れたが必要なことだったのかもしれない。そのままパリに行っていたら失敗していたかもしれない。コロナで日本にいたからいろんな仕事や経験をさせてもらえた。やるしかない。後ろは向いていられない。」 再起を期すオーナーの情熱とともに「行列のできるラーメン店」が15日、復活しました。

福岡 2021.09.15 19:19

マラソン金メダリスト道下美里選手 福岡県知事を表敬訪問

東京パラリンピックの女子マラソンで、金メダルを獲得した道下美里選手が、福岡県の服部知事を表敬訪問しました。 道下選手は15日午後、伴走メンバーとともに服部知事を訪問しました。 道下選手は、福岡県太宰府市在住で、福岡市の大濠公園で練習しています。金メダルについて「福岡の多くの市民ランナーが練習を支えてくれて、メダルを取れました」と知事に報告しました。そして、今後の予定を聞かれると。 ■道下美里選手(44) 「来月ボストンマラソンに招待していただいたので、楽しみながら走りたいと思っている。」 また3年後のパラリンピックパリ大会については、「元気に走っていれば出場したいが、いまは家族との時間を優先しながら目標を定めたい」と話していました。

福岡 2021.09.15 19:18

大野城市の浄水場で工事中に生き埋め 男性作業員が死亡

15日午前、福岡県大野城市の浄水場で配管工事の作業中に作業員の男性1人が生き埋めになり死亡しました。 15日午前10時すぎ、大野城市の牛頸浄水場で「配管工事中の作業員が生き埋めになって救出したが意識がない」と消防に通報がありました。 生き埋めになったのは大野城市の建設作業員・脇坂信幸さん(56)で病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。 警察によりますと配管工事のため脇坂さんが地中で土砂崩れを防ぐための板を設置していたところ、何らかの理由で生き埋めになったということです。 警察は労災事故として当時の状況や原因などを詳しく調べています。

福岡 2021.09.15 19:14

小学校に「ぶち殺す」と脅迫電話 男子中学生を書類送検

北九州市門司区の小学校に「全員ぶち殺す」などと脅迫電話をかけたとして14歳の男子中学生が書類送検されました。 威力業務妨害などの疑いで書類送検されたのは、北九州市門司区に住む14歳の男子中学生です。 中学生は、8月28日土曜日、西門司小学校の留守番電話に「全員一人残らずぶち殺す」などと録音し、週明けの8月30日月曜日に臨時休校させ業務を妨害した疑いです。 脅迫電話を受け、約150人の児童が保護者に迎えに来てもらうなどして急きょ下校しました。 警察の調べに対し男子中学生は「知人とトラブルになり、イライラを解消するためにやった」と話しているということです。

福岡 2021.09.15 19:11

薬を飲ませ女性4人に乱暴 男に懲役17年の判決

知り合いの女性4人に睡眠作用のある薬を飲ませ、乱暴したとされる男に対し懲役17年の判決が言い渡されました。 判決を受けたのは福岡市東区の会社役員・小原光春被告(46)です。 小原被告はおととし11月、当時18歳から21歳の知人の女性4人に睡眠作用のある薬飲ませ、ホテルに連れこみ乱暴したなどとして、準強制性交等傷害などの罪に問われていました。 15日の判決公判で福岡地方裁判所の柴田寿宏裁判長は「自分の性欲を満たすために被害者らの人格を無視して体を弄んだ」と指摘した上で、「反省しているとは認められない」として、懲役18年の求刑に対し、懲役17年の判決を言い渡しました。

福岡 2021.09.15 19:07

若い世代に絞ったワクチンの集団接種 福岡県で始まる

福岡県内でも、新規感染者の減少傾向が続くなか、ワクチン接種に新たな動きです。子どもと接する機会の多い保育士や学校の教職員、苦境が続く飲食店の従業員などのうち、若い世代に絞った集団接種が15日から始まりました。 15日午後、福岡市・天神では。 ■澤田キャスター 「こちら、ワクチン接種の待機所なんですけれども、なかには、若い人の姿が多く確認できます。」 福岡県が15日から新たに設けた優先接種のための会場です。モデルナ社製のワクチンが使われています。 優先接種の対象は、子どもと接する機会の多い保育士や学校の教職員のほか、苦境が続く飲食店の従業員、妊娠している女性などで、年齢は16歳から39歳までに限られています。 30代でも24パーセントとまだ接種率が上がっていない若い世代の接種を推し進める狙いもあり、15日だけで、96人が接種を受ける予定です。 ■接種した中学校教師(20代) 「ずっと予約を取りたくても、なかなか取れなかったので、取れてよかったなと、子どもと接する機会が多いので。」 ■接種した飲食店従業員(30代) 「営業時間が短くなって、アルコールも提供できませんので、売り上げも9割くらい下がってしまったので、自分を守るという点とお客様を守るという点で早く打ちたかった。」 福岡県では、16日までに、こうした優先接種の会場を福岡市・天神を含め、新たに9か所に設置します。 1つの会場につき、1週間で最大1000人の予約枠が設けられていますが、予約が入っているのは、2割から3割程度にとどまっているということです。 福岡県の担当者は、「まだ受けていない人は、ぜひ予約していほしい」と話しています。 こうしたワクチン接種が広く行き渡ることを前提として、11月をめどに検討されているのが、行動制限の緩和です。 飲食店での酒の提供や県をまたぐ移動などを一定程度認めようというもので、福岡県は政府に対し、10月にも行われる実証実験に参加する意向を伝えています。 これについて、福岡県医師会は15日。 ■福岡県医師会・瀬戸裕司専務理事 「県医師会にも県民から何本か電話が入りました。いろいろな電話がありました。この時期に、こんな検証に福岡県は参加するということを医師会はどう考えているのか?と非常に心配している電話でした。緊急事態宣言の解除後、ワクチンが進んだうえで、(行動制限の緩和案を)検証し、分析することについては理解しているところです。」 また、福岡県医師会は、重症化リスクを減らす治療法として注目される「抗体カクテル療法」の実績を明らかにしました。 「抗体カクテル療法」は、8月中旬から、宿泊療養施設で行われています。 ■瀬戸専務理事 「54人に投与しております。うち、すでに44人は宿泊療養施設を退所している。」 「抗体カクテル療法」は、2つの薬を混ぜ合わせて点滴で投与するものです。 対象は、糖尿病など重症化のリスクがあり、発症から1週間以内の投与が原則となっています。 これまでに20代から80代の54人に投与したところ、重症化して緊急搬送された事例はなく、効果が認められたということです。 ■瀬戸専務理事 「熱というのが一番分かりやすいが、37度5分以上の患者に投与した翌日には36度台、投与した翌日には解熱している。その後も重症化することはなく、効果としては非常にあるのではないか。」 福岡県医師会では、保育園などでのクラスターや2回のワクチン接種後に感染が確認される「ブレイクスルー感染」が相次いでいることから、「まだまだ予断を許さない感染状況」として、感染対策のさらなる徹底を呼びかけています。

福岡 2021.09.15 17:41

“伝えたい私のコロナ”#8 自費で検査受け陽性判明

「伝えたい私のコロナ」です。体調に異変を感じた当初の診断では新型コロナウイルスに感染したと分からず、発症後のPCR検査で感染が判明した北九州市の23歳の女性です。 ■北九州市の女性 「尋常じゃないぐらい息切れして、海に溺れたみたいな感じの息苦しさ。なんか息が吸えないなと思って。」 北九州市の23歳の女性。7月末に発熱し、3か所の病院を受診しましたが。 ■北九州市の女性 「あーこれはへんとう炎だねって。不安だったので先生にこの胸の痛みと背中の痛みって何ですか?みたいな感じで聞いたんですけれど。」 いずれの病院でも新型コロナウイルスの感染ではないとされ、PCR検査は受けられませんでした。 しかし6日後、41度の高熱を出した女性、自費でPCR検査を受け、陽性が確認され、急遽入院することになりました。 ■北九州市の女性 「病院の中に入っていくときに私、家に帰れるかな?っていう思いはやっぱりありました。息の苦しさとかで死ぬかもしれないなって。」 医師は家族に対して覚悟をするよう告げます。 ■北九州市の女性 「非常に悪い状態ですとまず言われて。粛々とできる医療を進めていくしかない。重症化したら気管を切開。のどを切って空気を入れると。なんとも言えない状態ですと言われた。」 すぐに抗ウイルス薬が投与され、一進一退の状態が続きましたが、懸命の治療もあり、女性はなんとか一命を取り留めました。 23歳の女性が、いま伝えたいこととは。 ■北九州市の女性 「本当に死んでしまうのになって…。自分だけは大丈夫とは絶対に思わないでほしい。本当に健康な人でも、若い人でも、子どもでも大人でも、もう誰でも命を落とす危険があるということを再認識してほしいです。他人事だとは思わないでください。」

福岡 2021.09.15 17:33

“妻子殺害”元警察官の控訴棄却 一審の死刑判決を支持

福岡県小郡市で妻と2人の子どもを殺害したとして一審で死刑判決を受けた元警察官の控訴審判決です。福岡高等裁判所は一審の死刑判決を支持し、被告側の控訴を棄却しました。 元福岡県警巡査部長の中田充被告(43)は、2017年、小郡市の自宅で、妻と2人の子どもの首を絞めるなどして殺害した罪で一審で死刑判決を受け、控訴していました。 中田被告は無罪を主張し、弁護側は第三者による犯行の可能性などを訴えていました。 福岡高等裁判所の辻川靖夫裁判長は殺害されたとみられる時刻などから第三者の犯行を否定した一審判決は不合理ではないと指摘。 「生命を軽視する態度が甚だしく非常に悪質」として、一審の死刑判決を支持し、控訴を棄却しました。 遺族は「殺された理由や詳しい事実は結局分からないままとなり、この点には、到底納得がいきません」とコメントしています。弁護側は上告を検討するとしています。

福岡 2021.09.15 16:15

おせちの予約の受け付け始まる 北九州市のデパート

北九州市のデパートで15日、おせちの予約の受け付けが始まりました。 北九州市の小倉井筒屋では、15日午前10時から新型コロナウイルス対策で密を避けるため、整理券を配って人数制限をしながら、おせちの予約の受け付けが始まりました。 井筒屋では有名ホテルや老舗料亭など250種類を超えるおせちを取り扱っていますが、中には10万円を超える高級おせちもあります。 最近は新型コロナの影響もあって少人数で楽しむ2万円以下のおせちが人気だということです。 ■来店客 「本来だったら6人家族なのですが、東京の子たちは、帰ってこられないので家族4人で、昨年に引き続き、ちょっとさみしいお正月ですけれど。」 小倉井筒屋のおせちの予約は12月14日まででインターネットでも受け付けています。

福岡 2021.09.15 11:53

行橋市で死亡事故 路上に倒れていた男性が車にはねられる

福岡県行橋市で15日、路上に倒れていた男性が車にはねられ死亡する事故がありました。 15日午前0時ごろ、行橋市西宮市で52歳の男性から「路上に倒れていた人を車でひいてしまった」と警察に通報がありました。 警察によりますと近くに住む谷本貞雄さん(69)が車にはねられており、病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。 現場は車線のない細い道路で、事故の直前に近くを通った人から「道路に誰か横たわっている」と交番に連絡があったということです。 警察は車を運転していた男性から詳しい話を聞くとともに、周辺の防犯カメラを捜すなどして当時の状況を調べる方針です。

福岡 2021.09.15 11:52

東京五輪 柔道女子金メダル 素根輝選手が服部知事を表敬訪問

金メダリストが早くも次の大会に向け目標を語りました。東京オリンピックの柔道で2つのメダルを獲得した久留米市出身の素根輝選手が、福岡県の服部知事を表敬訪問しました。 福岡県庁を訪れたのは東京オリンピックの柔道女子で金メダルを獲得した素根輝選手です。 素根選手は東京オリンピックの柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得し、混合団体でもチームを銀メダルに導く活躍をみせました。 表敬訪問で素根選手は、早くも3年後を見据えた目標を語りました。 素根選手 「最終的な目標はパリオリンピックでの金メダル。目の前の大会ひとつひとつを大事に戦っていきたい」 服部知事は「調整が難しいなか、努力されてきたことはすばらしい。我々福岡県民も勇気をいただいた」と活躍を讃えました。

福岡 2021.09.14 19:03

秋に増加!ダニによるアレルギー症状

厳しい暑さが過ぎ秋らしさが増すにつれて肌がかゆい!せきやくしゃみが出てきた!という方はいませんか? それはダニのせいかもしれません。 原因となるのは体長わずか0.3㎜ほどの「ヒョウヒダニ」。 家の中に繁殖するダニのうち8割から9割を占めるといわれています。 ダニが増えるのは梅雨から夏にかけての時期ですが、なぜ、秋になってから症状が出るのでしょうか? ひろ内科 坂井裕之理事長 「秋になって温度が下がるとダニが死んでいく。湿度が下がってくるので乾燥してくる。死んだダニの粉末が飛びやすくなり、フンの粉末も飛びやすくなる。乾燥によって空気中に舞う確率が高くなる。」 空気中に舞ったダニの死骸やフンを吸ったり、触れたりすることで、咳や鼻水・鼻づまり、目や皮膚のかゆみなど、いわゆるアレルギー症状が出ます。 そこで重要になるのが掃除です! ダニに負けない掃除のコツを専門家に聞きました。 1つ目は「タイミング」です。 ダスキン広報担当 梅村理恵子さん 「就寝して起きてすぐとか家をあけて帰宅後すぐであったりとか。空気の動きがなくて、ほこりがゆっくりと床に溜まってきているタイミングを狙って掃除をするのがポイント。」 床にたまったほこりがふたたび舞い上がらないよう、ほこりを取り除いてから掃除機を使うのがおすすめです。 特に、テーブルの下や階段など空気が淀みやすいところはほこりの隠れ家!重点的に掃除しましょう。 ふたつめは「寝具の手入れ」です。 寝具にはダニのえさとなる人のアカやフケが付着しているため、特にダニが繁殖しやすいといいます。 ダスキン広報担当 梅村理恵子さん 「布団に掃除機をかけるというのも効果的になる。専用のノズルアタッチメントをつけてもらって、ゆっくりと布団を掃除機にかけてもらうといい。」 家庭での手入れは週に一度が理想的で、年に1度は布団の丸洗いをするのがおすすめだということです。 もっと手軽に対策したい!という方には。 筒井アナウンサー 「こちらにはさまざまな種類のダニ対策グッズが並んでいます」 ダニを捕獲する特殊なシート。人間には感じない匂いでスポンジの中にダニを誘い込み、内蔵されている粘着シートで捕獲します。ベッドカバーの下やクローゼットの中に入れてダニの繁殖を防ぎます。 光触媒が繊維に入り込み、部屋の電気の光に反応してダニのフンや死がいを分解できるスプレーも。 ダニが嫌う物質を含んだ加工剤は、洗濯の際、柔軟剤と同じように        使います。ダニを寄せ付けにくくなる効果が1か月ほど続くそうです。 この時期に気をつけたいダニのアレルギー。 目に見えないほどの細かさだけに、身の回りのこまめな掃除や手入れを心がけましょう。

福岡 2021.09.14 18:42

世界最高齢118歳!福岡市の女性にお祝い

15日の「老人の日」を前に、元気な姿が公開されました。 世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子(かね)さん118歳です。13日、福岡県と福岡市からご長寿のお祝いが贈られました。 カメラに向かってピースサインをする、田中カ子さん。入所する福岡市東区の施設で撮影されました。 福岡県の服部知事からは長寿を祝うメッセージカードと大きなコチョウラン。 福岡市からは、カ子さんが大好きなチョコレートの祝い状などが贈られました。 ギネスで世界最高齢に認定されている田中カ子さんは1903年(明治36年)1月生まれの118歳。 県などによりますと、最近は眠る時間が長いものの、オセロを楽しんだり、親指をたてて「いいね」のサインをしたりと元気な様子で、好物の炭酸飲料やチョコレートもよく口にしているということです。 カ子さんの孫の英治さんは「夏に体調を崩して入院しましたが、現在は施設で元気に過ごし、目標の120歳に向かって頑張っています」とコメントしています。 福岡県で今年度100歳を迎える人は1899人です。県内に住む 100歳以上の高齢者は今年度末までに5121人となる見込みで、5000人を超えるのは国の統計が始まった1963年以来初めてです。

福岡 2021.09.14 18:27

佐賀県警の対応に疑問 遺体発見から発表まで空白の4日間

佐賀県警は今月10日に大塚さんの遺体を発見し、事件の可能性を認識していましたが、4日間、遺体発見の事実を公表していませんでした。凶器を持った容疑者が次の事件を起こす恐れもあった中 佐賀県警の対応に疑問の声もあがっています。 この事件では、大塚千種さんの遺体が見つかってから事件が公表されるまで4日間の空白がありました。 佐賀県警は、頭部に外傷がある遺体発見の事実を今月10日の発見当日に公表しなかったことについて「事件なのか事故なのか断定できなかったため」としています。 山口容疑者が自首した時には、所持品のリュックサックにハンマーが入っていたといい、一歩間違えばさらなる被害が出ていた恐れもありました。 付近の住民 「警察には何かあったんですかと塀越しに何回も聞いたんですけど はっきりしない。警察も答えられない。答えてもらえなかった。」 「気をつけてくださいね、くらいは警察の方は言われてもよかったんじゃないですかね。今思うに」 「犯人がうろうろしていたらと思うと恐ろしい。自分がやられていたと思うと」 早めに公表すべきだったのではという声について、佐賀県警は「指摘は、組織で共有する」と述べるにとどまっています。

福岡 2021.09.14 18:13

若者へのワクチン接種どう加速?

新型コロナの感染収束に向けて、若者へのワクチン接種の加速が課題となっています。福岡市では14日から、博多区の中央ふ頭クルーズセンターで予約なしでのワクチン接種を実施するなど、さまざまな取り組みが始まっています。 また、政府は11月をめどにワクチンを接種した人や、検査で陰性だった人に対して行動制限の緩和を目指していて、福岡県は政府が行う実証実験に参加する意向を示しています。 柳川市では13日から12歳から15歳までの接種が市内20か所のクリニックで始まりました。65歳以上の高齢者のワクチン接種がほぼ終わる中、若い世代への接種をどう進めていけばよいのでしょうか。 詳しくは動画をご覧ください。

福岡 2021.09.14 18:10

鳥栖市で高齢女性殺害 長崎大学の男子学生を逮捕

佐賀県鳥栖市で高齢の女性をハンマーで殴り殺害したとして、長崎大学4年の25歳の男が14日逮捕されました。男は、殺意を一部否認していて、警察が詳しい動機を調べています。 澤田アナウンサー 「規制線が張られていて中には警察車両、警察官の姿が確認できます。この奥の住宅で高齢の女性が亡くなっているのが見つかったということです。」 佐賀県鳥栖市の静かな集落で起きた事件。 逮捕されたのは、長崎市に住む大学生でした。 14日、殺人容疑で逮捕された長崎大学薬学部4年の山口鴻志容疑者(25)。 警察によりますと、山口容疑者は今月10日の午後1時ごろ、除草作業をしていた大塚千種さん(79)の頭をハンマーで複数回殴り      死亡させた疑いです。大塚さんの死因は頭を強く殴られた事による脳機能障害でした。 近所の住人 「とにかく物腰が柔らかくて優しくて言葉遣いも丁寧な、とてもいい人でした。」 「あんなに物静かな人を、どうしてやろうかと思ってから。人から恨まれるような人じゃないからね。ちょっと考えられない。」 大塚さんと山口容疑者に面識があったかどうかはまだ分かっていません。 山口容疑者は自宅のある長崎市から離れた佐賀県鳥栖市で大塚さんを殺害。 そしてきのう正午過ぎ、大分市の大分中央警察署に自首しました。 「鳥栖市の民家で女性の頭をハンマーで殴った。とんでもない事をしてしまった。」 リュックサックにはハンマーが入っていたといいます。 「ハンマーで頭を殴れば殺してしまうかもしれないと思っていたが、確定的な殺意まではありませんでした」 警察の調べに対し、こう話しているという山口容疑者。 同じ大学に通う学生に、どんな人物なのかを聞くと。 山口容疑者の知人 「もともと暗い感じの人ではあったんですけど、衝動的に人をやってしまうような人ではなかったですね。キャンパスの中ではあんまり目立たない感じで、目立ってもなければ悪い意味で目立っているという感じでもなかったので、印象にないって感じですね。」 警察は詳しい動機や経緯などを捜査しています。

福岡 2021.09.14 18:06