福岡のニュース

太宰府天満宮でご神木の「飛梅」開花

太宰府市の太宰府天満宮できょう、ご神木の「飛梅」が開花しました。 けさ、太宰府天満宮では本殿前のご神木「飛梅」が5輪 白い花を咲かせているのが        確認されました。 飛梅には大宰府に流された菅原道真公を慕い、一夜にして京都から飛んできたという言い伝えがあります。 開花の時期は気温によってバラつきがあるものの、ことしはほぼ例年並みだということです。 ■参拝に訪れた人 「娘が妊娠して安産祈願で、非常に縁起のいい日に来られてよかった」 飛梅の花は来月中旬ごろに見ごろを迎えます。

福岡 2022.01.22 18:02

解雇・雇い止め…“非正規”応援ホットライン開設

解雇や雇い止めなど非正規雇用の労働者からの相談を受け付けるホットラインがきょうから開設されています。 ホットラインを開設したのは「連合福岡ユニオン」です。 午前10時に受け付けが始まると、パートで働く女性から「濃厚接触者で出勤できなくなった」と休業手当についての相談などが寄せられました。 組合によりますと新型コロナの影響が長期化する中、解雇や雇止めなどの問題を抱える人が増えているということです。 非正規雇用労働者を対象にしたホットラインはあすまで午前10時から午後6時まで受け付けています。 【非正規応援ホットライン】 092-273-2114 092-273-2161

福岡 2022.01.22 18:00

「期日前」投票用紙を誤って交付 久留米市長選挙

久留米市はきょう、市長選挙の期日前投票で誤った投票用紙を交付するミスがあったと発表しました。 久留米市選挙管理委員会によりますと、誤った投票用紙が渡されたのはけさ、北野総合支所の期日前投票所に訪れた有権者7人です。 職員が機械にセットする際、市長選と市議会議員補欠選挙の投票用紙を誤って逆にしたのが原因で、7人が投かんしたあとに気づきました。 このため誤った箱に投票したとみられ7人の票は無効になります。 市は謝罪するとともに「再発防止に向け適正な投票事務を徹底する」とコメントしています。

福岡 2022.01.22 17:57

地震速報に驚き転倒 鳥栖市の76歳女性ケガ

大分と宮崎で未明に最大震度5強を観測した地震で、佐賀県鳥栖市では76歳の女性が転倒しケガをしています。 気象庁によりますと午前1時8分ごろ、日向灘を震源とするマグニチュード6.6の強い地震がありました。 震度5強を観測したのは大分県の大分市、佐伯市、竹田市と宮崎県の延岡市、高千穂町です。 また福岡県の久留米市、柳川市など、佐賀県の佐賀市や神埼市などで震度4を観測しています。 消防によりますと佐賀県鳥栖市の76歳の女性が地震速報に驚き転倒してケガをしました。 九州電力によりますと佐賀県の玄海原発、鹿児島県の川内原発ともに地震の影響はないということです。 JR九州によりますと九州新幹線は現在、平常通り運行しています。 在来線の特急は博多と大分を結ぶソニックが線路の点検のため始発から運転を見合わせていましたが現在は再開し、本数を減らして運行しています。 一方、西鉄は天神大牟田線で始発から上下10本が運休しました。

福岡 2022.01.22 15:52

飲酒運転の中学校教頭ら2人を懲戒免職 福岡県教委が発表

福岡県教育委員会は21日、飲酒運転をした中学校の教頭ら2人を いずれも懲戒免職処分にしたと発表しました。 福岡県教育委員会が懲戒免職処分としたのは、水巻町の町立水巻南中学校の男性教頭(50)と、北九州市門司区の県立門司学園高校の男性教諭(64)です。 福岡県教育委員会によりますと、水巻南中学校の教頭は去年10月、車で帰宅中に500ミリリットルのハイボールを2本飲み、検挙されました。 教育委員会の聞き取りに対し教頭は「魔が差した」と話しているということです。 また北九州市の門司学園高校の教諭は去年8月、車で出勤する途中に500ミリリットルの酎ハイを2本飲んで検挙され、「ストレスがあり、自分を奮い立たせるために飲んだ」と話しているということです。 2人とも罰金30万円の略式命令を受けました。 福岡県教育委員会は「誠に遺憾な行為」とした上で、職員が飲酒していないか、抜き打ちの検査をするなど再発防止に努めるとしています。

福岡 2022.01.21 19:02

去年の飲酒運転事故は94件 福岡県で過去最少に

福岡県警は飲酒運転による事故が、去年、過去最も少なくなったと発表しました。 福岡県警によりますと、去年1年間の飲酒運転による事故は94件で、統計が残る1965年以降、初めて100件を下回りました。 発生の時間帯は、日中と夜間が半数ずつで、特に朝6時から8時の間の飲酒事故が多いということです。 飲酒運転による事故は、過去最少になりましたが、飲酒運転の検挙件数は、去年も1000件以上にのぼっています。 警察は、ドライバーへの酒の提供や飲酒運転の車に同乗することも法律で禁止されているとして、飲酒運転撲滅に向け、取り締まりを徹底する方針です。

福岡 2022.01.21 19:01

堀井気象予報士のお天気情報 めんたいワイド1月21日

21日の九州北部は、内陸は朝から晴れましたが、北部沿岸では寒気に伴う低い雲がしつこく残り、冬空が続きました。最低気温は、晴れた内陸で氷点下の冷え込みでした。 こうした中、福岡市中央区の舞鶴公園では21日、30種類以上、約270本の梅が、チラホラ咲き始めています。 舞鶴公園管理事務所によりますと、開花状況はまだ一分にも満たないということですが、このあとの1週間で、2~3日暖かい日が続けば、一気に開花が進むのではないかということです。 舞鶴公園の梅の見ごろは、2月上旬から中旬の見込みです。 21日の最高気温は9℃から10℃くらいで平年並み、この時期らしい寒さでした。22日(土)の日中は寒さが和らぎますが、早くも天気は下り坂です。 21日夜から22日(土)昼ごろにかけては、高気圧に覆われて、おおむね晴れる見込みです。午後は湿った空気の影響で、雲が多くなり、夜は次第に雨となるでしょう。 週間予報です。23日(日)から24日(月)は、低気圧や前線の影響で雲の多い天気で雨が降りやすいでしょう。25日(火)には天気が回復する見込みです。雨の後も寒気の南下は弱いでしょう。日中の最高気温は、平年並みか平年より高く、この時期としては比較的過ごしやすい日が続きそうです。

福岡 2022.01.21 18:45

子どもの“コロナ感染”急拡大 検査追いつかず授業再開に影響

新型コロナウイルスの感染急拡大の影響は、福岡県内の教育現場にも広がっています。小中学校では、子どもの感染による学級閉鎖が相次いでいますが、検査が追いつかず、授業の再開が遅れるケースも出ています。 ■北九州市教育委員会の職員 「東谷(中学校)は特にないです。部活はしています。」 21日午前、北九州市教育委員会の新型コロナウイルス感染症対策本部を訪ねると、鳴り続ける電話に、職員があわただしく対応していました。 ■北九州市教育委員会新型コロナウイルス感染症対策本部事務局・竹永政則課長 「市内の小・中・特別支援学校の児童生徒さんの感染者が増えてきまして、学校からの相談や報告が鳴りやまない状況です。」 児童・生徒の感染が急増したことから、17日から対応するスタッフを4人増やしたと言います。 子どもたちの感染急増に伴い、北九州市立の小中学校では、21日午前の時点で、全体の2割にあたる41校が休校をはじめ学年・学級閉鎖となっています。 ■樋口記者 「こちらはクラスに配るPCR検査のキットで、毎日6~8箱準備しているということです。」 北九州市教育委員会は、陽性の児童・生徒が確認された場合、クラス全員がPCR検査を受け、陰性が確認されるまで学級閉鎖をすることとしています。 しかし、北九州市の教育委員会が確保している行政検査の数には上限があり、現在は、それを上回る検査数となったため、検査結果の判明まで最短で翌日だったものが3日から4日かかるようになったと言います。 この影響で、学級閉鎖の期間も長引くケースが増えているのです。 ■西小倉小学校・高城直子校長 「不安な状況になっている。」 北九州市小倉北区の西小倉小学校では、21日から2つの学級が閉鎖となりました。クラス全員分の検査結果が、いつ出るのか分からないため、授業再開の連絡が、まだできていないと言います。 ■高城校長 「オンラインは万能ではないが、休みの間に子どもたちの学びを止めないために、オンライン授業を提供して、少しフォローアップをする。」 この状況を受け、北九州市教育委員会は、民間にも依頼して検査枠を増やしたということです。しかし、感染のペースが上がれば、さらに検査がひっ迫することが予想され、授業数の確保などに深刻な影響が出そうです。

福岡 2022.01.21 17:57

『行動制限めぐり』自治体と専門家で違い 波紋広がる

福岡県は24日に佐賀県・大分県とともに『まん延防止等重点措置』の適用を政府に要請し、25日にも適用が決まる見通しです。こうした中、行動制限をめぐり、自治体と専門家で相反するメッセージが発信され、波紋が広がっています。 佐賀市の古湯温泉にある老舗旅館です。 ■澤田キャスター 「失礼します。かなり広いお部屋ですけれど。」 ■旅館大和屋・山口勝也専務 「ふだんは確実に(予約が)入っている部屋ですけれど、きょう(21日)は空いていますね。」 ■澤田キャスター 「ここもキャンセルが出た?」 ■山口専務 「キャンセルが出ています。」 21日は、もともと10の客室が予約ですべて埋まっていましたが、5日前からキャンセルが出始め、3室が空きの状態になっていました。 先週まで、ほぼ満室が続いていたというこちらの旅館を、最も多く利用するのは。 ■山口専務 「圧倒的に50%を超える形で福岡県のお客様です。山を越えたら、すぐ早良区でもありますし、天神・中洲までも、50分ぐらいの距離ですので。」 その福岡県では20日、大きな動きがありました。 ■福岡県・服部知事 「不要不急の県境をまたぐ移動、『まん延防止等重点措置区域』、こういったエリアとの往来は極力控えてください。」 その一方で、政府の“新型コロナ対策分科会”の尾身会長は次のように述べていました。 ■政府分科会・尾身茂会長 「一言で言えば、いわゆる人流抑制ではなく、人数制限というのがひとつのキーワードになると思います。」 オミクロン株の特徴に合わせて、メリハリのきいた対策が必要との認識を示していました。さらに、政府に助言を行う専門家の有志が、20日に示した提言案では、「県をまたぐ移動の制限は必要ない」としています。 県をまたぐ移動をめぐる、自治体と専門家の相反するメッセージをどう受け止めたらいいのか、旅館を経営する立場としては、複雑な心境です。 ■山口専務 「矛盾を感じるが、誰かが右、誰かが左と言わざるをえないというのが現状じゃないかなと思います。(人が)動いてはほしいです。でも、(新型コロナウイルスを)持ってきてもらっては困りますし。」 自治体は、県をまたがない移動にも、ブレーキをかけています。 ■アドツーリスト天神営業所のスタッフ 「きのうですね、『福岡コロナ警報』の発動に伴いまして、『福岡の避密の旅』も、再度利用停止の発表がされました。もしキャンセルということであれば、現時点ではキャンセル料はかかりません。」 福岡県民が県内の宿泊施設を利用する際、最大で5000円引きになる『福岡の避密の旅』ですが、『福岡コロナ警報』の発動に伴い、新規の予約と販売は、21日からストップ、利用も、28日から停止となります。 こちらの旅行会社では『福岡の避密の旅』の利用停止期間に該当する予約が3件ありました。予約していた人に、利用をキャンセルするか、割り引きがなくても旅行するかを確認した結果、3件のうち2件がキャンセルになりました。 ■スタッフ 「利用再開予定の2月21日以降、3月10日までということなんですけれど、(利用できる)期間が短いということで、キャンセルということで承りました。」 ■アドツーリスト天神営業所・堀江雅子所長 「特に福岡から出るわけではなく、(県)内部での活性化という意味合いが強かったと思うのですが、そこまで止めてしまう必要があるのかなというところが正直なところ。」 福岡県の服部知事は、21日午前、専門家の意見を基にした政府の方針に従っていると強調しました。 ■服部知事 「尾身会長をはじめ専門家の皆様方のご意向というものは(政府の)基本的対処方針に反映されていると思う。われわれは、この対処方針に従って各種の方針を決めている。」 これまでのような強い行動制限を今後も続けていくのか。行政と専門家の足並みがそろわなければ、困惑は広がるばかりです。

福岡 2022.01.21 17:57

地域とのつながり目指す 福岡県鞍手町の『ドッグカフェ』

犬とふれ合うことで心を癒やしてもらおうという『ドッグカフェ』が、障害者の就労支援や地域の人々のつながりを目指して去年4月にオープンしました。“コロナ禍”で集客に苦戦しながらも奮闘する姿を追いました。 店内でお客さんとふれ合う犬たちは、人と穏やかに接することができるようしつけられている犬で、セラピー犬と呼ばれています。 福岡県鞍手町のドッグカフェ『カタノダプラス』は、ペットショップを経営していた野田久仁子さんが去年4月にオープンしました。持病や障がいのある人をスタッフに起用する就労支援も行っています。 ■カタノダプラス・野田久仁子さん 「わんちゃんのお仕事につきたい方とか、コミュニケーションが苦手な方とかでも、犬がいたら頑張れるという方の応援をしたいなと思って、犬とふれあえるカフェを立ち上げました。」 この日は、店のちゅう房に地元に住む90歳の女性を招き、野田さんやスタッフが高齢者向けの料理を学んでいました。地域の人々を招いて『高齢者食堂』というイベントを開くためです。 ■野田さん 「実際に営業始めてから“コロナ”の影響でお休みしていたものですから、地域の方たちにも来てもらったりとか見てもらうことができなくて。」 実は去年4月にオープンした直後に緊急事態宣言が出て、その後、全スタッフのワクチン接種が完了する去年11月までの約半年の間、店を休業していたのです。 ■野田さん 「まずは、ここが犬とふれあえるカフェというところを知ってもらうというのが第一なので、たくさんの人に来てもらえるように、スタッフと一緒に頑張っていきたいと思います。」 感染が落ち着いていた12月半ば。イベントの当日です。地域の高齢者たちが次々に店を訪れ、犬とのふれあいや手作りの料理を楽しみました。 ■野田さん 「こんなにたくさん地域の方が来ていただいて、わんちゃんとのふれあいとか食事とか楽しんでいただけて、たくさん笑顔がみれてよかったなと思います。スタッフもこの日のカフェをすごく楽しみにしてて、皆楽しそうに一生懸命頑張ってくれてたので良かったなと思います。」 マスクごしにのぞく、高齢者やスタッフたちの笑顔。地域とのつながりの場として第一歩を踏み出しました。しかし、そのわずか10日後、襲ってきたのは、新型コロナウイルスの”第6波”でした。地域の高齢者への感染の懸念や万が一スタッフが感染すれば、犬の世話ができなくなることから、イベントからわずか10日で再び休業という苦渋の決断を下しました。 19日。スタッフたちが、営業再開の日に向けて準備をしていました。 ■野田さん 「ここから向こうの奥までをドッグランにしたいなと、いま考えていて。」 “コロナ禍”でも、屋外なら広くふれあえるだろうと新たに始めたのは、ドッグランの整備です。 ■野田さん 「少しずつ目指しているものに形ができているなと思うし、高齢の方から子どもさんとかいろんな方が、そこに行ったらワクワクするなといった場所にしていきたいなと思っています。」 地域に暮らす人々がドッグカフェで交流する姿を“コロナ禍”の向こうに思い描きながら、野田さんは一歩ずつ、前へと進んでいます。

福岡 2022.01.21 17:45

福岡県春日市で踏切事故 JR鹿児島線 一時運転見合わせ

福岡県春日市のJR鹿児島線の踏切で21日午後、女性が貨物列車にはねられ死亡しました。この事故の影響で、JR鹿児島線は、博多と鳥栖の間で2時間にわたって運転を見合わせました。 警察によりますと21日午後1時前、春日市春日原南町のJR鹿児島線の天田踏切で、女性が貨物列車にはねられ死亡しました。 この事故の影響でJR鹿児島線は、博多と鳥栖の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後3時前に運転を再開しました。 警察は、女性の身元を確認するとともに、自殺と事故の両面で調べています。

福岡 2022.01.21 16:11

福岡県大牟田市と福岡市で火災 大牟田は3日前にも近くで火災

福岡県内で21日火事が相次ぎました。福岡市城南区の団地で起きた火事では1人がやけどを負っています。 21日午前10時半すぎ、福岡市城南区長尾で「煙と炎が見えている」と通行人から消防に通報がありました。 警察と消防によりますと、火は約1時間後に消し止められましたが、笹の台団地の5階の1室を全焼しました。 この部屋に一人で暮らしていた82歳の女性が、右ほおにやけどを負う軽傷です。 一方、21日午前7時半すぎ、福岡県大牟田市岬で木造平屋建ての住宅1棟を全焼する火事がありました。 警察によりますと全焼した家は空き家でケガ人はいないということです。 3日前には、現場から車で約5分の倉永で空き家1棟を全焼する火事があり、警察は2つの火事の関連を含め出火原因を調べています。

福岡 2022.01.21 16:10

福岡県内で火災相次ぐ 福岡市城南区で団地火災 1人やけど

福岡県内で火災が相次いでいて、福岡市城南区では21日午前、団地から出火しました。 21日午前10時半すぎ、福岡市城南区長尾で「煙と炎が見えている」と消防に複数の通報がありました。 警察と消防によりますと火事が起きたのは、5階建ての団地の最上階の1室で、午前11時30分時点で消火活動が続いていますが、火はほぼ消し止められたということです。 警察によりますとこの火事で、女性1人が顔にやけどを負いましたが、女性は意識があり、命に別条はないということです。 また福岡県大牟田市岬で21日朝、空き家1棟を全焼する火事がありました。 21日午前7時半すぎ、近くを通った人から「空き家から煙が見えている」と消防に通報があったもので、火は約1時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼しました。 警察によりますと全焼した家は空き家で、ケガ人はいないということです。警察と消防が火事の原因を調べています。

福岡 2022.01.21 11:49

福岡県が『コロナ警報』発動 24日から飲食店に時短要請

福岡県は20日、県独自の『福岡コロナ警報』を発動し、24日から2月20日まで、飲食店に対し時短営業の要請を行うと発表しました。 『福岡コロナ警報』の発動に伴い、24日から飲食店には時短営業が要請されます。 感染対策を行った『認証店』の場合、午後8時半まで酒を提供して、閉店時間を午後9時とするか、酒を提供せずに、午後8時までとするかを選択できます。認証のない店は、酒を提供せず午後8時までとなります。時短営業の協力金は、売り上げに応じて出されます。 『福岡コロナ警報』の発動により、福岡県では『GoToEatキャンペーン』の利用を控えるよう呼びかけるほか、21日から2月20日まで『福岡の避密の旅』の新規予約・販売を停止し、28日から2月20日まで利用を停止します。 2月14日までだった利用期間は、3月10日まで延長されます。 また福岡県は、20日から国と『まん延防止等重点措置』について協議を始めるとしていて、県の関係者によりますと、24日に適用の要請を行うとしています。 一方、佐賀県の山口知事も20日の会見で『まん延防止等重点措置』の適用について、国と協議を始めることを発表しました。

福岡 2022.01.20 19:34

子どものワクチン接種 保護者らの疑問を専門家に聞く

新型コロナウイルスワクチンの子どもの接種について、厚生労働省は20日、接種対象に5歳から11歳の子どもを加えることを承認する見通しです。不安を感じる保護者らの疑問に専門家が答えました。 寒空のもと、元気よく走りだす子どもたちのそばでは、保護者が、わが子の姿にカメラを向けていました。でも、やっぱり気になることがあります ■保護者 「こんな状況になったら、最悪感染してもしょうがないかなと言う部分もあるが、できる限り気をつけるということしかない。」 子どもの新型コロナウイルス感染です。 福岡市中央区の小児科では年明け以降の子どもの感染急増に危機感を募らせています。 ■桜坂なかやまこどもクリニック・中山英樹院長 「全体的な感染者数の増加に伴い、子どもの数も非常に急速に増えてきている。同居されている家族は濃厚接触者になり、待機せざるをえなくなるので、社会的活動が非常に制約されます。」 福岡市教育委員会によりますと福岡市立の小学校のうち、19日時点で学級閉鎖をしているのは63校です。福岡市立小学校全体の半数近くに上ります。そんな中、3月以降に始まる見通しなのが5歳から11歳までの子どもにワクチン接種です。 これまで12歳以上が対象だったワクチン接種ですが、20日に開かれる厚生労働省の専門家部会で、5歳から11歳の子どもに対するファイザー製のワクチンの接種が特例で承認される見込みです。 対象年齢の子を持つ保護者の受け止めを聞きました。 ■(ワクチンを接種させる)保護者 「親と同居なので高齢者にうつすのもこわい。打つと決めている。」 子どもの接種に積極的な意見の一方で、別の意見もあります。 ■(ワクチンを接種させない)保護者 「どんな症状(副反応)が出るか分からないので、ワクチンを打つかは保留。」 慎重な意見もありました。5歳から11歳の子を持つ保護者16人に接種するかどうかを聞いたところ、半数以上の10人が未定と回答しました。判断に悩んでいる人は少なくないようです。 そんな保護者の不安や疑問に応えてくれたのは、ワクチンと小児科が専門の長崎大学大学院の森内浩幸教授です。最も多かった保護者の疑問は。 ■保護者 「どのような副反応が出るか。」 ■長崎大学大学院・森内浩幸教授 「アメリカで800万人以上の子どもに、すでに使われていますけれど、起きている内容は(大人と)ほとんど同じです。ただ12歳以上の10代、20代の若者と比べると軽くすんでいるということはハッキリしている。副反応に関することで過度に心配することはないと思います。」 もう1つ気になるのは。 ■保護者 「子どもたちが年をとった時のこととか。」 子どもが成長した時への影響です。この疑問に対し森内教授はファイザー製ワクチンが持つ『特徴』を踏まえて回答しました。 ■森内教授 「このmRNAワクチンとのは、ずっと(体内に)残っていくおそれがある遺伝情報ではなく、寿命が非常に短い(体内に残りにくい)ですから、このmRNAが体にずっと残って、何年も先に悪さをするという可能性は非常に低い。」 森内教授は、ワクチンの利点やリスクを保護者がきちんと理解した上で、検討すべきであるといいます。 ■森内教授 「5歳から11歳の子どもの中にも、新型コロナウイルスに感染すると重症化するリスクのある、そういう子どもたちがいますが、そういう子どもたちに接種できるワクチンができたということは非常に喜ばしいことだと思います。その一方で、健康な子どもの場合には、重症化することは少ないわけですから、他の人たちに比べると、その優先順位が高いものではないですので、大慌てで急いで考えることではないと思います。」

福岡 2022.01.20 19:33

福岡県で2225人の“コロナ感染者” 3日連続で過去最多更新

新型コロナウイルス感染者の情報です。福岡県の新たな感染者は2225人で、3日連続で過去最多を更新しています。 内訳は、保健所の管轄別に、福岡市で1181人、北九州市で325人、久留米市で135人、そのほかの地域で584人です。 新たなクラスターは5件で、豊前市の高校と久留米市の小学校、北九州市若松区の保育所などで発生しています。 新規感染者は、1週間前と比べて3倍以上で、3日連続で過去最多を更新しました。 病床使用率は13.7%で、前日から3ポイント上昇しています。 一方、佐賀県でも過去最多の256人が感染し、3日連続で200人を上回っています。

福岡 2022.01.20 19:20

解体予定の建物で火災救助訓練 福岡県久留米市

福岡県久留米市で20日、解体予定の建物を利用した火災救助訓練が行われました。 ■消防士 「キッチンが火元、お母さんがいる可能性がある。そこを最優先で捜索。」 訓練は、久留米市の解体予定の集会所で行なわれました。 住宅の台所から出火し、2人が屋内に取り残されているという想定は、消防士には事前に知らされていません。 ふだんの訓練場とは異なる初めての場所で、状況を把握し消火・救助を行うという、より実際の火災現場に近い形での訓練です。 また救助のため、扉を実際に破壊する、ふだんはできない訓練も行われました。 久留米広域消防本部では「解体予定の建物を使わせてもらうことで効果的な訓練ができた」と話しています。

福岡 2022.01.20 19:19

西日本鉄道がバスの運賃見直しを発表 最大150円値上げ

西日本鉄道は20日、一部の路線バスの運賃を最大150円値上げすることを明らかにしました。“コロナ禍”による利用者の減少などが理由です。 値上げをするのは、主に福岡都市高速を通る11路線の一部区間です。 福岡市・天神と那珂川市を結ぶ路線では、150円の値上げとなるほか、福岡市・天神と福岡市西区の野方や宮の前団地を結ぶ路線では、それぞれ90円値上げされます。 また博多駅と太宰府市の都府楼前駅を結ぶ路線は、80円の値上げです。 西鉄の林田社長は、運賃値上げの理由の一つについて、新型コロナウイルスの影響を挙げました。 ■西鉄・林田浩一社長 「今後“コロナ”が収束に向かっても“コロナ”以前のような利用状況には戻りきれないと認識している。」 路線バスの運賃値上げは、3月19日から実施します。 また、一部の高速バスについても3月1日から値上げすることを発表し、バス全体の値上げによる改善効果は、年間1億4千万円を見込んでいます。

福岡 2022.01.20 19:19

飲酒運転検挙に貢献 ガソリンスタンド店員の機転と連携

飲酒運転の検挙に貢献したとして、ガソリンスタンドの店員に、警察から感謝状が贈られました。給油に立ち寄った男から酒の臭いがすることに気づいた店員の機転とチームワークで、飲酒運転事故を未然に防ぎました。 ■感謝状を贈られた長田喜満さん 「いま考えてみたら、かなり泥酔していたんだなと思う。」 北九州市戸畑区のガソリンスタンドの社員・長田喜満さんです。 長田さんの店に1月4日、原付バイクに乗った50代の男が給油に立ち寄りました。ところが。 ■長田さん 「ここから入ってきて、ここでコケて。かなりすごい音がしたので、車にぶつかったのかなというくらいの音だった。」 男は、倒れたバイクを起こすことができないほど、足元がおぼつきませんでした。 この男から酒の臭いがすると長田さんに知らせたのは、アルバイトの前田優さんです。 長田さんは、すぐに110番に通報するよう前田さんに指示して男を引き止めました。 ■長田さん 「『お父さん(酒を)飲んでいませんか』と話したら、『いや飲んでいないよ』『飲んでいないから関係ないじゃん』と。エンジンをかけて逃げようとしたから、(原付バイクから)カギを抜いて、腕を組んで逃げられないようにした。」 連れて行かれた休憩所では、そしらぬ顔で漫画を読んでいたという男は、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。 呼気から検出されたアルコールは、基準値の6倍でした。 警察からは14日、飲酒運転の検挙に協力した長田さんと前田さん、さらに2人が対応している間、1人で給油業務を続けていた 村上拓也さんに感謝状が贈られました。 ■長田さん 「今回捕まっていなかったら、また(飲酒運転を)やっていたと思うので、結果的によかった。」 店員の連携プレーが飲酒運転による悲惨な事故を、また1つ未然に防ぎました。

福岡 2022.01.20 18:13

5歳長男のひざ切りつけ 父親を逮捕 日常的に暴力か

北九州市八幡西区で去年11月、5歳の長男のひざを刃物で切りつけ、ケガをさせたとして、27歳の父親が逮捕されました。警察は、男が日常的に暴力をふるっていた疑いもあるとみて調べています。 傷害の疑いで逮捕されたのは、北九州市八幡西区清納の無職・有田翔容疑者(27)です。 有田容疑者は去年11月、自宅で5歳の長男の左ひざを刃物で切りつけ、長さ数ミリの切り傷を負わせた疑いです。 警察の調べに対し有田容疑者は「そのとおり、間違いありません」と容疑を認めています。 過去にも長男がケガをしていたとの目撃情報があり、警察は、有田容疑者が日常的に暴力をふるっていた疑いもあるとみて調べる方針です。

福岡 2022.01.20 18:12

『福岡コロナ警報』 時短営業を含む飲食店への要請内容

『福岡コロナ警報』に伴う飲食店への時短営業要請の内容です。 感染対策の基準を満たした『認証店』の場合、午後8時半まで酒を提供して、閉店時間を午後9時とするか、酒を提供せずに、閉店時間を午後8時とするかを選択できます。 認証のない店は、酒を提供せず午後8時閉店となります。 時短営業の協力金は売り上げに応じて出されます。 酒を提供する午後9時までの営業だと1日あたり2万5000円から7万5000円です。 酒を提供しない午後8時までの営業だと3万円から10万円です。 いずれも1つのテーブルの人数は原則4人以下ですが、ワクチン・検査パッケージ制度の登録店で、全員が陰性の場合は、5人以上の利用も可能です。 期間は、24日から4週間で、2月20日までとなっています。

福岡 2022.01.20 17:52

独自『コロナ警報』福岡県が発動 24日から飲食店に時短要請

福岡県は20日、独自の『コロナ警報』を発動しました。飲食店に対しては、24日から2月20日まで時短営業が要請され、県の認証を受けていない店は酒の提供ができなくなります。 ■福岡県・服部知事 「これまでに経験したことのない速さ、2週間で80倍というスピードで、都市部だけでなく全県的に感染が広がっている。今後感染拡大の状況が続くと、重症化リスクの高い高齢者の感染拡大や医療負荷が高まることが懸念される。新規感染者の中で、2回のワクチンを接種している人も5割以上を占めるということで、ブレイクスルー感染も目立っている状況。」 福岡県の服部知事は20日午後、臨時会見で、オミクロン株による感染者数の急増と病床使用率の悪化に強い危機感を示しました。 県が確保している病床の使用率は、19日時点で13.7%と前の日から3.0ポイント増加しました。 目安としていた15%を上回ることが確実になったとして、20日午後開かれた対策本部会議で『まん延防止等重点措置』の適用について国と協議を始めることと、県独自の『コロナ警報』発動が正式決定されました。 福岡県は『まん延防止等重点措置』が適用されるまでの独自の措置として、24日から県内全域の飲食店に対して時短営業を要請します。県民に対しても、感染対策の徹底や県境をまたぐ移動の自粛を求めています。

福岡 2022.01.20 17:51

飲食店に時短営業の再要請 飲食店や専門家らの受け止めは

時短営業の要請が再び出されることについて、福岡県民や飲食店、感染症の専門家の受け止めです。 20日昼ごろ、福岡県の認証を受けている福岡市中央区の居酒屋を訪ねてみました。 ■澤田キャスター 「ランチ営業中ですが、お客さんの姿はほとんどありません。」 ランチタイムに訪れた客は、わずか2組でした。天候に恵まれなかったこともありますが、客足は急速に鈍っていると言います。夜の予約を見せてもらいました。 ■博多海鮮雅・野上雅典さん 「きょうはもう全部キャンセルになったので、あした2組、あさって2組以降は、予約がほとんどない。」 野上さんは、24日から福岡県の要請に応じて、酒の提供を午後8時半までにして、午後9時に店を閉めようと考えています。 ■野上さん 「仕入れの都合で、お客様がお見えにならない日が続けば、その分赤字がかさむので、ご予約のみの営業にスイッチしていこうかなと思っている。」 一方で、野上さんは疑問も感じています。 ■野上さん 「“まん延防止”とか、もしこれが緊急事態宣言に変わったとして、この感染力で今まで通りのやり方で、本当に減らすことができるのか、いまはすごく疑問には思います。」 街で聞きました。 ■20代 「コロナが、はやってきてはいるので時短要請は、しかたないと思っているけれど、やっぱり時短要請になるのは悲しいかなと思います。」 ■30代 「病床使用率がそこまで上がっていないので、あんまり対策ばっかりしても、早く経済を回したほうがいいとは思うんですけれど。」 専門家は現在の感染状況を踏まえた上で。 ■北九州市立八幡病院・伊藤重彦院長 「少し軽症の人が多いという、いまの時期だからこそ極端な対策というよりも、長続きする対策に、いまこそシフトして、少し長い目で(感染者数が)下がっていくのを見守っていくということも必要ではないか。」 具体的には、飲食店の営業時間を区切るよりも、1組あたりの滞在時間を制限すること、店内にいる人数を少なく保つことが大事だと指摘します。 ■伊藤院長 「感染者がお店に入っても、マスクを外した食事の時間を90分、120分というような、きちんとした数値を提示して制限することです。もう一つは、1つのテーブルの人数を制限するのではなくて、お店全体に1時間あたりに入っている人数を制限しないと、一時的に(感染者数が)1000が500に400に減っても、残りの下げ止まりの部分を解除とともにリバウンドを起こすのであれば、ただ経済を痛めただけで、その後に続くものはありません。」

福岡 2022.01.20 17:51

北九州市の“コンビニ強盗” 2人組は黒色の上着と帽子

20日未明、北九州市小倉南区のコンビニエンスストアに刃物のようなものを持った2人組の男らが押し入り、現金約5万円を奪って逃走しました。 20日午前4時ごろ、北九州市小倉南区新道寺のコンビニエンスストアで、2人組の男らが、店長の男性に刃物のようなものを突きつけ「金を出せ」と脅しました。 2人は、レジにあった現金約5万円を奪い走って逃げました。 当時店にいたのは店長だけで、ケガはありませんでした。 警察によりますと逃げた2人は、いずれも20代くらいで、黒色の上着と帽子をかぶっていたということです。 警察で強盗事件として2人組の行方を追っています。

福岡 2022.01.20 11:54

『まん延防止等重点措置』の国と協議開始へ 福岡県知事が表明

新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、福岡県の服部知事は20日朝、『まん延防止等重点措置』の適用について、国と協議を始める考えを明らかにしました。 ■福岡県・服部知事 「19日時点での“コロナ病床”の使用率が13%半ばに到達した。」 服部知事は20日朝、このように述べ『まん延防止等重点措置』について、国と協議を始める考えを明らかにしました。これまでの病床使用率15%到達確実を目安とする方針に沿った形です。 また20日に『福岡コロナ警報』を発動し、飲食店に対して時短営業を要請することを明らかにしました。 福岡県によりますと、要請は24日からで、認証店は酒を提供して午後9時までの営業とするか、酒を提供せずに午後8時までとするかを選ぶことができ、認証のない店は酒を提供せず午後8時までとなる見通しです。 福岡県は20日午後に対策本部会議を開き、要請の詳細などを決定する方針です。

福岡 2022.01.20 11:54

福岡県筑紫野市の飲食店で営業中に火事 ケガ人なし

19日夜、福岡県筑紫野市の営業中の飲食店で火事がありました。ケガ人はいませんでした。 19日午後10時すぎ、筑紫野市二日市北の飲食店で火事がありました。 火は、約2時間半後に消し止められましたが、1階の店舗部分を中心に広い範囲で焼損したということです。 出火当時、店は営業中で、客や店員は逃げ出し、ケガ人はいませんでした。 警察と消防が詳しい出火の原因を調べる方針です。

福岡 2022.01.20 10:20

北九州市小倉南区で“コンビニ強盗” 2人組が5万円奪い逃走

20日未明、北九州市小倉南区のコンビニエンスストアで、刃物を持った2人組の男らが現金約5万円を奪う強盗事件がありました。 20日午前4時ごろ、北九州市小倉南区新道寺のコンビニエンスストアで、2人組の男らが店員に刃物を突きつけ「金を出せ」と脅しました。 店員がレジにあった現金約5万円を差し出すと、2人はこれを奪い走って逃げました。店員にケガはありませんでした。 警察によりますと逃げた2人は、いずれも20代くらいで、黒の上着と帽子をかぶっていたということです。

福岡 2022.01.20 10:20

3回目の“コロナワクチン接種” 北九州市も前倒しへ

北九州市は19日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、接種間隔をさらに前倒しすると発表しました。 北九州市では、65歳以上の高齢者約26万人について、2回目のワクチン接種との間隔を、これまでの7か月から6か月に前倒しして、2月下旬までに接種券の発送を完了するということです。 さらに64歳以下の一般の人についても、ことし3月上旬から順次前倒しして、3月下旬までに接種券の送付が完了するということです。 スケジュール通りにいけば、4月末までに対象者の約9割に接種券が届けられるということです。 また接種体制についても強化し、3月上旬から1週間当たりの接種可能な回数を、現在の4万回から5万回に増やして対応するということです。

福岡 2022.01.19 19:03

24日にも飲食店に独自の時短要請へ 福岡県が検討

福岡県は19日時点で『まん延防止等重点措置』の適用対象に含まれていませんが、病床使用率の上昇を受け、24日にも、飲食店に対して、独自の時短営業を要請する方向で検討しています。 19日午前、福岡市・天神の旅行会社では、予約のキャンセル対応に追われていました。 ■アドツーリスト天神営業所のスタッフ 「こちらをキャンセルということですね。こちらは“コロナウイルス”でのキャンセルでしょうか。」 感染が急速に再拡大してきた年明け以降、首都圏や沖縄などへの出張や旅行のキャンセルが相次いでいます。 その数は、600件を超えるといいます。そこに追い打ちをかけそうなのが、ある制度の停止です。 ■アドツーリスト天神営業所・堀江雅子所長 「現時点であれば“一つの生命線”みたいなところになっておりますので、そこが何もなくなってしまうと、いろんなところにお出かけいただくということもなくなってくる。」 担当者が“生命線”だと話すのは、『ワクチン・検査パッケージ』です。ワクチンの接種証明などを活用して、行動制限を緩和する制度です。 宿泊代が割り引きになる『福岡の避密の旅』など、各県の観光促進事業を利用する場合の、必須条件にもなっています。 ところが、現在流行しているオミクロン株は、ワクチンを2回接種していても感染してしまうケースが多いことから、政府は、19日午後に開かれる対策本部で、制度の当面停止を正式決定します。 ■堀江所長 「ワクチン・検査パッケージがあることで、お客様の安心材料になっていたのは事実だと思います。そこがなくなってしまうというのは、売り上げもそうですし、社員のモチベーションも下がりますし、そういった部分で、いいことは何もないなと。」 政府は、東京など1都12県に対する『まん延防止等重点措置』の適用も正式に決定します。 福岡県は含まれていませんが、近くの熊本県や長崎県などが適用の対象になっています。 一方、福岡県の服部知事は、19日午前、次のように話しました。 ■福岡県・服部知事 「(17日時点の病床使用率は)9.8%と、ほぼ10%というラインになった、『危険水域に入ってきた』と見なしている。」 福岡県は、病床使用率が15%に達する見込みになれば『まん延防止等重点措置』の適用について、政府と協議を開始するとしてきました。県の関係者は「早ければ今週中にも協議を開始する」と話しています。 さらに、福岡県が独自の措置として、飲食店に対し、24日にも時短営業を要請する方向で検討していることが分かりました。 19日午後、北九州市小倉北区のレストランで話を聞くと、冷静に受け止めていました。 ■門司港地ビール工房・宮本桃子さん 「早めに対策をして早めに収束すれば、仕方ない措置なのかと思っています。」 福岡県の関係者によりますと、今回の時短要請では、感染対策の認証を受けている飲食店の場合、営業時間だけでなく、酒を提供するかを選べるようにすることが検討されています。 具体的には、①営業時間を午後9時までとし、酒を提供する。もうひとつは②営業時間を午後8時までとし、酒は提供しない。認証を受けていない店も、②の場合と同じです。 協力金にも違いがあり、●酒を出せる①の場合は最低2万5000円ですが、●酒を提供しない②の場合は、最低3万円に引き上げる方向です。 県の認証を受けているこのレストランの売りは、自家製のクラフトビールです。自慢のビールを短い時間でも提供できる午後9時までの営業を選びたいと話します。 ■宮本さん 「コースが2時間の飲み放題となっているので、やはり午後6時からスタートして、午後8時までの予約が受けられるというのはありがたい。メリットだと思います。」 一方、県の認証を受けている福岡市・中洲のスナックでは困惑しています。 ■Mercyけいこ・中野麻美さん 「また同じ繰り返しだっていう感じですよ。」 2次会での利用がほとんどのため、午後9時までの営業では、客足は見込めません。 常連客とのやりとりを見せてもらうと「会社で“コロナ陽性者”が 連発したんで、飲み会禁止になりました」とのメッセージがきていました。 県から時短要請が出されたら、これまでと同じように休業することを考えていますが、仕事ができなくなることに悔しさをにじませます。 ■中野さん 「仕事を本当に休まずに、できるような対策をしてほしい。感染が増えないような対策を。」 福岡県は、20日にも対策本部会議を開いて、要請内容を決定する方針です。

福岡 2022.01.19 18:02

特集『キャッチ』 豚骨ラーメンのスープがバイオ燃料に

特集『キャッチ』は、福岡のソウルフード・豚骨ラーメンがトラックの燃料として活用されているという話題です。福岡ならではのこの取り組みを実現させたのは、温暖化防止に貢献したいという運送会社会長の熱意でした。 福岡のソウルフード・豚骨ラーメンの最大の特徴は濃厚な豚骨スープです。このスープに含まれる豚の脂『ラード』が燃料に変身します! 福岡県新宮町の運送会社・西田商運がディーゼルトラックに必要な軽油の代わりに使っているのが、豚骨ラーメンのスープから作った燃料です。 ■岩崎記者 「においは軽油というよりも、家庭で使っている食用油のような香りがします。」 豚骨スープから作られた燃料の燃費や性能は、軽油とほとんど変わらないといいます。 ■トラック運転手・河村美和さん 「乗り心地は全く軽油と変わらない感じ。少し油のにおいは残っているけれど、そんなに気になるにおいではない。」 この燃料を開発し実用化したのが、西田商運の会長・西田真寿美さんです。 約8年前、知り合いのラーメン店の社長から飲み残しの豚骨スープの処理に困っているという相談が寄せられました。 この時すでに使い古しの天ぷら油から作った燃料をトラックに使っていた西田会長は、相談を受け、豚骨スープに含まれるラードを取り出し、薬品と反応させて燃料にする実験に、自ら取り組み、なんと1週間で完成させました。 ■西田商運・西田真寿美会長 「きれいやろ。これがバイオ燃料です。」 ラードを集めるためいまでは、九州一円のラーメン店と提携しています。それぞれの店にスープからラードを分離させる機械『ラーメンとんこつカット君』を設置し、たまったラードを西田商運の社員が回収します。 ■ラーメン店・谷川徳寿さん 「(最初話を聞いた時)びっくりしました。捨てているものが燃料になるなんて、信じられませんでした。」 ラーメン店は、1か月に約5000円かかっていた処理費用が無料になり、西田商運は無料で原料を手に入れられる、ウィンウィンの関係だといいます。 ■谷川さん 「トラックが走っているのを見たら、うちのスープも燃料になっているんだなと思いますね。」 ラーメンのスープでトラックを走らせるという、ユニークなアイデア実現の背景には、西田会長の環境問題への強い意識があります。いまから54年前、トラック1台で運送会社を始めた西田会長は、会社が大きくなり、トラックの台数が増えるにつれ、温暖化対策のために二酸化炭素の排出を減らさなければと強く意識するようになりました。 そして、たどりついたのが、使い古しの天ぷら油をもとにしたバイオディーゼル燃料でした。 軽油などの化石燃料は地中にある燃料を燃やし、大気中のCO2を 増やすとされています。一方、バイオディーゼル燃料は動植物の油から作られます。 燃焼によって排出されるCO2が動植物の成長に使われ、また燃料にと循環し、大気中の二酸化炭素は増えないとされています。 西田会長は、20年以上バイオ燃料の研究・改良を続けてきました。 ■西田会長 「かくはん機の上から粒子が回っているのを見ていたら、半日くらいガス中毒で気絶していた時もあった。(最初は)できるわけないと(言われた)できないと言われたら余計にやる気になって、いまになっています。」 その集大成が豚骨スープの燃料です。 現在、豚骨スープと天ぷら油から作るバイオディーゼル燃料は1日に約3000リットルです。会社のトラック170台のうち、半分がこの燃料で走っています。将来はすべてのトラックの燃料をバイオディーゼルとするのが目標です。 ■西田会長 「100歳までやります。生きているうちは、なにかの役に立ちたい。とにかくCO2を削減して、環境を次世代へ送って、地球温暖化をなくしてという、その意気込みで頑張っております。」 豚骨ラーメンでトラックが走る。奇抜にみえた発想のウラには、次の世代のために温暖化を防ぎたいという会社経営者の熱い思いがありました。

福岡 2022.01.19 18:00

北九州市の郵便局で強盗事件 逮捕の男「お金がなく強盗した」

北九州市小倉北区の郵便局で19日午前、客に刃物を突きつけて局員を脅し、金を奪おうとしたとして67歳の男が逮捕されました。男は「お金がなく、生きていけないと思って強盗した」と容疑を認めています。 19日午前10時半ごろ、北九州市小倉北区片野の郵便局に男が押し入り、86歳の女性客に、刃渡り約10センチのナイフのようなものを突きつけ、窓口にいた40代の女性局員に「金を出せ」と脅しました。 事件に気づいた郵便局長の通報で、警察官が駆けつけ、男は抵抗することなく、その場で現行犯逮捕されました。 刃物を突きつけられた女性客と局員に、ケガはありませんでした。 強盗未遂の疑いで逮捕されたのは、北九州市小倉北区三萩野の無職・西田克彦容疑者(67)です。 警察の調べに対し西田容疑者は「お金がなく、このままでは生きていけないと思って強盗した」と容疑を認めています。

福岡 2022.01.19 16:07

事故当時の船長を書類送検 博多港で貨物船が防波堤衝突

福岡市の博多港で去年11月、大型の貨物船を防波堤に衝突させたとして、福岡海上保安部は事故当時の船長を書類送検しました。 福岡海上保安部によりますと業務上過失往来危険の疑いで、18日に書類送検されたのは、貨物船の当時の船長だった70歳の男性です。 男性は去年11月、パナマ船籍の大型貨物船・LADY ROSEMARY号を、レーダーなどで船の位置を確認せずに航行し、博多港の防波堤に衝突させた疑いです。 事故によるケガ人はいませんでしたが、周辺の海に燃料の油が流出し、地元の漁業者は油の回収作業に追われ、漁ができない状況が、数週間続きました。 福岡海上保安部の調べに対し、船長だった男性は「目印の灯台を見間違えて、正しい航路に気づかなかった」と容疑を認めているということです。

福岡 2022.01.19 11:55

飲食店への時短要請へ 『病床使用率』悪化で福岡県が検討

福岡県は新型コロナウイルス感染者の病床使用率が悪化していることを受け、近く飲食店に対し時短営業を要請する方向で検討していることが分かりました。 福岡県の関係者によりますと、今後も病床使用率が上昇し続けた場合は、近く国と『まん延防止等重点措置』の適用を協議するということです。 福岡県は24日にも飲食店に対する時短営業の要請を検討していて、認証店は酒の提供は可能で午後9時まで、認証店以外は酒の提供は認めず、午後8時までとする方針です。 福岡県は、20日にも対策本部会議を開き、要請内容を決定する方針です。

福岡 2022.01.19 11:55

北九州市小倉北区の郵便局で強盗事件 容疑者の身柄確保

北九州市小倉北区の郵便局で19日、強盗事件が発生しました。容疑者の身柄は確保されています。 19日午前10時半すぎ、北九州市小倉北区片野の小倉片野郵便局から強盗事件の発生を伝える通報が警察にありました。 警察は、容疑者の身柄を確保しています。 ケガ人はいないということです。

福岡 2022.01.19 11:55

福岡県柳川市の小学校に侵入の疑い 教員の男逮捕 盗撮目的か

福岡県柳川市の小学校に無断で侵入した疑いで教員の男が逮捕されました。盗撮目的で侵入したとみられています。 12月、柳川市の小学校に侵入した疑いで、市内の別の小学校の教員・冨安剛士容疑者(38)が逮捕されました。 警察の調べに対し冨安容疑者は「女子更衣室を盗撮する目的で入った」と容疑を認めているということです。 冨安容疑者は、去年7月まで、この学校に勤務していました。 12月、教職員用の女性更衣室で小型カメラが見つかり、学校が被害届を提出していました。

福岡 2022.01.19 10:17

福岡市博多区の新庁舎が完成 報道陣に公開

福岡市博多区の新庁舎が完成し、18日、報道陣に公開されました。 18日に報道陣に公開されたのは、現在の博多区役所の隣に完成した博多区の新庁舎です。 建物には、博多織の柄をイメージした縦の線がデザインされています。 1階部分には、多目的ホールなどがあり、イベントを開催したり、災害時には、臨時の避難所としても活用できます。震度6強から震度7にも耐えられる構造になっていて、水害時に水没しないように、免震装置は2階と3階の間に設置しました。 また、人の動きを検知するセンサーで、照明の明るさや空調を調整、太陽光発電ができるガラスが採用されていて、環境への配慮も特徴です。 この博多区の新庁舎は、ことし5月6日に全面的に業務を開始する予定で、現在の庁舎は取り壊され、将来的には公園として利用される予定です。

福岡 2022.01.18 19:13

3回目の“コロナワクチン”接種 福岡市が前倒しへ

福岡市は新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、60歳から64歳の人や、教職員らは、2回目の接種から6か月に前倒しして開始することを明らかにしました。 ■福岡市・高島市長 「ワクチンを接種してから、抗体が落ちてくるスピードに対して、(ワクチンの)新たな接種のスピードが追いつく必要がある。」 福岡市が前倒しで3回目のワクチン接種を始めるのは、60歳から64歳の人や、基礎疾患がある人、さらに教職員や保育士などのあわせて約15万人です。 64歳以下について国は、ことし3月から、2回目からの接種間隔を8か月から7か月にすることを示しています。 福岡市は、59歳以下の一般の人については、7か月に前倒しした上で、60歳から64歳の人と、教職員や保育士らについては、さらに1か月前倒しし、接種間隔を6か月とした上で、2月から接種を開始します。 接種が受けられるのは、福岡市内の約800か所のクリニックや集団接種を行う公共施設などです。 対象の人には、2回目の接種から6か月となるタイミングで接種券を送付することから新たな手続きは必要ありません。

福岡 2022.01.18 19:13

“コロナ”新規感染者が過去最多 福岡県で1338人

福岡県で18日、1日の新規感染者としては過去最多となる1338人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 感染者の内訳は、保健所の管轄別に、福岡市で738人、北九州市で220人、久留米市で47人、そのほかの地域で333人です。 検査数は1万393件で、陽性率は12.9%です。亡くなった人はいません。 福岡県筑後市の保育園で新たなクラスターが発生しています。 新規感染者1338人は、1週間前の約9倍で、16日に更新した過去最多の人数を、さらに48人上回っています。 また、17日時点での病床使用率は9.8%で、前の日から2.2ポイント上昇しました。 1月に入り徐々に上昇していますが、福岡県が『まん延防止等重点措置』の協議を国と開始する目安としている15%は、まだ下回っています。 一方、佐賀県では、過去最多の222人の新規感染が確認されています。

福岡 2022.01.18 19:12

91歳お手柄 ニセ電話詐欺の容疑者逮捕に一役

福岡県内でニセ電話詐欺の被害が相次ぐ中、福岡県春日市の91歳の男性がニセ電話詐欺を見抜き、容疑者の逮捕につながりました。その男性がとった行動とは? ■足立良次さん 「瞬時も気を許さないような緊張の連続だった。」 こう語るのは、春日市に住む足立良次さん(91)です。 去年10月、足立さんの自宅に家電量販店の店員をかたる男から電話がかかってきました。 ■男からの電話を再現 「家電量販店で、あなたの名義で高額商品が購入されています。」 電話の男は、足立さん名義で高額の電化製品が購入されていて、カードが悪用された疑いがあると伝えてきました。 ■足立さん 「商品を買って、金を払わないことなんてない。おかしいことばっかりですよ。」 詐欺を疑った足立さんは、すぐに警察に通報しました。すると、間を置かず、警察官をかたる別の男から電話がかかってきました。 ■男からの電話を再現 「通帳とカードを証拠品として、捜査2課のヤマダが取りに行く。」 こう告げられた足立さんは、本物の警察官が駆けつけるまでの間、時間稼ぎをすることにしました。 ■足立さん 「びっくりしてみたり、感心してみたり、相手の言うことを2度繰り返したりしながら(長引かせた)。」 電話のやりとりを長引かせていると約20分で警察官が到着し、その後、まもなく、通帳とキャッシュカードを受け取りに警察をかたる男が現われ、男はその場で逮捕されました。 ■足立良次さん 「長い間、真面目に生活してきて、老後に備えるなど、用意しているお金を取られるわけです。持っていかれたら大変。」 警察の調べに対し男は、容疑を否認しているということです。警察は、詐欺グループによる組織的な犯行とみて捜査しています。

福岡 2022.01.18 17:55

ペンギンを間近に 福岡市動物園の展示施設リニューアル

福岡市動物園のペンギンエリアが18日にリニューアルオープンし、こだわりの施設が公開されました。ペンギンたちが約1年半ぶりに戻ってきました。 ■園児 「ペンギンさーん。ペンギンさーん。」 子どもたちが大はしゃぎで見上げる先には、悠々と空を飛ぶように泳ぐペンギンたちの姿です。 福岡市動物園でリニューアルされ、18日にお披露目されたペンギンエリアは、以前の5倍以上にあたる1900平方メートルの広さとなりました。 深さ4メートルの大プールに加え、ペンギンが子育てをする巣穴など生態について学べるエリアも設けられました。 ■重信アナウンサー 「見てください、ペンギンが泳ぐ様子が目の前で確認できます。すごい。かわいい。」 ■久保田壮真さん(6) 「新しいおうちとかできたから(ペンギンが)うれしいかなと思った。かわいい。絵が描きたくなってきた。」 ■福岡市動物園・佐藤広明園長 「わたしが一番気に入っているのは、波を発生させる装置です。波の大きさは変えられるので、自然界では嵐がくる時もあるし、そういったのも、ペンギンに体験してもらいたい。」 福岡市動物園では、今後えさやり体験など、ペンギンに触れ合えるイベントなども計画していきたいとしています。

福岡 2022.01.18 17:54

“コロナ”宿泊療養施設ひっ迫のおそれ 感染者に聞く実情

新型コロナウイルスの急激な感染拡大で宿泊療養施設がひっ迫するおそれが出てきています。新型コロナウイルスに感染し、宿泊療養に入っている女性がその実情を語りました。 ■感染した女性 「38度くらいの熱が出て、せきと鼻づまりがなかなか治らないです。」 約1週間前に新型コロナウイルスに感染した北九州市に住む20代の女性は、現在、ホテル療養しています。 ■感染した女性 「ちょっと“コロナ”が減ってきたので(ワクチンを)打たなくてもいいかなって。」 ワクチンを接種していなかった女性は、感染対策を十分してこなかったことを後悔していると言います。 ■感染した女性 「久しぶりに居酒屋に行く機会があって、10人以上で(飲んでいる時は)マスクをしていなかった。ワクチンも打って、飲み会も、もうちょっとちゃんと(感染対策を)すればよかった。」 クラスターが相次いで発生するなど、これまでにないスピードで感染が拡大している今回の第6波です。 去年夏の第5波では、福岡県内で初めて100人を超えた7月21日から1000人を超えるまでに22日かかりました。 第6波では、1月7日に100人を超えた後、わずか8日で1000人に達しました。約3倍の速さといえます。 一方で、福岡県が対策を決める上で重視している病床使用率を見てみると、第5波で最多の1253人の感染者を記録した8月18日時点で61.4%に達していました。 第6波では、ほぼ同じ人数の1290人だった17日時点で7.4%にとどまり、医療体制はひっ迫していません。 県の目安15パーセントを下回っていても宿泊療養施設に入る 軽症や無症状の人が急増しそのひっ迫が懸念されています。 ■感染した女性 「北九州のホテルが満床で、(宿泊場所が)博多になりました。」 女性は自宅から近い北九州市内のホテルが満床だったため入ることができず、福岡市内のホテルで宿泊療養するよう、保健所から指示を受けたと言います。 福岡県によりますと急激な感染拡大を受けて、こうした事態が相次いでいるということです。 福岡県は近く、宿泊療養に対応するホテルを11から12に増やす方針を示しています。ただ、感染がさらに爆発的に増えれば、すべての陽性者を受け入れることは難しくなり、宿泊療養を希望した場合でも、自宅療養を余儀なくされるケースが出ることも懸念されてます。

福岡 2022.01.18 17:54

食を通し労働環境改善へ タクシー会社とアプリ運営会社が実験

福岡市内のタクシー会社の営業所で、空きスペースを活用して弁当や野菜などを販売する実証実験が、18日から始まりました。 18日昼前、福岡市早良区にある第一交通グループの営業所では。 ■澤田キャスター 「複数のタクシーが停められていますが、そのすぐ近くに停められているのはキッチンカーです。」 駐車場の空きスペースを利用してキッチンカーでつくる弁当や地元でとれた新鮮な野菜などを販売する事業の実証実験が行われました。 これはタクシー大手の第一交通産業が、駐車場予約アプリを運営するakippaなどと連携し実施されたものです。 空きスペースの有効活用のほかドライバー不足が深刻化するタクシー業界で、食を通して労働環境の改善を図る狙いがあるということです。 ■タクシードライバー 「便利だと思います。昼(飯)を食べないといけないから手っ取り早いじゃないですか。」 弁当や野菜は、誰でも購入することが可能で、タクシー会社では、地域のにぎわいづくりにつながればと話しています。 実証実験は、18日と19日に行われ、今後は全国に200か所ある営業所でも展開してきたいとしています。

福岡 2022.01.18 17:53

JR九州のオークション 運転体験 誰がいくらで落札?

鉄道ファンにはたまらないJR九州のオークションが開かれました。オークションにかけられたのは、線路の状態を確認する『確認車』の運転体験などです。いくらで落札されたのでしょうか。 ■JR九州・鐘ヶ江理恵博多駅長 「落札。」 15日、JR九州が開いたオンラインのオークションは、“コロナ禍”でも鉄道の魅力を知ってもらいたいと、去年スタートし、3回目の開催となります。 出品されたのは九州新幹線の車内で使われていた『のれん』や、アナウンス用の電話機など14種類です。中でも注目は。 ■鐘ヶ江駅長 「今回はコト(体験)が中心になるので、いままで世に出したことがないものを中心。」 オークション初登場となる体験型の商品とは、熊本県にある新幹線の車両基地を所長が案内するというものでした。誰が、いくらで落札するのでしょうか。 ■鐘ヶ江駅長 「オークションスタート。」 3万円からスタートし、徐々に価格は上がっていきます。 ■副駅長 「4万2000円入りました。入札時間を延長いたします。」 ■鐘ヶ江駅長 「落札。」 4万3000円の値がつきました。落札したのは新幹線が大好きという福岡県内に住む女性です。 ■福岡県在住の女性(30代) 「運転席に入れると聞いたので落札した。800系(つばめ・さくら)は、車両が顔に見えるんですけれど、縦目でかわいい。工場の中に入れるだけで幸せ。」 続いてオークションにかけられたのは、線路や架線に異常がないかをチェックする『確認車』の運転体験です。 ■鐘ヶ江駅長 「10万円入りました。3・2・1落札。」 落札したのは、かつて岡山などで『確認車』に乗り、保守作業を担っていたという男性でした。 ■岡山県在住の男性(21) 「ほぼ毎日乗っていたので、いろんな思い出がある。もう1回だけ乗ってみたかった。確認者はJR九州の社員も運転することがない珍しい車両なので。」 入札した人たちの願いをかなえたオークションについて、JR九州では、今後も開催していきたいとしています。

福岡 2022.01.18 17:52

9歳男児への傷害事件 母親の交際相手の自称大工の男を逮捕

福岡市早良区で、交際相手の9歳の息子の肩を殴りケガをさせたとして、31歳の男が逮捕されました。逮捕された男は「覚えていない」と容疑を否認しています。 傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡市西区の自称大工・篠原翔太容疑者(31)です。 篠原容疑者は12月18日、福岡市早良区の住宅で、9歳の男の子の肩を複数回殴りケガをさせた疑いです。 警察によりますと男の子は、篠原容疑者と交際している女性の息子で、篠原容疑者は、女性の家を訪れていたということです。 警察の調べに対し篠原容疑者は、「ほおはたたいたが、肩をたたいたことは覚えていない」と容疑を否認しています。 女性には、ほかに2人の息子がいて「篠原容疑者は、しつけのために子どもたちをたたいていた」と話していることから、警察は篠原容疑者が女性の子どもに、日常的に暴力をふるっていた疑いもあるとみて調べています。

福岡 2022.01.18 16:12

500万円奪おうと車で追突し暴行 強盗事件で男4人を逮捕

福岡市中央区の路上で男性から現金500万円を奪おうとしたとして男4人が逮捕されました。男らは、被害者が運転するバイクに乗用車を追突させた上、暴行した疑いです。 強盗傷人の疑いで逮捕されたのは、福岡市早良区の飲食店経営・内田舜星容疑者(40)らあわせて4人です。 警察の調べによりますと4人は、去年7月福岡市中央区で、飲食店経営の男性が運転するバイクに乗用車を追突させ、さらに、男性に催涙スプレーをかけ、腹部を蹴るなどして、男性が持っていた現金500万円を奪おうとした疑いです。男性は逃げ出し現金は奪われませんでした。 4人は「まったくわからない」などと容疑を否認していますが、警察の調べで現金500万円は、男性のバーを譲ってもらう契約金として、内田容疑者から事件直前に男性に渡されたことが分かっていて、警察で事件の経緯や動機を、さらに詳しく調べています。

福岡 2022.01.18 16:11

飯塚市で倉庫を全焼 ケガ人なし

福岡県飯塚市で18日未明、火事があり、倉庫1棟を全焼しました。ケガ人はいませんでした。 飯塚市弥山で18日午前4時半前、「空き家が燃えている」と近くに住む男性から消防に通報がありました。 火は約2時間後に消し止められましたが、木造2階建ての倉庫約70平方メートルを全焼しました。ケガ人はいませんでした。 警察によりますと持ち主の男性は「倉庫は4、5年前から使っていなかった」と話しているということです。 警察と消防が出火の原因を調べています。

福岡 2022.01.18 16:10

『まん延防止等重点措置』 慎重に判断と福岡県知事

政府が長崎や熊本など1都10県に、『まん延防止等重点措置』を適用する方向で最終調整していることについて、福岡県の服部知事は18日、医療提供体制を見ながら慎重に判断していく意向をあらためて示しました。 ■福岡県・服部知事 「(国は)病床使用率、医療提供体制のひっ迫度を見るところに基準を持ってきている。それでいくと、本県はまだ(病床使用率)7%台、もちろんこれから感染拡大に伴い、病床使用率が上がってくることも十分注意しなければならない。」 服部知事は18日朝、このように述べ、『まん延防止等重点措置』適用の国への要請に対しては、病床の使用率など医療提供体制を見ながら判断する意向をあらためて示しました。 福岡県内の16日時点での病床使用率は7.6%で、県が国との協議開始の目安とする15%を下回っています。 また服部知事は、『まん延防止等重点措置』の適用について、県民や事業者の行動抑制を伴うので、慎重に判断する必要があると述べています。

福岡 2022.01.18 11:55

大牟田市で空き家1棟を全焼 ケガ人なし

福岡県大牟田市で18日、空き家1棟を全焼する火事がありました。ケガ人はいませんでした。 視聴者が撮影した映像では、焼け落ちた屋根の奥で激しく上がる炎が確認できます。 大牟田市倉永で18日午前8時20分すぎ「家が燃えている」と近くを通った人から消防に通報がありました。 火は約1時間半で消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟を全焼しました。 警察によりますと、全焼した住宅は現在空き家で、ケガ人はいないということです。

福岡 2022.01.18 11:52

災害保険金詐欺事件で男女5人逮捕 被害総額1億6000万円か

災害の保険金をだまし取った疑いで男女5人が逮捕されました。被害総額は1億6000万円にのぼるとみられています。 災害で家が壊れたとうその説明をし、保険金約300万円をだまし取ったとして、福岡市中央区鳥飼の自営業・井上伸一容疑者(45)ら男女5人が詐欺の疑いで逮捕されました。 警察によりますと井上容疑者は「損害保険会社に横のつながりはない」などと話し、複数の保険会社との契約締結を主導した疑いです。 被害総額は、1億6000万円にのぼるとみられています。

福岡 2022.01.18 10:12

福岡県知事 「現時点でまん延防止等重点措置の要請しない」

新規感染者数が過去最多を更新するなど、福岡県内の新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、服部知事は17日、現時点では、まん延防止等重点措置を要請する考えはないと語りました。 ■福岡県・服部知事 「他県より早い病床使用率15%の基準をもって、県の“コロナ警報”の発動、同時に国とのまん延防止等重点措置の協議の開始を考えている。」 服部知事は、このように述べ、あらためて病床使用率を重視すると強調しました。 病床使用率は、16日時点で7.6%で、福岡県のまん延防止等重点措置の目安である15%を下回っています。 また、福岡県は濃厚接触者となった医療従事者ら、エッセンシャルワーカーについて、6日後の陰性で、待機を解除することで、社会機能を維持する考えです。 さらに、ワクチンの3回目接種を進めるため、福岡県内2か所に接種センターを設置する方向で準備を進めているということです。

福岡 2022.01.17 19:08

自動航行の大型フェリー 北九州市で世界初の実証実験

北九州市で17日、自動航行できる大型フェリーの世界初となる実証実験が行われました。 17日午後、北九州市門司区の新門司港に入港したのは、大型フェリーの『それいゆ』です。 ■山木記者 「ゆっくり船が近づいてきますが、実は人の手は使わず、自動で着港しています。」 船体に取り付けられたセンサーが障害物を検知し、AIが分析して、ほかの船との衝突を避けるほか、操船が難しい船の離着岸も自動で行います。 実証実験では、港への離着岸と、新門司と伊予灘の間の往復240キロを最高時速50キロの高速で、自動航行すること、ともに大型フェリーとして世界で初めて成功したということです。 国内では、船員の高齢化や人的ミスによる海難事故などが課題となっていて、開発を進める日本財団などは、2025年の実用化を目指しています。

福岡 2022.01.17 19:08

“新型コロナ” 福岡県内の新規感染者は950人

福岡県では17日、新たに950人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 感染者の内訳は、保健所の管轄別に、福岡市で487人、北九州市で122人、久留米市で40人、そのほかの地域で301人となっています。 検査数は4974件で、陽性率は19.1%でした。 亡くなった人はいません。 北九州市若松区の小学校と小倉南区の高校では、新たなクラスターが発生しています。 新規感染者950人は、1週間前と比べて、約4.5倍となっています。 16日の時点で入院している人は119人で、前の日から3人増えました。このうち重症者は1人です。 病床使用率は、7.6%で前の日より0.2ポイント上がりました。 一方、佐賀県では17日、133人の感染が新たに確認され、5日連続で100人を超えています。

福岡 2022.01.17 19:07

再びの感染急拡大 飲食店やイベントへの影響広がる

新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多を更新した福岡県では、飲食店や街の人から、まん延防止等重点措置の適用について、さまざまな声が聞かれました。感染急拡大の影響で予定されていたイベントなどは急遽、中止や延期を余儀なくされています。 福岡市西区のかき小屋には15日、多くの人が訪れていました。 緊急事態宣言が出されていた去年と比べると、売り上げは2.5倍、店の人は、客足が“コロナ前”の水準に戻りつつある中での感染急拡大に不安を口にします。 ■福岡市漁協唐泊支所・森剛支所長 「まん延防止や緊急事態宣言が発令されると、お客さんも控えるし、営業も通常通りできなくなる。うちのかきが一番おいしくなるのが1月2月。その時期にお客さんに提供できないとさみしい。」 感染の急拡大が止まらない中、福岡市・中洲の屋台の経営者は覚悟を口にします。 ■博多屋台中洲十番・田中博臣さん 「まあきたなっていう。来るだろうなって思っていたんで、早かったなって気がしますね。」 年末は、帰省客や観光客の影響で、例年の約8割まで客が戻ってきていたという店主の田中さんですが、早くも感染急拡大の影響が出始めています。 ■田中さん 「人がいなくなるのは早くなりましたね。10時ぐらいで、ほとんど人がない時がある。」 福岡市・中洲の16日・日曜日の人出は、1週間前と比べて2割以上減少しました。 この屋台の客も例年の半分ほどに逆戻りしました。 ■田中さん 「2か月ちょっと何もない状態で、お客様も徐々に増えていて、従業員の数を増やしたりとか、いろんな対応しようかなという矢先の出来事なので、またリセットかな。」 田中さんは、これ以上感染を広げないために、早めに手を打つべきだと話します。 飲食店に『時短営業』などが要請されるまん延防止等重点措置について、福岡県は病床使用率15%に達する見込みとなった場合、国への要請を検討するとしています。 その病床使用率は、16日の時点では7.6%で上昇傾向が続いています。 ■田中さん 「何日か前に見た時は5%台だったと思う。1日1%感覚的には、あがってきているイメージ。いま(感染者は)1200人を超えていて、もうちょっと早めに、この段階で手を打っていいんじゃないか。」 まん延防止等重点措置について、街を行き交う人からは、さまざまな意見が聞かれました。 ■30代の男性 「出してほしくないかな。日々の生活に制限がかかるから。授業参観も実際来週あるのがなくなったりしたので。」 ■60代の男性 「僕は出したがいいと思う。経済が止まるのは、ちょっと怖いがそれ以上に(感染が)広がってしまったら、医療現場のことも考えると早急にやった方がいい。」 ■大学生 「外出自粛とかなったらアルバイトしているんですけれど、シフト入れなくなったら収入とかも問題もあるから嫌ですね。」 一方で。 ■樋口記者 「こちらで開催予定だったイベントは、感染の拡大を受けて急遽延期となりました。」 19日にマリンメッセ福岡で開かれる予定だった業務用食品の展示会は、約2000人が集まり、商談などが行われる大規模なイベントでしたが、感染の急拡大を受けて延期となりました。 ■トーホー広報IRグループ・松野功平さん 「当社としても外食のトレンドであったりとか、長い時間かけて準備していて、それを提案する機会ということで非常に期待していたので、悔しく感じています。」 これまでにない感染拡大をみせる新型コロナウイルス。状況が刻々と変化する中、影響が広がっています。

福岡 2022.01.17 18:08

第6波・オミクロン株 医療現場に影響広がる

第6波の様相が色濃くなる中、今後重要となるのは社会機能をどう維持するかです。医療の現場でも、感染力の強いオミクロン株の影響が出始めています。 17日に訪ねたのは、新型コロナウイルス患者の治療を行う福岡大学病院の救命救急センターです。 ■福岡大学病院救命救急センター・石倉宏恭センター長 「“コロナ”の重症病床で閉まっていて、(以前は)ここからは入れなかった。」 去年11月下旬に退院した人を最後に、約1か月半、新型コロナウイルスの患者は入院しておらず、現在は、新型コロナウイルス以外の患者を受け入れています。ところが。 ■澤田キャスター 「ベットが4つ置かれていますが、ここはどういう状況ですか。」 ■石倉センター長 「きょうから中等症・軽症患者の依頼があれば、すぐに対応できるようにしました。」 福岡大学病院救命救急センターは、中等症・軽症患者用に8床を確保していますが、そのうちの4床について、17日から、すぐに“コロナ患者”を受け入れられるように準備を整えました。 その背景にあるのはオミクロン株による感染急拡大です。 ■石倉センター長 「これだけ患者さんが増えてきたので、あすから“コロナ”の調整本部が立ち上がるから、そこから依頼があった場合には、中等症軽症の患者さんも、ここで入院してもらうことになりました。」 ただ、新型コロナウイルス患者を受け入れるにあたり、懸念しているのが、人手の問題です。 ■石倉センター長 「看護師の母親が陽性になって、子どもが病院の保育所に預けられていて同じクラスのお子さんだとか、保育所の先生が濃厚接触者になるので自宅待機になって影響も出てきている。」 病院内でも感染急拡大の影響が広がりつつあると言います。 こうした事態に対応するため、医療提供体制など社会機能の維持を目的に、ある方針が見直されました。 ■福岡県・服部知事 「社会機能の維持については、国の方針に基づきエッセンシャルワーカーの待機期間を陽性となった人との接触後6日後に検査を行い陰性であれば職場に復帰していただく。」 国の方針を受け、福岡県は濃厚接触者と判断された人の自宅待機期間を14日から10日間に短縮しました。 そのうち、社会活動の維持に不可欠な医療従事者や警察・消防など『エッセンシャルワーカー』と呼ばれる人たちについては、10日よりも短くなる可能性があります。 さらに対象には、食事を提供する飲食店やスーパーマーケットなどで働く人も含まれます。感染した人と最後に接触した日から6日目に、PCR検査などの結果が陰性と出た場合は、その時点で待機が解除されます。 一方、薬事承認された抗原検査キットを使った検査の場合は、6日目と7日目に検査をして、ともに陰性と出れば、この場合も待機が解除されます。 福岡大学病院では17日朝、国の方針に合わせた対応に切り替えました。 ■石倉センター長 「沖縄のエッセンシャルワーカー、医療従事者の陽性率だとか濃厚接触者でいま職場に来られない人がかなりの数いて(沖縄では)業務が回っていない状況、それは回避したい。」 ■澤田キャスター 「救命救急センターでは?」 ■石倉センター長 「幸いにも(濃厚接触者は)いないけれど、身近でそういう状況になってきているから、どこでどうなってもおかしくない。」 石倉センター長は、感染の急拡大が続けば、一般診療に確実に影響が出るとして、家の中も含めた日ごろの感染対策を、もう一度見直してほしいと呼びかけています。

福岡 2022.01.17 18:02

未来の暮らしを感じさせる 新たな大川家具とは?

家具のまちとして知られる福岡県大川市で、未来の暮らしを感じさせる新たな製品が開発されました。今回はどんな家具なんでしょうか。 見た目はいたって『普通のソファ』のように見えますが。 ■重信アナウンサー 「すごいおもしろい感覚。家に居ながら景色がうつろうという、すごく新しい感覚。動きもとってもスムーズでなめらかです。」 このソファは、人を乗せたまま移動したり、回転したりすることが できるんです。 ■重信アナウンサー 「うわ!スピードも変えられるんですね。おもしろい。」 ソファの中にロボットが内蔵された、その名も『ロボ家具」』です。 大川市が企画し、家具メーカーと福岡市のロボット開発会社がタッグを組みました。 ■記者 「なぜ、このロボ家具を作ろうと思ったんですか。」 ■大川市インテリア課・国武正寛さん 「“コロナ禍”などでお家時間が増加するなど、生活スタイルが 変わってきている。家具も単なる物から暮らしのパートナーとして変化する時期がくるという未来を描いて今回製作した。」 “コロナ禍”で自宅で過ごす時間が増える中、部屋の模様替えを楽にできるのは、もちろん、高齢者の移動のサポートや子どもの遊び相手としても活躍しそうです。イス部分を製作した家具職人は。 ■丸庄ブランドマネジャー・島崎智成さん 「もともと動く家具でいうとソファがリクライニングしたりとか、ベッドになったりとか、そういう動く家具はあったが、こっちという感じで。大川の家具は、ネコ家具の時もそうだが、なんでもできる。どんなものでも、ご注文や期待に応えますよ、というのを見ていただければ。」 一般向けの販売は決まっていませんが、以前、大川市のPRのために作成した『ネコ家具』が、販売に至った例もあり、メーカー側は「反応をみて検討したい」としています。 ■国武さん 「今後大川家具と最新テクノロジーの融合で新たな商品や大きな話でいうと、産業などがこの大川市から生まれることを期待している。」 新型コロナウイルスでかわる、私たちのライフスタイル。ロボ家具が私たちのパートナーになる未来がくるかもしれません。

福岡 2022.01.17 18:01

阪神・淡路大震災から27年 福岡でも鎮魂の祈り

阪神・淡路大震災の発生から17日で27年です。福岡市・天神の公園には献花台が設けられ、市民らが鎮魂の祈りを捧げました。 1995年1月17日午前5時46分。淡路島北部を震源地とする最大震度7の地震が発生し、6434人が犠牲となりました。 あれから27年となる17日、福岡市・天神の警固公園には、ボランティア団体によって献花台が設置され、訪れた人が静かに手を合わせ犠牲者を悼んでいました。 ■犠牲者を追悼した女性 「『日本で、こんなことが起こっているのだろうか』と当時心が痛みました。」 ■犠牲者を追悼した男性 「こういうこと(追悼イベント)を機会に、自分の防災意識を高めたい。」 主催したボランティア団体は「記憶が薄れていかないよう、今後も追悼イベントを継続し、防災意識を高めるきっかけをつくりたい」としています。

福岡 2022.01.17 17:41

『流れ星新幹線』が台湾で再現 JR九州がノウハウを伝授

去年3月、夜空を照らしながら走ったJR九州の『流れ星新幹線』が、海を越えたある場所で再現されました。その場所は『台湾』で、JR九州が光や音の演出のノウハウを伝授して実現しました。 台湾の新北市で15日、流れ星に見立てた特別列車が走りました。 これは、台湾の鉄道会社『淡海ライトレール』が“コロナ禍”に希望の光を照らしたいと、開業3周年の記念イベントとして企画したものです。 照明機材の設置方法や演出などのノウハウを伝授したのはJR九州です。 去年3月に、一夜限りで九州で運行された“流れ星新幹線”を知った台湾側から、JR九州に協力のオファーがあり実現しました。 夜空を彩る流れ星は、海を越えて台湾の多くの人たちを希望の光で照らしました。

福岡 2022.01.17 17:41

自主トレ中のホークス柳田選手ら 新型コロナウイルスに感染

プロ野球ソフトバンクホークスは自主トレを行っていた柳田悠岐選手ら8人が、新型コロナウイルスの陽性と確認されたと発表しました。 ホークス球団などによりますと、陽性が確認されたのは、柳田悠岐、谷川原健太、真砂勇介のホークス3選手と、日本ハム・清宮、ロッテ・安田、西武・戸川の他球団の3選手、それにスタッフ2人のあわせて8人です。8人は合同で自主トレを行っていました。全員症状はなく、それぞれ自宅や宿泊療養施設で療養しているということです。 一方で、2月20日に開催される予定だった『北九州マラソン』の中止が決まりました。すでに約1万2000人がエントリーし、参加費を入金していて、北九州市は、ランナーに配布する予定だったTシャツやタオルなどの製作費や経費を引いた上で、金券で返金できるよう準備をしていくとしています。

福岡 2022.01.17 16:15

野球漫画の第一人者・水島新司さん死去 王会長がコメント

野球漫画の第一人者として知られる水島新司さんが10日に 亡くなったことが分かりました。82歳でした。ホークスの選手を主人公にした漫画を描くなど、福岡の野球ファンにも広く愛されました。 水島新司さんは、新潟市出身で1970年代から『男どアホウ甲子園』、『ドカベン』など、野球を題材にした多くの作品をヒットさせました。 代表作の一つが、南海・ダイエー・ソフトバンクとホークス一筋にプレーした野球選手が主人公の『あぶさん』で、実在のプロ野球選手も数多く登場し、ホークスを始めとする野球ファンに長く愛されました。漫画の中で『あぶさん』が現役を引退した際には、当時のヤフードームで引退式があり、水島さんに秋山監督から花束が贈られました。 水島さんは10日、肺炎のため亡くなりました。82歳でした。 福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長は「水島さんはホークスが、弱い時に支えていただいた恩人です。心からご冥福をお祈りいたします。」とコメントしています。

福岡 2022.01.17 16:14

児童買春の疑い 福岡県うきは市職員の男を逮捕

福岡県うきは市の職員の男が児童買春の疑いで逮捕されました。当時17歳の女子高校生に現金3万円を渡して、わいせつな行為をしたとされています。 児童買春の疑いで逮捕されたのは、うきは市の徴収対策室の係長・山口武志容疑者(42)です。 警察によりますと山口容疑者は去年10月、福岡市内のホテルで、SNSで知り合った当時17歳の女子高校生に現金3万円を渡して、わいせつな行為をした疑いです。 女子高校生がSNS上に援助交際が疑われる投稿をしているのを警察が見つけ調べていました。 警察の調べに対し山口容疑者は「10代の子に興味があった」と容疑を認めているということです。 うきは市は「事実であれば極めて遺憾、事実関係を確認の上、厳正かつ適正に対処する」としています。

福岡 2022.01.17 16:14