広島のニュース

道路にネジ数百本まきパンクさせる…男逮捕

去年11月、広島県内の道路に多数のネジをまいて車をパンクさせたとして、自営業の男が逮捕されました。 この事件は、去年11月22日、広島県北広島町奥中原から才乙にかけての片側一車線の道路で起きました。長さ3センチほどのネジが数百本見つかり、近くであった車の催しの参加者や住民の車、警察車両など18台がパンクしました。 警察は、ネジが故意にまかれた疑いがあるとみて捜査。近くに住む自営業の小川康隆容疑者(50)を、器物損壊の疑いで逮捕しました。「暴走族みたいな車がたくさん来たのが気に入らなかった」などと供述しているということです。

広島 2021.02.25 15:34

国公立大学2次試験の前期日程始まる

国公立大学2次試験の前期日程が始まったが、「コロナ禍」で様相は一変した。 例年は受験生の激励などで賑わう大学周辺は、自粛の呼びかけに応えて静かな試験初日となった。広島大学でも、2日間実施される「前期日程」の志願者は、去年より約200人減少。県外からの受験生が減っている。「新型コロナウイルス」の感染拡大に伴い、今年は体調を崩した人のために別室を増やし、待機する医師や看護師も例年の2倍に増員。感染した受験生には、追試験の機会を設けた。合格発表は3月8日。

広島 2021.02.25 12:17

多数のネジをまき車がパンク 男を逮捕

去年11月北広島町の道路に多数のネジをまいて車をパンクさせたとして、自営業の男が逮捕された。 事件は去年11月22日、北広島町奥中原から才乙にかけての片側一車線の道路で起きた。長さ3センチほどのネジが数百本見つかり、近くであった車の催しの参加者や住民の車、警察車両など18台がパンクした。警察は、ネジが故意にまかれた疑いがあるとみて捜査。近くに住む自営業の小川康隆容疑者(50)を、器物損壊の疑いで逮捕した。「暴走族みたいな車がたくさん来たのが気に入らなかった」等と供述しているという。

広島 2021.02.25 12:16

コロナ離職者の就職支援 県内で企業面接会

新型コロナウイルスの影響で今、雇用環境が悪化している。県内では離職者などの就職を支援するための企業面接会が行われた。 福山市での企業面接会は県や広島労働局が開いたもの。福山の感染状況を受けてオンライン形式に変更し、会場にはパソコンが用意された。対象は新型コロナの影響で離職した人や、3月に卒業予定でまだ就職先が決まっていない人で、自宅や会場などから参加した16人が画面越しに企業の担当者と面接した。 ■県雇用労働政策課 宮田沙季さん 「離職者が多く出ている現状を踏まえたり、広島県の雇用情勢を踏まえて」「就職支援を行うために開催している」 この企業面接会は来月、広島市と東広島市でも行われる。 厚生労働省のまとめでは県内で新型コロナウイルス関連の解雇や雇い止めは2100人以上に上っている。雇用に不安を抱える人に向けてきょうとあす、電話相談が全国一斉に行われている。県内でも3か所で相談員が対応し、解雇や雇い止めなどについての相談が寄せられているという。 ■連合広島・長田誠一副事務局長 「(年度末で)契約の更新時期を迎えるので契約の打ち切りとか出てくる可能性が高くなるのでしっかりと連合としても対応したい」 電話相談はあすも行われ、県内では地域別に2つの番号で受け付けている。

広島 2021.02.24 21:21

福山市の小学生が子犬救出に貢献 小学校で表彰

福山市の小学生が側溝から聞こえた子犬の鳴き声に気付き、助けることができた。きょう小学校では表彰式が行われた。 マンホールのふたを開け活動する消防隊員。別の場所から鳴き声が…。 「キャンキャン!」 消防隊員に抱きかかえられた子犬が元気な鳴き声の主だ。 「ここの穴からだ」 福山市に住む小学4年生山本菜羽さんは、先月、自宅近くで遊んでいたところ動物の鳴き声が聞こえた。 ■山本菜羽さん 「犬の鳴き声かなと思って助けようと思った」 翌日、父親は消防に救助を相談したところ消防は快く引き受けマンホールのふたを外し活動。隊員が側溝のあたりで子犬の救助に成功した。 ■山本菜羽さん 「その日は助けられなかったので、次の日にお父さんに消防士を呼んでもらって助けてもらった」「まだ生きていてよかったと思った」 この活動を知った福山市の教育委員会はきょう、かけがえのない命を救うために貢献したとして同級生の前で山本さんを表彰した。 救出した子犬は、その後山本さんが家で飼うことに。菜羽さんから1字をもらって「羽ちゃん」と名付けた。いまでは、家族の一員だ。 ■山本菜羽さん 「飼ってよかった。一人でさみしい時はいっぱい遊んでくれる」「これからも大人になるまで一緒にいたいなと思う」 山本さんのやさしさがつなぎとめた命。飼い始めた当初はおびえていたが今では、いつも一緒だ。山本さんと「羽ちゃん」は強い絆で結ばれたようだ。

広島 2021.02.24 21:16

身元判明の被爆者の遺骨 原爆供養塔に安置

理化学研究所が去年、広島市に引き渡した被爆者の遺骨の身元が判明し、原爆供養塔に安置された。 身元が判明したのは、「伊勢岡」さんの遺骨だ。遺骨は原爆投下後に放射線被害の調査団が採取し、当時東京にあった理化学研究所に持ち込まれた。去年11月、広島市に引き渡されたことを報道で知った遺族が市に申し出たところ、亡くなった日や場所が戸籍謄本の記録と一致したことなどから身元を特定した。 遺骨は、遺族の意向で平和公園にある原爆供養塔に永久安置するという。市が引き渡しを受けた名字もしくは名前が分かっている4人の遺骨のうち、身元が判明したのは2人目だ。市は残る2人の遺族を探している。

広島 2021.02.24 21:07

解雇や雇い止めの労働相談

新型コロナウイルスの影響で雇用環境が悪化するなか、解雇や雇い止めに関する労働相談が全国一斉に行われている。 電話相談は労働組合の全国組織である連合が全国一斉に行っているもので、広島県内でも3か所で相談員が対応している。 厚生労働省のまとめでは、県内で新型コロナウイルス関連の解雇や雇い止めは2100人以上に上っている。 連合には普段の電話相談でも非正規雇用の人からの相談が多いということで、年度末に向けて警戒を強めている。 ■連合広島・長田誠一副事務局長「契約の更新時期を迎えるので契約の打ち切りとか出てくる可能性が高くなるので、しっかりと連合としても対応したい」 電話相談は午後7時までで、広島県内では地域別に2つの番号で25日まで受け付けている。

広島 2021.02.24 11:57

広島市中区で働く人を対象 PCR集中検査始まる

広島市中区で働く人を対象に県が実施するPCR集中検査が24日始まった。 このPCR検査は、対象を広島市中区で働く人として24日から26日に実施する。 費用は無料となっており、事業者単位での申込が必要で、1事業者あたり30人以上受けることが条件。 県が検査前日までに各事業所へ検査キットを届け、検体を採取してもらい、検査日に回収する。 当初およそ2000人を対象と発表したが、倍近くとなる3700人余りの申し込みがあり、県は枠を増やして対応する。

広島 2021.02.24 11:52

6年ぶりのV奪還へ サンフレッチェ必勝祈願

サンフレッチェは数字の「3」とイタリア語の「矢」を合わせたチーム名で、戦国武将・毛利元就の「三矢の訓」に由来する。 毎年、毛利家ゆかりの安芸高田市・清神社で必勝を祈願している。 23日は選手を代表して佐々木キャプテンが玉串を奉納。6年ぶりのリーグ優勝を祈った。 さらに城福監督が毛利元就に扮した市民から三本の矢を受け取りチーム一丸を確かめた。 荒木隼人選手会長「優勝を目指すところから始まると思うし、コロナ禍にもかかわらずたくさんの(サンフレッチェ)ファミリーの方が応援してくださっているので期待にこたえたい」 サンフレッチェは27日、ホームで仙台と対戦する。

広島 2021.02.23 20:42

暴力団員に代わり住宅ローン融資 海自隊員逮捕

詐欺の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団共政会荒瀬組の組員、佐々木渉容疑者(48歳)や海上自衛隊呉基地所属の自衛艦「ちはや」の3等海曹、西浦大輔容疑者(48歳)など3人だ。 3人は共謀し、2014年、佐々木容疑者が住宅を購入するための融資を受ける意図を隠して、西浦容疑者が暴力団員と資金提供などの関係がないことなどを確約する嘘の書面を作成した。 そして金融機関と契約を結び現金3020万円をだましとった疑いだ。 3人は知人で、警察は認否を明らかにしていない。 「ちはや」の艦長は「事実関係をもとに厳正かつ適切に対処する」としている。

広島 2021.02.23 20:35

“集中対策”明けて広島の町は

2か月以上に渡る広島県の新型コロナウイルス集中対策期間が明け、昨夜、多くの飲食店が通常営業を再開した。広島市内の繁華街ではマスク姿の人たちが行き交い、活気が戻りつつある。 22日午後9時頃の広島市中区の流川地区では、連れ立って歩く人々の姿が戻っていた。 客「お疲れさま 乾杯!」 去年12月12日から始まった、広島県の集中対策。その5日後からは、広島市中心部の酒類を提供する飲食店などに対し、時短要請が出された。県の求めに応じてきたこの店は、今月22日およそ2か月ぶりに通常営業を再開した。 やま音 山根英輝店主「予想以上のお客様のご来店だった。コロナ前に戻ってほしいというのが希望ではあるのだが」 一方、広島市中区胡町にある酒の小売業者は、配達に追われた。 従業員「本日納品に来た。ご無沙汰している。どうもありがとうございます」 時短や休業を続けたこちらの肉料理店。営業再開に合わせ料理に合う日本酒を発注した。 肉割烹幹の3 関根俊店主「うちの店の料理をすごく理解されている。合わせてピンポイントな日本酒を紹介してくれるのでぜひ出したいと思っている」 飲食店の多くが休業し酒の注文が激減したことで、先月の売り上げは例年と比べて半分に。飲食店の通常営業の再開を待ちわびていた。 大和屋酒舗 大山晴彦社長「今までに比べると随分忙しくさせて頂いてる。遅い正月明けと言うかやっと年が明けて仕事始めだなと」 県によると、22日午後9時台の人出は先週と比べて、広島市中区の新天地公園と八丁堀交差点の周辺では2倍以上に増えた。 集中対策終了後、初めての祝日を迎えた23日。梅の花が見頃を迎えている名勝・縮景園には多くの人が訪れた。 来園者「午後は人出が多いかなと思って早めに来た」 来園者「きれい」 来園者「あまり密にならない場所でということで、屋外で外に出ようかなと」 一方、今月8日から再開した原爆資料館の来館者は例年の4割にとどまるが、少しずつ回復しているという。 集中対策を終え、町には変化がみられるが、引き続き感染に気を付ける日が続く。

広島 2021.02.23 20:28

JR山陽線 成人男性はねられ死亡

事故があったのは、JR山陽本線の安芸中野駅と海田市駅の間だ。 22日午後9時半頃、線路の近くにいた成人とみられる男性が下りの普通列車と接触し、死亡した。 現場は踏切から30メートルほど離れた柵のある場所で、乗客およそ120人にケガはなかった。 この事故でJR山陽本線は岩国駅から糸崎駅までの上下線で運転を見合わせ7本が運休。8本に最大170分の遅れが出ておよそ2500人が影響を受けた。

広島 2021.02.23 12:07

歩行者の高齢女性 はねられ死亡

事故があったのは東広島市志和町の市道だ。 22日午後6時25分頃、西に向かって走っていた軽四自動車が、道路を歩いて横断していた高齢の女性をはねた。 はねられたのは、近くに住む無職の冬木文子さん(71歳)で、頭を強く打っており、病院に搬送されたが、およそ2時間後に死亡が確認された。 軽四自動車を運転していた48歳の女性にケガはなかった。 現場は見通しの良い直線道路で、信号機や横断歩道はなかった。 警察が事故の原因を調べている。 この事故で今年、県内で発生した交通事故による死者は14人となった。

広島 2021.02.23 11:57

広島市中区「PCR検査トライアル」 4人が陽性

広島市中区の住民を対象にした集中的なPCR検査が21日までの3日間行われ、3200人余りが検査を受けた。 そのうち、4人が陽性だったという。 広島県によると検査を受けた人は初日は674人。2日目は1323人、最終日の21日は1241人で、3日間で合わせて3238人だった。 県は申込みが少なかったことから、検査初日に急遽対象を中区の一部から全域に変更したが、想定していた6000人の半数程度にとどまった。 湯崎知事は22日の会見で、3日間の検査で陽性者は4人だったことを明らかにした。 ■湯崎知事 「(陽性の割合は)0.12%だったわけだけど、感染状況が(1週間の)10万人単位で2人以下になっている状況の中で、こういうレベルかなと。これは個人的な感想だけれども。」 24日からは3日間の日程で中区で働く人を対象に検査が行われる。 22日午後4時半時点で、計画の2000人を上回る3580人の予約があった。県は枠を拡大して対応することにしている。

広島 2021.02.22 20:27

河井被告から受け取った現金を選挙区内に「寄付」 公職選挙法違反で広島市議を告発

買収事件で公判中の河井克行被告から受け取った現金を、自らの選挙区内の市民団体に寄付したとして、広島市内の男性が広島市議を告発し、警察が捜査に入ったことが広島テレビの取材で分かった。 公職選挙法違反の疑いで警察が告発を受理したのは、今田良治広島市議だ。 今田市議は去年11月の公判で、克行被告から現金あわせて50万円を受け取ったことを認めた。 その上で、自身の選挙区内の2つの市民団体にこれを寄付したと証言した。その後の取材でも、改めて市民団体への寄付を認めている。 ★今田良治・広島市議「寄付はよくないというのはわかる。本当に申し訳ないことをした。人を巻き込んでしまって」(去年11月) この行為が選挙区内での寄付を禁じる「公職選挙法」違反に当たるとして1月、広島市内の男性が警察に告発…。2月中旬に受理された。 今田市議は広島テレビの取材に、「告発について何も聞いていない」とした上で、「非常に軽率な行為だった。河井さんから渡された金を手元に置いておくのがつらかった」と語った。 進退については「任期を全うしたい」と語る一方で、「司法の処分を待って判断する」とも話している。 今田市議は「捜査に協力する」との姿勢で、警察は「関係者に話を聞くなど迅速に捜査を進める」としている。

広島 2021.02.22 20:17

女子高生運転の車にはねられ男性死亡

21日午後7時40分頃、福山市千田町の市道を渡っていた男性が、左側から走行してきた軽ワゴン車にはねられ、約1時間後に死亡した。男性は、近くに住む70代の男性と見られ、警察が身元を確認している。男性をはねた軽ワゴン車は、福山市内に住む18歳の女子高校生が運転していた。この女子高校生にケガはなく、運転免許を取得しておよそ半年だった。事故があった現場は、信号機や横断歩道のない交差点。

広島 2021.02.22 12:22

ドラゴンフライズ新監督に尺野氏就任

プロバスケットボール「B1]の広島ドラゴンフライズに、2018年からのシーズンに監督を務めた尺野将太氏が再登板した。 新たに監督に就任した尺野氏は37歳。広島市出身。2018年に、当時「B2」だったドラゴンフライズを率いた経験を持ち、今年は若い世代の育成を担っていた。チームは「粘り強い戦い」を指導できる人材として、2度目のかじ取り役を託す。

広島 2021.02.22 12:15

ぽかぽか陽気 各地で20度超え

21日、県内各地で最高気温が20度を超え、4月中旬から5月上旬並みの春の陽気となった。 大江芳樹記者「広島市で最高気温が20度ほどまで上がり、暖かい一日となった。中区の縮景園では訪れた人が梅の花を楽しんでいる」 21日は、県内19の観測地点すべてで今年の最高気温を観測。 各地で4月中旬から5月上旬並みの陽気となった。 最高気温は大竹市で22度。広島市中区で21点2度を記録した。 縮景園を訪れた人「上着がいらないかなと思うくらい暑かった」 縮景園を訪れた人「気持ちがいい 春が来た感じ。空も青くて雲もなくて(梅の花の)いっぱい写真を撮った」

広島 2021.02.21 19:09

マンションで火事 住人の男性死亡

火事があったのは、広島市安佐南区高取北3丁目の3階建てのマンションだ。消防などによると、20日午後5時前、「1階から火が出ている」と隣の部屋の住人から通報があった。 消防車9台が消火活動にあたり、およそ1時間半後に火を消し止めたが、マンション1階の一室およそ10平方メートルが焼けた。 ほかの部屋への延焼はないという。 この火事で、火元の部屋に1人で住んでいた己斐康彦さん(63歳)が、心肺停止の状態で病院に運ばれたが、まもなく死亡した。 警察と消防が、21日午前から実況見分し、出火原因を調べている。

広島 2021.02.21 11:44

開幕を前に サンフレッチェ広島がスタジアムグルメを出張販売

開幕を盛り上げようとサンフレッチェ広島の試合会場で味わえるグルメの出張販売が始まった。 広島市中区大手町1丁目でサンフレッチェが期間限定で販売を始めたのは、実際に試合会場で味わえるスタジアムグルメ。 新型コロナの影響でファンとの交流イベントが中止となるなか、開幕を盛り上げようと企画された。 新商品のピザや串焼など30種類の料理が並び、テイクアウトして楽しむことができる。 ■購入者「開幕の気分を味わえると思って来た。コロナで飲食店もけっこう厳しいと思うので、ちょっとでも力になれたらなと」 スタジアムグルメは今月23日まで毎日出張販売する。 サンフレッチェ広島は27日、ホーム開幕戦で仙台を迎えうつ。

広島 2021.02.20 18:18

広島県PCR集中検査 2日目

広島県が実施する広島市中区の住民を対象としたPCR集中検査は2日目を迎え、住民が検査に訪れている。 広島市中区の住民、先着およそ6000人を対象にした無料のPCR集中検査は、予約が思うように伸びず、19日に対象を中区全域の住民に変更し、2日目。 県によると、3日間の日程のうち19日は674人が受け、20日と21日の予約は1772件入っているという。 ■60代女性「自分がかかっているかどうか、わからないから一応確認」 ■70代男性「多分大丈夫と思う。飲食とか外で全然やってないから」 一方、県内では広島市と呉市が感染確認者なしと発表。 また、新たに2人の死亡がわかり死者は100人をこえた。

広島 2021.02.20 12:21

4000人以上の応募 安芸高田市副市長最終選考

■石丸伸二市長 「ここに力を入れていく、いきたい、いくべきだ見たいな、そのあたりの考えはいかがでしょうか」 最終選考は石丸市長と米村副市長によるWeb面接で行なわれる。 副市長公募には国内外から4115人が応募し最終選考には13人が残った。 ■安芸高田市・石丸伸二市長 「採用したくなるよねすごい方なんだよこんな方々が並んでるので めちゃくちゃ悩んでるね。みんな来てほしい」 あすまで最終選考を行い今月下旬には2人目の副市長を内定。 議会での同意を経て4月に就任予定だ。

広島 2021.02.19 19:24

広島県 感染1人 新型コロナ

きょう感染を確認したのは、広島市の60代の1人で、症状は「軽症」という。この他の市と町での新たな感染確認はなかった。 県内で1日当たりの感染確認が1人となるのは 去年11月25日以来。 「集中対策期間」に入った去年12月12日からの感染確認の推移は先月末から15人以下で推移し減少傾向が続いている。 医療機関の状況はきのう時点で入院している人は前の日より13人減って54人となった。確保している477の病床の使用率も 1割余りに減っている。 また、重症の患者は前の日と同じ7人。中等症の患者は 前の日より3人減って、7人となっている。 あさってまでの「集中対策」期間中、県は外出機会の半減を求めている。感染拡大前の去年1月と比べたきのうの県内の人出は、 午後2時台は15パーセントの減少。午後9時台は半数以下に減っている。

広島 2021.02.19 19:20

広島市「PCR検査」始まる しかし予約伸びず

無料の「PCR検査」が始まったのは、午前10時前だった。 ■70代 「(感染していない)自信はあるんだけど何も症状がなくてかかってたという方がいらっしゃるから」 ■40代(検査キット持参) 「思ったよりも短時間で済んだかなというところはあった」 ■70代夫婦 「高齢で基礎疾患があるので、いつか機会があれば(PCR検査を)受けてみたいと思っていた」 「いつも体温とか測ってるけど。やっぱし気になってたし、一回受けてみようかなと思って」 しかし県は検査開始から1時間半後、対象を「中区全域の住民」に 変更することを公表…。正午の段階で、予約は約1500人と、 予定の4分の1にとどまっている。対象拡大の理由は、 「予約が思うように伸びず、検査能力などに余力がある為」としている。 ■湯崎英彦知事 「トライアルの結果を振り返る必要があるのでできるだけ多くの方にご協力いただいていろんなチェックをしていきたい」 事前に「検査キット」を配布する広島市内の薬局。 当初は対象にはなっていなかった住民が、対象地区の拡大を受け、 「検査キット」を受け取りに訪れていた。 ■60代(当初は対象外の地域) 「中区の全域に対象が広がったということでそれだったら受けてみようということで。一回やっておけばいずれにしても安心じゃないか」 事前に「検査キット」を配布する薬局は、中区内の16か所…。 中区の住民はあすまでキットを受け取れる。 この「PCR検査」はあさってまで実施される。

広島 2021.02.19 19:15

広島県 PCR検査対象区域を中区全域に

広島市中区の住民およそ6000人を対象に、新形コロナウイルス感染の有無を調べる「PCR検査」が始まった。 受け付け開始の午前10時前、会場の広島市民球場跡地には、検体の採取や提出に訪れたおよそ30人が列を作った。広島県は、19日からの3日間、中区の13地区の住民先着およそ6000人を対象に、「PCR検査」を実施するとしていたが、これを中区全域に拡大した。費用はかからない。

広島 2021.02.19 12:20

県北のひな祭りを紹介

広島県の伝統的工芸品「三次人形」や「ひな人形」で、県北の伝統的なひな祭りを紹介する展示会が開かれている。 三次市の風土記の丘ミュージアムには、江戸時代末期以降に作られた三次人形とひな人形・130点余りが並ぶ。中でも、江戸時代末期の三次人形や、明治時代の内裏雛などが見どころ。 「三次人形とひな人形展」は、来月14日まで開かれている。

広島 2021.02.19 12:15

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース