広島のニュース

東京への移動は6月18日まで自粛を

広島県は県民に対して東京都などへの移動を6月18日までは自粛するよう求めることを発表した。広島県は関東などへの緊急事態宣言の解除から約3週間を目途に移動の自粛を緩和することにした。京都・大阪・兵庫は6月11日まで。北海道・東京・埼玉・千葉・神奈川は6月18日まで不要不急の移動を自粛するよう求めた。その他の地域への移動は感染状況などを確認してほしいとしている。
湯崎英彦知事は「福岡県では1週間に44名の新規感染者が確認されている。福岡県への移動は当面自粛するようにお願いします」と呼びかけた。6月19日以降については感染状況などを踏まえ判断するとしている。

広島2020.05.29 19:51

平和記念式典 感染防止で大幅縮小

新型コロナウィルスで8月6日の祈りの場も大幅に規模を縮小される。広島市の松井市長は感染防止のため今年の平和記念式典の参列者を900人程度にすると発表した。また、例年行う合唱に代わり被爆ピアノの演奏を検討していることも明らかにした。
広島市の松井市長は会見で「2メートルの十分な間隔をとって椅子を配置しようと思う。したがって平和記念公園の芝生内で設置できる椅子の数が最大数で約880席」と話した。
被爆者や遺族を中心に招待することにし海外からの要人や国連関係者の参列は難しいという考えを示した。国連の事務総長にはビデオメッセージを依頼し会場で上映したいとしている。また安倍首相の参列は調整中で一般の参列は取りやめる方針。
その他、式典会場周辺の密集を防ぐため公園への入場規制も検討する。毎年「平和宣言」の後に行う合唱については飛沫感染を避けるため中止し被爆ピアノによる伴奏で独唱という形で調整しているという。
長年、国内外で「被爆ピアノ」のコンサート活動を続けるピアノ調律師の矢川光則さんのもとには式典でのピアノ使用について先月、打診があったという。
矢川光則さんは「式典で被爆ピアノが使われるのは初めてで願ってもないこと。世界中に被爆ピアノの存在を発信できるのは非常にありがたい」と話した。
広島市は被爆75年の節目となる今年の平和記念式典の詳細について来週にも発表する予定。

広島2020.05.29 19:46

オタフク 入社の内定学生にオンラインお好み焼き教室

広島市西区にあるオタフクソースは28日、お好み焼きの作り方教室をライブ配信した。相手は来年春の入社に向けて内定予定の学生たち。新型コロナウイルスの影響で例年は本社で行う懇親会ができないため、代わりとなる交流の機会として実施された。

人事部栗田翼さんは「早い段階で、学生の皆様にとって会社の雰囲気とか先輩社員とかしっかり見ていただいて、一つでも判断材料になるように」と話した。

オタフクソースでは当初の計画通り、来年は約20人の採用を予定しており、学生20人がそれぞれの自宅でお好み焼きづくりに参加した。夏ごろには本社に集まって懇親会を開きたいとしている。

広島2020.05.28 19:13

新型コロナ 営業再開に向けて広島の飲食店は

カープファンなら知る人ぞ知る広島市内の居酒屋「赤まる」。新型コロナウイルスの蔓延が止まらない4月、緊急事態宣言が出されてから休業していた。店では、新しい様式による営業再開を目指し改装が行われていた。

田中誠司社長は「店内営業の再開に向けて対面にならないように席のレイアウトを変えている」とする。
今月18日から営業を再開。入口の窓はすべて開け放ち換気を徹底。テーブルには飛沫感染を防ぐために対面シートを張った。

広島市内の中華料理店には夜になっても、店内に客の姿はない。
スタッフの大田真希さんは「客の戻りはぜんぜん感じない。」と嘆く。

店では、回転式のテーブルを囲み大皿に盛り付けられた料理をみんなで楽しむスタイルは取りやめにしている。

新型コロナウイルスの不安の中で暮らし、生き抜いてゆくために取り入れた「新しいスタイル」。集いの場の模索が続く。

広島2020.05.28 19:01

マツダ4月の生産・販売 公表以来最低

マツダの4月の国内生産は、前年より8割以上少ない1万1706台となった。1979年の公表開始以来、最も少ない数字。世界全体でも前年の7割減まで落ち最少となる。

一方販売は、去年、米中貿易摩擦の影響があったこともあり中国ではプラスに転じた。しかし、国内は8305台と1970年に公表を始めて以降最低を記録した。また、アメリカやヨーロッパでは4月は一時、8割の販売店が休業していた影響もあり、大幅に減った。世界販売は、5万362台と2004年に公表を始めて以降最少になった。

広島2020.05.28 18:50

新型コロナ対策とる飲食店を認定

広島県は新型コロナウイルス対策をとっている飲食店を認定し、客にわかるよう掲示する取り組みを始める。27日、知事が発表した。
事前に各店舗が感染防止策を決め、その内容をインターネットを通じて県に登録すると、「宣言書」がダウンロードできるしくみ。「宣言書」を店に掲示することで、利用客の安心につなげたい考えだ。
広島県はこうした取り組みを、飲食店以外の業種にも広げていきたいとしている。

広島2020.05.27 19:24

ライトアップで医療従事者に感謝の思い

「新型コロナウイルス」治療の最前線に立つ医療従事者を支援しようと、建物を青い照明で浮かび上がらせる動きが広がっている。その名も「ブルーライトアップ」。広島市中区の「中電工平和大通りビル」を、中国電力グループの4社が今月31日までライトアップする。一方、広島城の天主閣も青い光で闇夜に浮かび上がった。この試みは広島市が今月15日から実施。県内に「新型コロナウイルス」で療養する患者がいる限り続けたいとしている。

広島2020.05.27 11:58

音戸大橋下で遺体発見 転落か?

27日朝、倉橋島と本土を結ぶ音戸大橋の本土側・呉市警固屋8丁目の海上で、女性が浮かんでいるのが見つかった、高齢の女性とみられ、20分後に引き上げられたが、その場で死亡が確認された。遺体発見現場の近くにある音戸大橋は、歩行者も通行が可能で、警察は転落した可能性もあると見て、詳しい状況を調べている。

広島2020.05.27 11:54

広島県への支援金申請 1万3000件超え

広島県は4月22日から今月6日までの間、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請に応じた事業者に対して、最大50万円の支給を決定。今月22日までに、申請は1万3000件以上に達した。また「支援金」の支給を今月12日から開始。これまでに申請の4分の1に当たる8億5000万円以上を支払ったとしている。申請は郵送かメールで受け付けており、期限は来月8日まで。また県は昨夜、関係団体と、社会福祉施設施設で所謂「クラスター」感染者の集団が発生した場合の対処方針を協議した。

広島2020.05.26 11:58

「アベノマスク」県内全域への配布はいつ? 「使わない」との声も

マスク不足を解消しようと政府が支給する、いわゆる「アベノマスク」の配布が広島市の一部で始まった。
一方、県内全域への配達の目途はたっていない。
マスクの配布は4月7日に閣議決定され、感染者の多い地域から順に、これまで13の都道府県で始まり、広島などでは23日から配布が始まった。
24日までに広島市内では中区・舟入と東区・戸坂のおよそ1万9000世帯に配布した。
一方、25日の広島市中心部では、ドラッグストアだけでなく飲食店や衣料品店の店頭などでも、マスクが販売されていた。
市民の中には「遅すぎる。周りでマスクは普通の値段で売り出されている。アベノマスクは小さいから使わないし、誰か必要な人に寄付しようかと思う」と話す人もいた。
日本郵便中国支社によると、25日までに国からの「県内への新たなマスク配布」の連絡はなく、県内の他の世帯への配達のめどは立っていないとのことだ。

広島2020.05.25 20:08

安芸太田町長選結果は 河井陣営からの現金受け取りで前町長辞職

前の町長が辞職したのに伴う安芸太田町長選挙で、新人で元衆議院議員の橋本博明氏が初の当選を果たし、25日に登庁した。
安芸太田町では、小坂真治前町長が、去年の参院選を前に自民党の河井案里議員の夫克行議員から、現金20万円を受け取ったとして先月9日に辞職した。
今回の選挙では「政治とカネをめぐる問題」など、有権者の関心が高く、投票率は78パーセント近くに達し、前回を2.6ポイント余り上回った。

広島2020.05.25 20:01

学校再開に向けて教員が準備

広島県内の多くの公立学校で6月1日からの授業再開が決まり、準備に追われている。
呉市阿賀北にある原小学校では感染防止のため、教室での児童同士の間隔を1.5メートル以上に保つ。
25日は教員が机を離す作業に追われた。
また、学校再開後もプールでの授業を当面行わないことを決めている。さらに、理科の実験のように、通常は接触を伴う授業をどうしていくか各学年担任が話し合った。

広島2020.05.25 19:36

広島県 週末の外出や飲食店への営業自粛要請を全面解除へ

広島県は、週末の外出自粛や飲食店に対する酒類提供の時間制限を22日夜にも解除する方向で調整している。
関係者によると県は大阪などの近畿3府県で緊急事態宣言が解除したことなどから、現在出されている外出自粛や休業要請の解除について今月末までとしていた当初の予定を前倒しきょうにも判断する見込みだ。
飲食店での酒類の提供については、午後10時までとされている時間制限を撤廃する。
ナイトクラブやスポーツジムなど休業要請中の施設については、感染防止対策の強化を条件に再開を認める方向で調整が続いている。一方、県境をまたぐ不要不急の往来については引き続き自粛を求める見込みだ。

広島2020.05.22 12:01

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース