高知のニュース

ふるさと納税不正 奈半利町長が住民に謝罪

奈半利町のふるさと納税をめぐる一連の問題について、29日夜、住民説明会が初めて開かれた。
会では、町長が陳謝したが、住民からは町幹部や議会の対応に不満の声があがった。
この住民説明会は、奈半利町のふるさと納税をめぐる汚職事件や国への虚偽申請による制度の指定取り消しについて説明するもので、29日夜、初めて開かれた。
会の冒頭、竹崎町長は「お詫び申し上げる」と陳謝をした上で、「失った信頼を取り戻せるよう、職員一丸となって取り組んでいく」と述べた。
出席した住民からは、町のチェック体制の不備を指摘する声や事件に対する町幹部や議会の姿勢を疑問視する声があがったほか、「将来を見据えた町をつくっていってほしい」といった意見もでた。
また、住民からは「減給40パーセント6か月」とした町長自らの処分について「責任の取り方が甘い」という声も上がったが、竹崎町長は「2年後のふるさと納税制度への復帰への道筋をつける」として、辞任については改めて否定した。

高知2020.10.30 12:10

自治体とJR 来秋に大型観光キャンペーン

来年秋4年ぶりに行われる「四国デスティネーションキャンペーン」のタイトルなどが、29日、発表された。

「デスティネーションキャンペーン」は、自治体とJRなどが行う大型観光キャンペーン。

キャンペーンは3か月間、選ばれたエリアの観光地などを全国に集中的に発信し観光客を誘致するもので、四国では来年10月1日から4年ぶりの開催がすでに決まっている。

タイトルは、前回2017年と同じ「しあわせぐるり、しこくるり」。

四国の秋の自然を体験してもらおうと、サブタイトル~四国の風・水・色を感じて~が発表された。

前回のキャンペーンでは約107億円の経済効果があったということで、新型コロナで落ち込む四国の観光の起爆剤となることが期待される。

高知2020.10.29 16:35

高知商業 ネットでラオス学校建設資金集め

高知市の高知商業高校がラオスに9校目となる学校を建てるためにクラウド・ファンディングで資金集めを始めた。

高知商業高校で28日に発表されたのが、ラオスに学校を建設するためのクラウド・ファンディングのウェブページだ。

高知商業は1994年からラオスで学校建設活動を行っているが、今年は新型コロナウイルスの影響で、従来、資金集めのために行っていた現地での民芸品の買い付けや文化祭での販売などが中止となったため、生徒がインターネットを活用した資金集めを企画した。

クラウド・ファンディングでは、支援額に合わせてスイーツやラオスの民芸品を受け取ることができる。

高知商業の生徒が企画したクラウド・ファンディングの目標金額は150万円で、12月16日まで行われている。

高知2020.10.29 11:58

2021年の年賀はがき 販売始まる

2021年の年賀はがきの販売が、29日から全国の郵便局で始まった。

2021年の年賀はがきのデザインは全部で6種類あり、全国の郵便局で販売される。

発行枚数は19億4000万枚で、ニーズの減少から昨年よりも約4億枚少ない枚数だ。

この中で、高知県版の寄付金付き年賀はがきは、表に県のイメージキャラクターであるくろしおくん、裏にひょうたん桜と仁淀川が描かれている。

高知県版の年賀はがきは1枚68円で、県内の郵便局などで16万6000枚が販売され、このうち5円が東日本大震災の復興事業などに活用される。

販売初日の29日は、高知市の高知中央郵便局で販売開始のイベントが開かれ、さっそく訪れた人が年賀はがきを買い求めていた。

2021年の年賀はがきの引き受けは、12月15日から始まる。

高知2020.10.29 11:50

男の裸盗撮で逮捕 室戸市・中学校教員

高知県室戸市の中学校教員の男が10月25日の夜、高知市内の公衆浴場で複数の男性客の全裸姿などをスマートフォンで盗撮したとして、県警は県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。
逮捕されたのは、室戸市佐喜浜中学校の教員・元田将貴容疑者(25歳)。警察の調べによると、元田容疑者は10月25日午後8時頃からの約17分間に、高知市内の公衆浴場の男性用の脱衣室で全裸、または衣服の一部を着ていない状態でいる複数の男性客を自分のスマートフォンのカメラで盗撮した、県迷惑防止条例違反の疑いがもたれている。
翌26日の午前1時前浴場の従業員から「盗撮していた男を捕まえている」との110番通を受けた警察が、元田容疑者のリュックサックにあった複数のUSBの中身を確認し、脱衣室を撮影した動画を発見した。
警察の調べに対して元田容疑者は、「ほかにも撮影した」などと容疑を認めているという。警察は押収したスマートフォンやUSBの        解析などを進め、余罪などについても詳しく捜査することにしている。
室戸市教育委員会の百田貴昌教育長は「信頼を大きく失墜させたことにお詫び申し上げる。不祥事の再発防止策に取り組み、信頼回復に努める」とコメントした。

高知2020.10.28 12:59

高知県関係2人 阪神にドラフト指名

26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、高知県関係の2人が阪神タイガースに4位と8位で指名された。
阪神に4位指名されたのは、高知市出身で立命館大学4年の栄枝裕貴選手(22歳)。
8位指名は、高知ファイティングドッグスの石井大智投手(23歳)。
栄枝選手は高知高校出身のキャッチャー、高校時代に甲子園出場経験はないが、バッティングでも活躍。
立命館大に進学すると、3年時には大学野球・日本代表候補に選ばれるなど頭角を現し、特に肩の強さはトップクラス。
また、8位指名の石井大智投手は秋田県出身で、ドッグス入団3年目。
最速153キロの直球を武器に、今シーズンはエースとしてチームに貢献した。
26日夜は、ホームタウン越知町でチームメイトの平間投手と共に指名の瞬間をむかえた。
越知町ではパブリックビューイングも行われていて、石井選手が会場に姿を現すと、ファンから拍手が沸きおこった。
高知ファイティングドッグスからのドラフト指名は9年ぶり。

高知2020.10.27 17:19

観光振興など軸に 関西圏と経済連携強化

高知県は関西圏との観光振興などを軸にした経済連携強化をはかるため、大阪観光局と連携協定を結びました。
県経済の活性化に向けて関西圏との連携強化を目指す浜田知事は、27日、大阪に出向いて、観光振興のために大阪の官民協同で立ち上げた大阪観光局と県の観光コンベンション協会の3者による連携協定の調印にのぞみました。
大阪は、2025年の「大阪・関西万博」の開催で、更なる経済活性化が期待されていて、浜田知事は大阪副知事時代のネットワークを活用し、観光振興を軸にした連携強化を公約に掲げていました。
今回の協定で、3者は大阪を含めた関西圏と高知を結ぶ新たな観光ルートの開発や、海外を含めた外商のプロモーション、森林などを活用したツーリズムの研究などに取り組みます。
このあと、浜田知事は関西の経済界や行政の専門家などとの会合をで、県と関西圏との連携強化戦略の枠組みについて意見交換することにしています。

高知2020.10.27 17:08

自動車学校でよさこい 学生4チーム

自動車学校の教習コースでよさこい鳴子踊りを披露するユニークなイベントが24日、高知市で行われた。
響く鳴子の音。高知市の高知自動車学校でよさこい鳴子踊りを披露したのは高知大学や県立大学の学生で作る旅鯨人や粋恋など、4チームあわせて76人。このイベントはまいとし、多くの学生が入校する高知自動車学校が、学生に教習コースを開放して思い切り踊ってもらおうと今回初めて企画した。
ことしは新型コロナウイルスの影響で、よさこい祭りは中止となったが、学生たちは自動車学校の粋なはからいに気合いの入った熱い踊りで応えていた。
この日は4チームによる総踊りも行なわれ、学生たちは久しぶりのよさこい鳴子踊りを、存分に楽しんだ。

高知2020.10.26 12:03

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース