高知のニュース

新型コロナウイルス感染 高知県内38人に

7日、高知県は新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認。県内の感染確認はこれで38人となった。
新たに感染が確認されたのは、宿毛市・沖ノ島中学校の20代男性教員と宿毛市の介護福祉施設「ぎんなん荘」に勤務する40代女性介護職員。
沖ノ島中学校の男性教員は、3月31日に咳が出はじめ、翌日から発熱と倦怠感があったため医療機関を受診、4月6日に検査を受けたもの。男性教員は一人暮らし。
40代の女性介護職員は、3月27日から喉の痛みや発熱があり、一旦は症状が収まっていたが、従業員の感染が確認された介護施設に勤務していたことから検査した結果、陽性が確認された。女性は夫と同居。
2人とも軽症で、発症前2週間以内の海外への渡航歴や県外旅行歴はないという。
県内の感染確認はこれで38人になった。

高知2020.04.07 17:20

高知県立の37校 13日から2週間休校

新型コロナウイルスの県内での感染拡大を受け、県教委は県立の中学高校と特別支援学校あわせて全51校のうち37校を4月13日から2週間「臨時休校」にする。7日午後、県教委が会見で明らかにした。
臨時休校する県立高校は、高知市9校(追手前・丸の内・小津・西・東・南・高知工・春野・北)、南国市3校(岡豊・高知東工・高知農)、香南市1校(城山)、香美市1校(山田)、四万十市3校(中村・幡多農・中村高校西土佐分校)、宿毛市2校(宿毛・宿毛工)、土佐清水市1校(清水)、黒潮町1校(大方)。高校はあわせて21校。
県立中学校は3校(高知南・高知国際・県立中村)。
県立の特別支援学校は県内の13校全校が臨時休校。
期間は4月13日の月曜日から24日の金曜日まで2週間。
部活動も休止し家庭学習とするとしていて、休校中は学年別に2回の登校日を設け、生徒の学習状況や健康状態を確認する。
一方、通常の授業を行なうのは、芸西村より東の県立中学・高校、須崎市・高吾北・高幡地域の高校、嶺北高校の14校。
県教委はこれまで政府が休校を検討すべきだとする「感染拡大警戒地域」にはあたらないとして、7日からの学校再開を基本方針としていたが、高知市や幡多地域などで新型コロナウイルスへの感染者が増加する中、方向転換した格好。学校現場の混乱は避けられそうにない。

高知2020.04.07 16:50

健康管理に配慮しながら 新学年スタート

高知県内では、7日からはほとんどの小・中学校で新学期がスタートした。
このうち、高知市の初月小学校では子どもたちがマスクをつけて登校し、久しぶりに再会した友だちとさっそくグラウンドで体を動かしていた。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、子どもたちは毎日自宅で体温を図り、マスクをして学校に通うことになっている。
また、高知県は国が区分する「感染確認地域」に指定され、屋内での50人以上の集会を控えることになっているため、校内放送を使った始業式が行われた。
校内放送で、吉村美恵子校長は「手洗いやマスクを忘れずに3つの密に気をつけて生活してください」と呼びかけた。
県内でも新型コロナウイルスの感染拡大への影響が色濃くなる中、子どもたちにとって学校生活や家庭での健康管理に配慮しながらの新しい学年がスタートした。

高知2020.04.07 14:42

春の全国交通安全運動がスタート

春の全国交通安全運動が6日から始まり、県警で出発式が行われた。

春の全国交通安全運動では「子どもをはじめとする歩行者の安全の確保」、「高齢者などの安全運転の励行」、「自転車の安全利用の推進」を重点目標としている。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、県警では例年より規模を縮小し、マスクを着用して出発式が行われた。

式では、熊坂隆本部長が「事故件数は前年同時期より減少しているものの高齢者の死亡事故はこれまでに7件発生。高齢者1人1人に応じたきめ細かな交通安全指導が必要」と挨拶した。

県警によると、今年、県内の交通事故で亡くなったのは昨年の同じ時期と同じ数の8人で、このうちお年寄りが7人。

春の全国交通安全運動は4月15日まで行われる。

高知2020.04.06 17:03

大月町 「月光桜」見ごろ

「月光桜」の愛称で親しまれる大月町のヤマザクラが、いま見ごろを迎えています。
大月町弘見の小高い丘の上にそびえるヤマザクラ。
真っ白な花を咲かせることから「月光桜」と呼ばれて親しまれています。樹齢約200年と推定され、高さは約13メートル。
大月町観光協会によりますと、ことしは3月28日から花を付けはじめ、今が一番の見ごろとなっています。
そして、夜は恒例のライトアップ。真っ白に輝く姿は幻想的です。
この日も多くの人が訪れ、写真を撮るなどして楽しんでいました。
「月光桜」、天気が良ければ4月8日夜に満月との競演が楽しめそうです。
(夜のライトアップは午後7時~午後9時、4月12日まで実施)

高知2020.04.06 13:00

「新型コロナ」 高知県で7人感染確認

5日、高知県は新たに7人の新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表。
新たに感染が確認されたのは、高知市6人、幡多地域1人。
高知市は、60代女性(無職)、50代と70代の女性(ともに食品販売業)、20代女性(看護師)、10代女性(専門学校生)、30代女性(飲食店勤務)。幡多地域は40代女性(無職)。
1日に7人の感染確認は、県内ではこれまでの最多になる。
このうち、高知市の10代・20代・50代と70代の女性4人は、これまでに感染が確認された70代男性(農業)の家族。
また、高知市の60代女性は、これまでに感染が確認された80代女性など4人と3月21日に同じ店でカラオケをしていた。
幡多地域の女性は、4月3日に感染が確認された宿毛市の介護施設に勤務する男性の濃厚接触者。
一方、高知市の飲食店勤務の女性の感染経路はわかっていない。
高知県内での感染確認は、これで33人となった。

高知2020.04.06 12:48

新小学1年生に防犯グッズをプレゼント

小学校に入学する新1年生の安全を守ろうと、3日、県内の団体などから防犯グッズが贈られた。

JA共済連高知など県内4つの企業・団体は、新1年生に安全に学校に通ってもらおうと、毎年、防犯ブザーや安全笛などの防犯グッズを贈っている。

今年、県内の小学校に入学する1年生は約5300人で、3日の贈呈式では、JA共済連高知の芝伸夫本部長から伊藤博明教育長に黄色の交通安全傘の目録が手渡された。

県教育委員会によると、昨年、県内で発生した中学生までの子どもの交通事故は78件で、前年より5件増え、特に登下校時の事故が多かったという。

小学校の入学式は県内のほとんどで4月7日に行なわれる予定で、防犯グッズは、式の当日に県内すべての新1年生に配られる。

高知2020.04.03 17:46

越知町で火事 1人の遺体を発見

越知町で、2日夜、住宅2棟を焼く火事があり、現場から1人の遺体が発見された。

火事があったのは越知町の井上愛子さん(91歳)の住宅。

警察と消防によると、2日午後10時50分頃、近くの人から「家から火があがっている」と消防に通報があった。

この火事で井上さんの木造平屋建ての住宅と隣接する住宅の合わせて2棟や倉庫などを全焼。

約1時間40分後に消し止められたが、3日朝、井上さんが住む家の焼け跡から1人の遺体が発見された。

井上さんは1人暮らしで、火事のあと連絡が取れなくなっていて、警察と消防は、遺体が井上さんではないかとみて身元の確認を急ぐとともに詳しい火事の原因を調べている。

高知2020.04.03 11:59

高知県立公文書館 オープン

歴史的に重要な公文書などを保管し閲覧できる「県立公文書館」が高知市に開館した。
県立公文書館は、県政の歴史が記された公文書を永久保存して、後世に伝えようと整備されたもので県立図書館の跡地を改修して開館した。
公文書館では、歴史的に重要だと判断された「特定歴史公文書」がこれまでに、約2300冊保管されていて、無料で閲覧することができる。
また、展示室では開館を記念して、歴代の知事の引き継ぎ書を展示している。
そのほか、まんが王国・土佐を発信する「高知まんがBASE」や「高知こどもの図書館」なども併設されていて新たな文化の拠点として期待されている。

高知2020.04.02 13:21

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース