愛媛のニュース

集団感染葬儀参列者らの濃厚接触者全員陰性

新型コロナウイルスの集団感染が発生した松山市の通夜や葬儀に関連し、検査の結果、濃厚接触者全員の陰性が確認された。

松山市で先月22日と23日に行われた通夜と葬儀では、参列した50代から80代の男女4人の感染が確認され、さらにその濃厚接触者4人が二次感染していた。

県によると、7日午後までに感染した8人の濃厚接触者らの検査を完了し、全員の陰性が確認された。この結果を受け、県は通夜や葬儀の関係者からさらに感染が拡大する可能性は極めて低いとしている。
なお、今月4日に感染が確認された内子高校教諭の濃厚接触者ら、高校生5人を含む38人の検査は、7日から実施するとした。

一方、東京都など7都府県を対象に緊急事態宣言が出されることに関して中村知事は記者会見で「緊急事態宣言対象地域からの帰省や来県は出来る限り控えて欲しい。やむをえず帰県した際には外出や不特定多数との接触を控えて頂きたい。」などと要請した。

また、県は緊急事態宣言発令を前に7日臨時の部局長会議を開き、中村知事が各部局長に一層、緊張感を持って取り組むよう指示したという。

愛媛2020.04.07 18:13

販路開拓を 四国4地銀が「地域商社」設立

四国4県の農林水産品や工芸品などのブランド化を進め、新たな販路を開拓しようと、伊予銀行をはじめとする4つの地方銀行が共同で“地域商社”を設立した。

今月1日付で設立されたのは、地域商社「Shikokuブランド株式会社」。7日は、伊予銀行の三好賢治頭取をはじめ百十四銀行阿波銀行、四国銀行の頭取らがテレビ会議形式で会見した。

「Sikokuブランド株式会社」は、四国の魅力ある資源の付加価値を高め国内・海外に発信しようと、4つの地方銀行が共同で設立した。四国各地の特産品を生かした新商品の開発やSNSなどを使ったプロモーション、販路開拓までをサポートする。

伊予銀行の三好頭取は「4つの銀行のノウハウを結集し地域経済の活性化と働く場の創出実現に貢献していきたい」としている。

愛媛2020.04.07 18:04

サッカー選手が小学生にマスク寄贈 新居浜

小学校の入学式を前に、新居浜市の社会人サッカーチームなどが、市にマスク6000枚を贈った。

マスクを寄贈したのは新居浜市を拠点とする四国リーグのサッカーチーム、レベニロッソNCとチームを支援する製造業者で作るえひめEX協同組合。寄贈式では、レベニロッソNCの源代真民監督や選手らから石川市長に子供用のマスク6000枚が贈られた。

このマスクは、選手から集めた募金をもとに組合に加盟する企業が中国から輸入した。レベニロッソNCの源代監督は「少しでも地域の人に貢献できればとの思い。外出する時はマスクをつけて気を付けてほしいと思う」などと話していた。

マスクは、8日、新居浜市内の小学校で行われる入学式で新1年生981人に配られる他、各小学校で使用されるという。

愛媛2020.04.07 15:48

コロナ感染防止に留意 私立中で入学式

7日、松山市の私立中学校では新型コロナウイルスの感染防止対策をとりながら入学式が行われ、新入生がスタートを切った。

松山市山西町の新田青雲中等教育学校で行われた入学式には、2クラス、49人の新入生が参加した。7日の式は、在校生の参加を取りやめた他、消毒液を設置したり、参加者の間隔をあけるなど新型コロナウイルス感染防止に配慮しながら、規模を縮小して行われた。
式では藤田繁治校長が「在校生が参加できないのは残念だが、出会いを大切にして互いに支えあいながら切磋琢磨しよう」と新入生を激励した。

これに対し新入生を代表して德永康くんが「今、私たちは誰も経験したことのない大きな影響を受けているが、新入生としての自覚を持ち、勉学に励みながら夢に向かって努力する」と誓いの言葉を述べていた。

新田青雲中等教育学校では、9日から二週間程度の臨時休校を挟んだ後、新学期を再開する予定。

愛媛2020.04.07 14:23

宇和島市遊子 段々畑で特産ジャガイモ収穫

宇和島市の段々畑で、特産のジャガイモの収穫が盛んに行われている。
宇和海に面した宇和島市遊子水荷浦の段畑では、日の出とともに農家の上田愼一郎さんが、鍬を使って特産のジャガイモを掘り起こしていた。海岸から山頂まで続く石積みの段畑は、“耕して天に至る”と形容され、国の重要文化的景観に選定されている。

上田さんによると、今シーズンは暖冬の影響でジャガイモの玉太りがよく、例年より大きめに育っているという。

今年は新型コロナウイルスの影響でジャガイモを販売する恒例の収穫祭が中止となったため、段畑近くの産直市や宇和島市内の道の駅などに出荷するという。上田さんは「日本一うまいジャガイモです。料理は何にしてもうまいです。」とPRしていた。

遊子水荷浦のジャガイモの収穫は今月いっぱい続く。

愛媛2020.04.07 11:23

交通機関にも影響 フェリー電車等減便

公共交通機関にも新型コロナウイルスが影響。新型コロナの感染拡大による利用客の減少を受け、愛媛と広島を結ぶフェリーなどが7日から減便されることになった。

減便されるのは、松山と呉・広島間を結ぶ石崎汽船のフェリーとスーパージェット。石崎汽船では、新型コロナウイルスの感染拡大による利用客の減少を受け、7日からフェリーを1日20便から16便に。スーパージェットを1日24便から20便にそれぞれ減便する。
石崎汽船によると、先月の利用客は、前年と比べ半分ほどに落ち込んでいるということで、減便は、今月28日まで行われる予定。

一方、伊予鉄道でも6日から一部で、運行を取り止めていて、市内電車の本町線は、平日のみ運行される。坊っちゃん列車は土、日、祝日のみの運行となっている。

愛媛2020.04.06 17:26

愛媛FC・FC今治19日まで活動休止

県内のスポーツ界にも新型コロナウイルス感染拡大により、大きな影響が出ている。

Jリーグの再開の目途が立たない中、J2・愛媛FCとJ3のFC今治の両チームは集団感染のリスクを避けるため、それぞれ6日から19日まで14日間の活動休止を決めている。選手らは基本的に自宅で待機し、リーグの再開を待つことになる。

一方、バスケットボールBリーグ、愛媛オレンジバイキングスは、13試合を残してシーズン終了となり24勝23敗の西地区3位となった。

そして、野球の独立リーグ、愛媛マンダリンパイレーツは少なくともシーズン開幕を今月24日以降に延期すると発表している。

愛媛2020.04.06 15:34

上島町岩城島 「天女の羽衣」 桜満開

越智郡上島町で「天女の羽衣」とも称されるおよそ3000本の桜が満開となっている。

越智郡上島町の岩城島にある積善山では、ソメイヨシノなどおよそ3000本の桜が満開を迎えている。桜の本数から積善山三千本桜として親しまれている積善山の桜は登山道に沿って立ち並び、山をピンク色に染めることから「天女の羽衣」とも称されている。

今年は新型コロナウイルスの影響で、5日予定されていた「桜まつり」は中止となったが、訪れた人たちはカメラに収めるなどして春の風景を楽しんでいた。

積善山三千本桜は今週いっぱい見ごろだという。

愛媛2020.04.06 15:27

砥部町愛南町で新たな感染者 県内23人に

愛媛県内で6日きょう新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。この土日にも県立高校の教諭を含む2人の感染が判明していて、県内の感染者は23人となった。

4日土曜日に感染が確認されたのは、県立内子高校に勤務する50代の男性教諭。県によると、男性教諭は先月27日から私的な旅行で横浜市を訪れ、31日に航空機で愛媛に戻った後、学校で部活動の指導などにあたっていた。その後、今月3日に発熱、検査の結果新型コロナの陽性が確認された。内子町関係では、初の感染者。

教諭の感染確認を受け、内子高校は今週予定していた学校の再開を入学式・始業式も含め、今月20日に延期した。

5日日曜日には、愛南町の50代女性1人の感染が発表された。この女性は、先月29日から発熱や咳などの症状があり、検査の結果陽性が確認された。県は、この女性の同居家族2人の検査を行っていたが、6日このうち1人の陽性が発表された。もう1人は陰性。

また、6日は、砥部町でも60代男性1人の感染が発表された。この男性は、アメリカ在住の友人を自宅に宿泊させ今月1日に感染が確認された松前町の夫婦の親族。週末から6日にかけて感染が発表された4人は全員軽症だという。

なお、内子町、愛南町の教育委員会は、町立の小中学校について8日と9日に入学式と始業式を行った後、一旦休校とし、20日に授業を再開することを決定した。また、同じく感染者が確認された砥部町と、内子町に隣接する大洲市、それに伊予市でも小中学校の休校期間を延長する措置を決めた。

愛媛2020.04.06 15:08

愛大新入生 入学祝うパネル前で記念撮影

愛媛大学では本来なら6日、入学式が行われる予定だった。新型コロナの影響で入学式は中止となったが、6日のキャンパスには記念撮影などを行う新入生の姿が見られた。

愛媛大学では、新型コロナウイルスの影響で、6日行う予定だった入学式を中止しているが、キャンパスに入学を祝う特製パネルを設置した。新入生や保護者がキャンパスを訪れ、特製パネルの前で記念撮影を行っていた。

キャンパスを訪れた新入生からは「一生に一度しかないから今日ここに来ることは決めていた」「なるべく早くコロナ感染が収束し安全に暮らせるようになれば」などといった声が聞かれた。

愛媛大学では、今月22日から授業を始める予定。

愛媛2020.04.06 14:23

新型コロナ 愛媛県内新たに1人の感染確認 愛南町の女性

愛媛県は、新たに愛南町の50代の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

県内の感染者は21人となった。

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、愛南町の50代の無職の女性だ。

愛媛県によると、女性は、3月29日から発熱や咳などの症状があり、医療機関を受診したが症状が改善しないため検査を行い、4月4日に感染が確認された。

また、女性は、発症前の2週間以内に町外に出ておらず、同居する家族2人のうち1人が高知県で感染者を確認した地域を複数回訪問した後、3月28日に発熱したという。

現在、愛媛県は、家族2人を濃厚接触者として検査している。

これを受け、愛南町は、町内の小中学校について、規模を縮小して、予定通り入学式を行った上で、4月17日まで臨時休校とする予定だ。

一方、中村知事は、4月4日に男性教諭の感染が確認された県立内子高校の再開について、4月17日から20日に延長すると発表している。

愛媛2020.04.05 17:09

久万高原町 法蓮寺しだれ桜 満開

愛媛県久万高原町で、町の天然記念物に指定されているしだれ桜が満開となり、訪れる人を楽しませている。

久万高原町露峰にある法蓮寺には、町の天然記念物に指定されているしだれ桜が満開を迎えている。

このしだれ桜は、樹齢およそ150年で、ソメイヨシノより少し小ぶりの淡いピンク色の花が特徴だ。

寺によると、今年は、新型コロナウイルスの影響で、恒例のお接待が中止となり、見物客が例年に比べ少ないというが、訪れた人は、風に揺れる可憐な花を写真に収めていた。

愛媛2020.04.05 09:48

松山城の桜が見頃 少ないものの観光客の姿

松山城の桜が見ごろを迎えている。

本丸広場には、例年に比べ少ないものの県外からも含む観光客の姿がみられた。

松山城の本丸広場に植えられた約100本のソメイヨシノは、ほぼ満開。

城をバックに桜を撮影したり、広場を散策したりする観光客の姿がみられた。

松山城総合事務所は、新型コロナ対策として花見の宴会自粛を呼びかけているほか、広場に設置している眺望用の双眼鏡を使用中止にしている。

愛媛2020.04.04 16:11

松山・道後公園 桜の標準木は3~4分咲き

好天に恵まれた4日、松山の桜の名所・道後公園には、満開を待ちわびた地元の人たちが訪れていた。

約300本のソメイヨシノが植えられている道後公園は、開花や満開発表の基準となる標本木があることでも知られる桜の名所。

”新型コロナ”による自粛ムードの中だが、好天に恵まれた週末とあって、桜を楽しむ家族連れの姿が見られた。

道後公園の標本木は先月25日に開花が発表されたが、まだ3分から4分ほどの咲き具合で、満開は少し先になる見込み。

公園を管理する県は、新型コロナ対策として、シートを広げての宴会の自粛を呼びかけるとともに、一部を立ち入り禁止とする措置をとっている。

愛媛2020.04.04 16:09

愛南町で早場米の田植え盛ん お盆ごろ収穫

愛南町で早場米の田植えが盛ん。愛南町御荘菊川の農業、大黒鉄久考さんは、約5ヘクタールの水田でコシヒカリを栽培している。

3日は、大黒さんの孫たちが田植えの見学にやってきて、苗を運ぶ作業を手伝ったほか、田植え体験も。

南予南部地域は、気候が温暖なため、早場米の栽培が盛ん。愛南町では約400軒の農家が早場米を生産していて、通常より約1か月半早くお盆ごろ収穫できるため2割ほど高値で取引きされるという。

愛南町の早場米の田植えは5月上旬まで続く

愛媛2020.04.04 11:00

新型コロナ 県内初の死者 7人新たに感染

県内で新型コロナウイルスの感染者が初めて死亡した。また3日は新たに高齢者施設の関係者2人を含む7人の感染も発表されていて感染拡大も懸念されている。

県は、松山市在住の新型コロナウイルスの感染者が死亡したと発表した。県内で新型コロナにより死亡したのはこれが初めて。県は、性別や年齢などを明らかにしていない。

また3日は、新たに7人の感染者が確認されている。このうち2人は、集団感染が確認された通夜や葬儀に参列しすでに陽性が確認されている男女の同居家族の40代の女性と80代の男性。

感染は高齢者施設にも広がっている。集団感染が確認された通夜や葬儀に参列して感染確認されていた80代の男性が入居する松山市南江戸のサービス付き高齢者住宅アルファリビングで働く松山市の50代の女性と、出入り業者の40代の男性。

この施設を運営する「あなぶきメディカルケア」は「行政機関や保健所と連携し感染拡大防止のため最大限の対策を講じて参ります」とコメントしている。

また、アメリカ在住の友人を自宅に宿泊させるなどした後、感染が確認された松前町の夫婦の0歳の娘と、親族の砥部町の60代の女性の感染が新たに確認された。県は、現在都内にいるアメリカ在住の友人が感染源になった可能性が高いとしている。

残る1人は、人事異動で東京から新居浜に転居したあと感染が確認された新居浜市の男性の50代の妻だという。

これで、県内での感染者は19人となった。

愛媛2020.04.03 18:27

松山市 小中学校授業再開2週間先送り

”新型コロナ”の感染拡大、学校の新学期にも影響。松山市の野志市長は、公立小中学校の再開について、来週、入学式と始業式は行うものの、その後一旦休校とし、2週間程度授業の再開を先送りすると発表した。

これは、中村知事が3日の会見で公立小中学校の再開時期について地域ごとの感染状況や学校の規模などを踏まえて、2週間の延期の可能性も含め各市と町の教育委員会に判断を委ねるとの方針を示したことを受け、松山市教育委員会が決定した。

入学式について小学校は来週8日に、中学校は9日に規模を縮小して行う。始業式は小中学校ともに8日に校内放送などで児童・生徒が一か所に集まらない形で実施するという。

一方、他の19の市と町では、予定通り来週8日と9日に公立小中学校の入学式と始業式を行い、引き続き授業も再開することにしている。
また、中村知事は、県立学校については、予定通り来週再開させる方針を示したが、校長と県教育委員会が協議した上で、再開時期の延期などを学校ごとに決めることを認めるとした。

愛媛2020.04.03 15:21

東京から新居浜へ人事異動の男性 感染確認

新居浜市の50代の団体職員の男性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

県の調べによると、この男性は先月30日人事異動のため東京から新居浜へ自家用車で移動した後、1日38.5℃の発熱や倦怠感を訴え、検査の結果2日、感染が確認された。

会見で中村知事はこの男性は、県外で感染した可能性が高いとの見解を示した。この男性は入院したが県では、今後濃厚接触者の把握などに努めることにしている。

これで県内の新型コロナウイルスの感染者はあわせて12人となった。

愛媛2020.04.02 17:19

ペンギンのヒナ人気です おさかな館

松野町の水族館で、2年ぶりに誕生したペンギンのヒナたちが人気を集めている。

松野町の水族館「おさかな館」では、2月下旬に2羽のフンボルトペンギンが相次いで誕生した。2羽のヒナは、両親に見守られながら、すくすくと成長していて、洞穴の形をした巣の中でエサのイカナゴをもらうとおいしそうに食べていた。

春休み中とあって、おさかな館には、多くの家族連れが訪れていて愛くるしい2羽のヒナは人気を集めていた。このペンギンのヒナたちは、毎日公開されている。

愛媛2020.04.02 13:50

松前町で新型コロナに感染者、県内11人に

県は、新たに松前町の夫婦が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

これで、県内での感染者は11人となった。

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、松前町に住む会社員の30代の男性と、無職の40代の女性の夫婦。

県によりますと、夫婦は先月22日から25日にかけて、アメリカ在住の友人を自宅に宿泊させていて、22日には、この友人を含む
9人の友人と共に自宅で会食をしたという。

その後、夫婦は27日に発熱や咳などの症状が出たため、県内の医療機関を受診するなどしていて1日、感染が確認された。

県は、ウイルスが県外からもたらされた可能性が極めて高いとしているが、感染源は特定できておらず、9人の友人の感染の有無などについて調査している。

また、現段階で夫婦の濃厚接触者は、同居している家族1人だという。

これで、県内の感染者は11人となった。

愛媛2020.04.02 10:53

四国在住者限定 四国水族館先行オープン

香川県宇多津町に完成した「四国水族館」が、1日愛媛県など四国4県の住民を対象に先行オープンした。

四国最大級の四国水族館だが、オープン前にはおよそ30人が並び開場前には体温チェックや手のアルコール消毒など感染予防を徹底し、初めてのお客さんを出迎えた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月20日に予定していたオープンを延期し、四国在住者に限定して1日先行オープンした。

ある来場者は「四国に、こんな魚がいるんだと発見があった」などと感想を語っていた。

四国水族館には、およそ400種類1万4000匹の生き物がいて四国を巡りたくなる仕掛けが楽しめる。グランドオープンは、今月13日の予定。

愛媛2020.04.01 15:53

パラ競泳山口選手「しっかり目標ができた」

東京パラリンピックの開幕が来年8月に決まったことを受け、パラ競泳の日本代表に内定していた今治市の山口尚秀選手は「しっかりとした目標ができた」と気持ちを新たにした。

東京パラリンピックが来年8月24日から9月5日に決まったことを受け1日、山口尚秀選手は「しっかりとした目標ができたことに関してはとても嬉しく思っている。」と語った。

山口選手は去年9月パラ競泳の世界選手権男子100m平泳ぎ知的障害のクラスでワールドレコードを叩き出し、東京パラリンピックの日本代表に内定していた。東京パラリンピックが延期されても、山口選手の代表内定は維持されている状態で、今後開かれる予定の日本代表選考会に出場すれば、改めて内定が決まるという。

山口選手は「トレーニングをしっかり励んでいき、金メダルを獲るためにできることを準備して頑張っていきたい」と抱負を語った。

愛媛2020.04.01 14:40

新年度スタート 入庁式にもコロナ影響

新年度がスタートしたが、県庁で行われた入庁式にも新型コロナウイルスの影響が出ている。

県庁で行われた入庁式には新規採用職員166人が出席し、中村知事が代表者に辞令を手渡した。そして、交通対策課に配属される二宮僚悟さんが「全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を執行することを固く誓う」と決意を述べた。

県は、新型コロナウイルスの感染予防策として、職員が首都圏や関西などの感染拡大地域から愛媛に転入した場合、2週間の自宅待機を指示している。このため、今年度の新規採用職員185人の内、対象の18人は出席しておらず、入庁式にも新型コロナウイルスの影響が出ている。

ある新規採用職員は「仕事と同時に自分自身の健康管理も社会人として今まで以上に気を付けなければいけないと思っている」と話していた。

一方、1日は県内の多くの企業が入社式を予定していたが、新型コロナ感染防止のために規模の縮小や中止が相次いだ。

松山市に本社を置く大手スーパーフジは参加者を限定するなど規模を縮小し感染防止対策を取ったうえで入社式を実施した。

一方、伊予銀行は1日予定していた入行式を中止にした。愛媛銀行も、入行式を中止し新入行員は今月13日からの出勤にするなどの対応をとっている。

愛媛2020.04.01 14:28

集団感染の葬儀 他の参列者9人全員陰性

新型コロナウイルス県内初の集団感染として4人の感染が確認された通夜や葬儀について、感染者を除く県内の参列者全員が陰性だったことが分かった。

この集団感染は、今月22日と23日に松山市内で行われた通夜や葬儀に参列していたいずれも松山市の50代から80代の男女4人の感染が確認されたもの。

県は、参列した東京都の感染者から感染が広まったと見ていて、県内の参列者13人について検査を行い、1日までに4人の感染者を除く9人全員の陰性を確認した。

一方、集団感染した4人の感染者の濃厚接触者と、さらに県内6例目の感染者の松山市内の70代男性の濃厚接触者について県などが今後、検査を行うことにしている。

愛媛2020.04.01 10:42

新たにコロナ5人感染 葬儀で4人集団感染

愛媛県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに5人確認された。このうち4人は、同じ通夜や葬儀に参加していて県は集団感染が発生したとしてそれぞれの行動歴や濃厚接触者の確認を急いでいる。

新型コロナウイルスの感染が確認されたのはいずれも松山市の50代から80代の男女5人。県によると、このうち4人は、今月22日と23日に松山市内で行われた通夜や葬儀に参加していた。

この通夜や葬儀には29日に感染が確認された東京の男性が参加していて県は、この男性から感染が広がったとみている。4人のうち3人は発熱や倦怠感などの症状があるという。愛媛県での集団感染はこれが初めて。

県や松山市では葬儀などに参加していた他の県内在住者6人についても検査を行うとともに、感染が確認された4人の行動歴や濃厚接触者の確認を急いでいる。

また、松山市の70代の男性は今月12日に、東京へ日帰り出張をしていた。26日には39.6度の発熱がありそれから4日間、同じ病院を通院した後、30日、別の医療機関に相談し検査を受けた結果、感染が確認されたという。県内で確認された感染者はこれで9人となった。

中村知事は集団感染の発生を受け1日の午前中にも学校行事や各種イベントの対応について新たに方針を示すとしている。

愛媛2020.03.31 16:12

中村知事 首都圏関西への出張自粛呼びかけ

県内での新型コロナの集団感染発生をふまえ、中村知事は31日の会見で、首都圏への出張や旅行の自粛などを県民に向けて呼びかけた。
要請の第1点は、感染が拡大している首都圏や関西方面などの出張あるいは旅行についてはやむを得ない場合をのぞき出来る限り自粛をして欲しいという事。

2つ目は、やむを得ず感染が拡大している地域に行く場合は不特定多数との接触を控えてほしいという事。3つ目に感染拡大地域から愛媛県に移った人は2週間は不特定多数との接触を控え、感染予防の意識を強く持ってほしいという事。

この他、県は道後公園、総合運動公園、とべ動物園の3か所での飲食を伴う花見の自粛も呼びかけている。自粛の期間は未定。

愛媛2020.03.31 16:03

国交省 JR四国に経営改善を指導

国土交通省は、人口減少などによる利用者の落ち込みで厳しい経営が続くJR四国に対し、経営改善を求め文書で指導した。

JR四国は、2011年に経営自立計画を立て、収益の改善を目指していたが2019年度の経常損益は21億円の赤字で、来年度の事業計画でも12億円の赤字と2期連続で計画を達成できない見込みとなっている。

このため、国土交通省はJR四国の半井真司社長に対し、経営改善に向けて取り組むよう指導文書を交付した。文書では、2031年度の経営自立を目指し、地域と一体となった利用促進やコスト削減などを進めるよう求めている。

指導に対し、半井社長は「今後の経営改善に向けた取組みを着実に実現しつつ全社をあげて経営自立の実現にまい進したい」などと応えていた。

愛媛2020.03.31 15:57

愛大・松大 新学期授業開始を2週間延期

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、愛媛大学と松山大学は、新学期の授業開始を2週間延期することを決めた。

愛媛大学では、首都圏や関西圏で感染者が増加する中、全国から集まる学生に2週間程度は健康観察をしてもらおうと、新学期の授業開始を4月8日から22日に延期することを決めた。

また、3月31日から4月21日まで学生のサークル活動など全ての課外活動を禁止している。また、松山大学は授業開始日を4月10日から24日に延期している。

愛媛大学と松山大学では、授業開始の際は教室内の人数を制限し、学生同士が隣接しないようにするなどの対策をとるという。

愛媛2020.03.31 15:46

「外出自粛要請」 県内にも大きな影響

新型コロナウイルス対策でキーワードとなっているのが「外出自粛要請」。東京都や大阪府などで先週末に出された「外出自粛要請」は県内にも大きな影響を与えている。

28日土曜日、県内最大の観光地、道後は春休みに入り初めての週末だったが、東京都などの「外出自粛要請」の影響からか例年の春休みと比べかなり少ない人出となっていた。

30日朝の松山空港の出発ロビーの保安検査場は人通りはまばらで閑散としていた。この春の新入社員で東京へ向かっていたある女性は「1日の入社式が終わったらすぐ帰宅してそのまま自宅でテレワークみたいな形で研修」などと話していた。

松山空港内に出店している土産物店は売上が激減し、店の担当者からは今後への不安の声も聞かれた。

一方、松山市内の産直市では先週から愛媛県産のお米、キャベツ、ホウレン草などの野菜を詰め合わせて関東に住む子供や孫などに向けて発送する人が増えているという。

愛媛2020.03.30 15:43

道後に新ホテル 全部屋源泉かけ流し

道後に新たなホテルが完成し、30日お披露目された。道後では初めて全室で源泉かけ流しの温泉が楽しめるという。

道後に新たに完成したのは「ホテル葛城琴の庭」。ホテル葛城では築47年たったホテルの一部を取り壊し、国産の木材をふんだんに使った「ホテル葛城琴の庭」を建設した。

外観も個性的な建物だが最大の特徴は10部屋ある客室のお風呂はすべて、源泉かけ流しという点。部屋に入るとすぐに浴槽があるタイプや2階建てのメゾネットタイプなど、間取りもさまざま。

「ホテル葛城琴の庭」は4月24日、グランドオープンの予定。料金は2名1室で3万7000円からだが、5月末まではオープンを記念した割引きもあるという。

愛媛2020.03.30 15:14

県内12局目 大三島FM局開局

南海放送ラジオは今治市島しょ部などの難聴対策を目的に、ワイドFM局の中継局、大三島局を30日開局し本放送を開始した。

南海放送ラジオは、30日、今治市大三島町でFM局開局を記念したラジオ番組を生放送した。南海放送では、AMラジオの災害対策や難聴対策として、2014年からワイドFM局の中継局の整備を進めていた。

大三島FM局の開局で、予定していた12局のFM補完中継局の整備が完了し、ワイドFM局の県内の世帯カバー率はおよそ94パーセントになる。大三島FM局の周波数は91.2メガヘルツ、放送エリアは今治市の島しょ部と上島町のそれぞれの一部地域およそ7500世帯で、南海放送のAMラジオ番組を同時放送する。

南海放送ラジオでは、今後もFMワイド局を活用し、災害時のいち早い情報発信などに繋げたいとしている。

愛媛2020.03.30 13:51

県人大学生含む 京産大でコロナ集団感染か

京都産業大学の学生7人が新型コロナウイルスに感染していたことが、明らかになった。

この中には、ヨーロッパ旅行から帰国した新居浜市の男子大学生らが含まれていて、京都市などでは、集団感染が発生した可能性が極めて高いとしている。

京都産業大学などによると感染が確認された学生7人のうち3人は今月2日から13日までスペインなどへ卒業旅行に行っていて愛媛県が県内4例目として今月27日に発表した新居浜市の男子大学生も含まれているという。

また、残る4人は、新居浜市の男子大学生らとともに今月21日に開催されたゼミの送別会に参加していた。送別会の参加者の中には他にも発熱などを訴えている学生が複数いて、京都市などは集団感染「クラスター」が発生した可能性が極めて高いとしておよそ50人についてPCR検査や健康観察を行っている。

なお、新居浜市の男子大学生は軽症で、両親は、検査の結果、陰性だった。

愛媛2020.03.30 11:34

松山市で椿を楽しむウォークイベント

今の時期に見頃を迎える品種の多い松山市の花、椿を楽しむウォークイベントが開かれた。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉をスタート地点に行われた「道後温泉 つばき巡りウォーク」には、市内の椿愛好家など53人が参加した。このイベントは、松山市の市花「椿」に愛着を持ってもらおうと、松山市と伊予つばき協会が毎年この時期に行っている。

伊予つばき協会によると、椿の花は2月から4月にかけて見頃になる品種が多く、参加者は、道後地区の4キロほどのコースを巡りながら、約60種類の椿を観賞した。

愛媛2020.03.29 12:35

4人目の感染者 スペインから帰国の男性

県内4人目の感染者。スペインから帰国した新居浜市の20代の男性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、新居浜市の20代の無職の男性。
県によると、男性は、今月上旬、県外の友人3人とヨーロッパを旅行していて、14日にスペインから帰国し、10日間ほど関西方面に滞在していた。

その後、23日に大阪から新居浜市に戻った後に37度前後の発熱や下痢の症状があったため、PCR検査を実施したところ26日夜感染が確認された。また、県は男性の濃厚接触者の両親についてPCR検査を行ったが感染していないことを確認した。

中村知事は、この結果を受け「県内で感染が拡大する可能性は限りなく低い」として県立学校の入学式や部活動などについては実施する方針を改めて示した。

一方、新居浜市は市内で感染者が出たことから来月5日まで、図書館など市が所有する施設を原則、休館とするほか、小中学校の部活動についても中止することにしている。

愛媛2020.03.27 17:06

「陽性だけど大丈夫」 飛行機遅延させ逮捕

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、離陸前だった成田空港発松山行きの飛行機の中で、客室乗務員に対し「俺、陽性だけど大丈夫」と言って、離陸を遅らせたとして、東温市の69歳の男が逮捕された。

偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、東温市の自称・無職、児嶋典博容疑者(69)。警察によると、児嶋容疑者は26日午後4時ごろ、成田空港で離陸にむけて動き始めたジェットスター・ジャパン松山行きの飛行機の中で、客室乗務員に向かって「俺、陽性だけど大丈夫」と言って機内を混乱させ、離陸を1時間15分遅れさせた疑いがもたれている。

児島容疑者の体温は35度台で、せきなどの症状はなかったという。児嶋容疑者は「そういうことは言っていない」と容疑を否認しているという。

愛媛2020.03.27 14:43

あの感動再び 愛媛マラソン写真コンテスト

今年2月に開催された「第58回愛媛マラソン」写真コンテストの入賞・入選作品の巡回展示が始まった。

伊予銀行本店で27日始まった巡回ロビー展には、今年2月に開催された「第58回愛媛マラソン」の写真コンテストで入賞した6点などあわせて48点の作品が展示されている。

金賞に選ばれた松山市の村木保仁さんの作品「FLYHIGH!!」は喜びを表す躍動感やポーズ、光のあたり具合の良さが評価された。

この他、コースを走るランナーの長い列や、沿道で応援する子どもの表情を切り取った入賞作品などが展示されている。

この巡回ロビー展は、伊予銀行本店では来月24日まで、その後、今治、新居浜、八幡浜、宇和島の4つの支店でも開催される。

愛媛2020.03.27 14:29

ライトアップも 今治無量寺しだれ桜見ごろ

夜に美しくライトアップされた、しだれ桜が今治市の寺で見ごろを迎えている。

今治市朝倉上の無量寺では、樹齢100年以上と樹齢20年の2本のしだれ桜が美しくライトアップされている。エドヒガンという品種で、大きなしだれ桜は高さおよそ10メートル、幹の周りは2.4メートルある。

例年通り今月20日頃から咲き始め、今がまさに満開、見ごろを迎えている。天気がいい日には1日におよそ200人が訪れるという。
無量寺のしだれ桜は今週いっぱいが見ごろという。花が散るまでの間、毎日午後6時から10時までライトアップされている。

愛媛2020.03.27 13:02

感染防止最大限の注意 中学校で部活動再開

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、活動停止を余儀なくされていた松山市の小中学校の部活動が、春休みを迎えた26日再開した。感染防止に最大限の注意を払った上での練習再開。

今月23日、松山市教育委員会は「大人数を避けること」「換気をすること」「接触をしない」などを要請した上で、部活動の実施を認めた。
こうした要請をふまえ勝山中学校の吹奏楽部では、大人数を避けるために28人の部員がパートごとに7つの部屋に分かれて、練習を再開していた。教室の中でも1人1人の座る間隔を空けるように対策をとっている。

卓球といえば風は本来プレーに大敵だが、感染予防のために「換気をすること」が重要なため卓球部では練習場所の窓を開けて練習を行っていた。また、練習時間も1学年ごとに分けたうえで、卓球台1台を2人で使用するという。

感染防止に留意し普段の練習とは少し勝手が違う部活動再開とはなったが、生徒たちは久しぶりの仲間との練習を笑顔で楽しんいた。

愛媛2020.03.26 15:56

新型コロナ 養殖魚の販売も大打撃

新型コロナウイルスの影響で自粛ムードが広がる中、愛媛が誇る養殖魚の販売も大きな打撃を受けている。

26日朝、宇和島市吉田町では愛媛が全国一の生産量を誇る養殖マダイの出荷が行われていた。県によると新型コロナの影響による消費の全国的な落ち込みで、県産の養殖魚の販売量は例年より2割から3割減少しているという。また販売価格も低迷が続いている。

影響は、去年ネーミングを刷新したばかりの高級魚、媛スマにも及んでいる。今月からカナダ向けの輸出が止まり、国内向けも販売が大きく落ち込むなど苦戦が続いている。

漁業関係者は今後、販売のテコ入れに乗り出すことを検討しているが関係者の苦闘は次第に長期戦の様相を見せ始めている。

愛媛2020.03.26 15:50

ファンから喜びの声 無観客ライブを配信

政府がコンサートなどの自粛を求める中、愛媛のロックバンドが松山市で無観客のライブイベントを開催し、ユーチューブに生配信した。
松山市でライブを開いたのは結成から20年、松山大学出身のメンバーによるロックバンドジャパハリネット。イベント名は「無観客だよ全員集合」、その名の通り無観客でのライブイベント。

ベストアルバムの発売に合わせて3月から予定していた高知や札幌でのツアーが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期になったため、無観客のライブをユーチューブで配信した。

ユーチューブのチャットにはファンから続々と喜びの声が届くなどライブ配信の視聴者は1200人を超えた。ジャパハリネットのメンバーは「ファンがチャットで背中を押してくれ観客がいないとは全く思わなかった。エンタメ業界が自粛しているので少しでも明るい話題を届けたい」と話していた。

愛媛2020.03.26 15:41

東京五輪延期 県内ホストタウンにも影響

東京オリンピックの延期を受け、オーストリアのホストタウンとして事前合宿の誘致に取り組む西条市にも影響が出ている。

西条市は、オーストリアのホストタウンとして東京オリンピックスポーツクライミング代表の事前合宿誘致を目指し、受け入れの準備を進めていた。

しかし、東京オリンピックの延期を受け、西条市内のパブリックビューイング会場などで使用される予定だった「のぼり旗」の制作を中断するなどの対応に追われた。

西条市スポーツ健康課の櫛部一洋係長は「残念だがまだ1年ある。
さらに西条市の良さを知ってもらって事前合宿を実現させたい」などと話している。

西条市には、今月末までに「オーストリアクライミング協会」から事前合宿の具体的なスケジュールについて連絡が入る予定だったという。

愛媛2020.03.26 10:43

在校生も出席 一人の卒業生の門出祝う

新型コロナに翻弄された今年の卒業シーズン、25日卒業式が行われた宇和島市の小学校では、すべての在校生の出席が叶い卒業生の門出を祝った。

宇和島市立三浦小学校では25日、宮本こころさんが卒業の日を迎えた。新型コロナの影響により在校生の参加を見送る学校が多い中三浦小学校では14人の在校生も加わり、卒業式に花を添えた。

在校生が「いつまでもお元気でご活躍を心より祈っている。」などとお別れの言葉を贈ったのに対し、宮本さんは「在校生の皆も一緒にできてとても嬉しい気持ちでいっぱいです」と感謝の言葉を述べていた。

愛媛2020.03.25 16:27

教職員人事異動 小学校英語専門指導員増員

県教育委員会は来年度の教職員の人事異動を発表した。異動規模はおよそ3300人で例年並みとなっている。

県教育委員会によると来年度の県立学校と公立の小中学校の教職員の異動総数は3282人、異動率は28.4%と例年並みの規模の異動となった。

主な取り組みとしては小学校の英語教育を充実させるため、専門指導員を今年度の18人から24人に増員する。また、働き方改革の一環として小中学校と県立学校に配置している採点業務や教材作成など教員の業務を補助するスクール・サポート・スタッフを64人から85人に増員する。

主な県立学校の異動では、松山東高校の校長に西条高校の佐伯幸治校長、八幡浜高校の校長に三間高校の菊地英明校長、今治西高校の校長に新居浜南高校の山本公治校長がそれぞれ就任する。

愛媛2020.03.25 16:22

春本番 松山市で桜開花 去年より3日遅く

松山市にも桜前線が上陸、25日松山市で桜が開花した。

松山地方気象台の職員が25日午前10時ごろ、松山市の道後公園にあるソメイヨシノの標本木で開花の基準となる5輪の桜の花を確認した。

松山の桜の開花は、平年と同じで去年より3日遅くなっている。平年はおよそ10日で満開を迎えるという。

愛媛2020.03.25 11:51

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース