愛媛のニュース

県内で新たに過去最多309人がコロナ感染【愛媛】

愛媛県は22日、県内で新たに過去最多となる309人が新型コロナに感染したと発表した。県内で1日の感染者が300人を超えるのは初。 県内で新たに感染が確認されたのは、新規事例または調査中150人と既存事例に関連する159人の合わせて309人。 感染者の居住地は、松山市が141人、次いで西条市が43人、今治市が32人などとなっていて、全20市町のうち16市町で感染者が確認されている。 年代は10代以下が88人、20代が65人と、20代以下で全体の約半数(153人)を占めていて、若年層への感染の広がりが顕著になっている。 また、児童・生徒が54人と、会社員の82人に次いで多くなっているほか、新たに八幡浜高校と四国中央市の小学校でクラスターが発生、学校での感染拡大が懸念される状況。 なお、医療機関に入院中の患者は60人で、うち3人が重症となっている。

愛媛 2022.01.22 15:20

伊予市でモデルナ社製ワクチンの実技講習会【愛媛】

伊予市で22日、一般高齢者の3回目のコロナワクチン接種が始まった。これに先立ち、接種会場では、医療従事者らを対象にしたモデルナ社製ワクチンの実技講習会が開かれた。 伊予市の接種会場では、県内10市町の医療従事者ら約40人が、モデルナ社製ワクチンの扱い方や注意点の説明を受けた。 モデルナ社製ワクチンは、希釈の必要がなく、1つの容器からファイザー社製の2倍以上にあたる15回分を使用するなどの違いがある。 国は今後、ファイザー社製とモデルナ社製を同程度供給する方針で、伊予市では、一般高齢者の3回目集団接種にモデルナ社製を使用する。 今治市から講習会に参加した看護師は「モデルナ社製ワクチンがどういうものなのかとても参考になった」と話していた。 一般高齢者の3回目接種は、2月1日までに県愛媛内すべての自治体で始まる。

愛媛 2022.01.22 14:24

大分・宮崎で震度5強の地震 県内も震度4【愛媛】

22日未明、大分県と宮崎県で震度5強の揺れを観測する地震が発生し、愛媛県内でも、南予を中心に震度4を観測したところがあった。県によると、午前9時現在、県内で被害の情報なし。 22日午前1時8分頃、日向灘を震源とするマグニチュード6.6(発生当初の6.4から更新)の地震が発生、大分県と宮崎県で最大震度5強を観測したほか、西日本の広い範囲で揺れを観測した。 愛媛県内では、松山市、今治市、宇和島市、八幡浜市、西予市、伊方町、愛南町で震度4など、全域で揺れを観測したが、県によると県内で被害の情報はない(22日午前9時現在)。 また、四国電力によると、この地震を受け伊方発電所の設備の点検を行ったが、異常は確認されず。

愛媛 2022.01.22 10:19

愛媛1減の見通し 衆議院選挙新区割り 中村知事が国に意見 【愛媛】

一票の格差是正のため、衆院選の小選挙区の数が1減となる見通しの愛媛県。中村知事は、新たな区割りについて地勢や交通、面積、東・中・南予の生活圏などを考慮して慎重に検討するよう国の審議会に求めた。 国は2020年の国勢調査に基づき、衆院選での一票の格差を是正するため、15の都県で小選挙区の数の増減や区割りの具体案の検討を進めている。 愛媛県は、現在の4選挙区が3選挙区になる見通しで、国の衆議院議員選挙区画定審議会が中村知事に区割り改定に対する意見を求めていた。 これに対し、中村知事は「長期的な人口見込みを考慮し、新たな区割りが長期に安定したものとする観点からは、松山市の分割も避けられない」という意見と「松山市を始め、行政区の分割はすべきではないという強い要望がある」という意見を併記して回答したという。 また、地域の実情を踏まえ、地勢、交通、面積、東・中・南予という生活圏などを考慮して慎重に検討するよう求めている。 県によると、今年6月25日までに、国の審議会が新たな区割り案を決定するという。

愛媛 2022.01.21 18:02

参院選愛媛選挙区 高見知佳氏 無所属で立候補を表明【愛媛】

立憲民主党から参院選愛媛選挙区への出馬を要請されていたタレントの高見知佳さんが21日、無所属で立候補することを表明した。 立憲民主党は先週「県民から広く共感を得られる人」などとして、高見さんに参院選愛媛選挙区への出馬を正式に要請していた。これに対し高見さんは、無所属での立候補を決め、21日会見で表明した。 記者会見で高見さんは「私の今回の挑戦が、選挙や新しいことへの挑戦にためらっていた女性に対して、あの人が出来るなら、私もやってみようと思ってもらえるようになれば嬉しい」などと語った。 高見知佳さんは、新居浜市出身の59歳、1978年にアイドル歌手としてデビューした後、歌手や女優として活躍し、現在は県内でタレント活動を続けている。 リモートで会見に同席した立憲民主党の泉健太代表は「一人区では候補者の一本化を目指している」と野党共闘に前向きな姿勢を示した。 なお、参院選愛媛選挙区には、自民党・現職の山本順三さんが立候補を予定している。

愛媛 2022.01.21 16:37

過去最多同数260人感染確認 高齢者施設等でクラスター3件【愛媛】

愛媛県は、新たに過去最多の20日とならぶ260人の新型コロナ感染を確認したと発表した。松山市が半数以上を占める一方、感染確認が17市町にのぼっている。高齢者施設など3か所で、新たなクラスターが確認されている。 感染者の内わけは新規事例が120人、既存事例関連が140人。 居住地は松山市が143人で半数以上をしめ西条29人、今治19人、宇和島14人、八幡浜12人など感染確認は17市町にのぼっている。 年代別では10代が49人と最も多く、20代が48人だが20代のうち38人が松山市。60代以上も46人を数える。 医療機関への入院患者は20日より1人減った60人で、40代で基礎疾患のある患者が重症となり、重症者が1人増えて3人。自宅療養は154人増えた1737人。 松山市では高齢者施設1か所、八幡浜市では高齢者施設と児童施設各1か所で新たなクラスターが確認されている。 今月に入ってからの第6波感染でこれまでに32件のクラスターが確認されているが、このうち高齢者施設が4件。 県内では、依然感染拡大が続いているが、記者会見で中村知事は「感染しない、感染させないという行動を積み上げていく事が感染減少につながると受け止めて対応して欲しい」などと県民に呼びかけた。

愛媛 2022.01.21 15:36

J2復帰を 愛媛FC 新戦力も加わり初練習【愛媛】

1年でのJ2復帰を目指す。今シーズン、J3で戦う愛媛FCが、 21日初練習を行った。 初練習には、今シーズンから指揮を執る石丸清隆監督をはじめ、20日加入が発表された元日本代表DF森脇良太選手や佐々木匠選手など新戦力も参加した。 選手たちが互いに声を出し合う明るい雰囲気の中、約1時間半ストレッチやミニゲームで汗を流した。 今年、J3の舞台で戦う愛媛FCは、1年でのJ2復帰を目指す。石丸監督は「スタイルを持ちながらやっていくという事は大事。自分たちの方向性の中で勝っていきたい」などと抱負を語った。 また森脇選手は「もっともっと愛媛FCが魅力あるクラブになっていくために皆で努力したい」と話している 愛媛FCの開幕戦は3月12日(土)又は13日(日)にホームでカターレ富山と対戦予定。

愛媛 2022.01.21 14:30

自宅に放火母親殺害 4か月の精神鑑定経て殺人で起訴【愛媛】

去年6月、今治市の自宅に火をつけ母親を殺害したとして松山地検は21日、58歳の男を殺人などの罪で起訴した。 殺人と現住建造物等放火の罪で起訴されたのは、今治市の無職、森松良和被告(58)。 起訴状などによると森松被告は、去年6月、同居していた母親のマサノさんを殺害しようと自宅に火をつけて全焼させ、マサノさんを殺害したとされている。 松山地検は、森松被告の刑事責任能力の有無などを調べるため、約4か月に渡り精神鑑定を行っていた。 松山地検は、森松被告の認否を明らかにしていない。

愛媛 2022.01.21 13:49

北京五輪 郷亜里砂選手 日本選手団旗手に【愛媛】

来月4日に開幕する北京オリンピックの日本選手団の旗手に、スピードスケート女子500メートルに出場するイヨテツスピードクラブの郷亜里砂選手が選ばれた。 JOC=日本オリンピック委員会が20日、発表した。来月4日に行われる開会式の入場行進で、郷選手はノルディックスキー複合男子の渡部暁斗選手と共に旗手として日の丸を掲げて選手団を先導する。 郷選手は、2018年の平昌オリンピックの女子500メートルで8位入賞を果たしており、北京オリンピックでの活躍が期待されている。

愛媛 2022.01.21 13:05

「松山城にのぼる月」 日本百名月に選定【愛媛】

松山城の月が日本百名月に認定された。県内では、大洲市に続いて2か所目。 日本百名月の1つに認定されたのは「松山城にのぼる月」。日本百名月推進委員会は、日本各地にある美しい名月の魅力を国内外に発信しようと2016年から認定をスタートさせていて、県内では、大洲市の「伊予大洲の月」に続いて2か所目の認定となる。 松山市によると、今回の認定では、毎年、中秋の名月にあわせたイベント開催や天守の夜間特別営業で、夜景と月の競演を楽しむことができる点などが評価されたという。 松山市の担当課は「日本百名月のロゴマークを活用するなど、名月を1つの観光資源としてPRしていきたい」と話している。

愛媛 2022.01.21 11:22

速報値 新型コロナ新たに250人以上感染確認【愛媛】

愛媛県は、速報値として、きのうの検査で、県内で250人以上の新型コロナ感染を確認したと発表しました。 県は、感染サイクルが短いオミクロン株では、徹底した感染回避行動の効果がすぐに現れます。特に松山市の「学生や20代の社会人」の皆さん、これからの数日間は、密な場所を避け、友人同士の集まりは控えるなど行動変容をお願いします、と呼びかけています。

愛媛 2022.01.21 08:38

3日連続過去最多更新 260人感染 重症者1人増 高齢世代増加傾向【愛媛】

愛媛県は、19日の検査で3日連続で過去最多を更新する260人の新型コロナ感染を確認したと発表した。高齢者の感染が拡大傾向で、重症者が1人増えている。新たに今治市の児童施設でクラスターが確認されている。 感染者の内わけは新規事例が131人、既存事例関連が129人。 居住地は松山市が125人で半数近くをしめ、今治市31人、四国中央市29人、西条市28人、新居浜市21人などとなっている。 年代別では20代が49人と最も多く、若い世代の感染が多くなっているが60代以上も42人を数え増加傾向。 入院は前の日より2人増えた61人、70代で基礎疾患のある患者が重症となり、重症者が1人増えて2人となった。 自宅療養は212人増えた1583人にのぼっている。 今治市では保育所で、これまでに園児6人を含む11人が感染し、クラスターと確認された。 県内の感染確認は3日連続で過去最多を更新し感染拡大が続いている。県は、宇和島市、松山市に続き24日から新居浜市と西条市に臨時PCR検査センターを開設する。

愛媛 2022.01.20 15:40

1年でのJ2復帰を 愛媛FC新体制 元日本代表ら新戦力も加入【愛媛】

1年でのJ2昇格を目指す、愛媛FCが新体制を発表した。新戦力も加わり新たな布陣でシーズンを迎える J2からJ3に降格した愛媛FCはオンラインで2022シーズンの新体制を発表した。 会見の冒頭、愛媛FCの村上忠社長は「ズバリ優勝を狙う姿勢で、戦い抜く所存。これからの愛媛FCを楽しみにしていただけるよう全力を尽くすつもり」と今シーズンの意気込みを語った。 愛媛FCは8年ぶりに石丸清隆監督が復帰し、攻撃的で魅力的なサッカーで1年でのJ2昇格を目指す。 また、20日は、新戦力として昨シーズンセレッソ大阪でプレーしたFWの松田力選手と、愛媛FCで活躍し、日本代表にも選ばれたDF森脇良太選手を迎えることが発表されるなど、充実した布陣で新たなシーズンを迎える。

愛媛 2022.01.20 15:35

子どもたちの事故防止を 保育園で交通安全教室【愛媛】

子どもたちを悲惨な事故から守ろうと松山市の保育園で交通安全教室が開かれた。 松山きし保育園で開かれた交通安全教室では、まず富国生命の豊永祐彦松山支社長から交通安全を呼び掛けるぬり絵と廃棄される野菜から作られたクレヨンが園児に贈られた。 これに対し園児たちは「交通事故にあわないように気を付ける」「横断歩道は手を挙げて渡る」などとお礼を述べていた。 続いて園児は、交通安全協会の職員から、横断歩道のわたり方を学んだ。 去年、県内では10人の園児が交通事故でケガをしているということで、県警は、横断歩道は子どもだけでなく保護者も手を挙げて安全確認するよう呼びかけている。

愛媛 2022.01.20 14:58

県警署長会議 効果的な交通指導取締り等を指示

愛媛県警の警察署長会議が開かれ、阿波拓洋本部長は県民のニーズを把握した犯罪抑止対策や効果的な交通指導取締りなどに取り組むよう指示した。 警察署長会議には、県内16の警察署の署長の他、中村知事など40人が出席した。 阿波拓洋本部長は「いかなる状況にあっても、県内の治安維持に間隙が生じることのないよう、取り組みに万全を期して欲しい」と訓示した その上で、阿波本部長は、県民のニーズを把握した犯罪抑止対策の推進や交通事故分析に基づく効果的な交通指導取締りなどを重点的に取り組むよう指示した。 このあと会議では、コロナ禍に業務を継続するための各警察署での取り組みなどが発表されたという。

愛媛 2022.01.20 13:34

速報値 新型コロナ感染250人以上確認 3日連続の過去最多更新【愛媛】

愛媛県は、速報値として、県内で過去最多となる250人以上の新型コロナ感染を確認したと発表しました。 県内各地で感染拡大が止まらず、陽性者数は過去最多、特に松山市では、3日連続で100人を超える見通しです。 県は、会話時の不織布相当のマスク着用や、冬でも定期的な換気が欠かせません。もう一度、感染防止対策の総チェックをお願いします、と呼びかけています。

愛媛 2022.01.20 08:39

成人年齢18歳へ引き下げ 若者への消費者教育イベント【愛媛】

4月から、成人年齢が18歳に引き下げられる。若者はどんな点に注意したらよいのでしょうか? 松山市で開かれた「消費者教育フェスタin愛媛」には、県内の教育機関や自治体などからオンラインを含めおよそ150人が参加した。 そして、マーケティングアナリストの原田曜平さんが講演し「Z世代の若者は、SNS上で多くの友達と繋がっているため、悪い同調志向が生まれないように注意が必要」などと訴えた。 成人年齢は、今年4月から18歳に引き下げられ、18歳になれば親の同意なしに、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことなどが可能になるため、文部科学省は、こうしたイベントを通じてインターネット上のクリック詐欺や違法行為などに巻き込まれないよう呼びかけている。

愛媛 2022.01.19 16:36

過去最多245人感染 松山144人 新たに4クラスター確認【愛媛】

愛媛県は、18日の検査で2日連続で過去最多更新となる245人の新型コロナ感染を確認したと発表した。松山市が全体の6割近い144人にのぼる。新たに4件のクラスターを確認。 感染者の内わけは、新規事例が108人、既存事例関連が137人。居住地は松山市が144人で6割近くをしめ、今治市22名、宇和島市20人、四国中央市15人、西条市14人など。 年代別では20代が62人と最も多く、10代49人と若い世代の感染が多くなっているが60代以上も19人を数え増加傾向。 入院は前の日より11人減った59人、重症者は変わらず1人、自宅療養は174人増えた1371人。 また新たに松山市と今治市で各2件あわせて4件のクラスターが確認された。 松山市でのクラスターは利用者ら5人が感染した高齢者施設1か所と松山市立南中学校。南中学校での感染者はこれまでに生徒7人を含む12人となっている。 今治市でのクラスターは学生5人が感染した国立波方海上技術短期大学校と児童4人を含む5人が感染した小学校1校。 県内の感染確認は、2日連続で過去最多を更新し感染拡大が続いている。記者会見で中村知事は不織布マスクの着用をはじめ手指の消毒、換気など基本的感染回避行動の徹底を改めて呼びかけた。

愛媛 2022.01.19 15:38

品質と栽培技術向上を かんきつ等農産物品評会【愛媛】

選りすぐりのかんきつや野菜などの農産物を集めた品評会が、松山市で開かれた。 松山市のJAえひめ中央で行われた「農産物品評会」には、管内の生産者から、かんきつ431点、野菜や米など122点が出品され た。 この品評会は、農産物の品質と技術の向上を目指して毎年行われていて、19日は県や全農えひめの職員らが品種ごとに色や形などを審査していた。 JAえひめ中央によると今年のかんきつは、去年の早い梅雨入りや長雨などの影響で栽培管理に苦労した生産者も多かった一方で、例年よりも糖度が高く高品質に仕上がっているという。 入賞した農産物は22日と23日にいよてつ高島屋で開かれる「えひめ・みかん祭り」に出品される。

愛媛 2022.01.19 14:21

県内で火事相次ぐ 新居浜市では男性1人死亡【愛媛】

18日夜から19日未明にかけ、県内では火事が相次ぎ、新居浜市では男性1人が死亡している。 19日午前0時前、新居浜市本郷3丁目の神野秀佑さん(34)方の木造2階建て住宅が全焼する火事があり、隣接する自治会館の倉庫なども焼けた。 この火事で、焼け跡から神野さんが遺体で見つかった。神野さんは1人暮らしとみられ警察が火事の原因を調べている。 また、19日午前1時過ぎ、松山市南吉田町で、住宅と、隣接する空き家を全焼する火事があったが、けが人はいなかった。警察は、タバコの火の不始末の可能性があるとみて調べている。 18日午後8時半ごろには、松山市井門町の事務所兼住宅でも火事があるなど18日夜から19日未明にかけ、県内では火事が相次いでいる。

愛媛 2022.01.19 13:50

過去最多245人感染 松山市には臨時PCR検査センター設置【愛媛】

愛媛県は、速報値として、県内で過去最多となる245人の新型コロナ感染を確認したと発表した。 1日あたりの新規感染者が100人を超えるのは、112人だった先週12日(水)から8日連続となる。 一方、松山市の城山公園には、臨時PCR検査センターが開設された。 検査の対象は、松山市民や市内に通勤・通学している人で、・飲食店の従業員や不特定多数と接触する機会が多い人・今月9日以降、県外との往来や県外の人と接触があった人・長時間・大人数で会食をした人・感染に不安を感じている人となっていて無症状者に限られる。 検査費用は無料で、陽性の場合のみ、保健所から連絡がある。検査キットの配布は、19日から22日(土)までの4日間、検体の回収は19日から23日(日)までの5日間で、午前10時から午後3時まで受け付けている。

愛媛 2022.01.19 12:37

速報値 新型コロナ県内で過去最多245人感染確認【愛媛】

愛媛県は、速報値として、県内で過去最多となる、245人の新型コロナ感染を確認したと発表しました。 県は、減少傾向はまだみられません。特に松山市では、学生や社会人など20代が感染の中心ですが、県全体では10代未満や40代など親子世代でも多数の感染がみられます。学校や職場では、改めて感染回避行動の確認と徹底をお願いしますと呼びかけています。

愛媛 2022.01.19 08:42

過去最多237人 新規141人 第6波初の重症1人【愛媛】

愛媛県は、17日の検査で新たに過去最多を更新する237人の、新型コロナ感染を確認したと発表した。第6波で初めての重症者1人が出ている。新たに5件のクラスターが確認されている。 感染者の内わけは新規事例が141人、既存事例関連が96人。居住地は松山市が112人でほぼ半数をしめ、西条市35人、宇和島市20人、今治市と四国中央市が各18人などとなっている。 年明け以降の第6波ではこれまで重症者は発生していなかったが、17日感染が確認された基礎疾患のある70代の患者1人が重症となっている。入院は70人、自宅療養は1197人。 また新たに5件のクラスターが確認されている。このうち松山市の小学校では、これまでに児童6人が感染し、クラスターとなっている。また西条市の小学校でもクラスターが確認され、感染者は児童9人と教職員1人のあわせて10人となっている。 この他、新居浜市で1件、四国中央市で2件のクラスターが確認されている。 こうして感染拡大が続く中、県は松山市の城山公園内に臨時のPCR検査センターを19日開設する。検査費用は無料。 また、県は四国中央市、新居浜市、西条市、今治市、松山市、宇和島市の6つの市で特別養護老人ホーム111施設の一斉検査を実施する。 会見で中村知事は「感染拡大のピークには達していない」として、基本的感染回避行動の徹底を県民に改めて呼びかけた。

愛媛 2022.01.18 15:51

一面の銀世界の中 高原の小学校も3学期スタート【愛媛】

冬の寒さが厳しい西予市の大野ヶ原小学校では、18日3学期がスタートした。 標高1200メートル付近にある西予市野村町の大野ヶ原高原は、 一面に銀世界が広がり18日午前7時の気温はマイナス3度。 大野ヶ原小学校では冬の寒さが厳しいため冬休みを1週間長くしていて、18日3学期がスタート、全校児童6人が元気に登校した。 児童からは「寒くて滑りそうだったけど少し楽しかった」「学校の皆と久しぶりに会えるのでとてもうれしい」といった声が聞かれた。 始業式はそれぞれの教室で行われ書き初めにした「やさしさ」や「けいさん」といった新年の誓いを発表した。 式では、青木志郎校長も「挑戦」という書き初めを披露し、苦手なことから逃げずに挑もうと児童に呼びかけていた。

愛媛 2022.01.18 15:46

真鍋さんノーベル賞受賞記念 地球温暖化対策ロビー展【愛媛】

四国中央市出身・眞鍋淑郎さんのノーベル物理学賞受賞を記念して地球温暖化対策をテーマにしたロビー展が開かれている。 愛媛県庁第一別館で開催されているのは「地球温暖化対策ロビー展」。地球温暖化対策への関心を高めてもらおうと、県内の小中学生などが作った“温暖化”がテーマの川柳が紹介されているほか、温室効果のメカニズムなどを解説したパネルが設置されている。 また「愛媛県民の若い方達にも好きなことをやって、世界に羽ばたいて、活躍していただきたい」などと書かれた眞鍋さんのメッセージも展示されている。 「地球温暖化対策ロビー展」は今月21日まで愛媛県庁で、その後は、東・中・南予の地方局でも開かれる。

愛媛 2022.01.18 15:42

バレンタイン 今年注目のチョコは…? 【愛媛】

バレンタインデーを前に、松山市のデパートは、今年イチオシのチョコレートをお披露目した。 いよてつ高島屋では、毎年、日本や海外の人気ブランドの商品などを一堂に集め、「アムール・デュ・ショコラ」として、バレンタイン商戦を展開している。きょうはこの内、特に注目の36のチョコレートを発表した。 ポーランドの「カルメロショコラティエ」のチョコレートは、カラフルなものや、ハート型のものがセットになっている。また、宇和島市三間町の日本酒を使ったトリュフチョコレートや、松山市の美容皮膚科医が監修したコラーゲンペプチドが入ったチョコレートなど、愛媛ならではの商品もある。 いよてつ高島屋の「アムール・デュ・ショコラ」は、今月26日から来月14日のバレンタインデー当日まで開催される。

愛媛 2022.01.18 14:19

過去最多更新237人感染 各地でクラスター 速報値【愛媛】

愛媛県は、速報値として、県内で過去最多となる237人の新型コロナ感染を確認したと発表した。県は、発熱だけでなく体調不良を感じたら、人との接触を控え、医療機関に連絡して受診するよう呼びかけている。 1日あたりの新規感染者が100人を超えるのは、112人だった先週12日(水)から7日連続となる。また、18日発表の237人は今月14日の220人を上回り、過去最多を更新した。 県によると若者世代から30代・40代にも感染が広がり、県内各地で新たなクラスターが発生しているという。 県は発熱だけでなく体調不良を感じたら、人との接触を控え、医療機関に連絡して受診するよう呼びかけている。

愛媛 2022.01.18 11:21

速報値 県内で過去最多237人感染確認【愛媛】

愛媛県は、速報値として、県内で過去最多となる、237人の新型コロナ感染を確認したと発表しました。 県は、若者世代から30代40代にも感染が広がり、県内各地で新たなクラスターが発生しています。 発熱だけでなく体調不良を感じたら、人との接触を控え、医療機関に連絡して受診するようお願いしますと呼びかけています。

愛媛 2022.01.18 08:44

価格動向は 今シーズン初の真珠入札会 宇和島【愛媛】

母貝の大量死が続く愛媛の真珠。宇和島市では今シーズン初の真珠の入札会が行われた 宇和島市の愛媛県漁協で、17日始まった真珠の入札会には、兵庫県や三重県などから真珠の加工、販売業者らが集まった。入札会は新型コロナの感染対策のため非公開で行われた。 愛媛県は、真珠の生産量が日本一だが、宇和海沿岸では3年連続で母貝となるアコヤ貝の大量死が発生するなどしたため、昨年度分の生産量は大幅に減少した。 愛媛県漁協によると初日の17日午後3時現在の取引き額は、去年より約4700万円少ない6032万5000円で、平均単価は、1グラム当たり4175円と、去年を約800円上回ったという。 宇和島市の真珠の入札会は、3月まで34日間開かれる。

愛媛 2022.01.17 17:48

113人感染確認 6日連続100人超 警察学校でクラスター【愛媛】

愛媛県は、16日の検査で新たに113人の新型コロナ感染を確認したと発表した。1日あたりの感染者が100人を超えたのは6日連続。松前町の県警察学校と宇和島市の飲食店でクラスターが確認されている。 感染者の内わけは新規事例が28人、既存事例関連が85人。居住地は松山市が59人で半数以上をしめ、宇和島市13人、西条市10人、新居浜市と四国中央市が各8人などとなっている。 年代別では20代が36人と最も多く、10代15人、30代20人と引き続き若い世代の感染が多くなっている。 新たに松前町と宇和島市でクラスターが確認されている。このうち松前町は県警察学校でのクラスターで、これまでに警察官8人が感染。また宇和島市では飲食店でのクラスターが確認され、感染者はあわせて14人。 全国的には、まん延防止等重点措置の適用が拡大される見通しだが記者会見で中村知事は感染回避対策が最優先であり、現時点では、国に対し適用を申請する考えはないとの見解を明らかにしている。 ところで、感染者が急増し保健所業務の負荷が高まる中、潜伏期間が短く重症化率が低いというオミクロン株の特性をふまえ県は新型コロナに関する保健所業務の一部を見直す方針。具体的には感染者の行動歴についてはこれまでは発症前2週間を調査していたが発症前2日間に変更するなどとしている。

愛媛 2022.01.17 15:45

当初予算案市長査定 松山市 コロナ対策等で予算規模4年連続過去最大へ【愛媛】

松山市の来年度当初予算案の編成に向けた市長査定が始まった。新型コロナ対策や防災・減災対策などの財源確保のため、予算規模は4年連続で過去最大となる見通し。 市長査定に際し野志市長は、新型コロナ対策費や来年度に工事が始まる市駅前の再開発事業費などを当初予算案に盛り込む考えを示した。 また、松山圏域の119番通報を1か所にまとめる消防指令センターの本格運用に向けた整備など、防災・減災対策についても検討されている。 予算規模は、一般会計で過去最高となった今年度の1947億円を上回り、4年連続で過去最大となる見通し。 野志市長は 「来年度は、新型コロナ対策をしっかりとやっていく。3期目の最終年になるので、公約の実現にも全力を傾けていきたい」などと語っている。

愛媛 2022.01.17 13:44

防災意識高揚を 防災イベントをオンライン配信【愛媛】

県民に日頃の防災意識を高めてもらおうと、県主催の防災イベントがオンライン形式で、16日開かれた。 防災イベントが配信された南海放送では、松山地方気象台の予報官と気象予報士の水口佳美さんが、ペットボトルで雲を作る実験などを交えながら天気と災害の関係について紹介していた。 防災イベントは、学校の授業のように理科や社会など内容をテーマごとに分けて配信された。 この防災イベントは、県民に地震や津波などの際の的確な避難行動につなげてもらおうと県が開いたもので、新型コロナの感染拡大で商業施設での一般公開からオンライン配信に変更された。

愛媛 2022.01.17 11:42

速報値 新型コロナ113人確認 6日連続の100人超【愛媛】

愛媛県は、速報値で、県内で新型コロナの陽性者113人を確認したと発表しました。6日連続で100人を超えました。 愛媛県は「前日より減少しましたが、休診する医療機関が多い日曜日の陽性者数としては、先週の倍以上で、感染のピークはまだ見えません。決して気を緩めず、感染回避行動の徹底と責任ある行動をお願いします」と呼びかけています。

愛媛 2022.01.17 08:42

コロナ感染過去2番目に多い213人【愛媛】

県は、過去2番目に多い213人が新型コロナに感染したと発表した。 県内で新たに新型コロナに感染した213人の内訳は、新規事例が112人、既存事例の関連が101人。 居住地は松山市109人、西条市23人、今治市21人などとなっている。 20代が70人、10代が38人などと、若い世代が約半数を占めるほか、高齢者の感染も増えている。 新たに2つのクラスターが確認され、このうち今治市の学校クラスターは県立今治北高校でこれまでに生徒6人が感染。 また、松山市のスポーツ活動クラスターは松山大学のスポーツサークルで、これまでに学生5人が感染している。 中村知事は「まったく減少に転じている兆しは見えない。17日以降は、さらなる上昇局面に入っていくことも可能性として十分高いと思っている」などと述べた上で、あらゆる場面で感染回避行動を徹底するよう呼びかけた。

愛媛 2022.01.16 16:01

新型コロナ158人感染【愛媛】

愛媛県は、県内で新たに過去二番目に多い158人が新型コロナに感染したと発表した。 新たに感染が確認された158人のうち、新規事例は94人、既存事例の関係者は64人。居住地は、松山市が91人、西条市と四国中央市が15人、宇和島市が13人、今治市が9人などとなっている。 これまでに、部活動の練習試合を通じて県立高校4校でクラスターが発生していて、このうち1校と練習試合をした他の高校3校でも同じ競技の部活動の生徒の感染が確認されていて、今後クラスターになる可能性があるという。 また、今月に入ってから確認された感染者の中には、再感染が6人含まれていて、中村知事は「過去に1度感染しても、2回ワクチンを接種していても、オミクロン株に感染する可能性がある」として感染回避行動の徹底を呼びかけた。

愛媛 2022.01.15 16:36

大学入学共通テスト始まる【愛媛】

愛媛県内でも、3つの会場で大学入学共通テストが始まった。 このうち、愛媛大学の城北キャンパスには、試験開始を前に多くの受験生が訪れていた。愛媛大学では、消毒液の設置や会場の換気のほか、受験生に対して、マスクの着用を呼びかけるなど感染対策をとって試験が行われている。また、愛媛大学によると、県内での新型コロナ感染急拡大を踏まえ、無症状で陰性などの条件を満たせば濃厚接触者でも試験を受けられるよう別室を用意している。 午前9時ごろ、受験生は担当者から注意事項の説明を受けた後、「地理歴史・公民」の試験に臨んだ。このほか、今日は国語と外国語が、明日は理科と数学の試験が行われる。今年、県内の大学入学共通テストの志願者数は、前回より89人多い5641人。

愛媛 2022.01.15 11:52

悲願のJ2昇格へ始動 FC今治が初練習【愛媛】

悲願のJ2昇格を。サッカー・J3、FC今治が今年の初練習を行った。 今年、J3で3年目を迎えるFC今治。岡田武史会長もホームグラウンドありがとうサービス・夢スタジアムで行われた初練習に参加し、円陣を組んで指示を出していた。その後、選手らは走り込みをするなどして汗を流した。 FC今治は、昨シーズン成績不振で2度、監督が交代したが、終盤ホームで3連勝するなどして15チーム中11位で終えた。 一方、新戦力としてJ2の水戸ホーリーホックから経験豊富なDF・細川淳矢選手や、J1昇格を決めた京都サンガFCからMFの中川風希選手など9人を迎えている。 FC今治の橋川和晃監督は「岡田メソッドを元に具現化していく。その中で成果としてJ2昇格ということを必ず達成したい」と語っていた J3リーグは、3月中旬に開幕する。

愛媛 2022.01.14 18:14

立憲民主 高見知佳氏に出馬要請 参院選愛媛選挙区【愛媛】

立憲民主党は14日、新居浜市出身のタレント高見知佳さんに参院選愛媛選挙区から出馬するよう要請した。 立憲民主党の西村智奈美幹事長は14日、高見知佳さんとリモートで会談し、今年夏の参院選愛媛選挙区での出馬を要請した。 高見知佳さんは、新居浜市出身の59歳。1978年にアイドル歌手としてデビューした後、歌手や女優として活躍し、現在は、新居浜市でタレント活動を続けている。 会談を終えて西村幹事長は「様々な地方の思いを訴えることによって、県民の皆さんから広く共感を得られる方だと思っている」と評価している。 一方、高見さんは「子供や女性に優しい政治であってほしいと願う。そして政治の方から私たちの方に近づいてくれるそういう政治であってほしいとも思う」などと語った 高見さんは出馬するかどうかについて近く判断するとしている。 なお、今年夏の参院選愛媛選挙区には、自民党・現職の山本順三さんが立候補を予定している。

愛媛 2022.01.14 17:55

感染急拡大続く 220人新たに感染 松山市113人【愛媛】

愛媛県は、13日の検査で新たに過去最多となる220人の新型コロナ感染を確認したと発表した。1日あたりの感染者が200人を超えたのは初めて。このうち松山市の感染者が半数以上を占める。 感染者の内わけは、既存事例関連が112人、新規事例が108人。居住地は松山市が113人で半数以上をしめ、西条市26人、四国中央市22人、宇和島市19人、新居浜市13人などとなっている。 年代別では20代が76人と3分の1を占めて最も多く、10代38人、30代37人と引き続き若い世代の感染が多くなっている。 新たに松山市2件、四国中央市、新居浜市、宇和島市各1件のあわせて5件のクラスターが確認されている。 このうち四国中央市の三島高校と宇和島市の宇和島東高校のクラスターは、既にクラスターが確認されている松山北高校と新居浜西高校のあわせて4校で行った部活動の練習試合で感染者が発生したものと見られている。 この他、松山市では松山学院高校でのクラスターも確認、生徒7人が感染している。 県内の感染者は3日連続で過去最多を更新し急拡大が続いている。県は、県外との出張・往来の自粛をはじめ、混雑する場所への外出自粛、大人数、長時間を避けた会食の実施などを引き続き呼びかけている。

愛媛 2022.01.14 15:47

感染対策留意 大学入学共通テスト 試験会場準備【愛媛】

大学入学共通テストが15日から全国一斉に行われるのを前に、県内の試験会場では準備作業が行われた。 県内で受験者が最も多い愛媛大学城北キャンパスの試験会場では、机や椅子の消毒の他、受験生と試験監督との間にアクリルボードを準備する作業が行われた。 大学入学共通テストは、県内3つの会場で15日16日の2日間の日程で行われ、県内の志願者数は去年と比べ89人多い5641人となっている。 試験会場では、教室の換気を十分に行う、受験生の間隔を1メートル以上あけるなどの感染対策が取られるという。 また、新型コロナの濃厚接触者になっている受験生は、PCR検査の結果が陰性で当日も症状がないなどの条件を満たせば、別室で受験することが可能だという。 愛媛大学では当日体調が悪い場合は無理をせず、今月29日と30日に行われる追試験を受験するよう呼びかけている。 なお、文部科学省が新型コロナの影響で共通テストを受けられない受験生への救済策として2次試験などの個別試験のみで合否を判定するよう通知しているが、愛媛大学では現在、対応を検討中としている。

愛媛 2022.01.14 15:40

とろける食感 高級かんきつ「せとか」出荷開始 松山【愛媛】

かんきつの王様とも呼ばれる高級かんきつ「せとか」の出荷が、松山市で始まった。 14日朝、松山市の堀江選果場に運び込まれたのは、JAえひめ中央管内の農家が育てた「せとか」。JAの職員ら評価員が傷や形をチェックした後、センサーを通して糖度やサイズの選別を行ってい た。 「せとか」は、かんきつの王様とも呼ばれる高級かんきつで、糖度と酸味のバランスが良く、ぎっしりと詰まった果肉ととろける食感が特長。愛媛県が全国シェアの約65パーセントを占める。 JAえひめ中央果樹課の清家伯弘課長は「非常に良い食味に仕上がっているので『せとか』の特長を楽しみにしていただいたら」と話している 今年、JAえひめ中央管内では、例年並みの2000トンあまりの「せとか」を出荷予定で、3月上旬に出荷のピークを迎える見込み。

愛媛 2022.01.14 11:59

3日連続過去最多更新 219人感染 速報値【愛媛】

愛媛県は、速報値として新たに過去最多となる219人が新型コロナに感染したと発表した。 県が、14日朝発表した新たな感染者は、速報値で219人で、13日発表の150人を上回り、3日続けて1日の感染者数が過去最多を更新した。 県は「『オミクロン株は重症化しない』との見方もあるが海外では入院患者や重症者が感染拡大の後に増加する傾向が見られる。くれぐれも、自身や大切な人たち、地域を守るための行動を」と呼びかけている。 一方、大学入学共通テストが15日から全国一斉に実施されるのを前に、14日朝愛媛大学では準備作業が行われた。 試験会場では、大学職員が机や椅子を消毒したり、受験生と試験監督との間に設置するアクリルボードを準備するなど感染対策を進めていた。 愛媛大学では当日体調が悪い場合は無理をせず、今月29日と30日に行われる追試験を受験するよう呼びかけている。

愛媛 2022.01.14 11:50

速報値 新型コロナ219人感染確認 過去最多【愛媛】

愛媛県は速報値で、新たに219人の新型コロナ感染を確認したと発表した。 きのう発表の150人を上回り、3日続けて1日の感染者数が過去最多を更新した。 県は「『オミクロン株は重症化しない』との見方もありますが、諸外国では入院患者や重症者は感染拡大の後に遅れて増加する傾向が見られます。ご自身や大切な方々、地域を守るための行動をくれぐれもお願いします」と呼びかけている。

愛媛 2022.01.14 09:00

ノーベル賞真鍋淑郎氏に 愛媛県県民賞授与【愛媛】

四国中央市出身で、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎さんに、愛媛県県民賞が授与された。 愛媛県県民賞を受賞した真鍋淑郎さんは、旧新宮村・現在の四国中央市出身の90歳。地球温暖化の予測モデルを開発した功績が評価され、去年、ノーベル物理学賞を受賞した。 愛媛県県民賞は県として最高位の表彰で、13日の定例会見で中村知事は「社会貢献の観点を忘れることなく得意分野を掘り下げた結果のノーベル賞受賞だと思う。心から敬意を表するとともにさらなるご活躍を祈念する」などと祝意を述べた。 愛媛県県民賞の受賞について真鍋さんは「大変光栄。県民の若い方たちにも好きなことをやって、世界に羽ばたいて活躍してもらいたい」などとコメントを寄せている。 アメリカ在住の真鍋さんは、帰国の予定はないということで、今後県から表彰状などが発送される。

愛媛 2022.01.13 21:22

参院選愛媛選挙区 立憲民主 高見知佳氏に出馬要請へ【愛媛】

立憲民主党が、14日、新居浜市出身のタレント高見知佳さんに、今年夏の参院選愛媛選挙区への出馬を要請することが分かった。 立憲民主党愛媛県連関係者らによると、14日、西村智奈美幹事長と高見さんがリモートで会談を行い、西村幹事長が、高見さんに参院選愛媛選挙区への出馬を正式に要請するという。 高見さんを党の公認候補とするか、無所属候補として推薦する形をとるかについては「本人の返事を聞いてから、一番勝てる方法を判断する」としている。 高見知佳さんは、新居浜市出身の59歳。1978年にアイドル歌手としてデビューした後、歌手や女優としてテレビや映画で活躍、現在、県内を中心にタレント活動を続けている。 南海放送の取材に対し高見さんは「あす、西村幹事長の話を聞いてよく考えたい」とコメントしている。 なお、今年夏の参院選愛媛選挙区には、自民党・現職の山本順三さんが立候補を予定している。

愛媛 2022.01.13 17:27

過去最多更新150人感染 新たに2クラスター ピーク見通せず【愛媛】

愛媛県は、過去最多となった12日を上回る、150人の新型コロナ感染が確認されたと13日発表した。また、新たに松山市の県立高校など2つのクラスターも発生している。 県内で新たに新型コロナ感染が確認されたのは過去最多となる150人でこの内、新規事例は72人、既存事例の関係者は78人。 居住地は松山市が65人、宇和島市が28人、新居浜市が14人、今治市と西条市が10人、鬼北町が8人、四国中央市が6人などとなっている。 記者会見で中村知事は「さらに200人、300人という可能性が 十分にあるのではないかと考えている。今、まだこの段階ではピークを見通すことができない」などと述べ、強い危機感を示した。 新たに県立松山北高校と宇和島市の高齢者施設でクラスターが発生した。第6波での高齢者施設のクラスター発生は初めて。 なお13日午前中の知事会見では感染者151人と発表されたが、医療機関が1人取り下げ、最終的な感染者数は150人となった。

愛媛 2022.01.13 15:37

大砲との綱引きも 自衛隊松山駐屯地で成人式【愛媛】

大声で決意を叫ぶ「成人の誓い」に大砲と綱引き!陸上自衛隊松山駐屯地でユニークな成人式が行われた。 陸上自衛隊松山駐屯地で行われた成人式には、新成人となった隊員24人が出席した。式では、服部真之介司令が「自衛官としての責任を自覚し、さらなる活躍を期待する」と訓示した。 これに対し新成人を代表して山田伊織陸士長は「責任ある社会人、そして国民の生命と財産を守る自衛官として成長できるよう一歩一歩、歩んでいきたい」と誓いの言葉を述べた。 続いて行われたのが恒例の「成人の誓い」。「お母さん産んでくれてありがとう」などと新成人は様々な思いを、大声で熱く語っていた。 そして、新成人たちは松山駐屯地成人式の呼び物大砲との綱引きや迎撃ミサイルを積み込む14トンの大型車両との綱引きに、多くの先輩隊員に見守られながらチャレンジしていた。 成人式を終えて西原由季乃1等陸士は「災害派遣等で、女性として活躍できる自衛官になれるように頑張りたい」と語っていた。

愛媛 2022.01.13 13:55

過去最多更新151人感染 宇和島市高齢者施設でクラスター 【愛媛】

愛媛県は、新たに過去最多となる151人が新型コロナに感染したと発表した。宇和島市の高齢者施設で、松山市では学校で新たなクラスターが、確認されている。 中村知事が午前11時からの定例記者会見で発表した新たな感染者は151人で、12日発表の112人を上回り、2日続けて1日の感染者数、過去最多を更新した。 このうち20代が40人以上、10代、30代がそれぞれ20人以上を占めているという。 また新たなクラスターも発生している。第6波では初めてとなる高齢者施設クラスターが宇和島市で、松山市では学校でのクラスターが確認されたという。 中村知事は「これまで経験したことのない危機的状況の渦中にある」と強い危機感を示した。詳細は午後3時から開かれる臨時記者会見で中村知事が発表する予定。

愛媛 2022.01.13 11:33

速報値 新型コロナ151人感染確認 過去最多【愛媛】

愛媛県は速報値で、新たに151人の新型コロナ感染を確認したと発表した。 きのう確認された112人を上回り、県内の1日の感染者数としては過去最多となる。 県は「保健所は感染経路を追う疫学調査を縮小し、急増する陽性者の命を守る業務に集中せざるを得ない状況」だとしていて、「ご自身や家族、友人を守るため、これまで以上に県民の皆さん一人ひとりの感染回避行動の徹底をお願いします」と呼びかけている。

愛媛 2022.01.13 08:57

全国知事会議 中村知事 時短要請協力金見直し要望【愛媛】

12日オンラインで開かれた全国知事会に愛媛県の中村知事が出席し、新型コロナウイルス感染に関して問題となっている時短要請に伴う協力金について「制度そのものが崩壊することにもなりかねない」として見直しを求めた。 全国知事会の緊急対策本部会議では、全国の知事が各都道府県の新型コロナウイルスの感染状況や感染対策の課題などを、意見交換した。 愛媛県の中村知事は、現状の制度では「まん延防止等重点措置」などが適用されていない状況下で時短営業を要請をした場合、認証を受けていない飲食店には国から交付金が給付されるのに対し、認証を受けている店には給付されないと制度上の問題点を指摘した。 その上で中村知事は「このままでは制度そのものが崩壊することにもなりかねない」として、速やかに認証店にも同様の交付金を認めるよう求めた。 全国知事会では12日の会議を踏まえて国に緊急提言を行っていくとしている。

愛媛 2022.01.12 17:27

パートナーシップ制度導入を 市民団体が要望【愛媛】

同性カップルなどを公的に認めるパートナーシップ制度の導入を目指し、市民団体が松山市に要望書を提出した。 12日は、性的マイノリティの人などで組織する市民団体「カラフル松山」の代表者らが松山市役所を訪れ、パートナーシップ制度の導入を求める要望書と、約3万3000人分の署名を提出した。 パートナーシップ制度は、自治体が同性のカップルなどを「婚姻に相当する関係」と認め、異性間の婚姻と同様の行政サービスなどを提供するもの。 カラフル松山の佐伯太一代表は「こういう制度があるということでマイノリティが自信をもって生きていける街になるかなと思っている」と話していた。 愛媛県によると、県内でこの制度を導入している自治体はないということで、松山市は「制度への賛否が分かれており、対話を進めていきたい」としている。

愛媛 2022.01.12 16:44

腹話術で正しい利用方法学ぶ 小学校で110番教室【愛媛】

西条市の小学校で110番教室が開かれ、児童が正しい110番の利用方法を学んだ。 西条市の石根小学校で開かれた110番教室に登場したのは腹話術人形の「寝坊助みっちゃん」。西条西警察署の警察官と一緒に110番のかけ方などを説明した。 楽しい腹話術を通じて、児童たちは110番の際は落ち着いて電話をかけることが大切なことなどを学んでいた。 若手警察官が扮する110番戦隊「マモルンジャー」による寸劇も行われ、110番は事件や事故など緊急の時に使い、いたずら電話をしないよう呼びかけていた。

愛媛 2022.01.12 16:22

過去最多112人感染 特別警戒期間へ引き上げ 重点措置適用準備も【愛媛】

愛媛県は、11日の検査で新たに、過去最多の112人の新型コロナ感染を確認したと発表した。県は独自の警戒レベルを12日、「オミクロン株感染拡大特別警戒期間」に引き上げ県外との不要不急の往来自粛などを呼びかけている。 感染が確認された112人の内わけは、既存事例関連が49人、新規事例が63人。居住地は松山市45人、西条市21人、今治市14人、宇和島市10人など県内全域で感染が拡大している。 年代別では20代が49人、30代16人、10代11人と若い世代の感染が多くなっている また西条市で2件、松山市と新居浜市で各1件と、あわせて4件のクラスターが確認されている。 こうした感染急拡大の状況をふまえ、県は独自の警戒レベルを「オミクロン株感染拡大特別警戒期間」に、12日引き上げた。 これに伴い県外との不要不急の出張・往来の自粛を求める一方、県内でも混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出自粛を求めている。 会見で中村知事は最大の危機的状況だとして具体的な行動の変化で感染防止に努めるよう県民に呼びかけた。 また中村知事は、感染が急拡大する中、まん延防止等重点措置の適用に向けた、国との事務的協議を始めていることを明らかにした。

愛媛 2022.01.12 14:57

13日昼前から夕方にかけ 山地は大雪のおそれ【愛媛】

愛媛県では、13日昼前から夕方にかけて、山地では大雪となるおそれがある。気象台は積雪や路面の凍結による交通障害に注意するよう呼びかけている。 13日から14日にかけては、四国地方の上空約1500メートルに氷点下9度以下の寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。 13日昼前から夕方にかけて、山地では大雪となるおそれがある。13日正午までに予想される24時間降雪量は、多い所で、山地6センチ。その後、14日正午までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で平地1~5センチ、山地5~10センチ。 松山地方気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害に注意する一方、農作物や農業施設の管理にも注意を呼びかけている。

愛媛 2022.01.12 13:37

新型コロナ 過去最多112人感染 速報値【愛媛】

愛媛県は、速報値として新たに、過去最多となる112人が新型コロナに感染したと発表した。 愛媛県では、今月3日、40日ぶりにコロナの感染が確認されて以降、感染者が増え続けている。11日の検査の速報値は112人で去年8月18日の102人を上回り、1日の感染者数としては過去最多を更新した。 今月3日以降、県内の感染者は11日までに222人に上り、松山市の70人をはじめ全20市町のうち、14の市と町で感染者が確認されている。(速報値含まず) 県は速報値を伝えた公式ツイッターで「県民の命が脅かされる深刻な事態にも陥りかねません。油断や甘い考えを持たず一人一人が具体的に行動を変えてください。切実なお願いです。」と県民に呼びかけた。

愛媛 2022.01.12 11:33

速報値 新型コロナ112人感染確認 過去最多【愛媛】

愛媛県は速報値で、新たに112人の新型コロナ感染を確認したと発表した。 きのう確認された感染者53人の倍以上となり、県内の1日の感染者数としては去年8月19日の102人を上回り、過去最多となる。 県は「県内各地で感染の急拡大が続いており、県民の命が脅かされる深刻な事態にも陥りかねません。油断や甘い考えを持たず、一人ひとりが具体的に行動を変えてください。切実なお願いです」と呼びかけている。

愛媛 2022.01.12 08:52

新たに53人感染 松山市、宇和島市でクラスター【愛媛】

愛媛県は、10日の検査で新たに53人の新型コロナ感染を確認したと発表した。1日の感染者が50人を超えるのは、去年8月28日発表以来、およそ4か月半ぶり。松山市と宇和島市で新たに2件のクラスターが確認されている。 感染が確認された53人の内わけは既存事例関連が33人、新規事例が20人。居住地は松山市が20人、西条市、今治市、宇和島市が各7人など県内11市町にのぼり、県内全域に感染が拡大している。 年代別では20代が21人、10代が11人と引き続き若い世代の感染が多くなっている 新たに松山市と宇和島市で2件のクラスターが確認された。このうち松山市の済美高校では累計で生徒5人の感染が確認され学校クラスターと認定された また宇和島市では、居酒屋の従業員や客などで累計で11人の感染が確認され、クラスターとなっている。 これで第6波の感染によるクラスターは4件となった。 会見で中村知事は「県内の感染状況は深刻さを増してきており今後100人以上の感染も覚悟しなければならない」とした上で基本的な感染回避行動の徹底などを強く求めた。

愛媛 2022.01.11 15:34

愛媛マラソン開催中止決定 1月30日1万人出走予定【愛媛】

1万人のランナーが参加し、今月30日に開催予定だった第59回愛媛マラソンは、新型コロナウイルス感染が急拡大する中、開催が中止される事が決まった。 今年の愛媛マラソンには1万人を超える全国各地のランナーが出走を予定し、大会を支えるボランティアも約3800人が参加予定だった。しかしオミクロン株による新型コロナウイルス感染が全国的に急拡大し、愛媛県の警戒レベルも、8日「感染警戒期」に引き上げられた。 こうした状況をふまえ愛媛陸協や松山市などで組織する愛媛マラソン実行委員会は、ランナーやボランティアを始めすべての関係者の安心・安全の確保は難しいと判断し開催中止を決めた。 愛媛マラソンの開催見送りは2年連続。次回大会は来年2月12日に開催が予定されている。

愛媛 2022.01.11 15:19

今年も日本一を ヤクルト山田選手ら松山自主トレ【愛媛】

昨シーズン20年ぶりの日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ。今年も主力選手らによる松山での自主トレが始まっている。 坊っちゃんスタジアムで行われている自主トレには、東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手や川端慎吾選手ら10人が参加している。 毎年恒例となっている松山での自主トレは2日目で、11日はノックなどが行われていた。 山田哲人選手は「もうちょっと休みもほしいなという気持ちで松山に入ったが、皆と練習すると気が引き締まったし、今年も頑張るぞという気持ちに、今なっている」と話していた。 選手らは、松山での自主トレの後、来月1日に沖縄などでキャンプインする。

愛媛 2022.01.11 14:51

県警本部長訓示 「警察業務継続とコロナ感染防止対策両立を」【愛媛】

愛媛県警の阿波拓洋本部長は、年頭の訓示で、警察業務の継続と新型コロナ感染防止対策の両立を図るよう指示した。 県警察本部で行われた年頭訓示には、幹部ら18人が出席した。この中で、阿波拓洋本部長は警察官や警察職員への新型コロナの3回目のワクチン接種について「組織的かつ、円滑に進むよう検討している」とした上で「警察業務の継続と感染防止対策の両立を図ることに留意して欲しい」と述べた 愛媛県警は、今年「未来へつなごう安全・安心愛顔のえひめ」を、スローガンに掲げていて、子供や女性、高齢者を 犯罪被害から守る取り組みや 交通事故分析に基づく 効果的な指導・取り締まりなどを 進めるとしている。

愛媛 2022.01.11 12:39

新型コロナ感染拡大の中 校内放送で3学期始業式【愛媛】

新型コロナの感染が再び拡大する中、県内ほとんどの学校で11日新学期がスタートした。 このうち全校児童335人の松山市の番町小学校では、全校児童が一堂に会しての始業式を取りやめ校内放送による式典が行われた。 式では児童の代表が冬休みの思い出や3学期の目標を発表した。3年生の宮脇陽くんは「3学期に頑張りたいことはマラソン大会。練習として松山城の階段や坂道をダッシュで登ったり降りたりして、体力をつけた」などと元気に報告していた。 尾脇康資校長は「オミクロン株の感染が拡がっているが、手洗いやうがい、マスク着用など感染対策を守り、楽しい学校生活を送りあましょう」と呼びかけた。 県内では10日、今年初めてクラスターの発生が確認されるなど、新型コロナの感染が拡がっていて、県は11日速報値で新たに53人の感染を発表している。

愛媛 2022.01.11 11:40

速報値 新型コロナ53人感染確認 50人超は8月28日以来【愛媛】

愛媛県は速報値で、新たに53人の新型コロナ感染を確認したと発表した。 1日の感染者が50人を超えるのは、去年8月28日発表の54人以来、およそ4か月半ぶりとなる。 県内ではきのう宇和島市と今治市で新たにクラスターが確認され、感染は県内各地で広がっている。 県は「連休明けとなりますが、風邪症状があるなど体調不良を感じたら通勤や登校を控え医療機関を受診するなど、健康管理を徹底するようお願いします」と呼びかけている。

愛媛 2022.01.11 09:30

“書道”で“初動”の大切さ呼びかけ 110番の日でパフォーマンス【愛媛】

きょう1月10日は110番の日。 松山市では、書道ガールズたちが“書道”で“初動”の大切さを呼びかけた。 110番の日にあわせエミフルMASAKIでは、愛媛県警による広報イベントが開かれた。 このうち110番教室では、犯罪や事故が発生しておらず、ストーカーや悪徳商法などの困りごとを警察に相談したい場合には「#9110」を利用することを呼びかけた。 そして一日通信指令課長の委嘱を受けた、去年書道パフォーマンス甲子園3位入賞の三島高校書道部が書道パフォーマンスを披露した。 書道部の恒石真央部長は「一人一人が自ら行動するという意識付けを行えるように、初動という字を真ん中に大きく書きました。周りの人と協力しながら、一緒に安全な安心な街を作っていきたいです」と話していた。 県警によると、去年1年間に受理した110番は県内であわせて約7万8000件で、そのうちの2割がいたずらや間違い電話だったということだ。

愛媛 2022.01.10 17:20

「最後まで突き進みたい」松山市の神社で合格祈願祭【愛媛】

受験シーズンが本格化する中、松山市の神社で合格祈願祭が行われ た。 松山市柳原の三穂神社の境内には、学問の神様・菅原道真公を祀る太宰府天満宮の分社があり、毎年受験シーズンに合わせて合格祈願祭が行われている。 きょうは大学受験や高校受験を控えた生徒やその家族が神社を訪れ、合格祈祷を受けたり志望校合格の願いを書いた絵馬を奉納したりしていた。 「合格」にちなんだ五角形の鉛筆や枡など縁起物を授かった中学3年生の女子生徒は「コロナ禍だけど自分のやりたいことに最後まで突き進みたいと思います」と抱負を語っていた。 週末15日と16日には大学入学共通テストが行われる。

愛媛 2022.01.10 13:02