香川のニュース

全国年明けうどん大会

全国各地の ご当地うどんを集めた 年末恒例の 「全国年明けうどん大会」が 高松市の サンメッセ香川で開かれています。 このイベントは 赤い具材で 紅白に彩られたうどんを 新年に食べる新たな食文化を 広めようと、 香川県が毎年この時期に 開いているものです。 8回目の今年は 15道府県から 19のブースが出展し、 訪れた人たちは 全国各地のご当地うどんの 食べ比べを楽しんでいました。 去年に引き続き 今年も感染対策で 入場は予約制となっていて、 会場では 飲食テーブルにアクリルパネルが 設置されています。 ■来場客は 「色んな県のうどんが食べられる ということで/いつも毎年来させ て貰って楽しんでます」 香川県によりますと 年明けうどんの認知度は 年々上がっていて、 年が明ける来月1日以降には 県内のうどん店 およそ120店舗で 年明けうどんのメニューが 提供されるということです。

香川 2021.12.05 18:00

保管期限を過ぎたワクチン30人に接種

高松市は昨夜、 保管期限が過ぎたワクチンを 誤って30人に接種したと 発表しました。 現在 健康状態の確認を進めています。 ■会見生かし 「心からお詫びを申し上げます」 高松市によりますと 先月29日から今月2日までに 高松市内の医療機関が行った 個別接種で、 10代から60代までの男女 30人に対し 冷蔵での保管期限を 6日から 11日間過ぎたワクチンを 接種していたということです。 このうち今月2日に接種した 30代の女性1人に 39度台の発熱がありましたが 「副反応による可能性が高い」 としていて それ以外の健康被害は これまで 報告されていないということです。 医療機関が 冷蔵での保管期限1ケ月を 4か月と誤って認識したことが 原因で、 ほかにも保管期限を過ぎている ワクチンがあり 廃棄処分にしています。 高松市は 接種した30人に対し 体調に異変がないか 確認を進めるとともに 十分な抗体ができているかの 抗体検査をおこなう方針です。

香川 2021.12.04 13:00

香川県 帰省者向けPCR検査受け付け

香川県は年末年始に県内に帰省する人を対象にした無料のPCR検査について、来週月曜日から申し込みの受け付けを始めます。 無料のPCR検査の対象になるのは、年末年始に香川県内に帰省する県外在住者で、発熱などの症状が無いことが条件です。帰省する日の9日前までに県のホームページから申し込みを行い、送られてくる検査キットに唾液を採取して検査機関に送り返すと、2、3日後に検査結果がメールで届くということです。申し込みの受け付けは今月6日から22日までで、先着5000人程度が受けられるということです。 感染の第6波を防ぐため、香川県が検査費用およそ3500万円を予算に計上し、今回初めて行うもので、県は「久しぶりに帰省する人も多いと思うので、陰性を確認した上で安心して年末年始を過ごしてほしい。」としています。

香川 2021.12.03 19:01

点字カレンダー 香川県立盲学校に贈呈

目の不自由な人達に役立ててもらおうと、来年用の点字カレンダーが今日、香川県立盲学校に贈られました。 高松市の県立盲学校では、西日本放送の担当者から来年用のカレンダー100部が贈られました。2022年のカレンダーのテーマは「灯台のある風景」。全国各地の灯台が、美しい四季の景色と共に紹介されている他、点字で書かかれた解説文も用意されています。 生徒達は早速、指で触れたり顔を近付けてじっくり見たりして楽しんでいました。点字カレンダーは日本テレビ小鳩文化事業団が毎年、全国で配布していて、今年で47回目です。

香川 2021.12.03 19:00

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース