岡山のニュース

江田五月氏 死去

訃報です。参議院議長や法務大臣を務めた江田五月さんが今朝、岡山市内の病院で亡くなりました。80歳でした。 岡山市出身の江田五月さんは1977年の参議院選挙で初当選後、衆参あわせて8回の当選を重ね、参議院議長や民主党政権の法務大臣などを務めました。 5年前に議員を引退した後は「国会の円滑な運営に寄与した」などとして桐花大綬章を受章。その後、岡山県内で後進に助言を行ってきましたが、今朝、岡山市内の病院で亡くなったということです。80歳でした。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会が開かれる予定です。

岡山 2021.07.28 19:07

JR西日本岡山支社 在来線17本減便へ

JR西日本岡山支社は、今年10月の秋のダイヤ改正から在来線17本の運転を取りやめると発表しました。 運転取りやめとなるのは山陽本線の午前0時4分岡山発倉敷行きの最終列車や、午後7時55分と午後8時31分の岡山発福山行きの快速サンライナーなど、6路線17本です。 今回のダイヤ改正で、岡山、倉敷間の山陽本線は、午後11時37分岡山発の備中高梁行きが最終列車となり、これまでより27分早まります。ダイヤ改正は今年10月2日からで、JR西日本岡山支社は利用の落ち込みを踏まえての見直しとしています。

岡山 2021.07.28 19:06

グランピング新施設 総社市に来月オープン

コロナ禍のレジャーとして特に人気が高いグランピングの新しい施設が、来月、総社市にオープンする事になりました。 グランピング施設が出来たのは、総社市のサントピア岡山総社です。新型コロナの影響で利用が無くなったグラウンドゴルフ場に、7つのドーム型テントを新たに設置したものです。 それぞれのテントにはエアコンが完備され、夏でも涼しく快適に過ごせます。また国産牛のステーキや高梁川のアユなど、地元食材を使ったバーベキューが楽しめるということですが、何より手ぶらでキャンプへ行けるのが一番の魅力です。 自然にふれながら、のんびりと夏を過ごす、総社でのグランピング。オープンは来月1日、料金は大人1人1泊2食付きで2万5560円となっています。

岡山 2021.07.28 19:06

甲子園出場の倉商が知事表敬

岡山県代表として夏の甲子園出場を決めた倉敷商業の選手たちがきょう伊原木知事を訪ね、全国での活躍を誓いました。 優勝旗を手に岡山県庁を訪れたのは倉敷商業の山下主将とエースの永野選手です。 2人はきのうの決勝戦の疲れもみせず、伊原木知事に甲子園出場を報告し、大会での健闘を誓いました。 倉敷商業の夏の甲子園出場は9年ぶり11回目となります。 2年ぶりに開催される夏の甲子園大会は無観客となりますが来月9日に開幕します。

岡山 2021.07.26 20:28

岡山県 感染状況ステージⅡに

岡山県で先週から新型コロナウイルスの感染者が増加している状況を受け、伊原木知事はきょう県内の感染状況が悪化しているという認識を示しました。 岡山県のきのうまでの直近1週間の新型コロナ感染者は182人。 これは感染第4波直前の今年4月上旬と同じ状況で、伊原木知事は県内の感染状況は国の指針で感染者が増え、医療機関に負担がかかる状態を示す「ステージⅡ」に相当するという認識を示しました。 岡山県内ではすでに高齢者の7割が2回目のワクチン接種を終えていますが、今月後半の感染者は20代、30代を中心に増加しています。 このため伊原木知事は感染拡大地域への往来をひかえるようあらためて県民に求めました。

岡山 2021.07.26 20:27

ワクチンパスポートの申請はじまる

新型コロナワクチンを接種した人が、海外で隔離措置の免除などを受けられる「ワクチンパスポート」の受け付けがきょうから岡山・香川を含む全国の自治体で始まりました。 このうち岡山市は担当課のあるビルで申請の受け付けを始めています。 「ワクチンパスポート」は新型コロナワクチンの接種を済ませたことを海外で証明するものです。 氏名や国籍、接種日などが記載されていて、いまのところイタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランドの5か国で入国時の隔離措置の免除などが受けられます。 国は今後さらに「ワクチンパスポート」を利用できる国を増やしていく方針を示していますが、岡山市はとりあえず渡航が確定している人に申請を呼びかけるということです。

岡山 2021.07.26 13:16

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース