岡山のニュース

警察署の募金箱から金盗んだ男 逮捕

倉敷警察署の 窓口に置かれていた募金箱から 現金およそ1万2000円を 盗んだとして 神奈川県の 無職の男が逮捕されました。 こちらが倉敷警察署で 現金を盗まれたものと同じ 募金箱です。 持ち運びを防ぐ鎖も 募金を守る鍵もついていません。 窃盗の疑いで 逮捕されたのは 神奈川県相模原市の無職、 野村真司容疑者45歳です。 警察によりますと 野村容疑者は 去年11月29日の未明に 倉敷警察署の 窓口カウンターに 置かれていた募金箱から 現金およそ1万2000円を 盗んだとされています。 (顔出し) 「野村容疑者は募金箱を  カウンターから一旦持ち去り、  別の場所で現金を抜き出した  とみられています」 犯行時は 宿直の職員が 勤務していたということですが、 募金箱は3日後に 署内の長いすの下で見つかり 盗難が発覚しました。 野村容疑者は 相談事があって倉敷警察署を 訪れていたということですが 「自分がやったことに      間違いない」と 容疑を認めているということです。 この募金箱は 犯罪被害者支援のために 各警察署に置かれているもので、 倉敷警察署は 夜間は回収する対策をとる としています。

岡山 2021.02.26 19:58

未登録漁船に釣り客 消防職員懲戒処分

玉野市消防本部は 登録していない漁船に 複数の客を乗せ釣りをさせた 消防士長を きょう付で 停職6か月の 懲戒処分としました。 懲戒処分を受けたのは 玉野市消防本部消防署の 山下晃彰消防士長46歳です。 山下消防士長は 去年11月に、 登録を受けずに所有している 小型船舶に 複数の客を乗せて 玉野市沖で釣りをさせ 現金を受け取った 遊漁船業違反などの罪で 罰金40万円の 略式命令を受けました。 消防本部は 山本消防士長が事実を隠し、 虚偽の報告を行っていたことや 勤務中にSNSを利用し 釣り客を募集していたことは 地方公務員法に違反するとして 停職6か月の 懲戒処分としたものです。 玉野市消防本部の 松岡秀樹消防長は 「今後このようなことが無いよう  全職員が一丸となって  今まで以上に  職務の遂行に当たる」 とコメントしています。             

岡山 2021.02.26 19:54

岡山県の公立高校 平均競争率は1.03倍

岡山県の公立高校一般入試出願は、きのう締め切られ、県立全日制50校の平均の競争率は1.03倍となりました。 岡山県教育委員会によりますと、県立全日制50校の一般入試の募集定員は7520人。これに対し、きのう締め切られた出願者数は7761人で、平均の競争率は1.03倍となりました。公立高校の競争率は3年連続で過去最低を更新したことになります。 最も競争率が高いのは岡山工業の建築科とデザイン科で、共に1.85倍、次いで水島工業の情報技術科が1.75倍となっています。一方で定員割れとなったのは27校の50科1コースでした。競争率の低下について県教委は、今年3月の卒業生が一時的に少なくなったためと分析しています。 岡山県内の公立高校の一般入試は来月9日、10日の2日間で、合格発表は17日です。

岡山 2021.02.26 19:49

ワクチン接種 専門家が講演

新型コロナウイルスのワクチン接種について今日、国の審議会に加わっている専門家が岡山市で講演し、基礎疾患のある人は主治医に意見を聞いた上で接種する様、求めました。 講演を行ったのは厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会の委員を務める川崎医科大学の中野貴司教授です。新型コロナウイルスのワクチン接種は、4月以降に高齢者や基礎疾患のある人に対象範囲が広げられる見込みです。 今日の講演で中野教授は、副反応のアナフィラキシーショックなどの危険性を踏まえるためにも、特に基礎疾患のある人は、接種前に主治医の意見を聞く様、求めました。 また接種の体制については、受ける人の体調を確認できる観点から、集団接種よりも、かかりつけ医による個別接種が良いという考えも示しました。

岡山 2021.02.26 19:46

岡山市 ワクチン接種「県内のどこでも」

岡山市は今年4月から始まる見込みの新型コロナワクチンの一般接種について、市民が望んだ場合には、岡山県内のどこでも接種を受けられる体制を整備する方針を示しました。 大森市長がきのうの定例市議会で明らかにしたものです。厚生労働省が先月25日に開いたワクチン接種説明会で「市町村の枠を越えて接種が出来る」ことが示されていたということです。このため岡山市は自治体の枠を越えて接種できる方法を検討していました。 ワクチン接種を担当する保健管理課は、岡山市以外での接種を希望する人が県内全ての市町村で受けられる様な体制をつくっていくとしています。岡山市は今後、県や27市町村でつくる個別接種協議会で、個人情報をどのように共有するかなどの課題を検討し、4月の一般接種開始に間に合う様、体制づくりを進めるとしています。

岡山 2021.02.26 19:45

全国一斉投資被害110番

先物取引などによる投資被害に弁護士が無料で応じる電話相談が、今日、全国一斉に行われています。 岡山県では岡山弁護士会の弁護士が午前10時から相談に応じていました。寄せられた相談のうちのひとつは、「会社の同僚から未上場の通貨が今後2~3倍になると持ちかけられ、投資してしまった。」という内容で、対応した弁護士は、投資リスクをすぐに確認する様、求めていました。 岡山県警によりますと、去年1年間で確認されている投資名目詐欺は6件で、被害総額はおよそ4000万円だということです。この無料相談は今日午後4時まで行われています。

岡山 2021.02.26 11:53

岡山県全域 今季最初の食中毒注意報

岡山県内でノロウイルスによる感染者が急増していることから、岡山県は今日、県内全域に今シーズン最初の注意報を発令しました。 感染性胃腸炎の患者が2週連続で急増していることから、岡山県はノロウイルス注意報を発令したものです。 冬に流行するノロウイルスはおう吐や下痢などの症状を引き起こし、感染した場合、最悪、死にいたることもあります。今月10日と11日には岡山市内の飲食店で35人が食中毒を発症するなど患者数が急増しているということです。2月25日の注意報発令は統計を取り始めた2008年度以降、最も遅いと言う事です。岡山県は食べ物を中心部までしっかり加熱することや、手洗いなど予防の徹底を呼びかけています。

岡山 2021.02.25 16:35

ウラン濃縮施設の廃止計画 岡山県が了承

岡山県鏡野町にある核燃料物質の加工施設、人形峠環境技術センターは、20年前に運転を終えていた施設の廃止計画を国の原子力規制委員会に提出していましたが、県は今日、この計画を了承したことを明らかにしました。 核燃料物質の加工施設、人形峠環境技術センターは、原子力発電に使用できる濃度までウランを濃縮する濃縮原型プラントを1988年から2001年まで運転していました。 原子力規制委員会は先月、施設を2040年度までに解体する計画を認可していて、岡山県も環境技術センターとの環境保全協定に基づき現地を確認した結果、環境への影響は小さいとして、今日、計画を了承したことを明らかにしました。 環境技術センターは貯蔵している劣化ウランなどの2300トンの核燃料物質については2028年度末までに譲渡先を決めるとしていて、岡山県は施設の廃止措置を確認し、核燃料物質の適切な管理を指導するとしています。

岡山 2021.02.24 14:57

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース