岡山のニュース

小学生が稲刈りに挑戦

実りの秋です。岡山県美作市の小学生が今日、昔ながらの稲刈りを体験しました。

秋空のもと、黄金色に実った稲穂、美作市の勝田小学校の田んぼで育ったコシヒカリです。稲刈りは、学校で取り組んでいるお米の学習の一環として、毎年、2年生と5年生を対象に行なっているものです。今年も児童30人が参加し、初めて鎌を手にして恐る恐るの様子でしたが、地域の人たちに教わりながら1株ごとに要領を覚えるとスイスイ刈り取っていました。昔ながらの手作業で収穫の喜びを味わった児童達、収穫したお米も、近く味わう予定だと言う事です。

岡山2020.09.23 19:22

おせち商戦 早くもスタート

来年のお正月に向け早くも「おせち商戦」スタートです。岡山市のデパートではコロナ禍でも楽しめる、おせちの予約が今日から始まりました。

無病息災の願いを込めたアマビエ様のまんじゅう入りおせちに、家族の人数にあわせて、和、洋、中や子供向けの料理を重箱から選べるものも。岡山高島屋では今日から特設コーナーを設けて正月用のおせちの予約受付を始めました。

コロナ禍でのお正月という事で、感染予防として、ひとつの重箱に一人前ずつ料理を詰めたものが特徴で、例年の2倍にあたる28種類が用意されています。予約受付は12月25日までとなっています。

おせち料理を家で作らない人が増えたため、予約注文型のおせち市場は年々広がっていますが、来年の正月も巣ごもり需要が見込まれるため「おせち商戦」は、ますます熱を帯びそうです。

岡山2020.09.23 19:21

玉野市で山岳救助訓練

山間部での救助を想定した消防隊員の訓練が今日、岡山県玉野市で行われました。

訓練が行われたのは玉野市の王子が岳の山頂付近です。

玉野市消防本部の消防隊員15人による訓練で、目的は崖から落ちたケガ人を救助すること。隊員たちは木にロープに巻き付け30メートル下の崖に落ちた人を引き上げようとしました。しかしロープが体重に耐えられないと判断すると岩に巻き替えます。

崖の上にいる隊員達は、崖の下の様子が見えにくい上、ロープを引き上げる時に岩に擦れて切れる恐れがあるため、互いに大きな声を掛けあいながらケガ人の救助にあたりました。

玉野市消防本部は岡山県の消防ヘリとも救助訓練を重ねて技術の向上を目指します。

岡山2020.09.23 19:19

就実大学で対面授業再開

新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が続いていた岡山市の就実大学に学生たちが戻ってきました。

1限目にあわせ多くのマスク姿の学生が登校してきた就実大学です。後期が始まった今日から対面授業が再開されました。3000人の学生が通う就実大学では検温、消毒の他、エレベーターを使用禁止にして階段を一方通行にしたり、教室に入室できる学生の数を半分にするなど感染防止対策を徹底しました。

新型コロナウイルスの影響で入学式が中止された他、前期は大半の授業をオンラインでおこなっていたため、1年生にとっては半年遅れの大学生活のスタートです。就実大学では受講する学生が80人を超える一部の授業については動画配信するなど、感染防止対策を講じながら対応していくと言う事です。

岡山2020.09.23 16:15

安全運転呼びかけ 死亡事故多発警報受け

今月に入って死亡事故が多発し、県内全域に警報が発令されている岡山県で今日、交通ルール順守を改めて呼びかける街頭活動が行われました。

JR岡山駅前では通勤通学時間帯にあわせて警察官や県の職員が出て、啓発用チラシなどを配って交通ルールの順守を呼びかけました。岡山県内では今月11日から交通事故が多発し、7人が死亡している事から、「死亡事故多発全県警報」が発令されていて、ドライバーに、より一層の安全運転が求められています。

警報は今月29日までで、期間中、岡山県警は取り締まりなどを一層強化するとしています。

岡山2020.09.23 11:59

高齢者が参加 交通安全教室

死亡事故に占める高齢者の割合が全国的に高まる中、高齢ドライバーの交通安全意識を高めてもらおうと今日、玉野市の自動車教習所で体験型の教室が開かれました。

秋の交通安全運動に合わせて開かれたものです。参加したのは玉野市などに住む65歳以上のお年寄り50人で、実際に安全運転サポート車に乗って、ペダルを踏み間違えた時の急発進を抑える機能や自動ブレーキの性能を体験するなどしました。

岡山県内では今年に入って昨日までに50件の死亡事故が起きています。この内、半数が65歳以上の運転者によるものだと言う事で、こうした教室を通じて交通安全意識を高めてもらえたらと話しています。

岡山2020.09.22 15:12

敬老の日に火の用心の贈り物

敬老の日の今日、岡山市ではお年寄りの健康と火の用心を呼びかけるイベントが行われました。

このイベントは高齢者への「住宅用火災警報器」の普及に向けて岡山市消防局が敬老の日に合わせて企画したものです。

岡山市の洋菓子店では65歳以上のお年寄りに市消防局のマスコット桃之介がプリントされた保冷バッグとケーキのセットがプレゼントされました。

岡山市消防局によりますと、住宅火災における死者のおよそ7割が高齢者ということで、市消防局は引き続き、警報機の取り付けと火の用心を呼びかけていくとしています。

岡山2020.09.22 12:13

全日本BMX 岡山勢が男女V

来年の東京オリンピックで正式種目となるBMXフリースタイルパーク。

岡山市で開かれている全日本選手権は、きょう決勝戦が行われ、男女ともに岡山ゆかりの選手が優勝を飾りました。

宙を舞う自転車、華麗な技が会場を沸かせます。

岡山市役所駐車場で行われた全日本BMXフリースタイルパークの決勝戦です。

新型コロナの影響で主要大会が相次いで中止される中、迎えた今年初の全日本選手権で、観客の入場を制限するなど感染防止対策が講じられました。

全国から集まった選手たちの中で、多くのファンを魅了したのは女子注目、地元、岡山市に本拠地を構える大池水杜選手です。

空中で両手を大きく広げるフリーハンドをはじめ、スーパーマンなど初披露の大技で連覇を果たしました。

また男子には、環太平洋大学の中村輪夢選手が登場。

セブンツー・トゥ・テールウイップの大技を初披露するなど、こちらも他を寄せ付けず、みごと連覇を達成。

来年へ大きな弾みを付けました。

ともに地元岡山でアベック優勝を果たした大池選手と中村選手。

来年の東京オリンピックに向けいっそうモチベーションをあげていくと話していました。

岡山2020.09.22 12:12

コロナ収束願い 高校生が奉納揮毫

きょうは国連が定めた国際平和デーでもあります。

岡山県護国神社ではコロナの収束と世界平和を願って地元の高校生たちが奉納揮毫を行ないました。

奉納揮毫は名古屋市の活動団体が全国51か所で同日開催したものです。

岡山県では岡山南高校など2つの高校の書道部が参加し、南高の1、2年生16人は縦3メートル、横4メートルの大きさの紙の上で曲に合わせて舞いながら息の合った筆さばきを披露しました。

きょうは香川県の琴平高校書道部も同じように奉納揮毫を行ない、コロナの早期収束を祈願したと言う事です。

岡山2020.09.22 12:11

竹久夢二で感じる 日本の秋

美人画で知られる岡山県出身の画家、竹久夢二が生まれ育った瀬戸内市の夢二生家記念館で、秋をテーマにした企画展が開かれています。

瀬戸内市の夢二生家記念館は、竹久夢二が生まれてから16歳まで過ごした所で、蔵を改装した展示室には秋を感じさせる美人画や風景画など、およそ30点が展示されています。

新月の下で砧を打つ女性を描いた作品は、ふるさとの母親を思って描いた夢二の郷愁の思いが込められています。作品は、夢二が少年期を過ごした岡山を思わせる風景が描かれ、見る側がどこか懐かしい思いに浸れるのも企画展の見どころです。この企画展は12月13日まで開かれています。

岡山2020.09.22 11:16

岡山県内100歳超え1627人

岡山県内の100歳以上の高齢者は1627人で、30年連続で過去最多を更新した事がわかりました。

岡山県のまとめによりますと、県内に住む100歳以上の高齢者は今月15日時点で1627人で、去年より206人多く、30年連続で過去最多を更新したという事です。

男性が170人で女性が1457人で、市町村別では岡山市が482人、倉敷市が309人などとなっています。

県内の最高齢は久米南町の直原千代さん111歳です。

一方で65歳以上の割合を示す岡山県の高齢化率は30.2パーセントで、全国平均の28.4パーセントを上回っています。

岡山2020.09.21 17:03

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース