鳥取のニュース

湖山池に車が転落する事故 男性1人死亡 鳥取市

鳥取市の湖山池で車が転落する事故が発生し、男性1人が亡くなった。 転落事故があったのは鳥取市良田の湖山池。14日午前8時前、通行人が池に乗用車が転落しているのを見つけ警察に通報した。車の運転席からは、60代くらいの男性が見つかり救出されたが、死亡が確認された。 警察で転落の原因などについて詳しく調べている。

鳥取 2021.04.14 12:09

米子の高校生 米大学との英語講座で最優秀受講者に スタンフォード大の講義をオンラインで受講 鳥取県

昨年度、アメリカの大学と国内の高校が連携して実施したオンラインによる英語講座で、米子市の高校生が最優秀受講者に選ばれた。 この英語講座は、アメリカ・スタンフォード大学の講義をオンラインで受講するというもので、世界で活躍する若い人材の育成を目的に毎年実施されている。 昨年度は鳥取県で受講していた高校生2人が最優秀受講者に選ばれ た。 米子東高校3年(当時)陰山真依さん:「うれしいのと、支えてくださった沢山の人に、感謝の気持ちでいっぱいです。」 米子東高校3年(当時)水野夢香さん:「学びの機会を与えてくださったすべての人たちにとても感謝しています。」 表彰式では、「日本と海外の考え方の違い」などについて英語でプレゼンテーションを行った。

鳥取 2021.04.14 12:09

速報 新型コロナ山陰両県で3人の感染確認 鳥取県で2人松江で1人

新型コロナウイルスについて13日の検査の結果、鳥取県で2人、松江市で1人(20代女性)の感染が新たに確認された。 島根県での感染確認はこれで294人となった。 また、鳥取県では倉吉保健所管内で県内312例目(年代・性別・居住地非公表)の感染が確認され、その濃厚接触者としてさらにもう1人(県内313例目・年代・性別・居住地非公表)の感染が確認された。鳥取県内での感染確認はこれで313人となった。

鳥取 2021.04.14 11:31

速報 新型コロナ 鳥取県で3人新規感染確認

新型コロナウイルスの検査で鳥取県で新たに3人の感染が確認された。309例目の感染者は西部地区在住の50代男性で307例目の濃厚接触者として検査したところ陽性が判明。310例目の感染者は県外在住の40代男性で既陽性者の濃厚接触者として検査したところ陽性が判明。311例目の感染者は倉吉市在住で年代・性別は非公表。306例目の接触者として検査したところ陽性が判明した。鳥取県内での感染者合計は311人となった。

鳥取 2021.04.13 20:02

鳥取県大山町長選挙 現職の竹口大紀氏再選 他に立候補なく16年ぶりに無投票 39歳二期目へ 

任期満了に伴う鳥取県大山町の町長選挙が13日告示された。立候補したのは現職の竹口大紀さん(39)1人だけで、竹口さんの無投票での再選が決まった。大山町長選挙が無投票となったのは16年ぶり。 二期目に向けて竹口さんは、教育・子育てや健康・長寿・福祉などの”まちづくりの5本柱”を掲げ、「Uターンの促進や観光、農林水産業の振興などにも力を入れていきたい」と抱負を語った。

鳥取 2021.04.13 19:44

見学ツアーで重機型ロボットのダンスショー 鳥取県大山町に工場進出の会社が地元住民に披露

建設機械のアタッチメント部品を製造するタグチ工業(本社:岡山市)が鳥取県大山町に工場を完成させ、地元住民などを対象にした見学ツアーを行った。 工場の本格稼働を前に行われた見学ツアーは3日間の日程で行われ、11日は地元住民などおよそ100人が参加した。 この会社が手がけた全長7メートル、総重量15トンにもなる重機型ロボットがアームを巧みに動かすダンスショーや、迫力満点の特設シアター、オリジナルグッズが当たる”ガチャガチャ”などが用意され、多くの家族連れが楽しんでいた。 またこの会社で製造されている油圧シャベルの先端で使われるアタッチメント部品も展示されていた。 タグチ工業 田口博章社長「最大で40人、直近では20人位で稼働始めたいと思っている」 タグチ工業の大山工場は、今年8月頃にも本格稼働する見通し。

鳥取 2021.04.13 19:32

鳥取県の新規感染者6人のなかに中学生も 学校は臨時休校の措置 生徒・職員300人を検査へ

鳥取県では12日から13日にかけて新たに6人(303~308例目)が感染したことが分かったが、このうち鳥取市保健所管内で3人の感染を確認した。 県内303例目となる患者は今月10日に発症し、12日市内の医療機関を受診。抗原定量検査で陽性となったためPCR検査を受けたところ感染が判明した。 また、303例目の濃厚接触者としてPCR検査を受けた5人のうち、2人の感染も相次いで分かった。 304例目の患者は鳥取県警察本部に勤務する40代の男性警察官で現在、症状はないという。 また305例目の患者は鳥取市立南中学校に通う生徒で発症日2日前の9日には学校に登校していた。3人は発症日からさかのぼって2週間以内に県外への移動歴があるという。 鳥取県警によると304例目の接触者として17人の職員にPCR検査を実施。全員の陰性が確認された。 一方、305例目が通う鳥取市立南中学校では、13日午前に校内を消毒し、19日まで臨時休業の措置をとった。職員や生徒など約300人を対象にPCR検査を実施する予定で、13日中に結果が判明する見通し。 このほか鳥取県は米子保健所管内で1人、倉吉保健所管内で2人が 感染したことを発表した。このうち1人は倉吉市の鳥取看護大学の教員で、10日に感染が分かった学生の接触者として12日PCR検査を受け、陽性が判明した。 学生と教員の感染を受け、鳥取看護大学では23日までオンラインで授業を行うとしている。鳥取県での感染確認は4月に入ってからこれで48人。累計では308人となった。 一方島根県では、12日大田市で1人の感染が確認された。年代、性別は非公表。11日陽性となった大田市に住む県内292例目の患者と同居していて、接触者として調査したところ陽性が判明。スクリーニング検査を行ったところ、県内5例目となる変異株疑いであることがわかった。すでに接触者は特定できていて全員陰性だという。島根県の感染者合計は292人となっている。

鳥取 2021.04.13 19:31

飲食店メニューを配達 代行大手「出前館」 コロナ禍で注目の中鳥取県内に初拠点

コロナ禍を機に飲食業のデリバリーサービスへの注目度が全国で高まっている。こうした中、国内大手のデリバリー代行サービスが13日から鳥取県で始まった。 鳥取駅前にあるバー「トリノス」内で始まったのはデリバリー代行の国内大手「出前館」による配達代行サービス。 「トリノス」を運営する「BAC」ではこれまで自社で行っていたデリバリーサービスのノウハウを生かし、このほど出前館とパートナー契約を結んだ。 鳥取県内初の出前館の配達拠点の立ち上げということで、午前中からスタッフが配送に向け準備を進めていた。 このサービスでは利用者は「出前館」のHPから参加飲食店のメニューを注文。店側に注文情報が届くと、配送員が飲食店から商品をピックアップし利用者に届ける。 料金は商品代金800円以上で送料420円、1500円以上で送料310円となっていてる。 出前館によると、コロナ禍で家で過ごす時間が増えていることを受け、デリバリーの利用者は全国で拡大しているという。 BAC 杉原僚太代表:「もともと自社で配送することができないという飲食店の声は結構頂いていまして、そういった中で配送の代行ができるというのは、消費者だけでなく、飲食店にも貢献できるかなと思っています。」 配達エリアは4月いっぱいは鳥取市内の鳥取駅周辺地域を中心としているが、今後は湖山エリアや郡部への拡大も検討しているという。 また出前館では年内に島根県内の配達代行サービスを始める予定。

鳥取 2021.04.13 19:29

特産の大原トマト出荷始まる 鳥取県倉吉市 6月下旬まで約90トン出荷見込む

鳥取県倉吉市で13日、特産の大原トマトの出荷式が行われた。選別機のスタートボタンが押されれると収穫されたトマトは機械で大きさ別に選別され、次々と箱詰めされていた。 JA鳥取中央 中央営農センター果実園芸課 中村敬一さん「今年は病気も少なく十分に実がついている。しっかり味がついたトマトだので、そのまま食べていただきたい。」 今年は気温が高かった影響で例年より10日ほど早い出荷になったという。 牧野文徳さんは大原トマトを作り始めて12年。現在は8棟のハウスで大原トマトを栽培している。牧野さんのハウスではおよそ20トンのトマトを出荷予定だという。 大原トマト生産組合組合長 牧野文徳さん:「(今年のトマトは)大変いい出来だと思っています。(トマトが苦手な子どもが)大原のトマトだったら食べてくれるという声を聞くと、やっぱり美味しいんだなと思います。」 大原トマトの出荷は鳥取県内を中心に6月下旬まで続き、89.7トンの出荷を見込んでいる。

鳥取 2021.04.13 19:23

山陰地方の各地で強風 列車が運休など影響 

13日未明から山陰地方は”春の嵐”となり、JRの列車の運行に影響が出た。 前線に向かって強い風が吹いたため鳥取で午前7時過ぎに最大瞬間風速26.6メートルを観測するなど山陰両県の各地で強風が吹いた。 この影響によりJR山陰線は始発から運転を取りやめ、特急9本を含む28本の列車が運休や部分運休となった。 市民:「今日汽車が止まるかもって言われていて、車で(駅まで)送ってきてもらったんだけど道端に発泡スチロールが落ちていて、車に当たりました。」「自分で運転してきたんだけど風にあおられて怖かったです」 山陰地方では13日夕方まで強い風に注意が必要。

鳥取 2021.04.13 12:36

速報 新型コロナ 鳥取県で5人の感染確認 

新型コロナウイルスについて鳥取県は12日夜、新たに5人(県内303~307例目)の感染を確認したと発表した。 鳥取市保健所管内では、3人の感染を確認。このうち2人(304、305例目)は県内303例目の濃厚接触者として検査を受け陽性が判明した。 また、倉吉保健所管内で306例目(年代、性別非公表)、米子保健所管内で307例目(年代、性別非公表)の感染が確認されている。 303、306、307例目については現時点でこれまでの陽性者との接触は確認されていない。 鳥取県内での感染確認はこれで307人となった。

鳥取 2021.04.12 20:18

「まん延防止」対象地域追加で山陰にも影響 鳥取空港の東京便は利用客半減

新型コロナの感染拡大を防ぐ『まん延防止等重点措置』が、これまでの大阪などに加え12日から東京・京都・沖縄も対象地域に加わった。さっそく観光地や宿泊施設では人の流れに変化が出てきている。 12日午前、東京便の到着に合わせて鳥取空港を訪れてみると、ロビーにはスーツ姿のビジネス客が目立った。しかし、観光客の姿はほとんど見当らない。全日空によると午前に羽田空港から到着した便の乗客数は65人。緊急事態宣言が解除された3月22日の同じ便と比較すると搭乗率は半減している。 また午前に鳥取空港を出発した便は、搭乗率が30%を下回るなど対象地域との往来自粛の呼びかけがさっそく、数字に表れる形となった。 利用客:「(まん防措置と緊急事態宣言は)似たようなものと思ってるけど。どうにもならない用事なので対策をしながら(行く)。」 【到着便】ANA293便4月12日:約39%             3月22日:約80% 【出発便】ANA296便4月12日:約27%             4月22日:約77% 「(まん防措置と緊急事態宣言は)似たようなものと思ってるけど。どうにもならない用事なので対策をしながら(行く)感じ。」

鳥取 2021.04.12 19:49

大田市消防庁舎勤務の職員感染 変異株疑いも 米子市では飲食店を巡回指導

島根県で11日感染が確認された1人は、大田市在住の大田市消防庁舎に勤務する職員であることがわかった。発症日の14日前までに感染が拡大している県外の地域への往来があったという。 スクリーニング検査の結果、変異株の疑いがあるとされ、今後国立感染症研究所でどの変異株にあたるか確定検査が行われる。 また勤務する大田市消防庁舎の職員への検査も実施され、53人全員の陰性が確認されている。島根県での感染確認は計292人とった。 また鳥取県でも新たに1人の感染が確認された。米子保健所管内の患者で、11日発熱があったことから接触者相談センターに連絡、 その後PCR検査を実施したところ陽性が判明した。米子保健所管内ではこのところ、ほぼ毎日感染者が出ていて、これで14人目となった。 米子市に「新型コロナ感染増大警戒情報」を発令した鳥取県は、米子市内の飲食店に緊急の巡回指導を行った。 9日は鳥取県西部総合事務所の担当者30人が、午後7時ごろから15班に分かれ、米子市内の居酒屋や接待を伴う飲食店などを訪問した。 鳥取県西部総合事務所西部観光商工課・丸山和彦さん:「陽性が多く確認されているので、なるべく多くの飲食店をまわっていきたいと思っている。」 担当者は市内の感染状況などを伝えた後、マスクの着用や施設内の換気など、感染予防対策の徹底を呼びかけた。 店の人:「コロナを気にされてご来店も減っている。これからもできる限りの対策をして、皆さんにできるだけ安全にお食事を楽しんでいただけるように、一層取り組んでいただけたらと思う。」 この日は午後9時ごろまでに朝日町やJR米子駅前にある193店舗を巡回した。鳥取県では今後も西部地域に限らず徹底した対策を呼びかけていきたいとしている。

鳥取 2021.04.12 19:46

鳥取和牛の消費を後押し 様々な肉を格安で コロナ禍のイベントでドライブスルー販売も

新型コロナの影響で落ち込む鳥取和牛の消費を後押ししようと、その味を多くの人に知ってもらうイベントが鳥取県琴浦町で開催された。 10、11日に開催されたのは「ジュージュー市」。コロナ禍で消費が落ち込む鳥取和牛の需要を掘り起こそうと、鳥取東伯ミートが企画、3回目を迎えた。 焼肉用にステーキ用など、鳥取和牛の様々な部位が通常よりも500円から1000円程安く販売され、続々と買い物客が訪れていた。 購入した人:「お得だね。やっぱり。」「少しでも(生産者に)協力してあげたいと思っている。」「東伯牛を知ってもらういい機会だと思うし、(琴浦)町民なんで貢献したいなと思う。」 一方、新型コロナの感染が相次ぐ中での開催とあって、会場では来場者の検温や消毒など基本的な対策を徹底。さらに人との接触を極力避けて買い物をしたいという人向けに、車内で注文から受け渡しまでが可能なドライブスルー形式での販売も行われた。 ドライブスルー利用者:「楽だね。便利でいいと思う。」「安心して物を買ったりできるので、積極的にこういうのは利用していきたいなと思っている。」 鳥取東伯ミート・種子光幸社長:「まず地元の方に。鳥取県でとれたものを鳥取県の皆さんに食べていただく。それから広がっていって県外にも(鳥取和牛が)出ていければと思っている。」 感染拡大による外出控えなどが影響し、この2日間は前回より200人ほど少ない約600人の来場となったという。 鳥取東伯ミートでは今後も定期的にイベントを開催し地元の人に鳥取和牛の良さを知ってもらう機会にしていきたいとしている。

鳥取 2021.04.12 19:46

『まん延防止』の対象地域拡大で早速影響 山陰の観光や宿泊施設で客減少 地元の独自支援策に期待

新型コロナの感染拡大を防ぐ『まん延防止等重点措置』は、これまでの大阪などに加え、12日から東京・京都・沖縄も対象地域に加わった。 山陰の経済への影響も懸念される中、早速、観光地や宿泊施設では人の流れに変化が出ている。 本来、休日には多くの観光客で賑わう青山剛昌ふるさと館。もともと関西からの観光客がメインターゲットだが、2度目の緊急事態宣言発出となった今年1月・2月は去年の同時期と比べ3割に満たなかった来館者数が、宣言解除となった3月は6割にまで回復した。しかし感染再拡大に伴い来館者は少なくなっているという。 訪れた観光客(石川から):「2年前ここに来て、すごく大勢だったんだけど、今ちょっとさみしいなと思った。」 観光客(鳥取県米子市から):「早く(感染が)収まってたくさん来てくれるといいなと思う。」 青山剛昌ふるさと館 石田敏光館長:「(来場者数は)この1週間がやはりダウンしてきました。(緊急事態宣言が明けて)回復してきた時に急に(ダウン)、ちょっと残念だけど仕方ないです。」 そんな中、こちらでは山陰両県の住民を対象とした観光支援策、WeLove山陰キャンペーンの効果を実感しているという。 青山剛昌ふるさと館 石田敏光館長:「WeLoveキャンペーンのお陰で、山陰地区の方に1割程度来ていただいています。やはりこれには感謝しています。」 11日は開館14周年を記念した記念撮影会も行われ、ファンなどおよそ30組が撮影を楽しんでいた。 青山剛昌ふるさと館では引き続き、館内入場者数を常時100人に制限するなど感染対策を努めながら営業していくという。 また地元の宿泊業者は…。 鳥取グリーンホテルモーリス 荒木保枝支配人:「3月の予約状況と比べて、4月に入って予約の伸びが若干緩やかになってきたかなというふうに思う。」 こちらの宿泊施設では、2月末の大阪・兵庫など6府県での緊急事態宣言解除後の3月、ビジネスや観光での関西からの宿泊予約が急増したという。しかし、感染再拡大や「まん延防止等重点措置」の適用で予約数が伸び悩むなど影響が出ていた。こちらでは4月9日、フロアの一部を感染対策を徹底したゲストサロンにリニューアルしたばかり。WeLove山陰キャンペーンなど観光支援策で地元の需要を期待する一方で…。 鳥取グリーンホテルモーリス 荒木保枝支配人:「今大阪がまん延措置になっておりるけれども、状況次第では緊急事態宣言発令かというような報道もあるので、なるべくそこにまで行かずに収まって欲しい」 感染状況に大きく左右される宿泊・観光業。先行きが見えない中、コロナ禍で2度目のGWが間もなく訪れようとしている。

鳥取 2021.04.12 19:44

住宅の一部を焼く火事 女性1人の死亡確認 鳥取県伯耆町

12日午前3時45分頃、鳥取県伯耆町で住宅の一部を焼く火事があり1人の死亡が確認された。 火事があったのは鳥取県伯耆町谷川のパート従業員の女性(77歳)の住宅。 この火事で木造瓦葺2階建ての1階和室部分10平方メートルが燃えた。 また和室から心肺停止状態の別の女性が発見され、その後死亡が確認された。 警察は同居の53歳の娘の可能性があるとみて身元の確認を行うとともに消防と出火原因などを詳しく調べている。

鳥取 2021.04.12 18:11

速報 新型コロナ 鳥取1人島根1人新規感染確認

12日、新型コロナウイルスの検査で鳥取県で1人、島根県で1人の新規感染者が確認された。 鳥取県の感染者は居住地、年代、性別非公表。11日に発熱と咳の症状があり、民間の検査医療機関でPCR検査を行ったところ陽性が判明。この感染者は既陽性者の濃厚接触者として、9日より以前にPCR検査を実施し、その時点では陰性だった。鳥取県内の感染者合計は302人となった。 島根県の感染者は大田市在住者で現時点では年代、性別は公表されていない。島根県内の感染者合計は292人となった。

鳥取 2021.04.12 13:20

米子市長選挙 伊木氏が2期目へ意気込み 地域の浮沈をかけて頑張る…

任期満了に伴う米子市長選挙で、再選を果たした現職の伊木隆司氏(47)が意気込みを語った。 11日午後5時過ぎ、無投票で再選を果たした伊木氏は、米子市内の選挙事務所で支持者らの祝福を受けた。そして挨拶に立った伊木氏は「今、人口が減少する中において、地域の浮沈をかけて一生懸命に頑張らなければいけない。本当に大切な(2期目の)4年間になると思っている。」と2期目への強い意気込みを語った。 米子市長選が無投票となったのは、合併前の旧米子市を合わせれば26年ぶり、現在の米子市になってからは初めてとなる。

鳥取 2021.04.12 12:57

松江・米子市長選挙が告示 米子市は無投票で現職が再選 松江市は新人3人が立候補

任期満了に伴う松江市と米子市の市長選挙が11日告示され、米子市では現職が無投票で再選を果たした。 立候補の受け付けは午後5時に締め切られたが、米子市では現職の伊木隆司さん(47)の他に立候補の届け出はなく、伊木さんが無投票で再選を果たした。米子市長選挙で無投票となるのは、旧米子市を合わせると26年ぶり、新しい市になっては初めて。 一方、松江市長選挙には、届け出順に①無所属の新人で元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁さん(48)。②共産党の新人で元松江市議会議員の吉儀敬子さん(70)③無所属の新人で元松江市議会議員の出川桃子さん(43)の3人が立候補。いずれも新人による三つどもえの選挙戦に入った。旧松江市を含めると21年ぶりに市長が交代する選挙は、人口減少対策や島根原発の稼働の是非などが争点となっていて4月18日に投票が行われる。 また新人3人が立候補している出雲市長選挙は、11日夜新市長が誕生する。

鳥取 2021.04.11 19:49

鳥取城北高校 相撲部出身2人が角界入り 「ひたむきに稽古して関取に」

鳥取市の鳥取城北高校から2人の角界入りが決まった。 鳥取城北高校では、10日、横綱の白鵬関が所属する宮城野部屋への入門が決まった向中野真豪さんの入門会見が開かれた。 向中野真豪さん:「ひたむきに稽古をして、今までお世話になった石浦先生やコーチの皆様に早く恩返しができるように、関取に上がって頑張っていきたいと思います。」 向中野さんは、おととし行われた全国高校相撲十和田大会個人の部で準優勝、国体の団体で優勝するなど、数々の大会で活躍している。 また、鳥取城北高校からは他にも、延原闘真さんの二子山部屋入門が決まっている。 2人は、28日に東京の両国国技館で新弟子検査を行う予定。

鳥取 2021.04.10 18:23

若桜町職員の感染確認 86人の職員は陰性 感染拡大止まらず 鳥取県

新型コロナウイルスについて、鳥取県は9日夜から10日にかけて新たに5人の感染を確認したと発表した。 このうち9日夜、発表された292例目の感染者は若桜町の職員で、この職員は3日から4日にかけて岡山県に滞在し、6日から8日は勤務、8日夜に発熱があったため9日は仕事を休み、検査を行ったところ陽性が確認されたという。 若桜町では、10日に職員86人に対してPCR検査を行い、全員の陰性が確認された。また庁舎内の消毒作業も実施したという。 そして10日に新たに感染が発表された4人は、ここ数日感染者が急増している米子保健所管内での感染確認。これらの陽性者の行動歴などは現在調査中だという。

鳥取 2021.04.10 18:22

新型コロナ 山陰で初の感染確認から1年 鳥取砂丘の観光施設は売上半減 個人集客強化など模索

山陰で初めて新型コロナの感染が確認されて1年が経った。 感染拡大を防ぐため、昨年4月末からゴールデンウィークにかけ、観光地である鳥取砂丘では駐車場を封鎖するなどの措置がとられた。そして、2度にわたる緊急事態宣言発令やGoToトラベルの停止。観光地をはじめとした様々な産業で大きな打撃を受けた。 1年経った今、鳥取砂丘の土産物店「砂丘フレンド」の関係者はこう振り返る。大砂丘観光協会 山根弘司会長:「不安に追いかけられた1年ではなかったかなと思う。なかなか収益性の面では落ち込んでいる」 昨年度1年間の売り上げは、前年に比べ5割以下に。これまで多かったバスでの団体客の姿はほとんど見られなくなった。そこで、県内や個人への集客を強化し、少しずつ観光客を呼び戻そうとしている。 大砂丘観光協会 山根弘司会長:「これまでやってきたことが通用しなくなってきてる。だから世の中の変化に応じて、我々も変化していくべきだろう」 東京など3都府県にも適用が決定された「まん延防止等重点措置」。終息の兆しが見えない中、給付金や助成金に頼ることのない、自立した観光地の在り方を模索している。

鳥取 2021.04.09 20:00

山陰での感染確認から1年 水木ロードの今は…鳥取県境港市

9日の境港市・水木しげるロード。平日にも関わらず、観光を満喫する人たちの姿が見られた。 観光客:「下関からきました。鬼太郎のテレビをすごくファンで見ていたから、実際こういったものを見て懐かしい感じがしました。」 観光客:「広島の大竹市です。目玉おやじが可愛いなと思って。」 今でこそこのにぎわいだが、約1年前の水木しげるロードでは、店はシャッターを下ろし、人の姿が見られない異様な光景が広がっていた。市の職員などが妖怪のブロンズ像を消毒をすることも。 店の人:「これが続いたら、もう大変なことになりますね。」 境港市によると、水木しげるロードへの入込客数は去年3月まで毎月10万人を超えていたが、去年4月は約2万5000人までに激減。その後増減を繰り返し、3月は6万7000人だった。 あれから1年、店の人に思いを聞いた。 店の人:「まさか1年もこんな状況が続くと思ってなかったので、(今は)消毒液もどこの店舗も店の前にありますし、そういう対策をしながらやっているので、引き続き気を付けながらやっていこうと思う。県内あちらこちらで、数が刻一刻と増えているわけだから我々は自発的に自己防衛するしかない。」

鳥取 2021.04.09 19:47

鳥取の駅弁製造業者が「島根牛みそ玉丼」を販売 4月10日「駅弁の日」に合わせ企画

コロナ禍で県をまたいだ往来がためらわれる中、駅弁製造業者がタッグを組んだ。創業111年、鳥取市にある老舗「アベ鳥取堂」。その主力商品「元祖かに寿し」と並んで置かれていたのは松江市にある「一文字屋」の「島根牛みそ玉丼」だ。「島根牛みそ玉丼」は東京の百貨店で開催された駅弁大会で1位を獲得したこともある全国でも人気の駅弁だ。 コロナ禍で旅気分を少しでも味わってもらおうと県外の駅弁を取り寄せて販売する企画が昨年に続きスタートした。 アベ鳥取堂 食品衛生担当 三上博史さん:「その土地の人がどういうものを食べているんだろうとか、こういう味付けなんだなとかそういうことを感じとっていただけると嬉しい。」 鳥取市にある企業インテリアフクタでは、普段は社員各自が手作り弁当を持ってきているというが、この日は駅弁を取り寄せた。 社員:「旅行する機会がなかったので、気持ちだけでも楽しくなる」「(弁当が)包んであると旅行にきた感じになる。この辺が車窓かなと思いながら食べた。」 この駅弁お取り寄せ企画はこれから毎月、商品を変えて実施される予定。

鳥取 2021.04.09 19:46

鳥取市の小学校でプレハブ倉庫全焼する火事 けが人なし

鳥取市気高町の小学校で9日朝、敷地内にあるプレハブ倉庫が全焼する火事があった。この火事によるけが人はいなかった。 火事があったのは鳥取市気高町にある市立瑞穂小学校。9日の午前8時ごろ、登校してきた児童が敷地内にあるプレハブ倉庫から煙が出ているのを見つけ、連絡を受けた職員が消防に通報した。 火は10分ほどで消し止められたが、この火事でプレハブ倉庫1棟が全焼した。けがをした人はいなかった。 浜村警察署によると、このプレハブ倉庫は農機具や清掃用具置き場として使われていて、出火当時この倉庫付近に人がいたかどうかは分かっていない。 警察で詳しい出火原因を調べている。

鳥取 2021.04.09 19:42

米子市に新型コロナ感染増大警戒情報を発令 感染拡大止まらず 変異株疑いも 鳥取県

鳥取県 平井知事:「今、非常な危機感を持っております。本県では、東部・中部におけるクラスターをおさめかけていた矢先でしたが、ここに来まして急速に懸念をされる状況が、米子市を中心に起きています。」 新型コロナウイルスの感染拡大がとまらない。鳥取県は9日、対策本部会議を開き、米子市に「新型コロナ感染増大警戒情報」を発令したと発表した。感染経路が特定できていない変異株疑いの患者が米子保健所管内で発生している。 8日から9日にかけて、鳥取県内で感染が明らかになったのは8人で、このうち7人が米子保健所管内の患者。288例目、290例目、291例目の3人はそれぞれ陽性者との接触が明らかになっている。 米子保健所管内での感染広がりを受けて、県では、米子市内の飲食店約650店舗に緊急の巡回指導を行い、感染対策が十分かを確認することにしている。また米子市におけるさらなる感染拡大に備え米子市内にPCR検査センターを臨時で開設する予定。 そして、9日新たに東京・京都・沖縄が「まん延防止等重点措置」適用となることを受け、平井知事は…。 平井知事:「往来の制限につきましても、こうした3地域については、往来を基本的には控えていただくように今日よりお願いを申し上げたいと思います。」 県民に対し、可能な限り往来を控えることやそのほかの流行地域についても往来は慎重に判断してほしいと呼びかけた。

鳥取 2021.04.09 19:37

速報 新型コロナ鳥取県で新たに4人感染確認 

9日、新型コロナウイルスの検査で鳥取県で新たに4人の感染が確認された。288例目の感染者は米子市在住の20代男性。289例目の感染者は居住地、年代、性別は非公表。290例目の感染者は米子市在住の10代男性。291例目の感染者は居住地、年代非公表の女性。288例目、290例目、291例目の感染者はすでに感染が確認されている人の濃厚接触者としてPCR検査を行ったところ、陽性が確認された。鳥取県内の感染者合計は291人となった。

鳥取 2021.04.09 13:20

鳥取県 感染確認の3人 感染経路など調査進める 累計287人に

新型コロナウイルスについて鳥取県は8日夜、新たに3人の感染を確認したと発表した。 新たに感染が確認されたのは県中部に住む年代・非公表の男性1人(285例目)と米子保健所管内の年代、居住地非公表の男性2人(286、287例目)。 このうち県内285例目の中部地区在住の男性は、現時点で、陽性者との接触は確認されていない。また、286・287例目の年代、居住地非公表の男性2人に関しては現在、感染経路などを調査中で9日の午後に発表するとしている。 これで鳥取県内の感染者は287人となった。

鳥取 2021.04.09 12:27

ヤギの赤ちゃんが次々誕生 鳥取市の牧場 豊かな自然の中ですくすく

鳥取市鹿野町にある牧場では赤ちゃんヤギが誕生し可愛らしい表情を見せている。 鳥取市鹿野町の山間にあるヤギ牧場。枝本秀康さん(77歳)は、定年を機に訪れたネパールで見たヤギの放牧風景に影響を受け4年前からこの場所でヤギ牧場を営んでいる。 日本ザーネンという種類のヤギ34匹を飼育。群れの中には一生懸命仲間について行く可愛らしい子ヤギの姿が。枝本さんの牧場では今年1月から3月までの間に16匹の子ヤギが誕生した。 草を食べたり、子ヤギ同士でじゃれあったりしてすくすくと成長している。 枝本さん:「今年何匹かヤギが産まれるのに立ち会いました。だいたい1年くらいで親になると思います。今年生まれたヤギは来年子どもを産む可能性が大きい。」 昨年の春に産まれたメスのヤギは小柄だが、すでにお腹は大きく間もなくお母さんになる。また、昨年産まれたヤギから既に2頭の赤ちゃんが誕生したという。 牧場では毎日、午前と午後の2回放牧をしていて、その際に与える200キロのエサの牧草を毎日、枝本さん一人で運んでいる。 枝本さん:「まず親ヤギを50匹にしたいという目標がある。それに向かって今は34匹だけど頑張ってみる。採算がとれるように努力したい。」 豊かな自然の中だくすくと育つ子ヤギたち。今後も出産予定のヤギがいて、ベビーラッシュは4月いっぱい続くという。

鳥取 2021.04.08 19:45

感染対策を徹底し今年は全校児童で入学式 鳥取市の小学校

鳥取市の小学校で入学式が行われ、去年に続き新型コロナの感染対策をしながら新入生を迎えた。 鳥取市立倉田小学校では、体育館で6年生が作るアーチの中を新入生20人が元気よく入場した。 伹住文章校長:「ひとつずつ、少しずつ、一人で頑張れることを増やしていってほしい。」 去年は在校生は6年生だけが出席して行われた入学式。今年はマスク着用や検温、換気などの徹底はもちろん、児童同士の距離を確保するため椅子に座って整列した。また国歌と校歌も歌わず事前に録音したものを流すなどの工夫をして全校生徒で新1年生を迎えた。 6年生代表挨拶:「これからは先生の話をしっかりと聞いて、友達と一緒に楽しく遊び、学習しよう。そして優しい心や親切な心を大切にして、素敵な学校にしていこう。」 式を終えた1年生:「楽しみ。」「お勉強がやりたい。」 保護者:「こうやって無事に入学式を開いていただいたことに感謝と、子供の笑顔が見れたのですごくよかったと思う。」 倉田小学校・伹住文章校長「本校は107名という小規模な学校だ。体育館の広さ等を考えて、三密を避けながら全児童、そして全職員、そして保護者が一同に介しても大丈夫ではないかということでこのような入学式を行った。」 鳥取県内では、ほとんどの小中学校が8日と9日に入学式を実施する。

鳥取 2021.04.08 19:44

鳥取県 聖火リレー規模大幅縮小で最終調整 約3000万円の経費削減分をコロナ対策へ

鳥取県の平井知事は5月21、22日に県内で行われる聖火リレーについて大幅な規模縮小を念頭に大会組織委員会と最終調整に入っていることを明らかにした。 平井知事:「鳥取は鳥取らしいやり方でやらせていただけないだろうか。それで節約できる経費を感染症対策に充当したい。」 聖火リレーについてかねてから規模を縮小した“鳥取方式”での開催を検討してきた平井知事。8日の会見で大会組織委員会との調整が最終段階に入っていることを明かした。その中では、鳥取市をはじめとした15市町村については走行距離を短縮すること。リレー区間と聖火の到着を祝うイベント会場への観客の立ち入りについては事前申し込み制とし人数を制限すること。また観客が押し寄せる可能性が高い著名人ランナーについては公道での走行を取り止めるとしている。 こうしたルートの見直しやイベント規模の縮小によって県の試算ではおよそ3000万円の経費削減が見込めるとしていて、その分を新型コロナ対策の費用に回す考えだ。 平井知事:「もっと簡素ないわば地元の行事のようにしてもよいのではないか。それで十分、オリンピズムの精神を体現できるしランナーもみなさん走れる。距離の問題もあるが距離よりもリレーをつなぐことに意義がある。」 一方、今回の見直しによってリレールートから除外される可能性がある場所もある。従来の計画では鳥取砂丘内に4つのスロットを設けおよそ600メートルにわたりリレーが行われる予定だったが不特定多数の人がやってくる観光地でのリレーは警備が難しいとの判断から今回、砂丘でのリレーは見送られる方向になった。 大砂丘観光協会 山根弘司会長:「悔しいし惜しいけれどその反面、仕方がない。感染しない感染させないことを徹底するには観光地での聖火リレーというのは一瞬であるかもしれないが中止もいたしかたない。」 鳥取県に聖火リレーがやってくるのは5月21日。鳥取県と組織委員会は16日頃までに結論を出す予定だ。

鳥取 2021.04.08 19:43

鳥取県出身の武良達也選手 東京五輪出場へ 競泳男子200m平泳ぎ 地元からも喜びの声

東京オリンピック競泳の男子平泳ぎ200mの日本代表に鳥取県出身の武良竜也選手が内定。鳥取県の競泳選手としては初のオリンピック出場に地元からも喜びの声が聞かれた。 7日日本選手権の男子200m・平泳ぎ決勝に出場した鳥取県出身の武良竜也選手は日本新記録で優勝した佐藤選手につぐ準優勝。派遣標準記録の2分8秒28を上回る2分7秒58のタイムをマークし見事東京オリンピック代表に内定した。 武良竜也選手:「ラスト50m自信あったのでそれまで自分の落ち着いたレースをと心に決めていたのでそれをしっかりできた」 武良選手が幼少期から通っていた米子市内にあるスイミングスクールの子どもたち:「すごいと思う頑張ってほしい」「僕も速く泳げるように努力して水泳を続けたい」 武良選手を指導していた米子スイミングスクール別府淳コーチ:「感無量だ。武良選手と私自身の昔からの夢だったのでそれが叶った」 高校を卒業してからも大きな大会の前には連絡を取り合いながら活躍を見守ってきたという。 別府コーチ:「(メールで)おめでとうと送ったらありがうと返ってきた。鳥取県のみんなが応援しているので精一杯自分の力を出してほしい」 武良選手は高校2年時に日本海テレビの取材を受けた際、「日本で戦えるようになって徐々にレベルを上げ、最終的にはオリンピックで一番良い色のメダルを取りたい」と話していた。 鳥取県出身で東京オリンピック日本代表の内定選手はこれで4人目。競泳としては県内で初めてのオリンピック出場となる。 武良竜也選手:「オリンピックでは(2分)6秒台、日本記録や世界記録を目指してこれから練習に取り組みたい」 夢の舞台での武良選手の活躍が期待される。

鳥取 2021.04.08 19:42

高齢者接種用のワクチンが山陰両県にも届く 鳥取県琴浦町には約1000人分

鳥取県琴浦町に8日、新型コロナウイルスのワクチンが届いた。午後2時半ごろトラックが到着し、高齢者への接種用となるファイザー製のワクチン一箱、約1000人分が降ろされた。 琴浦町すこやか健康課・中井裕子課長「待ちに待ったワクチンやっと来たということで、ひとまずほっとしている接種をどんどん進めていきたいと思う。」 町の担当者は冷凍されたワクチンを慎重に取り出し、超低温冷凍庫のなかへ。接種の当日に自然解凍させて使用するという。琴浦町では、4月15日から重症化やクラスターになるリスクが高い要介護の高齢者が入所する「特別養護老人ホーム」などから接種を開始する。 4月下旬に届く予定のもう一箱のワクチンと合わせて、施設の入所者と職員約940人の2回分の接種を5月23日までに完了させるという。 中井裕子課長「今鳥取県内でもクラスターが発生して不安に思っている町民も多いと思う。(町民が)安心できる生活を取り戻すということを考えている。」 8日は松江市と南部町にもワクチン一箱が届き、松江市は12日から、南部町は15日から接種を開始ずる予定。

鳥取 2021.04.08 19:42

鳥取県 中部地区在住40代の男性は変異株感染の疑い 

感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。7日、山陰両県では5人の感染が明らかになり、このうちの3人は、変異株の疑いがあることがわかった。 鳥取県で新型コロナ陽性が判明したのは、中部地区の40代男性と鳥取市の20代男性、住所非公表の20代男性の3人。 このうち鳥取県内282例目となる中部地区在住の40代男性は、5日に倦怠感があり、7日PCR検査を行ったところ陽性が判明。さらに、変異株のスクリーニング検査でも陽性が確認された。男性は、3日と5日に外出しているが、不特定多数との接触はなかった。 さらに鳥取県では、これまで感染が確認された3人についても変異株のスクリーニング検査の結果陽性だったと発表した(279、280、281例目)。鳥取県内では、変異株への感染の疑いのある患者はこれで21人となった。

鳥取 2021.04.08 19:39

鳥取市でコロナワクチン集団接種の模擬訓練 実際に対象の高齢住民も参加 

鳥取市では7日、4月から始まる高齢者を対象とした新型コロナワクチンの集団接種に向け、一連の流れを確認する模擬訓練が行われた。 模擬訓練には、実際に集団接種が行われる鳥取市佐治町の施設を会場に、市の職員60人と町内に住む高齢者6人が参加した。 訓練では、地域住民らが医師から問診を受けた後、看護師によるワクチン接種、そして経過観察までの一連の流れを体験した。 職員は全体に要する時間や、スムーズな動線確保、人員配置が適切かなどを細かくチェックしたほか、接種後に体調不良を訴える人への対処についても確認した。 住民:「いいことだと思う。シミュレーションはね。市の職員も関係の方も流れが分かるだろうし。」 7日の訓練では、接種後に渡される接種済み証の発行時や2回目の接種予約の手続きの際に、人が1箇所に密集してしまうなどの課題も見つかった。 鳥取市保健所・橋本渉参事:「きょうの反省をしっかり生かして、個別の医療機関での接種のワクチンの配送などもしっかり検証していきながら準備を進めていこうと思う。」 ワクチンの先行接種は、鳥取市佐治町内では75歳以上の高齢者512人が対象で、4月19日には佐治町内の診療所での個別接種、また25日には集団接種が行われる予定。

鳥取 2021.04.07 19:42

フラワー施設をめぐるツアー実現に向け協定 鳥取県南部町のとっとり花回廊など

鳥取県南部町にあるとっとり花回廊で7日、山陰や山陽にあるフラワー観光施設を巡るツアー実現に向け、事業提携協定が結ばれた。 この協定は山陰・山陽にある16のフラワー観光施設でつくられた「山陰山陽花めぐり街道協議会」とJAF(日本自動車連盟)中国本部との間で結ばれた。 マイカーなどによる花めぐりツアーなどの実現に向けて、JAFの協力の元で運営していこうというもので、今後、県境の往来が活発化するアフターコロナも見据えている。 山陰山陽花めぐり街道協議会・山口康介会長:「私ども、安心安全な運営というのをさせていただきたいと思う。この山陰・山陽は、花の施設がたくさんある。是非、皆さんに我々の施設におこしいただければと思う。」 花めぐりに向け、とっとり花回廊も今、様々な花が咲き華やかな雰囲気に包まれている。4月11日までは「桜ウイーク」となっていて、遅咲きの桜が満開となっている。また10日から「チューリップまつり」も控えていて、色とりどりの可憐なチューリップも咲き誇り訪れた人達を楽しませていた。

鳥取 2021.04.07 19:37

温泉地の入浴施設がリニューアルオープンへ 鳥取市の吉岡温泉 テントサウナを設置

鳥取市にある吉岡温泉活性化の一環としてリニューアルオープンを迎える吉岡温泉会館「一ノ湯」で7日、セレモニーが行われた。 8日のリニューアルオープンする施設では、顧客の声を反映させ、露天風呂の手すりや浴室に水シャワーが設置された。 松浦館長:「1番のリニューアルのポイントとしては、テントサウナになる。お外で過ごしていただけるものになっているので、コロナ禍でも安心して過ごしていただける。」 テントサウナは、入り口に3つ設置され、水着着用で楽しむことができるという。 また近くの秋葉山では散策通路が整備され、その除幕式も行われた。 松浦館長:「これからいろいろな店舗が増えてくので、今後の吉岡温泉が賑やかになる、ワクワク感がすごく楽しい感じになればいいなと思う。」 吉岡温泉町では今後、新しくカフェなどがオープン予定で、地域一体となり、今後も活性化を図っていくことにしている。

鳥取 2021.04.07 19:31

鳥取県内の小中学校で始業式 コロナ警戒し校内放送で実施の学校も  

7日、鳥取県内の多くの小中学校で始業式が行われた。鳥取市立美保南小学校では例年体育館に児童を集めて始業式を行っているが、鳥取県で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受け校内放送で実施された。校長の挨拶の後、新しい担任が発表され、各教室でホームルームが行われた。 新学年の目標を聞かれた児童は:「低学年のみんなのお手本になるような6年生になりたいです。」「英検5級に受かることです。ちょっと難しいけど頑張っています。」「1年生をちゃんと守る正義の味方みたいになりたいと思います。」 美保南小学校 北村保史校長:「大変残念だがコロナの感染拡大がまだ収まらないということで学校の判断で放送での集会としました。まずは健康が一番。そして自分の力をどんどん発揮してほしいです。」 鳥取県内では7日鳥取市や米子市などおよそ130校の小中学校で始業式が行われた。 また、島根県ではほとんどの小中学校で8日に始業式が行われる予定。

鳥取 2021.04.07 19:29

南部町の水田に特別天然記念物コウノトリ 数年前から飛来 鳥取県

鳥取県南部町の田園地帯ではコウノトリが羽を休める姿が見られた。 鳥取県南部町の福成地区にある水田。こちらで羽を休めるのは国の特別天然記念物コウノトリだ。体長70センチ程、水田の土手付近で長い間、じっとたたずんでいた。この付近では数年前から、コウノトリの飛来が確認されている。 コウノトリは、山陰地方では雲南市や鳥取市の郊外で産卵し孵化するなど注目を浴びている。米子水鳥公園によるとコウノトリは、このほかにも大山の裾野などでも確認されているという。

鳥取 2021.04.07 19:15

新型コロナ 山陰両県で新たに3人感染確認 

新型コロナウイルスについて山陰両県では6日の検査で新たに3人の感染が確認された。このうち、鳥取県内で陽性が判明した2人は、年代、性別などが非公表となっている。県内281例目となった患者は医療機関で実施したPCR検査で感染が明らかになったもので、今のところ既に陽性が判明した人との接触は確認されていない。鳥取県は2人の詳しい行動歴などを7日午後に発表するとしている。鳥取県の感染確認はこれで281人となった。 また島根県は6日の検査で新たに雲南市に住む1人の感染を確認したと発表した。島根県での感染確認は7日ぶりで、これで289人となった。

鳥取 2021.04.07 12:40

速報 新型コロナ 鳥取県で新たに2人感染 鳥取県内での感染確認は計281人に

新型コロナウイルスについて鳥取県は6日、新たに2人の感染を確認したと発表した。いずれも年代、性別などは非公表。このうち、県内281例目の患者は現段階でこれまでの陽性者との感染は確認されていないという。県内での感染確認はこれで281人となった。

鳥取 2021.04.06 20:42

「まん延防止」山陰の観光業にも大きな影響 「予約取消し」ずらりに旅館関係者は不安の声

全国的に新型コロナの終息が見えない中、5日から「まん延防止等重点措置」が適用された。山陰の温泉地や道の駅では、先行きの見えない不安な声が上がっている。 大阪・兵庫・宮城の一部地域で適用が始まり、飲食店などに時短要請を行う「まん延防止等重点措置」。その影響は、山陰にも及んでいる。 鳥取市河原町の「道の駅 清流茶屋かわはら」では、現時点で客足の減少は見られないものの、今後は減るだろうと予測している。 去年のゴールデンウィークは鳥取市からの要請によりやむなく休業。緊急事態宣言が解除されたことで徐々に客足が戻ってきたが、ゴールデンウィークを前にして大きな痛手だと話す。 道の駅 清流茶屋かわはら 田村圭佑主任:「現時点でアルコールなど店に配置して館内放送でも呼びかけしており、これ以上となるとなかなか難しいところもあるが、より一層気を付けてやっていきたいと思ってる」 一方、三朝温泉の老舗旅館・万翠楼では第4波とされる全国での感染拡大や、それに伴い大阪などに「まん延防止等措置」が適用されたことで影響が出ていた。 万翠楼:森田純一支配人「キャンセル自体は10組くらいあって、それ以上に予約が入ってきていないという状況が続いています」 大阪や神戸など、関西圏の宿泊客割合が全体の4割以上だというこちらの旅館で予約台帳を見せてもらうと「取消し」の文字がずらり。主に大阪や神戸方面からの宿泊予約だったという。実際4月の部屋の稼働率は40%程度に落ち込んでいる。また、例年であればゴールデンウィークの期間は3ヶ月前から満室となるが、今年はまだ5月の1・2・3日のみしか埋まっていない状況だ。 万翠楼:森田純一支配人「緊急事態宣言があけてやっとこれでGoToトラベルとかも復活するかなと思った矢先にまた変異株が増えていて、大阪なんかもこういう状態(感染拡大)になっていて、ちょっとがっかりしている状況。」 その一方で、三朝温泉では、鳥取県民を対象にした独自のキャンペーンを今月1日から展開するなどお得な宿泊振興支援策で、地元客の獲得を目指すことにしている。

鳥取 2021.04.06 20:01

鳥取県中部の男性は再度検査を受け陽性に 変異株の疑いも 倉吉市のクラスター関連

鳥取県では、鳥取県中部に住む50代の男性と県外に住む30代の男性、2人の感染が新たに確認され、このうち県中部の男性については変異株の疑いがある。 県中部の男性は、倉吉市で発生した県内7例目となるクラスターに関連した検査で陽性が判明した。231例目となった50代女性の接触者として4月1日にPCR検査を受けたが、その際には陰性だった。しかし翌日に咳などの症状が出たため5日、再度検査を受けたところ陽性が判明した。 男性は、他のクラスター関連の患者と同様、変異株に感染した疑いがあるという。 この男性の濃厚接触者8人は5日のPCR検査ですべて陰性だと分かっていて、接触者34人については検査が進められている。 一方、感染が確認された県外に住む男性は、仕事で鳥取県を訪れていた。4月3日の夜に倦怠感があり、4日発熱し、5日にPCR検査を受け陽性が判明した。現段階で既に陽性が判明している人との接触は確認されていない。 これで鳥取県内の感染確認は279人となった。

鳥取 2021.04.06 19:50

ワクチン集団接種の先行予約に電話が殺到 苦情相次ぐ中受付終了 鳥取・米子市 

米子市は、高齢者を対象にした第一弾となるワクチンの集団接種の先行予約を5日から受け付けている。 米子市の65歳以上の高齢者向けの集団接種は、ワクチンの供給量が限られるため、第一弾として1000人の人数制限を設けて4月24日から行われる。 対象となるのは会場の「ふれあいの里」から近い啓成地区と義方地区の4500人。 5日から始まった予約受け付けは先着順で行われたためコールセンターに電話が殺到。予約受け付けは4月9日までだが、6日も電話が殺到し午前10時の時点で早々と1000人の定員に達した。住民の間からは米子市に対して「電話がつながらなかった」という苦情が相次いだ。 電話をかけた85歳住民:「もうきのう1日中(電話を)かけた。50回以上かけているかもしれない。」 米子市新型コロナワクチン接種推進室 渡部圭介室長:「想定以上の短期間に予約をいただいた。非常にご迷惑をかけ申し訳なく思っています。」 高齢者を対象としたワクチンの先行接種では、対象を「福祉施設」としたり、「一定の年齢以上」を優先するなど各自治体によって対象は様々。こうした中で米子市は、なぜ「先着順」に? 米子市新型コロナワクチン接種推進室 渡部圭介室長「今回は、コールセンターに人を準備して期間も設定した上で”先着順”の方を選択させていただいた。必ず希望される方にはどこかの時点で接種していただける体制は出来ると思うのでそれまでお待ちいただければと思う。」 米子市は、この集団接種以外に個別接種も選択制で行うことにしていて、市内全域での高齢者向け接種は5月中旬から開始するとしている。

鳥取 2021.04.06 19:50

感染対策施し鳥取大学で2年ぶりの入学式 出席は入学生と教職員に限定でライブ配信も

新型コロナの影響で去年入学式が中止となった鳥取大学では、感染対策をとった上で6日入学式が開かれた。 新入生:「他の(大学に進む)高校の友人はオンラインで入学式がないと聞いたが鳥取大学は開催してくださりうれしい」 保護者:「入口で一緒に写真を撮った。開催されありがたい気持ち。門出を祝いたい」 今年は感染対策として出席するのは入学生と教職員に限定。式も学部や大学院ごとに午前と午後の2回に分けて行なわれた。 地域学部や工学部など4つの学部と大学院を合わせておよそ1550人が入学した。(学部生1161人大学院生383人) 会場に5つのカメラを設け、参加できなかった入学生や保護者に向けライブ配信も行われた。 新入生:「とてもワクワクしてきのう眠れなかった。それくらい4年間が楽しみ。小学校の先生になりたいと思っているのでなれるように勉強を頑張りたい」「まだ入学したばかりでわからないことも多いがサークルやボランティア活動に積極的に参加していきたい」入学式を終え大学生として新たな生活をスタートさせた新入生。8日からオンラインも交えての講義が始まる。

鳥取 2021.04.06 19:48

春の全国交通安全運動で安全運転呼びかけ 「視界すっきり」で交通事故防止を 鳥取県

6日からスタートした春の全国交通安全運動に合わせ、鳥取市河原町で広報活動が行われた。 鳥取市河原町にある道の駅では、交通安全対策協議会や、智頭警察署などが協力してドライバーへ安全運転を呼びかけた。今年の活動テーマは「視界すっきりクリーン作戦」。ドライバーに対して、広報チラシと車の窓を綺麗にするカー用品などを配った。 智頭警察署 瀧直人地域交通課長:「視界をすっきりされることで、交通事故防止に気を付けていただきたい。まもなく新学期も始まり、歩行者や自転車の通行も増えてくると予想されるので、これまで以上に交通ルールを守っていただきたい。」 今年、鳥取県内で発生した交通事故での死者数は、小学生も含む4人で、歩行者が巻き込まれるケースが増えているという。

鳥取 2021.04.06 19:35

今季のズワイガニ水揚げ 初の30億円超え 松葉がにGoToトラベルで高値推移 鳥取県

鳥取県は今シーズンのズワイガニの水揚げ状況をまとめ、水揚げ金額が初めて30億円を超えたと発表した。 鳥取県水産課によると、今シーズンの松葉がにの水揚げ量は約363トンと昨シーズンを10%下回ったが、水揚げ金額は18億2453万円と過去最高となった。 年末まではGoToトラベル事業によって松葉がにの需要が高まり、単価が高値で推移したことが過去最高となった要因としている。 その一方で、今シーズンの松葉がにの単価は新型コロナウイルスの影響に左右された。GoToトラベルの一時停止前の12月は1キロ当たり8722円だったのに対し、感染が拡大し、GoToトラベルが停止された後の1月は、1キロあたり3297円と単価が大きく下落した。 また、ズワイガニのメスの親ガニの水揚げ金額も12億7232万円と昨シーズンに続き、こちらも過去最高となった。ズワイガニ全体の水揚げ金額(松葉がに・親ガニ・若松葉がに)としては昨シーズンを4億1294万円上回る31億7500万円と初めて30億円を超えた。

鳥取 2021.04.06 19:34

鳥取県中部在住50代男性は倉吉クラスター関連 新型コロナ 鳥取県は279人に

鳥取県は5日夜、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 感染が確認されたのは県中部に住む50代の男性(278例目)と県外に住む30代の男性(279例目)。 県中部の男性は231例目の濃厚接触者としてPCR検査を実施したところ、陽性が判明した。231例目の感染者は、倉吉市で起きたクラスター関連で変異株の疑いがあることが分かっている。また県外の男性は現段階で陽性者との接触は確認されていない。 これで鳥取県内の感染者は279人となった。

鳥取 2021.04.06 12:06

速報 新型コロナ 鳥取県で新たに2人感染

新型コロナウイルスの検査で鳥取県は5日、新たに2人の感染を発表した。278例目の感染者は中部地区に住む50代男性で231例目の濃厚接触者。279例目の感染者は県外に住む30代男性で現段階ではすでに陽性が判明している人との接触は確認されていない。鳥取県内の感染者の合計は279人となった。

鳥取 2021.04.05 19:46

境港市の魅力を 中国のSNS通じ観光情報発信へ アフターコロナ見据え

境港市観光協会は、中国最大のSNSを通じて観光情報の発信などを積極的に行うことになった。 境港市観光協会は、5日の会見で新型コロナの収束を見据えて、中国人を中心に12億人が利用している中国最大のSNS「WeChat」(ウイーチャット)などを通じて、水木しげるロードの動画などの配信や、地元名産品の販売に向けて積極的に展開していくことを発表した。通信販売サイトを運営している、ANAグループの会社と連携し実施する。 すでに中国国内と水木しげるロードを結んだライブ配信や、地元の地酒やコーヒーなどの販売も始められ好評だという。 境港市観光協会 結城豊弘会長:「新型コロナウイルスの中で、(境港市の)元気がなくなった観光地、商店街、そういった人達をなんとかして力づけたいという企画。境港の魅力を発信する、そういったことをやりたい。」 境港市観光協会は、このSNSを活用したアフターコロナ対策を、境港市だけではなく、周辺の中海・宍道湖・大山圏域はもとより、鳥取・島根両県も視野に入れて幅広く展開していきたいとしている。

鳥取 2021.04.05 19:43

路線バスでとれたて農産物を運ぶサービス 高齢農家の負担減らし農業の活性化へ 鳥取県日野町

高齢農家の負担を減らそうと、生産した農産物をバス停に集荷し、路線バスで直売所まで輸送するサービスが鳥取県日野町で始まった。 鳥取県日野町にある上菅駅前のバス停。5日朝7時過ぎ、そこに置かれていたのは、朝収穫したばかりの野菜。 地域おこし協力隊 打越仁詞さん:「(地元農家から)野菜を、山菜やサツマイモなどあずかってきました。」 鳥取県日野町で5日から、地元農家が生産した新鮮な野菜を路線バスで集荷し、直売所まで無料で輸送するサービスが始まった。農産物の出品を希望するものの、自動車で直売所まで持ち込むことが困難な高齢農家の要望に応え、地元の町営バスを活用した今回の取り組みが企画された。 全長13キロある路線を対象に、バス停4か所で朝早く収穫された農作物を運転手が受け取り、座席に積んで直売所へと向かう。バスには、もちろん野菜だけではなく、病院に通う高齢者や通学の中学生なども乗車している。 Q野菜と一緒にバスに乗り感想は? 乗客(中学生):「野菜と一緒に学校に行くというのはちょっと変な気持ちですけど。」 乗客:「いいもの(野菜)があったら、私も欲しいなと思ったけど。」 そして路線バスは、約40分後、町営バスの車庫近くに到着。野菜は軽トラックに移し替えられた後、近くの金持テラス内にある直売所の店頭に並んだ。農家の負担は、直売所への販売手数料のみで、輸送量は無料となっている。 利用した農家:「いいですよ、この取り組み。(地元の)皆さん、輸送手段のない人が助かりますよ。」 日野町産業振興課 入澤眞一さん:「(町営バスも)日頃からお客さんが凄く少ないと聞いておりましたので、そういった(座席が)空いている部分を有効活用しながら、それが農家のプラスにもなり、特産品の振興につながると期待しています。」 路線バスで乗客とともに地元の農産物を運ぶ取り組みは、鳥取県内で初めてだという。今後の公共交通の維持や農業の活性化に向けてもその成果に注目が集まりそう。

鳥取 2021.04.05 19:43

米子市でワクチン集団接種の先行予約始まる 接種会場周辺地区の高齢者が対象 鳥取県

米子市では5日朝から、一部の地域に住む高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン集団接種の先行予約が始まった。県外にあるコールセンターで朝8時から先着順で電話を受け付けた。(5日~9日まで午前8時~午後5時15分) 米子市では当初4月からの接種開始を目指していたが、対象の高齢者は約4万5000人で、4月中は1000人分のワクチンしか供給されないため、対象者を絞った先行集団接種の実施となった。 対象となるのは集団接種の会場(米子市福祉保健総合センターふれあいの里)の近隣地区である啓成地区と義方地区に住む65歳以上の高齢者4500人。 米子市新型コロナウイルスワクチン接種推進室・仲田敦美室長:「電話の方、結構たくさん予約の方が入っているということで、1人でも多くのみなさんに接種していただきたいと思う。」 米子市の集団接種は、1回目が4月24日から5月9日までの4日間と、2回目が5月15日から30日までの4日間で実施される。先行集団接種の対象者以外の高齢者への接種は、5月中旬に開始する予定となっている。

鳥取 2021.04.05 19:31

鳥取県民懐かしの「因幡っ子」の味が復活 「かつ丼カレー」など人気メニュー6種類を販売 

「因幡っ子」といえばかつて鳥取県東部を中心に展開していた弁当販売店。ピーク時には鳥取県全域で20のお店を構えるなど県民に親しまれていた。 名物のカツ丼カレーはダシの効いたカツ丼と、改良を重ねて完成した自家製カレーが合体した「因幡っ子」自慢の一品だった。 しかし相次ぐコンビニチェーンの進出で4年前、惜しまれつつ最後の店舗が閉店。その後3年の時を経て昨年10月鳥取大丸に期間限定の食堂をオープンし、2週間でおよそ2000人が訪れるなど変わらぬ人気ぶりが話題となった。 そして今年3月からは復活企画第2弾として鳥取市のスーパー「トスク本店」でテイクアウト弁当の販売も始めた。 このスーパーで10年以上、惣菜を調理・販売してきた「ままや」と「因幡っ子」は同じ運営元で、コロナ禍で来店が減り惣菜の売れ行きが伸び悩む中、因幡っ子ブランドをきっかけにお客さんに足を運んでもらおうと企画した。 提供する弁当は名物・かつ丼カレーをはじめとした6種類。調理するのは「因幡っ子」で働いた経験のあるスタッフでレシピやボリュームも当時のままだ。スタッフ:「楽しい時間が続いています。」「懐かしいですね。」 できたてホカホカの弁当が売りだった「因幡っ子」。スーパーでも注文を受けてから調理を始める徹底ぶりだ。 4日も懐かしの味を求める客から次々と注文が入っていた。 因幡っ子弁当の販売は当面続ける予定で今後はファンから根強い人気を誇る“うどん”の販売も始めていきたいとしている。

鳥取 2021.04.05 19:27

「まん延防止」適用 鳥取バス会社も影響 決定以降1日30件のキャンセルも

全国で猛威を振るい、第4波の襲来と危惧されている新型コロナ。5日から大阪などの3府県で「まん延防止等重点措置」の適用が始まった。その影響は、山陰にも押し寄せている。 5日から大阪府・兵庫県・宮城県の一部地域で適用となった「まん延防止等重点措置」。対象地域の飲食店には午後8時までの時短要請などが行われる。 大阪などの関西方面の路線バスを運行している鳥取市のバス会社では、現在通常の半数程度に減便。「まん延防止等重点措置」の影響を大きく受けていると言う。 日本交通バス営業部 山本高広課長:「一気に感染者数が増えてるので、今回の適用はやむを得ない措置だと思っています。先週ごろからキャンセルの電話なども増えていたので厳しいところにまた後戻りしていくのかなという不安があります」 緊急事態宣言の解除で一時は客足が戻ってきたものの、「まん延防止等重点措置」の適用が決定した1日以降、多い日は1日30件ほどのキャンセルの連絡があったと言う。 日本交通バス営業部 山本高広課長:「このゴールデンウィークは厳しいと思うので、早くワクチン接種が終わって、みんながもっと移動してもらえるように願うばかりです。」 今後も客足が戻らなければ、さらなる減便に踏み切らざるを得ない状況だと不安を募らせている。

鳥取 2021.04.05 19:26

鳥取城北高校の新校舎完成 全国の高校で初導入の空調設備も

赤い壁に白いロゴが印象的な真新しい校舎。鳥取市にある鳥取城北高校では校舎の老朽化に伴い、2016年から進めてきた改築工事がこのほど終わり、3月29日に新校舎の完成を祝う記念式典が行われた。式典では新校舎の完成を記念する動画が披露されたほか理事長や生徒会長らが感謝の言葉を述べた。石浦外喜義理事長:(生徒たちにとって)一生に一度しかない三年間だということを私たちも肝に銘じてしっかりと育てていきたい。」新しい校舎には空調設備「モイストプロセッサー」を全国の高校で初めて導入。窓を開けて換気をする必要がなくなるなど、生徒が勉強に集中しやすい環境を整えたという。

鳥取 2021.04.05 12:06

出雲市長選挙 新人3人の選挙戦スタート 島根県

任期満了に伴う出雲市長選挙が4日告示され、新人の3人が立候補を届け出た。 出雲市長選に立候補したのはいずれも無所属の新人で届け出順に 前出雲市議会議員の川光秀昭氏(62)、建設会社経営の小豆澤貴洋氏(46)、前出雲市議会議員の飯塚俊之氏(55)の3人。 出雲市長選挙の投開票は、今月11日に行われる。

鳥取 2021.04.04 19:26

新型コロナ 湯梨浜町副町長関連 全員陰性 鳥取県

新型コロナウイルスの検査で副町長の感染が分かった鳥取県湯梨浜町は役場職員を中心にPCR検査を行い、全員の陰性が確認された。鳥取県湯梨浜町の亀井雅議副町長は先月30日の公務中に体調不良を訴え今月2日に受けたPCR検査で陽性が判明した。 3日から4日にかけ亀井副町長に関連するPCR検査が進められていてこれまでのところ役場職員や町議会議員など合わせて149人全員の陰性が確認されている。 湯梨浜町では役場本庁舎内の消毒作業をすでに実施していて5日以降の業務を通常通り行うことにしている。

鳥取 2021.04.04 19:20

副町長が感染の湯梨浜町 職員など143人のPCR検査進める 鳥取県 

鳥取県湯梨浜町は、3日、亀井雅議副町長が新型コロナに感染したと発表した。亀井副町長は、3月30日の公務中に体調不良を訴え医療機関を受診。その後2日間自宅療養したが回復せず、再度受診したところ2日に陽性が判明した。3日から、役場の職員など合わせて143人のPCR検査を進めるという。 また鳥取市は2日夜から3日にかけて、4人が新たに感染したと発表。このうち275例目の患者は県外への移動歴があるという。

鳥取 2021.04.03 18:37

速報 新型コロナ 鳥取で2人新規感染

新型コロナウイルスの検査で鳥取市は新たに2人が感染したと発表した。274例目の感染者は県外に住む40代男性で、現段階ではすでに感染した人との接触は確認されていない。275例目の感染者は居住地、年代、性別ともに非公表で、265例目の濃厚接触者。これで鳥取県内の感染者は275人となった。

鳥取 2021.04.02 20:07

開館20周年 やまびこ館がリニューアル 鳥取の歴史文化楽しんで 

鳥取市歴史博物館「やまびこ館」が3日リニューアルオープンする。2日はそれを前に、内覧会が開かれた。 やまびこ館の開館20周年に合わせて行われたリニューアル。所蔵点数が開館当初の数十点から約400点に増え、常設の展示ではそのうち200点が並んでいる。 今回から時代ごとにわかれた展示に変わり、古代のコーナーではここ50年、鳥取市の各地で行われてきた発掘調査の成果を紹介している。 また、復元計画が進む鳥取城にまつわる資料も多く、戦国時代、秀吉軍に兵糧攻めにあった時の模型や、かつての様子を記した絵図なども展示されている。 記者リポート:「鳥取の災害の歴史にまつわるコーナーも、今回新たに作られました。こちらは江戸時代の非常用持ち出し袋です。」 地震や火事、水害の多かった鳥取。他の地域にはあまり見られない鳥取ならではの当時の防災対策を学ぶことができる。 鳥取市歴史博物館 姫村正仁館長:「一通り見ていただければ、鳥取の歴史がご理解いただけるような展示構成を作っております。たくさんの方に足を運んでいただいて、鳥取または東部地域の歴史文化を楽しんでいただけたらと思っております。」 このほか入場無料のキッズスペースが設けられた。やまびこ館のリニューアルオープンは3日の午前9時で、土日は担当学芸員によるギャラリートークが行われる予定。

鳥取 2021.04.02 19:32

鳥取県「新型コロナ感染増大警戒情報」発令 鳥取市と倉吉市に

4月1日に行われた会見で鳥取県の平井知事は…。 平井知事:「新型コロナ感染増大警戒情報を本日、発令させていただきたい。」 4月1日、鳥取市と倉吉市に初めて発令された県独自の警報『新型コロナ感染増大警戒情報』。この警報は基準値を超えるウイルス量が検出された感染者が複数確認され、感染拡大の危険性が高まっている場合に発令される。 感染者数の増加や、確保病床の稼働率に応じて発令される従来の“新型コロナ警報”とは異なり、感染力の強いウイルスが広がっていることを認識してもらう狙いがある。 今回の場合、鳥取市では感染力の強いウイルスを保有する感染者が多発していること。また倉吉市では変異株によるクラスターが発生したことから発令対象地域となった。 平井知事:「単にコロナの患者数が増えている、入院者数が増えている、ということだけでは伝わらない危険性があるのでは。こういう(感染力の強いウイルス)株が続いていく限りは、感染が加速度的に広がることもあり得るので行動を慎重にすべき。」 鳥取県は警報の対象地域に住む人たちに対しマスクの着用や手洗い、換気をこれまで以上に徹底するよう呼び掛けている。

鳥取 2021.04.01 19:45

鳥取県 新規採用職員へ辞令交付式 ANAとJR西日本から派遣の職員も

1日、民間団体から2人が鳥取県に派遣され、辞令が交付された。 とりぎん文化会館で行われた辞令交付式には、新たに鳥取県に採用となった107人が出席し、代表者1名に平井知事から辞令が手渡された。そして、式の中で、今年の箱根駅伝で1区を走った創価大学出身の福田悠一さんが抱負を語った。 福田悠一さん:「真に負けない心の大切さ、そして感謝や思いやりの心の大切さを学びました。鳥取県民となった後もその信念を胸に、誠実に業務に取り組み、鳥取の発展に貢献していきたいと思います。」 続いて、新型コロナウイルスの影響を受け業績が悪化している企業から派遣を受け入れる2名に対し、辞令交付が行われた。 ANAとJR西日本から派遣された2人は、これまでの仕事で鳥取に関わりがあったことなどから、自ら手を挙げたという。ANAから派遣された木村さんは、鳥取県の観光業の発展に。そして、JR西日本から派遣された吉田さんは、鳥取と他県を結ぶ地方交通の利便性の発展に携わる予定。 ANA 木村みゆきさん:「皆さんに、全世界からお越しいただけるような、そんな取り組みの提案をしていきたいと思っています。」 官民の連携による鳥取の発展に今後、期待がかかる。

鳥取 2021.04.01 19:41

鳥取県境港市「水木しげる記念館」に新館長 元日本航空山陰支店長の住吉氏就任

境港市の水木しげる記念館の新しい館長に元松江観光協会の住吉裕さん(59)が就任し、4月1日にセレモニーが行われた。 住吉新館長は大阪市出身で、日本航空山陰支店の支店長や松江観光協会美保関町支部の事務局長を務めた。 住吉館長は「水木ロード周辺の滞在時間を延ばす。そして観光消費額も伸ばす。30年、40年、50年と愛される記念館になるようなものをこの地で作っていけたらいいなと思う」と抱負を述べた。 水木しげるロード周辺では、今後水木しげるさんの生誕100周年事業のほか、記念館の改築などを控えていて、住吉さんは境港市で一丸となってこうした取り組みに力を注いでいきたいと話した。

鳥取 2021.04.01 19:40

事前にPCR検査も実施 鳥取銀行で入行式 「地域の方を支えられる銀行員に」

鳥取市の鳥取銀行では1日、入行式が行われた。 去年は新型コロナの影響で2週間ほど式を延期したが、今年は2週間以内に県外に移動歴のある新入行員などに対して事前にPCR検査を行い、健康管理を徹底したうえでの実施となった。 鳥取銀行 平井耕司頭取:「(コロナ禍で)荒波の中、船出をすることになりますが、逆境に打ち勝つ、この困難を必ず乗り越えるという強い信念をもつ新社会人になってもらいたい。」 今年は総合職と一般職合わせて27名が行員としての新たな一歩を踏み出した。 新入行員:「就職活動の時からコロナ禍で不安も大きかったが、それ以上に地域の方や経済も不安な状態は続くと思うので、地域の方を支えられる銀行員を目指したい。」 新入行員は1日から接客マナーなどの研修を受け、23日に各支店に配属される。

鳥取 2021.04.01 19:39

感染確認の11人は陽性判明者の濃厚接触者か接触者 鳥取県

新型コロナウイルスについて、鳥取県は3月31日夜、新たに11人の感染を確認したと発表した。 感染が明らかになった11人は、これまでに陽性が判明した人の濃厚接触者や接触者。居住地や年代、性別は多くの人が非公表となっている。 11人は全て鳥取市保健所管内での検査で判明したもので、このうち8人は、3月29日に感染が明らかになった218例目の関連。 また、11人のうち3人は変異株の疑いがないことが既に分かっている。 このほか鳥取県は、3月30日に陽性が判明した倉吉市の50代男性について、スクリーニング検査を実施したところ、変異株の疑いがあると発表した。 鳥取県での新型コロナウイルス感染者はこれで260人となった。また島根県でも新たに奥出雲町に住む1人の感染が確認されている。

鳥取 2021.04.01 12:17

速報 新型コロナ 新たに11人感染確認 感染急拡大の鳥取県 累計は260人に

新型コロナウイルスについて鳥取市保健所は31日夜、管内で新たに11人の感染を確認したと発表した。感染が確認されたのは、これまでの患者の濃厚接触者、または接触者。3人については変異株のスクリーニング検査で陰性が確認された。残る8人については今後検査を予定する。鳥取県内での感染確認はこれで260人となった。

鳥取 2021.03.31 20:14

旅立ちの春 水木しげる記念館の館長 退任セレモニー 水木ファンからも「ありがとう」

「おはようございます。」 こちらにも別れの春が。 水木しげる記念館 庄司行男館長:「15年間の最後って思うとやっぱり感慨深いものがありますね。」 「ありがとうございます。」 水木しげる記念館の館長を、31日で退任する、庄司行男さん。境港市の職員だった庄司さんは、2006年に記念館の事務局長に就任し、3年後には館長に。そして、15年間に渡って、水木作品の魅力発信に努めていた。 『水木さんのカレンダー』 こちらは記念館で毎年限定販売されているカレンダー。月ごとに掲載される水木さんの言葉は、庄司さん自らが選んだ。2018年には、なんとアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」にキャラクターとして登場。庄司さん自身も水木ファンなどから親しまれていった。 あいさつに来た人:「お疲れ様でした。一言お礼を、と思いまして。ご苦労様でした、長いこと。」 子ども:「今までありがとう。」 庄司館長:「そんな泣かすようなことを言わないでください。」 生前の水木しげるさんとも親交を深めた。特に思い出深い写真があるという。 庄司館長:「(写真を見せながら)先生が"コツン"としていると、機嫌の良いときのポーズだと。気に入った人にはこのポーズをするときいたことがあって、『お!!気に入られた』と思って。」 そして昼過ぎに行われた退任セレモニー。今後は水木しげる記念館のアドバイザーとして関わっていくという。 庄司館長:「やっぱり寂しさはあります。水木作品に関われた、水木先生に関われるところにいた喜びを感じております。どうも今日はありがとうございました。」 それぞれの旅立ちを迎える春。大切な人たちとの思い出を胸に新年度を迎える。

鳥取 2021.03.31 19:41