三重のニュース

「銚子川環境保存会」ウナギ放流し、生態調査 三重・紀北町

 三重県紀北町でウナギの生態を調査するために、おなかに青色の印をつけたウナギが放流されました。  9回目となるこの調査は、「銚子川環境保存会」が県などからのアドバイスを受けて毎年行っているもので、今年は144匹が放流されました。  調査のために放流されたウナギは、これまでに毎年、おなかの印の色を変え4569匹にのぼりますが、印のついたウナギの捕獲が確認されたのは5匹しかいないということです。

三重 2021.07.31 11:30

三重・新名神高速 家族5人が乗る車炎上 一時通行止め

 30日午後8時ごろ、三重県鈴鹿市と亀山市にまたがる新名神高速下り・野登トンネルで「車が故障して、停車したら燃えた」と乗用車の運転手から通報がありました。  警察によりますと、消防車など5台が出動し、火は約1時間後に鎮火したということです。乗用車には家族5人が乗っていたということですが、けがはありませんでした。  火事の影響で新名神高速は、亀山西JCTから菰野ICの間の上下線で約3時間にわたり通行止めとなりました。

三重 2021.07.31 10:42

巡査の男を懲戒免職 同居の子どもにわいせつ行為の疑い 三重県警

 同居する子どもにわいせつな行為をしたとして30日、三重県警の30代の巡査の男が懲戒免職となりました。  警察などによりますと、巡査の男は自宅で同居する18歳未満の子どもに対し、体に触れるなどのわいせつな行為を行ったとして今月、監護者わいせつの疑いで逮捕され、懲戒免職処分となりました。  調べに対し、男は容疑を認めていて、動機については「性欲を満たすためだった」と話しているということです。  被害者からの相談で事件が発覚しました。  三重県警は「誠に遺憾で今後、職員の規律保持を一層徹底し、県民の信頼回復を図りたい」としています。

三重 2021.07.30 17:31

殺人未遂事件の被害者が一転逮捕 強制性交致傷などの疑い 三重・伊勢市

 三重県伊勢市のアパートで首などを刺された殺人未遂事件の被害者が一転して、住人の女性に性的暴行を行おうとしていたとして30日、逮捕されました。  強制性交致傷などの疑いで逮捕されたのは、大阪府岸和田市の会社員・大原善輝容疑者(43)です。  警察によりますと、大原容疑者は今月16日、伊勢市にあるアパートの40代の女性が住む部屋に侵入し、わいせつな行為をしようとしてけがをさせた疑いがもたれています。  大原容疑者は、女性を助けようとした男に包丁で首などを刺され、一時、意識不明の状態になっていました。  調べに対し、大原容疑者は「金品を盗む目的て侵入したが、わいせつな行為をしたかどうかは覚えていない」と、容疑を一部否認しているいうことです。

三重 2021.07.30 17:31

早くも稲刈り、新米がお盆前に食べられる 三重・紀宝町

 早場米の産地・三重県紀宝町では稲が黄金色に色づき、早くも稲刈りが始まりました。  中西和益さんの田んぼでは毎年、この時期に早場米の「あきたこまち」の稲刈りを行っています。  今年は梅雨入りが早かったため日照不足が心配されましたが、影響はみられず、いまのところ台風の被害もなくて、お米の出来ばえは良いそうです。  お盆前に食べられる新米として人気があり、例年並みの収穫量を見込んでいるということです。

三重 2021.07.30 17:29

三重県警と津少年鑑別所 少年非行防止や立ち直り支援協定締結

 三重県警と津少年鑑別所は連携して、少年の非行防止や立ち直りを支援していくため協定を結びました。  これまでも、それぞれに相談窓口を設けるなどしていましたが、連携することでより効果的にサポートする狙いで、少年鑑別所の心理学の専門家による面接などを通して支援していくということです。  三重県警はいつでも気軽に相談してほしいとしています。  三重県警少年サポートセンター 059ー222ー0110

三重 2021.07.29 19:19

特産品を目指した青トウガラシ 収穫が最盛期 三重・熊野市

 三重県熊野市で、青トウガラシの収穫が最盛期を迎えています。  温暖な気候でトウガラシの栽培に適している熊野市では、10年ほど前から新しい特産品を目指していろいろなトウガラシを栽培しているということです。  「くまの農業振興公社」では今年、メキシコ原産の「ハラペーニョ」など、2種類の青トウガラシで約1.2トンの収穫を見込んでいて、主に関東に出荷されます。

三重 2021.07.29 19:11

“棚田百選”丸山千枚田で「かかしコンテスト」 三重・熊野市

 日本の棚田百選にも選ばれた三重県熊野市紀和町の「丸山千枚田」で、「案山子(かかし)コンテスト」が行われています。  今シーズン初めてのイベントで、田んぼのオーナーらが作ったかかしの出来栄えを競います。  参加者は木の骨組みにわらを巻き付けたり、顔を書き込んだりして、思いおもいのかかしを作り上げていました。  入選作品は9月の「稲刈りの集い」で、発表される予定です。

三重 2021.07.29 17:00

夏の甲子園への出場を決めた三重高校が鈴木知事を表敬訪問 意気込み語る

 7年ぶり13回目の夏の甲子園大会への出場を決めた三重高校が28日、三重県の鈴木英敬知事を表敬訪問し、意気込みを語りました。  26日に行われた三重県大会決勝で津田学園高校を下し、甲子園大会への出場を決め、池田彪我主将は「今までやってきたことを信じて、一戦一戦しっかりプレーすることを心掛けたい」と話しました。  三重高校は、2014年に夏の甲子園大会に出場し、準優勝しています。

三重 2021.07.28 19:14

津市の補助金をだまし取った罪に問われている元自治会長に懲役3年求刑

 三重県津市相生町の元自治会長・田辺哲司被告(61)が知人の男らと共謀し、町内に設置するごみ箱の領収書を偽造するなどして、市の補助金合わせて240万円をだまし取った罪に問われている裁判で28日、検察側は「主犯的な立場で犯行を計画し、責任は最も重い」として懲役3年を求刑しました。  これに対し、弁護側は起訴内容を認めた上で、「補助金の申請書は全て津市役所の職員が書き、田辺被告と一緒に飲食するなど市側の積極的な関与もあったと思われる」などと執行猶予付きの判決を求めました。  また、田辺被告と共謀したとされる端地満被告(63)に対しては、懲役1年6か月が求刑されています。

三重 2021.07.28 19:07

次期衆院選への立候補 改めて「現時点で決まっていない」 鈴木三重県知事

 三重県の鈴木英敬知事は28日、次期衆院選で三重4区に立候補する意向を固めたとの一部報道が出たことについて、改めて現時点では出馬は決まっていないと話しました。  鈴木知事は「多くの団体から出馬要請いただいているのは事実」「現時点で最終結論に至ったわけではない」としています。  一方で、残りの任期については「県政の諸課題に全力で取り組みたい」と発言するにとどめ、任期満了まで知事を務めるとは明言せず、国政進出に含みを持たせました。

三重 2021.07.28 17:10

室内で熱中症死亡、90代男性エアコンつけず 三重・津市

 25日午後1時すぎ、三重県津市で「男性が呼吸もなく意識もない」と家族から119番通報がありました。  津市消防本部によると、救急隊が駆けつけたところ男性(90代)がエアコンをつけていない自宅の一室で倒れていたということです。  男性は意識がなく心肺停止の状態で病院に運ばれ、約30分後に死亡が確認されました。  三重県内での今年の熱中症による死亡は2人目で、消防本部は室内であっても油断せずエアコンをつけて、こまめに水分補給をしてほしい、と呼びかけています。

三重 2021.07.27 07:57

夏を彩る「ハマボウ」の花が見頃 三重・紀北町

 夏本番。三重県紀北町の萩原川沿いに自生している約500本の「ハマボウ」の花が、見頃を迎えています。  ハマボウは、鮮やかな黄色い花を咲かせるハイビスカスの仲間。護岸工事などの影響で数が減っていることから、三重県などで絶滅危惧種に指定されています。萩原川沿いでは約20年前から、地域のボランティアが保護活動を続けています。  ハマボウの花は、8月中旬まで楽しめるということです。

三重 2021.07.22 16:53

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース