三重のニュース

カルテ改ざんし診療報酬を不正請求、男性医師を懲戒解雇 三重大学病院

 三重大学病院の医師がカルテを改ざんし、診療報酬を不正に請求したとされる問題で、三重大学は30日、この医師を懲戒解雇しました。

 懲戒解雇されたのは臨床麻酔部に勤務する40代の男性医師で、実際には使っていない薬剤を、患者に投与したかのようにカルテを改ざんし、2800万円以上の診療報酬を不正に請求したということです。

 調査に対しこの医師は改ざんを認めていて「上司が薦める薬剤の使用実績を上げようと不正をした」と話しているということです。上司の医師は関与を否定しています。

三重2020.10.30 17:32

特産の柑橘類「新姫」の収穫が盛ん 三重・熊野市

 三重県熊野市では、特産の柑橘(かんきつ)類「新姫」の収穫が行われています。

 「新姫」は、30年以上前に熊野市新鹿町で発見された500円玉ほどの小さな柑橘類で、野生のニホンタチバナと温州ミカンが自然に交配したといわれています。

 ユズやスダチのようなさわやかな酸味と香りが特徴で、ジュースやポン酢などに加工して販売されるということです。

 栽培が行われているのは全国でも熊野市だけで、収穫は来月いっぱいまで続きます。

三重2020.10.30 11:59

40万円着服か 三重・津市が男性職員(35)を刑事告訴

 三重県津市の職員が29日、市役所の金庫から現金約40万円を着服したなどとして刑事告訴されました。

 津市に刑事告訴されたのは、政策財務部の男性(35)です。

 津市役所によりますと、男性は今月9日、市民が納税した現金を保管していた金庫の中から現金約40万円を抜き取り、着服したなどとされています。

 後日、現金が減っていることに他の職員が気づき、男性に話を聞いたところ「経済的に厳しかった」と着服を認めたということです。

 着服した現金は全額、すでに男性から回収されています。

 市では、他にもこの男性が関与したとみられる不自然な記録があるということで、調査を進めていくとしています。

 津市の前葉泰幸市長は「今後は警察による捜査に全面的に協力するとともに、公金の取り扱いに対しさらに管理・監督を徹底してまいります」とコメントしています。

三重2020.10.30 08:48

子どもたちがサツマイモ菓子作り 製品化めざす 三重・熊野市

 三重県熊野市で29日、子どもたちが製品化をめざしてお菓子作りを楽しみました。

 この取り組みは、熊野市の菓子製造会社と地元の学童が協力して行っていて、今回はサツマイモを使ったお菓子作りに挑戦しました。

 サツマイモの配合具合によって、香りや味がどんなふうに変わるのかを確認し、「なんかクッキーみたいな感じ。パリッって感じじゃなくて」と話していました。

 慣れない手つきでひっくり返したりトッピングをしたり、子どもたちは味見をしながら楽しみました。

 意見交換会では、子どもたちから「いろいろのせた方がおいしかった」といった意見がありました。

 今後の製品化に生かされるということです。

三重2020.10.30 08:43

飲食店で食事の男性が吐き気などの症状 アニサキス検出 三重・伊勢市

 三重県によりますと、同県伊勢市小俣町の飲食店「魚蔵」で、今月26日に食事をした男性(54)が吐き気や腹痛の症状を訴え救急搬送されました。

 男性の体内からは、寄生虫のアニサキスが検出されました。しめさばにアニサキスが付着していたとみられています。男性はすでに回復しているということです。

 三重県は、29日付でこの店を営業禁止処分としました。

三重2020.10.29 19:22

半導体大手「キオクシア」メモリー生産能力増強へ 三重・四日市市

 半導体大手の「キオクシア」は、フラッシュメモリーの生産能力を増強させるため三重県四日市市にある工場の規模を拡大すると29日、発表しました。

 フラッシュメモリーは、スマートフォンにも使われる記憶装置で、5Gサービスなどの普及で需要の拡大が見込まれています。

 着工は来年春の予定で、新工場では、人工知能を使ったシステムで生産性の向上などが期待されます。

三重2020.10.29 19:21

冷えた朝「風伝おろし」秋きたる 三重・御浜町

 三重県御浜町で28日朝、峠から朝霧が麓に向かって滝のように流れ落ちる「風伝おろし」が見られました。

 山肌に沿って真っ白い霧がゆっくりと流れ落ちる幻想的な光景は、峠の名前にちなんで「風伝おろし」と地元で呼ばれています。

 この現象は、冷え込みによって熊野市の盆地で生じた霧が、日が昇り気温が上がるとともに風伝峠(標高247メートル)を越え、御浜町の麓に向かって流れ落ちるものです。

 本格的な秋の到来を告げる光景として地元に親しまれている風伝おろし。これから春ごろまで、よく晴れて放射冷却で気温が下がった朝に見られるということです。

三重2020.10.28 11:44

「ウミガメきれいになったよ」飼育施設で甲羅の大掃除 三重・紀宝町

 三重県紀宝町の「ウミガメ公園」で27日、飼育しているアカウミガメやアオウミガメなど12頭の甲羅を磨く大掃除が行われました。

 新型コロナウイルスの影響で、修学旅行の行き先を近場に変更した県内の小中学生たちに、きれいなウミガメの姿を見てもらおうと、職員たちがブラシで懸命に甲羅を磨きました。

 同公園では11月も多くの修学旅行生が訪れる予定といい、職員たちは「きれいになったウミガメを見に来てほしい」と話していました。

三重2020.10.27 12:01

ベトナム人男性2人に包丁で切りつけたか カンボジア人7人再逮捕 三重県警

 三重県川越町でベトナム人の技能実習生2人の頭を包丁で切りつけたとして、カンボジア人の技能実習生7人が26日、殺人未遂の疑いで再逮捕されました。

 再逮捕されたのは、カンボジア国籍の技能実習生タン・トゥーン・エイー容疑者(20)ら7人です。

 警察によりますと、タン容疑者ら7人は、今年8月23日、川越町の朝明川の堤防道路付近で、ベトナム人の技能実習生の男性2人の頭を包丁で切りつけたり、背中を刺したりした疑いがもたれています。

 ベトナム人の男性2人は、頭などにけがをしましたが、命に別条はないということです。調べに対し、7人はいずれも殺意を否認しています。

 被害にあったベトナム人男性らは、グループでバーベキューに来ていたといい、警察は何らかの原因でトラブルになったとみて調べています。

 7人は、別の男性に対する殺人未遂容疑で、今月9日に逮捕され、津地検はこの容疑について処分保留としていました。

三重2020.10.27 09:15

車道にいた男性(53)、大型トラックにはねられ死亡 三重・松阪市

 26日午前4時5分ごろ、三重県松阪市高町の国道23号で、津市の森山英和さん(53)が、走行車線を走っていた大型トラックにはねられました。森山さんは頭などを強く打ち病院に運ばれましたが、約1時間半後に死亡しました。

 大型トラックを運転していた男性(23)にけがはありませんでした。

 森山さんは車道にいたところをはねられたということで、警察が当時の状況を調べています。

三重2020.10.26 17:06

極早生温州みかん、収穫が最盛期 三重・熊野市

 三重県熊野市では、「極早生温州(ごくわせうんしゅう)みかん」の収穫が最盛期を迎え、朝早くから収穫作業に追われています。

 東紀州の特産品「極早生温州みかん」は、爽やかな酸味のみかんで、果皮に青みが残ることから「青切りみかん」とも呼ばれています。

 熊野市のみかん畑では、朝早くからほんのりと色づいたみかんを、大きさや色を確認しながら一つ一つ丁寧にハサミで切り取って収穫していました。

 同市金山町の「金山パイロットファーム」では、「今年は台風被害もなく、甘く美味しいみかんに仕上がってい。」ということです。

 今年は200トンの収穫を見込んでいるということで、地元の直売所のほか、東海地方を中心に出荷される予定です。

三重2020.10.26 08:42

熊野古道伊勢路をシーカヤックで、ツアー満喫 三重・尾鷲市

 三重県尾鷲市で25日、江戸時代に巡礼者たちが渡っていたといわれる海路をシーカヤックで渡るイベントが行われました。

 同県伊勢市の伊勢神宮から和歌山県の熊野三山までを結ぶ熊野古道伊勢路は「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

 ツアーは江戸時代、巡礼者たちが渡し舟で渡っていたといわれる海路をシーカヤックで巡るもので、三重県内外から6人が参加。参加者は、シーカヤックで2時間半ほどパドルを漕ぎ、約6キロ先の目的地を目指しました。

 参加者は「すごい楽しかったです」「車から見る景色とは違って、気候も良く気持ちよかったです」と話し、周りの景色を眺めたり、写真を撮ったりしながら海のツアーを楽しんでいました。

三重2020.10.26 08:41

西村経済再生担当相が三重の観光地視察 コロナの経済対策効果を確認

 新型コロナウイルス感染症の経済対策の効果を確認するため24日、西村康稔経済再生担当相が三重県の観光地などを視察しました。

 三重県の鈴木英敬知事とともに、伊勢市のおかげ横丁など県内5か所の観光地を視察し、「観光業は大変な状況にあったと思います」「地域での取り組みの支援を行っていただいた」「そうした成果が出ているのだろうと思います」と述べました。

 鳥羽市の海女小屋では、鳥羽市長や地元の議員などと意見交換が行われ、国の経済対策の活用状況などの報告が行われました。

 西村経済再生担当相は、25日も三重県内で視察を行い、地元の経済団体や医療関係者と意見交換をする予定です。

三重2020.10.25 15:34

県立高校でのSNSいじめ訴訟、和解が成立 三重・津市

 三重県津市の県立高校に通っていた女性が、SNSを使ったいじめで不登校になったなどとして県に損害賠償を求めていた裁判で、訴訟から3年を経て和解が成立しました。

 訴状などによると2015年から高校に通っていた女性は、同級生らからSNSへの投稿などでいじめを受けて不登校になったのは、高校を管理する県に責任があるとして、約183万円の損害賠償を求めていました。

 20日、三重県はいじめがあったことを認め謝罪し、女性はこれを受け入れて損害賠償権を放棄しました。

 20歳になった女性は、今も心療内科に通院していて「自分と同じ思いをする子どもが二度と出ないようにしてほしい」と話しているということです。

三重2020.10.20 17:31

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース