三重のニュース

観光客減少しマダイの出荷半分に、知事が養殖場を視察 三重県

 新型コロナウイルスの感染拡大で、出荷が大幅に減少している三重県南伊勢町のマダイの養殖場を、鈴木英敬知事が視察に訪れました。

 マダイの養殖は三重県の南部で盛んに行われていて、県内の魚類の養殖の約4割の出荷額を占めています。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で観光客が減少し、出荷が前年同時期に比べ、約半分に落ち込む見通しです。

 三重県は今後、無利子の融資制度を活用するなどして、養殖業者を支援していきたいとしています。

三重2020.04.07 19:14

女性が車にはねられ重傷、店員の男を現行犯逮捕 三重・尾鷲市

 6日午後3時ごろ、三重県尾鷲市新田町の市道で、横断歩道を歩いて渡っていた市内に住む会社員の女性(55)が、左から来た軽乗用車にはねられました。女性は意識はあるということですが、頭などを打ち、重傷です。

 警察は、軽乗用車を運転していた市内に住むパチンコ店店員・黒英和容疑者(47)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し、容疑を認めているということです。

 現場は見通しの良い直線道路で、警察が当時の状況を調べています。

三重2020.04.07 08:36

生活のリズム正す「子ども座禅会」開く 三重・紀宝町

 三重県紀宝町の東正寺で4日、子どもたちが座禅に取り組み、生活のリズムを正そうという行事「子ども座禅会」が行われました。

 今年で39回目で、子どもたちが朝早くから座禅などの修行に取り組んでいます。

 子どもたちの中には5分もすると姿勢が崩れたり、あくびをしたりする様子が見られました。

 それでも、子どもたちは気を引き締め直して取り組んでいました。

三重2020.04.04 12:20

カサゴの稚魚1900匹を放流 三重・尾鷲市

 三重県尾鷲市の賀田湾で3日、高級魚として知られるカサゴの稚魚の放流が行われました。

 水産資源の増加を目的に毎年、行われているもので、この日は漁師らが約1900匹を放流しました。数年後には高級魚になるそうです。

 カサゴは3、4年で約20センチに成長し、煮物や唐揚げ、鍋物などの材料として食卓を彩るということです。

三重2020.04.03 19:17

新型コロナ 三重県で新たな感染者 塚原さん懇親会で感染か

 3日、三重県桑名市に住む無職の40代の女性が、新たに新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 女性は先週鈴鹿市で開かれた、すでに感染が確認されている北京オリンピックメダリストの塚原直貴さんが講師を務めた陸上競技練習会の懇親会に参加していました。県は、女性は懇親会で感染したとみています。

 県は、塚原さんと接触した県内の81人のうち、37人についての検査を完了していますが、今回の女性以外は陰性だということです。

 県教育委員会はこうした状況を受け、鈴鹿市から通学する生徒が多い四日市市や津市の県立高校や特別支援学校の35校で、新学期を一週間ほど遅らせると発表しました。

三重2020.04.03 12:15

感染拡大防止のため、今年度前期授業をオンラインで 三重大学

 三重大学(三重・津市)は、今年度の前期に行われる学部や大学院すべての授業を、原則オンラインで行うと発表しました。

 成績評価については、学生にレポートをオンラインで提出してもらい判断するなどして、大学に来なくてもいい方法を検討しています。

 今月8日に行われる予定だった入学式の中止も決めています。

 また若者の新型コロナウイルス感染拡大を受け、学生に対し、新入生歓迎会など人が集まるイベントについては、中止または延期することを要請しています。

三重2020.04.03 09:24

銚子川で稚アユ7000匹放流 友釣り解禁6月7日 三重・紀北町

 日本屈指の透明度を誇る三重県の銚子川で2日、稚アユが放流されました。
 
 地元の建設会社や漁業組合が多くの人にアユ漁を楽しんでもらおうと毎年この時期に行っているもので、子どもたちが約7000匹を放流しました。
 
 銚子川でのアユの友釣りの解禁は6月7日です。

三重2020.04.02 17:07

ブラジル国籍の男児死亡事件 同居のペルー国籍女を逮捕 三重県警

 去年10月、三重県亀山市でブラジル国籍の当時5歳の男の子が意識不明で病院に運ばれ、その後、外傷性脳障害で死亡しました。
 
 警察によりますと、男児の体には殴られたようなアザがあったことから、警察が捜査。一緒に暮らしていたペルー国籍のベルムデス パーラ ラケル ジュディ容疑者(38)を2日、暴行容疑で逮捕しました。
 
 男の子の体重は平均より7キロ少なく、ベルムデス容疑者は「ベルトで1回殴った」と容疑を認めているということです。

三重2020.04.02 17:07

新型コロナ 三重で20代男性感染、大阪帰省で感染か

 三重県で2日、新たに20代男性が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになりました。男性は大阪府内で感染したとみられています。

 新たに感染が確認されたのは、三重県伊賀市の20代の男性会社員です。男性は先月24日、車で実家のある大阪府に帰省した際、友人3人とともに深夜に飲食店で食事をしたということで、三重県は男性の行動歴などから、大阪府に帰省した際に感染したとみています。男性の症状は快方に向かっており、現在は味覚障害があるということです。

 三重県の鈴木英敬知事は「感染が多く出ている地域への移動については、いま一度慎重に考えてほしい」と県民に呼び掛けています。

三重2020.04.02 12:00

3校が統合した小学校で初めての卒業式 感染対策を徹底 尾鷲市

 今年度3校が統合された三重県尾鷲市の賀田小学校で25日、初めての卒業式が行われ、11人の卒業生が学びやを巣立っていきました。

 新型コロナウイルス感染が広がる中、手の消毒やマスク着用を徹底し、席を約1.5メートル離して座るなどの感染対策をしての式となりました。

 卒業生のひとりは「家にいても卒業式のことばかり考えていたので、みんなが出られて良かった」と話していました。

三重2020.03.25 17:16

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース