岐阜のニュース

スキーシーズン前に リフトの安全をチェック 岐阜・高山市

冬本番を前に、岐阜県高山市のスキー場で、リフトの安全点検が行われました。 安全点検が行われたのは、乗鞍岳のふもと、標高約1250メートルにある「飛騨ほおのき平スキー場」です。 点検では、作業員らが、リフトに人の体重を想定した約60キロの重りを置く荷重検査を行ったり、リフトの動きに問題がないかなどをチェックしました。 飛騨ほおのき平スキー場は12月18日にオープンする予定で、担当者は「安心、安全なスキーを楽しんでほしい」と話していました。

岐阜 2021.12.03 16:42

和洋菓子店がつくる甘さにこだわった“トマト”販売 岐阜・恵那市

栗きんとんで有名な、岐阜県恵那市の「恵那川上屋」が、甘さにこだわったトマトをつくり、11月1日から販売を始めています。 このトマトは、和洋菓子店がつくる甘さにこだわったということで、「おかしなトマト」(1パック・498円)と名付けられ、販売されています。 店によりますと、少子高齢化による農業の担い手不足などの課題がある中で、栗の収穫がない時期に、新たにトマトの生産をすることで、農業の活性化を目指しています。 国や市の支援も受けていて、この日は恵那市の市長が視察し、トマトのできに満足そうでした。

岐阜 2021.12.02 16:35

車がガードレールに衝突し炎上 焼け跡から2人の遺体 岐阜・土岐市

岐阜県土岐市の中央自動車道で車がガードレールに衝突し、炎上。2人が死亡しました。 警察によりますと、2日午後1時半ごろ、土岐市の中央自動車道上りの土岐ジャンクション付近で「車が燃えている」などと、目撃者から警察に通報がありました。 軽乗用車がガードレールにぶつかって横転し、その後、炎上したということです。 車の火は消し止められましたが、焼け跡から2人の遺体が見つかったということです。 この事故の影響で、中央自動車道上りの一部区間が一時、通行止めとなりました。

岐阜 2021.12.02 16:17

介護老人保健施設で高齢者死傷 元介護職員の男 起訴内容否認 岐阜・高山市

4年前、岐阜県高山市の介護老人保健施設で、相次いで高齢者が死傷した事件の初公判が2日行われ、入所者に暴行を加えて死亡させたなどの罪に問われている元介護職員の男は、起訴内容を否認しました。 訴状などによりますと、元介護職員・小鳥剛被告(36)は、4年前の8月、当時勤務していた高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で、入所者の横山秀子さん(当時91)に胸を圧迫するなどの暴行を加えて重傷を負わせた罪と、中江幸子さん(当時87)に同様の暴行を加えて死亡させた罪に問われています。 2日の初公判で、小鳥被告は「暴行はしていません」などと起訴内容を否認しました。 その後の冒頭陳述で、検察側は「両事件とも犯行可能な時間帯は部屋で被害者と2人きりだった」などと指摘。一方、弁護側は「入所者の死傷は意図的なものではなく事件性はない」などと無罪を主張しました。

岐阜 2021.12.02 12:12

新型コロナウイルス“オミクロン株” 岐阜県在住2人が濃厚接触者

1日、海外から帰国した岐阜県在住の2人が、新型コロナウイルス“オミクロン株”の感染者の濃厚接触者であることがわかりました。 このうち1人は、1例目のナミビアの外交官と同じ飛行機に乗っていて、入国後は成田空港近くの宿泊施設で隔離されているということです。 もう1人は、2例目のペルーに滞在歴のある男性と同じ飛行機に乗っていて、車で岐阜県まで戻り、現在は県内の宿泊施設に隔離されています。 2人はいずれも入国時などの2度の検査で陰性でした。 一方、愛知県でも、県内に住む1人が濃厚接触者に認定されています。

岐阜 2021.12.02 09:41

木造2階建て住宅が全焼 1人暮らしの男性(67)が死亡 岐阜・美濃加茂市

 30日、岐阜県美濃加茂市で、住宅が全焼する火事があり、この家に1人暮らしの男性(67)が死亡しました。  警察によりますと、30日午後5時前、美濃加茂市三和町廿屋で、「家が炎上している」と、近所の人から119番通報がありました。  消防車など7台が出動し、火は約2時間後に消し止められましたが、木造2階建て住宅が全焼しました。  この家に1人暮らしの柴田康弘さん(67)が、屋外の敷地内で、意識不明で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。  警察と消防が、火事の原因を調べています。

岐阜 2021.12.01 01:46

“重要な証拠”を男性が否定 裁判のやり直し求める 藤井・前美濃加茂市長

有罪判決が確定した岐阜県美濃加茂市の前市長が30日、裁判のやり直しを求めました。 藤井浩人・前美濃加茂市長は、市内の中学校に浄水装置を設置する便宜を図った見返りに現金30万円を受け取った罪に問われ、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決が確定しています。 裁判では、「現金を渡したと聞いた」などとする贈賄側業者の知人男性の証言が重要な証拠と判断されていましたが、藤井前市長側の弁護士が去年、男性に確認すると、「検事の話に基づき証言をしていて、記憶に基づくものではない」などと、 証言を否定したということです。 30日、藤井前市長らが名古屋高等裁判所を訪れ、男性らの新たな証言などを新証拠として示し、再審=裁判のやり直しを求めました。

岐阜 2021.11.30 19:07

相次ぐ列車内の事件受け 傷害事件想定し、合同訓練 JR高山駅

岐阜県高山市のJR高山駅で30日、走行中の列車内で刃物による傷害事件が起きたという想定で訓練が行われ、警察や消防、JRの職員約100人が参加しました。 訓練では、非常通報装置が押されてから乗客を避難させるまでの流れや、各機関との連絡方法などが確認されました。 また、駅のコンコースでの傷害事件も想定し、犯人逮捕やけが人の搬送などの訓練も行われました。

岐阜 2021.11.30 16:36

約1トンの肥料の下敷きになり男性(71)死亡 岐阜・関市

27日、岐阜県関市で、肥料の詰め替え作業をしていた男性が肥料袋の下敷きになり、死亡する事故がありました。 警察によりますと、27日午後2時すぎ、岐阜県関市の農畜産物加工販売会社で肥料の詰め替え作業をしていた派遣社員の森瀬義明さん(71)が、頭上1メートルの高さから落ちてきた重さ約1トンの肥料袋の下敷きになりました。森瀬さんは意識不明の状態で関市内の病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。 事故当時、森瀬さんは肥料袋の中身をトラックの荷台に移し替える作業をしていて、フォークリフトで吊り上げられた肥料袋の下部にある排出口を開けようとしたところ、何らかの理由で吊っていた袋の取っ手がちぎれて落下したということです。 警察が事故の詳しい原因を調べています。

岐阜 2021.11.29 09:39

通学途中の女子児童、スクールバスにはねられる 岐阜・御嵩町

岐阜県御嵩町で26日、通学途中の小学生がスクールバスにはねられる事故がありました。 警察によりますと、26日午前7時半ごろ、岐阜県御嵩町中の信号のない交差点で、横断歩道を渡っていた小学4年の女子児童(10)が、帝京大可児高校・中学校のスクールバスにはねられました。 女子児童は病院に運ばれ、両ひざを擦りむくなどの軽傷です。 スクールバスの男性運転手(68)と、生徒13人にけがはありませんでした。 警察が事故の原因を調べています。

岐阜 2021.11.26 16:34

水道工事めぐる贈収賄事件 岐阜市職員ら起訴内容認める 岐阜地裁

岐阜市の水道工事をめぐる汚職事件の初公判で、職員らは起訴内容を認めました。 起訴状によりますと、岐阜市職員・大野康弘被告(53)は、水道工事の入札で、今年8月に、水道工事会社「沢田工業」の元社長・沢田浩二被告(59)に材料の単価などを漏らして落札させ、おととし9月に、最低制限価格を教えた見返りに自宅のマンホールの取替工事を無償で行わせたとして、偽計入札妨害や加重収賄などの罪に問われています。 また、沢田被告も贈賄などの罪などに問われています。 25日の初公判で、2人は「間違いありません」と起訴内容を認めました。 冒頭陳述で検察側は、2人の関係について「水道事故の緊急対応で休日に待機してもらった沢田被告に対し、大野被告が恩義を感じるようになった」と明らかにしました。 弁護側は「公訴事実については争わない」としました。

岐阜 2021.11.25 19:03

極上の干し柿「堂上蜂屋柿」 ようかん並みの甘さ 岐阜・美濃加茂市

岐阜県美濃加茂市では、最高級のものだと1個あたり1500円ほどする、極上の干し柿と呼ばれる「堂上蜂屋柿」の生産が最盛期を迎えています。 「堂上蜂屋柿」は、美濃加茂市特産の高級干し柿で、糖度は65度ぐらいあり、ようかん並みに甘いのが特徴です。 柿を吊るした棚を外に出して寒風と天日にさらし、日が沈む前に屋内に取り込む作業が40日ほど続けられます。甘みが均一になるよう手でもんだり、表面をハケで優しくなでて糖分を出したりしながら、見た目も美しく仕上げていきます。 「JAめぐみの」では、12月1日からインターネットなどで予約の受け付けを始める予定で、今年は去年よりも2万個多い、6万個の出荷を見込んでいます。

岐阜 2021.11.25 12:15

樹齢1250年超 飛騨国分寺の大イチョウ 鮮やかに色づく 岐阜・高山市

岐阜県高山市の飛騨国分寺の大イチョウが鮮やかに色づき、訪れた人たちの目を楽しませています。 飛騨国分寺の大イチョウは樹齢1250年を超えるといわれ、高さ28メートル、幹の回りが10メートルもある大木で、国の天然記念物に指定されています。 このところの厳しい冷え込みでイチョウ全体が鮮やかに色づき、訪れた人たちの目を楽しませています。 時折、風が吹くと一気に落葉する姿に、地元の人や観光客は歓声をあげ、その幻想的な姿に見入ったり写真を撮ったりと、思い思いに高山の晩秋を楽しんでいました。 この大イチョウが一気に落葉した年は大雪になるといわれており、飛騨路は冬の気配が近づいています。

岐阜 2021.11.24 10:04

“オレンジ色のカーテン” 「連柿」づくり最盛期 岐阜・山県市

岐阜県山県市で、特産の干し柿「連柿」づくりが、最盛期を迎えています。 オレンジ色のカーテンが広がるように軒先に干された柿。山県市伊自良地区の佐野敬二さんのお宅では、特産の干し柿、「伊自良連柿」づくりが最盛期を迎え、連日、作業に追われています。 収穫されたばかりの渋柿「伊自良大実柿」の皮を丁寧にむき、竹串に刺してわらで編み込み、軒先に連なるように天日に干していきます。 柿は1か月ほどであめ色に変わり、甘みが凝縮されるということです。 佐野さんのお宅では、年末までに約350連が作られ、贈答用などとして販売されるということです。

岐阜 2021.11.23 12:05

前市長が再審請求へ 受託収賄などの罪で有罪判決 岐阜・美濃加茂市

賄賂を受け取った罪に問われ、有罪判決が確定した岐阜県美濃加茂市の前市長が、裁判のやり直しを請求することがわかりました。 美濃加茂市の藤井浩人前市長は、市議会議員だった2013年、市内の中学校に浄水装置を設置する便宜を図った見返りに、現金30万円を受け取った罪に問われ、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決が確定しました。 弁護士などによりますと、裁判では「現金を渡したと聞いた」などとする贈賄側業者の友人男性の証言が重要な証拠となりましたが、去年10月ごろ、弁護士が男性に確認したところ「検事の話に基づき証言をしていて記憶に基づくものではない」などと証言を否定したということです。 藤井前市長は証拠能力はないとして、11月30日に名古屋高裁に裁判のやり直しを求めるとしています。

岐阜 2021.11.23 09:54

修学旅行の積立金など約68万円を横領 事務職員(24)を懲戒免職 岐阜県

修学旅行の積立金など約68万円を横領したとして、小学校の男性事務職員が懲戒免職になりました。 岐阜県教育委員会によりますと、22日付で懲戒免職処分となったのは、高山市立宮小学校の事務職員・水野伸哉主事(24)で、ことし4月から9月までの間に、保護者から集めた教材の購入費や修学旅行の積立金など約68万円を横領したということです。 水野主事は「遊ぶ金がほしかった」と話し、すでに全額を弁済しています。

岐阜 2021.11.22 16:27

“岐阜和傘”でXmasツリー 手すきの“美濃和紙”利用 JR岐阜駅前

JR岐阜駅前の商業施設に、岐阜の伝統工芸品「岐阜和傘」を利用したクリスマスツリーが飾られています。 12本のうち7本の和傘には、手すきの「美濃和紙」が使われ、梅などの透かしが施されています。 冬の雪除け対策として使われる「雪吊り」を連想させ、訪れた人たちは、幻想的な冬景色の再現に見入っていました。 「岐阜和傘」を使ったツリーの展示は、12月25日まで行われています。

岐阜 2021.11.22 16:25

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース