静岡のニュース

【速報 新型コロナ】22日、静岡県内で新たに1162人感染 3日連続1000人超、4日連続新規感染者数過去最多を更新

【速報 新型コロナ】22日、静岡県内で新たに1162人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。3日連続で1000人超、4日連続で新規感染者数過去最多を更新した。また、県内で新たにクラスター2件が確認されている。 居住地別では、浜松市236人、静岡市248人、御殿場市40人、磐田市70人、富士市33人、藤枝市35人、沼津市57人、焼津市42人、袋井市29人、三島市27人、伊東市28人、島田市16人、熱海市18人、富士宮市32人、菊川市60人、掛川市25人、長泉町21人、小山町8人、裾野市15人、御前崎市13人、伊豆の国市10人、牧之原市11人、湖西市27人、函南町4人、伊豆市3人、東伊豆町7人、吉田町20人、森町3人、清水町10人、下田市5人、川根本町3人、県外6人となっている。

静岡 2022.01.22 15:41

【速報 新型コロナ】22日、浜松市で新たに240人感染と発表 いずれも無症状または軽症

【速報 新型コロナ】22日、浜松市で新たに240人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。現在の症状は、いずれも無症状または軽症。新規感染者のうち3人は市立学校教職員、1人は市消防局の職員、1人は市立幼稚園職員であることが判明。いずれも感染防止対策実施済みで、業務上の支障はないという。

静岡 2022.01.22 14:18

行政区再編へ 特別委員会と市が各区自治会連合会などに対し最終案の説明を開始 静岡・浜松市

静岡・浜松市の行政区再編に向け、市議会の特別委員会と市は、各区の自治会連合会などに対し最終案の説明を始めた。 浜松市の行政区再編をめぐっては、2021年12月、市議会特別委員会が、現状の7つの区を3つの区に再編する最終案を内定した。これを受け特別委員会と市は、20日から各区の自治会連合会などに対して経過や再編のメリットなどの説明を始めた。2月2日までに全ての区で説明会を開き、2月15日までパブリックコメントを募集する。2023年2月の市議会で、施行日を含む新しい区割りに関する条例案の議決を目指す。

静岡 2022.01.22 12:45

大根の岩場 夜釣り中に転落の男性か 漂流者1人を救助するも搬送先の病院で死亡確認 静岡・伊東市

21日 夜、静岡・伊東市で釣り人が海に転落する事故があり、その後、転落したとみられる男性が救助されたが、死亡が確認された。 警察によると、21日 夜8時ごろ、伊東市富戸の、通称「大根」と呼ばれる海岸の岩場で、釣りをしていた男性が海中に転落した。 男性の転落を目撃した釣り人が消防に通報し、その後、漁協や海上保安部などの捜索で漂流者1人を救助したが、搬送先の病院で死亡が確認された。漂流していた人は、救命胴衣を着用していなかったという。警察で、死亡したのは転落した男性とみて、身元の確認を進めるとともに事故の原因を調べている。

静岡 2022.01.22 12:44

22日 未明 九州・大分市などで震度5強の地震 静岡・磐田市で震度1     津波の心配なし

22日、未明、九州・大分市などで震度5強を観測した地震で、静岡県内では、磐田市で震度1を観測した。この地震による津波の心配はなく、特に被害の報告はない。 22日、午前1時8分ごろ、大分や宮崎で震度5強など広範囲で揺れを観測する地震があった。震源は日向灘で、震源の深さは40キロ、地震の規模はM6.6。 地震は、同じ震源地で午前1時21分ごろ、午前2時43分ごろなど複数回にわたり発生した。 午前1時8分ごろの地震で、県内では、磐田市で震度1を観測したが、津波の心配はなく、特に被害の報告もなかった。

静岡 2022.01.22 12:43

【新型コロナ】21日、静岡県内で新たに1156人感染 静岡市 高齢者3回目ワクチン接種の詳細発表

21日、静岡県内では新型コロナの新規感染者が3日連続で過去最多となった。また静岡市は高齢者のワクチン3回目接種の詳細を発表した。 居住地別では浜松市で268人、静岡市で181人、磐田市で71人、沼津市で65人などあわせて1156人。新規感染者数は3日連続で過去最多となった。 県内の医療体制。病床使用率は県全体で26.2%、21日正午時点での入院者数は120人で、重症者は1人。自宅療養者は4746人。 また、静岡市は65歳以上の3回目のワクチン接種について医療機関で1月29日から、集団接種会場では1月30日から開始することを発表した。集団接種会場は3月までは葵区のクーポール会館、駿河区のアピタ静岡、清水区の清水マリンビルなど7会場で行う予定で、個別接種については約300の医療機関で実施するという。

静岡 2022.01.21 21:16

新型コロナの若年層への感染増で学校にも余波 川根本町では小中学校一斉休校に オンライン授業開始の私立高校も… 静岡県

新型コロナウイルスの若年層への感染が高い割合を占める中、学校現場にも様々な影響が出ている。静岡・川根本町では21日から小中学校が一斉休校に。一方、オンライン授業の開始に踏み切った高校も。 川根本町は複数の学校関係者に新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、感染拡大防止対策として、1月21日から27日まで、町内に6つある小・中学校全校を臨時休校にした。川根本町では小中学生が同じスクールバスで登校していることも考慮し、小中学校の一斉休校に踏み切ったという。 一方、静岡市葵区にある静岡北高校の授業の様子をのぞいてみると…。教室に生徒たちの姿は無く、教員がパソコンを使ってオンライン授業を行っていた。 (静岡北高校 山本 政治 校長) 「(年明けに)実際に本校でも陽性が確定した生徒がいて、すぐにでもオンラインでの対応をしないと校内での感染を拡大させてしまうということでオンライン授業に踏み切りました」 静岡北高校では1月に入り、6日間授業をオンラインに切り替えて実施している。部活動も公式戦がある一部の運動部を除いて休止に。また、大学受験を控えている3年生に対するケアも欠かせない。 (静岡北高校 山本 政治 校長) 「必要に応じて学校に来てもらって個別で対応をしています。オンライン授業も必要に応じて行い、進路の決定まで一緒に歩いていきたいと思っていきます」 また、コロナ対策や授業について不安を持っている保護者が多い中、週に2回程度、約1000人を対象にしたオンライン保護者会を実施し、丁寧な説明を心掛けているという。 (静岡北高校 山本 政治 校長) 「毎回、質問等が数件あり、保護者の方の意見をお伺いしながら改善 につなげております」 日々変化する状況に合わせ、学校現場も対応に奔走している。

静岡 2022.01.21 20:48

“まん延防止措置”の適用を静岡県が国に要請 飲食店からは「またか…」 行政に“酒類提供”求める声も

21日、静岡県は“まん延防止措置”の適用を国に要請した。去年に続き、再び適用となる“まん延防止措置”に、飲食店からは行政に柔軟な対応を求める声が上がっている。 政府は新たに静岡を含む8道府県に“まん延防止措置”を適用する方針で、1月25日にも期間などについて正式決定するよう調整しているという。政府は“まん延防止措置”における飲食店などへの制限について、原則、営業を午後8時までとする時短要請と終日、酒類の提供自粛を求める基本方針を示している。 去年の夏に続き、再び適用となる“まん延防止措置”。飲食店ではどう対応するか頭を悩ませていた。 静岡市の繁華街にある居酒屋「食彩 岩生」。新鮮な刺身などが味わえると評判の店だ。店長はまん延防止の適用について…。 (食彩 岩生 店長 長嶋 宜秀さん) 「前回、緊急事態宣言やまん延防止になったときに、これの繰り返しなのかなとうすうす思っていたので、またこうなってしまったかというのが率直な気持ち」 この店では去年夏の「まん延防止」と緊急事態宣言の期間中は行政の指示に従い、午後8時までの時短営業に加え、酒類の提供を自粛した。その結果、売り上げは例年の1割から2割ほどにまで落ち込んだという。 県によると、今回の第6波ではこれまでとは異なり、飲食店でのクラスターは少ないとのこと。こうした中、飲食店への制限もかかる“まん延防止措置”の適用について、店長の長嶋さんは万全の感染対策を前提としたうえで、酒類の提供は必要不可欠だと話す。 (食彩 岩生 店長 長嶋 宜秀さん) 「うちは居酒屋というカテゴリーで酒を提供しながら美味しい料理を提供している。正直、酒が出せる出せないは大きいなと感じている」 店長は行政に対し、「まん延防止」適用後も一定の制限を設けた上で、酒類を提供できるような対応をお願いしたいと訴えている。 一方、県は政府の基本方針に沿った上で、感染対策について認証を受けた店については、酒類の提供を可能とする選択肢も検討しているという。

静岡 2022.01.21 20:45

【新型コロナ】21日 新型コロナ新規感染者数1156人 3日連続で過去最多 病床使用率は県全体で26.2% 静岡県 

21日 静岡県内では新型コロナの新規感染者が1156人に上り3日連続で過去最多となった。感染者を居住地別でみると、浜松市で268人、静岡市で181人、磐田市で71人、沼津市で65人などあわせて1156人。新規感染者数は20日の1050人を上回り、3日連続で過去最多となった。 新たなクラスターは陸上自衛隊・富士駐屯地、富士市立中央病院、富士市と伊豆の国市の高齢者施設、富士宮市の学校など7件。県によると、20日までの1週間の感染者で最も多い年代は10歳代で27%、次に20歳代が23%だった。 (県健康福祉部 後藤 幹生 参事) 「人に会う機会、会う人数、会う時間を最小限にしていただきたいというのが当面2週間はお願いしたいです」 また、過去最多の新規感染者数となった浜松市は21日に発表した感染者のうち約6割が20代以下の患者だという。子どもや若者を中心に感染が広がるなか、20日夜。 (厚生労働省の専門部会) 「接種対象は“5歳から11歳”。本剤については速やかに薬事承認の手続きを進めることになる」 厚生労働省の専門部会は5歳から11歳の子どもを対象としたファイザー製の新型コロナワクチンについて、特例承認を了承した。投与量は従来の3分の1。 ファイザーが海外で行った臨床試験では、発症を防ぐ有効性は90.7%。重篤な副反応は確認されていないという。政府は、子ども用のワクチンを3月にも各自治体に配布する予定だ。 県によると5歳~11歳の子どもは県内に約22万人いて、それぞれの市町でワクチンが届き次第、接種を開始できるよう準備が進められているという。 県内の医療体制については21日正午時点で、入院者数は20日より9人増えて120人。重症者は1人。病床使用率は西部と東部で30%以上、県全体では26.2%となっている。自宅療養者は4746人で、20日の発表から900人以上増えた。

静岡 2022.01.21 20:41

「走るログ小屋」!? 価格は457万円 コロナ禍でのテレワーク、趣味の部屋にいかが? 静岡・富士市でお披露目

木をたっぷり使い、自然のぬくもりを感じられるログハウスが人気を集めているが、21日、移動可能な”ログ小屋”がお披露目された。 木の香りに包まれるログハウス。別荘や山小屋として人気があるが、静岡・富士市内に運ばれてきたのは…ログハウスより小さい「ログ小屋」。 これはログハウスメーカーが、コロナ禍で在宅勤務が増える中、車でけん引して移動できるログ小屋をテレワークや趣味の部屋として使ってもらおうと開発したもので、静岡県内で初めてお披露目された。 (BESS富士 石井すみれさん) 「コロナ禍によりプライベート空間で過ごす時間が増え、自分の時間を楽しむためにできたログ小屋です」 ログ小屋は国産の杉で作られていて、高さ約2.5m、広さは4畳ほどで価格は457万円。重量が2トンを超えるため、移動させるには大型SUV以上が目安でけん引第一種免許が必要。 (BESS富士 石井すみれさん) 「趣味を存分に楽しんでいただくのもいいし、自然豊かな場所でテレワークの場として活用していただいてもすごくリフレッシュして仕事に打ち込めるのではないかと思う」

静岡 2022.01.21 20:30

電柱に衝突 軽自動車運転の69歳女性死亡 静岡・浜松市中区

21日、静岡・浜松市中区で、軽自動車が電柱に衝突する事故があり、運転していた女性が亡くなった。 警察によると、午前7時ごろ、浜松市中区幸の市道を西に向かっていた軽自動車が電柱に衝突した。この事故で車を運転していた付近に住む69歳の女性が病院へ搬送されたが、その後、死亡が確認された。警察で事故の原因を調べている。

静岡 2022.01.21 20:27

20日の住宅全焼火事で1人の遺体発見 連絡取れない90代女性とみて警察で特定急ぐ 静岡・浜松市

20日、静岡・浜松市の住宅を全焼する火事があり、この家から21日、1人の遺体が発見された。 火事があったのは浜松市東区笠井町の木造2階建ての住宅で、火はこの家を全焼するなどして、約7時間後に消し止められた。この家には母親と息子が2人で暮らしていて、息子は無事だったが、90代の母親と連絡が取れていないという。 警察は現場から見つかった遺体が母親とみて、身元の特定を急いでいる。

静岡 2022.01.21 20:26

愛用グッズを公開 北京オリンピック モーグル日本代表・杉本幸祐選手の特別展示始まる 地元静岡・袋井市役所

静岡・袋井市出身で北京オリンピック フリースタイルスキー モーグル日本代表、杉本幸祐選手に関する特別展示が袋井市役所で始まった。 21日から始まった特別展示には、杉本選手が今シーズンのW杯で使用していたスキー板やゴーグル、ウエアなどが展示されている。袋井市から初となる冬のオリンピック選手の誕生に地元も盛り上がっている。 (袋井市 大場 規之 市長) 「夏冬通じて3人目。62年ぶりのオリンピアンということで袋井市の誇り。市民一丸で応援したい」 (袋井市民) 「誇りです。僕らもスノーボードをやるのでウインタースポーツで有名になってくれるのはうれしい」 北京オリンピックは2月4日に開会式が行われ、杉本選手は3日から始まるモーグルの予選に出場する予定。

静岡 2022.01.21 20:25

【速報 新型コロナ】21日、静岡県内で新たに1156人感染 2日連続1000人超、3日連続新規感染者数過去最多を更新

【速報 新型コロナ】21日、静岡県内で新たに1156人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。2日連続で1000人超、3日連続で新規感染者数過去最多を更新した。また、県内で新たにクラスター7件が確認されている。 居住地別では、浜松市268人、静岡市181人、御殿場市49人、磐田市71人、富士市21人、藤枝市32人、沼津市65人、焼津市32人、袋井市37人、三島市33人、伊東市18人、島田市28人、熱海市20人、富士宮市16人、菊川市48人、掛川市33人、長泉町30人、小山町19人、裾野市14人、御前崎市9人、伊豆の国市19人、牧之原市12人、湖西市39人、函南町17人、伊豆市2人、東伊豆町3人、吉田町10人、森町6人、清水町6人、下田市1人、松崎町1人、南伊豆町1人、川根本町4人、県外11人となっている。

静岡 2022.01.21 15:41

【速報 新型コロナ】21日、浜松市で新たに270人感染と発表 中等症2人のほかは無症状または軽症

【速報 新型コロナ】21日、浜松市で新たに270人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。現在の症状は2人が中等症、そのほかは無症状または軽症。新規感染者の約6割が20歳代以下の年齢層だという。また、新規感染者のうち2人は市立学校教職員、1人は北区の職員、1人は市の福祉施設職員であることが判明。いずれも感染防止対策実施済みで、業務上の支障はないという。

静岡 2022.01.21 14:19

朝火事で住宅4棟焼く 男性1人が病院へ搬送されるも命に別条なし 静岡・焼津市

21日朝、静岡・焼津市の住宅街で火事があり、住宅2棟が全焼したほか2棟の一部を焼いた。 警察と消防によると21日 午前7時半ごろ、焼津市浜当目に住む男性の住宅から火が出た。火は男性の木造平屋建ての住宅を全焼したほか、周辺の住宅3棟に延焼し、約4時間後にほぼ消し止められた。警察によると住宅が全焼した男性は、この家に1人で暮らしていて、この火事で顔に軽いやけどをするなどし病院に搬送されたが命に別条はないという。警察と消防で火が出た原因を調べている。

静岡 2022.01.21 12:54

2日連続新型コロナ感染者確認で静岡・川根本町が小中学校一斉臨時休校措置 1月27日まで

静岡・川根本町は、複数の学校関係者に新型コロナウイルスの感染が確認されたため、21日から27日まで町内の小中学校全校を臨時休校にした。 川根本町では、新型コロナウイルス感染者が19日、20日と2日続けて確認された。このうち、小学校で複数の学校関係者の感染が確認されたことから、校長会を開き感染症拡大防止のため小学校4校と中学校2校の一斉臨時休校を決めた。川根本町では小中学生が同じスクールバスで登校しているということで、臨時休校の期間についてはこうしたことなども考慮し、1月21日から27日までとしている。

静岡 2022.01.21 12:50

21日 静岡県が「まん延防止等重点措置」国に要請 25日にも適用決定へ調整

静岡県が21日「まん延防止等重点措置」を国に要請する事を受け、国は25日にも対策本部を開き適用する方向で調整していることが分かった。 20日 県内では新型コロナの感染者が初めて1000人を超え、夕方には川勝知事が臨時会見で「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請すると発表した。これを受け国は、静岡を含む8道府県について、25日 火曜日にも対策本部を開き「まん延防止等重点措置」を適用することを、正式に決定する方向で調整しているという事だ。適用が始まる日は未定だが、実施期間は来週から3週間程度の見通しだ。また、県は期間中、飲食店へ時短要請を行う方針だがコロナ対策の認証店については夜8時まで酒類の提供が可能となるよう検討しているという。

静岡 2022.01.21 12:47

露天風呂盗撮グループの1人 初公判で起訴内容認める 静岡地裁

露天風呂の盗撮を繰り返していたとして去年12月に摘発された盗撮グループの1人が、起訴内容を認めた。 初公判を受けた岡山市の32歳の男は去年、神奈川や兵庫で10回にわたり、露天風呂に入浴中の女性を山中から盗撮した罪に問われている。 検察側は「インターネット掲示板で知り合った仲間と盗撮を繰り返していた」と指摘した。

静岡 2022.01.20 20:21

リニア工事めぐる有識者会議「中間報告」 静岡県が大井川流域市町や利水関係者と情報共有 利水関係者から“具体策”求める声

リニア新幹線の工事をめぐる有識者会議の「中間報告」を受け1月20日、静岡県は大井川の流域市町や利水関係者と情報を共有した。利水関係者からは“全量戻し”の方法を示すよう求める意見が相次いだ。 リニア新幹線をめぐっては、トンネル工事による大井川の水への影響を懸念して、静岡県がJR東海に対し県内区間の着工を認めていない。 その仲裁役として国が有識者会議を立ち上げ、去年12月の中間報告で「トンネル内に出た湧水を大井川に戻せば、中下流域の水量は維持される」などとまとめた。これを受けて静岡県は20日、大井川の流域市町や利水関係者を集めた会議を開き、中間報告の内容を共有した。 利水関係者からは、県外に流出する水を含めた“全量戻し”方法をJR東海が示すよう求める意見が相次いだ。 (大井川土地改良区 理事長) 「全量を戻すことが明記されましたが、その方法については何も発表されていませんので、戻し方について考える必要があると思います。」 (島田市長) 「現実的に私たちはどうすれば水を守れるのかということについて必死です、真剣です。そこの議論がなかなか踏み込めていないという現状にあると思います。」 今後、県の専門部会で中間報告に関する疑問点について、JR東海に説明を求めていく方針。

静岡 2022.01.20 20:18

静岡県内で火事相次ぐ 下田市ではアパート解体現場など4棟に延焼 浜松市では住宅火災で1人と連絡取れず

1月20日、静岡・下田市と浜松市で火事が相次いだ。 警察などによると、20日午後1時30分ごろ、静岡・下田市のアパート解体現場で火事があり、隣接する住宅3棟に延焼した。火は約2時間後に消し止められ、けが人はいなかった。 一方、午後4時半すぎには浜松市東区の住宅で火事があった。この家は、母親と息子の2人暮らしで、午後7時現在、母親と連絡が取れていないという。

静岡 2022.01.20 20:03

北京五輪代表内定のスノーボーダー 静岡・掛川育ちの三木つばき選手がメダル獲得へ意欲

1月19日に北京五輪代表に内定したスノーボーダー・三木つばき選手。静岡第一テレビは内定直後の三木選手を直撃、北京への思いを聞いた。 静岡・掛川育ちのスノーボーダー・三木つばき選手。昨シーズンのワールドカップで4位に入る活躍を見せて、オリンピック派遣基準をクリア。そして今シーズンにはワールドカップで自身初となる銀メダルを獲得するなどの結果を残し、北京五輪女子パラレル大回転代表の切符を手にした。 1月19日夜、代表内定を決めたばかりの三木選手にオリンピックにかける思いを聞いた。 (三木つばき選手) 「(代表)内定が出て大勢の人がおめでとうとメッセージをくれた。これはワールドカップでは経験できないことだと思うし、出場決定した証でもある。練習でも気を引き締めて気合を入れて頑張りたい。」 三木選手の強みは極限まで重心を低く落としたターン。ワールドカップでもしっかりと雪をつかみ1位の選手を追い詰めていた。 (三木つばき選手) Q)何か名前をつけないか? 「重たいなぁ…じゃあ『つばきターン』で。」 そして最後に北京五輪の目標を聞いた。 (三木つばき選手) 「北京五輪では表彰台を目標にしている。難しいのはわかっているが、狙えないところではない。全力で取りに行きたいと思っている。」 女子パラレル大回転は2月8日に開催予定となっている。

静岡 2022.01.20 19:59

【静岡県】1月20日の感染者数 初の1000人超え 若年層の感染目立つ

1月20日、静岡県内では感染者が初めて1000人を超えた。過去最多の新規感染者数となった静岡市は「若年層の感染が目立っている」と話している。 居住地別でみると、静岡市で218人、浜松市で193人、磐田市で76人、御殿場市で74人、沼津市で61人など計1050人。 新規感染者数が1000人を超えるのは初めてで、前日の877人を上回り2日連続で過去最多となった。 また静岡県内では新たに5件のクラスターが発表された。伊東市の高齢者施設2件でこれまでに10人と5人が、清水町と沼津市の学校2校で10人と6人の感染が確認された。いずれも濃厚接触者が特定されているため、公表はしないという。また、御殿場市の陸上自衛隊・板妻駐屯地でこれまでに6人の感染が確認されている。 過去最多の新規感染者数となった静岡市は「若年層の感染が目立っている」と話している。 静岡県内の医療体制について、病床使用率は西部で32.9%、中部で11.5%、東部で29.1%、県全体では24.3%となっている。20日正午時点で新型コロナの入院患者は前日より29人増えて111人。重症者は1人で、自宅療養者は3830人となっている。

静岡 2022.01.20 19:52

静岡県も“まん延防止”適用を国に要請へ 酒店からは前回同様の制限に疑問も

静岡県内では1月20日、新型コロナの一日の感染者数が初めて1000人を超えた。静岡県知事は静岡に“まん延防止措置”を適用するよう、21日にも国に要請することを決めた。 (静岡県知事) 「静岡県として政府にまん延防止等重点措置を要請する方針を固めました。適用については来週になると存じます。」 県は国に対し、まん延防止等重点措置の適用を要請することを決めた。 要請の理由について知事は、静岡県内の病床使用率が20%を超え、医療従事者や介護職員に感染や濃厚接触者が相次いでいること、直近1週間の新規感染者数が人口10万人あたり100人を超えたことをあげた。 期間は国と調整中だが、1月24日の週から3週間程度で、県内全域が対象となる見通し。 また飲食店への時短要請については、静岡県や浜松市の感染対策の認証店の場合、営業時間は夜9時までで、夜8時まで酒類の提供を可能とするよう検討しているという。 (静岡県知事) 「飲食店が一番大きい感染源だとは到底言えない状況は間違いありません。週末はまん延防止等重点措置が発出しませんので、厳重な警戒をして営業していただきたい。」 去年8月以来の“まん延防止措置”を静岡県民はどう思っているのか。 「県内でも広がってきているので(“まん延防止”は)ありがたい。」 「感染を予防するだけではない、生活は。人によってとらえ方は違 うのかなと思います。」 「子どもの学校生活が普通でなくなってきているので心配です。」 浜松市の飲食店では、感染者が急増してから客足が一気に減り、時短要請を覚悟していたという。 (居酒屋出世 代表) 「『(酒の提供は)8時まで』は自分たちにとって中途半端な時間。平常通り営業したいというのが本音です。2週間くらいは覚悟しているが、2週間できりをつけてほしい。」 一方、静岡市で100年以上続く老舗の酒店。市内を中心に約300の飲食店に酒類を卸している。20日も飲食店へ配達するためトラックに積み込むが… (長谷川和洋酒スタッフ) 「(注文は)少ないです。年が明けてからだんだん少なくなっているなと感じる。」 こちらの店舗では去年の“まん延防止措置”から緊急事態宣言にかけて、飲食店からの酒類の注文が激減。売上は例年の9割も落ち込んだという。店の人は、今回の“まん延防止措置”の要請について、飲食店での感染が目立っていないとして、去年と同様の制限には疑問を感じている。 (長谷川和洋酒スタッフ) 「(“まん延防止措置”について)酒店で仕事をしている身としては出ないでほしい。飲食店ばかり感染の原因だと言われるのはお客様(飲食店)もかわいそうだと思うし、飲食店に商品を卸している立場としてもどうなのかなと疑問に思う。」 専門家は飲食店への時短要請が中心の“まん延防止措置”の効果は限定的だと考えている。 (浜松市感染症対策調整監 矢野邦夫医師) 「今飲食店が中心となって感染が広がっていることではないので、“まん延防止措置”を実施する効果はかなり薄くなるかと思う。現在感染者の多くは若い方。10代~30代が多くて、若い方は集団で動くことがある。例えば学生が部活の部室でマスクを外して会話をしてしまったなど、ちょっとしたところで感染が容易に成立してしまう。今一度若い方がマスクを適切にするということに焦点を合わせた感染対策をお願いしたい。」

静岡 2022.01.20 19:44

トンガ大規模噴火で日本にも到達した“衝撃波”高校生が観測 静岡県

静岡県内でも津波が観測されたトンガ周辺で起きた大規模噴火。津波を増幅させた一因と考えられている現象を磐田市の高校が観測した。 1月15日に南太平洋・トンガ諸島付近で発生した大規模噴火。その影響は約8000キロも離れた日本にも及んだ。静岡県内では御前崎市や沼津市、南伊豆町など7地点で最大70センチの津波が観測されている。 津波の原因の1つとして考えられているのが「衝撃波」。噴火とともに円形に広がった「衝撃波」。気圧のデータからは、噴火の後に赤色で示された波が日本列島を通り抜けていく様子がわかる。全国に置かれた観測機が、1月15日の午後8時から9時にかけて捉えた気圧の上昇が衝撃波とみられている。 津波防災に詳しい常葉大学の阿部郁男教授は、衝撃波で起きた波が陸にぶつかり、後ろから次々と押し寄せる波と重なったことで、津波が高くなった可能性があると分析している。 この衝撃波は、静岡県内の高校でも観測されたという。磐田南高校の地学部は1949年の創部以来、毎日気圧のデータを記録している。衝撃波を捉えたというデータを見ると、普段は小刻みに変化する気圧が、大規模噴火から約7時間後に急激に数値が上がっている。 (磐田南高・地学部 2年生) 「日本から8000キロ離れた場所から磐田まで(衝撃波が)届い ているのは、噴火の恐ろしさ、力強さを感じ驚いた。」 (磐田南高・地学部 1年生) 「まだ原因が解明されていないことがたくさんある。そのことにも疑問を持った。」 地学部はこのデータを静岡大学に提供していて、生徒たちは研究意欲を掻き立てられていた。

静岡 2022.01.20 19:28

【速報】20日 静岡県も“まん延防止”適用へ国に要請する方針を固めたことを発表 21日中に手続き、来週にも適用へ

【速報】静岡県の川勝知事は、県内の新型コロナウイルスの新規感染者が2日連続で過去最多更新するなど感染の急拡大を受けて、20日「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する方針を固めたと発表した。 川勝知事は、会見で、オミクロン株の強力な感染力により県内で2日連続で過去最多更新するなど感染が急拡大していることなどを総合的に勘案し、20日 「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する方針を固めたと発表した。来週の適用を想定し国と調整するという。適用に際しては、飲食店への時短要請も前提としていることを示した。週末を迎えるにあたり県民に厳重な警戒を求めるとともに、「ここ数週間が踏ん張りどころ、皆さまのご協力を切にお願い申し上げる」などと述べた。国への要請手続きについては、20日から準備し、あす21日中に行いたい考えを示した。

静岡 2022.01.20 17:09

【速報 新型コロナ】20日、静岡県内で新たに1050人感染 初の1000人超。2日連続で新規感染者数過去最多を更新

【速報 新型コロナ】20日、静岡県内で新たに1050人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。初の1000人超。2日連続で新規感染者数過去最多を更新した。また、県内で新たにクラスター5件が確認されている。居住地別では、浜松市193人、静岡市218人、御殿場市74人、磐田市76人、富士市18人、藤枝市30人、沼津市61人、焼津市34人、袋井市37人、三島市33人、伊東市31人、島田市29人、熱海市17人、富士宮市11人、菊川市54人、掛川市16人、長泉町10人、小山町8人、裾野市6人、御前崎市11人、伊豆の国市4人、牧之原市4人、湖西市25人、函南町8人、伊豆市7人、東伊豆町3人、吉田町15人、森町2人、清水町7人、下田市1人、川根本町2人、県外5人となっている。

静岡 2022.01.20 15:23

【速報 新型コロナ】20日、浜松市で新たに199人感染と発表

【速報 新型コロナ】20日、浜松市で新たに199人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。現在の症状は2人が中等症、そのほかは無症状または軽症。新規感染者の約6割が20歳代以下の年齢層だという。また、新規感染者のうち3人は市立学校教職員、1人は市消防局職員であることが判明。いずれも感染防止対策実施済みで、業務上の支障はないという。

静岡 2022.01.20 14:20

サッカーJ3藤枝MYFCの選手がスマホで確定申告体験

2月から始まる確定申告を前に、サッカーJ3藤枝MYFCの選手がスマートフォンを使った確定申告を体験した。 スマホで確定申告を体験したのは藤枝MYFCの選手4人。 選手たちはふるさと納税の控除を想定した確定申告書の作成を体験した。今回からはスマホのカメラを使い源泉徴収票を自動入力する新たな機能も加わっている。 税務署では新型コロナの感染リスクを減らすためスマホやパソコンで確定申告できるe-Taxの利用を呼びかけている。

静岡 2022.01.20 12:44

「目標は表彰台」北京五輪内定 静岡・掛川市のスノーボード三木つばき選手(18) メダルへの意気込み語る

北京五輪の女子スノーボード代表に選ばれた静岡県掛川市の三木つばき選手(18)がDaiichi-TVの単独インタビューに応じ、メダル獲得への意気込みを語った。 掛川市の三木つばき選手は1月19日、スノーボード・アルペン競技の北京五輪代表に決まった。 これを受け、地元掛川市では市役所に横断幕が掲示され、三木選手のオリンピック出場を祝った。 三木選手は19日夜、Daiichi-TVの単独インタビューに応じメダル獲得への意気込みについて語った。 (三木選手)「北京五輪では表彰台を目標にしている。難しいことは分かっているが狙えないところではない。全力でメダルを取りに行きたい」 出場するスノーボード女子・パラレル大回転は2月8日に行われる予定。

静岡 2022.01.20 12:43

静岡県も“まん延防止”適用を国に要請へ 20日夕方にも決定

新型コロナのオミクロン株による感染の急拡大を受けて、静岡県が「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する方針を固めたことが分かった。 関係者によると1月19日の感染者が過去最多の877人となるなど急拡大していることから、静岡県は20日にも「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する方針を固めたという。 飲食店への時短要請も検討している。 20日朝、川勝知事は… (記者) Q.まん延防止措置の要請は? (川勝知事) 「きょう夕方、決定しようと」「これだけ(感染者数が)上がってくると、それなりの方向性は見えてきている」 20日中に方針を決定した上で記者会見を開くことを明らかにした。

静岡 2022.01.20 12:30

静岡・浜松市でデジタル地域通貨「はまなこPay」導入へ実証実験 浜名湖かんざんじ温泉を舞台に地域活性化に期待

静岡・浜松市内の観光地では「デジタル地域通貨」の導入に向けた実証実験が行われている。地域を活性化させるというこの取り組みの狙いとは? 「はまなこPay」は、かんざんじ温泉観光協会が始めたもので、周辺地域にある対象店舗のみで利用できる。2月20日まで実証実験中で、対象の宿泊施設に泊まり「はまなこPay」のアプリをダウンロードして利用登録すると、先着で1000円分のポイントがもらえる。さらに1000円をチャージすると、先着で2000円分のポイントをもらうことができる。 (時わすれ開華亭 支配人) 「6~7割のお客様が利用してくれる。ポイントがあるから売店でお土産を買っていこうかというお客様も多いので、かなり効果があったと思います。」 デジタル地域通貨は地元での購買につながるため、導入する地域が全国的に増えている。かんざんじ温泉観光協会では、観光庁の補助金などをもとに導入。使える地域や対象者を広げるため、1月末までアンケートを行い、抽選でポイントを付与するキャンペーンを実施している。 このほか浜名商工会も1月14日から「はまなこPay」を利用して、商工会の加盟店で1000円以上利用すると、先着で500円分のポイントをプレゼントしたり、浜名湖などで釣った魚を500円分のポイントに交換したりするキャンペーンを始めた。 (かんざんじ温泉観光協会 顧問) 「地域通貨というのはこの地域、限られた店でしか使えない。しっかりと地域のお店にお金が落ちていく。釣りをしてポイントをためるなど、アクティビティとかいろいろな活動とセットになるのがポイントだと思っています。」 今後もデジタル地域通貨の活用は広がっていきそうだ。

静岡 2022.01.19 20:30

スノボ―とモーグル 静岡県勢2選手が北京五輪代表に決定!

1月19日、北京オリンピックの女子スノーボード代表が発表され、静岡・掛川市の三木つばき選手が選ばれた。 掛川育ちのスノーボーダー、三木つばき選手18歳は現在高校3年生で、173センチの恵まれた体格を生かした力強い滑りが持ち味。アルペン競技で北京オリンピック代表の座を射止めた。 4歳からスノーボードを始めた三木選手。着々と実力をつけると2016年、史上最年少の12歳でプロデビューを果たす。さらに2018年には史上最年少で日本代表に選出されると、昨シーズンは、ワールドカップで4位に入るなど結果を残し、北京オリンピックへの派遣基準をクリアした。 今シーズンに向けては… (三木つばき選手) 「五輪でメダルを取る前のワールドカップでいかに表彰台に乗るか、いかにベスト4に入るかがメダルにつながっていくと思う。」 シーズン前に徹底した基礎トレーニングで筋力アップを図った三木選手。その成果はワールドカップで発揮された。 去年12月、ロシアで行われた試合で決勝まで勝ち上がった三木選手は、ワールドカップで自己最高の銀メダルを獲得。北京に向けて好調をアピールしていた。 そんな三木選手は去年、すでにこんな目標を口にしていた。 (三木つばき選手) 「目標は五輪で金メダル、世界一です。」 代表決定を受け、三木選手の母・志保子さんは「多くの人に助けていただき立てることになった北京オリンピックなので、みんなが背中に手を置いていると感じながら全力で戦ってきてほしい。満開の笑顔で『万事を尽くした』と帰ってきてくれると信じています。」とコメントした。 このほか静岡県勢では袋井市出身の杉本幸祐選手がフリースタイルスキー・モーグルで代表に内定した。 杉本選手は現在27歳。中学途中まで袋井市で過ごし、その後は長野を拠点に競技活動をしている。

静岡 2022.01.19 20:12

人気スマホゲーム「にゃんこ大戦争」不正改ざんデータを購入・使用か 静岡・島田市の会社員を書類送検

人気スマホゲームの改ざんされたデータを購入し使用したとして、静岡・島田市に住む会社員が書類送検された。 書類送検された島田市の21歳の男性会社員はおととし10月、人気スマホゲーム「にゃんこ大戦争」の不正に改ざんされたデータをダウンロードし、使用した疑いがもたれている。 警察によるとこの会社員は、北海道に住む40代の男性にインターネットを通じて金銭を支払ったうえで、ゲーム内の通貨に当たる「ネコカン」などを不正に購入し使用したとみられる。 この不正行為をめぐっては6道府県で、未成年を含む19人が書類送検されている。

静岡 2022.01.19 20:02

「ワクチン・検査パッケージ」活用一時停止 “行動制限緩和”の方針変更に旅館、飲食店等が困惑 静岡県

政府は1月19日、新たに13都県への“まん延防止措置”の適用とともに「ワクチン・検査パッケージ」の一時停止を決めた。感染拡大時にも事業を継続できるよう準備してきた静岡県内の事業者は肩を落とした。 政府は新たに1都12県へのまん延防止等重点措置の適用を決定した。静岡県に隣接する神奈川や愛知も含まれ、期間は1月21日から2月13日まで。 首都圏からの観光客が多い熱海市の旅館では… (ニューとみよし社長) 「初めてのことではないので、また自粛の営業が続くのかという感じ。実際“まん延防止措置”とか緊急事態宣言になると本格的にキャンセルが増えると想像している。」 さらに政府は「ワクチン・検査パッケージ」の活用も当面、停止することを正式決定した。 「ワクチン・検査パッケージ」は、緊急事態宣言や“まん延防止措置”の対象地域となっても、ワクチンの接種証明書か陰性証明書を示せばイベントや旅行、飲食などの人数制限や移動制限を緩和するもの。この旅館でもパッケージの活用に期待していた。 (ニューとみよし社長) 「スタートラインに立って腰を上げたらストップという感じ。やってみないとわからないところがあって、ワクチン証明を見ながらのオペレーションは経験がないが、いつきてもいいように従業員は準備していた。原点に戻って粛々と営業する。」 「ワクチン・検査パッケージ」の停止について、専門家は「現時点ではやむを得ない」と話す。 (浜松市感染症対策調整監 矢野邦夫医師) 「オミクロン株はワクチンを打った人のブレイクスルー感染が多いので、3回目を接種すれば予防効果は上がるがそうではないので、こういった状況ではやむなしかなと思う。」 「ワクチン・検査パッケージ」に登録した飲食店では、緊急事態宣言などのもとでも5人以上の会食が可能とされているため、静岡県内でも多くの飲食店が感染拡大に備えて登録申請を進め、1月11日時点で2065件の申請が出ている。 パッケージは原則停止となったが、知事の判断で利用することが可能。静岡県は“まん延防止措置”の適用を国に要請するかどうかなど、一週間の感染状況を見ながら県内の行動制限について近く判断する方針。

静岡 2022.01.19 19:59

地元漁師も驚き!静岡・伊豆沖合の定置網に大量のマイワシ・マサバ

静岡・伊豆沖合の定置網では、マイワシやマサバが予想を超える豊漁となっていて漁師たちを驚かせている。 伊東市の富戸漁港から300メートルほど沖合に設置された定置網。1月19日早朝、漁師たちが網を引き揚げると… 網一杯に水揚げされたのはマイワシとマサバ。定置網漁の関係者によると、ことしに入ってからイワシとサバの大群が網に入り、豊漁が続いているという。 1月19日も富戸漁港だけで約15トン、いとう漁協全体では約60トンが水揚げされた。漁師たちも「これほどの水揚げは前例がない」と話す。 (静岡県定置漁業協会 代表理事) 「サバは取れるが、マイワシがこの時季こんなに取れるのは初めて。(理由は)わからない、海に聞いてという感じ。まだ定置網の中に100トン以上いると思うが、マイワシがこれだけ取れるのは初めて。」 水揚げされた魚は静岡県内のスーパーなどに並ぶ。漁師たちは「この時季の魚は脂がのっていておいしい、地元の魚を味わってほしい」と話した。

静岡 2022.01.19 19:43

【新型コロナ】静岡県で過去最多877人の感染発表 病床使用率は20.3%に(1月19日発表)

1月19日、静岡県内では新たに877人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。去年8月19日に確認された675人を大幅に上回り過去最多の感染者数となった。 市町別では浜松市で247人、静岡市で149人、磐田市と御殿場市で各54人、富士市で35人など、計877人が新型コロナに感染したと発表された。新規感染者数が過去最多となるのは去年8月19日以来5か月ぶり。 最も感染者が多かった浜松市では、市内のグループホームでこれまでに職員1人と利用者5人の感染が確認され、新たなクラスターと発表された。6人はいずれも軽症または無症状だという。また浜松市の感染者の約6割は20歳代以下だという。 一方、静岡県は新たに3件のクラスターを発表した。これまでに沼津市と三島市の高齢者施設で各5人、藤枝市の学校で9人の感染を確認している。県によると、いずれも感染者の症状は重症ではないという。 また宿泊療養施設は19日正午時点で、計870室のうち46.8%が使用されていて、県は現在の7施設から増やす方向で調整しているという。 県内の医療体制は19日正午時点で、新型コロナの入院患者は前日より13人増えて92人。病床使用率は西部で32.7%、中部で 7.1%、東部で21.5%、県全体では20.3%となっている。重症者は1人で自宅療養者は3100人。

静岡 2022.01.19 19:36

【速報 新型コロナ】19日、静岡県内で新たに877人感染 新規感染者数過去最多を更新

【速報 新型コロナ】19日、静岡県内で新たに877人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。2021年8月以来 約5か月ぶりに新規感染者数過去最多を更新した。また、県内で新たにクラスター4件が確認されている。居住地別では、浜松市247人、静岡市149人、御殿場市54人、磐田市54人、富士市35人、藤枝市33人、沼津市32人、焼津市25人、袋井市25人、三島市24人、伊東市21人、島田市16人、熱海市16人、富士宮市15人、菊川市14人、掛川市14人、長泉町13人、小山町12人、裾野市11人、御前崎市11人、伊豆の国市9人、牧之原市8人、湖西市8人、函南町7人、伊豆市5人、東伊豆町5人、吉田町4人、森町3人、清水町2人、下田市1人、河津町1人、川根本町1人、県外2人となっている。

静岡 2022.01.19 15:34

【速報 新型コロナ】19日、浜松市で新たに252人感染 新規感染者数過去最多を更新 初の200人台に

【速報 新型コロナ】19日、浜松市で新たに252人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。新規感染者数過去最多を更新 初の200人台に。現在の症状は1人が中等症、そのほかは無症状または軽症。また、新規感染者のうち1人は市立学校教職員、1人は市消防局職員、1人は指定管理施設職員であることが判明、いずれも感染防止対策実施済みで、業務上の支障はないという。このほか市が指導監督権限を持ち天竜興生会が運営するグループホームで、利用者と職員合わせて6人の新型コロナウイルス集団感染が判明し、新たなクラスターと認定された。

静岡 2022.01.19 14:33

停電時に早期復旧へ 中東遠5市1町と電力会社が連携協定を締結 静岡県

掛川市や磐田市など静岡・中東遠地域の5市1町と電力会社が災害による停電の早期復旧のための協定を結んだ。協定締結式には中東遠地域の5市1町の首長と中部電力パワーグリッド静岡支社の中村佳津宏支社長らが参加した。協定では倒木による停電を防ぐために樹木の予防伐採を行うほか病院や避難所など、優先して復旧すべき施設の情報を共有するという。掛川市の久保田市長は「停電の復旧情報の発信について連携を密にしたい」と話した。中部電力パワーグリッド静岡支社ではことし3月までに管内全ての自治体と同様の協定を結ぶ予定。

静岡 2022.01.19 13:03

現職に加え新人1人が立候補表明 3月27日 投開票 静岡・函南町長選挙

任期満了に伴い3月に行われる静岡・函南町長選挙に、現職に加え、新たに新人1人が立候補を表明した。これまでに立候補を表明しているのは現職の仁科喜世志氏(71)。仁科氏は、県議会議員を経て2018年の町長選挙で初当選した。仁科氏は、17日の会見で「町民が安全で安心して快適に暮らせるまちづくりを目指す」と話し新型コロナ対策の継続など改めて2期目への決意を示している。一方、18日に立候補を表明したのは新人で元会社員の塩谷敬治氏(66)。塩谷氏は川のエネルギーの活用や資源のリサイクルの重要性を訴えている。函南町長選挙は、3月22日告示、27日に投開票される。

静岡 2022.01.19 12:55

高齢男性ひき逃げの疑い 27歳のパート事務員の女を逮捕 静岡・浜松市

静岡・浜松市で18日、歩行者の高齢男性を車ではね、けがをさせたまま逃げたとして、警察は19日 朝、浜松市南区に住む女を逮捕した。警察によると、ひき逃げの疑いなどで逮捕されたのは浜松市南区のパート事務員の女(27)。女は18日、浜松市中区で車を運転中に歩行中の男性(81)をはねてけがをさせ、そのまま逃げた疑いがもたれている。車にはねられた男性は肩を打つなどの軽傷だった。警察で捜査していたところ被害者の目撃情報から今回の逮捕に至ったという。

静岡 2022.01.19 12:44

掛川市と袋井市が合同でワクチン集団接種へ 来月14日からエコパスタジアムで(静岡県)

掛川市と袋井市は高齢者向けのワクチン集団接種を合同で実施することを発表した。 これは掛川市と袋井市が中東遠総合医療センターの協力を得て実施するものだ。 会場はエコパスタジアムの会議室と研修室、2月14日~17日、21・22日の計6日間で合わせて4800人分の枠を用意していて、モデルナ社製のワクチンを使用する。 掛川・袋井市と中東遠総合医療センターは効率よく集団接種を行うことでワクチン接種の加速化を期待している。

静岡 2022.01.18 22:09

静岡・東伊豆町で旅館組合は直営カフェオープンへ 看板メニューはアジフライのクレープ?

温泉街に賑わいを取り戻そうと静岡・東伊豆町の旅館組合が空き店舗にカフェをオープンさせる。漁師町らしく「アジフライのクレープ」も看板メニューになるようだ。 17日、関係者にお披露目されたのは東伊豆町稲取のカフェ「タテノイチ」。 (稲取温泉旅館協同組合・瀧組合長) 「稲取温泉がコロナの影響で打撃を受けていて、何とか前を向いて頑張りたいという思いで・・・」 コロナ禍で観光客が減った温泉街に賑わいを作ろうと、稲取温泉旅館協同組合が、観光庁の補助金などを活用し空き店舗をカフェに改装した。 旅館組合が直接カフェを経営するのは珍しく、店の目玉は地元食材を活かしたクレープだ。中には、漁師町らしい「アジフライのクレープ」も。 (クレープを食べている客) 「抹茶の生地のクレープも美味しいしイチゴも美味しかった。またいろんなの試してみたい。アジフライ!アジフライも試してみたい今度!!」 地元には若者が気軽に立ち寄れるカフェも少ないことから、交流拠点となることも期待されている。 カフェ「タテノイチ」は1月20日にオープンする。

静岡 2022.01.18 21:57

静岡県「“まん延防止”要請」か「独自の行動制限」を週内に判断へ 時短営業など“制限”の効果には疑問の声も

感染拡大を受け静岡県は今週中に「まん延防止の要請」か「県独自の行動制限」の実施を判断する方針だ。コロナ病床にまだ余裕はあるが医療現場の負担は徐々に大きくなっている。 17日夜、開かれた静岡県の新型コロナ専門家会議では、現在の感染状況について若い世代で感染が広がっていることなどから「何らかの対策を早急にすべき」という意見が出た。 県は専門家の意見を踏まえ「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請するか、県独自の「行動制限」を実施するか、今週中にも判断することを明らかにした。 (県健康福祉部・後藤参事) 「若い方々に対して感染対策を十分に浸透するような対策をやっていきたい」 県が懸念しているのは地域の医療体制だ。 18日、藤枝市立総合病院を訪れると… (松原アナ・リポート) 「午後1時過ぎの病院内、ご覧のように多くの患者さんが椅子に座って順番を待っているのですが実はこの時期、一般外来の患者さんが急激に増えているということなんです」 元々、冬は風邪などの外来患者が多い時期のためコロナへの対応だけでなく通常の診察や検査も増えていて、医療従事者の負担が大きくなっているという。 (藤枝市立総合病院・中村院長) 「救急を担う総合病院は同じだと思うが、この時期、年末から1月にかけては本当に病床が一般と救急でひっ迫している状態が毎年起きている。今までの一般の病床からコロナ対応の病床を残しているのでそうすると、受け入れられる病床数は例年に比べると50床くらい減らしている」 さらに感染が拡大すれば新型コロナの入院患者が増加し医療全体がひっ迫してしまう可能性を危惧している。 一方、再び検討されている“行動制限”に複雑な思いを抱えるのが「飲食業界」だ。 静岡市の飲食店では去年の「まん延防止」措置では酒類の提供をやめ午後8時までの時短営業に。「緊急事態宣言」では休業の対応を取った。 結果、期間中の売上は例年のおよそ1割にまで落ち込んだ。 (海ぼうず本店・高橋店長) 「お酒は売り上げの半分以上を占めているのでそこを削られてしまうと厳しい」 去年10月以降、客足は徐々に回復していたが、年明け以降は大幅に減っていて、飲食店に制限をかけることの効果がどこまであるのか疑問も感じている。 (海ぼうず本店・高橋店長) 「感染者数が減って増えての繰り返しで(制限に)効果があるのかないのかというところで、また最近は飲食店ではなく家庭内や学校の感染といった話なので、飲食店が厳しくなるのは仕方がないとしても、心に引っかかるものがある」 県によると17日の専門家会議の中では飲食店への時短要請や酒類の提供について「効果があるのか」という声が上がっていて今後、“行動制限”の内容を検討していくという。

静岡 2022.01.18 21:54

【静岡・藤枝市】全国初の試み 郵便局窓口でスマホ操作サポート

スマートフォンの操作が苦手な高齢者などを郵便局の窓口でサポートする取り組みが静岡県藤枝市で始まった。 これは、日本郵便と藤枝市が結んだ包括協定の取り組みの第一弾でLINEの友達登録などのスマートフォン操作を郵便局の窓口でサポートしようというものだ。 このサービスは18日から藤枝市内の3つの郵便局で始まった。日本郵便によると郵便局窓口でのデジタルサポートは全国で初めての取り組みだという。

静岡 2022.01.18 21:35

静岡市の中心市街地の通行量 前年比で3割増に 清水区中心部は13年度以降最少に

静岡商工会議所が実施した静岡市の中心市街地の通行量の調査では、1年前に比べ通行量が約3割増えたことが分かった。 静岡商工会議所は毎年11月に中心市街地の通行量調査を実施している。去年の11月28日、午前10時から午後5時までの調査では市街地の78地点の総通行量は38万7000人で、コロナ流行前の2年前と比べると1割ほど少ないものの、前の年度から33.1%増加した。 最も通行量が多かったのは「パルシェ前中央地下道」で約2万4000人。次に「新静岡セノバ前南口モール」が約2万3000人だった。 また商店街のブロックに分けて通行量を比較すると、七間町はコロナ前の通行量を上回る結果となった。 (記者リポート) 「中でも七間町から人宿町に向かうエリアは新しい店舗が増え、通行量が増えている」 一方、同じ日に行った清水区の中心市街地の調査では、総通行量が1万5108人で、今年度加わった調査地点を除くと、2013年度以降最も少なくなった。

静岡 2022.01.18 21:29

静岡県内でひき逃げ事件相次ぐ 被害者の高校生は3m下に転落

18日、静岡県内では富士宮市と浜松市でひき逃げ事件が相次いだ。事故にあった被害者はいずれも軽傷だった。 警察によると18日午前7時20分ごろ富士宮市青木の県道で乗用車が登校途中の高校生の乗る自転車をはねてそのまま逃走した。 この事故で自転車に乗っていた高校1年生の男子生徒が道路の、のり面から3メートルほど転落し軽いけがをした。 男子生徒によると逃げた車は白っぽい普通乗用車だったという。 また、浜松市中区北寺島町の市道では18日午前8時ごろ、乗用車が歩行中の81歳の男性をはねてそのまま逃走した。 この事故で81歳の男性は左肩を打ち、軽いけがをした。 男性によると逃げた車は白っぽいワンボックスまたはミニバン型の車だったという。 警察は目撃情報などから逃げた車の行方を追っている。

静岡 2022.01.18 21:26

静岡県知事「この2週間の辛抱が重要」感染対策徹底を呼びかけ 濃厚接触者の待機期間は最短6日へ

18日、静岡県知事は臨時会見を開き感染対策の徹底を呼び掛けた。 (静岡県 川勝平太知事) 「今後の感染拡大のピークを抑制するためには、感染拡大初期に当たるこの2週間の辛抱が大変重要である」 このまま感染拡大が続けば「来週にも政府に“まん延防止等重点措置”を要請することになる」と話した。 きょうの会見で静岡県知事は濃厚接触者の待機期間について、医療従事者や介護職員、警察などの「社会機能を維持するために必要な事業」について、事業者が自費で必要な検査をした上で待機期間を最短で6日にすることができると発表した。

静岡 2022.01.18 19:47

【新型コロナ】18日静岡県で616人感染発表 600人台は去年8月以来 学校関連のクラスターが新たに4件 

18日、静岡県内では浜松市で149人、静岡市で108人、磐田市で46人、沼津市で40人、御殿場市で25人、富士市で24人など計616人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。 静岡県内の新規感染者が600人を超えるのは去年8月以来、約4カ月半ぶり。 静岡県消防学校は17日発表した救急科のクラスターについて、18日新たに学生6人の感染が判明したと発表した。このクラスターの感染者は計26人になった。 また静岡県は18日、新たに4件のクラスターが発生したと発表した。御殿場市の学校で11人、焼津市の学校で10人、藤枝市の学校で9人島田市のこども園で7人が感染した。 発表されたクラスターはいずれも学校関連で、全員が軽症または無症状だという。 静岡県は「オミクロン株はデルタ株に比べ若い世代の感染が多い。改めて対策を徹底してほしい」と話している。 静岡県内の医療体制は18日正午時点で、入院患者が79人。 コロナ病床の使用率は、西部で26.2%、中部で9.5%、東部で17.4%。県全体では17.7%。 重症者は1人で、自宅療養者は2608人。

静岡 2022.01.18 19:41

高速道路上で交通規制していた作業員が重体 2人がワゴン車にはねられる【静岡・新東名高速】

18日午前、静岡県森町の新東名高速下り線でワゴン車が交通規制をしていた作業員2人をはねる事故があった。作業員1人が意識不明の重体、もう一人の作業員とワゴン車の運転手が重傷。 警察によると18日午前7時すぎ、森町の新東名高速下り線・森掛川インターチェンジ付近で、走行中のワゴン車が道路上で交通規制をしていた男性作業員2人をはね、作業車に衝突し停止した。 この事故で作業員1人が全身を強く打ち意識不明の重体。もう一人の作業員とワゴン車の運転手が頭などを打って重傷だという。 警察によるとワゴン車は補修工事のため規制されていた追い越し車線にはみ出し作業員をはねたとみられる。

静岡 2022.01.18 19:27

【速報 新型コロナ】18日、静岡県内で新たに616人感染 

【速報 新型コロナ】18日、静岡県内で新たに616人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。 居住地別では、 浜松市148人 静岡市108人 磐田市46人 沼津市40人 御殿場市25人 富士市24人 藤枝市23人 富士宮市、伊東市18人 長泉町、焼津市17人 湖西市16人 掛川市13人 袋井市、熱海市、島田市12人 三島市11人 島田市、袋井市12人など

静岡 2022.01.18 15:21

“オミクロン株”感染拡大 静岡県「今週中にも“まん延防止措置”か“行動制限”を判断」

1月17日、新型コロナに関する静岡県の専門家会議が開かれ県は今週中にも何らかの行動制限を実施する方針を示した。 17日に開かれた県の新型コロナ対策専門家会議では、若い世代で感染が広がっていることや外来診療がひっ迫しつつあるとして「何らかの対策を早急にすべき」という意見が出たという。 専門家の意見を踏まえ、県は「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請するか「県独自の行動制限」を実施するか、今週中にも判断することを明らかにした。 県の担当者は「若い方々に対して感染対策を十分に浸透するような対策をやっていきたい」と話している。 一方、県は感染状況を示す評価レベルは「2」に据え置く方針。

静岡 2022.01.18 12:42

ひき逃げ事件「白っぽい普通乗用車か」 自転車の高校生がはねられ軽傷 静岡・富士宮市

1月18日朝、静岡県富士宮市で自転車に乗った高校生がけがをするひき逃げ事件があった。警察が逃げた車の行方を追っている。 警察によると18日午前7時20分ごろ、富士宮市青木の県道で普通乗用車が走行中の自転車をはねてそのまま逃走した。 この事故で自転車に乗っていた高校1年生の男子生徒が道路ののり面から3メートルほど転落し軽いけがをした。 現場は片側一車線の見通しのいい直線道路で、男子生徒によると逃げた車は「白っぽい普通乗用車」だったという。 警察は防犯カメラや目撃情報などから逃げた車の行方を追っている。

静岡 2022.01.18 12:33

新東名高速 ワゴン車にはねられ…交通規制中の男性作業員が重体 静岡・森町

1月18日朝、静岡県森町の新東名高速下り線でワゴン車が交通規制をしていた作業員2人をはねる事故があった。作業員1人が意識不明の重体。 警察によると18日午前7時過ぎ、森町睦実の新東名高速下り線・森掛川インターチェンジ付近で走行中のワゴン車が道路上で交通規制をしていた男性作業員2人をはねた。 この事故で作業員1人が意識不明の重体、もう一人の作業員もけがをしたが命に別条はないという。 ワゴン車は補修工事のため規制されていた追い越し車線にはみ出し作業員をはねたという。警察が事故の詳しい原因を調べている。

静岡 2022.01.18 12:29

【速報】東海地方で震度2 静岡県西部で震度1 津波の心配なし

18日午前8時16分ころ、東海地方で震度2の地震があった。この地震による津波の心配はない。静岡県内では、浜松中区・東区・西区・南区・北区・天竜区、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市で震度1が観測された。震源地は遠州灘 震源の深さは40km 地震の規模はM3.7と推定される。

静岡 2022.01.18 08:20

トンガ周辺の大規模噴火で16日、静岡県内にも津波注意報 下田市では観光業や海運業にも影響が…

15日の午後1時頃、気象衛星ひまわりの画像。日本から約8000キロ離れた南太平洋・トンガ諸島付近で大規模な噴火が発生した。 この噴火の影響は日本にもおよび、16日未明、鹿児島や岩手では〝津波警報”が、太平洋側には広い範囲で〝津波注意報”が出された。 津波注意報は16日午後2時まで、約14時間にわたり出され、一部の住民らは避難所や高台に避難した。静岡県によると、一時、熱海市で18人、下田市で4人、南伊豆町で2人が避難したという。 (避難者) 「びっくりした。怖かった。(宿泊施設が)海の近くだったので、ちょっと高いところに行ったほうがいいかと思って、一旦サイレンが鳴った時に、山側に移動した」 釣りをするため、御前崎の海岸近くの駐車場で仮眠していたという人は…。 (避難者) 「釣りで港の方にいたが、津波注意報が出たので避難してきた。海のすぐ近くで寝ていた。サイレンが鳴って慌てて起きて、避難してきた」 気象庁によると、静岡県内では御前崎市で70センチ、沼津市で40センチ、南伊豆町で40センチなど7地点で津波が観測された。静岡県によると、この津波による被害は確認されていないという。 しかし、津波注意報が出されたことで、下田市内では観光業や海運業などへ影響が出た。 (伊豆クルーズ 運航管理部長 山田 洋之さん) 「(お客から)結構問い合わせがあったけど、注意報が解除されない限り営業ができないので申し訳ないと伝えた」 伊豆クルーズのほかにも伊豆諸島へ物資などを運ぶ神新汽船も16日は終日欠航となった。 一方、海の上に立地する下田海中水族館も16日、臨時休館に。 (下田海中水族館 営業課長 浅川 弘さん) 「水路が川のように流れていた。午前中はひっきりなしに(波が)入ってきたり、引いたりした。海面に変化がある以上、(イルカを展示プールに)入れられない」 イルカなどの動物たちに影響はなかったという。トンガ周辺で起きた大規模噴火は、遠く離れた県内にも様々な影響を及ぼした。

静岡 2022.01.17 20:36

【新型コロナ】静岡県内で409人感染 月曜過去最多 消防学校でも… クラスター6件

17日、静岡県内では新たに409人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。月曜日としては過去最多だ。 新たな感染者は浜松市で83人、静岡市で67人、磐田市で47人、袋井市で29人、沼津市で22人など合わせて409人。週末は検査数が少ないため、比較的少ない感染者数となる月曜日では初めて400人を超え、過去最多となった。 静岡市などは県消防学校の救急科で17日までに学生20人が感染し、新たなクラスターが発生したと発表した。14日に学生1人の感染が判明したため、入寮している他の学生がPCR検査を受けたところ新たに19人の感染が判明したという。感染した20人は全員ワクチンを2回接種していた。 (静岡県消防学校 太田 直樹 校長) 「社会一般的な対応はしてきたが難しかった。一度にこれだけに(感染者が)出るのは想定外、学校内でどういう経路で、どう広がったのかはつかみ切れていない」 静岡県はこのほか新たに5件のクラスターが発生したと発表した。17日までに焼津市の知人・友人との会食で16人、富士市の保育園で9人、富士宮市の小学校で7人、富士市の幼稚園と島田市の知人・友人の会食でそれぞれ5人が感染したという。 県は「オミクロン株のクラスターの可能性が高い」とみている。 また、御殿場市は2つの小学校で複数の感染者が出たため、1校を17日から19日まで学校閉鎖に、もう1つの小学校を17日から23日まで学級閉鎖にしたことを発表した。 県内の医療体制は17日正午時点で新型コロナの入院患者は16日より10人増えて71人。 病床使用率は西部23.6%、中部8.5%、東部15.9%。県全体では16.1%となっている。重症者は1人で自宅療養者は1925人だ。

静岡 2022.01.17 20:19

トンガ周辺の大規模噴火 南海トラフへの影響は? 火山の専門家「8000キロ離れているので影響はない」

今回の津波のメカニズムは?16日午前2時、気象庁は緊急会見を開き、普通の津波とは違う極めて異例な現象が起き、潮位が急上昇したと発表した。 (気象庁 宮岡 一樹 地震情報企画官) 「今回の潮位変化は、地震に伴い発生する通常の津波とは異なりま す。現時点でこれが津波かどうかということはわかっていません」 火山を専門に研究し、数々の著書も出している静岡大学の小山真人教授に今回の津波のメカニズムを聞いた。 (静岡大学 小山 真人 教授) 「最初に来た津波と、あとに来た津波がある。最初に到達した(津波は)今まで知られていないメカニズムで、爆発的な噴火に伴う〝空振”が発生させた」 通常、津波は地震や火山活動によって海底が動き、海水が押し上げられることで発生する。 気象庁のデータなどによると、静岡・沼津市内浦では15日午後9時ごろ津波の第1波が到達。そして、16日午前0時ごろに第2波が到達した。 小山教授によると、第1波は火山の噴火に伴って発生した「空振」により津波が起きたと考えられるという。 (静岡大学 小山 真人 教授) 「空振は爆発に伴って起きる空気の振動。そういった押しの力が動くと海面がへこんで、へこんだら波が起きる。それが伝わっていくうちに空振が大きくなっていったメカニズム」 そして、静岡県民にとって気になるのは南海トラフとの関連性。影響はあるのか? (静岡大学 小山 真人 教授) 「遠方なので(南海トラフへの)影響はない。南海トラフ地震は日本の沖合のプレートが沈み込み境界で起きる地震。火山噴火は近くに影響を与えて地震を誘発することはあるが、8000キロ離れているので影響はない」 一方、気象庁は「海面変動はしばらく継続する」と注意を呼びけている。 防災を専門に研究する静岡大学の岩田孝仁特任教授は、いざという時の”備え”についてこう話す。 (静岡大学 岩田 孝仁 特任教授) 「今回は遠地の津波で、静岡県内は注意報レベルだった。ただ、静岡の近くの海域、東海地震とか南海トラフ地震が発生した場合は数分で大津波が襲来する可能性がある。そういう場所に住んでいる人は、高台まで逃げることができるか、もう一度点検しておいてほしい」

静岡 2022.01.17 20:16

〝受験合格”〝コロナ終息を願う” JR静岡駅に設置されたボードにメッセージ 企画した若手社員の思いとは?

JR静岡駅で今、利用者の皆さんの“願い事”や“抱負”が掲示されている。企画したのは若手社員、その狙いとは? JR静岡駅のコンコースに昨年末から設置されているこちらのボード。よく見てみると… ボードには〝受験合格”や〝コロナ終息を願う”といったメッセージが寄せられている。これは駅の利用者が“願い事”や“今年の抱負”を書いたもの。入社2年目の若手社員が企画した。 (JR東海 安達 彩花さん) 「静岡駅を利用いただいているお客様に少しでも笑顔になっていただいたり、お客様参加でイベントを開催できたらいいなって」 今までは駅からのお知らせをなどを書き込んったが、コロナ禍で、駅利用者の思いをカタチにできないかと考え企画したのだ。 (JR東海 安達 彩花さん) 「コロナの影響で医療従事者の人も大変な日々を過ごしていると思うので、そういった方々にも少しでも見ていただいて感謝の気持ちだったりエールを送れたらいいなと思って」 このボードは1月22日まで設置される予定で、誰でもメッセージを書いてBOXに投函すれば駅員が選んで掲示される。皆さんも思いを込めてみてはいかが?

静岡 2022.01.17 20:05

【速報 新型コロナ】17日、静岡県内で新たに409人感染 月曜日としては過去最多

【速報 新型コロナ】17日、静岡県内で新たに409人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。 感染者数が少ない傾向にある月曜日としては過去最多で、初めての400人台となった。 居住地別では、 浜松市83人 静岡市67人 磐田市47人 袋井市29人 沼津市22人 富士市18人 湖西市14人 富士宮市13人 島田市・藤枝市12人 掛川市・御殿場市・裾野市・御前崎市8人 三島市・熱海市6人 長泉町・焼津市・吉田町5人 小山町・函南町・伊東市4人 菊川市・森町・伊豆市・清水町・東伊豆町・牧之原市3人 伊豆の国市2人 県外1人

静岡 2022.01.17 15:25

【速報 新型コロナ】17日、浜松市で新たに87人感染 うち約7割が20代以下 現在の症状は11人無症状、76人軽症

【速報 新型コロナ】17日、浜松市で新たに87人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。 浜松市によると87人のうち20代以下が約7割を占めている。 また、現在の症状は11人が無症状で76人が軽症だという。

静岡 2022.01.17 14:16

大規模な地震発生想定した災害対策訓練 【静岡市】

静岡市役所で大規模な地震が発生したという想定で、市長や各部署の担当者が参加した災害対策の運営訓練が行われた。この訓練は災害時における各部署の情報収集体制の確認などを目的に行われた。訓練は、17日午前7時に和歌山県南方沖でマグニチュード9.1の地震が発生、静岡市内で最大震度7の揺れを観測し、津波が到来したという想定で行われた。田辺市長を本部長に災害対策本部を立ち上げ、被災状況や今後の活動方針などを確認した。 (田辺市長) 「リアルな感覚を掴むことが大事なので、まずはできたということをうれしく思う。」

静岡 2022.01.17 12:19

小学校入学を前に学校給食を保育園児が体験 【静岡・吉田町】

小学校入学を前に学校給食に慣れて不安なく入学を迎えられるようにと、先日吉田町の保育園で学校給食体験が行われた。これは、給食の配膳の仕方や片付けをはじめ、給食一人分の量を体験することで学校給食に慣れてもらおうというもの。この日は栄養教諭から配膳方法や食事のマナーの指導を受けた後、盛り付け方や受け取り方を体験した。この日の献立は小学生と同じツナの炊き込みご飯とから揚げ、即席漬け、みそ汁と牛乳、イチゴ。 (園児) 「きょうの方がおいしそう」 (記者) 「何が好き?」 (園児) 「からあげ」 給食の後は片付けも上手にでき、園児たちは小学校入学に胸を膨らませていた。

静岡 2022.01.17 12:18

3回目のワクチン接種 今月からに前倒し 【静岡・焼津市】

焼津市は新型コロナワクチンの3回目の追加接種について、一般高齢者を対象に今月25日から個別接種を開始する。焼津市では、当初、一般高齢者を対象にした追加接種は2月1日から予定していたが、準備が整ったとして、今月25日から個別接種を先行し前倒しを決めた。昨年6月中に2回目の接種を終了した約1万1500人に、17日から接種券を順次発送する。個別接種はファイザー社のワクチンを使用し45の医療機関で開始する。集団接種は2月からの接種となりモデルナ社のワクチンを使用し、大井川保健センターなど3か所で行う。

静岡 2022.01.17 12:18

【新型コロナ】新たに452人が感染 5件のクラスターも確認

1月16日、県内では新たに452人の新型コロナウイルス感染と5件のクラスターが発表された。 新たな感染者452人の居住地は、浜松市が151人、静岡市が79人、沼津市が56人、などとなっている。 県が発表した新たなクラスターは、「御殿場市の学校」「沼津市のスナック」それと、沼津市で行われた3件の「友人・知人の会食」の計5件だ。 病床使用率は、県全体で14%、重症者は1人となっている。

静岡 2022.01.16 19:21

【静岡・裾野市長選挙】新人と現職が立候補して一騎打ちに 1月23日投開票

任期満了に伴う裾野市長選挙が1月16日に告示され、新人と現職の2人が立候補した。 立候補したのは、届け出順に、新人の村田悠候補(34)と、現職の高村謙二さん(57)候補。 元市議の村田さんは、市が進める裾野駅西口の区画整理事業の再検討などを訴えている。 一方、3期目を目指す高村さんは、行財政改革に取り組むなど、これまでの2期8年の実績を訴えている。 裾野市長選挙は1月23日に投開票される。

静岡 2022.01.16 19:17

【津波に関する情報】静岡県内各地の津波到達予想時刻と満潮時刻

静岡県内各地の津波到達予想時刻および満潮時刻は次の通り。 沼津市内浦 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後4時3分 清水 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後3時59分 南伊豆町石廊崎 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後3時52分 御前崎 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後3時58分 舞阪 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後4時24分 下田港 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後3時39分 焼津 津波注意報 (予想)第1波到達時刻確認 (満潮)16日午後3時58分

静岡 2022.01.16 13:14

静岡・裾野市長選挙告示 新人と現職が立候補 23日投開票

任期満了に伴う裾野市長選挙が1月16日、告示され、午前11時までに新人と現職の2人が立候補した。 裾野市長選挙に立候補したのは、届け出順に、新人で元市議の村田悠候補(34)と、現職で3期目を目指す高村謙二候補(57)。 立候補の届け出は16日午後5時まで受け付けているが、これまでのところ立候補した2人以外に動きはなく、一騎打ちとなる公算が大きくなっている。 裾野市長選挙は1月23日に投開票される。

静岡 2022.01.16 12:15

静岡県内に津波注意報 御前崎で70センチなど津波を観測

南太平洋で起きた大規模な火山の噴火に伴い、静岡県内にも津波注意報が発表され、御前崎市などで津波が観測された。 70センチの津波が観測された御前崎市では津波の影響は見られない。 気象庁によると静岡県内では、午前11時までに御前崎のほか下田港、舞阪など広い範囲で津波が観測された。 静岡県内には16日未明に津波注意報が発表され、 一部の住民らが避難所や高台に避難した。 (避難した人) 「海が近かったのでこれはまずいなと思って逃げた」 静岡県によると午前11時時点で、被害は確認されていない。 静岡大学防災総合センターの岩田特任教授は、 「噴火が遠く離れた所で起きたので津波注意報が長時間にわたるのは仕方ない。海岸線に近づかないことが大事」と話している。

静岡 2022.01.16 12:11

【津波注意報】16日静岡県内の交通機関に影響なし

16日、静岡県内には津波注意報が発表されているが、JR東海によると、東海道新幹線、在来線は始発から平常通り運転するという。また、県警によると新東名、東名高速に影響はなく、通行止めの予定もないという。なお、静岡県などによると、県内では津波が到達したが、被害は確認されていないという。

静岡 2022.01.16 05:30

【速報】静岡県に津波注意報 御前崎で70センチなど 県内に津波到達

1月16日午前0時過ぎ、気象庁は静岡県内に津波注意報を発表し、県内の沿岸部に津波が到達した。御前崎市では70センチを観測している。 15日午後、トンガ付近で発生した大規模な火山噴火があり、16日午前0時過ぎ、気象庁は県内に津波注意報を発表した。県内の沿岸部に津波が到達している。 気象庁によると、15日午後11時24分、清水に20センチ、16日午前0時6分、沼津市内浦で40センチ、0時13分、浜松市舞阪で30センチ、午前0時16分、御前崎で70センチの津波が到達した。また、舞阪は午前0時54分にも30センチの津波が観測されている。午前1時57分には南伊豆町石廊崎で40cm、午前2時22分には焼津で30センチ、午前2時42分には30センチの津波が到達している。場所によっては、観測値より大きな津波が到達しているおそれがある。 16日午前3時現在、県内全域に津波注意報が発表されている。津波は第1波より第2波3波の方が高くなる可能性がある。海の近くには絶対に近づかないでください。釣りなどをしている人は海岸から今すぐ離れてください。津波による潮位変化が観測されてから最大波が観測されるまでに数時間以上かかることもある。また、県内の満潮時刻は午前5時~6時頃。 県が全ての市町に確認したところ、県内では午前1時15分現在、けが人や被害は確認されていない。また、県によると、熱海市の避難所に15人、下田市に1人が避難しているという。 県は沼津港の大型水門「びゅうお」を閉め始めた。今後の潮位変化に備えている。中部電力によると、津波が到達した御前崎市にある浜岡原子力発電所に異常は確認されていない。

静岡 2022.01.16 03:35

【速報】静岡県内に津波到達 御前崎市に70センチなど 津波注意報発表中

1月16日午前0時過ぎ、気象庁は県内に津波注意報を発表し、県内の沿岸部に津波が到達した。御前崎市では70センチを観測している。 15日午後、トンガ付近で発生した火山の噴火により、16日午前0時過ぎ、気象庁は県内に津波注意報を発表し、県内の沿岸部に津波が到達した。 気象庁によると、15日午後11時24分、清水に20センチ、午後11時46分、下田港に30センチ、午後11時58分、焼津に20cm、16日午前0時6分、沼津市内浦で40センチ、0時13分、浜松市舞阪で30センチ、午前0時16分、御前崎で70センチの津波が到達した。また、舞阪は午前0時54分にも30センチの津波が観測されていて、この高さを超えて上昇中だ。 16日午前1時45分現在、県内全域に津波注意報が発表されている。津波は第1波より第2波3波の方が高くなる可能性がある。海の近くには絶対に近づかないでください。釣りなどをしている人は海岸から今すぐ離れてください。 県が全ての市町に確認したところ、県内では16日午前1時15分現在、けが人や被害は確認されていない。また、避難所を開設している市町はない。浜岡原発中部電力によると、津波が到達した御前崎市にある浜岡原子力発電所に異常は確認されていない。

静岡 2022.01.16 01:59

水難事故 漁船員の男性が海中に転落 救助されるも死亡 事故当時救命胴衣は着用せず 静岡・御前崎市沖 

15日、静岡・御前崎市沖で漁船員が海に転落する水難事故があり救出後に死亡が確認された。 御前崎海上保安署によると、15日朝6時半ごろ「御前埼灯台から15キロの海上で乗組員が海中に転落した」と戸田漁協所属の漁船の船長から通報があった。転落した68歳の男性は救命胴衣を身に着けておらず、約4時間後に救助されたが、その後死亡が確認された。御前崎海上保安署で転落の原因を調べている。

静岡 2022.01.15 21:08

大学入学共通テスト1日目 静岡県内ではトラブルなどの報告なし

15日から始まった大学入学共通テスト。静岡県内の会場でトラブルなどの報告はないという。 試験会場の1つ、静岡市の静岡大学には15日朝、防寒着に身を包んだ受験生が次々と訪れた。県内での試験は21の会場で行われ、志願者数は約1万5000人。試験では、机や椅子の消毒、教室ごとに消毒用のアルコールを設置、また隣の座席との間隔を確保するなど、新型コロナウイルスへの感染対策が徹底された。初日の県内ではこれまでにトラブルなどの報告はなく、16日は数学などの試験が行われる。

静岡 2022.01.15 18:40

連日新規感染者数が過去最多更新で市長が臨時会見 感染予防対策徹底継続を呼びかけ 静岡・浜松市

2日連続で過去最多の新規感染者数を更新した静岡・浜松市は臨時会見を開いた。 (浜松・鈴木市長) 「市民・事業者の皆様には改めて感染予防対策の徹底をご協力いただくようお願いいたします」 浜松市の鈴木市長は臨時会見し、年明け以降感染者数が急増している状況を危惧し継続した感染予防対策の徹底を呼びかけた。浜松市では直近2週間の感染者のうち30代以下の年代が約8割を占めているという。また、外国人の割合が約3割を占めていることをうけ、浜松国際交流協会のHPなどで「外国人向けの注意喚起動画」を配信するという。

静岡 2022.01.15 18:38

15日 静岡県内の新型コロナ新規感染者は488人 浜松市では2日連続で一日の感染者数過去最多を更新

15日 静岡県内では新たに488人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。浜松市では2日連続で新規感染者数が過去最多となった。 15日 県内では浜松市で170人、静岡市で77人、富士市で33人、焼津市で22人など合わせて488人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。静岡市によると今月12日に死亡が発表された入院中の高齢男性について、ゲノム解析の結果オミクロン株であったと発表、死亡事例における患者のオミクロン株感染の確認は県内初となる。男性には重い基礎疾患があった。2日連続で新規感染者数が過去最多となった浜松市については、15日発表の170人の症状はいずれも軽症または無症状だという。

静岡 2022.01.15 18:35

金魚の初競り 1匹2万9千円で取引のランチュウも 静岡・浜松市

静岡・浜松市で金魚やメダカの初競りが行われ色鮮やかな金魚が次々と競り落とされていた。 浜松市東区にある観賞魚の総合卸商社・清水金魚で13日行われた初競りには県内外から約50の業者が参加した。出品されたのは約3万5千匹の金魚やメダカなどで、多くは1匹100円台から数千円台で取引されたが、金魚の王様ともいわれる「ランチュウ」の中には1匹2万9千円で取引されたケースもあった。清水金魚では「個体の成長が良く取引価格もいい水準で、ことしも癒しを届けられるよういい魚を提供していきたい」などと話していた。

静岡 2022.01.15 14:30

父親の自宅から現金1500万円盗んだ疑いで逮捕・送検の息子を不起訴処分に 地検沼津支部

父親の自宅から現金1500万円を盗んだ疑いで逮捕・送検された男性について、地検沼津支部は14日付で不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。 不起訴処分となったのは東京都港区に住む会社役員の男性。男性は、2021年10月 静岡・沼津市の父親の自宅から現金1500万円を盗んだ疑いで逮捕・送検されていた。地検沼津支部は14日付でこの男性を不起訴処分とした。理由ついては明らかにしていない。

静岡 2022.01.15 14:29

大学入学共通テスト始まる 静岡県内21会場 志願者数は約1万5000人

大学入学共通テストが15日から始まった。試験会場では新型コロナウイルスへの感染対策を徹底したうえで実施されている。 大学入学共通テストの試験会場の一つとなっている静岡市駿河区の静岡大学には15日朝、防寒着に身を包んだ受験生が次々と訪れた。静岡県内での試験は21の会場で行われ、志願者数は約1万5000人。試験は、机や椅子の消毒、教室ごとに消毒用のアルコールを設置、また隣の座席と1メートル程度の間隔を確保するなど、新型コロナウイルスへの感染対策を徹底したうえでの実施となる。試験は15日と16日に行われ、初日の15日は地理歴史や国語などの科目が実施される。

静岡 2022.01.15 14:29

大学入学共通テスト始まる 静岡県内21会場 志願者数は約1万5000人

大学入学共通テストが15日から始まった。試験会場では新型コロナウイルスへの感染対策を徹底したうえで実施されている。 大学入学共通テストの試験会場の一つとなっている静岡市駿河区の静岡大学には15日朝、防寒着に身を包んだ受験生が次々と訪れた。静岡県内での試験は21の会場で行われ、志願者数は約1万5000人。試験は、机や椅子の消毒、教室ごとに消毒用のアルコールを設置、また隣の座席と1メートル程度の間隔を確保するなど、新型コロナウイルスへの感染対策を徹底したうえでの実施となる。試験は、15日と16日に行われ、初日の15日は地理歴史や国語などの科目が実施される。

静岡 2022.01.15 12:03

父親の自宅から現金1500万円盗んだ疑いで逮捕・送検の息子を不起訴処分に 地検沼津支部

父親の自宅から現金1500万円を盗んだ疑いで逮捕・送検された男性について、地検沼津支部は、14日付で不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。 不起訴処分となったのは東京都港区に住む会社役員の男性。男性は、2021年10月 静岡・沼津市の父親の自宅から現金1500万円を盗んだ疑いで逮捕・送検されていた。地検沼津支部は14日付でこの男性を不起訴処分とした。理由ついては明らかにしていない。

静岡 2022.01.15 12:00

金魚の初競り 1匹2万9千円で取引のランチュウも 静岡・浜松市

静岡・浜松市で金魚やメダカの初競りが行われ、色鮮やかな金魚が次々と競り落とされていた。 浜松市東区にある観賞魚の総合卸商社・清水金魚で13日行われた初競りには県内外から約50の業者が参加した。出品されたのは約3万5千匹の金魚やメダカなどで、多くは1匹100円台から数千円台で取引されたが、金魚の王様ともいわれる「ランチュウ」の中には1匹2万9千円で取引されたケースもあった。清水金魚では「個体の成長が良く取引価格もいい水準で、ことしも癒しを届けられるよういい魚を提供していきたい」などと話していた。

静岡 2022.01.15 11:58

【新型コロナ】新規感染者 静岡県内で516人 浜松市では過去最多 下田市では3回目接種前倒しも

静岡県内では新型コロナの新規感染者が急速に増えている。14日、新たに516人の感染が確認され、浜松市では過去最多となった。 14日、静岡県内では浜松市で168人、静岡市で64人、沼津市で43人、磐田市で41人、湖西市で25人、三島市で19人など合わせて516人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。13日 発表の感染者数から約1.4倍になっている。 県内では14日、新たに4件のクラスターが発生したと発表されました。このうち、藤枝市では知人や友人と会食をした6人の感染が確認されクラスタ―となった。 また、部活動でのクラスタ―が相次ぎ、三島市の2つの学校ではそれぞれ生徒5人の感染が確認されたほか、静岡市でも生徒6人への感染が確認されクラスタ―となった。 県によると、13日までの1週間の感染者1112人のうち、オミクロン株の可能性の高い患者が86.5%に上るという。 浜松市の感染者は168人で、過去最多となった。市が発表した感染者の約8割が30歳代以下で、66人は陽性者との接触はなく市中感染が起きている可能性が高いという。 浜松市の自動車メーカースズキは1月6日から13日までに、従業員53人が感染したと発表した。内訳は湖西工場で26人、浜松工場で9人など6つの工場や事業所に及んでいる。工場の稼働への影響はないという。 県内の医療体制については14日 正午時点で、新型コロナの入院患者は、13日より13人増えて48人。病床使用率は西部1.6%、中部5.7%、東部16.1%、県全体では11.2%となっている。重症者は1人で自宅療養者は985人。 デルタ株が流行した去年夏の第5波と比べてもオミクロン株が猛威をふるい、感染者の増加スピードが上がっている第6波。県内の感染者数は12日から13日は約1.8倍、13日から14日は約1.4倍に。クラスターも相次ぐ中、県は今後の感染拡大をどうみているのか? (県健康福祉部 後藤 幹生 参事) 「家族から学校、会社に広がってきているので、まだまだ感染者が増えると考えています」 (Q県内の過去最多は8月に600人台だったと思うが、それを超えることも?) 「単純に今の増えるスピードをみていると、来週火曜・水曜くらいから1000人を超えてくるのではないかとおおまかに考えています」 感染者が増え、緊急事態宣言を国に発出を要請する可能性はあるのか?14日の感染者数は前回、緊急事態宣言が発出された8月20日の620人に近づいているが、病床使用率を比較すると非常に低くなっている。 (県健康福祉部 後藤 幹生 参事) (Q緊急事態宣言要請は?) 「医療がひっ迫しているという条件が必要。消防や警察、物流などのエッセンシャルワーカーの会社が欠席多数になってしまう、そこで回らなくなると社会全体が回らなくなるので、そういう兆しがあれば、何らかのまん延防止や緊急事態の制限をかける必要がおきてくる可能性はある」 県は「社会活動の維持ができなくなり、命や健康の危機が起こりうる。社会を守るために感染対策をしてほしい」と呼びかけている。 一方、下田市では新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大を受け、3回目のワクチン接種を前倒しし、14日からスタートした。 下田市では、当初、3回目の接種を2月2日から予定していたが、医療機関の協力を受けて2週間以上前倒しした。対象となるのは2回目の接種からおおむね8か月が経過した18歳以上の市民で、この病院では7人が接種を受けた。 (接種を受けた医師) 「まだ(3回目接種は)始まっていないところもあるので、早く打てることは安心にもつながるのでありがたいと思う」

静岡 2022.01.14 20:43

「90%程度に引き上げ」 静岡含む南海トラフで40年以内にM8~9級地震の発生確率 政府地震調査委員会

政府の地震調査委員会は13日、南海トラフで40年以内にマグニチュード8から9クラスの地震が発生する確率を「90%程度」に引き上げた。 南海トラフは静岡を含む東海地方から九州に渡って広がる深い溝のことで、政府の地震調査委員会は毎年、南海トラフ巨大地震の発生確率を公表している。 13日、最新の発生確率が公表され、南海トラフで40年以内にマグニチュード8から9クラスの地震が発生する確率について、前の年の「80%から90%」から「90%程度」に引き上げた。地震が起きていない期間が長くなるほど発生確率は上がるという。 一方、巨大地震が30年以内に発生する確率は「70%から80%」、20年以内に発生する確率は「50年%から60%」に据え置かれた。

静岡 2022.01.14 20:34

13キロのブリが干物に!? 「伊東温泉めちゃくちゃ市」の目玉商品に 静岡・伊東市

静岡・伊東市で14日、普段は干物には使わない13キロのブリを使った干物づくりが行われた。この干物は1月22日と23日に開催される「伊東温泉めちゃくちゃ市」の目玉商品になるもの。 普通サイズの魚なら1分もかからない作業だが、勝手が違う大きな魚に悪戦苦闘…。 (石川 真也さん) 「ものすごく大変。もう一本あるのでもっとうまくできる様に頑張りたい」 干物は塩漬けの作業を行ったあと2日間かけて天日干しされる。

静岡 2022.01.14 20:33

構想から30年以上でようやくGO…JR沼津駅周辺鉄道高架化で移転の新貨物ターミナル造成工事着工式 静岡・沼津市

構想から30年以上…ようやく動き出した。JR沼津駅周辺の鉄道高架化に伴い移転される新貨物ターミナルの造成工事の着工式が14日、行われた。 JR沼津駅周辺の鉄道高架事業は中心市街地の活性化や周辺の渋滞解消を目的に、1980年代中頃に検討が始められ、2003年に計画が決定した。しかし、新貨物ターミナルの移転用地を巡り、一部の元地権者が土地の明け渡しに応じなかったため、去年2月、県が移転用地を強制収用する行政代執行に踏み切った。 14日は、鉄道高架事業の第一段階となる新貨物ターミナルの造成工事の着工式が行われ、川勝知事や沼津市の頼重市長が鍬入れを行い工事の安全を祈願した。 (沼津市 頼重 秀一 市長) 「貴重な土地をお譲り頂いた皆様方、そして地域の皆様方のためにもこの事業がしっかりと前進していけるように、県および色々な関係の皆様方としっかりと連携させていただきながら進めさせていただきたい」 新貨物ターミナルは、長さ約2.1キロメートル、敷地面積約11.8ヘクタールで、コンテナホームをはじめ、大雨の際、雨水を一時的に貯めておく調整池や緑地などを整備する計画。 沼津市によると、新貨物ターミナルの造成工事は2023年度中に完了する予定だが、沼津駅周辺の整備事業が全て終わるまでにはまだ長い年月がかかりそうだ。

静岡 2022.01.14 20:29

「抜き取り行為は複数の関与が見られた」冷凍カツオ窃盗事件 焼津漁協設置の「再発防止委員会」初会合 静岡・焼津市

焼津漁港で起きた冷凍カツオの窃盗事件を受け、焼津漁協が設置した「再発防止委員会」の初会合が14日、開催された。 職員らが逮捕された冷凍カツオ窃盗事件をうけ、焼津漁協が初めて開いた「再発防止委員会」。冷凍カツオの窃盗事件をめぐっては焼津漁港に水揚げされた冷凍カツオ約4.4トンを盗んだとして、焼津漁協の職員ら5人がすでに逮捕、起訴されている。また、警察は冷凍カツオの窃盗に関与した疑いがあるとして、去年12月、カツオの運送会社や静岡・焼津市に営業所を置く水産会社などに家宅捜索するなど、新たな窃盗ルートの解明に向け捜査を進めている。 再発防止委員会の初会合。メンバーは漁業関係者、漁協職員、弁護士などの10人。冒頭のみ公開され、現状の対応策の問題点や今後のスケジュールなどについて話し合われたという。 (再発防止委員会 加藤 将和 委員長) 「抜き取り行為は複数の関与が見られた。どのように改善するべきかについて議論した。今後もし不正行為があれば、どうすれば発見できるようになるか次回以降議論していく」 再発防止委員会の活動期間は6月末までで、検討が終わり次第、報告書をまとめる方針。

静岡 2022.01.14 20:28

色鮮やかな愛好家の所蔵品100点余りが一堂に 国の重要文化財・大鐘家でつるし飾り展 静岡・牧之原市

静岡・牧之原市にある国の重要文化財・大鐘家で、愛好家が所有する、つるし飾りを集めた展示会が開かれている。 雛のつるし飾りは、桃の節句の雛段の両側にはぎれで作ったぬいぐるみを吊るす江戸時代から続く風習で、子どもの成長を願う郷土の文化として今に息づいている。 大鐘家の300年の歴史を感じさせる空間に、愛好家らが出展した色鮮やかなつるし飾りなど100点余りが展示されている。つるし飾り展は5月末まで開かれている。

静岡 2022.01.14 20:25

【速報 新型コロナ】14日 静岡県内で新たに516人感染と発表 直近1週間の県の検査で86.5%がオミクロン株の可能性

【速報 新型コロナ】14日、静岡県内で新たに516人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。また県内で新たに4件のクラスターの発生が確認された。 居住地別では浜松市168人、静岡市64人、磐田市41人、沼津市43人、富士市15人、焼津市11人、袋井市21人、富士宮市6人、伊東市16人、御殿場市16人、三島市19人、藤枝市10人、長泉町8人、島田市11人、裾野市5人、牧之原市4人、清水町1人、吉田町1人、伊豆の国市4人、菊川市6人、湖西市25人、下田市2人、熱海市5人、小山町3人、掛川市4人、御前崎市1人、伊豆市1人、東伊豆町3人、県外2人となっている。 このほか、県は、直近1週間に行った394件の検査の結果、86.5%がオミクロン株である可能性が高いと発表した。

静岡 2022.01.14 17:16

【速報 新型コロナ】14日 静岡県内で新たに516人感染と発表 新たなクラスター4件発生

【速報 新型コロナ】14日、静岡県内で新たに516人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。また県内で新たに4件のクラスターの発生が確認された。 居住地別では浜松市168人、静岡市64人、磐田市41人、沼津市43人、富士市15人、焼津市11人、袋井市21人、富士宮市6人、伊東市16人、御殿場市16人、三島市19人、藤枝市10人、長泉町8人、島田市11人、裾野市5人、牧之原市4人、清水町1人、吉田町1人、伊豆の国市4人、菊川市6人、湖西市25人、下田市2人、熱海市5人、小山町3人、掛川市4人、御前崎市1人、伊豆市1人、東伊豆町3人、県外2人となっている。

静岡 2022.01.14 15:23

【速報 新型コロナ】14日、浜松市で新たに166人感染 160人超えは約5か月ぶりで過去最多 14人無症状で152人軽症

【速報 新型コロナ】14日、浜松市は新たに166人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。浜松市で一日の新規感染者が160人を超えるのは2021年8月19日以来 約5か月ぶりで過去最多。 このうち1人は市学校教育部職員、1人は市立学校の教職員と判明。いずれも軽症で、濃厚接触者はなく、関連施設の消毒等感染対策を実施済みだという。 浜松市によると、きょう発表の166人の現在の症状は14人が無症状、残る152人が軽症。

静岡 2022.01.14 14:46

【速報 新型コロナ】14日、浜松市で新たに166人感染発表  160人超えは約5か月ぶり 14人が無症状で152人が軽症

【速報 新型コロナ】14日、浜松市は新たに166人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。浜松市で一日の新規感染者が160人を超えるのは2021年8月19日以来 約5か月ぶり。 このうち1人は市学校教育部職員、1人は市立学校の教職員と判明。いずれも軽症で、濃厚接触者はなく、関連施設の消毒等感染対策を実施済みだという。 浜松市によると、きょう発表の166人の現在の症状は14人が無症状、残る152人が軽症。

静岡 2022.01.14 14:23

熱海土石流 盛り土に関する行政文書「黒塗り」部分を開示 静岡

静岡県熱海市の土石流災害で、県が起点の盛り土に関する対応を記した行政文書の「黒塗り」部分を熱海市議会に開示していたことが分かった。 土石流の起点となった盛り土への対応をめぐっては、県や熱海市が2021年10月、およそ5000ページの行政文書を公開していた。しかし、行政手続きに関わった県や熱海市の担当者の名前などは「黒塗り」にされていたため、2021年12月、熱海市議会は「黒塗り」部分の開示を求めていた。 これを受けて県は13日、「黒塗り」部分を開示した文書を市議会に送った。開示された文書は熱海市議のみ閲覧可能だという。熱海市議会は百条委員会を設置していて、開示された文書をもとに3月から県や市の職員などの参考人招致を行う方針。

静岡 2022.01.14 12:30

ミニロボで挑戦! 小学生がプログラミング授業(静岡・静岡市)

13日、静岡市葵区の小学校でミニロボを使ったプログラミング授業が行われた。 この授業は、静岡の「ものづくり文化」に興味を持ってもらおうと市内4つの企業で組織するミニロボ有限責任事業組合が行ったもので、玉川小中学校の小学5,6年生7人が参加した。 産業用ロボットメーカーIAIの社員が講師を務め、子供たちは、パソコンを使ってロボットに動きを支持するプログラミングを行った。2021年度は県内のおよそ70校でこの授業が行われているという。

静岡 2022.01.14 12:27

静岡産業大学女子サッカー部 全日本大学女子サッカー選手権大会 準優勝を市長に報告(静岡・磐田市)

14日、静岡産業大学女子サッカー部が全日本大学女子サッカー選手権大会の準優勝を静岡・磐田市長に報告した。 磐田市役所を訪れたのは静岡産業大学女子サッカー部の本田美登里 監督、森田和伽選手や大学関係者など5人。静岡産業大学の女子サッカー部は、1月6日に行われた全日本大学女子サッカー決勝戦で早稲田大学に0-1で敗れ、2年連続の準優勝となった。 2年生の森田選手は「結果は準優勝で悔しいが、2年連続準優勝の経験を次に向けてつなげていきたい」と新たな決意を述べた。

静岡 2022.01.14 12:20

静岡県内のオレオレ詐欺 去年の被害総額は約4億1300万円 被害件数は156件で前年から倍増

2021年、静岡県内で起きたオレオレ詐欺による被害金額が4億円を超えたことが分かった。県警は13日から自動車教習所などでも詐欺被害防止を呼びかけている。 県警によると2021年に県内で発生したオレオレ詐欺や還付金詐欺など、いわゆる特殊詐欺の被害件数は、前年から44件増え373件だった。被害額は1億円以上増加し、7億6800万円あまりとなった。 その中で半数以上を占めるのがオレオレ詐欺で、2021年の被害件数は156件(前年+89件)、被害金額は約4億1300万円となった。 年々増加する特殊詐欺被害を防ごうと、県警は13日から、自動車教習所の高齢者講習に訪れた人などに詐欺被害防止を呼びかけている。 県警は「詐欺は人ごとと思わず、知らない電話には絶対に出ない」よう呼びかけている。

静岡 2022.01.13 20:18

コロナ禍の客足減に加え、燃料高騰で暖房費が倍に 富士花鳥園が悲鳴 支援募る【静岡・富士宮市】

静岡・富士宮市の富士花鳥園では、新型コロナの影響で客足が落ち込む中、冬場にかかる暖房費やえさ代を賄うため支援を募っている。 富士宮市の朝霧高原にある富士花鳥園。現在、施設の存続をかけクラウドファンディングを行っている。 1年中花が楽しめ、鳥たちと触れ合うことができる施設だが、ある危機に直面している。 (富士花鳥園 宮本副園長) 「温室内全体を温めるための重油ボイラーです」 鳥や花の生育環境を整えるため、園内の室温は冬も10℃以上に保っている。 この冬は燃料価格の高騰により、例年に比べ暖房に使う重油の使用料が倍近くになり、暖房費とエサ代を含めると12月と1月だけで約650万円に及ぶと言う。コロナ禍で客足が減る中、これが大きな負担になっている。 (富士花鳥園 宮本副園長) 「本来稼げる時期に客がこなかったことがあり、冬場の運転資金を 十分に蓄えることが出来なかった」 こうした費用は入場料収入で賄ってきたが、新型コロナの影響で2021年の来場客は例年の6割になった。 集まった資金は13日の時点で、目標金額であった475万円に到達したが、感染の再拡大で入園者数は下がる一方で不安が募っている。 (富士花鳥園 宮本副園長) 「ご支援いただいた資金をもとに、なんとか冬場を乗り越え、お客様に明るい笑顔でお迎え出来たらいいなと考えている」

静岡 2022.01.13 20:06

専門家「受験生いるなら一緒に食事しない」家族も感染対策徹底を 急拡大で受験生にも危機感【静岡県】

新型コロナの感染が急拡大する中、まもなく本格的な受験シーズンに入る。受験生を取り巻く現状は…そして、周りの大人たちができることとは…。 いよいよ今週末に大学入学共通テストを控え、本格的な受験シーズンに突入する。 感染の急拡大を受け、中高生にも緊張が高まる。静岡・浜松市の学習塾では…。 (佐鳴予備校職員) 「体調管理と消毒ね」 入口では、体調管理チェックシートの記入と消毒を徹底していた。生徒たちの感染対策への意識も高く、冷静な対応ができているという。 (佐鳴予備校 担当者) 「消毒とか検温とか体調管理の対策は十分に準備はしますけれども、ことさら過度に不安をあおるようなことはなく、今まで通りベストを出すのみ。受験に向けて応援すると、その姿勢で生徒の対応に当たっています。」 一方、受験生を受け入れる立場の学校も新型コロナの急拡大に危機感を募らせている。 2月1日と2日に入試を予定している常葉大学附属橘高校では、例年1000人ほどが受験するが、感染対策として試験会場の換気や消毒の徹底、また密を避けるため合格発表はホームページで行うという。 (常葉大学附属橘高校 関本校長) 「試験に集中できる環境を整えて、安心安全の中で受験を行ってもらいたい」 静岡県内の私立高校の入学試験では、受験生が感染したり、濃厚接触者になった場合は2月17日に面接などによる追試験を行うという。 また静岡県教育委員会によると、3月の公立高校の入学試験については、感染者や濃厚接触者になっても「行政検査で陰性であること」「無症状であること」などの条件を満たせば追試験を受けることができる。 今週末に行われる「大学入学共通テスト」について政府は、新型コロナの影響で本試験・追試験どちらも受けられなかった場合、各大学が行う個別入試で合否判定をすることを大学に要請した。 【専門家「受験生の家族も対策徹底を」】 感染症に詳しい浜松医療センターの矢野邦夫医師は、受験生に対しても、今まで通りの対策を徹底してほしいと話す。 (浜松医療センター 矢野邦夫医師) 「新型コロナウイルスはオミクロン株も含め感染者の約半数は無症状」「一見、まったく健康な方々がウイルスを出している可能性がある。友達や家族から感染してしまうことがある」 感染対策は受験生だけではなく、家族の行動も大きく影響すると話す。 (浜松医療センター 矢野邦夫医師) 「一番大切なのはマスクの着用」「マスクを外す時、特に食事の時が危険」「受験生がいる場合は家族と一緒に食事をしない、時間差で食べる、自分の部屋で食べるのも大切」「家族が無症状でもウイルスを出さないとは約束できない。家族も常に受験生に近づくときにはマスクをする。外すときには受験生の近くに寄らない」

静岡 2022.01.13 19:53

冬の海で一時漂流ウイングサーファー救助の瞬間 清水海保が映像公開「海の事件事故は118番に通報を」

12日午後、静岡市の安倍川河口の沖合で、ウイングサーフィンをしていた女性が風に流され一時漂流した。救助の瞬間を清水海上保安部が撮影していた。 (清水海上保安部) 「引っ張ってもカイトごと引けそうですか」 12日午後3時40分ごろ、静岡市駿河区の安倍川河口沖約30メートルの海上でウイングサーフィンをしていた女性がバランスを崩して転倒。体とボードをつないでいたコードが外れ女性が強風に流された。 その後、女性の漂流に気付いた友人が海上保安庁に通報。出動した清水海上保安部の巡視艇によって、女性は通報から約40分後に無事救助された。 (清水海上保安部) 「からだとカイトはつながっているんですか?」「梯子上がれます?」 (女性)「はい」 (清水海上保安部) 「揺れるんで気を付けて」「カイトオーケー上がってください」 (女性)「ありがとうございました」 女性にけがはなく、当時海水の温度は12℃、現場付近には約10メートルの風が吹いていたという。 (清水海上保安部 大川次長) 「冬は気温が低くて、海水の温度も低い。海中に落ちれば体温が低下して、低体温症になる危険性も高くなる」 「基本的に単独行動は控えて、仲間で行動することが重要。今回のケースは仲間と一緒にレジャーをしていて、仲間が異変に気が付いて速やかに通報に繋がった」 清水海上保安部では、マリンレジャーを楽しむ際には救命胴衣を着用することや、海上での事件・事故の緊急時には118番に通報するよう呼びかけている。

静岡 2022.01.13 19:45

【新型コロナ13日】感染者急増も静岡県内の入院患者は35人 重症者は1人 病床使用率は県全体で8.1%

13日静岡県内では浜松市で81人、静岡市で60人、磐田市で56人、沼津市で31人、富士市で22人、焼津市で18人など計382人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。また、過去最多の9件のクラスターが発表された。 静岡県内の医療体制については、13日正午時点で新型コロナの入院患者は35人で重症者は1人。宿泊療養施設の入居者は276人になっている コロナ病床の使用率は、西部8.9%、中部3.5%、東部12.1%、県全体では8.1%。 きのう午後5時時点で自宅療養者は697人。療養先が未定の自宅待機者は204人になっている。

静岡 2022.01.13 19:22

【新型コロナ】静岡県内で新たに382人感染 過去最多の9件のクラスター発生

感染者の拡大傾向は続きそうだ。13日、静岡県内では382人が新型コロナに感染したと発表され、過去最多の9件のクラスターが 発表された。 13日静岡県内では浜松市で81人、静岡市で60人、磐田市で56人、沼津市で31人、富士市で22人、焼津市で18人など計382人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。 また県内で新たに9件のクラスターが発生したと発表された。 伊東市内の会食で12人のほか、裾野市の「川田こどもクリニック」で6人、伊東市と焼津市、袋井市の学校や沼津市の高齢者施設などでクラスターが起きた。 また静岡市はプロバスケットボールチーム「ベルテックス静岡」で、選手など12人が感染しクラスターが発生したと発表した。 1日に新たなクラスターが9件発表されるのは過去最多。 浜松市が発表した感染者の症状は、全員が軽症または無症状だった。浜松市はオミクロン株の可能性がある感染経路不明の感染者が多数いることから「オミクロン株の市中感染が発生している」とみている。 ラグビーリーグワンの「静岡ブルーレヴズ」は11日、選手とスタッフ23人の陽性を確認したと発表した。 静岡ブルーレヴズは4日に4人の感染が明らかになり、9日のリーグ初戦が中止に、さらに16日の試合も中止となった。

静岡 2022.01.13 19:12

【速報 新型コロナ】13日 静岡県内で新たに382人感染確認    約4か月ぶりの300人超え 新規クラスター9件発生

【速報 新型コロナ】13日、静岡県内で新たに382人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。県内で新規感染者数が300人を超えるのは2021年9月4日以来 約4か月ぶり。また県内で新たに9件のクラスターの発生が確認された。居住地別では浜松市81人、静岡市60人、磐田市56人、沼津市31人、富士市22人、焼津市18人、袋井市17人、富士宮市16人、伊東市14人、御殿場市8人、三島市8人、藤枝市8人、長泉町7人、島田市6人、裾野市5人、牧之原市4人、清水町3人、吉田町3人、伊豆の国市2人菊川市2人、湖西市2人、下田市1人、熱海市1人、小山町1人、掛川市1人、御前崎市1人、県外2人、未公表2人となっている。また、県は、1月10日の入国者でオミクロン株感染者の濃厚接触者が新たに2人、県内で確認されたと発表した。この2人の検査結果は陰性で、現時点で体調不良ではないという。

静岡 2022.01.13 17:15

【速報 新型コロナ】13日 静岡県内で新たに382人感染確認 クラスター9件発生を確認

【速報 新型コロナ】13日、静岡県内で新たに382人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。また県内で新たに9件のクラスターの発生が確認された。居住地別では浜松市81人、静岡市60人、磐田市56人、沼津市31人、富士市22人、焼津市18人、袋井市17人、富士宮市16人、伊東市14人、御殿場市8人、三島市8人、藤枝市8人、長泉町7人、島田市6人、裾野市5人、牧之原市4人、清水町3人、吉田町3人、伊豆の国市2人菊川市2人、湖西市2人、下田市1人、熱海市1人、小山町1人、掛川市1人、御前崎市1人、県外2人、未公表2人となっている。

静岡 2022.01.13 15:33

【速報 新型コロナ】13日 浜松市で新たに86人感染と発表 既感染者のうち新たにオミクロン株感染者2人を確認

【速報 新型コロナ】13日、浜松市は新たに86人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち1人は市上下水道部の職員であることが判明している。市によると、関連の職場等は消毒済みで業務上の支障などはないという。また、既感染者のうち新たにオミクロン株感染者2人を確認、うち1人については市中感染の可能性もあるとみられる。この2人の症状は軽症もしくは回復済み。

静岡 2022.01.13 14:34

米久創業者で時之栖会長 庄司清和さんが死去 82歳

大手食肉メーカー米久の創業者で、観光レジャー施設を展開する時之栖会長の庄司清和さんが、1月12日、死去した。82歳だった。 庄司清和さんは1965年に食肉加工の米久食品を創業し、94年には御殿場高原ホテルを設立した。2000年には米久会長を退き、御殿場高原時之栖をレストランやホテルサッカー場などを備える複合レジャー施設に育てあげた。また、静岡県浜松市北区のはままつフルーツパークの指定管理にも乗り出した。通夜は15日、葬儀告別式は16日にとり行われる。

静岡 2022.01.13 13:17

コロナ感染拡大で職場の感染防止対策強化 静岡・焼津市

静岡県焼津市は県が新型コロナの感染状況を引き上げたことを受け、1月13日から職場の執務の分散化など感染防止対策を強化している。 焼津市の勤務体制の5割分散化は13日から開始し、コロナが沈静化するまで行われる。そのため、本庁舎と大井川庁舎、消防防災センターなどは会議室などを利用し、執務場所の分散化を図る予定。 このほか、在宅勤務による職場の人員の抑制や、土日など週休を振り替え、勤務日の分散化を推進することにしている。また、市内の事業所や小中学校、放課後児童クラブ、幼稚園や保育園などに感染防止対策の徹底を通知した。

静岡 2022.01.13 13:17

ウイングサーフィンの女性 一時漂流も清水海上保安部が救助 静岡

1月12日午後、静岡市駿河区の安倍川河口沖で、ウイングサーフィンをしていた女性が風に流され一時漂流したが、かけつけた清水海上保安部の巡視艇に無事救助された。 12日午後3時40分ごろ、静岡市駿河区の安倍川河口沖およそ30メートルの海上で、ウィングサーフィンをしていた女性がバランスを崩して転倒し、体とボードをつないでいたコードが外れ、女性は強風に流された。近くにいた仲間がそれに気づいて清水海上保安部に助けを求め、出動した巡視艇、みほかぜが救助に向かった。 午後4時20分頃、女性を無事に救助した。女性にけがはなかった。清水海上保安部では、マリンレジャーを楽しむ際には救命胴衣を着用することや防水パックに携帯電話を入れて持ち歩くなどするよう呼び掛けている。

静岡 2022.01.13 12:53

交差点でひき逃げ事件 トラックと衝突し、男性はけが 静岡・富士市

1月13日朝、静岡県富士市の交差点で、男性が走ってきたトラックと衝突し、けがをした。トラックはそのまま逃走したため警察で捜査している。 事件が起きたのは、富士市水戸島本町の交差点で、けさ6時すぎ、通行人から「男性とトラックが接触しトラックはそのまま走り去った」と消防に通報があった。警察によると交差点を横断中の成人男性が進入してきたトラックと衝突し、歯が折れるなどのけがをし、病院に搬送されたという。警察はひき逃げ事件として現場から立ち去ったトラックの行方を追っている。

静岡 2022.01.13 12:52

静岡県知事 キャンプ富士の感染拡大で改善求め国に要望 ワクチンや経口薬国産化支援も 12日の全国知事会で

新型コロナウイルスに関する全国知事会議が開かれ、静岡県の川勝知事はキャンプ富士のコロナ感染拡大について意見を述べた。 全国知事会議は、新型コロナの感染症対策について協議し国への提言をするよう開かれた。 川勝知事は、キャンプ富士におけるコロナ感染拡大について、感染状況を自治体が直接把握できないこと事などを問題視し、改善を国へ求めるよう提言した。 またワクチンや経口薬の国産化について、国が積極的に開発支援をし、輸入に頼らないよう進めるべきだと述べた。

静岡 2022.01.12 20:20

「ゆがんだ性的嗜好」少女へのわいせつ行為や盗撮 静岡・富士宮市の元市議に懲役2年4か月の実刑判決

当時9歳の少女の体を触ったとして強制わいせつの罪などに問われた静岡・富士宮市の元市議に、地裁沼津支部は懲役2年4か月の実刑判決を言い渡した。 判決を受けたのは富士宮市の元市議・野本貴之被告(41)。 判決によると野本被告は4年前、当時9歳の少女にわいせつな行為をした罪や、2020年小学生の少女のスカートの中を盗撮した罪などに問われていた。 12日の判決で地裁沼津支部は「自らの性欲のはけ口にする身勝手なものであり、ゆがんだ性的嗜好がうかがわれる。被害者の健全な育成に与える悪影響も懸念される」とした一方、「性犯罪を行わないよう治療を受けること」や「反省の態度を示している」として懲役2年4か月(求刑3年6か月)の実刑判決を言い渡した。

静岡 2022.01.12 20:14

静岡県内のコロナ倒産 去年は46件で前年より16件上回る サービス業、製造業で多く

新型コロナウイルスの影響で、2021年に倒産した静岡県内企業は46件になった。 東京商工リサーチによると、2021年1年間の県内の倒産件数は180件で、前の年と比べ23件減った。 このうち新型コロナの影響で倒産したのは46件で、前の年と比べ16件増えた。業種別ではサービス業や製造業が多くなっている。 一方で、企業に対する国や自治体の支援策の効果もあり、全体の倒産件数は1989年以降で3番目に少なかった。

静岡 2022.01.12 20:07

魚を好きになって!保育園で豪快なマグロの解体ショー 静岡・焼津市

魚を好きになって、たくさん食べてもらおうと、12日静岡・焼津市の保育園でマグロの解体ショーが行われた。 これは「魚のまち焼津」の子どもたちに魚を身近に感じて好きになってもらおうと行われたもの。 12日は焼津南保育園に、園児の背丈ほどもある重さ約30キロのミナミマグロが持ち込まれ、鮮魚組合の職人が、子どもたちの目の前で豪快に解体し、マグロについて説明した。 (鮮魚組合のスタッフ) 「マグロは寝ません マグロは泳いでいないと息ができない魚なので一生泳ぎ続けていく」 こわごわマグロに触れた園児たちは…。 (Qどうですか触ってみて) (園児) 「つるつるだった」 「プリプリだった」 切り身にしたマグロは、12日の給食で食べたという。

静岡 2022.01.12 19:58

旧淡島ホテル破産事件 親会社専務に執行猶予付き有罪判決 静岡・沼津市

静岡・沼津市の旧淡島ホテルの運営会社の破産をめぐる裁判で、被告の男に執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。 判決によると、被告の旧淡島ホテルの親会社の専務は、2019年、社長と共謀してホテルの借地権などを債権者の破産申し立て以前に関連会社に移転したように装った。 12日、地裁沼津支部は「計画的で悪質性は高いが反省している」などとして、被告の男に懲役2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。

静岡 2022.01.12 19:55

コロナ禍で破産した静岡市の「アオイビール」 元従業員が“継承”し復活へ

コロナ禍の不況により醸造していた会社が倒産し事業停止となっていた静岡市のクラフトビールが12日、復活に向けて動き出した。 透き通るような鮮やかな色。静岡市で生まれたクラフトビール、その名も”アオイビール”。 これを作っていた「アオイブリューイング」は“地元に根差したビールメーカーになりたい”という想いで2014年に醸造所を構えた。 「ゴールデンエール」や「駿河エレガント」などのクラフトビールを作り、根強いファンの支持を受けていたが、2021年新型コロナの影響で経営が悪化し破産に追い込まれた。 その時のことを元従業員の福島さんはこう語る。 (元従業員 福島英紀さん) 「本当にやっぱり一番は悲しみもありましたし、なんとかできなかったのかなという悔しい思いもすごいありましたね」 どうしても”アオイビール”を終わらせたくない! 独立して静岡市内で飲食店を経営していた福島さんは競売という形で醸造設備を購入し、その名を引き継ぐことに。 (元従業員 福島英紀さん) 「ほんとに苦しい1年だったのは正直な感想ですけど、自分の中でも苦しい半分、将来への希望も持ちながらの1年でしたね」「なんとかして復活させたいと思っていましたね」 1月6日に、ビールを製造するための免許を取得し、12日が”アオイビール”の復活に向けて初めての仕込みの日となった。 (元従業員 福島英紀さん) 「ちょっと一瞬泣きそうにもなりました、嬉しいです」 復活に向けた第一歩を祝おうと、愛知県でアオイビールを提供してきた飲食店の店主も駆けつけた。 (飲食店店主) 「寂しかったですね、本当に無くなっちゃうんだと思って。今回復活してくれるんで嬉しくて来ちゃいました」「すごくいいですよ。おいしいししっかりしたビール作ってくれるので、それが飲めると思うと嬉しいです」 新型コロナ第6波への不安があるなかでも、前を向いて頑張りたいと福島さんは語る。 (元従業員 福島英紀さん) 「こういった時期なので、なかなかお酒というものはどうしても控えられてしまうので、不安がまったくないわけではないですけど周りからの応援の声をすごくいただいている。コロナに負けていられないのでやるしかない」 「地元に根差したビールメーカーへ」夢を継承し、再び歩み始めた ”アオイブリューイング”の第二章に注目だ。

静岡 2022.01.12 19:48

【新型コロナ】12日、静岡県内の新たな感染者は203人 オミクロン株が急速に主流化か 県内の重症者は1人

12日、静岡県内では新たに203人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。感染者が急増する浜松市では、ほとんどのケースでオミクロン株の疑いがあるという。 12日県内では、浜松市で58人、静岡市で26人、沼津市で20人、三島市で10人、焼津市、富士市で8人など計203人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。 また静岡市では、入院中の重い基礎疾患がある高齢男性の死亡が発表された。新型コロナによる死者の発表は約3か月ぶり。 浜松市は市内の学校の部活動で、12日までに6人が感染し、クラスターが発生したと発表した。 市によると、この部活動は年末年始に県外への行動歴があり、6人のうち3人はデルタ株の検査が陰性で、オミクロン株のクラスターである可能性が高いとみている。6人はいずれも軽症だという。 浜松市の担当者は、これまでにスクリーニング検査した感染者のほとんどがデルタ株の検査で陰性で、すでにオミクロン株に置き換わったものとみて対応しているという。 また県は沼津市のこども園で、園児や職員6人が感染しクラスターが発生したと発表した。6人はいずれも軽症または無症状だという。 県内の医療体制について、12日正午時点で新型コロナの入院患者は29人で、病床使用率は西部7.5%、中部3.5%、東部9.4%、県全体では 6.8%となっている。重症者は1人で自宅療養者は464人。 こうした中、県病院協会の毛利博会長はオミクロン株の急拡大について「感染力が強いため社会経済に与える影響が大きい」と懸念を示した。 (県病院協会 毛利博会長) 「オミクロン株は感染力が強く病原性は低いため気づかないうちに 感染する人が増加することが予想されます。その結果、重症化の少 ない感染爆発が起きる可能性が排除できない」「社会経済に多大なものがあり国や県にきめの細かい対策を求めたい」 毛利会長が勤務する藤枝市立総合病院は、入院患者への面会を12日から再び禁止した。 毛利会長は、沖縄県で医療従事者に陽性者や濃厚接触者が増えていることをあげて「新型コロナ以外の治療に影響が出る可能性がある」と話した。 (県病院協会 毛利博会長) 「現在沖縄で起こっている医療従事者の感染、濃厚接触により職場 から離脱する事態が静岡県でも起こることが想定されている」「外来診療の縮小・停止、緊急を要しない手術などの延期や病床の縮小などあってはならない事態になり助かる命が助からなくなる」 一方で、現在14日間となっている濃厚接触者の隔離期間については地域の感染状況に応じて「期間を短くするべき」と国に早急な対応を求めた。 (県病院協会 毛利博会長) 「隔離期間について、10日あるいは1週間、それは私たちが決め られませんので、国でしっかり議論して早く隔離期間を短くして」「柔軟な対応が必要になってくるんじゃないかと思います」

静岡 2022.01.12 19:41