静岡のニュース

台風12号に関する総合情報(22:30)

 気象庁によると、台風第12号は、現在、伊豆諸島に最も近づいています。25日にかけて、東日本や北日本の太平洋側を中心に、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風やうねりを伴った高波に警戒・注意してください。また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。 <気象庁の発表内容は以下のとおり> [台風の現況と予想]  台風第12号は、23日21時には八丈島の東約130キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルです。  今後、台風は伊豆諸島から次第に離れ、25日にかけて関東の東を北上するでしょう。また、台風の北上に伴い、伊豆諸島から日本の東にのびる前線も関東の東を北上する見込みです。 [防災事項] <大雨・雷・突風>  台風や前線の影響で、東日本から東北地方の太平洋側を中心に、25日にかけて大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。  25日0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、   関東地方、東北地方  180ミリ    その後、26日0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、   東北地方  100から150ミリ   北海道地方  50から100ミリ です。  土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。 <暴風・高波>  台風の接近に伴い、東日本と東北地方の太平洋側では、25日にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、海はうねりを伴った大しけとなる所があるでしょう。  24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、   関東地方  25メートル(35メートル)   伊豆諸島  23メートル(35メートル)   東北地方  20メートル(30メートル)  25日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、   東北地方、北海道地方         20から24メートル(25から35メートル)  24日にかけて予想される波の高さは、   関東地方、伊豆諸島  7メートル   東北地方       6メートル  25日に予想される波の高さは、   東北地方       7メートル    関東地方、北海道地方 6メートル です。北日本では、26日も大しけの状態が続く見込みです。  暴風やうねりを伴った高波に警戒・注意してください。 [補足事項]  今後の台風情報や、地元気象台の発表する警報や注意報、早期注意情報、気象情報等に留意してください。次の「令和2年 台風第12号に関する情報(総合情報)」は、24日5時頃に発表する予定です。

静岡2020.09.23 22:33

お得!県内の宿泊割引 10月から「全国に拡大」

静岡、山梨、長野、新潟県民を対象とした宿泊割引について県は、10月から対象を全国に拡大すると発表した。

これは、県内の宿泊施設を利用する際に1人1泊最大5千円が割り引かれるもので、国が実施している「GoToトラベル」との       併用も可能なもの。

対象を静岡、山梨、長野、新潟県民から全国に広げることで新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるが、川勝知事は「どこまで感染症対策を個人、家族、団体受け入れ側の旅館や施設が徹底しながらお客様を迎えることができるのかが試される」と会見で述べた。

一方、伊豆の国市の宿泊施設は取材に対し、「大変ありがたい。より一層、感染予防対策をしっかりしたい。不安はあると言えばあるし、ないと言えばない」と話した。

予約は「旅行予約サイト」と県内の「旅行業者の店舗」で受け付ける予定で、あわせて6万泊分を用意しているという。

静岡2020.09.23 21:19

1泊最大5000円の宿泊割引 対象を全国に拡大

県民などを対象に、宿泊施設で1泊最大で5000円を割り引く制度について、県は10月から対象を全国に拡大することを発表した。

県はこれまでに静岡、山梨、長野、新潟県民を対象とした宿泊割引を実施していたが、10月から対象を「全国」に拡大することを
発表した。県内の宿泊施設を利用する際に、1人1泊最大5000円が割り引かれる仕組みで、国が実施している「GoToトラベル」との併用も可能。

対象を全国に広げることで感染拡大に対する懸念もあるが、川勝知事は感染症対策を徹底することが前提であると強調した。

川勝知事は「不安を持たない静岡県民はいないのではないかと思う。どこまで感染症対策を個人、家族、団体と、受け入れ側の旅館や施設が徹底しながらお客様を迎えることができるのかが試されると思っている」と話した。

割引対象を全国に拡大したことに、伊豆の国市の宿泊施設「おおとり荘」の原勝政支配人は「大変ありがたく思っている。より一層、感染予防対策をしっかりしたいと思っている。不安はあると言えばあるし、ないと言えばない」と話している。

割引は「旅行予約サイト」と県内の「旅行業者の店舗」で予約を受け付ける予定で、合わせて6万泊分を用意しているという。

静岡2020.09.23 20:22

浜松の区再編 全議員参加で可否判断へ

協議が難航している浜松市の行政区再編について、市議会の特別委員会は、すべての議員が参加して再編の可否を判断することを決め た。

浜松市の行政区再編は、現在4期目の鈴木康友市長が公約に掲げているが、議論が始まって約5年半が経っても結論が出ていない。

市は当初、7つある区を3区にする案を示したが、去年4月に行われた住民投票でこの案は反対多数となり、再編そのものについては賛否が拮抗する結果となっていた。

市は新たに天竜区だけを残して、その他の区をまとめる2区案を示し、協議が続けられていた。

年内に「再編すべきかどうか」を決めるとしていた特別委員会では、23日「ある程度の意見が出された」として、それぞれの委員が再編に対する賛否を表明した。

この結果、賛成7人、反対4人となり、特別委員会としては「再編は必要」と結論付けたが、再編は「議員全員の意思表示をもって決めるべき」という意見でまとまった。

今後、議員全員が参加しての採決の取り方などを議会運営委員会で決めるという。

静岡2020.09.23 20:18

新規感染者3日連続ゼロ 入院患者は75日ぶりに10人以下に

県内では23日にも新型コロナウイルスの新たな感染者は発表されなかった。新たな感染者がゼロになるのは3日連続で、入院患者数は75日ぶりに10人を下回った。

県によると県内では3日連続で新たな感染者が確認されなかった。

入院患者数も減少していて、感染症指定医療機関に5人、一般病院に4人の計9人が入院している。このうち重症患者は1人となっている。

入院患者数が10人を下回るのは7月10日以来75日ぶり。

また、4連休で県をまたぐ移動が増えた影響について県は「3、4日の期間では分からないため今後の状況を注視していく」と話している。

静岡2020.09.23 20:11

「再開」言及せず 清水庁舎移転はトーンダウン

23日の静岡市議会で田辺市長は停止中の3事業について答弁したが、清水庁舎の移転計画の再開については言及せずトーンダウンさせた。

静岡市は新清水庁舎、海洋文化施設、歴史文化施設の3事業について新型コロナの影響を理由に一旦停止していた。

23日の市議会で今後の進め方を問われた田辺市長は、歴史文化施設は「再開」、海洋文化施設については「早期の再開を目指す」と答えた。

一方で、温度差がみられたのが新清水庁舎についての答弁。

「今後の行政サービスの在り方について調査研究を行う」と述べるに留め、再開について言及しなかった。

これまでは「あくまで再開を目指す」としていた田辺市長だが、庁舎の移転新築についてはトーンダウンさせた形となった。

静岡2020.09.23 20:08

台風接近 海は白波も…観光地にも影響

台風12号が関東の南の海上に接近しています。23日夜から24日にかけて伊豆諸島や関東に近づく見通しです。静岡県下田市の田牛浜から中継で伝えます。 午前中から下田市内を取材していますが、雨は降ったりやんだりといった状態で、現在雨は降っていません。ただ、だんだんと風は強くなってきました。海は白波も目立つようになってきています。地元の方に聞いてみても、いつもより波はたっていて、風も台風の雰囲気になってきたとおっしゃっていました。 そして私の後ろには田牛浜の観光名所の竜宮窟という洞窟があるんですが、波にけずられることで、天井部分が一部崩れたことによって大きな天窓が開いた洞窟なんですが、この中に押し寄せる波も、ふだんはもっとおだやかだということです。 観光客「台風の影響なんでしょうかね。もうちょっと海が青いかなと思って来たんですけど」 風は今もだんだんと強くなっていますので、外出の際はお気を付け下さい。

静岡2020.09.23 17:13

三島駅南口の再開発めぐり…住民投票求める署名提出

三島駅南口の再開発について見直しを求めている市民団体は9月23日、集めた署名を三島市に提出した。

署名を提出したのは、三島駅南口東街区の再開発について見直しを求めている市民団体。23日住民投票の請求に必要な約1900人を上回る5200人あまりの署名を三島市に提出した。市民団体は新型コロナウイルスの影響が続く中、再開発を見直すべきだとして8月から1か月間住民投票の実施を求める署名活動を行っていた。今後、署名が有効かどうか審査が行われた後、早ければ11月市議会で住民投票条例案が審議される。

静岡2020.09.23 12:30

東寄りに進路変わるも…台風12号に警戒を

台風12号は9月24日県内に接近する恐れがあり、伊豆を中心に23日夜から24日にかけて激しい雨が降る見込みだ。

台風12号は東寄りに進路が変わり、県内に上陸する恐れはなくなったが、9月24日接近する恐れがある。県内は台風と台風の北側にある前線の影響で、23日夜から24日にかけて所によって激しい雨が降る見込みだ。24日午前6時までに予想される24時間雨量は伊豆で200ミリ、東部で150ミリとなっている。23日朝、下田市では漁船をロープでつなぐ漁師の姿がみられた。一方、下田港内で運行する遊覧船も欠航を決めたという。気象台によると、海上では非常に強い風が吹く見込みで、予想される最大瞬間風速は中部、西部、伊豆で30メートルとなっている。予想される波の高さは中部南、遠州南、伊豆南で5メートルとなっていてうねりを伴った高波に警戒が必要。気象台は土砂災害や低い土地の浸水、高波などに警戒するよう呼び掛けている。

静岡2020.09.23 12:22

連休最終日を楽しむ…南伊豆町でカヌー大会

連休最終日の9月22日、南伊豆町ではアウトリガーカヌーの大会が開催された。この大会は、神奈川県のアウトリガーカヌーの愛好家らが初めて開いた。アウトリガーカヌーは、海洋民族が太平洋に浮かぶ島を行き来するために使ったとされる乗り物で、ハワイやタヒチで古くから親しまれている。大会には県内外から35人が出場し、湾内を往復するショートコースと石廊崎を往復する16キロのロングコースに分かれ、タイムを競った。

静岡2020.09.22 21:47

4連休最終日 県内各地の行楽地が賑わう

9月22日、4連休も最終日になった。行楽地に久しぶりに賑わいが戻るなど、8月のお盆時期と比べても変化がみられる連休だった。

22日、静岡駅では、大きな荷物を持つ家族連れの姿が見られた。東京から帰省した女性は、「自分が妊娠しているので、出産を前に母や親戚の顔を見たいので帰ってきた。家から出かけることがなかったので、今回の4連休が一番出かけたいという気持ちにはなった」と話していた。

県内各地で賑わいを見せた4連休。8月のお盆時期には、全国で1日あたりの新規感染者は1300人程度とあり、遊園地の浜名湖パルパルでは人の姿はまばらだったが、22日、浜名湖パルパルの駐車場には、車がびっしりと停まっていた。20日の全国の新規感染者は480人ほどに減少。人気アトラクションでは、最大40分待ちもあったという。

一方、この連休を近場で過ごしたという人もいた。島田市の公園には、感染リスクを懸念して地元で楽しもうと考えた家族連れが多く訪れていた。子どもを見守っていた親は、「きょう初めて来たが、たくさんの遊具があって楽しい」と話していた。

各地に賑わいをみせた4連休も最終日。県内の高速道路では、Uターンラッシュによる渋滞も見られた。22日午後5時半現在、東名では上りで神奈川県の都夫良野トンネルから駒門パーキングエリアまで20.2キロの渋滞。また新東名では、上りの御殿場ジャンクションから長泉沼津インタ―まで6.4キロの渋滞が発生した。

静岡2020.09.22 21:11

台風12号 県内にかなり接近・上陸か

台風12号が県内を直撃する可能性が出てきた。県内には24日から25日にかけてかなり接近また上陸する恐れがあり、23日からは激しい雨となる所もある見込み。

22日午後3時現在、台風12号は、日本の南を北上し、23日から24日にかけては東日本太平洋沿岸にかなり接近、または上陸する予想となっている。また進路は東寄りに変わり、24日から金曜日にかけては県内にかなり接近または上陸する恐れがあり、海上では強い風が吹きうねりを伴いしける見込み。

雨の予想は県内では22日午後6時からの24時間に多い所で伊豆で120ミリ、東部で100ミリの雨となる見込み。県内に接近または上陸する恐れがある24日から25日にかけては台風の影響に加え前線の活動も活発となり、雨はさらに強まる予想で、23日の午後6時からの24時間に多い所で伊豆・東部で200ミリから300ミリの雨となる見込み。気象台は土砂災害や低い土地の浸水河川の増水などに警戒するよう呼び掛けている。

静岡2020.09.22 20:57

競技用義足体験会で「初めて走れた」 憧れの選手が走る喜び伝える 

来年開催されるパラリンピックへの機運を高めようと、県は22日に障がいのある人を対象とした競技用義足の体験会を開催した。

このイベントは、誰もが走る喜びを知ってほしいという思いから義足を使用している子どもたちを対象に行われたもの。講師には元オリンピック選手の為末大選手やパラリンピックのメダリスト山本篤選手らが駆けつけ、参加した子どもたちに競技用義足の使い方を教えた。

この競技用義足は日常用義足と異なり反発力があるカーボン素材の板ばねを使用している。一見、走るのが難しそうに見えるが子どもたちたちはすぐに慣れ楽しそうに体育館を走っていた。県は、スポーツ体験イベントを通じて来年の東京オリンピック、パラリンピックへの機運を高めたいと話している。

静岡2020.09.22 20:55

静岡商業高校応援団 モーリシャスにエール

座礁船からの重油流出事故の復旧作業が続くモーリシャスに、先日、静岡市内の高校の応援団が応援メッセージを送った。その理由と、応援に込められた思いとは。

全部員が女子生徒という静岡商業高校応援団。去年のラグビーワールドカップ中、イタリア代表チームに見事な応援を披露した。しかし…ことしは新型コロナで高校野球をはじめ応援の場がなくなり、3年生は、そのまま引退となった。

学校横の河川敷で、2年生4人と1年生8人が練習を重ねたが、披露の場がなかった。1年生の部員は、「静商が元気になったり静商を普段から応援してくださっている地域の人たちが元気になれるような部活にしたい」と話していた。

そこへ、静岡市から依頼が。日本の船舶の重油流出事故で苦労を重ねているモーリシャスに、エールを送ることになったのだ。東京オリンピック・パラリンピックで、静岡市がモーリシャスのホストタウンであることが縁だった。

応援団の初舞台。引退した団長の指導を受け、新団長の大畑さんも懸命に取り組んでいた。3年生の部員は、「ことし、3年生ができなかったことがたくさんある。私たちができなかった分、盛大に盛り上げてほしい」と話していた。

さらに直前の練習にはOBも駆けつけ、団員を見守った。本番では、市の職員が動画を収録。団長は「いいものができたと思うので、それがモーリシャスの人々に届くといい。団結力があって、テキパキ動く応援団にしていきたい」と話していた。静岡商業高校応援団の新たな歩みが始まった。

静岡2020.09.22 20:52

”観光業の活性化”と”地元の魅力発見” 富士市の親子バスツアー

富士市では21日、この連休を利用して地元の魅力を再発見してもらう親子バスツアーが開催された。

県内在住の親子を対象としたこのバスツアーは富士市が企画したもの。コロナ禍で集客が落ちる観光地や観光バス会社などの活性化と参加者による地元の魅力の再発見が目的。ツアーでは富士山と茶畑の絶景で有名な「大淵笹場」や田子の浦漁港で地元名物のしらす丼などを堪能した。参加者は「地元だけど知らないところがあると思う」などと話していた。

このツアーは年内に7回予定されていて、富士市の担当者は参加者による地域の魅力発見が地元の観光地の賑わいにつながればと話している。

静岡2020.09.22 20:48

台風12号接近 今後の気象情報に注意

22日朝の県内は快晴となったが、これから台風12号の影響で天気は下り坂となる見込み。
22日6時過ぎ、富士市から富士山をくっきりと見ることができた。各地の最低気温はほぼ平年並みだった。
気象台では、台風12号の接近に伴い、これから県内の天気は下り坂となる見込みで、伊豆の南部では一部ですでに雨が降っている。気象台では、23日正午からの24時間に、多いところで東部伊豆で200から300ミリ、西部、中部で100から150ミリの雨となる見込みと話していて、今後の気象情報に十分注意するよう呼び掛けている。

静岡2020.09.22 13:02

無許可で運送業 男2人逮捕

無許可で運送業を営んでいた疑いなどで22日朝、藤枝市の男ら2人が警察に逮捕された。
逮捕されたのは、藤枝市緑町の河原崎貴弘容疑者と静岡市清水区の会社役員山口昭容疑者。警察は無許可営業の情報をつかみ裏付け捜査を急いでいたが、容疑が固まったとして22日に2人を逮捕した。河原崎容疑者は、無許可で運送業を営んでいた疑い。また、山口容疑者は、自分が代表を務める運送会社名義のトラックを河原崎容疑者に貸し与えた疑いがもたれている。

静岡2020.09.22 12:58

渓流釣りに出かけた男性が行方不明に

21日浜松市天竜区に、渓流釣りに出かけた男性が行方不明となり、警察などが22日朝から捜索した結果、渓流で意識不明の男性を見つけた。
行方不明となったのは袋井市の辻本稔さん(37歳)で、辻本さんは21日午前4時ごろ、家族に渓流釣りに行くといって出掛けたまま行方不明となった。辻本さんの車は、浜松市天竜区の白倉峡で見つかり警察などで捜索したところ、午前8時ごろ辻本さんと思われる男性を発見した。男性は意識不明の状態だという。

静岡2020.09.22 12:55

敬老の日 85歳の現役小児科医

9月21日は敬老の日。年々元気なお年寄りが増えているが、私たちは高齢になっても地域の子供たちの健康を守り続ける85歳の男性を取材した。

21日、川勝知事は御前崎市の齋藤まつえさんを訪ね長寿を祝った。齋藤さんは大正9年生まれで先月11日に100歳を迎えた。

54歳の孫・晃さんによると齋藤さんは手芸が得意で1日3食をしっかり取り体調も問題ないという。この日は横浜に住む孫とひ孫もリモートで長寿を祝った。

県内で今年度100歳を迎える高齢者は1273人で前年度より154人増え過去最多を記録したという。

県内でも元気なお年寄りが増えているが、沼津市には85歳で現役の小児科医がいる。

杉谷正東医師は1935年生まれの85歳。今も週に2回診察を行っている。

インフルエンザや風邪が流行する時期は1日に100人以上の患者を診ることもある。

杉谷医師は「やはり人間の命を預かる身ですから、ミスなく、患者さんを不安なく治療をしていくということが一番大切」と話す。

東京都出身の杉谷医師は幼い頃、体が弱かったことがきっかけで小児科医になることを決意。

30代の頃、国立東静病院(現在の静岡医療センター)で勤務したことを機に沼津市に移り住み、1976年に杉谷小児科医院を開業した。

(杉谷医師)「小児科というのは相手が小さいお子さんですから、自分の苦しみはなかなか訴えられませんよね」「小児科の患者さんというのは数パーセントの中に重い病気がある。そういうのを見分けるのが小児科医・専門医だと思っています」

今年、医師になって58年目の大ベテランでも経験したことがない事態となったのが“新型コロナウイルス”だ。

杉谷医師の病院でも受診控えが続き患者は例年の半分に減った時期もあったという。

取材した日に行われていたのは乳児健診。

杉谷医師の姿を見て小児科医になったという次男の正浩さん(53)と共に交代で健診を進めていく。

健診に訪れた母親たちは杉谷医師についてこう話す

「経験が豊富なので、ささいなことでも聞いたら答えてくれるのでとても信頼している」(20代の母親)
「私も小さい時からここに通っていて、自分が子供産んでまさか自分の子を診てもらうなんで思わなかった。何でも本当に答えてくれるので安心しています」(30代の母親)

85歳の杉谷医師は周囲から止められるまでは小児科医を続けるという。

「お子さんというのは国の宝。地域の住民の皆さんの健康を守っていくっていうことが第一。それをし続ける、できるということが喜びです」(杉谷医師)

これからも地域の子供たちの健康を守り続ける。

静岡2020.09.21 21:16

GoTo効果も 4連休観光地に賑わい

この4連休、県内には多くの観光客が訪れ、観光地を中心に賑わいを見せている。客足が戻りつつある背景には「GoToトラベル」の効果もあるようだ。

連休3日目、浜松市西区の遊園地「浜名湖パルパル」は満員に。また、中世ヨーロッパ風の建物が立ち並ぶ観光スポット「ぬくもりの森」にも多くの人出があった。各地で“久しぶりに”賑わいが戻っていた。

4連休がスタートした19日、熱海は絶好の旅行日和となった。

熱海駅前には、多くの旅行客が。駅前の商店街も、たくさんの人で賑わっていた。東京、横浜、埼玉からの観光客は「温泉に入りたくて来た」などと話していた。

干物店の店員は「人出に関しては一安心。後は売り上げがもう少し良くなってくれればいいんだけどね」と話していた。

約300の宿泊施設がある熱海。

熱海聚楽ホテルは全部で35室あるが、この4連休はほぼ満室だという。さらに「GoToトラベル」が追い風になっているようだ。

熱海聚楽ホテルの峯支配人は「(前日の)夜8時から今朝8時までの件数が30件から40件で東京の方が6~7割」と話していた。

10月からは東京発着も対象になるため、予約が急増しているという。

熱海聚楽ホテルの森田社長は「35%割引ができるGoToトラベルが大きな要因になっていて、多くのお客様の旅行に行くモチベーションにつながっている」と話していた。


一方、下田市の下田海中水族館では、駐車場に入るため長い行列ができていた。

下田海中水族館の浅川営業課長は「きょうは予想以上の人出。9月に入っていい感じだ。明らかにGoToの効果はあるのかなと捉えている」と話す。

新型コロナの影響で団体客のキャンセルは続いているそうだが、20日は例年と同じ水準の約2000人の入場者があったという。

下田市内の道の駅の駐車場も満車状態に。海鮮丼などを求め多くの観光客が訪れた。GoToトラベルを利用した観光客は「だいぶ安くなったので助かった」「6万円弱くらい安くなった」と話していた。

浜名湖かんざんじ温泉は、浜松で発生したクラスターの影響で客足が遠のいていたというが、旅館「開華亭」では、4連休はほぼ満室にまで盛り返したという。

大阪からの観光客は「GoToを使って友人に会いに来た」「浜名湖だったらあまり密にならないかなと思い選んだ」と話していた。

開華亭の若女将・桜井理子さんは「客室も露天風呂付客室などから人気があり、料理も普段よりグレードアップする客が非常に多い。宿泊単価という意味ではGoToトラベルはすごくありがたい。」という。

しかし、まだ団体客が戻らず売り上げは落ち込んだまま…。
今後は“東京からの宿泊客”に期待を寄せている。

桜井さんは「東京の客でもリピーターが大勢いて、応援してくれる方も非常に多いと思うので、GoToトラベルに東京が解禁になることはすごく喜ばしい」と話していた。

静岡2020.09.21 21:02

河津町で住民らが交通安全看板を設置

秋の交通安全運動が始まった21日河津町では住民らが交通安全スローガンを掲げた啓発看板の設置を行った。これは河津町沢田の住民が地域のこどもやお年寄りを、交通事故から守ろうと地元区や子供会に呼び掛けて設置したもの。設置は住民ら15人が参加し見通しの悪いカーブなどを中心に行われた。看板は、町から支給されたものを含む12基が用意され、費用の一部は寄付でまかなわれている。看板には小学生たちが考えた交通安全スローガンが書かれていて通りを走る車に歩行者への注意を呼び掛けていた。

静岡2020.09.21 13:27

死体遺棄で兄弟を逮捕 遺体は父親か

熱海市の住宅で男性の遺体を遺棄した疑いで三島市の49歳と45歳の兄弟が逮捕された。遺体は兄弟の父親とみられている。死体遺棄の疑いで逮捕送検されたのは三島市多呂の無職、長島春次容疑者49歳と弟の幸治容疑者45歳だ。警察の調べによると2人は去年12月頃、共謀して熱海市和田町に住む父親の長島照夫さん宅に男性の遺体を遺棄した疑いだ。照夫さんとしばらく連絡がつかないことを心配した親戚がおととい照夫さんの家に入り遺体を発見した。警察では遺体は照夫さんとみて捜査している。警察は2人の認否を明らかにしていない。遺体は腐敗が進んでいて警察では司法解剖し、死亡原因などを調べる方針だ。

静岡2020.09.21 13:26

世界展開へ 有機抹茶加工施設が完成

有機抹茶の世界市場を見据え川根本町に県内最大規模の有機抹茶加工施設が完成し20日竣工式が行われた。この有機抹茶加工施設は有機栽培などに取り組む茶農家が共同で「静岡オーガニック抹茶」を設立し、川根本町に建設をすすめていたもの。建物は鉄骨一部2階建て4400平方メートル余りで1日最大1300キロの抹茶の加工能力を備えている。20日は関係者が竣工式を行いテープカットをして施設の完成を祝った。今後は、ここを拠点に生産者と茶商が一体となって有機抹茶の輸出需要にこたえられる生産体制を構築し、世界展開をめざす。

静岡2020.09.21 13:25

結婚式場リニューアル ガーデンスタイルに力入れる

静岡市駿河区の結婚式場がリニューアルし、9月19日、お披露目された。関係者約200人が参加したレセプションパーティーでは、体温のチェックや抗体検査が行われ新型コロナウイルス対策が徹底された。リニューアルに伴って「アヴェニールガーデン」に名称を変え、「ガーデンスタイルの結婚式に力を入れていく」という。

静岡2020.09.20 12:13

新型コロナ 女性2人が感染

9月19日、県内では静岡市と磐田市で女性2人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。
感染が確認された静岡市の成人女性は、9月15日に感染が確認された会社員の女性の同僚で、9月18日PCR検査で陽性が判明した。
また磐田市の成人女性は、9月17日同居家族の感染が確認され濃厚接触者としてPCR検査を受けて陽性が判明した。
県と市は濃厚接触者に対してPCR検査を実施することにしている。

静岡2020.09.19 21:26

暮らし向き苦しい県民2年連続増

県が実施した世論調査の結果から、暮らし向きが「苦しくなっている」と回答した人が2年連続で増加したことが分かった。このアンケートは県民の生活や県政への意識を調査するため毎年行われているもので、県内に住む18歳以上の男女4000人に実施した。
県によると、回答が得られた人のうち暮らし向きが「苦しくなっている」と回答した人は40.3%で昨年度の調査より1.1ポイント増え、2年連続の増加となった。理由としては「給料や収益が増えない」が最も高く全体の58.9%で、前回より9.2ポイント増加した。

静岡2020.09.19 14:31

富士市ホーム階段に雨水管落下

9月18日富士市のJR吉原駅で、雨水管の一部がホーム階段に落下した。この落下によるけが人はいない。9月18日午後2時ごろ富士市鈴川本町のJR吉原駅ホーム階段に、8メートルの高さから雨水管の一部が落下した。JR東海によると、落下した配管の長さは約68センチ、重さは約4.4キロで、総重量は屋根の一部などと合わせて約7.6キロになる。防犯カメラの映像から落下当時は付近に乗客がいないことを確認していて、この落下によるけが人はいなかった。原因は雨水管の腐食と推定して調査を進めている。

静岡2020.09.19 14:09

アカウミガメの赤ちゃん飼育開始

アカウミガメの産卵地御前崎市で、小学生が子ガメの飼育を始めた。受け入れ式では9月16日にふ化した約7センチのアカウミガメの赤ちゃん20匹が、保護監視員から児童に手渡された。この活動は子ガメの飼育を通して子どもたちに命の大切さや自然の厳しさを学んでもらおうと始まり、今年で44年目になる。児童:まだ小さいので私たちが全力で育てて来年放流できるように大きく育ってほしい。預かったアカウミガメの赤ちゃんは来年の7月まで小学校で育てられる。

静岡2020.09.19 12:33

SUPの男性が沖に…約1時間漂流も無事救助

9月18日の午後、下田市の海水浴場で男性が一時沖に流されたが、無事に救助された。

下田海保などによると、18日午後1時30分ごろ下田市の白浜大浜海水浴場付近で、40代の男性がSUP=スタンドアップパドルボードをしている最中に流された。

男性は、約1時間後に捜索中の巡視艇に発見され、無事に救助されたという。

静岡2020.09.18 21:34

街のシンボルが…「草薙の鳥居」撤去完了

老朽化などの問題で9月8日から撤去作業が始まった静岡市清水区の鳥居は、所有者不明のまま9月18日に姿を消した。

鳥居は、45年前に建てられ街のシンボルとして親しまれていた。しかし、静岡市の調査で所有者が不明であることが発覚し、老朽化に対する不安から市が代執行による撤去を行った。

静岡市によると、撤去費用は約1100万円だという。

静岡2020.09.18 21:32

県内初 夏の3か月連続”インフルエンザ患者ゼロ”

ことし6月からの3か月間、県内のインフルエンザの患者は一人もいなかったことがわかった。新型コロナウイルスの感染防止が影響しているとも考えられている。

県は毎週、県内139の医療機関からインフルエンザの患者数を集計しているが、ことし6月からの3か月間はゼロだったという。

県内では例年、夏の患者は10人程度確認されているが、記録が残る2009年以降、この時期に3か月連続で患者がゼロになったのは初めてだという。

また、先週の全国のインフルエンザ患者は4人と極めて少なく、新型コロナ対策で国民の衛生意識が高まっていることが一つの要因だと考えられている。

県は10月以降、インフルエンザワクチンを接種するよう呼びかけている。

静岡2020.09.18 19:52

新型コロナ 新たな感染者3人

18日、県内では浜松市や御殿場市などで3人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。

県内では浜松市、御殿場市、磐田市でそれぞれ1人の感染が確認された。このうち、浜松市中区の20代男性は既に感染が確認されている職場の同僚の濃厚接触者で、食事をした際の会話などで感染したとみられている。また御殿場市の高齢でない成人は2日間にわたり感染者と接触していたという。磐田市の高齢でない男性の感染経路は不明で、同居家族と同僚が濃厚接触者だという。

一方、静岡市は17日に発表した2人の感染者の詳細を公表した。2人とも既に感染が確認された人の濃厚接触者としてPCR検査を受け感染が発覚したという。

静岡2020.09.18 19:50

富士山に「巨大つるし雲」 天気が崩れるサイン!?

9月18日の午前6時頃、富士市で視聴者が撮影した映像。富士山の横には笠雲を逆さにしたような大きな「つるし雲」が。これは上空の強い風が富士山に当たり波打った時にできるもので、空気が湿っていて、天気が崩れやすいサインとしても知られている。富士山のような大きな山がある静岡ならではの現象だという。

静岡2020.09.18 19:49

GoToトラベル”東京解禁” 観光地で期待の声も

東京を対象とした「GoToトラベル」の旅行商品の販売が始まった。新型コロナウイルスを心配する声もある一方、県内の観光地や旅行代理店でも集客に向けた動きが始まっている。

7月末に始まった「GoToトラベル」では、先月末までに延べ1300万泊分が利用されていて、政府は来月1日からこれまで除外していた東京発着の旅行も対象に加える方針。これを受けて旅行会社などでは、18日から割引きを反映した商品を販売できるようになった。

東京解禁を前に伊豆の玄関口、熱海では期待と不安の入り混じった声が聞かれた。また、GoToトラベル効果で夏の繁忙期おおむね好調だったという旅館は毎年10月以降、冬に向けて閑散期となるためこの時期の東京追加に期待を寄せていた。

そして、県内の旅行会社では首都圏の客に静岡県内を楽しんでもらう旅行プランの販売も始まっていた。観光地を回るバスの乗車定員を減らすなどの感染症対策を講じた上で、静岡茶を扱うカフェや飲食店を回る旅行プランを販売。すでに満席の回も出るほど注目が集まっている。さらに、今回の「GoToトラベル」では東京への旅行も対象となる。東京スカイツリーや浅草を巡る日帰りプランも18日から販売を始めた。落ち込んだ旅行業界の回復に期待が高まる一方コロナ禍でどう安全に客を呼び込むか試行錯誤が続く。

静岡2020.09.18 19:40

浜松市の中学校 気候変動適応を学ぶ

近年起きている気候変動に適応していくためのワークショップが、16日浜松市の中学校で行われた。このワークショップは身近で起きている猛暑やゲリラ豪雨などの環境変化に適応するため、県が各学校で進めているもの。浜松開誠館中学校では生徒たちはまず、気候変動の実態と農業や防災面に及ぼす影響について学んだ。このあと生徒たちは環境の変化に対し生活の中で何かできるのか、カードゲームをしながらアイディアを出し合った。県はワークショップを通じて子どもたちが自ら課題を考え取り組む力を付けさせていきたいと話している。

静岡2020.09.18 12:58

死亡した妹を放置 男を逮捕

長泉町の住宅で死亡した妹を放置したとして、9月17日横浜市の40歳の男が死体遺棄の疑いで逮捕された。逮捕された横浜市の下山義昭容疑者(40)は、おととし2月からことし9月頃までの間に、36歳の妹・明子さんが長泉町の自宅で死亡していたにも関わらず遺体を放置した疑いが持たれている。警察は下山容疑者の認否を明らかにしていない。9月14日、近所の人から「明子さんの姿を見かけない」と通報を受けた警察が、自宅の2階で白骨化した遺体を見つけたもので、死亡原因はわかっていないという。下山容疑者は以前明子さんと同居していて、警察が明子さんが死亡した詳しい経緯を調べている。

静岡2020.09.18 12:55

酒気帯び運転でひき逃げか 女を逮捕

函南町で9月17日酒気帯び運転でオートバイと衝突し、運転手に大けがをさせたまま逃走したとして、33歳の女が逮捕された。逮捕されたのは、裾野市伊豆島田の無職、堀内亜祐容疑者(33)。警察によると、堀内容疑者は9月17日午前7時ごろ、函南町の県道で対向してきたオートバイと衝突し、運転手の男性に足を骨折する重傷を負わせたまま逃走した疑いが持たれている。通報を受けた警察が捜査していたところ、近くの公園に車を止めていた堀内容疑者を発見し、堀内容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたという。警察が酒を飲んだ経緯や逃げた動機を追及している。

静岡2020.09.18 12:51

県議会9月定例会 開会

新型コロナウイルスの対策費などが盛り込まれた補正予算案を審議する県議会9月定例会が開会した。

17日開会した県議会9月定例会では、一般会計で28億円余りの補正予算案など30議案が上程された。

補正予算案には新型コロナの感染拡大に備え病床数や検査体制の拡充などに4億3300万円が充てられている。

また議会では、整備計画の見直しが発表された浜松市西区の新野球場など6施設の必要性や機能についても議論される予定。

静岡2020.09.17 21:20

天浜線の「線路の石」高校生が缶詰に

コロナ禍で多くの鉄道が苦境を迎える中、天竜浜名湖鉄道では「線路の石」を販売し、売り切れになるなど奇策が話題となっている。再び販売されるのを前に、高校生の協力を得てある作業が行われた。

県立焼津水産高校で行われていたのは缶詰めの実習。

いつもであればツナなどの食品を詰めるが、今回、生徒が詰めていたのはなんと「石」!

高校生が作った石の缶詰は、中を空けると錆びた赤茶色の石が3個ほど入っていて、ずっしりと重たい。

作業の依頼をしたのは、掛川市から湖西市を結ぶ天竜浜名湖鉄道、通称「天浜線」。

新型コロナの影響で4月から6月の旅客収入が半減し厳しい状況だが、7月から千葉と新潟のローカル鉄道と協力して「線路の石」の販売を始め、約2週間で完売となるなど話題を呼んでいる。

今回、再び販売するにあたり焼津水産高校の缶詰のノウハウが天浜線の目にとまり、コラボすることになった。

県立焼津水産高校・食品科学科の増田明日香さんは「少しでも缶がたくさん売れて、天浜線の助けになったらいい」と話し、小俣佳己教諭は「そのまま飾ってもらってもいいし、中を開けて雰囲気を味わってもらえたらいい」と話している。

缶詰は10月上旬から天浜線・天竜二俣駅の売店で1缶550円(税込み)で販売される予定。

静岡2020.09.17 20:02

新型コロナ新たに3人 全員が濃厚接触者

17日、県内では静岡市と浜松市で計3人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。

17日県内では静岡市で2人、浜松市で1人の感染が新たに発表された。

このうち浜松市中区の20代男性は、14日に感染が確認された20代女性の友人で女性の濃厚接触者だった。

2人は今月上旬に自家用車に同乗していて、この時に感染したとみられている。

また、静岡市では新たに2人の感染が確認されたが詳しい内容は18日に発表するという。

この2人については、16日に発表された成人男性と成人女性、それぞれの濃厚接触者だという。

県内では16日時点で18人が入院していて、うち1人が重症だという。

静岡2020.09.17 19:58

消防隊員ら4人死亡火災 工場内部が公開

ことし7月、吉田町で消防隊員など4人が死亡した工場火災で工場の内部が初めて公開された。一方、静岡市は初の事故調査委員会を開き原因の究明を始めた。

この火事はことし7月、吉田町にある日用品メーカー「レック」の工場が全焼し、消防隊員と警察官の4人が死亡した。

発生からおよそ2か月半、工場の内部に初めてカメラが入った。

工場内での爆発は、南側から起きたとみられている。その影響で防火シャッターや周囲の鉄骨などが大きく曲がっている。

死亡した4人は、火元を確認するため工場内に入った後、爆発に巻き込まれたとみられている。

レックによると工場の南側にある製造ラインが激しく燃えていて、電気系統のトラブルに加え、洗剤の原料などが自然発火した可能性もあるとみて今後、再現実験を行うという。

レックの広報担当者は「出火した原因はレックに何かしらの要因があるので、住民の方に多大なご迷惑をおかけしたことは深くお詫びしたい」と話した。

こうした中、静岡市は17日に初めての事故調査委員会を開いた。

専門家など5人が参加した委員会では、工場火災の状況や消火活動の詳しい経過が報告された。

事故調査委員会の関澤愛委員長は「どうして爆発的な燃焼が起きたのかということの原因の推定は行える。そういった現象が起こる前の兆候を、どうやって消防隊が把握してつなげるかが最後の目的だ」と話した。

今後、委員会では火災の原因や消火活動が適切に行われていたかについて検証し、今年度末をめどに再発防止策などをまとめた報告書を作成する予定。

静岡2020.09.17 19:57

“ネットカフェ強盗”の男 コンビニ強盗も…

ことし5月に沼津市で起きたコンビニ強盗事件について、警察は静岡市のネットカフェでの強盗事件で逮捕・起訴されている男を再逮捕した。

再逮捕されたのは住所不定・無職の高橋拓生容疑者(29)

高橋容疑者はことし5月、沼津市原町中のコンビニに押し入り店員を脅して現金約4万円を奪った疑いがもたれている。

警察は高橋容疑者の認否を明らかにしていない。

高橋容疑者は、この事件の4日後に静岡市駿河区のインターネットカフェで現金約10万円を奪ったとしてすでに逮捕・起訴されている。

警察によると2つの事件の手口が似ていたことから関連について調べたところ、高橋容疑者の再逮捕に至ったという。

静岡2020.09.17 19:53

組事務所に銃弾打ち込み 被告に懲役6年の判決

去年9月、静岡市駿河区の暴力団事務所に弾丸が撃ち込まれた事件で静岡地裁は16日被告の男に懲役6年の実刑判決を言い渡した。判決を受けたのは山梨県甲府市の山下義隆被告49歳だ。
山下被告は去年9月静岡市駿河区敷地の指定暴力団稲川会森田一家の本部事務所に拳銃で弾丸2発を撃ち込んだ。
16日の判決公判で静岡地裁の伊東顕裁判長は「周辺住民に不安を与えた執行猶予中の犯行で情状酌量の余地はない」と指摘した。
一方で「事実を認め反省の態度を示している」として山下被告に対し懲役6年の実刑判決を言い渡した。
また山下被告の弁護人は判決について「まだ本人と話していないが控訴する可能性は低い」と話した。

静岡2020.09.17 12:48

南伊豆町で特産の伊勢エビ漁が解禁

南伊豆町では特産のイセエビ漁が解禁となり朝早くから港で水揚げの作業が行われていた。
17日朝、南伊豆町にある下流港では、7人の組合員が、2隻の船に分かれて、前日の夕方に仕掛けた網を引き揚げていた。漁から戻ると、家族総出で網に掛かった伊勢えびを丁寧に外す作業が行われ た。水揚げされた網の中には地元で「えび団子」と呼ばれるたくさん獲れた状態の網も見られ、初めての漁にしてはまずまずの成果となったようだ。
下流海老組合長の谷聡将さんによると「出だしにしてはそれなりにかかったので良いスタートが切れた」という。
初日の漁獲量は229キロで去年に比べて120キロ多いという。

静岡2020.09.17 12:37

浜松で住宅火災 住民一人が軽傷

16日浜松市南区で住宅を焼く火事があった。この火事により1人が軽いけがをした。
警察などによると16日午後6時半ごろ浜松市南区中田島町で「隣の家がもえている」と近くの住民から警察に通報があった。火は池谷よしゑさんの木造2階建ての住宅を全焼し、約5時間半後に消し止められた。この火事により煙を吸った池谷さんが病院に搬送され たが軽傷だったという。
この家は池谷さんと息子の二人暮らしで出火当時、息子は仕事に出かけていて無事だということだ。警察と消防で火が出た原因を調べている。

静岡2020.09.17 12:31

「ツッテ西伊豆」釣った魚が地域通貨に!?

西伊豆町は、9月から釣り船の利用者が釣った魚を“地域通貨”と交換できる「ツッテ西伊豆」という取り組みを始めた。

9月12日、仁科港に帰ってきた釣り船。乗っていたのは神奈川県からレジャーに訪れた一行。「イサキいいなあ、大きいのいっぱいおるな」などと話し、楽しんでいた。

クーラーボックスには、活きのいい魚がたくさん!そのまま持ち帰るのかと思いきや…向かったのは港の直売所。始まったのは釣った魚の買い取りだ。

西伊豆町では、9月8日から、提携する釣り船で利用客が釣った魚を西伊豆町内で利用できる電子マネー「サンセットコイン」と交換できる試みを始めた。

新型コロナで減った観光客の誘客や漁師の高齢化により減少している漁獲量の回復など、町が抱える課題を解決しようという自治体主導では全国初の試み。もちろん鮮度を保つことが条件で、船で渡された鮮度の証明書が必要となる。

釣り船の利用客は、「時にはいっぱい釣れたりしても、ある程度の量を釣ったら逃がしちゃうので、こうやって買い取ってもらえると次の釣行の足しになるので、非常に良い」と話していた。

持ち込んだ魚は全部で2021ユーヒ(円)となった。(ユーヒは、地域通貨の単位。)買い取り価格は時期によって変動するが、現在の相場ではアジは1キロ700ユーヒ、真鯛は1キロ1,500ユーヒだという。地元の漁師も、斬新な試みに期待を寄せている。

釣り船、龍海丸の山田雅志船長は、「水をためて釣った魚を入れて基本的に活かして持っていくなどしている。西伊豆町に来てくれるようになるので、良いと思う。登録は6隻。これからまだ増えると思う。」と期待を込めた。

また、道具のレンタルも出来るので、初心者も楽しめるという。地域通貨は町内約130店舗で利用できるということで、シルバーウィークに向けて地元から期待が寄せられている。

静岡2020.09.16 19:47

上川陽子議員 法務大臣に再入閣

9月16日、菅新総理が「国民のために働く内閣」と位置付けた新内閣に、県内から上川陽子衆議院議員が法務大臣に起用された。法務大臣として3度目の入閣だ。

16日午後、国会では総理大臣指名選挙が行われ、自民党の菅総裁が新たな総理大臣に選出された。菅総理は新内閣を発足させ、県内からは上川陽子衆院議員が法務大臣として入閣した。

上川議員は衆院静岡1区選出で、当選6回。過去にも安倍内閣で法務大臣を2度歴任してきた。午後4時前、総理秘書官からの電話で官邸に向かうよう連絡を受け、気持ちを新たにしていた。上川議員は、「真っすぐに思いっきり仕事をしてまいりたいと思う。「仕事し内閣」ということを受けて、私に指名があったということを考えると、これまでの仕事を非常によくみて頂いた。それに応えられるように。国民のみなさんに大きな期待を寄せて頂いているので、しっかり果たしたい」と意気込みを語った。

上川議員は菅新総理のもとへ向かい、その後、認証式に臨んだ。16日夜、初めての閣議が行われる予定。

静岡2020.09.16 19:39

新型コロナ感染者 静岡市で15日ぶり

16日、県内では静岡市と富士市で計5人が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。静岡市では15日ぶり。

16日、県内では静岡市で4人、富士市で1人の感染が新たに発表された。このうち静岡市の高齢でない成人男性は今月8日、愛知県豊橋市内の施設で複数の知人と過ごした。その後知人が新型コロナに感染していたことがわかり濃厚接触者としてPCR検査を実施したところ15日に陽性が判明した。静岡市で新たな感染者が発表されるのは今月1日以来15日ぶり。

また県が発表した富士市の高齢でない成人は先月31日以降、複数回県外へ移動し県外の知人と会食をした。今月12日に発熱しその後、知人の感染が確認されたためPCR検査を実施したところ15日に陽性が判明したという。現在濃厚接触者を調べている。

静岡2020.09.16 19:31

戻り始めるキャンパスライフ 大学後期から“対面授業”活発化

新型コロナウイルスの影響でオンラインが主流となっている大学の授業だが、後期からは多くの大学で対面授業を実施することが分かった。“本来の姿”である対面授業、学生や大学の思いとは…。

16日、取材班は静岡大学へ。今、夏休みの学生たちに、“前期の授業について”聞いた。新型コロナの影響で余儀なくされた“大学の対策”。授業で使う実験器具も丁寧に消毒しているという。

教える側も学ぶ側も求めてるのは“対面授業”に戻ること。これは文科省が全国の大学などに行った調査。後期の授業では19.3%が全面対面授業とし、80.1%が対面とオンライン授業を併用するなど多くの大学が対面授業を実施することがわかった。

神奈川や愛知の学生も多いという静岡大学。他県の感染者も減少傾向にあることから後期の対面授業を緩和していくという。前期までは教室の収容定員を3分の1までにしていたが、後期からは2分の1に学生を増やすことにした。また、前期約3000回の授業の内たったの2割弱が対面授業だったが、後期は3割から5割に増やす方針。

静岡2020.09.16 19:29

死亡事故急増 交差点で事故防止呼びかけ

県内では9月に入り、交通死亡事故が多発していることから、静岡市内で警察官らが街頭に立ち、事故防止を呼びかけた。午前10時、静岡市葵区長沼の国道の交差点では、警察官7人が街頭に立ち、交通指導取締りや歩行者に横断歩道のわたり方などを指導した。県警によると県内では、9月に入り、静岡市清水区で78歳と79歳の女性が死亡したほか、15日は浜松市中区で92歳の男性が死亡するなど9人が死亡している。このうち6人が高齢者。県警は、これから年末にかけて日没が早まり、例年、高齢者の死亡事故が増える傾向にあることから、歩行者には反射材の着用を。ドライバーには早めのライトの点灯を呼びかけている。

静岡2020.09.16 12:27

焼津市 地域が先生「放課後子ども教室」開催

放課後に、学校の授業とは違う新しい体験と地域交流をめざす取り組みが、焼津市でスタートした。この取り組みは、厚労省と文科省が進める新・放課後子ども総合プランに基づくもので、学校の授業とは一味違う「新しい体験の場」と「地域との交流の場」を提供しようというもの。15日、焼津市の東益津公民館で開かれた「放課後子ども教室」では、小学1年生20人が参加し、地域の人たちを先生にオセロを楽しんだ。「放課後子ども教室」は運動遊びや英語など5回開かれ、地域のかかわりの中で子どもたちが新たな体験を深めることになっている。

静岡2020.09.16 12:25

大麻の大規模栽培を摘発 男2人逮捕

大規模な大麻の栽培拠点が摘発された。県警は浜松市の山中で大麻草、約60本を営利目的で栽培していたとして男2人を逮捕した。県内でも若者を中心に大麻が広まり始めていることから注意を呼び掛けている。

浜松市北区にある細江警察署には・・・押収された大麻草や栽培キットなどがズラリと並んだ。大麻草の数は約60本。末端価格にして数千万円にもなるという。

警察によると、これらの大麻を営利目的で栽培していた疑いで逮捕されたのは、浜松市北区三ケ日町の石川武広容疑者(47)と愛知県豊橋市の赤尾賛四郎容疑者(53)。

警察によると、逮捕された2人は、数年前から浜松市北区引佐町奥山の面識のない他人の土地に約300平米の「大麻畑」を作り栽培していたとみられ、育てた大麻草は浜松市北区三ケ日町の作業場で梱包などの作業が行われていたという。

県内では屋外で栽培された大麻草の摘発はことし初めて。「大麻」をめぐっては、9月8日、俳優の伊勢谷友介容疑者が自宅で所持していた疑いで逮捕された事件があったばかり。県内でも若者を中心に大麻が広まりつつあるという。

県では「スマートフォンの普及により薬物を入手しやすい環境にあること。後は海外で合法化されている国があるので、そういった所が影響しているのではと考えている。」と話している。

また、近年増えているのが、乾燥大麻よりも毒性や依存性が強い液体の大麻リキッド。8月、磐田市では密輸された大麻リキッドが県内で初めて摘発された。主に電子たばこのカートリッジに入れて吸引するため抵抗感が薄くなると言われている。大麻リキッドの摘発は急増していて、県内での押収件数は去年1件だったのがことしはすでに9件に増えている。

大麻の形状は多様化しているが、県は「深刻な健康被害に繋がるため誘いがあっても手を出さないでほしい」と呼び掛けている。

静岡2020.09.15 20:00

静岡おまちに新しい休憩施設”パークレット”誕生

静岡市は、廃止になった路上パーキングの空間を利用して全国でも珍しい新しいスタイルの休憩施設を設置する社会実験を始める。

静岡市は今月25日から呉服町と七間町の路上パーキングチケットを廃止した空間に「パークレット」という新しい休憩施設を設置する。パークレットはサンフランシスコ発祥で、車道の一部を転用した人のための空間のことで、パークは公園、レットには小さなという意味がある。市はこのスペースを「ハニカムスクエア」と名付け、賑わいづくりと交通への影響を来年3月まで検証する。田辺市長は「アフターコロナ時代に対応したまちづくりを加速していきたい」と話す。

静岡市では15日現在、14日連続で新型コロナの感染者が確認されておらず、ハニカムスクエアをきっかけに人出が減った商店街のにぎわいを取り戻していきたいという。

静岡2020.09.15 19:53

新型コロナ 浜松市で新たに2人が感染

浜松市で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。県内で新たな感染者が発表されるのは4日ぶり。

9月15日、県内では、浜松市で20代の女性2人の感染が新たに発表された。2人は中区に住む20代の学生と会社員で、愛知県豊橋市の感染者の濃厚接触者として、14日、PCR検査を受けて陽性が確認された。

2人は、9月上旬に豊橋市の感染者と豊橋市内の施設で接触していて、市はこの時に感染した可能性が高いとみている。現在は2人とも軽症で、浜松市は濃厚接触者の同居人や知人など合わせて20人の調査を進めている。浜松市で感染者が発表されたのは9月になって初めて。

静岡2020.09.15 19:51

仕出し屋弁当で園児含む95人食中毒

島田市の仕出し屋の弁当を食べた95人が下痢や腹痛などの症状を訴え保健所は集団食中毒と断定した。弁当は幼稚園でも提供されていて患者のうち59人が幼稚園児だった。

中部保健所によると今月8日、島田市河原の仕出し屋「大井川」で調理された弁当を食べた369人のうち95人が下痢や腹痛などの食中毒の症状を訴えた。弁当は幼稚園2か所で給食として出されたほか、高校と事業所でも提供された。患者は園児59人と高校生22人を含む3歳から71歳までの男女で、全員快方に向かっているという。

患者や調理した従業員からウエルシュ菌が検出されたことから、中部保健所は提供された弁当を原因とする集団食中毒と断定した。中部保健所は「大井川」を15日から当分の間、営業禁止としている。

静岡2020.09.15 19:49

コロナで”献血不足”協力呼びかけ

新型コロナウイルスの影響で献血が不足している状態が続いていることから県赤十字血液センターは協力を呼び掛けている。

14日、浜松市の献血ルームには10人ほどの理容師たちが献血に訪れていた。これは理容師の組合が毎年行う献血ボランティアだがことしは規模を縮小しての活動となった。

新型コロナの影響で県内では献血が足りない状況が続いていると言う。県赤十字血液センターでは毎月約7000人の献血を必要としていて、献血バスを協力企業などに派遣している。しかし、ことしは受け入れの延期や中止が相次ぎ、献血量は計画の96%にしか届かず医療に影響する恐れがあるという。

血液センターでは各地の献血ルームの利用や、ホームページに掲載している献血バスの運行スケジュールを見て協力してほしいと呼びかけている。

静岡2020.09.15 19:47

焼津市の自転車事故対策実験、国に採択

高齢者の自転車事故を減らすため、焼津市が取り組む道路に段差を設置する実験が国交省の現地実証実験に採択され、12月に市道を使って社会実験が行われることになった。これは高齢者の自転車事故が増加する中で道路にコブや段差を付けることで減速や一時停止を促そうというもので、このほど国交省の「道路に関する新たな取り組みの現地実証実験」に採択された。市では去年12月から地元の高齢者や事故対策協議会の委員が、ハンプと呼ばれる段差の上を試験的に走行し安全性などを確認していた。焼津市では国の実証実験に採択されたことから、今年12月に市道交差点にハンプなどを設置し、通行状況のデータ測定やアンケート調査を行い効果を検証することにしている。

静岡2020.09.15 12:21

浸水被害救助訓練

豪雨による浸水被害を想定した救助隊と航空隊の合同訓練が函南町で行われた。これは、近年豪雨災害などで救助隊と航空隊が連携し住民を救出するケースが多く発生していることから、駿東伊豆消防の救助隊と県消防防災航空隊が行ったもの。会場では、豪雨によって老人ホームが浸水し入居者が逃げ遅れたという想定で訓練が行われ、屋上に避難した4人を防災ヘリで引き上げた。駿東伊豆消防では、毎年県の防災ヘリと連携しさまざまな事案に対応できるよう訓練を行っていて、想定以上のことが起きても対応できるよう、今後も訓練を重ねて連携を深めたいと話していた。

静岡2020.09.15 12:16

清水で交通事故、女性死亡

14日夕方、静岡市清水区で道路を横断していた女性が車にはねられ死亡する事故があった。警察によると、14日午後5時30分ごろ静岡市清水区の県道で、久保田すみえさん(78)が道路を横断していたところ、走ってきたトラックにはねられた。久保田さんは全身を強く打っていて、その後搬送先の病院で死亡が確認された。トラックを運転していた男性(57)は仕事から帰る途中で、「考え事をしていてぼーっとしていた」という話をしているという。事故が起きた現場は横断歩道がなく、警察で事故の原因を詳しく調べている。

静岡2020.09.15 12:11

菅新総裁の妻 真理子さんの地元で歓喜の声

菅新総裁は9月16日、首班指名を受けて総理となる見通し。その新総裁を支える妻の真理子さんは実は静岡市出身。初のファーストレディー誕生へ、地元では歓喜の声が上がった。

あまり表舞台に姿を現さず、控えめな性格だという菅真理子さん。菅新総裁は選挙期間中、真理子さんについて、「今回の総裁選出馬にあたって、支援を取り付けるのに一番苦労したのが家内」と話していた。

次のファーストレディーとして注目される真理子さんだが、その出身は旧清水市。一体どんな人物なのか、中学時代の同級生、久保田博己さんは「とてもチャーミングでかわいい子。中学時代はバレー部で、毎日朝から晩まで外で運動していた」と話す。真理子さんは旧清水市内の小学校から静岡大学附属静岡中学校に進学。高校時代は県立清水東高校で弓道に打ち込んだ。勉強ができ、スポーツも得意だったという。

さらに高校時代の先輩で地元・清水でふとん店を営む松永愛自さんも、真理子さんの活躍に期待を寄せている。松永ふとん店の松永さんは、「入学時はそんなに目立たない子だったが、学年を追うごとにきれいになっていった印象。地元清水より熱いエールを送りたい」と話している。

また、菅新総裁とも親交のある自民党清水支部の前澤侑支部長は、真理子さんならファーストレディーとしての務めを十分に果たせるのではと話す。「英語をよく勉強していたようだから、しゃべれるのではないか。世界のファーストレディーとのコミュニケーションも十分こなせるでしょう。しっかり陰で支えられる、完璧にこなすと思う」と話している。

そして中学校時代の教師、林のぶさんは、教え子がファーストレディーになることについて、「大変光栄。学生だけど家の仕事を手伝っていて、お得意さん周りをしていた。女性の視点、それから庶民、国民の視点で、いいアドバイザーとしての内助の功を発揮してほしい」と期待していた。外交の場などで重要な役割を担うファーストレディー。真理子さんの立ち振る舞いにも注目だ。

静岡2020.09.14 21:38

菅新総裁の妻 真理子さんの地元で歓喜の声

菅新総裁は9月16日、首班指名を受けて総理となる見通し。その新総裁を支える妻の真理子さんは実は静岡市出身。初のファーストレディー誕生へ、地元では歓喜の声が上がった。

あまり表舞台に姿を現さず、控えめな性格だという菅真理子さん。菅新総裁は選挙期間中、真理子さんについて、「今回の総裁選出馬にあたって、支援を取り付けるのに一番苦労したのが家内」と話していた。

次のファーストレディーとして注目される真理子さんだが、その出身は旧清水市。一体どんな人なのか、中学時代の同級生、久保田博己さんは「とてもチャーミングでかわいい子。中学時代はバレー部で、毎日朝から晩まで外で運動していた」と話す。真理子さんは旧清水市内の小学校から静岡大学附属静岡中学校に進学。高校時代は県立清水東高校で弓道に打ち込んだ。勉強ができ、スポーツも得意だったという。

さらに高校時代の先輩で地元・清水でふとん店を営む松永愛自さんも、真理子さんの活躍に期待を寄せている。松永ふとん店の松永さんは、「入学時はそんなに目立たない子だったが、学年を追うごとにきれいになっていった印象。地元清水より熱いエールを送りたい」と話している。

また、菅新総裁とも親交のある自民党清水支部の前澤侑支部長は、真理子さんならファーストレディーとしての務めを十分に果たせるのではと話す。「英語をよく勉強していたようだから、しゃべれるのではないか。世界のファーストレディーとのコミュニケーションも十分こなせるでしょう。しっかり陰で支えられる、完璧にこなすと思う」と話している。

そして中学校時代の教師、林のぶさんは、教え子がファーストレディーになることについて、「大変光栄。学生だけど家の仕事を手伝っていて、お得意さん周りをしていた。女性の視点、それから庶民、国民の視点で、いいアドバイザーとしての内助の功を発揮してほしい」と期待していた。外交の場などで重要な役割を担うファーストレディー。真理子さんの立ち振る舞いにも注目だ。

静岡2020.09.14 21:35

菅新総裁”地方出身”で期待の声も

次の総理大臣になる新総裁には県内ともゆかりの深い人物が選ばれた。14日に誕生した自民党の菅義偉新総裁によって県内はどう変わるのか?また新総裁と親交のある県内関係者からは喜びの声が上がった。

総裁選で注目されたのが各都道府県に割り当てられた3票の「地方票」。自民党県連はこの3票を独自の「党員投票」を行って決めることとし、県内の党員2万9000人余りに投票はがきを郵送。14日に開票作業が行われ3票の投票先が決まった。結果は菅官房長官が2票、石破元幹事長が1票、岸田政調会長は票を獲得できなかった。

そして午後に都内で開かれた両院議員総会。自民党の国会議員による投票と静岡県連の3票を含む地方票が投じられた。菅官房長官が有効投票数534票の約7割を獲得し新総裁に決定した。

新総裁の誕生に県民からは期待と注文の声が上がった。川勝知事は、菅新総裁が秋田県出身であることに触れ「地方に目を向けてほしい」と期待を寄せた。また、国会議員時代に親交があったという浜松市の鈴木市長は「菅政権は我々にとっても大いに追い風ではないかと思う」と話した。

静岡2020.09.14 21:29

3日連続で感染者ゼロ コロナ入院患者は減少傾向

県内では3日連続で新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されていない。また県は13日、新型コロナの重症患者が死亡したと発表した。

県によると県内では3日連続で感染者が確認されず、これまでの感染者数は503人となっている。また、県は13日、県内の医療機関で新型コロナの重症患者1人の死亡が確認されたと発表した。県内出身の高齢男性で死亡が確認されたのは2例目となる。現在、入院患者数も減少傾向となっていて感染症指定医療機関に8人、一般病院に8人の計16人が入院していて、このうち重症患者は1人となっている。

静岡2020.09.14 21:28

菅新総裁 静岡にもゆかり ”地方出身”で期待の声も

次の総理大臣になる新総裁には県内ともゆかりの深い人物が選ばれた。14日に誕生した自民党の菅義偉新総裁によって県内はどう変わるのか?また新総裁と親交のある県内関係者からは喜びの声が上がった。

総裁選で注目されたのが各都道府県に割り当てられた3票の「地方票」。自民党県連はこの3票を独自の「党員投票」を行って決めることとし、県内の党員2万9000人余りに投票はがきを郵送。14日に開票作業が行われ3票の投票先が決まった。結果は菅官房長官が2票、石破元幹事長が1票、岸田政調会長は票を獲得できなかった。

そして午後に都内で開かれた両院議員総会。自民党の国会議員による投票と静岡県連の3票を含む地方票が投じられた。菅官房長官が有効投票数534票の約7割を獲得し新総裁に決定した。

新総裁の誕生に県民からは期待と注文の声が上がった。川勝知事は、菅新総裁が秋田県出身であることに触れ「地方に目を向けてほしい」と期待を寄せた。また、国会議員時代に親交があったという浜松市の鈴木市長は「菅政権は我々にとっても大いに追い風ではないかと思う」と話した。

静岡2020.09.14 21:23

海ジオポスター展 開催中

伊東市で、陸地とは一味違った海のジオパークを紹介する「海ジオポスター展」が開かれている。

これは、海のジオの魅力を発信しようと「伊豆の海ジオ委員会」が開いたもの。会場の「ジオテラス伊東」には、伊豆半島の海をエリアごとに紹介する約20点のポスターや写真が展示されていて、ダイビングなどのアクティビティ体験を通じて見ることができるジオの魅力を紹介している。また、シーカヤックやスキューバダイビングの機材も展示されていて、訪れた人たちは海のジオパークの様子を楽しんでいる。

この「海ジオポスター展」は30日まで開催されている。

静岡2020.09.14 12:14

七五三の千歳飴 袋詰めはじまる

静岡市の浅間神社では、11月の七五三に向けて千歳飴の袋詰めが始まった。

静岡浅間神社では14日朝、巫女さんらが集り、七五三の参拝者に渡す千歳飴の袋詰めが行われていた。

千歳飴は、「長生きしてほしい」と縁起をかつぎ飴を長くのばし、子供に配る風習が始まったのは江戸時代中期ごろからだと言われている。

神社には毎年、約7000組の親子連れが訪れるそうだが、ことしは新型コロナの感染防止のため、神社は「分散して参拝してほしい」と考え、袋詰めも例年より一か月早く始めたという。千歳飴は約6000袋用意する予定。

静岡2020.09.14 12:13

裾野市 プラスチック工場で火災

12日、裾野市でプラスチック工場の倉庫が燃える火事があった。この火事によるけが人はいない。

警察などによると12日午後9時半ごろ、裾野市深良のプラスチック加工会社覚博産業で「工場から火が出ている」と従業員から消防に通報があった。

火は鉄骨2階建ての倉庫1棟を焼き約2時間半後に消し止められた。この火事によるけが人はいなかった。

警察と消防で火事の原因を調べている。

静岡2020.09.13 21:20

清水区で交通事故 女性が重体

12日静岡市清水区の交差点で軽乗用車と大型トラックが衝突する事故があり、女性1人が重体となっている。

警察によると12日午後10時半まえ静岡市清水区横砂の国道で、上り線を走っていた軽乗用車が対向車線の大型トラックと衝突した。

この事故で軽乗用車を運転していた掛川市浜川新田の堀内未結さん23歳が全身を強打し意識不明の重体、後部座席に乗っていた娘の堀内夏渚さん4歳が重傷となっている。

静岡2020.09.13 19:23

浜松市職員、殺人未遂で逮捕

12日、浜松市中区の国道で、車で男性を引きずり殺害しようとしたとして浜松市職員の男が逮捕された。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、浜松市中区東伊場の浜松市職員、増田一秀容疑者(38)だ。警察によると増田容疑者は12日午前11時半ごろ、浜松市中区森田町の国道で男性(46)を車で数メートル引きずり殺害しようとした疑いがもたれている。

増田容疑者は、男性が前方で車線変更したことに腹を立て、車を蹴ったのち、男性が増田容疑者の車のドア付近に手をかけているにもかかわらず発進したと見られている。男性は手足を擦りむく軽いけがをした。警察は増田容疑者の認否を明らかにしていない。

静岡2020.09.13 12:11

焼津市 珍しい深海生物展示

焼津沖の駿河湾で、深海生物の「カイロウドウケツモドキ」が生きたまま捕獲され、焼津市の深層水ミュージアムで展示されている。

「カイロウドウケツモドキ」は10日、深海専門漁師の長谷川久志さんが焼津沖水深700メートル付近で生きたまま捕獲したもの。

この「カイロウドウケツモドキ」は、30センチほどの大きさでプランクトンを食べる原始的な海面動物で、ほとんど動かず白い花瓶のような形をしている。

深海魚を専門に漁をしている長谷川さんでも捕獲したのは25年ぶりで、生きた状態で公開されるのは非常に珍しいという。

焼津市の深層水ミュージアムで展示されている。

静岡2020.09.12 17:22

国民民主党県連 最後の会合

国民民主党県連は党が解党したことを受け、12日に静岡市内で最後の会合を開いた。

国民民主党は、立憲民主党との合流新党結成のため11日に解党し、県連は12日、所属していた国会議員や地方議員らを集めた最後の会合を開いた。

県連内では、次の衆院選の候補予定者となる総支部長のうち6人が合流新党に参加、他2人と榛葉賀津也参院議員が国民民主党の残留組が作る新党に参加することが決まっている。

10月にも行われる可能性がある解散総選挙について榛葉議員は、「候補者を1本化させなければならないところは互いに協力すべき」と話した。

静岡2020.09.12 17:21

コンビニ強盗傷害事件 男性を不起訴処分

ことし3月、静岡市駿河区のコンビニで起きた強盗傷害事件で、静岡地検は逮捕、送検された男性を不起訴処分とした。

不起訴処分となったのは、静岡市駿河区の男性(61)。男性はことし3月、JR静岡駅南口近くのコンビニでウイスキー1本を万引し、逃げる際に店員にけがをさせたとして強盗傷害の疑いで警察に逮捕された。

静岡地検は、10日付で男性を不起訴としたが、理由については明らかにしていない。

静岡2020.09.12 12:29

釣った魚を”地域通貨”に交換

西伊豆町では、釣り船の利用者が釣った魚を“地域通貨”と交換できる「ツッテ西伊豆」という取り組みが始まった。

これは、魚を釣って西伊豆町の仁科港にある直売所に持ち込むと町内で利用できる電子マネー「サンセットコイン」と交換できるというものだ。提携する釣り船を利用することと、釣った魚の鮮度を保つことが条件となっている。

買い取り価格は時期によって変動するが、現在の相場ではアジは1キロ700円分真鯛は1キロ1,500円分の地域通貨に交換するという。

釣船龍海丸の船長山田雅志さん「西伊豆町に来てくれるようになるので良いと思う。」と話す。

地域通貨「サンセットコイン」は町内約130店舗で利用できるという。

静岡2020.09.12 12:28

大気不安定 大雨に注意

12日の県内は大気の状態が非常に不安定となり、大雨になるところがある見通し。
気象台によると、12日の県内には南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる。このため、広い範囲で大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って雨脚が強まる見込み。
伊豆では、多いところで1時間に50ミリ、13日午前6時までの24時間に伊豆で150ミリの雨量が予想されている。
気象台では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけている。

静岡2020.09.12 12:28

コロナと富士山閉山で影響深刻 富士宮で「まちごもり運動」

この夏、富士山は新型コロナウイルスの影響で登山道が閉鎖になった。富士宮市では観光面で大きな影響が出ているが、地元での消費を促進する新たな取り組みも始まった。

例年であれば9月10日は富士山の閉山日だった。

去年、富士山には約23万5千人の登山者が訪れたがことしは新型コロナウイルスの影響で全ての登山道が閉鎖となり全国から訪れていた登山客はゼロに。

富士山の玄関口である富士宮市には大きな影響が出た。

宿泊と日帰り温泉が楽しめる「富嶽温泉花の湯」では例年、1万人の登山客が利用するがことしはゼロになり売上も半分以下になった。

富士宮ホテル旅館料理組合によると今年の登山シーズンは市内全体の宿泊施設の売上は例年の約2~3割まで落ち込んだ。

こうした事態を受け富士宮市では新たな取り組みが始まっている。

その名も「まちごもり運動」だ。

これは富士宮市民限定で割引サービスや特典を提供し、市民に街の中で過ごしもらい地元の魅力を再認識してもらおうと企画されたもの。これまでに市内の飲食店や観光施設など46社が参加している。

この取り組みに参加した「富士ミルクランド」ではある特典が。

本来高い時期だと3万円以上かかるが、バーベキューを予約した富士宮市民はなんと8割引きにあたる6000円で泊まれるという。

他にも市民限定で生食パンの割引や動物ステッカーがもらえるなど4つの特典がついている。

地元での消費促進や魅力再発見に繋がるのか。

「まちごもり運動」は12月31日まで行われる予定。

静岡2020.09.11 21:03

静岡おまちでお得キャンペーン 最大3000円商品券

新型コロナウイルスの影響で落ち込む静岡の「おまち」を盛り上げるキャンペーンが11日から始まった。最大で3000円の商品券がもらえる。

その名も「コロナに負けない!エール静岡おまちキャンペーン」
静岡市中央商店街連合会が市の補助を受けて11日から始めた。

対象になるのは七間町・呉服町・紺屋町の商店街にある109店舗。その内容は1000円の買い物ごとに商店街で使える300円の商品券が最大10枚もらえるというもの。

1万円以上の買い物をすると3000円の商品券がもらえる。

ステーキ店ではさっそく商品券を受け取った客も。

静岡市中央商店街連合会の久保耕介会長は「おまちキャンペーンによって商店街に行ってみようかとなってもらえるとありがたい」と話す。

11日から今月22日の買い物が対象で、商品券の使用期限は今月いっぱい。

静岡2020.09.11 21:01

ネット依存リスク 小学生で3割超

県は10日ネットへの依存リスクがある小学生が約3割に上ったと発表した。増加傾向にあるネット依存どう抜け出せばいいのか。

10日県が専門家との会議で発表したのは「小学6年生のネット依存度」。

県内11校、945人を対象に実施したアンケートでは「ネットへの依存リスクがある」児童が32.8%に上ったことが明らかになった。

休校が続いた影響で「ネットへの依存リスク」も高まったとみられている。

そもそも「ネット依存度」とはオンラインゲームやSNSなどのネット使用時間と心や身体に表れている症状を合わせて算出するもの。

県の依頼を受けて調査を行った青少年ネット教育アカデミーの大嶌理事は、依存リスクの高い子どもには「脳の機能に深刻な影響が出る」と指摘する。

大嶌理事らが今年県内の中学や高校約30校を対象に行った独自調査では「ネット依存度」の平均が中学生で41.9%、高校生で56.8%と、多い生徒で1日4時間以上もネットを使用しているという。

中には、やめたくてもやめられないという生徒も。

大嶌理事は「ネットから頭を切り離す時間を増やしていくことが大切」と話す。

県は今後、ネットへの依存度を手軽に確かめることできるウェブシステムを開発するなど対策を強化する方針。

静岡2020.09.11 19:45

県が警戒レベル引き下げ 東京往来も制限緩和

県は11日、新型コロナ関する独自の警戒レベルを引き下げた。また県をまたぐ移動の制限についても緩和し「回避すべき」地域を解除した。

11日県は県内の感染状況を基に警戒レベルを「4」から「3」に引き下げた。警戒レベルが「3」となるのは7月27日以来、46日ぶり。

県によると指標のひとつとなる1週間あたりの新規感染者数の推移をみると、直近の2週間では10人台まで下がっている。

また県をまたぐ移動の制限については、東京都と沖縄県を「回避すべき地域」としているが、12日からは「特に慎重に行動すべき地域」に引き下げ「回避すべき地域」がなくなる。

東京都が「回避」ではなくなるのは約2か月ぶり。

県内では今月に入り、中部・西部では感染者は確認されておらず、県東部・伊豆地域のみで感染がみられる。

県の担当者は会見で「県東部地域を中心にして、まだ感染が完全には落ち着いていないという意見も専門家からはいただいている。完全に下降傾向かどうかは、2週間程度新規感染者数の発生状況を注視していく必要がある」と話した

また、県は感染経路不明者が3割ほどで推移していることなどから「これからも感染防止策をとってほしい」と話している。

静岡2020.09.11 19:43

伊豆の国市で新たに1人感染

9月11日、県内では伊豆の国市で新たに1人が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。

県によると11日は伊豆の国市の高齢でない成人1人が新たに感染したことがわかった。

この感染者は9月8日に陽性が判明した清水町の20代男性と勤務先での接触歴があるため、濃厚接触者としてPCR検査を行ったところ、陽性が判明した。

ただ清水町の20代男性は無症状のため、この男性から感染したかどうかは分かっていない。

また県は9月5日にクラスターが確認された富士市のスナックについて感染者9人の濃厚接触者の検査が11日全て終了し、二次感染者は計3人だったと発表した。

静岡2020.09.11 19:36

ひき逃げ容疑 医師の女を逮捕

10日、掛川市で男性が軽いけがをするひき逃げ事件があり、警察は26歳の医師の女を逮捕した。逮捕されたのは、掛川市長谷三丁目の医師永井里奈容疑者26歳。警察によると、永井容疑者は10日午前7時ごろ、自らが運転する車でミニバイクと出合い頭に衝突事故を起こし、62歳の男性に軽いけがをさせたにもかかわらず、その場から逃げた疑い。現場は信号機のない交差点で、永井容疑者の側に一時停止の標識があったという。永井容疑者は4月から、掛川市にある中東遠総合医療センターの研修医として働いていた。病院の担当者は「報道が事実であれば被害者に大変申し訳なく思っている」とコメントしている。

静岡2020.09.11 12:20

24時間テレビ 募金贈呈式

県内を中心にパチンコ店を展開するABCが、24時間テレビにチャリティー募金を贈った。ABCは24時間テレビの募金活動に参加して、ことしで27年目を迎える。贈呈式では、ABCの冨田英児社長からDaiichi-TV24時間テレビチャリティー委員長の桜田和之会長に、県内の店舗などに寄せられた募金、約850万円の目録が手渡された。募金は福祉施設への車両贈呈や災害の復興支援などに役立てられる。

静岡2020.09.11 12:18

長泉町 義理の娘を起訴

ことし3月、長泉町の住宅で69歳の女性が殺害された事件で、地検沼津支部は義理の娘を殺人の罪で起訴した。起訴されたのは、長泉町下土狩の無職諏訪部麻衣被告31歳。起訴状によると麻衣被告は、ことし3月、自宅で夫の母親である則子さんに対し、包丁で胸などを複数回刺して殺害した罪に問われている。死因は胸を刺されたことによる血気胸だった。地検沼津支部は、麻衣被告の犯行時の精神状態を調べる鑑定留置の結果、刑事責任が問えると判断し、10日付けで起訴した。麻衣被告は事件当時「則子さんが男ともみ合う姿を見た」と供述し、捜査関係者によると起訴された内容を否認しているという。

静岡2020.09.11 12:17

新型コロナ 感染流行期フェーズ引き下げ助言

10日、県内では新たに4人が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。このうち2人は富士市で発生したクラスターの2次感染者だった。

県は10日、富士市で3人と県外在住の男性1人の計4人が新たに感染したと発表した。また、県は9日に発表した感染者の1人が富士市のスナックで発生したクラスターの関連と認定し、このクラスター関連の感染者は9人となった。そして、10日に発表された感染者のうち2人もこのクラスターの二次感染者とみられている。県は引き続きクラスター関連の感染者9人の濃厚接触者についてPCR検査を実施している。

一方、9日に開かれた新型コロナウイルス専門家会議では、人口10万人あたりの感染者数が静岡県は0.38人と国の感染移行期後期の目安を下回っていることから、感染症の専門家らは感染流行期のフェーズを現状の「感染移行期後期」から「前期」に1段階引き下げるよう県に助言している。

静岡2020.09.10 19:34

静岡市死亡ひき逃げ事件 直前まで飲酒か

静岡市でおきた死亡ひき逃げ事件で新たな展開。逮捕された76歳の女が事件の直前まで居酒屋で酒を飲んでいた可能性があることがわかった。

過失運転致死などの疑いで逮捕された団体役員の石月桂子容疑者(76)は今月6日の午後11時過ぎ静岡市清水区下野緑町の路上で近くに住む濱口チエ子さんをひいて死亡させ、そのまま逃げた疑いがもたれている。石月容疑者は「その時間に現場を通ったので私かもしれない」と供述しているという。

また、捜査関係者への取材で石月容疑者が事件の直前まで現場近くの居酒屋で飲酒していた可能性があることが新たに分かった。警察は石月容疑者が飲酒運転の発覚を恐れて現場から逃げた可能性もあるとみて調べを進めている。

静岡2020.09.10 19:33

県内の大気は不安定

気象台によると、10日の県内は大気の状態が不安定で、午後も断続的に雨や雷が発生するという。

午前6時すぎ、沼津市には虹が出ていた。気象台によると沼津市内は早朝に雨が降り、空気中に残った水蒸気が太陽の光に照らされ、虹が現れたという。10日午前1時半ごろには浜松市西区では雷が発生した。

気象台は、10日の県内は南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定で、午後も多いところで1時間に40ミリの雨が予想されるほか、雷が発生すると話している。

静岡2020.09.10 12:51

県の専門家会議、フェーズ引き下げを助言

9日、県の新型コロナウイルス専門家会議が開かれ、感染流行期のフェーズについて現状の感染移行期後期を前期に1段階引き下げるよう県に助言した。

この会議は、感染症の専門医などが集まり、県に医療体制や感染防止対策に関して助言を行うもの。
新型コロナウイルスについてこれまで県内は7月に浜松で発生したクラスターの影響などから、感染移行期後期となっていた。しかし、直近の1週間の新規感染者数は14人で、人口10万人あたりの感染者数でみると0.38人と、国の感染移行期後期の目安を下回っている。
この結果などから専門家会議は9日、現状の感染移行期後期を前期へ一段階引き下げるよう県に助言した。

静岡2020.09.10 12:48

駿河湾フェリー乗船無料キャンペーン

清水港と土肥港を結ぶ駿河湾フェリーは、今月から静岡市内の小学生と保護者を対象とした乗船無料キャンペーンを実施している。

この乗船無料キャンペーンは、駿河湾フェリーの素晴らしさを知ってもらおうと静岡市独自の利用促進事業として始めたもの。無料対象となるのは、静岡市内の小学校に通う児童とその保護者1人で、清水港から土肥港までの片道料金、3450円分が無料になる。
学校を通じて配布された「無料乗船券」を販売窓口まで持参することで適用され、先着1000組2000人が利用可能。
このキャンペーンは来年3月末まで行われている。

静岡2020.09.10 12:45

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース