石川のニュース

金大附属病院がコロナ基金設置

新型コロナウイルスの重症患者を受け入れている金沢大学付属病院で、感染症の対応に充てる基金を設置し寄付を募っている。
金沢大学付属病院では、県の要請を受け4月15日から新型コロナウイルスの重症患者を受け入れ治療を行っている。一方で、感染症患者の受け入れに伴う経費の大幅な増加や、外来診療の縮小などで、収入は去年と比べ4月が1億円、5月は4億円ほど減少したという。こうしたなか、25日に「新型コロナウイルス感染症対策基金」を新たに設置した。集まった基金は専用病棟の整備や検査用試薬の購入費に充てられる予定だという。

石川2020.05.30 18:38

新型コロナ 二ツ屋病院入院患者1人死亡

県は新型コロナウイルスについて、二ツ屋病院に入院していた80代の男性1人が死亡したと発表した。
県によると、亡くなったのは二ツ屋病院に入院していた80代の男性患者だ。県内で亡くなった人は、25人となり、このうち二ツ屋病院の入院患者は19人だ。また、30日午前までに実施した10件のPCR検査の結果はすべて陰性だったという。県内の累計の感染者は298人で変わらず、退院した人は1人増えて219人、治療中の人は2人減って54人となっている。

石川2020.05.30 18:36

鮮やかな紅色の花 ヒメスイレン見頃

金沢城公園で、ヒメスイレンが鮮やかな紅色の花を咲かせた。
新丸広場にある湿生園で鮮やかな紅色で咲くのはヒメスイレンだ。湿生園では、キショウブやカキツバタなど様々な色の花が咲き楽しむことができる。紅色の花が水面に浮かび、青空とのコントラストを見せていた。管理事務所によると、ヒメスイレンは9月頃まで楽しめるという。

石川2020.05.30 18:35

北國風雪賞贈呈式 4人が受賞

北國風雪賞の贈呈式が、金沢市内で行われた。
この賞は、北國新聞社がふるさとの発展に尽くした人を称えようと贈っているものだ。今回の受賞者は、長年、犀川沿いの桜の植樹に取り組んだ上村彌壽男さん、エッセイストとして地域の文芸活動の振興に貢献している小林良子さん、能登町無形民俗文化財に指定された「ごいた」の普及継承に携わる洲崎一男さん、ルビーロマンの産地化とブランド化にも尽力した大田昇さんのあわせて4人だ。受賞者に対し、北國新聞社の温井伸社長は、「地道に尽力してきたことは郷土の誇りだ」と称えた。

石川2020.05.30 18:34

休業要請全面解除前に繁華街で感染予防対策

県内に出されている休業要請が、6月1日、すべての業種で解除される。こうした中、金沢市内の繁華街では、営業再開に向けて感染防止対策の準備を行っている。
県が6月1日から休業要請を解除するのは、ナイトクラブなど接客を伴う飲食店やライブハウス、カラオケボックス、そしてスポーツジムだ。こうした中、29日、金沢市内のナイトクラブでは、体温を測るサーモグラフィを設置したり、従業員がつけるフェイスシールドや抗菌手袋を準備し、およそ2か月ぶりの営業再開に向けて感染予防対策を講じていた。29日午後3時時点での香林坊の人の流れは、感染拡大前と比べて32.4パーセントの減少で、これまでの人の流れが戻り始めている。

石川2020.05.30 12:03

金沢の百貨店 一足早くお中元ギフトフェア

金沢市の百貨店で、一足早くお中元のギフトフェアが始まった。
めいてつ・エムザでは、本格的なお中元商戦に向けて、30日からおよそ1100点の商品の受付を始めた。ことしは、人の集中を避けようと受付を1週間早め、オンラインで注文した場合は送料を無料にしている。エムザでは6月10日から本格的にギフトセンターを開設しお中元の受付をするという。

石川2020.05.30 12:00

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース