石川のニュース

新たに10人感染 県内の感染者55人に

新型コロナウイルスの感染が県内でもさらに広がりを見せている。県は7日、新たに10人に陽性反応が確認されたと発表した。県内の感染者はこれで55人となる。
7日、新たに感染が確認されたのは金沢市に住む男性2人と女性2人、白山市に住む男性1人、川北町に住む女性1人。さらに医療従事者を含む4人にも陽性反応が出ていると県は会見の中で発表した。県によると、川北町の60代の女性はすでに感染が確認されていた男性の同居者で症状はなし。また、金沢市の50代の男性1人は金沢市役所の職員だった。一方、金沢市は7日、金沢市議会の松村理治前議長の感染確認を受けて実施した濃厚接触者の調査結果を明らかにした。市役所の全ての職員と議員のうち、議員7人を含む15人が濃厚接触者と判定されている。

石川2020.04.07 20:00

まるで屏風絵 卯辰山公園の桜が見頃に

7日の県内は高気圧に覆われ晴れている所が多くなった。こうした中、金沢市の卯辰山公園ではサクラが見頃を迎えた。
卯辰山公園の少し奥まったところにある「四百年の森」。いまサクラが見頃だ。前田利家公の金沢入城400年を記念して整備されたエリアだが、あずま屋から見える景色が屏風のように見える。辺りは静けさが漂い、鳥のさえずりも聞こえる別世界。標高が高いこともあって、サクラは街なかよりも少しだけ見ごろが遅くなっている。金沢市によると、「四百年の森」のサクラは今週末まで見ごろが続くという。

石川2020.04.07 19:58

県内5つの市で小中学校の入学式

新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が強まる中、県内では、金沢市など5つの市の小中学校で入学式が行われた。
7日に入学式が行われたのは金沢市や白山市など5つの市の小中学校で、金沢市の米丸小学校では真新しいランドセルを背負った新1年生が保護者とともに元気に登校していた。165人の新入生を迎えた米丸小学校では、新型コロナウイルスの感染防止のため、在校生は代表の児童3人のみ、保護者は1家族2人までの出席とするなどの対応がとられた。金沢市の小中学校では、13日から臨時休校することになっているが、児童たちは新たな学校での生活に期待を膨らませている様子だった。

石川2020.04.07 19:55

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース