富山のニュース

暦どおりの大寒らしい厳しい寒さに

 暦どおりの厳しい寒さとなりました。二十四節気の「大寒」の20日、県内はすっきりとした青空が広がりましたが、気温はぐっと下がりました。上市町東種では氷点下11.8度を観測するなど、県内7地点でこの冬1番の冷え込みとなりました。  地面に張った固い氷。20日朝の砺波市内の様子です。県内は久々の青空が広がりましたが、強い寒気と放射冷却の影響で、19日夜から気温がどんどん下がり、20日朝の最低気温は上市町東種で氷点下11.8度、富山市八尾町で氷点下6.8度と、凍てつく寒さとなりました。  砺波市は19日の時点で氷点下11度の予想でしたが、未明に氷点下3.5度を観測し、日が昇ってからも気温は氷点下3度前後。 この寒さに、チューリップ公園では…  「池の表面ですが…かなり厚く凍っています」  県内の気温は、昼にかけてほぼ氷点下はなくなりましたが、日中も富山市で3.3度などあまり上がりませんでした。この厳しい寒さは21日も続く見込みで、予想最低気温は富山市で氷点下6度、高岡市伏木で氷点下4度です。  こちらは上市町の大岩山日石寺です。大寒恒例の滝修行が行われ、訪れた人たちが境内に設けられた滝に打たれました。  あたりには雪が積もり、修行が始まった午前8時の気温は氷点下3度、そして滝の水温は0.1度とここ数年で一番の寒さです。白装束などに身を包んだ参加者は、気合いを込めて冷たさをこらえていました。  参加者 「なんかすっきりした」 「みなさんの健康とコロナの早期の収束をお祈りさせてもらいました」  ことしは新型コロナウイルスの影響で、例年のような団体での修行はなく、個人での受け付けとなったなか、参加者はそれぞれの祈りを込めて滝に打たれました。

富山 2021.01.20 19:22

屋根雪落下の危険性と安全対策のポイント

 今月、記録的な大雪となった県内では、住宅の屋根にも雪が降り積もりました。高岡市では、落下した屋根雪で全身が埋まった女の子が近所の人に救助されていました。屋根雪落下の危険性と事故を防ぐポイントをお伝えします。  女の子の母親 「一瞬、何が起こったかわからなくて。でもいたはずの子どもがいなくて、埋もれた、どうしようと思って」  今月10日、高岡市能町南の住宅で屋根雪が落下し、家族と除雪をしていた11歳の女の子を直撃しました。  雪の山は高さ2メートルほどにもなり、身長およそ145センチの女の子は全身が埋まりました。気づいた母親は大声で助けを求めました。  救助に当たった清水久一さん(68) 「遠いほうから助けてーという声が聞こえたんです。私らが行ったときはどうなるかなと心配したんですが、やるしかないしね」  清水さんなど近所の7人がかけつけて雪を掘ること10分。女の子はようやく救出されました。  雪は、たとえ少しの量でも落下のスピードが加わると、被害をもたらします。こちらは国の防災科学技術研究所が行った実験です。人が乗っても壊れないリンゴ箱ですが・・・ 「グシャ!」  流れ落ちた雪で壊れてしまいました。  屋根雪が落下した10日午後1時の高岡市伏木の積雪は110センチを超えていました。そして寒波は峠を越え、気温が上がってきていました。こうした条件がそろうと、落雪の危険性は一気に高まります。  今月14日には小矢部市でも88歳の男性が自宅の軒下で雪に埋もれ、窒息して亡くなる事故がありました。  高岡市の現場でも…  「屋根から流れ落ちた雪の重さでフェンスが変形していて衝撃の大きさがうかがえます」  救出された女の子は幸い、大きなけがはありませんでした。  女の子の母親 「本当に皆さんに来ていただかなかったらどうなっていたかわからないので、自分一人だったらどうしたらいいかわからなくてかけつけていただいて本当に感謝しています」  救助した清水さん 「ソーラー(パネル)があるところの下はまず行ったらいかんということを認識しましたね。あったかくなって緩んだ場合は除雪はちょっと離れた場所でしないとまずいということは思いましたね。まさかなるとは思ってないから」  雪の事故を研究している長岡技術科学大学の上村靖司教授は、落雪の危険箇所を家族や地域で普段から話し合い、注意しておくことが事故を防ぐ最善の方法だと話します。  長岡技術科学大学 上村靖司教授 「地域の皆さんと話し合いながら、お互いに注意喚起をしあったり、危険なところの話し合いをしたりということで事故に遭わないようにしていただきたいと思っています」  特に大雪が一段落して気温が上がってきたときは、軒下には絶対に入らないように気をつけてください。また女の子を救助した7人には高岡消防署が20日夜、感謝状を贈ります。

富山 2021.01.20 19:21

県内新たに10人感染

 県と富山市は20日、県内で新たに10人の新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表しました。  新たに感染が分かったのは、富山市、魚津市、滑川市、小矢部市の10代から80代までの男女あわせて10人で、このうち滑川市の40代男性は、市の職員と分かりました。一般市民と接触する業務ではないということです。  また、日本郵便北陸支社は19日夜、富山市の富山南郵便局で配達業務を担当している社員の感染を発表しました。  富山南郵便局は、集配業務とATM以外の窓口を休止していて、20日は配達できない状況となりました。業務は21日再開の予定です。  一方、19日に感染が確認された5人のうち、家族からの感染が2人、友人からの感染が1人です。  県内の感染者はこれで825人で、重症者は19日から1人減って3人となっています。

富山 2021.01.20 19:19

県 大雪について交通対策を検証へ

 車の立ち往生など県民生活に大きな影響を及ぼした今月7日からの大雪について、県は、交通対策を検証する会議を21日に設けて、除雪体制や道路情報発信などのあり方を検討します。  これは20日の定例会見で、新田知事が発表しました。21日開く検証会議のメンバーは、知事や県の部局長などで構成し、来月早々には外部の有識者を招いて意見を求めます。  今月7日からの大雪では、富山市で35年ぶりに100センチを超える積雪となり、各地の道路で立ち往生や激しい渋滞が発生したほか、鉄道なども運休が相次ぎ、県民生活に大きな影響を及ぼしました。  県道の除雪体制について新田知事は…。  新田知事 「結果として、特に県道の富山・小杉線などでは、かなり長い渋滞が起きたということ、これについては真摯に受け止めてまさにじゃあどうしてだということをこれから検証していきたいと考えている」  新田知事は、検証会議の結果を来月中をめどに取りまとめ、必要な設備などがあれば、新年度予算案に盛り込みたい考えです。  また、今月13日までの除雪費が18億円余りに達して当初予算の16億円を超えたことから、13億円を追加して29億円とすることを専決処分しました。今月7日に開設した大雪に関する24時間相談窓口は、きょう午後5時で終了し、あわせて1566件の相談が寄せられました。

富山 2021.01.20 19:07

富山市長選めぐり6人が自民党予備選へ

 ことし4月に行われる富山市長選挙に向けて自民党の推薦候補者を決めるため党員や党所属の議員などが投票する予備選挙が20日に告示され、6人の候補者が決意を述べました。投票は今月31日に開票して推薦候補を決めます。  自民党の推薦候補には、県議では藤井裕久さん、種部恭子さん、平木柳太郎さん、藤井大輔さん、富山市議では舎川智也さんと久保大憲さんの合わせて6人が意欲を示し、予備選挙の対象となっています。  20日は6人がそろって記者会見しました。予備選挙では、富山市内の党員と富山市選出の国会議員、県議、市議、そして現職の森市長に投票権が与えられます。投票結果と市民への世論調査結果をポイント化して、最も多くのポイントを獲得した候補者が党の推薦候補となります。  6人は会見で、それぞれ森市政への評価と実現したいビジョン、県との連携などについて述べました。6人は、開票日の今月31日まで合同の街頭演説や公開討論会などを行います。  富山市長選には、これまでに元富山市議の島隆之さんと、富山維新の会代表で元衆議院議員の吉田豊史さん、市民団体「市民が主人公の富山市政をつくる会」代表委員の高野善久さんが立候補を表明しています。富山市長選挙は4月11日告示、18日投票です。

富山 2021.01.20 19:05

高岡市長選 自民党が推薦候補の公募開始

 ことし7月に任期満了を迎える高岡市長選挙について、推薦候補の一本化をめざす自民党は、20日から候補の公募を始めました。  公募は、自民党高岡市連合支部で来月19日まで受け付けます。推薦候補選考について市連は、自民党籍を持つ人か立候補までに党籍を得るなど準ずる資格を持つ人、高岡市の課題に関して自民党の政策と協調できる人という条件を示し、連合自治会や党の友好団体の推薦があれば重視するとしています。  高岡市長選挙には、市出身の経済ジャーナリスト、出町譲さん(56)が立候補の意思を示しているほか、高岡市選出で自民党所属の瀬川侑希県議(36)は立候補を真剣に考えていると話しています。  また、市の米谷和也教育長(62)は、市内の経済界などで候補として名前が取りざたされています。  自民党は推薦候補を選考委員会で協議し、3月上旬をめどに一本化するとしています。

富山 2021.01.20 19:04

決めろ高難度の技 スケートボード中山選手

 東京オリンピックイヤーのことし、エブリィでは、出場を目指す県出身選手の意気込みを紹介しています。20日は、新種目、スケートボードの中学生、中山楓奈選手です。  今月2日・高岡市の射水神社です。初詣に訪れたのは、スケートボード競技で初のオリンピック出場を目指す富山市の山田中学校3年、中山楓奈選手15歳です。  中山楓奈選手「スケートボードのオリンピックでメダルとれるように、けがのないようにお祈りしました」  「楓奈、何吉?」  「小吉。もう1回引かんなん」  初詣のその足で向ったのは石川県にある屋内スケートパークです。悪天候のときは、普段の練習場所、富山市ストリートスポーツパークが使えないため片道1時間以上かけて通っています。  中山選手は、手すりや階段などを使って技の難易度や完成度を競う「ストリート種目」で東京オリンピック出場を目指しています。  2019年の日本選手権で優勝した中山選手は、去年、中学3年生で初のオリンピック出場を目指していました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオリンピックは延期に…その他の大会も全て中止になりました。  中山選手「大会がなかったら次の大会のとき、すごく緊張しそうだなと思います」  スケートボードは「怖さ」との戦いでもあります。技の難易度が上がれば転倒のリスクも高まります。1年の延期を前向きに捉え転んでも転んでも立ち上がり、技の習得に取り組んできました。  中山選手「フロントKが得意なのでもっと得意にしたいです」  中山選手が最も得意とするトリック「フロントサイドKグラインド」車輪がついている金属の部分を使って滑ります。  「フロントサイド」は、進行方向が背中側になるため難易度も上がります。大会が中止になる中、その分時間をかけて練習し、高い確率で成功するようになってきました。  中山選手「大分怖がらずに入れるようになりました」  去年秋からは体幹トレーニングも始めました。たくさんの人が応援してくれています。  神主「一宮射水神社の一守りというお守りがあります、金色で一と書いてある、日本語で一とつくものは結構多いんです。1位1番1等、金メダルも1ですよね。頑張ってください」  中山選手「オリンピックでメダルがとれるように頑張りたいです」  年末年始も休んだのは元日だけ。目指すは、高校1年生でのオリンピック出場、そしてメダル獲得です。  中山選手は、この春県内の高校に進学予定で、富山を拠点にオリンピックを目指します。

富山 2021.01.20 19:02

一人一人がSDGsに取り組むきっかけを

 国連が定めたSDGs=「持続可能な開発目標」を県民が身近に考えて取り組むきっかけにしようというフォーラムが20日、富山市で開かれました。  SDGsは、2016年に国連で採択された国際的な目標で、貧困や飢餓、環境汚染など17の問題について、2030年までの解決を目指して、世界の国々が取り組むことを定めています。  富山県はおととし7月にSDGs未来都市に選ばれています。県が開いたフォーラムでは専門家が、「解決すべき課題を明確にし、自治体は戦略を創り実践することが必要」と話しました。

富山 2021.01.20 19:01

大寒 晴天広がるも震える寒さに

 20日は二十四節気の大寒です。富山県内は、各地で厳しい冷え込みとなっています。  県内は高気圧に覆われて朝から晴れ、放射冷却となったのに加えて強い寒気が残っているため寒さが厳しくなっています。  20日朝の最低気温は、上市町東種で氷点下11.8度、富山市八尾町で氷点下6.8度、魚津市で氷点下4.4度など、県内10の観測地点すべてで氷点下となり、うち7か所ではこの冬で最も寒くなっています。  「池の表面ですが、かなり厚く凍っています」  県内は日中も晴れる見込みですが、予想最高気温は富山市、高岡市伏木ともに2度と平年より3度あまり低く、日差しがあっても寒さが厳しい一日となりそうです。路面の凍結などに注意し、暖かくしてお過ごしください。  一方、上市町の大岩山日石寺では恒例の寒修行が行われました。ことしは新型コロナウイルスの影響で団体の修行はなく、個人での受付となりました。  午前8時の大岩山日石寺の気温は氷点下3度、そして滝の水温は0.1度とここ数年で一番の寒さの中、白装束などに身を包んだ参加者たちが境内にある六本滝に、次々と入っていきました。  参加者「なんかすっきりした」  「みなさんの健康とコロナの早期の収束をお祈りさせてもらいました」  参加者たちは落差5.5メートルの水の勢いに耐えながら、一心に祈っていました。

富山 2021.01.20 11:46

奥田交番襲撃事件 第3回公判

 2018年に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判は、19日が第3回公判です。事件で犠牲になった警備員の中村信一さんが殺害される直前に小学校の前で2度発砲を受けたとされる同僚の警備員などへの証人尋問が行われ、発砲の様子が明らかになりました。  立山町の元自衛官、島津慧大被告(24)は、2018年6月、富山市の奥田交番に刃物を持って押し入り、交番所長の稲泉健一警視を刺し殺して拳銃を奪い、近くの奥田小学校正門付近にいた警備員の中村信一さんを射殺したとして、強盗殺人などの罪に問われています。  19日の公判では、中村さんの同僚で、島津被告から2度発砲を受けたとされる男性警備員への証人尋問が行われました。警備員は、「パンパンという音を聞き、振り向くと犯人と目があい、拳銃のようなものを構えて私に向かってくるのが見えた。恐怖心から、逃げて住宅のガレージに隠れた」などと事件当時を振り返りながら話しました。  また緊急車両のサイレンが聞こえ状況を確認しに行った際、中村さんから「何かあったんでしょうか」と問いかけられたのが最後の言葉だったと振り返りました。  被害者参加制度を利用して傍聴している中村さんの妻は、夫の最後の様子をうなずきながら聞いていました。  続いて、県警で拳銃の指導をする警察官の証人尋問では、警察官が拳銃の扱いについて裁判員らに説明しました。そのなかで、被告が警備員に対して発砲する様子をとらえたドライブレコーダーの映像を使い、被告は、片膝をついて重心を低くするなど「拳銃の扱い方の基本がわかったうえで実践していた」などと指摘しました。  さらに、事件で鑑識捜査の指揮をとった警察官は、発砲を受けた警備員の立ち位置と弾丸の軌道を推定した実況見分の結果を示し、被告が警備員を拳銃で狙ったとしたうえで近い方の弾丸は警備員からおよそ20センチの所を通ったとしました。  きのうまで2回の公判では黙秘し、ほとんど反応がなかった島津被告は、警察官が手にしたモデルガンを見つめたり、モニターを見上げたりして聞き入る様子を見せました。  争点となっている強盗殺人罪の成立については、島津被告が何も話さないことから証人尋問がカギを握るとみられます。裁判は21日も証人尋問が行われ、来月4日に結審し、判決は3月5日の予定です。

富山 2021.01.19 19:14

トナミ運輸系列会社のトラック巻き込まれる

 19日、宮城県の東北自動車道で車100台以上の多重事故が発生し、死傷者が出ています。高岡市に本社があるトナミ運輸によりますと系列会社のトラックが巻き込まれたということです。  この事故は、19日正午ごろ宮城県の東北自動車道で発生し車100台以上が巻き込まれました。吹雪で視界が極端に悪くなるホワイトアウトが原因とみられ、死傷者がでています。  多重事故の現場を、午後2時すぎにヘリコプターから撮影した映像ではトナミ運輸のマークやロゴがついたトラックが、事故に巻き込まれているのが確認できました。  トナミ運輸本社によりますと、事故に巻き込まれたのは系列会社である北海道トナミ運輸のトラックで、ドライバーとは連絡が取れているということです。トナミ運輸では詳細について調べています。

富山 2021.01.19 19:13

県内で新たに5人 感染発表

 新型コロナウイルスの感染者が県内で19日、新たに5人確認されました。  新たに感染が分かったのは、富山市の20代から70代までの5人で、このうち3人が既に判明している感染者の濃厚接触者です。  一方、18日に発表された8人は、家族からの感染が5人、職場関係の感染が1人で、残る2人の感染経路は不明です。  8人のうち、富山市の20代女性は介護施設の職員で、市はこの施設の職員28人と入所者36人全員を検査するとしています。  県内の感染者は815人で、入院が78人、調整中が16人で、重症は18日から1人増えて4人となっています。

富山 2021.01.19 19:09

知事の公約「ワンチームとやま」会議が始動

 新田知事は、知事選挙で公約としていた県内15市町村のトップとの「ワンチームとやま」連携推進本部会議の初会合を19日、富山市で開きました。災害対策やデジタル化など5つの項目で連携を推進することを決めました。各市町村長の反応は。  この会議は、新田知事が、去年秋の知事選挙の際に開催を公約としていたもので、県内15の市町村長が集まりました。  新田知事 「市町村が行政の主役、県は広域的にサポートする役割。首長同士が直接意見交換したい。心を一つにしてワンチーム、キックオフの場にしたい」  会議では、県と市町村の連携推進項目として各市町村から提案があったものを県が5つに絞って示しました。  そして、効果的な除雪のために、雪捨て場の共同利用や連携除雪の強化を目指すことや、自治体の業務システムを統一しデジタル化を目指すことなどを推進する方針を決めました。  射水市 夏野市長 「従来の市町村長会議に比べると活発な意見が出た。市町村の取り組みを県がしっかりサポートする、つなぎ合わせることでより効果を上げる取り組みが実現できれば良い」  砺波市 夏野市長 「問題意識が県と違うところがあるから、そういうところをやればいい。(もっと)個別で議論するとか、いろんな案件はいろんな背景がある」  「ワンチームとやま」連携推進本部会議は、今後3か月に1回開く計画です。

富山 2021.01.19 19:08

断続的に雪 氷点下の寒さに

 19日の富山県内は寒気の影響で、断続的に雪が降るとともに最低気温が全ての観測地点で氷点下となり、凍てつく寒さとなりました。  上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、県内は19日も断続的に雪が降りました。寒さも厳しく、19日午後5時までの最低気温は、魚津市で氷点下2.2度、砺波市で氷点下2度など、県内全ての観測地点で氷点下となっています。  午後6時の積雪は富山市で61センチ、高岡市伏木で57センチなどとなっています。  20日は高気圧に覆われますが、朝のうちは寒気の影響を受ける見込みで朝の予想最低気温は富山市・高岡市伏木ともに氷点下5度とかなり低くなりそうです。水道や路面の凍結交通障害などに十分に注意してください。

富山 2021.01.19 18:58

大雪でJAFへ車の救援依頼4000件

 県内で記録的大雪となった今月8日の金曜日から17日までの10日間で、JAF=日本自動車連盟富山支部に寄せられた車の救援受け付けは4000件以上となりました。  JAF富山支部によりますと富山市で積雪が100センチを超えた今月8日から17日までの10日間に、県内で寄せられた車の救援受け付けは4021件でした。最も多かった9日は1日で1007件ありました。  例年は、雪が降る日でも1日に100件から200件程度だということで、記録的大雪で車のトラブルが急増したことがわかります。救援依頼の内容は車が雪に乗り上げて動けなくなるほか、道路の側溝が雪で分からなくなったり、タイヤが滑ったりして側溝に落ち、抜け出せなくなる、などが多くありました。  JAFは、抜け道でも、除雪が不十分なところに無理に進入しないことや、路上で立ち往生することになった場合は、排気ガスで一酸化炭素中毒になるのを防ぐためマフラー周辺の除雪をし、できるだけエンジンを切ることを呼びかけています。  また、大雪の予報が出ているときはスコップや防寒着、保存食などを車に準備しておくよう呼びかけています。

富山 2021.01.19 18:57

南砺市で住宅が全焼 居間に暖房器具

 19日未明、南砺市で火事があり、住宅一棟が全焼しました。けが人はおらず、火元とみられる居間には電気ストーブやこたつがあったということです。  南砺警察署によりますと、19日午前1時50分ごろ、南砺市金戸の県臨時職員、朝日雪夫さん(63)が自宅の居間から煙が出ているのを見つけて消防に通報しました。  火は、およそ1時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅が全焼しました。朝日さんは一人暮らしで出火当時、居間で寝ていましたが、逃げ出して無事でした。実況見分の結果、居間の燃え方が激しく、火元とみられます。 居間には電気ストーブやこたつがあったということで、警察と消防は暖房器具から火が出た可能性もあるとみて出火原因を調べています。

富山 2021.01.19 18:56

高岡市職員 同僚を蹴って足を骨折させる

 高岡市で、ごみ収集を担当する環境サービス課の30代の男性職員が、勤務中に同僚の足を蹴って骨折させていたことがわかりました。市は処分を検討しています。  高岡市によりますと、先月21日に市内の佐野公民館で使用済みの天ぷら油を回収していた、環境サービス課の主任業務士兼運転手の30代男性職員が、一緒に作業していた60代男性職員の右足を、つま先に鉄板が入っている安全靴で蹴って骨折させたほか、腹を数回殴りました。  殴られた60代職員も相手の腹を数発殴ったということで、近くにいた同僚が気づいて止めに入ったということです。  30代職員は、けがをさせたことを認め、60代職員の作業の仕方に腹が立ったと話しているということで、職務を続けています。市は、この30代職員に対する処分を検討しています。

富山 2021.01.19 18:55

全ての観測地点で氷点下 日中も寒さ続く

 19日朝の県内は冷え込みました。県内全ての観測地点で氷点下を記録しました。  県内の上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、19日朝の最低気温は氷見市と砺波市で氷点下1.3度、魚津市で氷点下1.2度など県内全ての観測地点で氷点下を記録しました。  富山駅前では足元を気にしながら足早に歩く人の姿が見られました。  午前11時時点の積雪は、富山市で63センチ、高岡市伏木で59センチなどとなっています。19日午前6時から20日午前6時までの24時間で予想される最大降雪量は、平野部で10センチ、山間部で25センチとなっています。  予想最高気温は富山市で1度、高岡市伏木で0度と低く、路面の凍結や交通障害などには十分に注意してください。

富山 2021.01.19 11:46

イオングループから募金届けられる

 去年8月にKNBテレビが放送した「24時間テレビ43愛は地球を救う」で、県内のイオングループに寄せられた募金が19日北日本放送に届けられました。  県内のイオングループは毎年「24時間テレビ」の募金活動に協力しています。  19日はグループを代表してイオンリテール株式会社 大泉拓史北陸事業部長らが北日本放送を訪れ、グループに寄せられた募金、193万364円の目録を北日本放送の瀧脇社長に手渡しました。  去年の24時間テレビでは県西部の窓口としてイオンモール高岡で募金を受け付けました。  今回「24時間テレビ」に寄せられた募金は、全国で8億6626万9827円、県内では717万6866円となりました。  集まった募金は福祉車両の購入などに役立てられます。

富山 2021.01.19 11:46

小中学校再開も…残る大雪の影響

 大雪のため今月12日から休校となっていた富山市の小中学校が、18日から授業を再開しました。通学路では車道の除雪が進む一方、一部の歩道ではまだ除雪が行き届いていないところがあり、子どもたちは、足元を気にしながら通学しました。  富山市の山室地区では、18日朝、久しぶりに学校へ向かう子どもたちの姿がみられました。  山室小学校 浅野真樹子教頭「やっと8日の始業式を終えてから臨時休校だったので、きょうは子どもたちの元気な姿にあうことができて安心しました」  先々週からの大雪の影響は、車道の除雪も進みほぼ収まりつつありますが、道路横には大量の雪が積み上がり道幅は狭まっています。  一方で除雪が手つかずの歩道もあり、子どもたちは積もった雪を乗り越えて学校へ向かいます。低学年の子どもを高学年の子どもが手助けする姿も。こちらの子どもたちは、歩道が雪で埋まっていたために車道に出ようとしましたが…。  「向こう側(駐車場側)に回ったほうがいいかもしれん」  車道も狭く危険なため、引き返して店の駐車場を通って、ようやく歩道に出ました。  山室町内会 佐野哲章会長「学校休みにしたからなんとか日曜日までは(道が)空くかなと思ったが(除雪機が)入れるような状況でないことがわかった」  この地区では、通学路を確保するため17日の夕方に住民が除雪を行い、18日は、町内会や教員らが子どもたちの安全確保のために通学路に立って見守りましたが、歩道の除雪のめどは立っていないといいます。  山室町内会 佐野哲章会長「何日間か経ったら(除雪が)入るよなど、すみの固い雪だけでもずらしてくれたら機械が入るよ、など言ってくれたら、地元でどれだけでも対応するのですが、そういう言葉がでてこないのでどうなっているのかわからない状況」  子どもたちが登校した後も、地区の住民が歩道の雪かきに汗を流していました。  山室小学校区では、子どもたちの通学の安全がある程度確保されるまで、住民や教員が通学路に立って見守りを続けるということです。  県道を管理する県道路課は、除雪対象となっている県道の歩道1081キロのうち、ほぼ7割のおよそ725キロはすでに完了している一方、残りについてはこのあと2、3日かけて除雪を行うとしています。

富山 2021.01.18 19:17

水橋高校サッカー部 地域の除雪に協力

 高校再編で来年春に閉校する富山市の水橋高校のサッカー部は16日、毎年恒例の必勝祈願を行うとともに、大雪被害に伴い「練習」ではなく地域の「除雪」を行いました。 水橋高校サッカー部 上田裕次監督 「この水橋高校が地元に根付いた高校であるということから、雪かきが滞っているところを少しお手伝いできればと」  狭くなった道路を広くしたり歩道を確保したりと、22人の部員全員が、普段お世話になっている地域に恩返しをしようと、約2時間にわたり除雪に汗を流しました。 ◇部員インタビュー 「自分たちの高校の町ということでそこに貢献したい」 「地域の人に気持ちよく道路を通ってもらえるようにしています」

富山 2021.01.18 19:14

積み上がった雪の陰から車…衝突事故の瞬間

 県内は車道の除雪が進む一方で、交差点近くには除雪で積み上げられた雪の山ができ見通しが悪くなっている所があります。視聴者から、こうした場所での事故の映像が送られてきました。  18日午前7時すぎ、北陸自動車道黒部インターチェンジ付近でのドライブレコーダーの映像では、車が右折するため、右側のレーンを走っています。県道へ出た直後…右側から来た車と衝突しました。  もう一度、スローで見てみると、前方の信号は青です。県道に入ったところで、赤信号を無視してきた車と衝突したことが分かります。  映像を提供した人は、「右側に雪の山があり、見通しが悪くて注意していたが、まさか信号無視の車が走ってくるとは思わなかった」と話していました。  このドライバーにけがはありませんでしたが、もう一方の車を運転していた58歳の女性は胸の苦しさを訴え、救急車で病院に運ばれたということです。  県内各地の交差点には、今も除雪で積み上げられた雪の山があります。右左折する際は、車はもちろん、子どもなど、雪山の陰で見えなくなっている歩行者にも十分注意してください。

富山 2021.01.18 19:02

交番襲撃事件の裁判 事件当時現場にいた交番相談員が証言

 2018年に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判の第2回公判が、18日富山地方裁判所で開かれました。18日は事件当時、交番にいた交番相談員への証人尋問が行われ、島津被告の行動が徐々に明らかになってきました。  立山町の元自衛官、島津慧大被告(24)は、2018年6月、富山市の奥田交番に刃物を持って押し入り、交番所長の稲泉健一警視を刺し殺して拳銃を奪い、近くの小学校の正門付近にいた警備員の中村信一さんを射殺したとして、強盗殺人などの罪に問われています。  18日の第二回公判では、島津被告が稲泉警視の殺害に使ったとみられるナイフが交番の裏口近くで見つかったことや、稲泉警視の負傷か所が顔や腹など40か所に及んでいたことが明らかになりました。  また、被告が持っていたとみられるナイフや斧、奪ったとされる拳銃の実物が裁判員らに示されました。そのうえで検察側は、島津被告に「このナイフはあなたのもので間違いありませんか」などと再三尋ねましたが、被告は、いっさい口を開きませんでした。  そのいっぽうで被告は、証拠調べの際に弁護士から資料を示されると、指を差して確認するような仕草をみせました。  被害者参加制度を利用して傍聴している警備員の中村信一さんの妻は、検察側が夫の殺害状況を説明した際に涙を流して辛そうな表情をうかべ、堪え切れずに退廷して嗚咽を漏らす場面がありました。  そして、別室と音声をつなぎ行われた証人尋問で、事件当時交番にいた交番相談員は、凶器を持った男と組み合う稲泉警視を助けようと「さすまた」を振ったが、相手に押し返され、外に助けを呼びに行ったと話しました。  また裏口から男が凶器を持って襲撃したことから、「警察官の拳銃など装備品を狙った強盗だと思った」と事件当時の緊迫した状況を話しました。そのうえで被告に対し「自分の過ちを黙秘せずに誠実に話してもらいたい」と訴えました。  争点となっている強盗殺人罪の成立については、島津被告が何も話さないことから事件関係者への証人尋問がカギを握るとみられます。  裁判は19日も証人尋問が行われ、今月29日に被告人質問、来月4日に結審し、判決は3月5日に言い渡される予定です。

富山 2021.01.18 18:54

新型コロナウイルス 県内で新たに8人感染

 新型コロナウイルスの感染者が県内で18日、新たに8人確認されました。  新たに感染が判明したのは、いずれも富山市と高岡市の20代から70代までの8人で、このうち6人が既に判明している感染者の濃厚接触者です。  また17日に発表された6人は、2人が家族や知人からの感染、残る4人は感染経路がわかっていません。  県内の感染者はこれで810人で、入院が79人、入院調整中が28人で、3人が重症です。

富山 2021.01.18 18:48

県内交通機関3社 コロナ影響で県に財政支援を要望

 この新型コロナウイルスの影響で収入が激減している県内の鉄道とバス会社が18日、県に財政的な支援を求める要望書を提出しました。  要望を行ったのは、富山地方鉄道と万葉線、それに加越能バスの3社で、新型コロナウイルスの影響に伴う利用客の減少を受け、現在の状況が続けば事業継続にも深刻な影響を及ぼしかねないとして、県に対し、駅や車両の感染対策や、運行と車両の維持に向けた財政的な支援を求めました。  富山地方鉄道 辻川徹社長「通年通しても、対前年50%60%前後くらいがめいっぱいじゃないかと思います。この生活交通を会社として維持しながら守っていく、それが我々の会社の務めだと思っていますので(要望を行った)」  要望に対し新田知事は、編成中の新年度予算案で「出来る限りの支援を盛り込んでいきたい」と答えました。  18日はこのほか、県タクシー協会も財政支援などを求める要望を行いました。  県のまとめによりますと、去年3月から11月までの県内の鉄道やバスの利用者数は、最初の緊急事態宣言が出た去年春が前の年から5割以上減少し、11月も2割前後のマイナスとなっています。

富山 2021.01.18 18:43

富山市議会政務活動費の返還請求訴訟で…

 富山市議会の政務活動費をめぐり、市民団体が不正取得分の返還を求めている裁判が18日、富山地方裁判所で開かれ、原告が、関係議員などの尋問を申請する可能性を示しました。  この裁判は、市民団体「市民が主人公の富山市政をつくる会」の会員らが、富山市議会の自民党会派議員に政務活動費の不正取得があるとして、富山市長に対して、会派に政務活動費の返還を求めるよう訴えているものです。  18日の裁判で原告は、現職市議2人の市政報告会の会場費3件について、いずれも政務活動費で支出できない後援会活動であることが案内文書などから明らかであり、領収書の成立には疑いがあると主張しました。  一方、自民党会派の代理人は、3件は会派が認めたもので、領収書などの証拠資料からも市政報告会であると主張しました。  両者の主張を受け、裁判所は、原告に対して証人尋問などさらなる立証が必要であるという見解を示しました。原告は今後、関係する議員や後援会関係者などへの尋問を申請するかどうか、検討を進めるとしています。  次回の裁判は、3月3日です。

富山 2021.01.18 18:40

あなたにとって「ふるさと」ってなに?

 今月5日、高岡市である討論会が開かれました。参加したのは、県内在住で外国にルーツを持つ子どもたちと県外出身の大人、そして富山市出身で現在はフランスで暮らす映画監督の平井敦士さん。語り合ったテーマは、「ふるさと」です。  平井敦士監督「アジアから来た外国人がフランスで活動するってことは、どこかで『フランス人にならなければいけないんだろうな』というところがあったというか…」  今月5日に開かれた討論会に参加したのは、生まれた場所や国籍も違う県内在住の子どもたちや大人、あわせておよそ30人。そして、富山市水橋出身で、現在はフランスで活動する映画監督の平井敦士さんです。  平井さんが出身地の水橋を舞台に作った映画「フレネルの光」を観て、語り合ったテーマは「ふるさとってなに?」。  平井敦士監督「僕は8年間フランスにいて、いま仕事が向こうにあって家があって師匠もいて(生活の)基盤が向こうにあるわけで『フランスに帰る』という気持ちなんだが、帰ってきたいなというか、戻りたいと思うのは富山。富山にいたときはふるさとなんて全く思っていなかったし、こんな場所出たいとかつまらないと思っていたけど、富山ってやっぱり…僕の場所だったんだって映画撮りながらわかっていった」  福岡県出身の男性「富山に来て11年、12年くらい経ったが、今たぶん一番ふるさとを感じているのは福岡じゃなくてここ、こっちで結婚して子どもも2人生まれて、あの子たちにとってここがふるさとなんだろうなと思ったら、それと一緒に自分もふるさとを感じられるようになってきたかなと思う」  平井敦士監督「多分作ろうと思って作られたというよりは、富山がふるさとになっていったという感じ」 福岡出身の男性「帰ってくる場所があるということと待っている人がいるというのは感じる。自分にとってどこなんだろうと思ったら、福岡よりも僕は、自分の家族がいて、いま一番待っててくれる人がいるところはこっちなので」  東京都出身の女性「父が転勤族だったので、ここに中3の時に来た、高岡に。結婚するまでここに暮らしていたが、やはりどうしても馴染めなくて、結婚して大阪に行った。22年たったけど高岡市民になって、でも『旅の人』。中3のときも旅の人と言われて、またこっちに来た時も旅の人と言われて」  平井敦士監督「ふるさとは作れるものではなくて、自分が帰ろうと思った場所がふるさとなんじゃないか。無理やり作るものではないし、自分でわかるものだと思う、他の人に決められるものじゃなくて」  外国にルーツを持つ子どもたちは、大人たちの話を聞いて、何を感じたのでしょうか。  Qふるさとってどういうところ?  ブラジル出身の女の子「自分が安心して、リラックスして過ごせる場所だと思う」  Q高岡はふるさとですか? 「今のところはふるさととは思っていない。まだここにきて間もないし、ブラジルにいた時間の方が長いから、ブラジルの方が居心地がいいわ」  ブラジル出身の男の子「自分にもたくさんのふるさとがあると思った。友達とかたくさんの知り合いができて、帰れる場所がたくさんあっていい」  アレッセ高岡 青木由香理事長「ふるさとっていうのが一つの古典的なイメージではなく、いろんな多様性を持つものだと感じとれましたし、この町が子どもたちにとって、ふるさとになれば」  討論会を開いたアレッセ高岡は、外国にルーツを持つ子どもたちと、「ふるさと」をテーマにした映画を制作するということです。

富山 2021.01.18 18:38

通学路の除雪 手つかずの場所も

 大雪のため休校となっていた富山市の小中学校は18日から再開しました。歩道の除雪が手つかずの場所もあり、子どもたちは慎重な足取りで登校しました。 「おはようございます」  大雪の影響で今月12日から休校していた富山市内の小中学校が18日から再開しました。これで県内すべての小中学校で通常授業となりました。  このうち富山市山室地区では、歩道の除雪が手つかずの場所もあり、低学年の子どもは、雪の段差を乗り越えるのもやっとです。子どもたちは足元を確かめながら通学していました。  山室町内会 佐野哲章会長「万が一(子どもが)車道に出なくてはいけない時など安全に通学してもらおうと、きょうは立ちました」  山室小学校校区では子どもたちの安全を守ろうと教諭や各町内会などから26人が通学路での見守りを行っていて、道の安全が確保されるまで登下校時に続ける予定です。

富山 2021.01.18 11:44

新型コロナで負担増 教員の働き方改革を

 県PTA連合会が18日、県庁を訪れ、業務のスリム化と教育の質の確保などを新田知事に要望しました。  18日は県PTA連合会の本江学会長らが県庁を訪れ、県内の公立小中学校のPTAの意見をまとめた要望書を新田知事に手渡しました。  要望では新型コロナの影響で深刻化する教員の働き方改革の推進と低迷が続く教員の志願者増加を目指す取り組みを行い教育の質を確保すること、などを求めました。  要望を受けた新田知事は、教員の事務作業などを補助するスクール・サポート・スタッフの継続や拡充を前向きに検討したいなどと答えました。

富山 2021.01.18 11:43

新型コロナウイルスで県内1人死亡 新規感染6人確認

新型コロナウイルスに感染していた患者の一人が16日死亡したことがわかりました。また、17日新たに県内で6人の感染者が確認されました。 県と市は、入院していた感染者のうち1人が16日亡くなったことを明らかにしました。年齢や居住地などはプライバシー保護を理由に公表していません。これで県内の死者は27人となりました。 また、17日新たに20代から50代までの男女6人の感染が確認されました。このうち1人が既に判明している感染者の濃厚接触者でした。 16日感染が確認された男女13人については、いずれも軽症か無症状で、このうち6人が家族間の感染とみられるということです。 これで県内の感染者数は累計で802人となり、入院者は78人、重症者は3人となりました。

富山 2021.01.17 19:03

初の大学入学共通テスト 混乱なく全日程終了

大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストは、17日で2日間の全ての日程を終えました。これまでに県内で大きなトラブルの報告は入っていません。 16日から始まった大学入学共通テストには、県内5つの会場であわせておよそ5000人が挑みました。17日は理科と数学の試験が行われ、すべての試験日程を終えました。ことしは大学入試センター試験から大学入学共通テストに代わって初めての試験で、新型コロナウイルス予防のため教室の入り口に消毒液を設置し、座席を例年より間隔を空けるなど対策が行われました。 県内では先週の記録的な大雪のため交通の影響も懸念される中での試験実施となりましたが、これまでに大きなトラブルの報告は入っていません。 平均点などの中間発表は今月20日、得点調整の有無は22日に発表される予定です。

富山 2021.01.17 18:45

気温上がらず凍える寒さに

17日県内は、16日ほど気温は上がらず凍える寒さとなる見込みです。 県内は、冬型の気圧配置で、雪または曇りとなっています。午前8時の気温は富山市で0・4度、高岡市伏木で0度と、前日から一転して下がりました。16日ほど気温は上がらず、日中の予想最高気温は富山市で3度、高岡市伏木で2度と平年よりも3度から4度低い見込みです。 積雪は、午前11時時点で富山市で52センチ、高岡市伏木で36センチで、17日午後6時までの12時間予想降雪量は平野部・山間部ともに最大で10センチです。 このあと、夕方からは雷を伴う見込みです。県東部では、17日夜遅くまで高波に注意してください。

富山 2021.01.17 12:01

地域の宝を守る 文化財防火訓練

今月26日の文化財防火デーを前に、17日県内各地で火事などの災害から貴重な文化財を守る防火訓練や講習会が行われました。 このうち、魚津市では国の登録有形文化財の講堂がある魚津高校で訓練が行われました。訓練は、魚津消防署などが文化財防火デーに合わせて毎年この時期に行っているもので、ことしは、講堂の近くの食堂から火災が発生した想定で行いました。隊員らはホースなどを使って消火活動を行い、講堂に燃え移らないよう迅速な初期消火の体制を確認しました。 魚津消防署 稗畑清光署長  「正確に放水もできて水幕ホースも張れたことがうまくいった」 県内では17日、重要伝統的建物群保存地区に選定されている高岡市吉久地区でも防火講習会が行われました。

富山 2021.01.17 11:49

富山市でクラスター 飲食店店員5人が感染

 15日に新型コロナウイルスへの感染が発表された15人のうち4人は、今月11日に感染が分かった飲食店店員と職場が同じで、富山市はクラスターが発生したとの認識を示しました。  15日に感染が分かった20代から40代の富山市の飲食店の男性店員4人は、今月11日に感染がわかった富山市の30代の飲食店の男性店員と職場が同じで、一緒に食事をしたほかたばこを吸うなどしていて濃厚接触者でした。  この5人が働いているのは居酒屋で、最初に陽性が分かった男性のほかの濃厚接触者は陰性が確認されています。  また店は今月11日から休業していて、その前に訪れた客も限られていて、富山市はこの店での感染はこれ以上広がらないとしています。  またきのう感染が分かった高岡市の40代の女性公務員は、高岡市の市立学校に勤める調理員でした。  高岡厚生センターは、校内に濃厚接触者はいないと判断し、週明けも通常どおり授業が行われます。  県内の新型コロナウイルス感染者は、16日新たに13人増えて796人となっています。

富山 2021.01.16 17:33

大雪の影響で富山市 土日にごみ特別収集

 先週末からの大雪の影響で15日までに予定通りごみ収集ができていない地域があることから、富山市は、土日の16日と17日、ごみの特別収集を行っています。  富山市清水町の住宅街では、まだ雪が解けきっていない道に収集車が入り、市の職員たちがごみの収集にあたっていました。  富山市によりますと、先週の大雪で、収集車が集積場にたどり着けず一部の地域で、15日までに予定通りのごみ収集が出来ていないということです。  富山市環境センター 髙土春樹業務課長 「こちらも初めての経験なものですから、ちょっと戸惑いはあったんですけども、来週からの収集は通常通り行いたい」  富山市のごみの特別収集は、17日も行われます。

富山 2021.01.16 11:58

大学入学共通テスト始まる

 大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストが16日、全国で一斉に始まり、県内でもおよそ5000人の受験生が試験に臨んでいます。  このうち、富山大学五福キャンパスでは、雨の降る中、受験生たちが緊張した面持ちで会場に入っていきました。  大学入学共通テストは、大学入試センター試験に代わりことし初めて行われます。  県内では、富山大学など5つの会場であわせて5042人が試験を受けていて、午前9時30分から「地理歴史・公民」の試験が始まりました。  ことしは、新型コロナウイルス感染防止策として座席を例年より間隔を空けて配置しています。  今のところトラブルの報告はなく、午後からは国語と外国語の試験が行われます。

富山 2021.01.16 11:52

午後9時以降営業自粛要請 協力金56万円

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応をステージ2としている県は、飲食店への営業時間短縮要請の詳細を15日発表しました。酒を提供する店に来週月曜日18日から今月末までの2週間、午後9時以降の営業自粛を求め、応じた店舗に協力金として一律56万円を支払います。  新田知事 「ここで2週間短期集中的にみんなで乗り切る。そしてコロナの拡大をここで押さえ込む。県民一丸となって取り組んでいただきたい。このことを心からお願い申し上げます」  県が、営業時間の短縮を要請したのは、酒を提供する飲食店で、今月18日から31日までの2週間、午後9時から午前5時まで店舗での営業の自粛を求めます。  ただ、テイクアウトと宅配での営業は、午後9時以降も認めます。要請の対象店舗にはカラオケやライブハウスなども含みます。一方で、テイクアウト専門店やスーパーマーケット、コンビニのイートインスペースなどは対象外です。  要請に応じた事業者には協力金を、1店舗あたり一律で56万円支払います。1日あたり4万円の計算で、新田知事は協力金を一律とした理由について、期間中に定休日がある店も想定されるが、手続きを速やかに進めて支給するためとしました。  申請は来月1日から郵送で受け付けます。県は15日に営業時間短縮や協力金についての電話相談窓口を開設しました。  普段、午前2時まで営業している富山市のお好み焼き店です。感染拡大が止まらない中、影響は県の営業時間短縮要請の前から続いているといいます。  やけるやんか千房 富山駅前店 ルボネカ・ンタレ店長 「年末年始の方は(客足)が2分の1ぐらいになっていました。この後、続けられるかは努力次第なんですけど、やっぱ不安は大きい」  県が、営業時間を午後9時までに短縮するよう要請したことについては…  やけるやんか千房 富山駅前店 ルボネカ・ンタレ店長 「正直、店舗だけでいうと、なかなか成り立たないのは現状。ちょっとした飲み物を飲んでもらったりとか、お好み焼き以外も食べてもらわないと現状的には厳しい」  この店は感染防止対策をとったうえで、テイクアウトや宅配を強化するなどしてなんとか売り上げを維持しようとしています。取材したときも…  「テイクアウト用のお好み焼き、14個ですね。午前中にも(注文が)あったんですけど、何もないよりかは、こうやって料理を提供できるのはすごく助かっています」  「いってきまーす。近くの会社まで配達へ行ってきます」  県の要請では午後9時以降でもテイクアウトや宅配は可能で、店舗での飲食を自粛すれば協力金の対象としています。  「テイクアウトをやったからって、というところはあるんですが、何もしないよりかは動いて、他にも何か新しいものがあれば取り組んでいきたい」  感染収束への道筋が見えない中、飲食店にとっては手探りの対応が続きます。  県は、飲食店への要請に加えて、県の施設のうち、普段夜に営業している体育館や文化ホールなど17施設の開館時間を16日から午後8時までに短縮します。

富山 2021.01.15 19:22

県内で新たに15人の感染確認

 新型コロナウイルスの感染者が15日、県内で新たに15人確認されました。  感染がわかったのは、いずれも富山市と高岡市に住む20代から90代以上までの15人で、このうち10人がすでに判明している感染者の濃厚接触者です。詳細について県と富山市は16日に発表するとしています。  また、14日に確認された感染者13人は、家族間とみられる感染が2人、知人や同僚からとみられる感染が2人でした。  これで、県内の感染者は783人となり、入院が82人、このうち重症は3人です。

富山 2021.01.15 19:20

復旧進む一方で 大雪被害判明続く

 先週末からの大雪を受けて、県は雪害対策本部の会議を15日も開きました。公共交通や物流が徐々に復旧している一方で、農業施設への被害など新たな判明が続いています。  会議では、現在の状況や週末にかけての注意事項が報告されました。  県内の公共交通は一部を除き通常通りの運行に戻っています。また、スーパーなど県内の小売店は、一部在庫が追い付いていない商品もありますが、通常に戻りつつあるとしています。  県内の小中学校は来週月曜日から全ての市町村で通常通りの予定で、県立学校もしらとり支援学校を除き通常授業としています。  一方、雪による農業用ビニールハウスの被害は15日正午の時点で365棟にのぼり、この2日間で全壊の確認が120棟以上増えています。  県は幹線道路について車線を確保するため、拡幅の除雪を行っていて、17日には、おおむね片側2車線以上を確保するとしています。

富山 2021.01.15 19:19

自宅敷地で雪に埋もれて男性 窒息死

 小矢部市では14日、住宅の敷地内で、この家の男性が雪に埋もれて死亡しているのが見つかりました。  遺体で見つかったのは、小矢部市岩武の湊谷智一さん(88)です。  警察によりますと湊谷さんは14日午後、自宅の敷地内で雪に埋もれているのを配達で訪れた郵便局員が発見し、死亡が確認されました。  湊谷さんはうつぶせの状態で雪に埋もれていたということで、司法解剖で、死因は窒息と分かりました。  警察は、湊谷さんが屋根雪の下敷きになった可能性もあるとみて調べています。

富山 2021.01.15 19:19

がんばれ受験生!大学入学共通テストへ準備

 これまでの大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストが16日から始まります。県内5か所の試験会場では、周辺の除雪を進めるなど受験生を迎える準備が行われました。  富山市の富山大学五福キャンパスでは職員らが、机に受験番号を貼るなど準備を整えました。大学入学共通テストは大学入試センター試験に代わってことし初めて行われ、県内では、去年より561人少ない5042人が出願しています。  試験は、16日と17日の2日間です。新型コロナウイルス対策として会場の消毒・換気を徹底するほか、受験者同士が距離をとれるよう座席が配置されます。  会場周辺の除雪も進められています。あいの風とやま鉄道や富山市内電車は、16日と17日て受験生のため増便します。また市内電車の富山駅南北の直通運転を16日の始発から再開します。  各試験会場や県教育委員会は雪の影響もあり、会場周辺での渋滞を避けるため公共交通機関の利用を改めて呼びかけています。

富山 2021.01.15 19:14

岩瀬漁港などに落書き 執行猶予付き判決

 富山市の岩瀬漁港などに落書きがされた事件で、高岡市吉久の無職、村栄壮太被告(22)に対し判決です。  富山地方裁判所高岡支部は、村栄被告が去年7月、県東部の男子高校生とともに岩瀬漁港の倉庫の壁や漁船にスプレー塗料で落書きをしたほか、高岡市のごみ集積場などにも同様の落書きをしたとして15日、懲役2年6か月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

富山 2021.01.15 19:13

杉本伸正新県警本部長 着任会見

 県警察本部の新しい本部長に15日付けで着任した杉本伸正警視長が会見を開き、「助けを求める人に手を差し伸べる精強でしなやかな組織を目指す」とあいさつしました。  杉本本部長は東京都出身の49歳。去年2月から、警察庁刑事局で捜査支援分析管理官を務めていました。  富山県警では、刑事、交通、生活安全部門など様々な分野で積んだ経験を生かしたいと抱負を述べました。

富山 2021.01.15 19:11

国の重要無形民俗文化財指定の見通しに

 毎年10月に行われる射水市の新湊曳山まつりの曳山行事と、その前後に行われる築山行事が、国の重要無形民俗文化財に指定されることになりました。  国の重要無形民俗文化財に指定されるのは、毎年10月1日に行われ新湊曳山まつりとして知られる射水市の放生津八幡宮祭の曳山行事と、その前後に行われる、海から招いた神霊を臨時の築山と呼ばれる祭壇に迎えて公開する行事です。  国の文化審議会は、指定の理由として、形態の異なる2つの山」行事が一体となって伝承され、北陸地方の祭礼行事の地域的展開や日本の山・鉾・屋台行事の変遷を理解するうえで重要だとしています。  県内での国の重要無形民俗文化財は高岡御車山祭や城端曳山祭などに続いて9例目となります。

富山 2021.01.15 17:51

大学入学共通テストに向け万全に除雪

 16日あすから行われる大学入学共通テストに向けて会場周辺では除雪が進められています。  16日と17日に行われる大学入学共通テストの会場の1つ、富山市五福の富山大学では除雪作業が順調に進んでいました。大学に続く歩道も除雪が進んでいます。  あいの風とやま鉄道や富山市内電車は16日と17日、受験者のため増便します。  15日朝は最低気温が上市町で氷点下4.1度、砺波市で氷点下3.2度と県内9つの観測地点で氷点下となる冷え込みでした。  このあとは高気圧に覆われ晴れる見込みで予想最高気温は富山市、高岡市伏木ともに9度と3月上旬並みの予想です。雪かきや雪下ろし中の事故なだれには十分注意してください。

富山 2021.01.15 11:51

小矢部市 雪に埋もれた高齢男性の遺体発見

 14日、小矢部市の住宅の敷地内で雪に埋もれた高齢男性の遺体が見つかりました。警察が死因を調べています。  小矢部警察署によりますと14日午後1時ごろ、小矢部市岩武の湊谷智一さん(88)の住宅の敷地内で雪に埋もれていた湊谷さんを配達で訪れた郵便局員が発見し通報しました。消防がかけつけ、その場で死亡を確認しました。  湊谷さんはうつぶせの状態で雪に埋もれていて、頭部と背中が露出していたということです。  湊谷さんは妻と二人暮らしで、妻は湊谷さんと今月8日の午前を最後に会っておらず、湊谷さんが外泊していると認識していたということです。  湊谷さんに目立った傷はなく、警察は、湊谷さんが屋根雪の下敷きになったり屋根から転落したりした可能性もあるとみて、詳しい死因を調べています。

富山 2021.01.15 11:51

奥田交番襲撃事件 初公判の法廷は

 事件から2年7か月、被告は何も語りませんでした。2018年に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判が、14日から富山地方裁判所で始まりました。法廷で島津被告は、裁判官の問いかけに一切答えず、罪状認否についても黙秘しました。  「島津被告を乗せた車が今裁判所に入ろうとしています」  起訴状などによりますと、強盗殺人などの罪に問われている立山町の元自衛官・島津慧大被告(24)は、2018年6月、富山市の奥田交番に刃物を持って押し入り、交番所長の稲泉健一警視を刺し殺して拳銃を奪い、近くの小学校の正門付近にいた警備員の中村信一さんを射殺したとされています。  逮捕時に警察官に拳銃で撃たれたけがで、車いすに乗って出廷した島津被告は、黒のスーツに白いワイシャツ姿で、長く伸びた髪を後ろで束ねていました。そして裁判長からの名前や職業の確認や、起訴内容を認めるかどうかなど、問いかけに一切答えず、黙り続けました。  冒頭陳述で、弁護側は、拳銃を奪おうと決意したのは交番所長を殺害した後で、強盗殺人ではなく、殺人と窃盗の罪が成立すると主張しました。そのうえで、警察官を襲ったのは拳銃を奪うためでなく、自分より強い武器を持つ相手と戦うためだったと主張し、重い刑事責任を負うことは大前提としながらも、被告には他人の気持ちを理解することが苦手な自閉症スペクトラム障害の影響があったと訴えました。  一方、検察側は被告がアルバイト先でのトラブルから社会への不平不満を高めるなかで自暴自棄となり、社会を守る存在である警察官と戦って勝利することで自分の力を誇示しようとした、と指摘しました。そして、拳銃を奪う目的で交番を襲撃したことは明らかで強盗殺人が成り立つと主張し、犯行は無差別に警察官を殺そうとしたもので、強い殺意や高い計画性があり、2人の人命が奪われた結果は重大だと述べました。

富山 2021.01.14 20:01

事件から2年7か月 ようやく迎えた初公判

 県内の裁判員裁判として、初めての死刑判決が下される可能性もある今回の裁判。注目の初公判が行われた14日の動きをまとめました。  「午前8時40分です。島津被告とみられる人物が車に乗せられています」  島津被告を乗せたとみられる車両は、午前8時50分、拘置所のある富山刑務所から富山地裁へと向かいました。同じころ、富山地裁では…。  「午前8時すぎです。裁判の傍聴券を求めて、裁判所の前は長蛇の列ができています。裁判の注目の高さが分かります」  新型コロナウイルスの感染予防のため、今回設けられた一般傍聴席はわずか11席。そのなか傍聴券を求め、およそ380人が並びました。  並んだ人「私も元々自衛官で、自衛官の犯罪なものですからどうしてこういう事件を起こしたとよく聞きたい。精神異常とか問題にされていますけど、動機を聞きたい」  「時刻は午前9時19分です。島津被告を乗せたとみられる車が富山地裁に入りました。中は見えず、島津被告の表情をうかがうことはできません」  「島津被告が今裁判所の中を職員に車椅子に押されながら移動しています。逮捕時に銃弾を受けた影響で車椅子に乗りながらの出廷です。裁判所の中に入って行きます。通路を移動しています」  傍聴した人「きょうはもっと何か他のことを被告からも聞けるかと思ったけど、被告自身が初めから無視な感じで、わたしもあっけにとられたというか、がっかりというか、そこまで想定していなかった正直」  次回公判は来週月曜日。関係者の証人尋問が行われる予定です。

富山 2021.01.14 19:58

島津被告 初公判で検察側と弁護側は…

 14日の法廷で島津被告は本当に黙り続けたままだったんですか?  裁判は、法廷にいるのが被告人で間違いないかを確認する人定質問から始まります。裁判長から「名前はなんと言いますか」と問われた島津被告は、何も答えず、およそ30秒間法廷は異様な静寂に包まれました。裁判長は、合わせて3回名前を尋ねた後、生年月日、住所、仕事について、被告が答える時間をとりながら聞いていきました。  開廷からおよそ5分間。一切口を開かない島津被告に対して裁判長は、「被告人聞こえていますか。もう一度、お尋ねしますが名前はなんと言いますか」と聞きます。  それでも話さなかったことから、裁判長ら裁判官3人で相談し、検察側と弁護側に、被告人で間違いないかを確認してから、その後の手続きを進める異例の展開となりました。  被害者参加制度を利用して裁判を傍聴していた警備員の中村信一さんの妻は、何も話さない島津被告の横顔をじっと見据えていました。  初公判を前に、中村さんの妻は島津被告には「聞かれたことについてすべてを語ってほしい」と話していましたよね。  中村さんはやりきれなさを感じているように見えました。  被告がこのまま黙秘を続ければ、動機など事件の真相解明が難しくなる印象を持ちますね。  14日の裁判で被告は、起訴内容についての認否も話していません。  ここからは、検察側と弁護側の主張から、動機や事件に至る経緯、争点についてみていきます。まず、裁判の争点は、強盗殺人罪が成立するかどうかと量刑です。  弁護側は、島津被告が稲泉警視を殺害したあとに拳銃を盗もうと決意したとして、強盗殺人ではなく、殺人と窃盗の罪が成立すると主張しました。  これに対し検察側は、被告が、拳銃を持っている制服警察官がいる交番を襲撃して稲泉警視をナイフで刺し殺し、その2分後に、拳銃を構えて交番内に入っていると指摘。さらに、一般人には目もくれず、警察官と見間違えた警備員に発砲していることなどから、拳銃を奪う目的で襲撃したことは明らかで、強盗殺人罪が成立すると主張しました。  次に、検察側も弁護側も認める島津被告の精神障害についてです。弁護側は、島津被告が、自閉症スペクトラム障害で共感力と想像力が欠如していることが、事件に深くかかわっていると主張しています。  島津被告は、幼いころから団体行動が苦手で、中学に入るといじめを受けて母の前で「死にたい」と涙を流して不登校になり、家庭内暴力を振るうようになった。精神科を受診するも警察と保健所に相談するよう促され具体的な支援はなかった、としました。  そのうえで、社会に適応できずに孤立した結果、想像力が欠如した島津被告は先のことを考えずに「自暴自棄になり、自分より強い武器を持つ相手と戦う」ために犯行に及んだと主張しました。  これに対し、検察側は、被告に精神障害は認められるが、犯行への影響は限定的で、酌量すべき事情は認められないとしています。  当初、検察側と弁護側が別々に精神鑑定を行ったことから刑事責任能力も争点になるとみられましたが、そのあたりはどうなんでしょうか。  14日の裁判では争う構えはみられませんでした。  14日の初公判で、検察側は強盗殺人を主張した一方、弁護側は殺人と窃盗が成立すると主張しました。これで量刑は変わるんですよね。  強盗殺人罪が死刑か無期懲役なのに対し、殺人罪は、死刑または無期懲役、もしくは、5年以上の懲役とかなり広く取られています。弁護側は、殺人と窃盗の罪の成立を主張し、検察側に対し被告に拳銃を奪う意思が最初からあったことを検証明する責任があると指摘しました。  さらに、島津被告の生い立ちや精神障害の影響を強く訴え「今後の『療育』次第では、更生の余地があり、責任を被告にだけは負わせられない」と主張していて、死刑を回避しようとしているものとみられます。  私も傍聴しましたが、島津被告が何も語らないことから一般市民から選ばれた裁判員は、かなり難しい判断が迫られると感じました。いっぽうで、裁判員は証人尋問で証人に質問するなど積極的に裁判に参加していると思いました。  被害者の中村さんの妻は「被告が何も語らないことは少し予想していた。今日と同様に公判に出廷し島津被告の動向を見ていきたい。この後の流れの中で被告の口から事件について語られることを望みたい」と話しました。  富山地裁の裁判員裁判で、初めて死刑判決が言い渡される可能性がある島津被告の裁判は、今月29日に被告人質問が行われ来月4日に結審。判決は3月5日に言い渡される予定です。

富山 2021.01.14 19:54

新型コロナ 県内で新たに13人感染

 新型コロナウイルスの感染者が14日、県内で新たに13人確認されました。  感染がわかった13人のうち、4人は、すでに判明している感染者の濃厚接触者で、詳細について県と富山市は15日に発表するとしています。  また、13日の感染者12人は、家族間感染が5人、職場感染が1人で、残る6人は感染経路がわかっていません。  12人のうち2人は教職員で、県教育員会などは、生徒との接触が無かったとしています。  また12人の中に、富山県立大学の学生が含まれていて大学は、学生が先月25日以降、大学には立ち入っておらず、16日からの大学入学共通テストも予定通り実施するとしています。  県内の感染者は768人で、入院者が80人、このうち重症は13日から1人増え3人です。

富山 2021.01.14 19:51

小此木特命担当大臣 一時孤立集落など視察

 先週末から続いた大雪で、県内では現在も交通などに影響が出ています。この状況を受けて、小此木特命担当大臣が14日、孤立集落が発生した氷見市などを視察しました。  14日午後、氷見市を訪れた小此木大臣は、道路が寸断され一時孤立した胡桃地区の集落を訪れました。今月7日からの大雪では、道路が寸断されるなどして、氷見市の6つの集落であわせて75世帯151人が一時孤立しました。  小此木大臣は、孤立の原因となった倒木の現場を視察し、林市長から被害状況などの説明を受けました。  続いて大臣は、高岡市で新田知事らと懇談し、現在も部分運休が続いている万葉線の状況について説明を受けました。  大雪の影響で、万葉線は今月9日から全線で運休しました。13日夕方に一部区間で運転が再開されましたが、現在も六渡寺と越ノ潟間で運休が続いていて、万葉線の中村正治社長は16日をめどに運転を再開したいとしました。  小此木八郎特命担当大臣 「今できること、中長期なこと、できることできないことを確認しながら進めていきたい」  新田知事は国に対し、除雪への財政的な支援を求め、大臣は情報共有を図り、支援できるよう検討したいとしました。  県内は、13日に比べて道路の除雪が進んだ場所もある一方、雪で車線が狭まるなどして、通勤時間帯を中心に渋滞や混雑が発生しました。  また氷見線は、線路横の斜面の一部で崩落しが見つかったため、14日終日、運転を見合わせました。  県内の公立小中学校と義務教育学校は15日、富山市を除く市町村で通常授業を再開します。いっぽう、県立学校は、富山市内の高校4校と、県内全ての特別支援学校が15日も臨時休校とします。

富山 2021.01.14 19:50

大雪被害 農業の現場では…

 今回の大雪は、県内のビニールハウスなど農業関係施設にも大きな被害をもたらしています。14日、高岡市の農家を訪ねました。  「ああ、これ全く中に入れないほどぐしゃっと押しつぶされていますね」  「これ入ったら、下手に倒れたら怪我するから危ないですよ」  高岡市二塚で、コメや野菜を栽培する北川浩一さんです。今回の大雪で、5棟あるビニールハウスのうち1棟が押しつぶされました。ハウス栽培の野菜は収穫期を終えていましたが。  北川浩一さん 「これから、水稲の育苗に入るから、それまでに何とか新しいものにせんなんわね」  コメ農家にとって、ハウスは春から苗を育てるために必要です。つぶれたハウスは撤去して新しく作らなければならず、建て替えに少なくとも50万円は必要だと言います。  被害は施設だけではありません。一気に多くの雪が積もったため、18ヘクタールある田んぼや畑に入ることができず、畑で育てていた野菜は収穫できないままです。  北川浩一さん 「ダイコンあと500~600本。みんなそのままやわね。もうどうにもならんそこまで行く手立てがないから」  ダイコン、カブ、ブロッコリーなどが雪の下に埋もれたままで、商品価値はなくなってしまうとみられます。  北川浩一さん 「このまますき込んで終わりやろね。困りました。すごく収入にも影響があります」  県は13日正午までの確認で、今回の大雪で農業用ビニールハウス236棟が全壊、54棟が半壊または一部損壊と報告しています。今後、被害の確認はさらに増えることも予想され、記録的大雪の影響は、農家にも重くのしかかっています。

富山 2021.01.14 19:49

県警察本部の大原光博本部長「県民に感謝」

 15日付けで離任する県警察本部の大原光博本部長が、14日会見を開き、県民への感謝を述べました。  大原光博本部長 「県民の皆様のご協力に深く感謝申し上げます」  県警本部の大原本部長は、おととし8月から在任し、奥田交番襲撃事件で課題となった交番・駐在所の安全対策の推進などに取り組みました。  また、着任直後のおととし9月に魚津市の国道8号線で発生したひき逃げ事件については「犯人の特定や証拠の収集が大変難しい事件だったが、執念の捜査で検挙することができた」と振り返りました。  新しい県警本部長には、警察庁刑事局捜査支援分析管理官の杉本伸正警視長が、15日着任します。

富山 2021.01.14 19:48

奥田交番襲撃事件初公判 被告は黙秘

 2018年に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判が14日から始まりました。島津被告は罪状認否などに対して黙秘しています。  裁判は、午前10時から始まりました。そのおよそ40分前に、強盗殺人などの罪に問われている立山町の元自衛官・島津慧大被告(24)を乗せたとみられる車が富山地裁に入りました。  この事件は、2018年6月、島津被告が富山市の奥田交番で当時の交番所長 稲泉健一警視を刃物で刺し殺したうえ拳銃を奪い、その拳銃で、奥田小学校の正門近くにいた警備員の中村信一さんの頭を撃って殺したとして、強盗殺人などの罪に問われているものです。  14日の初公判で島津被告は、起訴内容を認めるか問われても何も話さず、黙秘しています。弁護側は、拳銃を奪おうと決意したのは交番所長の殺害後で、強盗殺人ではなく殺人と窃盗の罪だと主張しました。  争点は、強盗殺人罪が成立するかどうかと量刑です。検察側は、冒頭陳述で島津被告は、社会への不平不満を高める中で、拳銃をもつ制服警察官を無差別に殺す計画を実行したと指摘し、高い殺意や計画性があり生命を軽視した重大な犯罪だと述べました。  島津被告は裁判長から名前や住所、職業を聞かれても何も話しませんでした。裁判長は、検察側と弁護側に島津被告で間違いないことを確認する異例の展開となりました。  被害者参加制度を利用して傍聴している警備員の妻は、島津被告の横顔を見据えていました。  島津被告の裁判は、今月29日に被告人質問が行われ、来月4日に検察側が求刑して、判決は、3月5日に言い渡される予定です。

富山 2021.01.14 12:01

道路の渋滞など 大雪の影響今も続く

 県内は記録的な大雪の影響が13日も続いています。道路の除雪はなかなか進まず、通勤時間帯を中心に激しい渋滞が発生し続けています。また、日中の最高気温は富山市で6度を上回り、雪が緩むと屋根雪の落下などにも注意が必要です。  道路に降った雪の除雪はなかなか進まず、そこを多数の車が通るため、路面は凸凹になって通勤時間帯などに激しい渋滞が続いています。さらに13日は寒気が一時的にゆるみ、最高気温が富山市で6.4度と気温が上がって雪が緩んだため…  「車は救出できましたが、このようにけさから何台も車がスタックしている状態です」  車を救出した人「(車が)止まってまったく動かなくて何十台も 助けましたね」  そして13日も各地で雪かきに追われる人の姿が。  「朝6時半から会社に来ている。やっと(職場に)着いてまた除雪かと大変な思いです」  県によりますと除雪中など雪による人への被害は、13日午後2時半までで死傷者が合わせて45人にのぼっています。  14日以降もしばらくは気温が上がる状態が続くとみられ、緩んだ屋根雪の落下や雪かきによる事故に注意が必要です。  一方、氷見市で孤立状態が続いていた老谷地区は13日未明に行き来できるようになりました。  そして富山駅では運行が徐々に回復した公共交通機関を利用する人の姿が見られました。JRや、あいの風とやま鉄道は始発からほぼ通常通り運行しました。一方富山地鉄の市内電車は富山駅と富山大学前の間は運行再開のめどが立っていません。  また小中学校の休校が続くところもあります。富山市は15日金曜日まで休校、砺波市と上市町があすは短縮授業、そのほかの12市町村は一部を除き通常通り授業としています。  このほか県立学校は県立高校9校と特別支援学校13校があす休校します。  「除雪車が田んぼのあぜ道で倒れて動けなくなっています」  記録的大雪となった富山県内を13日、ヘリコプターで上空から撮影すると、被害が未だ収まらない現状が改めて見えました。交差点で動けなくなっているトラックや、放置された車両などがカメラを向けるたびに目に入ります。また、車の渋滞も、各地で発生し続けているのがわかります。  「幹線道路は除雪がされているのですが、住宅地に入るとまだまだ雪が残っています。どんどん車が国道へ。午後2時、お昼過ぎですが、国道41号線は富山駅から富山インターまで渋滞しています」  13日のフライトでは、福井市や石川県金沢市の様子も上空から撮影しました。積雪の状況にもよりますが、除雪の進み具合や交通状況などは富山県が一番悪い状況のように見えました。  富山市などの市街地では、除雪で出た雪の運搬が大量のトラックを使って進められていますが、雪の量に追い付いていないように見受けられました。

富山 2021.01.13 19:11

大学入学共通テスト 会場アクセス確保を

 県は13日も雪害対策本部会議を開きました。今週末に行われる大学入学共通テストについて、富山大学など5つの会場へのアクセスの確保に向けて除雪を進めることなどを示しました。会議には新田知事などが出席しました。  今月16日、17日に行われる大学入学共通テストは、県内では富山大学五福キャンパスなど5つの会場で合わせて5043人が受験する予定です。  県は富山駅から富山大学前までの市内電車の運行や、杉谷キャンパスまでのバスの運行、五福キャンパス周辺の歩道の確保のため、除雪を進めるとともに、会場周辺での渋滞を避けるため、公共交通機関の利用を求めること、富山地方鉄道などに定時運行の徹底を求めることなどを示しました。  また、会議では、今回の大雪により県内で、分かっているだけで農業用のビニールハウス236棟が全壊、54棟が半壊および一部損壊など農業用施設にも被害が相次いでいることが報告されました。  道路の除雪について新田知事は、路面で固まった雪の除去や、除雪の幅の拡張、歩道の確保といった段階を踏んで「優先順位をつけて進めている」として、理解を求めました。

富山 2021.01.13 19:10

除雪遅れを陳謝 道路情報の発信見直す

 新田知事は13日の会見で、県内の道路の除雪がなかなか進まず、交通渋滞が続いていることを陳謝したほか、雪の状況や道路情報の発信の在り方を見直したいとしました。  新田知事は定例会見で、道路の除雪については県建設業協会に協力を依頼し全力で進めているとしたうえで、こう述べました。  新田知事「今後の大きな課題を背負ったと思っています。大変にご不便をかけて申し訳なかったと思っております」  また、雪の状況や道路の状況について情報発信に課題があるとして、道路の監視カメラの増設や、ウェブで道路状況を確認できるシステムの拡充などにも取り組む考えを示しました。  今回の大雪は先週金曜日の8日には、既に車の立ち往生や大渋滞を引き起こしていましたが、県の危機管理連絡会議が開かれたのは、9日の夕方になってからでした。  そして9日、積雪が富山市で1メートルを超えている中、新田知事はツイッターで「車での外出には充分注意を」とつぶやき、批判が集中したことは、エブリィで11日に放送しました。  Q「不要不急の外出を控えるように」呼び掛けられましたがその後の夜の知事のツイッターの中で「車で外出の場合は十分な準備を」とお書きになりましたけども、少しずれがあるのでは。  新田知事 「なにぶん限られた文字数での発信ですので、言葉足らずだったとすれば申し訳なく思います」  知事はこう述べたうえで「決して車で外出してくださいと言ったわけではなく、車を使わざるを得ない人もいる。今後発信に気を付けたい」と述べました。

富山 2021.01.13 19:09

外出自粛など求める「ステージ2」に

 新型コロナウイルスの感染者が県内で13日新たに12人確認されました。  新たな感染者は、20代から70代までの男女12人で、このうち6人がすでに判明している感染者の濃厚接触者です。詳細について県と富山市は14日に発表するとしています。  またきのう確認された10歳未満から80代までの感染者14人は、家族間の感染が8人で、半分以上を占めていました。  これで、県内での感染者は755人で、入院が85人、このうち重症はきのうから1人減り2人となっています。  そして県は新型コロナウイルスの県内での感染拡大を受けて、外出自粛などの基準を13日から「ステージ2」に引き上げました。ステージ2では、午後9時以降の夜間の外出と、首都圏1都3県など緊急事態宣言対象地域を含む感染拡大地域への移動の自粛を求めています。  加えて会食をきっかけとした感染が増加していることを受けて、飲食店などへの営業時間短縮を新たに求めます。要請に協力した事業者には協力金を支払う方針で、対象店舗など詳細は、15日には発表するとしています。  また、GoToイートキャンペーンのプレミアム付き食事券の発行も13日から停止し、既に発行済みの食事券なども利用を控えるよう呼びかけています。

富山 2021.01.13 19:05

ワクチン接種 県内どのように行うか

 感染拡大の収束に向けて大きなポイントとなるのがワクチンの接種です。県内で接種をどのように実施していくか、体制確保に向けて県と各市町村による会議が13日に開かれました。  富山市で開かれた初会合には、県と各市町村の担当者、そして富山市保健所と各厚生センターが参加し、国が示している接種体制やスケジュールが説明されました。  国はワクチンの接種を医療従事者向けには3月中旬、高齢者向けの優先接種は3月末から4月、その後、それ以外の人に接種していくスケジュールを示していて、各自治体に体制を整えるよう求めています。  接種は、県が市町村やワクチンの卸業者との調整を行い、実際に接種を行うのは市町村が主体となります。県は、近く県のコロナ対策本部内にワクチンを担当するグループを設置するとしました。  一方、ワクチンがいつ、どのくらいの数が県内に配布されるかなどの詳細を国はまだ示していません。13日の会議ではいつワクチン接種の具体的な対応の概要がわかるのか、接種を行う医療機関をどのようにして決めていくかなどが課題として挙げられ、今後対応していくことになります。

富山 2021.01.13 19:04

奥田交番襲撃事件 14日初公判 遺族は…

 2018年に、富山市の奥田交番が襲撃され、交番所長と警備員の命が奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判が、富山地方裁判所で14日に始まります。事件で犠牲になった警備員の妻は、初公判直前に取材に応じ、今の心境を語りました。  中村信一さんの妻 「うちの主人は家族の幸せを願っている人だったんですよね。(家族の)輪の中心に主人がいたというか。だから彼(島津被告)が奪ったものってものすごいものだったって知ってほしいですよね」  強盗殺人などの罪に問われている立山町の元自衛官 島津慧大被告(24)。  2018年6月。島津被告は、富山市の奥田交番に裏口から押し入り、持っていた刃物で交番所長の稲泉健一警視の顔や腹など25か所以上を刺して殺害。  奪った拳銃で奥田小学校の正門近くにいた警備員・中村信一さんの頭を撃って殺したとされています。  Q信一さんってどんな人だったんですか  「うちの主人は家族の幸せを願っている人だったんですよね。私たち家族にしたらそこに主人がいるだけで幸せだったんですよね」  そして、中村さんが何よりも大切にしていたのが… 「1番大事にしていたのは孫達ですね。やっぱり本当に孫のことは大事にしていましたね」  3人の孫たちも中村さんが大好きだった分、喪失感は大きいと言います。 「孫たちも相当つらい思いもして悲しい思いもして、苦しんできてますから。いまだにそれが影響して時々学校に行けなくなることもあるんですけど」  しかし、つらいはずの孫たちが自分を勇気づけてくれると妻は話します。 「1番上の孫は『とにかく体壊さないで頑張ってね』とは言ってましたね」  そして、亡くなった夫・信一さんも自分を守ってくれている気がすると話します。 「何となく(主人が)後ろにいてくれるような気がするんで完璧とまではいかないんですけど、私に負担がかからないようにサポートしてくれているようにずっと感じているんですね。今までずっと。主人がいた時にやってくれていたであろうことを、それをせずに2年余りすんできたなと。今回どんと雪が積もったのでちょっとあれだったんですけど」 「本当にすごい この雪は」 「主人がいない分、負担が大きいですよね、やっぱりね。こんな時にいてくれたらなと思いますよね」  失った夫の存在を考えながら2年半あまり待ち続けた裁判。今、望むことは…  中村信一さんの妻 「彼(島津被告)がどうしてそういう凶行に走らなければいけなかったのか知りたい。自分にはどのような償い方ができますかって聞きたいですね。量刑に関してはここまで来た以上、裁判員と裁判官に任せるしかないので。ただその中で裁判官なり裁判員なり検察官だったり色んな質問をすると思うんですけど、それに対してはすべて語ってほしいなとは思いますね」  中村さんの妻は、被害者参加制度を利用して裁判で意見を述べる予定で、初公判は、14日午前10時から富山地裁で始まります。島津被告が、何を語り、裁判の争点は何なのか、エブリィで詳しくお伝えします。

富山 2021.01.13 19:01

新年に始動 ホッケー男子・山下学選手

 1年延期となった東京オリンピックは、ことし7月23日に開幕する予定です。エブリィではオリンピックイヤーを迎えた県出身の有望選手たちに今の思いを取材しました。13日は、小矢部市出身でホッケー男子の山下学選手です。  ことしの元日、南砺市の高瀬神社です。石動高校出身で東京オリンピックホッケー男子日本代表候補の山下学選手(31)は、妻・彰子さんとともに初詣に訪れました。  「毎年そうなんですけどホッケーやっている内は体調面を一番気にしているので、そういったところとホッケーの向上ができるようにお願いしました」  地元の小矢部レッドオックスに所属する山下選手ですが、東京オリンピックが1年延期となったため、去年は9月にホッケーの強豪国ドイツへ渡りトップリーグでプレーして技術を磨いてきました。  「(東京五輪が)1年伸びたってことで、自分の競技力ホッケーで向上出来たところもありますし、全然まだまだだなってところも見つけられたので良かったかなって思います」  自らの集大成と位置付ける東京オリンピックへ2021年の運勢は・・・? 「末吉です…もう一回引きたいな 納得がいかない」  特別な年だけに、もう一度挑戦!結果は… 「来たー!大吉!!」 「良かったね、それがいいんかどうかわからないけどよかったね」  2度目で大吉を引き当てました。 「大吉っす!最高っす!頑張れるわ!これで」 「良かったー」  山下選手のオリンピックイヤーが始まりました。  年明け早々、トレーニングを再開。  日本代表候補は現在32人。このあとオリンピックの代表メンバーは16人に絞られます。 「こういうオフの期間にできるだけ自分の弱点を鍛えられるように。できればオリンピックのメンバーにはいるっていう所もつながってきますし。まずは自分のパフォーマンスを出せるように今年最初から頑張っていきたいなと思います」  これまで日本代表のキャプテンとしてチームを引っ張り、DFの要を担ってきた山下選手。厳しい代表争いを勝ち抜き初のオリンピック出場へ。同じく小矢部市出身で代表候補の村田和麻選手とともに夢の舞台を目指します。  山下選手と村田選手をはじめ、富山からは5人の選手が男子代表候補に入っています。  そして東京パラリンピックのボッチャ競技について、前回リオデジャネイロ大会の団体で銀メダルを獲得した魚津市出身の藤井友里子選手が代表に内定しました。3大会連続の出場になります。

富山 2021.01.13 18:57

砺波市で「焼納祭」神棚に感謝

 使われなくなった神棚をはらい清めて燃やす「焼納祭」が13日、砺波市で行われ、関係者が神棚への感謝を捧げました。  砺波市の長田神具店砺波店で行われた「焼納祭」では、神職が買い替えなどに伴って店が顧客から引き取ったおよそ50体の神棚をおはらいしました。  近年は、リフォームなどで昔ながらの大きな神棚を現在の住宅に合わせて小さくて造りの良いものへと買い替える傾向があるということです。  参列した関係者は、柏手を打つなどして役目を終えた神棚への感謝を捧げていました。このあと、はらい清めた神棚は解体し、店の専用の焼却炉で焼いて納めるということです。

富山 2021.01.13 18:55

天気回復 落雪・スタックに注意

 13日の県内は気温が上がり、寒気がゆるむ見込みです。降り積もった雪の雪どけが進むため屋根からの落雪などに注意が必要です。  県内はときおり日差しもあるなか、朝から雪どけが進みました。路面の雪がゆるんだ道路では車のスタックなどが相次ぎ、通勤時間帯は県内各地で車が込み合いました。  スタックした車を救出した人「(車が)止まってまったく動かなくて、何十台も助けましたね」  県内ではこのあと天気が回復し、予想最高気温は富山市、高岡市伏木ともに8度と12日より3度ほど高い2月下旬並みとなる見込みです。  気象台は車のスタックや屋根からの落雪などに注意を呼びかけています。

富山 2021.01.13 12:02

12日夜 市内電車 渋滞で大幅な遅れ

 大雪の影響で、12日ようやく運行を再開した富山市中心部を走る市内電車は、12日夜、軌道上に多くの車が立ち入り、大幅に遅れが出ました。車道が除雪されていないためです。  「市内電車の軌道上に車が入ってきているので、市内電車が運行できない状況になっています。今、ようやく動き始めました。渋滞の列に市内電車も加わっている、そんな印象を受けます」  12日夜午後7時すぎの富山駅近くの市内電車の状況です。道路が除雪されていないため、道幅が狭く、軌道上に、渋滞した車が次々に入り込み、電車の通行を妨げ、最大で1時間以上の遅れが出ました。  道路交通法上、車は軌道敷内を通行してはならないことになっていますが、13日朝も、市内電車は最大で20分程度の遅れが出ました。  市内電車を運行する富山地方鉄道は「早く除雪を進めて車道を確保していただくしかない」と話しています。

富山 2021.01.13 12:02

県内鉄道各社 あすはほぼ平常運行に戻る見通し

 県内の雪はピークを超え、鉄道も一部運転を再開しました。13日はほとんどの列車が平常運行に戻る見通しです。  JRは北陸新幹線に加え、城端線と氷見線も13日から通常運行に戻す一方、高山線は本数を減らし富山と越中八尾の間で折り返し運転とします。  あいの風とやま鉄道は泊から東の区間、えちごトキメキ鉄道に乗り入れる列車は引き続き運休とする一方、泊より西の県内区間は通常運行とします。  富山地方鉄道は全区間で運転を再開します。  一方、地鉄の市内電車は、環状線と富山駅から富山大学前の区間を13日も終日運休としたほか、万葉線も終日運休です。

富山 2021.01.12 21:01

大雪の連休明け 各地で渋滞 学校は休校続く

 3連休明けの12日、県内の大雪のピークは過ぎたものの、道路に残った雪で、各地では通勤時間帯を中心に長い渋滞の列が発生しました。  「午前8時前です。連休明けの火曜日、通勤時間帯に重なり41号線は除雪が進んでいるものの渋滞が発生しています」  国道41号線などの幹線道路では、通勤時間帯の午前7時ごろから次第に交通量が増え、積もった雪で狭まった道路や解け残った雪で荒れた路面に、長い渋滞の列ができていました。  「富山市の中央通り付近です。融雪装置が途切れたこの先は雪で埋め尽くされています」  県内の雪のピークは去ったものの、記録的な大雪の影響は各地でまだ残っています。  いっぽう、9日から断続的に通行止めとなっていた県道富山高岡線=旧国道8号線は、11日夜から富山市の安野屋交差点から野町交差点の間の除雪が完了し、12日午前1時15分に通行止めを解除しました。  また大雪を受けて、県内の県立学校や小中学校は、12日全ての学校で臨時休校となりました。13日も、県内全ての県立学校と、12の市町村の小中学校や義務教育学校が休校となります。  地鉄の市内電車は、環状線と、富山駅から富山大学前の区間が除雪のため運休となっていて、再開のめどは立っていません。万葉線も終日運休しました。  いっぽう富山空港発着の全日空東京便は通常運航、県内の北陸自動車道も、滑川インターチェンジから東の区間で続いていた通行止めは12日朝解除されました。

富山 2021.01.12 20:44

県内の鉄道 徐々に運転再開

 大雪の影響を受けた県内の鉄道は一部運転を再開しています。  あいの風とやま鉄道は、除雪が完了した区間から順に、富山から西の区間を12日午前6時30分ごろから、東の区間も正午過ぎから、それぞれ運転を再開し、12日朝の富山駅には、会社に向かう通勤客らの姿がみられました。  通勤客「(運転再開して)ホッとしました。歩くのがちょっと心配で、いつもより30分以上早く出てきました」  このほかの鉄道は、北陸新幹線は通常通り運行。JR氷見線が始発から運転を再開した一方、城端線は一部列車を運休し、高山線も一部列車の運転を見合わせ富山と越中八尾の間で折り返し運転としました。  特急サンダーバードと特急しらさぎは、本数を減らして運転を再開しています。  富山地方鉄道は、除雪のため電鉄黒部と宇奈月温泉の間と、岩峅寺と立山の間を12日も終日運休としました。

富山 2021.01.12 20:40

大雪の影響 人への被害が相次ぐ

 県内の大雪による人への被害です。10日、氷見市吉滝の住宅の敷地で、雪に埋もれた車の中で死亡していたこの家に住む66歳の無職男性の死因は、一酸化炭素中毒とみられることがわかりました。  車はエンジンがかかった状態で、排気ガスが原因とみられ、警察は男性が動けなくなった可能性があるとみて、引き続き調べています。  また、氷見市の山あいで大雪のため孤立状態となっているのは、市が確認した結果、老谷地区が9世帯26人とわかりました。市は、集落への道路をふさいでいる倒木などの撤去を進めています。そして、氷見市の胡桃地区と小矢部市の久利須集落の孤立状態は、12日午後解消されました。  一方、12日午前11時55分ごろ、黒部市宇奈月町浦山の舟子川で、近くに住む新聞配達員の北條一江さん(73)が倒れているのがみつかり、死亡が確認されました。  北條さんの車が見つかった場所の近くには用水路があり、付近に滑ったような雪の跡がありました。  用水路は舟子川とつながっているため、警察は北條さんが雪で足を滑らせ、用水路に転落した可能性があるとみて調べています。

富山 2021.01.12 20:36

県内の除雪 時間かかる見通し

 今回の大雪に伴う県内の道路の除雪状況について、新田知事は12日、路面に固まった雪の除去など「段階が必要」として、復旧まで時間がかかるという見通しを示しました。  県庁で開かれた対策本部会議では、ビニールハウスの破損被害を受け、農業者向けの融資など、相談窓口を設けたことなどが報告された一方、県道など、道路の除雪が進んでいない状況については、ほとんど触れられませんでした。  新田知事「道路が完璧というわけではありません。県民の皆さんの危険、不便、不満、それを少しづつでも解消するように、県庁一丸となって取り組んでまいります」    新田知事は、路面で固まった雪の除去や、道路幅の拡張、歩道の確保といった段階を踏んで、作業の必要な場所など「優先順位をつけて進めている」として、県民の理解を求めました。

富山 2021.01.12 20:31

新型コロナ対策あすからステージ2 外出自粛や時短営業も

 新型コロナウイルスの県内での感染拡大を受けて、県は13日から対策指針のレベルを現在の「ステージ1」から、夜間の外出自粛などを求める「ステージ2」に引き上げることを正式に決めました。首都圏1都3県など緊急事態宣言対象地域への移動自粛や、飲食店などに対する営業時間の短縮も求めます。  新田知事「より大きな目的のために、ここはひとつ県民に我慢していただく。そしてここで感染拡大を止める。そのようなことにしていただかないといけない」  新田知事はこう述べて、13日午前0時からのステージ2移行を正式に決めました。  県が設けた4つの基準では、新規の陽性者数と、このうち感染経路がわかっていない人の数が、既にステージ2に達しています。さらに入院者数の1週間平均がことしに入ってから50人を超える状態が続いていることから、県はステージ2への引き上げを決めました。  ステージ2では県民に対して、午後9時以降の夜間の外出と、県外への不要不急の移動の自粛を求めます。加えて、会食をきっかけとした感染者が県内で増加していることを受けて、飲食店などへの営業時間短縮を新たに求めます。  要請に協力した事業者には協力金を支払う方針で、対象店舗などの詳細は、早急に発表するとしています。  また、GoToイートキャンペーンのプレミアム付き食事券の発行を13日から当面の間停止し、既に発行済みの食事券なども利用を控えるよう呼びかけます。  いっぽう県内では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに14人確認されました。このうち10人が、既に判明している感染者の濃厚接触者で、県と富山市は13日に詳細を発表するとしています。  また11日に発表された感染者13人は、家族や知人からの感染が5人、会食とみられる感染が1人、県外とみられる感染が1人、残る6人は感染経路がわかっていません。  この6人のうち1人は県内の介護施設に勤める職員で、現在、職員と入所者あわせておよそ150人の検査を行っているということです。  県内の感染者は743人となり、入院が84人、調整中が28人で、このうち3人が重症です。

富山 2021.01.12 20:30

村上富山市議政務活動費不正裁判 検察は懲役1年求刑

 政務活動費を不正に取得したとして詐欺の罪で起訴された富山市議会議員、村上和久被告の論告求刑公判が12日、富山地方裁判所で開かれ、検察側は懲役1年を求刑しました。  この裁判は、現職の富山市議で元議長の村上和久被告(59)が、自らの広報誌印刷代の名目で2011年9月から2014年3月付けのうその領収書を使って、政務活動費あわせて72万円余りをだましとったとして、詐欺の罪に問われているものです。  これまでの裁判で村上市議は「印刷業者に支払いをして広報誌を印刷している」として無罪を主張しています。  主な争点は印刷業者の証言の信頼性で、12日の裁判で検察側は、印刷業者が当時廃業していて、注文を受けていないなどとする証言は信用することができるとしたうえで、議員の本分を忘れた身勝手な犯行で、市政の信頼を裏切ったとして、懲役1年を求刑しました。  一方、弁護側は、印刷業者の証言に不合理や虚偽があると指摘し、無罪を主張しました。  判決は3月25日に言い渡されます。

富山 2021.01.12 20:04

富山市長選挙へ自民党富山市連が推薦候補選考基準明らかに

 ことし4月の富山市長選挙に向け、自民党富山市連は12日、会見を開き、推薦候補の選考基準を明らかにしました。  一方、立候補に意欲を示していた県議と市議全員が推薦候補選考に参加する意思を固め、市連としての候補は一本化される見通しです。  富山市で開かれた自民党市連の選考委員会には、これまでに立候補に意欲を示している県議と市議あわせて6人が出席し、選考手順などの説明を受けました。  このうち、これまで推薦候補選考への参加を明言していなかった種部恭子県議が、12日付けで参加を申請し、これで、市連内で意欲を示した6人全員が選考に参加することなります。  その後、選考委員会は会見を開き選考手順を発表しました。それによりますと、推薦候補は、市民1000人を目安に行う世論調査の結果とともに、市内の自民党員と富山市を選挙区とする党所属の国会・県議会・市議会議員、それに現職の森市長が投票する予備選挙で決定します。  票の割り当ては1人1票で、党員と県議、市議は1票で1ポイント、国会議員と市長は1票で5ポイントとします。それぞれの結果を、世論調査2、予備選挙8の割合でポイント化し、最も多くのポイントを獲得した候補者を推薦候補とします。  予備選挙は今月20日に告示し、開票日の31日には推薦候補が決まる見込みです。

富山 2021.01.12 19:56

襲撃事件から考える 交番と駐在所の安全対策

 富山市の奥田交番襲撃事件は、14日初公判を迎えます。警察官が襲われ拳銃が奪われたこの事件を受け、交番や駐在所の安全対策が見直されました。事件を契機に進んだ対策と、交番や駐在所に求められる役割を考えます。  事件で亡くなった中村信一さんの妻「ただ一つ、私の中で確信に近い思いがあります。拳銃によって、警察官自身、また無防備な住民に被害が出ることは、いかなる理由があろうと絶対にあってはならないことだと思います」  2018年6月に発生した富山市の奥田交番襲撃事件。奪われた拳銃で射殺された警備員・中村信一さんの妻は、同じ事件が繰り返されないことを涙ながらに訴えました。  奥田交番の事件以降、仙台、富山市の池多、大阪と、相次いで警察官の拳銃が狙われる事件が発生しました。警察官の拳銃が奪われた事件は、2013年からの7年間だけでも、全国で9件発生していて、このうち6件で実際に使用されています。  警察官の拳銃を狙った事件が相次いだ事態を受け、警察は交番や駐在所のセキュリティ強化を進めてきました。  去年3月に建て替えられた奥田交番。  「事件当時、男が侵入したとみられる交番裏口には私の身長ほどの高さのフェンスが貼り巡らされました」  カウンターから天井までを仕切る防犯ガラスは、県内のほかの交番でも採用されています。  勤務の体制や装備も見直されました。訪問者の対応を1人でしないよう相談員を県内すべての交番に配置しました。また、警察官と相談員は刃物を通さない防護服を常に着用。小型の防護盾なども揃えました。  こうした設備や対策が、県内ほぼすべての交番や駐在所で完了しています。  防護対策が進む一方、ある懸念もあります。それは、物々しい装備で交番や駐在所が近寄り難い存在となり、住民の気軽な相談先としての役割が損なわれることです。  県警本部の島田久幸地域部長は、今後の交番や駐在所のあり方について「地域に暮らす人と連携した安全活動を推進したい」と話しています。  地域の安全を守る拠点として、親しみやすさとともに、求められる安全対策。悲惨な事件を2度と起こさないために、模索が続いています。

富山 2021.01.12 19:45

北日本文学賞受賞作 朗読ラジオ番組を収録

 短編小説のコンクール、北日本文学賞の受賞作を朗読するラジオ番組の収録が12日、北日本放送で行われました。  KNBの山下アナウンサーが朗読したのは、第55回北日本文学賞の受賞作「きぼう」です。作者は、大阪市の女性で大学院生のペンネーム・谷町蛞蝓さん(32)で、今回、国内外から寄せられた1119編の短編小説の中から選ばれました。  作品は、大阪の小学校で外国人児童の学習支援をする30代の「私」を主人公に、教え子でネパール出身の「ラム」との交流の日々や、別れた恋人との日課だった宇宙ステーションの観測を描き、揺れ動く30代女性の繊細な心を表現しています。  12日に収録した朗読は、今月31日の午前11時からKNBラジオで放送します。

富山 2021.01.12 19:40

大雪 ようやく峠を越える

 県内の大雪は峠を越し連休明けの12日、運転を再開しはじめた公共交通機関で通勤する人たちの姿がみられました。  あいの風とやま鉄道は富山から西の区間で除雪作業が完了したため、運転を再開しています。  12日朝、富山駅には改札から出てくる多くの乗客の姿が見られました。一方、富山から東の区間はこのあと正午ごろからの運転再開を予定しています。  このほか県内の交通機関ではJRは氷見線が始発から運転、城端線は一部の列車が運休、高山線は富山~越中八尾で本数を減らして運行していますが、越中八尾~猪谷は終日運転を見合わせます。  富山地方鉄道は、本線の電鉄黒部~宇奈月温泉で運転見合わせ、立山線の岩峅寺~立山で終日運休します。  市内電車は、南富山~富山駅で運行していますが、富山駅~富山大学前と環状線が終日運休します。  北陸新幹線は通常通り運行しています。  また、9日から断続的に通行止めとなっていた県道 富山・高岡線、通称・旧8号線では、11日夜午後7時から富山市安野屋交差点から野町交差点の間を集中的に除雪しました。  通行止めは12日午前1時15分に解除されています。12日午前11時ころには車もスムースに流れていました。一方、12日朝の富山市内は国道41号線が大渋滞となりました。  県内は午後から雨や雪の降る所が多くなる見込みで、予想最高気温は11日より4度ほど高い7度で屋根からの落雪や雪崩に注意が必要です。

富山 2021.01.12 12:15

大雪 ようやく峠を越える

 県内の大雪は峠を越し連休明けの12日、運転を再開しはじめた公共交通機関で通勤する人たちの姿がみられました。  あいの風とやま鉄道は富山から西の区間で除雪作業が完了したため、始発から運転を再開しています。  12日朝、富山駅には改札から出てくる多くの乗客の姿が見られました。一方、富山から東の区間はこのあと正午ごろからの運転再開を予定しています。  このほか県内の交通機関ではJRは氷見線が始発から運転、城端線は一部の列車が運休、高山線は富山~越中八尾で本数を減らして運行していますが、越中八尾~猪谷は終日運転を見合わせます。  富山地方鉄道は、本線の電鉄黒部~宇奈月温泉で運転見合わせ、立山線の岩峅寺~立山で終日運休します。  市内電車は、南富山~富山駅で運行していますが、富山駅~富山大学前と環状線が終日運休します。  北陸新幹線は通常通り運行しています。  また、9日から断続的に通行止めとなっていた県道 富山・高岡線、通称・旧8号線では、11日夜午後7時から富山市安野屋交差点から野町交差点の間を集中的に除雪しました。  通行止めは12日午前1時15分に解除されています。12日午前11時ころには車もスムースに流れていました。一方、12日朝の富山市内は国道41号線が大渋滞となりました。  県内は午後から雨や雪の降る所が多くなる見込みで、予想最高気温は11日より4度ほど高い7度で屋根からの落雪や雪崩に注意が必要です。

富山 2021.01.12 12:03

県内で新たに新規感染者13人

 県内での新型コロナウイルス感染拡大を受けて、新田知事は医療関係者などと懇談し、13日から県が独自に夜間の外出自粛などを要請する「ステージ2」とする考えを示しました。また、飲食店などに時間を短縮しての営業を要請する際の「協力金」を支払う考えです。  県庁で行われた懇談で新田知事は、県医師会の馬瀬大助会長らと意見を交わしました。  県の「ステージ」を判断する4つの指標のうち、新規陽性者数と感染経路が不明な新規陽性者数の2つがすでに基準を超えています。また「入院者数」が基準の半分の50人に到達し、数日継続したとして、13日からステージ2へ引き上げることを決めました。  ステージ2では、夜間の外出自粛と不要不急の県外への移動の自粛を県民に要請することになります。また新田知事は、飲食店などへ「営業時間の短縮を要請する」とし、協力金を支払う考えを示しました。  対象となる業種や期間は今週中に発表するとしています。  一方、11日県内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は13人でした。  県によりますと、11日県内で確認された感染者はいずれも県東部に住む10代から70代までの男女13人です。このうち7人が、感染者の濃厚接触者でした。  また、10日に感染が判明した男女10人について、うち2人は家族内感染とみられることが新たにわかりました。  これで県内の感染者は、累計で729人となり、現在、入院中が80人、このうち3人が重症です。

富山 2021.01.11 19:12

KNB記者 巻き込まれた立ち往生21時間

 スタジオには、大雪による車の立ち往生のため、先週金曜日夜から翌日まで帰宅に21時間かかった土井記者です。大変でしたね。  本当に大変でした。自宅がある射水市までの状況を、自ら撮影した映像で振り返ります。  こちらは金曜日の夜、北日本放送の駐車場に停めた私の車です。同僚に助けてもらいながら除雪に2時間かかりました。車を走らせ始めたのは、日付をまたぐころでした。  しかし富山市五福周辺が全く動かなかったため、唯一、車が流れていた街中へ迂回しようと富山大橋へ向かいましたが、これが間違いでした。  いたるところで車が立ち往生し、結局動かなくなってしまいました。こちらは、県道富山小杉線です。  「午前2時半を回りました。バスの中にはまだ乗客がたくさん乗っています」  根塚交差点を午前2時すぎに右折して以降、西へ向かう富山小杉線は機能を完全に失っていました。  「カーナビには、渋滞を表す赤い線がまだたくさんあります」  「時刻は午前4時半を回りました。ようやく有沢橋を通り抜けたが、西へ向かう車線は渋滞のまま。気付くと反対の車線には車がありません」  「時刻はまもなく6時になりますが、西へ向かう車線は渋滞のままです。この先頭は一体何をしているのでしょうか」  朝になっても大渋滞は続きます。  「通行止めになっている」  店長「知らないんですよ」  住民「警察が止めてくれないと、横からどんどん入ってくる」  住民「おれ、5時から助けとる。何十台押したか」  救助を手伝ったこちらのガソリンスタンドでは、野宿していた客もいたといいます。  店長「(閉店後)燃料の(補給を知らせる)ランプが付いたので、ここに入って仮眠して、朝に開くのを待っておられた。渋滞にはまっている間にランプがついて不安になって、ここにこられた」  Qタンクを持っていた方がいたが  店長「お貸ししました」  県は9日午前5時に、根塚と古沢の区間を通行止めにしていましたが、まったく知りませんでした。呉羽トンネルを抜けたのは、午後2時すぎ。富山市街地へ向かう対向車線にほとんど車がいない理由がこの時、分かりました。  大型車が立ち往生して道をふさいでいたのです。  この先へは進めないことを知らないため、東へ向かう車の列は、 東太閤山までの3キロつながっていました。  その後も、断続的に降る雪のなか、車は止まっては進むを繰り返し、小杉の自宅に到着したのは、午後7時前。会社を金曜日の午後10時に出てから実に21時間かかりました。  どうしてこんなに立ち往生が発生したと思いますか?  ガソリンスタンドの店長も指摘していましたが、高速道路が通行止めになり、大型車が一般道に流れ込んでいたこと、それが立ち往生すると乗用車より脱出が難しく、道路をふさいでしまうことが大きいと感じました。  トイレや食事は、どうしていましたか?  車の流れが止まっている時に車をそこに置いたままコンビニエンスストアとガソリンスタンドで、トイレを借りました。食べ物はトイレが不自由なので食べる気になれず、水分も最低限だけにしました。災害時の避難所で水分補給が課題になりますが、心境がとてもよく分かりました。  雪国・富山も、大雪には弱いことが露呈しましたね。  除雪や救出も追いつきませんし最新の道路情報をどのように入手すればよいのかも分かりませんでした。  除雪体制はもちろんですが、県や警察、道路管理者などは、情報収集、その伝達方法などの改善を早急に検討してほしいと思います。

富山 2021.01.11 19:11

道路で山間部で…県内続く大雪の被害

 記録的な大雪となっている富山県内は、11日は雪が小康状態となりましたが、路面の雪で車の通行に支障が出るなど生活への影響が続いています。氷見市では、10日、雪に埋もれた車の中で男性が死亡しているのが見つかりました。  県内の雪は11日午前中も各地で降りました。午後6時の積雪は富山市で113センチ、砺波市で101センチ、朝日町で107センチなどとなっています。  「氷見市の山あいです。こちらの車の中で男性の遺体が見つかりました。ご家族の方によりますと、発見当時数十センチの積雪があり外からでは全く中が見えなかったということです」  氷見市吉滝では10日午後2時30分ごろ、60代の男性がエンジンがかかった状態で雪に埋もれた車の中から見つかり、死亡が確認されました。  また氷見市では倒木などで道路が寸断され、24世帯48人が孤立、小矢部市でも3世帯4人が孤立しています。  「大雪の影響でスーパーに生鮮食品を届けるトラックが動けない 状態になっています」  トラックは4時間以上立ち往生していたということです。  運転手「1回引っ張ってもらったけど、ロープがちぎれて今取りに行っているけど1時間以上になるがまだ戻ってこない。みんな待っていると思います。申し訳ない」  駐車場の除雪作業に追われる人は… 「今ようやく(車が)1台入れて まだたくさんあけないと」  富山市内では、雪の重みでカーポートの屋根が抜け落ちました。車2台の屋根がへこむなどの被害があったということです。  JRは、特急サンダーバードや、氷見線・城端線・高山線で一部の列車が運休。あいの風とやま鉄道は、富山から東は終日運休します。  一方、通学路の安全確保ができないとして、県内すべての市町村で小中学校を、12日は臨時休校とし、富山市と高岡市、上市町は13日まで休校します。  県立高校と特別支援学校も12日とあ13日臨時休校します。  このあとあす午前6時までの予想降雪量は山間部で2センチから5センチです。  ただ、12日昼ごろからは再び雪や雨が降る予報です。屋根からの落雪などに十分注意してください。  この大雪について県は11日、対策会議を開きました。9日から断続的に通行止めとなっている県道富山高岡線、通称・旧8号線の富山市安野屋交差点と野町交差点の間については、連休明けの12日の通勤時間帯に間に合わせることを目指し、11日午後7時から一斉に除雪作業を行うため、通行を控えるよう呼びかけました。  また気象台の担当者は「雪のピークは過ぎたが今週土曜日の16日にかけて気温が上がるため、なだれや屋根からの落雪に注意が必要だ」と話しました。

富山 2021.01.11 19:01

立ち往生に交通まひ 生活に大きな影響

 今回の雪で富山市の積雪が最も多かったのは、10日未明の128センチ。100センチを超えるのは35年ぶりの記録的な大雪です。短時間のまとまった雪で交通がまひ状態になるなど、県民の生活に大きな影響がでています。8日金曜日の夜からのドキュメントです。  8日の夜9時半ごろ、赤いテールランプが数珠つなぎになって動いていません。  「午後9時半ごろの富山市 北大橋です。雪の影響で先が見通せないほど 車が渋滞しています」  帰宅する人の車に激しい雪が降り積もります。  午後10時ごろ。路線バスが雪にはまって動けなくなっていました。  日付けが変わって9日土曜日午前2時半頃。富山市と射水市を結ぶ県道・富山小杉線は、両方向とも車が立ち往生の状態となっていました。  「午前2時半をまわりました。車が全く動きません。普段は15分ほどの道のりなんですけど、今は8時間以上かかっています。疲れました、いつになったら帰れるのかすごく心配です」  県庁道路課に問い合わせると、神通川に架かる橋全てが同じ状況で 除雪車が追いつかないといいます。  9日午前1時ごろのグーグルマップの渋滞情報です。オレンジや赤、紫が渋滞を表しています。国土交通省は、国道8号線の県内複数の区間を災害対策基本法に基づく道路区間に初めて指定し、集中的に除雪を行いました。  9日朝、富山市内の交差点に放置された車。雪で動けなくなり、渋滞や立ち往生の原因になったと考えられます。  もう一つの要因が、大型車両の立ち往生です。8日早朝の高岡市姫野です。渋滞の先頭に行くと、大型トレーラーが道をふさいでいました。  県道富山小杉線では、9日の正午を過ぎても、依然、立ち往生が続いていました。金沢市を出て7時間半、トラックのドライバーは。  ドライバー「除雪さえやっといてくれれば、こんなにはまることもなかったんにな。雪が降る前から分かっとったことやろ。それがなんでこうなってしまったんかなって疑問に思う」  8日夜、富山市善名では、除雪作業をするといって出かけた81歳の男性が用水路で死亡しているのが見つかりました。用水路は一部雪がかぶった状態だったということです。けが人も各地で相次ぎました。  成人の日を前に、9日と10日に県内各市町村で予定されていた成人式も、多くが中止または延期となりました。  公共交通機関もまひ状態でした。9日午前7時すぎ、富山駅前ではバスを待つ人の行列ができていました。  「きのうの夜中から待っているが(バスが)全然来ないんで、もう5、6時間、もっとかな8時間?」  Qどこか泊まったのか?  「してないです、ずっとバスを待ってたんで早く帰って寝たいですよ。一睡もしてないもので」  9日、北陸新幹線は、大雪のため運転取り止めが相次ぎ、特急サンダーバードとしらさぎも終日運休。県外への移動手段が絶たれた富山は、まさに「陸の孤島」でした。  一方、降り積もった雪を捨てられず、交差点には雪の山が。  「路肩には積もった雪はビルの2階相当の高さになっています」  9日夕方、富山市中心部では交通規制が敷かれていました。  ドライバー「前に出られます?」  警察官「迂回して出られますね」  「トラックが横転して道が封鎖されています。ひどいな本当に横倒しだ」  近所の人によりますと、トラックはこの日の朝に横転し、そのままの状態が続いていたということです。  県は、9日夕方、危機管理連絡会議を開きました。新田知事は…  「ご不便をかけたことをお詫び申し上げたいと思います。ここのところの温暖化で雪の少ない冬に我々も油断していたようなきらいがありますが」  新田知事は、会議の後、ツイッターで外出自粛を呼びかけましたが、「危機感がない」など、対応を批判する投稿が相次ぎ、ツイッター上で炎上しました。  さらに記者の質問に対して。  Q自衛隊の災害派遣要請は?  新田知事「今のところありません。県と市町村で今のところの対応で乗り切れると考えている」  この会議の2時間ほど前には、すでに東海北陸自動車道で200台以上の立ち往生が発生し始めていましたが、県は把握していませんでした。  「車が立ち往生しはじめておよそ17時間が経ちましたが、長い車の列は全く動いてません」  一夜明けて10日も続いた東海北陸道上り線での立ち往生。車222台が巻き込まれる事態となっていました。県は、10日未明になって、ようやく自衛隊の災害派遣を要請しました。  「車がUターンできるところを作ったので、下(列の後ろ)から車をあげて、下り方向にはけさせている」  対策として自衛隊が行ったのは…。  小矢部砺波ジャンクションを優先して除雪。福光方面に向かって連なっていた車をすべてバックさせます。ジャンクションに着いた車は、そのままUターンしました。  岐阜から石川に帰る途中で立ち往生に巻き込まれた人は…  「車のガソリンが、ストップした時点で半分しかなかったんですよ。それが1番不安で。真冬の中で暖をとれなくなるのもすごく怖いなって思った、完全に孤立無縁になるというか、情報が全く入ってこない」  およそ18時間、車内で耐えた男性は。  「福光から小矢部まで、通行止めの規制をかけるタイミングがちょっと遅かったんじゃないかと」  一方、新田知事は。  「県としては、私たちが管轄する道路を最優先でやっているので高速の方まで手伝いする余裕はなかったので自衛隊の派遣要請になった」  自衛隊などの活動によって、10日午後10時、すべての車が救出されました。立ち往生が始まってからおよそ31時間がたっていました。  県は10日夜、東海北陸自動車道の立ち往生について、災害救助法を適用したと発表しました。この法律は応急的な救助が必要な場合に自治体に必要な費用を国と県が補助するものです。  今後も、孤立集落が発生するなど一定規模以上の災害が発生した場合、適用について検討していきたいとしています。

富山 2021.01.11 19:01

物流は…大雪による生活への影響

 大雪で道路の状況が悪化したため県内の物流が滞り、店頭で一部の商品が売り切れになるなど暮らしに大きな影響が出ています。高橋記者がお伝えします。  こちらは10日日中、富山市内のコンビニエンスストアで視聴者が撮影した写真です。普段はおにぎりやパンが並んでいる棚は空っぽです。大雪で多くの場所で車の立ち往生や大渋滞があったためトラックでの配送が滞りました。  11日、スーパーでは雪が落ち着いた間に食材を買い求めようと多くの人が訪れました。  買い物客「保存の効くものとか麺類とか(買った)」  「子どもたちのご飯。あすもあさっても休みになったので」  しかし、食材によっては配送が間に合わないものも。  髙山信一店長「お肉も普段ここ全部埋まる状況なんで…入荷されていないです」  一方、ガソリンスタンドでは。  「現金で満タンお願いします」  「今ちょっと制限かかってまして、レギュラーは1500円までなんですよ」  この店では、タンクローリーでの入荷が見込めず、給油制限を行いました。  また、除雪用品も…  「用意されていた除雪用品は完売し売り場は空っぽの状態です。そして(早送り)除雪に使うため園芸用のスコップを買い求める人も多いということです」  そのほかにも長靴や車の雪をおろす道具、さらには自動車をけん引するためのロープも多くが売り切れています。この店では、除雪用品の入荷は未定だということです。

富山 2021.01.11 19:00

KNB記者 巻き込まれた立ち往生21時間

 スタジオには、大雪による車の立ち往生のため、先週金曜日夜から翌日まで帰宅に21時間かかった土井記者です。大変でしたね。  本当に大変でした。自宅がある射水市小杉までの状況を、自ら撮影した映像で振り返ります。  こちらは金曜日の夜、北日本放送の駐車場に停めた私の車です。同僚に助けてもらいながら除雪に2時間かかりました。車を走らせ始めたのは、日付をまたぐころでした。  しかし富山市五福周辺が全く動かなかったため、唯一、車が流れていた街中へ迂回しようと富山大橋へ向かいましたが、これが間違いでした。  いたるところで車が立ち往生し、結局動かなくなってしまいました。こちらは、県道富山小杉線です。  「午前2時半を回りました。バスの中にはまだ乗客がたくさん乗っています」  根塚交差点を午前2時すぎに右折して以降、西へ向かう富山小杉線は機能を完全に失っていました。  「カーナビには、渋滞を表す赤い線がまだたくさんあります」  「時刻は午前4時半を回りました。ようやく有沢橋を通り抜けたが、西へ向かう車線は渋滞のまま。気付くと反対の車線には車がありません」  「時刻はまもなく6時になりますが、西へ向かう車線は渋滞のままです。この先頭は一体何をしているのでしょうか」  朝になっても大渋滞は続きます。  「右、右、ゆっくり!」など助ける様子少し見せる。  「通行止めになっている」  店長「知らないんですよ」  住民「警察が止めてくれないと、横からどんどん入ってくる」  住民「おれ、5時から助けとる。何十台押したか」  救助を手伝ったこちらのガソリンスタンドでは、野宿していた客もいたといいます。  店長「(閉店後)燃料の(補給を知らせる)ランプが付いたので、ここに入って仮眠して、朝に開くのを待っておられた。渋滞にはまっている間にランプがついて不安になって、ここにこられた」  Qタンクを持っていた方がいたが  店長「お貸ししました」  県は9日午前5時に、根塚と古沢の区間を通行止めにしていましたが、まったく知りませんでした。呉羽トンネルを抜けたのは、午後2時すぎ。富山市街地へ向かう対向車線にほとんど車がいない理由がこの時、分かりました。  大型車が立ち往生して道をふさいでいたのです。  この先へは進めないことを知らないため、東へ向かう車の列は、 東太閤山までの3キロつながっていました。  その後も、断続的に降る雪のなか、車は止まっては進むを繰り返し、小杉の自宅に到着したのは、午後7時前。会社を金曜日の午後10時に出てから実に21時間かかりました。  どうしてこんなに立ち往生が発生したと思いますか?  ガソリンスタンドの店長も指摘していましたが、高速道路が通行止めになり、大型車が一般道に流れ込んでいたこと、それが立ち往生すると乗用車より脱出が難しく、道路をふさいでしまうことが大きいと感じました。  トイレや食事は、どうしていましたか?  車の流れが止まっている時に車をそこに置いたままコンビニエンスストアとガソリンスタンドで、トイレを借りました。食べ物はトイレが不自由なので食べる気になれず、水分も最低限だけにしました。災害時の避難所で水分補給が課題になりますが、心境がとてもよく分かりました。  雪国・富山も、大雪には弱いことが露呈しましたね。  除雪や救出も追いつきませんし最新の道路情報をどのように入手すればよいのかも分かりませんでした。  除雪体制はもちろんですが、県や警察、道路管理者などは、情報収集、その伝達方法などの改善を早急に検討してほしいと思います。

富山 2021.01.11 19:00

 県内で新たに新規感染者13人

 県内での新型コロナウイルス感染拡大を受けて、新田知事は医療関係者などと懇談し、13日から県が独自に夜間の外出自粛などを要請する「ステージ2」とする考えを示しました。また、飲食店などに時間を短縮しての営業を要請する際の「協力金」を支払う考えです。  県庁で行われた懇談で新田知事は、県医師会の馬瀬大助会長らと意見を交わしました。  県の「ステージ」を判断する4つの指標のうち、新規陽性者数と感染経路が不明な新規陽性者数の2つがすでに基準を超えています。また「入院者数」が基準の半分の50人に到達し、数日継続したとして、13日からステージ2へ引き上げることを決めました。  ステージ2では、夜間の外出自粛と不要不急の県外への移動の自粛を県民に要請することになります。また新田知事は、飲食店などへ「営業時間の短縮を要請する」とし、協力金を支払う考えを示しました。  対象となる業種や期間は今週中に発表するとしています。  一方、11日県内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は13人でした。  県によりますと、11日県内で確認された感染者はいずれも県東部に住む10代から70代までの男女13人です。このうち7人が、感染者の濃厚接触者でした。  また、10日に感染が判明した男女10人について、うち2人は家族内感染とみられることが新たにわかりました。  これで県内の感染者は、累計で729人となり、現在、入院中が80人、このうち3人が重症です。

富山 2021.01.11 18:59

奥田交番襲撃事件 初公判を前に 全国でも

 2人が死亡した富山市の奥田交番襲撃事件の裁判が今週木曜日から始まるのを前にお伝えするシリーズです。11日は、奥田交番の事件から全国で相次ぐ交番や駐在所の襲撃事件についてその背景と社会に与えた影響です。  2018年6月に起きた奥田交番襲撃事件。交番所長が男に刃物で襲われて死亡、拳銃を奪われました。その拳銃で近くの小学校の警備員が撃たれて亡くなりました。  逮捕・起訴されたのが立山町の島津慧大被告。捜査関係者によると島津被告は動機について「拳銃を奪うために警察官を襲った」などと話しているということです。  この事件以降、全国で警察官が襲われる事件が相次ぎました。  奥田交番の事件から3か月後―。  宮城県の交番で警察官が男に刃物で襲われ亡くなりました。別の警察官が発砲して男は死亡し、動機の解明には至りませんでしたが男の自宅からはエアガン十数丁などが押収され、拳銃を奪う目的があったとみられます。  さらに4か月後―  「あちらの駐在所で事件は起きました。事件から2時間たった今 捜査が続いています」  富山市池多の駐在所で男が警察官に対し、ハンマーで頭を殴るなどしましたが取り押さえられました。  奥田交番の事件から1年後には、大阪府の交番で警察官が男に刃物で襲われました。実弾入りの拳銃が奪われ、市民を不安におとしいれました。  地域の治安の要である交番や駐在所が相次いで襲われ、拳銃が狙われた一連の事件。富山市の池多駐在所の事件で逮捕・起訴された前田将輝被告は裁判で、自殺をするために拳銃を奪おうと思った、奥田や仙台の事件を参考にしたなどと話しました。  あらためて問われる交番の安全性。警察庁は拳銃が奪われにくいよう材料や構造を改良した新しい拳銃入れを配備したり、警察官への襲撃を想定した訓練の実施を推し進めたりしました。  そして…  警察庁長官(当時)記者会見「装備の一層の高度機能化と交番などのセキュリティ強化を推進している。この両者が相まって現場の執行力が充実・強化されるように努めたい」  襲撃事件から1年8か月後、強化ガラスで仕切られた受付が備えられるなど安全面を強化された「モデル交番」として奥田交番は生まれ変わりました。  完成の日、亡くなった警備員 中村信一さんの妻は…  「きょうは新しい交番もできて防犯対策もしっかりなさったことでしょうし、周りの住人も一安心だと思うんですけど、もうちょっと早く体制が整っていればね。主人も事件に遭うことがなかったかなと思うと残念だなと思う」  県警は、去年11月末までに県内ほとんどの交番と駐在所で防犯設備の設置を行いました。12日は、その交番の安全強化についてお伝えします。

富山 2021.01.11 18:59

12日の公共交通機関 運行確認を

 3連休が終わり、12日から仕事という方も多いと思います。引き続き道路事情が悪いことが予想されます。また公共交通機関の12日の運行予定は、ご覧のようになっています。  時間に余裕を持ちテレワークや時差出勤も考えてみてください。そして、除雪の際には、屋根雪の落下や用水路への転落、除雪機械への巻き込みなどに厳重に注意してください。

富山 2021.01.11 18:59

記録的な大雪 引き続き注意を

 記録的な大雪となっている富山県内は11日も雪が降っていて、引き続き注意が必要です。  11日午前11時の積雪は、富山市で123センチ、砺波市で110センチ、朝日町で115センチなどとなっています。  富山市内では、雪の重みでカーポートの屋根が抜け落ちました。  氷見市吉滝では10日午後、60代の男性がエンジンがかかった状態で雪に埋もれた車の中から見つかり、死亡が確認されました。  10日、東海北陸自動車道の南砺スマートインターチェンジ付近で車200台以上が巻き込まれた立ち往生は、10日午後10時までに全ての車が救出されましたが、今も小矢部砺波ジャンクションと福光インターの間が通行止めです。北陸自動車道の県内区間は滑川インターから東が通行止めです。  JRは、氷見線・城端線・高山線で一部の列車が運休。あいの風とやま鉄道は富山から西が夕方以降の運行再開予定ですが、富山から東は終日運休します。富山地方鉄道の多くの区間と富山市内電車、万葉線も運転を見合わせています。  県教育委員会は県立学校を、高岡市など9つの市町村は小中学校を、12日臨時休校とします。さらに富山市は12日と13日、小中学校などを臨時休校します。  県内の大雪警報は解除されていますが、再び大雪となるおそれもあります。12日午前6時までの24時間の予想降雪量はいずれも多いところで平野部で5センチ、山間部で10センチです。

富山 2021.01.11 12:02

東海北陸道の立ち往生 昼までに129台救出

 南砺市の東海北陸自動車道上り線で発生した車200台以上の立ち往生は、10日昼までにほぼ半分が救出され、徐々に解消に向かっています。 自衛隊員「そこで車がUターンできるところを作ったところで、下から車をあげて、下り方向にはけさせている」  9日午後3時ごろから続いた立ち往生は、一時200台以上が巻き込まれましたが、自衛隊などが救助活動を行い、正午過ぎまでに129台が救出され徐々に解消に向かっています。  石川に帰る途中で巻き込まれたという人は。 立ち往生に巻き込まれた人「完全に孤立無援になるというか、情報が全く入ってこない。ガソリンが無くなったら次の立ち往生の原因に自分もなっちゃうし、真冬で暖をとれなくなるものすごく怖いなって思った」  東海北陸道では10日午後5時現在も、小矢部砺波ジャンクションから福光インターチェンジの間で通行止めが続いています。  県内の午後5時の積雪は富山市で116センチ、砺波市で112センチなどとなっています。県教育委員会は県立学校全校を12日、臨時休校としました。県内の11日午後6時までの予想降雪量はいずれも多いところで、平野部で25センチ、山間部で45センチです。

富山 2021.01.10 19:16

新型コロナウイルス 県内で新たに10人感染

 新型コロナウイルスの感染者が10日、県内で新たに10人確認されました。  新たに感染が分かったのは、10代から90歳以上の男女合わせて10人です。このうち3人が既に判明している感染者の濃厚接触者で、県と富山市は11日、詳細を発表するとしています。  また9日発表された19人は15人が富山市の感染者で、市は陽性者が多く調査が遅れているとして、詳細を11日発表するとしています。残る4人は、県外でとみられる感染者が2人、家族間感染が1人、1人が感染経路不明です。  県内の感染者は716人で、入院中が74人、重症は3人です。

富山 2021.01.10 19:16

東海北陸道で車200台立ち往生 自衛隊が救助にあたる

 県内の大雪は、富山市や砺波市などで積雪が1メートルを超えています。南砺市の東海北陸自動車道上り線では一時、車およそ200台が立ち往生し、自衛隊が救助にあたっています。 「車が立ち往生し始めておよそ17時間が経ちましたが、長い車の列は全く動いてません」  中日本高速道路などによりますと9日午後3時ごろ、東海北陸道上りの南砺スマートインターチェンジ付近で、大型トラックが雪で動けなくなりました。その後、後続の車が続き、一時およそ200台が立ち往生しました。県は10日午前4時に自衛隊に災害派遣要請を行い、現在、自衛隊員が除雪など救助にあたっていて、これまでにおよそ60台が救出されたということです。  立ち往生に巻き込まれた人はKNBの取材に「半日以上、車の中で燃料が持つか不安だ」と話していました。  10日午前11時現在、東海北陸道は小矢部砺波ジャンクションから福光インターチェンジの間で、北陸道は滑川インターチェンジより東の区間で通行止めとなっています。  このほか鉄道各線は、JR城端線、氷見線、高山線が始発から運休しているほか、あいの風とやま鉄道が終日の運休を決めています。富山地方鉄道は一部区間で運転を再開しています。最新の交通情報に注意してください。  10日午前11時の積雪は、富山市で125センチ、砺波市で124センチ、高岡市伏木と朝日町で113センチなど、5か所で1メートルを超えています。県内の大雪警報は全て解除されましたが、10日夕方6時までの予想降雪量はいずれも多いところで、平野部で15から30センチ、山間部で20から35センチとなっています。

富山 2021.01.10 11:50

県内 記録的な大雪 交通に深刻な被害

 富山市で35年ぶりに積雪が1メートルを超えるなど記録的な大雪となっている富山県内は、各地の道路で立ち往生が長時間発生するなど、交通に深刻な被害が出ています。  「午前2時半をまわりました。車が全く動きません。普段は15分ほどの道のりなんですけど、今は8時間以上かかっています」  富山県内は、8日からずっと雪が降り続き、午後5時の積雪は、富山市が1メートル23センチで35年ぶりに1メートルを超えています。  8日から県内いたるところで車の立ち往生や渋滞が発生し続けていて、車内で夜を明かした人も多数発生しています。  大型車などが路面のでこぼこの雪で走行できなくなり、車線をふさいでしまうことなどが原因で、撤去作業も思うように進みません。  富山市内などでは動けなくなった車が路上に放置されている様子も見られました。  職場の雪かきをする人 「これだけ(雪が)降ったらあっけにとられる、泣きそうになりますね」  また、あいの風とやま鉄道、JR城端線、氷見線、高山線、富山地方鉄道の列車、富山市内電車、万葉線がすべて運行を見合わせているほか、北陸新幹線も除雪のため9日夜は運休する列車があります。  大雪警報が県内全域に出されていて、10日午後6時までの24時間の予想降雪量は多い所で平野部が50センチ、山間部が60センチです。そのあと、11日午後6時までが平野部、山間部ともに20から40センチです。  不要不急の外出は控えてください。

富山 2021.01.09 18:33

新たな感染19人 家族間で広がる

 9日県内では新たに19人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。特に家族間での感染の広がりが増加傾向で、8日判明した感染者の半数以上を占める18人に上っています。  9日に感染が確認されたのは、10代から60代までの男女19人です。このうちすでに感染が確認された人の濃厚接触者が13人です。  8日に感染が分った31人のうち、家族間での感染が18人、会食や飲食による感染が2人、帰省による感染が1人など、年末年始の影響による感染者が多くを占め、9人が感染経路不明です。  また、富山市の30代会社員は8日にクラスターが発生したと示された富山市の接客を伴う飲食店を客として利用していて、この店関連の感染者は9人となっています。  県内の感染者は706人で、現在、入院が76人、このうち3人が重症です。

富山 2021.01.09 18:25

県内各地で記録的な大雪 夜も渋滞

 県内は、7日から雪が降り続き、記録的な大雪となっています。現在、県内全域に大雪警報が出ています。  午後8時の積雪は、富山市が88センチ、高岡市伏木が82センチ、朝日町が90センチなどとなっています。  最高気温は、富山市で氷点下0.8度など、9地点で真冬日となりました。 富山市の真冬日は3年ぶりです。  9日午後6時までの降雪量は、多い所で平野部、山間部ともに80センチ、その後、10日午後6時までさらに平野部が20から40センチ、山間部が40から60センチと予想されています。  富山市内は引き続き雪が降っていて、夕方からの渋滞が午後9時現在も続いています。

富山 2021.01.08 21:29

短時間に集中 県内各地で記録的な大雪

 県内は、記録的な大雪となっています。午後6時現在の積雪は、富山市で83センチ、高岡市伏木で76センチで、交通機関は大幅に乱れ、学校の休校が相次ぎました。  富山市と高岡市伏木、砺波市では、時間ごとの降雪量が観測史上、最大となり、除雪が追い付かないほど、短時間に雪が降り続いています。  「これだけ降ったのは久しぶり、いつもより1時間早く起きている」  強い寒気が流れ込み、県内は7日から雪が降り続き、現在、県内全域に大雪警報が出ています。  午後6時の積雪は、富山市が83センチ、高岡市伏木が76センチ、氷見市が67センチなどとなっています。  高岡市伏木と砺波市では6時間で40センチなど、短時間に激しく降った雪は各地で観測史上最大の降雪量もたらしています。  「車通りの少ない道では、雪が腰の高さまできています」  最高気温は、富山市で氷点下0.8度など、9地点で真冬日となりました。富山市の真冬日は3年ぶりです。今回の雪は、県の平野部で特に多く降っています。  こちらは気象衛星が撮影した7日夜遅くから8日昼前までの雪雲の映像です。日本海の海上で発達した雪雲の帯が作られ、富山県に向かって次々と流れ込んでいます。この雪雲の帯は、ほとんど移動しておらず、これが県内に集中して雪を降らせました。  こちらは、上空5000メートル付近の寒気の予想です。9日夜まで、県内の上空には、マイナス39度以下の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。  9日午後6時までの降雪量は、多い所で平野部、山間部ともに80センチ、その後、10日午後6時までさらに平野部が20から40センチ、山間部が40から60センチです。  その後、雪は落ち着きますが、11日月曜日の午後6時まで、平野部が5から10センチ、山間部が30から50センチの見込みです。  交通機関にも影響が出ています。JR城端線と氷見線、高山線は、始発から一部列車の運行を見合わせました。  9日も一部列車の運休を既に決めています。  あいの風とやま鉄道も8日朝から一部運転を見合わせ、このあと、午後8時から9日午前中の運休を決定しています。  このほか、富山地方鉄道の市内電車は運休が続いています。  また北陸自動車道は、金沢森本ICと朝日ICの間が、東海北陸道は小矢部砺波JCTと福光ICの間が、通行止めとなっています。  富山空港発着の全日空東京便は、9日も全便欠航します。

富山 2021.01.08 19:30

大雪で 早朝からの除雪に汗 交通は大混乱

 7日から降り続くこの雪で、県内では車の立ち往生するなど、大きな影響が出ています。未明からの出来事をドキュメントでお伝えします。  「ブオ―――ン ブオ――――ン」  「国道359号線です。トラックが坂道で立ち往生しています」  8日5時過ぎ、富山市婦中町の国道359線です。トラックが立ち往生し、運転手の男性が雪をかき分け、脱出を試みていました。  運転手 「ここらで10台くらいいましたかね、みんな立ち往生。困りましたね」  こうした立ち往生は県内各地で発生しました。北陸自動車道では、石川との県境付近で2台の大型トラックが4時間以上に渡り立ち往生し、およそ90台の車が動けなくなりました。  雪は7日夜から降り方が激しくなり、まとまった雪は一晩で景色を一変させました。  まだ日ものぼらない早朝の富山市内。起きてきた住民も、ただただ唖然とするばかり…。  「昨日、夜中に2回くらいやったんですけど、こんなに降るなんて…」  除雪中の男性 「はぁ(ため息)」  近くの保育園では、除雪を手伝う人の姿も…。 「午前5時半にここ(保育園)に来てやってます。久しぶりにこれだけの量積もったので」  県内の積雪は、8日朝の段階で平野部でもすでに50センチを超えるレベル。3シーズンぶりの大雪で、県内の交通機関も大きく乱れました。  「もう少し、もうちょい、もうちょっと、おい」  富山駅前では、路面電車が線路に雪が詰まり、立ち往生。その後ろからも次々と電車がやってきて、渋滞する事態に。職員が懸命に除雪し、再び動き出したのは1時間半後でした。  会社に出勤するために運転再開を待っていた男性は…。  「30分ほど待っていたんです…」  Q.今電話されていて 「会社きょう来なくていいって言われました」  Q.雪の影響は数年ぶりですね 「もうね16年ぶりぐらいらしいですよ、うちのかあちゃんによれば。エグいですわほんま、骨折り損のくたびれもうけです」  「私の顔の高さくらいまでの大きな雪の塊です」  富山駅北側の市内電車では線路に雪がかき集められ、高い壁ができていました。  「せーの」  交通機関に大きな乱れを引き起こしたこの大雪。車のスリップ事故も、7日から8日にかけて多数発生しています。  また県は、消雪設備の稼働などで地下水の水位が基準を下回る状態が続くとして、初めて「地下水位低下注意報」を出し、企業や家庭での節水を呼びかけています。  まだまだ降り続くとみられるこの雪。引き続き警戒が必要です。

富山 2021.01.08 19:29

新たに31人感染 過去2番目の多さ

 新型コロナウイルスの感染者が県内で8日、新たに31人確認されました。1日の発表数としては6日の32人に次ぐ多さで、感染が拡大しています。  新たに感染が確認されたのは、10歳未満から80歳までの男女31人です。このうち20人は、既に判明している感染者の濃厚接触者で、ことしに入ってからの感染者数は126人にのぼっています。  また7日発表の感染者21人は、家族間での感染が8人、飲食店関連の感染が4人、残る9人は経路不明です。  飲食店関連の4人は店の従業員で、この店での感染者は8人となり、富山市は感染者集団=クラスターが発生したという認識を示しました。  県内の感染者は687人で、入院が75人、2人が重症です。

富山 2021.01.08 19:27

県が会議 対象地域への外出自粛呼びかけ

 県内での感染拡大や、首都圏1都3県に向けた国の緊急事態宣言の発出を受け、県は8日、対象地域への不要不急の移動を控えるよう県民に要請しました。  県庁で開かれた対策本部会議で新田知事は、県民へのメッセージとして、「緊急事態宣言の対象地域への不要不急の移動は、自粛いただきたい」と呼びかけました。  また、9日から県内各地で予定される成人式に触れ、式典後の飲食をなどを控えるよう呼びかけました。  新田知事 「春の来ない冬はありません。今が正念場です」  一方、県内での感染拡大を受けて、県が外出自粛などを求める際の基準とするロードマップを現在のステージ1から2への引き上げる可能性については、「視野には入っている」と述べ、有識者と検討する考えを示しました。

富山 2021.01.08 19:26

年末に肺炎 立川志の輔さん 回復し退院

 肺炎のため入院していた射水市出身の落語家、立川志の輔さんは、所属事務所によりますと7日に退院しました。  所属事務所によりますと、先月31日から肺炎で東京都内の病院に入院していた志の輔さんは、7日に退院したということで、体力回復に努めるとしています。  また新型コロナの抗原検査は陰性で、医師からは回復状況から判断してPCR検査は必要ないとされていますが、仕事復帰前には検査を行うとしています。

富山 2021.01.08 19:26

県内に記録的な大雪 今後の降雪に警戒を

 県内は強い寒気の影響で記録的な大雪となっています。雪は10日にかけて続く見込みで、各地に大雪警報が出ています。  富山市婦中町の国道359号線では午前5時ごろトラックが立ち往生し、一時通行止めとなりました。  広島から富山に来たドライバー「ここらで10台くらいいましたかね。みんな立ち往生」  午前11時の積雪は富山市で72センチ、高岡市伏木で70センチです。また、けさまでの12時間の降雪量は、高岡市伏木で59センチ、富山市で48センチで、観測史上最大となりました。  現在、大雪警報が富山市など9つの市町村に出されています。  富山駅前では市内電車が立ち往生し、職員が除雪に追われました。あいの風とやま鉄道は午後4時ごろまでと午後8時以降は運休します。JRは特急サンダーバードとしらさぎが運休、城端線、氷見線、高山線も運休がでています。  今の雪の状況について、KNB本社前からお伝えします。  富山市は今も気温が氷点下、さらさらの雪が膝まで積もっています。このあとも雪は断続的に降る見込みで、9日午前6時までの24時間に、多いところで平野部で70センチ、山間部で80センチの雪が予想されています。  その後10日にかけても、平野部でも警報級の大雪のおそれがあります。週末も大雪による交通障害など影響に警戒して下さい。

富山 2021.01.08 11:55

8日 大雪で交通機関に乱れ

 大雪は交通機関に影響を及ぼしています。  あいの風とやま鉄道は、8日午前8時の時点で上下線で最大60分以上の遅れが出ています。  このあと午後4時ごろまでと午後8時以降は運転を取りやめる予定です。  その間、夕方から夜にかけての通勤通学時間帯は運行する予定です。  JR西日本は関西方面の特急サンダーバードと名古屋方面の特急しらさぎのこのあとの運転を終日見合わせます。  このほか城端線は始発から午後4時まで運休の見込み、氷見線は始発から午前中運休する見込みです。  高山線は、越中八尾駅と猪谷駅の間で午前中運休しています。このあと正午から午後4時頃まで順次運転を取りやめる予定です。  富山地方鉄道は、本線、不二越・上滝線、立山線いずれも60分程度の遅れとなっています。  市内電車も、富山駅と岩瀬浜の間と環状線の運行を見合わせています。  万葉線は運行の目処が立っておらず全線で運転を見合わせています。  富山空港発着の空の便は全便が運休となっています。  道路の関係では、北陸自動車道は、金沢森本インターと小矢部インターの間の上下線で、雪で車が立ち往生するなどしたため、7日午後11時から8日午前6時まで通行止めとなりました。  また富山西インターは、除雪のため出口を午前9時すぎからいったん閉鎖しています。  富山市婦中町の国道359号線では午前5時ごろトラックが立ち往生し、一時通行止めとなりました。

富山 2021.01.08 10:08

県内 記録的な大雪に 9市町に大雪警報

 上空に強い寒気が入りこみ、富山県内は記録的な大雪となっています。現在、大雪警報が富山市など県内9つの市町村に出されています。  8日午前9時現在の積雪は、富山市で68センチ、高岡市伏木で67センチ、朝日町で66センチ、氷見市で60センチ、砺波市で51センチ、魚津市で39センチなどとなっています。  また、8日朝までの12時間の降雪量は、高岡市伏木で午前5時までに59センチ、富山市で午前6時までに48センチで、気象台によりますと観測史上最大となりました。  現在、大雪警報が富山市、滑川市、魚津市、黒部市、立山町、上市町、入善町、朝日町、舟橋村に出されています。  雪は9日にかけて断続的に降る見込みで、短い時間で降雪量が多くなるおそれがあります。  さらに10日にかけて山間部に加え、平野部でも警報級の大雪となる所があるでしょう。  このあと予想される降雪量は、9日午前6時までの24時間で、平野部の多い所で70センチ、山間部の多い所で80センチです。  そのあと10日午前6時までの雪の量は、多い所で平野部で60から80センチ、山間部70から90センチとなる見込みです。  また、8日朝の最低気温は、富山市八尾町で氷点下3.6度、砺波市で氷点下3.5度など県内10の観測地点のうち7か所で今シーズン最も低くなっています。  路面の凍結や、電線や樹木への着雪、なだれにも注意してください。

富山 2021.01.08 09:44

県内 大雪に警戒を

 県内は強い風とともに雪が降って荒れた天気となっています。暴風雪警報は解除されましたが大雪警報が出されています。雪は10日ごろまで続くおそれがあります。  県内には現在、大雪警報がすべての市町村に出されています。  8日午後6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で、平野部が70センチ、山間部が90センチです。  その後、9日土曜日の午後6時までは、平野部が50から70センチ、山間部が70から90センチ、さらに日曜日の午後6時までは平野部が40から60センチ、山間部が50から70センチの見込みです。  8日朝の予想最低気温は、富山市で氷点下3度で、路面の凍結にも注意してください。  県内の公共交通機関の計画運休です。  JR西日本は、関西方面の特急サンダーバードと名古屋方面の特急しらさぎの運転を8日終日見合わせます。  加えて氷見線は午前10時過ぎから正午ごろまで、城端線と高山線は正午過ぎから午後4時ごろまで順次運転を取り止めます。  また、あいの風とやま鉄道も、午前9時から順次列車の運転を取り止め、午後8時以降は全ての列車を運休します。  全日空は、富山空港発着の東京便の運行を8日終日取り止めます。  このほか、高速道路などで通行止めが発生する可能性があります。最新の情報に注意してください。  また、この雪に伴い氷見市と射水市は8日、市内全ての小中学校を休校としています。

富山 2021.01.07 21:00

感染確認 7日は新たに21人

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、菅総理大臣は先ほど、東京など1都3県に緊急事態を宣言しました。そして県内でも7日新たに21人の感染が確認されました。舟橋村でも感染者が発生し、これで県内すべての市町村で感染者が確認されました。  県内で7日、感染がわかったのは21人で、内訳は富山市が11人、高岡市が1人、魚津市が1人、上市町が1人、立山町が4人、 舟橋村が1人、そして神奈川県在住者が2人です。舟橋村で感染者が確認されたのは初めてです。  きょう確認された感染者のうち富山市の30代女性は、県立中央病院に勤務する看護師で先月29日以降の勤務はないということです。病院の診療は、今後も通常通り行います。  一方、7日に感染が発表された32人のうち、家族間で感染が広がったケースが5件で10人、帰省して感染が分かった人が3人、また年末年始に東京や神奈川といった感染が拡大している地域を訪れたことによる感染や東京の人と県内で会食したことによる感染も起きています。  これで県内の感染者は656人となり73人が入院、入院調整中が29人、2人が重症です。

富山 2021.01.07 19:10

成人式に伴う飲食など 感染防止へ注意喚起

 富山市を中心に、県内で感染者が急増していることを受け、新田知事と富山市の森市長は7日、共同で会見を開き、今週末から各市町村で予定されている成人式に伴う飲食など、リスクの高い行動を控えるよう呼びかけました。  新田知事 「判断指標の数値も上昇している。このままいくと外出の自粛等お願いする段階が目前に迫っている。そのような大変な危機感を持っている。どうか久しぶりに会う人、初めて会う人との会食、あるいは飲食を伴う同窓会、このようなリスクを伴う行動は控えてほしい」  このほか、家族間が原因とみられる感染が広がっていることを受け、家族同士でも、手洗いの徹底やマスクの着用、食事は少人数で静かに食べるなど、県が提唱する感染対策「ますずし」の徹底を改めて呼びかけました。  森市長「2週間(潜伏期間)で発症する可能性があるとすると、まだ予断を許さない状況だろうと思っている。これ以上広がりがないように、新たな感染の連鎖がないように、しっかりと注意をしてほしい」  新田知事と森市長が知事と市長という立場で揃って会見したのはこれが初めてで、今後も連携して、感染の拡大防止に取り組むとしました。

富山 2021.01.07 19:08

感染症の専門家に危機感「ステージ2」へ

 県内で感染が拡大している状況について7日、富山大学附属病院 総合感染症センターの山本善裕センター長に聞きました。山本さんは、県が外出自粛や休業を求める3段階のステージを、現在のステージ1から、すぐに引き上げるべきだと訴えました。  富山大学附属病院 総合感染症センター 山本善裕センター長 「我々医療従事者の立場から言いますと、早急に富山県はステージ2に上げていただきたい」  山本さんは県が外出自粛などを求める際の基準とするロードマップを現在のステージ1からすぐに2へと引き上げるべきだとしました。ステージ2に引き上げられると夜間の外出自粛や感染拡大地域との移動の自粛などを要請することになります。  山本さんは、このまま何も対策をしないと、感染者の増加は続くと訴えます。  山本センター長 「これは最低2週間はずっと続きます」  Q数字にばらつきあったとしても傾向として  山本センター長 「そうです。東京がまだ止めてないじゃないですか。2週間続くと、もう東京の二の舞ですよ」  Q市中感染はもう起きていますか  山本センター長 「はい、起きてます。確実に起きてます。キーワードは帰省。年末年始の帰省で人が動いたということと。もう1つはやっぱりこれも言われてますけど、食事です、会食。マスクを外しての食事。もうつばは飛びます。これを止めない限りは広がっていきます」  さらに、去年春の第1波の時より感染拡大のスピードが早くなっていると指摘します。  山本センター長 「さらにここ(第1波)はクラスターがあった。塊があったので、塊が落ち着けば下がってく可能性があった。今回は塊がないわけです。クラスターがない。もうばらまかれているわけですよ」  山本さんは感染防止策として、改めて2つのことを呼びかけました。  山本センター長 「まず、他の人と接する場合、1メートル以内の場合はマスクして会話しましょう、が1つです。そして飲食する場合、同居のご家族以外と飲食する場合は、必ず間仕切りのあるお店、あるいは極端なこと言うと自宅の中でも間仕切りをしていただく、そういう工夫が食事の場合は必要になってくると思います」  知事と富山市長の会見でも話がありましたが、この週末に予定されている成人式に参加する新成人に対し、山本さんも式の前後の会食を控えてほしいと呼びかけています。

富山 2021.01.07 19:05

県内感染者拡大で 病床確保は大丈夫?

 そして新型コロナウイルス患者の増加に伴い、気になるのが病床の確保です。県は最大で500床を確保することにしていて、入院患者数に伴い3段階に設けている計画を、フェーズ3にして対応しています。  県が去年7月に策定した計画では、県内の入院患者が20人未満の場合をフェーズ1、20人以上の場合をフェーズ2、40人以上の場合をフェーズ3として、この3段階で確保する病床の数を増やしていくとしています。  現在は、入院患者が73人で、フェーズ2からフェーズ3に移行している状態です。既に確保している病床は130床以上で、患者の発生状況に合わせて段階的に増やします。最大13の病院で500床を確保します。  また、重症患者は、県立中央病院、富山大学附属病院、厚生連高岡病院の3つの病院が受け入れることになっていて、病床は最大で36です。  ただ県は現状について、「病床の数字のうえで余裕があっても、ここ数日の急激な感染者の増加は医師や看護師の人員が不足しがちな医療現場に大きな負荷をかけている」と懸念していて、県民に感染防止対策を徹底するよう協力を呼びかけています。

富山 2021.01.07 19:03

県内、荒れた天気に

 7日の県内は強い風とともに雪が降る荒れた天気となっていて、大雪警報や暴風雪警報が出されています。風で建物が壊れたり、交通機関に大きな影響が出たりしています。  強い冬型の気圧配置や日本海を低気圧が進んだ影響で、7日の県内は、午前中から強い風を伴って雪が降りました。午後6時現在の積雪は氷見市で21センチ、富山市で19センチなどとなっています。大雪警報がすべての市町村に、暴風雪警報が富山市など9つの市と町に出されています。  「午前11時ごろの氷見漁港です。雪が激しく降っていて、風も強く吹いています」  午後4時までの最大瞬間風速は富山市で22.8メートル、氷見市で27.9メートルなどとなっています。  高岡市本町の平米小学校近くの住宅街では、倉庫の一部が倒壊する被害もありました。けが人はいませんでした。強風のためとみられます。  また、県内の広い範囲で、これまでに少なくとも1700軒程度の停電が発生しています。  さらに午後2時30分ごろには能越自動車道の下り線、高岡インターチェンジと高岡北インターチェンジの間で大型トラックが横転しました。午後2時の高岡市伏木の風速は9.3メートルでした。この事故の影響で高岡と高岡北の間の上下線で通行止めが続いています。  さらに交通機関にも影響が出ました。北陸新幹線は新潟県内で風速が規制値に達したため、午後3時台に長野ー富山間で一時運転を見合わせ、あいの風とやま鉄道も上下線28本の運転を取りやめました。JRの「特急サンダーバード」と「特急しらさぎ」は7日は終日運休し、8日も午前9時ごろから最終列車まで運休します。  富山空港発着の全日空東京便は、7日と8日全便欠航します。そして氷見市は、8日市内の小中学校を休校とします。

富山 2021.01.07 19:02

和田川沿いで土砂崩れ 樹木が川に流れ込む

 立山町を流れる和田川流域の斜面で今月、土砂崩れが起きていたことがわかりました。川に土砂と樹木が流れ込んでいますが、住宅や人などへの被害はないということです。  「土砂崩れは広範囲で起きていて、流れた樹木などが田んぼや川に堆積しています」  土砂崩れは立山町芦見の和田川沿いの斜面で、幅およそ30メートルにわたって起きています。立山町と県によりますと今月4日に地元の人から土砂崩れが起きていると連絡がありました。  雪解けの水がしみ込んだか、年末からの雨が原因とみられています。崩れた土砂と樹木は和田川に流れ込んでいます。ただ、川はせき止められておらず、現場付近に住宅や道路などはありません。また、人への被害は確認されていません。  県の立山土木事務所は川に流れ込んだ樹木は、天候の状況をみながら撤去することにしています。また土砂崩れ現場の今後の対応については県と立山町が協議しています。

富山 2021.01.07 18:58

北陸新幹線の車内に「もや」

 北陸新幹線は7日午後には強風のため運転を見合わせましたが、それに先立ち午前中には、長野県内を走行中だった列車の車内で、もやが発生し、一時運転を見合わせました。JRは、もやが発生した原因を調べています。  「北陸新幹線の改札前です。予定より15分遅れで乗客が到着しました」  JR東日本によりますと、午前11時ごろ、長野県内を走行中の東京行き「かがやき508号」の7号車の車内に、もやがかかっていると、車掌から総合指令所に連絡がありました。列車は、軽井沢駅まで運転したあと後続の列車に乗客を移動させました。  この影響で北陸新幹線は上下線で一時運転を見合わせ、列車に遅れが出ました。現場ですれ違った列車に乗っていて、富山駅に到着した乗客は…  乗客「対向の新幹線が火災のトラブルの危険があるから、すれ違うとき危ないからと言って、軽井沢で18分ほど待たされて」  もやが発生した車両は、車体や設備に今のところ異常はなく不審物が持ち込まれた痕跡もないということで、JRは、もやが発生した原因を引き続き調べています。

富山 2021.01.07 18:57

県内9つの市と町に暴風雪警報

 県内には現在、9つの市と町に暴風雪警報が出ています。暴風や大雪に警戒し、交通障害などの情報にも、注意してください。  氷見市では午前10時ごろ、横なぐりの雪となりました。  午前11時の積雪は、氷見市で13センチとなっています。県内ではこのあと夜にかけて、強い冬型の気圧配置となる見込みで10日ごろにかけて、山間部、平野部ともに警報級の大雪となる恐れがあります。  8日午前6時までの24時間で降る雪の量は、いずれも多い所で、平野部で50センチ、山間部で80センチと予想されています。  また風も非常に強くなり、7日に予想される最大瞬間風速は陸上で30メートル海上で30メートルから35メートルとなっています。  気象台は、県内9つの市と町に暴風雪警報を出して、暴風や大雪による交通障害に警戒を呼びかけています。JR西日本は特急「サンダーバード」と「しらさぎ」を終日運転取りやめに、全日空は7日の東京便を全便欠航としています。

富山 2021.01.07 11:57

県内企業の景況感 3年ぶりプラス

 去年10月から12月までの県内企業の景況判断指数は、プラス2.3ポイントで、3年ぶりにプラスに転じました。  これは、財務省富山財務事務所が去年11月に調査を行い県内133社から回答を得ました。景況判断指数=BSIは、10月から12月がプラス2.3ポイントで、前回調査のマイナス1.6から大きく改善しました。  特に非製造業ではプラス10.1ポイントと前回より大きく改善しました。国のGoTo政策による宿泊業や飲食業の需要回復などが影響したとみられます。  ただ先行きについては、ことし1月から3月の見通しがマイナス7.5ポイントで、中小企業を中心に、依然、新型コロナウイルスの影響を懸念する見方が広がっています。

富山 2021.01.07 11:57

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース