富山のニュース

銅メダリスト中山選手 トークショーで抱負

 東京オリンピックスケートボード女子ストリートで、銅メダルを獲得した中山楓奈選手が、地元ファンの前で今後の抱負を語りました。  大きな拍手で迎えられて登場したのは、東京オリンピック銅メダリストの中山楓奈選手。富山市のファボーレで開かれた「スケートボードフェスタ」でトークショーが行われ、オリンピックを夢見る 子どもたちに向けて「毎日滑るとうまくなるのでやってみてください」とエールを送り、質問にも答えました。  中山選手へ質問した7歳の男の子  「坂とか滑るときって、こわくないんですか」  中山選手  「最初は怖かったけど、今は恐怖心なくおりることができます」  中山選手は「出場する大会でいい成績を残せるように頑張りたい」と意気込みを話していました。

富山 2021.12.05 18:56

アクア今シーズン初勝利

 バレーボールVリーグ1部女子のKUROBEアクアフェアリーズは、4日黒部市で試合を行い今シーズン初勝利を飾りました。  開幕からここまで12連敗中のKUROBEアクアフェアリーズは、同じく今シーズン勝利のないトヨタ車体と対戦しました。アクアは新加入の外国籍選手ラッツとコクラムを中心に得点を重ねます。強化してきたサーブも効果的に決まり、試合を優位に進めたアクア。セットカウント3対0のストレートで、ホームで嬉しい今シーズン初勝利を飾り、順位も最下位を脱出しました。  アクアは、5日は黒部市総合体育センターでトヨタ車体との第2戦に臨みます。

富山 2021.12.05 11:49

富山 バイクのサンタがお菓子を届ける

 富山市の児童養護施設に、バイクに乗ったサンタクロースがお菓子のプレゼントを届けました。  「ブーーン」  この取り組みは、新型コロナウイルスの影響が広がるなか、子どもたちを元気づけようと、SNSを通じて集まったボランティアメンバーが企画したものです。  ライダーたちが向かったのは、富山市の児童養護施設「ルンビニ園」。実行委員会のメンバー25人がサンタクロースやトナカイの衣装を着てバイクで施設を訪れ、約30人の子どもたちに準備したお菓子を手渡しました。  「はい、どうそ」  参加したメンバーはお礼に子どもたちから手作りの首飾りを受けとっていました。実行委員会はこの取り組みを 来年以降も続けたいとしています。

富山 2021.12.05 11:47

「きょうだいケアラー」に気付いて

 障害のある兄弟姉妹の介護などを担う「きょうだいケアラー」について考える講座が4日、高岡市で開かれました。  この講座は、高岡市で活動する男性介護者の会「みやび」が企画したものです。  妹をケアした経験から、障害のある家族を持つ兄弟姉妹が集い、本音を共有する活動をしている「静岡きょうだい会」代表の沖侑香里さんが基調講演し、「きょうだいケアラーは親への甘えづらさなど悩みをひとりで抱え込みやすく、成長と共に形を変えてそれは一生涯続くので、家族ぐるみで切れ目のない支援と見守りが大切」と指摘しました。  会場では当事者のほか、福祉や医療、教育関係者などおよそ40人が、話に耳を傾けました。

富山 2021.12.04 16:35

富山県産の花々で一足早いクリスマス

 富山市の県中央植物園で、シクラメンなど季節の花の展示やクリスマスリース作りなどを楽しめるイベントが開かれています。  近づくクリスマス。  県中央植物園では4日からフェアが始まりました。  園内には入善町産のポインセチアや、砺波市産のシクラメンでクリスマスをイメージした特別のディスプレイが設けられ、華やかな写真スポットになっています。  また、クリスマスにちなんだ体験コーナーもあって、このうち、フジづるやモミなど園内で採れた材料でクリスマスリースを作るコーナーには、朝から多くの人が訪れ、思い思いに装飾を施していました。  この他、物販コーナーでは県内農家のジャムや、ポインセチアなど花を購入することもできます。  県中央植物園のクリスマスフェアは、5日まで開かれています。

富山 2021.12.04 11:41

旬の農産物どうぞ「大歳の市」 小矢部

 小矢部市の道の駅で4日、地元の特産品や旬の農産物などを集めた「大歳の市」が開かれ、訪れた人が冬の味を買い求めています。  道の駅メルヘンおやべは毎年、暮れに向けて地元小矢部の特産品や冬の旬を楽しんでほしいと、この時期に「大歳の市」を開いています。  特設テントなど売り場には、郷土料理「ニシンの麹漬け」や、地元で採れた泥付きネギやハクサイなど冬の旬が並んでいます。  4日は10店舗が出店し、地元野菜を中心に生産者自ら手塩をかけた農産物や加工品を販売しています。  あいにくの雨の中、会場には朝から多くの人が訪れ、東京に住む友人への贈り物や鍋の食材にと、買い求めていました。  この催しは4日午後2時までです。

富山 2021.12.04 11:40

ワクチン未接種者のPCR検査など 県が無料化へ

 県は3日、健康上の理由などで新型コロナウイルスのワクチンを接種できない人が、PCR検査により感染していないことを証明するために、薬局などでのPCR検査を無料化する方針を示しました。  これは新田知事が3日、会見を開いて説明しました。  国が導入した新型コロナの「ワクチン・検査パッケージ」制度は、ワクチン接種やPCR検査による陰性の証明を示すことで行動制限を緩和するもので、感染拡大防止と社会経済活動の両立が狙いです。  これに合わせて県は、健康上の理由などでワクチン接種をしていない人を対象に、PCR検査などを無料で行う考えです。  感染が拡大傾向にあるときは、感染の不安を感じる県民も無料で検査を受けられるようにします。  検査規模は30万回を想定し、今月にも県内の市と町でそれぞれ1か所以上、検査を行う薬局などの確保を目指します。  また、制度による行動制限緩和の適用を望む飲食店の登録を進める方針で、県は事業費として23億3900万円を補正予算案に追加計上します。  そして県は、週明けの今月6日に、有識者との意見交換や新型コロナ対策本部の会議を開きます。  国が感染状況を評価する指標を見直したのを受けて、県の警戒レベルに応じた対応を定める、ロードマップの見直しについて検討するとみられます。

富山 2021.12.03 20:06

富山市婦中町で車2台衝突 女性1人が重体に

 3日午後、富山市婦中町の県道で車2台が衝突する事故があり、片方の車を運転していた68歳の女性が意識不明の重体となっています。  富山西警察署によりますと3日午後1時40分ごろ、富山市婦中町千里の県道を走っていた普通乗用車が、同じ車線で前を走っていた軽乗用車に衝突しました。  この事故で、普通乗用車を運転していた富山市大山北新町の無職 山口純子さん(68)が意識不明の重体となっています。  軽乗用車を運転していた砺波市の46歳の女性は軽いけがをしました。  現場は片側1車線の道路で、警察は状況などから、2台が下り坂の直線道路を走っていて衝突し、ぶつかった衝撃で転倒したのではないかとみて、事故の原因などを調べています。

富山 2021.12.03 20:00

逮捕の男性教諭2人に免職・停職の懲戒処分

 県教育委員会は3日、ことし7月に窃盗などの疑いで逮捕された県立高校の男性教諭を免職に、またことし8月に盗撮の疑いで逮捕された南砺市の義務教育学校の男性教諭を停職にする懲戒処分を発表しました。  県教育委員会 教職員課 福島 潔課長 「このような事態が発生したことは教育に対する県民の皆様の信頼を大きく損なう誠に残念なことであり、深くおわび申し上げます。」  懲戒免職となったのは、高岡工芸高校の54歳の男性教諭です。  ことし7月、氷見市の商業施設で培養土を盗んだ疑いで現行犯逮捕され、その後、去年12月に車のタイヤをパンクさせた疑いでも再逮捕されました。  さらに県教委の聞き取りで、去年12月に商業施設でファンヒーターを精算せずに持ち去った事案も分かったということです。  教諭は行為を認めていて、示談が成立しています。  検察はこの教諭を不起訴としていて、理由は明らかにしていません。  一方、停職6か月の処分となったのは、義務教育学校の南砺つばき学舎に勤務する41歳の男性教諭です。  ことし8月、砺波市のコンビニエンスストアで女性のスカートの中を盗撮した疑いで現行犯逮捕されました。  この教諭は罰金30万円の略式命令を受けています。  そして3日付けで依願退職しました。

富山 2021.12.03 19:44

石川県の専門委 志賀原発そばの福浦断層を調査

 北陸電力が再稼働を目指す志賀原子力発電所2号機について、石川県の専門委員会は3日、原発の敷地の外にある福浦断層の現地調査を行いました。  石川県の原子力安全専門委員会の現地調査は、先月行われた国の原子力規制委員会の現地調査を受けて、県の立場からも検証するためで、原発の敷地内を調べた2日に続いて、3日は敷地の外にある福浦断層を調べました。  この断層は志賀原発の最も近くにあり、北陸電力が活断層だと認めていて、地震が起こった際の耐震設計の目安となる揺れを策定するうえで重要な断層です。  地層の変形や断層の長さなど北陸電力の評価を現地で確認した委員会の片岡 勲委員長は「科学的な進展ということは非常に素晴らしいと印象深く思いました。私どものスタンスは、石川県、地元志賀町の皆さんの安心安全と、それを確保するという視点に立って原子力規制委員会での審査結果を確認すること」などと話しました。  石川県の専門委員会は今後、国の原子力規制委員会の審査結果を受けて安全性などについて協議したいとしています。

富山 2021.12.03 19:42

来年の富山県産米の生産目標 2年連続減

 富山県産米の来年の生産目標は、ことしより2%減の17万2000トン余りとなりました。  生産目標は、JAや県などでつくる県農業再生協議会が3日、決定しました。  国は来年のコメの生産量の目安を3%減としています。  協議会では県産米の全国シェアなどを考慮し、ことしより2%減の17万2125トンとしました。  国は、以前行っていた生産調整、いわゆる減反政策を3年前に廃止して、生産目標を各都道府県の判断に委ねています。  県は、ことしは初めて3%の減産としていて、これで2年連続の減産となります。  新型コロナの影響で業務用のコメの需要が低下したことなどが要因です。  JA富山中央会の伊藤孝邦会長は「農家の意欲がなくならないよう必要な支援を行いたい」とコメントしています。

富山 2021.12.03 19:22

冬晴れ ハクチョウ朝日を浴びて

 3日の富山県内は午前中を中心に青空が広がり、朝は冷え込みました。富山市婦中町の田んぼでは、飛来しているハクチョウたちが朝日を浴びて、羽を休めていました。  高気圧に覆われた影響で3日の県内は広い範囲で晴れました。  富山市婦中町下吉川の田んぼは、ハクチョウの飛来地の一つです。  ハクチョウたちは朝日を浴びながら、餌をついばんだり丸くなって羽を休めたり。  静かな田園地帯にハクチョウの鳴き声が響きわたっていました。  3日朝の最低気温は上市町東種で-1.9度、砺波市で0.4度、富山市八尾町で0.7度など、12月中旬から下旬の寒さとなりました。  天気は下り坂で、今夜から4日にかけては雨が降るところがある見込みです。

富山 2021.12.03 19:20

災害時の車両提供で富山県と協定 北陸マツダ

 災害時に役立ててもらおうと北陸マツダは3日に県と、オフロードに強いクリーンディーゼル車を提供する協定を結びました。  災害時に県に無償貸与されるのは、マツダの4輪駆動車2台です。  軽油で走行するディーゼル車は、ガソリン車に比べて災害発生時に燃料不足となる可能性が低く、運搬や保管が容易なうえ、トラックや発電機なども軽油を燃料とするものが多く、融通し合うことができます。  県の利川危機管理局長は、「いつ災害が起こるか分からない。心強い支援だ」と感謝しました。

富山 2021.12.03 19:19

4日スタート 人権週間をPR

 4日から始まる人権週間を前に、富山地方法務局や県人権擁護委員連合会などの関係者が北日本放送を訪れ、県内の相談の現状などを説明しました。  ことしは新型コロナの感染者や医療従事者への、ひぼう中傷などに関する相談は減ったものの、小学生から高齢者までの幅広い年代から、いじめや職場でのハラスメントに関する相談が多いということです。  みんなの人権110番 0570-003-110など、電話での相談窓口もあり、関係者は、悩みがあればまずは相談してほしいと呼びかけています。  「人権週間」は今月10日までです。

富山 2021.12.03 19:11

富山県内は青空 午後から天気は下り坂

 県内は青空が広がっています。ただ天気は下り坂で、夕方から雨となる見込みです。  高気圧に覆われた影響で、3日の県内は広い範囲で晴れました。  富山市婦中町下吉川の田んぼはハクチョウの飛来地の一つです。  鳥たちは餌をついばんだり丸くなって羽を休めたり。  静かな朝の田園地帯にはハクチョウの鳴き声が響きわたっていました。  3日の最低気温は上市町東種で氷点下1.9度、砺波市で0.4度、富山市八尾で0.7度など、12月中旬から下旬の寒さとなりました。  このあと天気は下り坂で、午後からは雲が多くなり、夕方には雨が降り出すところがある見込みです。

富山 2021.12.03 12:11

出来は上々 富山干柿出荷始まる 南砺市

 南砺市では、特産の富山干柿の出荷が始まりました。  南砺市高宮の富山干柿の集出荷場では、生産者が持ち込んだ干し柿が大きさごとに包装され、箱詰めされていました。  富山干柿出荷組合連合会によりますと、ことしは霜の被害などで県外産地の生産量が落ち込むなか、出来良く仕上がった富山干柿に注目が集まっているということです。  富山干柿出荷組合連合会 藤井敏一会長 「非常に濃厚な甘みを味わっていただけるということで、喜んでいただいています。」  福光・城端地域の生産者は160軒で、数は高齢化などを背景に減っているということです。  富山干柿は歳暮など贈答品として、また台湾でも人気が出ています。  出荷作業は今月中旬にピークを迎え、年末まで続きます。

富山 2021.12.03 12:11

師走の国道8号 多重追突事故の瞬間

 スピードを落とさずに停車中の車に追突する交通事故の瞬間が、ドライブレコーダーに映っていました。2日午後、富山市の国道8号線で車5台が絡む多重事故がありました。この事故によりあわせて5人がけがをしましたが、いずれも命に別状はありませんでした。  KNBの記者が取材帰りに信号待ちをしています。画面右側の右折レーンで事故は起きました。  中央分離帯をこするようなガリガリという音とともに、乗用車がスピードを落とす様子なく前の車に衝突しました。  ぶつけられた車は、さらに前の車にぶつかり、次々と交差点付近まで押し出されていく様子がわかります。  富山市消防局などによりますと、2日午後2時30分ごろ、富山市八町の国道8号線の交差点で、車5台が絡む多重追突事故が起きました。  このうち5人がけがをして病院に搬送されました。  5人はいずれも命に別状はないとみられます。  またこの事故の影響で国道8号線は一車線の通行となり、滑川・魚津方向は渋滞しました。  県警察本部は今回の事故とは無関係としたうえで「12月は気ぜわしくなる時期で心にゆとりをもって慎重な運転を心がけてほしい」としています。  これからの時期は暗い時間帯が多くなり、路面状況も悪くなってきます。運転には十分気を付けてください。

富山 2021.12.02 18:57

新型コロナワクチン 高岡で3回目接種開始

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が国内でも見つかる中、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が2日、県内の医療従事者を対象に始まりました。  KNB岡田亮平記者 「こちらの病院では、県内で最も早く3回目のワクチン接種が始まりました。」  高岡市の高岡ふしき病院では午後1時半から医療従事者42人が3回目のワクチン接種を受けました。  3回目接種は2回目の接種から8か月が経過した人を対象に、今月から県内の各市町村で医療従事者から順次始まり、年明け以降に65歳以上の高齢者などにも広がります。  接種を受けた臨床検査技師  「3回目打つことによって抗体が上がっていくということは、自分としては安心感はあると思います。ただ油断してはいけないという気持ちもあります」  接種を受けた看護師  「多数の方に接すると思うんですけれども、自分たちも防御した感じで業務に当たれて安心だなと感じています」  高岡ふしき病院 高嶋修太郎院長  「県内でも当院が最初の3回目の接種だと思いますけれども、第6波がきたとしても重症化しないとか亡くなる方が少ないとか、になるようにだとかそのためのワクチン接種だと受け止めております」  高岡ふしき病院では今月、合わせて240人余りの医療従事者が 3回目の接種を受ける予定です。

富山 2021.12.02 18:53

石川県の原子力安全委 志賀原発を現地調査

 先月、国の原子力規制委員会が志賀原子力発電所の現地調査を行ったことを受け、2日から石川県の専門委員会が原発敷地内の断層の現地調査に入りました。  志賀原発を訪れたのは、外部の有識者でつくる石川県の原子力安全専門委員会です。  北陸電力が再稼働をめざす志賀原発2号機については先月、国の原子力規制委員会が新規制基準審査における初めての現地調査に入り、敷地内外にある断層の活動性の有無などを調べました。  これを受け、石川県も活断層ではないとする北陸電力の評価が妥当かどうかを見極めるため、現地調査に入りました。  テレビ金沢 松原尚也記者  「調査は国と同じく、1号機の原子炉直下を通るS1断層から始まりました。委員たちが断層の上の地層にズレがないかなど、活動性を確認しています」  基本的には国の調査と同じ行程で行われ、2日は断層を覆う地層のズレや変形を確かめたほか、ボーリング調査で削り取った鉱物から活動性を調べる方法を取り入れ、顕微鏡などで観察しながら変形の有無を確かめていきました。  調査は3日も行われ、周辺の福浦断層を調べる予定です。

富山 2021.12.02 18:51

集合住宅に水素エネ供給システム 初導入へ

 YKKグループは2日、黒部市で整備を進めているパッシブタウンの第5期街区について、国内初となる水素エネルギー供給システムを実装した木造の集合住宅を建設すると発表しました。  これはYKK不動産の吉田忠裕会長らが出席した会見で明らかにしました。  パッシブタウンは、YKK不動産が黒部市で取り組む風や地下水、太陽光などの自然エネルギーを最大限に生かした持続可能なまちづくりを目指すものです。  第5期街区では、これまでの進めてきた省エネ、創エネのノウハウをベースに「蓄エネ」を加えました。  春から秋にかけて太陽光発電の余った電力を水素に変換して蓄え、冬場の電力供給に利用する水素エネルギー供給システム「Power to Gas」を、日本で初めて集合住宅に実装します。  集合住宅は、県産材を使った一部鉄筋コンクリート造り鉄骨造りの木造で4棟、あわせて90戸を整備する計画です。  こうした木造中高層建築は北陸で初めだということです。  YKK不動産 吉田忠裕会長  「大変大きなテーマなんで、とても大きい挑戦ができるんじゃないかと思うと、非常にうれしい限りでございます」  パッシブタウンはこれまで117戸の集合住宅が整備されていて、第4期街区に現在、木造の保育園が建設途中です。  第5期街区はパッシブタウンの集大成となる最終街区と位置づけていて、総事業費はおよそ50億円を見積もり、2025年3月に完成する予定です。

富山 2021.12.02 18:50

平年より1日早く 富山市で初雪観測

 本格的な冬の到来です。2日の県内は各地で冷え込み、富山地方気象台は富山市で初雪を観測したと発表しました。平年より1日、去年より12日早い観測です。  こちらは2日朝の砺波市内。民家の屋根にはうっすらと雪が積もっています。庭先や車の窓も、水を含んだ重たい雪で控えめな雪化粧です。  富山地方気象台は気象台のある富山市で、2日午前3時前に初雪を観測したと発表しました。平年より1日、去年より12日早い観測です。  2日朝の最低気温は朝日町で1.2度、富山市八尾で1.3度、氷見市で2.0度など、各地で冷え込みました。  富山市の五福公園ではサザンカが咲き、冬の訪れを告げています。11月下旬から12月の上旬にかけての長雨は、「山茶花梅雨」と呼ばれますが、2日の県内は青空の見える天気となった一方、日中の最高気温は10度を下回るところが多く、冬らしい一日となりました。  3日は、午前中は晴れますが、夕方からは雨が降る見込みです。

富山 2021.12.02 18:50

品質に自信 地元産ワイン瓶詰め 南砺市

 南砺市のワイナリーで収穫されたブドウで仕込まれたワインが2日、瓶詰めされました。  南砺市立野原のトレボーで瓶詰めされたのは、9月初めに仕込まれた赤ワインと白ワインあわせておよそ2100本。赤ワインは立野原でとれたブドウで今回初めて仕込まれたということです。  「トレボー」とは、フランス語で「大変美しい」という意味。ワインに人生をかけ、このワイナリーを作った中山安治さん(71)は、去年より品質がぐんとレベルアップしたと自信をみせます。  中山安治さん  「良いブドウだけを残す、そういう作業を徹底してやりました。ちょっと感動してます。はい、うれしいな」  立野原で収穫されたブドウは風や病気の影響で2.7トンと、計画の4割だったということです。  瓶詰めされたワインのうち、300から500本が来年6月に販売される予定です。

富山 2021.12.02 18:49

八村選手 練習後にベンチで観戦 米NBA

 NBAワシントン・ウィザーズで奥田中学校出身の八村塁選手が2日、今シーズン初めて試合会場に姿を見せ、ベンチで観戦しました。復帰へ一歩前進です。  世界最高峰のプロバスケットボールNBA。  日本時間の2日行われたウィザーズの試合で、今シーズン初めて会場に姿を見せた八村選手。個人的な事情でチームへの合流が遅れ、開幕から欠場が続いていますが、2日は登録外のままベンチで試合観戦し、チームメイトと談笑するなどしていました。  午前中に行われたチーム練習では順調にメニューをこなし、実戦形式の個人練習にも取り組んだという八村選手、復帰へ向け前進しています。

富山 2021.12.02 18:48

全国高校サッカー選手権へ抱負 富山第一

 第100回全国高校サッカー選手権大会に出場する富山第一高校の選手らが大会への意気込みを語りました。  富山第一高校サッカー部の渡邊快誠キャプテンら選手と大塚一朗監督あわせて4人が、大会に向けて2日、北日本放送を訪れました。  選手権県大会では5試合を33得点、1失点で勝ち上がり、7年連続32回目の全国選手権出場を決めました。  富山第一高校サッカー部 渡邊快誠キャプテン  「最後の国立の姿を見て入学を決めたので、必ず日本一になりたいと思っています」  2日は、激励を込めて大会の協賛社の明治からプロテインが、テイジンからはサッカーボールとボールバッグが贈られました。  富山第一は今月31日の大みそか、初戦の2回戦で宮崎県代表の 宮崎日本大学高校と対戦します。  KNBテレビでは午後2時5分から放送します。

富山 2021.12.02 18:47

男子バド保木・小林ペア 次世代ねらう

 東京オリンピックに出場したトナミ運輸バドミントン部の次世代ペアが魅せました。ワールドツアー年間王者を決める大会で男子ダブルスの保木卓朗選手、小林優吾選手のペアが、初戦を白星で飾りました。  1日行われたワールドツアーファイナル1次リーグに登場したのは、世界ランキング6位の保木卓朗、小林優吾の「ホキコバペア」。  3年後のパリオリンピックを狙うトナミ運輸の「ホキコバペア」は、息の合ったプレーを見せます。  保木の強打に最後は小林。攻め続ける2人のペースで試合が進みます。  しかしハプニングが・・  解説者  「小林選手のガットが切れましたね。これを取りました。この1本大きいですね」  この時に小林のラケットのガットが切れてしまうハプニングも、 すぐにラケットを交換。抜群のコンビネーションで得点した「ホキコバペア」は、初戦をストレートで勝利。次世代のエースが躍動しています。

富山 2021.12.02 18:46

パートナーシップ制度導入を検討へ 富山県

 同性カップルなどを公的な関係と認めるパートナーシップ制度について、県は制度の導入に向け検討を進める意向を示しました。  これは、県議会一般質問で自民党議員会の種部恭子議員の質問に対し、横田副知事が答えました。  日本での同性婚は法律で認められておらず、同性同士のカップルは夫婦のように一緒に暮らしても法的に配偶者と認められないため、婚姻によって受けられる社会保障や税制上の優遇を受けることはできません。  県によりますと、同性カップルなどを自治体が公的な関係と認め、証明書などを交付するパートナーシップ制度は、全国では130の自治体が導入していますが、県内市町村ではないということです。  横田副知事は「誰もが互いの多様性を認め合い、安心して生活し、活躍できる社会の実現を目指す」として、関係団体などの意見を聞いて制度の導入に向けた検討を進めると述べました。

富山 2021.12.02 18:45

富山で初雪 平年より1日早く

 富山地方気象台は2日未明、富山で初雪を観測したと発表しました。  こちらは2日朝の砺波市内、民家の屋根にはうっすらと雪が積もっています。  富山地方気象台は気象台のある富山市で2日午前3時前に初雪を観測したと発表しました。平年より1日、去年より12日早い観測です。  2日朝の最低気温は朝日町で1.2度、富山市八尾で1.3度など各地で冷え込みました。  富山市の五福公園ではサザンカが咲き、冬の訪れを告げています。  この時期の長雨は「山茶花梅雨」と呼ばれますが、県内の天気は次第に回復する見込みです。  日中は気温が10度前後までしかあがらず、日差しは出ますが寒い一日となりそうです。

富山 2021.12.02 11:58

ダメです!ATMでの携帯電話 富山県警

 ATMの前で電話させながら現金をだまし取る詐欺被害が増えていることから、県警察本部などは2日からポスターで注意を呼びかけます。  車両通行止めの道路標識の中央にはスマートフォン。  携帯電話使用禁止の文字が目を引きます。  このポスターは、特殊詐欺事件で被害者を電話で誘導しATMを操作させて現金をだまし取るケースが増えていることから、県警と県金融機関防犯協会が新たに作りました。  富山市の北陸銀行清水町支店では2日、運用開始式が行われ、銀行にポスターが渡されました。  今回ポスターは1800枚作り防犯協会加盟の720店舗や県内コンビニエンスストアに張り出します。

富山 2021.12.02 11:58

女子トイレ侵入の疑い 富山市職員の男逮捕

 富山市の職員を逮捕です。24歳の男性職員が30日夕方、市役所の女子トイレに盗撮目的で侵入した疑いで警察に逮捕されました。  複数の関係者によりますと、建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、富山市の資産税課職員で富山市寺町に住む堀川義人容疑者(24)です。  堀川容疑者は30日午後5時20分ごろ、盗撮する目的で富山市役所西館2階の女子トイレに侵入した疑いが持たれています。  30日午後6時30分ごろ、富山市から「女子トイレにスマートフォンがあって盗撮とみられる形跡がある」と110番通報があり、駆けつけた警察が捜査して堀川容疑者を逮捕しました。  堀川容疑者は「スマートフォンのカメラで盗撮するため女子トイレに入ったことに間違いない」と容疑を認めているということです。  市の職員が逮捕されたことについて藤井市長は。  藤井富山市長  「市民および関係の皆さんに、多大な心配ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。事実であることが確認できれば厳正に対処する」  堀川容疑者は、30日は通常通り勤務していたということです。  警察は動機や余罪の有無などを調べています。

富山 2021.12.01 19:02

アルペンルートもトロッコも客足回復道半ば

 立山黒部アルペンルートと黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は先月30日で、ことしの営業を終えました。観光客の数は去年よりは増えましたが、コロナ禍以前の半分に達せず厳しい状況が続いています。  立山黒部アルペンルートのことしの観光客数は、30万4000人で、去年より7万4000人増えましたが、新型コロナ感染拡大前のおととしと比べると34%にとどまりました。  運営する立山黒部貫光は、人の流れを抑える対策が続いたことや、海外からの客の停止が長期化していることなどが影響したとしています。  一方で、修学旅行先として訪れた県内の学校からの団体客は増えたということです。  黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は、利用客数は27万3000人余りで、去年より1万8000人ほど増えました。  しかし、おととしに比べると42%にとどまり、1971年の開業以来、最も少なかった去年に次ぐ少なさとなりました。  黒部峡谷鉄道は、新たな取り組みとしてオフシーズンの来年1月に5日間限定で運行を行います。

富山 2021.12.01 19:01

県内ガソリン価格 5週値下がりも高値続く

 県内のレギュラーガソリンの先月29日時点の平均価格は、1リットルあたり168.8円で、5週連続で値下がりしましたが、高値の水準が続いています。  これは、経済産業省が1日発表したものです。  先月29日時点の県内のレギュラーガソリンの平均価格は、1リットルあたり168.8円で、先週から0.2円下がりました。5週連続の値下がりですが、高値の水準が続いています。  全国では3週連続の値下がりです。  県内の灯油は、店頭価格の平均が18リットルあたり1949円で6円下がり、配達価格は2080円で7円下がりました。  調査している石油情報センターは、「今週は、ヨーロッパでのコロナ感染再拡大と各国の石油備蓄放出を受けて値下がりした。来週は、オミクロン株の感染拡大懸念から経済回復の遅れを警戒し、さらに値下がりするだろう」と予想しています。

富山 2021.12.01 19:01

2回目接種の8か月経過後に3回目 富山市

 新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、富山市は1日、今後の対応を発表しました。原則として、2回目接種から8か月が経過したタイミングで接種を行うとしています。  これは富山市の藤井市長が定例会見で説明しました。  富山市内での3回目接種は、従来の接種と同様にかかりつけ医などでの個別接種を基本とし、集団接種会場も設ける予定です。  接種のタイミングは国の方針に準じて、2回目の接種から8か月経過で接種が受けられるように接種券を送付します。  1回目の接種では、高齢者や基礎疾患のある人、そして高齢者施設の職員などを優先しましたが、3回目接種では、前回接種した日が基準です。  富山市は、今月からの接種に向けて、まずはことし3月と4月に2回目の接種を行った医療従事者およそ4000人に先月、接種券を送りました。  医療従事者以外は、早い人は来年1月からの見込みで、来年9月末までに接種を終えたいとしています。

富山 2021.12.01 19:00

富山市議会12月定例会 開会

 富山市議会の12月定例会が1日開会し、市は、新型コロナワクチンの3回目接種の費用などを盛り込んだ補正予算案を提出しました。  富山市の12月補正予算案は、一般会計で38億3200万円余りです。  このうち、新型コロナワクチンの3回目接種のための費用に16億円余りを計上しています。  藤井市長は提案理由説明で、就任後初の骨格予算となる来年度の予算編成について、「選挙時に掲げた、スマートシティーなど公約実現への取り組みを本格化させたい」と述べました。  今回の補正予算で、公約に関連するものとして、八尾地域と細入地域の行政サービスセンターを防災機能を強化した複合施設へ移転・改修する事業に合わせて6億7800万円を計上しています。  富山市議会の12月定例会は、今月21日までの21日間です。

富山 2021.12.01 19:00

富山県で新たな感染者確認なし 新型コロナ

 県内で1日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。  新規感染者が確認されなかったのは、これで4日連続です。  県内の累計の感染者数は4868人のままで、入院している人もいません。  また先月28日現在で県内の新型コロナワクチンの接種対象となっている12歳以上の人のうち、2回目の接種を終えた人の割合は88.7%となっています。

富山 2021.12.01 18:59

黒部市長選 来年4月10日告示 17日投票

 任期満了に伴う黒部市長選挙の日程が、来年4月10日告示、17日投票と決まりました。  これは、黒部市選挙管理委員会が1日に決めました。  黒部市長の任期は、来年4月22日に満了することから市長選の日程を4月10日告示、17日投票としました。  黒部市長選をめぐっては、11月30日に黒部市議会の小柳勇人議員が立候補に向けて準備を進めているとしました。  一方、現職の大野久芳市長は、12月市議会で対応を表明するとしています。  また、去年7月の山田丈二市議の死去に伴う市議会議員補欠選挙も同じ日程で行われます。

富山 2021.12.01 18:58

庄川のサケ やな漁に代わる手法を模索

 庄川では、秋に遡上するサケを川に設けた仕掛けで捕まえる「やな漁」が行われてきましたが、漁業者の高齢化などで仕掛け作りが難しくなり、去年を最後に中止になりました。ことしのサケのシーズン、関係者は、やな漁に代わる新たな手法の模索を始めました。  県西部を流れ富山湾に注ぐ庄川では、1か月ほど前から、サケを竿釣りする人の姿がみられています。  漁業者以外のサケの捕獲は法律で禁止されていますが、この釣り人はいずれも、地元の漁協が集めた調査員です。これまでに遡上するサケを400匹以上釣り上げました。  庄川でのサケ漁は30年ほど前から、すのこ状の仕掛けを川を横切るように設置して遡上してきたサケを1か所に追い込む「やな漁」が行われてきました。やな漁は、毎年10月から12月にかけて行われ、地元の風物詩として親しまれてきましたが、漁業者の高齢化や台風や増水による仕掛けの修繕費用の負担などから、去年を最後に中止となりました。  去年、庄川で獲れたサケはおよそ1万匹で、庄川沿岸漁連ではサケの資源保護事業として原則全て卵を採取して人工ふ化し、稚魚の放流を行っています。  このままでは今後の漁獲量への影響が懸念されるため、漁連はやな漁に代わり竿釣りを採用する場合の事前調査をこの秋始めました。  庄川沿岸漁業協同組合連合会 髙木秀一主査  「来年度以降に向けて捕獲尾数の多くなるように捕獲手法の確立であったり、庄川のサケを利用して地域の活性化に繋がるような取り組みをしていきたい」  全国の一部河川では、サケの捕獲が資源調査の名目で有料で許可されていて、愛好家の間で人気があります。  漁連などでつくる調査委員会は来年度以降、800人以上の参加と1000匹の漁獲を目標として検討を進めています。

富山 2021.12.01 18:56

富山県 重度訪問介護サービスを知って

 重い障害がある人たちが施設ではなく、地域で暮らすために24時間利用ができる重度訪問介護サービスがあります。実際に利用する人たちがこのサービスをもっと広く知ってほしいと、このほどリーフレットを作りました。そこにある思いとは。  先月、富山市役所を訪ねた車いすの3人。富山市のNPO法人文福で障害者の自立をサポートするメンバーです。  NPO法人文福 日下正秀さん  「利用してもらえたら、今、社会問題化されているヤングケアラーの問題を解決する一つの方法になる事だと思います」  そういって手渡したのは、3人も活用している「重度訪問介護サービス」についてまとめたリーフレット。  この介護サービスは、重い障害がある人に対し、食事や着替え、トイレや入浴など日常生活で必要な介助をするほか、買い物などの外出もサポートします。  身動きが自由にできない障害者の「見守り」を含め、24時間利用できるサービスで、施設ではなく地域で暮らしていこうと考える障害者にとって大きな支えです。県内では(ことし4月現在)22人が利用していますが、障害者、そして福祉事業所でも、この制度がまだまだ知られていないといいます。  さらに、長引くコロナ禍は障害者にも大きな影響を与えています。  病気などで入院した場合、これまではヘルパーが病室に入ることができましたが、感染拡大防止のため介助を断られるケースが増えたといいます。  NPO法人文福 副理事長 福田文恵さん  「病院に介護に入るときは、防護服とか着用してもいいです、という事は言ったことはあるんですけど、それもだめだと言われたので。入院するには困っています」  入院をためらい、病状が悪化してしまった障害者もいました。  今後の第6波を想定すると不安は続きます。  今回、リーフレットを作ったメンバーたちには、重度訪問介護サービスという制度をもっと利用してもらいたいという願いに加えて、コロナ禍で障害者が置かれている現状を知ってほしいという思いがあります。  NPO法人文福 日下正秀さん  「障害者の家族にとってもいい制度なので、社会の一員として生活していけることをやっていくためには、こういう制度が必要だとそう思っていますので」  文福は、このリーフレットを市内の福祉事業所などにも配布する予定です。  12月3日から9日までは「障害者週間」です。誰もが暮らしやすい地域のために何が必要か、改めて考える機会になればと思います。

富山 2021.12.01 18:56

舟橋村官製談合 建設会社元役員に有罪判決

 舟橋村発注の道路工事などを巡り村の元幹部職員から予定価格を聞き出したとされる富山市の業者の男の裁判で、富山地方裁判所は1日、被告の男に対し、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。  判決を受けたのは、富山市の建設会社元役員の千澤満被告(68)です。  判決によりますと、千澤被告は2018年から去年までに舟橋村発注の4件の公共工事について3回にわたって村の元幹部職員から公表されていない予定価格や、それに近い金額を聞き出し落札したとされています。  1日の裁判で細野高広裁判官は「公の入札制度をないがしろにした悪質な犯行で、動機に酌むべき事情はない」と指摘した一方で、「土木部長の職を解かれ、二度と入札に関わらない」とし、反省の態度を示していることから、検察側の1年6か月の求刑に対し懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。  千澤被告は裁判後「控訴するつもりはない」と話しました。

富山 2021.12.01 18:56

伏木海陸運送 同級生バッテリーの挑戦

 社会人野球の日本一を決める都市対抗野球大会。2年連続6回目の出場となる高岡市の伏木海陸運送は2日、初戦を迎えます。過去5回はいずれも初戦敗退。悲願の初勝利へ、カギを握るのは同級生のバッテリーです。  北信越地区最終予選で初の連覇を達成し、2年連続6回目の都市対抗野球出場を決めた高岡市の伏木海陸運送硬式野球部。2日、東京ドームでの初戦で悲願の初勝利を目指します。  大野凌キャプテン  「みなさんも望んでいると思うので、何とかか全員で東京ドーム初勝利したいと思います」  勝利へのカギを握るのは入社1年目、30歳のルーキー西納敦史投手と、入社9年目・同じく30歳の田中翔捕手の同級生バッテリーです。  西納敦史投手  「ほとんど首振ることなく、リードの面では基本的には田中に任せるようにしています」  田中翔捕手  「まあ、困ったときの西納っていうか、チームにとってはすごい今欠かせない存在だと思っています」  石川県出身の西納投手は、富山大学野球部を経て強豪・三菱重工名古屋に所属。1年目から8年連続で都市対抗出場。2018年には日本選手権で優勝するなど、社会人野球を代表するサイドスロー投手として活躍してきました。  一方、田中選手は高岡商業高校から高岡法科大学を経て伏木海陸運送に所属。甲子園や大学選手権なども経験した富山一筋のプレーヤーです。  この同級生バッテリー、実は大学時代、同じ北陸大学野球リーグで戦ったライバルでした。富山大学時代の西納投手について田中選手は。  田中翔捕手  「変化球も良くてなかなか打てるピッチャーじゃないなっていう 印象はありました」  西納投手にとっても田中選手は大きな存在でした。  西納敦史投手  「富山に戻ってきたっていうのは、まぁ間違いなく田中がいたっていうのも要素のひとつではありますし、そういう意味ではやっぱり大学のときから意識した存在であるかなって思います」  大学時代のライバルが、8年の時を経て同じユニフォームで目指したのが東京ドームです。  代表決定戦となった北信越地区決勝。先発した西納投手は、相手打線を無失点に抑えます。その好投にこたえたのが田中選手でした。この試合唯一の得点となるスリーランホームランを放ちます。3対0の完封勝利!大学時代、富山の地で戦ったライバルが力を合わせてつかみ取った全国大会出場でした。  伏木海陸は、過去5回の出場はいずれも初戦敗退。2日の初戦の相手は、7月の日本選手権の覇者、大阪ガスです。  西納敦史投手  「ピッチャー陣全体、チーム全体で戦っていきたい」  田中翔捕手  「社会人野球知っているほとんどの人が、大阪ガス勝つって思っているでしょうけど、何とかそこに一泡吹かせられるように、意地を見せられるように、一人一人が全力で相手に向かっていきたいと思います」  補強選手を含め部員33人全員で、悲願の東京ドーム初勝利を目指します。

富山 2021.12.01 18:55

交通遺児を励ます募金を寄付 品川グループ

 交通事故で親を亡くした子どもたちへのクリスマスプレゼントにと、自動車販売などを手がける品川グループが1日、募金活動で集めたお金を県善意銀行に寄付しました。  このお金は、品川グループ6社が県内の事業所55か所に募金箱を置き従業員や顧客から寄せられた善意や、チャリティバザーの売り上げ金です。  贈呈式で品川祐一郎社長は現金72万84円を、県善意銀行の河合隆理事長に手渡しました。  この活動は社員の呼びかけで始まり、44年続いています。  託された善意は1人あたり3万円分のギフト券にして、県内の高校3年生までの交通遺児24人に贈るということです。

富山 2021.12.01 18:55

「トヤマズカン」で富山を知って

 県外に住む若者に向けて富山の仕事や暮らしを紹介するウェブサイトが設けられました。富山市の製薬会社が新規事業の一環として作りました。  こちらが就職・転職紹介サイト「トヤマズカン」です。  県内企業の従業員のインタビューを交えた求人情報のほか、富山の食や風景など暮らしの情報も掲載されています。  サイトを運営するのは美容や健康の体験型施設「ヘルジアン・ウッド」など新規事業に取り組んでいる富山市の製薬会社、前田薬品工業です。  サイトの開設には、人口流出が進む地方都市にUターンなどを呼び込もうと取り組んでいる山形県の街づくり会社「ヤマガタデザイン」が提供するサービスを活用しました。  前田薬品工業 前田大介社長  「実は富山はクリエイティブでわくわくする企業がいっぱいあるじゃないか、暮らしぶりも面白いじゃないかと思ってもらって、行き来が増えるような富山県になっていければ」  現在、2社の求人情報が掲載されていて、順次拡大していく予定です。

富山 2021.12.01 18:55

女子トイレ侵入の疑い 富山市職員の男逮捕

 先月30日夕方、富山市役所の女子トイレに盗撮しようと侵入したとして、24歳の富山市職員の男が建造物侵入の疑いで警察に逮捕されました。  複数の関係者によりますと、逮捕されたのは、富山市寺町の富山市職員、堀川義人容疑者(24)です。  富山中央警察署によりますと、堀川容疑者は30日午後5時20分ごろ、盗撮目的で富山市役所西館の2階の女子トイレに侵入した疑いが持たれています。  30日午後6時30分ごろ、富山市から「女子トイレにスマートフォンがあって、盗撮とみられる形跡がある」と110番通報があり、駆けつけた警察が捜査して逮捕しました。  堀川容疑者は、「スマートフォンのカメラで盗撮するため、女子トイレに入ったことに間違いない」と容疑を認めているということです。  警察が動機や余罪の有無などを調べています。

富山 2021.12.01 11:55

県東部震源の地震2回 富山市などで震度1

 1日、未明と朝に2回、県東部を震源とする地震がありました。未明の地震では県内で震度1を観測しました。  1日午前3時21分の地震は富山・岐阜・長野の県境の山岳地帯が震源で、震源の深さはおよそ10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは3.3と推定されます。  この地震で富山市、上市町、南砺市で震度1を観測しました。  また午前7時48分にも同じ場所を震源とする地震があり、岐阜県高山市で震度1を観測しました。  県内の観測地点では震度1以上の揺れを観測した所はありませんでした。

富山 2021.12.01 11:55

オミクロン株国内初確認 県内専門家は

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が、国内で初めて確認されました。私たちはどんな点に気をつければよいのか。県内の専門家に聞きました。  県衛生研究所 大石和徳所長  「ワクチンの効果も弱める可能性があるかもしれないと、重症化についてはまだ情報がないので、そういったものについてはこれからおいおい分かってくるのかなと思いますけど、とにかく南アフリカ現地では、あのデルタ株を押しのけて流行が進んでるということですから、一定オミクロン株がデルタ株よりも感染性が高いのかもしれない。これまで通りの感染対策をしっかりしていただくということが大事なんだと思います」  県衛生研究所の大石和徳所長は、オミクロン株についてまだ十分な評価ができていないとしながらも「感染力の強さ」と「現在のワクチンが十分に効かない可能性」を指摘しました。  オミクロン株はWHO=世界保健機関が「懸念される変異株」に指定していて、イギリスではワクチン接種が進む一方で、複数人がオミクロン株に感染し、市中感染がおきている可能性も指摘されています。  オミクロン株は人の細胞にくっつく変異=スパイクタンパク質にこれまでで最も多いおよそ30か所もの変異があり、ワクチンの効き目が悪くなる可能性があるとされています。まだわからないことも多いウイルスだけに、これまでに継続してきた基本的な感染対策の徹底をしていきましょう。

富山 2021.11.30 18:41

富山県内 3日連続で新規感染者なし

 県内では30日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。  感染者が確認されなかったのはこれで3日連続です。県内の累計の感染者数は4868人のままで、入院中は1人です。  月別の感染者数をみると、今月は1日と27日に感染が確認され、あわせて2人でした。  これは、去年6月の0人に次いで、新型コロナウイルスが県内で確認されて以降、2番目に少なくなりました。

富山 2021.11.30 18:40

県特設会場 来年3月中旬以降再開へ

 新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種に向け富山県は、これまで県内2か所で実施してきた特設会場を来年3月中旬以降に再開する方向で検討していることを明らかにしました。  これは、新田知事が30日の県議会本会議で自民党議員会の宮本光明議員の代表質問に対し答えたものです。  国は、ワクチンの効果を持続させるため、2回目の接種をした18歳以上の希望する人を対象に、原則として8か月以上の間隔を置いて3回目の接種をする方針を示しています。  新田知事は、一般への接種を行う市町村への側面支援として、県内2か所で実施してきた県の特設会場を来年3月中旬以降に再開する方向で検討していると説明しました。  また新田知事はオミクロン株について触れ、「予断を許さない状況」として施設でのクラスター予防の観点から、県内ではまず医療従事者や福祉施設で働く人について円滑に接種できるよう体制づくりに努めると述べました。

富山 2021.11.30 18:40

黒部市長選 小柳勇人市議が立候補の意向

 任期満了に伴い来年春に行われる黒部市長選挙に、黒部市議会の小柳勇人市議会議員が立候補に向けて準備を進めていることが分かりました。一方、現職の大野市長は、来月の12月議会の中で進退を表明するとしています。  小柳勇人市議  「今現在、来年4月の市長選挙に向けて出馬の準備を進めています。12月については、きちんと議会活動をやろうと思っていますので、議会が終わり次第、また皆さんに正式に報告したいと思います」  小柳勇人市議は、このように述べて来年4月22日の任期満了に伴う黒部市長選挙に立候補する意向を示しました。年内に正式に表明する予定です。  小柳市議は43歳で旧宇奈月町を地盤とし、2006年の市議選で初当選し、現在4期目を務めています。  一方、現職の大野久芳市長(72)は、次の黒部市長選挙について。  大野市長  「12月議会の中で、どこかで、進退を述べさせてもらえればありがたいと」  小柳市議が立候補の準備を進めていることについては参考にするものではなく、自身の信念で決めたいと話しました。  大野市長  「自分自身の人生の中でどうすればいいかというふうに、(再選を推す)後援会の意向も受けて決めたいと思います」  来年春に予定されている黒部市長選挙の日程は、12月1日の選挙管理委員会で決まります。

富山 2021.11.30 18:37

知事選で新田知事 1億超の自己資金投入

 県内政治団体の去年1年間の政治資金収支報告書が30日、公表されました。知事選で現職を破って初当選した新田知事は1億2900万円余りの自己資金を支出していたことが分かりました。  新田知事の政治団体は、「新田はちろうを囲む会」、「富山イノベーション研究会」、「ワンチーム富山」の3つで、収入総額は1億4800万円余り、支出総額は1億4700万円余りでした。  収入総額の9割近い、1億2900万円余りが新田知事からの借入金となっていて去年10月の知事選に向けて自己資金で政治活動を行っていたことが分かります。  告示前に3000人を集めてコンサートのような総決起大会を開催。連名のポスターや、のぼり旗などを製作したほか、選挙戦終盤には、選挙費用に含めなくてよいビラを大量に印刷して新聞折り込みで配布するなど、これまで県内では見られなかった手法を駆使しました。  当時の選対幹部は、「資金のことを心配せず戦える選挙は初めてだった」と振り返っていました。  一方、石井前知事の関係団体は42あり、収入総額は9000万円余り、支出総額は8900万円余りで、新田知事よりそれぞれおよそ5800万円少ない金額でした。  収支報告した837団体の総額は、収入が前の年に比べ4.13%減の21億2400万円、支出が9.21%減の12億8100万円でした。減少の理由について県選挙管理委員会は、主な選挙が知事選しかなく、新型コロナの影響で集会などが開催できなかったことが考えられるとしています。

富山 2021.11.30 18:37

立憲民主党新代表決定 富山県内の反応は

 立憲民主党の代表選が30日、東京で行われ新しい代表が決まりました。富山県連や支援組織などの反応を取材しました。  代表選には4人が立候補し、上位2人による決選投票の結果、党政調会長の泉健太さん(47)が新しい代表に選ばれました。  結果を受けて立憲民主党県連の菅沢裕明代表代行は。  立憲民主党県連 菅沢裕明代表代行  「泉党首の下にしっかり結束をして党の政策の実現と、当面参議院選挙が控えておりますので、なんとしても与野党逆転を実現していくと」  来年夏の参院選について立憲民主党県連は、元社民党の山登志浩さんの擁立をすでに決めています。共産党との野党共闘の在り方については。  立憲民主党県連 菅沢裕明代表代行  「全国的な選挙協力の本部の方針や指導を頂きながらになりますからね。あわせて富山のそういう過去の積み重ねなんかも振り返りながら進めていきたいということですね」  一方、立憲民主党の最大の支持母体である連合富山の浜守秀樹会長は。  連合富山 浜守秀樹会長  「若い方なのでフレッシュな顔ぶれということで期待したい。党として他党と共闘せずに一本立ちできるような、党の立て直しを行っていただきたい。その上で、来年の参議院議員選挙を見据えて、連合傘下の加盟組織が一枚岩になれる組織運営を期待したい」  そして共産党県委員会の上田俊彦委員長は「衆院選での野党共闘は確実に効果があった。参議選でも引き続き候補の一本化が望ましい」とした上で「立憲の候補で決まりというわけでなく、話し合いの機会を持ちたい」とコメントしました。

富山 2021.11.30 18:33

富山県 電動キックボード活用へ実証実験

 富山県は、まちなかなどでの移動手段として期待が高まっている電動キックボードの活用策を探ろうと、射水市の太閤山ランドで試乗会を開きました。  試乗会には、県や各市町村の職員など、およそ30人が参加しました。  電動キックボードは、二酸化炭素を出さないほか、密を避ける移動手段としても世界各国で注目され、各地域で普及しています。  KNBがおととし取材したアメリカのワシントンD.C.では、まちなかの様々な場所で乗り降りできる交通手段として活用されていました。  日本国内では道路交通法上、原動機付自転車にあたるため、ヘルメットの着用や、ナンバープレートを付ける必要があり、車道を走行します。  操作は手元のアクセルとブレーキのみで簡単に乗ることができるのが特徴です。  大上裕之記者  「始めて乗りましたが、けっこう安定感があって乗りやすいですね。スピードも簡単に出るので、とても快適に移動できる」  運転免許やヘルメットについてのルールの緩和も検討されていて、県は、まちなかでの移動手段としての活用や、観光地、屋外施設での導入を視野に検討を進めるということです。  今回は、整備されたコースでの試乗でしたが、導入する際には路面の凹凸や、歩行者や自転車に対する安全性の検証も課題となります。  都市計画課 岩崎康博さん  「スムーズに乗れた。楽しいですね。道路を車と一緒に走るのはまだちょっと危ないのかなと思う」  国際課 新井那奈さん  「通勤とかレジャー施設で使えたらいいのではないかと思いました」  県は、利用した職員へアンケートを実施して、活用策を検討するほか、来月4日、5日には太閤山ランドで一般向けの試乗会も開く予定です。

富山 2021.11.30 18:32

ハンマーで3人殴った男 懲役15年求刑

 おととし6月、砺波市の温泉施設で利用客をハンマーで殴り殺害しようとした男の裁判員裁判で検察側は懲役15年を求刑しました。裁判は30日に結審しました。  殺人未遂の罪に問われているのは、富山市の住所不定、無職の松井健太郎被告(34)です。  起訴状によりますと松井被告は、おととし6月、砺波市の温泉施設で利用客3人の頭などを殺意をもって金属製のハンマーで殴ったとされています。  初公判で松井被告は黙秘していました。  30日の裁判で検察側は、被告は急所を思い切りハンマーで殴るなどし、殺意は認められるとしました。そのうえで、精神障害はなく責任能力はある、金を使い果たし自暴自棄になった末の身勝手な犯行、などと指摘し、懲役15年を求刑しました。  これに対し弁護側は、被告は過去の経験からストレス耐性が弱く、将来の不安から自己破壊衝動に駆られて、行動を制御できなかったとしました。  そのうえで犯行時は記憶があいまいで積極的な殺意はなかった、など主張し、懲役3年6か月以下の量刑を求めました。  判決は来月21日に言い渡される予定です。

富山 2021.11.30 18:31

富山県の有効求人倍率 3か月連続減少

 富山県内の先月・10月の有効求人倍率は1.39倍で3か月連続で前の月を下回りました。  富山労働局によりますと、先月、県内で仕事を探している人1人あたりの求人数を示す有効求人倍率は1.39倍で、前の月を0.05ポイント下回りました。  3か月連続で減少するのは、おととし8月以来です。  一方で、新規の求人数は、製造業や運輸・郵便業などで伸びていて、前の年の同じ月に比べて15.8パーセント増加しています。  富山労働局は雇用情勢について「求人が求職を上回って推移し、持ち直しの動きがみられる」という見解を示しています。

富山 2021.11.30 18:31

南砺市高瀬神社 初詣にむけ縁起物作り

 ことしも残すところ1か月余りとなり、南砺市内の神社では来年の初詣に向けた縁起物づくりが行われています。  南砺市の高瀬神社では、来年の干支「寅」をモチーフにしたお守りを中心におよそ200種類・20万点の縁起物を準備しました。  30日は、神職や巫女が穂宝守りにひとつひとつくじを取り付ける作業などを行いました。神社では来年の初詣も、玉ぐしは榊から御幣に変えて各自で持ち帰ってもらうなどの感染症対策をとります。  高瀬神社 藤井秀嗣宮司  「希望を持って新しい年を迎えるという気持ちで準備作業をしている」  神社では参拝者の混雑を避けるため、来年も元日から2月3日までを初もうでの期間として定めて対応します。

富山 2021.11.30 12:00

長野県小谷村 パウダースノーのスキー場へ

 本格的な冬のシーズンを前に、長野県小谷村にあるスキー場の代表者らが30日、その魅力をPRしました。  北日本放送を訪れたのは、スキー場の代表者など6人です。  長野県の北西に位置する小谷村は、日本有数の豪雪地帯として知られ、富山から片道2時間程度で行くことができます。村には3つのスキー場があり、良質なパウダースノーが楽しめるため、コロナ禍前は、国内外からおよそ46万人が訪れていた人気のスキーリゾートです。  ことしは、栂池高原スキー場が12月1日にオープンします。  関係者は「パウダースノーを楽しんでほしい」とPRしていました。  「富山の皆さん、小谷村にスキーに来ましょ」

富山 2021.11.30 12:00

富山駅南口のホテル・商業施設複合ビル 来年3月18日開業

 JR西日本などは29日、富山駅南口に建設中の複合ビルに入るホテルと商業施設「MAROOT」が、ともに来年3月18日にオープンすると発表しました。  一方で同じ駅前の「マリエとやま」は、テナントおよそ20店舗がMAROOTに移転するほか、来年2月から一部休館し、リニューアル工事に入ります。  JR西日本 漆原健金沢支社長  「富山駅周辺のにぎわいがさらに増していくとともに富山県全体・北陸エリア全体のにぎわい・活性化に貢献していくことを期待しています」  富山駅南口に建設中の「JR富山駅ビル」は1階から4階に商業施設の「MAROOT」が、5階から12階にはホテル「ヴィスキオ」が入ります。  北陸初進出となるホテル「ヴィスキオ」は、ツインルームとダブルルームを中心に182室を備えます。  29日の会見では、来月1日から宿泊予約を開始すると発表し、「レジャー客を中心に駅前の立地を生かして利便性や使い勝手の良さを追求していく」とホテルの位置づけを述べました。  そして商業施設のMAROOTは、出店予定の75店舗のうち51店舗を発表しました。北陸初進出となる牛タン専門店や富山初出店となる台湾茶の店など、観光客に加えて、衣・食・住といった地元の人たちの日々の暮らしの充実に軸足を置きたいとしています。  一方、運営する富山ターミナルビルは、マリエとやまからMAROOTに、生活雑貨を扱う無印良品などおよそ20店舗が移転すると発表しました。そして設備老朽化のため来年2月中旬から施設の一部を休館し工事に入ります。  現在のおよそ55テナントのうちおよそ20店舗が移転、およそ15店舗が閉店し、営業を続けるのは残るおよそ20店舗となる予定です。  水田整社長はマリエの今後については、一部休館に入る来年2月までに方向性を出したいとした上で、次のように述べました。  富山ターミナルビル 水田整社長  「ひとつ我々として実感を持っているのは、ファッションビルとしてのマリエとやまというのは、なかなかこれ今の時代に合わせると今後継続していくのは難しいだろうな、というこれはひとつ言えます」  1987年に富山の玄関口にふさわしいファッションビルをと開業したマリエとやま。オープンから30年以上が経ち、流行に敏感な若い女性を中心に長らく受け入れられてきましたが、コンセプトの大きな転換を迫られています。  富山ターミナルビル 水田整社長  「マリエの方は毎日の必需品というよりは、MAROOTとはまた違った意味で生活を支えるような業種にしていきたいなと思っていまして。そういうふうに住み分けができて、それぞれの役割を果たせば、より富山駅の周辺の人々に良いサポートができるだろうなと」  富山駅前の形が来年の春、大きく変わりそうです。

富山 2021.11.29 19:41

廣貫堂の自主回収問題で配置薬業者が要望書提出

 富山市の医薬品会社、廣貫堂が不適切な方法で配置薬を製造し自主回収している問題で、大阪の配置薬販売業者らが塩井保彦会長の辞任や謝罪などを求めて要望書を提出しました。  要望書は、大阪の配置薬関係団体の会員などが連名で提出しました。  廣貫堂をめぐっては、不適切な方法で配置薬を製造したことが発覚し、先月から製品およそ500万個の自主回収を行っています。  一方、廣貫堂の塩井保彦会長は先月、取材に対し、次のように答えていました。  廣貫堂 塩井保彦会長 「回収=悪というふうに捉えられるのは、少し皆さんの捉え方が間違っているんではないかと」  要望書では、全国の利用者や配置薬の回収に追われる販売業者などへの謝罪のほか、顧客の信用低下を招く発言をしたとして、塩井会長の引責辞任を求めています。  代表して要望書を提出した大阪の辻井産業の辻井康爾社長は、会長には直接会えなかったものの副社長らに対し、販売に大きな影響が出ている業者がいる近況を伝えたうえで、一日も早い出荷再開を求めたと述べました。  辻井産業 辻井康爾社長 「(配置薬は)信頼以外なにもないですわ。やはり廣貫堂さんの薬いうことで飲んでいるお客さんがあるというのは事実です。私は廣貫堂を責めにきたのとは違うんです。廣貫堂を守って、薬の製造していただいて、我々も助けてもらいお互いに儲けようと、そういう考えで来ているんで」  廣貫堂は、要望書について「精査したうえで対応していきます」としています。

富山 2021.11.29 19:38

高岡市で貨物列車と車衝突 79歳男性死亡

 29日未明、高岡市福岡町のあいの風とやま鉄道の線路で、貨物列車とワンボックス車が衝突しました。ワンボックス車は、線路沿いの金網を突き破って線路に入ったとみられ、運転していたとみられる男性は死亡しました。  吉田颯人記者  「車は設置してあった金網を破って線路に進入し、走ってきた貨物列車と衝突しました」  警察などによりますと、29日午前2時50分ごろ、高岡市福岡町下蓑のあいの風とやま鉄道で、大阪行きの貨物列車と線路上にいたワンボックス車が衝突しました。  線路の敷地内で、この車の持ち主である高岡市福岡町大滝の建具商 河南武末さん(79)が倒れているのが見つかり、病院へ運ばれましたが死亡しました。河南さんには外傷があったということです。  列車の運転士にけがはありませんでした。  現場は、福岡駅から西へおよそ200メートルのところで、線路と交差する県道の陸橋のそばで踏切はなく、線路に入れないよう金網のフェンスが設置されていました。  車は金網を突き破って線路に入ったとみられ、警察は河南さんが車を運転していたとみて、事故の原因などを調べています。  この事故で、あいの風とやま鉄道は高岡駅と金沢駅の間で始発から午前8時ごろまで上下線とも運転を見合わせ、合わせて11本が運休しました。

富山 2021.11.29 19:35

富山市山田地域の住民 地元の学校存続求め署名提出

 富山市が検討している小中学校の再編案で学校が無くなる案が示された山田地域の住民が、反対署名を29日、富山市教育委員会に提出しました。反対署名の提出は大山地域の小見地区と細入地域に続いて3地域目です。  山田地域自治振興会 山田憲彰会長  「山田地域における小中学校存続を求める要望者名簿842人分よろしくお願いします」  署名を提出したのは、山田地域自治振興会の代表者など3人です。地域内の住民などから集まった842人分の署名を手渡し、地域内の学校存続を求めました。  富山市の山田地域にある山田小学校と山田中学校は再編の対象校で、小学校の全校児童は55人、中学校は34人で、併設しています。  それぞれ八尾地域の学校に統合する案が市教育委員会の再編原案で示されていますが、通学にスクールバスで1時間以上かかる可能性もあることなどから統合に反対する声が挙がっていました。  住民らは、原案で示されなかった地域内での義務教育学校の設立を求めるとともに「適正規模」以外の視点での教育の質の確保を求めました。  山田地域自治振興会 山田憲彰会長  「子どものために何が一番良いかということを考えて、声を聞いて反映していただきたい」  また、市教育委員会が実施したパブリックコメントでは、通学距離や地域への影響、少人数学級について、今月15日までの1か月間で554件にのぼる意見が寄せられました。  市教育委員会は、通学区域審議会の場で検討したうえで、今年度末に再編計画を策定する予定です。

富山 2021.11.29 19:03

夢作文・学校賞の小学校でバスケ教室

 プロバスケットボール男子B1・富山グラウジーズの選手らが、29日に富山市の小学校を訪れ、バスケットボール教室を開きました。  富山市の神通碧小学校を訪れたのは、富山グラウジーズの山口祐希選手と宇都直輝選手、そして田中健介コーチです。  この教室は、富山銀行が県内の小学生を対象に毎年募集している「夢作文」で、「学校賞」を受賞した小学校で行っているものです。  教室には全校児童52人が参加し、ドリブルの練習をした後、選手2人と6年生5人によるミニゲームが行われました。  試合に参加した児童  「グラウジーズの選手はとても強かったけど、プロの人と一緒に試合できていい経験になりました」  山口選手と宇都選手は「好きなことを見つけてほしい。最初は誰も何もできないけど、挑戦し続けることが大事」と語りかけていました。

富山 2021.11.29 18:58

北日本新聞社 新社長に蒲地誠専務が昇格

 北日本新聞社は来年1月1日付で駒澤信雄社長が会長となり、新しい社長に蒲地誠専務が昇格する人事を発表しました。代表権は両者が持ちトップ2人体制となります。  北日本新聞社は29日、取締役会を開き、トップ人事について協議し、駒澤信雄社長(63)が 会長となり、新しい社長に蒲地誠専務(60)が昇格することを決めました。代表権は会長、社長の2人が持ちます。  蒲地新社長は慶応義塾大学卒業後、1984年に入社し、事業局長や経営企画室長などを歴任しています。  今回のトップ人事について北日本新聞社は「デジタル改革を本格化させるため、経営体制を強化し新聞業界を取り巻く環境の変化に 対応していく」としています。  この人事は来年1月1日付となります。

富山 2021.11.29 15:00

高岡市 貨物列車と車衝突 79歳男性死亡

 29日未明、高岡市のあいの風とやま鉄道の線路上でワンボックス車と貨物列車が衝突しました。現場では男性ひとりが発見され、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。  高岡警察署によりますと、29日午前3時前、高岡市福岡町下蓑のあいの風とやま鉄道の線路内で、走行中の貨物列車とワンボックス車が衝突しました。  衝突した現場で、高岡市福岡町大滝の建具商 河南武末さん(79)が倒れているのが発見され、河南さんは病院に運ばれましたが死亡が確認されました。  現場は、線路と交差する県道の陸橋の下で踏切はなく、線路に人などが入れないよう金網が設置されています。  車は金網を突き破るようにして線路上に侵入していたということです。  警察は車を運転していたのが河南さんなのかを含めて事故原因を調べています。  この事故によりあいの風とやま鉄道は、高岡駅と金沢駅の間で始発から午前8時ごろまで、上下線合わせて11本の運転をとりやめました。

富山 2021.11.29 11:44

富山県で 初霜・初氷を観測

 富山地方気象台は29日、「初霜」と「初氷」を観測したと発表しました。  高岡市の雨晴海岸では、海面から霧が立ちのぼる「けあらし」がうっすらとあらわれました。  今朝は県内すべての観測地点で今シーズン一番の冷え込みとなり、そのうち3か所では氷点下の気温でした。  また富山地方気象台は29日、初霜と初氷を観測したと発表しました。初霜は平年より4日遅く、去年より6日早い観測、初氷は平年より3日去年より18日早い観測です。

富山 2021.11.29 11:44

新型コロナウイルス 県内の新規感染者なし

 県内では28日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。  県内の累計の感染者数は4868人で変わらず、入院しているのは27日に感染が確認された南砺市の70代の男性1人のみとなっています。  この男性の濃厚接触者である家族7人は、27日時点で検査の結果待ちとなっていましたが、今のところ県の発表はありません。

富山 2021.11.28 19:12

カターレ富山 J2昇格の可能性消える

 サッカーJ3のカターレ富山は28日、アウェイでいわてグルージャ盛岡と対戦し、0対1で敗れました。これでカターレはJ2昇格の可能性がなくなりました。  富山市のグランドプラザでは、カターレ富山のサポーターなどおよそ70人が集まり、パブリックビューイングが行われました。  J2復帰には、28日のいわてグルージャ盛岡との試合、勝利が絶対条件のカターレでしたが、後半41分に失点し0対1で敗れました。  この結果、J2昇格圏内の2位以上に行けないことが確定したため、今シーズン1試合を残してカターレの8年ぶりのJ2復帰の可能性がなくなりました。  最終節は12月5日に県総合運動公園陸上競技場で鹿児島と戦います。

富山 2021.11.28 17:34

師走を前に 新巻きザケの天日干し

 師走を前に富山市の鮮魚店では28日から、贈答用の新巻きザケの天日干しが始まりました。  朝日に照らされて金色に輝く新巻ザケ。富山市柳町の鮮魚河瀬では、日の出前の午前4時から天日干し作業が始まり、荒縄に吊るされたおよそ800本のサケが店の軒先にズラリと並べられています。  28日朝の最低気温は富山市で2.6度など、県内10の観測地点のうち8か所で今シーズン1番の冷え込みとなりました。  冷たい風にさらすことでサケの身がしまってうま味が引き出されます。  毎年脂がのる8月下旬に北海道沖で獲れたオスのサケを使っていて、価格は7000円前後のものが売れ筋だということです。  すでに県内外から200本ほどの予約があり、店頭では12月3日から5日まで販売されます。

富山 2021.11.28 11:44

電柱に車衝突 同乗の9歳男児意識不明

 28日未明、高岡市で親子2人が乗る車が道路脇の電柱に衝突する事故があり、小学生の男の子が意識不明の重体となっています。  高岡警察署によりますと、28日午前0時5分ごろ、高岡市京田の市道を走っていた軽乗用車が、道路左側の電柱に正面から衝突しました。  この事故で、車に乗っていた高岡市東上関の小学3年生、横川歩我くん(9)が頭などを打って意識不明の重体となっています。  歩我くんは、29歳の父親が運転する車で2人で買い物に出かけ、自宅に戻る途中だったということです。  警察は、前方不注意による事故の可能性が高いとみて原因や当時の状況を調べています。

富山 2021.11.28 11:41

南砺市の男性感染確認 県内で26日ぶり

 県内では27日、新たに1人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。新規感染者の確認は、今月1日以来、26日ぶりです。  県は27日、新たに南砺市の70代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。  この男性は今月22日に発熱などの症状が出て、26日にPCR検査をして陽性が判明しました。  県内で新規感染者の確認は今月1日以来、26日ぶりです。  男性は軽症のため入院中で、海外渡航歴や2週間以内の県外移動はなく感染経路はわかっていません。  濃厚接触者は家族7人で、検査の結果待ちです。  県内の感染者は累計で4868人となりました。

富山 2021.11.27 17:51

今季一番の冷え込み タイヤ交換大忙し

 冬の寒さとなっている県内、富山市の自動車整備・販売店では、タイヤ交換に多くの人が訪れています。  タイヤ交換に来た人 「来週から雪が降るとニュースを見たので、きょうは慌ててきました。」  富山市町村の自動車整備・販売店では冬用タイヤの交換に50台の予約が入り、朝から作業に追われています。  店によると交換を希望する人の出足は、例年より2週間ほど早いということです。  冬型の気圧配置と上空に流れ込んだ寒気の影響で、県内は27日朝、富山市で最低気温が4度ちょうど、高岡市伏木で4.1度など、県内10の観測地点のうち9か所で今シーズン一番の寒さでした。  日中は各地で断続的に雨が降り、富山市など、ひょうやあられが降った所もありました。  最高気温は富山市で9.1度、高岡市伏木で11.1度など12月上旬から中旬並みでした。  28日は次第に冬型の気圧配置が緩んで西から高気圧に覆われてくるため、天気はゆっくり回復に向かう見込みで、予想最高気温は富山市で12度、高岡市伏木で11度と、共に12月上旬並みとなりそうです。

富山 2021.11.27 17:51

大雨による土砂災害に注意・警戒呼びかけ

 北陸上空のおよそ5500メートルにはマイナス33度以下の寒気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態が続いていて、気象台は27日夕方、大雨と雷、突風に関する気象情報を出して、28日明け方にかけて、大雨による土砂災害に注意・警戒するよう呼びかけています。  今月22日の雨の降り始めから27日午後4時までに降った雨の量は、宇奈月で192.5ミリ、朝日町で172.5ミリなど、多い所で200ミリに迫っています。  県内では27日夜のはじめごろにかけ、断続的にやや強い雨が降る見込みで、28日午後6時までの24時間に降ると予想される降水量は、県東部・西部ともいずれも多い所で30ミリです。  これまで降った雨により地盤の緩んでいるところがあります。  気象台は28日の明け方にかけて、大雨による土砂災害に注意・警戒するよう呼びかけています。

富山 2021.11.27 17:50

登坂絵莉選手が母校の小学校で講演

 高岡市出身で、リオオリンピック金メダリストの登坂絵莉選手が27日、母校の小学校で講演し、後輩たちとふれあいました。  登坂絵莉選手は、母校の高岡市立木津小学校創立40周年記念式典に招かれたもので、全校生徒378人に拍手で迎えられました。  ことし8月には第一子となる男の子を出産した登坂選手。  講演では、児童から質問を受けたほか、男子児童と腕相撲を取る一幕もありました。  また、何人かの児童はリオ五輪の金メダルを首にかけてもらい、笑顔を見せていました。

富山 2021.11.27 17:50

無免許・ひき逃げ容疑で男(77)を逮捕

 25日、富山市の交差点で車同士が衝突し、1人が大けがをしたひき逃げ事件で、警察は26日、市内の溶接業の男を無免許運転とひき逃げの疑いで逮捕しました。  この事件は25日午後5時20分ごろ、富山市呉羽町の市道交差点で、射水市に住む75歳の女性会社員が運転する軽乗用車が左から来た車と衝突し、女性が胸の骨を折る2か月の大けがをしましたが、相手方の車はそのまま現場から逃げたものです。  富山西警察署はひき逃げ事件とみて捜査し、現場と同じ呉羽町に住む溶接業、望月勝利容疑者(77)を26日、無免許運転とひき逃げの疑いで緊急逮捕しました。  望月容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているということです。

富山 2021.11.27 11:45

米マイナー所属 冨岡投手が野球教室 滑川

 黒部市出身で、アメリカの野球チームに所属する冨岡聖平投手を招いた野球教室が滑川市で開かれ、小中学生が実技指導を受けました。  冨岡聖平投手は現在、メジャーリーグ・アスレチックス傘下の1Aランシングに所属しています。  冨岡選手はオフシーズンとなった先月から、ふるさとの競技力向上に貢献したいと野球を教える活動をしていて、今回、滑川市教育委員会の依頼で指導を引き受けました。  教室には市内の小中学生およそ30人が参加し、ストレッチ方法や、投げる時効率よく力を球に伝えるため、ボールを離すのは肩と腕が一直線になったタイミングが良いことなど実技指導を受けました。

富山 2021.11.27 11:45

黒部峡谷へ 越冬物資を運び上げ

 黒部峡谷で冬への備えです。黒部川上流の発電施設などで冬の間も働く人のために、食料品などをトロッコ電車で運び上げる作業が黒部峡谷鉄道で始まっています。  越冬物資をトロッコ電車の貨車に積み込む作業は、午前6時に黒部峡谷鉄道宇奈月駅の貨物ヤードで始まりました。  KNB岡田亮平記者  「宇奈月は冬の訪れを感じさせる寒さとなっています。そうした中、越冬物資の積み込み作業が進んでいます」  けさの駅周辺の気温は6度。  作業員は、コメやキャベツなどの野菜といった越冬物資4トン余りを次々と積み込んでいきました。  黒部峡谷には、発電所を持つ関西電力の寮と合宿所が9か所あり、この冬は、のべ1万5300人が寝泊まりして、ダムの管理や2024年に一般開放される関西電力黒部ルートの黒部トンネルの改良工事などにあたります。  関西電力 松本義宏リーダー  「安心して健康でお過ごしいただけるように、本日の食料品あるいは物資がしっかり届くようにしたいなと思います」  この冬は来月14日までに8回、合わせて22トン余りの物資を運び上げる予定です。

富山 2021.11.26 18:58

黒部峡谷 来年1月にトロッコ電車運行

 黒部峡谷鉄道は来年1月に、冬場としては初めてトロッコ電車を営業運行すると発表しました。黒部峡谷鉄道は、例年は雪などのため12月からの冬場は運行を休止していて、活性化への新たな取り組みです。  運行は来年1月の5日間限定で、1日あたり4回運行し、1回の定員は36人です。運行する区間は宇奈月駅から新山彦橋までの往復1.2キロです。宇奈月温泉街での観光を盛り込んだパッケージツアーとして売り出し、27日から予約を受け付けます。  黒部峡谷鉄道は、今月末で終了することしの営業での利用客数を27万人余りと見込んでいて、新型コロナの影響で去年に続き例年の半分以下となりそうです。  担当者は、今回の取り組みを「冬場の収益や地域活性化につなげたい」と話しています。

富山 2021.11.26 18:57

中新薬業 製品307万個余を自主回収

 富山の製薬会社がまた製品の自主回収です。滑川市の医薬品メーカー中新薬業は、製造方法の承認書に記載のない添加物を使用したなどとして、かぜ薬など23品目合わせて307万個余りの自主回収を始めました。  中新薬業 寺﨑正之社長  「この度は本当にお客様はじめ、取引先の皆様に本当にご迷惑おかけしました。心よりおわび申し上げます」  中新薬業が自主回収するのは、かぜ薬やせきの薬、目薬など配置薬を中心に23品目で、合わせて307万6000個余りにのぼります。  製造方法の承認書に記載のない添加物を使ったり、添加物の量が記載と異なったりしていたことが理由で、これまでのところ健康被害の報告はないということです。  中新薬業によりますと、先月22日に行われた県の抜き打ち調査で発覚しました。  回収には数か月から1年ほどかかるのではないかとみています。  中新薬業 寺﨑正之社長 「県あげての薬の富山というイメージをこれまで作ってきたんですけど、泥を塗るようなことになりまして反省しております」  寺﨑正之社長は理由として、製造方法が変わった際に変更の手続きを長年していなかったことなどをあげました。  中新薬業 寺﨑正之社長 「変更の手続き等々、結構複雑でございまして、改めてやるということを怠っておったということですね。こういう事態になったと思います。新たにまた、安全なものを使うとか試験方法も変えていく必要がありますので、そういった点で煩雑さが残っていたということですね。20年から30年以上はたっていると思います」  製造方法が届け出と異なっている問題は、ことし県内の製薬会社で相次いでいます。  富山市の日医工がことし3月に、上市町の北日本製薬が9月に、県から業務停止命令を受けたほか、富山市の廣貫堂は先月から製品およそ500万個の自主回収を行っています。  県は製薬会社に対する調査などを強化しています。

富山 2021.11.26 18:57

母親を石で殴る 殺人未遂容疑で大学生逮捕

 25日夜、砺波市の実家で母親の頭を殴り、頭の骨を折る大けがをさせたとして、帰省中の男子大学生が殺人未遂の疑いで逮捕されました。進路について母親と意見が食い違ったことをほのめかしているということです。  逮捕されたのは、自称で名古屋市東区在住としている、大学生の吉田友治容疑者(20)です。  砺波警察署によりますと、吉田容疑者は25日午後7時45分ごろ、砺波市内の実家で40代の母親の頭を石で殴り殺害しようとした疑いが持たれています。  石の大きさは直径10センチ余りだということです。  事件は、吉田容疑者本人からの110番通報を受けた警察が、電話の向こうで悲鳴が聞こえたため現場に向かい分かりました。  母親は頭の骨を折る大けがです。  吉田容疑者は実家に帰省中で、調べに対し「殺そうと思った」と容疑を認めているということです。  また、進路について母親と意見が食い違ったことをほのめかしているということで、警察は原因のひとつとして、裏付け捜査を進めています。

富山 2021.11.26 18:56

北陸電力 家庭向け料金メニュー一部見直し

 北陸電力は夜間の電気料金を割安にしている一部の料金メニューについて、来年4月から、プランを見直すと発表しました。夜間の料金を値上げする代わりに昼間の料金を値下げします。  料金が変更になるのは、夜間の料金が割安になっている「エルフナイト10」や「深夜電力A」など7つのプランです。  北陸電力の管内でおよそ39万件が対象となり、一般家庭のおよそ3分の1にあたります。  見直しでは、1キロワットアワーあたりの料金単価を、夜間で0.98円値上げする一方、昼間を1円または1.5円引き下げるなどします。  実際の料金は使用状況により異なりますが、北陸電力が示したモデル料金では、1か月あたりの料金が見直し前は1万7038円だったものが555円値上がりします。  北陸電力は見直しの背景として、太陽光発電の導入拡大や省エネの推進などで昼間の電力需要が減る一方で、夜間の需要が増加し、発電コストの差が縮小していることなどをあげています。  実施は来年4月からで、北陸電力は、電話相談窓口や料金のシミュレーションができる専用サイトを設けます。

富山 2021.11.26 18:56

買い物手助けにドローン 五箇山で配送実験

 山沿いの地域で役立てようと、県は26日、小型無人飛行機のドローンで食料品などを運ぶ実験を南砺市の五箇山で行いました。高齢化や過疎化が進む地域で買い物などの手助けとなるのでしょうか。  南砺市五箇山の平市民センターに用意されたドローン。これに載せられるのは、卵や五箇山豆腐などの食料品や日用品、およそ3キロの荷物です。  山田佳奈記者  「いま、荷物を積んだドローンが飛び立ちました。少し風が吹いていますが安定して飛んでいます」  この実験は、県が通信会社のKDDIに委託して行いました。このドローンは、目的地をあらかじめ設定すれば、人間の操縦なしでそこまで飛行します。  26日は、ドローンが飛行する際の風の影響や、コントロールのための電波の受信状況などを調べました。  住民  「無事に降りてくるとうれしいです」  飛び立ってから、およそ5分。ドローンは無事、およそ3キロ先の目的地に着陸しました。地元の人に荷物が手渡されます。  住民  「つぶれないで(荷物が)きて良かった。便利でいいですよね」  実験が行われた平地域の人口はおよそ900人で、2人に1人が高齢者です。この地域にある食料品店は1店舗だけで、日々の買い物に不便を感じる住民は少なくありません。  県地方創生局 ワンチームとやま推進室 稲場実課長  「中山間地域で安心安全に住民の皆さんが暮らしていけるように、行政としても可能性を探っていきたい」  県は実証実験での課題を整理し、来年度以降、実用化に向けた検討を進めることにしています。

富山 2021.11.26 18:55

新型コロナ対策費など県の補正予算案提出

 県議会の11月定例会が、26日開会し、県は新型コロナ対策費を柱とする11月補正予算案を提出しました。新田知事は、年末年始の医療提供体制を強化する方針を示しました。  県議会の本会議で県は、一般会計で12億3800万円余りにのぼる11月補正予算案を提出しました。  このうち4億5700万円余りを新型コロナ対策費としています。  提案理由の説明で新田知事は。  新田知事  「医療提供体制の強化につきましては、年末年始の診療・検査体制を確保する救急医療機関を支援します」  補正予算案にはこの他、8月の大雨で被災した庄川の堤防の復旧など社会基盤・生活基盤の整備費用を計上しています。県議会11月定例会は来月14日までの19日間です。

富山 2021.11.26 18:55

高岡市名誉市民 南義弘さん お別れの会

 高岡商工会議所の会頭を務め、高岡市の名誉市民で、先月4日に98歳で死去した南義弘さんのお別れの会が26日、高岡市で開かれました。  南義弘さんのお別れの会は、26日午後、高岡市のホテルニューオータニ高岡で開かれました  南義弘さんは兵庫県出身で、1969年にいとこでトナミ運輸の社長だった綿貫民輔元衆院議長の国政転出に伴ってトナミ運輸に入社し、1975年から30年間にわたって社長を務めました。  1989年からは、高岡商工会議所会頭を7期21年務め、高岡の街の発展に力を尽くしました。  お別れの会には、政財界や社長を務めたトナミ運輸の関係者や取引先など、生前に交流のあった600人を超える人が参列し、故人をしのんでいました。  また、生前の人となりがうかがえる写真パネルが展示され、参列した人たちはそれぞれに南さんとの思い出をなつかしんでいました。

富山 2021.11.26 18:54

母親殺そうとした疑いで大学生逮捕 砺波市

 25日夜、砺波市で、母親の頭を石で殴り頭の骨を折る大けがをさせた男子大学生が、殺人未遂の疑いで逮捕されました。  砺波警察署によりますと、逮捕されたのは自称、名古屋市東区矢田東の大学生、吉田友治容疑者(20)です。  吉田容疑者は25日午後7時45分ごろ、砺波市内の実家で40代の母親の頭を石で殴り殺害しようとした疑いが持たれています。  石の大きさは直径10数センチで、調べに対し「殺そうと思った」と容疑を認めているということです。  事件は吉田容疑者からの110番通報を受けた警察が、電話の向こうで悲鳴が聞こえたため現場に向かい分かりました。  母親は救急搬送されましたが、頭の骨を折る大けがです。  吉田容疑者は実家に帰省中で、進路を巡り母親と意見が食い違いトラブルになったとみて、警察が経緯や動機を調べています。

富山 2021.11.26 11:44

冬の黒部峡谷で働く人へ物資運搬

 黒部川上流の発電施設などで働く人のために、越冬物資を運ぶ作業が、黒部峡谷鉄道宇奈月駅で始まっています。  26日朝の駅周辺の気温は6度。  寒さのなか、作業員はコメや野菜などおよそ4.3トンの越冬物資をトロッコ列車に次々と積み込んでいました。  黒部峡谷には関西電力の寮と合宿所が9つあり、この冬は関係者のべ1万5300人が寝泊まりしてダムの管理や黒部トンネルの改良工事などにあたります。  今シーズンは来月14日までに8回、合わせて22.2トンの物資を運び入れる予定です。

富山 2021.11.26 11:44

4週連続値下がりも高値続く 県内ガソリン

 県内のレギュラーガソリンの平均価格は今週1リットルあたり169円台で4週連続でわずかに値下がりしましたが、高止まりの状態は続いています。国は備蓄する石油の一部売却を発表するなど、 価格の安定に向けた動きをみせています。今後石油の価格はどうなっていくのでしょうか。岡田記者がお伝えします。  ガソリンスタンドにて  「レギュラー満タンお願いします。」  「はい。」  「ちなみに価格はどれくらいなんでしょうか。」  「今1リットル当たり169円。」  「169円ですか、結構しますね。」  「またよろしくお願いします。」  こちらの富山市内のガソリンスタンドは先週に続き、価格を据え置きました。  来店客  「うちも建設業でダンプだとか掘削機だとか結構使うことが多いので大変です」  品川石油牛島SS 清水一樹所長  「やっぱり原油が下がってくれるために何かしてくれるのであれば、ありがたいとは思っています」  スタンドの所長が期待するのは。  岸田総理大臣 「国家備蓄石油の一部売却することを決定しました。」  国は24日、アメリカなどと歩調を合わせ、国家備蓄石油を一部放出することを発表しました。  来店客  「どの程度の効果があるかわからないですよね。一時的な効果しかないのか、長期的なものなのかですよね」  品川石油牛島SS 清水一樹所長  「いま、産油国が減産で価格高くなっているというのであれば、放出してくれれば価格下がってくれるにこしたことはないなと思っています。うちとしてはただ願うだけですね」  資源エネルギー庁が25日発表した今月22日時点の県内のレギュラーガソリンの平均価格は、1リットルあたり169.0円で、先週から0.4円下がりました。  4週連続でわずかに値下がりしましたが、高止まりの状態が続いています。  一方、県内の灯油は店頭価格の平均が18リットルあたり1955円で2円値上がりし、配達価格は2087円で3円値下がりしていて、依然高止まりの状態が続いています。  石油情報センターは「ヨーロッパでのコロナ再拡大や各国の石油備蓄放出などをうけ原油価格が下がり、元売り各社の卸値も下がって価格の転嫁が進むだろう」として、来週は値下がりを予想しています。

富山 2021.11.25 19:01

ハウス倒壊防止へ早めの備えと適切な除雪を

 ことしの1月の大雪では、交通障害などと共に、農業用ハウスなどにも大きな被害が出ました。今シーズンの被害を防ごうと南砺市で25日、メーカーの担当者から対策を学ぶ研修会が行われました。  渡辺パイプ富山サービスセンター 中野明徳所長  「いかに除雪、スムーズにできるかの準備。可能な限り早く取り組む必要がある」  ことし1月の大雪では、県内各地で農業施設が壊れる被害が出ました。県の調査では、農業用ハウスなどについて、全壊が649か所、半壊や一部倒壊などを含めると878か所で被害が確認されています。  この被害を減らそうと、県砺波農林振興センターなどが開いた研修会には、砺波市や南砺市の農家などおよそ50人が参加し、農業用ハウスの設計・施工などを行う企業の担当者が、風や雪がどのようにハウスを崩すかなどを説明しました。  特に、バランスが悪く重さがかかると壊れやすくなるとして、雪が降った際に片側だけ除雪する対応をしないようにすることや、両サイドに融雪装置を設けるなど、バランスよく雪を取り除くことが重要だと指摘しました。  また、すでに建ててあるハウスでも、補強する部品を付けることでおよそ1.5倍、耐久力を上げることもできるとして、早めに備えをしてほしいと呼びかけました。

富山 2021.11.25 18:58

「第6波」に備え入院病床数最大571床に

 新型コロナウイルスの感染拡大第6波に備えて、県は、入院病床を増やし、最大571床としました。  これは25日、県が病院関係者や専門家ら20人余りで構成する「新型コロナウイルス感染症対策協議会」を開いて決めたものです。  ことし8月の第5波では、1日当たりの最大で、新規陽性者が147人、入院者が264人、宿泊療養者が146人、自宅療養者が860人に上りました。  これを踏まえ県は、最大必要病床数を463床とし、フェーズ3の病床数を39増やして481床に。最終フェーズは35増やして571床としました。  会議では、「病院では発熱外来の負担が大きいので、かかりつけ医で初期対応できないか」や、「自宅療養者の不安がないようコールセンターは24時間対応にしてほしい」といった意見が出ていました。  県が示した新たな医療提供体制について、感染症の専門家は。  富山大学附属病院総合感染症センター 山本善裕センター長  「病床はきちんと確保できていると思います。今後は軽症、無症状の方、患者さん自身が何かあった時に、すぐ相談できる窓口をきちんとしていただくということが大切になってくる」  新田知事  「どうか県民の皆さまには、忘れていただきたくないのは、まだコロナは終わったわけじゃないということ。うつらない、うつさない、一人一人の自覚。これが最大のポイントです。どうかよろしくお願いします」  新田知事は、仮に第6波が来ても「小さな山」で済むよう取り組みたいと話しました。

富山 2021.11.25 18:56

「企業版ふるさと納税」導入へ 高岡市

 財政再建中の高岡市は、市政課題の解決に、市が計画しているプロジェクトを示して全国の企業からの寄付を募ります。  角田市長は25日、記者会見で地方創生の取り組みを加速させるため、新たに「プロジェクト型企業版ふるさと納税」のメニューを立ち上げたと説明しました。  寄付を募るのは高岡スポーツコアの芝生広場の改修や、夜間照明設置などの「リフレッシュプロジェクト」と、開園から四半世紀が過ぎた高岡おとぎの森公園の「魅力向上プロジェクト」です。  角田高岡市長  「まずはこれらのことに関して関心を持っていただきながら、共にどのような解決策があるのかを考えていきたいなというふうにも思っております」  寄付は企業を対象に10万円から受け付け、法人関係税の税額控除があります。これまで通り、第2期高岡市総合戦略に基づき、企業版ふるさと納税として受け付けるものもあります。  また角田市長は通常のふるさと納税について、今年度の寄付額が過去最高の5億円に達する見通しを示しました。

富山 2021.11.25 18:55

恵みの雪に期待 スキー場でリフト取り付け

 富山市の立山山麓スキー場では、シーズンを前に、リフトの取り付け作業が本格化しています。  KNB神林賢範記者  「ゲレンデ上部には24日、今シーズン初めてまとまった雪が降りました。準備を進める関係者は、コロナ禍で賑わった昨シーズンをもう1度、と期待を寄せています」  25日はゲレンデを管理する大山観光開発のスタッフが、極楽坂エリアにあるクワッドリフトの座席の取り付けを行いました。  昨シーズンは大雪で積雪に恵まれ、順調に営業できたことに加え、コロナ禍でも「密を避けることができる」としてスキーやスノーボードが見直された効果もあって11万人あまりが訪れました。  大山観光開発 森井正秀社長  「地元のスキー場として皆様にずっと親しまれているスキー場だと思いますので、ことしも多くの方に来ていただければと思っています」  雪に期待を込めて、今シーズンも昨シーズン並みの入り込みを目指すということです。  立山山麓スキー場は、雪が順調に積もれば来月11日にオープン予定です。

富山 2021.11.25 18:54

「第6波」に備え入院病床数最大571床に

 新型コロナウイルスの感染拡大第6波に備えて、県は、入院病床を増やし、最大571床としました。  これは、県が25日開いた「新型コロナウイルス感染症対策協議会」で決まったものです。  ことし8月の第5波では、1日当たり最大で、新規陽性者が147人、入院者が264人、自宅療養者が860人に上りました。  これを踏まえ県は、最大必要病床数を463床とし、フェーズ3の病床数を39床増やし481床に。最終フェーズは571床としました。  会議では、「発熱外来をかかりつけ医で初期対応できないか」とか、「自宅療養者の不安がないようコールセンターは24時間対応にしてほしい」といった意見が出ていました。

富山 2021.11.25 11:54

犯罪被害者週間 街頭で支援と理解呼びかけ

 25日から全国一斉の犯罪被害者週間が始まり、富山市では支援や理解を呼びかける街頭キャンペーンが行われました。  電鉄富山駅では、警察や県の職員など13人が支援制度や相談窓口を案内するチラシを配りました。  犯罪被害者週間は、犯罪被害にあった人や家族が置かれている状況や支援の重要性について、理解を深めてもらおうと、毎年この時期に啓発活動が行われています。  県警察本部 警察相談課 新村健二次席 「(誰でも)不幸にして犯罪の被害に巻き込まれることがあるかもしれません。各種相談窓口がございますので、ご相談いただければと思っています。」  来月1日までの期間中、県内では講演会などが行われる予定です。

富山 2021.11.25 11:54

冬型強まる 富山県内のゲレンデに雪

 冬の訪れが間近です。上空に寒気が入っている富山県内は、山沿いで雪となりました。南砺市のスキー場ではゲレンデに雪が積もり始めています。  吉田颯人記者  「南砺市のイオックスアローザです。こちらでは23日昼ごろから 雪が降りはじめ、今季のオープンを前にゲレンデの上部にはうっすらと雪が積もっています」  24日午前の取材中には、あられが強く降る場面もありました。 24日朝の最低気温は高岡市伏木で4.5度、富山市で5.9度など、県内10の観測地点のうち6か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。  葉がすっかり色づいた木々のあたりからゲレンデを見上げてみると、上の方の斜面は、既に雪化粧しています。標高およそ770メートルの山頂付近には、10センチほどの雪が積もっているということです。  スキー場は今シーズンの来客に期待を寄せます。  医王アローザ 北島清社長  「ことしは雪も多いという予報も出ていますし、昨年のように降っていただければいいなというふうに思っています」  イオックスアローザは、来月17日のオープンを予定しています。  また、海沿いを中心に風が強まり、最大瞬間風速は氷見市で22.4メートルと、11月としては観測史上最も強くなりました。  暴風警報が、滑川市、魚津市、黒部市、入善町、朝日町に出ています。  あいの風とやま鉄道は、福岡駅と西高岡駅の間で強風で架線にビニール袋がひっかかったため、列車4本に遅れが出ました。

富山 2021.11.24 19:04

自宅に放火した疑いで女を逮捕 高岡市

 高岡市の住宅密集地で23日、3棟の建物が焼けた火事で、警察は23日夜、火元の家に住む46歳の女を放火の疑いで逮捕しました。動機などを調べています。  警察などによりますと、この火事は23日午後3時30分ごろ、高岡市京町の税理士、越前和彦さん(81)の家から火が出たものです。  現場は住宅密集地で、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、越前さん宅と南側の建物2棟が焼けました。けが人はいませんでした。  警察は23日夜、火元の越前さんの娘で無職の越前寧美容疑者(46)を自宅に火をつけた放火の疑いで緊急逮捕しました。  越前さん宅は3人暮らしで、出火当時は越前さんと寧美容疑者の2人がいました。  寧美容疑者は「2階の物置か廊下に火をつけたマッチを投げた」と話しているということです。  警察は、火をつけた動機などについて寧美容疑者をさらに取り調べています。  また警察と消防は実況見分を行い、焼けた範囲などを調べています。

富山 2021.11.24 19:04

工事に必要な仮移転「全業者から合意」

 富山市が公設地方卸売市場について規模を縮小しての再整備の計画を進めているのに対し、利用業者の一部が反発していた問題です。富山市は24日、工事を進める際に必要な仮移転に、すべての業者から合意が得られたとしました。  富山市 山口忠司 農林水産部長  「移転自体には全社が合意されていることをご報告します。一部の市場内事業者から反対意見が出されるなど、ご心配をおかけしていることに対しましてお詫び申し上げます」  これは24日、富山市が市議会の議員協議会で明らかにしました。富山市の公設地方卸売市場をめぐっては、施設の老朽化や取引量の減少を理由に市が、ことし4月に施設の面積を現在の半分程度に抑える建て替え計画を発表し、当初は今月10日に着工する予定でした。  しかし、今年度に解体予定とされた施設の利用業者の一部が、「市の説明が不十分」として市長に陳情するなど計画に反発し、市は着工を今月29日に延期していました。  富山市によりますと、仮移転の対象となる15の業者のうち、7つの業者が反対していましたが、移転にかかる費用の負担などについて調整を続けた結果、全ての業者から仮移転について合意が得られたということです。  市は整備計画の基本的な内容は変更せず、今後、工事を行いながら、市場の規模を従来より縮小しても業者の車の通行がスムーズにできるかなどを確かめる実証実験を予定しています。  反発していた業者は。  富山青果物商業協同組合 島林寛専務理事  「車の状況がうまくいくのか、業務がうまくできるのか見てほしいと要望して、(実証実験を)やってもらえるが、その検証をきちんとしてほしい。色んな業者さんで成り立っているので皆さんが不満が無いようにしてほしい」  富山市は今後も調整を続け、予定通り今月29日から工事を開始したいとしています。

富山 2021.11.24 19:03

ワクチン3回目接種へ 富山の準備状況は

 新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種は、県内では来月、まず医療従事者から始まる見込みです。接種に備えて24日、上市町にワクチンが運び込まれました。接種の見通しについて岡田記者がお伝えします。  岡田亮平記者  「3回目のワクチンが、かみいち総合病院にやってきました。厳重に梱包されています。この後実際の接種まで、専用の保管庫に保管されることになります」  24日、かみいち総合病院に届けられたのは、ファイザー製のワクチン1170人分です。  国は3回目の接種を来月から、医療従事者、そして18歳以上の希望する人全員に行うとしています。接種する時期については、2回目の接種から原則として概ね8か月以上としています。  また自治体の判断で6か月に前倒しする場合は、厚生労働省に相談することを求めています。  ワクチンが到着した上市町は、来年1月中旬から医療従事者の3回目の接種をする予定で、ワクチンは1か月以上、マイナス80度前後で保管できる専用の冷凍庫で保管します。  かみいち総合病院 堀竜太郎 薬剤科長  「当院では接種と保管関係をやっているということなので、スムーズにいくかと思います。今フリーザーに保管しましたので、接種までの期間しっかり保管したいと思います」  県内各市町村の3回目の接種スケジュールです。  まずは県東部の朝日町から滑川市です。  全ての市と町で来月から医療従事者の接種を始めます。黒部市、魚津市、入善町、朝日町は 接種券の発送をはじめています。  次に上市町から富山市です。富山市は来月からそれ以外の市と町は、1月から医療従事者の接種をはじめます。全ての市町村で接種券の発送をはじめています。  そして県西部の射水市から南砺市です。南砺市は1月から。それ以外の市は、来月から医療従事者向けの接種を開始します。射水市、砺波市、小矢部市、氷見市は接種券の発送をはじめています。  2回の接種で得られた抗体が低下していって再び感染が拡大することを防ぐための3回目接種です。市町村の対応がスムーズに進むことを期待します。

富山 2021.11.24 19:02

とやま観光キャンペーン 北陸3県に拡大へ

 県は新型コロナウイルスの影響を受ける宿泊・観光事業者の支援を目的に県民を対象に実施している割引キャンペーンについて、国からの支援策が固まり次第、隣の石川県や北陸3県に拡大する方針です。  これは24日の県議会地方創生産業委員会で自民党議員会の大門良輔議員の質問に県側が答えました。  国は今後の観光需要喚起策について、「ワクチン・検査パッケージ」の活用を前提として、いわゆる「県民割」の対象に隣県を追加することや専門家の意見を踏まえた上で、年明け以降に地域ブロックまで範囲を拡大するとしています。  先月行われた新田知事と石川県の谷本知事との懇談会でも、感染状況などを見ながら互いの県民を加える方向で合意していて、県は今後国が事業の詳細を発表した後、「調整が済み次第、速やかに行いたい」としました。  また、あわせてことし5月から行っているキャンペーンの実績を発表しました。先月末時点での宿泊割り引き額は、およそ18万人あまりの宿泊に相当する9億680万円、このほか日帰りツアーは5万6000人あまりが利用しました。  県は、感染状況が落ち着いているとして今月19日から利用人数の制限を撤廃しています。

富山 2021.11.24 19:01

散居村で古民家再生の宿 「楽土庵」開業へ

 砺波平野の散居村に建つ伝統的な家屋「アズマダチ」の古民家を再生し、宿泊施設とする取り組みが進んでいます。計画を進めているのは、県西部の観光の活性化へ様々なアイデアを出している「水と匠」です。  周囲に水田が広がる砺波平野の散居村の伝統家屋「アズマダチ」。砺波市野村島にある築およそ120年の民家を生かした宿泊施設「楽土庵」の完成イメージです。  施設の中も自然素材を生かし、現代工芸やアート作品などを設置。茶道や農業の体験プログラムも提供する予定です。  また宿泊者以外も利用できるレストランは、地元・富山の食材を使った料理を提供します。  この宿泊施設は、県西部6つの市と企業・団体が設立した観光活性化のための組織「水と匠」が企画し、高岡市のGRN株式会社と連携して整備します。  古民家は活用に向け現在は解体されていて、24日、建設の安全を願う行事が行われました。  株式会社水と匠 林口砂里社長  「アズマダチという伝統的な建物が空き家になっていたり、壊されていたり、四季折々に美しい景色をみせてれる風景が今、失われつつあることは非常に私たちにとって大きな問題だと思っていて」  「水と匠」は、宿泊施設を生かした様々なツアープログラムも計画しています。また、収益の一部を散居村の景観保全や郷土の文化保護に役立てることにしています。  株式会社水と匠 林口砂里社長  「この地域の散居村を守ることにつながったりとか、様々な富山の伝統産業や伝統文化を保全していくことに寄与する旅、お客様の再生とこの地域の再生・回復という両方を考えられるような旅のスタイルを提供したい」  宿泊施設「楽土庵」は来年10月に開業予定です。

富山 2021.11.24 18:59

初の地方開催 水中ドローンの技能認定講習

 新たな海洋ビジネスとして注目が高まっている小型の無人潜水機 =水中ドローンの技能認定講習が24日、黒部市で開かれました。  水中ドローンは遠隔操作型の無人潜水機で、水の中にある施設の点検や海底の調査など、危険を伴う作業を人に代わって行うといった様々な可能性が期待されます。  初の地方開催となった講習会は、水中ドローンなどの普及と海洋業界全体の発展を目的にことし6月に設立された日本ROV協会が開いたもので、県内外から参加した4人が操縦の指導を受けました。  受講者たちは、最も遠い時で25メートル先の水中ドローンを操縦し、プールの中に設けられた輪をくぐらせたり沈めた板に貼られた絵を読み取ったりしました。  受講者  「運用保守業務の企画をやっていまして、空もそうですけど水中も可能性はあると思っていますんで、これからどんな業務につながるか、部署帰って検証が必要になります」  また、氷見高校海洋科学科の教員も見学に訪れていました。  氷見高校 立花龍司 教諭  「今後、水中ドローンを取り入れた授業や実習を前向きに検討していくために来ました。技術の進歩がすごく感じられて、すごく魅力的に感じました」  日本ROV協会によりますと、海洋業界のほかにも研究機関や自治体、消防関係などから高い関心が寄せられているということです。

富山 2021.11.24 18:57

来月開幕の「ひみぶりフェア」をPR

 来月1日から氷見市で始まる「ひみぶりフェア」を前に実行委員会が24日、北日本放送を訪れ、フェアをPRしました。  北日本放送を訪れたのは、実行委員会の奥村寿江さんら2人です。  氷見市の宿泊施設や飲食店29店舗が参加する「ひみぶりフェア」では今回、10回目を記念して参加店でブリの料理を注文した人に抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを行います。  奥村さんは「この機会にブリや温泉など氷見市で癒やしのひと時を過ごしてほしい」とフェアをPRしていました。  第10回ひみぶりフェアは、来月1日から来年2月28日まで開かれます。

富山 2021.11.24 18:56

富山市が12月補正予算案を発表

 富山市は24日、旧町村部にある行政サービス拠点の機能強化や新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の費用などを盛り込んだ12月補正予算案を発表しました。  富山市の12月補正予算案は一般会計で38億3200万円余りです。  このうち、新型コロナワクチンの3回目接種のための費用に16億円余りを計上しています。  ことし4月に初当選した藤井市長の公約に関するものでは、八尾地域と細入地域の行政サービスセンターを防災機能を強化した複合施設として移転・改修する事業に合わせて6億7800万円余りをあてています。  また、民間の保育所などで日常的に医療的なケアが必要な子どもに専門に対応する看護師の人件費を補助する事業に1000万円余りを計上しました。  このほか、生活保護受給者の扶助費用を5億円余り、障害児支援サービスの事業費を2億円余り、それぞれ追加しています。  市は、補正予算案を来月1日から始まる市議会12月定例会に提出します。

富山 2021.11.24 18:55

宇奈月温泉の旅館 鉄道ファンの聖地に

 新型コロナで大きな影響を受けた黒部市宇奈月温泉の旅館で今、客足の回復に向けた新たな取り組みが進んでいます。それは、鉄道ファンにアピールしようというリフォームです。  黒部市宇奈月温泉の「ホテル黒部」です。今月、客室2部屋を活用してのリフォームが行われていました。  Q今これ何をしてらっしゃるんですか?  プラレールレイアウター 岩崎哲哉さん  「ホテルの中にプラレールを作っているところです」  レールが部屋の中に縦横無尽に張り巡らされています。鉄道模型が走る部屋に改装しているのです。  ホテル黒部 中島勝喜社長  「必ずお子様が『わ、すごい!』って絶対言うと思うんですね。本当にこう誰もがこういうもの見て、笑顔になっていただけると思いまして。誰も手を付けてないカテゴリというのは、どんなものがあるのかと考えた結果、こちらのほう(鉄道模型)を私は選んだと」  宇奈月温泉は、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が激減。ホテル黒部も、緊急事態宣言が出た去年の春は休館を余儀なくされ、富山にまん延防止等重点措置が適用されたことし8月には、500人以上のキャンセルがでるなど、かつてない厳しい状況が続きました。  そこで中島社長が考えたのがホテルを「鉄道ファンの聖地」にすることです。  ホテル黒部は、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車が対岸を走る風景を眺められるという好立地にあります。多くの鉄道ファンが度々宿泊していたこともあり、自らも鉄道好きの中島社長が今回のリフォームに踏み切りました。  ホテル黒部 中島勝喜社長  「全く知らない人たちがここで8人集って、好きなものでつながっていられると、ここで新たな8人の方々交流が生まれたり。お子様とお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんとの新たな絆とか喜びとかを創造できる場であったらうれしいなって思います」  クラウドファンディングで募った186万円のほか、県新世紀産業機構のリバイバル補助金200万円を活用しています。  組み立てには、県外からも鉄道模型ファンらが駆けつけてくれました。  プラレールレイアウター 岩崎哲哉さん  「これが出来上がったのをお子さんとかが見てくれて、楽しんでくれるのが、僕らとしてもうれしいので、そんな風景を思い浮かべながらというか」  リフォームしたのは14畳の和室2部屋。ひとつは、子ども向けの鉄道模型のレールが敷かれた部屋です。立体的に組み上げられたレールをおもちゃの列車が走ります。乗り物好きな子どもたちが楽しめる部屋にします。  もうひとつは、本格的なNゲージの鉄道模型が走る部屋です。この日は、鉄道模型の試運転が行われていました。北陸新幹線など様々な列車を走らせます。風景を再現するジオラマも常設する予定です。また、壁にはポスターや鉄道グッズ、映像設備なども備えた鉄道ファンにアピールするスペースに仕上げます。  鉄道模型ファン 平崎将英さん  「今、殺風景な板一枚に線路だけなんですが、街並みができていって街がだんだんできていけば、もう何て言うんですかね、やっぱり鉄道模型ファンとしての血が騒いできますね。トロッコ電車みながら、第一閉塞進行なんてやりながらできたら最高ですよねハハハ」 (※閉塞:衝突を防ぐためほかの列車が入らないようにする信号システム)  中島勝喜社長  「コロナの時期がなかったら、私どもの旅館も変わるということが、ひょっとしたらなかったかもしれないなと、今は前向きに捉えています。我々が楽しい旅館を作って、お客様をたくさん笑顔にしていくと、笑顔を想像する旅館でありたいなと、これからもありたいと思います」  コロナに負けない。そんな気概が生み出した新たな取り組み。来年1月からの一般客利用開始に向けて、準備が進みます。  鉄道模型は、トロッコ電車の模型も走らせることを計画しているということです。

富山 2021.11.24 12:09

富山県東部北の5市町に暴風警報

 上空の寒気の影響で県内は大気の状態が非常に不安定となっています。県東部には暴風警報が出ています。強い風に警戒してください。  現在、滑川市、魚津市、黒部市、入善町、朝日町に暴風警報が出ています。県東部北の海上では夕方にかけて西の風が非常に強く吹く見込みで、気象台が警戒を呼びかけています。  冬型の気圧配置が強まっている影響で、標高およそ770メートルの南砺市のイオックスアローザは上部のゲレンデに23日からの雪がうっすら積もりました。  24日朝は、県内10の観測地点のうち4か所で今シーズン一番の冷え込みとなり、日中の予想最高気温も富山市、高岡市伏木ともに11度と12月上旬並みの寒さになる見込みです。

富山 2021.11.24 11:56

自宅への放火容疑で女を逮捕 高岡市

 23日、高岡市の住宅密集地で複数の建物が焼けた火事で、警察は火元の家に住む46歳の女を放火の疑いで緊急逮捕しました。  警察と消防などによりますと、この火事は23日午後3時30分ごろ、高岡市京町の税理士、越前和彦さん(81)の家から火が出たもので、およそ2時間後に鎮火しましたが、越前さん宅と南側の建物2棟が焼けたとみられます。けが人はいませんでした。  この火事で警察は23日、自宅に火をつけ燃やした放火の疑いで越前さんの娘で無職の越前寧美容疑者(46)を緊急逮捕しました。  越前容疑者は「2階の物置か廊下に火をつけたマッチを投げた」と話しているということです。  警察と消防が24日朝から実況見分をして、焼けた範囲などを調べています。

富山 2021.11.24 11:44

高岡市の住宅密集地で3棟焼ける

 23日午後、高岡市の住宅密集地で火事があり、あわせて3棟の住宅が燃えました。けが人の情報は入っていません。  高岡市消防本部などによりますと、23日午後3時30分ごろ、 高岡市京町の住宅から煙が上がっているのを、近くに住む人が見つけ消防に通報しました。  消防車両10台以上が出動し、およそ2時間後に鎮火しました。けが人はいないということです。  また、火は火元の家の南側の建物2棟にも燃え移り、合わせて3棟が燃えました。  通報した住民によりますと、出火当時、火元の家にはその家族がいましたが、逃げ出して無事だったということです。  現場は、成美小学校の南西側およそ200メートルの住宅密集地です。

富山 2021.11.23 19:01

24日かけ山間部で積雪か 暴風にも要警戒

 県内は冬型の気圧配置の影響で寒気が流れ込み、日中の気温は12月上旬並みとなり、高岡市内ではあられが降りました。この後、23日夜から24日にかけて、さらに強い寒気が流れ込む見込みで、標高の高い山間部では雪が降り、積もる所があるでしょう。また、県東部北の海上では、西の暴風に警戒してください。  午後2時前、高岡市上北島で撮影した映像です。  降っていた雨にあられが混じり、ほんの数秒間、続くといった状態を繰り返していました。  初雪の定義は、「雪またはみぞれ」のため、あられでは初雪となりませんが、富山の初雪の平年日は12月3日で、雪の訪れも近いことを感じます。  日中の最高気温は、高岡市伏木で10.6度、富山市で10.2度と12月上旬並みで、この秋一番の寒さとなりました。  こちらは、富山駅に近い牛島公園です。茶色いじゅうたんのように落ち葉が広がっていました。  寒気の影響で、各地とも午後から気温が下がり、この後23日夜から24日にかけて、上空およそ5500メートルにマイナス24度以下のさらに強い寒気が流れ込む見込みです。  標高の高い山間部では、雪が降り、積もる所がある見込みです。交通障害に注意してください。  また、県東部北の海上では、24日夕方にかけて最大風速20メートルの西の暴風が予想されるので、警戒してください。  本格的な雪のシーズンを前に冬用タイヤの無料交換です。  富山市野々上の富山自動車整備専門学校では開校以来、毎年この時期に、地域住民のタイヤを無料で交換しています。  作業にあたるのは1年生38人で、空気圧の調整を含め事前に申し込みのあった車60台のタイヤを入れ替えました。  タイヤ交換に来た住民  「22日は小雪でしたっけ?(交換時期は)この頃が一番いいのでは」  生徒たちは車をジャッキで持ち上げたあと、工具を使って夏タイヤのナットを取り外し、別の班が空気圧を調整した冬用タイヤを手際よく付け替えていました。

富山 2021.11.23 19:01

富山県で新規感染者の確認なし 新型コロナ

 県内では23日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。感染者なしは22日連続です。  感染者が確認されなかったのは今月2日以来、22日連続です。  累計の感染者は4867人のままで、入院中の人などもいません。  また、12歳以上の対象者でみた県全体のワクチン接種率は、おととい時点で1回目が90.4パーセント、2回目が88.1パーセントとなっています。

富山 2021.11.23 18:59

高架下道路で南北接続 富山駅周辺のいま

 今月20日、富山駅の南北を駅の西側で結ぶ「富山駅南北線」が開通し、駅の南北を新たな道路で行き来できるようになりました。北陸新幹線の開業から6年8か月あまり、変わりゆく駅周辺の様子と、期待の声を取材しました。  今月20日 午前5時過ぎ。  岸谷記者  「午前5時を過ぎました、富山駅南北線を通すため警備員がカラーコーンを外しています」  賑わいを見せた路面電車の富山駅南北接続から、1年半あまり。1本の道路が静かに南北を貫きました。  駅周辺の連続立体交差事業の一つ「富山駅南北線」。利用が始まったのは駅の高架下を抜ける170メートルの部分で、同時に完成した一般車両やバスの乗降場を備えた「西口交通広場」と合わせ、駅周辺の利便性向上などが期待されています。  通行した人  「(北から南に)回らなくていいのは便利になりますよね」  富山市活力都市創造部 金山英樹課長  「(南北線の開通で)交流人口が増加しまして、町の賑わいや中心市街地の活性化につながるものと期待をしております」  南北線の周辺ではホテルや商業施設の開業準備が進んでいます。来年3月オープンする「ホテルJALシティ富山」は今月、宿泊予約を開始しました。  ホテルJALシティ富山 山﨑規嗣 開業準備室長  「元々富山というマーケットというのはビジネス客が非常に多い。我々のホテルの特徴としては、レジャー客をしっかり取り込みたいという戦略で臨んでいこうかなと思っています」  このホテルはシングルルームを設けず、全て2名以上が宿泊できる部屋となっています。1階には富山の食材を提供するレストランも開業予定で、南北線の開通は地元客の利用を見込むホテル側にとってメリットが大きいといいます。  ホテルJALシティ富山 山﨑規嗣 開業準備室長  「南北のアクセスが容易になるってことは、大いなるポテンシャルを感じてますし、一方で宿泊の方はやはり環水公園、非常に人気のスポットですので、そこへのアクセスが容易になるのもいいところの1つ」  こちらも来年3月のオープンを予定する「JR富山駅ビル」です。1階から4階に入る商業施設「MAROOT」には、およそ75店舗が出店予定です。  (打ち合わせの様子)  「こっち1500のもので済んだのでショーケースが、レジを伸ばすかここを伸ばすかという話をしているところで…。」  この日、入店予定の会社との打ち合わせが大詰めを迎えていました。  (打ち合わせの様子)  「セルフレジを導入するきっかけっていうのはなんでしょう?」  「データを撮りたいのがまず1つ、あと現金をスタッフが触りたくないって言う…。」  商談の相手は入善町の「丸善醤油」。麹を使ったから揚げを県内のイベントなどで移動式の屋台で販売してきましたが、今回、MAROOTに初めて店舗を構えます。  丸善醤油 佐田洋専務  「富山県にはこんなところもあるよっていうのを含めて、そこでこんなおいしいものもあるんだっていうのとか、PRっていうのがまず大前提にありまして、富山駅前はすごく魅力ある場所だなということで思っております」  富山ターミナルビルは、同じく運営する「マリエとやま」などと連携しながら、普段使いができつつより良い日常を味わえる場所にしたいと意気込みます。  富山ターミナルビル黒瀬俊英常務  「県外の方もそうですし、県内の方々も前よりアクセスが良くなって生活圏が広がるという面もあるし、南北を意識せず駅周辺という形で一体化してより広いまちづくりという面で取り組んでいけるのではないかと思っています。」  今月11日にはこれまでアンダーパスだった、県道・牛島蜷川線もまず、う回路で平面になりました。片側2車線に幅を広げる工事は来年7月ごろに完成予定です。  富山駅をとりまく人々の暮らしの形は、少しずつ変わり続けています。  駅東側の富山地方鉄道の連続立体交差も、仮線の橋桁が姿を現すなど着々と進んでいて、完成は2026年度末の予定です。工事に時間がかかっている印象もありますが、使いやすく、便利になるよう期待したいと思います。

富山 2021.11.23 18:58

小さい秋みつけた 氷見市早借地区

 県内では秋が深まり、冬の足音がはっきりと聞こえるようになってきました。氷見市の山あいでは小さな秋に思いを巡らせる人々の物語がありました。  氷見市の山あい。稲刈りあとの田んぼに囲まれ、船のように浮かぶ公園がある。  標高32メートル、地区を一望する程の高さはないけれど、住民たちの憩いの場だ。  早借自治会区長 待寺三郎さん  「これはハナミズキです。カワヅザクラは葉っぱの紅葉も楽しめる」  園内を案内してくれるのは区長の待寺三郎さんと地元壮年会のメンバー。今が紅葉の盛りと言うけれど。何だか少しさびしげ。  早借自治会区長 待寺三郎さん  「杉林多いですね、ヤブツバキの群生地みたいになってますから、緑が多いんですね。赤とか黄色とかそういうのは少なくてさびしい」  公園の整備を始めたのは今から10年前。  地元住民 窪田喜代二さん  「最初はこの山、スギの山だったんですよ」  園内に紅葉する木が少ないのは、まだ若い木が多いからだとか。でもよく見ると結構きれい。  早借自治会区長 待寺三郎さん  「7、8年やろこれ、いいがになったわ、きれいや。上は真っ赤や」  地元住民 窪田喜代二さん  「京都に負けとらん」  早借自治会区長 待寺三郎さん  「京都に負けん、この木はな」  目指しているのは地元住民が楽しめる憩いの場。でもそんな思いに水を差す出来事が・・。  早借自治会区長 待寺三郎さん  「ここです」  ことし8月の大雨で公園ののり面が崩落。ことし植えたばかりのウメとモミジの苗木が土砂に埋もれた。  早借自治会区長 待寺三郎さん  「何というか、せっかく植えたのが、だめになってしもうたなと」  地元住民 窪田喜代二さん  「こんなに壮年会も村ももちろんやけど、集まって物事をするっていうのは早借のよさだから」  早借自治会区長 待寺三郎さん  「すごいことやちゃ。ボランティアでこうやってね。ほんとにありがたいことやちゃ」  「カーン、カーン」(鐘の音)  山里に響く鐘の音。  心地よい秋風が吹いてきた。

富山 2021.11.23 18:56

住民参加で原子力防災訓練 富山県

 県は23日、石川県の北陸電力志賀原子力発電所での「重大事故」を想定した原子力防災訓練を行い、氷見市では住民が避難の手順を確かめました。  訓練は、石川県志賀町で震度6強の地震が発生し、志賀原発2号機から放射性物質が外部に放出されたという想定で、富山・石川各県と北陸電力など51の関連機関が参加しています。  このうち氷見市では、志賀原発から半径30キロ圏内の住民が、バスや自家用車での避難の手順を確かめ、受け付け会場では、車両や体表面の放射線量検査や検査で基準を超えた場合は簡易除染を受けていました。  また県は、発熱者専用の窓口も設け、感染症対策もあわせて確認しました。

富山 2021.11.23 11:59

地元限定 専門学校生が冬用タイヤ無料交換

 本格的な雪のシーズンを前に、冬用タイヤの無料交換です。  富山市野々上の富山自動車整備専門学校では、開校以来毎年この時期に、地域住民のタイヤを無料で交換しています。  作業にあたるのは1年生38人で、空気圧の調整を含め事前に申し込みのあった車60台のタイヤを入れ替えます。  交換に来た地元の人 「きのうは小雪でしたっけ。(交換時期は)この頃が一番いいのでは。」  県内は冬型の気圧配置と上空の寒気の影響で気温が上がらず、日中の予想最高気温は富山市で11度と、12月上旬並みの見込みです。  24日は標高の高い所では積雪となる所もありそうで、雪道への早めの備えをお願いします。

富山 2021.11.23 11:58

高岡市議会 新議員初の議会 新会派も始動

 先月31日に選挙が行われた高岡市議会は、選挙後初の議会である臨時会を22日に開きました。新たな会派を結成した議員をはじめ、初当選した議員たちも初めての議会に臨みました。  「失礼しまーす、おはようございます(おはようございまーす)」  新人市議3人が結成した新しい会派「高岡愛」の控室は、3人が互いに向き合う机の配置です。トップ当選した嶋川武秀議員、2位で当選の出町譲議員などメンバー3人の得票を合わせると有効投票のおよそ3割に達します。  出町譲市議  「新人3人、年齢は違うけどそれぞれみんなで議論すると」  嶋川武秀市議  「機運醸成の理念を唱える理念条例というところからまず発信していきたいと」  出町市議  「今、嶋川さんがおっしゃったような、例えばポジティブ条例というのも。新しい風を吹かせる、そうしたことをぜひ、我々3人がやんなきゃいけない」  市の幹部と市議が出席する議員協議会では、7月の市長選挙で戦った角田市長と出町市議が顔を合わせました。  角田市長  「近いですね」  出町市議  「ほんとに近いですね」  そして午後に開かれた市議会臨時会。  角田市長  「高岡市のさらなる発展がはかられるよう、常日頃から、我々と様々な意見交換をお願いしますとともに、格別のご指導とお力添えをお願い申し上げます」  議長選挙では、当選3回の坂林永喜市議57歳が新たな議長に選ばれました。そしてトップ当選した嶋川市議が登壇し、あいさつしました。  嶋川市議  「今後、市議会といたしましては、持続可能な未来都市・高岡の実現と新たな高岡市の魅力発信に、市当局とともに全力をあげてまい進していかねばなりません」  高岡市議会は、新会派「高岡愛」が加わって会派は6つとなり、そのうち自民党系会派は4つにのぼります。  一方、共産党は、通算9期務めた現職など現職が2人とも落選し、市議会で38年ぶりに議席が無くなりました。  高岡市はことし、角田市長が自民党推薦候補を破って初当選、そして市議会の体制も新しくなり、新たな関係を模索しながら市政の課題に取り組んでいくことになります。  高岡市議会は、来月3日開会予定の12月定例会で、本格的な論戦がスタートします。

富山 2021.11.22 19:36

富山市 再編予定の学校存続求め要請活動

 富山市が検討している小中学校の再編で、現在示されている案では学校が無くなる地域の動きです。旧大山町の小見地区と旧細入村の住民が、22日に市の教育委員会に対してそれぞれ学校の存続を求める署名を提出しました。  小見小学校存続を支援する会 佐々木幸蔵さん(育友会会長)  「たくさんの嘆願書をいただきました。いずれも小見小学校の存続を支援するということに賛同していただきましたので、なにとぞ、よろしくお願いいたします」  嘆願書と、1738人にのぼる署名を提出したのは、旧大山町の小見地区自治振興会と小見小学校存続を支援する会です。  小見小学校は全校児童が13人の小規模校で、富山市の再編計画の対象です。しかし地元は、学校がスキージャンプの記録会など特色ある活動をしているほか、地域のコミュニティーの中心であり、統合されると過疎化を加速させるなどとして、存続を求めました。 小見地区自治振興会 山森潔会長  「地域の衰退を招くことにつながるような再編につきましては、地域住民は反対させていただくと」  一方、旧細入村にある神通碧小学校と楡原中学校の関係者でつくる神通峡地域学校教育振興会などが提出した署名は1122人分。校区内の人口の7割にあたります。岐阜県飛騨市から通学する児童もいることから、統合されると通学時間が片道およそ1時間になる見込みで、特に冬場の通学に心配が残るとしています。  神通峡地域学校教育振興会 江尻裕亮会長  「やはり何といっても子どもたちの通学時間、片道1時間、中には、この署名活動を通じて『毎日遠足かよ!』と言われたお年寄りもいましたけども、片道1時間というのは子どもたちには苦痛だろうと」  両地域の要請に対応した富山市教育委員会の宮口克志教育長は。  富山市教育委員会 宮口克志教育長  「10年後、20年後の地域の子どもたちのことを考えての議論をスタートしていきたいというふうなことを思っておりますので、その点についてはお汲み取りいただければと思っています」  富山市教育委員会は、今後、通学区域審議会の場で検討したうえで今年度末に再編計画を策定します。そして地域住民などと協議を重ね、理解を得られた場合に再編を進めるとしています。

富山 2021.11.22 19:36

遺族の損害賠償請求裁判 県側は争う姿勢

 富山市の奥田交番襲撃事件で死亡した警備員の妻が、警察に落ち度があったとして、県などに損害賠償を求めている裁判の第2回口頭弁論が22日、開かれました。県側は、事件の通報を受けた県警通信指令課の警察官が、犯人が凶器を持って逃走している可能性が高いことを認識できたとする遺族の主張について争うとしました。  訴えているのは事件で犠牲になった警備員・中村信一さんの妻です。  この事件は2018年6月、富山市の奥田交番に元自衛官の島津慧大被告が刃物を持って押し入り、当時の交番所長を殺害したあと、奪った拳銃で近くの小学校前にいた警備員の中村信一さんを射殺したものです。  中村さんの妻は、事件発生の通報を受けた県警通信指令課の警察官などが、近くの住民の命を守るための適切な指令や警告を怠ったことが夫の殺害につながったとして、県と島津被告におよそ2600万円の損害賠償を求めています。  富山地裁で22日に開かれた裁判で被告の県側は、通信指令課の警察官が現場の警察官に対して、付近の住民に危害が及ばないよう警告を発する指令をしなかったことは認めるとしました。  一方で、犯人が凶器を所持して近くを逃走している可能性が高いことを認識できたとする、原告側の主張については争うとしました。  中村さんの妻  「主人のような被害者が出ないように、警察に考えて精査していただきたい」  一方、強盗殺人などの罪に問われ一審で無期懲役の判決を受けた島津被告の控訴審は、来年1月11日に初公判が開かれます。

富山 2021.11.22 19:35

富山と東京の若手演奏家 室内楽の成果を披露

 とやま室内楽フェスティバルが魚津市で開かれ、1週間のワークショップに参加した東京と富山の若手演奏家たちが成果を披露しました。  とやま室内楽フェスティバルは、室内楽の若手演奏家の育成を目指して2006年から始まりました。  2012年からは東京の「サントリーホール室内楽アカデミー」と連携し、ワークショップやコンサートを開いています。  ことしは「サントリーホール室内楽アカデミー」の受講者のほか、富山市にキャンパスがある桐朋学園大学院大学で学んだ富山ゆかりの若手演奏家など8組が参加しました。  演奏家たちは、今月16日から魚津市内で、世界的に活躍するチェリスト堤剛さんをはじめとする講師陣の指導を受けていて、22日にその成果を披露しました。  会場にはおよそ70人が訪れ、音色や息遣いに耳を澄ませていました。

富山 2021.11.22 19:17

富山労働局に育児休業制度に関する相談窓口

 育児休業制度に関する相談窓口が22日、富山市の富山労働局に新たに開設されました。  窓口の設置は、ことし6月に育児・介護休業法が改正されたことを受けて、事業主や働く人などが来年4月から段階的に始まる新たな制度を知り、円滑に運用してもらうことが狙いです。  県によりますと、県内の育児休業取得率は、女性が99%、男性は8.1%となっています。  法の改正によって「産後パパ育休」が新設されたほか、育児休業を働きながら分割して取れるなど、男性の育児休業取得の向上に期待がかかっています。  富山労働局雇用環境・均等室 山口覚史室長  「男性の育児休業が取りやすくなるような制度になっている。ぜひ職場で取りやすい環境を作ってほしい。男性にもどんどん育児休業を取っていただきたい」  相談は、平日の午前9時から午後5時まで受け付けます。

富山 2021.11.22 11:48