山梨のニュース

ひき逃げ時効まで4カ月 遺族が情報求める

甲斐市のひき逃げ死亡事故の時効まで4カ月に迫り、遺族が現場で情報提供を呼びかけた。この事件は2011年2月25日甲斐市志田の国道20号で、近くに住んでいた会社員平野隆史さん当時24歳がひき逃げされ死亡した。10月31日は佐賀県に住む両親が事故現場に訪れ花を供えるなどして隆史さんの冥福を祈った。事件を巡ってはおととし、道交法違反(=ひき逃げ)の罪が時効を迎え、残る自動車運転過失致死罪の時効も4カ月後に迫っている。なお事件では逮捕につながる情報に対し最大500万円の私的懸賞金がかけられている。ひき逃げ事件に関する情報提供先は韮崎警察署、電話番号は0551(22)0110。

山梨2020.10.31 18:09

エメラルドグリーンの水面を彩る紅葉

 南アルプス市の南伊奈ヶ湖の湖畔で、紅葉が見ごろを迎えている。
 南アルプス市の櫛形山中腹、標高約890mに位置する南伊奈ヶ湖では、今月中旬頃からカエデやミズナラが色づき始め、エメラルドグリーンの水面を赤く染めている。
 きょうは秋晴れに恵まれ、キラキラと陽の光に輝く湖ではハクチョウが優雅に泳ぐ姿も見られた。
 湖には湖畔を一周できる遊歩道があり、訪れた人たちは湖と紅葉の共演を写真に収めるなどして深まる秋の風情を楽しんでいた。
 南伊奈ヶ湖の紅葉は、来月上旬まで楽しめるという。

山梨2020.10.30 18:56

県立八ヶ岳スケートセンター 市が存続へ

 長崎知事が利用者低迷で廃止方針を示した県立八ヶ岳スケートセンターについて、北杜市は県から施設を受け入れる方向で存続させる方針を明らかにした。
 運営費は、ふるさと納税やクラウドファンディングで捻出するとしている。
 北杜市は、きょう会見でこれまでの県の対応から陳情を続けても方針は変わらないと判断したと説明した。
 その上で、子どもが心身ともに成長する教育施設であり多くの市民や団体が存続を求めているとして、市が運営費用を負担して存続させる方針を明らかにした。
 運営費については、クラウドファンディングやふるさと納税の活用を検討しているほか、包括連携協定を結ぶ企業に支援を募るとしている。
 市は、近く県と協議を始めたい考えで県も移譲について「提案があれば応じたい」としている。
 一方、市営化には財政支出が見込まれるため選挙対策ではないかとの指摘に対して渡辺英子市長は、このタイミングでの廃止議論はそもそも県が打ち出しており批判は当たらないとした。

山梨2020.10.30 18:47

9月の有効求人倍率 11カ月ぶりに上昇

 9月の県内の有効求人倍率は0・91倍で、わずかながら11カ月ぶりに上昇した。
 一方、来春卒業の大学生の就職内定率は、昨年同期を10ポイント下回っている。
 山梨労働局によると、9月は企業の求人が前月より1.8%多い1万3013人だった一方、職を求める人の数は1万4359人で有効求人倍率は前月より0.01ポイント高い0・91倍となった。
 有効求人倍率の上昇は11カ月ぶり。
 GOTOトラベルなどで、宿泊業や飲食業の求人が増えたことが主な要因。
 ただ解雇・雇い止めは、前月より97人増えていて労働局は「前月より状況は改善したものの、先行きは見通せない」と説明している。
 一方、来春に卒業予定の大学生や専門学生の就職内定率は、36・3%で昨年同期を10ポイント下回っている。
 労働局は「新型コロナの影響で、一部の企業で採用を控える動きがある」と分析している。

山梨2020.10.30 18:39

電車内で盗撮 県警が男性警視を事情聴取

 県警の男性警視が、電車内で盗撮をした疑いがあるとして任意で事情聴取を受けていることが分かった。
 県警は、来月中にも男性警視を書類送検する方針。
 県迷惑防止条例違反の疑いで事情聴取を受けているのは、県警生活安全部の50代の男性警視。
 捜査関係者によると、男性警視は今月上旬、通勤中に身延線の車内で女性のスカートの中を盗撮した疑いが持たれている。
 警察が女性の被害相談を受けて、男性警視の所持品を調べたところ盗撮に使用したとみられる小型カメラが見つかった。
 男性警視は任意の事情聴取に対し「下着を見たかった」などと事実関係を認めているという。
 県警は、警視を書類送検したうえで懲戒処分する方針。
 警視が所属する生活安全部は、盗撮事件の捜査も担当しているほか女性を犯罪から守る対策にも取り組んでいる。

山梨2020.10.30 18:19

インフルのワクチン接種が本格的に始まる

 新型コロナウイルスと同時流行が懸念されるインフルエンザのワクチン接種が本格的に始まっている。
 甲府市の医療機関では、例年の3倍近い予約が入り医師は「流行が始まる12月までに接種してほしい」と呼びかけている。
 インフルエンザワクチンは、今月1日から始まった65歳以上の優先接種に続き、今月26日から希望者全員に対象が広がった。
 甲府市の矢崎医院では、今月に入り去年の3倍近い約450人の予約があり、このペースで推移するとワクチンの不足が懸念されるという。
 県内では、今月中旬に中北保健所の管内で今シーズン初めてインフルエンザの患者が報告された。
 例年、流行は11月下旬から始まるため国や県は、特に持病のある人や妊婦、小学2年生までの子どもに早めの接種を呼び掛けている。
 厚労省は、ことし過去5年で最も多い約6300万人分のワクチン供給を予定している。

山梨2020.10.30 18:04

富士北麓・東部 ごみ処理場は西桂町に建設

 県内を3ブロックに分けて家庭ごみを処理する県の計画について、富士北麓・東部地域の建設予定地が西桂町で決まった。
 29日は都留市で会議が開かれ、富士北麓・東部地域の12市町村長が出席した。事務局の県によると、候補地の都留市中津森地区と西桂町小沼地区のどちらを建設地とするか協議し、全会一致で西桂町に決めた。
 高速道路のスマートインターチェンジに近く、建設費が都留市より約20億円安いことなどが考慮されたという。
 12市町村は来月にも基本合意に調印し、一部事務組合の設立に向けて準備に入る。
 新しいごみ処理場は2032年4月までの稼働を目指す。
 これで県が進めるごみ処理広域化計画は、3ブロックすべてで建設地が決定したことになる。

山梨2020.10.29 21:00

県立八ヶ岳スケートセンター 市営で存続を

 長崎知事が廃止方針を示した県立八ヶ岳スケートセンターについて、北杜市が市営施設として存続させる方向で最終調整していることが関係者への取材で分かった。
 あすにも施設の受け入れ方針を発表し、県との協議に入りたい考えだ。
 八ヶ岳スケートセンターは、過去2年にわたり県が求める利用者数に届かず長崎知事が廃止方針を示していた。
 また、県側は廃止理由の一つとして「地元から再生計画が出ていないため」などと説明していた。
 しかし、北杜市は「再生計画を求められたことはない」との立場で、再生計画を求めたのであれば経緯を示すよう2度にわたり文書を出していた。
 これまでに県からは回答がないという。
 関係者によると、このため市は「これ以上要望しても存続は難しい」と判断し現在、県などが運営するスケート場について市が運営主体として存続させる方向で最終調整している。
 市は今後、県との協議に入りたい考えだが、修繕や維持・運営のための正確な費用が把握できていないなど不確定な要素も含んでいるという。
 県の担当者は取材に対し「提案があれば協議したい」としている。

山梨2020.10.29 19:21

美しさと環境スピーチ!36人の女性が競う

 結婚歴がある女性が美しさと環境問題に取り組む姿勢を競うコンテストが、山梨で初めて開かれた。
 2020ミセス・アース・ジャパン山梨大会には、予選を通過した23歳から67歳までの36人が4部門に分かれて出場した。
 参加者は、1カ月間のレッスンで身につけたウォーキングと、ミセス・アースとして叶えたいことをテーマにスピーチを披露した。
 大会には「自分らしく生きる勇気を伝えたい」と男性から女性への性別適合手術を受けた出場者もいた。
 部門ごとにグランプリとなった4人は、12月に開かれる全国大会に出場する。

山梨2020.10.29 19:13

年賀はがきの販売 全国一斉に始まる

 来年用の年賀はがきの販売が全国一斉に始まった。
 甲府市の甲府中央郵便局では、年賀はがきのコーナーが設置され午前中から大勢の人が訪れ年賀はがきを買い求めていた。
 年賀はがきは富士山をモチーフにした山梨限定図柄など6種類。
 買い求めた人は「今年はコロナで寂しい1年だったが元気に生活してほしいと年賀はがきで伝えたい」と話していた。
 配達の受け付けは12月15日からで元日に届くようにするには25日までの投かんが必要という。

山梨2020.10.29 19:01

南アの小学校 感染拡大で休校あすまで延長

 県はきのう、男性教諭の新型コロナウイルス感染が確認された南アルプス市の小学校で、新たに児童と職員の計2人が感染したと発表した。
 感染拡大を受け、小学校は休校措置をあすまで延長した。
 感染が分かったのは、南アルプス市にある小学校の10代男子児童と40代女性職員。
 2人は、きのうPCR検査で陽性が確認された。
 児童に症状はなく職員は軽症だという。
 県は現在、この小学校の教職員全員の検査を行っていて、必要に応じて児童も検査する方針。
 感染拡大を受け小学校は休校措置を、あすまで延長することを決めた。
 このほか、昨夜は甲府市の30代女性の感染も判明した。
 女性は甲斐市の赤坂台病院の看護師で、病院によると入院患者の看護を担当している。
 病院はあすまで外来を休診するという。
 県内の感染はこれで212例となった。

山梨2020.10.29 18:51

「コーセー」南アルプス新工場の計画延期

 大手化粧品メーカー「コーセー」が、南アルプス市に予定している新工場の建設を延期することが分かった。
 新型コロナウイルスの感染拡大による訪日外国人の減少が主な要因で、延期期間は未定だという。
 コーセーの新工場は南アルプス市野牛島の約11ヘクタールに建設が予定されている。
 300人ほどの地元雇用を予定し、ことし夏に着工、来年には稼働する計画だった。
 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で商品需要の大きかった訪日外国人が減少、生産計画を見直す必要があるとして新工場の建設を延期した。
 延期期間は未定で、現段階で着工の目途は立っていない。
 立地場所は変更しないが工場の規模については再検討しているという。コーセーは「持続可能性を考え、地域に貢献できる工場にできるよう計画を練り直している」としている。

山梨2020.10.29 18:43

山梨中銀と静岡銀行が包括的業務提携

 収益向上やコスト削減を目指し、山梨中央銀行と静岡銀行が包括的な業務提携を始めると発表した。両行は互いの株式を所有する方針だが「経営統合は考えていない」としている。業務提携を結んだのは山梨中央銀行と静岡県で顧客数トップの静岡銀行。
 28日は都内で両行の頭取が会見し、中部横断道の開通で営業エリアに緊密な交流が生まれることや、長引く低金利など地銀を取り巻く厳しい経営環境を提携の理由に挙げた。両行は今後、経営の独立性を保ちつつ、西東京エリアの山梨中央銀行の支店や神奈川県内の静岡銀行の支店を相互に活用し、取引先の販路拡大やコスト削減を目指する。また、山梨中央銀行は静岡銀行が展開する証券事業など新たな金融サービスの提供を目指す。両行は相互に株式の一部を保有し、さらに結びつきを強化する方針だが、「経営統合」については否定した。両行は今後5年で売り上げ向上やコスト削減で100億円の提携効果があると試算している。
 地方銀行の経営環境は厳しさを増していて、菅総理も再編に前向きな姿勢を示す中、広域連携で競争力を強化をできるか、動向が注目される。

山梨2020.10.28 18:50

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース