山梨のニュース

県一周駅伝 甲府が3連覇

 県一周駅伝は5日に最終日を迎え、中止となった去年を除き、「甲府」が3大会連続で優勝した。  県一周駅伝は4日と5日の2日間行われ、各チームのランナーは19区間153・9キロでたすきをつないだ。  初日3位の甲府は最終日の2日目、11区で2位になると13区で首位に浮上。終盤は南都留、甲斐Aとの三つ巴の戦いになったが逃げ切った。

山梨 2021.12.05 19:41

山梨県北杜市 作業場1棟を全焼

 5日未明、山梨県北杜市で建築作業場を全焼する火事があった。  警察によると、同日午前0時40分ごろ、同市小淵沢町上笹尾の大工・新海智徳さん(54)の作業場から火が出ていると、隣に住む人から消防に通報があった。  火は約1時間半後に消し止められたが、鉄骨平屋建ての作業場1棟を全焼した。出火当時、作業場は無人でけが人はいなかった。  警察と消防が出火原因を調べている。

山梨 2021.12.05 18:08

富士登山 安全対策考えるシンポジウム

 富士山が噴火した際の登山者らの安全対策について考えるシンポジウムが5日、富士吉田市で開かれた。  登山家の野口健さんらが講演。野口さんは富士山について、夏のピーク時には1日1万人近くが山頂を目指すと説明し、「避難できるシェルターや屋根のある施設の整備が必要」と指摘した。  企画した県富士山科学研究所は「登山者らの安全確保は大きな課題。取るべき避難行動をいかに周知するかの検討も必要」としている。

山梨 2021.12.05 18:05

荒川で「クリーン大作戦」

 甲府市の荒川で5日、大規模な清掃活動が行われた。  清掃活動は「やまなし海ごみZEROプロジェクト」や認定NPO法人「未来の荒川をつくる会」などが行った。  海につながる河川の環境美化が目的で、地元の住民や高校生ら約300人が、河川敷や川底に落ちているごみを拾い集めた。  ペットボトルや空き缶など、ごみ袋(45L)約170袋分のごみを回収したという。

山梨 2021.12.05 18:04

山梨県の長崎知事 再選出馬に意欲

 2023年の2月に任期満了を迎える知事選で山梨県の長崎幸太郎知事はきょう再選出馬に向けて前向きな考えを示した。  4日は長崎知事の県政報告会が開かれ、これまでの実績としてグリーン・ゾーン構想などの新型コロナ対策や少人数教育の推進をアピールした。    報告会後の取材に対し次の知事選について「次も担いたいという意欲は常にある」と述べ再選出馬に前向きな姿勢を示した。    一方、報告会では県有地問題で富士急行と対立していることについて「政争だという声があるが決してそうではない」と否定した。

山梨 2021.12.04 19:51

軽自動車とタクシーが衝突し女性死亡 山梨県

 4日午前、山梨県山梨市で軽乗用車とタクシーが衝突し軽乗用車を運転していた女性が死亡した。  亡くなったのは山梨市三ケ所の自営業・三科峰子さん65歳。警察によると4日午前9時ごろ、三科さんの軽乗用車とタクシーが出会い頭に衝突した。この事故で三科さんは胸などを強く打ちおよそ2時間後に死亡した。また、タクシーの運転手も軽いけがをした。  現場は6つの市道が交わる変則な交差点で警察で原因を調べている。

山梨 2021.12.04 19:43

自民党県連の幹事長に河西敏郎氏

 自民党山梨県連の総務会が開かれ幹事長に河西敏郎県議が就任した。  総務会では先月告示の会長選で無投票当選した森屋宏参院議員の会長就任を承認した。新たな役員体制も決まり、幹事長には河西敏郎県議が就任した。河西氏は県議会最大会派・自民党誠心会の所属で前の幹事長の浅川力三県議は会長代理に就任した。最大会派から幹事長を起用する一方で県有地問題で対立する会派に所属する浅川氏を会長代理に据えることで会派間のバランスを取ったとみられる。  また、森屋氏は来年の参院選の候補者を選考する委員会を来週にも立ち上げる考えを示した。年末から年明けにかけて公募を行う方針で森屋氏は「遅くとも1月下旬には候補者を決めたい」としている。

山梨 2021.12.04 19:33

初冬の甲斐路をタスキでつなぐ 山梨県一周駅伝が開幕

 初冬の甲斐路をタスキでつなぐ山梨県一周駅伝が開幕し、南アルプス市Aが初日のトップに立った。  4日は午前9時に県庁前をスタート。出場18チームが富士吉田市役所までの10区間、79.4キロで健脚を競った。レースは序盤から区間ごとに順位が入れ替わる混戦に。7区で南都留郡が一時トップに立つが、9区で南アルプス市Aが逆転。そのまま初日トップでゴールした。    2日目の5日は午前8時に富士吉田市役所をスタートし、ゴールの山日YBS本社を目指す。

山梨 2021.12.04 19:24

クリスマスや年末に向け 贈答用花きの競りが開かれる 山梨県甲府市

 クリスマスや年末に向け、贈り物用の花を取引する「お歳暮用大市」が3日、山梨県甲府市で行われた。県の内外から集まったシクラメンやポインセチアなど約500種類が競りにかけられた。  市場によると、ことしは生育が順調で取り扱い量も例年並みだが、資材や原油高騰によって価格は去年より1割から2割ほど高いという。競り落とされた花は早ければ県内の花屋に並ぶ。  なお、あさって予定されていた恒例の「松市」は市場が始まって以来初めての中止となった。松の需要低下や新型コロナによる生産地の人手不足などが要因だという。

山梨 2021.12.03 20:25

オミクロン株の国内確認で 観光地から不安の声 年末年始の客足への影響を懸念

 国内でも新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が確認されたことを受け、山梨県内の観光地からは「客足の回復に水をさすことにならないか」と影響を懸念する声が上がっている。  富士河口湖町の赤富士ワインセラーでは、紅葉シーズンの10月、11月は首都圏から多くの観光客が訪れ、売り上げはコロナ禍前の同じ時期と比べ8割ほどに回復したという。年末年始の客足にも期待しているが、オミクロン株の感染が拡大すれば影響は避けられないと警戒している。  このほか、河口湖畔周辺の宿泊施設や忍野八海周辺の売店からも、オミクロン株の感染拡大による宿泊予約のキャンセルや売り上げの減少を懸念する声が上がっている。

山梨 2021.12.03 20:22

グリーンパス提示で宴会の人数制限など緩和へ 山梨県

 11月山梨県議会の代表質問が3日行われ、長崎知事は今月中旬から新型コロナのワクチン接種や陰性証明により宴会の感染対策の規制を緩和する考えを示した。  県では先月末までワクチン接種か検査の陰性を証明するグリーンパスを提示することで、人数制限などの規制を緩和する実証実験を行っていた。  長崎知事は実証実験で行われた38件の宴会について「感染の連鎖は確認されなかった」として、今月中旬から県内全域でグリーンパスを活用した規制緩和を行う考えを示した。  グリーンパスを提示すれば、人数制限やパーティションのない形での宴会の実施が県内全域のグリーン・ゾーン認証店で可能になる。

山梨 2021.12.03 20:21

山梨・笛吹市の女性殺害 殺人やわいせつ略取の罪で男を起訴

 山梨県笛吹市で近くに住む女性を殺害したとして男が逮捕された事件で、甲府地検は男を殺人やわいせつ略取などの罪で起訴した。  殺人と監禁、わいせつ略取の罪で起訴されたのは笛吹市八代町の会社員山口正司被告(55)だ。  起訴状などによると、山口被告はことし9月、近くに住む女性をわいせつ目的で自宅敷地内の工場や車内で監禁した上、市内の林道で金属製の棒で殴り首を押さえつけて殺害したとされる。女性の死因は首を圧迫されたことによる窒息死だった。  また、甲府地検は「監禁はわいせつ目的だった」としている。処分保留となっていた山口被告の死体遺棄容疑については起訴猶予とした。  県警によると、山口被告は女性に対し一方的な好意を持っていたという。

山梨 2021.12.03 19:56

中央市の田中市長が市議会で引退を表明 山梨県

 来年3月に告示される中央市長選挙で、現職の田中久雄氏が立候補せず引退することを表明した。  中央市の田中久雄市長は3日、開会した12月市議会で次の市長選に立候補しない意向を表明した。  田中氏は2006年に中央市の初代市長に就任し、現在4期目だ。田中市長は取材に対し、退任の理由について「新庁舎建設などの公約を果たしたため」と説明した。  市長選を巡っては前副市長の望月智氏が立候補を表明していて、田中市長は3日、望月氏を支援する考えを示した。また、市議の新海一芳氏も出馬の意向を固めていて選挙戦になる見通しだ。このほか、市民団体も候補者擁立を模索している。  市長選は来年3月20日告示、27日投開票だ。

山梨 2021.12.03 19:45

甲府の住宅放火事件 逮捕の少年を精神鑑定へ 甲府地検

 山梨県甲府市で住宅が全焼し夫婦が殺害された事件で、甲府地検は逮捕された少年の責任能力を確認するため、精神鑑定を行う方針を固めたことが分かった。  事件はことし10月、甲府市蓬沢の会社員井上盛司さんの住宅が全焼し、井上さん夫婦が遺体で見つかったもの。  捜査関係者によると、逮捕された少年の供述には不可解な点もあり、甲府地検は来週中にも供述の信ぴょう性や刑事責任能力を調べる精神鑑定を行うことを決めたという。

山梨 2021.12.03 19:28

市川三郷町で住宅全焼の火事 焼け跡から2人の遺体 山梨県

 3日未明、山梨県市川三郷町で住宅一棟を全焼する火事があり焼け跡から2人の遺体が見つかった。  鰍沢警察署によると、3日午前2時半ごろ、市川三郷町楠甫の望月秀人さん(30)の家から火が出ていると、近くに住む人から110番通報があった。  火は約4時間後に消し止められたが、この火事で木造平屋建ての住宅1棟を全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。家には望月さんと69歳の母親の2人が住んでいて現在、2人とも連絡が取れていないという。  警察は遺体はこの2人とみて身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べている。

山梨 2021.12.03 11:01

オミクロン株の濃厚接触者 山梨県内在住者2人を確認 宿泊療養施設入所の措置

 山梨県は新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者のうち2人が県内在住者だと発表した。2人は感染者と同じ飛行機に乗っていて、入国時の検査では「陰性」だったが、国の要請に基づき県内の宿泊療養施設に入所した。  県によると、2人はきのうオミクロン株への感染が分かった20代男性と同じ飛行機に乗って、先月27日にカタールから成田空港に入った。2人は入国時の検査では陰性でその後、山梨に戻り自宅待機していた。  厚生労働省から連絡を受けた県は2日、要請に基づき2人を県内の宿泊療養施設に入所させる措置を取った。今後、健康観察と2日に1回のPCR検査を行うとしている。2人は現在のところ体調不良などは訴えていないという。

山梨 2021.12.02 19:37

富士急ハイランド 山梨県の運休要請に応じない考え

 山梨県富士吉田市の富士急ハイランドで先月アトラクションの利用者がけがをしたと申し出たことを受け、山梨県が当該施設の運休を求めた問題だ。ハイランド側は1日夜、けがはアトラクションと無関係だったとし要請に応じない考えを示した。  長崎知事は1日、富士急ハイランドにアトラクションの利用者が先月、「けがをした」と申し出たことを巡り、施設の運休を求めたことを明らかにした。また、説明を受けるため富士急側に来庁を求めたのに拒否したのは「不誠実な対応だ」と非難していた。  これを受け、ハイランド側は会見を開き、「医師の意見も踏まえた中でアトラクションとけがの因果関係は認められなかった」と県の要請には応じない考えを示した。また長崎知事が来庁に応じなかったことを「不誠実だ」と非難したことについては「事前に電話やメールで丁寧に説明したつもりだった」と反論した。  県の要請に法的な拘束力はなく、県の担当者は「聞き取り調査も含め対応を検討している」としている。

山梨 2021.12.02 19:36

官製談合事件を受け副町長設置へ 条例案を提出 山梨県市川三郷町

 官製談合事件と贈収賄事件で前の町長が逮捕された山梨県市川三郷町で2日、12月町議会が開会し、副町長の設置に向けた条例案が提出された。  本会議では、遠藤浩町長が副町長ポストを新設するための条例案を提出した。町は事件の背景について「町長への権限集中が一因だった」と分析していて、副町長の設置で再発防止を図る考えだ。ただ、一部の議員からは財政負担を懸念する声も上がった。  条例案は14日に本会議で審議され、可決されれば町は来年度から副町長を置く方針だ。

山梨 2021.12.02 19:34

山梨県在住者2人がオミクロン株の濃厚接触者と判明

 国内2例目となる新型コロナウイルスのオミクロン株陽性が判明した日系ペルー人男性と同じ航空機で入国した114人のうち2人が山梨県在住者であることが分かった。  山梨県によると、この2人については先月27日の入国時に成田空港検疫所が実施したPCR検査では陰性を確認しているが、厚生労働省からの連絡を受け、オミクロン株陽性者の濃厚接触者として2日中に宿泊療養施設に入所する予定だという。  また、管轄保健所での健康観察と2日に1回のPCR検査を行うとしている。

山梨 2021.12.02 14:50

中央道笹子トンネル崩落事故から9年 追悼慰霊式が開かれる

 中央道・笹子トンネルで起きた天井板崩落事故から9年が経ち、遺族が現場近くで黙とうを捧げた。  事故は2012年12月2日、山梨県大月市の中央道上り線の笹子トンネルで天井板が崩れ、男女9人が死亡したもの。  2日、トンネルの近くで事故が起きた午前8時3分に遺族が黙とうを捧げたあと、花を手向けて犠牲者の冥福を祈った。新型コロナで去年に続き、規模を縮小して行なわれた式典では、中日本高速道路の宮池克人社長が「深い反省のもと教訓を次の世代に伝えていく」とお詫びと追悼の言葉を述べた。  遺族の一人は「業務上過失致死罪での捜査は終結したが再発防止のため、会社として真相解明を進めてほしい」と語った。

山梨 2021.12.02 11:12

ヴァンフォーレ甲府が伊藤監督の退任を発表 J1昇格のジュビロ磐田の監督就任が濃厚

 サッカーJ2ヴァンフォーレ甲府は2日、3シーズン指揮を執った伊藤彰監督の退任を発表した。  伊藤監督は2019シーズンにVF甲府の監督に就任。1年目にJ2リーグ5位でJ1参入プレーオフに進出すると、翌年はリーグ4位の成績を収めた。今シーズンは、積み上げた戦術の浸透と若手選手の積極的な起用で最終節を残し3位が確定している。    関係者によると、伊藤監督は今シーズンJ1昇格を決めたジュビロ磐田の監督就任が濃厚となっている。  伊藤監督はクラブを通じ「ともに戦い、選手、スタッフとともに成長できたこと、全てが私の誇りだ」とコメントしている。

山梨 2021.12.02 11:02

ヴァンフォーレ甲府 伊藤監督退任へ

 サッカーJ2ヴァンフォーレ甲府の伊藤彰監督が今シーズンをもって退任することが分かった。  伊藤監督は2019シーズンにヴァンフォーレ甲府の監督に就任。1年目にJ2リーグ5位でJ1参入プレーオフに進出すると、翌年はリーグ4位の成績を収めた。今シーズンは、最終節を残し3位が確定している。

山梨 2021.12.01 22:00

ガソリン価格の高値水準続く 家電量販店では省エネ暖房器具が人気

 1日に発表された山梨県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は170.9円で高値のままだ。灯油も値上がりしていて、家電量販店では寒い冬を節約して過ごせる暖房器具に注目が集まっている。  石油情報センターによると、県内のレギュラーの平均小売価格は1リットルあたり170.9円で前週に比べて0.2円値下がりした。ハイオクは前週より0.2円安い182.0円、軽油は0.4円安い149.0円だった。  ただ需要期を迎えた灯油の店頭販売価格は18リットルあたり1927円で前週より5円値上がりした。  原油価格の高止まりが続く中、家電量販店では省エネや換気など多機能型エアコンが人気を集めているという。甲府市内の家電量販店によると、原油価格の高騰は電気代にも跳ね返ることから、売れ筋は、省エネ型のエアコンだという。  石油情報センターは来週の価格について、オミクロン株への懸念から渡航制限が強まり、経済回復の遅れでさらに値下がりするとしている。

山梨 2021.12.01 20:40

富士川町長選 来月16日投開票 官製談合事件で町長辞職を受け

 町発注の入札を巡る官製談合事件で町長が辞職した山梨県富士川町の選挙管理委員会が町長選挙について、来年1月11日告示16日投開票とする日程を決めた。  町選管によると、投票所の確保や立会人への依頼などに要する時間を考慮して年明けの実施に決めたという。  町長選を巡っては、これまでに県議の望月利樹氏が立候補に前向きな意向を示している。

山梨 2021.12.01 19:25

山梨県内で医療従事者3回目接種始まる 長崎知事は年末年始の県外移動に陰性証明を要請

 医療従事者を対象にした新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種が山梨県内でも始まった。  山梨大学医学部では1日、医師や看護師ら約90人が3回目の接種を受けた。大学によると、来年2月末までに学内の医療従事者や学生ら4000人の3回目の接種を終える予定だ。  大学はこれまで学外の8万9000回分の職域接種に協力してきたとし、3回目接種についても希望があれば積極的に協力したいとしている。  都内の接種会場を視察した堀内詔子ワクチン担当大臣は「3回目接種は発症や重症化の予防に有益だ」とし、国民が安心して3回目接種ができるよう進めていくとの考えを示した。  一方、国内でオミクロン株の感染者が確認されたことを受け、長崎知事が県民に注意を呼び掛けた。年末年始は人が接触する機会が増えるとし、県外に移動する際はワクチン接種もしくは検査による陰性確認をするよう要請した。県外からの来訪者にも同様の対応を求める。  また、県は第6波の感染拡大に備え、病床確保計画に「緊急対応期」としてフェーズ5を新設したことを明らかにした。入院患者が180人を超えた際に発動し、376床の病床を確保する。また、県は年内に予約なしのワクチン接種会場を新たに設置したい考えも示した。

山梨 2021.12.01 19:13

山梨県が富士急ハイランドに行政指導 アトラクション運休を要請

 山梨県富士吉田市の富士急ハイランドで利用者2人が先月、アトラクションでけがをしたと申し出た問題で、県は当該施設を当面運休するよう行政指導した。ハイランド側はけがはアトラクションとは無関係だったと主張している。  山梨県の長崎知事は1日の会見で、先月22日に富士急ハイランドが利用者2人がけがを申し出たことを発表したことを受け、安全確認が済むまで、けがをした可能性のあるアトラクションを運休するよう文書で指導したことを明らかにした。  一方で、問題説明のためハイランド側に来庁を求めたところ応じなかったとして不快感を示した。 ハイランド側は医師の意見などを踏まえ、2人のけがとアトラクションの因果関係は認められなかったとする調査結果をまとめている。

山梨 2021.12.01 19:11

民有地に大量の土砂 県条例違反の疑いで産廃業者の関係先に家宅捜索 山梨県警

 山梨県北杜市の民有地に無許可で大量の土砂を積み上げたとして、県警は1日、産業廃棄物の処理業者の関係先に家宅捜索に入った。  土砂の埋め立てに関する県の条例違反の疑いで捜索を受けているのは、北杜市須玉町の廃棄物処理業者の事務所などだ。  県の条例では3000㎡以上の盛土をする場合許可が必要だが、業者は自社の敷地内に数年前から無許可で土砂の搬入を繰り返していたとみられ、ことし10月の行政指導にも従っていなかった。  県警は再三の行政指導にも関わらず危険な状態で盛り土を放置したとして、強制捜査に乗り出した。今後、関係者に事情を聞くとともに盛土の規模や背景を調べる方針だ。

山梨 2021.12.01 19:09

山梨県内企業の冬ボーナス 増額の企業が去年の2倍に

 山梨中央銀行が発表した山梨県内企業の冬のボーナス支給見通しで「増額する」と答えた企業が去年の2倍に増えたことが分かった。  調査は10月に実施し、319社が回答した。去年冬より「増額する」と答えた企業の割合は9.3%で2倍に増えた。一方、「減額する」と答えた企業は11.9%で25.7ポイント減った。「横ばい」と答えた企業は78.8%だった。  今年度上期の県内企業の業況は受注、生産が好調な機械工業に持ち直しの動きがあったものの、コロナの影響で地場産業や非製造業は改善が遅れ全体では悪化となった。  ただ、ワクチン接種による収束への期待感などから下期の業況は好転が見込まれている。  山梨中銀経営コンサルティングは「先行きへの期待や人手不足感の高まりがボーナスの支給見通しに反映された」と分析している。

山梨 2021.12.01 17:45

同性カップルのパートナーシップ制度を導入 山梨県甲州市 山梨県内で初

 山梨県甲州市は1日、LGBTQ(=性的少数者)のカップルを公的に認めるパートナーシップ宣誓制度を県内で初めて導入した。  パートナーシップ宣誓制度は性の多様性を認め合う社会の実現を目指して、同性カップルにも婚姻カップルと同様の権利やサービスを提供できるようにする新たな仕組みだ。  申請できるのは甲州市内に在住もしくは3カ月以内に市内に転入する成人の性的少数者が対象で、互いがパートナーであることを確認するチェックリストと宣誓書に氏名、住所、生年月日などを記入すると、市がカップルとして認め受領書を交付する。認められたカップルは市内の病院での付き添いなどの際に、家族と同等の扱いが受けられるという。  制度導入は県内の自治体で初めてで、市は今後カップルが市営住宅に入居できるよう12月定例市議会に条例改正案を提出する方針だ。申請には事前予約が必要だ。

山梨 2021.12.01 16:28

高さ13メートルのクリスマスツリーがお目見え 山梨英和大学でツリーの点火祭

 山梨県甲府市の山梨英和大学で30日、クリスマスツリーの点火祭が行われた。  点火祭では学生たちが讃美歌を歌ったあと、高さ約13メートルのヒマラヤ杉に明かりが灯された。ツリーの点火は、キリストの誕生を待つ期間(=アドヴェント)の始まりを告げる行事として、大学が毎年この時期に行っている。  ツリーには平和な世の中を願う意味が込められていて、約2500個のLEDライトや電球による光がキャンパス内を幻想的に彩っている。  ツリーの設置期間は来年1月6日までで、午後4時30分から午後9時まで点灯されるということだ。

山梨 2021.12.01 12:23

山梨県内の政党と政治団体 政治資金収入が過去最少に

 山梨県内の政党や政治団体が報告した去年1年間の政治資金の収入が、過去最小になったことが分かった。  県選挙管理委員会によると、報告書を提出した621団体の収入総額は6億5761万円で前年より32.3%減少し、記録が残る1985年以降、最小だ。  県選管では「知事選や参院選に伴い資金集めが活発化した2019年の反動」と分析しているほか、県内の政党関係者は「新型コロナの影響で政治資金パーティーが減ったため」と話している。  政党別では自民党が1億9567万円と最多で次いで、共産党が1億5716万円、立憲民主党が3054万円だった。

山梨 2021.12.01 11:51

11月県議会が開会 山梨県がPCR検査数を1.7倍へ

 11月県議会が開会し、長崎知事は新型コロナウイルスのPCR検査体制について、来年3月までに現在の1.7倍に強化すると明らかにした。  県によると、県内では現在、1日あたり約1300件のPCR検査ができるが、医療機関への検査機器の配備を進め、年内には約2千件となる見込みだ。また、来年3月をめどに県衛生環境研究所に仮設の検査室を稼働させ、検査数を現在の1.7倍に当たる2300件まで増やす。  一方、30日の本会議では長崎知事が新型コロナ対策を中心にした総額50億円余りの一般会計補正予算案を提出、昨年度の一般会計決算案を付帯決議付きで認定した。付帯決議は県の公金支出について議会への十分な説明を求めている。

山梨 2021.11.30 20:32

東京五輪レスリング銀メダル 文田選手が母校で講演

 東京オリンピックレスリングで銀メダルを獲得した文田健一郎選手が30日、母校で講演し、夢や目標を持つことの大切さを語った。  イベントは母校の山梨県立韮崎工業高校が企画し、文田選手の快挙をたたえ記念碑の除幕式を行った。記念碑は高さ約1メートルで、東京オリンピックや過去の大会の実績が刻まれている。  除幕式の後は凱旋講演会が開かれ、文田選手が後輩を前に夢や目標を持つことの大切さを語った。

山梨 2021.11.30 20:32

職場の積立金16万円を盗む 市立病院の看護師を懲戒処分 山梨県富士吉田市

 山梨県富士吉田市は市立病院に勤務する男性看護師が職場内の積立金16万円を盗んだとして、停職3カ月の懲戒処分とした。  市によると、積立金は病院の職員が親睦費や慶弔費に充てる目的で毎月積み立て金庫で保管していたもの。  男性看護師はすでに全額を返金していて、30日付けで依願退職した。

山梨 2021.11.30 20:31

放射性検査薬の過剰投与問題から10年 被害者の会が活動記録の冊子を作成

 山梨県甲府市の市立甲府病院で子どもたちに放射性検査薬が過剰投与された問題の発覚から今年で10年だ。被害者の会が活動をまとめた冊子を作成し、今なお続く不安を訴えた。  この問題は市立甲府病院で当時0歳から15歳の子ども145人に放射線検査薬が過剰に投与されたもの。事件発覚から今年で10年。被害者23人と家族でつくる被害者の会は冊子を作成した。冊子には問題発覚から市と示談が成立するまでの5年間の交渉の記録や当時の思いなどがつづられている。  30日、代表者や代理弁護士らが樋口雄一市長らに冊子を手渡した。面談後の会見で被害者の父親は「健康被害がいつ発症するか分からない中終わりの見えない不安と闘っている。二度と同じような家族を出してはいけいない」と訴えた。

山梨 2021.11.30 20:29

逮捕の町長の辞職が決定 山梨県富士川町の官製談合事件

 山梨県富士川町で30日、臨時町議会が開かれ、官製談合事件で逮捕された志村学町長の辞職が正式に決まった。  富士川町の志村町長は町の農業体験施設の入札で、談合に応じる業者を事前に選ぶなどした官製談合の疑いで逮捕されている。  臨時議会では職務代理者の斎藤靖副町長が事件を陳謝した後、志村町長の辞職届に出席議員11人全員が同意し、志村町長の辞職が正式に決まった。  また、町議会は町に入札の指名選考委員会に外部の有識者を加えることや随意契約の見直しを求める提言書を提出した。  辞職に伴う富士川町の町長選挙は50日以内に行われ、望月利樹県議が立候補に前向きな意向を示している。

山梨 2021.11.30 20:16

介護施設の浴室で同僚女性を盗撮の疑い 市職員を逮捕 山梨県北杜市

 山梨県北杜市の介護施設の浴室で同僚の女性を盗撮したとして30日、北杜市の職員が逮捕された。  県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、韮崎市大草町に住む北杜市職員・三浦立希容疑者26歳だ。三浦容疑者は今月25日勤務先の介護老人保健施設の浴室で、同僚の女性をスマートフォンで盗撮した疑いだ。  調べに対し、三浦容疑者は容疑を認めているという。

山梨 2021.11.30 12:56

富士吉田市で大雪を想定した車両移動訓練

 大雪に見舞われた際に立ち往生した車を移動させる訓練が29日、山梨県富士吉田市で行われた。  訓練は山梨県などが実施したもので、県や警察などから約70人が参加した。富士吉田市内で50センチほどの積雪があり、国道などで車が立ち往生したという想定で行われた。  参加者はクレーン車などで車を移動させ、緊急車両の通行スペースを確保するまでの流れを確認していた。

山梨 2021.11.30 12:54

官製談合事件で町長逮捕の富士川町 過去の入札を検証する検討会を設置へ

 町長らが逮捕された官製談合事件を受け、富士川町は過去の入札が適正に行われていたか検証する検討会を立ち上げることを決めた。  事件は町長の志村学容疑者と元・設計事務所経営、小林一容疑者が農業体験施設の設計業務の指名競争入札で談合に応じる業者を選ぶなどした疑いで逮捕されたもの。  地方自治法では公共事業の発注は一般競争入札を原則としているが、過去3年の町の入札の99%は指名競争入札だった。町は29日、会見で契約が指名競争入札に偏っていたことや指名業者を選ぶ委員会が機能していなかったことが事件の一因にあるという認識を示した。  町は幹部級の職員で構成する検討会を来月中旬に設置し、過去の入札が適正に行われていたかや今後の入札の在り方を検証する。  一方、志村容疑者は29日、辞職届を提出し受理された。30日に開かれる町議会の同意で正式に辞職が決まる見通しだ。

山梨 2021.11.29 19:11

富士山噴火を想定した実働訓練 ハザードマップ改定後初の実施

 富士山のハザードマップ改定後初めてとなる噴火を想定した実動訓練が27日、山梨県富士吉田市などで行われた。  訓練は富士吉田市の市街地近くにある雁ノ穴火口付近で噴火したという想定で行われた。訓練では被害が拡大し避難所がひっ迫したとして、隣接する自治体に住民をバスなどで移動させる手順を確認した。  訓練の結果、車での移動は信号待ちや工事中の箇所があり想定よりも大幅に時間がかかったという。  現在の広域避難計画では国中地域などへ車を使った広域的な避難を推奨しているが、交通渋滞が発生することが懸念されている。  このため県では溶岩流が到達するエリア以外の近い地域へ、徒歩などによる避難を検討している。県では訓練で出た課題を検証し、今年度中に改定する新たな広域避難計画に反映する方針だ。

山梨 2021.11.29 19:11

膝関節手術を行う最新ロボット支援システム 山梨県笛吹市の病院で導入

 山梨県笛吹市の病院に最新の膝関節手術を行うロボット支援システムが導入された。手術時間の短縮が図られ、患者の負担軽減につながると期待されている。  笛吹市の一宮温泉病院では膝に人工関節を入れる手術でロボット支援システムを導入している。そして先月から、最新のロボット支援システムが導入された。国内では3つの病院だけで導入されている。  このシステムは赤外線カメラで患者の膝の形や可動域などを把握。そのデータを専用のタブレットに入力すると人工関節を入れるために必要となる軟骨を削る範囲を映し出する。  これまで医師は経験を頼りに軟骨を削っていたが、新しいシステムによりより正確に人工関節を入れることが可能になった。これにより、手術時間の短縮が図られ、患者の負担軽減につながるという。

山梨 2021.11.29 19:10

山梨県内で今季一番の寒さ スキー場ではゲレンデづくりが本格化

山梨県内は29日、多くの地点で今季一番の寒さとなり、鳴沢村のスキー場ではゲレンデづくりが本格化している。 甲府地方気象台によると、晴れて放射冷却が強まり、最低気温は山中湖で氷点下5.8℃、甲府で氷点下1℃と県内観測10地点のうち7地点で今シーズン一番の寒さとなった。 こうした中、鳴沢村の「ふじてんスノーリゾート」では、人工降雪機を使ったゲレンデづくりが本格化している。現在の積雪は10センチほどで、来月中旬のオープンまでに30センチを目指する。

山梨 2021.11.29 14:14

カピバラの赤ちゃん 29日にお別れ

 山梨市の万力公園で生まれたカピバラの赤ちゃんが29日、長野県の動物園に旅立つことになった。万力公園をあとにするのは3月オスの「ルーカ」とメスの「ルーナ」の間に生まれた子ども4匹のうち3匹。  28日は多くの来園者が親子そろった最後の姿を写真に撮るなどして別れを惜しんだ。カピバラは1匹に約8畳分の広さが必要だがスぺースが確保できないという。担当者は「別れはつらいが元気に成長してほしい」と話している。3匹は29日午後、長野県の飯田市立動物園に出発する。

山梨 2021.11.28 19:14

イスラム圏の留学生と交流会

 イスラム圏からやってきた留学生と親交を深める交流会が28日、甲州市の寺院で行われた。甲州市塩山にある文殊院は58年前から日本で亡くなったイスラム教の信者ムスリムの埋葬を受け入れる全国的にも珍しい寺院。このため10年ほど前からマレーシアなどイスラム圏の留学生が訪れ、ボランティアで墓掃除などを行っていて28日は交流会が開かれた。  会場ではイスラム圏の鳥料理が振舞われ留学生らがさっそく舌鼓を打っていた。文殊院の古屋和彦住職は「国際化が進む中でムスリムの文化を知る機会になってほしい」と話している。

山梨 2021.11.28 19:03

新規就農希望者の相談会を開催

 農業の担い手不足を改善しようと28日、県が新規就農希望者の相談に応じた。相談会はこれまで県が年2回開いていたが新型コロナの感染拡大で1年ぶりの開催となった。28日は県職員のほか、農業大学校やJAの担当者が希望者の相談に応じ、新規就農に必要な研修先や資金繰りの方法について丁寧に説明した。  県によると首都圏を中心に午前中だけで10人以上の参加があったという。県の担当者は「新型コロナの影響もあり山梨への移住も含めて就農を考えている人が増えているのではないか」と話している。

山梨 2021.11.28 18:59

宿泊療養 速やかな入所へ対策 山梨

新型コロナウイルスの第5波で感染者が宿泊療養施設にすぐに入れなかった事態を受け山梨県は対応策をまとめた。 ことし8月、宿泊療養施設に入る予定の感染者が最大8日間、自宅待機を余儀なくされた。 対応策では感染者を病院や宿泊療養施設に振り分ける際の基準を明確にし入院・入所までの調整の時間を短縮させる。 また感染者を搬送する車両を10台増やすことや施設内の消毒について各階の療養者全員が退所してからフロアごと行っていたものをひっ迫時には個室単位で行うという。

山梨 2021.11.27 15:18

富士山噴火に備え避難訓練 山梨

ことし3月の富士山噴火ハザードマップ改定版の公表後、初めての実動訓練が富士吉田市などで行われた。 富士吉田市の雁ノ穴火口付近で噴火したという想定で行われ、地元住民など約600人が参加した。 訓練では住民を避難所へ受け入れたり避難所がひっ迫したことを想定して隣接する自治体に住民を移動させる手順などを確認した。 具体的な噴火口を設定した実動訓練は今回が初めてで県などでは訓練で出た課題を検証する方針。

山梨 2021.11.27 15:15

倒木の下敷き 男性死亡 山梨

山梨県上野原市の山林で男性が倒木の下敷きになっているのが見つかり、間もなく死亡が確認された。 亡くなったのは上野原市川合の無職・佐藤主吉さん73歳。26日午後7時30分ごろ、自宅近くの山林で佐藤さんが倒木の下敷きになっているのが見つかった。佐藤さんはその場で死亡が確認され、死因は窒息死だった。木は全長およそ6mで佐藤さんは1人で伐採作業をしていたという。

山梨 2021.11.27 15:09

新型コロナワクチン 3回目の職域接種説明会が開かれる 実施検討団体から国の支援を求める声

 来年3月に始まる新型コロナワクチンの3回目の職域接種に向けた国の説明会が開かれた。前回に続き実施を検討する一部の団体からは国からの金銭的支援を求める声も上がった。  説明会はオンラインで行われ、国の担当者が接種までの流れを説明した。9月と10月に職域接種を実施した山梨県の笛吹市商工会はワクチン供給の遅れで接種した人数が想定の2割以下に留まり、会場費や医療従事者の人件費が負担になったとして支援の必要性を訴えた。  一方、山梨県は26日までに5000人または収容人数の半分とした大規模イベントの人数制限について、安全計画の提出などを条件に撤廃した。なお県内では26日、新型コロナの感染者の発表はなかった。感染者ゼロは4日連続だ。

山梨 2021.11.26 19:53

NPOがリサイクル学生服の販売会 新品価格の1割ほど 山梨県中央市

 不要になった制服を譲り受け格安で提供する販売会が山梨県中央市で始まった。今年はコロナで制服を着る機会が少なく高額な制服をもったいないと感じる家庭が増えているという。  販売会は県内のNPO法人が開いていて、卒業などで譲り受けた制服を市価の1割ほどで販売している。会場には県内の高校や中学校の学生服1400点ほどが用意されている。  中学で10万円、高校で20万円ほどかかるという制服。ことしは着替えの際の密を避けるため体操着で通学させた学校も多く、制服への支出を「もったいない」と感じている家庭も多いという。  販売会は中央市東花輪のNPO法人ユニフォームリサイクリングリンクの倉庫で今月29日まで開かれている

山梨 2021.11.26 19:52

都留信組にサイバー攻撃 預金残高の不正操作や個人情報の流出なし

 都留信用組合のホームページがサイバー攻撃を受けていたことが分かった。  担当者によると、都留信用組合は23日午後5時~9時ごろまで、HPが閲覧できなくなり、インターネットバンキングにアクセスできなくなった。ほかにも組合を装い、約1万4000件の不審なメールが送られた形跡もあった。預金残高の不正操作や個人情報の流出はなかったという。  都留信用組合は不審なメールが届いても開かないよう呼び掛けている。

山梨 2021.11.25 19:43

山梨大が職域接種3回目を実施へ 希望の企業や団体も対象に

 国が3月を目途に始める予定の新型コロナワクチンの3回目の職域接種について、山梨大学などが行うことが分かった。大学で2回の接種を受けた企業や団体も対象とする方針だ。来年3月20日ごろに始められるよう準備を進めているという。  大学によると、山梨大学は2回目までの職域接種で県内最大規模となる5万4000回分を接種していて、3回目についても学生や教職員に加え希望する企業や団体なども対象とする考えだ。  また、2回目までの職域接種を実施した約20の企業や大学に山梨放送が取材したところ、山梨大学のほか富士急行など4つの企業と大学が実施予定だと答えた。実施予定の企業の一つは「従業員や利用客の安全確保のため実施する」としている。

山梨 2021.11.25 19:40

新型コロナワクチン3回目接種 甲府市は来月18日から開始

 山梨県甲府市は、医療従事者を対象にした新型コロナの3回目のワクチン接種を来月18日から始めると発表した。  甲府市は25日、ことし3月と4月に2回目のワクチン接種を完了した市内の医療従事者を対象に、3回目のワクチン接種の接種券を発送したと発表した。  対象者は約2千人で、市は中心街の複合商業施設ココリの地下に集団接種会場を設置して、来月18日からワクチンの接種をスタートする。また医療機関での個別接種も実施する。  医療従事者向けの接種は来年2月頃まで続く見込みで、1月からは高齢者の接種を開始する予定だ。  市はモデル事業として初回に先行接種を行った相生地区の高齢者を含む5万5000人を対象に来月中に接種券を配布するとしている。  接種会場については、市内で約1万人が対象になると見込まれる5~11歳の子どもの接種状況を踏まえながら選定を進める考えだ。

山梨 2021.11.25 19:36

山梨県内15市町村 過去3年の指名競争入札は9割以上 「不正の温床になりうる」専門家が指摘

 山梨県富士川町の町長らが逮捕された官製談合事件は24日で1週間を迎えた。山梨放送の取材で、県内の市町村が発注する事業で不正の温床と指摘されている指名競争入札を実施している割合が9割以上だったのが15市町村に上ることがわかった。  事件は富士川町長の志村学容疑者と元・設計事務所経営、小林一容疑者が業体験施設の設計業務の指名競争入札で談合に応じる業者を選ぶなどした疑いで逮捕されている。  地方自治法では、自治体が事業を発注する際一般競争入札が原則としている。しかし山梨放送が県内27市町村にアンケート調査した結果、過去3年の契約で指名競争入札を実施した割合が「9割以上」と回答した自治体が15市町村に上ることが分かった。このうち6つの自治体はすべて指名競争入札だったと回答している。町長が逮捕された富士川町での指名競争入札の割合は約99%だった。  こうした状況について、入札制度に詳しい山梨大学の藤原真史准教授は「例外的な扱いにすべき指名競争入札に頼りすぎている。不正の温床になりうるため改善が必要」と指摘している。

山梨 2021.11.24 19:05

富士急ハイランドで観覧車のドアを閉め忘れるミス 高さは50メートル 乗客にけがはなし

山梨県富士吉田市の富士急ハイランドは24日、客が乗車した観覧車のドアを閉め忘れるミスがあったと発表した。乗客にけがなどはなかった。 富士急ハイランドよると、24日午前10時ごろ、10代の女性2人が観覧車のゴンドラに乗車したところ係員がドアを閉め忘れ、そのまま上昇した。その後、ゴンドラは1周し、待機していた別のスタッフがドアが開いているのに気付いた。観覧車の高さは50メートルで乗客にケガはなく、ゴンドラからの落下物もなかった。 富士急ハイランドでは「係員のチェックミスが原因」としたうえで「施錠が不十分だった際に緊急停止するなどのシステムを検討したい」としている。

山梨 2021.11.24 19:03

アニメに登場のガソリンスタンド 通行止めで売り上げ減少で「ゆるキャン△」ファンが支援

 土砂崩落の影響で通行止めが続く国道300号沿線のガソリンスタンドに支援しようと、アニメファンが給油に訪れる動きが広がっている。  山梨県身延町を通る国道300号沿いにある三沢屋石油。こちらのガソリンスタンドはことし8月の大雨による土砂崩れで通行止めになっている区間にほど近く、交通量が大幅に減少している。このため店の売り上げが大きく減少しているという。  こうした状況に手を差し伸べたのは、アニメ「ゆるキャン△」のファンだった。スタンドが原作のモチーフとして登場していて、現状を知ったファンの一人がSNS上でこの店での給油を呼び掛けると、徐々に支援の輪が広がった。  スタンド側も訪れるファンに喜んでもらおうと、キャンプ用の薪を相場の半額で販売するなど、ささやかな「おもてなし」をしている。三沢屋石油では「厳しい状況が続くが周囲の支援を支えに営業を続けていきたい」としている。

山梨 2021.11.24 19:01

昆虫食の自動販売機が登場 イナゴやゲンゴロウなど9種類 山梨県昭和町

山梨県昭和町でちょっと変わった自動販売機が登場した。販売しているのは食べられる昆虫だ。 JR身延線常永駅の近くにある自動販売機コーナーでは、イナゴやゲンゴロウ、コオロギクッキーなど食べられる昆虫やその加工品、合わせて9種類を販売している。昆虫はタンパク質などの栄養価が高いとされ、世界の食料不足が懸念される中注目されている。 自動販売機は近くで居酒屋を営む女性が地域の話題になればと設置したもので、設置してから1カ月で30件ほどの利用があったといい、売れ行きを見ながら商品の内容を変えていきたいとしている。

山梨 2021.11.24 19:00

ことし最後の祝日 県内の行楽地にぎわう

 ことし最後の祝日となった23日、新型コロナの感染者が減少傾向にある中、県内の行楽地は多くの人でにぎわった。  忍野村の忍野八海にある観光案内所によると秋の行楽シーズンは新型コロナの感染拡大が一段落した影響で人出がコロナ禍前の水準に戻りつつあるという。  23日も県の内外から多くの人が訪れ、爽やかな秋の1日を楽しむ姿が見られた。平日は、感染対策のため行き先を変更した修学旅行の団体客が全国各地から訪れ、ことしの秋は平年並みの売り上げが見込まれるという。  一方、ことし87回目を迎えた甲府えびす講祭りは感染防止のため、去年同様に神輿や青空市の開催は見送られた。それでも中心商店街の人気商品を集めた「福袋」は開始15分で、用意した300袋分の整理券がすべて無くなった。  甲府市中心街などでは来月5日まで98の店舗で割引サービスやレシートラリーを行う「甲府えびすバザール」が開かれている。

山梨 2021.11.23 20:13

逮捕された少年「気付かれ抵抗された」された

 甲府市で住宅が全焼して夫婦が殺害された事件で、逮捕された少年が「就寝中を狙ったが、夫婦に気付かれ抵抗を受けた」と話していることが分かった。  事件は先月12日未明、甲府市蓬沢の会社員井上盛司さんの住宅が放火され井上さん夫婦が遺体で見つかったもので、警察は井上さんの長女の知人だった19歳の少年を殺人の疑いで逮捕している。   捜査関係者によると少年は「就寝中を狙ったが、夫婦に気付かれ抵抗を受けた」と話し、夫婦の遺体からは争った際にできたとみられる傷が確認されたという。また、事件当時、争う声を聞くなどした姉妹は2階のベランダから難を逃れたが、少年は姉妹を探しに2階に向かったものの見つけることができず、その後、家に火をつけたとみられることが供述などから新たに分かった。  少年は「一家全員を殺そうとした」と供述していて警察は夫婦の強い抵抗で当初の目的を果たせなかったとみて捜査している。

山梨 2021.11.23 20:08

職域接種は3回目もモデルナ製ワクチン

 国は新型コロナワクチンの職域接種について3回目の接種もモデルナ社製のワクチンを使う方針を明らかにした。来年3月に接種を始める方針。  厚生労働省は職域接種の3回目について1回目、2回目と同じくモデルナ社のワクチンを使用する想定。主に1、2回目の接種を行った企業が対象で、来月中旬以降に申し込みを受け付ける予定。   職域接種の開始時期は来年3月を想定していて山梨県は現在1回目、2回目の接種を実施した企業や大学など29団体に意向を聞き取っている。  なお自治体に割り当てられるワクチンはファイザー社製が来月13日の週と20日の週に合計8万7750回分が県内分として配送され、モデルナ社製は来年1月24日の週に合計11万9700回分が配送される予定。県は自治体が実施するワクチン接種について同一会場でファイザー製とモデルナ製の2種類が混在する混乱を避けるため当面、年度内の接種はファイザー社製1種類を使用する方針。

山梨 2021.11.23 20:05

県下戦没者慰霊祭 2年ぶりに開催

 県下戦没者慰霊祭が23日、2年ぶりに開催され、参加者は改めて戦没者の霊に非戦を誓った。  慰霊祭は1957年から毎年開かれていたがコロナで去年は開催が見送られた。時期を半年遅らせ参加者も半分に減らして開催にこぎつけたことしの慰霊祭では県遺族会の久保川博芳理事長が慰霊の言葉に続いて非戦を誓った。  遺族会の会員は高齢化などでここ数年は年に1割ほどのペースで減少しているという。遺族会の久保川理事長は「肉親が伝える戦争体験は心に届く。このままでは戦争の悲惨さを伝える機会がなくなってしまう」と危機感を募らせている。

山梨 2021.11.23 20:02

大学生らを対象に就職説明会

 再来年春に卒業予定の大学生らを対象とした就職説明会が23日、昭和町で開かれた。説明会には県内企業など約70社が参加し、会社の特徴や仕事内容を学生に説明した。  コロナの状況改善で多くの企業は対面での面接機会を増やす予定だという。学生からは募集がコロナ禍前より少なく希望職種に就職できるか不安の声も聞かれた。説明会は来年5月までに8回実施する予定。

山梨 2021.11.23 19:58

甲府市の住宅放火 少年を殺人容疑で再逮捕

 甲府市で住宅が全焼し、焼け跡から夫婦が遺体で見つかった事件で、県警は22日、19歳の少年を殺人の疑いで再逮捕した。少年は容疑を認め「一家全員を殺そうと思った」などと供述しているという。  殺人の疑いで再逮捕されたのは、この家に住む長女の知人で19歳の少年だ。事件は先月12日未明、甲府市蓬沢の会社員井上盛司さんの住宅が全焼し、井上さん夫婦が遺体で見つかったもの。  県警は少年について、出火直前にこの家の次女の頭を殴った傷害容疑と、住宅に火をつけた現住建造物等放火の容疑で逮捕していた。  そして、22日、井上さんの住宅内で夫婦を刃物で突き刺すなどして殺害した疑いが強まったとして再逮捕した。県警は会見を開き、少年が容疑を認め「一家全員を殺そうと思った」などと供述していると明らかにした。 警察は、一方的に長女に好意を寄せた少年が恨みを募らせて犯行に及んだとみている。  県警によると、少年は「被害者家族の跡をつけて家を特定した」などと供述しているという。また、数日前から凶器やライター用のオイルを準備していて、証拠隠滅のために放火したものとみられている。

山梨 2021.11.22 19:48

県 3回目接種 ファイザー社製使用の方針

 来月から始まる新型コロナワクチンの3回目接種について、山梨県は来年3月ごろまではファイザー社製を使用する方針を明らかにした。国はモデルナ社製との交互接種も可能としているが、実施主体となる市町村の混乱を防ぎたい考えだ。  3回目のワクチン接種は原則として2回目接種から8カ月経過した人が対象で、ファイザー社とモデルナ社のうち1、2回目と異なるワクチンを打つ交互接種も可能となっている。  こうした中、県は来年3月ごろまでは原則、ファイザー社製のワクチンを使う方針を決めた。誤って違うワクチンを接種するなど現場での混乱を防ぐためで、市町村にも周知を図る。ただ、市町村が希望すれば2月からモデルナ社製の使用も可能だという。  一方、来年2月にも始まる5歳から11歳のワクチン接種について、県は、県内の対象者が約4万5千人になると明らかにした。個別接種を推奨することとし、小児科医らに協力を要請する方針だ。  このほか、1、2回目の接種を職域接種で実施した企業や団体には3回目も職域接種を行うよう働きかける。  また、県は22日、新型コロナの対策本部会議を開き、今月末までとなっていた県民への協力要請について来年3月末まで延長することを決めた。基本的対策の徹底などの継続を求める一方、家庭内でのマスク着用は要請から除外した。

山梨 2021.11.22 19:46

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース