長野のニュース

大雨被害の上高地線 田川橋梁の本格的な復旧工事始まる 来年6月の全線運転再開目指す【長野・松本市】

8月の大雨で運転見合わせとなっているアルピコ交通上高地線で運転再開を目指した本格的な工事が始まりました。 8月の大雨の影響により傾いたアルピコ交通上高地線の田川橋梁。6日午前から河川の中での工事が始まりました。工事用の重機を設置するために砂利などを運び、川の流れを変える作業をしていました。 田川橋梁は西松本駅と渚駅の間にあり上高地線は現在も松本-渚間で運転見合わせとなっています。 工事費は2億6345万円でそのうちおよそ1億円をアルピコ交通が、残りは松本市が負担します。 アルピコ交通では来年1月には橋げたの撤去、2月には傾いた橋脚を撤去し6月には全線での運転の再開を目指したいとしています。

長野 2021.12.06 11:55

【長野】新型コロナ3人感染 複数人は28日ぶり

新型コロナウイルスについて、長野県内では5日、新たに3人の感染が発表された。 新たに感染が確認されたのは軽井沢町に住む40代から80代の男女3人。 2人はこれまでの感染者と同居していて、1人は感染経路がわかっていない。 県内で1日あたりの新規感染者が複数人となるのは、先月7日以来28日ぶり。

長野 2021.12.05 19:28

【長野】厄除け「蘇民将来符」作り始まる

上田市にある信濃国分寺では5日、蘇民将来符作りが始まった。 蘇民将来符は、まつった家は厄災を逃れ、代々繁栄するといわているお守りだ。 500年以上の伝統があり。閑散期の副業として農家の男性がドロヤナギを削って作るのが習わしとなっている。 5日は11人が専用の包丁などを使い、作業に当たった。 大きさは9センチから24センチまであり六角形に整えられた後、塩入法道住職が墨で文字や図柄を書き入れた。 蘇民将来符は、年明けまでに1万2千本が作られ、来月7日から行われる八日堂縁日に並ぶという。

長野 2021.12.05 19:18

新型コロナ新規感染者1人 5日ぶり【長野】

新型コロナウイルスについて長野県内では4日、新たに1人の感染が発表されました。県内で新規感染者が発表されるのは5日ぶりです。 新たに感染が発表されたのは、軽井沢町の60代の男性1人です。 軽症で、県内の感染者の累計は8886人となっています。 県内の新規感染者の発表は、先月29日以来5日ぶりです。 県は新たな変異株「オミクロン株」について、新規感染者のスクリーニング検査を実施し、感染の可能性を調査するとしています。

長野 2021.12.04 16:55

ゼロカーボン社会を目指して 学んで楽しむ環境メッセ【長野】

二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボン社会」を目指したイベントが4日、長野県飯田市で始まりました。 環境への取り組みを進める企業や学校など、およそ50の団体が参加。 電気自動車やバスのほか、飯田OIDE長姫高校の生徒たちが作った、電気エネルギーで走る競技車両など、環境にやさしい乗り物が     注目を集めていました。 「南信州環境メッセ2021」は5日まで開催されます。

長野 2021.12.04 15:54

来春の御柱大祭へ向けて柱の切り倒し 生島足島神社【長野】

長野県上田市では4日、来年の春に行われる生島足島神社の御柱大祭に向けて、柱を山から切り出す作業が行われました。 木やり 「さーさーお願いだー」 上田市で行われた、生島足島神社の御柱用の木の伐採。 斧入れ儀式のあと、チェーンソーを使って長さ18メートル、樹齢およそ150年のアカマツの巨木を切り倒しました。 生島足島神社 御柱大祭委員長松沢繁樹さん 「これからが一番だなと身が引き締まる思いですね。なんとかコロナが収まって、御柱大祭ができればなというその思いだけですね」 生島足島神社の御柱大祭は、来年4月に予定されていて、3月には山から柱を運び出す「山出し」が行われます。

長野 2021.12.04 14:35

忘年会シーズン 飲酒運転防止の取り締まり【長野】

忘年会シーズンを迎え、飲酒運転による事故を防ごうと、3日夜、長野県内で一斉取り締まりが行われました。 3日午後10時頃、長野市では、長野中央警察署の署員など15人が、通行する車両を止め、ドライバーの呼気にアルコール反応がないか検査しました。 長野県内で今年発生した飲酒運転による事故は、2日までに37件で、3人が亡くなっています。 過去5年、年末年始に飲酒運転の事故が多発していることから、警察は毎週金曜日の夜を中心に、今月いっぱい県下一斉取り締まりを行います。 この日の飲酒運転の摘発は2件でした。

長野 2021.12.04 11:42

木曽町で震度3を観測 被害報告なし【長野】

4日朝、木曽町で震度3を観測する地震がありました。この地震による被害の報告は入っていません。 気象庁によりますと、4日午前7時29分ごろ、長野県南部を震源とする地震がありました。 震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは2.8と推定されています。 この地震で木曽町では、震度3が観測されました。 県によると、被害の報告は入っていないということです。

長野 2021.12.04 11:37

教室がアミューズメントパークに!児童が企画・準備した「祭り」 大盛り上がり【長野・飯田市】

普段勉強する教室がまるでアミューズメントパークに。長野・飯田市の竜丘小学校では児童たちが企画・準備してきた祭りが開かれました。 飯田市にある竜丘小学校を舞台に3日、行われたのは「丘の子祭り」。高学年の児童が所属する委員会ごとに企画したアトラクションやゲームなどのブースを児童全員で楽しむ恒例行事です。 中でも最もにぎわっていたのが保健委員会が企画した「バイキンたたき」。バイキンカードを狙い段ボールを筒状にした棒でたたきます。 また、清掃委員会はほうきを使ったゲームを考案。 児童は 「線のところから的に向かってほうきでごみを掃いてもらいます。3回打つことができます。」 その名も「ほうきでねらえ!」ガムテープで丸めたボールをほうきで飛ばし、的の中心に近づけば高得点をゲットです。 田中琉昌 児童会長 「全校のみんなが楽しんでくれたらいいなという思いでやってきました。がんばって計画した甲斐があるなと思います。」 校舎内にはコロナ禍を暗い雰囲気を吹き飛ばすような児童の笑い声が響き渡っていました。

長野 2021.12.03 19:27

全国で2番目の多さ 長野県内121か所 危険踏切の改良は課題山積

遮断機や警報機がない「第4種踏切」。事故が多発しているとして総務省は今週、廃止または遮断器を付けるなどの改良に積極的に取り組むよう国土交通省に勧告しました。しかし問題の解決は容易ではありません。 「カンカン…」街中で良く見かける踏切。遮断機と警報機が設置されています。その一方で…。 保坂和秀 記者 「手の幅ほどの路地。この先の踏切には、警報機も遮断器もありません。」 これは「第4種踏切」と呼ばれるもので全国2603か所にあり、踏切全体のおよそ8パーセントを占めています。 実はこの「第4種踏切」。総務省・行政評価局が調べたところ、警報機と遮断機のある「第一種」踏切に比べ1.7倍も多く事故が起きているというのです。 近所の人は 「最初はダンプカーと電車がぶつかって、その次もまた1週間後にもまた事故があったんですよね。」 2013年4月5日上田市の上田電鉄別所線にある第4種踏切では8年前、列車と車がぶつかる事故がありました。その20日後も同じ踏切で同じような事故が起きています。その後、この踏切は車両通行止めとされましたが現在でも多くの住民が利用しています。 近所の人は 「昔から通り慣れているからどうしても通っちゃうよね」 子連れの母親は 「子供がいるので1回止まってよく見て渡りましょうって言いながら(渡る)。」 総務省は今週、この第4種踏切について廃止、または遮断機をつけるなどの改良に積極的に取り組むよう国土交通省に勧告しました。 長野県内には121か所あり全国で2番目の多さです。全59か所の踏切のうち19か所が第4種踏切として残っている上田電鉄別所線。遮断器などの新設には2千万円以上かかることから今のところ改良の予定はありません。 限られた経営資源をより交通量の多い第一種踏切の改修に充てています。 上田電鉄 担当者 「踏切更新は毎年1か所から2か所、新しい物に更新しております。警報灯がLED化されて新しくなりますので車とか歩行者が踏切を発見しやすくなる。」 地元の住民にとっては“生活道路”となっている場合も多い「第4種踏切」。 住民は 「無くなるのはやっぱり困るから、現状の形で使わしていただけるのが一番私としては便利ですけどね。」 今回の調査では「事故が起きないと廃止に向けた協議を進められない。」といった実情も明らかになりました。 国交省は「踏切の安全確保には地元自治体の協力が不可欠で一層取り組みを進めたい。」としています。

長野 2021.12.03 17:38

安曇野・穂高神社 境内包む優しい光 8000本の竹に火を灯す【長野】

竹の中で灯る温かい光が境内を包み込んでいます。安曇野市の穂高神社では3日から冬の風物詩安曇野神竹灯が始まりました。 「安曇野神竹灯」は冬の安曇野市に人を呼び込もうと安曇野市内の宿泊施設などで作る実行委員会が2011年に始めたもので今では安曇野市の冬の風物詩となりました。 今年はおよそ8000本の竹に火が灯され温かい光を境内を包み込んでいます。 竹は穂高神社の御祭神のひとつ穂高見命の姉がまつられている祖母山がある大分県竹田市のNPO法人から譲り受けました。 点灯は5日までの午後4時から8時までとなっています。

長野 2021.12.03 17:14

新型コロナ 長野市の50代男性が東京で感染確認 アメリカとの往来歴あり【長野】

新型コロナウイルスについて長野県内では新たな感染者の発表はありませんでした。一方で長野市に住む50代男性が東京都で感染が確認されました。男性はアメリカとの往来がありました。 東京都で感染が確認された長野市に住む50代の男性は軽症で長野県内の病院に入院しています。東京都で届け出たため県内の感染者としてには含まれません。 この男性はアメリカから帰国した際に陰性が確認されていましたが隔離期間中にあらためて検査したところ陽性と判明しました。必要な隔離措置をとり他人との接触はないということです。 長野市保健所によりますと今後、男性から採取した検体がオミクロン株かどうかを含め詳しい検査が行われる見通しです。

長野 2021.12.03 16:40

園児がクリスマスツリーの飾り付け 伝統工芸品のわら細工など飾る【長野・飯山市】

クリスマスまであと3週間。長野県飯山市のJR飯山駅では地元の園児たちがクリスマスツリーの飾り付けを行いました。 JR飯山駅でクリスマスツリーの飾り付けを行ったのは地元「しろやま保育園」の園児およそ20人です。 北陸新幹線が金沢まで延伸してから毎年行われていて3日のきょうは高さ3メートルのツリーに先生や駅員の力を借りながら飯山地方の伝統工芸品である内山紙や温井のわら細工などを飾り付けました。 「3、2、1点灯。」 ツリーが完成した後は飯山駅の箱山駅長から子供たちにお菓子のプレゼントが渡されました。 クリスマスツリーは今月25日まで飾られる予定です。

長野 2021.12.03 14:08

全国高校駅伝 佐久長聖が練習を公開 今年は3位以内目指す 大会は26日【長野】

12月26日に京都で開かれる全国高校駅伝に出場する佐久長聖高校が3日、練習を公開しました。 全国高校駅伝に24年連続で男子の県代表として出場する佐久長聖。3日は全国大会に出場登録された1年生から3年生の10人がトラックで走り込みなどを行い、1時間ほど汗を流しました。 去年は途中2位まで順位を上げながらも、徐々に落とし5位でフィニッシュ。今年は3位以内を狙います。 チームは18日に出発し滋賀で合宿を行ったあと、23日に京都に入ります。大会は26日に開かれます。

長野 2021.12.03 12:25

山梨・和歌山で震度5弱の地震 長野県内は震度2や1を観測 1週間は同規模の地震に注意を【長野】

3日午前、山梨と和歌山でいずれも「震度5弱」を観測する地震が相次ぎ長野県内では広い範囲で震度2や1を観測しました。気象庁は「2つの地震に直接的な関係はない」としています。 気象庁によりますと3日午前6時37分ごろ山梨県東部・富士五湖を震源とする強い地震がありました。震源の深さは20キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4点8と推定されています。 山梨で震度5弱を観測したほか長野県内では上田市や小諸市などで震度2、広い範囲で震度1を観測しました。 また、午前9時28分ごろには和歌山県でも最大震度5弱の地震が発生し長野県内では根羽村で震度1を観測しました。県によりますと県内での被害の報告は入っていないということです。 また、気象庁は「2つの地震に直接的な関係はない」とした上で1週間程度は同じ規模の地震に注意するよう呼び掛けています。

長野 2021.12.03 12:19

中高生が地元の駅を飾り付け 2000球のライトでクリスマス仕様に【長野・飯綱町】

長野・上水内郡飯綱町の牟礼駅は2日きょうからクリスマス仕様となりました。飾り付けを行ったのは地元の中高生です。 2日午後4時すぎ飯綱町にある北部高校と飯綱中学校の生徒がしなの鉄道牟礼駅に集まりました。生徒たちは、地元の人に楽しんでもらおうと毎年、駅の飾り付けを行っています。取り付けるのはおよそ2000球のライト。高いところは、生徒を肩車で。1時間半ほどかけて全て取り付けました。 生徒は 「牟礼駅の道通ってきれいだなとか心温まってもらえたらいいなと思っています。」 生徒は 「去年は外側だけだったんですよ、外側と待合室のみ。駅の中を装飾することはまずなかったので今年は駅の中もやろうということで駅の中も装飾しました。」 イルミネーションは12月26日まで点灯するということです。

長野 2021.12.02 18:23

新型コロナでカレー店閉店 鹿肉レトルトカレーで再起をかける

新型コロナの影響で今年3月に閉店した長野市のカレー店。店主が再起をかけ、形を変えて自慢の味を伝え続けています。 カレーを煮込んでいる長野市の小平理貴さん。長野市のある場所を間借りして作っています。 なぜ、間借りしているのかというと。 小平さんは今年3月までカレー専門店を営んでいました。去年4月にオープンし、話題のスパイスカレーが看板メニューの店舗でした。場所は善光寺の参道から伸びる長野市の中央通りの一角で、県内有数の繁華街、権堂。しかし、新型コロナの感染拡大で客足は途絶え、繰り返される時短要請で経営が苦しくなり、オープンから1年経たずに店を閉めました。 小平理貴さん 「飲食店をいったんやめるというのが苦渋の決断ではあったんですけど。やはりコロナの間はお店でやるのが厳しかった。」 窮地に立たされていた小平さんに一筋の光が差し込みました。鹿肉を使ったレトルトカレーづくりを、小平さんが任されたのです。 県と、長野市に店舗を持ち全国展開しているセレクトショップが開発したもので10月から店頭に並んでいます。県職員、宮嶋さんの紹介でした。 県鳥獣対策・ジビエ振興室 宮嶋拓郎さん 「小平さんもお店をたたむけど缶詰とかレトルトという方向で技術を生かしてもらえるし県庁としては長野県のジビエをコロナの人流の変化にあわせたり新しい切り口で発信できるなということで取り組むことにしました。」 長野県内では2万5000頭もの鹿が捕獲されていますが、そのうち4分の1しか食用などに加工されていません。おしゃれな店に置くことで若い人にもジビエに興味をもってもらい、有効活用して有害鳥獣対策につなげようという狙いです。 フリークスストア長野店 梶原敏之店長 「ライフスタイルの一環として手にとっていただきたいなとの思いから作らせていただきました。」 自宅で温めて、小平さんの店の味さながらのカレーが楽しめます。こちらはトマトをベースに味付けし鹿肉を使ったスパイスカレー。 店を構えることはかなわなくても、食卓で自分のカレーを味わってほしい。エプロンは店の時と同じものを使い続け、変わらぬ情熱を注ぎ続けています。 小平さん 「お店をやめてから半年ほどかけてやっとこれが自分のつくったものだということで世の中に発信できたということは大きな経験でもありました。規模は小さくなりましたけど継続できていることが良いことなのかなと感じている。」

長野 2021.12.02 17:43

新型コロナ長野県内 3日連続新規感染者ゼロ 帰省する人に無料でPCR検査実施 

新型コロナウイルスについて2日、長野県内では新たな感染者の発表はありませんでした。 新たな感染者の発表がないのは3日連続です。長野県内の感染者は累計で8885人となっていて1人が入院しています。 一方、長野県は年内に県内に帰省する人のPCR検査を無料で行うと発表しました。 2回目のワクチン接種が済んでいない人が対象で申し込み時点で濃厚接触者になっていないことなどが条件となっています。 予約は6日から始まり長野県は、実施によって感染の再拡大を防ぐことを狙っています。

長野 2021.12.02 17:42

長野市議会開会 荻原市長「元気な長野市を」就任後初の市議会で所信表明【長野】

長野市の荻原健司市長が就任後、初めてとなる市議会の定例会に臨みました。荻原市長は「元気な長野市を作っていきたい」と所信表明しました。 2日、開会した長野市議会の12月定例会。11月に就任した荻原健司市長は今後目指す長野市について所信を表明しました。 荻原健司市長 「市民生活と地域経済を守るための施策を着実に実施し元気な長野市を創ってまいりたいと考えております。」 新たな変異株「オミクロン株」などで感染の再拡大が懸念される新型コロナについては「3回目のワクチン接種を着実に進める」とし社会経済活動の再開に向けて大規模イベントなどの感染症対策を専門的に助言する組織を年内にも設置するとしました。 また、子育て支援策として公約に掲げていた「子育て総合支援センター」を早期に設置し子どもの貧困などの課題に取り組むとしています。 荻原健司市長 「有権者の皆さまが公約を選択して私当選させていただいたと理解しています。公約をしっかり一つ一つ実現していきたいと考えています。」 12月定例会は20日まで開かれ低所得の子育て世帯への市独自の給付金などを盛り込んだ補正予算案などが審議されます。

長野 2021.12.02 17:42

信州リゾートテレワーク体験プレスツアー 寺で瞑想そして仕事 取材しながら体験も【長野・諏訪市】

リゾート地で仕事をし休暇も楽しむ「リゾートテレワーク」を進めようと長野・諏訪市でメディア向けの体験会が開かれています。 諏訪市の仏法紹隆寺で瞑想をしているのは東京のIT企業で働く4人の会社員。その様子を都内のweb会社の担当者が取材します。 これはコロナ禍で普段の職場や居住地から離れた場所で仕事をし休暇も楽しむ「リゾートテレワーク」の普及を目指す、県が開いたものです。テレワークを行っている様子を取材しながら自らもテレワークを体験してもらおうという試みです。 瞑想の後は別室で仕事に取り組む様子を取材していました。午後には地元企業との交流会などテレワークについて話し合うということです。

長野 2021.12.02 12:18

国内初 地上式ガソリンスタンド開所式 過疎地域の給油所の新たな形態【長野・売木村】

長野・下伊那郡売木村では国内初となる地上にタンクを設置したガソリンスタンドの開所式が行われました。 地上式ガソリンスタンドの開所式には村の職員などが参加しました。去年7月から営業していましたが、新型コロナの影響で開所式は延期となっていました。 村唯一のガソリンスタンドは住民有志などが経営をしてきましたが、地下タンクの更新におよそ5000万円かかることから村は維持費が抑えられる地上タンクの導入を決定。 地上タンクは、経済産業省が進める給油所過疎地対策事業の一環で、神奈川県の業者から借り、過疎地域における給油所の新たな運営形態として注目されています。

長野 2021.12.02 12:14

国宝 松本城 レーザーマッピングで彩る イルミネーションイベントは来年2月28日まで

松本市の国宝・松本城が赤く彩られています。松本市街地で1日からイルミネーションイベントが始まりました。松本城はレーザーマッピングが使われ、光の線が音楽に合わせて変化する光のショーが楽しめます。 松本城では午後5時半から点灯式が行われ、東京オリンピックの閉会式に登場して話題となった松本市出身のアオイヤマダさんがパフォーマンスを行いました。このレーザーマッピングは現在・過去・未来の3つのテーマで冬の松本城を彩ります。 1日から毎日午後6時から9時まで投影されます。 この取り組みは松本市街地を光で彩るイルミネーションイベントで千歳橋や大名町通りなどにも光が灯ります。 松本市街地のイルミネーションイベントは来年2月28日まで行われます。

長野 2021.12.01 17:57

新型コロナ 医療従事者対象にワクチン接種3回目始まる【長野】

新型コロナウイルスについて1日、国内2人目となる「オミクロン株」の感染者が確認されました。こうした中、長野県内ではワクチンの3回目の接種が、医療従事者を対象に始まっています。 3回目のワクチン接種が始まったのは、全国の医療機関で働く医療従事者です。上田市にある信州上田医療センターでは、院長など6人が順次、接種を受けました。 あす2日からおよそ480人への接種を進め来週8日までには3回目の接種を終える予定です。 信州上田医療センターの藤森実院長は、職員への接種後の調査で、接種8か月後の抗体は3か月後に比べてほぼ半減していたとして3回目接種の重要性を強調しました。 藤森実院長 「接種8か月後の抗体は明らかに減少する。そういった意味で3回目接種は大変重要な意味を持つもの。」 また、日本でも確認された「オミクロン株」については現状のワクチン接種で確実に抗体を上げていくことが重要だとしました。 ワクチンの3回目接種は、2回目の接種完了から、原則8か月以上となっています。来年1月からは、65歳以上の高齢者。3月からは、企業などの職域でも始まる見通しです。 一方、新型コロナウイルスについて長野県内では1日、新たな感染者の発表はありませんでした。発表がないのは30日に続き2日連続です。

長野 2021.12.01 17:43

台風19号災害 被災した人対象の「災害公営住宅」への入居始まる 残り7戸募集継続【長野・長野市】

おととしの台風19号災害から2年余り。長野・長野市が建設した災害公営住宅で1日から入居が始まり、被災者にとって安定した生活基盤を取り戻す第一歩となりました。 入居が始まったのは長野市豊野町に完成した災害公営住宅美濃和田団地です。1日のきょうは23世帯が鍵を受け取り荷物を運び入れるなどしました。 災害公営住宅はおととしの台風19号災害により住宅の再建が難しい被災者のために長野市が建設したもので73世帯が入居できます。 生まれ育った豊野町で被災しその後は中野市で暮らしていた水上和男さん故郷に帰りたいと災害公営住宅への入居を決めました。 水上和男さん 「元々住んでいたところに戻ってくることができたので、頑張っていかないとなあと思います。」 また、豊野町の自宅が浸水した佐藤武男さんもおよそ2年ぶりに地元に帰ってきました。 佐藤武男さん 「災害のことは忘れることは絶対できない。あのときいろんな人に助けられたりしたので、その気持ちを忘れずにいろんなものに協力しながら生きていければなと思っています。」 災害公営住宅は66世帯の入居が決まっていて残り7戸については長野市が募集を続けています。

長野 2021.12.01 16:58

「幸の多い年に」国宝 善光寺で正月行事の始まり告げる「御注連張り」【長野・長野市】 

今年も残すところあと1か月となりました。長野市の善光寺では正月行事の始まりを告げる儀式「御注連張り」が行われました。 午前8時前、善光寺の宿坊の1つ向佛坊にしめ縄が張られました。これは善光寺の正月行事の始まりとなる「御注連張り」です。 300年以上続く儀式で正月行事を取り仕切る宿坊の門にしめ縄を張るのが習わしとなっています。 善光寺 向佛坊 若麻績宗亮住職 「来る年が皆様に幸の多い年であることを願いながら堂童子の当役を務めさせていただきます。」 「御注連張り」のあとは住職がお経を唱え正月行事の始まりを告げました。 善光寺では12月14日に本尊の善光寺如来の年越しの儀式「御越年式」が28日におすす払いなどが予定されています。 一方、長野・松本市の松本城では毎年恒例の冬囲いが行われました。 冬囲いは城の美化などに協力する松本古城会のメンバーなどが1994年から毎年12月1日に行っています。 参加した10人が50株のボタンにわらで編んだ雪よけわらぼっちをかぶせていました。 参加した人は 「春になって花が咲いてくれればうれしい。言うことないですよね」 また、雪の重みで松が折れないよう「雪吊り」を施し本格的な冬の到来に備えました。松本城では今後門松飾りやすす払いなど正月に向けた準備が始まります。

長野 2021.12.01 12:28

冬限定のスイーツ バナナボート 9割が「好き」愛して止まないソウルフード【長野・飯山市】

長野・飯山市のさまざまなお店で冬限定で地域おこしのために販売されているスイーツが人気です。50年前から販売を始めた和菓子店のバナナボート。今では食べ比べができるほど飯山の冬の味覚になっています。 飯山市で人気の洋菓子専門店。ショーケースの中には季節の果物を使った色とりどりのケーキが並べられています。開店直後からお目当てのスイーツを求めてにぎわいます。その中で人気なのが「バナナボート」と名付けられたスイーツです。 客は 「おいしいんですよー、今の時季しかないのでね、なくなりますよ。お急ぎください」 甘い香りが漂う厨房では大勢のパティシエが忙しくケーキを作っています。元は明治時代から続く和菓子店でしたが37年前、洋菓子店に舵を切ったのがオーナーパティシエの平野信一さんです。 平野さん 「カスタードと練乳クリームが入っているのが特徴だとおもいます。やっぱり普通の和菓子屋さんがやっているものと一味違わなくちゃいけないかなと思って始めたのがきっかけですけど」 和菓子屋さんでも売っているというバナナボート。実は、北陸新幹線延伸で飯山駅の開業を控えていた10年ほど前、地域の名物を作ろうとバナナボートに注目。 飯山観光局 「城下町なんですね、飯山ってね。和菓子屋さんがもともと多くてそこから洋菓子屋さんに転向したりとかで結構スイーツの町なんですよ。バナナボートははずせない。というような、なんていうかソウルフードっていうのかな本当に市民に昔からなじみのあるお菓子ですのでこれはなんとか取り上げられないかというふうに思いました。」 現在バナナボートは飯山市の8店舗で販売されていてこの老舗和菓子店でも毎日作られています。 喜楽堂店主 「うちのはカステラが柔らかいっていわれてお買い求めになる方がいますので、生クリームは甘さ控えめの生クリームで」 飯山市 「過去からの盛り上がりもあるし最近の盛り上がりもあるんですがスキーで来たついでに買って、っていうのは、声がけっこうちらほら聞こえてきてますのでわりと盛り上がりというか定着が観光でも定着化してきたかな、と思います。」 観光局が飯山市の人を対象に「バナナボート」についてアンケート調査を行ったところ9割が「好き」と回答。15パーセントは「愛して止まない」と答えました。さらに5人に1人は年間10本以上のバナナボートを食べていることも分かりました。 20代女性「おうちにあったら食べたくなっちゃう。」 50代男性「一店舗一店舗違うんですよ。」 飯山で100年以上の歴史を誇る大黒屋菓子店。地域の人がひっきりなしに訪れます。店主は3代目の佐藤信一さん80歳です。昔からの店内はドラマの撮影に使われたこともあるといい店ではまんじゅうやどら焼き、そして最中が人気です。バナナボートはこの日も昼過ぎには売り切れの張り紙が貼られていました。 佐藤信一 店主 「土日になればね100の単位でなりますね。これ以上、俺とすればさこれ以上売れると困るんだよ。忙しくて。」 バナナボートづくりはいつも日の出前から始まります。前の晩に焼きあげていたのは薄い大ぶりのカステラです。バナナがしっかりと巻けるよう20センチほどにカットしていきます。 バナナの下ごしらえをしていたのが妻順子さんです。二人三脚でバナナボートを作り続けてきました。定休日の火曜日以外はほとんど休まずお菓子を作り続けてきました。 佐藤順子さん 「シンプルなお菓子。だって、カステラ焼いてバナナ入れるだけだもん。それがこんなに皆さんに喜ばれるとは思わなかったですよ。」 20代のころ東京で洋菓子の修行をしていた佐藤さん。地元に帰り店でクリスマスケーキの販売を始めたことがきっかけでPRになればとバナナボートを作り始めました。その名残りで今でも販売されるのは冬限定です。昔から変わらない飯山の冬の味です。 佐藤信一さん 「皆さんがおいしいっていって食べていただけばそれが一番菓子屋冥利につきますね。」 佐藤さん夫妻は、まだまだバナナボートを作り続けたいと頑張っています。

長野 2021.11.30 19:09

初開催 eスポーツ盛んな群馬へ 「実況王」目指して信州から挑戦!

ゲームをスポーツとして捉えるeスポーツは若者を中心に広がりを見せています。こうしたeスポーツに積極的に取り組むお隣、群馬県では初めてeスポーツの実況大会を開催しました。テレビ信州からもあのアナウンサーが出場しました。 会場は群馬県高崎市の巨大コンベンションセンターGメッセ群馬。60人余りの応募から決勝は8人に絞られ、その中にテレビ信州の菅野直道アナも入りました。広い会場、そして豪華なステージやネット配信で用意された機材やスタッフの数に菅野アナかなり圧倒されています。 群馬県には昨年度からeスポーツ専門の課が作られました。全国で初めての試みです。その課でも菅野アナの存在は予選から注目されていました。 決定戦は1対1のトーナメント制。5人の審査員がそれぞれ100点満点で採点。合計得点が高い方が勝利です。 1回戦の相手は「けーしん」さん。2年半の実況経験を持つ実力派。先攻は菅野アナ。 ところが序盤に大きな落とし穴が待っていました。主催者から渡された資料とゲームの映像が異なっていたのです。戸惑いを見せながら実況を続けますが…。 後半なんとか立て直す菅野アナ。初めての人でもわかりやすい得意の実況が会場の共感を呼んでいました。 結局、菅野アナは380対393で初戦突破ならず。それでも、ベストインパクト賞に選ばれ存在感を示しました。まだ始まったばかりのeスポーツ。群馬県はさらに力を入れていく方針です。 まだ世代間の格差が大きいeスポーツ。注目を集める新しい世界は、まだまだファンを増やしそうです。

長野 2021.11.30 18:37

困窮する子育て世帯や学生を支援 JAながのがコメや食料10トン贈る

生活が困難な子育て世帯などへ食品を届ける「フードドライブ」。この取り組みに協力しようとJAながのは30日、県に、米や食料品を贈りました。 県合同庁舎に届けられた米や食料品およそ7.5トン。これはJAながのが、県が行っている食料支援活動「フードドライブ」に届けたものです。JAながのでは、生活が困難な子育て世帯やコロナ禍で困窮する学生を支援しようと直売市などでJAの組合員や職員から余った食料品などを集めていました。 今年は事前に届けた食料品と合わせ10トン余りが集まったといいます。 斉藤重雄 企画管理担当 常務理事 「特に年末ですから子ども食堂では明るい笑顔で年を越していただければ。」 県では、来月15日まで県庁や10ある地域振興局で「フードドライブ」を行っています。 提供された食料品は生活が困難な子育て世帯や子どもに低額で食事提供をする「信州こどもカフェ」などに届けられるということです。

長野 2021.11.30 17:47

新型コロナ30日 3日ぶりの新規感染者ゼロ 忘年会・旅行は前倒し 分散化を【長野】

新型コロナウイルスについて長野県内では30日、新たな感染者の発表はありませんでした。新たな感染者の発表がないのは3日ぶりとなります。県内の感染者は累計で8885人となっていて現在1人が入院しています。 県は県内の感染状況は落ち着いているとしながらも、人の移動が増える年末年始を控え警戒を強めています。そのため、忘年会や旅行は前倒しするなどの分散化や引き続き感染症対策の徹底を呼び掛けています。

長野 2021.11.30 17:23

長野県内12か所で今季一番の冷え込み 上田・菅平高原の最低気温は2日連続全国1位

30日朝の長野県内は12地点で今シーズン一番の寒さとなり上田市の菅平高原は29日に続き全国で一番の冷え込みとなりました。 群馬県境にある北佐久郡軽井沢町の見晴台では晴れ渡った青空に浅間山や北アルプスが映えていました。 30日朝の長野県内は晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で30ある観測地点のうち12地点で今シーズン一番の寒さとなりました。また、上田市菅平では最低気温が氷点下11.4度ときのうに続き全国一の冷え込みでした。 訪れた人は 「山が連なっていって色が徐々に遠くにいくにしたがって紫色に変わっていくグラデーションがすごくきれいですね。」 日中は高気圧に覆われ予想最高気温は長野や松本で15度などとなっています。

長野 2021.11.30 12:28

長野県内の10月有効求人倍率1.39倍 3か月ぶりに前月を上回る

長野県内の先月の有効求人倍率は1.39倍と3か月ぶりに前の月を上回りました。 長野労働局によりますと求職者1人に対して、求人がいくつあるかを示す有効求人倍率は県内で先月、1.39倍となりました。前の月を0.01ポイント上回り3か月ぶりに増加です。 産業別では製造業や建設業で好調な動きがあるものの宿泊や飲食サービス関連業などでまだ弱い動きがみられるとしています。 新型コロナの新たな変異株や感染の第6波への懸念など先行きの不透明感が否定できず、雇用情勢は前の月の判断を据え置き「一部に弱い動きが続いているものの着実に改善が進んでいる」としています。

長野 2021.11.30 12:24

新型コロナ第5波収束後の中山間地域 テレワーク追い風に基盤整備進める【長野】

11月の長野県議会の一般質問が30日から始まりました。新型コロナの感染第5波収束後の社会経済活動について県は中山間地域が持つ資源を活用しながら地方回帰の動きを進めていく考えを示しました。 11月長野県議会の一般質問で、県民クラブ・公明の宮沢敏文議員は新型コロナ感染第5波の収束後、人口減少が続く中山間地域の活性化をどう描いていくか県の姿勢をただしました。 これに対し阿部知事はテレワークで場所を選ばない働き方が進んでいるとして医療・教育・交通などの社会基盤の整備を進めながら中山間地域の魅力を高めていきたいと述べました。 県議会の一般質問は来月3日まで行われます。

長野 2021.11.30 12:20

スキーW杯今季開幕戦 渡部暁斗選手は12位

フィンランドのルカで26日に行われたノルディックスキーのW杯複合男子の個人第1戦で、白馬村出身で五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗選手は前半のジャンプ、130mを飛んで10位につけた。 続く後半、5キロのクロスカントリーはトップと1分26秒差でスタート。懸命な滑りを見せるものの順位を2つ下げ、12位となった。弟の渡部善斗選手は15位だった。

長野 2021.11.27 11:57

クリスマスまであと1か月 サンタクロースの家がお目見え お菓子の家は甘い香り

クリスマスまで1か月。長野市のホテルではサンタクロースの家が登場しました。 ホテルのロビーに登場したのは高さ2メートル幅1.4メートルのサンタの家。全てお菓子やパンで作られ県内産の小麦粉が使われています。 22日は、近くの保育園児15人が訪れ自分たちで作ったリースやブーツを丁寧に飾り付けていきました。 この取り組みは今回で5回目で今年は家の中を通り抜けられるようになっています。 園児は「甘いにおいがする。」 サンタの家は12月のクリスマス当日まで展示され年長園児までは中を通り抜けることができるということです。

長野 2021.11.22 12:37

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース