千葉のニュース

ベラルーシ選手、成田からポーランドへ出発

東京オリンピックに出場後、帰国命令を拒否して亡命を希望していたベラルーシ代表の陸上選手が、亡命先のポーランドに向けて成田空港から出国しました。 陸上・ベラルーシ代表のクリスチナ・チマノウスカヤ選手は4日午前8時半頃、成田空港に到着しました。報道陣からの問いかけには答えませんでした。 チマノウスカヤ選手は日本滞在中、オリンピック代表コーチの不手際をSNSで発信したことで、強制的に帰国を命じられましたが、「帰国したら何らかの処罰を示唆された」としてこれを拒否し、亡命を希望していました。 チマノウスカヤ選手「今はただヨーロッパに無事にたどり着いて、支援してくれる人たちと会って、どうすればいいか決めたい」 チマノウスカヤ選手の訴えに対しては、ベラルーシの隣国・ポーランドが人道的理由から入国のためのビザを発給していました。選手は4日午前、ポーランドに向け出発し、現地ではベラルーシをすでに出国した夫と合流する予定になっています。

千葉 2021.08.04 12:46

ベラルーシ選手、ポーランドに向け出国へ

東京オリンピックに出場後、帰国命令を拒否して亡命を希望しているベラルーシ代表の陸上選手が、亡命先のポーランドに向けてまもなく日本を出国します。 陸上・ベラルーシ代表のクリスチナ・チマノウスカヤ選手は4日午前8時半頃、成田空港に到着しました。報道陣からの問いかけには答えませんでした。 チマノウスカヤ選手は日本滞在中、オリンピック代表コーチの不手際をSNSで発信したことで、強制的に帰国を命じられましたが、「帰国したら何らかの処罰を示唆された」としてこれを拒否し、亡命を希望していました。 チマノウスカヤ選手「今はただヨーロッパに無事にたどり着いて、支援してくれる人たちと会って、どうすればいいか決めたい」 チマノウスカヤ選手の訴えに対し、ベラルーシの隣国・ポーランドが人道的理由から入国のためのビザを発給していて、まもなく成田空港からポーランドに向けて出発します。

千葉 2021.08.04 10:25

船橋市役所で同フロア勤務の18人感染

千葉県船橋市は市役所の職員18人が新型コロナウイルスに感染するクラスターが発生したと発表しました。 船橋市によりますと、先月31日から3日までに、20代から60代までの男女18人の職員の感染が確認されたということです。全員、市役所本庁舎3階の子育て支援部の同じフロアで勤務していて、市はクラスターとして感染経路などを調べています。 このうち、学童保育の受付や子育て相談などを行う地域子育て支援課は職員32人のうち10人が感染し、ほかの職員も自宅待機となったため窓口業務を休止し、受付や相談を郵送や電話などで行っています。 また、窓口を訪れた市民については、濃厚接触者はいないということです。

千葉 2021.08.04 02:43