千葉のニュース

貯水槽の遺体 運送業の46歳男性と確認

28日、千葉県印西市で貯水槽から男性の遺体が発見された事件で、遺体は成田市に住む46歳の運送業の男性と確認されました。 この事件は28日、印西市の貯水槽の中から左足首を切断された男性の遺体が見つかったものです。 その後の調べで、遺体は成田市に住む運送業の宮内孝介さんと確認されました。また、警察の司法解剖の結果、宮内さんの死因は、首を切られたことによる失血性ショックとみられ、遺体発見時には死後4日以上が経過していたということです。 警察によりますと、宮内さんは今月16日の午後に1人で自宅から外出したまま戻らず、24日に家族が警察に行方不明者届を提出していたということです。 警察は、宮内さんが何らかのトラブルに巻き込まれたとみて捜査しています。

千葉2020.10.29 23:04

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース