新潟のニュース

J2アルビ今季最終戦 引退する田中達也選手が先発 町田に敗れリーグ6位で終了

サッカーJ2、アルビレックス新潟は5日、今シーズンの最終戦に臨み、現役を引退する田中達也選手が先発出場しました。 ビッグスワンで行われたリーグ最終戦。この試合を最後に引退する田中達也選手は積極的なプレーを見せます。交代の時にはサポーターから大きな拍手が送られました。 最終戦を白星で飾りたい新潟でしたが、試合は町田に2ゴールを決められ、0対2で敗れました。 試合後のセレモニーで田中達也選手は「このビッグスワンでオレンジのユニフォームを着て引退できることは僕の誇りです」と述べました。 新潟は、リーグ6位で今シーズンを終えました。

新潟 2021.12.05 19:22

見附市長選挙が告示 新人同士の一騎打ちに

前の市長の辞職に伴う見附市長選挙が5日、告示されました。新人2人による一騎打ちとなっています。 立候補したのは、届け出順にいずれも無所属の新人で、元県職員の名古屋祐三氏(66)と元国土交通省官僚の稲田亮氏(50)の2人です。 <名古屋候補の第一声> 「市の財政を立て直して、将来に負担が残らないような財政運営にもっていきたいと考えています」 <稲田候補の第一声> 「地場産業、見附と言えばニット、農業、そして商店街、そういったものの活性化を進めていきます。大事なのは市民の皆様の暮らしです」 今回は5期19年務めた久住時男市長が健康問題で辞職したことに伴う市長選で、市の財政運営や産業振興などが争点となります。 投開票日は今月12日です。

新潟 2021.12.05 17:20

【続報】新潟県内で1人感染確認 長岡市の70代女性 新型コロナウイルス

新潟県は5日、1人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 感染が確認されたのは、長岡市に住む70代の無職の女性です。症状は軽症で、感染経路は分かっていません。 新潟市の感染者はゼロです。 これで県内の累計感染者数は、8033人となりました。

新潟 2021.12.05 15:18

「千の風になって」の作曲など手掛ける 新潟市出身の作家 新井満さん死去

「千の風になって」の作曲などで知られる新潟市出身の作家、新井満さんが誤えん性肺炎のため亡くなりました。75歳でした。 新井満さんは新潟市の出身で、大学を卒業したあと、広告代理店で働くかたわら執筆活動に取り組み、1988年に「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞しました。 作者不詳とされる英語の詩を翻訳し、自ら曲をつけた「千の風になって」が広く親しまれました。 新井さんは12月3日、北海道函館市内の病院で誤えん性肺炎のため75歳で亡くなったということです。 新潟市では「千の風になって」を活用したイベント「千の風音楽祭」を開催していましたが、新潟市長を務めた篠田昭さんは、「新潟への愛がとても強い方でした。ご冥福をお祈りします」とコメントしています。

新潟 2021.12.05 12:05

新潟空港でクリスマスイベント コロナ禍で使われていない空間を活用

コロナ禍で使われていないスペースを活用し、新潟空港でクリスマスイベントが開かれました。 空港の賑わいを取り戻そうと行われた『HAPPY そらフェスタ』。オープニングセレモニーでは市内の中高生がハンドベルを演奏し会場を盛り上げました。 このイベントはコロナ禍で現在使われていない国際線カウンター前のスペースを使って行われ、会場には飲食店のブースが並び多くの家族連れなどで賑わっていました。 <訪れた人> 「賑わってて久々ですこんなの。ずっとコロナ禍だったので」 「コロナが終わったら旅行とかいきたい」 このイベントは5日も開かれます。

新潟 2021.12.04 17:50

雪のシーズンを前に“冬囲い” 藤棚で有名な北方文化博物館「樹木も文化財 守る使命ある」

本格的な冬の到来を前に新潟市の北方文化博物館では雪から樹木を守る“冬囲い”が始まっています。 縄と支柱で樹木を囲う“冬囲い”。新潟市江南区の北方文化博物館では冬支度が進められています。 <北方文化博物館 佐藤隆男副館長> 「藤棚が倒れましたのでね、そういう事が起きないように」 ことし1月の大雪では名物の藤棚が倒壊するなど多くの樹木に被害が出ました。今シーズンは支柱の本数を増やすなど雪への備えを強化しているということです。 <北方文化博物館 佐藤隆男副館長> 「いくら大雪が降っても大丈夫だと思います。数えきれないほどの樹木、これはもう文化財ですから、それを守る使命が我々にはありますので」 冬囲いは12月中旬まで行われます。

新潟 2021.12.04 17:48

アルビレックス新潟 田中達也選手が引退を発表 「オレンジ色のユニホームを着て引退できることを誇りに思う」

アルビレックス新潟は4日、フォワードの田中達也選手が今シーズンをもって現役を引退すると発表しました。 田中達也選手は山口県出身の39歳。2001年から12シーズン浦和レッズに在籍し、日本代表としても活躍。その後2013年のシーズンからアルビレックス新潟でプレーしていました。 J1では通算333試合に出場し66得点、J2では通算55試合に出場し3得点を記録。日本代表でも活躍し、16試合に出場3得点を挙げました。 田中選手はクラブを通じ「とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。オレンジ色のユニホームを着て引退できることを誇らしく思っています」などとコメントしています。 <田中達也選手 コメント全文> 「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました。 浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。 この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました。時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました。 そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています。 多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています! 皆さん、本当にありがとうございました。」

新潟 2021.12.04 14:12

「どうやったら表の金になるんでしょう」泉田衆院議員が星野県議の主張に反論 

裏金を要求されたと訴える泉田裕彦衆議院議員が、星野伊佐夫県議の「裏金は要求していない」との主張に反論しました。 12月3日午後に、泉田議員は裏金を巡り星野県議と交わした会話だとする音声データを公開しています。 一方、星野県議は記者会見を開き、選挙にかかる費用については話したが、裏金は要求していないと否定しました。 【泉田裕彦衆院議員(3日午後8時過ぎ・長岡市)】 「あんた一つの腹に収めてそれで有力者に金払えというのが、どうやったら表の金になるんでしょう?」 泉田議員は、自民党に星野県議の除名をもとめる考えに変化はないとしています。

新潟 2021.12.03 20:44

新潟市西消防署が土砂災害を想定した救出訓練 熱海の土石流災害を受けて

ことし7月に静岡県熱海市で発生した大規模な土石流災害を受けて、新潟市で12月2日、土砂崩れに巻き込まれた人を救出する訓練が行われました。 <訓練の様子> 「1名そこにいます!了解。確認!」 新潟市西消防署の特別救助隊約15人が参加したこの訓練。土砂の中に人が取り残されている想定で行われました。 この訓練はことし7月、静岡県熱海市で大規模な土石流災害が発生したことを受けて、今回初めて行われたものです。 訓練では要救助者の周りに土砂の流入を防ぐための板を設置。その後、素手やスコップで土砂を掘り起こし、要救助者を助け出す手順を確認していました。 〈新潟市西消防署/福原伸太郎消防司令補〉 「これから全国的にこういった災害が多く発生することが予想されますので、しっかりと訓練を実施して、災害現場に対応できるようにしていきたいと考えております」 新潟市消防局は、今後も訓練を重ねていきたいとしています。

新潟 2021.12.03 19:48

『Noism』来年度以降も活動継続 新潟市芸術文化会館の専属ダンスカンパニー

新潟市芸術文化会館『りゅーとぴあ』専属のダンスカンパニー『Noism』が来年度以降も活動を継続することが決まり、12月3日に記者会見が開かれました。 『りゅーとぴあ』の芸術監督として『Noism』を率いる金森穣さんと新潟市の中原八一市長らが同席して開かれた記者会見。 『りゅーとぴあ』と『Noism』が来年9月に新たな契約を結ぶことが発表されました。 その上で『Noism』が今後、国内や世界でツアー公演を行う“国際交流部門”と、学校訪問などを行って市民と交流していく“地域活動部門”の2部門制で活動していく方針を示しました。 【『Noism』金森穣芸術監督】 「現状のままNoismを続けていってもたぶんジリ貧になるだろうと。その中で新たな打開策として来シーズンからNoismを2部門制に明確化して活動していきたいなと考えております」 『りゅーとぴあ』の芸術監督の任期が1期3年から5年に延長されたことにともない、『Noism』の新たな活動期間も来年9月からの5年間となります。

新潟 2021.12.03 19:47

J2アルビレックス新潟のアルベルト監督 「成功収めたシーズン」と振り返る リーグ最終戦で新潟最後の指揮

サッカーJ2アルビレックス新潟を今シーズン限りで退任するアルベルト監督が12月3日、記者会見を開き、J1昇格を逃したものの「十分に成功を収めたシーズンだった」と振り返りました。 〈アルビレックス新潟 アルベルト監督〉 「この2年間、私のことを大切にして下さり、心から感謝しています」 2年間に渡りアルビレックス新潟を指揮したアルベルト監督。 12月5日のリーグ最終戦を前に記者会見を開き、今シーズンを総括しました。 新潟はスペイン出身のアルベルト監督のもと、細かくパスをつなぐ攻撃的なサッカーを展開。今シーズンは開幕から13戦負けなしとクラブの無敗記録を更新するなど序盤は首位を走っていました。しかし、後半に失速してJ1昇格を逃しています。 リーグ後半に苦しんだ理由については… 〈アルビレックス新潟 アルベルト監督〉 「1点入ると幸運に恵まれて追加点が取れる展開がシーズン当初にはあった。そのようなスタートに我々がより多くのゴールを決めていたことも影響し、対戦相手がより守備的なゲームプランを展開してくることが長く続いた点も影響していると思います」 アルベルト監督はこのほか、ゴール前での決定力不足を課題にあげた一方、選手やチームの成長をたたえて「十分に成功したシーズンだった」と振り返りました。 〈アルビレックス新潟 アルベルト監督〉 「私にとって最も重要なのは、私がこのクラブを去る際に何かしらを残すということです。重要なのは、このクラブに浸透し始めたこのプレースタイルそのものです」 アルベルト監督は12月5日にデンカビッグスワンスタジアムで行われるリーグ最終戦で新潟最後の指揮をとります。

新潟 2021.12.03 19:44

クリスマスケーキにいかが 金物の街を表現した真っ黒焼き菓子 “鉄シュトーレン”誕生 【新潟】

クリスマスを前に新潟県三条市で真っ黒な見た目の焼き菓子が誕生しました。 焼き菓子の上には金物の街ならではの「ある粉」がふりかけられています。 その焼き菓子を売り出したのは三条市にあるこちらのベーカリーです。 <リポート> 「クリスマスを彩るある商品が発売されました。それがこちらです 何やら真っ黒です!」 目を引くのは金物のまち・燕三条らしく“鉄のかたまり”をイメージした黒い見た目。その名も「燕三条鉄シュトーレン」です。 クリスマス前にスライスをして食べるドイツ伝統の焼き菓子、シュトーレン。本来なら雪のような白い砂糖をまぶしますが・・・ “燕三条鉄シュトーレン”は真っ黒に仕上げます。それではどのように作るのでしょうか? 地元産の小麦を100%使った生地に“竹炭”を練り込むことでこの黒い色を出しています。たっぷりのナッツやドライフルーツを入れて焼き上げたあと、竹炭ときびざとうを混ぜたパウダーをまぶし、最後に、本物の“鉄の粉”を振りかけます。 鉄と言えば、ことし4月、金物のまちをアピールしようと鉄を使った「燕三条鉄アイス」が発売されました。続いて「燕三条鉄まんじゅう」も登場。 今回のシュトーレンは鉄シリーズの第3弾となります。こちらのベーカリーが鉄シリーズを手がける地元企業に企画を持ち込んだといいます。 【サン・フォーレット 石山 範康工場長】 「コロナ禍で三条地域も皆さん苦労されている。うちも何か貢献できないかと」 黒く重厚な見た目ですがそのお味は・・・ <リポート> 「(一口食べる)う~ん 鉄の香りは本当にわずかに香るくらいで ドライフルーツのジューシーさ、ナッツの香ばしさを全く邪魔せず おいしいです」 【サン・フォーレット 石山 範康工場長】 「見た目は真っ黒なんですけど食べてもらえてれば、おいしさは保証しますので、みんなが幸せな気持ちになっていただければ一番うれしい」 鉄シュトーレンは店舗の他、インターネットショップ「Chill Full」などでクリスマス頃まで販売されます。

新潟 2021.12.03 19:40

クリスマスシーズンを彩る「NIIGATA光のぺージェント」始まる 

毎年恒例となっている「NIIGATA光のページェント」が12月3日から、新潟駅南口の“けやき通り”で始まりました。 午後6時30分、「3・2・1」 カウントダウンとともに約200本のけやきに一斉に光がともり、訪れた人たちの歓声が上がりました。 「NIIGATA光のページェント」は新潟駅南口の“けやき通り”850メートルに、26万個のLED電球を使ったイルミネーション装飾を行っています。 冬の風物詩となっていて今年で34回目を迎えます。1988年に住民の思いがきっかけとなり、この“けやき通り”を盛り上げようと17本のけやきに電球をつけたことが始まりだったといいます。 現在は商工会議所などが地域の小学校や住民、企業に協力を呼び掛けて行っています。 “けやき通り”といえば飲食店が軒を連ねた新潟の人気スポットですが、新型コロナウイルスの影響で、閑散とした時期も多くありました。関係者は感染対策をしながら楽しんでほしいと話していました。 “けやき通り”のイルミネーション、「NIIGATA光のページェント」は毎日午後5時から午前0時30分まで点灯され、来年1月31日まで行われるということです。

新潟 2021.12.03 19:25

「裏金」告発問題 泉田議員が音声データを公開 星野県議「作り話」と真っ向から否定

泉田裕彦衆議院議員が星野伊佐夫県議から裏金を要求されたと訴えている問題で、泉田議員が12月3日、音声データを公開しました。星野県議は会見を開き、「作り話だ」と真っ向から否定。2人の対立関係が深まっています。 【星野県議とされる人物】 「2000万や3000万もったいながったら、人生終わるよ」 これは12月3日、泉田裕彦衆議院議員が公開した音声データ・・・会話の相手は星野伊佐夫県議とみられます。 泉田議員は星野県議から「裏金を要求された」と訴えています。 〈自民党・泉田裕彦衆院議員〉 「今回の総選挙におきまして2、3000万円の裏金要求をされました」 これに対し、星野県議はこれまで・・・ Q金銭の要求とか裏金の要求は? 〈星野伊佐夫県議〉 「まったくない。事実無根、迷惑、あの人らしい」 しかし一転、3日朝になると・・・ 〈星野伊佐夫県議〉 「自分の言った事、言われた事、ぜんぶ思い出しましたから。すべて」 「すべて思い出した」と話す星野県議・・・ 〈星野伊佐夫県議〉 「わたしは全部覚えてますよ。覚えてる、全部覚えています」 Q裏金の発言はなかったということですか? 〈星野伊佐夫県議〉 「あれば記者会見しませんよ~」 Q選挙活動費の話もしてないですか? 「それはしたかもわからんね」 Qきのうはお金の話全くないとおっしゃってましたが? 「・・・誰が?」 そして3日午後になって泉田議員が音声データを公開しました。 【星野県議とされる人物】 「とにかく必要経費を早くまこう。もう余裕がない。選挙始まってからなんてバカはいない。今じゃ遅いくらい。2000万や3000万もったいながったら人生終わるよ」 これは衆議院選挙前のことし9月、泉田議員が星野県議の自宅で録音した会話だといいます。 【星野県議とされる人物】 「いちいち警察に報告するわけじゃないんだから。これ早くしないとあとで悔いが残ると、1憶2億の話じゃなくなるから」 【泉田議員】 「広島で(事件が)あったでしょ?」 【星野県議とされる人物】 「そんなこと言ったらきりがないから。そういう世界なんだから」 星野県議は3日、会見を開き、次のように説明しました。 〈星野伊佐夫県議〉 「泉田さんが私に対して、『選挙というのは一体いくらくらいかかるんでしょうか』と聞かれたと思う、知ってて聞いたと思う。私はいつも言うんです、2~3000万、3~4000万円とかかかるんじゃないの選挙というのは、と。これは表の金ですよ、裏金の話じゃないですよ」 選挙にかかる費用について話はしたものの「裏金は要求していない」と否定しました。 〈星野伊佐夫県議〉 「ツイッターで彼が訴えた裏金の話、はっきり全く関係ない、作り話である、作文である」 かつては蜜月関係だった2人。その関係は泉田議員の知事時代から・・・4年前の衆議院選で新潟5区から立候補する際も擁立を後押ししたのは、星野県議でした。 このような事態になったことについて星野県議は3日の会見で・・・ 〈星野伊佐夫県議〉 「悲しいというよりも、ここまで言わざるを得なかった、これの方がね、私悲しい」 「裏金を要求された」と主張する泉田議員に・・・「作り話だ」と反論する星野県議・・・2人の溝はさらに深まっています。

新潟 2021.12.03 19:23

〈新型コロナ〉医療従事者へ3回目のワクチン接種 新潟県内でも始まる

医療従事者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が新潟県内でも12月3日から始まりました。 上越市の新潟労災病院では3日午後、医師や看護師など18人に対して接種を行いました。 3回目の接種は2回目の接種から8か月以上経った18歳以上が対象で、県内の病院の医療従事者に関しては約5万5000人の接種を見込んでいます。 入江誠治院長 「時間の経過とともに抗体価が下がってきますので、それを回復させるという意味での3回目の接種は極めて重要だと考えています。院内感染を防ぐというためにも、我々がこのたび接種をしたというのは非常に意義が大きいと思います」 3回目の接種に使用されるワクチンは、現時点では薬事承認されたファイザー社製になります。

新潟 2021.12.03 19:20

〈新型コロナ〉新たに1人 新潟市秋葉区の男児が感染

12月3日、新潟県内で発表された新型コロナウイルスの新規感染者は1人でした。新潟市秋葉区の10歳未満の男の子で、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者です。 感染状況が落ち着きを見せている県内ですが、感染の再拡大に備えて、県は新型コロナウイルスの病床を12月から98床追加し、現時点で653床を確保したと発表しました。 県内のこれまでの新型コロナウイルスの入院者数はことし8月の277人がピークでした。今回の増床により、その当時の入院者数の2倍以上の病床が確保されたことになります。 県は“一般医療への影響を最小限に抑えられる数”だとしています。

新潟 2021.12.03 19:11

【速報】「裏金」告発問題 星野伊佐夫県議が会見 「全く関係ない 作り話である 作文である」

泉田裕彦衆議院議員が星野伊佐夫新潟県議から裏金を要求されたと訴えている問題で、星野県議が3日午後、会見を開きました <星野県議> 「泉田さんがわたしに対して、『選挙というのは一体いくらくらいかかるんでしょうか』聞かれたと思う、知ってて聞いたと思う。で、私はいつもいうんです、2~3000万、3~4000万円とかかかるんじゃないの選挙というのは、と。これは表の金ですよ、裏金の話じゃないですよ」 「Twitterで彼が訴えた裏金の話、ここを一点きょうは、はっきりと全く関係ない、作り話である、作文である」 泉田議員はこれまで、「2~3000万円の裏金要求をされました。払わなければ選挙に落ちるぞとという文脈でありました」などと話し、星野県議から裏金を要求されたと訴えていました。

新潟 2021.12.03 17:03

「裏金」告発問題 星野伊佐夫県議「全て思い出した」泉田議員は音声データ公開へ

泉田裕彦衆議院議員が星野伊佐夫新潟県議から裏金を要求されたと訴えている問題。これまで裏金要求について真っ向から否定していた星野県議が3日朝「全て思い出した」と話しました。 泉田議員は3日午後にも音声データを公開するとしています。 泉田議員はこれまで「2、3000万円の裏金要求をされました。払わなければ選挙に落ちるぞとという文脈でありました」などと話し、星野県議から裏金を要求されたと訴えていました。 これに対して星野県議はこれまで「事実無根」と全面的に否定していましたが、3日になって「自分の言ったことを全て思い出した」と話しました。 【星野伊佐夫県議】 「わたしは全部覚えてますよ。全部覚えています」 Q選挙活動費の話は? 「それはしたかもわからんね。『選挙っていくらぐらいかかるんですか』って『こんなもんだろう』と。ただ、あの人(泉田議員)は出す人じゃないから」 Q政治活動のためのお金? 「そう。一般のお金」 Q違法性という認識は? 「なんで違法なの?まったくない。なんで違法ですか。1円もらったわけでもない。よこせと言ったわけでもない。あの人(泉田議員)必要経費も払わなかった」 星野県議は3日午後4時から記者会見を開くとしています。

新潟 2021.12.03 12:56

『Noism』来年度以降も活動継続 来年9月に『りゅーとぴあ』と新たな契約へ

新潟市芸術文化会館『りゅーとぴあ』専属のダンスカンパニー『Noism』が来年度以降も活動を継続することが決まり、12月3日に記者会見が開かれました。 『りゅーとぴあ』の芸術監督として『Noism』を率いる金森穣さんと新潟市の中原八一市長らが同席して開かれた記者会見。 『りゅーとぴあ』と『Noism』が来年9月に新たな契約を結ぶことが発表されました。 その上で『Noism』が今後、国内や世界の劇場などに出向いて活動を行う“国際交流部門”と市民と交流する“地域活動部門”の2部門制で活動していく方針が発表されました。 〈Noism 金森穣さん〉 「現状のままノイズムを続けていっても、たぶんジリ貧になるだろうと」 芸術監督の任期が1期3年から5年に延長されたことにともない、『Noism』の新たな契約期間は来年9月からの5年間となります。

新潟 2021.12.03 12:15

国道交差点で歩行中の83歳男性に乗用車が衝突 男性は意識不明の重体 新潟県燕市

新潟県燕市殿島の国道交差点で2日夕方、歩行中の男性に乗用車が衝突する事故がありました。 事故があったのは、燕市殿島1丁目にある国道289号の十字路交差点です。 2日午後6時前、36歳の女性が運転する普通乗用車が燕市に住む83歳男性と衝突しました。男性は新潟市内の病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。 警察が事故の原因を捜査中です。

新潟 2021.12.03 11:03

“ふるさと納税” 寄付額の目標はこれまでの3倍 民間のスペシャリストを登用して改革に挑む新潟県三条市

新潟県三条市は、民間から広告やセールスの専門家を新たに採用しました。地域の特産品に全国から視線を集めるために…。その挑戦を追いました。 7億対50億。この数字は隣り合うライバル・三条市と燕市の“ふるさと納税”の寄付額です。 三条市がかかげた来年度の目標は昨年度の3倍にあたる強気の25億円です。登用されたのは民間出身の“スペシャリスト”。ものづくりの街“三条プライド”を背負った挑戦の行方は…。 ことし10月。三条市は“ふるさと納税”の寄付額を増やそうとマーケティングのプロを公募しました。300人余りから選ばれたのは東京都出身の澤正史さん・41歳です。 【三条市 澤正史CMO(チーフマーケティングオフィサー)】 「生産過程とか生産者の思いですね、そういったものをちゃんとストーリーにのせてお伝えしていくこと。ファンになっていただけるのではないかと思っています」 澤さんは、三条市で初となる“ふるさと納税”の司令塔・チーフマーケティングオフィサー“CMO”に就任しました。 澤さんは外資系の動画配信サービスやインターネット関連の企業で広告やセールスを専門としてきました。なぜ採用に至ったのでしょうか。 【三条市 滝沢亮市長】 「ビビビッときました。オンラインでの面接だったんですけど、そこでプレゼンテーションをある程度提示してくださって、準備とか事前にかける熱量が他の方とは2歩3歩違いました」 2008年に始まった“ふるさと納税”。応援したい自治体に寄付すると、その金額のうち2000円の自己負担を除いた額が控除の対象になります。何より大きな魅力は、寄付をした自治体から特産品などを返礼品として受け取ることができる点で、多くの場合、返礼品が寄付をする自治体を決める判断材料となっています。 全国約1800の自治体から“選ばれる存在”になるために…。専用のサイトなどで返礼品に添える情報も重要な要素です。 【三条市 澤正史CMO】 「『ルレクチエってどういうものだよ』って、東京の人からしたら聞いたこともない人が結構いるわけですよ。情報がなければ買わないのは当たり前の話なので、当たり前のことを当たり前にやることが本当に大事」 誰が、どのように育てた特産品なのか。澤さんはライターを入れて取材し、サイトに反映させます。 農薬や化学肥料を使わない市内のコメ農家を訪ねた澤さん。稲が土から酸素を吸収しやすいよう、水田にカモを放って土をかき混ぜさせる工夫をしている点について取材を進めます。稲が育つ過程も紹介することでより興味を持ってもらおうというねらいです。 Q)三条に来てよかったですか? 【三条市 澤正史CMO】 「いまのところ、いまのところとか言ったら怒られるかな…。(三条は)社長が多い街と言われていますけど、本当にそうだと思っています。みんな社長なので結構、話が早い」 新たな返礼品の開拓も欠かせません。贈答用の食品加工を行う会社『ギフトヨネシン』は三条市以外でとれた農産物を加工した商品も多く、そうした商品は三条市の返礼品にはならないと思い込んでいました。そのため“ふるさと納税”への出品は考えていませんでしたが、澤さんが出品できると説明します。 <三条市 澤正史CMO> 「鉄だって、ここの鉄じゃないわけですよ。(三条市では)それを磨いて刃物にしている。ここでこだわりを持って作っていただいているのであれば三条のもの」 <ギフトヨネシン 小林智恵子専務> 「そっか、そういうことになるのか」 外資系の企業から役所の世界へ…。文化は違っても丁寧なコミュニケーションと論理的な説明を重視する根幹は変わらないといいます。 【三条市 澤正史CMO】 「義理人情を抜いてやると長続きしないんですよね」 ベースとなっているのは若い頃の営業職での経験です。 【三条市 澤正史CMO】 「20代の最初のころは、結構いいことばっかり言って売ったりしていたんですよ。売ったはいいけど二度と戻って来ないわけですよ、当たり前ですけどね。最後は“すごく正直であること”が大事だと学んだことですね」 昨年度、過去最多の全国で6700億円あまりの寄付額を記録した“ふるさと納税”。新型コロナによる巣ごもり需要が追い風となりました。 県内では燕市が約49億円でトップ、南魚沼市が約34億円で続き、三条市は6位です。 なぜ、燕市は強いのか。返礼品=農産物という時代から、いち早く包丁やカトラリーなど農産物以外も出品していたことが、差別化につながったと燕市の鈴木市長は指摘します。 【燕市 鈴木力市長】 「『どこの肉にしようか』『どこのメロンにしようか』という競争がなくて、『金属製品といえば燕市。ほかに競合がない』みたいな。そこはかなり大きいのかもしれませんよね」 これに対して三条市の滝沢市長は… 【三条市 滝沢亮市長】 「純粋に同じ“ものづくりの街”として売っていて、7倍も差があるのはもったいないなって。まだまだ同じ土俵に上がれるような状況じゃない。我々はチャレンジャーです」 東京に家族を残し、単身で三条市に来た澤さん。忙しい日々を送る中、ともに働く職員は… 【三条市税務課 山井修課長補佐】 「毎日、へぇ~の連続です。市の職員にはないものがあると思います」 【三条市経済部営業戦略室 石黒美保子次長】 「24時間このオフィスというか仕事場にいるんじゃないかというくらい働いている」 【三条市 澤正史CMO】 「長時間労働はやめましょう。皆さん、短く濃くという感じで」 目指すは寄付額“25億円”。簡単な目標ではありません。熟練の職人が支える“ものづくりの街”ならではの悩みに直面することもあります。 【三条市 澤正史CMO】 「手で作るものが多いので、生産能力はどうなのかというところ。そこさえクリアすれば売る方はガバっと広げられるので、そこは自信をもってやれると思っています」 この日、澤さんが訪れたのは大工道具などを手がける角利製作所。人気の返礼品『カンナ型の鉛筆削り』を生産していますが… 【角利製作所 加藤克宏常務】 「こっちが生産があんまり間に合っていないので」 職人が手作業で作るために量産が難しいということです。澤さんは需要と供給のバランスを見極めながら返礼品をPRすることが行政と事業者双方のメリットにつながると信じています。 【三条市 澤正史CMO】 「『地方がちゃんと情報発信できる力をつけなさいよ』というのが“ふるさと納税”だと思う。事業者の皆さんがちゃんともうけられる仕組みを作ること。そこは私の仕事として全国の皆さんにPRしていくということはやりたいです」 三条が育んだオンリーワンの特産品を全国へ…。地域がうるおい、市民がより豊かに暮らせるように。澤さんとともに新たな『メイドイン三条』が未来を切り開きます。 三条市によりますと、ことし11月のふるさと納税の寄付額は去年同月と比べて2倍以上になるということです。

新潟 2021.12.02 20:38

西村智奈美衆院議員が立憲民主党の幹事長に就任 

立憲民主党の両院議員総会が12月2日に開かれ、新潟1区選出の西村智奈美衆院議員が幹事長に就任した。西村幹事長は「この国に生まれ育ってよかったと思ってもらえる政治を実行したい」と活躍を誓っていました。 12月2日に開かれた立憲民主党の両院議員総会。 【立憲民主党・泉健太代表】 「幹事長、西村智奈美さん」 執行役員の人事が承認され、西村智奈美衆院議員が党の幹事長に就任しました。 【立憲民主党・西村智奈美幹事長】 「泉代表をしっかりと支え、皆さんが本当にこの国に生まれ育ってよかったと思っていただけるような政治を私たち自身の手で実行していくために頑張りますので、どうぞお力添えを賜りますようよろしくお願いします」 その後に開かれた記者会見では、新たに就任した逢坂誠二代表代行や小川淳也政調会長が顔をそろえ、泉健太代表が“批判ばかり”のイメージから脱却したい考えを示しました。 また、幹事長に就任した西村議員は「立憲民主党の新しい姿を皆さんに届けたい」と意気込みを語りました。 野党第一党としてどう存在感を示していくのか。注目が集まります。

新潟 2021.12.02 20:07

〈新型コロナ〉3回目のワクチン接種はモデルナ社製の割合が増える見通し

新潟県は12月2日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、これまでよりもモデルナ社製ワクチンの供給量が大幅に増える見通しを明らかにしました。 新潟県内では12月3日から医療従事者を対象に3回目のワクチン接種が始まります。 県は2日の記者説明会で、ワクチンの種類について1回目と2回目の接種よりも、モデルナ社製の割合が増えることを明らかにしました。 国からの供給割合の関係で、全市町村に一律でファイザー社製とモデルナ社製が約6対4の割合で供給されるということです。ことし7月までに2回目の接種完了者に打たれたワクチンではモデルナ社製の割合は約4パーセントにすぎないことと比較すると、モデルナ社製のワクチンの供給が大幅に増えることになります。 県は効果などは同等だとして、安心して接種してほしいと呼びかけています。 【県福祉保健部・松本晴樹部長】 「諸外国のデータで分かっている中では、問題なく3回目の接種、ファイザーでもモデルナでも、今まで打ってきたワクチンに関わらず安全性も有効性も十分なものである」 また、新潟県内では2日、新たに1人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。南魚沼市の80代女性で、すでに発表されている感染者の濃厚接触者だということです。

新潟 2021.12.02 19:58

陶芸家が手作業で作る世界に一つの鈴 佐渡市で“土鈴づくり”がピーク 来年の干支『寅』をかたどる

新年に向けて新潟県佐渡市の工房で来年の干支『寅』をかたどった土鈴づくりが最盛期を迎えています。 土のぬくもりを感じる優しい鈴の音…。 干支の土鈴を作っているのは、佐渡市羽茂地区の陶芸家・葛原正巳さんです。 土鈴づくりは粘土を型で起こし、鈴子と呼ばれる土の玉を入れて素焼きしたものに色付けをしていきます。すべて手作業のため、表情や模様が少しずつ異なるところも人気のひとつです。 【陶芸家・葛原正巳さん】 「見る人が和やかな気持ちになってくれるとか、あったかい気持ちになってくれるといいなという思いでつくっている」 出来上がった土鈴は佐渡市内の土産物店に並ぶ他、注文に応じて全国に送られます。

新潟 2021.12.02 19:42

“裏金要求”めぐる泉田議員と星野県議 かつては蜜月関係の2人に亀裂

泉田裕彦衆議院議員が裏金を要求されたと訴えている問題。泉田議員が“要求したのは星野伊佐夫県議”と名指ししたのに対し、星野県議は真っ向から否定しています。以前は蜜月関係にあったという2人ですが、しだいに距離が広がっていったと関係者は話します。 【自民党・泉田裕彦衆院議員(12月1日)】 「要求したのはですね、星野伊佐夫自民党長岡支部長であります」 裏金を要求されたと主張する泉田裕彦衆議院議員。 【自民党・星野伊佐夫県議(12月1日)】 Q金銭の要求とか裏金の要求は? 「まったくない」 Qなかったということで? 「まったくだよ。まったくない」 事実無根と反論する星野伊佐夫県議。 2人は協力関係にあったはずでした。 2004年から県知事を3期12年務めた泉田議員。その後ろ盾となったのが… 【星野伊佐夫県議(2012年・当時は自民党県連会長)】 「2月県議会で我が党の代表質問で出馬について尋ねる質問が出ると思います。(出馬を表明すれば)極めて前向きに我が党は検討をさせていただく」 当時、自民党県連の会長を務めていた星野県議でした。 泉田議員が2017年、新潟5区から衆院選に立候補する際も、一部から異論が出る中で星野県議が擁立を後押ししました。 新潟5区内の県議は。 【自民党・松原良道県議】 「長く星野さんが県連会長をしている中で、泉田先生は(県知事を)3期12年も務めた中の付き合いは、相当深いと私は認識してました」 一方、関係の悪化を指摘する県議もいます。 【自民党・皆川雄二県議】 「前回の衆議院選挙の直後から徐々に何となくすきま間が風吹いてるような雰囲気はありました」 泉田議員をめぐっては衆院選で初当選して以降、地元での活動が見えないと関係者の間で不満がくすぶっていました。 【自民党・宮崎悦男県議(2021年9月)】 「もっと地域を歩いてくれよと、現場主義貫いてくれよと。『長島先生(故・長嶋忠美衆院議員)の名代…?冗談じゃねえよ』と、俺は言ったことがあります」 【自民党・星野伊佐夫県議(2021年9月)】 「新潟県の知事を12年間やって、民間の経験がないわけですよ。そうであれば当然、誰がなってもギクシャクしたり、意見が合わなかったり、手法が変わったりと、そのようなことがあるので…」 今回の衆院選。星野県議は泉田議員の選挙対策本部には入りませんでした。最後まで一枚岩になれなかった泉田陣営…。 Q一枚岩になれました? 【自民党・皆川雄二県議(2021年10月・選挙戦最終日)】 「3枚ぐらいに分かれてますけど岩自体は固まっています」 12月1日の記者会見で泉田議員は選挙戦をこう振り返りました。 【自民党・泉田裕彦衆院議員(12月1日)】 「『配ることはできない』ということでお断りをしました。そしたらもう選挙は本当に大変だった」 【自民党・宮崎悦男県議】 「お金がないから票が伸びなかったという言葉を手弁当で頑張っている人たちが聞いたら、どういう気持ちになるのか。信頼関係は全くなかったんだなというのを感じました」 泉田議員と星野県議。蜜月関係は決裂しました。 【自民党・泉田裕彦衆院議員(12月1日)】 「(星野県議は)17年前の初めての知事選挙の時からお世話になっている方です。したがって今回のことは本当に残念でならないと思っています」 【自民党・星野伊佐夫県議(12月1日)】 「やっぱり寂しいし、悲しいよね。きょう党議で1人の方が泉田さんと離別したいというのが出たけども、私もおそらく離別だな」 決定的な亀裂が入った両者の関係。どのような決着をみせるのでしょうか。

新潟 2021.12.02 19:39

第四北越銀行と群馬銀行が連携協定 地理的特性を活かし地域貢献へ 経営統合は見据えず

新潟と群馬。隣り合う2つの県のトップバンク同士が地域貢献に向け協力していきます。第四北越銀行は12月2日、群馬銀行と連携協定を締結したと発表しました。 第四北越銀行と群馬銀行の両頭取が東京で開いた記者会見。 【第四北越銀行 殖栗道郎頭取】 「群馬銀行と第四北越銀行との間で、連携協定『群馬・第四北越アライアンス』を締結しました」 群馬銀行は群馬県前橋市に本店を置く地方銀行です。第四北越銀行が総資産10兆1973億円、従業員数3415人であるのに対し、群馬銀行は総資産10兆8078億円、従業員数3035人です。 両行は全国各地の地銀10行から成る連携の枠組み『TSUBASAアライアンス』に参加していますが、地理的に隣り合う特性を活かし、さらなる連携を図ろうと協定を結びました。 経営統合を見据えたものではないということです。 【群馬銀行 深井彰彦頭取】 「お互いにそれぞれが持っている強みを相互活用できるという点では非常に連携の領域は多岐にわたるだろう」 第四北越銀行の殖栗頭取は、群馬銀行が第四北越銀行より海外の事業所が多い点にも言及しました。 【第四北越銀行 殖栗道郎頭取】 「新潟県の事業者の皆さまの海外展開のお手伝いをするに際しては群馬銀行のネットワークを活用させていただけるので、これも非常に大きなメリットになるのではないかと思っています」 両行は今後、双方が持つノウハウを活用して地域貢献に寄与したいとしています。

新潟 2021.12.02 19:16

砂丘育ちのブランドさつまいも 「いもジェンヌ」 ホクホクの焼き芋やスイーツが人気 新潟市西区

新潟市西区の砂丘地で栽培されているブランドさつまいもの「いもジェンヌ」が収穫を終え、焼き芋として店頭に並ぶ時期になりました。 「いもジェンヌ」は、9月下旬から11月にかけて収穫されます。しっとりした食感と濃厚な甘さが特徴で、甘さを最大限引き出すため、収穫後1か月以上寝かせてから出荷されています。さつまいもが大好きな女性を思わせる上品で優雅な風味から、「いもジェンヌ」と名付けられています。 新潟市西区の農産物直売所「いっぺこーと」では、店頭で焼きたての「いもジェンヌ」を楽しむことができます。家庭でも炊飯器を活用することでホクホクの焼き芋が作れるということです。 「いもジェンヌ」は、焼き芋のほか、ジェラートや菓子の食材としても展開されていて、その濃厚な甘さが人気となっています。2月下旬頃まで市場に出回るということです。

新潟 2021.12.02 19:15

【続報】南魚沼市で1人感染確認 新型コロナウイルス

新潟県は2日、新潟市以外で1人新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 感染が確認されたのは、南魚沼市で1人です。これまでに感染した人の濃厚接触者です。 県内では、新潟市では新規の感染者確認はありませんでした。 これで県内の感染者は累計で8030人となりました。

新潟 2021.12.02 15:54

早くもひな祭り商戦スタート 進む小型化・高級化 ひな人形新作展示会 新潟県長岡市

師走に入ったばかりですが、早くもひなまつり商戦がスタートしました。 新潟県長岡市の美術品店「近代」では、県内でいち早くひな人形の新作発表会が始まり、ことしの新作が展示されています。 国内の人気ブランドから150点以上が並び、人形の表情や衣装などひとつひとつの違いを比べながら選ぶことができます。 中には、人間国宝の手で作られた着物をまとう人形や、まき絵の台座で構成された贅を尽くしたひな人形セットもあります。 最近は住宅事情もあり、親王飾りや3段飾りが人気だということです。サイズの小型化に加え、インテリアとの調和を考えたデザイン性の高いものにも関心が高まっているといいます。

新潟 2021.12.02 12:10

冬型の気圧配置強まり荒れた天気に 山沿いでは積雪も【新潟】

新潟県内は冬型の気圧配置が強まり山沿いで雪となったほか、強い風が吹くなど荒れた天気となっています。 12月2日朝の魚沼市守門。一晩で10センチほど雪が積もり、児童たちが雪道を登校していました。 〈魚沼市民〉 「また今年も始まるかなと思って、覚悟はしている。今年は大雪のようなことを言ってるから、大変じゃないかな」 12月2日の県内は冬型の気圧配置が強まり、荒れた天気となっています。 佐渡市相川では未明に30.6メートルの最大瞬間風速を観測。海は大しけとなりました。 夕方までに予想される波の高さは、下越と佐渡で7メートルなどとなっていて、気象台は高波に注意を呼びかけています。

新潟 2021.12.02 12:07

小学生が「フードドライブ」家庭で余った食料品を寄付 生活に困ってる人へ

長岡市の小学生が家庭で余った食料品を集めてフードバンクに寄付する「フードドライブ」を行いました。 12月2日朝、長岡市の川崎東小学校で行われたフードドライブ。登校した児童たちが次々と食料品を持ち寄っていました。集まった食料品はフードバンクながおかを通じて生活に困っている人へと届けられます。 この活動は5年生が総合学習の一環でフードバンクの活動を知り協力したいと、今回初めて行われました。 〈児童〉 「苦しい生活の人も、少しでも楽になってほしいと思います」 「あたたかい気持ちで『おいしいね』って食べてもらいたいです」 「フードバンクながおか」では、毎月200世帯に食料品を届けていて、児童たちが寄付したものも後日届けられます。

新潟 2021.12.02 12:06

「裏金要求された」 自民・泉田裕彦衆院議員の会見に星野県議が反論 「まったくない」「迷惑」

ツイッターに裏金を要求されたと書き込んだ自民党の泉田裕彦衆議院議員が12月1日に会見を開き、要求したのは星野伊佐夫県議だと説明しました。これに対し、星野県議は要求したことは「事実無根」と反論しています。 大勢の報道陣が集まる中、姿を見せた泉田裕彦衆議院議員。波紋を広げる自身のツイッターの投稿についてこう切り出しました。 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「今回の総選挙におきまして2、3000万円の裏金を要求されました。文脈でいうと『払わなければ選挙に落ちるぞ』とという文脈でありました。配ることができないということでお断りをしました。そしたらもう選挙は本当に大変だった」 ことの発端は泉田議員が11月29日に投稿したツイッターの書き込みでした。 (泉田裕彦衆院議員のツイッターより) 「今回の衆議院総選挙で、2~3千万円の裏金要求をされました」 裏金を要求した人物について泉田議員は・・ 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「要求したのはですね、星野伊佐夫自民党長岡支部長であります。「2000万や3000万をもったいながったら人生終わるよ。そこなんだよという話がありました」 当選12回を数える星野伊佐夫県議から裏金を要求されたと主張。ことし9月4日、星野県議の自宅で要求されたといい、発言を約30分録音した音声データがあるとしています。 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「(星野県議が)大仏様の格好になったんです。こんな感じ。おもむろに手帳を取り出して『どうぞよろしくお願いいたします』。この格好を見てお金のことだなと普通は思うんだと思います。『だって広島で事件あったばっかりでしょ』と言った瞬間にですね、『そんなことを言えばきりがないから。そんなのは表面の話なんだから、そういう世界だから』」 泉田議員は県連に星野県議の除名を求めるとしていて、音声データを今後公表する考えを示しています。 一方、星野県議は「事実無根の話だ」と反論しています。 Q金銭の要求とか裏金の要求は? 【星野伊佐夫県議】 「まったくない」 Qなかたっということで? 【星野伊佐夫県議】 「まったくだよ。まったくない。だっておかしいと思わない?なぜ(証拠を)出さないわけ?あるなら。事実無根、迷惑、あの人らしい」 泉田議員が県知事だったころから選挙を支えてきた星野県議。今回も選挙戦略について話し合ってきたことを認めましたが、金銭の話はしていないとしています。 【星野伊佐夫県議】 「選挙で負けてその責任を自分が取らないで周りにもっていこうという、これは予想していたみんなが。やっぱり寂しいし、悲しいよね」 星野県議は今後の対応については周りと相談するとしています。 こうした中、自民党長岡支部は11月30日に会合を開き、泉田議員が務める5区支部長の差し替えを求めていくことを決めました。泉田議員の選挙後の発言や今回の書き込みなどから、「ふさわしくない」という意見が多く出たといいます。 この問題について、県連の小野幹事長は。 【自民党県連・小野峯生幹事長】 「(泉田議員)ご本人が正式に何らかの行動で県連に文書なりで届いた場合にはきっちりとそれに対して調査をしながらまた、それぞれの主張も聞きながら、星野さん側の主張も聞かなきゃいけないし」 裏金を要求されたと主張する泉田議員と事実無根と反論する星野県議。自民党県連内で波紋が広がっています。

新潟 2021.12.01 19:29

全国高校サッカー選手権 新潟県代表「帝京長岡」にサッカーボール贈呈

全国高校サッカー選手権に新潟県代表として出場する帝京長岡高校にサッカーボールなど記念品が贈られました。 11月30日、大会の協賛を務める2社の代表が訪れ、三宅凌太郎主将に手渡しました。 帝京長岡は12月31日の大みそかに鹿児島県代表・神村学園との        初戦を迎えます。

新潟 2021.12.01 19:24

公園のローラースライダーで小学生5人が重軽傷 約1か月後に公表

11月2日、新潟県加茂市の公園の遊具で遊んでいた小学生5人がケガをする事故があったことが分かりました。このうち1人は頭や顔の骨を折る重傷です。 加茂市の加茂山公園にあるローラースライダー。全長150メートル、標高差32メートルを滑り降ります。約30年前に設置され、来年度にはリニューアルする予定でした。 しかし・・・ (リポート) 「子どもたちはこちらのローラースライダーに乗ってケガをしました。今では立ち入り禁止のテープが張られ、使用できなくなっています」 11月2日、五泉市の橋田小学校の1・2年生23人と引率の教員3人が校外学習で公園を訪れていました。 五泉市教育委員会によりますと、児童5人がローラースライダーで滑っていたところ、カーブでバランスを崩し金属製の柵に衝突したということです。1人が頭や顔の骨を折る重傷を負ったほか、4人が顔などに打撲などを負いました。 事故の当日は朝、雨が降り、普段よりもスピードが出やすい状況だったとみられています。 事故を受け、現在、遊具は使用禁止となっています。 五泉市教育委員会は約1か月に渡り事故を公表していませんでしたが、骨折した児童が回復に向かっていることなどから11月30日、市議会に事故を報告しました。 市の学校教育課は「児童がケガをしたことは、大変重く受け止めている。今後こうした事故が起きないよう、安全確保に十分配慮していきたい」とコメントしています。

新潟 2021.12.01 19:23

弥彦村 除雪車の出発式

新潟県弥彦村で12月1日、除雪車の出発式が行われました。弥彦村では役場の職員も除雪車の運転免許を取得しています。 人手不足のため弥彦村では以前から役場の職員も除雪車の運転を担ってきました。 昨シーズン、大雪に見舞われたことから、ことしは除雪にあたる職員を増やし、初の女性職員1人を含む5人が免許を取得。12月1日に開かれた出発式で除雪車の動作確認などをおこないました。 〈弥彦村農業振興課/志賀史緒さん〉 「人数を増やしたことで負担が少しでも減ると思う。みんなでミスのないようにできるように頑張りたい」 弥彦村は村道などあわせて約110キロの除雪にあたるということです。

新潟 2021.12.01 19:21

佐渡の小学生がカキの水揚げを見学

地元の産業について学ぼうと新潟県佐渡市の小学生が加茂湖で養殖されているカキの水揚げを見学しました。 カキの水揚げを見学したのは両津吉井小学校の2年生です。 加茂湖では3月ごろにカキの稚貝をいかだに吊るして成長させた後、11月ごろから水揚げします。ロープに付いたカキが引き上げられると子どもたちはその大きさに驚いていました。 その後、殻から身を取り出す作業も見学し、手際の良さに見入っていました。 〈児童は〉 「かわいい。赤ちゃんみたい」 〈カキ養殖・伊藤剛さん〉 「こういった仕事もあるんだと子どもたちに伝えて将来、カキ養殖をやってくれる子どもたちが増えればいいなと思っています」 見学のあとはとれたてのカキをフライにしてもらい旬の味を楽しみました。 〈児童は〉 「(海に)カキが浮かんでいて、そこに船が来てとるのかと思ったら、いかだがあって吊り下げてとるんだと分かりました」 今回、学んだことは学級新聞などで発表するということです。

新潟 2021.12.01 19:19

新潟県内は荒れた天気 各地で強風 2日は雪が降るところも

12月1日の新潟県内は発達した低気圧の影響などで各地で強風が吹きました。2日にかけても大気の状態が非常に不安定となる見込みで、ところによっては雪が降ると予想されています。 1日朝の佐渡市。高い波が岸壁に打ち付けていました。 最大瞬間風速は佐渡市両津で29.5メートル、長岡市寺泊で26.4メートルを観測しています。 気象台によると、2日明け方にかけて非常に強い風が吹く所がある見込みで、2日の最大瞬間風速は県内全域で30メートルと予想されています。 また、2日朝6時までの降雪量は上・中越の山沿いで最大25センチ、下越の山沿いで最大15センチと予想されています。 気象台は2日夕方にかけて高波にも警戒するよう呼びかけています。

新潟 2021.12.01 19:16

立憲民主党 幹事長に西村智奈美議員を起用 【新潟1区】

立憲民主党の泉健太代表は12月1日、新幹事長に新潟1区選出の西村智奈美・元厚生労働副大臣を起用すると発表しました。 西村衆院議員は、「立憲民主党がもう1回、国民のための政治、これを行う政党であるということをしっかり皆さまにお示しできるように全力で取り組んでいきたい」と述べています。 また泉代表は、代表代行に逢坂誠二・元首相補佐官、政調会長に小川淳也・元総務政務官、国対委員長に馬淵澄夫・元国土交通相、選対委員長に大西健介・衆院議員を充てるということです。 2日の両院議員総会で正式決定の見通しです。

新潟 2021.12.01 19:02

【気象情報】12月2日夕方にかけ高波に警戒 落雷や竜巻などにも注意を 

12月2日にかけ冬型の気圧配置が続く見込みで、上空約5500メートルには氷点下27度以下の寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。 新潟地方気象台によりますと、2日夕方にかけて海では大しけとなるみこみで、新潟県では、波の高さが6メートルと予想されています。また海上では非常に強い風の吹くところがあるみこみです。最大瞬間風速は30メートルと予想されています。 2日昼前にかけて落雷や竜巻などの激しい突風や、ひょうが降る恐れがあります。農作物の管理など十分ご注意ください。

新潟 2021.12.01 17:37

自民・泉田裕彦議員 衆院選での“裏金要求”は「星野伊佐夫県議」 本人は「事実無根の話」と反論

10月の衆議院選挙で裏金を要求されたとツイッターに投稿した泉田裕彦衆議院議員が12月1日午後、会見を開き「要求したのは星野伊佐夫県議」だと述べました。一方、星野県議は「事実無根の話」だと反論しています。 大勢の報道陣が集まった会見場。 午後1時すぎ、渦中の泉田裕彦衆議院議員が姿を見せました。波紋を広げる自身のツイッターの投稿についてこう切り出しました。 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「今回の総選挙におきまして2、3000万円の裏金を要求されました。文脈でいうと『払わなければ選挙に落ちるぞ』という文脈でありました。配ることができないということでお断りをしました。そしたらもう選挙は本当に大変だった」 11月29日、ツイッターに10月の衆議院選挙で「裏金を要求された」との書き込みをした泉田議員。 さらに、県連会長の高鳥修一衆議院議員に対応を求めたところ、「県連としては一切関わらないという結論になった」と投稿していました。 裏金を要求したとする人物について泉田議員は・・ 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「要求したのはですね、星野伊佐夫自民党長岡支部長であります。2000万や3000万をもったいながったら人生終わるよ。そこなんだよという話がありました」 当選12回を数える星野伊佐夫県議から裏金を要求されたと主張。泉田議員の説明によると、ことし9月4日、星野県議の自宅で要求されたといい、発言を約30分録音した音声データがあるとしています。 泉田議員は県連に星野県議の除名を求めるとしています。 【自民党・泉田裕彦衆院議員】 「『だって広島で事件あったばっかりでしょ』と言った瞬間にですね、『そんなことを言えばきりがないから。そんなのは表面の話なんだから、そういう世界だから』。信用できる人にまとめて渡せという意味だということなんです」 一方、取材に応じた星野伊佐夫県議は事実無根だと反論しています。 【星野伊佐夫県議】 「何か証拠は出たんですかね。ないでしょ。言ってないんだから。事実無根の話なんだから。選挙で負けてその責任を自分が取らないで周りにもっていこうというこれは予想していたみんなが」 裏金を要求されたと主張する泉田議員。自民党県連内で波紋が広がっています。

新潟 2021.12.01 16:20

公園の遊具で事故 小学生5人が重軽傷 金属製の柵に衝突 新潟県加茂市

11月2日、新潟県加茂市の公園に設置された遊具で事故があり、小学生5人が重軽傷を負っていたことが分かりました。うち1人は頭や顔の骨を折る重傷です。 事故があったのは加茂市にある全長150メートルのローラースライダーです。 11月2日、校外学習で公園を訪れていた五泉市の小学生5人がカーブでバランスを崩し、金属製の柵に衝突しました。 1人が頭や顔の骨を折る重傷、4人が軽傷を負っています。事故については五泉市教育委員会が、児童の保護者の了解を得て11月30日、市議会に報告しました。 現在、遊具は使用を停止しています。

新潟 2021.12.01 15:47

【続報】長岡市で1人感染確認 新型コロナウイルス

新潟県は、新潟市以外で1人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 感染が確認されたのは長岡市で1人です。これまでに感染した人の接触者です。 県内では、新潟市秋葉区で1人、感染が確認されていて、合わせて2人の新規感染者が発表されました。 これで県内の感染者数は累計で8029人となりました。

新潟 2021.12.01 15:43

【続報】泉田議員の会見を受け星野県議「でたらめ、事実無根」と否定

新潟県の元知事で衆議院議員の泉田裕彦氏が11月29日、ツイッターに「衆議院総選挙で、2~3千万円の裏金要求をされた」などと書き込んだ問題で、12月1日午後1時すぎ、泉田氏が会見し「金銭要求したのは星野伊佐夫県議」と実名を挙げました。 これを受け、星野県議が反論しました。星野県議は「全くない、でたらめ。事実無根」と否定しています。 泉田氏は会見で音声を録音した証拠があるなどとして、自民党県連に対し星野県議の除名を求める考えを示しました。 星野県議は12月1日午後2時前に取材に応じ、録音された音声について「(金銭の話は)全くないんだから、全部うそってことでしょ」と主張しました。

新潟 2021.12.01 14:42

【速報】泉田衆院議員がツイッターの投稿について会見   「金銭要求したのは星野伊佐夫県議」

新潟県の元知事で衆議院議員の泉田裕彦氏が11月29日、ツイッターに「衆議院総選挙で、2~3千万円の裏金要求をされた」などと書き込んだ問題で、12月1日午後1時すぎ、泉田氏が東京で記者会見を開きました。 泉田氏は会見で「金銭要求したのは自民党の星野伊佐夫県議会議員」と実名を明らかにした上で、自民党県連に対し星野県議の除名を求める考えを示しました。 星野県議は12月1日午前、テレビ新潟の取材に対し「泉田氏の会見が終わったら取材に応じる」と話しています。

新潟 2021.12.01 13:46

公職選挙法違反の疑い 糸魚川市の前副市長を書類送検

ことし4月の糸魚川市長選挙をめぐって前副市長が職員に市長への投票を依頼したとして刑事告発された問題で、警察は公職選挙法違反の疑いで書類送検しました。 書類送検されたのは糸魚川市の藤田年明前副市長です。 この問題は4月に行われた市長選挙で藤田前副市長が職員の一部に現職の米田徹市長への投票を依頼したとされるものです。 市の選挙管理委員会は公職選挙法における「公務員等の地位利用による選挙運動の禁止」に抵触する疑いがあるとして、前副市長をことし8月に刑事告発していました。 これを受けて、警察は任意で捜査を進め、11月30日、藤田前副市長を公職選挙法違反の疑いで書類送検しました。 藤田前副市長は「市政に混乱をもたらした」として8月に辞職しています。

新潟 2021.12.01 12:12

新潟県内は荒れた天気に 佐渡では夕方にかけて暴風に警戒

新潟県内は急速に発達した低気圧の影響などで海上を中心に非常に強い風が吹くおそれがあり、佐渡では夕方にかけて暴風に警戒が必要です。 12月1日朝の佐渡市。高い波が岸壁に打ち付けていました。 最大瞬間風速は佐渡市両津で29.5メートル、上越市高田で24.2メートルを観測。 この影響で佐渡汽船のジェットフォイルは全便が欠航しています。 またJR新潟支社管内は一部の路線で遅れが発生しています。 県内は12月2日にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みで、2日午前6時までの24時間降水量は下越と中越で90ミリなどと予想されています。 気象台は1日夕方にかけて佐渡では暴風に、2日夕方にかけて下越と佐渡では高波に警戒を呼びかけています。

新潟 2021.12.01 12:11

新潟市が来年1月に成人式を実施 

新潟市の中原市長は11月30日の記者会見で、成人式を来年1月に行うことを発表しました。 成人式は来年1月9日、朱鷺メッセで開催される予定です。 新型コロナウイルスの感染対策として、成人式は2部制で行われ、2階の階段付近から入場口までをパーティションで仕切り、列に並びながら待ってもらうことで密を避けるようにします。 民法改正によって2022年4月から、成年になる年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられることをうけ、中原市長は「来年度から成人の定義が変わるが、大人になる人を心から祝い、スタートを切ってもらいたい」と開催の意義を述べました。 成人式の開催時期に新型コロナウイルスの感染流行があった場合の開催可否については、“緊急事態宣言”や“県の特別警報”など行動変容が求められる際は対応していきたいとしています。また、中止の場合には、代替措置としてライブ配信などの可能性もあるとしています。

新潟 2021.11.30 20:57

泉田裕彦衆院議員の“裏金要求された”ツイートに波紋 自らのツイッターに書き込み

新潟県の元知事で衆議院議員の泉田裕彦氏が11月29日、ツイッターに「衆議院総選挙で、2~3千万円の裏金要求をされた」などと書き込み、波紋を広げています。 11月29日午後に泉田裕彦衆院議員が書き込んだツイッター。 『【総選挙の闇:新潟5区】今回の衆議院総選挙で、2~3千万円の裏金要求をされました。「払わなければ選挙に落ちるぞ」という文脈でした。違法行為はお断りしました。そうしたら、選挙は大変でした…』 泉田議員は、10月31日に投開票が行われた衆議院選挙に自民党の公認候補で新潟5区から出馬しました。小選挙区では敗れましたが、比例で復活当選しました。 “裏金要求があった”との書き込みから5時間後、泉田議員は再びツイッターを更新しました。 ≪泉田裕彦衆院議員のツイッター≫ 『高鳥県連会長に対応を求めたところ、相談するので証拠はあるのか聞かれ、YESと回答しました。しかし、返事は、「県連としては一切関わらないという結論になりました。」とのことでした。』 11月30日午前、自民党県連の小野峯生幹事長は泉田議員から高鳥修一県連会長に相談があったことを認めた上で、次のように述べました。 【自民党県連 小野峯生幹事長】 「いつ どこで 誰が というのがはっきりしていないわけですから、その件について『どうしよう、ああしよう』という対策も調査もコメントも全くしようがないということが現状でありまして」 泉田議員の事務所によりますと、ツイッターの書き込みに関する会見を12月1日、東京で開く予定だということです。 一方、自民党の高鳥修一県連会長は11月30日夕方に『県連としては一切関わりのないことは伝えました。突然ネットに話の内容や名前を出され迷惑しています』とのコメントを出しています。

新潟 2021.11.30 20:38

赤穂浪士・堀部安兵衛の出身地をPR 新発田市議会“はっぴ姿”で本会議もまさかの展開に

赤穂浪士のひとりである堀部安兵衛の出身地・新発田市で11月30日、議員などが四十七士のはっぴ姿で本会議に臨みました。しかし、安兵衛のはっぴを着た議長が途中で議場からいなくなるなどまさかの展開となりました。 11月30日から始まった新発田市の12月議会。議員や市長など全員がはっぴ姿です。 【宮崎光夫市議】 「恒例になりますけども、やはり身の引き締まる思い」 『忠臣蔵』で知られる赤穂四十七士の堀部安兵衛は新発田市出身。それをアピールしようと毎年、12月議会の初日は四十七士のはっぴ姿で会議を行っています。 【新発田市 二階堂馨市長】 「すごく質問が多いんですよ。それだけ議会が活性化していることの表れでしょうけれども。敵対はしているようだけども、ある意味同志ですもんね、まさに四十七士ですよ」 主役とも言える堀部安兵衛のはっぴに身を包んだのは若月学議長です。 【若月学議長】 「“義の心”を重んじながら、市民とともにいい街をつくっていきたいと考えています」 そして始まった本会議。しかし、いきなり鋭い刃が…。 【小柳はじめ市議】 「議場で正すべき議員の一般質問を封殺に導こうと画策した議長の責任は極めて重く、辞職不信任案を提出する」 若月議長に対して議員から不信任案が出されたのです。 その後、議員たちは議場の外で話し合いをするために退出。堀部安兵衛に扮した若月議長も議長席から降りました。 約40分後、決議の対象となる若月議長を除いた議員が戻り、採決が行われます。 【議長の代理】 「若月学議長の不信任案に賛成の議員の起立を求めます。起立少数で不信任案は否決されました」 不信任案は否決されました。その後、堀部安兵衛のはっぴを着た若月議長も戻って議論が交わされた新発田市議会。忠臣蔵のように怒涛の展開を見せた議会初日でした。

新潟 2021.11.30 20:37

消防が『都市型ロープレスキュー訓練』 高層ビルでの救助活動を想定

新潟市の消防署で11月30日、高層ビルでの救助活動を想定した『都市型ロープレスキュー訓練』が行われました。 訓練を行ったのは新潟市の西蒲消防署です。高さ18メートルの訓練用タワーを使って“高層ビルの清掃をしていた作業員が意識を失い、ゴンドラから宙づりになった”という想定で行われました。 (訓練の様子) 「速度いいか?」「速度そのまま。要救助者まで残り2メートル」 管内に弥彦山や角田山があり、山岳救助の事案が多い西蒲消防署はロープを使った救助技術が高いと評価されています。 4年前から新潟市内における『都市型ロープレスキュー部隊』に指定されていて、消防法で高層建築物に分類される高さ31メートル超の建物で救助事案があった場合は西蒲区の外にも出動します。 また、地面よりも低い場所から要救助者を担架で引き上げる想定の訓練なども行われ、隊員たちは互いに声を掛け合いながら救助の手順を確認していました。 【西蒲消防署 山田諭志消防司令補】 「1番不安なのは要救助者の方だと思うので、その不安を少しでも取り除けるように、隊員は焦ることなく安全最優先で要救助者に寄り添った活動をしていきたいと思っております」 西蒲消防署では今後も訓練を重ね、救助技術の向上を図っていきたいとしています。

新潟 2021.11.30 20:37

立憲民主党代表選挙 西村智奈美氏は敗れるも「党の多様性は示せた」

立憲民主党の代表選挙が行われ、決選投票の結果、新たな代表が決まりました。新潟1区選出の西村智奈美衆院議員は敗れましたが、「党の多様性は示せた」と新体制での活躍を誓いました。 11月30日に行われた立憲民主党の代表選挙。4人の候補者の中で最年少の泉健太政調会長が代表に選ばれました。 代表戦は衆議院選挙で議席を減らした党をどう立て直すか、そして共産党や維新など他の党との連携などが焦点となりました。 国会議員などの投票直前に各候補が行った演説で、西村議員は“女性や若手議員の幹部登用”“衆院選で連携した他党との協力維持”を訴えました。 【代表選に立候補・西村智奈美衆院議員】 「今ここにある理不尽を許さない、そして多様性を力にする。時には批判や誤解を受けても今やるべきことをやり、国民の命と暮らしを守ることこそが必要だと考えています」 30日に行われた国会議員らの投票と地方票とを合わせた結果、西村議員の得票は102ポイントで4位でした。 上位2人による決選投票で、新代表には泉政調会長が選ばれました。 選挙後、西村議員は晴れやかな表情を見せて支援者に迎えられました。 【西村智奈美衆院議員】 「このような結果になりまして、本当に申し訳ございません。申し訳ございませんが、めげてはおりません」 すると、そこに泉新代表も駆け付けました。 【立憲民主党・泉健太新代表】 「西村さんには絶対にこれから党の中枢で一緒になって仕事をしていただく」 【西村智奈美衆院議員】 「私という人間が立候補したことで立憲民主党の多様性は示せたのではないか。私たちがやるべき政治をしっかりとやる体制、そこにわたしも一員としてかかわっていけたらと思っています」 野党第一党として自民党とどう対峙していくのか活動に注目です。

新潟 2021.11.30 20:36

「私が神社を燃やした」と自首 全焼した佐渡の二宮神社 全焼前日に見つかった焼け跡の放火容疑で30歳の男を逮捕

新潟県佐渡市の二宮神社で拝殿の一部を燃やしたとして、警察は近くに住む男を逮捕しました。11月22日に社殿が全焼する火事が起きていて警察が関連を調べています。 非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、佐渡市二宮の無職・伊藤基陽容疑者(30)です。 二宮神社は11月22日夜、社殿が全焼する火事が起きていて、その前日・21日には拝殿の床などで何かが燃えた跡が見つかっていました。 警察が関連を調べていたところ、伊藤容疑者が29日午前、「私が二宮神社を燃やしました」と警察に自首し、拝殿の床などを燃やしたことを認めたため、逮捕しました。 警察は社殿が全焼した火事も伊藤容疑者が関与したとみて調べています。 二宮神社の境内には佐渡市の有形文化財に指定されている「能舞台」がありますが被害はありませんでした。

新潟 2021.11.30 20:35

県内唯一の「防災 道の駅」で防災や新型コロナウイルス対策グッズの展示販売会 新潟県妙高市

防災や新型コロナウイルスの対策用品などを一堂に集めた展示販売会が新潟県妙高市の『道の駅』で開かれました。 この展示販売会は、ことし6月に国土交通省から県内で唯一『防災 道の駅』に指定された『道の駅あらい』で、11月27日から2日間開かれました。 会場には防災用品の他、日々の暮らしにも役に立つアウトドア用品や、新型コロナ対策用品などが並び、訪れた人たちは様々なグッズを見て回っていました。 【訪れた客は】 「準備しておかないといけないのかなとかって。持ってるものも結構ある」「防災ってわけじゃないんですけど、わりと普段使いもできそうかなっていう感じですかね」 また、災害に関係する消防車や自衛隊車両なども集まり、子どもたちが乗車して記念写真を撮るなどして楽しんでいました。

新潟 2021.11.30 20:35

〈新型コロナ〉県が対策本部会議を開き県独自の基準の運用継続を決める 花角知事は変異ウイルス“オミクロン株”に懸念示す

新潟県は11月30日、新型コロナウイルスに関する対策本部会議を開きました。国が新たに示した感染状況の分類を踏まえて県独自の警報基準などの運用方法について検討されましたが、花角知事は「県の基準値は変えずに運用していく」としました。 新潟県内では30日、新たに4人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。長岡市と十日町市でそれぞれ2人ずつ確認されました。 感染者が5日連続ゼロの新潟市。国内でも初確認された新たな変異ウイルス“オミクロン株”について、今まで通りの感染対策を徹底してほしいと呼びかけました。 【新潟市保健衛生部 野島晶子部長】 「マスク、手洗い、3密を避ける、そしてワクチン接種を行うことで新しい株であっても感染の対策がとれるということです」 30日夕方には県が対策本部会議を開きました。花角知事は県内の感染状況について落ち着いていると述べる一方、“オミクロン株”について懸念を示しました。 【花角知事】 「新たに懸念される変異ウイルスが確認され、日本でも水際対策が 本日から強化されるなど感染再拡大への懸念が高まっている状況にあると認識しております」 県の対策本部会議では、国が示した感染状況を示す新たな分類を踏まえて新潟県がことし10月に見直した独自の警報基準の運用方法について検討が行われました。 国の新たな分類は0から4までの5段階あり、レベル3から緊急事態宣言等の強い措置を実施するとしています。 新潟県は、県独自の“警報”や“特別警報”に関する基準は見直さず、国のレベル2の早い段階で県独自の警報を発令し、感染拡大防止に努めたいとしています。 【花角知事】 「今の“警報”“特別警報”の基準で県民の行動を抑制…自制していただければ、レベル3…つまり緊急事態宣言などが出るような事態に至らないようにできる。そういうタイミングで“警報”“特別警報”を出していける」 花角知事は感染の第6波に備えて、引き続き感染対策の徹底を呼びかけています。

新潟 2021.11.30 20:33

未来の栄養士たちが旬の地場野菜で提案する“地元みそ汁” 生産者も舌を巻くアイデアレシピが 新潟県長岡市

将来、栄養士を目指す新潟県長岡市の学生たちが、長岡市や企業、生産者などと連携して、地元でとれる旬のブランド食材を使って作る“地元みそ汁”を考案しました。 長岡にこだわったみそ汁を考案したのは、長岡市の「悠久山栄養調理専門学校」栄養士科1年生の学生たちです。 長岡市と「味の素」が食育の場を通じて地域の食材を広く知ってもらおうと企画したプロジェクトに学生たちが独自の視点でレシピを考案しようと参加しました。 【長岡市農林水産部 大竹 聡史さん】 「長岡市には美味しい長岡市産の野菜があるので、ぜひ使って頂くのをコンセプトに協力させて頂くこととなりました」 普段の授業ではあまり行っていないというレシピ考案に取り組む学生たち。授業中、各班の様子をのぞいてみると・・・ 【学生は】 「豆乳も入れたままでいいよ・・・」 「たんぱく質もとれる」 「白菜・・・ビタミンとれるかな」 「加熱すると壊れるよね」 「たんぱく質が一杯で多くとれるようなみそ汁を考えている」 「日頃、基礎栄養学などを授業で学んでいるので、それをいかしてメニューを考える機会あるのはいいかなと思う」 将来の栄養士らしい話し合いが行われる中、学生たちの頭を悩ませたのが・・・ 悩みの種はメイン食材の選定。ブランド野菜もたくさん存在する長岡市は、今旬のものだけでもこんなに。 しかし、その中で全ての班から支持されたある野菜が・・・ それは長岡を代表するブランド野菜、大口れんこんです。シャキシャキとした食感と、強い甘みが特徴の野菜です。 圃場へ行ってみるとまさに収穫の最盛期。ことしは台風や天候不良などの影響で、若干こぶりではあるものの、味は例年通り、美味しくできているということです。 【大口れんこん農家 徳坂 明仁さん】 「昔は季節的な食べ物感が強くて、特に正月、縁起物ということで需要がその時はあったんですけど、年間を通してはなかったので、若い人がみんな食材にれんこんを使いたいというのは生産者、私だけじゃなく皆さんすごく喜んでいる」 授業から2週間。レシピが完成したという連絡を受け、徳坂さんが学校へ。気になるレシピは・・・ 大口れんこんをふんだんに使った“満菜みそ汁”に決まりました。 【学生は】 「すりおろしたれんこんとソテーしたれんこんを入れて身体が温まるみそ汁にしてあります。れんこんには、ビタミンC、にんじんにはビタミンAが豊富で、風邪予防にもいいです」 栄養士を目指す学生たちが、本気で考えたみそ汁。栄養バランスはもちろん、家庭の冷蔵庫にあるものでサっと作れるという部分にもこだわったといいます。 ポイントはなんといってもダブルれんこん。ひとつはソテーに。新鮮な大口れんこんはサッと炒めるだけ。食感を損なわないよう、少し透明になる程度に火が通ればよいということです。 すりおろしたれんこんは、より甘みを際立たせます。自分のれんこんが調理されていく様子に興味津々の徳坂さん。 【大口れんこん農家 徳坂 明仁さん】 「メイン食材として使ってくれていて改めてありがたい。期待感が増してきたので食べるのが楽しみです」 満腹感が得られるよう、その他の具材も大きめに。火が通ったら、すりおろしれんこんを鍋の中へ。素材のとろみを活かす学生のアイデアです。 野菜の他に、ほんだし、味噌、酒かすで味を整えます。最後にソテーしたれんこんを加えれば・・・ 長岡がギュっと詰まった学生考案、“うちの満菜みそ汁・ダブルれんこんと肉団子のみそ汁”が完成です。 楽しみにしていた徳坂さんの反応は? 【大口れんこん農家 徳坂 明仁さん】 「特徴がすごく活きているれんこん汁になっているのですごく美味しいです。きょう調理しているところも見ましたけど、若い人にしか考えつかない料理がもっとあると思うので、いろんなレシピを考えてほしい」 【長岡市農林水産部 大竹 聡史さん】 「れんこんのシャキシャキ感とか甘味や、やわ肌ねぎの甘みに、魚介系のカツオのうまみが重なることで、すごく満足度の高い汁ものになるなと感じました」 【学生は】 「長岡野菜、名前は知っていたんですけどどんな野菜か知らなかったのでこの機会に深く知れたのでよかった」 「自分が住んでいる場所の名産物も全然知らなかった。課題研究だと思って自分でも特徴をつかんで勉強していきたい」 【味の素 岸 大介さん】 「食育の場を通じて、みそ汁のことを知ってもらう。長岡市の野菜や、ほんだしを知ってもらう。それぞれの良い部分が集まった企画が成立できて本当にうれしく思います」 れんこんをソテーしたものと、すりおろしたものとダブルで活用するという学生ならではのアイデアが、地場産野菜とみそ汁の新たな出会いを創出しました。

新潟 2021.11.30 20:30

冬の使者・白鳥の飛来がピーク 5600羽が「瓢湖」に 新潟県阿賀野市 

白鳥の飛来地として知られる新潟県阿賀野市の瓢湖では、白鳥の飛来数がピークを迎えています。 阿賀野市によりますと10月初めに飛来が確認されて以来増え続け、現在、瓢湖では5627羽の白鳥が確認されているといいます。 白鳥は、日中は周辺の田畑へエサを求めて湖を離れますが、朝と夜は、湖に戻って羽を休めています。 瓢湖では、「白鳥おじさん」の愛称で親しまれている齋藤功さんらが、1日3回(午前9時、11時、午後3時)、白鳥たちにエサを与えています。 エサは、近くのパン店や農家から提供してもらったパンの耳や、もみ、玄米などを混ぜ与えているということです。餌付けの時間になると湖が一気に賑やかになります。 越冬で日本にやってきた白鳥は来年3月ごろまで瓢湖で過ごすということです。

新潟 2021.11.30 18:47

【気象情報】12月1日は暴風・高波に注意 海上では昼過ぎから大しけの見込み

新潟地方気象台は30日、「高波と暴風に関する北陸地方気象情報」を発表しました。 12月1日の明け方から夜のはじめ頃にかけて、暴風に警戒するよう呼びかけています。 また1日朝から2日にかけて高波にも警戒が必要です。 気象台によりますと日本海にある低気圧が、1日にかけて急速に発達しながら日本海を北東へ進み、低気圧からのびる寒冷前線が30日夜から1日朝にかけて北陸地方を通過する見込みです。 このため、北陸地方では1日にかけて南のち西の風が強まり、波が次第に高まる見込みです。 海では、1日昼過ぎから大しけになると予想され、新潟県では波の高さが6メートルと予測されています。 また30日は南の風が強まり、1日は西の風に変わって海上を中心に非常に強く吹く所があるみこみで、新潟県内は陸上で最大風速20メートルと予想されています。 今後発表される気象情報に十分ご注意ください。

新潟 2021.11.30 16:48

【続報】新潟県内で4人感染確認 長岡市2人ほか 新型コロナウイルス

新潟県は30日、新潟市以外で、4人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 4人のうち1人の感染経路がわかっていません。 <県発表> 長岡市 2人 十日町市 2人 これで、県内の計感染者数は累計で、8,027人となりました。 新潟市では、11月26日以降、5日連続で新規感染者は発表されていません。

新潟 2021.11.30 15:34

立憲民主党・代表選挙 新潟1区選出 西村智奈美氏は党首に選出されず

「日本初の女性総理大臣を目指す」と話していた新潟1区選出の西村智奈美衆議院議員。 今回、野党第一党の党首には選ばれませんでした。 30日午後3時すぎに行われた立憲民主党の代表選挙・・・ 自民党と対峙する野党第一党の新たな党首に、泉健太政調会長が選ばれました。新潟1区選出の西村智奈美衆議院議員は届きませんでした。 立憲民主党の代表選挙には西村議員のほかに泉健太政調会長、逢坂誠二衆議院議員、小川淳也国対副委員長の4人が立候補しました。 臨時党大会各候補の最後の演説で、西村議員は、女性や若手議員の幹部登用や、他党との連携維持を訴えました。 【西村智奈美 衆院議員】 「今ここにある理不尽を許さない、そして多様性を力にする。この思いで立候補いたしました。時には批判や誤解を受けても今やるべきことをやり、国民の命と暮らしを守ることこそが必要だと考えています」 この後、国会議員などの投票が行われ、地方票と合わせた結果、西村議員の得票は102ポイント、4位に終わりました。 新代表には泉政調会長、逢坂衆議院議員の上位2人による決選投票により、泉政調会長が選ばれました。

新潟 2021.11.30 15:28

【速報】新潟県内で4人感染確認 新潟市はゼロ 新型コロナウイルス

新潟県と新潟市は30日、新たに4人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 感染が確認されたのは、新潟市以外で4人です。 詳細はこのあと県が発表予定です。 新潟市では、新たな感染者は確認されませんでした。11月26日以降、5日連続で新規感染者数ゼロが続いています。

新潟 2021.11.30 13:09

小千谷市が千葉商科大と就労連携協定を結ぶ 若者のUIターン促進へ

11月29日、小千谷市と千葉商科大学が就労に関する協定を結びました。 これは首都圏の大学などに進学し、そのまま就職する若者が多いことから、地方での就職を視野にいれた学生のUIターンを促進しようというものです。 協定では、学生に対するキャリア教育や、インターンシップの受け入れ支援、学生と市内企業の交流活動などについて市と大学が連携していくことが盛り込まれています。 今後は小千谷市内の企業で学生がインターンを行ったり就職に関する情報交換をしたりしていく予定です。

新潟 2021.11.30 12:06

佐渡市の二宮神社が燃えた火事 近くに住む30歳の男を逮捕 男が自首

11月22日、佐渡市の二宮神社が燃えた火事で、警察は前日に焼け跡が見つかった拝殿の一部を燃やした容疑で近くに住む男を逮捕しました。 非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは佐渡市二宮の無職、伊藤基陽容疑者・30歳です。 二宮神社は11月22日夜、社殿が全焼する火事が起きていてその前日には拝殿の床などで何かが燃えた跡が見つかっていました。 警察が関連を調べていたところ、伊藤容疑者が29日午前、「私が二宮神社を燃やしました」と警察に自首し、拝殿の床などを燃やしたことを認めたため、逮捕しました。 警察は社殿が全焼した火事も伊藤容疑者が関与したとみて調べています。二宮神社の境内には市の有形文化財に指定されている「能舞台」がありますが被害はありませんでした。

新潟 2021.11.30 11:38

看護師の男が妻と長女を殺害した事件 夫婦間のトラブルか 【新潟】

新潟市で看護師の男が妻と長女を殺害した事件で警察は夫婦間のトラブルがあったとみて捜査していることが新たにわかりました。 新潟市南区の看護師、渡辺健容疑者・28歳は自宅で妻の春香さんと当時1歳の長女・純ちゃんの首をロープで絞めて殺害した疑いが持たれています。 捜査関係者への取材で渡辺容疑者と春香さんとの間に何らかのトラブルがあり事件につながったとみられることがわかりました。 2人の死因は窒息死で、春香さんを殺害したロープと純ちゃんを殺害したロープが同じであるとみて警察が調べていることも新たに分かりました。 現場には犯行に使用したとみられる長さおよそ4メートルのロープが残されていました。警察が事件の詳しい動機などについて調べています。

新潟 2021.11.30 11:00

湯沢町のかぐらスキー場がオープン 新潟市では除雪車の出動式

本格的な冬の到来が近づいています。新潟県湯沢町では11月29日、早くもスキー場がオープン。新潟市では除雪車の出動式が行われました。 華麗にシュプールを描くスキーヤー。 11月29日、湯沢町にあるかぐらスキー場が県内トップで今シーズンの営業を開始しました。29日は早速、関東などからも人が訪れ、ゲレンデでのひと時を楽しんでいました。 Qことし初すべり? 〈埼玉から来た人〉 「初すべりです。」 〈東京から来た人〉 「雪もあたらしい雪なので最高だと思います。」 一方、こちらは除雪車の出動式。本格的な雪のシーズンを前に新潟市で行われました。 昨年度、大雪に見舞われた県内。新潟市でも積雪が1メートルを超え、除雪が間に合わない事態となるところもありました。 29日の出動式で除雪業者の代表は「昨年の大雪の経験を活かし、市と連携を図りながら作業につとめる」と決意を表明。新潟市は雪捨て場の数を昨年度より増やすなどして除雪作業の効率化を強化するとしています。 〈新潟市/中原八一市長〉 「除排雪の効率化、広報の積極的な展開と、(新潟市としては)この両方で取り組みを進めていきたいと思っております」 また、29日は市内の小学校から1年生の児童が参加。除雪業者などへ応援の気持ちをこめてよさこいを披露しました。 新潟地方気象台によると、県内のむこう3か月の予想降雪量は平年並みか多いということです。

新潟 2021.11.29 21:03

新型コロナ収束願い 上越市の夜空に1000発の花火

11月28日夜、新潟県上越市の夜空に打ちあがった1000発の花火。花火には新型コロナ収束の願いが込められていました。 新型コロナの影響を受けている地域を元気にしようと行われたこのイベント。花火玉の制作を小千谷市の片貝煙火工業が担いました。 こちらは打ち上げ前の花火玉です。近くの病院に入院している患者や地域の人など200人ほどから寄せられた願いが書かれています。中には、「早くコロナがなくなりますように・・・」といった願いも。 そして始まった打ちあげ・・。 夜空を彩った大輪の花。訪れた人たちを笑顔にしていました。 〈花火を見た人は〉 「長岡の花火も2年続けて中止となっていて、きょうは天候にも恵まれて打ち上げられきれいでよかった」 「きょう思いもかけず娘と二人で見ることができ、本当にきれいな花火ですごくよかった。みんな頑張っているので花火を見て元気をいただいた」 大空を彩った花火・・・コロナ収束を願う多くの住民たちを明るく照らしました。

新潟 2021.11.29 20:59

新潟市南区殺人事件 長女も殺害した疑いで男を再逮捕

新潟市南区で妻の首を絞めて殺害したとして逮捕された看護師の男について警察は11月29日、長女を殺害した疑いで男を再逮捕しました。 殺人の疑いで再逮捕されたのは、新潟市南区の看護師・渡辺健容疑者(28)です。 警察によりますと、渡辺容疑者は11月7日、自宅で長女の純ちゃん(当時1歳)の首をロープで絞め、窒息死させて殺害した疑いが持たれています。 渡辺容疑者は妻・春香さんの首をロープで絞めて殺害した疑いで11月8日に逮捕されていました。 現場となった自宅リビングでは春香さんのほかに長女・純ちゃんも倒れていて、その後、死亡を確認。遺体や現場の状況渡辺容疑者の供述などから純ちゃんへの殺害容疑が強まったという事です。 渡辺容疑者は犯行後、自ら119番通報し「起きたら2人が倒れていた」などと説明していましたが、警察は渡辺容疑者が春香さんを殺害した後、自殺したように見せかける偽装工作をしたとみて調べを進めています。 渡辺容疑者の認否について警察は明らかにしていませんが、捜査関係者によりますと、春香さんへの殺害については容疑を認めているということです。 警察が動機などについて調べを進めています。

新潟 2021.11.29 20:57

「日本初の女性総理を目指す」 西村智奈美議員が意気込み 立憲民主党代表選挙 30日投開票 

11月30日に投開票となる立憲民主党の代表選挙。立候補している西村智奈美議員が新潟市で街頭演説を行い、「日本初の女性総理大臣を目指す」と意気込みを語りました。 11月27日、新潟市中央区の繁華街に姿を現した新潟1区選出の西村智奈美衆院議員。代表選告示後、新潟県内で初めて街頭演説を行いました。 【西村智奈美衆院議員】 「皆さんと一緒に立憲民主党のボトムアップの政治を再起動していきたいと考えています。日本初の女性の総理大臣を目指してこれからも全力で訴え、戦ってまいります」 自民党と対峙する野党第一党の党首を決める立憲民主党の代表選挙。西村議員は「市民の声を国政に届ける。暮らしを、未来を守っていく」と決意を述べました。 立憲民主党の代表選挙には西村議員のほかに泉健太政調会長、逢坂誠二衆議院議員、小川淳也国対副委員長が立候補しています。 【西村智奈美衆院議員】 「原点である新潟の地に戻って訴えることができると本当に感無量です。一般知名度が低い所からのスタートですのでいま、一生懸命前を走っている方を追いかけているという状況だと思っています。必ず勝ちたいと思います」 立憲民主党の代表選挙は11月30日に投開票が行われます。

新潟 2021.11.29 20:56

原発「3つの検証」初の住民説明会 会の進め方めぐり住民から不満の声も

原発の安全性をめぐって県が独自に進める3つの検証について、初めてとなる住民説明会が11月27日に柏崎市で開かれました。説明会は今後、ほかの地域でも予定されていますが、会の進め方をめぐり、住民からは不満も出ています。 3つの検証は柏崎刈羽原発の再稼働議論の前提となり県が住民説明会を開くのは初めてです。柏崎市の会場には約60人が集まりました。 県の担当者は専門家によってこれまでまとめられた「福島第一原発の事故原因」と、「住民の避難生活への影響」の報告書について説明を行いました。 【県民生活課 木村浩樹課長】 「(避難者は)依然として生活再建や地域再建の見通しが立てられず、不安を感じている人が少なくない」 県は報告書にもとづき、避難者に無職や非正規職員が増加したこと、平均世帯収入が毎月10万円程度、減少したことなどを説明。 一方で、住民からは委員と直接話せなかったことから不満が相次ぎました。 【参加した住民】 「各委員会の責任のある方が来ていてだいて、私たちがこういう検証をしてくれ、もっと深めてくれということを直接言いたい」 「はたして私たちの意見交換が今後の検証委員会で生かされるのか。この説明会は私はとても不十分で納得いきません」 県は今後の説明会でも「委員の出席は今のところ考えていない」としています。 このほか核セキュリティーの不備など東京電力の安全に対する姿勢を問う声が上がり、県の担当者は引き続き技術委員会で議論していくと述べました。 【原子力安全対策課 原直人課長】 「(報告書の内容を)わかりやすく説明したいのが趣旨」「どんなかたちで説明したら一番良いのかということは今後考えていきたい」 説明会は11月28日に刈羽村でも行われ、県内ほかの地域での開催も予定されています。

新潟 2021.11.29 20:02

釣りにでかけた中学校教師の男性が行方不明 新潟海上保安部などが捜索

粟島浦村で、釣りに出かけた中学校教師の男性が行方不明となっていて、新潟海上保安部などが捜索しています。 行方不明となっているのは粟島浦中学校教頭の斉藤博和さん・51歳です。 29日午前7時半頃中学校から「斉藤さんが出勤していない」と粟島浦村役場に連絡がありました。新潟海上保安部などによると、28日午後、島の東部にある岬で釣りをしていた斉藤さんを目撃した人がいて、近くからは斉藤さんのものとみられるピンク色の自転車が見つかっています。 新潟海上保安部などは誤って海に転落した可能性があるとみて行方を捜索。海の中からは斉藤さんが使っていたとみられる「たも網」が見つかりましたが本人の発見には至っていません。 斉藤さんはグレーの胴長とジャンパーを着用していました。29日の捜索は日没をもって中断、30日朝から再開するということです。

新潟 2021.11.29 19:50

20年ぶりヤクルト日本一!名前つながりの“燕市”も歓喜

20年ぶりの歓喜です!プロ野球東京ヤクルトスワローズがオリックスに勝ち日本一に輝きました!この快挙に新潟県内で喜びの声を上げているのは名前つながりで交流のある自治体です。 11月27日に行われた日本シリーズ。延長の末20年ぶりに日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ。実は、新潟と深いつながりがありました。 日本一を祝う横断幕が掲げられていたのは燕市役所です。“燕”市とヤクルト“スワローズ”は「つばめ」つながりで10年前から交流が続いてます。ヤクルトのマスコットキャラクター「つば九郎」は、市のPR隊“鳥”にも就任。市役所には、燕市で行われた野球教室にやってきた選手のサインボールなども飾られています。 そして、2年連続リーグ最下位からチームを日本一に導いた高津臣吾監督。かつて、新潟アルビレックスBCで選手と兼任で監督を務め、チームを独立リーグ日本一に導きました。 11月29日朝に開かれた燕市長会見では・・ 【燕市 鈴木力市長】 「素晴らしい試合を見せてくれてありがとう、感動をありがとうという風に申し上げたい。今回活躍した選手が、過去に燕市に野球教室に来て下さった選手でございまして、その活躍を見て、子どもたちは夢と勇気をもらったのではないかな」 燕市では12月、ヤクルトスワローズの塩見泰隆選手と山崎晃大朗選手による野球教室が開かれる予定です。

新潟 2021.11.29 19:49

花角知事 医師らと意見交換 新たな変異株「オミクロン株」について警戒感示す

新型コロナウイルスの新たな感染者が減少傾向となる中、11月29日、花角知事と新潟市の中原市長が新潟市民病院を訪問し、医師や看護師らを慰労するとともに第6波に備え、意見を交わしました。 29日午後5時すぎ、新潟市民病院を訪れた花角知事と新潟市の中原市長。 【花角知事】 「本当に多くの患者を受け入れていただき、また重症患者を積極的に対応していただき、みなさまのご尽力、ご努力に心から感謝を申し上げたいと思います」 新型コロナの対応にあたった医療従事者へ感謝を伝えました。そのうえで 【花角知事】 「ようやく落ち着いた状態になりましたけれども、また新たな南アフリカの変異株見つかっている中で、どういったところを強化すべきか、あるいは対応を改善すべき点を備えておきたいと思っております」 花角知事は、新たな変異株「オミクロン株」が見つかったことに警戒を示した上で今後の対応について意見交換を行いました。

新潟 2021.11.29 19:24

〈新型コロナ〉医療従事者へのワクチン接種 12月3日から開始 新潟県

新潟県内では29日、新たに南魚沼市で1人、新型コロナウイルスの感染が発表されました。感染が確認されたのは70代の女性で感染経路はわかっていません。 県は、新型コロナウイルスのワクチン3回目の接種について上越市の病院の医療従事者を対象に12月3日から開始することを明らかにしました。 3回目のワクチン接種が開始となるのは上越市の新潟労災病院で、病院の医療従事者が対象となります。 県内124の病院で12月以降、医療従事者への3回目の接種が行われますが、12月に開始するところが27病院、1月が84病院などとなっています。 病院以外の診療所などの医療従事者は、1月以降、各市町村の集団接種、または個別接種で実施されます。 高齢者など一般住民は2月以降、各市町村の集団接種、または個別接種により実施されます。 県によりますと、3回目接種のワクチンとしてファイザー48万回、モデルナ34万回の合計約82万回分が、供給される予定ということです。

新潟 2021.11.29 19:22

コロナ収束への祈りをイルミネーションに込めて 青い光のプロムナード 新潟市「朱鷺メッセ」

まもなく12月、師走の街を彩る鮮やかなイルミネーション装飾が新潟市の「朱鷺メッセ」で行われています。 光輝くイルミネーション装飾は、新潟市の複合一体型コンベンション施設「朱鷺メッセ」で毎年行われているもので、クリスマスツリーをはじめ、色鮮やかな光の演出が話題となっています。 「朱鷺メッセ」2Fのアトリウムに設置された高さ7メートルのクリスマスツリーに加え、普段は点灯していない展示ホールや国際会議場など施設の外側でもライトアップを行っています。 去年は約2万だった電球数をことしは約6万に増やし、色とりどりの電飾が館内のプロムナード約300メートルにわたって光り輝いています。 またことしから屋外の「朱鷺メッセ」ロングプロムナード約450mにわたりハートをモチーフにしたライトなどが設置されました。歩きながら幻想的なイルミネーションが楽しむことができます。電飾は「コロナ収束の祈りと医療従事者等への感謝」をテーマに、ブルーにしたといいます。 屋内のアトリウムにはピアノも置かれ、期間中はイベントも行われるということです。 イルミネーションの点灯は毎日午後4時~10時行われ、クリスマスツリーは12月26日まで、その他は来年3月中旬頃まで継続するということです。

新潟 2021.11.29 19:16

イチゴが高騰!?クリスマスケーキにも影響か 洋菓子店を直撃

長引く原油価格の高騰・・。街の洋菓子店にも影響が出ています。 生クリームたっぷりの甘いショートケーキに・・ほろ苦いチョコレートケーキ。新潟市中央区の洋菓子店『クレーシェル』です。 いま、こうしたケーキに必要な材料に異変が・・。 【クレーシェル 池一樹社長】 「来るもの来るものほとんどが値上がりしてますよね」 海外から仕入れている小麦粉やチョコレートなどが原油価格の高騰で軒並み値上がりしているというのです。 【クレーシェル 池一樹社長】 「輸送費が増えていることですべて上がっている」 Q明細を見て驚くことも? 「もちろんですよ、毎日です」 【パティシエ】 「栃木の“とちおとめ”使ってます。ことしは高いみたいなんで、どうなることやら」 クリスマスケーキの必需品、イチゴの価格が高くなる可能性もあるといいます。コロナ禍で“おうち時間”が増えたことで自宅でケーキを楽しもうという人などから例年以上の予約が入っているといいますが・・ 【クレーシェル 池一樹社長】 「イチゴが例年以上に高くなりそうだなんていう、こわい話は聞いてますので、ちょっとドキドキしている。お菓子って人を笑顔にするものだと思いますから私どもの努力で少しでも値段も上げずにいきたい」 なぜイチゴが高くなりそうなのか。新潟市北区にある農場を訪ねてみると・・ 【農業生産法人 高儀農場 高橋泰道副社長】 「いまもう花が上がってくるのを、もう少しで上がってくるという感じです」 ビニールハウスで作られていたのは、新潟のブランドイチゴ「越後姫」。こちらではクリスマス用のイチゴは生産していないということですが、燃料の高騰には頭を抱えているといいます。 【高儀農場 高橋泰道副社長】 「これ暖房機でここから温風を送って」 Qどういう油を使っているんですか? 「これ重油ですね」 イチゴの生育に影響が出ないよう暖房機を使ってハウス内の温度を9度以上に保っていました。 燃料は重油と灯油。去年は1シーズンで9万リットル以上を使ったといいます。 【高儀農場 高橋泰道副社長】 「(1リットル)20円、30円違うという話をされているので、ことし大雪みたいな予報も出てるので、そうなると当然使う燃料も増えます」 さらに雪が積もった場合はハウスが倒壊しないよう熱で雪を溶かすため、大雪の時には特に燃料を使うというのです。 【高儀農場 高橋泰道副社長】 「私たち会社でやっているので従業員の皆さんにも給料をきちんと支払いしなければいけない中でそういったわりに野菜の値段が上がっているかというと、基本的には上がってはないので、大変ですね」 収まる気配がない原油の高騰。影響はまだまだ広がりそうです。

新潟 2021.11.29 19:05

雪下ろし中に屋根から転落 7メートル下へ 30代男性がドクターヘリで搬送される【新潟】

この冬一番の冷え込みとなった新潟県内で29日午前、新潟県湯沢町の宿泊施設で屋根に積もった雪を除雪作業中の30代男性が転落し、病院へ搬送されました。 警察によりますと転落事故があったのは、湯沢町のホテルです。男性はこのホテルの従業員で、ホテルの屋根に積もった雪の除雪作業中に、屋根からおよそ7メートル下の地上へ転落したということです。屋根には約10cmの積雪があったといいます。 この事故で転落した男性が消防へ通報し、男性はドクターヘリで南魚沼市内の病院へ搬送されましたが、左大腿骨や左ひじなどを骨折し重症とみられています。 湯沢町では、26日頃から上空に流れ込んだ寒気の影響で山沿いで雪が降っていました。 警察が事故の原因を調べています。

新潟 2021.11.29 18:41

〈新型コロナ〉感染者が確認された店舗を公表 新潟県

新潟県は、長岡市の飲食店で新型コロナウイルスの感染者が確認され調査を進めてきましたが、11月29日現在、利用者の特定が難しい状況となっていることから、店舗名を公表しました。 公表されたのは、長岡市殿町の「居酒屋 烏丸(からすま)」です。 11月22日から23日にこの店を利用した人は、保健所へ相談してほしいとしています。 <新潟県長岡保健所医薬予防課>電話0258-33-4932 県では、三密となる場所では感染リスクが高まるとして、マスク着用や、十分な手洗い、換気などの感染対策を呼びかけています。

新潟 2021.11.29 15:53

小学生がプロ選手と一緒にバスケ練習 講師はアルビBB木村圭吾選手 

暖房機器メーカーダイニチ工業が11月28日、オフィシャルパートナーを務める新潟アルビレックスBBとともに小学生向けのバスケットボール教室を長岡市で開きました。 参加したのは、小学校4年生から6年生の児童で35人がプロ選手と一緒に体育館のコートを駆け回りました。 参加した児童は木村圭吾選手から指導を受けるなど、選手たちとの交流を楽しんでいました。

新潟 2021.11.29 12:55

新潟市殺人事件 長女への殺人容疑で看護師の男を再逮捕へ 男は殺害関与をほのめかす

新潟市南区で妻の首を絞めて殺害したとして逮捕された看護師の男について、警察は11月29日、長女への殺人容疑で男を再逮捕する方針であることがわかりました。 新潟市南区西白根の看護師・渡辺健容疑者(28)は11月7日、自宅で妻・春香さんの首をロープで絞めて殺害した疑いで逮捕されました。 その後の捜査関係者への取材で渡辺容疑者が長女の純ちゃん(当時1歳)を殺害した疑いが強まり、警察は29日、純ちゃんへの殺人の疑いで渡辺容疑者を再逮捕する方針を固めたことがわかりました。 純ちゃんの死因は首をロープのようなもので絞められたことによる窒息死で、渡辺容疑者は純ちゃんの殺害について関与をほのめかしているということです。 警察は動機などについて詳しく調べる方針です。

新潟 2021.11.29 12:12

釣りにでかけ海に転落か 中学校教師の男性が行方不明 粟島浦村

粟島浦村で釣りにでかけていた男性が行方不明となっていて、新潟海上保安部などが捜索しています。 行方不明になっているのは、粟島浦村に住む中学校教師の男性(51)です。 29日午前7時半頃男性が勤務する中学校から「男性が出勤していない」と粟島浦村役場に連絡がありました。 新潟海上保安部などによりますと、28日午後、岬付近で釣りをしていた男性を目撃した人がいるほか、近くからは男性のものとみられる自転車が見つかっていることなどから男性が海に転落した可能性があるということです。 男性はグレーの胴長とジャンパーを着用していました。 新潟海上保安部がヘリコプターなどで男性の行方を捜しています。

新潟 2021.11.29 12:11

ステーキの食べ比べを楽しむ「にいがた牛1グランプリ」 新潟県のブランド牛をPR

新潟県内のブランド牛のステーキを食べ比べるイベントが28日、阿賀野市の遊園地で開かれました。 食欲を誘う音と香り。 「にいがた牛1グランプリ」と題し、地元の商工会などが初めて企画したこのイベント。サントピアワールドが会場となり焼きたてのステーキが販売されました。 新発田牛や村上牛など4種類を一度に味わうことができ、家族連れなどが食べ比べを楽しんでいました。 <味わった人は> 「どれもおいしくて本当に来てよかった」「お肉によって味が全然違うのでおいしい」 会場では食べ比べた人たちの投票で「初代チャンピオン」を選ぶ イベントも行われました。

新潟 2021.11.28 19:06

横田めぐみさんの同級生が再会を誓うコンサート “あしたにでも帰ってきてほしい”

北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの同級生によるチャリティーコンサートが27日、新潟市で開かれました。 横田めぐみさんの同級生が開いた再会を誓うチャリティーコンサート。中学生の当時、めぐみさんと一緒に歌った「翼をください」を合唱しました。 めぐみさんの母・早紀江さんには電話で歌声が届けられました。 <早紀江さん> 「帰国まで変わらなぬ思いで帰国する日を祈ってくださいますようにお願いいたします」 <同級生の会代表の池田正樹さん> 「13歳の少女が57歳ですよ。あしたにでも帰ってきてほしいと 強く思うばかりです」 拉致から44年。同級生は再会を祝うコンサートを開くためにも一刻も早い事態の打開を求めています。

新潟 2021.11.28 14:42

【速報】新潟県内で1人感染確認 新潟市以外で1人 新潟市0人  新型コロナウイルス

新潟県内では28日、新たに1人の新型コロナウイルスの感染が発表されました。 県は新潟市以外の市町村で1人の感染を確認したと発表しました。 新潟市では新規感染者は確認されませんでした。 これまでの県内の累計感染者数は8022人となりました。

新潟 2021.11.28 13:12

子どもたちが水球の魅力に触れる ブルボンウォーターポロクラブ柏崎による体験会

ブルボンウォーターポロクラブ柏崎の選手などによる水球の体験会が27日、新潟市で開かれ子ども達が競技の魅力にふれました。 講師を務めたのは「ブルボンウォーターポロクラブ柏崎」の筈井翔太さんなど4人です。 水球の普及につなげようと企画されたこの体験会。競技経験のない小・中学生14人がルールやボールの投げ方などを教わりました。 ミニゲームでは夢中になってゴールを狙い水球の楽しさを実感していました。 <参加した男の子は> 「水泳とは違う感覚で、ボールを投げる感じが陸上とは違って投げずらい。でも楽しい」 選手たちはこれからも交流の機会をつくり水球の魅力を発信していきたいとしています。

新潟 2021.11.27 19:31

原発の安全性めぐる“3つの検証” 新潟県が初の住民説明会

柏崎刈羽原発の安全性をめぐって、新潟県が独自に進めている3つの検証について初めとなる住民説明会が27日、柏崎市で開かれました。 県が3つの検証に関する住民説明会を開くのは初めてで、会場には  約60人が集まりました。 県の担当者は3つの検証のうち、これまでに「福島第一原発事故の原因」「原発事故がもたらした生活への影響」について報告書が提出されたことなどを説明しました。 市民からは、3つの検証をとりまとめる検証総括委員会が知事と委員長との見解の相違を理由に開催できなくなっている現状について質問が出ました。 <参加した男性> 「総括委員会が開けないということが非常に問題ではないか」 <参加した女性> 「果たして私たちのこの意見交換が今後の検証委員会で生かされるのか」 このほか、核セキュリティーの不備など東京電力の安全に対する姿勢を問う声が上がり、県の担当者は引き続き技術委員会で議論していくと述べました。   説明会は28日刈羽村でも開かれます。

新潟 2021.11.27 19:23

新型コロナ対策とトキ保護に役立てて KDDIが新潟県に寄付 寄付金は社員の社会貢献のポイントから換算

電気通信事業を手がけるKDDIが、26日午後、県に寄付金を送りました。送り先は新型コロナ対策の応援基金と、トキ保護募金推進委員会で、金額はあわせて24万0820円です。 KDDIは社員の社会貢献を推進していて、ボランティア活動などを行うごとにポイントを付与しています。そして積み上げられたポイントを金額に換算し、慈善団体などに寄付しているということです。

新潟 2021.11.26 19:26

“幻の洋ナシ”とも呼ばれる「ル レクチエ」の品評会 新潟市

“幻の洋ナシ”とも呼ばれる「ル レクチエ」の品評会が新潟市で行われ、生産者の自信作が集まりました。 この品評会は、「ル レクチエ」の品質を上げようと毎年行われていて、ことしは新潟市など14の産地から87点が出品されました。 形や糖度など7つの項目で審査された結果は・・・ <リポート> 「新潟市白根の生産者が作ったル レクチエが最優秀賞に輝きました。優勝カップの隣で堂々と鎮座しています」 最優秀賞に選ばれた「ル レクチエ」は味や硬さなどのバランスがよく、100点満点中80点を超える高得点をとったということです。 【審査委員長 宮島利功さん】 「100点満点の0.1点差で賞が変わるという場面もございましたけど、総合的に高い得点のものは食べてもおいしいですし、見た目も美しい」 出品された「ル レクチエ」は11月28日まで展示され、即売会も行われます。

新潟 2021.11.26 19:25

アクセルの踏み間違えか 70代女性が運転の車がコンビニに突っ込む 新潟市東区

11月26日午後、新潟市のコンビニエンスストアに車が突っ込み、運転していた70代の女性が軽傷を負っています。 (リポート) 「交差点に面したこちらのコンビニに車が突っ込んでいます。車は縁石を乗り越え、ガラスが割れているのも分かります」 事故があったのは新潟市東区の「ローソン新潟大山店」です。 警察によりますと、26日午後1時半すぎ、「店に車が突っ込んだ」と店員から110番通報がありました。車は70代の女性が運転していて、駐車場に車を止めようとしていたということです。 女性は腰を打ち軽傷です。 〈目撃した人は〉 「ドーンって鈍い音がして、それで中を見たら(車が)斜めに突き刺さっていたという感じなんですよね」 警察はブレーキとアクセルを踏み間違えたとみて調べています。

新潟 2021.11.26 19:24

新潟県 夜遅くから山沿いで雪 土砂災害にも注意・警戒

新潟県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台が土砂災害に注意・警戒を呼びかけています。山沿いでは夜遅くから雪となるところもある見込みです。 新潟県内は上空に流れ込んだ寒気の影響で大気の不安定な状態が続いています。 降り始めからの降水量は新発田市赤谷で268ミリを観測・・・27日午後6時までの24時間に降る雨の量は上越で100ミリ、中越で80ミリなどと予想されています。 県内ではこれまでに降った雨で地盤の緩んでいるところがあり、28日にかけては土砂災害に注意・警戒が必要です。 また、26日夜遅くから28日にかけては山沿いで雪となるところがある見込みです。 27日朝までに降る雪の量は、上越と中越の山沿いの多いところで20センチなどと予想されていて、気象台は積雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼びかけています。

新潟 2021.11.26 19:23

生まれ変わる新潟駅 新たなイメージ図を公開 2024年春に全面開業を目指す

新潟駅では現在、高架化工事が進んでいます。JR東日本新潟支社は11月25日、来年1月から商業施設の開発を始めると発表しました。 ■①新潟駅外観を紹介 (大谷アナウンサー) 新たに公開された新潟駅・万代口側の完成イメージ図です。 (須山アナウンサー) 新潟市の新たな玄関口となるわけですが、温かみのある外観となりそうですね。 (大谷アナ) 2階部分には屋外の通路も描かれていて、以前の駅舎よりも開放的なつくりとなりそうです。 ■②施設内観を紹介 (大谷アナ) そして、こちらが新潟駅にできる商業施設です。地上2階建て、一部は3階建てとなり、店舗面積は約1万3000平方メートルです。入居する店舗の数は未定だということですが、買い物や食事を楽しむ場となりそうです。 (須山アナ) 多くの観光客、ビジネス客に新潟を発信してほしいですよね。 ■④計画図を紹介 (大谷アナ) こちらは商業施設の計画図です。高架化により駅の1階部分にスペースが生まれ吹き抜けもできるということです。 (須山アナ) 吹き抜けでずいぶん、雰囲気が変わりそうですね。 (大谷アナ) JR東日本は来年1月に工事を始め、まずは全ての路線の高架化が完了する来年6月に2階の一部を開業する計画です。そして4回に分けてエリアを増やし、最終的には2024年の春に全面開業を目指すということです。 (須山アナ) 新潟市が進める「にいがた2キロ」の拠点としても期待が集まっていますから、この新しい駅舎から賑わいが生まれてほしいですね。

新潟 2021.11.26 19:22

〈新型コロナ〉新たな感染者ゼロ 11月18日以来 8日ぶり

11月26日は新潟県内で新型コロナウイルスの感染者は発表されませんでした。 新潟県内で新たな感染者の発表がなかったのは11月18日以来、8日ぶりです。 感染状況は落ち着いていますが、新潟市は現在も希望者にワクチンの接種を進めています。 〈新潟市保健衛生部/野島晶子部長〉 「第5波の時もそうだったんですけれど、感染者が増える時は本当に非常に早いスピードでどんどんと拡大していく。もしも感染拡大のきざしがあった時にはまた速やかに社会全体としても拡大防止の対策に置き換えられるように」 新潟市は「ウイルス自体が無くなったわけではない」として引き続き感染対策の徹底を呼び掛けています。

新潟 2021.11.26 19:21

『SWEETS TRIP』第2弾 新潟特産“ル レクチエ”が高級スイーツとなってUターン

新幹線で輸送したフルーツが高級スイーツになって帰ってくる「SWEETS TRIP」。第2弾は新潟特産の“あのフルーツ”が生まれ変わりました。 「SWEETS TRIP」の出発駅はこちら・・JR新潟駅です。 (リポート) 「きょう新幹線で東京に向かうのは新潟県産のル レクチエです。いったい、どんな商品に生まれ変わるのでしょうか」 台車いっぱいに積まれた新潟特産の西洋ナシ「ル レクチエ」。新幹線に乗客が乗ったあと、次々と車両に運び込まれていきます。 この「SWEETS TRIP」は新幹線を活用して県産の農作物をPRしようと県が企画したもので今回は第2弾です。 出発した「ル レクチエ」は東京の一流ホテルへ・・ なめらかな食感と芳醇な香りが特徴の西洋ナシがパティシエの手によってスイーツに生まれ変わります。 【東京ステーションホテル/シェフパティシエ 滝沢一茂さん】 「新潟が誇るおいしい食材を使いまして、おいしいスイーツに仕上げましたので皆さんぜひよろしくお願いします」 11月26日は24日に東京へ向かった「ル レクチエ」が新潟に帰ってきました。いったい、どんな姿を見せるのか・・ スイーツが並んだのはCoCoLo新潟南館の「MOYORe:」。ル レクチエはきらびやかなショートパフェとピンク色の鮮やかなフランボワーズのムースとなって戻ってきました。 ショートパフェは県産の米粉を使ったスポンジとなめらかな生クリームの上にル レクチエが美しくトッピングされています。 そのお味は・・・ (リポート) 「ル レクチエの芳醇な香りと果肉感をしっかりと感じられます。ふわっとした生クリームとスポンジの間からとろけてなめらかなル レクチエが現れると、とっても美味しいです」 26日は販売開始と同時に買い求める人の姿が・・ 【購入した人】 「これやっているのを見ておいしそうだなと思って。すごくいいですね、地方と東京が混じっている感じがして」 【県農林水産部食品・流通課 渡辺慎一課長】 「普通の市場出荷とは違い新幹線で運ぶので実傷みがしないので非常にきれいな状態で作りたてのものが届けられる。できるだけ多くの方々、県外の方々に食べてもらいたい。そして魅力を知ってもらいたい」 店頭には県産のおけさ柿やさつまいもの「シルクスイート」を使ったムースも並び、11月28日まで販売されています。

新潟 2021.11.26 19:21

新潟で観測された赤いオーロラ 観測記録などを展示 「赤いオーロラ」展 新潟大学

新潟において観測されたオーロラの観測記録などを展示する企画展「新潟の赤いオーロラ」が、新潟大学・旭町学術資料展示館で開催されています。 館内には“日本でも見える赤いオーロラ”について広く知ってもらおうと、過去に新潟大学のチームにより観測されたオーロラに関する論文や、気象台の観測図、当時の新聞記事などが展示されています。 新潟大学によりますと太陽活動の活発な時期には、日本のような緯度の低い地域でもしばしばオーロラが観測されることがあるということです。北の空が暗赤色に染まり巨大で幕のようなオーロラが観測されるといいます。「低緯度オーロラ」と呼ばれ1958年には新潟で赤いオーロラが観測されました。 新潟県内では1770年以降に確認され、かつ記録として残されているオーロラ観測は5例あるとされ、直近では1989年10月に観測されました。この時は新潟市では肉眼では見えなかったといいますが、新潟大学のチームが写真を撮影しています。 企画展「赤いオーロラ」は12月19日(日)まで開催されます。

新潟 2021.11.26 19:20

コンビニに車が突っ込む ブレーキとアクセルの踏み間違えか 運転していた70代女性がケガ 新潟市東区

新潟市で26日午後、コンビニエンスストアに車が突っ込み運転していた70代の女性が軽傷を負う事故がありました。 事故があったのは新潟市東区の「ローソン 新潟大山店」です。 警察によりますと26日午後1時半すぎ「店に車が突っ込んだ」と店員から110番通報がありました。 車は70代の女性が運転していて、駐車場に車を止めようとしていたということです。女性は腰を打ち軽傷です。 目撃者によると「ドーンって鈍い音がして、それで中を見たら(車が)斜めに突き刺さっていた」ということです。 警察はブレーキとアクセルを踏み間違えたとみて調べています。

新潟 2021.11.26 17:41

〈新型コロナ〉ワクチン接種2400人分を追加 新潟市発表

新潟市は26日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、まだ接種していない人が希望する場合、2400人分の接種を可能にしたと発表しました。 新潟市によりますと現在、新規のワクチン接種予約者が1日およそ100人前後いて、12歳以上の子どもについては1日10人~20人を受け付けているといいます。 新規に希望する場合、12月中に1回目を接種でき、2回目は1月に予定されます。使用するワクチンはモデルナ社製です。 ワクチンの接種会場は市内の「桜木ショッピングセンター」を会場とし新たに2400人分を設けました。 平日だけでなく土日も接種が可能です。土曜日は夜間も実施するということです。 接種を希望する人は市のコールセンター、専用予約サイトで申込んでほしいとしています。 新潟市のワクチン接種率は、各政令市の接種率を比較すると全国でもトップレベルで2回目の接種終了が約86%に達したということですが、市ではウイルスがなくなったわけじゃないとして、マスクや手指消毒など基本的な感染対策をと呼びかけています。

新潟 2021.11.26 15:49

佐渡金銀山の世界遺産登録を応援 キリンビールが売り上げの一部を寄付

佐渡金銀山の世界遺産登録に向けた推進活動を応援しようとキリンビールが売り上げの一部を佐渡市に寄付しました。 キリンビール新潟支社では佐渡金銀山の世界遺産登録推進活動を応援しようと毎年、佐渡金銀山にちなんだデザインの商品を販売し、その売り上げの一部を寄付する活動をしています。 売り上げた商品1本につき1円を寄付する仕組みで、今年は18万6720円が佐渡市に寄付されました。 この活動はことしで7年目となります。 【キリンビール新潟支社 泉水謙二支社長】 「機運が高まっている中で期待しておりますのでその一つのお手伝いができて良かったなと思っております」 寄付されたお金は遺跡の保全活動などに使われるということです。

新潟 2021.11.26 12:14

新幹線で高速輸送 新潟特産の「ルレクチェ」が東京で高級スイーツに変身

新潟特産の西洋ナシ「ルレクチエ」が東京で高級スイーツに生まれ変わります。26日朝、新潟駅から「ルレクチエ」が新幹線で輸送されました。 <記者リポート> 「きょう新幹線で東京に向かうのは新潟県産のルレクチエです。いったい、どんな商品に生まれ変わるのでしょうか」 26日朝のJR新潟駅。台車いっぱいに積まれていたのは芳醇な香りとなめらかな食感が特徴の新潟特産の西洋ナシ「ルレクチエ」。東京行きの新幹線に次々と運び込まれていました。 これは新幹線の高速輸送を活用して県産の農作物をPRしようと企画されたものです。 東京に到着した「ルレクチエ」は一流ホテルのパティシエの手によって高級スイーツに生まれ変わり、再び新幹線で輸送され新潟へと戻ってきます。 スイーツは新潟駅構内で販売される予定です。

新潟 2021.11.26 12:11

軽自動車が歩行中の80代男性をはねる 意識不明の重体 新潟市西区

25日夜、新潟市西区の市道で歩行中の80代男性が軽自動車にはねられる事故がありました。男性は意識不明の重体です。 事故があったのは新潟市西区槇尾の市道でです。 警察によりますと25日午後7時20分ごろ、50代の女性が運転する軽自動車が道路を横断中だった80代の男性をはねました。 男性は病院に搬送されましたが意識不明の重体です。 現場は信号機のある交差点で、事故当時は雨が降っていたということです。 警察が詳しい事故の原因を調べています。

新潟 2021.11.26 12:09

佐渡初となるプロ野球選手の誕生に市長もエール 巨人と仮契約・菊地大稀投手が意気込み

プロ野球・巨人と仮契約を結んでいる佐渡市出身の菊地大稀投手が25日に佐渡市長を訪れ、意気込みを語りました。 佐渡高校出身の菊地大稀投手。巨人から育成6位で指名を受け仮契約を結んでいます。 佐渡初となるプロ野球選手の誕生に渡辺竜五市長は「市民の夢をかなえてくれた。期待しています」とエールを送っていました。 【菊地大稀投手】 「日本を代表するピッチャーになって、またここにいろんな報告ができればいいかなと思います」 菊地投手は来年1月から新人の合同自主トレ―ニングに参加する予定です。

新潟 2021.11.25 19:23

元五輪体操メダリストが着地を審査! 新潟のコメにおかずが舞い降りる 最強コンビを決める「新潟米オンザライス選手権」

新米がおいしいこの季節。米どころ新潟のコメとおかずの最強コンビを決める大会が行われました。 美味しさだけではなく、ある美しさで競うこの大会。栄えある初代王者に輝いたのはどの組み合わせだったのでしょうか。 <実況>「緊張な瞬間です。お!見事な修正でセンターに着地」 新潟米に様々なおかずが舞い降りる瞬間を実況したこの動画。 新潟米のもつ特徴や魅力を知ってもらおうと県がことし10月から始めた企画で、おいしさだけでなくご飯の上に“着地”する美しさを競うコンテスト、その名も「新潟米オンザライス選手権」です。 SNSの反響で予選を通過した最もおいしそうに見える組み合わせが選ばれ、11月23日、その最強コンビを決める決勝大会が行われました。 審査員にはお米のプロ、5ツ星お米マイスターだけではなく、着地といえば…この方、ロサンゼルスオリンピック鉄棒で金メダルを獲得した元体操競技選手の森末慎二さんも。 審査員は、コメとおかず5つのペアの動画から“着地の美しさ”で10点、実食から“ごはんが進む度”10点の合計20点満点で審査します。 さあ、“決勝”がスタート! 岩船コシヒカリと鮭の焼漬けペアです。 【森末慎二さん】 「むずかしいね~。あのね、一回のった時に跳ねてるんですよ。あそこが、体操でいうとあれは減点になるんですね。あそこではねるということ」 ・・・と“着地の専門家”らしい厳しい評価。 さらに・・ <実況>「緊張の瞬間です。お!ほぼマット中央でナイスキャッチング」 佐渡コシヒカリの相棒は「いかの塩辛」 <司会>「さあ、着地、森末さんいかがでしたでしょうか?」 【森末慎二さん】 「いい着地だったんですよ、キレイに上からストンとね。いい着地だったんですけど、真ん中じゃなかったね」 こちらは高評価を受けられるか。 新潟コシヒカリと「サーモン塩辛」ペアの演技です。 <実況>「あ~、ぶれることのない、見事な着地!これはおいしそうだ!リプレイみてみましょう。あでやかですね~そうですね。親子(サーモンとイクラ)の絆を再確認できたプレーだったのではないでしょうか」 これは見事な着地!この“演技”に審査員の森末さんは・・・ 【森末慎二さん】 「すばらしい着地だったんですけど今見た感じではイクラが一つ横にポツンと・・・飛び出たような気がして。せっかくきれいに真ん中にとんと乗っているのに一個だけピュンと跳ねてるということは 体操でいうと0.5ぐらいの減点になるような気がするんで」 キレイな着地かと思いきや、メダリストの目はごまかせませんでした。 その後も熱い戦いが繰り広げられ・・・ 審査員と視聴者の投票をあわせ初代王者に輝いたのは。 【森末慎二さん】 「第1位は、新之助×藤五郎梅 おめでとうございます」 さてその演技を見ていきましょう。 <実況>「おっと!日の丸日本の完全復活といったプレーです。やはり素晴らしいマット力です。日本のお家芸ですね~」 【森末慎二さん】 「見ました?今の。少しずれてるのに、跳ねて真ん中に戻りましたよ。見事に中心にトーンときましたよ。味はほとんど変わらない全部おいしいの。着地の点数を付けさせられているから、着地の点数でちょっと(差が)出たってだけですね」 新米が出回るこの時期に行われた今回の企画。県は今後も新潟米をPRする企画を展開していきたいとしています。

新潟 2021.11.25 19:22

柏崎刈羽原発7号機 総点検の様子を公開 来年2月ごろ完了目指す

柏崎刈羽原発7号機で未完了の安全対策工事が相次いで見つかった問題で東京電力は11月25日、総点検の様子を公開しました。原発の稲垣武之所長は来年2月ごろをめどに点検を終わらせたいとしています。 11月25日、東京電力が柏崎刈羽原発の6、7号機コントロール建屋の地下で行われている総点検を公開しました。 〈担当者〉 「これ見てもらうと、奥側から菅が入っていまして、ケーブルが出てきているのがわかると思います。ここに耐火材を入れて耐火の処理をするということになります」 東京電力はことし1月、柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事が完了したと発表しましたが、その後、未完了の工事が相次いで発覚・・総点検が行われています。現在、7号機における配管などが貫通する部分、約2万か所を点検しています。 (リポート) 「こちらが総点検によって確認された場所です。赤丸が火災防護の処理を表しています」 火災の延焼を防ぐ処理がされている箇所は赤い丸。浸水トラブルを防ぐ処理は青い丸で示されています。点検は同じ箇所でそれぞれ3回行うといいます。 〈柏崎刈羽原発/稲垣武之所長〉 「核物質防護事案、安全対策工事の一部未完了につきましても地域の皆さまをはじめ広く社会の皆さまに大変なご不安をおかけしておりますこと、またご不信をいだかせておりますこと改めて深くおわび申し上げます」 稲垣武之所長はこのように述べ、総点検について来年2月ごろをめどに終わらせたいとしています。 また、会見では7号機の火災感知器105個が不適切な場所に設置されていた問題について、消防などの専門機関の意見を取り入れるなどして再発を防ぎたいとしています。

新潟 2021.11.25 19:17

燕市の女子中学生が転落死 第三者委が“いじめの有無”など慎重に調査

11月9日、新潟県燕市の中学校で女子生徒が校舎から転落死した問題で25日、第三者委員会が初会合を開きました。第三者委員会はいじめがあったのか、そして「転落死」との因果関係などについて調べ、報告書を今年度中にまとめたい考えです。 11月9日、燕市の吉田中学校で女子生徒が転落死し、自宅で「いじめられてた」と書かれた遺書が見つかりました。 これを受け、25日に医師や弁護士などでつくる第三者委員会の初会合が開かれました。 〈燕市教育委員会/山田公一 委員長〉 「将来ある生徒さんの命を守れなかったことは痛恨の極みであり大変重く受け止めています」 25日の初会合では教育委員会の初期調査について報告されました。 委員会は今後、教職員への聞き取り調査を行い、必要があれば生徒からも話を聞くといいます。 そのうえでいじめがあったのかどうか慎重に調べ、生徒が死亡に至った経緯について明らかにするとともに今後の事故の防止策について話し合います。 〈第三者委員会/吉澤克彦 委員長〉 「遺書からいじめがあったという事が書かれていたわけなので、そのいじめがどのような状況だったのか明らかにしたい。その死が無駄にならずに新たな事が起こらないためにもその子のためにもしっかりと明らかにしていきたい」 次の会合は12月16日に行われ、第三者委員会は今年度中に報告書をまとめたい考えです。

新潟 2021.11.25 19:14

巨大ツリーも 「クリスマス展」 26日から開催 新潟県立自然植物園

新潟市秋葉区の県立自然植物園では11月26日から「クリスマス展」が始まります。 光と植物の色鮮やかなコラボレーションが特徴の企画展示「クリスマス展」では、色鮮やかなポインセチアやシクラメン、コニファーなどクリスマスシーズンの花が所せましと展示され、毎年人気の展示となっています。 中には、ポインセチアの一種で葉の形が丸々としたクリスマスマウスと呼ばれるユニークな植物も。 館内には高さ5メートルの巨大ツリーが展示されていて訪れる人の目を引きます。 「クリスマス展」は12月26日まで開催されるということです。

新潟 2021.11.25 19:12

子どもの「SOS」どう気づく? 専門家は“いじめの避難訓練”を提案

私たちは子どものSOSにどう気づけばいいのでしょうか?専門家に聞きました。 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「(関係が)近い人にほど言えないつらさや悲しみってあるような気がします。自分の肉親だからこそ話せないことってすごくある」 いじめを受けている子どもは悩みを話しにくい―― そう指摘するのは、上越教育大学で児童の集団心理などを研究する高橋知己教授です。 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「いじめの事案が発生したあとに、『なぜSOSを出してくれなかったのか』と家族や学校関係者が言うことがある。むしろ子どもたちはいろんな理由で自分からSOSを発することができない。周りの人に心配をかけたくない、いじめと認めたくない。いろんな要因が絡んでくる」 子どもの悩みを探る方法としていじめに関するアンケートの調査があります。 しかし、燕市の中学校でもアンケートを11月はじめに行っていましたが、女子生徒からいじめについての回答はなく、担任への相談もなかったといいます。 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「アンケートの方法が時にはマンネリ化したり、子どもたちからすると、“またか”と受け取られかねないようなこともあるのかもしれません」 子どもの悩みをくみ取るためにアンケートは常に工夫が必要だといいます。 いじめの防止と早期発見のために、高橋教授が提案することの一つが… 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「いじめの避難訓練をやりませんかという提案なんです」 災害訓練と同じように、「いじめられた」という想定で逃げ道や、命の守り方などの備えを学んでほしいといいます。 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「養護教諭の先生を呼んで来たり、カウンセラーの先生を呼んできていただいて、カウンセリングをしてくださいというプロセスをどう取ったらいいのか訓練する、子どもたちは避難訓練というかたちで実施してみてはどうか」 また、新型コロナの影響で休校期間があったことなどで児童や生徒へ様々な影響が出ているといいます。 〈上越教育大学/高橋知己 教授〉 「昨年、ことしは、いわゆるコロナ禍の状況にあって親御さんが抱える不安やイライラが子どもたちの不安につながってきて、そのイライラからいじめに向かっていくという事案も報告されています。行政やNPO法人も含めて、ここなら大丈夫だよ、みんなつながっておいでという声を発しているんだけど、これがもっときちんと届くようにすべきです」 子どもたちが悩みを全て打ち明けてくれるとは限りません。学校関係者や家族からのアプローチの仕方も工夫が求められています。

新潟 2021.11.25 19:12

加茂市の住宅に落雷 寝室の天井裏が焼ける ケガ人なし

大気の状態が非常に不安定となっている新潟県内。加茂市の住宅では落雷による被害もでていて、住人がその時の様子を話してくれました。 加茂市内に住む吉田茂雄さん。雷が落ちたのは日付が変わった午前1時半ごろのことでした。 【吉田茂雄さん】 「ピカッも何もない。ガーと来て1発で。ここから火がぼーっとでてた。アンテナに落ちたんだね」 家のアンテナに雷が落ち、配線コードがショート・・・天井裏から出火しました。 バケツで消火にあたったという吉田さん。火はその後、到着した消防によって完全に消し止められました。 この火事で天井裏の一部が焼けましたがケガはなかったということです。 【吉田茂雄さん】 Qここで寝られているんですか? 「だから早くわかったからよかったけど、そうじゃなかったらみんな燃えちまってた。びっくりした、まだ心臓ドキドキしている」 県内は冬型の気圧配置の影響で大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台は25日夜遅くまで落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨やひょうに注意を呼びかけています。

新潟 2021.11.25 16:42

「雷が落ちたようだ」 落雷が原因で火事 天井裏が燃えた 新潟県加茂市

新潟県内は25日、大気の状態が非常に不安定となっていて気象台が土砂災害に注意・警戒を呼びかけています。 こうした中、加茂市で落雷が原因とみられる火事が起きています。25日午前1時半ごろ、加茂市芝野の住宅で「雷が落ちたようだ」と消防に通報がありました。 警察によりますと落雷がアンテナを通じ、配線コードから出火、住宅の天井裏が燃えたということです。 県内ではあすにかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意・警戒が必要です。

新潟 2021.11.25 13:52

【速報】新潟県内で1人感染確認 新潟市1人 新潟市以外はゼロ 新型コロナウイルス

新潟県と新潟市は25日、新たに1人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表しました。 感染が確認されたのは、新潟市東区で1人、新潟市以外では確認されませんでした。 新潟市で確認された感染者は、これまでの濃厚接触者ということです。 これで県内の累計感染者数は、8019人となりました。

新潟 2021.11.25 13:04

作業着や作業用品は扱わない 「#ワークマン女子」が新潟県長岡市に初出店 

作業着などの衣類販売店を全国に展開する「ワークマン」は、11月25日、甲信越地域では初出店となる「#ワークマン女子 長岡川崎店」をオープンしました。 長岡市堀金にオープンした150坪の広さの大型店舗では、女性やファミリー層をターゲットに、作業服で培った防寒性や機能性に優れた商品をお洒落に着こなす方法を提案しています。 扱う製品構成は、女性2割、男女兼用(アウトドアウェアやレインスーツなどのユニセックス)6割、男性2割で、従来の作業服や作業用品は扱わないといいます。 コロナ禍でおうち時間が増え、服にも機能性を求めるニーズが高まっているといい、既存の作業着を扱う店舗とは差別化するということです。

新潟 2021.11.25 12:36

新潟県内 土砂災害に注意・警戒を 落雷で火事も発生

11月25日の新潟県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台が土砂災害に注意・警戒を呼びかけています。 冬型の気圧配置の影響で大気の状態が不安定となった25日の県内。各地で雨となっていて、新発田市赤谷では午前10時までの24時間で101ミリの雨を観測しました。 気象台は下越に大雨警報を出し、土砂災害に警戒を呼びかけています。 落雷が原因とみられる火事も起きています。 25日午前1時半ごろ、加茂市芝野の住宅で「雷が落ちたようだ」と消防に通報がありました。 警察によりますと、落雷がアンテナを通じ、配線コードから出火。住宅の天井裏が燃えたということです。 県内では26日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意・警戒が必要です。

新潟 2021.11.25 12:14

12月補正予算案 新型コロナ感染拡大に備え予算計上【新潟】

県は11月25日、12月県議会に提出する補正予算案を発表しました。新型コロナウイルスの感染再拡大に備えた予算が計上されています。 花角知事は25日、総額32億8800万円の補正予算案を発表しました。 〈花角英世知事〉 「新型コロナ対策で次に起こるかもしれない感染拡大に備えて。一般財源の持ち出しはございません」 計上された予算は新型コロナウイルスの感染拡大に備えて、病床がひっ迫した際に入院先が決まるまでの間、酸素投与などを行う「入院待機ステーション」の整備や社会福祉施設などでの消毒液など衛生用品の購入支援に活用する方針です。 財源は国からの臨時交付金などで賄うとしています。

新潟 2021.11.25 12:13

需要減少に歯止めかからず コメ王国・新潟で米価下落に直面する生産者の危機感と模索 ライバルがタッグを組んだ“パックご飯”も

慢性的なコメ余りに加え、コロナ禍による外食産業の停滞などでコメの需要の落ち込みが一段と大きくなっています。コメ王国・新潟県で米価の下落に直面する生産現場などの現状と新たな動きを取材しました。 マグロにサーモン…。あふれんばかりのネタが乗った豪華な海鮮丼です。ただ、この丼の主役はというと… 【旬菜創和ぜんてい 新潟LEXN店/廣川和晃調理長】 「新潟米ですね」 茶碗いっぱいに盛られたコメ。現在、県内50の飲食店で期間限定の丼やカフェめしメニューが提供されています。“もっとたくさん新潟米を食べてほしい”と企画されたこのプロジェクト。県やJAなどで組織する新潟県米消費拡大推進協議会が音頭をとりました。 どうしてごはんをもっと食べてほしいのか? 【JA新潟中央会 農政営農課/磯島一久監理役】 「コメの消費が年々減っているんですけれども、新潟はコメ大国でありますので、やっぱりコメを皆さんに食べてもらいたい。農家の方々が元気になるためには、やっぱりコメの消費が進まないと作る側も楽しみが減ってしまうわけでありますので」 上越市清里区の農業法人『グリーンファーム清里』。ビニールハウスの倉庫に高く積まれているのは、ことしとれた新米です。 【グリーンファーム清里/保坂一八社長】 「ここにある全部が今年産のコメです。コメができて、この状態になって検査が終わると、例年であれば1週間か2週間くらいでコメ屋さんがどんどん引き取ってくれるんですが、今年はコメ屋さんの方も去年からのコメがだぶついたりして倉庫事情が悪いと見えて。一番遅いのは来年の2月かな…。2月の末までにはこれ全部なくなるはずなんですが、『少し待ってくれ』と」 生産したコメは、業者を通じて主に東京の飲食店やホテルなどに販売しています。例年であれば収穫から1~2週間のうちに発送される新米。しかし、コロナ禍で外食の需要が減り、飲食店で消費するコメも減少しました。コメ離れの傾向に歯止めがかからないところに追い討ちをかけられた状況です。 『グリーンファーム清里』は従業員24人。約160ヘクタールの農地でコメを生産しています。 【グリーンファーム清里/保坂一八社長】 「価格が去年から1割から1割2分くらい落ちています。うちの会社はだいたい1億6000万円から1億7000万円くらいの売り上げなので、1割変わると1600万円くらい変わってしまうんです。コメづくりにかかる経費は同じなのに。同じ面積でやっていますので」 出荷業者と卸売業者の間のコメの売買価格である相対取引価格を新潟県の『一般コシヒカリ』で見ると、2019年10月には60キロ当たり1万7353円でしたが、今年の10月は1万5596円でした。2年間で1700円近く安くなっています。 コメが売れない…。“米価の下落”は生産者にとって深刻な問題です。 そこで… 【グリーンファーム清里/保坂一八社長】 「これが加工用のブドウです。今年から始めました。マスカットベーリーAという品種で、基本的にはワインの材料になる」 新たに始めたのは、ワイン用のブドウ栽培。今年から試験的に栽培を始め、うまくいけば2022年の秋には出荷できる予定です。 【グリーンファーム清里/保坂一八社長】 「経営の複合化・多角化ということでブドウを取り入れたらどうかと。出口がしっかりしていないと何をやるにも大変で『つくることよりも売る』っていうのがなかなか対人行為で難しい。その辺はしっかりしている。」 11月19日、農林水産省は2022年の主食用米について、需要に見合った適正生産量を675万トンに設定したと発表しました。今年の主食用米の生産量は10月25日現在で701万トンが見込まれていて、26万トンもの大幅な減産が必要になります。 コメを巡る環境が厳しさを増す中、農業でどうやって生きていくのか。農家それぞれに突きつけられた問題です。 【農業/布施義隆さん】 「ネギを作り始めたのは今年が初めてで、準備を春から始めて、今ようやく収穫という形になりますね」 新発田市の農家・布施義隆さん。15ヘクタールあまりの農地のほとんどでコメを作ってきましたが、今年からネギの栽培を始めました。 【農業/布施義隆さん】 「ネギは収穫が一番大変だっていうのは聞いていたので、その通りだなぁと思います。初めてにしては良く育ってくれたのかなとは思いますね」 ネギを育てている土地は、もともとはコメを作っていた場所。将来を見据えてコメだけに頼らず、野菜などにも力を入れようと考えた結果です。 初めての作業もちょっとずつ慣れてきたとか。布施さんの父・喜章さんも数年前からブロッコリーをつくっています。 【布施義隆さんの父/喜章さん】 「ネギはいいかもしれない。手があれば、田んぼをやるよりネギの方がよっぽど収入が良いっていうから。ブロッコリーは小遣い程度にしかならないからね」 長年コメづくりに心血を注いできた布施さん親子。しかし、厳しくなる一方の状況に直面して、先行きに不安が募ります。 【布施喜章さん】 「米が余っているから米価がどんどん下がるわけでしょ。コメをつくれば、なおさら余るわけじゃん。こんなのがずっと続いたら、うちあたりはちょっと無理かもしれないですね、これ以上は。」 コメをめぐる非常事態ともいえる厳しい状況に、産地間競争のライバルも手を組みました。 【JA越後ながおか経営管理委員会/野口剛会長】 「農業を取り巻く環境というのは、本当にコメ余りですとか、非常に農家にとっては大きな打撃となっている」 タッグを組んだのはJA越後ながおか・JA越後さんとう・JAにいがた南蒲・JA柏崎の4つのJA。ピンチを一緒に乗り越えようと共通の新商品として長岡市産のコシヒカリを使った『パックご飯』を完成させました。 【長岡市/磯田達伸市長】 「ほんとに新米の味がするというのがびっくりですね。やっぱりコシが強いというか、粘りがあって。長岡では漬物とみそ汁でごはんを2杯3杯食べるっていう話がありますけど、まさにそういうコメかなと思います」 コメの需要が減少する一方で、『パックご飯』の生産量は年々増加しています。食生活が変わる中、若者の単身世帯などから手間いらずのご飯として需要が高まり、コメの新たな販路として注目されているということです。 【JA越後ながおか経営管理委員会/野口剛会長】 「とにかくコメの消費拡大ですよね。コメに関心を持ってもらいたいというのが我々の願い。消費者の皆さんの口にうまく運んでもらえるような取り組みをしていきたいと思っています」 需要の減少傾向に新型コロナウイルスが拍車をかけ、危機感が広がるコメ業界。新たな挑戦で生き残りを模索します。

新潟 2021.11.24 20:43

アルビレックス新潟のアルベルト監督が退任会見 「素晴らしいプレーを表現してくれた」

今シーズン限りでの退任を明らかにしていたサッカーJ2・アルビレックス新潟のアルベルト監督が11月24日、正式な退任会見に臨み、選手やサポーターへの感謝の言葉を述べました。 リラックスした表情で会見場に姿を見せたアルベルト監督。心境を次のように語りました。 〈アルビレックス新潟/アルベルト監督〉 「とても素晴らしい2年間を過ごすことができました。人生において、時にはとても難しい決断を下さなければいけない瞬間があります」 アルベルト監督はスペイン出身で、FCバルセロナで育成部門などを経験してきました。 新潟で目指したのは細かくパスをつなぐ攻撃的なサッカー。2年目の今シーズンは序盤、首位を走っていましたが、後半に失速しました。チームは目標のJ1昇格を逃し、2試合を残して順位は6位です。 会見で、アルベルト監督はチームから続投の要請を受けたものの辞退したことを明らかにしました。 〈アルビレックス新潟/アルベルト監督〉 「今シーズン、日本人を中心に戦ってきました。彼らは私の期待に応えるプレーをしてくれました。彼らは日本人中心でもこのような素晴らしいプレーを表現できるという事を彼らは証明してくれたのではないでしょうか」 また、サポーターについては「家族の一員のように暖かく迎えてくださり、新潟でとても素敵な日々を過ごすことができた」と感謝の言葉を並べました。 今シーズンの残り2試合についても、引き続き指揮を執るということです。

新潟 2021.11.24 20:10

新潟県内の山沿いの一部地域で積雪 気象台の3か月予報では“この冬の降雪量は平年並みか多い”

新潟に雪の季節が到来しました。新潟県内は11月24日、気温が下がって山沿いの一部地域で雪が積もりました。新潟地方気象台はこの冬の降雪量について“平年並みか多い”と予想しています。 一面真っ白に染まった妙高市の燕温泉。24日の朝、自動車の上にはまとまった雪が積もっていました。冬型の気圧配置の影響で、新潟県内は山沿いの一部地域で雪が降り、住民は雪かきに追われていました。 〈住民は〉 「11月に積雪があるのは珍しいですね。これだけ積雪があるというのは非常に驚きました」 気温も下がりました。津南町では最低気温0.7℃を観測。県内28か所の観測地点のうち、9か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。 24日は風も強く、佐渡市相川では最大瞬間風速29.7メートルを観測しました。佐渡汽船のジェットフォイルは、しけのため全便が欠航しました。 これからの雪の季節に準備しておきたいのが冬用タイヤです。 <リポート> 「本格的な冬を前に、こちらではタイヤの交換作業が行われています。まさに休む暇なく作業が進められています」 新潟市中央区にあるカー用品店『オートバックス新潟中央店』では、1日に30台ほど冬用タイヤへの交換作業を行っています。すでに12月上旬まで予約が埋まっているということです。 〈タイヤ交換に訪れた人は〉 「去年までのものが古くて1年間履き潰したので、そのまま今年切り換える。最近は雪の降るタイミングがまちまちで、降るとすごいでしょ。だから早めに」 『オートバックス新潟中央店』では、冬用タイヤの溝が減っていたりパンクしていたりといったトラブルがあった場合に対応するためにも早めの交換を呼びかけています。 〈オートバックス新潟中央店/杉戸俊弘店長〉 「どうしても新潟は雪が降りますので、どうせ冬用タイヤを履くのであれば早く暖かいうちに準備しておいていただければと思います」 新潟地方気象台は11月24日、3か月予報を発表しました。県内はラニーニャ現象のため寒気の影響を受けやすく、向こう3か月の気温は平年並みか低く、降雪量は平年並みか多い見込みです。 特に12月は冬型の気圧配置になりやすく、平年よりも曇りや雨または雪の日が多い見込みです。 県内では25日夕方までの24時間に降る雨の量が下越で100ミリなどと予想されています。 新潟地方気象台は、下越・中越・佐渡では土砂災害に、佐渡では強風に対して注意・警戒するよう呼びかけています。

新潟 2021.11.24 19:55

核セキュリティーを巡る問題が相次いだ柏崎刈羽原発で安全決起大会 稲垣所長「不安を与えない状況を」

柏崎刈羽原発で11月24日、安全な作業を誓い合う安全決起大会が開かれました。核セキュリティーの不備など深刻な問題が相次いだ柏崎刈羽原発。稲垣所長は「地域に不安を与えない状況をつくり出すことが重要だ」と述べました。 安全決起大会には東京電力の社員や協力企業の作業員など155人が参加しました。 柏崎刈羽原発では今年度、作業中のケガや熱中症など6件の事故が発生していて、注意点などを再確認しました。 柏崎刈羽原発を巡ってはことし、核セキュリティーの不備や社員によるIDカードの不正使用など深刻な問題が相次いで発覚しました。原子力規制委員会から事実上の運転禁止が命じられるなど、厳しい視線が注がれています。 〈柏崎刈羽原発/稲垣武之所長〉 「まず自分の身を守る。そして仲間の身を守ることからスタートして、地域の皆様に不安を与えない状況を作り出すことが重要かと思っております」 稲垣所長はこのように述べ、信頼回復に向けて、まずは作業員などの安全を徹底したいと訴えました。

新潟 2021.11.24 19:40

原油価格の高騰で新潟県内への影響は 暖房器具の売れ行きに変化

世界的な原油価格の高騰を受け、日本政府は初めて石油の国家備蓄の一部を放出することを決めました。家計を直撃するこの問題。新潟県内では暖房器具の売れ行きにある変化が起きているということです。 新潟の厳しい寒さをしのぐために欠かせない灯油。新潟市東区のコメリパワー河渡店では、例年90円台半ばで推移する灯油の価格が11月24日時点で104円と、例年に比べ10円ほど値上がりしていました。 〈灯油を購入した人は〉 「そんなに切羽詰まってはいないけど支出が多くなる。灯油を節約して風邪を引くよりはいいから」 こうした中… 〈岸田首相〉 「国家備蓄石油の一部を売却することと決定いたしました」 正式に決まった石油備蓄の放出。価格の高騰を抑えるのが目的で、国が備蓄する分を放出するのは今回が初めてです。 家計を直撃するこの問題。コメリパワー河渡店では、次のような問い合わせが増えているということです。 〈コメリパワー河渡店/渡辺裕介グループリーダー〉 「灯油代と電気代の比較をされるお客様が多く、問い合わせもあります」 さらに、商品の売れ行きにも変化が… 〈コメリパワー河渡店/渡辺裕介グループリーダー〉 「こちらの“蓄熱式エコゆたんぽ”がおすすめ。新登場です」 灯油を使わず、電気で足元や手元を温めるこうした商品の売り上げが伸びているということです。 モバイルバッテリーを電源としたヒーター付きのベストもあります。 <リポート> 「電源を入れてすぐですが、お腹と腰がじんわりと温まってきました」 前年の同じ月と比べて、灯油を燃料にしたストーブの売上げは1割ほど減っていますが、一方で、こうした電気を使った暖房器具の売り上げは1割ほど増えているということです。 〈コメリパワー河渡店/渡辺裕介グループリーダー〉 「状況が収まれば、石油ストーブや石油ファンヒーターなども売上げ・販売数量も増えますので、期待しています」 国家備蓄の放出で原油の価格高騰は収まるのか。本格的な冬に向けて気を揉む日々が続きそうです。

新潟 2021.11.24 19:31

冬の北京五輪へ アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」新潟市で強化合宿

開幕まで3か月を切った冬の北京オリンピック。新潟市ではアイスホッケー女子日本代表が合宿を行っていて、23日、練習の様子が公開されました。 新潟市中央区にある「MGC三菱ガス化学アイスアリーナ」では、来年2月に開幕する北京オリンピックに向けて、アイスホッケー女子日本代表が強化合宿を行っています。 アイスホッケー女子日本代表は「スマイルジャパン」の愛称で親しまれていて、すでにオリンピックの出場を決めています。 新型コロナウイルスの感染対策のため、練習の公開は23日のみ、1時間限定で行われ、県内のジュニア選手や保護者など45人ほどが見学に訪れていました。 【見学した子ども】 「パスをつないだり走るのが早くてすごくかっこいいと思いました」 「(アイスホッケーは)みんなで力をあわせるところがすごく楽しいです」 「スマイルジャパン」の強化合宿は今月29日まで行われます。

新潟 2021.11.24 19:27

持続化給付金100万円をだまし取った疑い 新潟市の男2人を逮捕

コロナ禍で大幅に売り上げが減った事業者に支給される持続化給付金100万円をだまし取った疑いで、男2人が逮捕されました。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、新潟市中央区のアルバイト従業員・石川和彦容疑者(33)と、同じく新潟市中央区の会社員・本間康仁容疑者(34)の2人です。 警察によりますと、2人は去年9月に他の5人と共謀し、飲食店の個人事業者を装って虚偽の内容を入力して申請し、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。 持続化給付金は、新型コロナウイルス感染拡大時の営業自粛などの影響で売り上げが大きく減少した事業者に対して支給される給付金です。 警察は2人の認否を明らかにしていません。余罪の有無を含めて調べを進めています。

新潟 2021.11.24 19:15

いじめに発展させないために… 中学生が学年を越えて意見を交わす

新潟市の中学校で11月24日、いじめについて考える取り組みが行われました。“学校の雰囲気を良くするにはどうしたらいいのか”学年を越えて意見を出し合いました。 新潟市秋葉区の新津第五中学校で24日に行われた『いじめ対策プロジェクト』。生徒会が中心になって毎年この時期に行っています。 今年度は『学校の雰囲気が悪くなるのはいじめの種』という着眼点から“普段の生活で心が少しでも痛むのはどんなときか”“いじめに繋がるかもしれない日常の小さなトラブルをなくしていくにはどうしたらよいか”を、学年を越えて話し合いました。 〈生徒の話し合いの様子〉 「『そういえば誰々がお前のこと嫌いって言ってたよ』なんて聞くと、チクッてなるじゃん」 「友達との関係を良くするにはどうしたらいいと思う?意見がある人いる?」「しっかりと自分の気持ちを伝える」 新潟県燕市の吉田中学校では11月9日、女子生徒が転落死し、自宅からは「いじめられてた」と書かれた遺書が見つかりました。燕市の教育委員会が11月25日に第三者委員会を開き、いじめの有無を調べるなど、いじめをめぐる問題はなかなかなくなりません。 “何気ない発言で友人を傷つけないために”“いじめに発展させないために”生徒たちは、言葉遣いや相手の気持ちを考えることの大切さについて考えました。 〈生徒〉 「いじめはあからさまに見えるものではなく、小さなことから発展していくんだなっていうことがわかりました」 「ちゃんと人に感謝の気持ちを伝えたり、自分から行動して認め合ったりしていくことがとても大事だと思いました」 新津第五中学校は、今後もこの取り組みを続けていきたいとしています。

新潟 2021.11.24 19:12

85歳の女性店主が切り盛りする小さな焼き鳥店に100人を超える行列が出現 新潟市西区

新潟市西区にある小さな焼き鳥店に24日、一時100人を超える行列が出現しました。 冷たい雨が降る中、約100人もの行列ができたのは、新潟市西区寺尾東の「やきとり ほしの」です。昼過ぎから徐々に客が並びはじめ、午後3時過ぎにはおよそ100人が並んでいました。 通常午後3時開店のところ、昼過ぎには店を開けて行列に対応したということです。85歳という年齢もあり星野さんは1日5時間のみ営業し20年以上店を続けています。 一般的な焼き鳥よりもやや長めの串で13種類作っていて、店主の星野ケンさん(85)が一本ずつこだわって焼いているといいます。 異例の行列について、“負けず嫌い”という星野さんの焼き鳥に対する思い入れを描いたテレビ番組「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」が11月23日に放送されたこともあり、多くの人が訪れたのではないかと話していました。

新潟 2021.11.24 18:06

「この冬の降雪量は平年並みか多い予想」 新潟地方気象台が3か月予報発表

新潟県内にも雪の季節が到来しました。24日の県内は気温が下がり山沿いの一部地域で雪が積もりました。 妙高市の燕温泉では、「11月の積雪は珍しい」と住民が話していて、雪かきに追われる姿がみられました。 新潟地方気象台は24日、3カ月予報を発表し、この冬の降雪量について平年並みか多いと予想しています。 気象台によりますと県内はラニーニャ現象のため、寒気の影響を受けやすく、向こう3か月の気温は平年並みか低く、降雪量は、平年並みか多い見込みです。 特に12月は冬型の気圧配置になりやすく、平年より曇りや雨、または雪の日が多い見込みです。 県内では25日昼までの24時間に降る雨の量が下越で100ミリなどと予想されています。気象台は中越と佐渡では土砂災害に注意・警戒するよう呼びかけています。

新潟 2021.11.24 17:16

クリスマスまで1か月 長岡市に巨大ツリー 大迫力のイルミネーションが話題に

新潟県長岡市の「アオーレ長岡」では、クリスマスシーズンを前に巨大ツリーとイルミネーションが設置され、話題となっています。 巨大なクリスマスツリーが設置されているのは、長岡市の「アオーレ長岡」です。市役所やアリーナ、ホールなどが一体となった複合施設で、ナカドマと呼ばれる屋根付き広場に、高さ8メートルもの巨大ツリーと、約7万個の電球を使ったイルミネーション装飾が行われています。 毎日午後4時から8時まで「アオルミネーション」と題したイルミネーションショーが行われていて、1時間に3回(00分、20分、40分)、20分ごとに音楽と光のエンターテイメントを楽しむことができます。 ことしで10回目となるイルミネーション。去年は、コロナ禍で医療従事者への感謝を伝えるブルーの装飾となっていましたが、ことしは市民を元気にしたいと白やオレンジ、ゴールドの暖かい色使いになっています。 また去年はじめて設置された巨大ツリーは、ホワイトクリスマスをテーマに白を基調に装飾されています。中でもオーナメントは、地元で出された廃材のかんな屑や、開封後のワインのコルクを利用したもので作られているということです。 巨大ツリーは、12月26日まで、「アオルミネーション」は来年2月13日まで展示されるということです。

新潟 2021.11.24 12:56

若手工芸作家を支援 新潟市の雪梁舎美術館で“工芸2021”開催

若手工芸作家の育成と支援につなげようと新潟市西区で作品展が開催さています。 雪梁舎美術館で開催されている「工芸2021」は若手工芸作家の育成と支援を目的に県内出身の50歳以下の作家と日本海側にある6つの大学の学生を対象に作品を募集しました。76点の応募から審査員の投票により受賞作品が決まり、表彰式が行われました。 大賞に選ばれたのは県内に住む平戸亜海さんの作品です。 羊の柔らかい質感を表現し暖かさを感じる作品になっています。 この作品展は12月26日まで開かれています。

新潟 2021.11.24 11:59

新潟県妙高市で積雪 「11月の積雪は珍しい」住民は雪かきに追われ 県内25日にかけ暴風に注意

県内は冬型の気圧配置の影響で気温が下がり、24日朝、山沿いの一部では雪が積もりました。 風も強く佐渡では暴風に警戒が必要です。 一面真っ白く染まった24日朝の妙高市・燕温泉。寒気が流れ込んだ影響で山沿いの一部では、雪が積もり住民が雪かきに追われていました。 【住民は】 「11月に積雪があるのは珍しいですね」 「これだけ積雪があるというのは非常に驚きました」 24日朝の最低気温は津南町で0.7℃などを観測し、県内28の観測地点のうち7か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。 また、大気の状態が非常に不安定となっていて佐渡市相川では最大瞬間風速29.7メートルを観測。24日夕方までの最大瞬間風速は県内全域で30メートルと予想されています。 気象台は24日夕方にかけて佐渡では暴風に警戒を、25日にかけて中越では土砂災害に注意・警戒するよう呼びかけています。

新潟 2021.11.24 11:19

いじめの経験を歌に代えて…シンガーソングライターの思い

いじめ被害の経験をもとに活動を続けるシンガーソングライターがいます。自分が浴びせられたつらい言葉や受けた痛み。それを歌詞にして歌う姿が多くの人の共感を呼んでいます。 自分を拒絶していると思っていた学校という場所も、今は拍手で迎えられるようになりました。 ♪「隠れてひとりで泣かないで 君の心が壊れてしまうよ」 シンガーソングライターの小澤いずみさん(28)。3年前から県内で活動をはじめ、「いじめ」や「不登校」の経験を楽曲のモチーフにしています。 <小澤いずみさん> 「つらいって思ったらつらいって言っていいんです。ヘルプを出して助けてもらってください。助けてもらったら、助けてくれてありがとうって」 男の子に間違えられるほど活発だった小澤さん。しかし、小学3年生で不登校に…。きっかけはいじめられる同級生を見たことでした。 いじめを止めようとクラス中に「謝れ」と怒鳴っても、先生に相談しても何も変わらず、人が信じられなくなるなどして、学校に行けなくなったといいます。 家に引きこもっていた時は地元の河川敷で歌うことが気晴らしでした。 【小澤いずみさん】 「どうしようもなく苦しくなった時とか、どうしたらいいかわからなくなったらここにきて1回リセットするというか」 小学生や中学生のころに書いたノートがあります。 「また誰かが蝕んでいく」 書きなぐられた言葉や絵からは当時の心情が伝わってきます。 高校に進むと今度は自分がいじめの標的にされました。 【小澤いずみさん】 「きもい、うざい、たまに死ねという言葉。この3つが多かった」 もう一度、不登校になりたくない―。 耐える日が続いたといいます。 2年生になり行われたクラス替えで、いじめていた子と離れ、いじめも収まりだしたといいます。そして自分でも…。 【小澤いずみさん】 「いじめに対して負けたくない気持ちもあったから。がんばって自分から声をかけていって状況を話して、仲良くしてほしいと言いに行った」 仲良くなった子とバンドを組むなど音楽にのめり込みました。 学生時代の経験が今の活動の原動力となっています。 【小澤いずみさん】 「私みたいに過去いじめられていたけれど、元気に今生きている人がいるからあなたも大丈夫だよと伝えたい」 アコースティックギターを抱えて県内を回る小澤さん。この日は新潟市のカフェで開かれたライブイベントに出演しました。 <小澤いずみさん> 「直球の歌詞なので耳が痛くなる方もいらっしゃるかと思うのですが…」 歌詞には自分が受けた言葉をそのまま用いることもあります。 ♪「後ろから聞こえるバカ消えろうざい、まじで死ねばいいのに」 【歌を聞いた客】 「心の内面をそのまま歌っている歌詞でメッセージ性を感じます」 【小澤いずみさん】 「飾ったって人の心に届かないと思ったので、自分をぶつけていかないといけないなというのはあって、今みたいな歌をつくるようになりました」 小澤さんは県による「いじめ見逃しゼロ 県民運動」のサポーターも務めます。しかし、小澤さんの心を痛める出来事が…。 今月9日、燕市の吉田中学校で女子生徒が校舎から転落し死亡しました。生徒が遺した遺書には「いじめられてた」と記され、第三者委員会がいじめの有無などについてまもなく調査を始めます。 いじめ被害の経験を楽曲に代え、悩んでいる人たちに届けている小澤いずみさん。11月16日、音響スタッフと共に新発田市の中学校を訪れました。 生徒が授業を受けている間、誰もいない体育館で行うリハーサル。かつて嫌いだった学校が、いまでは自分の思いを伝えるステージに変わりました。 【小澤いずみさん】 「学校という言葉を聞くだけでも拒否反応を示していたくらいだったので、なんか全然違う感覚ですね、今は」 全校生徒を前に始まったライブは、優しい歌だけではありません。 ♪「隠れてひとりで泣かないで君の心が壊れてしまうよ、君の涙の落ちる場所がどうか私の腕の中でありますように」 ストレートな歌詞だからこそ伝わるものがある。そう信じ、聞く人に寄り添います。 【歌を聞いた中学生】 「自分は普通に学校に来ているので登校できない人たちの気持ちがあまりよくわからなかったんですけれど、少しはわかったのかなと思っています」 【小澤いずみさん】 「どうせ自分の気持ちなんてわからないって思っている人たちに、わかってくれたと思ってもらえるような曲を書きたいなとずっと思っていて。救える人がひとりでもいるなら私はその人のために歌いたい」 自分の楽曲が、自分の声が、不登校やいじめに悩む人の居場所になれるよう歌い続けます。

新潟 2021.11.23 20:37

ウィズコロナ新しいかたちの結婚式 安心して楽しめる式を

コロナ禍で結婚式をためらっていた1組のカップルが23日、大勢の人に見守られながら人生の門出の日を迎えました。ウィズコロナに合わせた結婚式の新しいかたちとは。 永遠の愛を誓い合った新郎新婦。参列者から祝福の拍手が送られます。 ウィズコロナに合わせた結婚式が華やかに幕を開けました 22日夜。2人は式場で最後の準備を進めていました。 <新婦> 「2人でのこだわりはないかもしれないです。私がメインになっている(笑)」 <新郎> 「俺のこだわりはないので」 新婦のこだわりがつまったウェルカムスペースに並べられたのはマスクです。 2人は小中学校の同級生で、8年間の交際期間を経て去年3月に入籍しました。ちょうど新型コロナの感染が広がっていたころ…。感染が収まらない中、結婚式を挙げるどうか悩む日々が続いたといいます。 【新郎】 「結婚してすぐに挙げたかったんですけど、どうしてもこのご時世、コロナで挙げるというのも世間的によくないのかなっていうのがあって」 【新婦】「結婚式を挙げようという気持ちにはなかなかなれなかったですね」 感染状況をみながらいつか挙げようと夢見ていた結婚式。そんなとき、式場から行動制限の緩和に向けた「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験への協力を求められました。 【新郎】 「いま挙げようかと挙げないか悩んでいる人がいると思うんです。けど、そういう人たちにこういう挙げ方があるんだよって示せたらなと思って。いい結婚式にしたいなと思って」 迎えた結婚式。 参列者がスマートフォンでみせていたのはワクチンの接種証明書の写真です。一方、接種を受けていない人は抗原検査を受け「陰性」を確認した上で参列しました。 そして始まった披露宴。 親族や友人約60人が参列。声は出さず拍手で祝福の気持ちを伝えます。 <新郎の挨拶> 「入籍してきょうでちょうど1年8か月になりますが、みなさんの前で改めて誓いを立てることができてとても幸せです」 食事感染対策に気を配りながらも和やかな雰囲気で進んだ結婚式。    参列した友人たちは 【式に参加した女性】 「とってもあったかい気持ちになって素敵な2人の姿がみられて安心しました」 「みなさんワクチンを接種されていたりとか、事前に検査を受けていたりとかして、そういった意味でも安心して式を楽しめたなと思います」 コロナ禍であっても友人や親族が安心して参列できる結婚式にしたいと話していた新郎新婦は― 【新郎】 「ぜひ、こういう挙げ方があるんだよていう感じえ示さられたらなと思っています」 【新婦】 「私も同じように、こうやって少しでも安心材料となるような仕組みが少しずつ広まっていけばいいなと思います」 特別なひと時を大切な人たちと過ごす結婚式。ウイズコロナにあわせた新しいカタチが今後広まっていきそうです。

新潟 2021.11.23 20:32

“新潟米”を楽しむ!ごはんが進む丼プロジェクト 限定メニューでコメの消費拡大へ

新潟米をもっと多くの人に食べてもらおうと県内の飲食店で期間限定の特別メニューが生まれました。ごはんをモリモリ食べたくなるメニューがたくさん登場しています。 大きな茶碗に盛られて、つやっつやのコメ。この店で提供しているのはもちろん「新潟米です」 新潟の食材や新鮮な魚介を楽しめるJR新潟駅近くの居酒屋「ぜんてい新潟LEXN店」“新潟米”を使ったプロジェクトがスタートしています。その狙いは― 【JA新潟中央会農政営農課 磯島一久さん】 「おコメの消費が年々減っているんですけれども新潟はコメ大国でありますのでやっぱりおコメを皆さんに食べてもらいたい。おいしい新潟米食べられるメニューを作りました」 近年進むコメ離れ…さらにコロナ禍で飲食店などで使うコメの消費は伸び悩みコメを取り巻く現状は深刻となっています。 “新潟米”をたくさん食べてもらいたい!そんな思いで始まったプロジェクト。県内50の飲食店が参加し、新潟米を使ったメニューを考案。期間限定で新潟県民が大好きだというかつ丼、海鮮丼、カフェ飯を提供します。 「ぜんてい新潟LEXN店」では新鮮な魚をふんだんに使った海鮮丼を新たに考案。マグロ、ブリ、トロ、サーモン、最後にはいくらをトッピング。 【記者リポート】 「あふれんばかりのネタが乗っていてボリュームたっぷりの海鮮丼です。とろっとろの新鮮なお魚でいろんな種類が乗っているのでごはんもたくさん進みそうです」 【ぜんてい新潟LEXN店 廣川和晃調理長】 「これをきっかけにどんどんお店の方にも足を運んでいただいて、みんなにおいしいご飯を食べてもらえればいいなと思います」 店で新潟の味を楽しんでいた県外からの観光客は… 【県外からの観光客】 「そもそも(新潟は)コメおいしいだろうってわかって来ているので、間違いないなっていう感じ。魚と合うごはんのおいしさを感じましたね」 県内の人にも、観光客にも味わってもらいたい“新潟米”。このプロジェクトの限定メニューは来年2月13日まで楽しむことができます。

新潟 2021.11.23 20:10

佐渡市の神社で火事 社殿が全焼 前日にも何かが燃えた跡が見つかる

22日夜、佐渡市の神社で火事があり社殿が全焼しました。この神社では火事の前日にも何かが燃えた形跡が見つかっています。 勢いよく燃え上がる真っ赤な炎。消防隊が必死に消火にあたります。22日午後9時過ぎ、近所の人から消防に通報がありました。  「二宮神社が燃えている」 火事があったのは佐渡市の二宮神社です。警察などによりますと消防車9台が駆けつけ、火は約4時間後に消し止められました。住民からはこんな話が―。 【近くに住む人】 「渡り廊下の本殿の方に火をつけたあとがあったんだ。能舞台があるだろ。能舞台から渡り廊下あって本殿の方に行くところに」 二宮神社の境内には市の有形文化財に指定されている「能舞台」があります。21日、舞台と社務所をつなぐ廊下付近で宮司が何かが燃えた形跡を発見。警察に通報しています。 【近くに住む人】 「いつか来るなと思ってたんだけど、まさかすぐ来るとは思わなかった」 「寂しいですね。地域の人たちみんなそう思ってると思いますよ」 22日の火事では能舞台に被害はなかったということですが、神社の社殿が全焼しました。ケガ人はいないということです。 【通報した人】 「復興はちょっときついんじゃないの、これだけの建物を建てるとなると。生まれてこの方しょっちゅう行ったり来たりしているから 残念は残念ですよね」 警察は廊下で見つかった形跡は、数カ月ほど前に燃えた跡と見ていて今回の火事との関連を詳しく調べています。

新潟 2021.11.23 20:06

車止めチェーンに引っ掛かりバイクが転倒 男子高校生がケガ 原因は…

新潟市西区でバイクが車止めチェーンに引っかかり転倒する事故がありました。なぜ事故が起こってしまったのでしょうか。県は23日から現場で調査を始めました。 【記者リポート】 「こちらが事故があった現場です。地面から約30センチの高さにある、この鎖にバイクは引っかかって転倒したということです。 事故があったのは新潟市西区五十嵐です。21日午後4時20分ごろ、バイクに乗った男子高校生が車止めのチェーンに引っかかり転倒しました。高校生は腹部打撲と診断され入院しましたが命に別条はないということです。 実はこの道路、強風を防ぐための防風林に通じていて県が管理。周辺には危険な場所もあるため立ち入り禁止のチェーンをしていたのです。事故を受け県は23日、現地調査を行い、なぜ事故が起きたのか検証しました。 【県農林振興部 高橋雄二森林施設課長代理】 「昔は注意看板があったんですけど、風浪で切れてしまってこういった注意喚起が欠損していたという状況です」 『立ち入り禁止』が分かりづらいうえ、さらに事故当時は夕方で薄暗くチェーンが見えにくい状況だったといいます。 西区の海岸沿いでは、釣りや散歩で立ち入り禁止区域に入る住民が多く、ゴミの不法投棄も問題となっています。 23日は車止めチェーンが目立つように注意喚起の表示板を設置していきました。 【県農林振興部 森章森林施設課長】 「事故の発生についてはケガをした方には、大変申し訳なく思っていますし、こういった入ってはいけないところも中にはありますので、そういうところには十分注意して、入らない立ち入らないよう お願いしたいと思っています」 県は今後も現地調査を続け再発防止に努めていく考えです。

新潟