福島のニュース

待ちに待った夏休み 福島市で終業式

福島市の小中学校では、例年より遅れて7日に1学期の終業式が行われた。
このうち市立三河台小学校でも、児童が教室に集まり、終業式が行われた。
児童が密集区間に集まるのを避けるため、体育館での式は取りやめとなり、式はテレビを使った校内放送で行われた。
新型コロナウイルスによる休校措置などの影響から、1学期の登校日数は予定よりも20日ほど少なくなった。
授業時間を確保するために夏休みを半分以下に短縮し、今月24日から2学期がはじまる。
県によると福島市のほかに県内では、田村市や南相馬市など4つの市でもこの日終業式が行われ、最も早く夏休みが明けるのは田村市で今月18日から学校が再開される。

福島2020.08.07 16:32

活動見合わせのサーカス団が支援呼掛け

新型コロナウイルスの影響で公演見合わせの続くサーカス団がクラウドファンディングでの支援を呼びかけている。
去年、郡山市でも公演を行った「ポップサーカス」は、世界14か国のパフォーマーなど70人が所属する日本有数のサーカス団。
しかし、現在は新型コロナウイルス感染拡大により、公演の見合わせが続き、パフォーマーも帰国できない状況になっている。
ポップサーカスでは、公演再開までの活動費用確保のため、今月からクラウドファンディングで支援の呼びかけを始めた。
ポップサーカスのウェブサイトから支援サイトに入ることができ、目標金額は500万円。
支援者には、サーカスのチケットやオリジナルグッズなどが返礼品として贈られることになっている。

福島2020.08.07 11:54

福島・いわき市60代男性の家族も感染

いわき市で新型コロナウイルスの感染者が新たに2人確認された。新たなに感染が確認されたのは、5日に感染が確認された60代男性と同居する60代の妻と90代の母親。(3人暮らし)
2人は先週末から、発熱などの症状が出ていて、市によると60代男性からの2次感染とみている。
60代男性は先月24日から2泊3日で友人らと県外に旅行に出かけていて、保健所ではその際に感染した可能性もあるとみている。保健所は60代男性の残る4人の濃厚接触者について、検査結果は7日以降に判明するとしている。
また、感染が判明した90代の母親については、先月31日にデイサービスを利用していることから、濃厚接触者の特定も進めている。

福島2020.08.06 21:07

福島・爆発事故1週間 周辺の影響は深刻

郡山市で先月30日に起きた飲食店の爆発事故から一週間。
事故が起きた「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」は当時、店は改装工事中、店舗の中にいた現場責任者の男性が死亡し、19人が重軽傷を負った。
事故現場は住宅や銀行、学校、病院などが密集していて、半径500メートルもの範囲で184の建物が窓ガラスが割れるなどの被害を受けた。
現場から100メートル離れた病院では入院患者などにケガ人はいなかったものの建物の損傷がひどく、復旧にはおよそ1か月を見込んでいる。
■桑野協立病院総務部 三瓶和夫部長
「つなぎ目など、弱いところに影響が出てきていて、天井なんかもだんだん下がってくる」
また、周辺の住宅でも被害は深刻。
■記者リポート
「現場の真裏にある住宅街、多くは窓ガラスが割れています。一方で足場が組まれ工事が始まっている所もあります」
シャッターや壁が剥がれる被害を受けた住宅では、今は壁などの応急処置を進めているが、事故があったあ飲食店の関係企業から、事故の責任の所在がわからない限り、修理などの補償はできないと言われたという。
■住宅被害を受けた男性
「現状は自分たちの保険を使ってやって頂けないかという感じで、まだ本格的な復旧工事ができないんだ」
「いつ元の生活に戻れるのか…」
被害を受けた人たちは、不安な日々が続いたまま。

福島2020.08.06 18:30

福島・爆発事故1週間 原因究明のどこまで

郡山市で起きた飲食店の爆発事故から一週間、なぜ事故が起きたのか。
店舗の運営会社の会見では、亡くなった男性が店舗に入り、セキュリティーを解除したのは30日「午前8時57分」。
消防によると、爆発が起きたのも「午前8時57分」。
つまり、亡くなった改修工事の現場責任者の男性が建物に入って、1分も経たないうちに、爆発が起きたとみられている。
今回の爆発事故は店舗内に充満したガスが何らかの原因で引火し起きたとみられている。
警察、消防の関係者によると外に設置してあるガスボンベと厨房をつなぐガス管のうち、コンロ付近のガス管に腐食が見つかり、ガスが異常に漏れ出ると自動で止まる安全装置も何らかの原因で作動しなかったとみられている。
また、店舗は新型コロナウイルスの影響で4月から休業だったにもかかわらず、ガスメーターは7月に使用されている記録が残っている。
警察と消防は、ガスが管から漏れ出て店内に充満した可能性が高いとみて調べを進めている。
一方で、ガス管の腐食はすぐにできるものではない。
ガス管や装置の点検は4年に1度行われ、ガス漏れや不具合がないかが確認されるが、県によると去年12月に点検では異常は発見されなかった。
ただ、コンロを解体してガス管をチェックするわけではないので、目視出来なかった部分で腐食が進行した可能性も考えられている。
警察は業務上過失致死傷の疑いで捜査を進めていて、聞き取りや提出された資料をもとに、店舗管理、工事作業、点検は適切だったのか、関係者1人1人の義務や役割を確認しながら、責任の所在を明らかにしていくことになる。
一方で、事故前日と当時の状況を知る男性は亡くなっていることから、何が原因で着火したのかを解き明かすには長い時間がかかりそう。

福島2020.08.06 18:29

福島・綾瀬はるかさん「先人感謝祭」参加へ

新型コロナウイルスの影響で大幅に縮小して開催される「会津まつり」について、特別ゲストとして綾瀬はるかさんの参加が発表され た。
毎年9月に行われる会津地方最大の祭り「会津まつり」は、メーンイベントの「会津藩行行列」などが中止となり、大幅に規模を縮小して開催することにしている。
6日に開かれた記者会見で、特別ゲストに女優の綾瀬はるかさんが参加することが発表された。
綾瀬さんの祭りへの参加は、大河ドラマ「八重の桜」が縁で、7年連続となる。
今年は鎮魂を示す「先人感謝祭」などに出席する予定。
■会津若松市 室井照平市長
「綾瀬さんに福島、そして会津へ心をよせていただいていることは、我々にとって大きな励みで、コロナ渦を乗り切る力として行きたい」
会津まつりの関連イベントは来月19日から始まり、花火を打ち上げるほか、鶴ヶ城本丸ではステージイベントなどを行うことにしている。

福島2020.08.06 18:16

福島・飲食店爆発事故で休業中にガス急減

1週間前に郡山市にある休業中の飲食店で起きた爆発事故で、ガスボンベ2本分余りのガスが1か月前と比べ減っていたことがわかった。
先月30日、郡山市島の飲食店で起きた爆発事故では、改装工事を行っていた現場責任者の男性が死亡、19人が重軽傷を負った。
事故から1週間経った現場では、建物の解体作業が始まっていた。
これまでの捜査で、調理場にあるコンロ付近のガス管が腐食し、複数の穴があったことも確認されている。
さらに、先月はじめと比べガスボンベ2本分のガスが減っていたことが新たにわかった。
警察と消防は、ガスが建物の中で充満した経緯や、爆発の直接的な原因など詳しく調べている。

福島2020.08.06 13:03

福島・熱中症の疑い搬送された男性が死亡

5日、福島市で40代の男性が熱中症の疑いで病院に運ばれたが、その後、容体が悪化して死亡した。
消防によると5日正午すぎ、福島市東中央で路上に倒れている男性を通りかかった人が見つけ、119番通報した。
男性は40代、救急隊が駆けつけたときに意識はあったが搬送先の病院で容体が悪化し死亡した。
運ばれた際、男性は道路の舗装工事の作業にあたっていたという。
警察によると、現場での状況や医師の所見などから、男性は熱中症で死亡した可能性が高いという。

福島2020.08.06 13:03

福島・原爆の悲惨さ伝えるパネル展

広島に原子爆弾が投下されて75年、会津若松市では原爆による悲惨さを伝えるパネル展が開かれている。
会津若松市の會津稽古堂で開かれている「広島・長崎原爆被災写真パネル展」は戦争の記憶を残し、平和の大切さを伝えようと企画された。
広島の平和記念資料館から貸し出されたポスターは、原爆が投下された当時の広島や長崎の街並みや被ばくした人々の様子など、当時の被害の様子を伝えている。
■訪れた女性は
「「新しく知ることもあって、考えさせられる」
■会津若松市総務課 栗城豊さん
「二度と悲惨なできごとを起こさないということを感じていただければと思う」
パネル展は今月10日まで開かれている。

福島2020.08.06 13:02

福島・いわきで2人が新型コロナ感染確認

いわき市で、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。
新たに感染が確認されたのは、いわき市に住む会社員の男性(30代)と無職の男性(60代)の2人。
会社員の男性は、7月31日に関東にある職場で同僚の感染が分かり、その後倦怠感などの症状が抜けなかったという。
現在、熱はなく軽症だという。
60代の男性は、7月30日に38度の熱が出て風邪と診断されたが、その後も発熱が続いたことから8月5日、検査の結果感染が確認された。
軽症で、既に入院している。
2人とも家族などが濃厚接触者とみられ、市は早期に検査をすると話している。

福島2020.08.05 21:11

いわき市親子4人殺人 懲役8年の実刑判決

福島県いわき市で中学生とその母親の親子4人が殺害された事件の裁判で、母親の交際相手だった男に懲役8年の実刑判決が言い渡された。
承諾殺人などの罪で判決を受けたのは、いわき市小名浜の住宅リフォーム業緑川雅孝被告(51)。
判決によると、緑川被告はことし1月、交際相手の吉川美奈子さんから中学生の子ども3人を含めて心中しようと持ち掛けられ、4人の首を包丁で刺すなどして殺害した。
判決公判で福島地裁いわき支部の名島亨卓裁判長は、「子どもたちが心中を拒むことは困難な状況で、安易かつ短絡的な犯行」として、懲役8年の判決を言い渡した。
弁護側は控訴しない方針。

福島2020.08.05 16:51

福島・東日本台風犠牲者の通帳使い有罪判決

有印私文書偽造などの罪で判決を受けたのは、須賀川市の土木作業員の65歳の男。
判決によると、男は今年5月、東日本台風で亡くなった郡山市の男性の通帳を使い現金150万円を引き出そうとした。
判決で、福島地裁郡山支部の須田雄一裁判官は「大胆で悪質な犯行」として懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

福島2020.08.05 16:51

福島・5日は厳しい暑さに 熱中症に注意

5日の福島県内は朝から気温が上がり、各地で厳しい暑さとなる予想で熱中症に注意が必要。
県内は、高気圧に覆われて晴れ空が広がり、5日11時現在、福島市で32.3度などすでに真夏日となっている。
予想最高気温は、福島で36度、会津若松・郡山で35度など厳しい暑さになる見込みで熱中症に注意が必要。
一方、午後には大気の状態が不安定になり会津を中心に、にわか雨や雷雨となる所も。

福島2020.08.05 11:54

郡山爆発事故 ガス管腐食原因でガス漏れか

郡山市の飲食店で起きた爆発事故で、ガス管の腐食が原因でガスが漏れだした可能性があることがわかった。
郡山市の飲食店で起きた爆発事故では、工事現場の責任者の50代男性が死亡し、19人が重軽傷を負った。
関係者によると、これまでの調べでガスボンベから調理場まで通じている金属製のガス管が、ガスコンロ付近で腐食していたことがわかった。
また、この店舗は4月下旬から休業していたが、7月のガスの使用量が5・6月に比べて急増していたという。
警察と消防はガス管の腐食部分からガスが漏れだし、爆発した可能性があるとみて事故の詳しい原因を調べている。

福島2020.08.05 11:54

福島市なりすまし詐欺で約500万円被害

福島市の90代女性がおよそ500万円をだまし取られるなりすまし詐欺の被害にあった。
被害にあったのは、福島市の90代女性で、女性の自宅に警察官を名乗る男から「キャッシュカードを新しくする必要がある。警察官を自宅に向かわせる」などとウソの電話があった。
話を信じた女性は、自宅に来た3~40代の男に3つの口座のキャッシュカードと通帳をだまし取られた。
その後、女性の口座からはおよそ500万円が引き出されていたという。
警察は、警察官などを名乗りキャッシュカードを要求されたりしたら詐欺を疑うよう呼び掛けている。

福島2020.08.05 11:48

福島・棚倉町の10代男性 感染確認

県外の医療機関を受診した棚倉町の10代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。
4日新たに感染が確認されたのは、棚倉町に住む10代の男性。
県によると男性は今月1日から下痢や嘔吐の症状があり、3日県外の医療機関を受診。
4日新型コロナウイルスに感染していることがわかった。
男性の症状は軽く、すでに県内の医療機関に入院している。
今のところ感染経路は分かっておらず、県は男性の行動歴や濃厚接触者を特定するため、調査を進めている。
なお、県外で感染が確認された場合県の新たな感染者としてはカウントされない。

福島2020.08.04 21:17

福島・高校入試の出題範囲を縮小へ

新型コロナウイルスによる臨時休校の影響で県教育委員会は、高校入試の出題範囲を縮小する方針を固めた。
今年度の高校入試について、県内の中学校からは、休校期間が異なることから公平性を求める声が上がっていた。
4日に開かれた学校関係者の会議では5教科すべての出題範囲を縮小する方針が決まった。
会議後に教育長に提出された報告書では、中学3年生の終盤に習う学習分野を中心に出題範囲から除外することとしている。
県教育委員会はこの報告書をもとに今月下旬にも出題範囲を正式決定することにしていて新型コロナウイルス対策についても検討することにしている。

福島2020.08.04 18:24

福島・消防に聞いた年代別熱中症への備え

年代別で変わる熱中症への備えを消防に聞いた。
今年はコロナ禍の状況で注意しなければいけない点も。
■会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 増井貴之さん
「未就学児は、体温調節機能の発達も未熟なので、熱中症にかかりやすくなっている」
就学前の子どもは、外出中に熱中症を発症することが多いとのこと。
小さな子どもは、身長も低くて地面の照り返しによって高い温度にさらされやすくなっている。
環境省が公開しているデータによると、大人と子どもの顔の高さでは、体感温度は3度も違いがある。
周りの大人が服装で体温の調節や水分補給をさせる必要がある。
続いては小学生から高校生までの子どもたち。
■会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 増井貴之さん
「体育の授業や部活動での発症が多くなっている。どうしても運動が激しくなってくると熱中症のリスクも高くなっていく」
環境省によると、この年代のおよそ4割が運動中だったというデータも。
こまめに水分や休憩をとるようにしたい。
そして、「働き世代」も睡眠不足や偏った食生活が重なれば、免疫力が下がり、熱中症へのリスクが高まる。
無理をせず、規則正しい生活を心掛けが必要。
そして最も注意が必要なのは高齢者。
■会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 増井貴之さん
「熱中症の約5割が65歳以上の方で一番心配な年代となっている。喉の渇きを感じにくくなったり、気温の上昇を感じにくくなっている」
高齢者は体温を下げるための体の反応が弱くなっているため自覚がないのに熱中症になる危険も。
およそ6割が住宅で発症し、救急搬送されている。
室温をこまめにチェックしたり、喉が渇かなくても水分補給をするようにしたい。
さらに、今年はマスクの着用によって、より一層熱中症のリスクが高まっている。
屋外で人と2メートル以上離れている場合は、熱中症対策としてマスクをはずすことを勧めている。

福島2020.08.04 18:22

福島・発熱外来で診察とPCR検査を実施

県は、新型コロナウイルスの発熱外来にPCRの検査機能を加え、医療提供体制を強化する。
地域医療の崩壊を防ぐため、県は地域ごとに発熱などの症状がある患者を診察する発熱外来の設置を進めている。
県は、発熱外来にPCR検査機能を加え、診察から検査まで一貫して行うことで医療提供体制を強化する考えを示した。
県内に11ある発熱外来のうちすでに8カ所では、診察とPCR検査を行うことができ、県は今後、医療機関を対象に検体採取の研修会なども実施し、感染第二波への備えを進めていく。

福島2020.08.04 18:19

イトーヨーカドー平店来年2月で閉店へ

福島県いわき市中心部にある「イトーヨーカドー平店」が来年2月に閉店する方向で調整していることが分かった。
いわき駅の近くにある「イトーヨーカドー平店」は食品や衣料などのテナントが入る総合スーパー。
関係者の話によると、イトーヨーカドー平店の従業員などに対し、来年2月をめどに閉店する方針を決め、現在、関係各所と調整を進めているとの説明があったという。
いわき駅周辺は、市が交流人口の拡大を図る中心市街地活性化基本計画の対象エリアで、イトーヨーカドー平店もリニューアル事業に着手する予定だった。
イトーヨーカ堂を傘下にもつセブン&アイ・ホールディングスによると「閉店を決めた事実はなく様々な可能性を含めて検討を進めている」とコメントしている。

福島2020.08.04 18:08

郡山・爆発事故 ガス管からガス漏れか

郡山市の飲食店で起きた爆発事故で、ボンベと店内を繋ぐガス管からガスが漏れた可能性があることが新たにわかった。
郡山市の飲食店で起きた爆発事故では、工事現場の責任者の50代男性が死亡し、19人が重軽傷を負った。
関係者によるとこれまでの調べで、ガスボンベから店内につながっているガス管からガスが漏れ出た可能性があることが新たにわかった。
通常、ガスボンベにはガス漏れを防ぐ安全装置が付いているが、何らかの原因で作動していなかったとみられている。
警察は現場検証を行い、業務上過失致死傷の疑いで事故の責任の所在を明らかにしていく考え。

福島2020.08.04 11:46

福島・子どもたちの絵をトラックにラッピング

富岡町では、子どもたちがトラックにラッピングするための絵を描くイベントが開かれた。
この取組は、来年春、富岡町に物流センター建設を計画する大阪府の運送会社などが企画したもの。
子どもたちの絵をトラックにラッピングすることでドライバーの安全意識向上を図る。
富岡小学校の1・2年生が、交通ルールについて学んだ後、クレヨンを使って色とりどりの絵やメッセージを画用紙に描いていた。
■絵を描いた子ども「おしごとがんばってねって書いた」
子どもたちが描いた絵は、今年秋にもトラックにラッピングされお披露目される予定。

福島2020.08.04 11:44

福島・郡山市長選に前市議が立候補表明

任期満了に伴い来年春に告示される郡山市長選挙に前市議の馬場大造さんが出馬を表明した。
新人の馬場大造さんは、郡山市出身の60歳で、去年8月まで郡山市議会議員を1期務め、現在は学習塾の教材を販売する会社を経営している。
馬場さんは、堤防の強化など災害に強い街づくりを目指す。
一方、現職の品川萬里市長は、これまでに出馬の態度を明らかにしていない。

福島2020.08.04 11:44

郡山市の爆発事故 消防法違反が明らかに

郡山市にあるしゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店で起きた爆発事故。
現場責任者だった男性が死亡し、周辺の住民など19人がケガをした。
何らかの原因でガス爆発したとみられる今回の事故。
消防によると、店側には、おととしから、消防法の違反が指摘されていた。
防火管理者を決めていないだけでなく、防災のための消防計画も作っておらず、結果、店側は、改善しなかったという。
防災や消防行政に詳しい専門家は…。
■市民防災研究所 坂口隆夫事務局長
「消防計画の項目には「工事等における安全対策」という項目もある。安全対策をやっていたのか、やっていなかったのか、全くの業者お任せだったのか、この辺は今回の爆発との関連もでてくると思う」
店舗を運営していた企業は、私たちの取材に対し、「消防計画が提出されておらず、管理が行き届いていなかったのは事実。ただそれは爆発の原因とは結び付かないと考えている」と話した。
警察と消防では、消防法の違反と今回の事故との関連を調査している。
こうした状況を受けて、郡山地方広域消防組合では、管内にある282店舗を対象に、緊急の立入検査を始めた。
消防法の違反項目がないかを確認するほか、プロパンガスの配管なども点検。
今後も順次、立入検査を進める方針。

福島2020.08.03 17:48

医療体制不足の飯舘村に初の訪問看護拠点

医療体制不足が課題の飯舘村に、村内初の訪問看護拠点「あがべご訪問看護ステーション」が開所した。
現在、飯舘村には医療機関が1か所しかなく、医療体制充実のため震災後、東京から移住した看護師の星野勝弥さんが自宅に事務所を構えた。
星野さんのほか看護師3人が勤務し、村内の高齢者らを訪問し治療や薬の飲み方などのアドバイスを行う。
施設では今後、月に40人・160回程度の訪問看護を行っていきたいとしている。

福島2020.08.03 17:25

郡山市の爆発事故を受け 飲食店に立入検査

郡山市の飲食店で発生した爆発事故を受けて、飲食店を対象にした立入検査が始まった。
郡山市島にある飲食店で起きた爆発事故では、店側から消防用設備の点検結果が報告されていないなど、消防法違反が指摘されている。
こうした状況を受けて、郡山地方広域消防組合は、管内にある282店舗を対象に、緊急の立ち入ろ検査を始めた。
今回の事故では、何らかの原因でガス漏れがあったとみられるが、立ち入り検査では、プロパンガスの配管やボンベが固定されているかを確認していた。
消防組合では、今後も順次、検査を進めたいとしている。

福島2020.08.03 11:53

福島県知事「高齢者いる家庭は帰省控えて」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて内堀知事は、高齢者がいる家庭についてお盆の帰省を控えるよう呼びかけた。
内堀知事は、首都圏などを中心に全国各地で新型コロナウイルスの感染が広がっているとして、高齢者や持病のある人がいる家庭では、お盆の帰省を控えるなどの慎重な対応を呼びかけた。
7月、県内では7人の陽性者が確認されていて、県は感染対策として家庭内でも3密を避けるなど新しい生活様式の実践を呼びかけている。

福島2020.08.03 11:52

福島・会津 お盆前の御参り「冬木沢参り」

会津若松市では、お盆を迎える為の御参りが行われている。
会津若松市河東町の八葉寺は16世紀に建立された寺院で、お盆中に帰る御霊を迎えに行く盆迎えのお参り「八葉寺の冬木沢参り」は、古くから行われている。
経木塔婆を売る場所などで感染対策がとられる中、多くの人が参拝に訪れていた。
■金剛寺、八葉寺永代兼帯 山口修譽住職
「仏さんのお戻り、上手にお迎えして頂ければありがたいです。」
冬木沢参りは7日まで行われる。

福島2020.08.02 19:19

平年より8日遅く 福島県ついに梅雨明け

仙台管区気象台は2日午前、福島県を含む東北南部は梅雨明けしたとみられると発表した。
■馬場記者リポート
「正午過ぎの郡山市です。県内では先ほど梅雨明けとなりまして、日差しが久しぶりにじりじりと照り付け、とても暑いです。」
梅雨明けは平年より8日、2019年より同じく8日遅く、8月に入っての梅雨明けは、特定しなかった2017年を除いて7年ぶり。
2日の県内は会津や中通りで真夏日となった所もあり、公園では水遊びをする子どもの姿も見られた。
そのうちの1人に記者が感想を尋ねると、「気持ちかったです。アイスを食べたいです。」と明るく答えてくれた。
今後は、3日(月)を除いて晴れ間も見られそうだ。

福島2020.08.02 17:12

郡山爆発事故 ガス漏れは調理場付近か

福島県郡山市で7月30日に起きた爆発事故で、調理場付近でガス漏れをしていた可能性があることが新たに分かった。
郡山市の飲食店で起きた爆発事故では1人が死亡、19人が重軽傷を負った。
この飲食店のガス管は屋外のガスボンベから地下を通り、店内のガス機器まで繋がっていたことが、関係者への取材で新たに分かった。
ガス管は調理場のガスコンロと給湯機・炊飯器に枝分かれして使われていて、客席にはガス機器はなかったという。
ガス漏れはガス管が通るルート上の調理場付近で起きた可能性があるとみて、警察と消防は業務上過失致死傷の疑いを視野に、事故の責任の所在を明らかにしていく方針。

福島2020.08.02 17:04

福島レッドホープス戦 デヴィ夫人登場

「西会津町マッチデー」として行われたプロ野球独立リーグ、福島レッドホープスのホームゲームに、タレントのデヴィ夫人が登場した。
西会津町は約6年前から福島レッドホープスを応援していて、2日の試合はその一環である「西会津町マッチデー」として開催された。
始球式には、タレントのデヴィ夫人が登場。
岩村明憲監督の「とにかく福島と、福島の子どもたちのために」という熱い思いに共感して来場した。
ボールは惜しくもキャッチャーには届かなかったが、会場からは大きな拍手が送られた。
また試合前には西会津町の太鼓グループ「大山さゆり太鼓」による演奏もあり、会場を盛り上げていた。

福島2020.08.02 17:03

福島・爆発事故前日からガス漏れか?

郡山市の飲食店で起きた爆発事故で前日の工事中からガスが漏れ出ていた可能性があることが新たに分かった。
郡山市の飲食店で起きた爆発事故では1人が死亡19人が重軽傷、少なくとも180軒以上の建物で被害が確認されている。
関係者によると事故前日、内装工事に入っていた業者が「ガス臭かった」と話をしているということでその時からガスが漏れ出していた可能性があることが新たに分かった。
警察は業務上過失致死傷の疑いで責任の所在を明らかにしていく考え。
一方、消防は被害にあった方を対象にり災証明書の申請受付を始めている。

福島2020.08.01 12:22

道の駅「なみえ」オープン

浪江町で「道の駅」の一部施設が完成し1日オープンした。
オープンしたのは一部で商業施設や公共施設。
商業施設には町内で生産された野菜や伝統工芸品「大堀相馬焼」などが買える直売所がある。
また焼きたてのパンが味わえるベーカリーや請戸港でとれた魚を使った刺身定食などが味わえるフードコートなどもある。
来年1月には敷地内に「大堀相馬焼」の陶芸体験や地元の酒蔵を見学できる施設がオープンする予定。
道の駅「なみえ」は毎週水曜日を除き毎日営業している。

福島2020.08.01 12:22

福島・福島市で新たに2人の感染を確認

31日、福島市で新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。
感染が確認されたのは福島市の20代の男性とその父親(50代)の2人。
県によると20代の男性は今月27日から発熱や咳の症状が出始め、検査の結果31日陽性が確認された。
男性の症状は軽いという。
男性は、福島市の県立医科大学で電気関係のメンテナンス業務を行っていて福島市が、同僚などが濃厚接触者にあたるか調べている。
一方、50代の父親は男性の濃厚接触者として検査をした結果、31日陽性が確認された。
父親に目立った症状はないという。

福島2020.07.31 21:08

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース