福島のニュース

GDP-4.6%、福島県内経済の今後は?

今月17日までの県内の感染状況を見ると、累計は879人と半月余りで先月迫る人数になっている。 この数日、感染者も減少傾向だが、病床の使用率はいまも7割を超えている。 そして、18日、GDP=国内総生産に関する大きなニュースがあった。 昨年度のGDPの実質の伸び率がマイナス4.6%となり、リーマンショックを超えて、最大の下落となった。 現在、県の緊急特別対策が全域に求められているが、県内経済への影響を、日銀福島支店に聞いた。 ■日銀福島支店 植田リサ 支店長 「どうしても消費、特に外食・宿泊・観光・輸送サービス、そういったところに消費の影響は出てくることになる」 県内の景気は、製造業と飲食などの非製造業で、回復のペースに差が出ていると指摘している。 植田支店長は、世界経済は回復傾向なので、それに沿って県内の製造業などは、徐々に回復するとしている。 一方、苦境にある非製造業に関しては…。 ■日銀福島支店 植田リサ支店長 「サービス業については、ワクチンの普及が景気の回復のスピードに影響が出てくると思う。来年2022年の半ばぐらいまでにはコロナ前の水準まで経済がゆっくりと回復することを期待している」 感染収束、そして、経済の回復の鍵も、ワクチンの普及だとしている。

福島 2021.05.18 19:14

福島・五輪ソフト日本代表が意気込み語る

東京五輪を前にソフトボール日本代表が福島で行われる試合に向け意気込みを語った。 取材に応じたのはソフトボール日本代表でエースの上野由岐子選手。 東京五輪のソフトボール競技は7月20日・21日の2日間から福島市の県営あづま球場で試合が予定されている。 18日の取材で上野由岐子選は「自分たちが目標に向かって進んでいく姿や必死になって取り組んでいる姿を福島のみなさんたちにみてもらい共感してもらえるのではないかと思っている。パワーになる何かを残せたら良い」と話した。 さらに試合に向けては「やるべきことをやるだけだと思っている。後悔のない日々を過ごしていきたい」などと話した。

福島 2021.05.18 18:37

福島・感染者で9割が変異ウイルスとの分析

福島県は変異ウイルスに関する新たな情報を発表した。 5月13日から16日までの間に、県の衛生研究所で陽性患者20人を調べたところ、6人にN501Yと呼ばれる変異ウイルスが確認された。 またこのほかの12人からはE484Kと呼ばれる変異ウイルスが確認された。 検査の結果20人中18人が変異ウイルスに感染していたことになり、その割合は9割に上る。 N501Yのうち県内でも確認されている英国由来の変異ウイルスは、従来型と比べ、感染性が1.32倍、重篤度が1.4倍になると国が分析している。

福島 2021.05.18 17:55

福島・高校生が「福、笑い」の田植え作業

県が14年の歳月をかけ開発したトップブランド米「福、笑い」の田植え作業が18日、いわき市で行われた。 田植えに参加したのは磐城農業高校の生徒約160人で、36アールの田んぼに一つ一つ丁寧に苗を植えていった。 参加した生徒は「私たちが育てた福笑いを福島から発信して、全国の人に食べてもらって笑顔にさせたい」と話した。 生徒たちは10月に稲刈りを行う予定で、収穫された「福、笑い」は 県内外で販売される。

福島 2021.05.18 17:48

福島・霜被害でJAグループ福島が要望

4月中旬に発生した果樹などの霜の被害について、JAグループ福島は18日、県に対し営農支援を求めた。 県内では4月中旬、中通りの「桃」や「梨」などの果樹を中心に霜の被害が発生した。 その被害額は県の試算で約10億8000万円にのぼるとされている。 JAグループ福島は18日、内堀知事に対し、肥料や霜を防ぐための送風機の購入費用の補助拡大などを要望した。 要望に対し知事は「来年以降もフルーツ王国福島として、頑張っていける措置を作っていく」と述べ、県として今後、技術的財政的な支援を行う考えを示した。

福島 2021.05.18 16:43

福島・相馬市の海水浴場が海開き決定

相馬市の海水浴場では、ことしの夏も感染症対策をとったうえで海開きをすることが決まった。 17日、市や観光協会などでつくる協議会は、相馬市の「原釜尾浜海水浴場」について7月17日(土)に海開きをすることを正式に決めた。 去年は新型コロナウイルスの影響で、県内の多くの海水浴場で海開きが中止されたが、原釜尾浜海水浴場を含む県内の2か所のみ海水浴場が設けられた。 市は、ことしもシャワーやトイレの消毒など感染症対策を徹底し、海水浴客が集中した場合は入場制限をするとしている。

福島 2021.05.18 11:49

ダンロップ・スリクソン福島オープン予選会始まる

男子プロゴルフトーナメント「ダンロップ・スリクソン福島オープン」への出場をかけたアマチュアの予選会が18日から始まった。 東北唯一の男子プロゴルフトーナメント「ダンロップ・スリクソン福島オープン」はアマチュア選手にも出場機会があり、いわき市で開かれた予選会には27人が参加した。 小雨が降るコンディションだったが選手たちは真剣な表情でプレーに臨んでいた。 予選会はこのほか2つの会場でも行われ、最終予選に進んだアマチュアのうち上位5人が本大会出場の切符を手にする。 「ダンロップ・スリクソン福島オープン」は来月24日から西郷村の「グランディ那須白河ゴルフクラブ」で開幕する。

福島 2021.05.18 11:47

新たに20人、病床使用率は8割下回る・福島

福島県内では17日、新たに20人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、会津若松市で7人、いわき市で6人、福島市で3人などあわせて20人。 医療機関への入院患者は予定を含め360人で、このうち重症者は22人、病床の使用率は76.8%と、8割を下回ったが、依然、ひっ迫した状況が続いている。 また、宿泊施設での療養者は81人、自宅療養者は92人となっている。 県は、今月末まで独自の「非常事態宣言」を出し、県民に不要不急の外出自粛や、酒類の提供を伴う飲食店に対しては営業時間の短縮を求めている。

福島 2021.05.18 11:36

福島・不明の大学生 事故で死亡と特定

2021年3月、西会津町の阿賀川で水没した車がみつかり、運転していた男子大学生の行方が分からなくなっていた事故で、警察は男子大学生が事故で死亡したと発表した。 これまでの捜査で男子大学生が運転する車が左カーブを曲がり切れず、崖から転落したことなどがわかっている。 運転していた男子大学生は現在も見つかっていないものの、警察は現場の状況などから事故で死亡したと特定した。 この事故では、助手席に乗っていた千葉県に住む37歳の女性が死亡している。

福島 2021.05.17 18:56

福島市・郡山市でワクチン接種後に陽性

郡山市は、市内で新型コロナのワクチンを接種した70代男性が16日、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 郡山市によるとワクチンの接種後に陽性が確認されたのは市内に住む70代の男性で、今月14日の午前9時半から45分の間に八山田会場で接種を受けたという。 接種した後の15日に県内の陽性者の濃厚接触者であることがわかりPCR検査をしたところ感染が確認された。 市は濃厚接触者にはあたらないものの、念のため接種会場で男性と接触した可能性のある患者19人と医療従事者16人に対しPCR検査を行う予定。 男性は今月11日から13日まで倦怠感があり、ワクチンを接種する前に発症していた可能性があるという。 ワクチンの接種当日は症状はなく、予診の時も医師に対し体調不良を訴えてはいなかったという。

福島 2021.05.17 18:49

福島・甲状腺検査に関する調査結果を公表

学校で行う子どもの甲状腺検査の見直しなどを議論する県の検討委員会は、対象となる生徒らに行った聞き取り調査の結果を公表した。 甲状腺検査は、原発事故当時18歳未満だった子どもなどを対象に主に学校で行われている。 学校での検査をめぐっては学校で検査が行われることにより、子どもの意思が尊重されにくいといった指摘もあり、県が検査を受ける高校生や保護者を対象に、聞き取り調査を進めていた。 聞き取りの結果、学校で検査を行うことについて「学校で検査ができるのはありがたい」など利便性の高さを評価する回答などが得られたという。 検討委員会では検査を受ける目的などより丁寧な説明をし、本人や保護者の意思に沿った検査が受けられるよう、今後も検査体制の見直しを続けたいとしている。

福島 2021.05.17 18:26

福島・水素自動車からエネルギー供給

災害などの非常時に水素自動車からエネルギーを受け取る東北でも初のシステムが須賀川市で披露された。 新たなエネルギーシステムでは水素自動車などに充電できるほか、水素自動車に蓄電されたエネルギーを旅館の電力に使うこともできるという。 この新たなエネルギーシステムを導入したのは、須賀川市の旅館「おとぎの宿米屋」で米屋企業株式会社の有馬裕寿代表は「災害への備えとして、放電ができたり、充電ができたり両方できるようにシステムを導入した」と話していた。 旅館は地震などの災害が起きた際には、避難所としても機能するという。

福島 2021.05.17 17:26

福島・傷害致死事件 被告起訴内容認める

2020年11月いわき市で母親を竹刀で叩くなどして死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた男の裁判員裁判が始まり、被告は起訴内容を認めた。 傷害致死の罪に問われているのは、いわき市の無職・渡邉君彦被告。 起訴状によると渡邉被告は、2020年11月いわき市で当時85歳の母親の背中を竹刀で叩くなどして暴行を加え死亡させたとされている。 17日の裁判員裁判で渡邉被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。 検察は冒頭陳述で「被告の犯行は高齢で身体が弱った母親に暴行する卑劣で悪質なもの」などと指摘した。 判決は5月25日に言い渡される。

福島 2021.05.17 17:20

福島県が新型コロナのベッド数増床を調整

福島県の内堀知事は新型コロナウイルスの県内の感染状況を受け、入院病床数をさらに増やすことなどの取り組みを説明した。 ■内堀知事 「ステージ3が継続している、かつステージ4の指標が混在しているので、福島県は依然として厳しい状況にある」 「入院病床469床をもう一段階高められないか、医療機関と協議を続けている」 内堀知事は17日午前の会見で、病床のひっ迫が続き、自宅療養での対応も増えていることから、入院病床を469床から増やすほか、軽症者が療養する宿泊施設をさらに確保していく考えを示した。 また、内堀知事は15日に始まった県内全域を対象とした「緊急特別対策」について、あらためて県民に協力を呼び掛けた。

福島 2021.05.17 11:56

福島市で高齢者向けワクチン集団接種開始

高齢者およそ8万5千人が新型コロナワクチンの接種対象になっている福島市で17日に集団接種が始まった。 集団接種は、午前9時からはじまり、会場のNCVふくしまアリーナには、予約時間にあわせて高齢者が訪れていた。 福島市の対象の高齢者は、原発事故の避難者を含めておよそ8万5千人で、17日から集団接種、24日からは医療機関での個別接種が始まる。 菅首相は7月末までに高齢者への接種を終わらせる目標を掲げていて、福島市は医療機関と相談しながら個別接種の枠を増やすなどして、7月中の終了を目指すとしている。

福島 2021.05.17 11:55

福島県内・16日の感染確認は23人

福島県内では、16日の検査結果で新たに23人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で6人、会津若松市で5人、郡山市で4人、喜多方市で2人、福島市・相馬市、会津美里町・下郷町、南会津町、湯川村で各1人、10の市町村であわせて23人。 県は17日午後に詳細を公表する。 医療機関への入院患者は予定を含め380人、このうち重症者は21人、病床使用率は81%とひっ迫した状況が続いている。 また、宿泊療養者は93人、自宅療養者は107人となっている。 県は、今月末まで独自の「非常事態宣言」を出し、県民に不要不急の外出自粛や、酒類の提供を伴う飲食店に対しては営業時間の短縮を求めている。

福島 2021.05.17 11:51

31人感染の福島 医療体制ひっ迫が続く

福島県内では15日の検査結果でいわき市で8人、郡山市と会津若松市でそれぞれ6人などあわせて31人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 県によると、新たなクラスターやこれまでに確認されているクラスター関連の感染はない。 一方、感染経路が分かっていない感染者は11人となっている。 県内の医療機関への入院者は予定を含めて394人で、このうち重症者は21人、病床使用率は84%とひっ迫が続いている。 一方、宿泊施設療養者は100人、自宅療養者112人となっている。 また、県は入院中だった70代の男性が14日に亡くなったと発表した。 県内で亡くなった方は131人となった。 県は独自の「非常事態宣言」を出し、今月末まで県民に不要不急の外出自粛などを求めている。

福島 2021.05.16 20:13

ワクチン接種高齢者に詐欺への注意呼びかけ

伊達市では新型コロナウイルスのワクチン接種会場で、なりすまし詐欺に注意を呼びかける啓発活動が行われた。 伊達市では、75歳以上の高齢者を対象に集団接種が始まっていて、会場では警察官などが接種を待つ高齢者にチラシなどを配った。 警察では、被害を防ぐために留守番電を活用することや、行動する前に、警察に相談するこなどを呼びかている。 ■伊達警察署地域課 佐藤昌宏さん 「犯人はオリンピックや新型コロナウイルスといった社会情勢を言葉の中に取り入れてくるので、被害防止の広報を図りたい」 福島県警では、なりすまし詐欺などの情報を幅広く配信する「POLICEメール」の利用も呼び掛けている。

福島 2021.05.16 20:06

森林の空間線量が事故直後から8割低減

福島県内の森林の放射線量は、原発事故直後と比べて平均で8割以上、減少していることが分かった。 県は、帰還困難区域を除いた民有林を対象に空間放射線量の定点調査を毎年、続けている。 昨年度の調査では、調査している362か所の空間線量の平均は2011年度の毎時0.91マイクロシーベルトから0.18マイクロシーベルトと8割減少した。 また、樹木の内部に含まれる放射性セシウムの濃度は1キロあたり最大2100ベクレルで、建材として使われても人体への影響を考えにくい値だったという。 県では、今後も調査を続けて公表していくことにしている。

福島 2021.05.16 20:03

福島空港のANA2路線 運休を延長

全日空は福島空港発着の2路線について運休を来月末まで延長することを決めた。 全日空が運航する大阪便と札幌便は、すでに今月中の運休が決まっている。 さらに全日空は先週、全国的な感染拡大で需要回復が見込めないとして運休を来月末まで延長すると発表した。 なお、来月25日は大阪便のみ運行予定としている。 福島空港では現在、IBEXエアラインズの大阪便1往復のみが運航している。

福島 2021.05.16 20:01

【新着】福島県内15日は31人感染確認

福島県内では15日の検査結果で新たに31人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 15日に感染が確認されたのは、県内10市町村の10歳未満から70代までの男女あわせて31人。 いわき市で8人、会津若松市・郡山市で各6人、二本松市で3人、福島市・喜多方市で各2人、南相馬市・須賀川市・小野町・大玉村で各1人。 県は16日午後に感染者の行動歴など詳細を公表予定。 県内の医療機関では予定も含む入院者数は394人、このうち重症者は21人、病床使用率は84パーセントとなっている。 また、宿泊療養者数は100人、自宅療養者数は112人となっている。 県は独自に「非常事態宣言」を発令し、今月31日までの期間、県民に対し不要不急の外出自粛や、酒類の提供をともなう飲食店に対して営業時間の短縮を求めている。

福島 2021.05.16 11:11

福島県61人感染確認 病床使用が9割超え知事が危機感

福島県内では14日の検査結果で、61人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 病床使用率が9割を超えるなど、医療体制のひっ迫が深刻になっている。 14日に感染が確認されたのは、県内13市町村で61人。 会津若松市・いわき市で各17人、郡山市で8人、会津美里町5人、喜多方市・下郷町で各3人、伊達市2人、福島市・二本松市、田村市・白河市・富岡町・南会津町で各1人。 県が15日午後に行動歴などの詳細を公表する予定。 入院者数は予定も含めて425人、重症者は21人、病床使用率は90.6パーセントとこれまでで最も高く、はじめて9割を超えた。 宿泊施設での療養者は108人、自宅療養者は109人となっている。 この状況を受け、内堀知事は、15日に開かれた緊急の臨時議会で危機感を示した。 *内堀知事 「通常の医療をも圧迫させる極めて深刻な状況となり、医療提供体制の限界を超える、危機的水準に達した」 宿泊施設での療養者は1百8人、自宅での療養者は、1百9人となっていて、県が感染対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.05.15 18:53

「赤べこ」バッジで医療スタッフ支援

コロナ禍の医療現場を支えるスタッフを応援しようと、会津の郷土玩具「赤べこ」のバッジを配る取り組みが進んでいる。 ハートの形をしたバッジは厄除けの縁起物として親しまれている会津の「赤べこ」をモチーフにしている。 新型コロナウイルスに対応する医療スタッフを支援しようと、連合福島などが企画したもので『「DO・もー」ばっじプロジェクト』として2021年春にスタートした。 バッジは福島市役所の売店で配られていて、あわせて医療現場への募金や医療スタッフに感謝を伝えるメッセージも募集されている。 寄せられた浄財やメッセージは、医療現場に届けられる。

福島 2021.05.15 18:24

福島県61人感染確認 病床使用が9割超

福島県内では14日の検査結果で、61人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 病床使用率が9割を超えるなど、医療体制のひっ迫が深刻になっている。 14日に感染が確認されたのは、県内13市町村で61人。 会津若松市・いわき市で各17人、郡山市で8人、会津美里町5人、喜多方市・下郷町で各3人、伊達市2人、福島市・二本松市、田村市・白河市・富岡町・南会津町で各1人。 県が15日午後に行動歴などの詳細を公表する予定。 入院者数は予定も含めて425人、重症者は21人、病床使用率は90.6パーセントとこれまでで最も高く、はじめて9割を超えた。 宿泊施設での療養者は108人、自宅療養者は109人となっている。

福島 2021.05.15 11:23

福島県独自宣言「不要不急」について知事は

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福島県は14日に独自の非常事態宣言を出した。 15日から全県で酒類を提供する飲食店に対する「時短要請」と県民に「不要不急の外出自粛」が求められる。 「営業時間の短縮要請」では、営業時間は午後8時までとし、酒の提供は午後7時までには終えるよう対象の飲食店に要請する。 協力した店には1日あたり2万5000円以上が支給される。 「不要不急の外出自粛」要請について内堀知事は記者会見で「仕事や病院、学校など、生活に必要なものは不要不急ではない。ただ、変異株の拡大で感染リスクが高いので、自問自答しながら行動してほしい」と県民に慎重な行動を求めている。 期間は15日から今月末まで。

福島 2021.05.14 19:46

福島の「まん延防止」適用見送りの理由は

政府は「緊急事態宣言」について東京や大阪など6都府県に加えて北海道、岡山、広島も対象とすることを決めた。 「まん延防止等重点措置」も新たに群馬・石川・熊本に出されることになった。 福島県も政府に対して「まん延防止」を適用を求めていたが、今回は見送られることになった。 その理由について、西村経済再生担当大臣は14日の参議院議員運営員会で「福島県、香川県および長崎県から、適用について要請があったが、福島県については会津若松市などで感染が広がているものの、入院調整中のものがいないこと」などと述べた。 その一方で「引き続き県と連携してデータの分析を進めており、いずれの県においても徹底した感染防止策を講じつつ、必要となれば機動的に対応していく」と述べた。 福島県の内堀知事は14日夕方の記者会見で「危機感にギャップがあると感じた」と述べている。

福島 2021.05.14 18:54

福島39人感染 屋外会食でクラスターも

福島県内では13日の検査結果で、いわき市で10人、会津若松市で8人など、11市町村であわせて39人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 県によると、いわき市の個人宅で行われた屋外での会食に関連し、これまでに6人の感染が確認されたことから、県はクラスターと認定した。 39人のうち感染経路が分かっていないのは11人。 予定を含めた入院患者は407人で、重症者は24人となっている。 病床の使用率は86.8%と高い水準が続き、医療の提供体制に危機的な状況が続いている。 また県は、医療機関に入院中だった80代の男性が13日までに亡くなったことを公表した。 県内の新型コロナウイルスの死者は130人となった。

福島 2021.05.14 18:54

時短要請のいわき市 酒類卸団体が要望

いわき市の酒類卸業者など作る団体が、市に経済的な支援を求める要望書を提出した。 「いわき小売酒販組合」は、今月13日から市内の酒類を提供する飲食店などに対する時短営業が要請され、飲食店に酒類を卸す酒店にも影響が広がるとして支援を求めている。 組合によると、市内に約140ある酒店のほとんどが、新型コロナウイルスの影響ですでに売り上げが減少していて、廃業した店があるという。 組合の中島章雄理事長は「店に納入できなくなっている部分があるので大変苦しい状況になってくる」と窮状を述べた。 要望を受けていわき市の清水市長は「県と協議して支援を検討していきたい」と回答した。

福島 2021.05.14 18:53

東邦銀行が決算発表 赤字は20年ぶり

東邦銀行の昨年度、2021年3月期の決算が発表され、バブル崩壊以来20年ぶりの赤字決算となった。 東邦銀行が14日に発表した昨年度の決算は、最終損益が46億6000万円の赤字となった。 貸し倒れに備えた引当金を積み増したことなどが要因だが、手数料収入の回復などにより、業績見通しよりも5億円ほど赤字幅が縮小した。 今年度、2022年3月期は、コンサルティング業務の強化などで53億円の黒字を見込んでいる。

福島 2021.05.14 18:52

【速報】福島県全域に県独自の非常事態宣言

福島県は独自の非常事態宣言を出し、県内全域の飲食店などへの営業時間の短縮や県民に対しての不要不急の外出自粛などを要請することを決めた。 内堀知事は14日午後3時に開かれた対策本部員会議で、県独自の非常事態宣言を出すと説明した。 「福島県緊急特別対策」として、15日から今月末まで次の対策を県内全域で実施。 まずは県民に対して、「不要不急の外出自粛」を要請し、感染対策が徹底されていない飲食店などの利用をきつく控えてほしいとした。 そして、接待を伴う飲食店や酒類を提供する飲食店などに対しては、午後8時以降の営業の自粛を求めた。酒類の提供は午後7時までとすることを求めた。 協力した店に対しては、売上などに応じて2万5千円以上の協力金が支給される。 このほか県独自の対策として飲食店以外の事業者や小売店などに対しても、おととしより売り上げが減少していることを条件に、一律20万円の給付金が支給される。

福島 2021.05.14 15:44

福島・新たに39人の感染確認

今月13日、県内では39人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、11の市町村で39人。(いわき市10人、会津若松市8人、郡山市5人、二本松市5人、下郷町2人、南相馬市2人、伊達市1人、南会津町1人、大玉村1人、国見町1人 予定を含めた入院者は407人、重症者は24人で、病床の使用率も86.8%と依然、高い水準となっている。 宿泊療養者は110人、自宅での療養者は105人。 県は、午後に対策本部員会議を開き、酒類を提供する飲食店などへの時短要請について県内全域に拡大するなど、対策の強化を正式に決定する。

福島 2021.05.14 12:02

福島・いわき市の飲食店に時短要請

感染拡大を受け、いわき市では今月13日から酒類を提供する飲食店などへ営業時間の短縮が要請されている。 今月13日、いわき市の飲食店には県と市の職員が訪れ、営業時間の短縮要請に協力するよう呼び掛けた。 県は、今月13日から市内の酒類を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請していて、応じた店には1日あたり2万5000円以上の協力金を支給する。 飲食店の経営者は「ここのところ新型コロナも増えているので、どちらにしてもお店としては売り上げが減っている。要請も来たので、やむ負えない。」と話している。 期間は今月末までで、対象は1800店に上る。

福島 2021.05.14 12:01

福島県沖でM6.0の地震 最大震度4

午前9時前、福島県内で最大震度4を観測する地震があった。 この地震による津波はなかった。 気象庁によると、午前8時58分ごろ、福島県沖を震源とする地震があった。 地震の震源の深さは40キロで規模を示すマグニチュードは6.0と推定される。 福島県内では、相馬市や南相馬市などで震度4、福島市や郡山市などで震度3を観測している。 県によると、この地震による被害は確認されていない。 また、東京電力によると、福島第一原発と第二原発ともに新たな異常は確認されていない。

福島 2021.05.14 10:02

自宅待機の感染者も、病床使用率9割迫る

県内では12日に新たに53人が新型コロナウイルスに感染した。 病床の使用率は89.3%とこれまでで最も高くなっている。 感染が確認されたのはいわき市と会津若松市でそれぞれ15人、郡山市で7人など県内10の市と町で感染者が確認された。 入院患者は予定も含めて419人で重症者は24人。 病床の使用率は89.3%とこれまでで最も高くなった。 県によると、感染者が自宅で待機せざるを得ない状況が発生しているという。 危機的な状況を迎える医療提供体制について、県は、あさって土曜日から集中的な対策を全県に拡大する方針。 対策の主な柱は2つ。 1つ目は酒類を提供する飲食店などに対する「営業時間の短縮要請」。 営業時間は午後8時までとし、お酒の提供は午後7時までには終えるよう飲食店などに要請する方針。 要請に応じた店には1日あたり2万5000円以上の協力金が支給される方向で調整が進められている。 そして2つ目は…県民に対しての「不要不急の外出自粛」の呼びかけた。 知事は12日の会見で本当に必要な外出かどうか、よく考えてほしいと話していて、県民に慎重な行動を求める方針。 対策の期間は、あさって15日から今月末までとなる見込みで、県は14日の明日に、正式に決定する。

福島 2021.05.13 18:56

福島・変異ウイルスが引き起こす危機的状況

県内でも日々感染状況が悪化している。 5月に入ってからの感染者は累計で705人とこれまで月別で最も多かった4月の888人を上回るのは時間の問題となった。 なぜ、感染がここまで急拡大しているのか、県医師会の星北斗副会長に話を聞いた。 星副会長が要因の一つとして挙げるのが「変異ウイルス」。 感染力が強いとされる変異ウイルスが県内でも広がり感染者が増えていると指摘する。 さらに変異ウイルスについては、従来型よりも治療が長引くケースが散見されていると言う。 こうした状況もあって、県内では入院病床がなかなか空かない状況が続いているという。

福島 2021.05.13 18:52

福島・震度6強の地震から3カ月

福島県沖を震源とする最大震度6強の地震から13日で3カ月。 その爪痕は大きく、3カ月経ったいまも復旧が進んでいないのが現状だ。 ことし2月に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強の地震では、1人が亡くなり100人が重軽傷を負った。 また、全壊などの被害を受けた住宅は1万7000棟に上る。 あの地震から3か月、私たちが訪ねたのは郡山市の中央図書館。 建物の外壁には大きな亀裂が入り、柱はブルーシートに覆われている。 特別に中を案内してもらった。 ■郡山市中央図書館 熊田賢一副館長 「こちらのトイレ、壁が鉄筋が見えるぐらいに落ちて…」 壁が大きく崩れ、鉄筋などがむき出しに。 さらに、図書館には欠かせない「本棚」も壊れ、そのままの状態となっていた。 ■郡山市中央図書館 熊田賢一副館長 「今回は、東西の揺れで、かなり書棚が壊れてしまった」 図書館は10年前の東日本大震災でも被害を受けその後、建物の耐震補強をした。 しかし今回の地震で再び被害に…。 ■郡山市中央図書館 熊田賢一副館長 「耐震については、建物の倒壊を防ぐ目的が第一なので、建物のひび割れや一部の損壊は、なかなか防げない」 地震の被害は大きく全容を把握するのに時間がかかっているため、復旧作業は進まず再開も見通せないと言う。 そのため、図書館では近くの施設に臨時の窓口を設置し、本の貸し出しを再開したが、市民が集まる公共スぺースとしての役割は果たせていないのが現状。 施設のいち早い復旧が望まれる。

福島 2021.05.13 18:51

春の高校野球東北大会は中止に

東北地区高校野球連盟は、新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、春の高校野球東北大会の中止を決定した。 春の高校野球東北大会は、6月2日から5日間、秋田県での開催が予定されていた。 東北地区の高校野球連盟によると全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか選手の安全と健康を優先し、中止を決めたという。 一方、それぞれの県大会は実施されることになり、福島県大会は今月22日と23日に準決勝や決勝などが会津若松市のあいづ球場で開催されるが、入場できるのは控えの選手と保護者に制限するという。

福島 2021.05.13 18:46

元五輪選手が客引きで逮捕

郡山市で平昌オリンピックの元日本代表選手が条例で禁止された区域で客引きをしたとして、逮捕された。 客引きを禁止する市の条例違反の疑いで逮捕されたのは平昌オリンピックのノルディックスキー元日本代表で自称・客引きの渡部剛弘容疑者・27歳。 渡部容疑者は、12日午後8時すぎ、市の条例で客引きが禁止された区域で、通行人の男性に「キャバクラです。90分4000円でサービスします」などと声をかけた疑い。 渡部容疑者は、2年前にも市内での客引き行為の疑いで逮捕されていて、今回で2度目の逮捕となる。 渡部容疑者は「間違いない」と容疑を認めていて、警察が詳しい経緯を調べている。

福島 2021.05.13 18:46

室屋選手は約3年ぶりにレースへ

来年、小型飛行機の国際大会が開催されることになり、大会に参戦する福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀選手が13日、意気込みを語った。 ■室屋義秀選手 「やっぱりワクワクするよね、ドキドキとワクワクが交錯する感じなんだけども」 「空のF1」とも呼ばれる「エアレース」。 世界各国から精鋭のパイロットたちが集まり、熾烈なレースを繰り広げていた。 このレースに日本から参戦していたのが室屋義秀選手。 室屋選手は、アジア人としては初めて年間王者に輝くなどエアレース界を牽引していた。 しかし、大会は、おととしで終了。 今回、新たな形で国際大会が開催されることになった。 室屋選手はおよそ3年ぶりにレースに復帰する。 ■室屋義秀選手 「いつ起きるかわからないチャンスに向けてずっとトレーニングは続けていたので。世界最高峰の競技大会で競い合えることへの情熱というのは非常に強くキープされている」 国際大会は来年1月以降に開幕し年間8レースを行う予定だという。

福島 2021.05.13 18:26

福島・檜枝岐歌舞伎が宿泊者限定で上演

檜枝岐村では12日夜に伝統の檜枝岐村歌舞伎が上演された。 村で270年以上に渡り受け継がれてきた檜枝岐歌舞伎には、例年、県内外から1,000人もの人が訪れるが、去年は無観客となり、今年は入場は村内の宿泊者に限定された。 舞台では、清める寿式三番叟の舞が奉納されたあと「義経千本桜鳥居前の場が上演された。 村民らは、源義経が兄の頼朝との戦いを避けるため旅立つ道中の様子を演じた。 また、村の子どもが役者として舞台に登場すると、初々しい演技に会場からは大きな拍手が送られていた。

福島 2021.05.13 12:08

いわきの工場爆発「点検で異常なかった」

いわき市の化学工場で11日に起きた爆発事故で、異音がしたという機械について、工場側はこれまでの点検で異常はなかったと話している。 11日に、4人が重軽傷を負った「堺化学工業湯本工場」の爆発事故では、工場内で金属亜鉛を熱する機械から異音がした後に、爆発が起きたことが分かっている。 堺化学工業によると、異音がした機械は2017年から使っていたが去年12月の点検では、異常はなかったと話している。 消防によると、爆発による火災は現在も鎮火せず、高温の亜鉛に砂をまくなどして冷えるのを待っている状況。 警察は、業務上過失傷害の疑いも視野に実況見分を続けている。

福島 2021.05.13 11:39

福島県内・12日の新規感染者は53人

福島県内では12日の検査結果で、新たに53人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 12日に感染が確認されたのは、いわき市と会津若松市でそれぞれ15人、郡山市で7人、猪苗代町で6人、喜多方市で4人、会津美里町で2人、福島市・二本松市・会津坂下町・富岡町で各1人。 予定を含めた入院者は419人、重症者は24人で、病床使用率も89.3%とこれまでで最も高くなっている。 また、宿泊療養者は115人、自宅療養者は108人となっている。 県は13日午後に、クラスターの有無や行動歴などの詳細を公表予定。 県内では会津若松市につづき、いわき市でも13日から、市民に対して不要不急の外出自粛の要請や酒類を提供する飲食店などへの営業時間の短縮が要請されている。

福島 2021.05.13 11:36

コロナ収束願う、魔除けの神「お人形様」

依然、感染拡大が止まらない、新型コロナウイルス。 その新型コロナの撃退といえば、疫病退散の妖怪「アマビエ」を思い浮かべる人も多いかと思うが、田村市の神社には魔除けの神様がいる。 およそ200年も前からまつられ人々を疫病から守ってきた、「お人形様」。 その「お人形様」は先月末、地域の保存会により衣替えが行われ、髪型も、ちょっと、いまどきのスタイルになり、イケメンの装いに。 そして、コロナ禍から1年、地元ではいま、「お人形様」の新たな縁起物がお目見えした。 商品のパッケージに「お人形様」のデザインを使っている市内にある豆腐店ではことし「お人形様」のストラップを趣味で作ったところ、大きな反響があった。 店頭で豆腐とともに販売しているという。 一方、こうした縁起物は市内では、ほかにも、お守りの木札などが売られている。 みんなが願うのはコロナ禍の収束だが、地域に愛される「お人形様」の活躍もうれしい限り。

福島 2021.05.12 18:38

知事、県内全域を対象に「より強い措置」

感染の急拡大を受けて内堀知事は、今後、県内全域を対象に飲食店の時短要請や不要不急の外出自粛などより強い措置を取る考えを示した。 内堀知事は12日、夕方、臨時の記者会見を開いた。 ■内堀知事 「今、福島県内の感染状況はデータからみても、最悪の状況にあり、「非常事態」にあると考えている」 県内の感染状況について「非常事態」という強い言葉を使い、危機感を示した。そのうえで…。 ■内堀知事 「今後、「県内全域」を対象として「より強い措置」を講じる必要があると判断しており、その検討を早急に進めるよう県庁内で指示を行っている」 具体的には現在、会津若松市を対象に行っている酒類を提供する飲食店などに対する「時短要請」や「不要不急の外出自粛」の要請を今週の土曜日、15日から県内全域に拡大することで調整に入った。 これまで、感染拡大地域だけを対象に行ってきた「集中的な対策」を、土曜日からは県内全域に拡大する。 ■内堀知事 「できれば、全県下での措置は取りたくなかった、というのが本音。ただ、それを超えるくらい、今福島県内の地域医療はひっ迫している」 正式な決定はあさって金曜日にも行われる見通しで、対策の期間は今月末までを予定している。

福島 2021.05.12 18:29

処理水処分方法に海底パイプライン案

福島第一原発で溜まり続ける処理水について、東京電力が海底にパイプラインを設置し、1キロほど沖合に放出する案などを検討していることがわかった。 福島第一原発にはトリチウム以外の放射性物質を取り除いた処理水が溜まり続けていて、政府は2年後をめどに海へ薄めて放出する方針を決めている。 政府方針をうけ東京電力は海底パイプライン案を含め処分方法の検討を進めていて、風評の影響を最小限に留めることなども考慮し、今後、漁業関係者にも説明した上で、決定する方針。

福島 2021.05.12 18:25

福島・95人のうち48人が家庭内感染

県内では11日に、1日に確認された数としては最も多い95人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのはいわき市で26人、会津若松市で23人、郡山市で12人など12の市町村で95人で、1日に確認された感染者数としては最も多くなった。 いわき市の高齢者施設で新たなクラスターが発生したほか、家庭内感染によるものが48人と5割超えていて、県は「これまでにないスピードで感染が拡大している」と対策の徹底を呼び掛けている。 入院患者数は予定を含め、最も多い411人で、重症者は22人。 病床の使用率も87.6%と最も高くなっている。 宿泊療養者数は121人、自宅での療養者数は98人となっている。

福島 2021.05.12 16:52

福島・県内企業の倒産件数6か月連続で一桁

4月に福島県内で倒産した企業の件数は、1件と6か月連続で一桁となった。 民間の調査会社、帝国データバンクによると4月に1千万円を超える負債を抱え倒産した企業の数は建設業の1件と、6か月連続で一桁となっている。 去年4月からの倒産件数は59件で、そのうちサービス業が19件と最も多く、新型コロナウイルスの影響による販売不振などが主な原因。 行政や金融機関などの融資により、倒産件数は減少傾向だが、今後は融資の返済が始まる企業もあり、倒産する企業が増える可能性も高いと分析されている。

福島 2021.05.12 11:43

爆発工場の消火活動難航 数百度の遺留物・福島

11日朝に、いわき市で起きた化学工場の爆発事故は、丸一日以上が経ったが、鎮火には至っておらず、消火活動が難航している。 いわき市常磐岩ヶ岡町にある「堺化学工業湯本工場」で11日朝、爆発が起き、4人が重軽傷を負った。 爆発による火災は11日昼前に鎮圧状態になったが、数百度を超える遺留物の亜鉛などが工場内にあり、鎮火には至っていない。 亜鉛は水で消火すると水素が発生し危険なため、消防は砂をまくなどして消火活動を行っている。

福島 2021.05.12 11:37

福島県・過去最も多い95人の感染確認

福島県内では11日に、1日に確認された数としては最も多い95人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのはいわき市で26人、会津若松市で23人、郡山市で12人、福島市と二本松市で7人など12の市町村で95人。 県によると、新たな感染者の集団=クラスターが発生したとみられるという。 予定を含めた入院患者数も最も多い411人で重症者は22人。 病床の使用率も87.6%と最も高くなっている。 宿泊療養者数は121人、自宅での療養者数は98人となっている。

福島 2021.05.12 11:36