福島のニュース

県感染症アドバイザー「解除でも対策継続」

県の感染症アドバイザーの金光教授は、県内で一部、対策が解除された後も基本的な感染対策を継続するよう注意を呼びかけた。 21日、県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議に出席した、県立医大の金光敬二は教授「部分的に制限が解けたからといって、いきなりリスクの高い行動を取ることはだめ。基本的には今まで通りの生活をしていただくことになる。制限に関係なく、感染対策は常に継続ということも決して忘れないでいただきたい」と語り、県独自の集中対策やまん延防止等重点措置の対策が解除された後も、引き続き、基本的な感染対策を継続するよう県民に呼びかけた。 また、20日までの3連休で、全国的に人出の増加がみられたとして、感染者のリバウンドへの懸念も示している。

福島 2021.09.21 18:38

移住した女性を支援するセレクトショップ

結婚や転勤などで県内に移り住んできた女性たちを支援するセレクトショップ=「ent」が福島市にオープンした。 entの浅野聡子店長は「転入女性って孤独なところがあって、わたしも感じたことがある。そこで地域の人と繋がることで、福島に来てよかった、福島市に来てよかったと思えると思う」と話していた。 移住した人に福島の魅力を知ってもらおうと店内では会津木綿の小物や県産の米など福島の特産品およそ200点が販売されている。 店のスタッフも福島市外や県外からの移住者で、同じ境遇の女性たちが育児や仕事などについて気軽に相談できる店を目指しているという。

福島 2021.09.21 18:36

補正予算290億円 県議会9月定例会開会

県議会の9月定例会が21日、、開会し、新型コロナウイルス対策としてワクチン接種の促進事業などを盛り込んだ290億円あまりの補正予算案が提出された。 内堀知事は新型コロナへの対応について、「デルタ株の影響で予断を許さない状況にあり、県の総力を挙げて感染症対策に取り組んでいく」としている。 9月定例会ではこのほか、43件の議案が審議され、10月8日までの日程で開かれる。

福島 2021.09.21 18:35

いわき市「まん延防止」継続のわけ

いわき市と郡山市、福島市には、9月30日まで、まん延防止等重点措置として、飲食店全店への午後8時までの営業時間短縮、終日酒類の提供自粛などが求められていたが、福島市と郡山市は、3日後の24日に解除されることが決まった。 その他の56市町村も、今日から「基本対策」が呼びかけられる。 酒類を提供する飲食店などへの時短要請は無くなるが、都道府県をまたぐ不要不急の往来は極力控えるよう求められる。 福島市と郡山市も、24日からは、この基本対策に移っていくが、なぜいわき市だけが継続となったのか。 それは「感染者数」の違い。 人口10万人あたりの新規陽性者の数は、福島市が3.49人、郡山市が4.52人で、56市町村と同じか、下回っている状況。 一方、いわき市は10.87人と、ステージ2の水準だが、予断を許さない状況と判断し、重点措置が継続された。 こうして県全体でみると、対策が緩められるが、県では、このような心構えを強く呼びかけている。 ■不織布マスク着用・換気 ■体調不良時に出勤・登校しない ■県境またぐ移動極力控える ■順番来たらワクチン接種 第6波は来るものと思って、その波を小さく抑えられるよう、取り組みの継続が大切。

福島 2021.09.21 18:27

24日まん延防止解除決定 福島市・郡山市

県は、福島市と郡山市に適用されている「まん延防止等重点措置」を9月24日で解除することを決めた。 県内では、福島市、郡山市、いわき市の3つの中核市で、まん延防止等重点措置が適用されていて、期限は9月末となっているが、このうち、福島市と郡山市について、県は「感染を抑えられている」として、期限を前倒しして、解除することを決めた。 内堀知事は21日、県の新型コロナウイルス感染症対策本部員会議で「9月30日までとして適用しているまん延防止等重点措置の期間を短縮して、9月23日までとし、24日から解除する」と話した。 福島市と郡山市では、飲食店や商業施設への時短要請などの対策が解除されるが、いわき市では9月末まで重点措置の対策が続く。

福島 2021.09.21 15:36

8月の企業倒産減少も今後に懸念・福島

8月の県内企業の倒産件数は5件と7月を下回ったものの、東京オリンピックを終え、その影響が懸念されている。 民間の信用調査会社・東京商工リサーチによると、8月、県内で倒産した企業は5件で、7月の6件を下回った。 新型コロナ対策として、国や自治体による資金繰りの支援策が倒産を抑えている一方、過剰債務の問題などが今後の課題とみられている。 また、東京商工リサーチは、「東京オリンピック関連の特需が終わる影響などで、倒産が増える可能性があり、今後の動向に注視が必要」と分析している。

福島 2021.09.21 12:12

福島9人感染 県独自の集中対策を解除

福島県内では20日、新たに9人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、福島市といわき市でそれぞれ3人、郡山市で2人、西郷村で1人のあわせて9人。 入院患者は124人、重症者は4人、病床の使用率は19.5%と、6月26日以来、約3か月ぶりにステージ2の水準。 宿泊療養者は22人、自宅療養者は35人、療養先を調整している人が4人。 また、感染状況の改善を受け、56市町村での県独自の集中対策が21日で解除された。 飲食店では営業時間の短縮が解除される 会津若松市にある「居酒屋太平楽」の店主、大槻源太郎さんは「我々がコロナ対策をして、お客様にもご協力いただいて、早く経済が元に戻ることを心から願っています。」と話した。 県は、感染の再拡大に警戒していて、引き続き対策を徹底するよう呼びかけている。

福島 2021.09.21 11:51

福島市・郡山市「まん延防止」24日解除へ

県は、福島市と郡山市へのまん延防止等重点措置の適用を9月24日で解除する方針を示した。 県内では、福島市、郡山市、いわき市の3つの中核市で、まん延防止等重点措置が適用されていて、期限は9月末となっている。 このうち、福島市と郡山市について、内堀知事は、「感染の抑制傾向にある」として、期限を前倒しして9月24日に解除する考えを示した。 飲食店への時短要請などの対策も解除される見通しで、21日午後にも県の会議で決定する。 いわき市については9月末まで重点措置の対策を続ける方針。

福島 2021.09.21 11:38

福島・次世代航空産業の発展へ協議会が発足

ドローンや空飛ぶクルマなど、次世代の航空産業について、福島県内を拠点に研究開発などを進めるための協議会が発足した。 20日に発足したのは「ふくしま次世代航空戦略推進協議会」。 南相馬市の福島ロボットテストフィールドを拠点に、次世代の航空機の研究開発や人材の育成を進める。 設立総会には、内堀知事や国と民間企業の関係者、協議会のアドバイザーでエアレースパイロットの室屋義秀さんが参加した。 室屋さんは「産業をここに集めてきて、ここで一気に開発が進むようになっていけば、世界をリードできるようになっていくと思う」と期待を述べた。 協議会は「航空に関するものづくりを通じて、福島の復興創生に役立てたい」としている。

福島 2021.09.20 19:27

福島・会津まつり最終日「日新館童子行列」

会津若松市で3日間開催されたる「会津まつり」は最終日の20日、子どもたちによる「日新館童子行列」が行われた。 「童子行列」は会津藩士に子息が教わる「什の掟」などの歴史を伝つたえようと「会津まつり」の中で行われている。 今年は、去年に引き続き、新型コロナウィルスの影響で規模が縮小され「まつり」は規模を縮小したが、「童子行列」は街中での行進は取り止めとなったものの2年ぶりに行われた。 行列には市内の児童約200人が参加し、保護者などに見守られ、会場を行進した。 行進を見守った保護者は「6年生としての大きな行事ができて記念に残る1日だった」と話した。 童子行列の模様はライブ配信されたほか、今後は「会津まつり協会」のウエブサイトで公開される。

福島 2021.09.20 19:27

福島県7人感染 2か月ぶりに10人下回る

福島県内では、前日の検査結果で新たに7人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 1日の感染者が10人を下回るのは7月19日以来、2か月ぶり。 感染が確認されたのは、いわき市で4人、郡山市、福島市、三春町で各1人。 県内の入院患者は128人、うち重症者は4人、病床使用率は20.1パーセントとステージ3の水準。 (ステージ2は20%未満) 宿泊療養者は28人、自宅療養者は40人、療養先調整中は3人。 県は、福島市と郡山市、いわき市を除く56の市町村で独自の集中対策を20日までで解除するが、感染の再拡大を防ぐため、感染症対策を続けるよう呼びかけている。

福島 2021.09.20 12:44

処理水問題を伝える サッカー大会にブース・福島

福島第一原発で保管される処理水について、理解を深めるための説明会が各地で開かれていて、19日にはJヴィレッジで開かれたサッカー大会にもブースが設けられた。 福島第一原発では、放射性トリチウムを含む、いわゆる「処理水」が保管されていて、政府は2023年春頃に、基準値以下に薄めて海へ放出する方針を決めている。 一方で、風評被害を懸念する声もあり、国が理解を深めるための説明会などを開いている。 19日にはJヴィレッジで開かれたサッカー大会の会場で、国の担当者が訪れた親子らにトリチウムの性質などを説明した。 経済産業省資源エネルギー庁の木野正登さんは「まずは関心をもっていただいて、いろんな方に見てもらうのが大事だと思っています」と話した。 国は、学校での出前授業などを通して、理解を深めていきたいとしている。

福島 2021.09.20 12:43

福島100歳以上1437人 過去最多更新

福島県内の100歳以上のお年寄りは1437人と26年連続で過去最多を更新した。 総務省統計局によると、9月15日時点の高齢者人口は3640万人で、全人口に占める割合は29.1%(前年比+0.3%)となり、1950年以来、過去最高を更新している。 県内でも65歳以上は約58万人と、県の人口の3割を超える。 このうち、100歳以上は前の年よりも68人増えて1437人となり、26年連続で過去最多を更新した。 このうち女性が87%を占めている。 地域別では、県中が332人と最も多く、次いで県中の332人、会津の266人となっている。

福島 2021.09.20 12:27

福島・新型コロナ7人感染(20日発表)

福島県内では前日の検査結果で新たなに7人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、県内4市町の10歳未満から60代の男女7人。 いわき市で4人、郡山市・福島市・三春町で各1人。1日の新規感染者が10人を切るのは7月19日判明分以来、約2か月ぶり。 県は20日午後にクラスター関連の有無などを公表する予定。

福島 2021.09.20 10:46

福島市12~15歳のワクチン集団接種開始

福島市で12歳から15歳までを対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まった。 福島市の12歳から15歳までへのワクチン接種は、これまで個別の医療機関で進められていたが、国からのワクチンの供給の見通しが立ったため集団接種を始めた。 今月の予約枠、1千人分はすでに埋まっていて、初日の19日は280人ほどが接種した。 会場に付き添った保護者からは「やっと予約が取れて、1回目を受けられるようになって安心している」「日曜日ということで、学校も休ませないで、接種に行かせることができたので、ありがたい」といった声が聞かれた。 福島市は16歳から18歳までへの集団接種も行っていて、来月末までに対象の9割が2回の接種を終える予定。 ■来月分の受け付けは今月22日となっている

福島 2021.09.19 17:27

福島県12人感染 60代男性が亡くなる

福島県内では前日の検査結果で12人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 また、県は治療を受けていた60代の男性が亡くなったと発表した。 18日に感染が確認されたのは、いわき市で6人、西郷村で3人、郡山市・田村市・白河市で各1人。 県内の入院患者は140人、うち重症者は4人、病床使用率は22パーセントとステージ3の水準。 宿泊療養者は26人、自宅療養者は41人、療養先調整中は4人。 また県は、入院して治療を受けていた60代の男性が、15日に亡くなったと発表した。 県内で新型コロナウイルスに感染し、その後亡くなった人は174人となった。 県は、デルタ株の置き換わりが進み、突然の感染拡大が懸念されるとして、県民に対策の継続を呼びかけている。

福島 2021.09.19 17:26

福島・規模縮小も2年ぶり「会津藩公行列」

会津地方を代表する秋のイベント「会津まつり」は今年、規模を縮小して行われている。 例年、多くの観光客でにぎわう「会津まつり」は新型コロナウイルスの影響で去年に引き続き、規模を縮小して18日から20日まで行われている。 今年は、街中への行進は取り止めたものの、祭りのメーン「会津藩公行列」が2年ぶりに行われた。 今回は戊辰戦争の出陣の様子が再現され、180人ほどが家族などに見守れながら会場内を行進した。 行進を見守った人からは「去年はぜんぜん何もできなかったが、今年はこういう形でも出来たので本当によかったな」と話した。 会津藩公行列の模様はライブ配信されたほか、今後は会津若松市のウエブサイトで見られるという。

福島 2021.09.19 17:26

福島・新型コロナ12人感染(19日発表)

福島県内では前日の検査結果で、新たに12人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは県内の5市村の10歳未満から50代の男女12人。 いわき市で6人、西郷村で3人、郡山市、田村市、白河市で各1人。 県内では4日連続で新規感染者が10人台で推移している。 県は19日午後に、クラスターの有無などを公表する予定。

福島 2021.09.19 10:56

いわきの新規陽性者数がステージ2に・福島

福島県内では前日の検査結果で16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 新規感染者は3日連続で10人台となったほか、いわき市の10万人あたりの新規陽性者数は53日ぶりにステージ3から2の水準となった。 ■人口10万人あたりの新規陽性者(今月11日~17日) いわき市12.93人(15人超がステージ3) 郡山市  8.14人 福島市  4.53人 県全体  7.80人 18日午後の発表によると、前日の新規感染者によるクラスターの発生や拡大は確認されていない。 いわき市、郡山市、福島市を除く56市町村への集中対策について県は、20日までで解除することを決めた。 ただ、県内での感染再拡大を防ぐため、県は引き続きの感染対策を呼びかけている。 ■感染状況(17日判明) 郡山市…4人 いわき市・須賀川市人…3人 二本松市…2人 相馬市・西郷村・泉崎村、県外…1人

福島 2021.09.18 18:02

いわき市の小中学生が大迫傑さんから指導

東京五輪の男子マラソン日本代表、大迫傑さんが、いわき市の子どもたちとオンラインで交流した。 この取り組みはマラソンランナーの大迫傑さんが東京五輪を終えて、始めた「SugarElitekids」プロジェクト。 プロジェクトでは、全国の小中学生に技術だけでなく、目標の達成や夢は叶えるうえで大切な考え方などを大迫さん自身が伝える。 18日はいわき市の子どもたちが対象で、午前中の部では小学生20人が参加し、大迫さんから速く走るためのトレーニング方法などを教わった。 プロジェクト事務局では参加した子どもたちの中から「世界のトップで戦えるランナーを生み出したい」としている。

福島 2021.09.18 18:01

「ねこ駅長カレンダー」今年も販売・福島

ネコが駅長を務めることで知られる会津鉄道芦ノ牧温泉駅では来年のカレンダーの販売が始まった。 「ねこ駅長カレンダー」の販売は2014年から始まり、毎年、人気を集めている。 来年のカレンダーには四季折々の景色をバックに駅長の「らぶ」や「ピーチ」「さくら」が可愛らしい表情を見せている。 また、初代駅長の「ばす」の写真も収められている。 売店には「壁掛け」と「卓上」の2種類が用意され、販売開始にあわせ早速、買い求める人の姿があった。 芦ノ牧温泉駅の駅員、小林真里奈さんは「ものすごく写真があるので、スタッフ全員であでもない、こうでもないと相談しながら選んだ」と話す。 「ねこ駅長カレンダー」は各1500部が作られ、駅売店のほか、インターネットでも販売されている。

福島 2021.09.18 18:00

福島県16人感染 10人台で3日間推移

福島県内では前日17日の検査結果で、新たに16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、郡山市で4人、いわき市と須賀川市で各3人、二本松市で2人、相馬市・泉崎村・西郷村・県外で各1人。 県内の入院患者は161人、うち重症者は6人、病床使用率は25.3パーセントとステージ3の水準。 県内の新規感染者が10人台となるのは3日連続。 (14日が30人、15日が12人、16日が16人) 宿泊療養者は33人、自宅療養者は43人、療養先調整中は7人。 県は「まん延防止等重点措置」が適用されている。いわき市、郡山市、福島市を除く56市町村で行っている独自の「集中対策」を20日までとし、翌21日から「基本対策」に切り替えるこにしている。 一方で、県内では、デルタ株への置き換わり進み、突然の感染拡大も懸念されることから、県は、感染再拡大を防ぐため、引き続きの対策徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.18 12:34

福島・18日夜遅くにかけて大雨の所も

福島県内は18日夜遅くにかけて大雨となる所がある見込みで、中通りと浜通りを中心に、土砂災害などに警戒が必要。 18日午前の県内は、台風周辺の湿った空気の影響で、雨が降り続いている。 夜遅くにかけては、日本海に発生する低気圧が前線を伴い東北地方を通過する見込みで、場所によっては1時間に20ミリから30ミリの降雨が予想される。 19日朝までに予想される雨量は、いずれも多いところで中通り・浜通りで80ミリ、会津で60ミリとなっている。 福島地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒を呼びかけている。

福島 2021.09.18 12:33

福島・三春中学校の給食に「減塩」メニュー

三春町の三春中学校では、給食に減塩などを意識した特別メニューが提供された。 この取り組みは、減塩などを意識した献立を給食に取り入れることで、若い世代にも、食と健康の関わりに理解を深めてもらおうと、福島県などが企画した。 17日の給食では、食品メーカー「味の素」の協力で、トップアスリートのためのメニューにもなっている「ピーマンのだしマヨ和え」が提供された。 生徒からは「減塩を意識してといるきいたが、しっかり味がついていたので美味しく食べられた」「いつもはソースとかを多くかけてしまうので、これからは気にして食事をした」といった声が聞かれた。 県は、こうしたメニューを広い世代に伝えることで、県民の健康づくりをサポートしていく考え。

福島 2021.09.18 12:32

福島・新型コロナ16人感染(18日発表)

福島県内では前日の検査結果で新たに16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、県内7市村と県外の10歳未満から70代までの男女16人。 郡山市で4人、いわき市・須賀川市で各3人、二本松市で2人、相馬市・西郷村・泉崎村・県外が各1人。 県は18日午後にクラスターの有無などを公表する予定。

福島 2021.09.18 10:55

台風に備えいわき市が土のうを配布・福島

台風14号の接近に備え、いわき市好間町の夏井川防災ステーションでは1世帯当たり20袋を上限に土のうが配布された。 いわき市の夏井川はおととしの東日本台風で、堤防が決壊し、住宅など広い範囲で浸水被害が起きた。 土のうを取りに来た住民は「台風って聞くと気もむ(心配)んだよね、前のあれ(台風)で水が上がっているから」と心配そうに話していた。 土のうの配布はあすも午前9時から行われる予定で夏井川防災ステーションといわき市勿来支所の2か所で受け取ることができる。

福島 2021.09.17 18:56

福島 56市町村への独自対策20日まで

県は、56市町村で実施する新型コロナウイルスへの独自対策について、期限を前倒しして来週20日で終了することを決めた。 県は、中核市3市でまん延防止等重点措置に伴う強い対策と他の56市町村でも県独自の対策を実施していて、期間は9月末までとなっていた。 このうち56市町村への対策について、内堀知事は「独自対策の期間を短縮し、9月20日までとして、21日から解除することとする」と述べ、新規感染者数が減少傾向にあることなどを踏まえ、期限を前倒しして、来週20日で、終了することを決めた。 また、全域への独自の非常事態宣言についても同じく20日までで解除する。 一方、中核市3市については、引き続き、まん延防止に基づく対策を継続する。

福島 2021.09.17 18:40

内堀知事「ぜひ不織布マスクを」・福島

内堀知事は「(デルタ株は)従来株以上に明らかにうつりやすい変異株で、より防御効果が高い、「不織布マスク」をぜひ県民に着けることをお勧めしたい」と述べ、感染の再拡大=リバウンドを防ぐため、県民に対し、不織布マスクの着用などを呼びかけた。 56市町村への集中対策は9月20日で終了する一方、内堀知事は、会議後の会見で、「感染の再拡大=リバウンドは絶対に避けなければならない」と述べた。 その上で、県民に対し、感染力の高いデルタ株が広がっていることから、より防御効果が高い「不織布マスク」を着用するよう呼びかけた。 また、県内でもブレークスルー感染の事例が確認されていることから、ワクチン接種後も基本的な感染対策を徹底するよう求めた。

福島 2021.09.17 18:39

福島市と郡山市の「まん延」解除は来週判断

内堀知事は、今月末まで「まん延防止等重点措置」が適用される中核市3市のうち、福島市と郡山市については感染状況に改善が見られるとして来週にも解除の前倒しを判断する考えを示した。 県は、中核市を除く56市町村への集中対策を今月20日で終了することを決めた。 一方、中核市3市へのまん延防止等重点措置の対策は、期限が「今月末」までとなっているが、このうち、福島市と郡山市について内堀知事は、きょう開いた会見で、「郡山市と福島市は相当、改善傾向がはっきりしているので、今後の感染状況を見極めて、臨機応変に対応する」と述べ、来週にも解除の前倒しを判断する考えを示した。 いわき市については「厳しい状況が続いている」とし、今月末までの対策を実施し、「安定的に新規陽性者数を減らしていくことが最優先」としている。

福島 2021.09.17 18:38

2020年代の避難指示解除に向け説明

国が2020年代にかけて、避難指示を解除するとした「帰還困難区域」の一部エリアについて、国の担当者が17日、大熊町を訪れ、今後の方針を説明した。 この中で、国は2024年度を目途に除染を始める準備に取り掛かるとしている。 説明会後、大熊町議会の吉岡健太郎議長は「年月が経つことによって帰還意識が薄れていく、ここ10年で随分それは味わったので一日でも早く進めていただきたい、そういう気持ちです」と語った。 国は今後、住民の帰還の意向を確認し、町と除染の範囲などについて協議を進めることにしている。

福島 2021.09.17 17:50

東京パラ車いすバスケ・豊島選手が凱旋

東京パラリンピックの車いすバスケットボール男子で日本代表のキャプテンをつとめ、史上初の銀メダルを獲得した豊島英選手が地元いわき市を訪れた。 いわき市出身の豊島選手は17日、いわき市役所を訪れ、清水敏男市長に銀メダル獲得を報告した。 豊島選手は大会を振り返りながら「このメダルをいわき市もそうだけど福島県、東北に届けたいという想いで戦って来た結果が形としてメダルをもって来れて良かったなと思っている」と語った。 3大会連続でパラリンピック出場を果たしベテランとも呼ばれるようになった豊島選手。 今後については「ゆっくりと考えたい」と話し、引き続きパラスポーツに関わっていきたいとしている。

福島 2021.09.17 17:39

福島 強風のナシ落果に備え収穫急ピッチ

台風14号は今後、温帯低気圧になる予想だが、県内でも大雨と強風の恐れがあり、果樹園では収穫作業が急ピッチで進められている。 台風14号は、17日午後には西日本に上陸し、その後、温帯低気圧となり、18日夜には東北地方に接近する見込み。 郡山市にある阿部智輝さんのナシ畑では、ちょうど今、実がたわわに実っていて、強風による落果の被害を少しでも抑えようと、17日は朝早くから収穫を急いでいた。 今年は遅霜の影響もあり、阿部さんは台風が逸れて被害が出ないことを願いたいと話していた。

福島 2021.09.17 11:59

福島第一原発サブドレン運転再開

福島第一原発で、くみ上げた地下水を浄化する設備が自動停止したトラブルについて、東京電力は、設備そのものに異常がないことを確認し、16日夜に運転を再開している。 福島第一原発では、建屋に流れ込む地下水を「サブドレン」と呼ばれる設備でくみ上げ、その後、海へ排水するため放射性物質を取り除く浄化処理を行うが、16日午前5時40分ごろ、この設備が自動停止した。 東京電力によると配管の開閉を感知する一部センサーが正常に作動しない状態で、設備そのものには異常がないことから、センサーを調整し直し、およそ15時間後のきのう午後8時56分に運転を再開したという。

福島 2021.09.17 11:58

福島 約2か月ぶり病床使用率3割下回る

県内では16日、新たに16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 病床使用率は27.6%とおよそ2か月ぶりに3割を下回った。 感染が確認されたのは、郡山市といわき市、田村市でそれぞれ3人、須賀川市と西郷村でそれぞれ2人、白河市、中島村、県外でそれぞれ1人のあわせて16人。 県内での入院患者は176人で、病床使用率は27.6%、病床使用率が3割を下回るのは7月26日以来、およそ2か月ぶり。 宿泊施設での療養者と自宅での療養者はそれぞれ39人となっている。 県内では、9月に入ってから感染者数は減少傾向にあるが、県では、引き続きの感染症対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.17 11:23

1Fサブドレン自動停止 3日程度保管可能

福島第一原発で、16日朝、くみ上げた地下水を浄化する設備が、自動停止するトラブルがあった。 福島第一原発では、建屋に流れ込む、地下水を事前にくみ上げる、サブドレンと呼ばれる設備がある。 くみ上げた地下水は、海に排水するため、放射性物質を取り除く、浄化処理が行われるが、東京電力によると、きょう午前5時40分ごろ、社員が、この装置が自動停止しているのを確認したという。 停止が続いた場合、くみ上げた水を保管できるタンクの量は3日分程度だという。 東京電力では、処理の再開に向けて、現在、原因を調査している。

福島 2021.09.16 18:39

福島 県独自対策17日に先行解除判断へ

県は、新型コロナの新規感染者数が減少傾向にあることを踏まえ、県独自の対策の先行解除について17日にも判断する。 県では、中核市3市でまん延防止等重点措置に伴う強い対策と、残る56市町村でも県独自の対策を実施していて、期間は9月末までとなっている。 このうち56市町村への対策については、新規感染者数が減少傾向にあることから、先行しての解除も検討していて県は17日にも会議を開き、こうした方針について判断する。 また、中核市3市への対策についてもそれぞれ感染状況を見ながら、対策の緩和などを検討していくことにしている。

福島 2021.09.16 18:06

大規模集団接種 郡山市優先予約24日から

福島県が中核市3市と共同で行う大規模集団接種について、郡山市は9月24日から、中学生、高校生、妊婦を対象に優先的に予約を受け付ける。 県は福島市と郡山市、いわき市の3市と共同で来月から大規模接種を始める予定で、郡山市には9000人分のワクチンが配分され、このうち7200人分が郡山市民に接種される。 そのうえで、郡山市は受験や就職を控える中学3年生と高校3年生、また妊婦を対象に優先して予約を受け付ける。 9月24日から4日間でオンラインと電話で受け付ける。 また、その他の一般予約は9月28日から開始する。 接種は10月4日にスタートし、星総合病院と郡山市保健所の2つの会場で行われる。

福島 2021.09.16 17:16

ネッツトヨタ郡山からラッピング車貸出し

郡山市にある自動車販売会社の「ネッツトヨタ郡山」から福島ファイヤーボンズにチームのロゴマークなどがデザインされたラッピング車が新たに貸し出された。 「ネッツトヨタ郡山」はチームが発足した当初からラッピング車を貸し出している。 福島ファイヤーボンズの菅野翔太キャプテンは「(車は)たくさん使う機会があるし、ファイヤーボンズをたくさんの人に知ってもらいたいので、素晴らしい車で、本当に嬉しい」と話していた。 福島ファイヤーボンズは10月2日に新シーズンの開幕戦を迎える。

福島 2021.09.16 17:13

わいせつ行為で福島大学教授を懲戒解雇

福島大学は15日、会見を開き、18歳未満の少女に、わいせつな行為をしたとして、人間発達文化学類の渡邊隆教授64歳を懲戒解雇処分したことを明らかにした。 渡邊教授は、県教育委員会のスクールカウンセラーを務めていたことし4月、二本松市内で18歳未満の少女にキスをしたという。 渡邊教授は、「深く反省している」と話しているという。

福島 2021.09.16 17:03

猪苗代親子死傷事故 監視付ける義務違反か

猪苗代湖で親子ら3人が死傷した事故で、逮捕された男は船に監視役をつけるルールを守らず、航行していた可能性が高いことが新たに分かった。 業務上過失致死傷の疑いで逮捕・送検された東京都の会社役員=佐藤剛容疑者(44)は、去年9月、猪苗代湖で大型ボートを操縦し、遊泳する親子ら3人を巻き込み、死傷させた疑い。 関係者によると、事故当時の状況などから佐藤容疑者は、周囲の安全を確認するために法令などで義務付けられている「見張り」と呼ばれる監視役を設けずに航行していた可能性が高いという。 警察は、必要な注意義務を怠ったとみて当時の状況を詳しく調べている。

福島 2021.09.16 12:02

福島 2号機上蓋で1100ミリシーベルト

福島第一原発事故について検証している原子力規制庁のチームが現地調査を行い、2号機で非常に高い放射線量を計測した場所の映像を公開した。 映像は2号機の格納容器真上にある直径およそ12mのコンクリート製の蓋の部分を調査する際のもの。 コンクリートの蓋の一部に深さおよそ5センチの穴をあけ中の放射線量を計測したところ、一般の人が許容されている1年間の被ばく線量の1000倍以上にあたる毎時1100ミリシーベルトが確認された。 原子力規制委員会の更田委員長は「非常に大きな問題になるだろう」と語っており、廃炉のスケジュールにも影響が出る見込み。

福島 2021.09.16 12:01

福島 約2か月ぶりに入院者200人切る

県内では15日、新たに12人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 入院者数は196人に減り、およそ2か月ぶりに200人を切った。 感染が確認されたのはいわき市で7人、福島市で3人、白河市で2人の3つの市で合わせて12人。 入院者数は196人、うち重症者数は6人、病床使用率は、30.8パーセントと、ステージ3の水準。 入院者数が200人を切るのは、7月25日以来、およそ2か月ぶりだ。 宿泊施設療養者は42人、自宅療養者は49人となっている。 県が引き続き、感染症対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.16 11:27

いわき市2つの児童施設で新たなクラスター

いわき市は市内2つの児童施設で新たなクラスターが発生したと発表した。 クラスターが発生したのはいずれも未就学児が利用するいわき市内にある2つの児童施設。 1つは、9月8日に20代の女性職員の感染が確認され、その後の検査で14日までに10歳未満の利用者3人を含む合わせて6人の感染が確認された。 また、もう1つの施設では9月10日に10歳未満の男の子の感染が確認され、その後、14日までに10歳未満の利用者3人、20代の職員1人、合わせて5人の感染が確認された。 いわき市内では7月から児童施設のクラスターが9件確認されている。

福島 2021.09.15 18:31

コロナ禍の影響で増える「オレオレ詐欺」

福島県内では今、「オレオレ詐欺」の被害が増えていて、新型コロナの影響が関係しているという。 福島県警生活安全企画課の髙橋正樹さんは「昨年の同じ時期に比べると「オレオレ詐欺」の場合は4倍を超えるほどの発生がある」という。 架空請求などの被害が減少しているのに対し、息子や孫などを騙り、お金をだまし取るオレオレ詐欺の被害は増加傾向にある。 8月末時点での被害額も、去年の同じ時期と比べ3000万円以上増えている。 県警の髙橋さんは「長い間、コロナ禍の影響で息子さんやお孫さんと会う機会が減っていて…「これは息子の声かな?」「孫の声かな?」と錯覚してしまうのはあると思う」とその背景を指摘する。 しばらく会っていない子どもや孫の声を聴き分けられず、詐欺の被害にあう恐れがあるという。 民間の保険会社によると、コロナ禍で帰省ができず、家族と会っていない期間は平均でおよそ1年3か月という調査データも。 コロナ禍で離ればなれの家族を狙った悪質なオレオレ詐欺。 コロナ禍のいまだからこそ、家族のコミュニケーションを深めて欲しいと、高橋さんも言う。 「例えばオレオレ詐欺の場合は、信じないように(家族間で)合言葉を決めるとか、家族だけの何かルールを決めて頂ければ。それがなければ、「息子じゃないな」「孫じゃないな」とすぐに気づいていただけると思う」。

福島 2021.09.15 18:27

猪苗代湖親子死傷事故 動画に被害者らの姿

去年9月、猪苗代湖で親子ら3人がボートに巻き込まれ死傷した事件の続報。 容疑者が操縦するボートに同乗者していた人が撮影したスマートフォンの動画に、湖に浮かび遊んでいた被害者らの姿が映っていたことが新たに分かった。 業務上過失致死傷の疑いで15日、身柄が検察庁に送られた、東京都中央区の会社役員=佐藤剛容疑者(44)。 去年9月、猪苗代湖で遊泳中だった豊田瑛大くん(当時8歳)と母親ら3人を巻き込み死傷させた疑いがもたれている。 佐藤容疑者は依然、事故を起こしたことに「身に覚えがない」と容疑を否認している。 事故が起きたとき、ボートに何らかの衝撃はなかったのか。 普段、ボートを操縦する人は「(衝突時)ブイだと思っちゃったというのはあると思うけど。普通は確認すると思う」と話していた。 そして取材を進めていくと、当時の状況が少しずつ明らかに…。 関係者によると、佐藤容疑者の操縦するボートは知人など10人を乗せ、湖を走行していた。 そのうちの1人がスマートフォンで撮影していた事故前の動画に、湖に浮かび遊んでいた豊田瑛大くんらの姿が映っていたことが関係者への取材で新たに分かった。 こうした状況から、佐藤容疑者に事故を予見できた可能性があるとして、警察は今後、佐藤容疑者から詳しく事情を聴いて事故の全容解明を進める考え。

福島 2021.09.15 18:02

福島市 大規模集団接種は10月6日から

県が中核市3市と共同で行う大規模集団接種について、福島市では基礎疾患のある人を対象に、先行して集団接種を実施する。 県は福島市、郡山市、いわき市に大規模接種会場を設ける予定で、使用されるのはモデルナ社製のワクチンあわせて2万8000人分。 このうち福島市には1万人分が配分された。 福島市では基礎疾患がある1500人を対象に先行して10月6日から集団接種を始める予定だ。 9月16日から18日までオンラインで予約を受け付ける。 残りの8500人分については約6500人を福島市民、飯舘村民、福島市への避難者へ、2000人分をそれ以外の県民分としていて、予約日などは現在調整中という。

福島 2021.09.15 17:45

福島 「抗体カクテル療法」35施設で実施

新型コロナの重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」について県内ではこれまでに35の医療機関で投与が実施された。 「抗体カクテル療法」は、2つの薬を混ぜて患者に点滴するもの。 県内では、新型コロナの患者を受け入れる医療機関が42施設あるが、このうち、40施設で投与ができる体制になっているという。 県によると、9月10日までに35の医療機関で実際に患者に投与され、いずれも重症化を防ぐ効果や症状の改善が見られたという。 県では、抗体カクテル療法の点滴薬を常時400回分、確保していて、今後も、重症化リスクのある患者らの治療に使用していくとしている。

福島 2021.09.15 16:05

親子3人死傷事故 ルール守らず航行か

去年9月、猪苗代湖で親子ら3人がボートに巻き込まれ死傷した事故で、逮捕された男は当時、徐行すべきエリアにもかかわらずスピードを出して航行していたという。 業務上過失致死傷の疑いで逮捕された東京都中央区の会社役員=佐藤剛容疑者(44)は、去年9月、猪苗代湖で大型ボートを操縦し、遊泳する親子ら3人を巻き込み死傷させた疑い。 事故当時の目撃者や関係者によると、佐藤容疑者の操縦するボートは、猪苗代湖の協議会などが徐行すべきと定めたエリアを徐行せずに、スピードを出して、湖を航行していたという。 佐藤容疑者は容疑を否認している。 警察は、午後に佐藤容疑者の身柄を検察庁へ移し、本格的な調べを進める方針。

福島 2021.09.15 12:00

東京五輪重量挙げ近内選手が母校訪問・福島

東京オリンピックのウエイトリフティングに出場した三春町出身の近内三孝選手が母校を訪れ7位入賞の喜びを報告した。 14日、母校を訪れた近内選手は子供達から大きな拍手で迎えられ た。 近内選手は東京オリンピック開催前に子供達から応援メッセージを受け取っていて、ウエイトリフティング、男子67キログラム級で7位入賞を果たせた喜びと、応援への感謝を伝えた。 このあと、近内選手は子供たちの前で120キロのバーベルを持ち上げるなどし、会場を沸かせていた。 近内選手は次のパリオリンピックでメダル獲得を目指すという。

福島 2021.09.15 11:59

福島14日新型コロナ30人感染

14日、県内では新たに30人に新型コロナウイルスに感染が確認された。 内訳は、いわき市11人、郡山市4人、白河市・福島市でそれぞれ3人、会津若松市・田村市・須賀川市でそれぞれ2人、二本松市・本宮市・相馬市でそれぞれ1人が確認されている。 このうち重症者は6人、病床の使用率は32.3%のステージ3。 宿泊療養者は37人、自宅療養者は52人、療養先を調整している人は11人。

福島 2021.09.15 11:08

いわき市の事業所で7人感染のクラスター

福島県いわき市は、市内の事業所で新たなクラスターが発生したと14日に発表した。 クラスターが発生したのはいわき市内の約30人規模の事業所。 9月11日に40代の男性従業員が倦怠感などの症状があり、検査を受けたところ陽性が判明した。 その後、保健所が他の従業員の検査を行ったところ、9月12日に3人、13日に3人の感染が確認された。 この事業所での感染者は7人となっている。 市は、家庭や職場での感染防止の徹底の呼びかけている。

福島 2021.09.14 19:09

福島・いじめを巡る訴訟 町側は争う姿勢

会津坂下町の中学校で息子が「いじめ」に遭ったのは、学校にも責任あるとして、両親が町を相手取り起こした民事訴訟の第一回口頭弁論が開かれた。 町は「請求の棄却」を求め、争う姿勢を示した。 訴えなどによると、2014年に会津坂下町の中学校に通っていた当時中学1年生の男子生徒が、同級生らから暴言や暴力を受けるいじめの被害に遭った。 いじめを受けた生徒はその後、不登校となり、おととし、自ら命を絶った。 生徒の両親は、当時の学校の対応が生徒の安全確保に配慮しておらずいじめがエスカレートしたことや、町の調査が適切に行われなかったことなどとして、町に合計330万円の損害賠償を求めている。 14日に福島地方裁判所で開かれた第一回口頭弁論で町は「請求棄却」を求める答弁書を提出し、争う姿勢を示した。 理由については、次回以降に示すとしている。

福島 2021.09.14 19:01

猪苗代湖死傷事故 遺族「真実を明らかに」

去年9月に福島県会津若松市の猪苗代湖で、千葉県から遊びに来ていて親子ら3人が死傷した事故で、男が逮捕された。 業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたのは、東京都中央区の会社役員、佐藤剛容疑者(44)は去年9月に大型のプレジャーボートを操縦し、猪苗代湖を航行していた際に、遊泳していた豊田瑛大さん(当時8歳)ら3人をはねて死傷させた疑いが持たれている。 14日午後1時すぎ、都内で逮捕された佐藤容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。 佐藤容疑者が事故当時、操縦していた大型ボートは十数人乗り。 警察は、事故に関与した可能性がある複数のボートを回収し、キズの状態などを調べ、特定を進めていた。 そうした捜査と事故当時の目撃者の情報をなどをもとに、佐藤容疑者が操縦するボートが豊田さんらを死傷させた疑いが強まったとしている。 瑛大さんの両親は代理人の弁護士を通じて「このまま犯人が特定できないかもしれないと、不安な日々を送っていた。逮捕されたと聞いて、一応安堵しているが、瑛大を失った悲しみは癒えない。今後真実が明らかになることを願っている」コメントを発表した。

福島 2021.09.14 18:40

少女にみだらな行為 茨城県の消防士を逮捕・福島

石川警察署は福島県青少年健全育成条例違反の疑いで茨城県の消防士の男を逮捕した。 逮捕された茨城県高萩市の消防士、宮山直貴容疑者(25)は去年8月に女性が18歳未満であることを知りながら、石川郡内のホテルでみだらな行為をしたという。 女性が家族とともに警察署に被害届を出し、事件が発覚した。 宮山容疑者はSNSで女性と知り合ったということで、容疑を認めている。

福島 2021.09.14 18:35

福島県16人感染 10人台は約2か月ぶり

福島県内では前日の検査結果で16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 1日あたりの新規感染者数が10人台になるのは約2か月ぶり。 感染が確認されたのは、いわき市で6人、須賀川市5人、白河市で2人、福島市、郡山市、塙町で各1人の計16人。 県内の1日の感染者数が10人台となるのは7月21日以来。 県の担当者は「ピークアウトかどうかの判断は難しく、しばらく注視していく状況」「関東圏の方は減少しているので、その影響も少なからずあるのではないか」と話している。 また県は、9月6日から12日までの、県衛生研究所、保健所、民間の検査機関の検査で、感染者の97%からデルタ株の主要変異である「L452R」が確認されたと発表した。 (234人中227人) 県内の医療機関の入院者は221人、うち重症者は7人、病床使用率は34.7パーセントとステージ3の水準。 宿泊施設で療養している人は40人、自宅で療養している人は58人となっている。

福島 2021.09.14 18:14

猪苗代湖の死傷事故 男「身に覚えがない」

去年9月に福島県会津若松市の猪苗代湖で、遊びに来ていた親子ら3人が死傷した事故で、大型ボートを操縦していた東京都に住む44歳の男が逮捕された。 業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたのは、東京都中央区の会社役員佐藤剛容疑者44歳。 佐藤容疑者は、去年9月に大型のプレジャーボートを操縦し、猪苗代湖を航行していた際に、遊泳していた親子ら3人をはねて死傷させた疑いが持たれている。 この事故で亡くなった千葉県野田市の豊田瑛大くん(当時8)は母親らと水上バイクに乗るために湖面で順番待ちをしていた。 逮捕された佐藤容疑者は警察に対し「身に覚えがない」と容疑を否認している。 警察は身柄を福島県内に移し本格的な捜査に入る。

福島 2021.09.14 17:18

コロナ禍で1300人超が解雇・雇止めに

県内では新型コロナの影響で1300人以上が解雇・雇止めになっている。 福島労働局の調査によると去年2月から8月30日までに新型コロナウイルスの影響で解雇や雇止めになった人は累計で1365人で、半数以上の761人は非正規の労働者だった。 製造業や宿泊業、小売業で多いということで、今後、解雇が予定されているといった見込みも含めると累計は1659人で、全国で21番目に多いという。 福島労働局では雇用の安定のため事業主などを対象とした助成金や支援金に関する相談を受け付けている。

福島 2021.09.14 11:58

労働者の5割「うつや不安」 調査で判明

福島医大と連合福島は新型コロナの感染拡大に伴い、労働者が感じるストレスについての調査結果を公表した。 調査は、昨年10月に、県内の労働者およそ3500人を対象に行われ、「うつや不安の問題がある可能性」がある人は50.4%とコロナ禍の前より18.9ポイント悪化していた。 背景には「感染への不安」があるほか、特に、男性は、「経済的不安」や「職場環境」が、女性は、「生活における出費」や「社会的交流の減少」がストレスに繋がりやすいという。 調査に当たった県立医大の前田正治教授は、感染症対策にメンタルヘルスの視点を入れることが必要としている。

福島 2021.09.14 11:56

福島 約2か月ぶりに感染者10人台

県内では13日、新たに16人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で6人、須賀川市5人、白河市で2人福島市、郡山市、塙町でそれぞれ1人のあわせて16人。 県内の1日の感染者数が10人台となるのは、7月21日以来、およそ2か月ぶりだ。 入院患者は221人でこのうち重症者は7人、病床の使用率は34.7パーセントとステージ3の水準。 宿泊施設で療養している人は40人、自宅で療養している人は58人となっている。 県は引き続き不要不急の外出の自粛など感染症対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.09.14 11:20

郡山市で妊婦の優先接種始まる・福島

郡山市で13日から妊婦を対象にした優先接種が始まった。 特に重症化しやすいとされる妊娠後期の人とそのパートナーを対象に優先接種を始め、あわせておよそ80人が接種した。 接種を終えた妊娠9か月の女性は「少し前までは出産するまで受けないって決めてたんだけど、千葉の妊婦が出産して亡くなったというニュースがあってから、やっぱり将来のことより目先のことを考えるようになって受けたほうがいいのかなと思って決断した。」と話していた。 郡山市では妊婦とそのパートナー、あわせておよそ170人の接種を予定している。

福島 2021.09.13 19:05

秋バテにご注意を

日本気象協会によると、夏バテならぬ、「秋バテ」というのがあるという。 この時期、長雨や台風による気圧配置や自律神経の乱れなどによって、頭痛やめまい、だるさ、肩こりなどの秋バテと呼ばれる不調状態になることがある。 秋バテへの対策としては、体の内側と外側のケアが大切とのこと。 内側のケアとしては、飲み物はできるだけ常温、食べ物も温かいものを、そして消化の良いものを食べて、胃の負担を減らすことが大切だという。 体の外側のケアでは、体の芯を温めて、汗をかくことが大事。 シャワーではなく湯舟につかる、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をし、血流を良くすることも大切。 例えば、「ふくらはぎ」のストレッチは簡単にどこででもできる。 転んだりしないように、壁に手をついて10秒つま先立ちをする。 10秒ほど経ったら、かかとをゆっくりおろす。 これを何度か繰り返す。 できることから取り入れて、心地の良い秋を過ごそう。

福島 2021.09.13 19:03

「絹」と「猫」 絵馬から探る川俣の歴史

川俣町にある「おりもの展示館」には「絹の里」とも呼ばれ、町の繁栄を支えてきた機織機などが並び、その歴史を後世に伝えている。 そこで、8月から、神社に奉納する「絵馬」180枚の展示が始まった。 絵馬と絹織物とは関係なさそうだが、全ての絵馬には様々な、そして愛嬌たっぷりの「猫」の姿が描かれている。 その繋がりについて、おりもの展示館の藤原和一さんは「蚕を食べるネズミの被害が多かったみたいなんだね。ネズミを食べるのが猫というので、繭がたくさん取れるよう、絵馬の奉納が始まったと聞いている」と説明する。 町に絹織物が伝わったのは、およそ1300年前、明治から大正にかけて全国有数の絹の産地となり、原料の蚕を育てる「養蚕」が盛んになった。 この蚕の天敵こそが「ネズミ」だった。 「猫」はそのネズミを追い払ってくれることから、養蚕が盛んな地域で崇められたという。 川俣町の養蚕と絹織物の歴史に触れることができる、「猫」の絵馬の展示は10月10日まで。

福島 2021.09.13 18:32

福島 「まん延防止」段階的緩和も

内堀知事は、中核市3市で実施するまん延防止等重点措置の対策について、「まだ予断を持って答えられる段階ではない」とした上で、段階的な緩和がありえるとの考えを示した。 内堀知事はけさ会見で、「例えばまん延防止等重点措置の対象地域から仮に外すという段階に来た場合、いきなり「全面解除」は一般的にはなく、56市町村が行っている「県独自の集中対策」に移行する、まん延防止等重点措置から、県独自の対策に移っていくということがありうるステップ」と述べ、中核市3市については、感染の抑制傾向が続けば、まずは、「重点措置」から「県の独自対策」に移行するなど、段階的に対策を緩和していく可能性もあるとの考えを示した。 理由について、知事は、「急激なリバウンドを防ぐため」としている。

福島 2021.09.13 18:22

接種の際に子供を無料で預かるサービス

会津坂下町では、新型コロナウイルスワクチン接種の際に、子どもを一時的に預かるサービスを13日から始めた。 対象となるのは、会津坂下町に住む生後4か月から未就学児の子供を持つ保護者。 ワクチン接種を受けている間、最大2時間まで、町から委託を受けたNPO法人の保育士などが町の施設で、無料で子どもを預かる。 住民などから小さな子供を抱えてワクチン接種を受けることに不安を感じるとの声を受けて実施する。 会津坂下町では住民全体で1回目のワクチン接種率が61.4パーセント、2回目が52.35パーセントで、町では子育て世代のワクチン接種を促したいとしている。

福島 2021.09.13 16:48

56市町村への県独自対策 先行解除視野に

9月末まで延長となった56市町村への県の独自対策について、内堀知事は「感染状況の抑制傾向が続けば、解除も視野に入ってくる」と述べた。 県内では、中核市3市へのまん延防止等重点措置と56市町村への県独自の対策が9月末まで、延長されている。 このうち56市町村の対策を先行して解除する可能性について内堀知事はけさ、「この感染状況の抑制傾向が継続するということであれば、56市町村について、現在お願いしている県独自の集中対策を(先行して)解除することが視野に入ってきていると、考えている」と述べた。 知事は先行解除について今週末に向けて、検討していくとしている。

福島 2021.09.13 11:59

県内の再エネ割合40%超え・福島

県内の再生可能エネルギーの導入割合が昨年度、40%を上回り県の中間目標を達成した。 県は、震災と原発事故以降、再生可能エネルギーの導入を推進していて、昨年度の導入量は前の年度から1割増え、2846メガワットとなった。 県内のエネルギー需要に占める割合は43.4%となり、2020年に40%ととする県の中間目標を達成した。 昨年は浪江町にメガソーラー発電所が竣工するなど、県内で導入された再エネのおよそ8割が太陽光発電。 県は、2040年ころを目途にエネルギー需要に占める再エネ100%以上を目指している。

福島 2021.09.13 11:55

福島 感染者28人の市町村内訳

県内では12日、新たに28人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、郡山市9人、いわき市6人、会津若松市・田村市各3人、福島市・塙町各2人、二本松市・須賀川市・鏡石町で各1人。 入院患者は235人で、このうち重症者は5人、病床の使用率は36.9パーセントとステージ3の水準。 宿泊施設で療養している人は37人、自宅で療養している人は61人、療養先を調整している人は13人となっている。 県は引き続き感染症対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.09.13 11:29

福島・新型コロナ新たに28人が感染

福島県内では前日の検査結果で新たに28人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 新たに観戦が確認されたのは郡山市で9人、いわき市で6人、会津若松市・田村市で各3人、福島市・塙町で各2人、二本松市・須賀川市・鏡石町で各1人。 県内の入院者は235人、うち重症者は5人、病床使用率は36.9パーセント。 宿泊療養者は37人、自宅療養者は61人、療養先を調整中の人は13人。 県が引き続き、感染症対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.09.13 11:10

福島市で妊婦を対象に優先接種・福島

福島市では、12日から妊婦を対象にした優先接種が始まった。 千葉県で新型コロナに感染した妊婦が、受け入れ先が見つからず、自宅で出産した後、赤ちゃんが亡くなったことをうけ、福島県内でも、妊婦を対象にワクチンの優先接種が始まっている。 このうち福島市では、12日から始まり、約130人の妊婦がワクチンを接種した。 ワクチン接種を受けた妊婦は「最初は打つかどうか悩んでいたんだけれど、千葉県のニュースをみて、お腹の子と自分を守れるのであればという思いで接種をしました。」と話した。 また、産婦人科医は「呼吸が苦しくなるので重症化する率が高いといわれています。なのでワクチンは受けておいた方がいいと思います。」と話した。 福島市では、妊婦とそのパートナーも対象にしていて、計315人が接種を受ける予定。

福島 2021.09.12 17:46

学生が磨いた技術をショーで披露・福島

福島県郡山市の専門学校では、学生が作るヘアメイクショーが開かれた。 郡山ヘアメイクカレッジの「ヘアカレ祭」は、学生たちの技術を多くの人に見てもらおうと毎年開かれている。 今年も去年と同様に、感染症対策として、観客を保護者などに限定している。 保護者は「いまどきの若者が自分の思いをメイクと服装で表現できているのが素晴らしいと思った。」と話した。 ステージでは、個性豊かな服装の学生らが、学校で磨いた技術を披露していた。

福島 2021.09.12 17:44

新型コロナ26人 クラスターの拡大も・福島

福島県内では、新たに26人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 11日に新たに感染が確認されたのは、いわき市で8人、郡山市で6人、福島市で4人、須賀川市で3人、鏡石町で2人など、8つの市と町で計26人。 クラスター関連では、すでにクラスターが確認されている「郡山市の事業所」で、新たに1人の感染が判明した。これで「郡山市の事業所」関連のクラスターは計6人に。 入院患者は230人で、このうち重症者は5人。 病床の使用率は、36.1%とステージ3の水準。 宿泊施設で療養しているのは39人、自宅での療養者は63人。 県内では、3つの中核市に「まん延防止等重点措置」が適用され、他の56市町村で県独自の集中対策が続けられている。 県が引き続き感染対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.12 17:43

速報・福島県で新型コロナ26人(12日発表)

福島県内では、新たに26人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。(12日県発表) 市町村別の内訳は、 いわき市で8人、郡山市で6人。 福島市で4人、須賀川市で3人、鏡石町で2人。 本宮市、白河市、矢吹町で各1人。 6市2町で計26人。 入院患者は230人、うち重症患者は5人。 病床の使用率は36.1%とステージ3の水準。 宿泊療養者は39人、自宅療養者は63人。 療養先を調整している人は14人。 県内では、3つの中核市(福島市・郡山市・いわき市)に、「まん延防止等重点措置」が適用され、他の56市町村で県独自の集中対策が続けられている。 県は、引き続き感染対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.12 11:03

野生のマツタケ 検査結果で出荷制限解除に

原発事故により県内の大部分で出荷が制限されている野生キノコについて、国は、放射性物質の基準を下回るマツタケの出荷制限を解除した。 野生のキノコは、原発事故後、南会津町と金山町、湯川村、檜枝岐村の4町村を除く55の市町村で出荷が制限されている。 このうちマツタケについて、国は切り刻まずに、そのままの形で放射性物質を測定する「非破壊検査」で、1キロ当たり100ベクレルの基準を下回ったものについて、出荷の制限を解除すると発表した。 マツタケの検査と出荷の管理は県が担い、9月下旬から県内7か所の農林事務所で受け付けを始める計画。

福島 2021.09.11 18:01

日銀福島 8月景気「持ち直しの動き鈍化」

日本銀行福島支店は、8月の県内の景気について、「持ち直しの動きが鈍化している」として、8か月連続で判断を据え置いた。 日銀福島支店によると、8月の県内景気は、家電などの売上が好調な一方、まん延防止等重点措置の適用などにより、飲食業や宿泊業などの消費が大きく落ち込んだ。 こうした状況から、「持ち直しの動きが鈍化している」として、8か月連続で判断を据え置いた。 先行きについては、新型コロナの影響に悲観的な事業者がみられる一方、政府が方針を示した行動制限の緩和による需要の回復に期待を示している。

福島 2021.09.11 12:42

福島 新型コロナ10日に36人感染

県内では、10日、新たに36人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 内訳は、いわき市で12人、白河市で9人、福島市で4人、郡山市、田村市でそれぞれ3人、南相馬市、会津若松市、広野町、中島村と県外でそれぞれ1人のあわせて36人。 入院患者の数は241人、このうち重症者は5人、病床の使用率は37点8パーセントとステージ3の水準。 宿泊療養者は45人、自宅療養者は61人、療養先を調整している人は20人。 県内では、3つの中核市に「まん延防止等重点措置」が適用され、56市町村で県独自の集中対策が続けられていて、県が感染対策の徹底を呼びかけている。

福島 2021.09.11 11:53

福島・子供たちが故郷の大熊町の復興を見学

避難先の会津若松市で授業を受けている大熊町の小、中学生5人が社会科見学の一環として故郷の町を見学した。 大熊町はおととし4月に避難指示が一部解除され、徐々に人の営みがもどりつつある。 町議会を傍聴した子どもたちは、10月オープンする複合施設を見学したほか、町で営業を再開した喫茶店で大熊町のイチゴを使ったジュースなどを味わった。 中には震災後、初めて町を訪れた子どももいて、「地震でお店とかがなくなったのを見て、悲しかったけれど、きょう来たら家とかもきれいに建っていて、すごくいいなと思った」と話した。 大熊町は2023年春に町内での学校再開を目指している。

福島 2021.09.10 19:14

路上強盗傷害の男に懲役7年6か月・福島

去年、いわき市の路上で通行人の女性に暴行を加えて、けがを負わせバッグなどを奪った男に、懲役7年6か月の有罪判決が言い渡された。 強盗傷害などの罪で判決を受けたのは、本籍がいわき市の無職・箱崎優哉被告25歳。 福島地裁郡山支部の小野寺健太裁判長は、別の事件で、執行猶予付きの判決を受けてから、わずか3週間後の犯行だったことを踏まえ「前回の裁判が反省の機会にならなかったばかりか、かえって犯罪傾向を深めており強い非難に値する」などとして、懲役7年6か月の有罪判決を言い渡した。

福島 2021.09.10 19:08

行動制限の緩和方針に旅行業者に聞く・福島

政府は11月ごろをめどに飲食店に行動制限を緩和する案を明らかにした。 具体的な案は、ワクチンを2回接種した証明書や検査の陰性証明があれば、旅行など県をまたぐ移動は原則として可能となる。 さらに、大規模イベントについても、二次元コード(QRコード)による濃厚接触者の追跡などの感染対策をとれば、人数制限を緩和する。 飲食店に対しては酒の提供を認めるほか、営業時間の制限緩和などを認める学校の部活動なども原則として可能とする。 行動制限でこれまで大きな影響を受けてきた旅行、観光業。 伊達市の旅行会社経営者、浅野剛生さんは「観光への機運が高まれば」と期待を寄せる一方で「去年の12月中旬くらいにGoToキャンペーンが停止になって。それ以降、春先までお客様が動かないという状況になった。それの二の舞だけは勘弁してほしいというのが正直」と話す。 浅野さんは「先を見据えて我々は仕事をしているので、3か月、半年後、1年後と、つなげられるような支援が必要」と長期的な支援策の重要性を訴えた。

福島 2021.09.10 19:03