福島のニュース

福島・新規感染者が3日連続で100人超え いわき市の児童施設や郡山市の学校でクラスターも

福島県内では、21日、新たに119人に新型コロナウイルスへの感染が確認された。(22日県発表) 21日、感染が確認されたのは、いわき市で29人、猪苗代町で17人、郡山市で14人など、計119人。 県内の新規感染者が100人を超えるのは3日連続。 県内では、クラスターの発生が相次ぎ、新たに、いわき市の児童施設、天栄村にある事業所の従業員寮、郡山市の学校で確認された。 いわき市の児童施設では、同じ施設を利用する児童5人の感染が判明。 天栄村にある事業所の従業員寮では、これまでに従業員10人の感染がわかっている。 郡山市の市立学校では、同じ学級の子ども8人の感染が確認されている。 いずれも、プライバシー保護等の観点から、施設名や学校名は公表していない。 また、現在、保健所が調査中だが、猪苗代町の小学校で、同じ小学校に通う児童13人と教職員2人の感染がわかっていて、町の教育委員会は、今月26日まで臨時休校の措置をとる。 県は、21日「まん延防止等重点措置」の適用を要請していて、政府は、25日にも正式に決定する見通し。

福島 2022.01.22 16:46

川俣町山木屋地区で田んぼのスケートリンク「寒い山木屋を楽しんでほしい」冬の風物詩・福島

福島県川俣町の山木屋地区では、22日から、田んぼに氷をはったスケートリンクの一般開放が始まった。 「絹の里やまきやスケートリンク」は、田んぼに氷をはって作る天然のスケートリンクで、川俣町の山木屋地区では、冬の風物詩として知られている。 原発事故の影響で、一時、休業したが、2016年に再開し、今年は、22日から一般開放が始まった。 新型コロナウイルスの感染が広がっていることもあり、去年に引き続き、感染症対策をとって運営するという。 川俣スケートクラブの大内秀一会長は「できるだけ多くの人に、この寒い山木屋を楽しんでほしいと思っている」と話した。 スケートリンクは、1月いっぱい開放される予定。

福島 2022.01.22 16:01

生理の貧困問題で県の施設に生理用品を寄付 第一生命「困っている女性を支援したい」・福島

経済的な理由などで十分な生理用品を購入できない、いわゆる「生理の貧困」問題で、生命保険会社が、県の施設に生理用品を寄付した。 生理用品を贈ったのは、第一生命の労働組合と福島支社。 経済的な理由などで十分な生理用品を購入できない人に役立ててもらおうと、今回、福島県男女共生センターに寄付した。 第一生命労働組合の澤井幸子さんは「困っている女性を支援したいということで、生理用品の寄贈を決めました。」と話している。 また、福島県男女共生センターの千葉悦子館長は「働く女性同士の連帯、共同、そういう思いを私たちが託されたかなと思っています。」と話した。 寄付された生理用品は、施設内のトイレに置かれるほか、県内の大学などに配られる。

福島 2022.01.22 11:53

健やかな成長を願ってひな人形の展示即売会 地元の伝統技術を使った商品も・福島

女の子の健やかな成長を願う「ひな人形」の展示即売会がいわき市で開かれている。 「人形の東月いわき総本店」には、「川俣シルク」や昭和村の「からむし」など福島の伝統技術を使ったひな人形が並ぶ。 また、最近では、マンションやアパートに住む人が増えていることから、コンパクトな収納タイプなども人気を集めているという。 人形の東月いわき総本店の鈴木寿郎店長は「お雛様の胴体の中に備長炭のエキスをしみこませているので、しまっておいても出しておいても虫が近寄りにくかったり、脱臭効果があったり、すごく良い効果がある」と話している。 この展示即売会は、郡山市や福島市の店舗でも開かれている。

福島 2022.01.22 11:51

新型コロナ119人 3日連続100人超え・福島

県内では、21日、新たに119人に新型コロナウイルスへの感染が確認された。 内訳は… いわき市で29人。 猪苗代町で17人。 郡山市で14人。 福島市・会津若松市で各9人。 南相馬市で7人。 本宮市・須賀川市で各5人。 相馬市・西郷村・天栄村で各3人。 喜多方市・白河市・玉川村・県外で各2人。 田村市・二本松市・平田村・柳津町・広野町・富岡町・鮫川村で各1人。 新規感染者が100人を超えるのは、3日連続。 入院患者は270人で、このうち重症者は1人。 病床使用率は36.8%。

福島 2022.01.22 11:47

「県民割プラス」25日で新規予約を停止 福島県内での感染拡大を受けて

福島県が新型コロナウイルスへの経済対策として行っている、県民を対象にした宿泊割引キャンペーン「県民割プラス」が今月25日0時から当面の新たな予約を停止する。 県内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴うもので、再開時期は未定としている。 また、「プレミアム付き電子食事券」については、すでに販売が終了しているが、県は、今後の利用については現在、調整中としている。

福島 2022.01.21 18:57

福島県が「まん延防止」要請を正式に決定 南相馬市といわき市を念頭に21日中に政府に伝える方針

福島県は21日午後に新型コロナウイルスの対策本部会議を開いた。 この中で、新規感染者の急速な悪化や医療提供体制のひっ迫が懸念される「南相馬市」と「いわき市」の適用を念頭に、政府に対し「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請することを正式に決めた。要請は21日中に行い、週明けにかけ本格的な調整が進む。 会議の中で、内堀知事は、 「南相馬市、いわき市の市長より、まん延防止等重点措置の適用を求める強い要請があった。県としても重く受け止めるとともに、これ以上の感染拡大を何としても抑えるため、より強い措置をとる必要があると判断した」 「今、確実に感染拡大を抑え込まないと、一気に県内全体の感染拡大につながり、医療体制のひっ迫を招く恐れもある」と述べた。

福島 2022.01.21 18:41

雪国の強い味方「除雪機」が「在庫切れ」 世界的な半導体不足の影響で入荷見通し立たず・福島

雪国の強い味方「除雪機」をめぐって、ある困った問題が起きている。 会津坂下町の販売店に聞くと、今シーズンは雪が降る日も多いため、除雪機を求めて来店する人が多いという。 ただ、店内の在庫はすでにない状況。 プラウ会津店の半澤優店長は「半導体不足で、部品の供給が少なかったために、メーカーでの生産が少なかったと思われる」と話す。 世界的な半導体不足が除雪機の供給にも影響を及ぼしていて、店は、何とか要望に応えようとメーカーに問い合わせしているものの、入荷の見通しは立っていないという。 こうした状況から、店には新規購入をあきらめ、修理の依頼するの連絡が相次いでいる。 半澤店長は「雪がなくなるまで続きそう。大変だが何とか頑張っている」と話す。 一方、今シーズンの除雪機不足で、会津坂下警察署には、除雪機の窃盗被害の報告も入っている。 朝すぐに稼働させた除雪機だが、保管方法も意識しなければならない状況になっている。

福島 2022.01.21 18:36

感染急拡大でスーパーも営業継続に危機感 人員確保の流れなど体制を整備・福島

社会機能を支える「エッセンシャルワーカー」。今回の新型コロナウイルスの急拡大で、全国では医療従事者が感染者の濃厚接触者となり、出勤できないケースなどが相次いでいる。 福島県内では、こうした事態に備えて、福島市をはじめ自治体が、保健所業務をサポートする人員を養成する研修会などが開き、備えてきた。 こうした備えは民間でも進んでいる。大玉村にある「PLANT-5大玉店」では、食料品などを年中無休で販売している。 安斎知之店長は「関東では大きな広がりをみせているということで、福島ではあるが、店を運営していく立場としては、非常に不安がある」と話す。 スーパーでは、営業を継続するために、濃厚接触などで欠勤が出た場合、別のフロアから人員を確保するほか、他店舗からも応援をもらう体制を整えている。 また、休憩の際は従業員同士の接触をなるべく避けるなど、対策もより徹底している。 安斎店長は「新型コロナがまん延しても営業時間はなるべく短縮せずに、来たお客さんが安心して買い物できることを第一に考えていきたい」と話している。

福島 2022.01.21 18:00

「いわきサンシャインマラソン」が中止に 4大会連続中止も「次の大会をより良い大会に…」・福島

来月27日に開催予定の「いわきサンシャインマラソン」について、いわき市は新型コロナウイルスの感染が拡大していることから中止すると発表した。 毎回1万人を超える参加がある「いわきサンシャインマラソン」、今年は感染リスクを避けるため、参加人数を4000人に絞って来月27日に開催する予定だった。 しかし、市内での感染が拡大し、大会関係者の安心と安全の確保が困難だとし、中止を決定した。 大会の中止は天候不良で中止した年もあわせて4大会連続。 実行委員会では「一日も早い収束を願い、次の大会がより良い大会になるよう努力していきたい」とコメントしている。

福島 2022.01.21 17:16

南相馬市の病院で発生したクラスターが拡大 直近1週間の療養者数が「レベル3」に・福島

福島県内では、20日の検査結果で118人に新型コロナウイルスの感染が確認された。県によると、これまでに確認されているクラスターで感染の拡大があった。 20日に感染が確認されたのはいわき市で30人、郡山市で23人、福島市と会津若松市で各12人など、あわせて118人。 郡山市がすでに発表している幼稚園のクラスターは、感染が確認された5人全員が園児という。 また、南相馬市の鹿島厚生病院のクラスターで、新たに職員1人、患者1人の陽性が判明、クラスターに8人に拡大した。 県内では直近1週間10万人あたりの「新規陽性者数」が25パーセントを超える「レベル3」になっている。 南相馬市で66.1人、いわき市で36.64人、白河市で33.62人、会津若松市で33.23人、郡山市で31.43人、福島市で19.81人などとなっている。 また、直近1週間10万人あたりの「療養者数」も33.6人で「レベル3(30人以上)」の水準になった。 県内の入院患者は249人で、このうち重症者は1人、病床の使用率は33.9パーセント。 ■地域別病床使用率 県北27.2パーセント、県中30.4パーセント 県南50.0パーセント、会津・南会津32.0パーセント 相双66.7パーセント、いわき33.6パーセント

福島 2022.01.21 17:00

乗用車がスリップして男子児童にぶつかる 児童は集団登校中で足を打撲・福島県郡山市

21日朝、郡山市で普通乗用車がスリップし、集団登校中の男子児童にぶつかる事故があった。 事故があったのは郡山市東原の県道で、21日午前7時20分ごろ、道路を走っていた普通乗用車がスリップし、縁石に衝突したはずみで歩道にはみ出した。 その際、小学校に向かう途中の、9歳の男子児童にぶつかった。 男子児童は左足を打撲する軽傷。 当時は児童約10人が集団登校をしていたが、そのほかの児童にけがはなかった。 事故当時、路面は凍結していて、警察が詳しい状況を調べている。

福島 2022.01.21 16:53

いわき市「まん延防止」適用地域指定を県に要請へ 市長「来週にも病床使用率が5割に達してしまう」

新型コロナウイルスの感染が急拡大しているいわき市は21日午前に市が対策本部会議を開き、いわき市を「まん延防止等重点措置」の適用地域にするよう福島県に要請する方針を固めた。 いわき市19日現在で10万人当たりの新規感染者数29.78人、市内の病床使用率29%となっていて、20日には新たに30人に感染が確認された。 内田広之市長は「このままの感染が続くと来週にも市内医療機関の病床使用率が5割に達してしまう可能性がある」と危機感を示している。

福島 2022.01.21 12:22

いわき市で30人など福島県内118人感染 南相馬市では県独自集中対策を開始

福島県内では、新たに118人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で30人、郡山市で23人、福島市・会津若松市で各12人。 猪苗代町で7人、南相馬市で6人、白河市・伊達市が各4人、浪江町で3人、会津坂下町・西郷村・平田村で各2人。 喜多方市・田村市・相馬市・新地町・矢吹町・石川町・で各1人、県外が5人。 1日の新規感染者が100人を上回るのは2日連続。 県内の入院患者は249人、うち重症者は1人、病床使用率は33.9パーセント。 病床使用率が30パーセントを超えるのも2日連続。 県は医療体制がひっ迫している南相馬市で21日から県独自の集中対策を始めた。 市民の不要不急の外出自粛や飲食店に対し午後8時から翌日午前5時までの時間帯の営業自粛を求めていて、期間は来月6日までとなっている。

福島 2022.01.21 12:13

会津や中通りで降雪 多くで平年超える積雪 会津では山沿い中心に降り方が強まる予想

21日朝の福島県内は、会津や中通りで雪が降り、平年を超える積雪になっているところが増えている。 午前11時の積雪は、檜枝岐村で242センチ、只見町で208センチと2メートルを超えているほか、 会津若松市で50センチ、福島市20センチなどいずれも平年を超えている。 会津若松市で除雪作業にあたる人は「ここ数年は1シーズンで数回、1桁だったが、今シーズンは2日に1回、ほぼ毎日のように動いている」と話した。 21日の午後以降、会津では、山沿いを中心に雪の降り方が強まるため、落雪や雪下ろし中の事故などに注意が必要。

福島 2022.01.21 11:50

福島市の80代女性が550万円の詐欺被害 家電量販店の店員を名乗る女などから電話

福島市に住む80代女性が、現金およそ550万円をだまし取られる「なりすまし詐欺」の被害にあった。 今月18日、女性のもとに家電量販店の店員を名乗る女から「キャッシュカードを悪用されているおそれがある」などと電話があった。 その後、銀行協会を名乗る男からも「口座を止めるので暗証番号を教えてください」などと電話があった。 話を信じた女性は、自宅を訪ねてきた銀行協会の職員を名乗る男に、キャッシュカード4枚を手渡したという。 女性の口座からは現金約550万円が引き出されていて、20日に金融機関から警察に通報があった。 福島市では、19日にも70代女性が現金500万円をだまし取られる被害にあっていて、警察が注意を呼びかけている。

福島 2022.01.21 11:44

福島県内で新型コロナ118人の感染確認 県内の1日あたりの新規感染者が100人超えるのは2日連続

福島県内では前日20日の検査結果で、新たに118人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 100人を超えるのは2日連続。 感染が確認されたのは、いわき市で30人、郡山市で23人、福島市・会津若松市で各12人。 猪苗代町で7人、南相馬市で6人、白河市・伊達市で各4人、浪江町で3人、会津坂下町・西郷村・平田村で各2人。 喜多方市・田村市・相馬市・新地町・矢吹町・石川町で各1人。 また、県外在住が5人。 県は21日午後にクラスターの有無などの詳細を公表する予定。

福島 2022.01.21 10:53

時価約400万円の盗品車を保管した疑い

時価約400万円相当の盗品の車を保管したとして、20日、郡山市の男が逮捕された。 盗品等保管の疑いで逮捕されたのは郡山市安積町日出山の会社員・星翔容疑者(31)。 警察によると、星容疑者は去年11月、郡山市で盗品の普通乗用車、時価約400万円相当の車1台と、ナンバープレート2枚を保管した疑いが持たれている。 巡回していた警察官が不審車両を見つけ、調べたところ、被害届が出されている車であることが分かった。 警察は共犯の可能性があるとして、星容疑者の認否を明らかにしていない。 また、窃盗の疑いもあるとして、詳しく調べている。

福島 2022.01.20 18:14

郡山市の幼稚園でクラスター 園児5人感染

郡山市は20日、市内の幼稚園で新たなクラスターが発生したと発表した。 市によると幼稚園では20日までに園児5人の感染が確認されたという。 園児5人は全員が同じクラス。 保健所は、関係する園児などに検査を進めている。 郡山市でクラスターが確認されるのは去年の9月5日以来で市内37例目となる。

福島 2022.01.20 18:06

NCVふくしまパークゴルフ場の愛称継続

「福島市パークゴルフ場」のネーミングライツの契約が更新され、「NCVふくしまパークゴルフ場」の愛称が、継続されることになった。 「福島市パークゴルフ場」は2018年に命名権、ネーミングライツが導入され市内でケーブルテレビのサービスなどを提供する「ニューメディア」と契約を締結。 今回、契約が更新されたことで、愛称が継続される。 ニューメディア福島センターの中川宏生センター長は「弊社の基本的な理念として、地域密着を掲げている。ビジネスの領域以外でも、地域貢献をしっかり進めていきたい。」と話している。 契約期間は、ことし4月から5年、契約金額は、年間60万円。

福島 2022.01.20 16:59

福島市 なりすまし詐欺で500万円被害

福島市の70代の女性が、医師を名乗る男からのうその電話を信じ、現金約500万円をだまし取られる、なりすまし詐欺の被害に遭った。 なりすまし詐欺の被害に遭ったのは福島市に住む70代の女性。 19日午前10時ごろ、女性のもとに、医師を名乗る男から「あなたの長男が喉にポリープができ、病院で検査を受けた」と、電話があった。 その後、長男を名乗る男からも、「病院に財布と携帯を忘れた。客のお金1000万円を立て替えなくてはならないので、お金を用意してくれると助かる」と電話があり、話を信じた女性は、金融機関で現金約500万円を引き出し、自宅を訪ねてきた長男の知人を名乗る男に手渡した。 その後、女性が、長男が通院したという医療機関に確認したことで、詐欺の被害に遭ったことに気づいたという。 警察は、親族などから現金を要求された場合は詐欺を疑うよう呼びかけている。

福島 2022.01.20 16:45

重傷ひき逃げ事件 棚倉町

19日、棚倉町の町道で歩行者の男性が車にはねられ、右腕を骨折する事故があった。 しかし、車はその場から逃走し、警察がひき逃げ事件として捜査している。 19日、午後4時半ごろ棚倉町流の町道を歩いていた40代男性が後ろから来た車にはねられ、右腕を骨折する重傷を負った。 しかし、男性をはねた車はそのまま走り去ったという。 警察はひき逃げ事件として、現場付近の防犯カメラなどを調べるなどして、逃走した車の行方を追っている。

福島 2022.01.20 16:42

大型トラックと自転車が衝突 男性が重体

19日、いわき市で自転車に乗っていた90代の男性が大型トラックと衝突し、意識不明の重体となる事故があった。 事故があったのはいわき市中央台の市道で、19日午後2時ごろ道路を自転車で横断していた吉田政雄さん(94)が直進してきた大型トラックとぶつかった。 この事故で吉田さんが転倒した際に頭を強く打ち、意識不明の状態で病院に搬送された。 現場は、住宅街を通る片側一車線の道路で警察が事故の原因を調べている。

福島 2022.01.20 16:20

いわき市で29人など県内105人感染確認

福島市の障がい者施設でクラスターが確認されるなど、県内では19日、新たに105人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのはいわき市で29人、福島市で16人、郡山市で14人、猪苗代町で7人、会津若松市で5人、南相馬市と金山町で各4人、相馬市、本宮市、広野町、伊達市、白河市、西郷村、田村市、須賀川市、泉崎村で各2人、磐梯町、天栄村、棚倉町、三春町、桑折町、下郷町、川内村、県外で各1人。 1日あたりの新規感染者が100人を上回るのは、2021年8月26日以来、約5か月ぶり。 福島市の障がい者施設ではこれまでに7人の感染者が確認され、クラスターが発生した。 医療機関への入院患者は227人で、重症者は1人。 病床の使用率は30.9%となっている。 県は、急激な感染者の増加が続く南相馬市を対象に、21日から来月6日まで県独自の集中対策を進めるほか、都市部についても「まん延防止等重点措置」の適用も視野に国との調整を進めている。

福島 2022.01.20 11:51

福島・双葉町「準備宿泊」原発事故後初めて

福島第一原発の事故の影響で、今も全町避難が続く福島県双葉町で、20日、震災後初めて、住民の帰還に向けた準備宿泊が始まった。 双葉町では震災と原発事故後、唯一住民の全町避難が続いていて、町はJR双葉駅周辺の特定復興再生拠点などを対象に、ことし6月以降の避難指示解除を目指している。 20日から、復興拠点と避難指示が先行解除されている、約775ヘクタールの地域を対象に、住民の帰還に向けた「準備宿泊」が始まった。 対象は全町民5641人で、19日までに11世帯15人の住民が申請し、自宅で寝泊まりすることが出来る。 双葉町の準備宿泊は震災後初めて。

福島 2022.01.20 11:51

福島・男性2人が海に転落 1人が死亡

男性2人が海に転落したのは、福島県いわき市の小名浜港・3号ふ頭。 きのう午前6時半ごろ通行人が気付き、消防に通報した。 2人は救助されたが30代の男性が病院に搬送され、その後、死亡が確認された。 20代の男性は命に別状はないという。 男性2人は同じ貨物船の乗組員で、警察が事件と事故の両面で捜査を進める方針。

福島 2022.01.20 11:44

福島新型コロナ105人感染(20日発表)

福島県内では19日、新たに105人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 入院者は227人、重症者は1人、病床使用率は30.9%。 宿泊療養者は122人、自宅療養者が119人、療養先を調整している人が65人。 県は、県内の感染レベルを警戒が必要な「レベル2」に引上げ、感染対策の徹底などを呼びかけている。

福島 2022.01.20 11:02

福島・南相馬市長が新型コロナウイルス感染

南相馬市は19日午後8時に副市長などが会見を開き、門馬和夫市長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 門馬市長は23日投票の市長選挙に立候補していて、選挙事務所のスタッフの感染を受け、PCR検査を行ったところ、陽性が判明した。 門馬市長は、現在は平熱だが、声がかすれる症状があり、保健所が入院調整を進めている。 門馬市長は19日午前に市役所で新型コロナウイルスの対応にあたっていたが、市役所内で接触者にあたるのは、公用車のドライバー1名のみで、自宅待機となっている。 門馬市長は今後、リモートで公務にあたるという。

福島 2022.01.19 21:37

福島市の障がい者施設7人感染クラスターに

福島市の障がい者施設で、新型コロナウイルスの感染者の集団、クラスターが発生した。 福島市によると、クラスターが発生したのは、市内の障がい者施設で、これまでに職員1人と利用者6人、あわせて7人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 7人は、軽症または無症状という。 ほかの職員、利用者についてはPCR検査の結果は陰性だったが、市は健康観察を続けることにしている。 市は会見で、昼食や歯磨きの際にマスクを外すなどしたことで感染が広がった可能性があると説明している。 また、今回のクラスターはオミクロン株によるクラスターの疑いがあるとしている。 福島市内では、オミクロン株とみられる感染が全体8割を超えていて、市ではSNSなども使うなど、注意喚起を行う。

福島 2022.01.19 21:35

福島県 南相馬市に独自の集中対策実施へ

県は、感染が拡大する南相馬市について、今月21日から飲食店への時短要請など対策を強化することを決めた。 南相馬市では今月に入り58人の感染者が確認され、直近の人口10万人あたりの感染者数は「82.02」人と「対策を強化すべき」とされるレベル3の水準まで悪化している。 こうした状況を踏まえ、県は、今月21日から来月6日まで、南相馬市で、より強い対策となる県独自の集中対策を実施することを決めた。 対策の中身は、市内の酒類を提供する飲食店と接待と伴う飲食店に対し、午後8時までの時短営業を要請するほか、この間、市民に対し不要不急の外出自粛を求める。 酒の提供は午後7時まで、時短営業に応じた飲食店に対しは、売上高に応じて1日あたり2万5千円から7万円の協力金支給する。 また、ワクチン・検査パッケージ制度による人数制限緩和は適用しないことにする。 県内でこうした強い対策がとられるのは、感染第5波に見舞われた去年9月以来となる。

福島 2022.01.19 18:32

福島 「まん延防止等重点措置」要請へ

内堀知事は、県内の感染状況の急速な悪化を受け、政府に対し、「まん延防止等重点措置」の適用を要請する考えを示した。 内堀知事は午後5時に緊急に開いた会見で、「明日の感染者数は現時点において、100名を超える見込み。今後、まん延防止等重点措置の適用を視野にいれ、今後の状況を見極めながら、政府との調整を進めていく必要があると考えている」と述べた。 知事は、20日公表の県内の感染者数が100人を超える見込みであるとしたうえで、政府に対し、「まん延防止等重点措置」の適用を要請する考えを示した。 適用する地域は、現時点で南相馬市や中核市などを想定していて、今後、政府と具体的な協議に入るとしている。

福島 2022.01.19 17:56

いわき市 24日から公共施設を原則休館に

感染の拡大が続くいわき市では今月24日から市の公共施設を原則、休館とすると発表した。 いわき市では新型コロナウイルスの感染が広がり、18日の感染者は22人だった。 市では現在の感染拡大傾向が続くと、感染への警戒度を示す指標がレベル3になる恐れがあり、今月24日から市の公共施設を原則、休館とすると発表した。 休館となるのは市内の集会所や福祉センターなど154施設で、屋外の施設など50施設では開館はするもの、利用時間の制限などの感染対策が取られる。

福島 2022.01.19 17:51

いわき市 教職員感染で一部の学年を閉鎖

いわき市の市立学校に勤務する教職員1人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、一部の学年を閉鎖している。 いわき市によると市立学校に勤務する市内の20代女性が18日に、新型コロナウイルスに感染していることが分かったという。 女性が勤務する学校では濃厚接触者に該当する人はいないが、接触した子どもや教職員はPCR検査を受ける予定。 学校では検査結果が判明する20日まで一部の学年を閉鎖する。

福島 2022.01.19 16:55

日銀福島支店 1年1か月ぶり上方修正

日銀福島支店は、先月の県内景気について、「緩やかに持ち直している」と、判断を上方修正した。 日銀福島支店が発表した金融経済概況によると、先月、県内では新型コロナウイルスの影響が和らいだこともあり、大型小売店などで年末商戦が好調で、外食産業でも、持ち直しの動きがみられたという。 また、製造業でも半導体やスマートフォン向けの電子部品などで、持ち直しの動きがみられている。 こうした状況から、日銀福島支店は、県内の景気判断を「緩やかに持ち直している」と、1年1か月ぶりに上方修正した。 一方で、今後については、オミクロン株や、半導体などの供給制約の影響に注視する必要があるとしている。

福島 2022.01.19 16:35

小名浜海星高校のクラスター拡大 

18日にクラスターが確認された小名浜海星高校で新たな感染者が確認されるなどし、県内では18日、新たに87人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのはいわき市で22人、郡山市で18人、福島市で12人などあわせて87人。 県によると、18日にクラスターが確認されたいわき市の「小名浜海星高校」では新たに7人が感染してたことが分かり、感染者は15人となった。 また、新たに田村市の事業所でクラスターが発生し、これまでに6人の感染が確認されている。 入院者数は217人で、病床使用率は29.6パーセント。 宿泊療養施設の入所者は110人、自宅療養者は108人。

福島 2022.01.19 16:23

いわき市で22人など87人感染確認

福島県内では18日、新たに87人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で22人、郡山市で18人、福島市で12人、会津若松市で8人、小野町で4人、南相馬市・田村市・大玉村・県外で各3人、須賀川市・猪苗代町で各2人、二本松市・浪江町・西郷村・喜多方市・石川町・会津美里町・会津坂下町で各1人の、あわせて87人。 県内で1日に確認される感染者数が80人を超えるのは、約5か月ぶり。 県によると、新たなクラスターが発生した可能性があり、詳細を確認している。 入院者数は217人で病床使用率は29.6パーセント。 このうち、重症者数は1人。 また、宿泊療養施設の入所者は110人、自宅療養者は108人。 県は感染状況を示すレベルを「警戒を強化すべき」とされる「レベル2」に引き上げ、大人数、長時間の飲食を控えることや、県外への不要不急の移動は、極力控えることなどを求めている。

福島 2022.01.19 11:46

デブリ取り出し「ロボットアーム」性能試験公開

2011年の原発事故で、福島第一原発の1号機から3号機には「燃料デブリ」が残されていて、東京電力は年内にも2号機から試験的な取り出しに着手する計画。 作業は、イギリスで開発されたロボットアームを使い遠隔で行われる予定で、きのう、神戸市で性能試験の様子が公開された。 ロボットアームは、長さ22メートルほどまで伸ばすことができ、東京電力の社員が操作の訓練を重ねている。 ロボットアームは今後、楢葉町の施設に移され、現場を想定した試験などが行われる予定。

福島 2022.01.19 11:46

猪苗代町で「雪下キャベツ」収穫が最盛期

猪苗代町では、雪の中で育てた「雪下キャベツ」の収穫が行われている。 猪苗代町夷田地区の深谷知広さんの畑は一面、雪に覆われているが、畑を丁寧に掘ると、キャベツが顔をあらわした。 この「雪下キャベツ」は、雪の中で熟成されることで実がしまり、甘さが際立つ。 今年は例年通りの積雪があり、先月下旬から始まった収穫作業は今が最盛期を迎えている。 「雪下キャベツ」の収穫は2月いっぱいまで続く見込みで、収穫されたキャベツは地元のスーパーで販売される。

福島 2022.01.19 11:46

南相馬市が時短要請などを県に求める方針決める

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、南相馬市は市内の飲食店に対する時短要請など、強い対策の実施を県に求めることを決めた。 南相馬市では今月に入り、58人の感染者が確認され、人口10万人あたりの感染者数は84・73人と「対策を強化すべき」とされるレベル3の水準まで悪化している。 また、市内の病院でクラスターが確認されている状況なども踏まえ、市は19日の朝、会議を開き、市内の飲食店に対する時短要請や市民に対する外出自粛要請など、より強い対策の実施を県に求めることを決めた。 県は19日夕方にも、対策本部会議を開き、南相馬市への具体的な対策などについて検討する方針。

福島 2022.01.19 11:17

福島・新型コロナ87人感染(19日発表)

福島県内では18日新たに87人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 入院患者は217人で、このうち重症者は1人。 病床の使用率は29.6%。 宿泊療養者は110人、自宅療養者は108人、療養先を調整している人が37人。 県が大人数や長時間の飲食を控えるなど感染対策を徹底するよう呼びかけている。

福島 2022.01.19 11:08

福島 感染対策を徹底し「大京都展」

郡山市の百貨店では感染対策を徹底しながら、18日から京都の名産品を集めた「大京都展」が始まった。 おなじみの八つ橋に、サーモンやカレイの西京味噌漬けが入った弁当、ほかにも伝統工芸品まで京都の名産品が勢ぞろいしている。 百貨店では消毒液の設置はもちろん、店ごとの間隔を広く取ったり混雑した場合には入場数を制限したりするなど対策を取りながら運営している。 うすい百貨店の今泉崇さんは「オミクロン株の再拡大による感染者の増加といったところで非常に緊張感を持って運営と実施をしている。」と話していた。

福島 2022.01.18 18:36

福島・南相馬市の病院でクラスター

クラスターが確認されたのは、福島県南相馬市の鹿島厚生病院。 病院によると、今月12日から17日までに、看護師ら職員4人と、入院患者2人の計6人の感染が確認された。 6人はいずれも、院内で「療養病棟」と呼ばれる比較的安定した症状の患者が入院する病棟に出入りしていた。 これまで手術などが必要な、急性期の患者が入院する「一般病棟」、外来診療に出入りする、患者や職員の感染はこれまで確認されていない。 この病院では、院内での感染拡大を防ぐため、当面の間、新規の入院患者は受け入れない方針だが、外来診療については、引き続き感染対策をしながら継続することにしている。

福島 2022.01.18 17:52

磐越道でトラックなど4台絡む事故 一部区間が通行止め

磐越自動車道でトラックなど4台がからむ事故があった。 吹雪も重なり、午後4時現在、一部区間で通行止めとなっている。 18日午前11時半ごろ、会津若松市の磐越自動車道上り線で、トラックが高速バスに追突したあと、さらに別のトラックやタンクローリーと衝突する事故があった。 この事故で、高速バスの乗客や運転手など6人が病院に搬送された。 いずれも軽傷で、命に別状はないという。 その後、現場は吹雪も重なり、会津若松から磐梯熱海インターチェンジの間の上下線で通行止めとなっている。

福島 2022.01.18 16:39

なりすまし詐欺80代女性が240万円被害

郡山市の80代の女性が金融機関の職員を名乗る男にキャッシュカードをだまし取られ、現金240万円を引き出される被害にあった。 被害にあったのは郡山市に住む80代の無職の女性。 今月13日、女性の自宅に男から「古いカードが使えなくなる。これから職員が行く」などと電話があった。 女性はその後、自宅を訪問してきた金融機関の職員を名乗る男に言われるがままにキャッシュカード1枚を封筒に入れた所、女性が目を離したすきに、封筒をすり替えられ、取られたという。 その後、カードからは現金約240万円が引き出されていた。 警察は金融機関の職員を名乗る者から「キャッシュカードを確認に行く」などと話を持ちかけられた場合は詐欺を疑うよう注意を呼びかけている。

福島 2022.01.18 16:30

県内オミクロン株感染者 9割以上が無症状・軽症

新型コロナウイルスのオミクロン株について、県内でも感染者のうち9割以上が無症状か軽症であることがわかった。 新型コロナの変異株「オミクロン株」については、感染力が強い一方、重症化率は低い傾向が指摘されている。 県は18日、今月1日から10日までに県内で確認された163人の感染者の変異株別の重症度についてデータを公表した。 これによると、デルタ株疑いでは無症状・軽症が「73.8%」、中等症が「26.2%」だったのに対し、オミクロン株疑いでは、無症状・軽症が「95.8%」、中等症は「4.2%」だった。 県は、現状ではオミクロン株の感染者は無症状・軽症が多いものの、今後、高齢者などに感染が広がる可能性もあるとして、引き続き、こうしたデータを注視していくとしている。

福島 2022.01.18 15:54

福島 17日は高校のクラスターなど42人感染確認

いわき市の高校でクラスターが発生するなどし、県内では17日、新たに42人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で16人、福島市と天栄村でそれぞれ5人、郡山市と南相馬市でそれぞれ3人、会津若松市と新地町でそれぞれ2人、須賀川市、白河市、相馬市、伊達市、小野町、西郷村でそれぞれ1人のあわせて42人。 いわき市にある県立高校で生徒8人が感染し、クラスターが発生。 一部の学科が18日から21日まで、休校措置となっている。 入院者数は213人、重症者は1人、病床使用率は29パーセントに上昇している。 宿泊療養施設の入所者は91人、自宅療養者は87人。 県は大人数、長時間の飲食の自粛など対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2022.01.18 11:57

福島・会津を中心に大雪 交通に影響

18日の福島県内は会津や中通りなど広い範囲で雪が降っている。 午前9時の時点で、檜枝岐村で214センチ、只見町で196センチと2メートル前後の積雪に、市街地でも積雪が観測された。 ■雪かきをする男性は 「朝1回やってこれが2回目。今年は雪が多くて困っちゃう」 この大雪の影響で、只見線、奥羽本線の一部区間で終日運転を見合わせるほか、磐越西線の一部の列車に遅れが出ている。 18日の県内は会津や中通り北部で大雪や吹雪の恐れがあり、交通障害などに注意が必要。

福島 2022.01.18 11:57

「あぶくま洞」を照らす立体映像ショー

田村市の「あぶくま洞」では、鍾乳洞の中を「立体映像」で照らすイベントが始まった。 鍾乳洞に映し出されているのはLEDライトが付いた羽によって作り出された「立体映像」。 「3D Phantom」という最新技術が使用され、専用のメガネをかけなくても楽しむことができる。 幻想的な鍾乳洞の空間に、立体映像で日本の四季折々の花や風景が映し出され、訪れた人たちを魅了していた。 このイベントは、2月6日までの毎週、土曜と日曜に開かれる。

福島 2022.01.18 11:56

渡辺勇大選手が「ふたば未来学園」に凱旋 あるものを届けに…

東京オリンピックのバドミントン混合ダブルスで見事、銅メダルを獲得した渡辺勇大選手が、17日、広野町の「ふたば未来学園」を訪れた。 実は、この日、あるものを届けに学校にやって来た。 それは、去年開催された東京オリンピック・パラリンピックで使用された表彰台! メダリストのみが立つことができたこの表彰台を、大会組織委員会はメダルを獲得した日本代表選手の母校などに譲り渡していて、渡辺選手の母校=県立富岡高校の流れを組む「ふたば未来学園」に贈られた。 渡辺選手は「僕自身この表彰台に立った時にめちゃくちゃ鳥肌たった。生徒たち自身が何かを感じ取ってくれればうれしい」と話していた。 「ふたば未来学園」では表彰台を地域の人たちにも見てもらえるよう、今後、学校内に展示する予定だ。

福島 2022.01.17 18:33

教職員感染によりいわき市小学校で学年閉鎖

いわき市の市立学校の教職員が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、その教職員が勤務する学校では一部の学年で閉鎖となっている。 いわき市によると、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは市立学校に勤務する30代の男性教職員。 男性教職員は16日に感染が判明し、児童生徒や教職員10人以上が接触者になっているという。 保健所は接触者のPCR検査を進めるとともに学校では、接触者が多い学年を18日まで学年閉鎖としている。 学校では接触者の検査結果次第で学年閉鎖の延長も検討することにしている。

福島 2022.01.17 18:06

持続化給付金詐欺 被害額700万円に上る

新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業を支援する持続化給付金をだまし取ったとして男2人が再逮捕された。 詐欺の疑いで再逮捕されたのは、宮城県の会社役員・塩田周一容疑者(47)と、会津美里町の無職・遠藤和也容疑者(31)。 2人は国の持続化給付金制度を利用して給付金をだまし取ろうと、おととし11月ごろ、知人女性(当時33歳)に不正受給の話を持ち掛けて、虚偽の申請をさせ、給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。 2人は、これまでにも同様の手口で給付金をだまし取ったとして逮捕されていて、被害額は合わせて700万円にのぼる。 警察は、共犯関係にあることから認否を明らかにしておらず、余罪について引き続き捜査している。

福島 2022.01.17 16:57

「県民割プラス」などについて内堀知事は…

内堀知事は16日の会見で、感染状況が悪化する場合にはより強い行動制限を要請する考えを示した。 その上で、県が発行する電子食事券=「プレミアム付き電子クーポン券」の対応については「県民には基本的な感染対策を徹底し、飲食をする際は、大人数長時間を控え、認定店を活用してほしいと考えている」と語った。 また、観光業などを支援する「県民割プラス」については「感染状況を注視しながら適宜判断をし、これまで以上に緊張感を持って対応する必要がある。各宿泊施設では引き続き感染防止対策をとって、県民にも基本的な対策を徹底してほしい」と語った。 そして、「16日の段階では両制度を県民に活用することを考えて頂きたいが、日々状況が変わるので、感染急拡大の際は別の対応もありうる」と語った。

福島 2022.01.17 16:33

雪の重みで空き家倒壊 県道一時通行止め

17日正午ごろ、三島町大登で空き家が倒壊し、県道が一時、通行止めとなった。 雪の重みで倒壊したとみられている。 幸い、けが人はいなかった。 道路に崩れた建物の一部を取り除く作業が進められていて、午後3時現在は片側交互通行となっている。 県の土木事務所によると、今後、空き家の持ち主と連絡を取り、倒壊した建物の撤去作業を進めるという。

福島 2022.01.17 16:26

福島 累計の感染者1万人超える

福島県内では16日、新たに69人に新型コロナウイルスの感染が確認され、県内の累計の感染者が1万人を超えた。 感染が確認されたのは郡山市で15人、いわき市で12人、南相馬市で10人、会津若松市で6人、福島市で5人、伊達市と矢吹町で各3人、喜多方市、白河市、石川町、柳津町で各2人、須賀川市、田村市、二本松市、浪江町、新地町、玉川村、県外で各1人。 入院者数は197人、重症者数は1人、病床使用率は26.8パーセント。 宿泊施設での療養者は83人、自宅療養者は94人。 県内では、おととし3月に初めて感染者が確認されて以降、累計の感染者が1万人を超え、1万15人となった。

福島 2022.01.17 11:56

阪神淡路大震災から27年 郡山市で追悼

阪神淡路大震災から17日で27年。 郡山市では、地震の発生時刻に合わせて祈りが捧げられた。 1995年1月17日の早朝、兵庫県の淡路島を震源とする直下型地震が起き、6,434人が亡くなった。 当時、現地でボランティア活動にあたった郡山市のNPO法人「ハートネットふくしま」は、毎年、追悼を続けていて、ことしも約650本のろうそくに火を灯し、地震が発生した午前5時46分に黙とうを捧げた。 NPO法人「ハートネットふくしま」の吉田公男理事長は「私たちが出来るのは、東北だから忘れないことが1番の応援だと思う」と話していた。 参加した人たちは、東日本大震災と重ね合わせながら祈りを捧げていた。

福島 2022.01.17 11:56

いわき市で住宅2棟全焼 1人の遺体

16日夜、いわき市で住宅2棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。 火事があったのはいわき市田人町の平子文男さん(88歳)の住宅で、16日午後5時ごろ近所の住民から「建物から火が出ている」と通報があった。 火は約5時間半後に消し止められたが住宅2棟が全焼し、焼け跡から性別不明の1人の遺体が発見された。 平子さんは2人暮らしで80代の妻は逃げて無事だったが、平子さんの行方が分かっておらず、警察は、遺体は平子さんとみて身元の確認を進めている。

福島 2022.01.17 10:39

いわき市で衝突事故 20歳男性死亡・福島

15日午後11時55分ごろ、いわき市平下高久の県道で、普通乗用車同士が衝突する事故があり、20歳の男性が死亡した。 男性が運転する普通乗用車に同乗いていた20歳の女性も骨折の重傷を負った。 警察によると、男性が運転する車を、後ろから来た普通乗用車が追い越そうとし、衝突したという。 追い越そうとした車に乗っていた男女も軽傷を負った。 現場は片側一車線の直線道路で、はみ出し通行が禁止されている。警察が事故当時の状況などを詳しく調べている。

福島 2022.01.17 10:39

注意報解除後も1日程度は潮位変化に留意を・福島

福島県沿岸などに出されていた津波注意報は16日午後2時にすべて解除された。 福島地方気象台は津波注意報の解除後も1日程度は潮位の変化は続くとの見解を示している。 藤原政志次長は解除後に行った記者会見で、「海に入っての作業や釣りなどには十分留意が必要」と呼びかけた。 15日午後にトンガで発生した火山噴火にともない、県内では15日午後11時54分に、いわき市の小名浜港で最大70センチの津波を観測した。 相馬では16日午前1時50分に50センチの津波を観測した。 警察や消防、自治体などによると、県内では今回の津波による被害は確認されていない。

福島 2022.01.16 18:30

新型コロナ直近1週間の新規感染者が3倍に・福島

福島県内では、前日15日の検査結果で10歳未満から90歳以上の男女66人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 内訳は、郡山市で17人、いわき市で8人、小野町で6人、福島市・南相馬市・白河市で各5人、会津若松市で4人、須賀川市・矢吹町・柳津町で各3人、二本松市・県外が各2人、田村市・鏡石町・新地町で各1人。 県内の入院患者は171人、うち重症者は1人、病床使用率は23.3パーセント。 宿泊療養者は72人、自宅療養者は69人。 県によると、県内の直近1週間の新規感染者は307人で、前の1週間の3倍ほどに増えている。 県は、感染レベルを「レベル2」に引き上げ、大人数での会食をさけることや、県をまたぐ不要不急の往来自粛など、対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2022.01.16 18:28

アンテナショップで「常磐もの」の魅力発信・福島

東京都内で県産水産物「常磐もの」をPRするイベントが開かれた。 福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「ミデッテ」で開かれた「冬のふくしま常磐ものフェア」は、2月にかけて3回に分けて開催される。 初回は14日から16日までの3日間開かれ、店内の特設コーナーには、浪江町の請戸漁港で水揚げされた鮮魚や加工品、30種類以上が販売された。 また、14日には中華料理のシェフ、脇屋友詞さんがインターネットのライブ配信で今が旬の「あんこう」を使った鍋料理のレシピを紹介し「常磐もの」の魅力や品質の良さを発信した。 イベントを見守った県内の漁業関係者は、「たくさんの人に常磐ものの美味しさを味わってほしい」と話した。

福島 2022.01.16 18:18

三春町で福願う「だるま市」規模縮小し開催・福島

三春町では新春恒例の「三春だるま市」が開かれた。 「三春だるま市」は去年に引き続き感染拡大を防ぐため、会場内では飲食を禁止するなど規模を縮小して開かれた。 「三春だるま」は、最初から両目が入っていて、頭が平ら、赤みを帯びた彫りの深い顔が特徴。 会場には、だるまや縁起物など販売する58の店が並んだ。 だるまを購入した男性は「はやく新型コロナが収束してくれると良いだね」と話した。 訪れた人は今年1年の幸せを願ってだるまを買い求めていた。

福島 2022.01.16 18:17

津波注意報すべて解除 JR常磐線運転再開・福島

気象庁は16日午後2時に、福島県沿岸部などに出していた「津波注意報」をすべて解除した。 県内ではいわき市野小名浜港で、最大で70センチの津波を観測したが、県などによると、被害の報告は入っていない。 また、始発から運転を見合わせていたJR常磐線の新地と仙台間は午後3時ごろに運転を再開した。 気象庁は解除された沿岸では今後しばらく海面変動が続き、海水浴・磯釣りなどは注意が必要と呼びかけている。

福島 2022.01.16 15:17

スカート中を盗撮した疑いで伊達市職員逮捕・福島

伊達市職員の28歳の男が女性のスカートの中を盗撮したとして県迷惑行為等防止条例違反の疑いで逮捕された。 福島北警察署によると、男は15日午後3時20分ごろ、福島市内の商業施設で、女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。 男は容疑を認めている。 伊達市によると、福利厚生を担当していて勤務態度に問題はなかったという。 市は事実関係を確認したうえで、厳正に処分するとしている。

福島 2022.01.16 12:37

福島県沿岸の津波注意報継続中・16日正午

南太平洋のトンガで15日午後に発生した火山噴火で、16日正午現在、福島県沿岸には津波注意報が出されている。 いわき市の小名浜港では15日午後11時54分に70センチ、相馬港では16日午前1時50分に50センチの津波を観測した。 福島気象台によると、依然として潮位の変動は続いているという。 相馬では午後2時、小名浜は午後2時15分に満潮を迎える。 津波注意報の発表でいわき市や広野町は避難所を設けた。 16日朝には、避難した人たちは全員が避難所をあとにしている。 一方、JR常磐線は16日始発から新地と仙台の間で運転を見合わせている。 また2日間の日程で行われている大学入学共通テストは、県内の7会場とも予定通り2日目の試験が行われている。

福島 2022.01.16 12:37

福島・新型コロナ66人確認(16日発表)

福島県内では前日15日の検査結果で、新たに66人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 内訳は、郡山市で17人、いわき市で8人、小野町で6人、 福島市・南相馬市・白河市で各5人、 会津若松市で4人、須賀川市・矢吹町・柳津町で各3人、 二本松市・県外が各2人、田村市・鏡石町・新地町で各1人。 県内の入院患者は171人、うち重症者は1人。

福島 2022.01.16 11:12

常磐線 原ノ町~新地駅間 通常運行に(午前6時40分現在)

県内に出されている津波注意報の影響で、常磐線の原ノ町~新地駅間は、通常の5割の本数で運行するとしていたが、通常の本数での運行となった。 仙台~新地駅間の上下線は始発より運転を見合わせている。 JR東日本によると津波注意報の解除を受けて運転再開する予定としている。

福島 2022.01.16 07:48

福島 受験生は早めの行動を!

16日は大学入学共通テストの2日目。 県内に出されている津波注意報で常磐線の運行に影響が出ている。 県内7つの試験会場の中には常磐線が通る南相馬市の原町高校も含まれている。 県内に出されている津波注意報の影響で、常磐線は、仙台~新地駅間の上下線で始発より運転を見合わせている。 原ノ町~新地駅間は、通常の5割の本数で運転を行う。 JR東日本によると津波注意報の解除を受けて運転再開する予定としている。 15日の試験初日は福島大学会場で電車の遅れにより、試験日程が、30分繰り下げられた。 16日も受験生は早めの行動を心がけてほしい。

福島 2022.01.16 07:23

福島 受験生は早めの行動を!

16日は大学入学共通テストの2日目。 県内に出されている津波注意報で常磐線の運行に影響が出ている。 県内7つの試験会場の中には常磐線が通る南相馬市の原町高校も含まれている。 県内に出されている津波注意報の影響で、常磐線は、津波注意報の影響で、仙台~新地駅間の上下線で始発より運転を見合わせている。 原ノ町~新地駅間は、通常の5割の本数で運転を行う。 JR東日本によると津波注意報の解除を受けて運転再開する予定としている。 15日の試験初日は福島大学会場で電車の遅れにより、試験日程が、30分繰り下げられた。 16日も受験生は早めの行動を心がけてほしい。

福島 2022.01.16 05:53

福島第一原発は異常確認されず 約40センチ潮位変動 

午前3時半現在、東京電力によると福島第一原子力発電所、第二原子力発電所ともにモニタリングポスト、プラントパラメータに変動はないという。 また、潮位変動について、福島第一原子力発電所で最大およそ40センチ、(16日0時9分)第二原子力発電所で49センチ(16日0時0)を観測したという。 いずれも平均潮位との変動値という。

福島 2022.01.16 05:01

福島 県内沿岸に津波注意報

15日午後、南太平洋のトンガで発生した火山の噴火で、気象庁は午前0時15分津波警報と津波注意報を発表した。 県内には津波注意報が出されている。 津波警報が出されているのは、奄美・トカラ列島で、午後3時前に岩手県が追加された。 県内には津波注意報が出されていて、福島・いわき市小名浜港では午後11時54分に70センチ、相馬では午前1時49分に50センチの津波が観測されている。 海の中での作業は取りやめ、海岸や河口付近には近づかないようにしてください。 気象庁は津波警報・注意報を出した理由について、15日午後にトンガ付近で発生した火山島の噴火によって起きた、気圧の変化などによって、予想以上の潮位が上昇が観測されたためと説明している。 県内では午前3時10分現在、広野町の避難所に12世帯20人が避難している。 いわき市では午前2時20分現在、イオンモールいわき小名浜に7人が自主避難している。

福島 2022.01.16 04:55

会津美里町で小正月の行事「だんごさし」

「小正月」の15日、会津美里町では五穀豊穣などを願い、伝統行事の「だんごさし」が行われた。 「だんごさし」が行われたのは会津美里町の伊佐須美神社で、地元の小学生12人が参加した。 「だんごさし」は「稲」に見立てたミズキの枝に団子をさし、たわわに実る稲を表現した飾りを作って、五穀豊穣や無病息災を願う「小正月」の行事。 子供たちは神社の関係者から手ほどきをうけながら、米粉で作った団子に食紅などで色を付け、「みかん」や「桃」、「にんじん」の団子を作った。 そして、一つ一つ丁寧に、ミズキの枝にさしていた。 伊佐須美神社は「だんごさし」を行う家庭が年々、少なくなっているため、子どもたちに、伝統行事に触れ、理解を深めてもらいたいと話している。

福島 2022.01.15 17:35

福島 オミクロン株感染新たに61人

県内のこれまでの感染者のうち新たに61人にオミクロン株が確認された。 県内のオミクロン株の感染者は87人にのぼっている。 オミクロン株への置き換わりの状況などは調査中で、今後、県が公表する予定。 県内では、14日、新たに51人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは郡山市で13人、南相馬市で8人、白河市で6人、いわき市で5人などあわせて51人。 14日に公表された郡山市の「接待伴う飲食店」でのクラスターでは新たに2人の感染が確認されている。 入院者数は164人、重症者数は1人、病床使用率は、22.3パーセント。 県は、大人数での会食の自粛など対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2022.01.15 16:38

毎年恒例の食品ギフト半額セール始まる

郡山市の百貨店では食品ギフトを半額で購入できるセールが始まっている。 郡山市のうすい百貨店で始まったのは、お中元やお歳暮の食品ギフトを半額で購入できる恒例のセール。 売場の会場にはお酒や調味料、菓子など約150種類の食品ギフトが並んでいて、多くの買い物客で賑わっている。 今年は新型コロナウイルスの影響で家で気軽に食べられる麺類や価格高騰が続く食用油などが人気だという。 セールは16日まで開かれている。

福島 2022.01.15 13:47

交通遺児支援に JA共済連福島などが寄付

自動車保険などを扱う協議会が、交通事故で親を失った子どもたちを支援するため、県の基金に寄付した。 JA共済連福島や自動車保険の代理店で作る協議会は、毎年、店頭で交通遺児のための寄付を募っている。 去年は、137万円あまりの浄財が集まり、協議会の代表を務める杉内岩雄会長が14日、県の基金に寄附をした。 協議会では、今後も交通遺児の支援と、交通事故防止の啓発に引き続き取り組む考えだ。

福島 2022.01.15 11:52

福島 大学入学共通テスト始まる

15日、「大学入学共通テスト」が始まり、県内の受験生も、試験に臨んでいる。 「大学入学共通テスト」には、県内で6千2百人あまりが志願、福島大学や会津大学など7つの会場で試験が始まった。 会場では、試験官の前に、飛沫防止のビニールカーテンを置くなど、新型コロナ対策もとられている。 15日は、「地理歴史、公民」、「国語」、「外国語」、16日は、「理科」、「数学」の試験が行われる。 なお、福島大学では、電車の遅れにより、15日の試験日程が、30分繰り下げられている。

福島 2022.01.15 11:51

郡山市の13人など県内で51人の感染

県内では14日の検査で、新たに51人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは郡山市で13人、南相馬市で8人、白河市で6人などあわせて51人。 県内の医療機関への入院患者は164人、重症者は1人、病床の使用率は22.3%となっている。 宿発施設療養者は70人、自宅療養者は55人、療養先を調整中の人が23人となっている。 県内ではオミクロン株による市中感染も確認されていて、県が感染症対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2022.01.15 11:10

道路凍結でトラックが横転 男性が死亡

14日の夜、郡山市で道路を走っていたトラックが凍結した道路でスリップして横転し、運転手の男性が死亡する事故があった。 事故があったのは郡山市田村町小川の市道で、14日午後6時半ごろ、通行人から「トラックが横転している」と消防に通報があった。 この事故でトラックを運転していた須賀川市の造園土木業の石島一三さん(73)が心肺停止の状態で病院に搬送されたが、死亡が確認された。 トラックに同乗していた女性にケガはなかった。 警察は道路の凍結によるスリップ事故とみて事故の原因を調べている。

福島 2022.01.15 10:07

住居侵入と傷害の疑いで福島市職員を逮捕

住居侵入と傷害の疑いで、福島市役所の25歳の職員が逮捕された。 逮捕されたのは、福島市水道局の職員、鈴木健太容疑者25歳。 鈴木容疑者は、先月2日の未明、福島市内の住宅に侵入し、異変を感じ起きてきたこの家に住む40代男性に見つかり、揉み合いとなり、逃げようとした際に男性の足に全治4週間のけがをさせた疑い。 警察によると、鈴木容疑者は容疑を認めているという。 福島市は「事実関係を把握したうえで厳正に対処する」とコメントしている。

福島 2022.01.14 17:01