福島のニュース

新型コロナ4人陽性 県内感染者は計13人

県は4人の男女が新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたと4日夜に発表した。
県内での感染確認は合わせて13人になる。
県は午後7時半から会見を開き、ウイルス検査の結果あらたに陽性となった4人について説明した。
県によると、4人のうち3人は今月3日感染が確認された南相馬市の30代の女性の同居家族で、父の50代男性・母の50代女性・弟の20代の男性で、特に症状は出ていないという。
また、ほかの同居家族については検査結果は陰性だった。
もう1人は矢吹町の20代男性で、先月30日に37.3分の発熱、今月1日には嗅覚の異常を感じ、3日にはのどの痛みや倦怠感があったという。
現在は軽症で、症状が出る前の2週間に海外には行っておらず、いまのところ感染経路は分かっていない。
4日に感染が確認された4人について、それぞれの保健所が濃厚接触者を調査している。
県のアドバザーの県立医大、金光敬二教授は「予想以上に県内にひろがっておりるので、更に周囲の方、あるいは県民全てだと思うが、三次感染・四次感染などが起こらないように最善を尽くすという事に尽きる」と述べた。
また、2日に感染確認された県内8人目の患者について、県は、須賀川市の店舗で症状が出た先月30日に働いていたと明らかにした。
8人目の感染者が働いていたのは大手居酒屋チェーン=養老乃瀧グループの「養老乃瀧須賀川西川店」。
県によると、8人目の感染者の須賀川市の10代女性は、のどに違和感を覚えた先月30日に店でホール担当として夜6時から9時まで働いていた事が明らかになった。
この時女性はマスクをしていなかったという。
この女性は、発症する数日前に(25日~27日)東京に滞在していた事が分かっている。
保健所は従業員7人を濃厚接触者として健康観察を行っているほか、働いていた女性がマスクをしていなかった事から先月30日に店を訪れていた人は帰国者・接触者相談センターに問い合わせてほしいと話している。
なお店は感染が確認されたおとといから営業を中止し消毒作業をした。

福島2020.04.04 21:02

1本250円 広野産バナナ 郡山で販売

広野町で栽培されたバナナが、郡山市内の直売所で販売された。
JAの農産物直売所「旬の庭」には、午前10時の開店と同時に多くの客が訪れた。
お目当ては、広野町産のバナナ「綺麗」。
広野町では2019年にバナナの出荷を始め、皮まで食べられるさっぱりとした甘さが特徴。
直売所では1本250円のバナナが次々に売れていた。
■男性客は
「なかなか手に入らなくて、今回が初めてです。ドキドキ。期待しています。」
バナナは300本限定で、なくなり次第販売を終了するという。

福島2020.04.04 11:55

新型コロナで会津若松の観光に影響

会津若松市では新型コロナウイルスの影響で、一部の温泉旅館の予約が大幅に減っている事が分かった。
市によると、3月1日から22日までに鶴ヶ城に来た人の数は前の年の同じ時期に比べて86%、また東山や芦ノ牧の一部の温泉旅館では4月の予約の数が半減しているという。
会津鉄道によると、4月の団体観光のキャンセルは112件、196万円あまりに上っている。
市では雇用の相談窓口や、融資の限度額を上げていく「緊急経済対策本部」を設置したほか、今後は誘客対策も準備していくと説明している。

福島2020.04.04 11:53

福島大学が授業開始をGW明けに延期

福島大学は新型コロナウイルスの影響で、授業開始を1カ月延期するほか、当面はインターネットを使った授業とすることを決めた。
大学では当初、前期の授業を4月9日に始まる予定だったが、ゴールデンウイーク明けの5月7日からに延期。
また9月までの続く前期の期間、授業は原則、インターネットを利用して行う。
4月6日に予定されていた入学式を中止としている。
県内では県立医大もインターネットで授業を行うことを決めている。

福島2020.04.03 18:49

公立学校の再開 県内は予定通り来週から

3日も南相馬市で福島県内9例目の新型コロナウイルスの感染者が確認されたが、県は、予定通り来週から学校を再開させる方針を決めた。
県教育委員会は、新たな感染者が確認されるごとに各地域の感染状況を確認している。
現時点で県内は、新規感染者の増加が一定程度の幅に収まっている「感染確認地域」、または感染者がいない「未確認地域」にあたる判断している。
県内の学校では、4月1日から部活動が再開し、児童・生徒や教職員に「3つの密」を避けることや咳エチケットなど感染拡大防止策を徹底し、予定通り来週から始業することを改めて決めた。
ただし、今後、教職員や児童生徒に感染者が確認された場合や、地域の感染者が大幅に増加する状況となれば、一斉休校を実施する可能性もあるとしている。

福島2020.04.03 18:34

新型コロナ、軽症者は自宅や宿泊施設で

厚生労働省が、新型コロナウイルスの感染者のうち、軽症の人については、自宅や宿泊施設での療養を検討するよう都道府県に求めたことを受け、福島県も検討に入った。
♪加藤厚労相
「自宅療養患者のフォローアップの仕組みなどについて、昨日、都道府県などに対して周知をした。」
現在、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性の場合は、全員入院することになっている。
しかし、医療崩壊を防ぐため、厚生労働省は、軽症者や症状がない人は、自宅や宿泊施設での療養への切り替えを検討するよう、都道府県に求めた。
これを受け、福島県は、「今後、ホテルなどの関係機関と調整したい」とコメントしている。
現在、県内では、陽性の患者が入院できる病床数は52あるが、7人が入院中のため、受け入れ可能は45床となっている。

福島2020.04.03 17:24

県が外出自粛要請を含め新たな対策を検討

新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、県は「外出自粛要請」を含めたさらなる対策を検討していることがわかった。県内では今月2日までに8人の陽性患者が確認されていて、特に、この3日間で6人の増加が見られた。
県はこれまで、東京方面への不要不急の往来の自粛を呼び掛けているが、関係者によると、こうした状況を受け、外出自粛要請を含めたさらなる対策を検討しているという。
こうした対策は、ほかの県でも行われていて、県は3日夕方にも対策会議を開き、詳細を検討することにしている。

福島2020.04.03 12:02

7、8例目受け濃厚接触者の特定を急ぐ

今月2日に南相馬市と須賀川市で、あらたな新型コロナウイルスへの感染者が確認されたことを受け、保健所が濃厚接触者の特定などを進めている。
県内7例目の感染者は南相馬市の70代女性。
前日に感染が確認されていた男性の母親で目立った症状はないという。
女性の息子の50代男性は先月20日に、東京都内のライブハウスを訪れていて、出演者の中にも感染者が確認されている。
一方、8例目の感染者は須賀川市の10代女性でいまのところ症状は軽いという。
女性は先月25日から3日間、都内に滞在していたことがわかっている。
各保健所は詳しい行動歴と濃厚接触者について調査を進めている。

福島2020.04.03 12:01

台風被害を乗り越えモモ農家に春到来

献上桃の里として知られる桑折町のモモ畑では春を迎え、本格的な作業が始まった。
桑折町伊達崎の後藤哲男さんのモモ畑は去年の台風19号による大雨で、水に浸かる被害を受けた。
モモの木は花も咲き出し、病害虫の被害を防ぐための消毒が始まっている。
冬にかけて畑の手入れを重ねたことから、生育は例年と変わらないという。
■桑折町 後藤哲男さん
「生育が進んでいるので、作業をきっちりして美味しいモモを届けたいと思う」
後藤さんのモモ畑では摘花作業も始まっていて、早い品種では6月下旬に収穫時期を迎える。

福島2020.04.03 11:59

五輪聖火Jヴィレッジで展示

東京オリンピックの聖火が、2日からJヴィレッジに展示されている。
聖火リレーのスタート地点Jヴィレッジには、聖火を一目見ようと県の内外から多くの人が訪れた。
会場では新型コロナウイルス対策のため、マスクの着用を呼び掛けている他、聖火の観覧は数人ごとに区切られひとり30秒までとなっている。
■茨城県から来た人は
「最初で最後かもしれないので見られてよかった」
■川俣町から来た人は
「聖火を見られてとっても嬉しい」
聖火の展示は、今月30日までJヴィレッジのセンターハウスで毎日見ることが出来る。

福島2020.04.02 15:13

福島市 同居する夫婦の子は“陰性”

福島市では市内に住む70代の男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、その妻も感染が確認されている。
市は、夫婦と同居する子ども1人を濃厚接触者と判断。
ウイルス検査の結果は「陰性」だったと公表した。
現在、発熱などの症状は無いという。
また、南相馬市の50代の男性も新型コロナウイルスに感染していることがわかり、これで県内の感染者はあわせて6人となった。

福島2020.04.02 13:04

一人前のフラガールに…

いわき市の常磐音楽舞踏学院では1日、入校式が行われ、8人がフラガールとしての第一歩を踏み出した。
56期生として入校するのはスパリートハワイアンズを運営する常磐興産に入社したばかりのフラガールの卵8人。
式では、井上直美学院長が新型コロナウイルスの影響でショーが休止になっていることに触れ
「この時間を絶好のトレーニングの時間と捉えチャンスに変えてください」
と激励した。
親子二代でフラガールを目指す茨城県出身の篠田愛純さんは
「お母さんに相談してアドバイスをもらった。デビューするまでは日々レッスンに励んで努力したい」
と話した。新入生の初レッスンやデビューの時期などは状況を見て判断したいとしている。

福島2020.04.02 13:04

郡山市逢瀬町の事件発生から20年

2000年に郡山市逢瀬町の山の中で当時17歳の少女が殺害されているのが見つかった事件は、2日で発生から20年となった。
2000年の4月2日、郡山市逢瀬町の山の中で山岸亜世美さん(当時17歳)が首を絞められ殺害されているのが見つかった。
警察は、交友関係者など2万8,308人に聞き込み捜査を行ったが、有力な手がかりはつかめていない。
これまでに動員された捜査員は延べ3万7,324人にのぼる。
亜世美さんの父親(70)は、中テレの取材に対し
「親としては、悔しい。自分が生きているうちに真実を知りたい」
などと話している。

福島2020.04.02 13:04

新型コロナ感染者1人が退院

県内で新型コロナウイルスに感染した患者1人について、県は症状が回復し退院したと発表した。
県によると1日、退院したのはいわき市に住む70代の男性。
男性は、集団感染が起きたクルーズ船=ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していて、先月7日に新型コロナウイルスの感染が確認されていた。
その後、男性は入院し治療を続けていたが、症状が回復し2回以上のPCR検査でも「陰性」だったとして退院した。

福島2020.04.01 18:15

東京五輪聖火がJヴィレッジで展示

新型コロナウイルスの影響で延期した東京オリンピックの聖火が、2日からJヴィレッジで展示されることになった。
大会組織委員会と県は、多くの人に聖火を見てもらいたいとして、今回、聖火リレーのスタート地点Jヴィレッジで聖火を展示する事を決めた。
■東京2020組織委員会 布村幸彦副事務総長
「アスリートの方々や様々な関係者の気持ちを乗せた希望の火だと思うので、見守っていただきたいと思う」
聖火は今月30日まで展示され、5月からは東京で保管される予定。

福島2020.04.01 17:35

新型コロナ感染男性は福島市内工場勤務

1日、新型コロナウイルスの感染が確認された福島市の70代の男性が、市内の工場に勤務していたことがわかった。
福島市に住む70代の男性は、先月23日から下痢などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が確認された。
これを受けて1日、自動車の部品などを製造する福島製鋼は感染した70代の男性が、市内の吾妻工場に勤務していたことを発表した。
福島製鋼によると男性は、工場の事務所で主にデスクワークを行っていて、社内での濃厚接触者は、同じ会議に出席していた人など10人いたとみられる。
この人たちについては、先月30日から自宅待機をしているが、いまのところ発熱やのどの痛みなどの報告はない。
福島製鋼では、男性の感染が確認された先月31日、事務所などを消毒していて、今後、感染対策を行いながら通常どおり、工場を稼働させる方針。

福島2020.04.01 16:18

新年度スタート「新型コロナ」影響も…

新年度が始まり、福島市内の病院では新しい職員を迎える「入職式」が開かれた。
福島市のあづま脳神経外科病院では新年度、理学療法士や介護士など17人の新入職員を迎える。
1日は「入職式」が開かれ看護師として採用された職員代表・長谷川春香さんが辞令を受け取り誓いの言葉を述べた。
■誓いの言葉
「より良い医療が提供できるよう自己研鑽に励んでまいりたいと思う」
新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、辞令交付を代表のみにしたのに加え、席の間隔をあけたりして感染予防の対策をとった。

福島2020.04.01 11:34

第二原発立地交付金10年間支給額を維持

福島第二原発が立地する楢葉町と富岡町への交付金について、国は2029年度までの10年間、支給額を維持することを決めた。
第二原発が立地する楢葉町と富岡町へは、毎年20億円ほどの交付金が支給され、廃炉決定後の今年度から減額される見込みだった。
ただ、両町から交付金を維持するよう要請があり、これを受け国も特例措置として2029年度までの10年間現行の支給額を給付できるよう規則改正を行った。
富岡町の関係者は
「交付金を活用し町の復興を進めていきたい」
と話している。

福島2020.04.01 11:33

燃料電池バスがいわき市で運行開始

二酸化炭素を出さない燃料電池バスが東北で初めていわき市で運行が始まった。
いわき市の路線バスで運行が始まったのは、水素で発電する燃料電池バス「SORA」で、いわき駅と小名浜の路線を1日に2往復半運行する。
地球温暖化の原因となる二酸化炭素などが出ず、走行中はとても静かな燃料電池バスの運行は東北で初めて。
■新常磐交通 門馬誠取締役
「公共交通の担い手として少しでも地球環境、環境問題に取り組んでいく姿勢を見せる」
このバスは原則、月曜日を除いて運行される。

福島2020.04.01 11:32

談合問題で告発された塙町長が不起訴処分

公共工事を巡る談合の疑いで、書類送検されていた塙町の宮田秀利町長について検察は今月27日付で不起訴処分とした。
関係者の話などから嫌疑不十分と見られる。
宮田町長は町の公共工事で、入札の参加資格のない地元の建設会社に落札させたなどとして、町民から刑事告発され、警察が官製談合防止法違反の疑いで書類送検していた。
宮田町長は、これまで町議会が設けた百条委員会などで談合について否定している。

福島2020.03.31 19:24

学校再開までどう過ごす 家での工夫は

臨時休校期間中、およそ9割が家の中で過ごしていたという県の調査結果も出ていて、過ごし方が課題になっている。
家庭環境によっても異なるが、子どもだけでなく親にとっても負担となる状態が続いているという。
福島大学で発達心理学を研究する高谷理恵子教授にストレスを減らす工夫を聞いた。

■福島大学 高谷理恵子教授
「安全な方法を探していただいて、親しい人と連絡を取ってみる、お話してみる、間接的にでもつながってみることが方法のひとつ」親しい人との会話は不安を減らす効果があるという。
外出できない場合は、ビデオ通話や電話を使うのも有効という。

■福島大学 高谷理恵子教授
「いまの状況の中でどんな風に子どもと一緒に遊べるかな、子どもと大人がみんなで楽しく過ごしていけるかな、そんな風な工夫を重ねることができる状況にはあると思う。何も予定ない時間に本当の意味でこの子がやりたいものっていうのが見つかってくる可能性がある」

一方で子どもが自由に過ごしていると親としては、行動が気になり注意してしまいがち。
結果として、親のストレスにつながっているという。
発達心理学でよくすすめられている方法について紹介してもらった。

■福島大学 高谷理恵子教授
「例えば5分、10分なり、時間を決めてそこだけは絶対に子どもの行動を止めないっていう時間を作ってみる」
親は、子どもを観察することに集中でき、子どもは親に口出しされず見守られているという安心感で機嫌が良くなるという。

県内では新年度には学校は再開することになっているが、不透明な部分もある。
ストレスをためない工夫は引き続き必要となっている。

福島2020.03.31 19:06

県内で新たに2人感染 感染経路を調査

県内で3例目、4例目となる新型コロナウイルスへの感染者が確認された。
ひとり(3人目)は福島市に住む70代の男性で、今月23日に下痢の症状が出て、その後、発熱もしたため、30日に医療機関から帰国者・接触者センターに連絡が入り、検査の結果、31日に陽性であることが判明した。
男性は23日と24日に職場に出勤していて、常にマスクを着用していたという。
男性は入院していて軽症。
いまのところ感染経路は、わかっておらず、福島市保健所が濃厚接触者について調査している。
4人目は、福島市に帰省している仙台市在住の20代の女性。
25日に熱っぽさと全身の倦怠感があり、その後28日に医療機関を受診したが、異常はないとされたものの、30日にセンターに相談し、検査の結果、31日に陽性であることが判明した。
女性はいまのところ軽症。
女性は仙台市でサービス業に従事していて、25日に都内を訪れたあと電車で実家に帰省したという。
福島市保健所が詳しい行動歴や濃厚接触者の確認を進めている。
県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは今月14日以来。
これまでの2例はクルーズ船や海外渡航で感染経路が推測できたがが、3人目、4人目のいずれも海外渡航歴がないなど、感染経路ははっきりしていない。
県は県民に対し、落ち着いた行動と予防の徹底を呼びかけている。

福島2020.03.31 17:12

新型コロナへの県の「基本方針」まとめる

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、県は医療体制やまん延防止策などを盛り込んだ、対策の「基本方針」を31日中にも取りまとめる。
県は、30日に医師や弁護士など、専門家を集めた会議を開き、県としての対策の「基本方針」を話し合った。
この「基本方針」は国が定めた「対処方針」に準ずるもの。
基本方針の案には、重症者を入院、軽症者を自宅療養とする「医療体制」や、大規模イベントについての対応などの「まん延防止策」が盛り込まれている。
県は31日午後にも、対策本部会議を開き正式に、決定するという。

福島2020.03.31 11:53

いわき市の小川諏訪神社しだれ桜が満開

いわき市の神社では、樹齢500年を超えるシダレザクラが満開を迎えている。
いわき市小川町の諏訪神社にあるシダレザクラは高さ12メートル、樹齢は500年を超えるとされる。
神社には毎年、参道にかかるサクラの姿を一目見ようと多くの人たちが訪れる。
いわき市は、今月24日にサクラの開花宣言が出されたが、このシダレザクラは毎年、周辺のソメイヨシノより早く満開の時期を迎える。
今年は恒例のライトアップや竹灯籠のイベントは、新型コロナウイルスの影響で中止となった。
神社では
「混雑を避けて、サクラを見に来てもらい、春の明るさを感じてほしい」
と話している。

福島2020.03.31 11:52

校長が学校再開に向け新型コロナ対策を確認

郡山市の公立小中学校の校長が会議を開き、4月に予定される学校再開に向けて、新型コロナウイルス対策を確認した。
■郡山市保健所 塚原太郎所長
「感染していると思われる人は、学校の中に来ていただくことを極力避けていただく」
会議では、発熱やせきなどの症状がある場合は、原則登校させない方針や、換気の徹底、クラスターの発生を避けて学校行事を行うことを確認した。
郡山市の公立小中学校は、4月6日の学校再開に向けて準備を進めているが、4月1日から再開を予定していた部活動については、今週開かれる政府の専門家会議を踏まえて判断することになった。

福島2020.03.30 16:55

志村けんさんの訃報に悲しみ広がる

タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなり、県内でも悲しみが広がった。
志村けんさんは29日夜、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなった。
■街の人は
「テレビとか結構小さいころから見てて、それにも出てたので悲しい」
「有名人の方がなくなることによって、改めて(新型コロナが)身近に感じた」
「同い年だから、そういう意味ではショックな面もあった」
一方、県観光物産交流協会の関係者は、志村さんの「だいじょうぶだぁ」というギャグが、福島の方言を聞いたことがきっかけだったというエピソードをSNSに投稿した。
■福島県観光物産交流協会 武藤淳観光部長
「非常に急なニュースだったので我々としても驚いている。回復を願っただけに残念」
通夜・葬儀などは近親者のみで行い、「お別れの会」などについては決まり次第発表されるという。

福島2020.03.30 16:53

東京方面への往来 引き続き自粛を

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、内堀知事は30日から当面の間、東京方面との往来を自粛するよう、県民によびかけた。
内堀知事は
「東京都の感染拡大防止対策に協力するため、引き続き、東京方面への不要不急の往来は、極力控えて頂くようお願いする」
と会見で話した。
県は、先週末の土曜日と日曜日について東京方面への往来を自粛するよう、県民に呼びかけていたが、内堀知事は、30日からの平日についても、当面の間、東京方面への不要不急の往来を控えるよう重ねて呼びかけた。
東京都が来月12日まで、都民に外出自粛を呼びかけるのを受けた対応。

福島2020.03.30 11:50

内堀知事 経済対策を政府与党に要望

新型コロナウイルスの感染拡大で、県内経済に深刻な影響が出ているとして、内堀知事は政府与党に対して、思い切った経済対策の実行を求めた。
内堀知事は28日、郡山市内で自民党の根本匠前厚生労働大臣と会談した。
そのなかで、県内のホテルや旅館でキャンセルが相次ぐなど、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、地域経済に深刻な影響が出ているとして、政府与党に対し経済的な支援策を実行するよう要望書を手渡した。
これに対し根本議員は
「資金繰りの支援や補助金を用意し、事業の継続と雇用の維持を最優先に、万全の対策をしていきたい」
と話した。

福島2020.03.30 11:36

郡山市立美術館「こより」を使った作品展

郡山市立美術館では、「こより」を使った作品展が開かれている。
三春町在住の美術作家、石田智子さんは、紙縒りを何層にも重ね合わせて幻想的な空間を演出する作風で知られている。
作品を作る様子を、童謡にちなんで表現した「むすんでひらいて」は7万本以上の紙縒りが使われている。
■訪れた人は「普段必要ないと思って捨ててしまっているものもこんな風に芸術になるんだと思った」
石田さんの作品展は郡山市立美術館で4月19日まで開かれている。

福島2020.03.29 18:59

いわき市役所職員を酒気帯び運転で逮捕

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、いわき市役所の48歳の男性職員。
男性職員は、29日午前3時半ごろ、いわき市金山町の市道で道路脇の畑に突っ込む事故を起こした。
通行人からの通報を受け、かけつけた警察官が男性職員の呼気を調べたところ、基準を超えるアルコールが検出されたため、その場で逮捕した。
この事故によるケガ人はいないという。
男性職員は酒を飲んだことを認めていて、警察は詳しい経緯を調べている。

福島2020.03.29 17:08

小中学校統合のため飯舘村で閉校式

飯舘村では、生徒数の減少などから小中学校を統合することになり、閉校式が行われた。
閉校式が行われたのは、飯舘村の小学校3つと中学校で、今年度の卒業生も含む、あわせて61人が参加した。
飯舘村では、おととし4月に中学校を改装し村内で授業を再開していたが、生徒数の減少などから小中学校を統合することにした。
3つの小学校は、147年の歴史に幕を降ろした。
新年度からは、小中一貫の義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校する。

福島2020.03.29 17:08

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース