山形のニュース

東北絆まつり1年程度の延期決定

実行委員会会長の佐藤孝弘市長は「山形県でも(新型コロナウイルスの)感染拡大が懸念されており、実行委員会として開催を約1年程度延期する」と発表した。「東北絆まつり」は、東日本大震災からの復興を願い毎年、東北六県の県庁所在地で順番に開かれ、ことしは、5月30日から2日間、山形市で開催が予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月26日から、山形市など東北の6つの市の担当者と関係団体が、対応を協議してきた。そして、7日の実行委員会で、ことしの開催を見送り、1年程度延期する案が全会一致で了承された。「東北絆まつり」が延期されるのは、前身の「東北六魂祭」を含めて初めて。

山形2020.04.07 22:57

消防士感染で40人が自宅待機に

新型コロナウイルスの感染が分かったのは、高畠消防署に勤務する主に救助を担当する20代の男性消防士。この男性消防士は、先月28日に38度台の発熱があり、翌日、医療機関を受診し、インフルエンザの疑いがあると診断されたという。今月3日から職務に復帰したが、5日感染が発覚した米沢市の20代の男性の自宅で会食していたことが分かり、6日、PCR検査を受け「陽性」と判明した。消防士の男性は6日、南陽消防署で訓練に参加しており、この訓練の参加者と高畠消防署の職員計40人が自宅待機となっている。高畠消防署では7日午前から、施設や救急車などの消毒を実施。当面は、接触のなかった置賜地域の消防署職員で勤務体制を再編し、業務に当たるとしている。

山形2020.04.07 22:46

新型コロナウイルス新たに6人陽性

新たに感染が分かったのは、南陽市の20代男性、高畠町の20代男性と40代女性、飯豊町の50代女性、鶴岡市の20代男性、上山市の50代男性の計6人。このうち、南陽、高畠、飯豊の男女合わせて4人は、今月4日に感染が発覚したヤマト運輸「南陽支店」の男性配達員の友人や同僚など。南陽市の20代男性は高畠町の高畠ワイナリーに勤務し、5日感染が発覚した米沢市のヨークベニマル成島店に勤務する男性の友人だった。高畠ワイナリーによると、男性は品出しや接客を担当。4月1日に「節々の痛みがある」と訴え早退して以降、自宅待機となっているという。県薬務感染症対策室の阿部英明室長は、来店者への感染リスクについて、「休みを取っているので、それほど濃厚接触はないと思っているが現在、保健所で詳しい状況を調査している」と見解を示した。また、高畠町の20代男性は高畠消防署に勤務し、同じくヨークベニマル成島店の感染男性の友人だった。男性は、高畠消防署で救急業務に従事。3月28日から39度台の発熱があり、以降、4月3日と5日以外は休みを取っていたという。阿部英明室長は「当然、救急隊なのでマスクや手袋の装備して業務に当たっていて、患者さんと直接会話をするのではなく、補助的な業務をしていたので患者への感染の恐れはないと考えている」と話した。高畠町の40代女性は、東京に住む家族が先月25日から28日まで帰省していたという。この家族は配達員の男性とヨークベニマル成島店の男性と友人同士で、先月25日に同じ部屋で過ごしていたという。阿彦県医療統括監は「若い方々の感染があり、そういう方々が東京から来て活動した状況の中で広がったというのが感染者の数を多くした1つの要因」■と話した。また、飯豊町の50代女性は、配達員の男性の同僚でヤマト運輸南陽支店に勤務していた。合わせて長井市のパチンコ店などの清掃を行う仕事もしていたという。一方、鶴岡市の20代男性は、5日感染が発覚した鶴岡市の男性の友人で、先月20日、クラスターが発生した仙台市のパブを訪れていた。一方、上山の男性は山形市の東北電化機器販売に勤務。先月31日から倦怠感や発熱があり、陽性と判明したが、これまでのところ感染者との接点は分かっていない。吉村知事は「3月31日に確認されて以来、感染者が急速に、広い範囲で広がっていて非常事態ととらえている」と危機感を示した。県内での感染の確認は、7日連続で、感染者は19人となった。このうち今月2日に感染が発覚した新庄市の60代の男性1人だけが重症。ほかの18人は軽症か無症状で、中には退院に向け経過観察中の患者もいるという。

山形2020.04.07 22:39

「学校再開」延期の動きが加速

今月5日夜、鶴岡市の教育委員会は臨時の会議を開き、小・中学校の始業式と入学式について20日以降に延期することを決定した。大蔵村でも5日、教育委員会が小・中学校の始業式と入学式の延期を発表したほか、感染者が確認された上山市と米沢市、それに新庄市でも式の日程の延期が決まっている。感染者が確認された地域の近隣市町村でも日程が延期された。山形市では今月15日まで休校を延長し、小・中学校の始業式は今月16日に。入学式については今月17日に行う予定だ。ほかに三川町や舟形町など県内21の市町村で日程を遅らせる。小・中学校で延期が決まる中、ツイッターなどのSNSでは県内の高校生を中心に休校延長を求める署名の動きが広がった。YBCでは運動の中心となっている生徒に話を聞いた。取材に応じた生徒は「県内の感染者数がここ数日で急激に増加していて、自分の住んでいる地域から高校まで多くの人が行き来するのでウイルスをより蔓延させてしまったり恐ろしいなと思ったので何とかして県に訴えて休校延長を求めたいと始めた」と話す。男子生徒によると、3日前からツイッターなどのSNSを通じて署名を呼びかけ、県内だけでなく県外や海外に住む県出身者かも賛同し、およそ2200人分の署名が集まったという。そして6日、県に署名をメールで送った。県では感染が拡大している状況を踏まえ、当面の間、休校期間を延期することを県立学校に通達したという。また今回の署名については今後、対応を検討し、署名を送った高校生へ返答するとしている。

山形2020.04.06 21:15

鶴岡市長が自粛を呼びかけ・庄内で初確認

鶴岡市では20代の男性の感染が新たに確認された。県と市によると、男性は、クラスターが発生した仙台市の飲食店を3月20日に利用しており、仙台市からの検査依頼を受けてPCR検査を実施したところ、陽性と判明したという。男性が勤務するTDK庄内・鶴岡工場によると工場は操業を停止するともに、消毒を実施したという。庄内地域で感染が確認されたのはこれが初めてだ。市民は「ショックだ。とうとう来たかと。内陸が来たのでいずれ来るとは思っていたが。やっぱり不安はある。年も年だし。今感染したらまずいなと。自分で頑張るしかない」「山形でも増えてきたなと。不安だ。異動や転勤は仕方ないと思うがひとりひとりが考えて、予防していくしかないと思った」と話していた。鶴岡市は臨時の記者会見を開いた。「これは非常に重大な局面にあると確認した。一日も早く市民の安全安心な日々が取り戻せるようにしっかり対応していきたい」皆川市長はこう述べた上で、帰省や転勤で鶴岡市に来た人や出張後に鶴岡市に戻った人について2週間、不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。また、感染拡大防止のため不特定多数の人が訪れる市の施設では6日から急きょ、休館の措置が取られた。加茂水族館の渡辺葉平さんは「近くで(感染者が)出てしまったということでこれ以上の感染拡大を防ぐため一度休館の対応を取った」としている。市では約100ある市有施設のうち70施設について20日ごろまで臨時休館としている。

山形2020.04.06 20:24

新型コロナウイルス新たに3人陽性に

県によると感染が分かったのは、上山市の50代女性と米沢市と鶴岡市のいずれも20代男性だ。鶴岡市の男性は3月20日の夜、集団感染・クラスターが発生した仙台市のパブを利用し濃厚接触者とされていた。その後、鼻水や痰が出る症状があり仙台市からの依頼で検査したところ、5日感染が発覚した。庄内地方での感染確認は初めてで、同居する家族3人と友人2人が濃厚接触者になっているという。一方、上山市の女性は4日感染が確認されたヤマト運輸南陽支店に勤務する上山市の20代の男性配達員の母親だ。この母親は上山市でデイサービスや訪問介護などを行う介護事業所「ながすず」に勤務し3月30日まで出勤していたという。県薬務・感染対策室の阿部英明室長は「3月31日、4月1日と休んでいるので職場の方は経過観察ということで濃厚接触者にはなっていない」と話している。また米沢市の20代男性は男性配達員の友人で37度台の発熱や倦怠感、鼻水などの症状があるという。この男性は米沢市にあるヨークベニマル成島店に勤務し、商品の発注や品出しを担当。4月3日までマスクをつけた状態で勤務していたという。取材に対し、ヨークベニマルの担当者は「レジ部門と違うのでお客様と会話をする機会は非常に少ない。あとから確認したところ4月3日に最後に出勤しているがこの日にだるさがあったと。熱はなかったが体はだるかったと聞いている」と答えた。男性の濃厚接触者は家族8人と友人1人、ヨークベニマルの同僚4人でいずれも体調不良はないという。県薬務・感染対策室阿部英明室長は客への感染リスクについて「マスク着用で仕事をされているということなので感染拡大のリスクは低い」としている。また男性は3月26日夜、感染が確認されている男性配達員と東京から来た友人と3人で山形市内の飲食店で食事をしていた。県薬務・感染対策室阿部英明室長は「飲食店の調査もあらかた進んでおり、利用客がこういう時期で23時過ぎにお店に入ったので平日ということもありいなかった。かなり広い空間なのでほかのお客様に感染する可能性はほとんどない」と当時の状況について述べた。男性ら3人は翌27日の始発列車で上山市にある男性配達員の自宅まで帰り仮眠をとっていて、県ではこの時感染した可能性が高いとみている。これで県内での感染の確認は6日連続で、感染者は13人となった。吉村知事は国の「非常事態宣言」について「何としても国民を守るという大きなメッセージになる。広域にわたって人の移動を規制をかけることにつながると思うので地方へ蔓延がストップ出来ればと思う」と述べた。感染が確認された3人はいずれも感染症医療機関に入院し全員軽症だという。

山形2020.04.06 20:18

鶴岡公園のサクラが開花・最も早い記録

鶴岡市によると今月3日の午前9時ごろ、職員が鶴岡公園のソメイヨシノの基準木に花が3輪ほど咲いているのを確認した。その後、午前11時前に再度確認したところ、開花宣言の基準である5輪以上が咲いていた。
鶴岡公園の開花宣言は、鶴岡市が独自に行っていて、4月3日の開花は、去年より7日、平年より9日早く、1977年に観測を始めて以来、『2002年』と並ぶ最も早い記録という。
市によると、園内にはソメイヨシノやヤエザクラなど合わせておよそ730本のサクラがあり、今月10日ごろに見頃を迎えるという。
新型コロナウイルスの影響で、今シーズンは、露店の出店や茶会など一部のイベントが中止になっている。
県内ではきょう、このほか、山形市の山形地方気象台の標本木でも開花が確認された。

山形2020.04.06 10:58

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース