岩手のニュース

岩手県陸前高田市・大阪出身の男性2人がコロナ離職で漁師の道へ

岩手県陸前高田市では、新型コロナウイルスがきっかけで仕事をやめた大阪府出身の男性2人が漁業に挑戦している。ともに26歳の大野広貴さんと布部司さん。「見習い漁師」として23日、市内の漁港で実際に船に乗ってカキの養殖施設を見学した。布部司さんは「すごい時間をかけて僕らは口にしていたんだと思った。」大野広貴さんは「きちんと貢献できるように頑張って、いずれはみんなで陸前高田を盛り上げられるように頑張る。」と話した。今後、2人はカキやわかめの養殖を中心に学び、2年後の独り立ちを目指す。

岩手2020.09.23 20:08

平沢勝栄復興相が就任後初めて岩手県を訪問

平沢勝栄復興相が就任後初めて岩手県を訪問。まず、岩手復興局を訪れ職員を前に力を合わせて復興に取り組むよう訓示した。その後、県庁で達増知事と意見交換した。達増知事は「新型コロナ感染症対策にしっかり取り組むことはすなわち復興に取り組むことにもつながる。国から必要な支援をお願いしたい」と話した。平沢復興相は「もとの状態に戻すのが復興ではない。復興とは、もとよりすばらしい住みやすい町にしていくこと」と話した。

岩手2020.09.23 20:03

岩手県・沿岸部中心に局地的大雨 避難勧告も

岩手県では沿岸部を中心に23日未明から大雨となり、宮古市では正午現在、一部の地区に避難勧告が出されている。22日の降り始めから午前10時までの雨の量は、宮古市で108.5ミリ。釜石市で65.5ミリなどとなっている。宮古市では23日朝、1時間に39ミリの激しい雨が降った影響で道路が冠水し、新川町の国道106号線が通行止めとなっている。また、三陸鉄道とJRの山田線や釜石線は運休や遅れが出た。宮古市と山田町、大船渡市には土砂災害警戒情報が出されていて、避難勧告が出されている宮古市では最大で7人が避難した。沿岸部では引き続き土砂災害や低い土地の浸水に警戒が必要。

岩手2020.09.23 12:59

岩手県矢巾町・岩手医大移転で交通量増加 安全運転呼びかけ

岩手県の岩手医大が矢巾町に移転して24日で1年になるのを前に、交通量が増加した交差点で23日朝、関係団体がドライバーに安全運転を呼びかけた。岩手医大や町の交通安全団体などから約50人が参加し、ドライバーは横断歩道に歩行者がいないか確認し、歩行者を優先して停止するよう呼びかけた。この交差点は、岩手医大の移転に伴い、病院職員の通勤などで交通量が増加し、町がことし1月にすべての横断歩道に歩行者用信号機を設置するよう警察に要望している。矢巾町で発生した人身事故は、8月末までに27件と、去年の同じ時期より20件少なくなっているが、交通量が増加しているため、関係者は慎重な運転を呼び掛けている。

岩手2020.09.23 12:50

岩手県・盛岡市動物公園 野生本来の行動引き出す取り組みを公開

盛岡市動物公園で22日、動物がより豊かに暮らせるよう野生本来の行動を引き出す取り組みが公開された。これは「動物の福祉」を理念に掲げる盛岡市動物公園が普段、定期的に行っている取り組みをこの4連休に合わせて公開したもの。約20種類の動物にエサのやり方や遊ばせ方を工夫した。
(飼育係・河野晴香さんの説明)「動物園の動物はもうすでにご飯が用意されているので、退屈な時間が長くなってしまう。それを防ぐためにご飯のあげ方やご飯の種類を少し工夫している。」
このうち、ニホンザルは穴をあけた竹筒にエサを入れて与えた。餌の取り方を考えさせるとともに、行動する機会を増やし、食事に時間を費やす狙い。また、ホンドギツネには普段、鶏肉などを与えているが、大きな「牛の骨付き肉」を与えることで、あごが鍛えられるなどの効果があるという。
(飼育係・河野晴香さん)「できるだけ野生本来の行動を引き出すことにつながって、それが動物の心や体の健康や幸せにつながると考えています」
盛岡市動物公園は今後もこうした取り組みを続けることにしている。

岩手2020.09.22 19:52

シルバーウィーク最終日 岩手県内のレジャー・観光施設 徐々に賑わい戻る

4連休となったシルバーウィークは22日が最終日。岩手県内のレジャー施設や観光地などは、新型コロナの影響で失われた賑わいが徐々に戻ってきている。
盛岡市新庄にある遊園地『岩山パークランド』。新型コロナの影響でことしのゴールデンウィークは休業を余儀なくされたが、この4連休中はのべ3000人以上が訪れ、アトラクションを待つ客で長い列ができた。一方、市内中心部の大通商店街。通りが歩行者天国となったほか、天気にも恵まれ、たくさんの若者や家族連れで賑わった。一方、高速道路は東京方面に向かう上り線で車が多く見られたが、日本道路交通情報センターによると、今のところ目立った渋滞は発生していないという。

岩手2020.09.22 19:49

岩手県 4連休最終日で人出は?

4連休最終日、9月22日は「秋分の日」だ。岩手県内は各地でおおむね晴れていて、穏やかな1日となりそうだ。22日の県内は高気圧に覆われている影響で晴れのところが多くなっている。4連休最終日だが、NTTドコモの集計によると、連休が始まった19日から3日間の人出は、盛岡駅周辺で新型コロナの感染拡大前と比べ、約30パーセント減り、目立った人出の増加は見られていない。日中の予想最高気温は盛岡で25℃、宮古で22℃と、秋の訪れを感じる過ごしやすい1日となりそうだが、23日以降は台風12号の影響で天気が下り坂となる見込みだ。

岩手2020.09.22 12:46

岩手県20億100万円補正予算 提案へ

岩手県は総額20億100万円の一般会計補正予算案を公表した。今年度5回目の補正予算案として県議会9月定例会に提出される。今回の補正予算案について、県は新型コロナ対策を前回までに先行して盛り込んだとして計上していない。内訳は「通常分」の補正額が137億4200万円の増額だったが、「震災分」が昨年度の決算整理等により117億4100万円減額し、総額が20億100万円となった。このうち、「通常分」は岩手医大が建設する臨床研修医等の宿舎整備に対する補助1億円、新たなウニの畜養と出荷モデルの構築に向けた調査1000万円等となっている。補正予算案は9月29日に招集される県議会9月定例会に提出される。

岩手2020.09.22 12:41

岩手県奥州市「江刺甚句まつり」新型コロナで4か月余り遅れて開催

奥州市で21日、新型コロナの影響で延期されていた「江刺甚句まつり」が、感染防止策を徹底の上、規模を縮小して開かれた。4か月余り遅れて「えさし藤原の郷」で開かれた、46年続く春の伝統行事「江刺甚句まつり」。手指の消毒や検温といった感染症対策が徹底され、入場者の数を制限するなど、規模を縮小してようやく開催にこぎつけた。
(42歳年祝連「緋勇陣」小澤正直会長)「誇りある甚句まつりを残していくためには、ことし絶対に開催しなければという思いは強かった」「(開催できたのは)本当に地域の皆さんの温かいご声援のおかげなので、本当に感謝でいっぱい。」
イベント中止や外出自粛など、コロナ禍のストレスを吹き飛ばす熱い踊りで、会場は一体感に包まれていました。

岩手2020.09.21 20:02

岩手県盛岡市 世界平和・コロナ終息願い高校生らが奉納揮ごう

9月21日は国連が定めた「国際平和デー」。盛岡市では、書道部の高校生らが世界平和や新型コロナ終息の願いを揮ごう・奉納した。揮ごうと奉納は盛岡市の岩手護国神社で行われ、4回目のことしは、奥州市在住の書家、松本錦龍さんのほか、県立盛岡二高書道部の9人も今回初めて参加した。人前でのパフォーマンスは初めてという生徒たち。縦2メートル、横4メートルほどの紙に「地平天成」など、世の中の平穏を願うメッセージを1人1人揮ごうした。
♪盛岡二高書道部・櫻井音々部長「この書を奉納したことによって、世界が平和へとつながってほしいなと思いました」
この「奉納揮ごう」は広島と長崎の平和公園や全国各地の護国神社など50か所で行われたという。

岩手2020.09.21 19:58

岩手県花巻市 宮澤賢治の命日「イギリス海岸」ことしは?

9月21日は宮沢賢治の命日。ふるさと・花巻市では、賢治が愛した風景を復活させようという試みが毎年行われている。果たして今年は…?。
かつては白っぽい泥岩層が広がっていた、花巻市上小舟渡地区の北上川の河畔。宮沢賢治は「イギリスあたりの白亜の海岸のようだ」と評し、この場所をイギリス海岸と名づけた。しかし、現在は上流にダムがつくられて水量が増え、ふだんその姿を見ることはできない。その中、賢治の命日に行われているのがイギリス海岸を出現させる取り組み。花巻市とダムの管理事務所が協力して5つのダムの放流量を減らし、水位を約30センチ下げる。午前10時の映像。大きな岩以外は水に沈んだまま。
(三浦裕紀記者)「イギリス海岸は未だ姿を見せませんが、ご覧のようにたくさんの人が期待を込めて見守っています。」
(愛知県の人)「(賢治の)視点が大きいところが好きで。心の目で見てました。」
(金矢千年さん81歳)「すぐそこで生まれた。川は懐かしい。自分の財産の一部みたいな…」
毎年、この日を楽しみにしている金矢千年さん。
(金矢さん)「下がってきている。」
(金矢さん)「宮沢賢治はすごい人だ。すごい人だ。」
(三浦記者)「(帽子の)Kは賢治のK?」
(金矢さん)「これ?金足農業」
(三浦記者)「賢治のKなのかなと…」
正午になっても、イギリス海岸は姿を見せなかった。ダムでは調整できないところで水が増えた可能性があり、午後からは水量も増え、結局、ことしは出現しなかった。それでも、訪れたファンにとっては、改めて賢治に思いを馳せる一日になった。

岩手2020.09.21 19:55

岩手県平泉町 息子が後退させたトラックに巻き込まれ80代女性死亡

20日午後、平泉町で道路を横断中の80代の女性が、バックしてきた息子が運転するトラックに巻き込まれ、死亡した。亡くなったのは平泉町平泉の無職・佐藤ケイ子さん(87)。佐藤さんは20日午後3時半頃、自宅近くの町道を横断中、方向転換しようとバックしてきた息子(63)が運転する農作業用の2トントラックに巻き込まれた。佐藤さんは意識不明の状態で病院に搬送され、約1時間半後に死亡が確認された。死因は顔面骨折による窒息死だった。現場の町道はセンターラインのない直線道路で、警察は息子がトラックをバックさせる際、後方の安全をよく確認しなかったと見て、詳しい事故の原因を調べている。

岩手2020.09.21 12:17

岩手県の100歳以上の高齢者 過去最多910人

9月21日は敬老の日。岩手県内で100歳を超えた人は910人で過去最多となった事が分かった。岩手県の15日時点のまとめによると、県内在住の100歳以上の人は910人で、前の年より86人増え、過去最多となった。また、ことしまでの10年間では、539人だった2011年の約1.7倍に増えた。内訳は男性97人に対し、女性は813人で9割を占め、女性の最高齢は大船渡市の鴨野チヨノさんで明治44年生まれの109歳。男性の最高齢は八幡平市の田村佐太郎さんで大正2年生まれの107歳となっている。県内では今年度中に498人が100歳に到達する見込み。

岩手2020.09.21 12:16

岩手県雫石町 温泉地を歩いて食や文化に触れるイベント開催

雫石町で20日、温泉地を歩いて地域の食や文化に触れるイベントが開かれた。このイベントは、温泉地に賑わいをつくろうと全国各地で行われていて、県内では初開催。20日は、東北各地から約100人が参加し、雫石町の鶯宿温泉周辺に設けられた6キロのコースをウォーキングした。休憩ポイントでは、地元の高校生が郷土芸能を披露したほか、雫石牛の串焼きや地鶏を使った汁物なども振るまわれ、参加者は地元ならではの食や文化、自然を楽しんでいた。(参加者)「良いね。県内の他の場所で企画してもらえると復興にもつながる」。(ONSENガストロノミーツーリズム推進機構大山芳香事業推進部長)「このイベントをきっかけに鶯宿温泉のファンを増やし、たくさんの人にイベント以外でも来てもらえるようにしていきたい」参加者は、秋の気配を感じながら歩みを進めていた。

岩手2020.09.20 17:46

岩手県大槌町 被災者のコミュニティ形成支援で郷土芸能を披露

東日本大震災からの復興が進む大槌町で20日、災害公営住宅で暮らす被災者のコミュニティづくりを支援しようと、郷土芸能が披露された。これは、災害公営住宅で暮らす被災者同士の交流を育もうと県が初めて開いたもの。20日は、大槌町の中心部にある「末広町町営住宅」で、地元の郷土芸能「臼澤獅子踊」などが披露された。会場には、入居者らおよそ80人が集まり、中には、出演者と一緒に甚句を踊って楽しむ人もいた。(入居者)「良かった。今年(見られる場が)ないって言われてたから。こういう風にしていただいて結構楽しんだ。ありがとうございます。自分が楽しんで、踊りたくて」この支援事業は、来月以降も宮古市など沿岸5つの自治体で行われる予定。

岩手2020.09.20 17:45

岩手県 震災復興の実感調査を公表 「回復度」は前回調査下回る

岩手県は、震災復興の実感などを尋ねる最新の調査結果を公表した。生活、地域経済ともに新型コロナの影響などで回復度が減少した。この調査は、年2回、12の沿岸市町村に居住または就労している153人を対象に行われ、今回は128人から回答を得た。「被災者の生活」については、「回復した」「やや回復した」と答えた人の割合は83.5%と、前回1月の調査から5.2ポイント減少した。自由回答では「新型コロナで所得が減少し再建した住宅のローン返済に影響が出ている」などの声が寄せられた。また、「地域経済」については、「回復した」「やや回復した」が55.5%と前回より1.8ポイント減少した。

岩手2020.09.20 16:42

岩手県花巻市 クマに襲われ高齢男女2人けが

岩手県花巻市で19日朝、2人がクマに襲われけがをした。記者「女性がこちらの畑でクマに襲われた後、捕獲のために活動していた男性はあちらの林でクマに襲われた」。午前6時半頃、花巻市太田の無職、照井慶子さん78歳が、自宅近くの畑で農作業中に、クマに頭をひっかかれた。照井さんは病院に運ばれたが、命に別条はない。近所の人「直接私の家に来て『救急車お願いする!』ということで、なかなか血も止まらなくて、びっくりした」。市や猟友会が出動したが、捕獲にあたっていた平賀勲さん67歳が脚をかまれ、けがをした。クマは全部で3頭確認され、2頭は捕獲。1頭は山の方に逃げた。花巻市では、18日にも男性がクマに襲われてけがをしている。

岩手2020.09.19 18:03

岩手県久慈市・夢は五輪選手 小学校で「くじリンピック」運動会

岩手県久慈市の久慈小学校で、オリンピックをまねた運動会が18日行われ、子どもたちの元気な声が響いた。運動会は、今年開催されるはずだった東京オリンピックをまねて「くじリンピック」と銘打って行われた。開会式では聖火がともされた後、はじめての運動会となった1年生が踊りを披露し、華を添えた。久慈小学校は新型コロナウイルス感染防止で、授業参観や運動会を延期していたため、保護者にとっては今年度初めて子どもたちの学校生活を見る場となった。18日は時折雨が降る天気だったが、子どもたちは元気に競技を行っていた。運動会は密集を避けるため、3日間に分けて行われる。

岩手2020.09.19 18:03

岩手県盛岡市 つなぎでつなぐ盛岡さんさ踊り始まる

岩手県盛岡市のつなぎ温泉で、宿泊客に「さんさ踊り」を披露するイベントがスタートした。これは祭りが行われる夏以外にも、さんさ踊りを楽しんでもらおうと、つなぎ温泉観光協会が企画したもの。4月から始める予定だったが、新型コロナの影響で会場を3つの宿泊施設に分散して18日スタートし、伝統さんさの団体がマウスガードを着用するなどの感染症対策をして踊りを披露した。つなぎ温泉観光協会・佐々木史恵事務局長「伝統さんさ会の皆さんが主体なので、ゆったりとした女性らしい踊りを楽しんでもらえればと思っている」。つなぎ温泉全ての宿泊施設の宿泊客は無料で観覧でき、来年3月までの毎週金曜日と土曜日に行われる。

岩手2020.09.19 18:02

岩手県釜石市・国の津波浸水予想受け避難計画見直しへ

日本海溝沿いで巨大地震が発生した場合の津波の浸水域などが国から発表されたのを受け、岩手県釜石市は津波の避難場所などを見直す方針を示した。これは18日開かれた釜石市議会の特別委員会で示されたもの。国の専門委員会の調査では、日本海溝沿いで巨大地震が発生した場合、釜石市には、高さ18.5メートルの津波が押し寄せると予想されている。これを受け釜石市では、防波堤が津波で壊れた場合、震災では浸水しなかった内陸部まで浸水が拡大するとして、新たな避難場所の設置や、自主防災組織の編成などの態勢づくりを進めていくことにしている。野田武則市長は、「住民に調査結果を丁寧に説明し、不安の解消に努めたい」としている。

岩手2020.09.19 18:02

岩手県出身・高橋比奈子衆議院議員 文部科学副大臣に

菅内閣発足に伴う副大臣・政務官人事で、岩手1区が地盤で比例東北ブロック選出の自民党・高橋比奈子衆議院議員の文部科学副大臣就任が決まった。
(加藤勝信官房長官)「本日の閣議において副大臣、大臣政務官の人事、名簿の通り決定いたしました」「それぞれ経歴・経験等踏まえた適材適所の布陣となっているところであります」
文部科学副大臣に決まった高橋比奈子議員は盛岡市出身の62歳。盛岡市議、岩手県議を経て、2012年の衆院選比例東北ブロックで初当選し、現在3期目。過去には環境大臣政務官を務めたが、副大臣就任は今回が初めて。
(柴柳二郎キャスター)「文部科学副大臣就任という事で、おめでとうございます」
(高橋比奈子議員)「ありがとうございます」「もう身の引き締まる思いで」「副大臣の場合は大臣がいない時にはもう、大臣の代わりですので、非常に重いと思います」
文部科学副大臣は政策の企画・立案を担うナンバー2の重要ポスト。高橋議員は科学技術、学術文化担当の筆頭副大臣として、岩手県などが誘致を進めるILC国際リニアコライダーに関わることになる。
(高橋比奈子議員)「これからしっかり中に入らせていただいて、現状を確認して、課題、それから今後のこと、しっかりいろいろ見つめながら、何ができるのか」「現場の皆さんの声もしっかりお伝えできるように頑張っていきたいと思っています」

岩手2020.09.18 19:40

岩手県一関市 2歳の息子の額に肘打ちする動画拡散 25歳父親逮捕

今月、一関市の自宅で2歳の息子の額を肘で殴ったとして、17日、25歳の父親が逮捕された。父親が息子を殴る様子は動画配信サイトで拡散されていた。
添い寝をしている父と子。すると突然、父親が息子の顔をめがけて肘打ちし、子どもが泣き出した。17日、暴行の疑いで逮捕されたのは、一関市に住む会社員の男(25)。今月14日午後9時過ぎ、一関市内の自宅で、同居する2歳の息子の額を肘で1回殴った疑いがもたれている。一関児童相談所からの通報で警察が捜査を進めていて、息子にケガはなく、現在は関係機関と連携し、安全が確認されているという。近所の人は、家族の変わった様子を以前から感じていた。
(近所の人)「すごいやっぱりどなる声が聞こえてくるわけですよ。『てめぇうるせぇだろ!』とかね。それが父さんだけでなく母さんも。」「ちょっと度が過ぎていると」「子どもかわいそうだなということで我々は見ていたんだけど…」
男はその後配信した別の動画で「寝かしつけようとしていたが、子どもが寝なかったため、感情的になってしまった」と弁解。警察は被害者が特定される恐れがあるとして、男の住所や名前を明らかにしていないが、男は容疑を認めているという。警察は、日常的に暴力があったか、余罪についても調べている。

岩手2020.09.18 19:37

岩手県出身 高橋比奈子衆議院議員が文部科学副大臣に内定

菅内閣発足に伴う副大臣・政務官人事で、比例選出で岩手1区が地盤の高橋比奈子衆議院議員が、文部科学副大臣に内定した。文部科学副大臣に内定した高橋比奈子議員は、盛岡市出身の62歳で、盛岡市議、岩手県議を経て、自民党公認で出馬した2012年の衆院選比例東北ブロックで初当選し、現在3期目。これまでに環境大臣政務官、自民党内では環境部会長代理、党厚生労働部会副部会長を歴任したが、副大臣に就任するのは今回が初めてとなる。文部科学副大臣は、政策の企画・立案を担当する文部科学大臣に次ぐ重要ポストで、副大臣・政務官人事は閣議での正式決定を経て、18日午後発表される予定。

岩手2020.09.18 12:57

岩手県花巻市 クリ拾い中にクマに襲われけが

岩手県花巻市の小学校の近くにある山林で17日、クリ拾いをしていた72歳の男性がクマに襲われケガをした。クマに襲われたのは、花巻市大迫町の無職、伊藤美千夫さん72歳。伊藤さんは午後4時頃、自宅から西に約100メートル離れた山林でクリ拾いをしていたところ、成獣とみられるクマに襲われた。顔や腕にケガをして自力で帰宅したあと、妻が消防に通報しドクターヘリで病院に運ばれたが、意識はあるという。現場から100メートルほど南にある内川目小学校は、18日朝の登校時から生徒の見守りを強化している。岩手県内ではことし、去年の同じ時期より9人多い22人がクマに襲われケガをしている。

岩手2020.09.18 12:51

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース