岩手のニュース

岩手県一戸町 御所野遺跡含む縄文遺跡群 世界文化遺産登録までの道のり

悲願の世界遺産登録決定。しかし、その道のりは決して平坦ではなかった。一戸町の御所野遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が登録候補として暫定リスト入りしてから12年……これまでの歩みを振り返る。青森県の三内丸山遺跡など、4道県17遺跡で構成する『北海道・北東北の縄文遺跡群』。1989年に見つかった御所野遺跡は、森林資源に恵まれた祭祀場をもつ縄文時代中期後半の拠点集落跡で、全国では初めて、竪穴住居の屋根が萱葺きではなく、土で固められたものと確認されたのも特徴だ。世界遺産登録に向けた活動が本格的に始まったのは2008年。翌年の2009年、10年以内をめどに世界遺産登録を目指す国内の暫定リストに入った。ところが。2017年・文化庁の会見「(縄文遺跡群は)『主張する顕著な普遍的価値を17の構成資産で過不足なく説明できているか』と疑問が呈されている。ここが一番大きなポイント。」国内審査の段階で準備不足が指摘され、5年連続で推薦見送りに。縄文遺跡群の価値をどうわかりやすく伝えるか。構成資産を精査し、集落の変遷や各遺跡の関わりをまとめるなど改良を重ね、2018年、世界文化遺産の2020年度の登録候補に選ばれた。しかし。当時の菅官房長官「政府としては奄美・沖縄の世界遺産登録に向けて全力を尽くす。」2020年度の登録分からユネスコへの推薦枠が各国1件に制限され、政府は自然遺産候補の奄美・沖縄を優先。翌年の2019年。一戸町の担当者「正式に縄文遺跡群がユネスコの世界文化遺産の推薦候補に選定されました」。地元の人「いや~長かった、じーっと待ってるのは。もっと早くなるべきだったね」。縄文遺跡群が翌2021年度の登録候補となった。2020年9月には、ユネスコの諮問機関で登録の審議に影響力を持つイコモスが現地調査を行い、2021年5月、世界文化遺産への「登録」を勧告。そして、27日夜。記者「たった今、御所野遺跡の世界文化遺産登録が決定した。一戸町の関係者も喜びに沸いている。」国内候補の暫定リスト入りから12年の歳月を経て、ようやく世界遺産登録が決まった。喜びに沸いた地元・一戸町。その一方で世界遺産委員会は、御所野遺跡以外の遺跡群の中には、建物の復元や整備の遅れが目立つ遺跡もあるとして、障害物の撤去などを要請している。今後は「世界の宝」としての価値を高めるための取り組みが求められる。

岩手 2021.07.28 19:30

岩手県 新型コロナウイルス新たに17人感染確認

岩手県と盛岡市は28日、新たに17人の新型コロナウイルス感染を公表した。累計の感染者数は1950人となった。感染が公表されたのは、盛岡市、花巻市、奥州市と、県央、中部、二戸保健所管内の10代から60代の男女あわせて17人。このうち、中部保健所管内の職場を中心に感染が広がっている職場12のクラスターでは、10代から60代の男女7人の感染が新たに確認された。7人はこの職場の従業員や、感染した従業員がプライベートで接触した人、従業員の家族で、このクラスターの感染者は33人となった。また、職場14のクラスターでも、花巻市に住む感染した従業員の同居家族2人の感染が公表され、感染者は7人になった。国立感染症研究所は、多くの地域で感染が増加傾向の中、夏休み時期を迎えることを受けて、「帰省や旅行での県境を越えるような移動は慎重を期して、普段会わない人と会う機会は感染拡大のリスクが高くなることから、必要最小限にすることが必要」などと警鐘を鳴らしている。

岩手 2021.07.28 19:28

岩手県一戸町 御所野遺跡含む縄文遺跡群 世界遺産登録に歓喜

一戸町の御所野遺跡を含む北海道・北東北の縄文遺跡群の世界文化遺産登録が27日夜、決まった。これはオンラインで開かれた世界遺産委員会で決まったもので、御所野遺跡がある一戸町では喜びに包まれた。4道県17遺跡で構成する北海道・北東北の縄文遺跡群は、世界でも珍しい、農耕を伴わない縄文時代の定住生活や精神文化を示していると評価された。 登録決定から一夜明けたけさ、一戸町では記念式典が開かれ、悲願の達成を祝った。岩手県内の世界遺産登録は平泉、釜石市の橋野鉄鉱山に次いで3件目。

岩手 2021.07.28 13:43

岩手県 台風8号最接近で雨風強まり警戒続く

台風8号は28日朝、観測史上初めて宮城県に上陸した。岩手県内では28日昼過ぎにかけて土砂災害に厳重な警戒が必要。台風8号は28日午前9時現在、時速25キロで北北西に進んでいて、28日夜、温帯低気圧に変わる見込み。岩手県内では28日午前10時までの24時間に陸前高田で101ミリ、大槌で79ミリの雨が降り、宮古市全域に避難指示、最大9市町村に避難準備・高齢者等避難開始が発令された。鉄道は、始発から運転を見合わせていたJR釜石線、大船渡線と三陸鉄道の一部区間が28日午前11時頃までに運転を再開した。雨風のピークは過ぎたが、引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要。

岩手 2021.07.28 11:19

台風8号 28日未明から午前中に岩手県に最も近づく見込み

台風8号は、28日未明から午前中に岩手県に最も近づく見込みで、27日夜遅くから28日夕方にかけて警報級の大雨に警戒が必要。台風8号は27日午後3時現在、千葉県銚子市の東にあって、約15キロの速さで北北西に進んでいて、岩手県内には28日未明から午前中にかけて接近・上陸する見込み。特にあす未明から朝にかけて1時間に50ミリの雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、強風、高波にも警戒が必要。予想される24時間雨量は28日午後6時までに多い所で180ミリで警報級の大雨になるとみられる。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要。28日にかけて予想される最大瞬間風速は、海上30メートル、内陸と沿岸の陸上で25メートル、波の高さは最大6メートルの大しけとなる見込み。 盛岡地方気象台は27日の記者会見で「台風の動きが非常に遅く、大雨が長引くと雨量が増える」などと警戒を呼びかけた。 (盛岡地方気象台・安ヶ平一也観測予報管理官)「雨が強まる時間帯が暗い時間帯になる。夜中に危険度が高まってくるため、早めの避難が必要」 JRでは山田線の上米内~宮古間、釜石線の花巻~釜石間、大船渡線の一関~気仙沼間、三陸鉄道は盛~久慈間の全線で28日始発から昼ごろまで運転を見合わせる。 大槌町では午後3時から城山公園体育館を避難所として開放し、早速自主的に避難してきた住民もいた。 ♪避難した人「堤防のすぐそばに私たちが住んでいる住宅が建っている」 (Q・川のすぐそばということ?)「そうです、それで逃げてきた」「仮設住宅にいた時は浸水したから」 このほか、釜石市でも市内の小学校などを避難所として開放している。 岩手県は27日、風水害対策支援チームを招集し、明るい時間帯に避難を完了するよう、全市町村に助言した。 今回の台風はどこで局地的な豪雨になるか、場所の予測が非常に困難だとして、ハザードマップをもとに確実な避難につながる呼びかけを行うよう求めている。

岩手 2021.07.27 20:19

新型コロナウイルス 岩手県内で新たに10人の感染公表

岩手県と盛岡市は27日、新たに10人の新型コロナウイルス感染を公表した。公表されたのは、盛岡市、北上市、県央保健所管内、二戸保健所管内の10歳未満~80代の男女10人で、重症者はいない。 このうち、中部保健所管内の職場クラスター関連では、従業員やその家族など10歳未満から80代の男女4人の感染が確認され、感染者は計26人となった。 県内のスポーツ施設と二戸保健所管内の職場のクラスター関連では、それぞれ新たに1人の感染が公表された。 また、盛岡市は教育委員会事務局に勤める40代女性の感染を公表。同僚に濃厚接触者はいないという。 岩手県内の感染者数は累計1933人。

岩手 2021.07.27 18:40

岩手県一戸町 御所野遺跡含む「縄文遺跡群」世界遺産登録 27日夜に正式決定の見通し

一戸町の御所野遺跡を含む北海道・北東北の縄文遺跡群が27日夜、世界遺産委員会で審査され、正式に登録が決まる見通し。 一戸町の御所野遺跡を含む4道県17遺跡で構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」は5月、ユネスコの諮問機関・イコモスから「登録」の勧告を受けていて、27日夜、オンラインで行われる世界遺産委員会の審査を経て、正式に登録が決まる見通し。登録が決まれば、県内では「平泉」と釜石市の「橋野鉄鉱山」に続く3件目の世界遺産が誕生することになる。一戸町では28日、記念行事を行い、登録を祝う予定。

岩手 2021.07.27 14:55

岩手県盛岡市 延期していた64歳以下のワクチン接種 28日予約開始へ

盛岡市では、64歳以下の新型コロナワクチン接種開始が一部を除いて延期されていたが、28日から予約が開始される。 盛岡市では国からのワクチン供給量の大幅な減少を受け、64歳以下の新型コロナワクチン接種について、一部の医療機関を除き、接種の開始を来月17日からに延期していた。28日から予約が始まるのは60歳以上64歳以下の人と、59歳以下でも基礎疾患がある人、または高齢者施設などの従事者で、インターネット、LINE、コールセンターで受け付ける。また、医療機関によってはそれぞれの施設で直接予約を受け付けるという。盛岡市によると、59歳以下の対象者にも接種券は送付済みだが、予約や接種開始については未定で、国から供給されるワクチンの量に応じて順次接種をすすめたいとしている。

岩手 2021.07.27 13:24

岩手県北上市 住宅など7棟焼く火事 1人の遺体見つかる

27日未明、北上市で住宅など7棟を焼く火事があり、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。 午前3時40分ごろ、北上市本通りの高橋萬さん(93)宅から火が出ていると近くの住人から消防に通報があった。火は約6時間後にほぼ消し止められたが、モルタル2階建ての住宅を全焼したほか、周辺の倉庫や店舗6棟にも燃え広がった。このうち、高橋さんの住宅の焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。警察によると、この家には高橋さんが1人で暮らしているが、連絡が取れていないという。警察で遺体の身元の特定を急ぐとともに出火の原因を調べている。現場は北上市役所近くの中心部で、住宅や店舗などが密集している。

岩手 2021.07.27 13:20

岩手県田野畑村 村長選に現職と新人2人の計3人立候補

任期満了に伴う田野畑村長選挙が27日告示され、正午までに現職と新人2人の計3人が立候補を届け出た。 立候補したのは、届け出順に新人で村の元総務課長・佐々木靖候補60歳。現職で3選を目指す石原弘候補63歳。前副村長の早野円候補63歳のいずれも無所属の3人。 佐々木候補は、「道の駅エリアの検証と見直し」、石原候補は「人口減少対策」、早野候補は「行財政改革の着実な推進」などを公約に掲げている。 立候補の受け付けは午後5時まで。投票は8月1日午前7時から村内18投票所で行われ、即日開票される。

岩手 2021.07.27 13:15

岩手県商工会連合会 コロナ禍に喘ぐ中小・小規模企業への支援拡充を達増知事に要望

岩手県商工会連合会は26日、新型コロナの影響で苦境にあえぐ中小・小規模企業への支援拡充などを達増知事に要望した。県商工会連合会の高橋富一会長らが県庁を訪れ、達増知事に要望書を手渡した。要望によると、県内経済の回復にはワクチン接種の普及が不可欠で、接種の加速を国や市町村に働きかけることや、県の中小・小規模企業への資金貸付金の再開。国の雇用調整助成金の特例措置をコロナが終息するまで継続するよう働き掛けることなどを求めている。これに対し、達増知事は「県の集団接種は8月以降も継続する見通しになった。今後は中小規模の団体単位にも対応できるよう接種を加速したい。また、雇用調整助成金の特例措置は12月まで継続される見通しになった。1月以降も全国知事会と連携して、国に要請していきたい」と答えた。

岩手 2021.07.26 19:27

岩手県 新型コロナ11人感染 うち9人は中部保健所管内の職場クラスター関連

岩手県と盛岡市は26日、新たに11人の新型コロナウイルス感染を公表した。9人は中部保健所管内の職場クラスター関連。 公表されたのは、盛岡市、北上市、奥州市と県央、中部、二戸保健所管内の10~80代の男女11人。重症者はいない。このうち、中部保健所管内の職場クラスター関連では、盛岡市、北上市、奥州市、中部保健所管内の10~80代の男女9人の感染が公表され、感染者は従業員・家族など計22人となった。また、二戸保健所管内の職場クラスターでは、新たに従業員1人の感染が確認された。県内の感染者数は累計1923人。

岩手 2021.07.26 19:24

台風8号 27日岩手県に最接近 河川増水・土砂災害などに警戒を

台風8号は27日、岩手県内に最も近づく見込みで、26日夜から27日にかけて大雨や強風に警戒が必要。台風8号は日本の東を1時間に約30キロの速さで北西へ進んでいて、岩手県内には27日に最も近づく見込み。26日夜から27日にかけて大雨となる見込みで、27日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで内陸で100ミリ、沿岸の北部・南部で150ミリと予想されている。また、強風にも警戒が必要。予想される最大瞬間風速は海上で25メートル、波の高さはうねりを伴って5メートルと予想され、台風の動きによっては警報級の高波となるおそれもある。この中、宮古市の漁港では台風の接近に備え、漁師が安全な湾の奥に漁船を避難させていた。 (漁師)「ホタテの養殖をやっているので被害が無ければいい」「最低限の荒天の準備をしてあとは祈りたいと思う」 盛岡地方気象台によると、県内の大雨のピークは27日未明から明け方となる見込みで、河川の増水や氾濫、土砂災害などに警戒するよう呼び掛けている。

岩手 2021.07.26 19:10

岩手県・釜石名物へ「三陸釜石うにパエリア」発売

岩手県・釜石市の観光地域づくり法人、かまいしDMCが釜石名物「うにしゃぶ」のスープを使ったパエリアを発売した。「鉄と魚の街」をわかりやすく知ってもらうため、南部鉄器製のオリジナルパエリア鍋と、釜石市内の食品加工会社で作ったパエリアの具材をセットで販売する。価格は税込み1万2500円で、楽天市場の「釜石オンラインショップ」で販売される。

岩手 2021.07.26 11:46

岩手県・台風8号が27日に最接近 今夜から大雨・強風に警戒

岩手県内に「台風8号」が27日に最も近づく見込みで、今夜から大雨や強風に警戒が必要。台風の影響で、県内では大雨となる見込みで27日の午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで内陸で80ミリ、沿岸の北部と南部で100ミリと予想されている。予想される最大瞬間風速は、海上で25メートル、波の高さは5メートルとなっている。

岩手 2021.07.26 11:28

岩手県 新型コロナウイルス13人感染公表

岩手県内では25日、13人の新型コロナウイルス感染が公表された。公表されたのは、盛岡市、滝沢市、北上市、県央・中部・二戸保健所管内に在住または滞在の男女13人。このうち、二戸保健所管内の男女4人と、24日までに公表された4人は管内初の職場クラスターに認定。中部保健所管内では北上市の40代男性と、24日までに公表された4人が新たな職場クラスターに認定された。北上市の10代と40代の女性2人は別の職場クラスター関連で累計13人。県内の感染者の累計は1912人となった。

岩手 2021.07.25 17:35

【速報】岩手県 新たに13人の新型コロナウイルス感染公表

岩手県内では25日、新たに10~80代の男女13人の新型コロナウイルス感染が公表され、感染者の累計は1912人となった。居住地別では盛岡市3人、県央保健所管内1人、滝沢市1人、北上市3人、中部保健所管内1人、二戸保健所管内3人、県外(二戸保健所管内滞在)1人。

岩手 2021.07.25 15:03

岩手県陸前高田市 震災11年目「思い出の品返却会」

東日本大震災から10年以上過ぎても持ち主が不明の品々を返却する会が25日、陸前高田市で開かれた。この返却会は毎月25日に三陸アーカイブ減災センターが陸前高田市の商業施設「アバッセたかた」で開いている。今も持ち主がわかっていない写真は約7万枚。生活の品々は約2700点にのぼり、返却会では、訪れた人が懐かしそうに震災前の写真を眺めていた。 ♪三陸アーカイブ減災センター・秋山真理さん「一人でもやっぱり探したいと思う方、探したいと思うタイミングで探していただけるように、そういう形を目指していく」 返却会は今後、内陸の盛岡などでも開かれる予定。

岩手 2021.07.25 14:44

岩手県遠野市 建築家・安藤忠雄さんが寄贈「こども本の森遠野」オープン

世界的建築家・安藤忠雄さんによる子ども向けの図書施設が遠野市に25日オープンした。 地元の小学生らによるテープカットでオープンした「こども本の森遠野」。建築家の安藤忠雄さんが築120年の古民家を改築し、遠野市に寄贈した。蔵書約1万3千冊の多くは全国から寄せられ、子どもたちがさっそくお気に入りの1冊を探していた。 ♪子ども「本がたくさんありすごい量。本をたくさん読みたいです」 定休日は水曜日で、当分の間、利用の際は予約が必要だという。

岩手 2021.07.25 14:40

岩手県岩手町 五輪ホッケー田中海渡選手 初戦に地元からエール

東京五輪ホッケー男子日本代表の初戦が行われた24日、田中海渡選手の地元・岩手町ではパブリックビューイングが行われた。 田中海渡選手の母・礼子さんなど約30人が新型コロナの感染対策のため、声は出さずに拍手でエールを送った。世界ランキング1位のオーストラリアとの試合に先発で出場した田中選手。相手選手が持ったボールを見事なスティックさばきではじくなど、チームに貢献した。結果は3対5と勝利とはならなかったが、田中選手の活躍に地元が沸いた。 (田中選手の母・礼子さん)「点数を取れたということが良かったかなと思うし、次につながる試合ができたんじゃないかなと思います」 パブリックビューイングは27日のニュージーランド戦でも行われる。

岩手 2021.07.25 10:59

お盆期間中の東北・北海道新幹線の指定席予約数 去年比1.5倍

来月6日から17日までの東北・北海道新幹線の指定席の予約数は、今月19日現在で約10万席と、新型コロナの影響で過去最低だった去年に比べると約1.5倍増加しているが、おととしに比べると4分の1にとどまっている。混雑のピークは、下りが7日、上りは15日と見込まれているが、いずれも予約率は、およそ3割にとどまっていている。

岩手 2021.07.24 11:14

岩手県・新型コロナウイルス新規感染確認8人

岩手県と盛岡市は23日、8人の新型コロナウイルス感染を公表した。半数以上の人は、過去の感染例との関連が分かっていない。感染が公表されたのは、盛岡市、北上市と県央・中部・奥州保健所管内の20代から60代の男女8人で、そのうち5人は感染例との関連が分かっていない。また、デルタ株の可能性があるL452R変異株は、5月30日から7月21日までに公表された47件のうち17件が陽性だった。

岩手 2021.07.23 16:37

岩手県北上市・ミニバスケットボール県大会

岩手県北上市でスポーツの日の23日、小学生のミニバスケットボールの岩手県大会が始まった。去年は新型コロナの影響で中止された為、2年ぶりの開催で、地区予選を勝ち抜いた男女それぞれ32チームが3日間トーナメントで争う。一般客は入れず、保護者は各チーム5人に制限。選手・関係者は試合2時間前から受け入れ、会場の人数を管理するといった感染対策がとられた。

岩手 2021.07.23 16:25

岩手県田野畑村 山林でクマに襲われ70代男性負傷

23日朝、田野畑村の山林で70代の男性がクマに襲われ、顔や手足にけがをした。23日午前5時半ごろ、田野畑村田野畑の山林で、近くに住むアルバイト、遠藤誠治さん(71)がクマに襲われた。遠藤さんは集落の水田に繋がる水路の見回りのために現場の山林を訪れていたもので、目や額、両手を引っかかれたほか、左足のひざの裏を噛まれるなどしたが、麓まで自力で下山。親族を通じて消防に通報し、久慈市内の病院で手当てを受けたが、意識はあり、命に別条はないという。現場は田野畑村民族資料館西側の山林で、田野畑村役場が防災無線で注意を呼び掛ける一方、警察は現場周辺でパトロールを行っている。

岩手 2021.07.23 10:58

岩手県宮古市 スポーツの日「シーアリーナ体育まつり」

「スポーツの日」の23日、東京オリンピックの開会式を前に、宮古市では、市民がスポーツで交流を深める催しが開かれている。 スポーツを通じて市民同士の交流を図ろうと、毎年開かれている宮古市民総合体育館の「シーアリーナ体育まつり」。去年に続いて今年も感染症対策に配慮しながら開かれ、体力テストや10種目の競技を訪れた市民が体験した。その1つ、パラリンピックの種目にもなっている「ボッチャ」は赤と青のボールを投げ、目標の白いボールにどれだけ近づけるかを競う競技で、誰でも気軽に楽しめる。この催しは23日午後4時まで開かれている。

岩手 2021.07.23 10:45

岩手県盛岡市 東京五輪クライミング・カナダ代表チーム 事前キャンプ入り

東京五輪クライミング競技のカナダ代表選手が22日、事前キャンプ地の盛岡市に到着した。事前キャンプに参加するのは、選手2人とトレーナーの計3人。3人は新型コロナワクチンを2回接種済みで、21日に空港で行われた検査でも陰性が確認されている。到着した選手に盛岡市の谷藤市長が「盛岡を第2のふるさとと思ってください」と歓迎の挨拶を述べた。 (アランナ・イップ選手)「このようなすばらしい施設を使わせていただけることに大変感謝する」 (ショーン・マッコール選手)「あたたかいおもてなしに感謝する。このような関係を今後も続けていきたい。」 事前キャンプは盛岡市の県営運動公園内のスポーツクライミング競技場で28日まで行われる。

岩手 2021.07.22 20:17

岩手県釜石市 根浜海水浴場2年ぶりに海開き

22日は海の日。釜石市の根浜海水浴場では2年ぶりに海開きが行われた。釜石市の根浜海水浴場は一昨年、東日本大震災後初めて海開きをしたが、去年は新型コロナウイルスの影響で海開きが出来なかった。22日は神事で海開き中の安全を祈願した後、再生工事が終わった砂浜や海で、さっそく大勢の人が海遊びを楽しんだ。また、根浜あおぞらビーチパークという催しも行われ、家族連れがシーカヤックやシュノーケリングなどを楽しんでいた。 (海水浴に訪れた人)「あまり連れて行けないことが増えたので、遊べる場所があるのは助かります。」 22日の岩手県内は前日までと比べると暑さは少し和らぎ、根浜海水浴場のある釜石で26.6℃、盛岡は県内の観測地点で最も高くなったが30.8℃で6日連続の猛暑日とまではならなかった。消防によると、22日午後4時現在で8人が熱中症の疑いで搬送された。岩手県内は22日夜遅くにかけて雷を伴う大雨となる所がある見込みで、23日午後6時までの24時間降水量は内陸や沿岸北部で80ミリと予想されている。

岩手 2021.07.22 20:12

岩手県宮古市 浄土ヶ浜「海開き」臨時交番設置

22日、宮古市の浄土ヶ浜も海開きを迎え、臨時の交番が設置された。毎年、多くの人が訪れる宮古市の景勝地、浄土ヶ浜。22日、海開きに合わせて臨時の交番が設置された。開所式には宮古警察署や宮古市の関係者など約20人が出席し、宮古警察署の髙橋淳署長は「水難、交通事故、盗難被害の未然防止に努めてほしい」と話した。臨時交番は海水浴が楽しめる来月16日まで設置される。

岩手 2021.07.22 16:33

岩手県 新型コロナウイルス新たに5人感染 累計1879人に

岩手県は22日、新たに5人の新型コロナウイルス感染が確認されたと公表。いずれも20代の男性で、県内の感染者の累計は1879人となった。新たに感染が確認されたのは、花巻市と中部保健所管内、二戸保健所管内に住むいずれも20代の男性5人で、重症者はいない。二戸保健所管内の20代男性3人は二戸保健所管内にある会社で同じ業務にあたる同僚。それぞれ発熱などの症状が出たため検査を受け、ウイルスが検出された。これまでこの3人以外で感染者との関連は確認されていない。今後、職場で少なくとも50人以上の検査を予定している。中部保健所管内と花巻市の20代男性はそれぞれ、これまでに感染が確認された家族以外の感染者と接触があったが、詳細は公表されていない。22日に公表された人を含めて、直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は岩手県4.3人、中部保健所管内13.8人。岩手県内の感染者の累計は1879人。正午現在63人が入院していて、重症者はいない。

岩手 2021.07.22 16:30