全国のニュース

静岡・浜松市 ネット活用の通信制高校が学校説明会

静岡県浜松市にインターネットを活用した授業を行う通信制高校が来年春、開校されるのを前に9月23日、学校説明会が開かれた。 学校法人角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校とS高等学校はインターネットを活用した授業を受けられることが特徴で、全国に2万人の生徒が在籍している。 来年4月、静岡県内初となるキャンパスが浜松市に開校されるのを前に23日学校説明会が開かれ、担当者から週の通学日数を選択できることなどが説明された。

静岡 2021.09.23 21:30

山形県内の高校で初「女子硬式野球部」発足へ体験会

山形県山形市の山本学園高校に来年春、県内で初めて「女子硬式野球部」が誕生することになり、来年度高校生となる中学3年生に女子硬式野球への関心を持ってもらおうという体験会が23日、開かれた。 来年度から校名を惺山高校に変更する山本学園高校では、女子生徒も硬式野球で活躍できる環境を作ろうと、山形県内では初となる「女子硬式野球部」が来年4月に創設される。 多くの女子生徒に硬式野球への関心を持ってもらおうと開かれた23日の体験会には、軟式野球やソフトボールに打ち込んでいる県内の中学3年生15人が参加した。 講師を務めたのは、栃木県の実業団チーム「エイジェック女子硬式野球部」に所属し「ナックル姫」の愛称で知られる女子野球界の先駆者の吉田えり投手ら4人。参加した生徒たちは、第一線で活躍する選手たちと硬式ボールを使ってキャッチボールをしたりして、体の使い方のコツなどを学んでいた。 東根市から参加したソフトボール部の生徒「軟式ボールは触ったことがあったが、硬式ボールは初めて触った。結構重かった。もし惺山高校に入学したら野球がしたい」と語った。 エイジェック女子硬式野球部の吉田えり投手は「半日一緒に野球して、これからどんな成長をするのか楽しみになった。きょうをきっかけにこれからも野球を一生懸命続けてほしい」と話した。 全国高校女子硬式野球連盟によると、高校の女子硬式野球部は現在、全国で40校ほどが活動しているという。山本学園高校では、「女子硬式野球部」創部一年目となる来年度から全国大会での活躍を目指したいとしている。

山形 2021.09.23 20:57

秋の草花が見頃に…「蔵王ペンション村」オープンガーデン

23日は秋分の日。標高の高い山沿いは次第に秋の装いを見せ始めている。秋の草花が見ごろを迎えた「蔵王ペンション村」のオープンガーデンを取材した。 晴れ間が広がった23日の蔵王。 9つのペンションなどが立ち並ぶ蔵王ペンション村では、毎年春と秋にそれぞれの庭を無料で散策できるオープンガーデンを行っている。 ペンションあっぷるの佐藤正幸さんは「原種のシクラメン。ヘデリフォリウムは花が終わるとくるくると種がまかれていって土の中に入っちゃう。そして来年の春に種がこぼれて芽吹く」「これがクランベリー。ツルコケモモ。10月末に収穫してジャムにする」と説明してくれた。 23日は散策に訪れる人たちの姿もみられた。山辺町から訪れた人は「なかなか自然な感じに咲かせるのは難しいし、手間がかかる。よく毎年きれいにしていると感心している」と話した。 ペンションあっぷるの佐藤正幸さんは「ここに植えられている植物で自分の庭にも試してみたいものがあったらアドバイスもするので、参考にしてもらえたら」と話した。 蔵王ペンション村のオープンガーデンは10月3日まで行われている。またペンション村付近の紅葉の見ごろは例年10月20日ごろだという。

山形 2021.09.23 20:51

コロナ感染減少傾向も飲食店は苦しい状況続く… 山形県

新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあるが、山形県は県境をまたぐ往来の自粛や少人数での会食などを強く呼び掛けている。こうした中、祝日の23日も山形市中心部の人通りは少なく、飲食店は客足が戻る兆しが見られない辛抱の日々が続いている。 9月の大型連休となるシルバーウィーク。後半が始まったが、感染対策として県は引き続き、県外との不要不急の往来の自粛や会食は普段いる人と少人数、短時間で行うことなどを呼び掛けている。 また、首都圏など19都道府県が9月末まで緊急事態宣言の対象地域となっている。 民間企業が提供しているスマホの位置情報によると、9月18日からの3連休に首都圏の1都3県から県外に移動した人は去年から2割以上、21.6%減った。また、山形市内の3連休中の人出も去年と比較して減少し、連休最終日を比べると15%以上減っている。 全国的に感染者の数が減少傾向にある一方で、飲食店は苦しい状況が続いている。 山形市七日町の飲食店「嘉ちゃん」の足立嘉浩代表は「山形は今回、緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も出なかったが、同等の自粛をしてさらに減っている感じ。去年の緊急事態宣言後の売り上げよりもことしのほうがさらに20~30%落ちている」と話す。 足立代表によると「町の人通りが少なく、店内で飲食する客足が戻ってくる兆しも見えない」という。 こうした中、足立代表は少しでも活気を取り戻そうと、新たに空き店舗を借り入れ、全国のご当地グルメをテイクアウトで販売する物産展を期間限定で始めた。足立代表は「まちおこし、何とか七日町に一石を投じたいというか、元気に何かを小さいながらもやることで続いてくれる人がいればと始めた。我慢強くやり続けて定着させる。いまは我慢のしどころ。コロナ治療薬ができたりすると状況が変わってくると思うので、そこに至るまでは辛抱」と語る。 感染の第5波は落ち着きを見せているが、感染の再拡大への懸念が消えない中で我慢の状況は続きそうだ。

山形 2021.09.23 20:43

「マツタケ」例年より早く店頭に 山形県内有数の産地・高畠町で

秋の味覚「マツタケ」が例年より10日ほど早く店頭に並び始めた。山形県内有数の産地・高畠町の商店にはマツタケを求め、多くの客が訪れている。最盛期を迎える10月に向け、関係者は「今後の天候が生育のカギを握る」と話している。 高畠町で「マツタケ」の直売をしている「フレッシュマートたねや」には23日も午前中からマツタケを求めて多くの客が訪れた。 買い物客は「最高だね。やっぱり香りと食感が最高」「大好き。毎年楽しみにしている。マツタケご飯と焼き物にしたい」と話した。 今シーズン、この店では9月7日からマツタケの入荷がスタート。 連日、数十人ほどがマツタケを持ち込みに来るという。 フレッシュマートたねやの佐藤守重さんは「8月下旬に雨が多かったことと、9月上旬に涼しくなったことで例年より早めに始まった」と話す。店によると、ことしは例年に比べて10日から2週間ほど早い動き出しとなっている。 順調に入荷が進む一方、店は、マツタケの採れる時期が早くなったことで旬を迎える10月にマツタケが出てきてくれるか、少し心配だと話す。フレッシュマートたねやの佐藤さんは「マツタケが出ることは喜ばしいことだが、本当の秋らしいキノコは10月に入ってからこれから気温が低くなって出てくることに期待しているので、そこが心配。最盛期に向かって気温がだんだん落ちてくればいいなと思う」と話した。 秋の味覚「マツタケ」。本格的なシーズンに向けて、関係者は恵みの雨に期待を寄せている。

山形 2021.09.23 20:33

倉敷市で「スポGOMI甲子園」

高校生たちが拾ったゴミの量を競うユニークな大会がきょう、倉敷市で開かれました。 その大会とは「スポGOMI甲子園」。 倉敷市中心部の会場には県内5つの高校から15チームが参加しました。 ルールはシンプルで、3人1組になって半径1.5キロのエリア内に落ちているゴミを拾い、その量でポイントを競います。 制限時間は1時間、高校生たちはゴミが多く落ちていそうな場所を探しながら、吸い殻などを拾いました。 集められたゴミは全部で45キロ。 種類ごとに計量され、その結果、17キロあまりを集めた山陽学園高校のチームが優勝しました。 海ごみ削減の意識を若者にも高めてもらおうと2年前に始まったこの大会。 今年は全国30道府県で開催され、各地の優勝チームがことし12月26日に東京都で開かれる全国大会に出場します。

岡山 2021.09.23 20:00

人気者のキリンに「エサやり台」プレゼント

ことし3月に岡山市の池田動物園に新しくやってきたキリンにエサをあげる台がきょう、プレゼントされました。 2歳のオスのアミメキリン、「サンタロウ」。 高知県からやってきて半年、早くも子どもたちの人気ものです。 その「サンタロウ」にきょうプレゼントされたのがエサやり台。 コロナ禍で経営状況がますます厳しくなった池田動物園を盛り上げようと市内の社会福祉団体が贈ったものです。 よくみると「サンタロウ」より高い位置にあるエサやり台ですが、サンタロウが体長5メートルほどに成長するおよそ2年後から使う予定で、餌やり体験会を開催するなどして来園者の増加に繋げたいとしています。

岡山 2021.09.23 20:00

伝統を繋ぐ…子供が神相撲を奉納

さわやかな秋晴れとなった秋分の日のきょう、高松市の寺では千年以上の歴史があると言われる伝統の子供神相撲が行われました。 高松市牟礼町田井地区にある六萬寺では、毎年、秋分の日に市指定の無形民俗文化財「田井の子供神相撲」が奉納されています。 新型コロナの影響で、参加する小学生力士を5年生と6年生の3人と規模を大きく縮小したほか、去年に続き一般公開を中止し関係者のみでの開催となりました。 感染対策のため土俵上で互いの手や足を取り合う2人1組の型は行わず、1人で行う型のみを披露しました。 新型コロナ退散の祈りも込め力強く四股を踏んだ小学生力士たち。 千年以上と言われる伝統の灯を後世へとつなぎました。

香川 2021.09.23 20:00

3回目のワクチン接種実施へ 福岡の反応

銀杏庵 穴生倶楽部(北九州市八幡西区) 「町内会の人が敬老のお祝いと言って持ってきてくれてたよ。 栗まんじゅう」 きょう、北九州市の特別養護老人ホームでは、入居する高齢者の家族が訪れ、面会を行っていました。 この施設では、パーティションなどの感染対策を行い、15分間という限られた時間での面会を1年以上続けています。入所者と職員の9割以上がワクチン接種を終えていますが、感染への不安は消えないと話します。 銀杏庵 穴生倶楽部 権頭喜美恵理事長 「ワクチン接種終えてから、日数がたってきますと効果も低下してくるということで、感染するリスクを感じておりますので怖いです」 そんな中、議論が始まった3回目の接種について入所者は。 「(3回目)打ちますかと聞かれたら一番に打ちますよ」 「打たないと心配」 一方、施設側は葛藤も抱えています。 「できれば(3回目の接種も)高齢者を優先していただけるといいなと思います。ただ、今のところ1回目、2回目、まだの方もいらっしゃるからですね、ワクチンの数が足りないという話も聞きますし、その前に3回目していいのかなというのもあります」 ワクチンを2回接種した場合でも有効性が低下することが報告されていることから国は3回目の接種を行うことを決めました。きのう厚生労働省が自治体向けのオンライン説明会を行うなど準備に向けて動きだしています。説明会では2回目の接種から8か月以上あけ、早ければことし12月にも医療従事者の接種を始める予定です。 3回目の接種が議論されている背景にはワクチンの2回接種後に感染する「ブレイクスルー感染」が少しずつですが広がっているからです。福岡市によりますとことし6月末から今月10日までの感染者、およそ1万6000人のうち2回目接種後の感染はおよそ600人で3.9%を占めます。 コロナの重症患者の治療にあたる福岡大学病院では、医療従事者の2回目の接種からおよそ半年が経過し警戒感を強めています。 福岡大学病院救命救急センター 石倉宏恭センター長 「日本もまた第5波が収束してきているがそれが再度第6波が来ることは十分考えておかなければならない。患者に接しているわれわれは感染する可能性があるので怖いなというそういう意識はあります。私はこの世界の状況を見ると(3回目は)打つべきだと思います」 石倉センター長はワクチンの効果を継続することが医療体制を守ることにつながると話します。 「スタッフにいろいろと指示をするときワクチンを打っていないとき少しブレーキがかかったことがあった。それが(ワクチン接種で)解消された部分もあるそういうこと(安定した医療体制)が継続してできる」 3回目の接種に向けて関心が高まっているのが体内に侵入してきたウイルスとたたかう抗体についてです。 福岡市のベンチャー企業では虫のカイコが作るたんぱく質を活用して体の中の抗体量を測定できるサービスを今月から開始しました。 発売から2週間でこれまでに4000箱が完売し、さらに1万箱を増産するなど需要の高まっているといいます。 KAICO開発担当 江崎啓一さん 「ワクチンの接種がかなり多くの方が2回接種されてただワクチンを打ったあとにみなさんそれぞれの体の中に新型コロナに対する抗体がどの程度できているかみなさんの関心事になっている」 5段階の抗体レベルのうち、2回接種した人は平均してレベル4の値が出ますが、中には抗体が少ないレベル1や2の値を示す人もいるということです。 「ある研究だと3か月くらいで半分とか4分の1に抗体が下がる人もそういった方は早めに確認してワクチン3回目打っていただければ個人で判断できる指標参考に活用できる」 日本ワクチン学会の理事長で福岡看護大学の岡田賢司教授は、3回目のワクチン接種の必要性を訴えます。 岡田教授 「やっぱりワクチンの一番の目的は重症化、死亡の予防ですよね。 感染予防までは、やっぱり100%はなかなか得られないけれも、やっぱり今のところまだ2回まででほぼ重症化予防、死亡者の予防はかなり保たれていますよね。感染者をできるだけ減らすという意味合いからしても、3回目の接種は多くの国々でやられているように、日本でもやっぱり必要になってきているんだろうというふうに思います」 その上で、接種の対象などについては今後のウイルスの変異などを注意深く見ていく必要があると話します。 岡田教授 「ウイルスの変異パターンとワクチンの効果と重症者、死亡者の数、そういうものをいろいろ見ていかないと、今3回目が絶対必要ですとか、いや3回目はいらないのではないかとか、どういう対象でしょうかとかっていうのは今の時点での話であって、もしかしたら1か月後にはまた全然違う局面になっている可能性があるとは思いますよ」 国は2回目の接種を受けた全員が3回目の対象になることを想定していて今後、福岡でも接種に向けた動きが加速することになります。

福岡 2021.09.23 19:55

長崎県 新型コロナ新たに15人感染確認

新型コロナウイルスは23日、県内で新たに15人の感染が確認された。 新型コロナウイルスは佐世保市6人、長崎市5人、諫早市と佐々町で各2人の計15人の感染を確認。このうち4人の感染経路が特定できていない。時津町運営のスポーツ施設「B&G海洋センター」で活動する市民のサークルで23日までに6人の感染が確認され新たなクラスターに。22日までに21人を検査し陽性者を除く15人は陰性が確認されている。施設は町が消毒を行った上で通常通り開館しているという。また、長崎市ではクラスターが発生しているグループホームで新たに1人が確認され感染者は6人となった。

長崎 2021.09.23 19:50

新型コロナ 山梨県内で新たに21人感染

県内では23日、新たに21人の新型コロナウイルス感染が発表された。感染が分かったのは10歳未満から40代の男女21人だ。このうち40代の男性が中等症で軽症は12人だ。また、このうち10代の8人が同じ10代男性と接触していて、県が行動歴や感染経路を調査している。 今月の感染者は541人、累計は延べ5034人となった。きょうの感染発表は先週の木曜より11人多く2日連続で前の週の同じ曜日を上回った。1日の感染者の発表が20人を超えるのは9日ぶりだ。一方、重症用を除く病床と宿泊療養施設の使用率は8.2%となっている。 県内のワクチン接種率は、医療従事者を除き1回目の接種を終えたのは48万9645人で59.64%となった。全国では37番目だ。2回目を終えたのは39万9183人で48.62%となっている。

山梨 2021.09.23 19:48

町長選前後から逮捕業者に発注事業が増加 市川三郷町 官製談合事件

市川三郷町の官製談合事件は96票差の激戦となった8年前の町長選を挟んで町が、逮捕された業者に発注する事業が増えていることが分かった。 事件は市川三郷町の町長久保真一容疑者ら3人が町立保育所の入札で、落札予定者を事前に決め談合に応じる業者を教えていたとして逮捕されたもの。今回、逮捕された小林一容疑者が経営する綜合建築設計事務所に町から発注された事業は少なくとも13件あり、ほとんどが2013年以降に集中していることが新たに分かった。 2013年は久保容疑者が96票差で相手候補を破り4選を決めた町長選があり、小林容疑者と町議の秋山詔樹容疑者は久保容疑者を支援していた。この町長選は長期政権を嫌った町内の大多数の建設業者が相手候補を支援するなど町を2分する選挙となり、町の幹部の一人は「その時期から町長の意向で町外の業者を指名入札に入れる機会が増えた」と証言している。 捜査関係者によると、事件は小林容疑者とともに、久保容疑者を支援した秋山容疑者が仲介役を果たしたとされ、小林容疑者は調べに対し「逮捕容疑以外の事業でも談合を依頼した」という趣旨の話をしているという。久保容疑者は「長い付き合いで断れなかった」などと話していて、警察も3人が選挙での支援を背景に癒着を深めていったとみて捜査している。

山梨 2021.09.23 19:47

シルバーウイーク後半 秋の行楽“不安”も

新型コロナウイルスは23日、新たに15人の感染が確認された。「秋分の日」の祝日にあわせ行楽地では多くの家族連れなどの姿がみられた一方で不安の声も聞かれた。 シルバーウイークは「秋分の日」から後半の飛び石連休がスタート。行楽地には多くの家族連れなどの姿が見られた。県は感染状況に応じたステージを独自の緊急事態宣言が出されている佐世保市も含め25日から県全域で「2」に引き下げ外出自粛の制限も解除する。夏休みも外出の機会が少なかったという子どもたちが元気に駆け回る一方で親からは感染の再拡大に不安の声も聞かれた。感染ステージ引き下げに伴い県は県民対象の宿泊キャンペーンも再開し23日から予約の受け付けを開始。25日の宿泊分から割引が適用される。

長崎 2021.09.23 19:47

「コロナ」福岡で123人 4日ぶりに100人超

福岡県ではきょう、123人の新型コロナウイルス感染を確認しました。4日ぶりに100人を上回っています。 感染者の保健所管轄別の内訳は福岡市が50人、北九州市11人、久留米市15人、そのほかの地域で47人です。 検査数は2744件で陽性率は4.5%でした。 90歳以上の女性1人が亡くなっています。 また、宮若市の病院と福岡市の介護老人保健施設で新たなクラスターが発生しています。 新規感染者123人は先週の木曜日より110人減り、30日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。 病床使用率も改善傾向が続き、きのうの時点で30.3%と前の日より6ポイント近く下がっています。

福岡 2021.09.23 19:47

糸島「田んぼアート」ことしのメッセージは?

福岡県糸島市では田んぼをキャンバスにした「田んぼアート」が毎年披露されています。 去年はコロナ禍をみんなで乗り越えようと「もうひとふんばり」という文字を作り上げましたが、ことしはどんなメッセージだったのでしょうか。 7月上旬、糸島市の二丈吉井地区で田植えの体験会が開かれ、約90人の親子連れが集まりました。 ■吉住公洋さん 「感覚を短めに縁取りしておくと出来上がりがキレイに浮き上がります」 イベントを主催したのはコメ農家の吉住公洋さん。 子どもたちが一生懸命植えた稲には仕掛けがありました。 ■吉住さん 「9月ごろには真っ赤な赤米の中にちょっとしたあるメッセージが浮かんでくるという仕組みになっています」 一般的な白米と稲の穂が赤い「赤米」を使い分けることで田んぼに文字を描いているのです。 地元を盛り上げようと始まったこのイベントもことしで31回目を迎えました。 ■吉住さん 「昨年が”もうひとふんばり”コロナに負けずみんなでがんばりましょうというメッセージだったので…」 コロナ禍の去年のメッセージは「もうひとふんばり」 あれから1年が経って今回はどんな思いが稲穂に込められたのでしょうか。 田植えから2か月―。青々としていた稲穂がようやく赤く色づきました。 8月の記録的な大雨。そして先週の台風14号。 自然の猛威にもなんとか耐えて浮かびあがったことしのメッセージがこちらです! “ようふんばりました” ■吉住さん 「ちょっと残念ですけど(コロナが)落ち着くまでは時間がかかるみたいですけどみんなよう頑張ったよね、もうちょっとよねというメッセージをデザインしてみました。(来年はコロナとは)全く違うことで願いを込めたり盛り上がったりできるようなメッセージを考えられる年になっててほしい」 “ようふんばりました”と心から思えるその日まで―。 コロナ収束への願いが込められた田んぼアートが私たちにエールを送っています。

福岡 2021.09.23 19:45

新型コロナ 新たに県内5人感染

 新たに感染が確認されたのは鹿児島市の10代の男性と出水市の30代の女性、奄美市の50代の男性と霧島市の20代の男女2人の計5人だ。このうち3人の感染経路が今のところ分かっていない。感染者は4日連続で1桁となった。県内で確認された感染者は累計で9030人だ。  22日時点で病床の使用率は18.4%、人口10万人当たりの療養者数や、直近1週間のPCR検査の陽性率、人口10万人当たりの新規感染者数など全ての指標が、ステージ3の基準を下回っている。  これまでアレルギーなどでワクチン接種をできなかった人にむけ、県はアストラゼネカ製のワクチンの集団接種を行う。  対象はファイザーとモデルナ製のワクチンを接種できない18歳以上。またアストラ製のワクチン接種を希望する40歳以上も受けられる。  会場は鹿児島市立病院で、100人の接種を予定している。1回目の接種は来月2日、2回目は11月27日で、接種時間は午前10時から正午までだ。  予約は24日からで、午前9時から午後5時半まで県のコールセンターで受け付けている。

鹿児島 2021.09.23 19:45

天文館で働く人などに“食材を”

 コロナ禍で苦境に立たされている天文館で働く人たちなどに、食材などが配られた。  「明日へつなげ隊プロジェクト」と題されたこの取り組み。建設業界の有志と鹿児島市社交業組合が行ったもの。県内企業約60社から寄付を募り県産の米2キロや野菜、卵などが準備され、新型コロナの影響を受ける天文館で働く人たちや鹿児島市の飲食店で働く人に配られた。  天文館で働く人は「すごくありがたい。気持ち的に明るくなれるのでまた頑張ろうと思う」と話した。  明日へつなげ隊プロジェクト発起人の若大将会メンバー水口竜成さんは「コロナの前はやはり天文館で我々も会合があったり飲み会があった。本当にみんなの笑顔を思い出したら寂しい思いになってなんかしたいなと言うのが最初の思い」鹿児島市社交業組合谷川麻奈美理事長は「ありがとうを聞きたいわけではなく気持ちから笑顔になってハッピーになってほしいなという気持ちでやっているのでそれが励みになっている」と話した。  今後もプロジェクトを続けていきたいと話していた。

鹿児島 2021.09.23 19:45

“漁に出る準備中に誤って転落か”55歳男性が死亡

 指宿市の漁港で23日朝、男性(55)が海中に沈んでいるのが見つかり、その後死亡が確認された。  死亡したのは、指宿市岩本の漁業高木豊二さん(55)。警察によると、23日午前4時過ぎ、指宿市岩本の今和泉漁港で、近くにいた釣り人が「海に人が落ちたようだ」と警察に通報した。  漁港にいた漁師が付近を捜索したところ、港に係留していた高木さんの漁船のそばで高木さんが海に沈んでいるのがみつかり、搬送先の病院で約1時間半後に死亡した。死因は水死とみられている。発見場所の水深は3メートルほどだったという。  警察によると、高木さんは当時、漁に出る準備をしていたということで、誤って転落したとみて詳しく調べている。

鹿児島 2021.09.23 19:44

指輪をかざすだけで支払い完了 スマートリング登場

福岡市中央区六本松にある書店にきょう登場したのは、スマートリング「EVERING」です。 真っ黒でスタイリッシュなこの指輪。 実は…こちらの指輪を端末にかざすだけで簡単に決済できます。 現金やスマートフォンを取り出すことなく、この指輪をかざすだけで支払いが完了。スマートフォン経由してクレジットカードから好きな金額をチャージして使います。 価格は1万9800円。一般での販売は来月からですが、こちらの会場では実際に指にはめてサイズを確認し購入の予約をすることができます。 「スマート決済ということですごく便利だなということで、きょう朝一番で鳥栖から走ってきました。すごく不思議な気持ちもある使うのをすごく楽しみにしています」 こちらの指輪。日常生活のさまざまな場面でつけたまま使用可能です。例えば…、輪をつけたまま、手を洗うこともできます。 防水機能もついているため、プールや温浴施設でも問題なし! さらに、充電も不要!充電のためにつけたり外したりしなくていいんです。 EVERING マーケティング部 富重豪さん 「生活の中になじむ未来のリングというか、そういった見え方をしてくれるとうれしいなと思います」 このEVERING、大手コンビニやスーパーで決済に利用できるということです。日常生活で使う場面が増えている非接触型の決済、さらなる進化を遂げています。

福岡 2021.09.23 19:44

糸島で2年ぶりの鯉攻め

福岡県・糸島市できょう ユニークな伝統行事、「鯉攻め」が行われました。 「今、参加者たちがため池の中へ入ってきました」 糸島市の井原地区で古くから行われている伝統行事の「鯉攻め」。 その名の通り、鯉を攻め続け一匹残らず鯉を捕まえます。 中には体長80センチほどの大物も! 楽しそうな行事ですが年に一度、古くから行われているのにはきちんとした「理由」もあります。 農業用のため池の水を20日かけて抜き人が入れるくらいの深さにしてそこから鯉攻めを始め1時間で水を抜ききります。 ため池の清掃の意味もありますが参加者が動き回ることで 底にたまった泥も一緒に排水しため池に貯める水の量を保つ狙いもあるんだそうです。 去年は新型コロナの影響で中止となったため、2年ぶりの開催となったことし。 例年より泥が深く溜まっていていつにも増して参加者も悪戦苦闘です…。 地元の小学生 「でっかいコイがとれてよかったです」 緊急事態宣言下ということもあり、参加者を地元の人たちに限定にするなど規模を縮小して行われたことしの「鯉攻め」。 地元では来年こそはより多くの人たちが参加できるようになればと願っています。

福岡 2021.09.23 19:41

「早ければ年内から」ワクチン3回目の準備 静岡県内でも今後加速へ 専門家「3回打てば相当免疫つく」

新型コロナワクチンの3回目の接種について厚労省は9月22日、早ければ年内にも始められるよう各自治体に体制整備を要請した。静岡県内でも3回目の接種に向けた準備が加速しそうだ。 9月21日、新型コロナワクチンの3回目の接種について田村厚生労働大臣は「年内にも8か月以上たった人が打てるような体制整備を、各自治体にお願いしなくてはならない」と述べた。 先週、専門家による審議会は、3回目接種について「必要」と判断した上で、時期については2回接種完了から「おおむね8か月以上後」を軸に引き続き検討するとしていた。 ことし2月から接種が始まった医療従事者については、早い人は来月には8か月が経過する。 早急な対応が求められる中、22日厚労省は3回目のワクチン接種について自治体向けにオンライン説明会を開いた。 厚労省は3月から4月に2回目の接種を受けた医療従事者ら104万人について、早ければ12月にも3回目の接種を始めるスケジュールを検討していて、各自治体に体制の整備を要請した。 この説明会に参加した静岡県内の自治体も3回目の接種について準備を進めようとしている。 県内でもいち早くワクチン接種が進んだ川根本町は… (川根本町 池本祐子保健師) 「抗体価が下がってくることと2回接種した人でも感染することがあるといわれているので必要ではあると思っている」 川根本町ではすでに希望する町民の9割が2回の接種を終えている。 厚労省が打ち出した3回目の接種について具体的なスケジュールや方法はこれから検討していくという。 (川根本町 池本祐子保健師) 「3回目という事で今まで以上に注意深く情報収集して説明会を開き、住民のみなさんには安心してもらえるようにしたい」 3回目の接種の必要性について感染症対策の専門家は… (浜松市感染症対策調整監 矢野邦夫医師) 「3回接種は必ず必要だと思っている。今回のmRNAワクチンでも3回接種が必要だと思っていたのだが、きわめて優秀なワクチンで2回でもかなり効果があった。3回打てば相当免疫がつくと思うので、私は3回は必ず接種すべきだと思っている」 矢野医師は3回目のワクチン接種について「必ず接種すべき」と強く言及した。 また3回目のワクチンを打つタイミングについて聞くと… (浜松市感染症対策調整監 矢野邦夫医師) 「今回でもおそらく8か月空けることになると思うけれども、間が空いた方が免疫が付きやすい。短い方が付きにくいので十分な間を開けて3回目を打つことが大切だと思う」 3回目の接種について田村厚生労働大臣は「審議会でしっかり議論した上で最終的な判断をする」と話している。

静岡 2021.09.23 19:40

日本を縦断中“着物マジシャン” コロナ禍でも元気をお届け

去年まで東京の銀座でマジックを披露していた三条市出身の男性。いま着物に身を包み全国を歩いて旅しています。新型コロナウイルスの影響を受け人生が様変わりしたマジシャンの思いとは。 着物姿の男性のまわりに人々が集まってきました。9月20日の新潟市中央区。披露するのはテーブルマジックです。青空の公園が驚きと笑顔に包まれました。 <観客> 「え、すごーい!ちゃんと曲がっています。ありがとうございます。」 三条市出身の“着物マジシャン”佐藤基さん(24)です。 マジック歴は14年。去年3月まで東京・銀座のバーなどでスーツを着てその技を披露していました。しかし、新型コロナウイルスが    生活を一変させます。 <“着物マジシャン”佐藤基さん> 「銀座でしばらく働いていたんですけれども、そこもコロナで営業ができなくなって、それきっかけでそこのお店もやめて、自分で決まっていたマジシャンの仕事も全てなくなったのでもう本当にマジシャンの仕事が一瞬でゼロになりましたね」 これまで世界36か国でマジックショーを行い、海外ではいつもこの着物姿でした。今度は日本中に笑顔を届けたい。東京での仕事がなくなったのをきっかけに全国を歩いて旅することにしました。 <“着物マジシャン”佐藤基さん> 「今そのコロナで悲しいニュースが多い中、マジシャンが旅することによって地域活性化とか明るいニュースを地方に届けるという信念でやっています」 今年6月に北海道を出発。マジックを披露しながら日本海側を進み今月19日には新潟駅前に到着しました。 <“着物マジシャン”佐藤基さん> 「新潟駅着きました。めちゃめちゃうれしいです。なんかやっとホームに帰って来た感じがしますね」 この夜。新潟駅前のバーでマジックを披露することになりました。SNSで佐藤さんのことを知ったオーナーが店に招いたのです、感染症対策をとりながらのマジックショー。 <“着物マジシャン”佐藤基さん> 「それではみなさんマジックをさせていただきます。真ん中に戻して指を鳴らすと上に上がってきます。」 <観客> 「えー!」 こちらは「アンビシャスカード」というマジック。カードを束の一番下に置き、指を鳴らすと・・・一番上に上がってきました。 1か月以上に及ぶ時短要請を受け先週まで休業を続けていたこちらのバー。佐藤さんのマジックで久しぶりに楽しい空間を演出することができました。 <NAKAMABAR 澤渡和輝さん> 「やっぱり久々にイベントっていう形でさせていただいて、本当沢山の人集まっていただいて、コロナで来れないって方もいたんですけど、やっぱりこうみんなの笑顔というかマジックという形で驚きと感動を与えてくれる、そういったイベントはすごいうれしいなっていうか楽しかったなって思います」 <“着物マジシャン”佐藤基さん> 「このご時世イベントですとかそういう催し事が自粛されてる中、このマジシャンが旅することによってこの地方に明るい話題をつくれたらいいなと思って、これからも子どもたちですとかマジック見た事ない方々にマジック見てもらって各地に元気を届けたいと思います」 コロナ禍に日本を縦断する着物マジシャン。来年2月には旅のゴール、沖縄に到着するということです。

新潟 2021.09.23 19:37

五輪入賞の田中希実選手 郡山で圧巻の走り・福島

郡山市で行われている陸上の大会に東京オリンピックを沸かせた田中希実選手などの国内トップ選手が出場した。 郡山市の郡山ヒロセ開成山陸上競技場で開かれた「ミドルディスタンスサーキット」は陸上中距離に特化し「賞金」も設けた新たな大会。 女子800メートルには、東京オリンピックの女子トラック種目で、日本選手として25年ぶりに入賞した田中希実選手が出場した。 オリンピックを沸かせたトップ選手の圧巻の走りに会場では大きな注目が集まった。 一般参加者は「さすがオリンピアンの走りだなと興奮した」「どうやったらこんなに早く走れるのか知りたい」と話した。 大会は先月の大阪と郡山市での予選記録などをもとに来月、東京で決勝が行われる。

福島 2021.09.23 19:36

青森県黒石市のねぷた越前市役所にお目見え

青森県黒石市のねぷたが大きく賑やかな姿で越前市役所の玄関に現れた。発想は東北で中止になった祭りの息吹を福井で!コロナ禍がきっかけで終息後に思わぬ交流を生むかも知れない。(9月23日) 「鋭い眼光の勇壮な武将、越前市に本場青森の人形ねぷたが登場しました」 越前市役所の玄関脇に現れたのは本場・青森県黒石市の人形ねぷた。 福井の武将・新田義貞を高さ4メートルの姿で勇壮に表現している。 市民は「鮮やかな色できれいだなと思う。迫力がある」と話した。 東北三大祭りの1つ、ねぶた祭りは夏の時期に青森県内の各地で繰り広げられる。 このうち黒石市のものは「ねぶた」が「ねぷた」になまった「黒石ねぷた」で、巨大な灯籠を乗せた山車が街を華やかに練り歩く。 しかし新型コロナウイルスの感染拡大で、去年に続き今年も中止を余儀なくされ、縁があって越前市に人形が置かれることになった。 「もっとそっち、中心がここ」 越前市での制作を提案したのは地域おこし協力隊の佐瀬昌之さん45歳。 母親が青森県黒石市の出身で、かつては法被を着て夏の黒石ねぷた祭りに参加していた。 越前市役所の庁舎前広場のオープンを盛り上げるイベントを考える中で、東日本大震災から10年の節目の年に、青森の祭りの象徴を呼ぶことにした。 およそ50基ある黒石ねぷたのうち、デザインや制作は現地の絵師が担当してくれたが、組み立てるのは佐瀬さん達。 佐瀬さんは「本当は現地でも監督役の人がいて指示を受けながら作るが、今回コロナ禍ということで、現地の人を1人も呼べずに聞きに行くことも1度もできず、結果的に指示なしでしなくてはいけなくなった」と語った。 届いた設計図をもとにメールも使って絵師とやりとりし組み立てた。 作業は9月2日から続き、22日に点灯式に漕ぎつけた。 表面に越前和紙をあしらった黒石ねぷたの完成。 市民は「初めて見たが迫力が本当にすごくてびっくりした。 後ろのほうまで絵とか細工が細かくしてあって感動した」 「東北は行ったことがないので、青森のねぷた祭りとかもぜひ機会があったら行ってみたいと思う」と話した。 佐瀬さんは「感無量。火を入れると全然違ったのでうれしい」 「コロナが落ち着いたら、黒石のねぷたを見に行ってもらったりとか、越前ねぷたが続いていくようなら、あちらから越前ねぷたを見に来てもらったりと、つながりが続いてくれると嬉しい」と語った。 黒石の人形ねぷたは、24日から越前市役所で午後4時から8時まで灯りをともした姿を見ることができる。 不安やマイナス要素が目立つ日々だが、コロナ禍がきっかけで終息後に思わぬ交流を生むかも知れない。

福井 2021.09.23 19:36

倉吉市なしっこ館で「ジャンボ二十世紀梨」 通常の2倍の大きさを展示 来月3日まで

秋の味覚の話題。 記者:「なしっこ館に来ています。こちらが通常サイズの二十世紀梨そして今回贈呈されたのはこちら、近くで見るとかなり大きいのがわかります。」 世界の梨に関する展示や梨の食べ比べができるブースなどが設置されている鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館。23日から展示されているのは、通常のおよそ2倍の大きさ「ジャンボ二十世紀梨」。なんと重さは800グラム。この梨は鳥取市気高町の梨農家、田中良明さんから寄贈された。 田中さんの農園では普段から大玉の梨を育てているが700グラム以上の梨ができたのは初めてだということだ。 お客さん:「あそこまで大きいと剥くだけで大変そうですね。」 なしっこ館 佐藤哲也館長:「通常のものに比べて2倍くらいということで僕が見た中では一番大きい梨かなと思います。」 なしっこ館はwelove山陰キャンペーンの対象施設となっていて鳥取県内に住む人は半額で入館できる。この「ジャンボ二十世紀梨」は来月3日まで展示予定だ。

鳥取 2021.09.23 19:36

県内で39人が感染 23人が感染経路不明 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染者が、23日、県内で39人発表されました。 県内で発表された感染者39人のうち、32人は新潟市が発表した感染者です。中央区と西区で8人、東区で7人などとなっています。重症や中等症の人はいませんでしたが、17人の感染経路がわかっていません。 また新潟市以外では燕市などで7人が発表され、このうち6人の感染経路がわかっていません。 県内の感染者はこれで7701人となりました。 県内全域に出されていた県独自の「特別警報」が「警報」に引き下げられてから1週間です。第5波のピーク時より感染者は減少しましたが、引き続き感染対策が求められます。

新潟 2021.09.23 19:35

啓新と工大福井 北信越大会へ切符つかむ

来年春のセンバツにつながる秋の高校野球県大会は準決勝が行われ、啓新と工大福井が北信越大会の切符をつかんだ。(9月23日) 第1試合は敦賀気比と啓新が対戦。 啓新は4回表ランナーを2塁に置き、藤村のセンター前ヒットで先制した。 敦賀気比は6回裏ランナー1・2塁で5番・春山がセンター前に運ぶヒットを放ったが、啓新の三枝の好返球で2塁ランナーが本塁タッチアウトになった。 敦賀気比は4点差を追う8回裏。6番・石原のタイムリーヒットで1点を返した。 しかし9回表に2点を加えた啓新が6対1で勝ち、3年ぶり3回目の北信越大会出場を決めた。 3打点の活躍をした啓新・藤村洸大朗選手は「チャンスで振り切ることができたので自分をほめたいと思う。北信越大会では、どんな相手でも物怖じせずとにかく攻めていきたい」と話した。 第2試合は工大福井と丹生が対戦し、工大福井は2回に1番・石﨑が3ランホームランを放つと終盤まで勢いは止まらなかった。 丹生も必死に食らいつくが工大福井が14対0で6回コールド勝ちし、3年ぶり24回目の北信越出場を決めた。 長野での北信越大会は10月15日が開会式で、25日の県大会3位決定戦で県代表の残り1枠が決まる。

福井 2021.09.23 19:35

自民総裁選で岸田氏が福島県議らに支持訴え

自民党総裁選に立候補している岸田文雄前政調会長が党所属の県議会議員らとオンラインで意見を交わした。 岸田氏は「福島の復興は、最も重要な政治課題の1つ」「政治の立場から、福島の未来を考える様々な取り組み、構想を応援をさせていただきたい」と述べ、帰還困難区域や福島第一原発の処理水などの課題にしっかり取り組んでいく考えを示した。 自民党の総裁選は29日が投開票で、半分を占める「地方票」が勝敗を左右するとあって、岸田氏以外の3人の候補者も各方面に支持を訴えた。

福島 2021.09.23 19:35

新型コロナ県内7人感染累計は3000人に

新型コロナウイルスに県内で新たに7人が感染し、感染者の累計は1か月で1000人増えて3000人となっている。(9月23日) 県によると新たに新型コロナウイルスに感染したのは、福井市と越前市の10代から80代の男女あわせて7人。 このうち2人はクラスターとなっている越前市の介護老人保健施設「シルバーケア藤」の関連。 いずれもこれまでに感染が分かった職員の同居家族で、2回のワクチン接種を終えていた。 この施設の関連の感染者の累計は36人になった。 県内の感染者の累計は3000人になり、8月からの約1か月で1000人増えている。 県は飛び石連休明けに軽い症状がみられた場合でも、医療機関を受診するよう呼び掛けている。

福井 2021.09.23 19:35

秋分の日 園児と高校生が一緒に稲刈り 各地で休日を楽しむ姿が見られる

秋分の日の23日、新潟県内では子どもたちが稲刈りに挑戦するなど各地で休日を楽しむ人の姿が見られました。 たわわに実った稲穂・・新潟市西蒲区の田んぼでは23日、新潟青陵幼稚園の園児や新潟青陵高校の生徒たちが鎌を使って稲刈りをしました。 収穫したのは、この春高校生と園児たちが植えた稲です。コメをより身近に感じてもらおうと毎年、稲刈りやはさ掛けを行っていますが、去年は新型コロナの影響で中止に・・。稲刈りは、2年ぶりとなります。 園児は「楽しい」「ふりかけをかけて食べたい」などと話していました。また高校生は「自分たちの手で協力して農業を体験していくことで、将来の役に立てたいと思っています」と話していました。 はさ掛けしたコメは農産物の直売所「そら野テラス」で販売されるほか、コメづくりに参加した園児や高校生に配られます。 一方、こちらは阿賀野市の遊園地「サントピアワールド」です。例年よりは人出が少ないということですが、多くの家族連れが休日のひとときを楽しんでいました。 訪れた人は「地元なので、サントピアワールドがあって人が集まってくるというのが子どものときから嬉しかったので、つぶれたら困ると思って来ました」 去年新型コロナの影響で一時、経営危機に陥ったサントピアワールド。その後クラウドファンディングで5500万円の支援金を集めて話題となりました。今後は11月28日まで金曜から月曜と祝日に営業していく予定です。

新潟 2021.09.23 19:35

柏崎市長「認識が足りないのではないか」 東京電力の核セキュリティー不備 問題の背景は・・・

柏崎刈羽原発をめぐる一連の問題について、22日東京電力が報告書を提出しました。柏崎市の桜井市長は23日「認識が足りないのではないか」と厳しく指摘しました。不祥事の背景にあったものとは・・・。 記者会見を開いた柏崎市の桜井市長。東京電力の報告書について検証が不十分だと厳しく指摘しました。 <柏崎市・桜井市長> 「自分の会社の福島第一原発が事故を起こしたんだという認識。リスクの大きな危険性を潜在的に持ちうる、原子力発電所に関わる仕事をしているんだという認識がいまだ足りないのではないか」 柏崎刈羽原発をめぐる一連の問題で、東京電力は22日、再発防止策などを盛り込んだ報告書を原子力規制委員会に提出。社長の減給や原子力部門トップの交代など異例の人事を発表しました。 今回の一連の問題は核のセキュリティーに関わります。社員が他人のIDカードを使って中央制御室に不正に入室。さらに外部からの不正な侵入を検知する設備が長期間にわたり機能せず、代わりの措置も取られていませんでした。 東京電力は「核セキュリティーへの意識の低さ」「風通しの悪さ」があったと説明しました。 <東京電力・小林喜光会長> 「明らかになった弱みを自ら評価し、継続、改善を図っていくことは原子力部門にとって、あるいは発電所にとっても重要である」 外部の侵入を検知する設備が、なぜ長期間機能しないままだったのか。その背景には東京電力が進めた経営の合理化がありました。 10年前の2011年に起きた福島第一原発事故。東京電力は経営状況が悪化し、柏崎刈羽原発の設備を更新せずに“再リース”というかたちで使用期間を延長しました。すると2016年度から復旧に時間がかかる故障が頻発するようになったといいます。 2019年以降はリース期間が終了した設備を買い取り、リース契約にかかる費用を10分の1まで縮小。さらに管理業務に関わる人数を半分に減らすと、故障の際に復旧にかかる時間が長期化し337日に及ぶこともあったといいます。 安全対策より“コスト削減”を優先したのではないか、そう問われると・・・ <東京電力・小早川智明社長> 「まったく安全をないがしろにするという意識の上で進めていたという事ではないと判断しております。結果としてコストはカットされていますけれども、コストカットを優先する観点で検討されたという、そういった調査の結果はありません」 東京電力は一連の問題を受けて、原子力部門の本社機能を新潟に移転するとしています。また22日の会見では、柏崎刈羽原発7号機で火災感知器100台が消防法に反する不適切な場所に設置されていたことも公表されました。 火災感知器は換気口などから1.5メートル以上離す必要があります。しかし、東京電力によると協力企業の社員が“目分量”で設置するなどしていたということです。 また「完了した」と発表されていた安全対策工事の一部が、実際には完了していなかった問題でも総点検が行われています。22日は未完了の工事が新たに5か所見つかったことも報告されました。 柏崎市の桜井市長は原発が立地する自治体として複雑な心境を語っています。 <柏崎市・桜井市長> 「わたしは基本的に当面の間、原子力発電所の存在、力は必要だろうと考えています。今回の事案を含めても。点検を極めていただいて、いち早く安全を確認して安心を得られる状況に立ち至ってもらいたいと強く願っています」 柏崎刈羽原発は今後「改善が図られた」と規制委員会が判断するまで再稼働できない状態が続きます。

新潟 2021.09.23 19:34

大田市西田地区でしか見られないヨヅクハデ 大切にしたい秋の風景

大田市温泉津町の西田地区。 稲刈りを終えた秋、こちらの地区で見られるのが、4本の丸太をピラミッド状に組み稲を干すヨズクハデだ。 ヨズクとはフクロウのことで、この稲ハデがフクロウが羽を休めているように見えることから、こう呼ばれている。 伝説によると、近くの神社に祭られている神様が大風のたびに稲ハデが倒れるのを見かねて、この方法を伝えたのが始まりといわれている。 どの方向の風も逃しやすく、安定している特性もあるという。 現在は西田地区の保存会がヨズクハデの技術を伝えていて、ここでしか見られない景色となっている。 見に来た大田の人は:「なんかすごいなと思って、SNS映えするなと思って。今、どこも無くなったが。ハデ干し自体が。ずっと残しといてもらうと良いですよね。」 西田ヨズクハデ保存会 中井秀三会長:「先人の残した地域の宝物ということで、今、割に合う仕事じゃないですけど、何とか後世に残していきたいという気持ちで(保存会の皆さんと)頑張っております。」 保存会では24日、地元の小学生を対象にしたヨズクハデづくりの体験会を行うという。 昔から続く秋の風景。大切に守っていきたい風景だ。

島根 2021.09.23 19:34

鹿児島市“第三者認証店”24日から“酒提供を再開”店は準備に追われる…

 まん延防止等重点措置の影響で禁止されていた鹿児島市の飲食店での酒の提供だが、24日から県の第三者認証を取得した店で再開される。約1か月ぶりの酒の提供。第三者認証店は準備に追われていた。  鹿児島市の飲食店での酒の提供について、県は23日から第三者認証を取得した店について提供を認める。時間は午前11時から午後7時半までで、1グループ4人以内、または同居する家族のみの利用に限る。  天文館の第三者認証店「まえわり屋」。自慢は店名にもなっている焼酎の“前割り”。約1か月ぶりとなる酒の提供。店は「前割り」の仕込みに追われていた。  まえわり屋の大田晃士代表は「やっと仕事が始まった。前もって焼酎と水を割っておくので、もう少し早く決まってくれれば。段取りが難しい」と話した。  いつもは提供する2週間前に仕込む前割り。急ピッチで作業を進めていく。しばらくはこれまで仕込んだ分でしのぐという。  料理長も気合が入る。塚本和成料理長は「まん延なので、刺身も止めて仕込みも仕入れも抑えていたので、明日からたくさん来ると思ったらある程度量を増して仕込みをしないといけない」と話す。  店では“第三者認証”取得の意義を感じていた。大田代表は「最初とった時は何も変わらなかったから意味ないなと思ったけど、こういうので早くお酒を出せるようになったから、とってて良かった。ご飯だけよりは売り上げも上がるし、お客さんも来てくれると思うので、期待してる」と話した。

鹿児島 2021.09.23 19:34

例年並みの賑わいも 空から眺める静岡県内 シルバーウィーク後半の人出は? 

9月23日からシルバーウィーク後半。静岡県は“緊急事態宣言”の期間中だが、観光地などの人出はどうだったのか?各地の賑わいを取材した。 まずは静岡市内の大人気スポット。 (松原アナウンサー) 「静岡市の日本平動物園上空。本来なら多くのお客さんで賑わう動物園だが、緊急事態宣言に伴い9月30日まで臨時休園となり、園内にお客さんの姿はない。ゾウが小屋の外に出ているのが確認できる。外の茂みに鼻を伸ばしているが、お客さんがいないためどこか寂しく見える。こちらは大人気シロクマのエリア。お客さんの姿はないが、水槽のなかをリラックスして泳ぐ姿はとても気持ちよさそうだ」 静岡市清水区由比付近の東名高速道路。 上空から見ると上下線ともに車はスムーズに流れている。 上り線に特に目立った混雑はなく車もスムーズに流れている。 (松原アナウンサー) 「そしてこちらは東名高速富士川サービスエリアの上空。見てみると、かなり駐車場には余裕がある。」 駐車している車には県外ナンバーの車もあったが、ことしは静岡県内の客が半分以上を占めているという。 (家族連れ) 「裾野からき来た。(県外出ることも)考えたが恐いから、近場で抑えて遊ぶ感じ」 (家族連れ) 「富士市から来た。地元で子供が外で遊ぶとしたらここかなと思った。県外に出ることは考えなかった」 (家族連れ) 「静岡市から来た。県外は出ない。ここにきて観覧車乗って帰る。(早く)出かけれるようになってほしい、子供たちも飽きちゃうので」 道の駅「富士川楽座」によると、客足は例年の7割ほどだという。 (松原アナウンサー) 「こちらは伊東市の伊東マリンタウン上空。駐車場にはツーリングなのかバイクに乗ってマリンタウンを訪れた人を確認。9月23日は天気も快晴なので海沿いのツーリングは最高に気持ちが良いでしょうね~」 来場者は去年の半分程度でそれでも駐車場には首都圏から訪れた車も多くみられ徐々に客足が戻りつつあるそうだ。 (伊東マリンタウン 担当者) 「この間の3連休は思っていた以上にシニアのお客さんの姿が見られた大きな変化と感じる。この週末どうなるかわからないが、まだ緊急事態宣言の中ではあるが、感染防止にはしっかり対応してお迎えしていきたい」 (松原アナウンサー) 「こちら大室山の上空。今日は非常に天気も良いので山頂から見える絶景が楽しめそうだ。そして、山肌にはススキが生い茂っている。」 観光地伊豆のシンボルのひとつ、伊東市の大室山。 緊急事態宣言が出ている中での休日だが、リフトを運営する「大室山登山リフト」によると9月23日は例年並みの賑わいになったのではと話していた。 (観光客) 「たまに外に出ないと体もつまってしまう。やっぱり出たい。(大室山は)最高。来てよかった」 天候に恵まれたことで大室山の山頂からは富士山を眺めることもでいた。 緊急事態宣言下でのシルバーウイーク。 様々な制約がある中で密を避け、思い思いに連休を楽しむ人たちの姿があった。

静岡 2021.09.23 19:34

台湾が福島県産品の輸入禁止解除の協議へ

福島第一原発の事故以降、福島県産の食品などの輸入を禁じている台湾が、措置の解除について日本側と協議する考えを示した。 台湾では原発事故の後、福島と周辺の4つの自治体の食品の輸入を禁止している。 台湾は23日、TPP・環太平洋経済連携協定への参加申請について記者会見を開き、その中で輸入禁止措置の解除について日本側と協議する考えを示した。 会見では「科学的根拠、国際ルールに基づいて処理する」との方針を明らかにし、アメリカが輸入規制を撤廃したことに触れ「協議の中で参考にしたい」と述べた。 台湾がTPPに参加するには加盟各国との合意が必要で、日本との交渉ではこの輸入禁止措置の解除が焦点になるとみられている。

福島 2021.09.23 19:33

アルビ選手が登場 若い世代にワクチン接種呼びかけ 新潟県が動画を制作

若い世代に新型コロナウイルスのワクチン接種を呼びかけようと、アルビレックス新潟の選手が登場するメッセージ動画が公開されました。 動画に登場するのはアルビレックス新潟の選手たち。朱鷺メッセの大規模接種会場で2回目の接種を終えるまでが収められています。 若い世代にワクチンの接種を呼びかけようと県が制作しました。 <アルビレックス新潟・早川史哉選手> 「(接種の)メリットの方が多いんじゃないかという部分を考えてもらってぜひ接種をしてもらえたらいいなと思います」 会見動画は県の公式ユーチューブから見ることができます。

新潟 2021.09.23 19:33

ことし生まれたマゼランペンギンのグループ名は・・・ 飼育数日本一の上越市立水族博物館「うみがたり」が発表

マゼランペンギンの飼育数、日本一を誇る上越市立水族博物館「うみがたり」で23日、ことし生まれたペンギンのグループ名が発表されました。どんな名前になったのでしょうか。 祝日とあって多くの人が訪れた「うみがたり」。登場したのはことし生まれた4羽のマゼランペンギンです。「うみがたり」はマゼランペンギンの飼育数日本一を誇り、おととしからその年に生まれたペンギンのグループ名を公募しています。 おととしは「うみりんず」去年は「かたりんず」でした。先輩グループが「うみがたり」をイメージする名前となるなか、ことしのグループ名は・・・。 <発表> 「ケンペンズに決定しました」 応募のあった1367件の中から選ばれたグループ名は「ケンペンズ」。上越ゆかりの武将、上杉謙信にあやかり強く育ってほしいという思いが込められています。 <訪れた人> ●子ども「かわいかった」 ●母親「呼びやすいと思います。大きくたくましく育ってほしいと思います」 <「うみがたり」ペンギン飼育担当・勝平祐花さん> 「ケンペンズということで謙信公のように力強く成長する姿や可愛らしい姿をお届けすることで、みなさまに明るい気持ちになっていただければと思います」 すでに一般公開されているケンペンズ。子ども特有のグレーがかった羽をしているので周りと見分けることができるということです。

新潟 2021.09.23 19:32

大山周辺「We Love」に再開に期待 利用料や宿泊料割引で早くも効果

9月23日、中国地方最高峰の大山。中腹に広がる鳥取県伯耆町の桝水高原では、ススキやマツムシソウなどの植物が見ごろを迎え、秋の訪れを告げていた。 訪れた観光客から特に人気を集めていたのが、最高速度25kmでサイクリングを楽しむことが出来る電動アシスト付き自転車Eバイクだ。8月、桝水高原内にオープンした観光案内所「桝水フィールドステーション」でレンタルが始まった。こうした、観光の後押しにと期待されるのが9月22日から鳥取県で再開となった「We Love 山陰キャンペーン」だ。Eバイクもキャンペーン対象になっていて、鳥取県民であれば通常料金2500円が半額の1250円(2時間)で楽しむことが出来る。 利用したこども:「上に登るのが結構きつかったけど下りるときは早くて楽しかった。」 また、この観光案内所のオープンとともに登場したテイクアウトメニューも人気だ。その名も「大山パニーニ」(600円・税込)。大山ハーブチキンを低温調理した柔らかいハムを、こんがり焼いたパンに挟み、ピリ辛のサルサソースで仕上げた一品だ。このパニーニの一番の楽しみ方は… 桝水フィールドステーション 田中めぐみさん:「『天空リフト』に乗ってもらって山頂でくつろぎながら食べていただけたらいいかなと思う。」 リフトで移動桝水高原で春から秋にかけて稼働する観光用の「天空リフト」もキャンペーンの対象で半額に。大人1000円が500円で利用できる。 リフトの目的地、天空の展望台の標高は実に900メートル。眼下には絶景の大パノラマが広がっていた。 一方、地元のホテルもキャンペーンへの期待が高まっている。鳥取県伯耆町のロイヤルホテル大山では新型コロナの影響で今月いっぱいを休館に。先月24日には1日3000円で自然のロケーションなどを楽しみながら仕事が出来るリモートオフィス「Work Place Birdsforest 森の隠れ家」を1階に設けたばかりだった。 利用客:「お風呂を使えるかなと思って来たんだけど。入りたかった。」 ホテルのお風呂を使えることも売りのひとつだったが、休館中の利用は出来なくなっていた。ホテルの担当者によれば、「We Love 山陰キャンペーン」の再開が明らかになってから、ホテルが営業再開する来月以降の宿泊予約や問い合わせが増えているという。 コロナの影響が残るシルバーウィーク。大山周辺では、「WeLevo山陰」再開の効果が早速見られていた。

鳥取 2021.09.23 19:32

鹿実新体操部“3年生最後の全国大会”

 コミカルな演技が全国で人気を集める鹿児島実業高校男子新体操部。23日にオンラインの全国大会にのぞんだ。3年生にとっては最後の大会だ。  23日に行われた男子新体操全国オンライン選手権。今年は緊急事態宣言などで部活動ができない高校が多かったため、出場校は5校6チームのみ。大会の模様はインターネットで生配信された。鹿実からは、2チームがエントリー。1チーム目はインターハイ出場が叶わなかった3年生たちで組まれたチームだ。コミカルな演技を"封印"し"まじめな演技"を披露した。  そしてもう1チームはコミカルな演技で全国を魅了したあのチーム。インターハイで初めて披露した新作、人気アニメ"名探偵コナン"だ!鹿実らしいコミカルな演技を披露。コナンになりきるべく、衣装も細部にまでこだわっている。  結果は5位と6位だったが…コナンの演技が視聴者の投票で1位に輝き、視聴者賞をもらった。東鳳雅キャプテンは「画面越しにみんなが笑顔になってくれると信じて演技した。他では味わえないような新体操ができて楽しい3年間だった」と話した。  また、泉凛空キャプテンは「練習も本当にきつかったので3年間最後の大会に向けて頑張れたことは自分でも褒めてあげたい」と話した。3年生にとっては高校生活最後の大会。最後まで鹿実らしい演技でたくさんの人を魅了した。

鹿児島 2021.09.23 19:31

【新型コロナ】23日静岡県内で72人感染1人死亡 25日連続で前週の同じ曜日下回る 病床使用率は15.3%に

9月23日、静岡県内では新たに72人が新型コロナウイルスに感染し、1人が死亡したと発表された。新規感染者数は25日連続で前の週の同じ日を下回っている。 感染者を居住地別に見ると浜松市21人、菊川市10人、掛川市8人、磐田市6人、静岡市・藤枝市5人などで県西部が感染者の約7割を占めている。 また静岡市は入院中の高齢男性1人が亡くなったと発表した。 9月16日の新規感染者数は129人だったが、23日は72人で50人以上減少した。これで25日連続で前の週の同じ曜日を下回っている。 浜松市は一日の新規感染者数が8日ぶりに20人を上回った。 浜松市の担当者は「家庭内で感染した人や民間のPCR検査センターで陽性が判明した人が多かった」と話している。 一方、自動車メーカー「スズキ」の相良工場では新たに6人の陽性が判明し、クラスター関連の感染者は105人となった。 県内は直近1週間の新規感染者は人口10万人あたり11.8人で国の感染状況を示すステージ3の指標を下回っている。 静岡県の担当者は「減少傾向が続いているが、連休明けの来週まで油断できない」と話している。 9月23日正午現在、新型コロナの感染者に対応できる病床の使用率は県全体15.3%。 地域別に見ると西部15.8%、中部14.9%、東部15.2%となっている。 重症者は8人、自宅療養者は468人。

静岡 2021.09.23 19:27

福島県10人感染 2市「まん延防止」期限

福島県内では新たに10人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 いわき市で4人、郡山市で2人、須賀川市、相馬市、西郷村、鏡石町で各1人の計10人。 病床使用率は14.8%と3日続けて、20%を下回り、ステージ2の水準。 「まん延防止等重点措置」が出されている中核市3市の直近1週間の人口10万人あたりの新規陽性者は、いわき市が8.23人、郡山市は4.22人、福島市は1.39人。 いずれもステージ3にあたる15人を大幅に下回っていて、福島市と郡山市は24日に「まん延防止」の措置が解除される。 制限が緩和される福島市、郡山市では、期待の一方、気を緩めてはいけないといった声も聞こえてくる。 郡山市のカルチャーパークでは、ジェットコースターなどを30分程度運休させて消毒作業を定期的に続けてきた。 措置が解除される24日以降も、これまでの感染症対策を続けていく。 期間中は休業していた福島市の飲食店「大衆酒場ナミヘイ」も24日から通常営業に戻す。 調味料を新品交換するなどの準備に追われていた店長の半澤佳輝さんは「コロナ前と同じくらいまで戻って欲しいという気持ちがあるので、利用客と協力して対策をやきたい」と話した。 県は感染再拡大を防ぐためにも、県民には基本的な対策の継続を呼びかけている。

福島 2021.09.23 19:26

静岡県内で死亡事故相次ぐ 静岡市清水区で79歳女性が軽自動車にはねられる「秋の交通安全運動」中の死亡事故は3件目

9月23日、静岡市清水区で79歳の女性が軽自動車にはねられ死亡する事故があった。県内で起きた死亡事故は今週に入り3件目。 警察によると事故があったのは静岡市清水区上原の市道で9月23日午前8時前、T字路の交差点を右折しようとした軽自動車が交差点を渡っていた歩行者をはねた。 この事故で名波ツルさん(79)が全身を強く打ち、病院に搬送されたが死亡が確認された。 警察は軽自動車を運転していた高見広子容疑者(76)を過失運転傷害の疑いで逮捕した。 県内では9月21日から秋の交通安全運動が始まっているが、死亡事故は今週に入り3件目。 いずれも交差点を曲がろうとした車が歩行者や自転車をはねた事故だという。 警察は時間にゆとりをもって安全を第一に交通ルールを守るよう呼びかけている。

静岡 2021.09.23 19:23

「手話言語への理解を」鳥取県内でPR活動 12月には「手話まつり」も開催予定

9月23日は2017年に国連で決議された「手話言語の国際デー」。 これに合わせ、鳥取県聴覚障害者協会が中心となり、手話言語について理解を深めてもらうための街頭活動を鳥取県内7か所で行った。 鳥取県聴覚障害者協会 岡嶋雅人副理事長:「聞こえない人に会った場合、コミュニケーションに困らないよう手話だけではなくて筆談や身振りでコミュニケーションがとれる社会になってほしい。」   今年12月には手話言語の普及促進を目的とした「とっとり手話まつり(鳥取県湯梨浜町)」が開催される予定。 鳥取県聴覚障害者協会ではPR活動やイベントを通して、誰もが安心して暮らせる社会を実現したいとしている。

鳥取 2021.09.23 19:22

ウォーキングしながら清掃活動 鳥取市 保全活動の大切さを子どもたちが学ぶ

23日とっとり賀露かにっこ館では清掃活動が行われ親子連れなど 約50人が参加した。参加者は、かにっこ館と鳥取空港の往復4キロをウォーキングし、道沿いのごみを拾っていく。 参加者:「これは不燃物だがペットボトルやアイスのごみ、あとたばこの吸い殻が意外と捨ててあった。きれいな道で歩くにはちょうど良いのでゴミは捨てないでほしい。」 参加者は、海岸沿いの景色を楽しみながらペットボトルや空きビンなどを拾いごみ袋に入れていた。 参加者:「楽しい、海が青くてきれいだった。」 「ごみが道路とかに捨ててあったのでちゃんとしたところに捨てて ほしいと思った」 かにっこ館 尾崎雅雄館長:「生き物を大切にするということは周りの環境も大切にするということ。思ったよりごみが落ちているなというのと参加者が楽しんで清掃活動をしているのがよく分かった。」

鳥取 2021.09.23 19:21

只見川「霧幻峡の渡し」新ルートで運航開始・福島

福島県金山町と三島町を流れる只見川を舟で渡る「霧幻峡の渡し」では、新しいルートでの運航が始まった。 雄大な自然に囲まれた只見川を手漕ぎ舟で渡る「霧幻峡の渡し」。自然を満喫できると国内外から人気の観光名所だが、新型コロナウイルスの影響で、今年の利用者は去年の半分ほどに伸び悩んでいる。 そこで、新たな観光スポットとして観光客が多い道の駅の近くに新たな船着き場が作られた。 新たな運航ルートは、自然だけでなく、古民家が立ち並ぶ集落なども一望することができる。 乗船した人からは「自然を低い位置からみられるので、日ごろの景色が違う」「別世界で本当に心が洗われる」といった声が聞かれた。 金山町観光物産協会の渡部さんは「自然を満喫してもらえれば、リフレッシュしてもらえるかなと思う」と話す。 只見川での工事が始まるため、運航は今週末のみだが、これまでの金山町と三島町を結ぶルートは11月末まで運航する予定。

福島 2021.09.23 19:21

【熱海市土石流】復興・復旧に向け「復興推進本部」設置 「災害対策本部」は廃止へ 行方不明者の捜査は継続

大規模な土石流が発生した熱海市はこれまでの「災害対策本部」を廃止し、新たに「復興推進本部」を設置した。 これは災害発生からまもなく3ヵ月となり、被災者の生活再建など早期の復興復旧へ舵を切るためと熱海市は話している。 熱海市は9月24日に「復興推進本部」の活動方針などについて記者会見する予定。 なお、残る1人の行方不明者の捜索は引き続き行われる。

静岡 2021.09.23 19:20

【山口】里山の豊かな自然を 萩焼の作品展

里山の豊かな自然を感じることができる萩焼の作品展が周南市で開かれている。 アヤメの花の豪華な雰囲気を感じることができる壺や、柔らかなスイレンの花が描かれた鉢。周南市のギャラリーで開かれている萩焼の作品展では、陶芸家=大井正則さんと妻の美智子さんの作品が展示されている。二人は防府市佐野の窯で作品をつくっていて、作品に窯の近くや自宅の庭に咲く草花を絵付けしているのが特徴。草花を描いている作品でも正則さんの作品では力強さを、美智子さんの作品では柔らかさを感じられ、夫婦それぞれの表現方法を楽しむことができる。また、今回は関東を中心に活動している陶芸家で娘の茉美さんの作品も展示されている。「大井正則・美智子二人展」は周南市のギャラリー三匹の猫で来月3日まで開催されている。

山口 2021.09.23 19:18

休園中の公園で秋の花が見ごろに 再開へ職員の思い

赤と黄色の小さな花を咲かせる秋の花、ケイトウが見頃を迎えている。しかし、園内に人の姿はない。国営備北丘陵公園は緊急事態宣言に伴い先月下旬から臨時休園している。 作業をしているスタッフに声をかけた。 Q何をされているんですか? ■国営備北丘陵公園・佐々本真鈴さん 「これは360度の写真が撮れるカメラ。これだけきれいに咲いてくれてる中で見てくれる人が全くいないのはやっぱり寂しい。せっかくならこの秋の花を楽しんで頂きたい」 HPに載せるための映像を撮影していた。 この時期は「コスモス」や「ジニア」など秋を彩る花が見頃となり例年であれば訪れる客が多いという。しかし、相次ぐ休園で今年度の入園者は例年と比べ4割減っている。 ■男性スタッフ 「いい時にいつも休園になる」 ■女性スタッフ 「やっぱり子どもさんの声が聞こえないと寂しい」 スタッフは今、来月からの再開に向け動き始めている。感染者の減少で宣言の解除も検討されており、作業にも自然と力が入る。 ■国営備北丘陵公園・佐々本真鈴さん 「緊急事態宣言が解除され公園が開園したらみなさんに遊びに来てほしいです」 国営備北丘陵公園は10月1日の再開を予定している。

広島 2021.09.23 19:18

【山口】親子で米軍基地を見学 岩国で基地見学ツアー

岩国市に住む親子がアメリカ軍岩国基地を訪れ、航空機の見学などを通じて基地で働くアメリカ人との交流を深めた。 「基地内交流ツアー」は英語への関心を高めてもらおうと岩国市が開いていて、市内の親子20人がアメリカ軍岩国基地を訪れた。一行がまず向かったのは、空中給油機「KC-130」の格納庫。KC-130は2014年に沖縄の普天間基地から岩国に移転してきた部隊で、輸送や、他の航空機への空中給油などを行う。参加者は機内に入り、海兵隊員の説明を受けながらコックピットや貨物室を見学した。参加者は基地内のボウリング場も訪れ、海兵隊員との交流を楽しんでいた。

山口 2021.09.23 19:17

さつま町流水小学校“最後の運動会”

 来年3月に閉校するさつま町の流水小学校で最後の運動会が行われた。145年の歴史を誇るが、現在の児童数は36人。来年からは鶴田小学校と再編されることが決まっている。この運動場、親子3代にわたって思い出の場所だ。  卒業生は「地域から小学校が亡くなるのはすごく寂しい」「俵に砂を入れて、40キロを肩に担いで走る競技があった、それが今思い出だ」などと思いを馳せていた。  卒業生の思いも背負いながら、子どもたちは元気いっぱいに体を動かした。フィナーレでは、トラックを歩きながら、ひと家族ずつ思い出を語っていた。

鹿児島 2021.09.23 19:16

シルバーウィーク後半 キャンプ場も賑わう テントも大型が人気

宍道湖を望む松江市宍道町のふるさと森林公園。公園内には、テントを張れる区画が27か所あるがシルバーウィーク後半は県内客を中心に予約でほぼ埋まっている。 今朝はそれぞれが作った朝食で、自然との時間を過ごし家族の絆を深めていた。 雲南市から来た利用客:「最高です。」 雲南市から来た利用客:「ちょっとでも子供たちも発散できるように。」 松江市から来た利用客:「普段あまり会話が少なかったりするお兄ちゃんたちなんかもキャンプに来ると、いろいろ学校のこととか話してくれるのでいい機会かなと。」 中には今年からキャンプを始めたという人も。 出雲市から来た利用客:「コロナになって出かけることが少なくなったんで自然の中だったらいいかなと思って。」 キャンプは3回目というこちらの男性。家族のために、中が広々としたテントを購入した。ふるさと森林公園によると、近年のキャンプブームと去年からの旅行控えによって最近はこうした6人以上の大型テントを所有する人が増えてきたという。アウトドアの時間をより充実させるため、キャンプ用品もますます充実。新型コロナの収束が見通せない中、この先もキャンプブームは続きそうだ

島根 2021.09.23 19:15

秋分の日 島根半島の日御碕 観光客集う 秋の海風を受けて日御碕灯台周辺

島根半島の西の端出雲市大社町の観光名所日御碕だ。海風はやや強かったものの、断崖絶壁にそびえる、日御碕灯台の周辺では県内外から観光客が訪れ散策を楽しんでいた。 広島県からの観光客:「主人の実家が松江なのでお彼岸でお墓参りに(帰省した)。」 出雲市からの観光客:「気分転換ストレス解消。」 神戸からの観光客。シベリアンハスキー5匹を連れてスリル満点に記念写真だ。 神戸市からの観光客:「外で遊べるところがたくさんあるところはワンちゃんにとってもよいと思う。ワンダフル。」

島根 2021.09.23 19:15

新型コロナ 鳥取県が独自の警報引き下げ 東部が警報から注意報へ 

感染者の減少傾向が続く、新型コロナウイルス。22日の検査で、島根県では4人の感染が明らかになった。鳥取県では感染者は確認されなかった。 島根県で感染が明らかになったのは、出雲市と浜田市でそれぞれ2人。4人のうち3人は、既に陽性が判明している人の接触者。感染者の累計は、1577人となった。 2日ぶりに感染者の発表がなかった鳥取県では、県独自の様々な指標が引き下げられている。 感染者数や病床使用率を元に判断する「鳥取県版新型コロナ警報」については、東部地区で23日、警報から注意報へと変更された。 中部地区では21日に注意報が解除されていて、西部地区では警報が発令されたままとなっている。 また、ウイルス量の多い感染者が確認された場合に発令される「感染増大警戒情報」については、東部地区と西部地区で21日に「厳重警戒レベル」から「警戒レベル」へと引き下げられている。

鳥取 2021.09.23 19:14

宣言下の秋分の日 秋祭りは規模縮小で開催

江戸時代から400年以上続く呉市・阿賀地区の「太鼓祭り」。2年ぶりに伝統の太鼓の音が響いた。8年前の映像では、大小さまざまな太鼓を打ち鳴らす「練り歩き」や400キロ近くある大太鼓を担いで神社の境内に向かう階段を駆け登る姿が勇壮さを物語っていた。 しかし、感染拡大で去年は神事のみの事実上の中止に…。今年は規模を縮小し、感染対策を徹底して開催する。太鼓は、境内に一つ置き、祭りに対する心意気を示した。 ■子ども 「楽しかった」「太鼓好き」 ■神田神社氏子青年会野髙義明会長 「今年は我慢して太鼓1基でなんとか精一杯祭りを盛り上げていきたいと思っている」 秋晴れとなった島市中区の最高気温は30度超えに。買い物客も多く訪れた。 ■家族連れ 「多いっすね、人が。マスクは持ってきてはいる。室内に入るときはつけようかな」 Q何のマスク? 「呪術廻戦!」 広島市中区の圓龍寺では彼岸の中日にあたるきょう、朝から家族連れなどが墓参りに訪れ、季節の花や線香を手向けていた。 ■墓参りに訪れた夫婦 「早くコロナが終わってほしい。幸い家族みんな元気なので、これからも守っていただくようにお願いした」 秋の彼岸は今月26日まで。

広島 2021.09.23 19:11

“暗くなる時間帯の危険性”を体験

日の入りが早まるなか、暗くなる時間帯の危険性をドライバーが学ぶ交通安全教室が22日、北秋田市で開かれました。警察が夕暮れから夜にかけての事故防止を呼びかけました。 北秋田市の県北自動車学校で開かれた交通安全教室には地域の高齢ドライバーおよそ30人が参加しました。参加者はグループに分かれて、夕暮れから夜にかけての運転の注意点などを学びました。 まず体験したのは色の見え方です。紫や黒などの色は日が暮れて辺りが暗くなるにつれドライバーからより見えにくくなり、色によって見え方に大きな違いが出ます。 参加者は自分の車と対向車のライトで道路を横断する歩行者が見えづらくなる現象も体験しました。警察によりますと去年、県内で起きた自動車と歩行者の事故のうち、午後5時台の事故が11点3%を占め、時間帯別で最も多くなっています。警察は帰宅する車や人が多く暗さに目がなれていない中で事故が多くなっていると分析しています。 これから暗くなるのがさらに早まります。警察は「ドライバーも歩行者も夕暮れから夜にかけては特に気を引き締めて事故防止につなげてほしい」と呼びかけています。

秋田 2021.09.23 19:04

車庫から黒煙と爆発音 約1時間半で消火、けが人なし 愛知・豊川市

 23日午後4時すぎ、愛知県豊川市佐奈川町で「車庫から黒煙と爆発音が聞こえる」と119番通報がありました。  警察などによりますと、消防車など7台が出動し、火は約1時間半後に消し止められました。けが人はいないということです。  現場は、名鉄豊川線の諏訪町駅から南東に約200メートルの場所です。

愛知 2021.09.23 18:59

車同士が衝突、1台が横転 けが人はなし 名古屋・中村区

 23日午後4時前、名古屋市中村区那古野で「車同士の事故で1台が横転している」と目撃者から119番通報がありました。  警察と消防によりますと、消防車など8台が出動しましたが、横転した軽乗用車に乗っていた男性は車から自力で脱出し、けがはなかったということです。もう一台の軽乗用車の運転手にも、けがはありませんでした。警察が事故の原因を調べています。

愛知 2021.09.23 18:58

広島 新型コロナ56人感染確認

感染が確認されたのは、広島市が37人、東広島市が8人、福山市が5人、呉市、三原市、尾道市、熊野町、府中町、神石高原町が1人ずつの、あわせて56人。一日の感染確認が50人を超えるのは4日ぶりとなる。 22日時点の重症は10人。中等症は33人。入院している患者は、128人。自宅で療養・待機している人は、226人。 直近1週間の10万人当たりの新規感染者は「12、5人」で、ステージ3・感染急増の水準「15人」を下回っている。

広島 2021.09.23 18:57

3歳男児殺害 5分以上も熱湯浴びせる?

 また、幼い命が奪われた。大阪府摂津市で、交際相手の子どもに熱湯をかけ、殺害したとして23歳の男が逮捕された事件で、司法解剖の結果、熱湯を5分以上浴びていた可能性があることがわかった。  はにかむような表情を浮かべる新村桜利斗ちゃん。先月31日、3歳の桜利斗ちゃんは全身にやけどを負い、死亡した。 丸井雄生記者「当時、母親は外出していて、マンションの部屋に桜利斗ちゃんと二人きりでいた母親の交際相手の男が、消防に通報したということです」  救急隊が駆け付けると、桜利斗ちゃんは頭や上半身の皮膚がただれた状態で、リビングに裸で倒れていた。その後、病院に運ばれたが、亡くなった。  警察は、桜利斗ちゃんに熱湯をかけ、殺害した疑いが強まったとして、22日、母親の交際相手の無職・松原拓海容疑者(23)を逮捕した。  松原容疑者は桜利斗ちゃんの母親と去年10月ごろ、出会い系アプリで知り合ったあと交際を始め、今年5月ごろから現場のマンションで3人で暮らしていたという。  逮捕前の事情聴取に、松原容疑者は…。「体を洗うため、浴室に連れて行き、シャワーのお湯の温度を徐々に上げる遊びをしていた。シャワーを流したまま浴室に1人で残し、目を離していたら声が聞こえなくなった」。  母親の知人は、桜利斗ちゃんに手を上げる松原容疑者の姿を以前から目撃していて、事件になるのではないか、と心配していたという。 母親の友人「日常的に(桜利斗ちゃんを)叩いている姿だったりとか、蹴ったりとか、怒鳴ったりは日常茶飯事」  そして、先月、桜利斗ちゃんが死亡した直後に松原容疑者と会った際、次のように話していた。 母親の知人「『最初は38度のお湯を出して、桜利斗ちゃんがお風呂を出たり入ったり、キッチンとお風呂を出たり入ったりして、遊んでいた』と言っていて、けれど、だんだん桜利斗が中におるのを確認しながら、『(浴室に)行く度に60度まで徐々に上げていった』って言ったんですよ。夏やのに『(浴室を)温めよう』として、お湯を出してたと。このくそ暑い8月に」  警察によると、司法解剖の結果、桜利斗ちゃんは熱湯を5分以上浴びていた可能性があるという。  なぜ、幼い子どもが殺害される事態になったのか。警察が詳しいいきさつを調べている。

大阪 2021.09.23 18:57

東山動植物園で動物慰霊祭 緊急事態宣言下で規模縮小 名古屋・千種区

 名古屋市千種区の東山動植物園で23日、過去1年間に死んだ動物の慰霊祭が行われました。  今年は緊急事態宣言が出されているため、参加した動物園職員は例年の約半数で、来園者が献花する花は用意されませんでした。  動物園では今年8月末までの1年間に、チンパンジーのローリーなど、哺乳類、鳥類、は虫類で85の動物が死んだということです。

愛知 2021.09.23 18:56

コロナに負けない 京都・上七軒で特別公演

 秋分の日の23日、京都の花街の一つでは新型コロナウイルスの影響で、舞台に立てなかった芸舞妓のために、2年ぶりに特別公演が開催された。  京都五花街の一つ、上七軒で始まった特別公演。新型コロナの影響で、舞台に立つ機会を失った芸舞妓のために開催された。席を半分以下にするなど、感染対策を徹底したうえで行われた公演。中には、この日が初舞台という舞妓も。 初舞台の舞妓・ふみ苑さん「こういうコロナの中で、舞台に立たせてもらえるということに、すごいありがたいなという気持ちどす。このおどりの会をきっかけにというか、少しでもさみしい感じがなくなって活気づいたらいいなと思う」  公演を始めて見た人は…。 観客「画面でみたことあるけど、生で見れてよかった」  今回の公演は、10月2日まで行われる。

京都 2021.09.23 18:54

予約不要 岸和田だんじり会館に接種の列

 大阪府岸和田市で、意外な場所に行列が…。  「岸和田だんじり会館」。21日から期間限定のワクチン接種会場になっている。接種は「予約不要」で、住む地域の制限もない。 他市からの人「摂津市から。予約取ろうと思ったら、もう予約が取れなくて」「茨木市です。すごくありがたいです」  そして、接種の効率化を図るための工夫というのが…。 加藤沙織記者「予診をしながら消毒を済ませ、そして接種まですべてを一連の流れでスムーズに終えることができます」  予診から接種まで、立ったまま行うことで滞在時間を短くできる。さらに…。接種後は、だんじり祭の歴史に触れられる展示コーナーで待機。通常は入館料がかかるところ、無料で見学することができる。  この取り組み、岸和田だんじり祭りの感染対策を担当する団体が職域接種で余ったワクチンを活用しようと、医療コンサルタント会社と企画した。 総合医療コンサルタント黒田塾の黒田亮太医師「(余ったワクチンを)何もせず国に返すよりは今、大阪でも(接種が)進んでいないところがいっぱいあるので、そこにみなさん打っていただいて貢献したほうが良いのでは、と思いました」  接種は先着順で、1回目の接種は9月26日まで行われる予定。

大阪 2021.09.23 18:52

石川県「LGBT」への理解広げるイベント 小松空港ではPR活動も

心と体の性が一致していないトランスジェンダーなど、「LGBT」に代表される「性的マイノリティ」への理解を広げるためのイベント「金沢プライドウィーク」が23日から石川県金沢市で始まった。 この催しは「性的マイノリティ」の当事者や支援者らでつくる団体「金沢レインボープライド」が開いたもの。 初日は、LGBTの人たちが働きやすい環境づくりに取り組む北陸の企業の担当者によるパネルトークなどが行われた。 LGBTについて理解を広げようという動きは全国的に広がっているが、こうした規模でのイベントの開催は北陸では初めてだという。 一方、小松空港では「金沢プライドウィーク」の開催に合わせ、日本航空の職員らがPR活動を行っていた。 空港の到着ロビーで配られたのは性の多様性を表現する「虹」をモチーフにしたバッジとシールだ。 「金沢プライドウィーク」は24日以降もさまざまなプログラムが予定されていて、10月10日には金沢市中心部でのパレードも行われる。

石川 2021.09.23 18:48

25人の感染確認 熊本市の女性が死亡【熊本】

新型コロナ、県内で新たに25人の感染が確認。 前の週の木曜よりも11人少なくなっていて31日連続で前の週の同じ曜日を下回った。 熊本市が16人、合志市が3人、菊池市、山鹿市が2人、玉名市、荒尾市が1人。 また熊本市では60代女性の死亡が確認され、県内で亡くなった方は133人となった。

熊本 2021.09.23 18:48

世界遺産の案内は任せて!中学生ガイドが活躍【熊本】

世界遺産の案内は任せて!中学生ガイドが活躍 天草市の﨑津地区を案内していたのは河浦中学校の3年生のボランティアガイド。 これは授業に取り入れている「世界遺産学」の一環で、天草中学校の1年生に﨑津教会の建築様式などを説明した。 中学生ガイド 「﨑津教会はこうもり天井という天井の形をしている。こうもり天井はこうもりが羽を広げたような形をしている」 世界遺産を案内した地元の中学生ガイドに天草中の生徒たちも刺激を受けたようだ。 天草中の1年生 「同じ中学生なのに自分たちより歴史や集落のことなどを知っていて、とてもすごいなと思った」 ガイドした河浦中の3年生 「皆が目線を合わせて聞いてくれたので楽にできた。他の中学生にも﨑津のことを知ってもらえる機会があってよかった」 河浦中の3年生ガイドの任期は今年12月までで、その後は1、2年生が引き継ぐという。

熊本 2021.09.23 18:48

男性刺され死亡 59歳男を殺人容疑で追及

 23日午前、京都府宮津市の病院で男性が刺され、その後、死亡した。警察は現場から逃走した男を現行犯逮捕し、詳しい経緯を捜査している。  現場は宮津市の宮津武田病院の敷地内で、午前10時50分ごろ、「人が刺された」と病院の職員から110番通報があった。警察が駆け付けると、平木公隆さん(50)が胸などを刺され倒れていて、病院に搬送されたが、死亡した。  平木さんは事件直後、「顔見知りの男に刺され、軽自動車で逃走した」と話していたが、警察は約1時間半後、京丹後市内で同じ軽自動車を発見。車からは血の付いた折り畳みナイフが見つかり、乗っていた木下恭章容疑者(59)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。  警察は、木下容疑者が平木さんを刺したとみて、容疑を殺人に切り替えて捜査する方針。

京都 2021.09.23 18:48

クラスター2件発生 新たに32人感染確認

 県はきょう新たに32人の新型コロナウイルス感染と2件のクラスターを発表しました。  また70歳代の患者1人が亡くなりました。  きょう新たに感染が発表された32人の保健所管内別の居住地は青森市が15人、八戸市が9人、弘前管内が6人、上十三管内が2人となっています。  さらに県はきょうクラスターが2件発生したと発表しました。  1件は弘前管内の職場でこれまでに従業員など6人の感染が確認されています。  また、もう1件は八戸市内の県立高校でこれまでに同じ学年の生徒6人と関連する1人の感染が確認されています。  対象の学年はおとといから学年閉鎖しており今後は生徒と教職員などおよそ60人の検査を予定しています。 ★県健康福祉部 古川朋弘 次長 「部活動については休止中ですのでそれ以外の授業など学校生活の中で感染が起こったものと推測されます」  一方きょう発表された32人の半数にあたる16人はいまのところ感染経路がわかっていません。  そして青森市の70歳代の中等症患者がきょう入院先の病院で亡くなりました。  2回のワクチン接種を終えていたということです。  きょう現在の県内の感染者はきのうから13人増えて394人となっています。  入院中の患者は135人でこのうち重症の患者は6人、中等症は22人です。  感染状況を判断する指標の1つ、確保病床に対する使用率は40.7%と依然としてステージ3の水準です。

青森 2021.09.23 18:46

1人死亡 1人救助 キノコ採り遭難相次ぐ

 キノコ採りの遭難が青森市と平川市で相次ぎました。  1人が救助されましたが1人が亡くなりました。  亡くなったのは弘前市栄町の阿部東さん82歳です。  阿部さんはきのう平川市葛川砂子沢の山に家族とキノコを採りに入り行方がわからなくなっていました。  警察によりますと阿部さんが20メートルから30メートル下の沢に転落したということです。  警察や消防などが捜索したところきょう午前9時すぎ沢に落ちて亡くなっている阿部さんが見つかりました  一方、青森市雲谷ではキノコ採りに山に出かけたまま行方がわからなくなっていた男性がきょう午後、警察や消防などの捜索隊に救助されました。  救助されたのは青森市金沢の木村良三さん81歳で意識があり命に別状はないということです。

青森 2021.09.23 18:46

漁獲金額 初の1億円超 2021年陸奥湾産トゲクリガニ

 ことしの陸奥湾産トゲクリガニの漁獲金額が集計を取り始めた2007年以降で初めて1億円を超えました。  豊漁に加えて海外での需要が高まったことが要因とされています。  県産業技術センター水産総合研究所によりますとことし1月から7月までに陸奥湾で取れたトゲクリガニの数量は145トン、金額にして1億303万円になりました。  漁獲量・金額ともに集計を取り始めた2007年以降で最高となり、金額が1億円を超えたのは初めてということです。  漁獲量が伸びた要因として、2015年と16年に大量の稚ガニが確認され、2018年には大量死したマイワシが海底に沈んで豊富なエサとなり生き残りや成長が進んだことが考えられるということです。  また漁獲金額の伸びについては豊漁に加えて、不漁の北海道産の毛ガニに代わって海外での需要が高まり平均単価が上がったことが要因としています。  野辺地町は県内でトゲクリガニの漁獲量のおよそ半分を占めています。  ことしは先月末現在、およそ60トンと豊漁で金額もおよそ4,500万円と高く推移しています。  ことしは新型コロナウイルスの影響で花見時期の県内での取り引きが少なかっただけに、来年に向けて期待が高まっています。 ★野辺地町漁協 砂原則行 副組合長 「うれしい悲鳴です コロナの影響で5月の花見時期のカニなんだけど売れなくて漁業者が困っている最中に高い値段をつけてくれてほんとうにありがたく思っております 来年も高くなればいいと思っているんですけど需要がどのくらいあるかですね」  一方でトゲクリガニは地まきホタテをえさとして食べることが確認されています。  このため水産総合研究所は地まきホタテの漁場でトゲクリガニの漁獲を進めるなどの資源管理が求められているとしています。

青森 2021.09.23 18:46

青森市の美容室に珍客 カット?パーマ?

 きょう青森市の美容室に珍客が訪れ来店客や従業員を驚かせました。 ★客 「入ってきたね 可愛いねー」  珍客が訪れたのはRABのふるさと特派員・張山和希さんが勤める青森市幸畑の「美容室アトリエ・ハリヤマ」です。  きょう午前9時ごろ黄色い野生動物が店の風除室に突然入ってきました。 ★RABふるさと特派員 張山和希さん 「お客さんのカットをしていたんですけどそしたら風除室に黄色いのが入って来たよって待合室にいたお客さんが声を上げて」  野生の動物は体長が40センチほどで黄色い体毛に覆われていました。 ★子ども 「お父さん犬だ」 ★お父さん 「犬じゃないよ テンだよ」 ★子ども 「テン テン」  30分ほど店の中にいた動物はその後駆けつけた警察官に捕獲されました。  テンを飼育している岩手県の盛岡市動物公園によりますと野生のテンに間違いないということです。 ★目撃した客は… 「びっくりしました 初めて見た かまれたらどうしようかなと思って心配した」 ★ふるさと特派員 張山和希さん 「けがとかは一切なくてひと安心ではありますよね 何?カットしに来たの?パーマ?と思って」  警察によりますとこの動物を捕獲したあと山に帰したということです。

青森 2021.09.23 18:46

黒板アート動画完成…県警と高校生がタッグ【熊本】

熊本県警は交通安全の意識を高めてほしいと啓発動画を作った。タッグを組んだのは高校生。試行錯誤の動画作成に密着! 熊本県警が配信を始めた動画に登場するのは「黒板アート」。 黒板に横断歩道を渡る高校生の姿や道路標示の1つ「ダイヤマーク」を描く。テーマは「信号のない横断歩道での歩行者保護」。 黒板アートを制作したのは大津高校美術コースの生徒たち。県警の依頼を受けて交通安全を呼びかける動画の制作に協力することになった。 県内では信号のない横断歩道での車の一時停止率が25.7%。 4台に3台が止まっていないのが現状だ。 動画で取り上げたのが信号のない横断歩道の手前に表示される「ダイヤマーク」。「このマークを見かけたら横断歩道に注意」するよう呼び掛けている。 黒板アートは初挑戦。お互いに話し合いながら作業を進めていく。 大津高校美術コース・長野芽依奈さん 「こうした活動もコロナが流行ってしまったことで減ってしまったのでみんなで協力してできるのはうれしい」 一方、動画で女子高校生役を演じたのは演劇部の生徒。撮影は大津町の信号のない横断歩道で行われた。 プロのカメラマンと一緒に一つひとつのシーンを確認しながら撮影を進める。 大津高校演劇部・内川美優さん 「動画を見てたくさんの方が信号のない横断歩道でもちゃんと止まって歩行者優先という意識が広まると嬉しい」 高校生の力で完成した動画。熊本市・通町筋のスクリーンや県警のYouTubeなどで公開されている。

熊本 2021.09.23 18:20

富山県で新たに8人感染確認 新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染者が、県内で23日、新たに8人確認されました。新規感染者が一桁となるのは、これで8日連続です。  新たに感染が確認されたのは、富山市、高岡市、射水市、それに沖縄県の10歳未満から90代までの男女8人です。  いずれも軽症、または無症状で、うち4人は感染経路がわかっていません。1日あたりの感染者数が一桁となるのは、これで8日連続です。  感染者のうち富山市の90代女性は、クラスターが発生した介護老人福祉施設の入所者で、この施設での感染者はこれで15人になりました。  また沖縄県の20代男性は、今月8日に会社の同僚らと仕事で来県しました。この沖縄県からのグループで、感染者は3人目です。  県内の感染者は累計で4763人、入院中は22日から8人減って57人、重症者は1人減って6人です。宿泊療養施設には8人が入所しています。自宅療養または入院調整中の人は9人です。

富山 2021.09.23 18:14

時短営業解除へ 飲食店の受けとめは

 新型コロナウイルス感染者の減少に伴い、県は独自の警戒レベルを現在のステージ3から今月27日にステージ2へ引き下げます。それに伴い営業時間短縮の要請が解除となる飲食店の思いを聞きました。  富山市下奥井で、酒を提供する飲食店も営む「みずの酒店」です。  店は、富山市を対象に「まん延防止等重点措置」が適用された先月20日から営業を休止し、重点措置が解除された今月13日からは、県独自のステージ3に伴って午後8時までで営業を終えてきました。  店主 水野純さん 「もともと夜12時までの飲み屋みたいな感じだったので、午後8時閉店だと全然商売にならなかったので、ようやく来たかなという感じで。」  ステージ2に移行する今月27日からは、飲食店への時間短縮営業の要請は解除となり、全ての店舗で通常営業となります。  一方、30日までとされていた時短要請に応じた飲食店への協力金の対象期間は、4日間短縮となります。  店では、感染防止対策を徹底しながら、午前0時までの通常営業に戻します。  ただ、以前の客足が戻るかどうかは不安があるといいます。  店主 水野純さん 「来週の月曜から普通に戻るので、だからといってお客さんが戻るとは思わないので、いろんな企画、頑張って、お客さんにアピールしていきたいと思います。」  ステージが緩和されても、飲食店にとっては感染防止対策を徹底しつつ客足の回復を願う日々が続きます。

富山 2021.09.23 18:14

広がる秋の絶景 阿蘇を気球で空中散歩【熊本】

きょうは「秋分の日」。阿蘇山頂ではススキが風に揺られすっかり秋の景色に。この秋空の下、県内各地で自然を満喫する家族連れなどの姿が見られた。 暦の上では秋とはいえ、県内では30度を超える真夏日になった場所も…。玉名市の菊池川で開かれた川遊びのイベント。 天候にも恵まれ家族連れなどがカヌーなどを楽しんだ。 サップを体験した男の子 「寝そべって目を閉じたら、お布団に入っているようで気持ちよかった」 けさの最低気温が13.9℃と少し冷え込んだ阿蘇市。 県内外から訪れた観光客が熱気球の「空中散歩」を楽しんだ。 ところ変わって天草市では…。なんと桜!!春と秋から冬にかけて1年に2度咲く桜。 福岡の男性 「もともと天草地元だけど知らなかった。初めて見たけど小さくてかわいい」 新和町にある竜洞山みどりの村のキャンプ場には7本の10月桜が植えられていて9月に入って咲き始めたそう。 竜洞山みどりの村・髙田誠さん 「都会からの喧騒から逃れて景色や花を愛でながらゆっくりしていただきたい」■ あす以降も朝晩の気温差が大きくなりそう。体調管理には気を付けて。

熊本 2021.09.23 18:14

富山市で発見 巨大空洞の歴史

 こちらは、呉羽丘陵のふもと、富山市安養坊でことし見つかった大きな空洞です。戦時中の防空壕とみられるこの空洞にどのような歴史があるのか、山田記者がお伝えします。  空洞が見つかったのは、富山市安養坊にある日本画家、篁牛人の記念美術館の東側です。斜面の保護工事中に作業員が見つけました。  松原建設篠川組 平野克彦さん 「最初、草で隠れていたので、工事のため草を刈ったところ、穴があるという作業員からの報告で、この辺にいくつも防空壕があると知っていたが、実際に中に入ってみて非常にびっくりしました。」  どんな空洞なのか、案内してもらいました。  はしごを登っていくと・・・。  松原建設篠川組 平野克彦さん 「ここです。巨大空洞です」  生い茂る草に隠れていた大きな穴。中の空洞は、高さ、幅ともに2メートル。奥行きは53メートルもあり、突きあたりまで、真っすぐ、同じ大きさで続いていました。  松原建設篠川組 平野克彦さん 「長さにはびっくりしました。最初は真っ暗で何も見えない状態なので怖くて…。崩落と酸欠の恐れがあるので非常に怖かった。穴の形状は両脇が水が流れるようになっていて、両サイドには明かり、ろうそくを立てるような溝もあった。」  この空洞は、一体何なのか。富山市 民俗民芸村の記録には、こんな記述が。『美術館の門を入って突き当りに洞穴がある。太平洋戦争末期に工場疎開のために掘られた』。  調べていくと、穴を掘り、工場を疎開させようとしたのは、佐藤工業ではないかと分かってきました。戦後、佐藤工業から独立した佐藤鉄工の社史には、空襲が激しくなるなか、昭和20年、1945年4月に工場疎開を命じられたとあります。当時、佐藤工業は、富山市の富山地方鉄道稲荷町駅のそばに工場を構え、ゼロ戦に搭載する整備工具や軍艦に使う蒸気配管の部品を製造していました。  佐藤工業は、工場疎開の命令を受けてすぐ、呉羽山で半地下式、横穴式併用の工場の建設に着手。7月中旬には、工作機械の移設を始めました。  しかし、2週間後の8月2日未明。富山大空襲で稲荷町駅そばにあった工場は焼失、疎開工場も建設の途中で終戦となりました。  76年の時を経て、改めて見つかった防空壕。  近くに住む人① 「あるとは聞いていたけどね。山手の方はあるだろうなって。」  近くに住む人② 「防空壕。3つぐらいありますよ。昔、飛びもしない飛行機のプロペラを軍需工場で知り合いが女学校の時に作らさせられたと聞いているの。」  今回見つかった空洞のそばには、篁牛人が瞑想に使っていたとされる長さおよそ8メートルの別の防空壕がありました。富山市教育委員会は去年、斜面の工事のため、これを解体。高さや幅が同じことから、今回見つかった空洞は、この防空壕とつながっていたのではないかとみています。市教委は、崩落のおそれがあるとして、今回見つかった空洞も保存せず、中をコンクリートで埋め固める方針です。  国土交通省の調査では、2018年の時点で全国に現存する特殊地下壕はおよそ8500か所あり、県内は11か所、このうち3か所が安養坊で見つかっています。

富山 2021.09.23 18:14

感染収束の願いも 高岡大仏「お身ぬぐい」

 高岡市の高岡大仏では、この1年の汚れを落とす「お身ぬぐい」が23日、行われました。参加者は、新型コロナ収束への願いも込めて、大仏さまをふき清めていました。  毎年、秋分の日に行われている「お身ぬぐい」には、地元の住民など男性10人が参加しました。  白装束と白い鉢巻を身に着けた参加者は、地上からの高さが16メートルになる大仏にはしごをかけるなどしてのぼり、顔から体、そして台座まで布で丁寧に拭き清め、この1年にたまった汚れを落としました。  そして大仏には、高岡警察署などが作った交通安全祈願のジャンボたすきが掛けられました。  「お身ぬぐい」に参加 大谷内勇さん(76) 「世界の平和と皆さんの幸福のために大仏さんを磨かせてもらいました。コロナの収束のことも合わせて。」  例年はお身ぬぐいとともに行う大仏まつりは、新型コロナ感染防止の観点から2年連続の中止となり、これに代わって感染収束と交通安全を願う法要が営まれました。

富山 2021.09.23 18:13

北方領土を知って 史料室開設1周年

 黒部市にある県の北方領土史料室が開設から1年を迎えました。  黒部市コミュニティセンターの中にある北方領土史料室は、去年9月に開設されました。北方領土の歴史と富山との関わりを紹介するパネルやジオラマの展示に加え、納沙布岬から歯舞群島を望むライブ映像を見ることができます。  戦後、北方領土から富山県へ引き揚げた人は1425人で、北海道に次ぐ数ですが生存者は年々減少しています。  多楽島の元島民 中陣さつ子さん 「ただ口で言っているだけでは伝わらないですけど、こういうところを作っていただいて感謝しています。」  23日は富山市出身の元島民3世の写真家、山田淳子さんが講演しました。  また、山田さんが思いを聞いた元島民のポートレートなど、北方領土をテーマに撮影した写真32点が展示されています。写真展は、入場無料で来月3日までです。

富山 2021.09.23 18:13

徳島県鳴門市で鳴門金時の収穫が最盛期

徳島県鳴門市里浦町で名産のサツマイモ、「なると金時」の収穫が最盛期を迎え、農家は朝早くから収穫作業に追われています。鳴門市里浦町では、「なると金時」のブランドの1つ、「里むすめ」を約250戸の農家が約330ヘクタールの畑で栽培しており、今、収穫の最盛期を迎えています。中村雅広さんの250アールの畑では、休日の23日も、朝早くから専用の機械を使ってイモを掘り起こし、2人がかかりで収穫する作業に追われていました。JA里浦によりますとお盆の頃の長雨の影響で収穫が1週間ほど遅れているものの収量や品質は例年並みだということです。JA里浦では、約7000トンの出荷を見込んでいて、収穫したイモの多くは甘みが増すよう2か月から3か月ほど貯蔵した後、主に関西方面に出荷されます。

徳島 2021.09.23 18:12

徳島県で新たに10人感染確認

徳島県は23日、県内で新たに10人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。新たに感染が確認されたのは10代から80代のあわせて10人でいずれも軽症か無症状です。感染確認が2ケタとなるのは今月17日以来6日ぶりです。居住地別では徳島市が5人、阿南市が2人、鳴門市、北島町、藍住町がそれぞれ1人です。感染経路は濃厚接触者または接触者が7人、県外由来が1人、残りの2人は調査中です。濃厚接触者のうち4人は家庭内感染で、小学生と中学生が1人ずつ含まれています。県内での感染確認は累計で3216人です。県は改めて県民に感染対策の徹底を呼びかけるとともにワクチン接種率が低い若い世代で感染者割合が高くなっているとして、30代以下の世代にワクチンを接種するよう呼びかけています。

徳島 2021.09.23 18:11

義理の弟の頭を“なた”で何度も…殺人未遂の疑いで逮捕【熊本】

人吉市で義理の弟を殺害しようとしたとして80歳の男が逮捕された。 「金を返さないからやった」。犯行に使ったのは“なた”だった。 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは兵庫県加古川市の無職木原洋治容疑者80歳。 木原容疑者は23日午前11時頃、人吉市内の住宅で78歳の義理の弟の頭を鉄製の“なた”で何度も切りつけ殺害しようとした疑いがもたれている。 弟は外に逃げ出して助けを求め車で通りかかった男性が通報した。 緊迫した現場を近所の人が目撃していた。 近所の住民 「『助けてくれー!助けてくださーい!』ていう声が聞こえたからすぐ行ったら、一生懸命、相手の方の手を握っていた。その時に刃物は落としただろうと、すぐ近くにあったから。そのまま座り込んで手を握って『もう絶対離さん!』と言っていた」 弟は頭に切り傷を負ったが、命に別条はないという。 警察によると木原容疑者は突然、家に入り居間に座っていた弟を襲ったという。刃渡り約20センチのなたは兵庫から持って来たとみられている。 動機について「昔貸した金を返さないからやった」と供述する一方で、殺意については否認しているという。

熊本 2021.09.23 18:08

「自分で火をつけた」女性死亡の放火で容疑者の息子供述【愛媛】

今治市で今年6月、自宅に火をつけて全焼させ同居する母親を殺害したとして、22日、殺人と放火の疑いで58歳の男が逮捕された事件で、男は「自分で火をつけた」という主旨の供述をしていることが分かった。 殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、今治市の無職、森松良和容疑者(58)。 警察によると森松容疑者は今年6月、自宅に火をつけて全焼させ同居していた母親のマサノさん、当時92歳を殺害した疑いがもたれている。 警察の調べに森松容疑者は、「自分で火をつけた」という主旨の供述をしていることが、南海放送の取材で分かった。 また近隣住民は南海放送の取材に対し「森松容疑者らが、マサノさんを介護しているようだった」と話していた。 警察は、犯行に至った経緯や動機、それに放火の詳細などを調べている。

愛媛 2021.09.23 17:54

ワクチン接種 感染リスクが大幅低下

県内で新型コロナウイルスに感染した人のワクチン接種歴を県が調べたところ、「2回接種後2週間経過」した人は「未接種」の人に比べて発症の割合がおよそ40分の1と感染リスクが大幅に低下することが分かった。 県は、県内で8月に新型コロナウイルスに感染した人1382人のうち接種歴が分かった1174人についてその内訳を公表した。このうち「未接種」は1078人と91.8%を占め、「1回のみ接種」が62人、「2回接種後2週間未満」が9人、「2回接種後2週間経過」が25人となった。 これをもとに、県が算出したワクチン接種歴別の10万人あたりの新規感染者数は「未接種」が366.2人、「1回のみ接種」が79.9人、「2回接種後2週間未満」が22人、「2回接種後2週間経過」が9.3人と、接種が進むほど感染リスクが低下。 「2回接種後2週間経過」した人は「未接種」の人に比べて発症の割合がおよそ40分の1と感染リスクが大幅に低下することが分かった。 また、重症化した15人全員が「未接種」の人で、ワクチンを1回以上接種した96人の中に重症になった人はいなかった。

高知 2021.09.23 17:50

北信越高校野球石川県大会 ベスト4決まる 高校球児たちが熱戦

春のセンバツに向けた秋の北信越高校野球県大会。23日は準々決勝4試合、ベスト4進出をかけた熱戦が繰り広げられた。 観客を関係者のみに限定するなど新型コロナの感染対策を講じた上で行われている今大会。 23日、注目のカードはともに甲子園出場経験のある星稜と航空石川の対戦だ。 試合は初回から動いた。星稜は2アウト3塁で、4番の若狭がレフトスタンドに運ぶツーランホームランを放ち2点先制する。 さらに星稜は3回。6番荒木のタイムリーなどで、3点を追加。序盤で5対0と突き放した。 一方、航空石川は中盤以降、満塁のチャンスを作り、相手のワイルドピッチなどで2点を返すが、星稜は終盤にさらに2点を追加し、7対2で勝利。ベスト4進出を決めた。 ベスト4には星稜のほか、鵬学園、小松大谷、遊学館がそれぞれ勝ち進んでいる。

石川 2021.09.23 17:48

新型コロナ 新たに6人感染確認

県は23日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに6人確認されたと発表した。新たに感染が確認されたのは20代から70代までの男女6人。市町村別では高知市が3人、須崎市が2人、南国市が1人。全員、軽症で、このうち感染経路がわかっていない人は3人だ。 年代別では、20代が3人と最も多く30代、40代、70代がそれぞれ1人となっている。 県の発表によると、22日に感染が発表された須崎管内の20代と30代の男性2人と同じ会社の寮で生活する従業員15人を濃厚接触者として検査した結果、新たに20代の男性2人の感染が確認された。この会社の寮では24人が生活していて県は残る7人の検査を進めている。また22日、対応ステージを特別警戒から警戒に引き下げた県は県民に対して改めて感染対策を呼びかけた。 これで県内の感染確認は4068人となった。入院治療を要する人は62人で中等症が3人、重症が1人。宿泊療養施設を利用している人は24人、調整中の人は12人。なお18人が退院している。

高知 2021.09.23 17:48

第100回高校サッカー選手権開幕【愛媛】

今年第100回を迎える全国高校サッカー選手権大会の愛媛県大会が23日開幕した。 県内45の高校が参加した今年の県大会は、無観客での開催となった。 23日は1回戦7試合が行われ、そのうち県総合運動公園球技場では、前回準優勝の済美高校と松山南高校が対戦。 済美が8対0で2回戦進出を決めた。 また北条スポーツセンターで行われた伊予高校と松山中央高校の対戦は、松山中央が後半に連続得点をあげ2対0で伊予を破った。 このほか新居浜高専、南宇和などが1回戦を突破した。 県大会全44試合の模様は南海放送のホームページからインターネットで配信する。

愛媛 2021.09.23 17:17

岩手県矢巾町 高齢化で増加「紙オムツ」リサイクルを考える

高齢化で増加が見込まれる「使用済み紙オムツ」のリサイクルについて考えるシンポジウムが23日、矢巾町で開かれた。ゴミの減量に取り組む矢巾町では、年間およそ108万枚、432トン余りの「使用済み紙オムツ」が廃棄されていて、そのリサイクルを政策に掲げている。町民など約120人が参加したきょうのシンポジウムでは、NIPPON紙おむつ推進協会の須東亮一会長が、高齢化の進展で10年後には廃棄量が1.6倍まで増えると予想される「使用済み紙オムツ」を高温で乾燥・除菌しながら粉砕し、ペレットに変えて燃料化する取り組みを紹介した。矢巾町は数年以内に紙おむつのリサイクル事業に着手したいとしている。

岩手 2021.09.23 16:59

岩手県北上市 大正~平成の日用品を展示 企画展「あのころの暮らし」

大正時代から平成初期までの日用品を通して、庶民の暮らしと時代の移り変わりを辿る企画展が、北上市立博物館で開かれている。 展勝地開園100周年など、市の周年記念事業に合わせた企画展『あのころの暮らし』。古くは101年前、大正9年に発行された雑誌の付録など約80点が展示されている。会場では「大正時代から戦前」「昭和の高度経済成長期」「平成初期」の3つの時代ごとに使われていた日用品を展示し、それぞれの時代の庶民の暮らしに思いを馳せることができるようになっている。 (北上市立博物館・川村明子主任学芸員)「展示しているものはみなさんと同じ一般市民が使っていたもの。日常生活の積み重ねの上で歴史が成り立っているということを感じてもらえたらうれしい」 この企画展は10月3日まで、北上市立博物館本館で開かれている。

岩手 2021.09.23 16:58

岩手県 新型コロナウイルス 23日の新規感染確認は5人

岩手県内では23日、5人の新型コロナウイルス感染確認が公表された。公表されたのは盛岡市、花巻市、一関保健所管内に住む10~30代の男女5人で重症者はいない。中部保健所管内のスポーツ活動で発生したクラスターでは、花巻市に住む学生3人の感染が新たに判明。感染は2つの団体に広がっていて、この3人は起点となった団体と別の団体のスポーツ活動に参加していた。一関保健所管内の10代女性は県立学校の児童または生徒で、今後、学校関係者およそ40人の検査が予定されている。1日あたりの新規感染者数が1ケタとなるのは5日連続。直近1週間・人口10万人あたりでは県全体が2.9人と今月7日以降減少が続き、盛岡市も2.7人と3日連続で減少している。正午現在、入院中は前日より12人減って38人。病床使用率は10.9%。

岩手 2021.09.23 16:55

パチンコ店で財布を“置き引き”教員の男逮捕

昨夜、北九州市のパチンコ店で財布を置き引きしたとして特別支援学校の教員の男が逮捕されました。 男は「棚の上に財布があったので盗んだ」と容疑を認めています。 窃盗の疑いで逮捕されたのは福岡県築上郡の特別支援学校教員、正木俊輔容疑者(35)です。 警察によりますと正木容疑者は昨夜10時半すぎ、北九州市戸畑区のパチンコ店でスロット台の上にある棚に置かれていた現金1万円などが入った財布を置き引きした疑いがもたれています。 防犯カメラには正木容疑者が財布を盗む様子が映っていたということです。 調べに対し「金に困っていたわけではないが棚に財布があったので盗んだ」と容疑を認めています。 正木容疑者は「財布は川に捨てた」と話し、盗んだとみられる1万円が近くの道路の側溝で見つかっています。

福岡 2021.09.23 16:47

【新型コロナ 石川県】新たに8人が陽性 9月にひと桁なるのは2回目

新型コロナウイルスについて石川県内で新たに8人の陽性が確認された。9月にひと桁となるのは21日に次いで2回目で、感染状況についてのモニタリング指標の数値は改善傾向が続いている。 県によると午前10時までに確認された622件の検査の結果、新たに8人の陽性が判明した。 内訳は濃厚接触者などが5人、感染経路不明者が3人。また、症状別では、中等症が1人、軽症が4人、無症状が3人となっている。 県内の感染状況を示すモニタリング指標では、総合的な判断は「ステージ3」となっているが、項目別で見ると、直近1週間の感染経路不明者数、それに病床使用率が「ステージ2の注意報相当」となるなど、改善傾向が続いている。

石川 2021.09.23 16:41

「まん延防止」目安下回る 新型コロナウイルス 札幌32人感染

新型コロナウイルスの最新情報です。 北海道では新たに76人の感染が確認され、8日連続の二桁となりました。 亡くなった方はいません。 札幌市は32人と4日連続で40人を下回っています。感染経路不明は16人です。 ・旭川市 8人 ・小樽市 1人 ・石狩管内 11人 ・函館市 9人 ・オホーツク管内 9人 ・釧路管内 4人 ・その他 2人 これまでに新たなクラスターの発表はありません。 直近1週間の10万人あたりの感染者数は、札幌市で14.5人とまん延防止等重点措置の目安となるステージ3の15人を下回りました。 全道でも8.7人です。 病床使用率は、札幌市で21.3%・全道で14.5% ともに緊急事態宣言の目安となるステージ4の50%を下回っています。

北海道 2021.09.23 16:40

石川で航空業界の歴史をたどる 小松空港開港60周年 歴代のCA制服などを展示

石川の空を飛んできた飛行機の歴史を楽しめる展示会が23日から小松空港で開かれている。 この展示会は小松空港の開港60周年を記念して小松市が開いたもの。 会場には1970年代に流行したミニスカートの日本航空の制服や大阪万博に合わせてイメージチェンジした全日空の制服など歴代の客室乗務員の制服10着が並んでいる。 また実際に飛行機に搭載され使われていた部品など小松空港の歴史を彩ってきた様々なものが展示されていて、訪れた人たちはそれぞれに空の旅の思い出をふりかえっているようだった。 この展示会は25日まで開かれている。

石川 2021.09.23 16:38

石川県野々市市に国内初の新業態複合商業施設 ホームセンターと家電量販店が連携

イオンモール白山の出店に伴って5月末で閉店した石川県野々市市のイオン御経塚店跡地に、新たな業態の複合商業施設をオープンさせる計画が発表された。 新たな複合商業施設は、「ホームセンタームサシ」などを展開する「アークランドサカモト」が家電大手の「ヤマダホールディングス」と業務提携し、開発を進める計画だ。 ホームセンターと家電量販店という異なる業種が連携して商業施設を開発・運営するのは国内初の取り組みで、延床面積は2万坪規模。インテリアやリフォームなど、暮らしに関する商品・サービスを取りそろえ、スーパーや住宅展示場も設けられる見通しだ。 アークランドサカモトとヤマダホールディングスは、この新たな業態の商業施設を来年以降、3年間で全国に6店舗出店する計画で、そのうち野々市の店舗は、再来年の2023年にオープンが予定されている。

石川 2021.09.23 16:36

去りゆく暑さと不安定な秋の空 夏日は最後か

(撮影者)「ひょうが降っています。すごいです」 地面をたたきつけるように激しく降っているのは、ひょう。 23日午前11時半ごろの北海道・旭川市内の映像です。 撮影者によると、直径約1センチの大粒のひょうが突然降ってきたといいます。 (撮影者)「ばばばっていうかばたばたばたっていう感じ。車はたまたま車庫に入れていたけど(入れていなかったら)小石当たったみたくへこんだところもあったのかもしれないなと思いながら。こわいなとは思いました」 北海道は上空に寒気がある一方で、地表温度が上がったことで大気の状態が非常に不安定となり、局地的な大雨やひょうなどに見舞われました。 気温は札幌で正午ごろに26.2℃を観測。 足寄町で真夏日に迫る29.6℃となるなど、各地で気温が上昇し、53地点で25℃を超えました。 ことし最後の夏日となりそうです。 この大気が不安定な状態は23日夜遅くまで続く見込みで、全道的に大雨による土砂災害などに十分な注意が必要です。

北海道 2021.09.23 16:34

【続報】新潟市以外で7人感染確認 (燕市2人 三条市・柏崎市などで各1人) 感染経路不明6人 新型コロナウイルス

新潟県は23日、新潟市以外で7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。内訳は以下の通りです。 <県発表> 燕市 2人 三条市 1人 柏崎市 1人 新発田市 1人 見附市 1人 上越市 1人 10代が1人、20代が2人、30代が2人、40代が1人 80代が1人。 全員が軽症または無症状。感染経路不明者は6人です。 県内では新潟市発表32人を含め計39人の感染が発表されました。 県内の累計感染者数は、7701人です。

新潟 2021.09.23 15:51

松江市北消防署北部分署が10月1日に開所 2002年以降の消防再編完成へ

10月1日に新たに松江市北消防署北部分署が開署する。これにより松江市の消防署の再編が完成する。 松江市北消防署北部分署は秋鹿出張所と鹿島出張所を統合し、10月1日松江市西長江町に開署する。松江市は2002年から2署9出張所を2署4分署1出張所に再編する消防力整備実施計画を進めていて今回の開署で再編が完成することになる。 北部分署には常時6、7人の職員が勤務、救急救命士を配置するほか車両2台の同時出動が可能となる。 松江市 上定市長:「今回2つの隊を作ってその隊が協力することによって災害の規模等に応じて対応してまいります。」 敷地内にはヘリポートが建設されドクターヘリとの連携も強化される。

島根 2021.09.23 15:47

鳥取市 受験生PCR検査費用2回まで助成 県外の大学など受ける場合が対象

鳥取県外の学校を受験した学生を支援するため鳥取市はPCR検査費用の助成を行っている。補助対象となるのは、鳥取県外の大学などを受験する鳥取市内に住む受験生とその付き添い1名以内(鳥取市在住者)だ。 9月1日から来年3月31日までに自主的に受けたPCR検査のうち、鳥取市に戻った日から14日以内に検査した場合に申請が可能だ。1件の検査につき5000円を超える部分の費用が2万円を上限に補助され、1人の受験生について2回まで申請できるという。 来年4月14日まで鳥取市のHPから申請することができる。

鳥取 2021.09.23 15:46

県内新たに22人コロナ感染 松山市14人【愛媛】

愛媛県は23日、県内で新たに、新規事例12人と既存事例関連10人の合わせて22人が新型コロナに感染したと発表した。1日の感染者数が20人以上となるのは、9月15日の発表以来8日ぶり。 感染者の居住地は、松山市が14人と依然多く、しかも内9人が新規事例で、心配な状況が続いている。このほか、新居浜市が6人、今治市と西条市が、それぞれ1人。 感染経路では、松山市などの複数の飲食店で合わせて5人の感染が確認された。 飲食店由来の感染者の発表は、9月3日以来20日ぶりで、県は”再び飲食店を起点に感染が拡大しないか心配している”としている。 県独自の警戒レベルは、9月いっぱい、最も高い「感染対策期」が継続。 県は、「ワクチンを打ったからと言って安心せず、マスク着用や密の回避など、感染回避行動の徹底を」と呼び掛けている。

愛媛 2021.09.23 15:38

あわらで観光クリ園オープン 今年は豊作

あわら市の丘陵地で、観光クリ園がオープンし、家族連れらが屋外で密を避けクリ拾いを楽しんだ。(9月23日) オープンを迎えた、あわら市城の朝倉梨栗園では、福井市や坂井市などから家族連れらが訪れ、地面に落ちたイガを足で押さえながらクリを取り出し、ゆっくりとした時間を過ごしていた。 クリ園によると、今シーズンはクリの表年に当たり豊作で、昼と夜との気温差で甘みが増したという。 訪れた人は、楽しそうにクリを拾い、「栗ご飯にして家族みんなで食べる」などと話していた。 クリ拾いは10月上旬まで予約制で楽しめ、入園できる人数は1時間あたり50人に制限している。

福井 2021.09.23 14:55

感染ステージ「2」へ 宿泊割の予約開始

県は、新型コロナウイルスの感染状況に応じたステージを独自の緊急事態宣言が出されている佐世保市も含め25日から「2」に引き下げる。 県は、ステージ引き下げに伴い県民対象の宿泊キャンペーンも再開し23日から予約の受け付けを開始。割引は25日の宿泊分から適用される。また、宿泊キャンペーンやすでに13日から食事券の販売を再開した「GoToイート」事業の割引対象は、今後、第三者認証を受けた店に限定する方向で検討を進めている。一方、日本郵便九州支社はクラスターが発生していた佐世保郵便局の郵便物の配達の遅れが22日までに解消したと発表した。

長崎 2021.09.23 14:07

四国水族館 生き物たちの慰霊祭

本格的なオープンから1年余りとなった香川県宇多津町の四国水族館で、これまでに死んだ生き物たちを供養しようときょう、慰霊祭が開かれました。 初めて開かれた慰霊祭は高さおよそ5メートル、幅およそ11メートルの館内最大の水槽の前で行われ飼育員およそ20人が参加しました。 地元の寺の住職がお経を唱える中、飼育員たちはこれまでに死んだ生き物たちへの感謝を胸に焼香しました。 四国水族館は去年6月に本格的にオープン。 瀬戸内海や太平洋などのおよそ400種類、1万4千匹の生き物を69の水槽を使って展示しています。 水族館ではこれからも命に感謝しながら生き物の不思議や素晴らしさを伝えていきたいとしています。

香川 2021.09.23 13:49

岡山県「まん防」で初の罰則付き時短命令

今月13日からの「まん延防止等重点措置」への移行に伴ない岡山県が改めて要請した時短営業に応じなかったとして、県はきのう、岡山市と倉敷市の31店舗に罰則付きの時短命令を出しました。 重点措置に伴う特措法に基づいた時短命令は初めてです。 時短命令が出されたのは岡山市と倉敷市にある31の接待を伴う飲食店や居酒屋などです。 岡山県では今月13日から「まん延防止等重点措置」に移行されてからも県内17の市町の飲食店などに午後8時までの時短要請を維持し、県職員などによる夜の巡回も継続していました。 その巡回によって31店舗の午後8時以降の営業が確認された事から、今月30日までの時短命令を出したもので、中には緊急事態宣言の時にも命令を受けた店舗も複数あるという事です。 岡山県は、31店舗の名前をホームページで公表すると共に今後も命令に応じない場合は裁判所に通知し、最大20万円の過料を科す手続きに入るとしています。

岡山 2021.09.23 13:49

【続報】半数以上が感染経路不明 新潟市で32人感染 3人がワクチン2回接種済み

新潟市は23日、新たに32人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。32人のうちワクチンを2回接種済みだった人が3人、1回接種済みだった人も3人いたということです。 また、感染経路不明は17人で、全員が軽症か無症状だということです。 <新潟市発表> 中央区、西区 各8人 東区 7人 江南区 4人 南区 2人 北区、秋葉区、市内滞在中 各1人 また県は23日、新潟市以外で7人の感染を確認していて、県内では合わせて39人の感染が発表されています。 県内の累計感染者数は、7701人です。

新潟 2021.09.23 13:36

彼岸の中日 マスク姿の家族が先祖を供養

彼岸の中日の23日、県内各地の墓地では、マスク姿の家族らが墓参りに訪れ、静かに手をあわせて先祖を供養した。(9月23日) このうち、秋晴れとなった小浜市の曹洞宗発心寺(ほっしんじ)では、朝早くから家族連れなどが墓参りに訪れた。 マスク姿の家族は、墓の周りを掃除したり、墓石を水拭きするなどした後、花や線香を供え静かに手を合わせ、先祖を供養した。 墓参りに訪れた女性は「彼岸の入りにも来たが、中日にも寄せてもらった。コロナは無事に収まってほしいです」と話した。 発心寺によると、彼岸に墓参りに訪れる人は、去年と変わっていないが、新型コロナウイルスの影響で、県外からの帰郷を自粛する人が多いという。

福井 2021.09.23 13:31

完了していたはずの“未完了工事”新たに5か所確認 火災感知器は100個が不適切な場所に設置

「完了した」と発表されていた柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事の一部が実際は完了していなかった問題で、東京電力は9月22日、未完了の工事が新たに5か所見つかったと発表しました。 東京電力はことし1月、柏崎刈羽原発7号機の再稼働に向けた安全対策工事が完了したと発表しました。 しかし、その後、未完了の工事が相次いで見つかったことから総点検を進めています。 22日夜に開かれた記者会見で、東京電力は総点検の結果、原子炉建屋で新たに未完了の工事が5か所見つかったと発表しました。 いずれも配管やケーブルが壁などを貫通する所で浸水のトラブルがあってもそれが広がらないようにする工事です。 また7号機の火災感知器のうち、不適切な場所に設置されたものが100個あったことも公表されました。

新潟 2021.09.23 13:07

墓参り 各地の寺に家族連れ

秋分の日、彼岸の中日の23日、県内各地の寺には朝から家族連れなどが墓参りに訪れています。 上空に雲が広がった23日午前の秋田市。旭北栄町にある鱗勝院にも朝から家族連れなどが訪れ、先祖の墓に花を供え、手を合わせていました。 寺の壁沿いには、この時期に鮮やかな花を咲かせる彼岸花が咲きそろっています。球根に毒があり、モグラやネズミなどから墓を守るために昔から植えられてきたという彼岸花。鱗勝院では今が見頃です。 23日の県内は、寒気を伴った低気圧の影響で大気の状態が非常に不安定になっています。大雨になる可能性もあり、墓参りなど外出の際は天気の急変に注意してください。

秋田 2021.09.23 13:03

柏崎市の櫻井市長「原発に関わっている認識足りない」と指摘 東京電力の報告書を受けて

東京電力が核セキュリティーの問題で9月22日に提出した報告書について、柏崎市の櫻井雅浩市長は23日、「原発に関わっている認識が足りない」との認識を示しました。 柏崎刈羽原発で相次いだ核セキュリティ―の問題について、東京電力は22日、報告書を原子力規制委員会に提出しました。 報告書の内容について、原発が立地する柏崎市の櫻井市長は23日午前、次のように述べました。 <櫻井雅浩市長> 「なぜこういったことが起こるのか。原子力発電所に関わる仕事をしているんだという認識がいまだ足りないんではないか。」 また桜井市長は、原子力規制委員会などに対して「あらゆる人材を投入し充実したスムーズな審査をしてほしい」と求めました。

新潟 2021.09.23 12:59

みんなで歩こう山頂まで 大学生が20キロウォーキング

札幌市手稲区にある北海道科学大学が、地域の魅力をアピールし大学生活を健康に過ごそうと、20キロのウォーキングイベント実施しました。 参加したのは学生や教授ら約50人です。 23日午前9時半ごろ、手稲山の山頂を目指して出発しました。 地元エリアの認知度向上を目指したり、学生は椅子に座っている時間が長いため、運動不足の解消や歩く習慣を身につけることが目的です。 (学生)「非常にいい汗かけてます」 (学生)「コロナ禍で人と話す機会もないので、みんなと交流できて楽しいです」 手稲山の標高1023メートルにちなんだ10月23日の「手稲山の日」にもウォーキングを実施予定です。

北海道 2021.09.23 12:55

民家に侵入 住人切り付け男逃走【愛媛】

きょう未明、松山市の住宅に男が侵入し、気付いた住人の男性ともみ合いになった。男は刃物で住人の男性にけがをさせ逃走。警察が行方を追っている。 きょう午前3時20分ごろ、松山市萩原の60代男性の住宅に男が侵入した。 これに気付いた住人で30代の息子が取り押さえようとしたが、2人は家の外でもみ合いになった。 その際男は刃物を振り回すなどし、息子の両腕などに切り傷を負わせ現場から走って逃げた。 警察によると逃げた男は30代から40代で、身長約170センチのがっちりした体型、上下黒色の服に黒色のマスクを付けていたという。 警察は、傷害と住居侵入の疑いで逃げた男の行方を追っている。

愛媛 2021.09.23 12:54

暑さよこれでさようなら ことし最後の夏日予報

北海道では朝から湿度が高い状態が続いていて、札幌市内では濃い霧に覆われました。 気温は25℃以上となる所がありますが、今年最後の夏日となりそうです。 札幌市内の23日午前7時すぎの様子です。 湿度が高い状態となっていたため、北区や東区などでは濃い霧に包まれました。 北海道の主な都市の予想最高気温は、足寄で28℃、帯広で27℃、札幌は26℃、根室と中標津は25℃の見込みで、北海道では今シーズン最後の夏日となりそうです。 午後からは上空の大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴って激しく雨が降る見込みです。

北海道 2021.09.23 12:51

「根に持っていた」義父を刺し逃走 義理の息子を送検

北海道・余市町で自宅で寝ていた男性が刺された事件で、義理の息子にあたる男が殺人未遂などの疑いで送検されました。 男は事件後、空知地方まで逃走していたということです。 殺人未遂などの疑いで23日送検された城虎ノ介容疑者は、22日午前2時すぎ、余市町に住む義理の父の平塚和則さんの自宅に侵入し、寝ていた平塚さんの胸を刃物で数回刺して殺害しようとした疑いが持たれています。 平塚さんは全治1か月程度の重傷です。 宮城容疑者は現場に刃渡り10センチほどのナイフのような刃物を残し、空知地方まで逃走していましたが、約3時間後に電話で自首したということです。 宮城容疑者は調べに対し「人間関係で悩んでいた、根に持っていた」と話していて、警察は動機などについて、詳しく調べています。

北海道 2021.09.23 12:48

彼岸の中日 家族で墓参り 福岡市

彼岸の中日の23日、福岡市の霊園では墓参りに訪れる人の姿が見られました。 福岡市の平尾霊園では、朝から家族連れが墓参りに訪れ、花の水を替えたり、掃除をしたりしたあと静かに手を合わせていました。 ■墓参りの人は 「人は少ない感じがする。家族の健康とコロナが収束するようにと祈りました」 「お水をあげた」 「いつも見守ってくれてありがとうと伝えました」 2年続けてコロナ禍の「秋の彼岸」となりましたが、平尾霊園によりますと、今週月曜の彼岸の入りから22日までに墓参りに訪れた人は1600人あまりで、去年とほぼ同じ人数だということです。

福岡 2021.09.23 12:41

行楽客に交通安全呼びかけ 北九州市・平尾台

秋の交通安全県民運動の一環として、北九州市の行楽地・平尾台で、警察による交通安全キャンペーンがありました。 23日午前、北九州市小倉南区の「平尾台自然の郷」で、平尾台周辺の3つの警察署などが合同で、行楽で訪れた訪れた観光客らに交通安全を呼びかけるビラを配りました。 平尾台を含む北九州地区ではことしこれまでに去年より8人多い22人が交通事故で死亡していて、平尾台周辺でも2人が亡くなっています。 秋の交通安全県民運動は今月30日まで行われ、警察は特に重大な事故につながる速度違反について重点的に取り締まりを行うことにしています。

福岡 2021.09.23 12:39

旧淡島ホテル 破産法違反の疑いで5人逮捕

沼津市の旧淡島ホテルの破産手続きをめぐり、県警は債権者が破産を申立てをした後に財産を不適切に処理したとして、5人を破産法違反の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、東京都港区の会社経営竹原虎太郎容疑者(52)ら5人。警察によると、5人はおととしの10月、債権者から破産申し立てのあった旧淡島ホテルが持っていた借地権、約1億3000万円相当を破産の申し立て前の日付に遡り、別会社の淡島マリンパークに移転させ、債権者の不利益になるように処分した疑いが持たれている。

静岡 2021.09.23 12:36

静岡・盛り土総点検1857か所が対象 130か所で行政手続きが行われていない可能性も

熱海市の土石流災害を受けて、国が各都道府県に要請した盛り土の総点検について、県は、県内では1857か所が対象になると発表した。7月3日に発生した熱海市の土石流災害では、盛り土の崩落が被害を拡大させたとみられている。盛り土の総点検は、国が全国の都道府県に要請したもので、県は2000年以降に造成された1857か所が点検の対象になると発表した。そのうち130か所は行政手続きが行われていない可能性があるという。県は各市町と連携して現地調査を行い、11月をめどに点検結果を国に提出する方針。

静岡 2021.09.23 12:35

秋分の日 30℃を超す暑さ

秋分の日の23日、県内は晴天に恵まれた。気温は上昇していて、30度を超えているところもある。 (松原リポ) 「東名富士川SAの上空です。駐車場、上空からみると8割から9割空いている状況です。」 秋晴れとなった23日の県内、東名や新東名はスムーズに流れている。県警によると、一般道にも午前11時半現在、渋滞は発生していない。県内は気温が上昇していて、すでに30度を超えているところもある。静岡地方気象台では、屋外での活動などに注意するよう呼び掛けている。

静岡 2021.09.23 12:33

鹿児島市7飲食店に2度目の「時短命令」店舗名公表

 県は、まん延防止等重点措置に伴う営業時間短縮の要請に応じていない鹿児島市の7つの飲食店に対し、「時短命令」を出し店舗名を公表した。  塩田知事は22日の会見で「このコロナの危機を皆さん一丸となって乗り越えるという趣旨をご理解いただいて、残り日数は少なくなってきたが、応じていただければありがたい」と話した。  「まん延防止等重点措置」により、今月30日まで県内全域の飲食店では、営業時間を午前5時から午後8時までに短縮するよう求められている。こうした中、県は22日夜、時短要請に応じず午後8時以降も営業を続けていた鹿児島市の7つの飲食店に対し、特別措置法に基づく「時短命令」を出し、県のホームページに店舗名を公表した。県が時短命令を出し店舗名を公表するのは、今月10日に続き2度目だ。  時短命令に応じた場合店舗名は、ホームページから削除されるが、引き続き命令に応じなかった場合、20万円以下の過料が科される。

鹿児島 2021.09.23 12:28

新型コロナ助成金をだまし取った男を逮捕 【熊本県】

新型コロナによる休業手当てなどを助成する国の制度を悪用し、500万円あまりをだまし取ったとして、福岡市の男が逮捕された。 詐欺などの疑いで再逮捕されたのは、福岡市の飲食店従業員西田憲生容疑者(49)。 警察の調べによると西田容疑者は国の2つの助成金制度を悪用し、経営していたバーの従業員の去年4月から10月分の休業手当て509万円をだまし取った疑い。 また去年11月分の67万円もだまし取ろうとした疑いが持たれているが、熊本労働局が不自然な点に気づいて支給しなかった。 西田容疑者は別の飲食店経営者に不正受給を指示したとして今月、逮捕されたが処分保留でいったん釈放され、再び逮捕された。 警察は、今回の容疑について認否を明らかにしておらず、余罪についても調べている。

熊本 2021.09.23 12:28

“漁の準備中に転落か”55歳男性が死亡

 指宿市の漁港で23日朝、男性(55)が海中に沈んでいるのが見つかり、その後、死亡した。死亡したのは、指宿市岩本の漁業、高木豊二さん(55)だ。  警察によると、23日午前4時過ぎ、指宿市岩本の今和泉漁港で、近くにいた釣り人が「海に人が落ちたようだ」と警察に通報した。    その後、高木さんの漁師仲間が付近を捜索したところ、港に係留していた高木さんの漁船のそばで、高木さんが海に沈んでいるのがみつかり、搬送先の病院で約1時間半後に死亡した。  警察によると、高木さんは当時、漁に出る準備をしていたということで、最中に何らかの原因で転落した可能性が高いとみて、詳しく調べている。

鹿児島 2021.09.23 12:28

福島県10人感染 入院患者100人下回る

福島県内では前日の検査結果で新たに10人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で4人、郡山市で2人、須賀川市、相馬市、西郷村、鏡石町で各1人の計10人。 県は23日午後にクラスターの有無などを公表予定。 入院者は94人と約3か月ぶりに100人を下回った。 重症者は3人で、病床使用率は14.8パーセントとステージ2の水準。 宿泊療養者15人、自宅療養者は30人、6人が療養先調整中。 県内では新たな感染者は減少傾向にあるが、県は感染の再拡大を防ぐため、あらためて対策を徹底するよう県民に呼びかけている。

福島 2021.09.23 12:27

彼岸の中日・福島市は2日連続で真夏日予想

彼岸の中日、福島県内の墓地では、先祖の霊に手を合わせる家族連れの姿が見られた。 晴れの空が広がる中、福島市の御山墓地を訪れた人は「みんな大変な時代なので、早くいままでの生活が戻ってくると良いかなと、お祈りした。」と話した。 23日の県内は南からの暖かい空気の影響で気温も上がっていて、福島市では最高気温が31度と、2日連続の真夏日と予想されている。 また、会津若松市は29度、郡山市が28度、いわき市小名浜が25度と予想されている。

福島 2021.09.23 12:25

教職員間で400件以上の「ハラスメント」・福島

福島県教育委員会のアンケートで、教育職場における「セクハラ」「パワハラ」が400件以上あったことが分かった。 県教育委員会では、教職員の不祥事が相次いでいることから今年6月に、公立学校に勤務するすべての教職員を対象にした「ハラスメント」に関するアンケートを行った。 その結果、上司や同僚から「性的な話・冗談を言われた」など、セクハラの訴えが78件寄せられた。 また、パワハラの訴えは336件に上り、「威圧的な行為をされた」「ミスを責任転嫁された」などの回答が寄せられた。 県教育委員会は事実確認を進めて、ケースによっては処分も検討するとしている。

福島 2021.09.23 12:24

【山口】岩国刑務所で女性刑事被告人が自殺

岩国刑務所は、拘禁中の女性の刑事被告人が21日、刑務所内で自殺したと発表した。自殺したのは、岩国刑務所に拘禁されていた50代の女性刑事被告人。 岩国刑務所によると21日午前5時半過ぎ、刑務所の単独室内で女性が洗面台の蛇口に黒いタイツをくくりつけ首を吊っているのを巡回中の刑務官が発見したという。女性は外部の病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。女性は刑事事件で起訴され裁判の手続き中だったというが、刑務所は、起訴罪名を明らかにしていない。岩国刑務所での自殺事案は2012年7月以来で、磯貝真之所長は「被収容者が亡くなったことは遺憾。今後とも被収容者の動静視察および心情把握を徹底し同種事案の再発防止に努めて参る所存」とコメントしている。

山口 2021.09.23 12:21

【山口】秋分の日で墓参り

23日は秋分の日・彼岸の中日。山口県内の墓地でも朝から墓参りに訪れる人の姿があった。 秋の彼岸の中日は亡くなった人たちをしのぶ日。周南市の緑地公園にある大迫田墓地公園でも線香を手向けて墓前で静かに手を合わせ冥福を祈っていた。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおりこれから朝晩はやや冷え込む日が多くなっていく見通し。

山口 2021.09.23 12:20

秋の彼岸に合わせ 子どもの健やかな健康を祈る虫切加持

「虫切り霊場」として知られる富士川町の昌福寺で子どもたちの健やかな成長を願う「虫切加持祈願」が行われている。 富士川町の昌福寺に300年以上に渡って伝えられる虫切加持は、12代住職の一道院日法が残したとされる秘法で、夜泣きや癇癪など子どもの「疳の虫」を鎮めるとされる。春と秋の彼岸に合わせて年2回行われていて、ことしも新型コロナ対策で1回あたりの人数を少なくして受け付けている。 祈願では住職が男の子には左手、女の子には右の手の平にそれぞれ食紅で「経」の文字を書いた後、読経をあげて子どもたち1人ひとりの健やかな成長を祈った。 昌福寺の虫切加持は彼岸が明ける26日まで行われる。

山梨 2021.09.23 12:19

秋の全国交通安全運動に合わせ飲酒検問

秋の全国交通安全運動に合わせ、県警は22日、南アルプス市と市川三郷町で飲酒検問を行った。 飲酒検問は南アルプス警察署と鰍沢警察署が合同で行った。署員ら23人が交通量の多い国道140号で、検知器を使ってドライバーの呼気にアルコールが含まれているか確認した。 鰍沢警察署管内ではことし7件の飲酒運転が摘発されていて、担当者はまん延防止等重点措置も解除され、外で酒を飲む機会が増えると思うので気を引き締めてほしいと話している。秋の全国交通安全運動は今月30日までだ。

山梨 2021.09.23 12:19