SOCIAL guest

社会起業家やNPO代表、研究者など、社会にポジティブなインパクトを与えるゲストが日替わりで出演しています。

社会貢献できる新スポーツ「プロギング」

ゴミ拾いとジョギングを合わせたスウェーデン生まれの新スポーツ「プロギング」を広める、常田英一朗さん。「楽しい」をきっかけに自然と社会貢献できる仕組み。気負わずSDGsに興味を持てる未来を目指しています。

2020年10月15日 15:07

>> 記事を読む

周辺化されやすい「若者」の声を国連に

2020年10月14日 19:11

持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS)事務局長で、津田塾大学4年生の倉石東那さん。若者の意見を公正、平等に政策決定の過程に反映させることを実現するため活動。将来世代も生活しやすい持続可能な社会を目指しています。

>> 記事を読む

生産現場から 野菜のフードロスなくす!

2020年10月13日 15:18

八百屋のタケシタ店主の竹下友里絵さん。流通にのらない「規格外野菜」を生産者から直接買い取り地元スーパーなどで販売。生産現場からフードロスをなくし、生産された野菜全ておいしく消費される未来を目指します。

>> 記事を読む

個人・企業と通訳者のマッチングアプリ

2020年10月12日 16:03

通訳マッチングアプリ「Oyraa(オイラ)」を運営するコチュ・オヤさん。誰でも必要なときに、通話感覚で通訳者をスマホに呼び出せるサービスを提供。日本語が得意ではない外国の友人から通訳を求められたことが、アプリ運営のきっかけだといいます。

>> 記事を読む

絶景プロデューサー 絶景の仕事と魅力とは

2020年10月8日 15:54

絶景プロデューサーの詩歩さん。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の出版や、ツアーの開発など、「絶景」に関する様々な仕事をしています。現在、コロナウイルスの影響で旅行が難しい状況ですが、オンラインの活用で「絶景」の魅力を発信しています。

>> 記事を読む

女性も環境も守る 新たな生理アイテム

2020年10月7日 14:16

Be-A Japan代表取締役の高橋くみさん。新しい生理アイテムとして、吸収型生理ショーツのBe-Aを開発。女性の活躍を後押しするとともに、プラスチックを多く使う紙ナプキンによる環境問題の改善にも取り組んでいます。

>> 記事を読む

若者×クリエイティブな大人 共に考える場

2020年10月6日 15:48

Inspire High代表の杉浦太一さん。13~19歳の若者がクリエイティブな大人たちと答えのない問いに向き合うオンラインスクール運営。色んな生き方を実践でき許容しあえる社会を目指しています。

>> 記事を読む

自分の「面白い」の確信を世の中の価値に

2020年10月5日 15:55

パーティークリエーターでAfro&Co.代表のアフロマンスさん。企業や行政の課題を解決するため、アイデアと実現力で今までになかった新しい体験作りを企画。コロナ禍でも実施できる新しい体験や前向きな企画にも取り組んでいます。

>> 記事を読む

ルワンダの子どもたちの絵で世界に希望を

2020年10月1日 15:09

画家でアーティストの鈴木掌さん。ルワンダの子どもたちに絵の描き方を教え、優秀な作品を買い取り日本で売るという活動をしています。アフリカの子どもたちのカラフルなアートを通じて、世界中の人々に豊かな人生や感性を提供していく未来を描いています。

>> 記事を読む

コロナ禍のスポーツ撮影 オンラインに挑戦

2020年9月30日 15:45

20年にわたりパラスポーツの取材・撮影を行う、写真家の越智貴雄さん。コロナ禍では選手のスマホを用いて遠隔撮影を行うなど、新たなスポーツ撮影手法を模索。ありのままの自分の容姿を受け入れた人を撮影し、そこに込められた意思を写真で伝えます。

>> 記事を読む

「誤った情報」 惑わされないためには?

2020年9月29日 15:31

NPO法人ファクトチェック・イニシアティブ事務局長の楊井人文さん。ファクトチェックの担い手となるメディアや団体を支援・増やす活動をしています。情報があふれるなか、事実に基づいた冷静な議論が力を持つ社会を目指しています。

>> 記事を読む

段ボールのデザイン生かしたオシャレな財布

2020年9月28日 14:13

段ボールアーティストの島津冬樹さん。美大生時代、お金がなく段ボールで自分の財布を作成したことが、活動のきっかけになっています。デザインも豊富で、誰もが触ったことのある段ボール。財布作りを通して、世界中の人に段ボールアートの魅力を伝えます。

>> 記事を読む

「宇宙は故郷」宇宙飛行士・山崎直子さん

2020年9月24日 14:02

宇宙飛行士の山崎直子さん。長年宇宙に関わる活動をしていても、宇宙や地球はまだまだ分からないことだらけ。だからこそ面白く、宇宙を知ることは地球を知ることにつながると言います。宇宙は遠い存在ではなく、私たちの故郷であると実感しているそう。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら