ふなっしー、地元で第2弾シングルアピール

2014年8月20日 21:04

記事全文

 千葉県船橋市の非公認キャラクターのふなっしーが20日、同県同市のららぽーとTOKYO-BAYでシングル「ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪~ふなっしー公式テーマソング第二弾~」の発売記念イベントを行った。

 地元開催ということで、会場には1200人が駆け付けるにぎわい。司会者の「ふなっしー!」の呼び声で「ヒャッハー!」と登場すると、ロックバンド・氣志團がプロデュースした同曲を披露。フルコーラスをパフォーマンスし「感謝感激梨汁ブシャ―!」と梨汁をさく裂させた。

 「ミュージシャンとしてのライバルは?」という質問が飛ぶと、1960年代に活躍した音楽ユニット「サイモン&ガーファンクル」と回答。日本人では「寺尾聰」と答え、音楽通であることがうかがえた。

 氣志團の印象については「氣志團=ヤンキー=ゲームセンターでカツアゲのイメージなので、怖いかとびびっていたが、優しい兄さん達でよかったなっしー!」と明かし、「最近は海外に行っていたけど、やっぱり日本サイコー!千葉サイコー!船橋サイコー」と満足そうにイベントを締めくくった。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら