杉本有美、初の写真展で多様な表情披露

2014年3月28日 21:10

要約

女優の杉本有美が東京・恵比寿のtokyo arts galleryで初の写真展を開催。「グラビアや雑誌で見せないような表情を意識しました。皆さんがどういう反応をするか聞きたい」。29日から。

全文を読む

 女優でタレントの杉本有美(24)が東京・恵比寿の「tokyo arts gallery」で初の写真展「yumi-mono-chrome」の開催を控え28日、同所でインタビューに応じた。

 幻想的なモノクロームの写真を中心に、30点を展示。杉本の意見から生花を多用しているという。「グラビアや雑誌で見せないような表情を意識しました。いろんな表情が見られると思うので、皆さんどういうものが好きなのか、ちょっと気になりますね。皆さんが見に来てどういう反応をするかも聞きたい」といたずらっぽくほほ笑んだ。

 最近は詩を書くことに興味があると話し、「次の写真展では詩とのコラボもしてみたい」と新たな試みにも興味。

 4月1日に25歳の誕生日を控え、「自分が25歳なのが信じられないんですよね。10代のころ、20代の女性はすごく大人に見えたんですけど、自分がなってみると子どもっぽい部分もある」とはにかみ、「もっといろいろなことを経験して素晴らしい女性になりたい」と前向きに語った。

 写真展は29日から。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら