【会見】尾上菊之助…長男の名前は「和史」

2013年11月29日 18:33

要約

28日に第1子となる長男が誕生した歌舞伎俳優の尾上菊之助が29日、都内で会見。出産に立ち会うことができたと明かし、「親の背中を見て育ちますから。しっかりやりたいなと思っております」ときりり。

全文を読む

 28日に第1子となる長男が誕生した歌舞伎俳優の尾上菊之助(36)が29日、都内で会見を行った。

 妻の瓔子(ようこ=31)さんが28日午後5時57分、都内の病院で出産。菊之助は「立ち会うことができたのですけれども、3週間早く生まれたんですね。お医者さまも『もう生まれても大丈夫な時期だし、体重も3000グラムくらいあるから。生まれても大丈夫だね』ってお話をされていたんですけれども、27日くらいに急に産気づきまして。それで28日の3時ぐらいからだんだん産む準備に入っていきまして。5時くらいから分娩(ぶんべん)台の方へ上がって行きまして、1時間くらいでポンと出てきました」とにっこり報告。
 「生命の誕生というか、すごく感動しました。親バカですけどビデオをかまえておりまして、生まれる瞬間を思わず撮ってしまいました」と照れ笑いした。

 家族にはメールで知らせ、父で歌舞伎俳優の尾上菊五郎(71)は「うれしそうでした」としみじみ。母で女優の富司純子(67)からは「キラキラのメールが。すごくデコレーションされたメールが届きましたよ。『良くやった。きょうは(瓔子さんを)褒めてあげて』って」と菊之助。
 姉で女優の寺島しのぶ(40)にも「写メールつきでメールを送りました」と話し、「『でかした~!』って返ってきましたよ」とうれしそうだった。

 長男の名前も公表。「僕の名前(本名の和康)から平和の『和』、あと歴史の『史』を取りまして『和史(かずふみ)』と。名は体を表すじゃないですが、自分の芸の研鑽(けんさん)はもちろん、まわりの人と調和を取って生きていってほしいと思います」と願いを込めた。

 ゆくゆくは一緒に舞台に立ちたいかと尋ねられると「もちろん舞台に一緒に立てればいいなとは思いますが。しかし、私もそうでしたが、やはり親の背中を見て育ちますすから。(歌舞伎役者に)なるもならないも私の責任だと思っておりますので。ますます、しっかりやりたいなと思っております」ときりり。

 和史くんのお披露目は披露宴になる模様。「来年の5月を予定しているので、そのときにお披露目ができたらいいなと思っております」と笑顔で明かした。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら