【続報】勘三郎さん密葬…喪主あいさつ

2012年12月11日 14:31

記事全文

 11日に営まれた歌舞伎俳優の中村勘三郎(本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんの密葬。
 喪主で長男の中村勘九郎(31)と二男の中村七之助(29)が京都・南座の六代目・勘九郎襲名公演に出演中のため、2人の思いと勘三郎さんの妻・好江さんの思いが、代読された。

【以下、全文】
 本日はお忙しい中、お寒い中、主人の、父の密葬にご参列いただき、ありがとうございました。短い人生ではありましたが、素晴らしい先輩、後輩、仕事仲間、お友だち、ファンの方たちに囲まれて、楽しい人生、すてきな人生、かっこいい人生をまっとうすることができたと思っています。

 彼は、父はICUでの131日間、回復することを信じて闘い抜きました。心が折れそうになる私ども家族を、時に励ましてさえくれました。11月の初旬に3カ月ぶりに声を出すことができ、そのときの言葉が「好江、雅行(勘九郎)、隆行(七之助)、愛(勘九郎の妻の前田愛)、七緒八(勘九郎の長男)」、そして「ありがとう」。

 大きな大きな光を失ってしまいました。彼が残してくれた偉大な愛情を心のお守りとして、また彼を愛してくださった皆さんに少しでも恩返しができるように生きていくことが私どもの使命だと思っています。本当に、主人、父を大切に優しく愛してくださってありがとうございました。波野哲明を主人、そして父に持てたことを、私たちは誇りに思っております。
 最後にもう1度、ありがとうございました。

 2012年12月11日 波野雅行 隆行 好江

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら