安全な水を…川嶋あい、寄付募る「ご賛同いただけたら」

2010年10月18日 18:00

歌手の川嶋あいらが18日、都内で「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」のオープニングセレモニー。発展途上国の水の供給設備に寄付する企画で「1人でも多くの方々にご賛同いただけたら」

記事全文

日本ユニセフ協会大使で歌手のアグネス・チャン(55)、歌手の川嶋あい(24)が18日、都内で「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」のオープニングセレモニーに出席した。イオンのプライベートブランド「トップバリュ」のミネラルウォーターを購入することで、1本につき5円が、カンボジアとラオスの水の供給設備に寄付される。カンボジア、リベリア、東ティモールなどの発展途上国に学校を建設してきた川嶋は、本キャンペーン大使として水問題の深刻さをPR。「子どもたちを守っていけるように少しでも力を注げたらと思っていた。1人でも多くの日本の方々に関心を持ってご賛同いただけたら」と呼びかけた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら