夏の思い出  藤森涼子

(2010/08/18)

毎年、お盆を過ぎると、夏の終わりを身近に感じてホッとすると共に
少々寂しさを覚える私。
「あぁ・・・・今年も海にも山にもプールにも行かず、全く夏らしい事しなかった・・・」

今年もそんな気持ちを感じていた時、「スッキリ」の気象キャスター岩谷君から
「農家で焚き火を囲んでバーベキューしませんか?」というお誘いが!!

楽しそう!
でも、日焼けしそうだし、暑そうだし、虫に刺されそうだし・・・どうしよう・・・・
と迷う意気地なしの私(まぁ・・・そんな事だから毎年夏らしいこと出来ない訳ですが)
当日まで悩んで悩んで・・・
そして、暑さも多少収まり、日も翳ってきた夕方から参加することにしました。

場所は埼玉県の農家。
築100年以上というご自宅は、まるで昔話に出てくるような建物で、
色んな所に懐かしいお祖母ちゃんの家の匂いがします。


1.JPG     2.JPG


2階のホールではしごを見つけ、ふと気付くと登っていました・・・
ハンモックに寝てみたり、すっかり気分は小学生です。


3.JPG     4.JPG

   5.JPG         6.JPG


しばらく遊んだ後は、近くの雑木林に、カブトムシを見に行きました。
真っ暗な草薮を進んで行くと、大きな木があってそこに・・・
いました!!野生のカブトムシ。


7.JPG


8.JPG


売っている以外のカブトムシを見たのは、子どもの頃以来です。
因みに虫は苦手ですが、カブトムシは触る事が出来ます。
脚をワサワサ動かしてやっぱり野生は元気だなあ~


9.JPG


すっかり虫取り小学生に戻っているうちに
焚き火の準備が整い、買い出し隊も戻ってきて、いよいよバーベキュー。

私は全くアウトドア派に見えないと思いますが、
実は、こういう時は異常に張り切ります。
「そことそこの石の間に網を置いて、鉄板を置こうよ!
誰かこの下に焚き火から火を持ってきてくれる?」
農作業も、買い出しも、焚き火の準備もサボって遊んでいたとは思えない
見事な仕切り振りです。


10.JPG     11.JPG


最初のお肉から、最後の焼きソバまで美味しかったなあ・・・・
途中からは仕切るのは止めにして、食べることだけに専念しました。

岩谷キャスターは、桜チップで燻製作りに挑戦(うしろ姿が笑える)


12.JPG


出来上がったのは、イカのように溶けたチーズと卵、焼き豚、ウインナー。
見た目はイマイチでしたが(笑)よく燻されていて美味しかったです。


13.JPG


食事の後は、みんなで花火


14.JPG     15.JPG


「わぁ~○○○(昔のドラマのタイトル)みたい~」と歓声を上げたのは、
スッキリの女性ディレクターFさん。
番組の話題探しも含めて、この日1番働いていたFさんに、
私はお礼の気持ちを込めて、
そのドラマのテーマソングを(覚えている所だけ)歌ってあげたのでした。


16.JPG


花火の後は、焚き火を囲んでゆっくり飲みながら、人生をしみじみと語り合う・・・・・
のかと思っていたのですが、
ふとした話からあるアイドルグループの話になり、
そこからは、その手の話題にとても詳しいFさんの独壇場に。
私達はその勢いに圧倒されながらも、ふんふんと聞き入り、
バーベキューの夜は更けていったのでした・・・・・
因みに、岩谷キャスターは途中から寝てました(笑)


飛び入り参加でおいしい所のみの参加でしたが、
大人になってから初めてという位の「Tha 夏休み」という体験で、
本当に楽しかったです。何よりも沢山の自然に癒されました。

素敵な夏の思い出を作ってくれた仲間に感謝です!
次回はもう少し働いて役に立ちたいと思います。


投稿者 藤森涼子