想像する未来                        桝 太一

(2007/09/18)


 

安倍首相、突然の辞意表明。
そのニュースが入ってきたとき、私は取材でサッカーチームのクラブハウスにいたのですが、
やはりチーム関係者も含めて一斉にどよめきました。

かくして日本政界は、1週間前には想像もつかなかった状況にあるわけですが、
よくよく考えると「想像がつく未来」とは、意外と狭い範囲だと気付きます

私は高校生くらいの頃から、
「1年後の自分は、今想像できる未来の自分、それ以外の自分になっている」
・・・という私なりの人生訓(?)を大切にしています。

1年後の自分というと、何となく「こんな感じだろう」と想像できそうですが、
いざその1年後を迎えてみると、全く想像していなかった状況にあるものです。

2年前の私。

image01.JPG

理系の大学院で研究をしていた頃。
学会に出るため北海道へ行き、ついでにのんびり観光。

1年前。

アナウンス部に配属され、サッカー班に入った頃。
同期の青木アナと、プライベートでサッカー日本代表観戦。

そして現在。
未知なる報道ニュースの世界を、一から学ぼうとしています。

『アサリ → サッカー → ニュース → ・・・』

何の法則性も感じられず、想像のつきようもない流れ。
一体、1年後にはどこにたどり着いているのやら。


投稿者 桝 太一