長月                              桝 太一

(2007/09/11)


 

暦は9月に入り、夏が終わりました。
記録的な猛暑だったこの夏を、ついに自宅で一度もクーラーをつけずに乗り切って、
小さな自己満足に浸っている今日この頃です。

夜、開けた窓からの涼しい秋風を心地よく感じる一方で、
どこかで真夏の暑さを恋しく思うのは、我がままというものでしょうか。

ところで秋と言えば、私の中では「食欲」です。
コンビニを心から愛する私としては、棚に並ぶお弁当メニューが秋らしくなるのを見て、
喜んでおります。 秋刀魚、戻り鰹、松茸、栗・・・どれも美味しそう。
日々新しいメニューを開発し、決してお客を飽きさせないコンビニ業界の皆さんの努力には、
いつもながら感心させられます。

それにしても、全くと言っていいほど自炊をしていない私が、最後に自炊したのは
いつなのだろう??と、ふと疑問に思いました。
パソコンに保存してある過去の写真を掘り返しつつ、記憶の糸を辿っていくと・・

ありました、ありました。大学院時代の冬。

   asari.JPG   asari2.JPG

研究対象がアサリだったため、研究の余りを持ち帰って家で食べる機会があったのです。
左の写真が、アサリ満載シチュー&酒蒸し。
右の写真が、アサリとネギしか入っていないシンプル・ビーフン。

どちらも最高に美味しかったです。
たまには自分で料理もせねば・・・と、コンビニ弁当を前に少し反省した、秋の夜長。


投稿者 桝 太一