新型コロナウイルス 達増岩手県知事「冷静な対応を」

この記事をシェア

  • LINE
岩手2020.02.14 13:27

感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、岩手県の達増知事は14日の記者会見で、改めて冷静な対応を呼びかけた。日本国内では新型コロナウイルス感染者がこれまでに250人を超え、国内初の死亡例も明らかになっている。岩手県内では感染例は出ていないが、SNSで誤った情報が広がったことがあったことから、達増知事は「県や国から出る情報をきちんと見てほしい」と述べ、噂やデマに惑わされず、冷静に対応するよう呼びかけた。岩手県は、県内10か所の保健所と県庁に相談センターを設置し、職員が電話で問診を行うなど、体制を整備していて、達増知事はわずかな症状でも無理をせず、相談するよう呼びかけた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース