漫画家の弘兼憲史さん・ILC東北誘致の意義について講演

この記事をシェア

  • LINE
岩手2020.02.13 12:36

東北の将来を考える「読売Bizフォーラム東北」が12日、宮城県仙台市で開かれ、「島耕作」シリーズで知られる漫画家の弘兼憲史さんが講演した。講演会には、約100人が参加した。弘兼さんは、漫画「会長島耕作」で素粒子物理学の国際拠点となるILC「国際リニアコライダー」を東北へ誘致する意義や可能性を描いていて、自身の漫画に沿って講演した。弘兼憲史さん「島耕作はエンターテインメント50%、情報50%というスタンスでやってるので、結構リアルな情報詰め込めるので、いい仕事が出来たというか、お役に立ててうれしい」。弘兼さんは、東北へ誘致することで、新たな雇用や産業、より大きな経済効果を生み出し、東北の活性化につながると訴えていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース