社会

米山知事 「時間ほしい」進退明言せず
(新潟県)
 米山知事が、自身の女性問題が近く週刊誌で報じられることを受け、臨時の会見を開いた。米山知事は「気持ちを整理する時間が欲しい」と述べ、進退については「現時点で結論が出ていない」としている。

 17日午後1時、記者会見場に現れた米山知事は、5秒間にわたり頭を下げた。
 会見で米山知事は、週刊誌の記者から女性問題について取材を受けたことを認めた上で、取材の内容について「もの凄く違っているわけではない」などと話した。
 東京電力・柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢を示す米山知事。辞職すれば、再稼働をめぐる議論に影響が出るとみられる。
 関係者によると、米山知事は周囲に辞職する意向を伝えていたというが、17日の会見では「進退については結論が出ていない。あと1日、2日、気持ちを整理する時間を与えてほしい」と話した。
 米山知事は19日に臨時の記者会見を開き、あらためて説明する方針だ。
[ 4/17 20:07 テレビ新潟]