春を迎え「甘エビ」漁が解禁 水揚げは去年並み 北海道羽幌町

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.03.27 12:25

羽幌町では、春を迎え甘エビ漁が解禁となっています。ことしは去年なみの水揚げだということです。

びちぴちと跳ねる新鮮な羽幌産の「甘エビ」。エビの繁殖期間の1月と2月が休漁で、今月から漁が解禁となりました。
(うしお丸 東谷明宏船長は)
「例年と比べて(水揚げ量は)半分までもいかないけど、だいぶ悪いよね」
海水の温度上昇などが原因とみられ、ここ数年は水揚げ量は減少していますが、ことしは水揚げが去年並だということです。札幌を中心に道内や関東方面に出荷されます。この漁は12月まで続きます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース