東京五輪「延期」でマラソン開催の札幌市長「妥当な判断」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.03.25 12:51

東京オリンピック・パラリンピックの開催延期が合意されたことをうけて、マラソンなどの開催地である北海道の鈴木知事は取材に応じました。

(鈴木北海道知事)
「アスリートのみなさん、それを支える多くの皆様の健康と命を守るための判断。この判断を支持したい」
札幌市の秋元市長は延期はやむをえないと語りました。
(秋元札幌市長)
「1年程度の延期はやむをえない妥当な判断なのでは。中止ではなく延期という前提でこれからもしっかり準備していきたい」
安倍総理は24日夜、IOCのバッハ会長と電話会談して、新型コロナウイルスの世界的感染を踏まえ、東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することで合意しました。札幌でのマラソン開催について、組織委員会の森会長は「大きなフレームは変わらない」と明言してます。
(札幌市民)
「世界中がこんな状態だと今やっても感染が広がって大変な思いをするだけなので、やめるのに賛成」
「開催されれば喜んで一生懸命応援に行きます」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース