牛レバー違法提供 書類送検 北海道帯広市屋台村の店舗

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.03.23 18:04

北海道帯広市にある屋台村の飲食店で、生の牛レバーを違法に提供したとして元経営者ら男女2人が書類送検されました。2人は容疑を認めているということです。

食品衛生法違反の疑いで書類送検されたのは当時、帯広市の屋台村で飲食店を経営していた69歳の男と、従業員だった56歳の女です。2人は去年12月、提供した牛レバーを客が生で食べると知りながら、黙認した疑いが持たれています。店は生レバーの提供などが禁止された2012年以降も、同様の提供を繰り返し、保健所から複数回に渡って指導を受けていました。2人は「売り上げのためだった」と容疑を認めているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース