保護者は不在で…札幌市の小学校で卒業式 コロナ対策で縮小・短縮

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.03.23 12:42

札幌の小学校で一斉に卒業式が開かれました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、対策をとりながらの開催となりました。

札幌市東区の明園小学校では、児童71人が袴やスーツ姿で卒業式に出席しました。出席者は児童と教職員のみで、児童の席は1メート以上の間隔をあけて、式典を30分に短縮するなど新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ対策がとられました。
(卒業生は)
「卒業式ができただけでもうれしい」
(卒業生の母親は)
「卒業式の様子を先生方がDVDで配布してくれることになった。先生方が迅速に動いてくれた」
札幌市内では1万5275人の児童が学び舎を後にしました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース