地元産の樹液から作ったメープルシロップが楽しめる 初開催の樹液感謝祭が大賑わい 北海道白糠町

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.03.22 12:36

道東の白糠町では、地元産の樹液から作ったメープルシロップのスイーツなどが楽しめるイベントが開かれています。

ワッフルにかけられたのは、イタヤカエデの樹液で作られたメープルシロップ。白糠町の直売所では、地元産の樹液を味わうイベントが初めて開かれていて、訪れた人は樹液でいれたコーヒーや、お菓子などを楽しみました。
(訪れた客は)
「シロップが甘いから結構、甘いのかなと思っていたんですけれども、思ったより甘くなくて、香りはちゃんとする。初めての味でおいしかったです」
直売所によると、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されたことなどから、予想より多くの客が訪れているということです。このイベントは22日午後3時まで開かれています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース