苫小牧住宅全焼で実況見分 出火原因を調査 北海道苫小牧市

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.02.12 20:03

苫小牧市で11日住宅が全焼し、1人の遺体が見つかった火事で、遺体はこの家に住む女性とみて身元の確認を急ぐとともに、警察と消防は実況見分をして火の出た原因を調べています。

住宅の内部から、激しく燃え上がる炎。11日午後5時すぎ、苫小牧市弥生町2丁目の2階建て住宅から火が出て、およそ4時間半後に鎮火しましたが、焼け跡から年齢性別不明の1人の遺体が見つかりました。この家には近江谷千代子さんが1人で住んでいて 連絡が取れず、警察は遺体は近江谷さんの可能性が高いとみています。
(近所の人は)
「(近江谷さんは)明るい方でよく自分の昔話とか話していた。自分の周りにストーブ3つくらい置いているといっていた」
(石井記者リポート)
「火事のあった建物は2階部分が崩れ落ち、アパートの壁が焦げています」
住宅は燃え方が激しく、12日の実況見分では、火元の特定には至らなかったということです。警察では遺体の身元の特定を急ぐとともに、13日も実況見分をして、火の出た原因を調べることにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース