次世代新幹線の試験車両「ALFA-X」新函館北斗駅で公開 北海道内で走行試験を実施

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.02.12 12:15

JR東日本が製作した新幹線の試験車両が北海道に初めて登場して新函館北斗駅で公開されました

先頭部分のロングノーズが特徴の次世代新幹線「ALFA-X」。JR東日本が時速360キロでの運転を目指している試験車両が北海道に初めて登場し、新函館北斗駅で公開されました。今回の走行試験では、新函館北斗-新青森間を最高速度260キロで走り、冬の時期のブレーキ性能や車両に搭載している機器などの状態を確認するということです。この車両は今月、数回程度新函館北斗-新青森間で走行試験を実施する予定です

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース