藤枝市 植物由来のごみ袋

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.02.08 12:15

藤枝市は二酸化炭素削減に向け、ジャガイモの皮などの植物由来成分を使ったごみ袋の導入を決めた。
このごみ袋はジャガイモの皮など加工時に出る廃棄物を10パーセント以上使っていて、焼却時の二酸化炭素を5パーセント削減できるという。
藤枝市ではこの植物由来の45リットルのごみ袋を1袋10枚入り100円で5000袋を用意した。当面は主にイベントなどで使いながら市民に環境を考える啓発用として利用し、3月からは市役所や岡部支所などで販売する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース