暴力団事務所で発砲事件 新たな逮捕者

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.02.07 22:04

去年9月、静岡市駿河区の暴力団事務所に銃弾が撃ち込まれた事件で、警察は7日新たに犯行の仲介役とみている男を逮捕し、山梨県の暴力団事務所を家宅捜索した。

逮捕されたのは山梨県北杜市の自称会社役員山田正志容疑者(59)。警察によると山田容疑者は去年9月、静岡市駿河区敷地の指定暴力団稲川会森田一家の本部事務所に拳銃で弾丸数発を撃ち込み、近隣の一般住宅の一部を壊した疑いがもたれている。

この事件では5日、山梨県甲府市の山下義隆容疑者が実行犯として逮捕されたが、山田容疑者はその指示の仲介役だったとみられている。警察は、山田容疑者の認否を明らかにしていない。

今回の発砲事件を受け警察は7日、山梨県にある稲川会の佐野組と親之助一家の本部事務所などを家宅捜索した。警察はこの2つの組の両方あるいははどちらかと森田一家との間でトラブルや抗争があった可能性が高いとみて捜査している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース