静岡空港 中国線全便欠航へ

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.02.06 19:52

新型コロナウイルスの影響が広がっている。
6日、新たに静岡空港と中国を結ぶ3路線の欠航が決まり、これで11日から今月いっぱい中国路線は全便欠航となる。

県によると、新たに欠航が決まったのは上海線で、寧波線、煙台・北京線は欠航の期間が延長された。

新型コロナウイルスの影響が出る前の12月末時点で静岡空港の中国路線は8路線・週33往復だったが、11日から今月いっぱい全便が欠航となる。

12月の静岡空港の国際線の搭乗者数は約2万5300人でそのうち中国路線を利用した人は約1万8500人に上った。

すでに中国への8路線のうち6路線では3月28日までの冬ダイヤ期間の欠航を決めていて、影響が長引く可能性も出ている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース