社会

受刑者脱走事件 窃盗容疑で新たに指名手配
(愛媛県)
松山刑務所の今治市にある作業場から受刑者の男が脱走した事件で警察は17日、既に逃走の疑いで指名手配していた男を脱走直後に今治市内の住宅から車を盗んだ窃盗の疑いで新たに指名手配した。窃盗の疑いで指名手配されたのは今治市にある松山刑務所・大井造船作業場から脱走した平尾龍磨受刑者27歳。警察によると、平尾受刑者は今月8日夜の脱走直後に今治市内の住宅から車を盗み、車はその後、広島県尾道市の向島に乗り捨てられていた。警察は平尾受刑者が逃走に車を使ったとみている。向島の北東部では平尾受刑者に似た男の目撃情報があり、窃盗事件も起きていて、警察は17日も捜索を続けている。また、17日から向島の全ての保育園、幼稚園、小、中学校に合わせて96人の刑務官が配置され、24時間体制で警戒に当たっている。盗難が続いた向東小学校の周辺では4、5人の刑務官が見回る中、保護者の女性は「何日も登下校について行っている。いつ捕まるのか」と不安そうに話していた。
[ 4/17 15:37 南海放送]