大気の状態不安定 突風や急な強い雨注意を

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.02.12 15:42

激しい突風や急な強い雨に注意が必要。愛媛県内は13日未明にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、東予東部ではやまじ風の恐れがある。

松山市内は12日昼頃から雨が降り始めた。松山で1ミリ以上の雨が降るのは先月28日以来のこと。

西日本を東に進む前線に向かって温かく湿った空気が流れ込むため愛媛県では13日未明にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込み。予想される最大瞬間風速は県内全域で陸上、海上ともに25メートルとなっていて東予東部では今夜遅くにかけやまじ風に注意が必要。また波の高さは中予・東予で1.5メートル、南予で2メートルと予想されている。

松山地方気象台は落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨、強風高波に注意を呼びかけている。

なお、13日は朝には雨が止む見込みで、日中の最高気温は平年より高く、20度近くまで上がるところもありそうだという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース