BRTバスで自動運転の実験

この記事をシェア

  • LINE
宮城2020.02.14 18:49

JR気仙沼線を走るBRTバス高速輸送システムで自動運転の実験が行われた。専用レーンに2メートル間隔で磁気マーカーを埋め込みバスのセンサーが検知して車線を維持。障害物を別のセンサーが察知するとハンドル、アクセル、ブレーキ操作が自動で行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース