県出身111年ぶり 朝乃山大関昇進

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.25 11:44

 富山市出身の朝乃山の大関昇進が正式に決まり、25日大阪市で昇進伝達式が行われました。県出身力士としては111年ぶりの大関誕生です。

 日本相撲協会は大阪市で夏場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、富山市出身の関脇・朝乃山の大関昇進を決定しました。

 大関昇進伝達式に臨んだ朝乃山は、呉羽中学と富山商業高校時代から大切にしてきたという言葉を入れた口上を述べました。
 朝乃山「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」

 県出身力士としては横綱・太刀山以来、111年ぶりで令和初の大関誕生です。

 朝乃山「大横綱太刀山さん以来なので少しでも太刀山さんに近づけるように頑張りたいです」

 新大関として迎える大相撲夏場所は、東京の両国国技館で5月10日から始まります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース