黒部峡谷鉄道 全線開通5月1日

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.24 19:27

 こちらは暖冬の影響です。トロッコ電車を運行する黒部峡谷鉄道は24日、積雪が少ないことから今シーズンの全線開通を当初予定していた5月10日から、1日に繰り上げると発表しました。

 これはことしが記録的な暖冬で沿線の雪が少ないうえ、設備にも被害がないためで、笹平までの一部開通は当初予定通り来月20日とするものの、全線開通を予定より9日早めて大型連休中の5月1日とします。

 黒部峡谷鉄道によりますと例年であれば、3月15日時点で1メートルを超える積雪がある終点・欅平でもことしはわずか10センチだったということです。

 黒部峡谷鉄道は今シーズンの乗降客数を去年より7万3000人ほど多い73万人を目指していますが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあってか、15人以上の団体予約は、去年の同じ時期の49パーセントにとどまっているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース